健康

Flukostatの類似物(より安い)

Pin
Send
Share
Send
Send


この記事では、スラッシュからのFlukostatの高価で安価なアナログについて学びます。

記事の著者は:Alexandra Burguta、産科婦人科医。

FlucostatはPharmstandardによって製造されたロシア製の薬です。それは全身的に適用されるフルコナゾール、抗真菌剤の多くの製剤のうちの1つである:経口的には錠剤の形態で、ならびに点滴剤および静脈内注射の形態で。フルコスタットは、いくつかのCIS諸国の市場では経口投与用のカプセルの形で、その中に50および150mgの用量のフルコナゾールが入っている状態で提示されている。静脈内投与のための特別な形 - フルコスタット溶液もあります。

さまざまなパッケージのFlucostat

Flucostatは、それ自体ではオリジナルのツールではありませんが、調達した原材料から会社が製造したものです。これはこの薬のためにかなり手頃な価格を形成しました。例えば、生殖器の合併症のないカンジダ症の急性症状の治療に必要な150 mgの標準カプセルは、購入者に約2〜3ドルかかりますが、フランスのブランドであるデュフルカンの価格は約7〜8倍高くなります - 約19ドル!したがって、ロシアの医薬品は予算のカテゴリに属していると安全に言えます。

価格は薬の効果に比例しません。間接的に、価格はそれぞれ初期の医薬品原料の洗浄の質について、そして製品の許容度が低いことによる不快な影響についてのみ話すことができます。したがって、Flucostatの高価なアナログは必ずしも良いわけではありません。物議を醸すような財政状況では、それはあなたの医者と相談し、これまたはその薬について彼の専門的意見を見つけることが常に良いです。

婦人科医、泌尿器科医、皮膚科医、消化器科医、歯科医、感染症専門医、集中治療室の医師、さまざまな専門の小児科医の多くの医師がフルコナゾール製剤を使用しています。

フルコナゾール(1〜2ドル)

完全に活性物質と同一のそのような単純な名前の下で、Borisovのベラルーシの製薬工場はその製品を生産しています。植物は、静脈内投与用に50mg、150mgおよび溶液の投薬量で薬物を放出する。 150 mgの標準用量の価格は1〜2ドルの間で異なります。

フルコナゾール - 農地($ 2)

これは、ベラルーシとオランダの合同企業によって製造された、薬のフルコスタットのもう一つの安価なベラルーシの類似物です。原材料や技術はオランダから来ていますが、製品はベラルーシ共和国で包装されています。

薬はまた50および150 mgのカプセルで利用できます。 150 mgカプセルあたりの平均価格は約2ドルです。

フルコナゾールOBL(0.5〜1ドル)

これはすでにObolensky製薬企業によって製造されたロシア製の薬です。それは同様の以前の投与量を持っています。ロシア市場向けのフルコナゾール150 mgの表示用量の価格は、約0.5〜1ドルになります。

フルコナゾールスタッド(0.5〜1ドル)

有名なStada社が製造した別のロシア製の薬、またはStadaは、オリジナルのブランド薬を大量に製造しているだけでなく、高品質のコピー、またはジェネリック医薬品も製造しています。フルコナゾールは特にジェネリック医薬品を指します。

Flucostatの高価な類似物(「サービングごとに」より高価な2〜3ドル)

通常国内で製造されている安いジェネリック医薬品に加えて、より高い価格で際立っている有名な製造業者からの多くのブランド製品があります。

価格は必ずしも薬の最高の品質や有効性を示すものではありませんが、消費者や医師の間で意見を聞くことができます:「安い薬は役に立たなかったが、高価なカプセルはすぐにうまくいきました!」あなた自身の経験で確認してバックアップするほうがいいです主治医。 市販されている医療製品は、非常に多くのテスト、認証、およびライセンス手続きを受けているため、高価な製品と安価な製品の間の重大な違いについて話すことは困難です。

最も一般的なfluconazolesの亜種を挙げます。

ディフラゾン(5〜7ドル)

スロベニアの会社KRKAからのフルコナゾールも2つの通常の投与量で利用可能です。 1カプセル150mgの費用は5〜7ドルの範囲で変動します。

ツグミの治療のための薬の選択は予算と患者の繁栄に基づいていることを理解することは重要です、しかし、それは医者の勧告を考慮に入れてそして彼と事前に別の選択肢について議論することが必要です。

ミコシスト(7〜8ドル)

スラッシュからのFlucostatのこのアナログは、薬局市場で最も有名で最も古い製造業者の1つ - ハンガリーの会社Gedeon Richterによって製造されています。薬は標準的な投薬量で利用できます - 150と50 mg、さらにまれに - 100 mg。私たちが採用している標準的なカプセルの平均コストは7〜8ドル前後です。

ジフルカン(8〜10ドル)

フランスの会社Farev Amboiseの薬は薬理学的製剤の市場で非常によく知られています。この会社のフルコナゾールはまた50および100 mgの2つの標準的な適量があり、1つの150 mgのカプセルのための価格はおよそ$ 10です。これは有名なブランドのための価格です。

フルコナゾールとは何ですか?

実際、フルコナゾール - 薬「フルコスタット」の主要な有効成分 - は、真菌細胞におけるステロールの形成を阻害する強力な阻害剤(生理的過程を阻害または完全に阻止することができる物質)です。この物質は日和見真菌症の病原体の大部分に抵抗することができます(日和見疾患は健康な免疫システムを持つ人にとって通常安全である日和見微生物によって引き起こされることがあります)。さらに、フルコナゾールによる処理は、特定の地域に特有の真菌微生物(風土病性真菌症)を同定するのに有効である。

人体への取り組み

摂取後、薬は完全に吸収されます。同時食事は、このプロセスの過程に影響を与えません。カプセルを服用した後、フルコナゾールはすぐに体のほとんどすべての体液に浸透します。血漿、唾液および痰中のその濃度の指標は互いに近い。真菌型の髄膜炎に罹患している患者では、脳脊髄液中のフルコナゾールのレベルは血漿中のそれの80%に達する。薬は主に腎臓によって人体に由来します。研究を行うとき、薬の投与量の約80%が尿中に変化はありません。

使用の目安

使用のための薬「フルコナゾール」指示(価格は放出の形態によって異なります:錠剤、カプセル、経口投与のための懸濁液の調製のための粉末、シロップ、静脈内注射のための溶液)は、人体で起こるかなり広い範囲の真菌感染症で服用することを勧めます。疾患のリストには、クリプトコックス性髄膜炎(真菌によって引き起こされる脳の内層の疾患)が含まれ、これは人にとって非常に深刻な結果をもたらす可能性があります。カンジダ症(膣カンジダ症)由来のフルコスタットのこの類似体およびあらゆる全身型カンジダ症においても有効である。

専門家は予防目的で免疫力が低下した患者にこの薬を処方します。また、「フルコナゾール」という薬は、悪性腫瘍のかなり積極的な治療(放射線療法、薬物、細胞増殖抑制剤)の後に真菌感染症にかかっている人に割り当てられています。抗生物質療法も真菌性疾患の症状を引き起こす可能性がありますが、いずれにせよ排除する必要があります。

薬の使用は臓器移植後に示されています。免疫抑制剤の使用による治療の治療過程はまた、「Flucostat」のこの効果的な類似体をとる必要性を引き起こすかもしれず、それについてのレビューはどちらかといえばあいまいである。

体のさまざまな種類の真菌症、皮膚(およびそれを含む足の真菌症)、鼠径部、爪真菌症(真菌性の爪の感染症)、多発性長期または慢性の真皮の真皮感染症もフルコナゾールの影響を受けます。通常の免疫を持っている人々のために、薬は深い流行性真菌症の発生のために処方されます。

研究や文化の結果を待たずに、直ちに治療を始めることをお勧めします。しかしながら、これらの結果が得られたら、治療法を調整する必要がある。実験室および臨床研究および分析によって完全な治癒が確認されるまで治療を続けるべきである。治療過程の早期終了は、真菌感染症の再発につながる可能性が最も高いでしょう。この場合、微生物は活性物質フルコナゾールに対するある種の耐性(免疫性)を獲得するので、薬物の用量の増加および治療期間の一時的な延長が必要になるだろう。

禁忌:服用を控えるべき人

フルコナゾールは、使用のための指示書(価格は比較的小さい、この場合は効果の指標ではありません)は、その主要な構成要素への個々の不耐性に苦しんでいる人々に服用しないように規制します。あなたは、クロトリマゾール、ミコナゾール、ケトコナゾール、エコナゾール、テルコナゾール、スルコナゾール、セルタコナゾールのいかなる形のアレルギー症状に苦しむ人々のための真菌感染症の治療のためにこの薬を使用することはできません。フルコナゾールとシサプリド(推進薬)の同時使用は受け入れられません。

腎臓、肝臓、心臓の異常、本人の既往歴、QT間隔の延長(心臓の電気的異常、突然の症状につながる可能性がある)に関する既存の問題について処方医に報告する必要があります。意識の喪失と死の原因となる。

薬 "フルコナゾール"と妊娠 - それは一般的に別の会話です。婦人科医は、1回の服用で最高150mgまでの単回投与で赤ちゃんに害がないと考えています。この薬の全身治療は、子供の先天性疾患の発症を引き起こす可能性があります。

研究によると、妊娠中の長期間にわたる大量(1日当たり400〜800mg)の使用は、まれに先天性異常、小頭症、頭蓋冠の奇形、「オオカミの口」、先天性の心臓の欠陥を開発することはめったにありませんでした。フルコナゾールによる治療中に女性が妊娠した場合(カプセルまたは錠剤)、医師は赤ちゃんに危険があることを知らせなければなりません。そして将来のお母さんが子供が生まれるべきであると決心したならば、医療専門家は妊娠の経過を監視する際に非常に慎重になるべきです。

一般に、婦人科医は、真菌感染症の治療を受けている女性は治療期間を通して効果的な避妊薬を使用することをお勧めします。

また、ロシアのフルカノソールであるフルコスタットのこの類似体は、4歳未満の子供には摂取できません。

薬「フルコナゾール」と膣カンジダ症

膣カンジダ症(カンジダ症)は、酵母様真菌カンジダによって引き起こされる。この真菌は常に女性の体内に存在し、通常は病気を引き起こすことはできません。しかし、何らかの理由で局所的または一般的な免疫力が弱まると、女性の腸や膣内の有益な細菌の数が減少する可能性があります。これはカンジダが活性化されるところです。

ツグミの開発の推進力は、いくつかの理由になり得ます。これは、通常の贈り物、または女性ホルモンの欠如、不健康な食事、または絶え間ないストレスと過労です。刺激的な要因としては、座りがちな生活習慣、合成のタイトな下着や衣服の着用、避妊薬としてのホルモン薬の使用、抗生物質治療の効果などがあります。それでも、たとえそれが奇妙に思われるかもしれないとしても、ツグミのための薬「フルコナゾール」は、虐待をしたり過剰量で虐待する女性たちによって、性器の世話のために様々な抗菌剤を使う必要があるでしょう。この場合、病原性微生物とともに、膣のすべての有用なフローラが死にます。

女性のツグミの発生の症状は、生殖器領域での安っぽい排泄の出現、灼熱感およびかゆみ、性器の腫れおよび発赤、排尿時の痛みを考慮しています。不快な感覚はセックスを引き起こします。しかし、これらの症状は女性生殖器の他の疾患にも見られる可能性があります。したがって、「フルコナゾール」という薬をスラッシュから服用する前に、婦人科医を訪問して総合検査を受け、それが膣カンジダ症であることを確認する必要があります。他の治療計画や他の薬を必要とするものではありません。

今日、製薬業界はツグミに抵抗することができる薬の大規模な品揃えを生産しています。しかし、それらのほとんどの主な有効成分はフルコナゾールです。 Flukostatのこの類似物は、それが国内製造業者によってロシアで発表されたという単純な理由のために、より広範囲の消費者にとってより安価でそしてより入手しやすい。

ツグミの薬を服用

フルコナゾールの使用法は非常に簡単です。病気が初めて現れ、女性がすぐに婦人科医になった場合は、150 mgの単回投与で十分な治療効果と完全な治癒を得ることができます。結果を修正するために、数日後にあなたは別の丸薬またはカプセルを飲むことができます。薬「フルコスタット」も同様に服用します。フルコナゾール類似体は単に安価ですが、それはその効果には影響しません。

しかし、女性が慢性的な型のツグミを発症し、そして現在そのような患者の約5%がいる場合、フルコナローシス適用のパターンは劇的に変化する。慢性膣カンジダ症は治療が難しく、長期間持続し、再発が容易に起こります。そのような場合、単回投与は完全に不適切であり、そして医師はより長い治療コースを処方する。通常、薬は2週間、週に2回服用されます。さらに、6ヵ月以内に、薬(カプセルまたは錠剤)フルコナゾールを月に一度150 mgの総用量で服用する必要があります。

一般に、膣カンジダ症の治療が行われる方式の選択は、主治医の特権であり続ける。女性の状態の重症度、最初の症状の持続期間、および関連する健康上の問題の存在を評価する必要があるのは医者です(しばしばツグミは性感染症の1つに過ぎません)。これらすべての要因とそれらが女性の体に及ぼす累積的な影響を分析した後、医者はこの特定のFlucomestatアナログをツグミから適用して、最も効果的な治療計画を選ぶことができます(この場合の価格は決定的ではありません)。

起こりうる副作用

一般に、薬物「フルコナゾール」はあらゆる用途(静脈内および経口)で十分に許容される。時には肝臓や腎臓の機能の変化を観察することが可能ですが、ほとんどの場合、薬に対するそのような反応は、AIDSや悪性腫瘍などの重度の基礎疾患を患っている患者に起こります。

性器感染症の治療のために150mgの単回投与を受けた女性では、腹痛、吐き気、頭痛などの副作用が時々観察されることがあります。症状の程度は通常軽度または中等度です。

神経系の部分では、発作、めまい、睡眠障害、振戦などの症状が時々起こります。消化管は、薬の吐き気、下痢、嘔吐、味覚の違反、食欲不振に反応することがあります。薬物に対する肝臓の反応もまた非常にあいまいです。患者が深刻な基礎疾患を患っていない場合、入院は彼女の仕事に一時的な混乱を引き起こす可能性があり、それは薬が中止されると終了します。患者が複雑で重篤な基礎疾患(様々な薬物で治療されている)を抱えている場合、Flucostatのこの類似体(抗真菌薬よりも安いか、より高価です)。胆汁うっ滞または肝不全、場合によっては死に至ることがあります。しかし、根底にある病気も複雑な薬で治療されているので、そのような深刻な結果が抗真菌薬によって引き起こされていることを確実に言うことは不可能です。

専門医の皮膚科医は、まれに「フルコナゾール」という薬が皮膚の発疹や脱毛を引き起こす可能性があると指摘しています(通常2か月以上服用している人)。受信終了後、これらの不快な現象は消えます。

許容線量を超えること:影響

Употребление без указаний врача высоких доз препарата «Флуконазол» (цена, отзывы в этом случае могут иметь решающее значение) может привести к его передозировке. Наиболее распространенными симптомами, свидетельствующими о серьезном превышении дозы, обычно бывают нарушения в работе желудочно-кишечного тракта (тошнота, рвота, диарея). В тяжелых случаях могут появиться судороги. Если на фоне приема присутствуют все эти симптомы, препарат надо отменить. この過剰摂取の徴候が止まっていない場合は、医師に相談してください。

この場合の治療は、薬物の吸収を減らすことを目的としています。 3〜4時間以内に薬を飲んだ後、胃洗浄が有効になり、それから活性炭の摂取が有効になります。さらに時間が経過した場合、治療は血液透析が使用される場合(腎臓外の血液浄化)、強制利尿(利尿薬)、および対症療法で行われる。

薬に対する患者の意見

「フルコナゾール」という薬を服用している患者の意見はかなりあいまいです。別の患者グループは治療の結果に非常に満足しています。病気が始まっていなければ、効果はすぐに現れます、そして、一般的に、150 mgの単回投与は全く十分です。はい、そして250ルーブル以内が「Flucostat」という薬のカプセルであることを考えると、この薬が過伸展していないことに資金を供給します。価格(アナログは同じ有効成分を含んでいます)カプセル「フルコナゾール」愉快に驚き - 15から30ルーブルまで(150 mgのために)。

しかし、非常に否定的な方法で薬について話す消費者のグループがあります。通常、このようなレビューはさまざまな重症度の副作用の出現と関連しています。誰かがひどいかゆみを伴う皮膚の発疹を起こしました。そして、それは長い間消えませんでした。ツグミの治療を受けている一部の患者は胃腸管の障害を訴えた。薬を飲んでいる患者さんのごく一部は、役に立ちませんでした。おそらく、人々は活性物質に対する耐性(免疫力、耐性)を発達させたのでしょう。

決定的な意見

現代の製薬市場は非常に広く多様であるため、有能で経験豊富な医師だけがその枝や機微を理解することができます。そしてそれは心臓病学か神経学か、精神医学か腎臓学か、治療か歯科かにかかわらず、あらゆる医学分野に関係しています。間違ったライフスタイルや栄養、貧弱な生態系、そして人体が罹患しているあらゆる病気の治療は、複雑な近代的な調剤では、真菌感染症の出現を引き起こす可能性があります。そしてここで決定的な言葉は主治医に留まるべきであり、真菌感染症を治療するためのフルコナゾール薬(フルコスタットに似ていますが、それほど効果的ではありません)を処方するか他の抗真菌薬に注意を払います。

フルコスタットの類似体

ツグミFlukostatのためのよく知られている準備はカプセルか座薬の形で作り出した。フルコスタット溶液が見つかりました。フルコナゾール - 彼は安全で効果的な組成、活性物質を持っています。彼は真菌を破壊する。膣カンジダ症の治療法を選択するとき、婦人科医はフルコナゾールの任意の類似体を処方することができます。あまり知られていないが、組成、用量、投与期間、および副作用にほとんど違いがない薬があります。

ロシアの類似物

ロシアの製造業者はスラッシュからFlukostatの以下の類似体を提供することができます。薬はさまざまなフォーマットで提供されるため、どの患者も医師と相談した後で適切なオプションを選択できます。

  1. リバロール - ケトコナゾール系坐剤。これにより、副作用を最小限に抑え、体の感度を高めて使用することができます。 1本のろうそくに400mgの活性物質を、5日間にわたり1つずつ経口投与する。禁忌 - 妊娠中期の妊娠、12歳までの年齢。
  2. ピマフチン - マクロライド系のナタマイシンを含む抗生物質。尊厳 - 妊娠中や授乳中に使用できます。副作用は燃えている、粘液の刺激。タブレットで利用可能、キャンドル、月経中には適用されません。アナログコストは270ルーブルです。
  3. クロトリマゾールは膣坐剤の形の抗生物質です。出産から授乳までの最初の12週間はお勧めできません。レビューによると、実質的に悪影響はありません。 1坐薬のコスト - 24ルーブルから。
  4. Hexicon - 防腐剤の蝋燭はカンジダおよび尿路の炎症性の病気と戦う。子供を携帯するときに許可されています。 10本のろうそくは290ルーブルです。
  5. テルジナン - テルニダゾールとナイスタチンを含み、月経時に使用できますが、妊娠初期には使用できません。 10錠は400ルーブルです。

安いアナログFlukostat

あなたの予算が限られているならば、あなたは非常に人道的な価格でスラッシュからFlukostatの代わりを見つけることができます。以下の類似薬リストに注意してください。

  1. Mycoflucanはインド製の幅広い作用を持つ薬で、成人のカンジダ症 - 急性および慢性 - を治療します。それは200ルーブルかかり、体のあらゆる部分に浸透し、そして真菌を破壊します。
  2. フルコナゾールshtada - カンジダ症の治療に使用されるロシアの薬は、静脈内注入のためのカプセルまたは溶液の形で利用可能であり、子供のツグミを治療します。明るい副反応を与えません。それは70ルーブルの類似物です。
  3. Forkan - カプセル50、150および200 mgは、3歳以上の男性と子供のツグミを含むカンジダ症のほぼすべての形態を治療します。費用は1カプセルにつき150ルーブルです。フルコナゾール150mgを1回の服用量で処方します。インドのジェネリック医薬品はFlucostatと組成が同じですが、予測不可能な副作用があります。
  4. Fluconazole-Teva - ハンガリーの薬物類似体は130ルーブルで、カンジダ症、皮膚の真菌感染症を治療します。
  5. フルコナゾール - ヘキサールは、消費者の自信を刺激する活性化合物を含むドイツの医薬品です。費用は約169ルーブルです。注入のための溶液、懸濁液のための粉末、カプセル、錠剤およびシロップの形で利用できる。

フルコスタットの主成分

これはロシアで生産された抗真菌薬です。 Flucostatの主な抗真菌成分はフルコナゾール、トリアゾールグループの人工的に合成された活性物質です。そして、それはカンジダ属の真菌 - スラッシュの原因となる薬剤にうまく対処します。それに基づく薬の作用のメカニズムは完全な破壊まで菌の増殖を阻害することです。

Flucostatの際立った特徴は、病原性酵母様真菌の破壊におけるその有効性です:時にはそれは後退するためにツグミのためにたった1カプセル摂取を取るかもしれません、かゆみの形での現れ私たちが薬の使用における副作用について話すならば、それはそれらを含みます:

  • コンポーネントに対する個々の不耐性
  • 肝臓に毒性のある他の薬物による治療
  • 急性期の肝疾患
  • 腎不全。

各患者について、投薬は収集された病歴に基づきそして生物の特性を考慮に入れて専ら主治医によって処方される。

フルコスタットは様々な剤形で利用可能です:

  • 丸薬
  • カプセル
  • シロップ
  • 粉末(経口投与用には水に溶解しなければならない)、
  • 注入のための解決策。

最も便利な錠剤およびカプセル剤の経口投与のために、これはフルコスタットの最も一般的な形態である。しかし、場合によっては、例えば、幼児を治療するときには、他の剤形が使用される。

アナログ概要

Flucostatの最大の欠点はその高いコストです。 ロシアの薬局では、1錠のタブレットまたはカプセルを含むパッケージの価格は300〜350ルーブルからです。コース治療が必要な場合は、治療法がポケットを打つ可能性があります。この場合、薬局の薬剤師が、ツグミからFlucostatの安い同等品を見つけるのを助けることができます。しかし同時に、薬の交換はあなたの医者と調整されるべきです。

以下の要因が薬局チェーンの消費者物価に影響を及ぼします。

  • 製造業者の公布、
  • 医薬品の広告キャンペーンへの投資額
  • マークアップ取引ネットワーク。

迅速かつ効果的にツグミを取り除くために、あなたは高価な薬を買う必要はありません、あなたはその品質がFlukostatより劣っていない安価な製品を使うことができます。

マイコフルカン

MikoFlyukanのようなツグミの徴候からのFlucostatのそのような安価な類似物は、この高価な薬に劣らず効果的な代替品になるでしょう。 Mycoflucanは基盤の同じ有効成分を過します、適量は50そして150 mgです。丸薬の形で利用できる。

この薬は費用が違います。薬局では、その価格は180から200ルーブルまで異なります。 1つの丸薬を含んでいる包装のため。

高価な抗真菌薬のもう一つの価値がある代替品はIndian Forkanです。有効成分はフルコナゾールです。 50から150 mgへの適量。静脈内投与用の錠剤、カプセル剤および液剤の形で入手できる。

多くの類似体とは異なり、新生児の治療にも使用は許可されています。禁忌の中でもとりわけ、妊婦の使用の禁止です。

ロシアの薬局でのForkanの価格は150から180ルーブルの範囲です。 1カプセルにつき1パックにつき。

スロベニアの会社KRRKAによって製造された薬Diflazonは高価な抗真菌薬の価値がある代用品です。点滴用のカプセルと溶液の形で入手できます。子供には使用しないでください。

副作用として脱毛症(脱毛の増加)があります。

1カプセル150mgを含むパッケージの平均価格は190-224ルーブルです。

この薬は広域スペクトルの抗真菌剤です。ハンガリーのGedeon Richterによって制作されました。主な有効成分に加えて、それはまたラクトースを含んでいるので、ラクトース不耐症は禁忌です。製品はカプセルおよび静脈内注入用の溶液の形態で製造される。

車を運転する人のために、薬は慎重に処方されています。また、薬の取扱説明書には、不完全な治療過程では、カンジダ症の再発が将来起こる可能性があるという指摘があります。

ロシアの薬局でのMycosystの値段は300ルーブルです。 1カプセルあたり150 mg。

特記事項

ツグミからのFlucostatの治療用類似体、特に安価なものに適用すると、胃腸管や神経系からの多くの副作用を忘れてはいけません。 これらが含まれます:

使用説明書には、Flucostatとその類似体の使用に適合しない薬のリストも含まれています。特定の薬がカンジダ症の治療に適しているかどうかを判断できるのは医師だけです。これをするために、彼は患者がどんな薬を飲んでいるかについての完全な情報を受けなければなりません。

薬物の自己選択の場合にはあなたの健康に取り返しのつかない害を及ぼすことができます。これは、ツグミの治療のためのすべての薬に完全に当てはまります。

オリジナルですか?それともジェネリック?

医薬品市場で見つけることができるすべての薬は2つのグループに分けられます - オリジナルとジェネリック。オリジナルが高価であるならば、一般的に、一般的に、より魅力的な価格を持っています。医薬品が独創的であると言われる場合、それは特定の製薬会社が初めてそれを開発し、それを製造し始め、そしてそれに対する特許を受けたことを意味します。

著者の発明の特許保護の終了時(25年までの薬品用)には、ジェネリック医薬品が表示されます - 元の薬品のコピー。他の製造業者はもはや彼らの開発に投資する必要がないので、それらは通常より安いです。彼らは開発会社が経験したすべての段階を省略します。主要な有効成分が安全で効果的であることを証明するために多数の大規模な研究の過程ですでに必要はありません。

Flucostatはロシアの大手製薬会社Pharmstandardによって製造されています。その主な有効成分はフルコナゾールであり、これは抗真菌薬治療グループに属します。スラッシュからフルコスタットの効果的な類似体を探す前に、しかし安い前に、それは最初にこの薬の特徴を学ぶのが正しいでしょう。

Flucostatを服用した後、すばやく吸収され、30-90分後に血漿中のフルコナゾールの最大濃度に達します。その半減期は30時間以内に起こります。彼は主に腎臓を通して体を離れます。フルコスタットは、注射用製剤の形態と同様に、50および150mgのカプセルの形態で製造される。

「Flookostatが細胞や組織と相互作用する方法は、ミコステロールの合成を遅らせる能力に基づいています。」

応用分野

フルコスタットは、フルコナゾールによって抑制された、クリプトコッカスネオフォルマンス、カンジダ真菌、および他の微生物によって引き起こされる病状を有する患者を治療するのに有効である。

Flukostatカプセルはそのような病気との闘いで使用されます。

  • 粘膜が酵母様真菌の影響を受ける表在性カンジダ症
  • 膣カンジダ症、亀頭陰茎の真菌感染症、
  • カンジダ属の真菌感染による皮膚、粘膜および内臓の同時感染
  • 真菌クリプトコッカスネオフォルマンスによって引き起こされる疾患は、中枢神経系、肺、皮膚および粘膜に影響を与えます。
  • ネイルプレートの真菌感染、
  • 足や手のひらの真菌症
  • その原因物質が親油性酵母菌Pityrosporumである地衣類

さらに、フルコスタットカプセルは、放射線または化学療法を背景にしてカンジダ感染症を発症する素因がある癌患者、およびAIDS患者の予防薬として処方することができます。

多くの女性は、定期的に腹痛に直面しており、性器カンジダ症の徴候との闘いにおけるFlucostatの高い有効性に注目しています。

使用方法

スラッシュFljukostatが取るとき、病気の形に焦点を合わせます:

  • ツグミが初めて出現した場合や増悪がめったに起こらず軽度の症状がある場合は、1カプセル(150 mg)を1回服用するだけで十分です。
  • 重度の症状を伴う重度の病気の場合は、1日1カプセル(150mg)を服用します。コースは72時間の間隔で2つのレセプションで構成されています。
  • 頻繁に再発する場合は、1日1カプセル(150 mg)を服用します。コースは3レセプションです、そしてそれぞれの間に3日間の休憩が必要です。

Flucostat 150 mgを週に1回6か月間服用すると、ツグミの再発回数を大幅に減らすことができます。通常、この薬は患者に十分な耐容性がありますが、場合によっては、患者は主要な有効成分または補助成分に対する体の感受性が高まることがあります。また、頭痛、めまい、吐き気、腸疾患、および鼓腸の増加を示す患者もいます。

Flucostatは元の薬 - ジフルカン、製薬会社ファイザーによって製造されているの一般的な(式を繰り返します)です。この評判の良い製造業者は毎年、大規模な臨床試験に多くの資金を割り当てているため、GMP基準を満たす最も安全で効果的な薬を作成することができます。

「GMP証明書は、第三者の物質の侵入を許可しない条件の下で、必要な化学組成に従って厳密に製造され、規定の保管期間に対応するパッケージを持っている場合に発行されます。」

ジフルカンはこの会社の最も有名な薬の一つです。彼はカンジダ症の「ゴールドスタンダード」治療と長い間呼ばれてきました。他の抗真菌性フルコナゾール(主な有効成分)とは異なり、肝臓、腎臓、心臓に著しい毒性作用はありません。

ジフルカンやフルコスタットなどの薬は非常に効果的ですが、誰もがそれを買うことができるわけではないので、多くの患者はツグミを治して家計に大きな影響を与えない代替品を常に探しています。

スラッシュからのジフルカン(Flucostat)の安い類似物:

提示された薬はすべて、Flukostadの同義語の総称またはツグミとの闘いにおけるこの薬の安価な類似物です。

これらはツグミ、DiflucanとFlucostatの類似物のための非常に予算の丸薬ですが、インドの生産のものです。 Futsisには様々な投与量と3つの形態の放出 - 古典的な錠剤、可溶性錠剤と静脈内投与のための溶液があります。フルコナゾール - 活性成分の責任の治療効果のため。

男性または女性が性器カンジダ症と診断された場合、泌尿器科医/婦人科医は150 mgの錠剤でFutsisを処方します。病気の重症度に応じて、摂取量は1回または3日後に繰り返されます。予防目的のために、Futsisは同じ投与量で推奨されることができますが、月に一度服用されます。臨床例によっては、治療期間は12ヶ月にもなります。

カンジダ症が口腔内に現れた場合は、1〜2週間、1日1回Futsis 50〜100 mgを指定します。多くの場合、義歯を使用する患者はそのような計画に頼る。分散性フシス錠は少量の水に溶解することをお勧めします。得られた溶液はまず口の中ですすぎ、次に飲み込むべきです。患者の免疫状態が低下した場合、治療方針は延長されるかもしれません。

インドの製造業者からのカンジダ症に対するフルコスタットの別の類似体。薬は3つの投薬量 - 50 mg、150 mgおよび200 mgで利用できます。有効成分もすべてフルコナゾールのままです。

Флюзак принимают перорально один раз в сутки. Его суточная доза зависит от течения заболевания и особенностей грибковой инфекции, и может составлять от 50 до 400 мг. どのくらいの期間治療を続けるのが医者に勧められるべきですか。

免疫不全の患者がツグミの再発の予防を必要とするならば、それからメインコースの後でFlyusakは少なくとも4ヵ月の間週に一度1回の投与量(150mg)を処方されます。 Flyusakが小児科で使用されるとき、それは子供の体重(1 kgあたり3 mg)に基づいて投与量を計算することを勧めます。

ツグミからのFlucostatの取り替えはトルコの薬剤の中で見つけることができます。フルノールは、トルコの医薬品市場におけるトップ10社のうちの1社であるノーベル社によって製造されています。噛まずにカプセルを中に入れてください。食事に関係なく薬を飲むことができます。

真菌感染症の種類と病気の重症度に応じて、フルノールの毎日の投与量はさまざまな患者でわずかに異なる場合があります。膣カンジダ症の場合、1回摂取で十分な場合がほとんどです。治療が1日以上続く場合、患者は主治医に診察されるべきです、そしてそれは視覚的に病気の力学を評価することができるでしょう。また、テストする必要があります。これは、真菌感染症が現在どの段階にあるのかを最も確実に示しています。

「治療コースが時期尚早に中断されるならば、感染プロセスは再発するかもしれません。」

ツグミの薬物類似体の中では、薬物Micomaxはそれ自体を強くお勧めしています。薬局によってはFlucostatとほぼ同じコストがかかるため、彼は特にお金を節約することはできません。しかし後者がなければ、あなたは安全にチェコの代替品を使うことができます。この薬の登録証明書の所有者はチェコ共和国のZentivaです。

Mikomaxはその組成中にフルコナゾールを含有し、100および150mgのカプセルの形態、ならびに注入用の溶液の形態で提供される。それは非常に穏やかに作用し、そして患者によって十分に許容される。しかし、フルコナゾールは母乳中に血漿中と同じ濃度で含まれているため、子供を産む女性や授乳中の女性の治療にも使用しないでください。

メイン女性アシスタントについてのメイン

フルコスタットは抗真菌薬のグループに属します。組成の基本は、フルコナゾール、さまざまなクラスの細菌との戦いで最も強力な物質の一つです。

それは真菌病状(真菌症、クリプトコッカス症、カンジダ症)を治療し予防するのに使用されます。それはツグミとの戦いで最も人気があり効果的な手段の1つとして認識されています。

副作用

単一のカプセル剤でも副作用を引き起こす可能性があります。これらが含まれます:

  • 吐き気
  • 膨満感、鼓腸、
  • 椅子の侵害(下痢またはその逆の便秘)、
  • 激しい頭痛
  • めまい
  • かゆい肌
  • 肌の発赤、
  • 発疹
  • アナフィラキシーショック。

1つ以上の否定的な症状が現れた場合は、受付を中止してください。 (一連の治療が必要な場合)、医師に相談してください。

ロシアの薬局での費用

Flucostatは3つの形態で利用可能です:

  • 1カプセル150 mgを含むパッケージ - 価格は200ルーブル以内です。
  • 150mgカプセル2個入りのパッケージ - 価格は約400ルーブルです。
  • 50mgの7つのカプセルを含むパッケージ - 価格は350ルーブル以内です。

購入するときは、カプセルに入っている有効成分の含有量に注意を払う必要があります。

スラッシュフルコスタットの類似体と代替品

  • ジフルカン、
  • マイコフルカン、
  • フルコナゾールスタダ、
  • フォーカン
  • フルコナゾール、
  • ディフラゾン、
  • ミコシスト

記述された薬のそれぞれは、ツグミからのFlucostatの類似物です。

安い相手はほとんどオリジナルと変わらない。 組成物は、体内の病原菌、微生物および真菌の破壊を目的とした活性物質を含む。

費用は製造業者の国と広告の費用に依存することが非常に多いため、高価な薬を購入する必要は必ずしもなく、類似品はそれほど悪くなく、場合によっては薬の成分に対する個人の不寛容性がさらに良くなります。

フルコスタット類似体の特性

ツルカンは、ツグミの治療においてよく確立されている。カンジダ症、口腔粘膜の真菌性疾患、真菌症の様々な形態で使用され、それはすぐに病気の症状に対処し、様々な形態で使用することができます。薬物は静脈内投与することもでき、Diflucan粉末をベースにした薬用飲料の調製に含めることもできます。
使用する前に、あなたは指示を読み、専門家の詳細な相談を受けるべきです。主治医のみがDiflucanの使用の必要性、使用期間、投与量、および禁忌および副作用の可能性についての警告を判断しています。

Diflucanの価格は現在、1パック(1カプセル)あたり約450ルーブル、12カプセル1パックあたり約1,500ルーブルです。

Flukostatの良いアナログ - Mikosist。この薬はツグミの複雑な治療に成功して使用されています。組成物はフルコナゾールと呼ばれる活性物質も含む。適用マイコシストはカンジダ症の症状の任意の形態であることができます。急性の形では、助けを求めるタイムリーな治療法で、それは週の間に一つの薬を飲むのに十分です。この疾患の慢性型では、専門家によって処方される複雑な治療法が必要です。ミコシストは、治療の過程でもツグミのさらなる予防のためにも使用されます。主な禁忌の一つは妊娠中に薬を使用できないことです。薬物は出生前の期間の胎児の形成に悪影響を及ぼす可能性があります。新生児に母乳を与えている間は、Mycosystを使用しないでください。

Mycosystの価格は1カップあたり約300ルーブルです。

フルコスタットのもう1つのかなり安価な類似体は、フルコナゾールに代表されます。 それは、カンジダ症の急性期および慢性期における他の類似体と同様に使用され、様々な形態および症状の真菌症の治療にも使用することができる。それは体内の真菌の拡散に直接影響を与えます。摂取のためにカプセルの形で利用できる。カンジダ症の治療中は、1日1回、1週間、または1日2回、低用量で1カプセルを投与することができます。フルコナゾールには多くの副作用があるかもしれません、特にまれなケースでは、消化管の機能に不規則性があるかもしれません、それ故に肝疾患、胆嚢を持つ人々、そして胃炎や十二指腸潰瘍と診断された人々は非常に慎重に使われるべきです。フルコナゾールを使用するために高血圧に苦しんでいる人々は医師の監督下にあるだけです。薬は血圧の上昇を引き起こす可能性があります。妊娠中の使用にもお勧めできません。
フルコスタット1カプセル約30ルーブル

フルコスタットの他の類似体はフルコナゾールスタダである。 この薬はカンジダ症の治療にも使用されます。カプセル形態で入手可能であり、そして必要ならば静脈内投与することができる。フルコナゾールshtadは子供のツグミの治療のために推奨することができます。それは顕著な副作用を引き起こしませんが、腎不全に苦しむ人々によって慎重に使用されるべきです。この場合、用量を減らすことができますが、薬物離脱は必要ありません。フルコナゾールスタッドの使用と互換性がない薬がいくつかありますので、治療のコースを開始する前に、副作用を排除し、正しい薬の使い方をするために体の完全な診断を完了しなければなりません。あなたは常に自己治療が深刻な結果と体の機能不全につながる可能性があることを忘れないでください。どの薬が治療に寄与できるかを決めるのは専門家だけです。
1カプセルの価格フルコナゾールスタッド約70ルーブル

MycoflucanもFlucostatの類似体です。 この薬は非常に幅広い作用を持ちますが、成人カンジダ症の治療にしか使用できません。マイコフルカンは、その出現の急性期と慢性期の両方で、ツグミを治療するために使用されます。カンジダ菌に影響を与えます。ツグミが慢性疾患の形をとり、消化管、気道、口腔の粘膜、および生殖器に存在する場合、Mikoflyukanは体のすべての部分に浸透し、首尾よく真菌を破壊します。過敏症の人は、カンジダ症のマイコフルカンの治療に使用すべきではありません。消化管の慢性疾患用の薬も慎重に使用してください。消費は嘔吐、腸の疾患、アレルギー反応の形で反応を引き起こすことがあります。
Mikoflyukanの1カプセルは、約200ルーブルです。

全てのフルコスタット類似体は組成が類似している。 唯一の違いは、投薬量、投与期間、そして薬物使用におけるさまざまな副作用です。医師は、徹底的な検査とカンジダ症の有無についての検査を受けた後、治療法を処方します。自分で薬を飲まないでください。なぜなら、ツグミの症状が発見された場合には、専門家への訪問を延期しないでください。

Flucostatをスラッシュに置き換える方法は?

フルコスタットはロシア製の薬で、その有効成分はフルコナゾールです。 その化学構造により、それはトリアゾールの誘導体です。多くの種類の真菌に積極的に影響を及ぼし、それらの酵素活性を抑制し、それらの耐性を低下させ、そして粘膜から病原体を除去する。

薬の調剤の規則によれば、フルコスタットは医師に相談した後、その組成中に同じ量の同一の活性成分を含む医薬品に置き換えることができます。

フルコスタットは、1カプセル中にフルコナゾール150または50 mgの用量で入手可能です。それぞれの場合の臨床像からと同様に、用量に基づいてそれを交換してください。

ツグミの治療には、以下の薬のいずれかを選択できます。

  • マイコフルカン、
  • フルコナゾール、
  • フォーカン
  • Disorel Sanovel、
  • フルコシド、
  • ディフラゾン。

これらすべての薬はツグミを取り除くのを助け、同時にお金を節約するのを助けます。

Disorel Sanovel

Disorel Sanovelは、カンジダ菌に対して最も高い特異性を示します。。摂取されると、それはかなり速く作用し始め、病原性微生物の活動を阻害します。それは血漿中によく吸収されそして治療の開始後急速に分布する。

150および50 mgのタブレットの適量で利用できる。線量は病気の段階および徴候の強さによって医者によって定められる。

Disorel Sanovelaは非常に攻撃的に身体に作用するため、多数の副作用を引き起こす可能性があります。。子供、妊娠中および授乳中の女性、腎機能障害のある患者には適用されません。

フルコシドは150および50 mgの用量で経口摂取するとよく吸収されます。 それは、多数の副作用を引き起こすことなく、組織および血液中にかなり急速に分布しています。 フルコナゾール - 薬の活性物質の作用を調節する補助物質の複合体によるものです。フルコシドは医師の処方に従って1日1回塗布されます。

フルコナゾールは、カンジダ菌への作用が完了した後に泌尿器系を通して排除されるので、病因が腎不全の患者には使用しないでください。体内のフルコナゾールが遅れると、他の生命システムの悪化によって引き起こされることがあります。

ジフラゾンはまた、その組成中にフルコナゾールを主成分としています。 彼はより広範囲の投与量を持っています:50、100、150および300 mgの錠剤。このため、それはカンジダ微生物によって引き起こされるものに加えて、様々な真菌性疾患に使用することができます。

軽症型のカンジダ症を除くすべての症例で、薬剤Diflazonのやや複雑な治療法が選択されているため、主な薬剤ではありません。それを使用する前に、それは最適な用量とコースの期間の選択のために専門家に相談することが必要です。

Diflazonはかなり安いですが、吐き気、嘔吐、呼吸困難、肝臓のパラメータの変化、アレルギー反応など、さまざまな悪影響を引き起こす可能性があるため、慎重に使用してください。それはいくつかの抗生物質と組み合わせることはできず、妊娠中や摂食中に使用することはできません。

安いFlucostat類似体は、同じ投与量で同じ有効成分を含んでいるので、非常に多くの類似した特性を持っています。それらは、放出形態(錠剤またはカプセル剤)、賦形剤の組成および臨床活性において主に異なり、血漿中の薬物の分布速度に完全に依存する。

それらのすべては低価格にもかかわらずツグミからの助けにもかかわらず、効果的な抗真菌剤です。

これらの医薬品のいずれかを選択する前に、それぞれの特定の臨床例におけるそれらの使用の実現可能性および安全性を判断するために専門家と相談することが必要です。

Kukhnetsova Irina、薬剤師、メディカルレビューア

合計4,152ビュー、今日3ビュー

Flukostatのアナログを選択する方法

特定の薬の代替品を選択する前に、癒しの特性だけでなく、他のいくつかの基準も評価する必要があります。

  • 治療効果
  • 人体に対する安全性
  • 副作用の存在
  • 価格の可用性。

フルコスタットは、錠剤から溶液まで、さまざまな形で入手できます。 1つのタブレットとのパッケージの価格は330-350ルーブルから始まります。この治療がそこで終わらず、人が薬を飲むことのコースを処方されるとき、これは深刻な経費につながることができます。

この場合は、薬局の従業員に連絡して、安価な類似のフルコスタットの類似品を見つけてもらうことができます。しかしそれはあなた自身によって選ばれた類似体を取ることは勧められません;あなたはあなたの医者と薬の取り替えを調整するべきです。

膣カンジダ症に対する安い治療法

薬局では、市場で同様の製品が幅広くあるので、ツグミのために十分な量の薬を見つけることができます。さらに、それらの中には医師の処方箋なしで販売されているものもあります。フルコスタットは抗生物質ではありませんが、あなたはその判断でそれと他の薬を使用するべきではありません。

ツグミからのFlucostatの類似体は以下の通りです:

薬の価格は安くはないようですが、プラスにはこのお金のためにあなたが1つのパッケージでより多くの単位のカプセルまたは蝋燭を得ることができるということです。

抗生物質は薬剤の構造中に存在し、それは広範囲の作用を有する。それは錠剤、蝋燭および薬用クリームの形で作られています。慢性の病気になると、錠剤や坐剤を使って治療が行われます。膣坐剤は黄色がかった茶色がかった色合いをしており、魚雷の形をしています。月経中は治療を続けることができません。

ピマフチンは妊娠中や子供の母乳育児中に処方されます。母親や胎児に悪影響を及ぼす恐れがないからです。副作用の粘膜の刺激、および不快な灼熱感の感覚を注目することができます。

クロトリマゾール

ドイツ薬は、エルゴステロールの合成が破壊されるため、真菌の発生を抑制します。薬物治療の期間は通常5〜6日を超えない。ピマフチンとは異なり、妊娠の最初の12週間では使用できません。母乳育児中、クロトリマゾールは医師の許可を得て、細心の注意を払ってのみ使用することができます。薬用クリームの治療における副作用は最小限です。

膣坐剤は急性および慢性のツグミの治療を目的としています。この病気の急性型は、4〜5日間治療を必要とし、慢性 - 10日間治療を必要とします。例外的な場合には有害反応が観​​察されますが、その薬物にはまだ禁忌があります。

  • コンポーネントに対する個々の不耐性
  • 妊娠の最初の数ヶ月
  • 授乳期
  • 肝臓や腎臓の病気

すべてのアナログには長所と短所がありますので、Flukostatに代わる安価な代替品の選択は医師に同意する必要があります。

薬は効果的に膣カンジダ症、および感染症によって引き起こされた泌尿生殖器系の他の病理を治療します。それはグラム陰性菌およびグラム陽性菌の活性を阻害し、そしてある種のウイルスおよび原生動物と戦う。キャンドルは、妊娠中の女性や授乳中の母親が子供に悪影響を与えることがないため、使用できます。

膣錠の形の薬は、予防のためだけでなく、真菌性および細菌性膣炎の治療にも使用されます。によって使用されます。

  • 出産や中絶の準備中
  • 操作前
  • 子宮造影の前に。

妊娠中の女性や若い母親のために、Terzhinanによる治療は絶対にお勧めできません。月経中は安価な薬を使用することが許可されています。 В самом начале лечения могут проявиться побочные эффекты, такие как: зуд, жжение и раздражение во влагалище.

Полижинакс

Polygynaxは真菌に有害な影響を与える抗真菌剤および抗菌剤です。さらに、この薬は泌尿生殖器系の感染症にも使われています。

妊娠中や授乳中は、この薬による治療が処方されていますが、それは適切な検査指標だけによって行われます。月経中のキャンドルの使用は許可されています。 Poliginaxの副作用:

  • アレルギー反応の発現
  • 燃えるとかゆみ
  • 膣粘膜の刺激。

望ましくない反応が激しくなると人が気付いた場合は、直ちに服用を中止して医師に報告してください。

マイコシストは、静脈内注射用のカプセルおよび溶液の形で入手できます。抗真菌薬は乳糖で構成されているので、乳糖に対する個々の不耐性と一緒に使用することはできません。

ミコシストはカンジダ症の治療および予防策として使用しました。薬は非常に効果的ですが、カプセルにはかなりの量の副作用があります。主な反応:鼓腸、嘔吐、腹痛、下痢。まれに、肝不全、頭痛、発作が起こることがあります。

Pin
Send
Share
Send
Send