人生

頸部侵食の焼灼のための準備

Pin
Send
Share
Send
Send


侵食治療の戦術は常に必要な検査の後に婦人科医によって決定されます。子宮頸部びらんと診断された各女性は、特定の関連疾患の存在を特定するのに役立ついくつかの検査を受けるよう求められ、それゆえびらんの原因を正確に特定します。 研究リスト それぞれの場合で異なるかもしれませんが、通常は次のとおりです。

  • 膣内細菌叢を決定するための細菌学的播種
  • PCR分析
  • ELISAによる血液分析
  • HIVの血液検査
  • 梅毒の分析(RW)
  • 腫瘍細胞学的研究
  • 子宮頸部の生検。

ミクロフローラ上での細菌培養

植物の汚れ あなたが膣、尿道と子宮頸管の中の特定の微生物の存在と数を決定することを可能にするかなり簡単な分析です。それはフローラと呼ばれる様々な微生物が生息しているので、すべての女性の膣は完全に無菌であることはできません。通常の細菌叢の主成分は乳酸菌であり、それが原因で酸性環境が膣内で常に維持されています。それのおかげで、様々な病気を引き起こす有害な微生物に対する保護が提供されます。

乳酸桿菌に加えて、ブドウ球菌、連鎖球菌、尿素プラズマ、およびカンジダ属の真菌が女性の膣内に見られます。少量のこれらの微生物で、女性は健康と見なされます。しかし、膣内細菌叢の組成は、さまざまな婦人科疾患の背景に対して変化する可能性があります。微生物叢の変化の性質によって、1つまたは他の病気を診断することができます。

細菌学的塗抹標本は通常、定期的な婦人科検査中に撮影されます。研究のために膣、尿道および頸管からの一定量の分泌物および粘液を使用する。手技自体は痛みがなく、 次のように渡します:

  • 婦人科医は鏡の助けを借りて膣を調べます、
  • 無菌の綿棒の医師が膣、子宮頸部、尿道の壁から粘液を集めます。
  • 採取した材料はスライドガラス上に均一に分配され、検査のために実験室に送られる。

膣スワブ 診断に役立ちます 以下のような婦人科疾患

  • 子宮頸管炎、
  • 膣炎
  • 細菌性膣炎
  • カンジダ症(ツグミ)、
  • クラミジア
  • トリコモナス症
  • 淋病
  • 尿素プラズマ症

必要ならば、この診断技術は他の研究方法、例えばPCR分析によって補完することができ、それは多くの性感染症の同定を助ける。

ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法

PCR分析はDNA診断法です。 検出する10 最も一般的な 性器感染症:

PCR分析 尿道から撮影 特別な使い捨てプローブを使用する。この診断技術は最も敏感で効果的なものの一つです。彼女に否定できない メリット 含まれます:

  • 特定の病原体の存在を直接判断する能力
  • 病原体の特定のDNA領域を決定する(伝統的な試験を用いている間、感染性病原体の老廃物のみを検出することが可能である)。
  • 分析の高精度と特異性
  • 迅速な結果
  • 隠れた感染や慢性の感染を特定する可能性。

頸部びらんを患っている女性が性感染症であることが確認された場合、まず第一に彼女は本格的な治療を受ける必要があります 併用治療そしてそのとき初めて、侵食を直接処理します。体内に感染がある場合、その主な原因が排除されていないため、治癒したびらんさえも再発するため、これは必要です。

感染症を治療するという決定は、検査の結果に基づいて医師によって行われます。治療は専門家の監督下でのみ包括的に行われるべきです。感染プロセスが完全に退行するとすぐに、あなたは異所性の治療を始めることができます。

酵素免疫測定法(ELISA)

ELISAはそれが決定される診断技術である。 様々な感染症に対する抗体の存在 人間の血中特定の病原体が女性の体内にある場合、免疫システムはそれをエイリアンのものとみなし、自ら破壊します。保護機構の一つは特異抗体の産生であり、その数は病原体の体内での存在によって判断することができる。

ELISA診断法の助けを借りて、病気の経過の期間を決定すること、ならびに隠された形態の感染を明らかにすることが可能である。現在、ほとんどの専門家は次の事項を順守しています。 抗体分類:

  • クラスM - 一次感染
  • クラスG - 慢性感染症
  • クラスA - 粘膜の保護

ELISA法は、原則としてPCR診断法と組み合わせて使用​​されます。これは、このような包括的な検査により、最も正確な診断を行い、多くの性感染症を特定できるためです。

HIVと梅毒の血液検査

血清中にHIV検査が検出される 適切な抗体の存在 そして感染の事実を立証する可能性が高い。この研究は非常に信頼性がありますが、時にはその結果が偽陽性または偽陰性になることがあります。 HIV感染症のさまざまなタンパク質成分に対する抗体が、病気のさまざまな段階で血中に存在する可能性があるため、これが可能です。現在のところ、上記のELISA診断方法はHIVを検出するために使用されている。

梅毒の血液検査(Rw)許可する研究です 血液中の梅毒病原体を検出する。疾患の初期段階では、分析のための材料は生殖器の粘膜にあるびらんや潰瘍から採取されます。後期には、血清と脳脊髄液が検査のために採取されます。血液は予防や感染の疑いのある研究資料としても役立ちます。

腫瘍細胞学的分析

浸食の良性を判断するために、腫瘍細胞学的研究を実施して除去する。 悪性細胞の存在。子宮頸管および子宮頸部の表面からの分析用 削り取られる 特別な医療機器を使用する。得られた材料はスライドガラス上に分配され、記録され、研究のために研究室に送られ、そこで専門家は侵食セルの定性的組成を決定する。

分析結果を解読するとき 5段階の開発 病理学:

  • ステージ1 - 逸脱がないこと
  • ステージ2 - 規範からのわずかな逸脱があります、炎症過程があります。このような状況では、医師は追加の研究と炎症性疾患の強制療法を処方します、
  • ステージ3 - 異型細胞が少量存在する
  • ステージ4 - 塗抹標本に悪性の性質の別々の細胞があります、
  • ステージ5 - 明らかに悪性の細胞が複数あります。

場合によっては、診断を明確にするために、医師は子宮頸部の生検などの追加の検査を処方することがあります。

子宮頸部生検

生検は研究方法であり、 体からの組織の収集 勉強し診断するために。一般に、生検が細胞組成を研究するための最も信頼できる方法であると考えられているので、そのような分析は疾患の悪性の性質の疑いの場合に行われる。

ほとんどの場合、子宮頸部の生検 麻酔なし手順はそれほど苦痛ではないので。膣鏡を使用して、医師は子宮頸部の表面から上皮のごく一部を切除します。頸部びらんを焼灼するためにしばしば使用されるSurgitron装置によって同じ手順を実行することができる。得られた生検標本を実験室で組織学的検査にかける。

テストの準備

侵食試験は、焼灼処置に対する禁忌の有無を判定するために行われる。まず第一に、医者は子宮頸部を調べて、そしてどんな病理学的変化も識別した後に、多くの追加の研究を処方します。すべてのデータを受け取った後に初めて、治療が始まります。したがって、 手術の準備の主な段階は信頼できる臨床像を得ることです.

診断テスト

正確な診断をするために、多くの実験室研究が行われます。主なものの中で、次のものが区別されます。

  • 尿と血液検査
  • 塗抹、
  • 細菌培養、
  • PCR、
  • 生検

正確な診断がなされた後に初めて、子宮頸部侵食の焼灼の準備が始まります。この場合、医師は手術の前に何をすべきかをあなたに言わなければなりません:

  • 手術前にセックスをすることは強くお勧めできません。
  • 抗生物質の服用や膣坐剤の使用は捨てるべきです
  • 2週間の過食を避ける
  • 手術の14日前にタンポンの使用を中止してください。

手順の前に実験室試験を受けることができます。

ミクロフローラの測定における膣塗抹標本、子宮頸部上皮細胞の採取は、炎症過程および感染を検出するために病原性細菌の存在、ミクロフローラの状態を判定することが可能である有益な方法である。

これらの検査は検査中に婦人科用椅子の上の診察室を通過する必要があります。生体材料を服用しても痛みは現れず、上皮の完全性は損なわれません。特別なへらを使って膣分泌物を取った後、物質は実験室用ガラスに移されます。

手順の後、制限はありません。女性はアクティブなセックスをし続け、入浴することができます。

生殖器官の子宮頸部からの削り取り侵食に対する必須の分析細胞学的研究方法は、細胞の状態およびそれらが悪性腫瘍に変性する傾向を決定するのを助ける。この目的のために、生体材料は頸部病変の領域から採取される。

細菌培養

本研究の目的は、生体材料中の病原菌を特定することです。さらに、細菌播種の実施は炎症過程の開始時に必要であり、その発生は条件付き病原性微生物によるものである。この場合、通常の塗抹標本とPCRは有益ではありません。

病原性細菌の検出の場合、様々なグループの抗生物質に対するそれらの感受性を決定することが可能である。この情報は治療計画を選択する過程で非常に重要です。抗生物質に対する耐性が高い微生物はかなり多くあります。

細菌の播種は、膣や子宮頸部の一般的な微生物叢だけでなく、マイコプラズマや尿素プラズマにも行われます。

コルポスコピー

診断の過程で使用されている子宮頸部検査の方法の一つは、びらん中の膣鏡検査です。それにより、膣内の領域の臓器上皮の粘膜の状態を評価することが可能です。手順は、画像を数回拡大する特別な装置を使用して実行されます。これにより、診断がはるかに簡単になります。

コルポスコピーは20分までかかるかなり長い手順です。女性は同時に婦人科の椅子に座っており、装置の鏡が膣内に挿入されている。初期段階では、酢酸が子宮頸部の領域に配置され、これがびらんを染色します。視覚的に見ると、それは大きなピンク色の斑点のように見えます、そしてこの物質のおかげでそれの背後にあるものを理解することは可能です。その後、Lugolソリューションに入ります。したがって侵食の輪郭を決定することが可能である。

これらの物質による治療の結果として、患者が実際にこの病状を発症した場合にのみ、灼熱感が生じることがあります。この場合、医師は焼灼によって患部を除去することにしました。

診断の初期段階で、医師は綿棒またはこすり落としを行い、基準からの重大な逸脱がある場合には徹底的な検査を実施するよう指示します。したがって、子宮頸部の領域に存在するすべての変化を特定することが可能です。

浸潤中に患部組織の小領域を切除して生検を行います。これらの操作が完了すると、生体材料は組織学的検査に送られる。結果を受け取った後、医者は侵食の焼灼のための十分な証拠があるかどうか決定します。

侵食の焼灼前に実施されたすべての試験の中で、PCR法は特に重要である。この研究を行うために、材料は頸管または血液から採取されます。この診断方法のおかげで、さまざまな病状を特定することが可能です。

  • 尿素プラズマ症やクラミジアなどの性感染症
  • 慢性的な形の尿路感染症
  • 真菌による生殖器系の敗北
  • 膣異形成症、
  • HPV
  • ヘルペスウイルス。

生殖器感染症が検出されると、まず最初に、関連する病状の排除を目的とした治療コースが任命される。 その正常な完了後に初めて侵食の治療に進む。これは、泌尿生殖器系に感染があると再発の危険性があるという事実によるものです。

尿分析

包括的な調査を実施する過程で、追加の尿検査が任命されます。その助けを借りて、それは最も完全な、信頼性の高い臨床像を得ることが可能です。

多くの女性は、月経中に尿を通すことが可能かどうかという問題を懸念しています。これについての詳細は私達のウェブサイトの別の記事を告げる。

びらんを診断する過程で、そしてその焼灼に備えて、女性は様々なテストに合格する必要があります。結果を受けて初めて、医師は手術の必要性について最終決定を下します。場合によっては、操作が延期されます。この処置の主な禁忌は、妊娠および泌尿生殖器系の付随する感染症の存在です。

検討の理由

「頸部侵食」という用語は、鏡で見たときに見える頸部上皮のあらゆる変化を含むことが多い。したがって、臨床像全体を見ずに特定の治療法の選択を判断するのはかなり困難な場合があります。

真の子宮頸部侵食は1〜2 cmの組織欠損であり、これは急性炎症過程に起因する「潰瘍」です。 しかし、しばらくの間その上皮化の表面、それは徐々に消えます。したがって、真の侵食を修正することは非常にまれであり、その結果に対処しなければならないことがよくあります。

「頸部びらん」という用語には、ほとんどの場合、次のようなものも含まれています。

  • 異所性は若い、そして多くの場合はまだ女性で診断されている状態です。 それはまだ未完成の子宮頸管の成長と関係しています、その結果としてそれの子宮頸管(円柱上皮)の内側にあるべきであるその部分は覗き見します。視覚的には、これは丸みを帯びた赤みの正しい形として定義されます。婦人科医は、これが侵食であると主張して、しばしば若い女の子を誤解させて、彼らを怖がらせます。実際、ほとんどの場合、このような状態を観察するだけで十分です。
  • Ectropion - 子宮頸部の解剖学的構造の違反、その外転。 同様の状態は、出産後を含む怪我、涙によっても形成されます。萎縮するとびらんを起こすことがあります。徐々に治癒して、それらはナボット嚢胞を形成します - 腺は上から上皮で覆われています。それらは特別な危険をもたらすことはありませんが、サイズが大きい場合は、それらを削除することをお勧めします。多くの場合、ectropionは子宮頸部の瘢痕性奇形と同一視されています。

焼灼なしで頸部糜爛の治療に関する記事を読むことをお勧めします。それからあなたは非外科療法、薬物治療、使用済み薬物の有効性について学ぶでしょう。

したがって、子宮頸部子宮のいくつかの疾患は、異なる治療戦略を持ちながら、同じ方法で視覚的に決定される。 "侵食"の完全な調査を実施して、医者はそれの真の原因を突き止めます、そしてそれはそれを戦うための最も効果的な方法を決定するのを助けます。また、複雑な研究​​を行いながら、以下の目的を追求しています。

  • 子宮頸部の変化が性器感染症、産後のトラウマなどによるものかどうかを確認します。これは根本的に治療の戦術に影響を与えます。
  • 病理学的病巣の形成異常の変化を行う。 CIN 1、2、3は特定のアプローチとさらなる観察を必要とする前癌状態です。形成異常を間に合わなかった場合は、初期段階で腫瘍性疾患の前に「治癒」できます。
  • 調査は女性が癌を引き起こすことができるウイルスのキャリアであるかどうか尋ねます - これらはHPVタイプです。それらが存在する場合、それは危険にさらされており、これらの病原体と戦うために特別な治療を受けなければならない。 Данный анализ после прижигания эрозии также, поэтому сдается в динамике.
  • それは、子宮頸部組織の病理学的プロセスがどれほど深く影響されるかを明らかにしています。保存的治療と外科的治療(焼灼、レーザー治療など)を選択する必要があります。

したがって、治療の質は、検査がどの程度徹底的かつ適切に実施されるかによって異なります。

頸部侵食

分析の種類と病理学におけるその意義

すべての検査はいくつかの段階で行われます。それは一般的な研究、詳細な特別な機器と道具を使った特別な研究を含みます。 複合体全体を調べる必要は必ずしもありません。臨床像、疾患の期間、愁訴および合併症の存在を考慮に入れて、特定の症例におけるびらんの治療にどの検査が必要かを決定できるのは婦人科医だけです。

一般試験

婦人科用椅子で診察時に最初の入院時に行われます。次のものが含まれます。

そのため、CIN 1は保守的な治療を受け、症例の80%で発症しています。 CIN 2は、焼灼などの形(液体窒素、レーザー光線など)で60%の外科治療を必要とします。 CIN 3はほとんどの場合手術であり、子宮内膜の病理や子宮筋腫の存在と組み合わせると子宮摘出になることさえあります。

追加の侵食にはどのようなテストが必要ですか?これは、HIV、梅毒、および肝炎の一般的な血液検査および尿検査です。何らかの疾患が検出された場合、治療はもはや婦人科医によって行われるのではなく、感染症専門医または獣医学者によって行われる。この場合、これらの症例における子宮頸部のびらんはもはや根本的な疾患の治療の特権ではない。

子宮頸部侵食に関するビデオを見てください。

綿密な審査

侵食の焼灼前のこれらの分析は必須であり、そして保守的治療のほとんどの場合においても同様である。それらは次のとおりです。

  • 生殖器感染症、すなわちマイコプラズマ、クラミジア、尿素プラズマ、トリコモナス、淋菌のPCR。 これらの病原体の同定は最初の抗菌処理を必要とし、その間にそれが小さいと浸食が起こり得る。検査にはリアルタイムPCRを使用することをお勧めします。これにより、病原体を最も正確に識別できます。
  • 発癌性ウイルスのスクリーニングも非常に重要です。 HPV 16、18、31、33、35、39、45、52、58、59、67タイプ、およびHSV(単純ヘルペスウイルス)1および2クラスについてPCRを実施する必要があります。これらの微生物が同定されるとすぐに女性は子宮頸がんを発症する危険性の高いグループに入ります。そのため、場合によっては治療がより急進的になります。
  • 性器感染症に対する膣および子宮頸管内容物の細菌学的播種 この研究は、材料中の細菌の量的含有量を特定するために必要です。また、炎症プロセスが条件付き病原性微生物によって引き起こされる場合には播種が必要です。 PCRとそれらのための塗抹標本は有益ではありません。病原性微生物の同定におけるこの研究は、抗生物質群に対する感受性の決定を意味する。

そしてこれは、特に多くの薬剤耐性微生物があるという事実を考えると、将来的に治療計画を立てるために非常に重要です。マイコプラズマおよび尿素プラズマ、ならびに膣および子宮頸部の全フローラに細菌播種を行うことが必要である。

特別試験

それは特別なテクニック(膣鏡)、器具(例えばconchotome)を使って行われ、そして手技の間に得られた材料はしばしばさらなる組織学的検査のために送られます。結果として、医師は病理学的領域の変化の程度と性質を示す報告を受け取る。

特別な検査はほとんどの場合行われますが、2回目以降のレセプションで行われます。特にこれらの分析は子宮頸部の焼灼に重要です。

浸食の診断

頸部びらんの研究は医師による目視検査に限定されません。この病状の治療を開始するには、病変の原因と形態を特定する必要があります。そしてこれのためにあなたは実験室診断のいくつかのタイプに合格する必要があります。医師が頸部糜爛として検出する粘膜の病理学のいくつかの種類があります:

  1. 異所性の先天的な性格。それは若い女の子で診断されています、それは不快な感覚を伴いません。治療的措置を必要としません。
  2. 真の侵食これは、1〜2 cmの子宮頸部の粘膜の欠陥です。
  3. 疑似変形 - 上皮の構造の変化。これは悪性腫瘍に変化する危険性のある病態です。

頸部びらんの検査 - 検査では、専門家は損傷の性質を特定することができません。したがって、女性は追加のテストを受けることをお勧めします。

いつする

頸部びらんの検査のために婦人科医に相談するには、女性は不快症状の出現を待つべきではありません。実際、ほとんどの場合、この疾患は漸近的に進行する。そして病理学自体は定期検査の間に診断されます。病気の悪化を示す主な症状は次のとおりです。

  1. 月経に関連していない血液の形で排出します。彼らはしばしばパートナーとの性的接触の後に現れる。
  2. 性交中の痛み、不快感。
  3. 膣からの化膿性分泌物の外観。

これらの症状は、根底にある病気の感染が順守されていることを示しています。そして医者への訪問を延期することは価値がない。

塗抹細胞診

生検サンプリング中に、子宮頸部生検が行われます(患部組織の片を特別な滅菌ツールで挟みます)。腫瘍の形成を防ぐために、すべての女性は年に一度細胞診で塗抹標本を塗るべきです。そして、性器ヘルペス、ポリープ、HIV感染のある女の子には、この手順は6ヶ月ごとに行うことをお勧めします。塗抹標本によって腫瘍学を除外することができます。

ELISAのELISA分析

子宮頸部びらんの治療前のELISAは、疾患の感染性を判断する(除外する)ために使用されます。研究のために患者の採血を実施する。次に、得られた生物学的物質中の抗体および感染性物質の存在によって決定される。さらに、子宮頸部のびらんを調べるためのこの方法では、感染の程度(急性、慢性)を検出できます。

臨床検査の結果に応じて、病理学の治療法が規定されています。実際、大多数の病原性微生物は薬物の活性成分に対して耐性があり、そしてより慎重な薬物の選択を必要とする。

病理を検出する方法:基本的な方法

頸部侵食は 出血性創傷のように見え、一定の不快感を与える子宮喉の粘膜の損傷領域。

臨床像が欠けている可能性がありますしかし、頸部びらんの診断は可能であり、最初の「鐘」で必要です。

これを手伝ってください:

多くの場合、患者の言葉を含む臨床像も意味します彼女が注意深く健康状態を監視し、病気の最初の症状で医者に来た場合。

膣鏡検査はどのように行われますか

コルポスコピーは、ある程度、婦人科用椅子に置かれた患者の同じ検査です。

唯一の違いはそれです 医師は特別な光学機器(膣鏡)を使用しています 部分的なバックライトだけでなく、画像も拡大します。

このようにして初めて医師は、子宮喉の膣部分を裏打ちする上皮内層の構造、その可能性のある欠陥を注意深く調べることができる。子宮頸部のびらん性の発現/異所性の正確な診断と同様に。

手技の適応はそれほど多くないしかし、それらはすべてかなり一般的です。

  • 腹部の痛み、親密な関係の間の灼熱感/不快感、
  • 月経周期とは無関係の退院
  • 泌尿生殖器系の炎症
  • がっかりした研究室の研究結果
  • 性器の新生物、膣、
  • 頸部びらん。

研究の数日前に控えるべきです 親密な関係、忍耐強い、衛生的なタンポン/膣薬の使用および他の同様の操作から。

月経中は、この手順は禁止されています(最適時間:10-15日サイクル).

検査は婦人科用椅子で行われます。。この目的のために、画像を膣鏡/ビデオ膣鏡に伝達する特別な鏡が使用される。

場合によっては、消毒剤を使用した拡大膣鏡検査が必要です。上皮の患部に適用すると、血管攣縮があり、これが組織のコントラスト、さらに正確な診断につながります。

この手順は基本的に痛みがなく、長続きしません。。研究の結果はさらなる研究のために保存され、患者は家に帰ることができる(次の数日には手順の前と同じ制限が適用される)。

コルポスコピーは、初期段階で子宮頸部びらんを検出するための最も重要な方法です。

超音波でESHを見ることは可能ですか

超音波頸部びらんで見ることは可能ですか? 超音波検査は 泌尿生殖器系の疾患、生殖器の病理、良性または発癌性の腫瘍の発症の疑い。

この検査方法は、専門家が女性の臓器の構造、その大きさ、組織および粘膜の構造を評価するのに役立ちます。規範からの逸脱はすべて専門家によって修正され、解読されます。

炎症過程がこの病状に加わる場合に限ります。、感染症、その後の腫瘍を伴うヒトパピローマウイルス、これらの変化は超音波センサーを修正します。

しかし、状況はすでに無視され過ぎているかもしれません。

どのテストに合格する必要があります

頸部びらんの間にどのような検査が行われますか?病理学の完全な検査のためには、医師の検査だけでなく 様々な臨床検査:

  • 塗抹標本/播種ミクロフローラ組成物。しばしば、病原性微生物の活発な繁殖の結果としてびらん性の徴候が発現します。
  • 血液検査。これは、性感染症、肝炎(C、B)、ヒト免疫不全ウイルス、病原性感染症の診断を目的としたKLA検査と臨床検査の両方を指します。
  • 細胞診スクレイピング。子宮頸部の構造(細胞レベルで)、その粘膜の研究に送られます。
  • 生検。前述のすべての研究の期待外れの結果にのみ必要です。
  • 組織学の紹介。生検が後に続くのは、採取された組織サンプルの顕微鏡検査である。
  • 生検が必要ですか

    子宮頸部生検は 患部からの疑わしい組織の採取およびさらなる調査。

    その一方で、それは外科的介入であり、したがって 特定の規則への準拠が必要:

    • 生検は、診察、コルポスコピー、いくつかの臨床検査の後、これらの点の少なくとも1つが悪い結果を示す場合に処方されます。
    • この手順は、感染症がない場合、および月経流出の停止後にのみ許容されます。

    そして最も重要なこと:頸部びらんの場合、まず第一に、膣鏡検査および病原性感染症のための塗抹標本/血液検査が処方されます。

    そして後者が深刻な病理を示しているならば、影響を受けた組織の生検はLugolの解決策で特別な鉗子/メスでコルポスコープを使ってすぐにとられます。

    浸食中に行われる子宮頸部生検の内容とその方法は次のとおりです。

    内容

    内容

    びらん性変化の一次診断は、婦人科医によって目視検査によって行われます。細胞層の他の病理学的変化から真の(本物の)侵食を区別するために、医者は完全な検査の結果を受け取ることができるだけです。

    実験室のパラメータと追加のハードウェア手順の研究を通して、頸部侵食の原因が特定されます。女性に合格するために必要な検査は、婦人科医を決定します。

    医療処置の目的と目的

    調査の主な目的は、正しい治療戦略を決定するために唯一の正しい診断をすることです。これは保守的な薬物療法または手術であるかもしれません。

    本物のびらんを他の頸部病変と区別するための標準的な検査スキームがあります。

    • 子宮頸部表面の子宮頸管(子宮頸管内)の細胞層の異常な位置 - 異所性、
    • 倒立子宮頸部の症状を特徴とする解剖病理学 - ectropion。
    • 侵食層の性質を確立する。性感染症(性感染症)の既往歴、出産、流産、不適切に選択された膣内避妊薬による機械的損傷、
    • 組織の発達(頸部異形成)における病理学的過程の記述
    • 女性の体内にヒトパピローマウイルス(HPV)が存在することの明確化
    • 病気の進行段階を決定する。

    健康への影響を防ぐために、女性は医者が処方したすべての検査に合格しなければなりません。

    頸部びらんの診断のための実験室試験

    婦人科医での受付では、膣壁と子宮頸部の目視検査が行われます。さらに、患者は以下を含む基本的な検査に合格します。

    • 膣内細菌叢、子宮頸部細胞および尿道の塗抹標本。これは、細菌の存在を決定し、微生物叢の状態を確定し、炎症過程、感染症およびそれらの病原体(淋菌、膣トリコモナス)を検出し、研究対象器官の純度を評価するための有益な研究方法です。生体材料を摂取しても疼痛は引き起こされず、上皮は損傷を受けません。婦人科医は特別なへらで膣分泌物を作り、この物質で実験用ガラスを覆います。塗抹後の入浴方法や性的接触に制限はありません。
    • 腫瘍病理(oncocytology)に関する細胞材料の研究。この分析は、がん細胞の存在を検出するという唯一の目的で、さまざまな方法で行われます。サンプリングの方法によると、手順はフローラの塗抹標本と変わらない。実験室での研究では、その開発の主要段階で腫瘍学を診断することができます。結果は3つの選択肢に分類されます:CIN 1、CIN 2、CIN3。最初のケースでは、十分な薬物療法があります、2番目と3番目の段階は排除されます。
    • 血液検査:一般(全種類の血液細胞を数える)、ワッサーマン(梅毒)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の存在、ウイルス性肝炎の存在、
    • 尿の物理化学的および生物学的指標の研究(一般的な分析)。

    病気の状態をより正確にするために、女性はさらに処方されます:

    • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による分析。子宮頸管からの生体材料(塗抹標本、こすり落とし)、または血液を検査することができます。この方法で診断することができます:性感染症(クラミジア、尿素酸化症)、慢性尿路感染症(マイコプラズマ症)、真菌感染症(カンジダ症またはカンジダ症)、膣疾患(性腺炎)、ヒトパピローマウイルス(HPV)、ヘルペスウイルス感染など
    • 細菌学的播種(bakposev)。これは、病原体の量的レベルを決定するために特別な基質に播種することによる生物学的物質の評価です。多くの微生物は特定の種類の抗生物質に適応しているため、この分析はさらなる種類の治療の詳細にとって非常に重要です。
    • さらなる組織学的検査のための生検または2 mm組織のサンプリング。分析はびらん性新生物の腫瘍学的性質の仮定の下で行われる。

    そもそもテストに合格するためには、医師は設定します。医療専門家の勧告を無視しないでください。医療予定の完全な実施から女性の生殖と生殖システムの健康に依存します。

    保存的および外科的治療

    それぞれの場合において、医師はびらん性の保守的治療のための医薬品を個別に選択します。選択は病気の進行と患者の一般的な健康状態に依存します。使用した錠剤は経口投与用、錠剤は局所用薬(スプレー、注射用注入、薬用軟膏・液剤入りタンポン)。

    • 電流の焼灼(ジアテルモ凝固)。子供を持つ女性によく適用される
    • 液体窒素による凍結浸食(凍結療法)。この方法は安全ですが、信頼性がありません。病気の再発が考えられるからです。
    • レーザー焼灼最も効果的な侵食防止法を検討し、
    • 電波を利用した侵食除去出産していない若い女性に使用するために示されている進歩的なテクニック。

    侵食性新生物を除去するための焼灼およびその他の手術の前に、婦人科医はハードウェア診断を使用して子宮頸部と膣壁の特別な検査を処方します。

    真と偽の侵食とは何ですか?

    なぜ頸部侵食が起こるのですか、そしてそれは何ですか? Специалисты-гинекологи выделяют истинную и ложную эрозию.

    1. Истинная эрозия . Это патология, которая приобретается в результате воздействия каких-либо неблагоприятных факторов. 原因はさまざまな有害要因(弾丸鉗子による損傷、炎症性滲出液)です。結果として、子宮頸部の膣領域の上皮の落屑が起こり、炎症が損傷部位で始まる。真の侵食はしばしば子宮頸部の下唇に起こります。病気で、それは不規則な形をとり、そして真っ赤な色をしています。また、侵食は侵食領域からの出血を特徴とする。
    2. 誤った侵食円柱上皮における上皮細胞の置換がある。子宮の疑似侵食では、円柱上皮の境界(すなわち、子宮頸部の内腔を裏打ちする細胞)が外口を超えてシフトしていると言うのがより正確であろう。疑似侵食は、女の子の35〜40%で特定の生涯で検出されます。女性は、原則として、気にしません。感染に参加すると、生殖管からの白血病の訴え、下腹部の痛み、性交後の接触出血の出現が現れることがあります。
      先天性子宮頸部の先天性びらんの形成は、その限界を超えて子宮頸管を裏打ちする円筒形上皮の境界の変位の結果として起こる。上皮のオフセット(異所性)は、胎児発育の出生前の期間にさえも起こるので、そのような侵食は先天性と考えられる。

    頸部浸食の原因

    子宮頸部のびらん、およびその出現理由は、かなり長い間医師によって議論されてきました。現在いくつかの理論を広めています:

    1. 第一に、女性の生殖器の炎症、特に子宮頸管内膜炎の炎症の理論であり、それは頸部上皮の腺の分泌の増加を伴う。
    2. 機械的傷害そのような怪我は、性交の結果として、または出産中に発生する可能性があります。炎症は、重層扁平上皮に強い物理的作用を及ぼす部位で発症します。
    3. STI:カンジダ、パピローマウイルス、クラミジア、性器ヘルペス、トリコモナス、淋菌。
    4. 性行為の早期発症女性の生殖器の粘膜はついに20 - 23年までに成熟します。感染がこの繊細な過程を妨げるならば、疑似侵食は避けられない。
    5. ホルモンの背景の問題による月経周期の中断。

    おそらく、子宮頸部のびらんや他の病状と免疫系の保護機能の低下。

    がん挑発者

    子宮頸部のびらんとは何ですか。その結果、症状はほとんどありません。婦人科医は、この疾患に「癌誘発者」という用語を付けました。その理由は、子宮頸部に神経終末がないことです。

    このため、びらん、異形成、そして多くの場合癌などの病理学的プロセスは長い間、自分自身について何も知らせることができず、婦人科医の予防的検査のみが偶然の発見に寄与することが多い。性交によって引き起こされる出血または出血の疑いがある場合があります。

    子宮頸部のその他の背景疾患

    1. ポリープは粘膜の増殖物です。それらは子宮頸部の外側表面と子宮頸管の内側の両方に配置することができる。ポリープの発生は、ほとんどの場合、慢性炎症またはウイルス感染(パピローマウイルス感染、ヘルペス、CMV)に関連しています。それらは強制的な削除の対象となります。
    2. 白板症は角質化の部位です。ウイルスの損傷(単純ヘルペスウイルス、HPV)または慢性的な炎症の結果として、細胞は急速に分裂し始め、「クラスト」が粘膜表面に現れます。
    3. Ectropionは侵食に非常に似ていますが、それはわずかに異なる原因があります。通常出産後に、子宮頸部が膣の内腔に反転するために現れます。

    子宮頸部びらんの症状

    女性がびらんを発症したとき、彼女は自分の容態や健康状態に変化がなく、子宮頸部びらんの特徴的な症状に気付くことができません。

    事実は、子宮頸部が脱感作されており、性交中であっても女性は不快感を感じないということです。しかし、親密な親密関係の後、一部の女性はわずかな出血または漿液性分泌物を示します。これは医師の診察を受けるのに十分な理由です。

    お分かりのように、頸部びらんは顕著な症状を示さないので、女性はほとんどの場合、婦人科医の予約を得てこの問題について調べています。

    頸部びらんを治療する方法?

    治療アプローチは主に、種類、異所性の大きさ、患者の年齢、合併症の有無によって決定されます。すなわち、頸部びらんの治療は、個々の患者ごとに個別です。

    まず第一に、主要治療の開始前 - STIの正確なタイムリーな診断と合理的な治療(検出された場合)、そうでなければすべての努力が無駄になるかもしれません。さらに、性的パートナーの強制的な臨床検査および検査が必要です。最初は、子宮頸部と膣の炎症過程を排除する必要があります。卵巣機能不全の場合は、適切な治療も行われるべきです。

    頸部びらんの治療では、実際の婦人科は以下の規則に従います。

    1. 真の侵食および疑似侵食は、それらを引き起こすかまたは支持する背景疾患と同時に治療される。
    2. 先天性びらんの観察、それらの治療の必要はありません。
    3. 炎症の活発な段階でのびらんは、穏やかな方法(海クロウメモドキ油、魚油、solkoserilovoy軟膏、シントマイシンエマルジョン、抗生物質を含むエアロゾル - レボビニソール、オラゾールなど)で治療されます。
    4. 炎症の兆候がある場合は、治療は感染性病原体(トリコイオナド、クラミジア、淋菌など)に向けられるべきです。

    子宮頸部侵食の治療への現代のアプローチは、円筒形上皮の細胞の破壊、それらの拒絶およびそれに続く偽侵食の表面上の扁平上皮の修復のメカニズムの使用に基づいている。この目的のために、ジアテルモ凝固法、レーザー指向、凍結破壊法、電波法の方法が使用されます - それらをもう少し低く検討します。

    頸部びらんの焼灼

    影響を受けた組織を取り除くために、すなわち子宮頸部の細胞を再生するために、医師は焼灼のような手順を実行するように勧められます。

    女性のレビューによると、今日最も効果的な治療法が認識されています。

    1. 低温破壊 - 侵食領域は液体窒素(超低温)で処理され、損傷領域の薄くて非常に冷たいマニピュレータは健康な組織に凍結されます。
    2. レーザー凝固 - 侵食部位は、手術用手術レーザービーム(強力な光線)に晒されています。良い点は、露出深度を変えることができることです。これにより、表面侵食と深部侵食の両方を治療することができます。
    3. Surgitron装置による頸部糜爛の電波焼灼は、ほとんどの婦人科医によって「ゴールドスタンダード治療」として認識されています。このような処置は女性の複雑な準備を必要とせず、数分かかり、そして治癒過程は可能な限り短く - 最大14日間である。
    4. 化学的凝固この子宮頸部異所除去方法は、病理学的領域を化学溶液、例えばソルコバギンで治療することからなる。その構成成分は有機酸(シュウ酸と酢酸)と硝酸亜鉛と硝酸です。化学破壊は、狭い範囲の異所性部位を処理する場合にのみ使用されます。

    侵食の焼灼方法の選択は、方法の有効性だけでなく、禁忌の可能性がある患者の健康状態も考慮に入れた専門家によって排他的に行われるべきです。

    焼灼後の頸部侵食

    処置を完了した後、女性は痛み、出血、退院を経験するかもしれません。焼灼後に大量の出血が現れた場合、これは大きな血管に触れたことを意味します。この状況では、あなたはすぐにあなたの医者に連絡しなければなりません。彼だけがこの危険な出血を止めることができます。

    そのような無shpyやspazmalgonaなどの鎮痙薬の助けを借りて、あなたは下腹部の弱い痺れ痛みを除去することができます。医師の許可なしに、それらを使用しない方が良いです。

    妊娠への影響

    浸食の存在は、女性が母親にならないという意味ではありません。当然のことながら、泌尿生殖器系の臓器に対するあらゆる損傷と同様に、侵食は婦人科医による綿密な観察の対象である。びらんの種類、その大きさおよび位置に応じて、治療は妊娠前後の両方に処方することができます。

    医師は、妊娠前のあらゆる種類の問題とその治療法についての予備検査を伴う予定された妊娠が、成功した妊娠および健康な赤ちゃんの誕生の可能性を高めると警告します。

    どのようなテストを受けるべきですか

    そして一般的に、あなたはそれらを取る必要がありますか、そして何のために?これらの質問は、診療所の大多数の女性によって寄せられています。その答えは明白です。ベテランの専門家の監督の下で綿密な検査はあなたが病気の性質を識別することを可能にし、悪性腫瘍の可能な危険性を検出することに時間内に。医者が頸部の膣壁と膣部分を注意深く調べる婦人科検査の間に、彼がびらん細胞の質的な構成について疑わしいならば、婦人科医は以下にリストされる多くの研究を処方します。

    細胞診塗抹標本

    この試験の他の名称は、PAP試験、Papanicolaou試験、腫瘍細胞学試験です。塗抹標本は子宮頸部と子宮頸管の表面から採取され、研究の過程で、後で癌に生まれ変わる可能性がある組織の変化を特定することが可能です。

    特に高発がん性のタイプのHPVを発見した女性には注意が必要です。なぜなら、このウイルスはびらんと組み合わせて前癌状態を引き起こす可能性があるからです。

    強制的な膣鏡検査および細胞学的研究の「先を見越して」任命された。言い換えれば、写真が変更された場合、規範から逸脱すると、医師は患者をより詳細な診断に送ります。子宮頸部生検は、その後の組織学的検査のための組織の切除からなる診断方法であり、これは特殊な染料で生検(病変)を処理した後に顕微鏡下で行われる。

    この研究では、病理学的過程の性質(良性または悪性びらん)を確定し、予後に重要な病変の境界を確定することができ、また医師に最終診断を下す機会も与えます。

    性感染テスト

    感染症が病気の原因になる可能性があるので、治療を成功させるためには、特別な治療を用いてそれらを特定し排除することが必要です。医者がかかる フローラの細菌学的塗抹標本これは、どの微生物がどのくらいの量で存在しているかを判断するのに役立ちます。分析のための材料は、膣、子宮頸管および尿道の分泌物です。

    研究の前に、それは2-3時間排尿しないことをお勧めします。

    PCR診断 それはあなたがそれらの遺伝物質(DNA)の体内での検出に基づいて感染症の原因となる病原体を見つけることを可能にする非常に正確な研究方法です。

    PCR分析を使用して明らかになりました:

    • クラミジア
    • 尿素プラズマ症、
    • マイコプラズマ症
    • カンジダ症
    • ガネレラ症、
    • HPV
    • ヘルペス、
    • HIVや他の多くの感染症

    必要に応じて、婦人科医は他の検査を処方することがあります。私達は私達に私達の自身の実験室があり、品質管理の国際的な証明書を持ちそして約100種類の最も複雑な実験室テストを行うことにあなたの注意を引く。この事実は病気を診断するプロセスを促進し、治療をより効果的にします。

    HEクリニックにおける治療の有効性

    浸食はその結果(その中でも - 癌腫瘍への再生の可能性)、およびそれが無症候性でその「愛人」には知覚できないという事実のために危険である。したがって、すべての女性が定期的に婦人科医を訪れ、定期的な健康診断を受けることを強くお勧めします。私たちは、国際的なプロフィールシンポジウムに参加して定期的にスキルを向上させ、科学的な仕事に従事し、イスラエルの外国のカウンターパートと密接に連絡を取り合い、すでに何千人もの女性の健康を回復するのを助けてきました。

    資格のある医師の支援が必要な場合 - HE CLINICにご連絡ください。

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send