健康

月経中の注射を処方することは可能ですか:リスクと感覚?

Pin
Send
Share
Send
Send


すべての女性は、年齢に関係なく美しく見たいと思っています。誰かの自然が優秀な遺伝学を与えた、そしてそれから30を見るために45でさえ機会がある。しかし、残念なことに、誰もがとても幸運ではない。したがって、公正なセックスの大部分は美容師の助けを借りる。そして彼らは、この状況から抜け出すことを促し、時間を少し遅らせることができます。すべてがあなたの年齢と肌の状態によって異なります。

誰かが適切に選択されたケアを手助けするでしょう、そしてもし望むなら、何人かの女性は様々な処置に頼らなければならないでしょう。今日、美容業界はあなたの肌を若くて健康的に見せるために大量の製品を提供することができます。その中には、いわゆる「美しさのショット」があります。そして最も普及している方法の1つは生物活性化です。今日我々はこのプロセスをより詳細に分析し、そして月経の開始の間に生物活性化をすることが可能であるかどうか質問に答えます。

バイオ活性化とは

それで、我々が用語の生物活性化を定義するならば、これはその間にヒアルロン酸が注射を通して皮膚に届けられるであろう手順です。結局のところ、女性のそれぞれはそれがエラスチンとコラーゲンの間のリンクであるのは彼女であることを知っています。そして、それは皮膚の弾力性と滑らかさに責任があります。

ヒアルロン酸は、コラーゲンやエラスチンと同じように、私たちの体によって独立して生成されます。唯一の問題は、年齢と共に私たちの体の中のすべてのプロセスが遅くなるということです。したがって、これはこれらの物質の製造にも当てはまります。

だからこそ、バイオリバイタライゼーションは、不足しているヒアルロン酸の埋蔵量を補充し、その状態を改善することを目的としています。生物活性化に苦労している問題は何ですか、次に考えてください。

  1. 肌の老化の最初の兆候。

私たちがすでに発見したように、この特定の酸の放出の体の減速は皮膚の老化の最初の兆候の出現、すなわちしわとくすんだ退屈な肌色をもたらします。それで、生物活性化の過程を完了した後、あなたは最初のしわを取り除き、そしてもちろん、それをより健康でそしてより輝くようにして、あなたの顔色を改善することができます。

  1. 顔料のしみ

生体活性化は皮膚の状態を改善することも目的としているので、色素斑でさえも平らにすることができるので、この手順も行うことができる。

  1. 化学剥離後の肌の状態を改善するのに役立ちます。

ケミカルピーリングを試したことがある人なら誰でも、肌の赤みや脱水が避けられないことを知っています。生物活性化は、発赤との闘いを助け、肌を潤いを与えます。

処置の間に、専門の美容師はゲルの形のヒアルロン酸を使用します。それは最高のゲルなので肌の正しい部分の細胞をいっぱいにします。そのようなヒアルロン酸ゲルは、非常に細い針を備えた注射器で注射される。

この処置の間の大きなプラスは、それが不快感を引き起こさず、そしてほとんど痛みがないということです。しかし、あなたがどんな介入にも非常に敏感であるならば、それからあなたは彼が特別な麻酔薬を注射されるであろう皮膚のそれらの領域を扱うべきであるとあなたの美容師に尋ねることができます。

最初の数分で、ヒアルロン酸が細胞の中に入ったとき、あなたはあなたの肌がどれほど潤ったかになるのを感じるでしょう。中にヒアルロン酸を入れた後の水分バランスが良くなるからです。

生物活性化手順の主な適応は:

  • 乾燥肌タイプ
  • 肌の老化の最初の兆候、
  • しみやその他の不規則性
  • 剥離が増えました。

月経中に生体活性化を行うことは可能ですか

現代の女性はかなりタイトなスケジュールを持っています。家族と仕事を結びつけ、自分の面倒を見ることを忘れないようにしなければならないので、それは当然のことです。したがって、時には無知のために、非常に忙しい女性は、月経期が始まったときでさえも、生物活性化手順に登録されています。

実際、ほとんどの美容師は、重要な日には生物活性化手順を回避するのが最善であるという意見に同意します。これはいくつかの理由によるものです。

第一に、月経周期とPMSの間に、女性はすべてをはるかに急性に感じるというよく知られた事実。そしてこれは心理状態だけではありません。そのような困難な時期の皮膚もまた、すべての介入に対してさらに敏感になります。そして非常に細いものであるにもかかわらず、生物活性化手順が針の使用を含むとすれば、それは不必要な不快感と痛みの感覚をもたらすでしょう。

第二に、そのような日の女性の感情的な状態は非常に不安定であるので、彼女は我々が望むようにではなく得られた結果を知覚することができます。したがって、患者の気分が良くてリラックスしていれば、美容師は穏やかで働きやすくなります。

もう1つのマイナス要因は、月経周期の前とその間に、顔にさまざまな発疹や化膿性のにきびがあることです。そして、これは手順に対する直接的な禁忌です。彼らは皮膚の下にヒアルロン酸の導入中に感染の拡大につながる可能性があるので。したがって、生体活性化と月経は特に相性が悪いと言える。

生物活性化に最適な時期

月経が起こったときに生体活性化を行うことができるかどうかという問題に多くの人が興味を持っています。正確な答えはここにはありません。この手順はこの期間に有効になりますか?何よりも、はい、しかしここでそれは肌の状態を見ることが必要です。

このような操作を行うのに最適な期間は、私たちの体の細胞が最も活発になる日中です。したがって、結果ははるかに良くなり、あなたはそれを早く見るでしょう。それにもかかわらず、生物活性化の手順があなたの月経周期と一致した場合、それから周期の3-4日の間それをやろうとします。だからあなたは不快な結果や問題を回避することができます。

手術後に起こりうる合併症

それでもやはり重要な日々にもかかわらず、あなたが手順を実行することに決めたならば、あなたはそのような決定によって引き起こされるかもしれない状態のために準備されるべきです。

月経中に注射された薬ははるかに長く吸収されるので、注射後の丘疹のリスクは著しく高まります。

あなたは月経中に腫れがあなたの顔に発生する可能性があることにしばしば気づいたことがありますか?これは体内のそのような日の体液が遅れるためです。そしてホルモンの変化や皮膚の傷害と相まって、生体活性化後の腫れも避けられません。

薬物の不耐症は、生体活性化に対する主な禁忌の1つです。しかしもっと急性的には、月経中に起こる可能性があります。外的刺激に対する感受性も脇に置くことはできません。

証明された専門家だけに必要な手順に進んでください。結局のところ、けがによる感染のリスクが常にあります。

手続きへの禁忌

他の美容処置と同様に、生体活性化は治療に禁忌があります。これらが含まれます:

  • 皮膚の炎症
  • 妊娠中や授乳中は生体活性化しないでください。
  • 急性の形での体内のヘルペス感染症の存在
  • 自己免疫疾患
  • 内部で投与された薬物の個々の不耐性
  • 慢性的な重症疾患

意見婦人科医

したがって、婦人科医と美容師は、「女性の日」の間の生物活性化が予期せぬ結果を招く可能性があるという点で全会一致です。したがって、毎月の期間がない場合は、欠陥の治療と修正を別の日に延期することをお勧めします。

まとめると、私はバイオリバイタライゼーションは特別な外科的結果なしに肌の老化の最初の兆候を克服し、再生プロセスを一新するのに役立つ手順であると言いたいです。しかし、コースを開始する前に、不快な結果を避けるために、専門家に相談し、すべての禁忌事項をよく理解してください。

そして、生物活性化の全過程を完了した後、あなたは完全にその恩恵を享受することができるでしょう。

月経中に美容ショットを処方することは可能ですか?

月経中にボツリヌス毒素、mezokokteyli、増量剤、または生物活性剤を投与できるかどうかについての美容師の間での論争と疑いの理由は、各月経が始まる前の女性の体内の重大なホルモン変化です。

ご存知のように、毎月の周期の最終段階は、性ホルモンの産生と血液中への放出の著しい変動によって特徴付けられます。これは女性の感情だけでなく体調も変化させます。これらの変化の美容師にとって、それはいくつかの要因を考慮することが重要です。

注射剤を投与するときに考慮する要素:

疼痛閾値が低下し、それ故、通常の条件下では患者にとって不快であった注射は、月経前および月経中に完全に耐えられなくなる可能性がある。

2.月経の最初の日には、血液凝固を著しく減少させることができ、それは注射処置の後に持続性の大きな血腫の出現に満ちています、

月経の前夜に、体が水を蓄積するので、ヒアルロン酸に基づく製剤による処置の後、顕著な長期の浮腫が起こり得る。

4.化膿性のにきびやその他の発疹の表面上の外観は、月経期間中に典型的なものであり、あらゆる注射処置にとって直接的な禁忌となります。

それが手順から控える価値があるであろう列挙された理由に、人は彼女の期間の初めに女性の非常に不安定な感情的な背景を加えるべきです。

彼女は多くの現象を誇張して否定的な評価を与える傾向があります。特に、手術直後は完璧には見えず、最終結果が出るのを少し待つべきだという考えに患者はまったく耐えられないように思われるかもしれません。

医学的見地から、月経中の女性の身体およびその直前に、代謝および他のプロセスの重大な障害はありません。したがって、注射手順に直接的な禁忌はありません。

しかし、ほとんどの実践的な美容師は、患者を処置から引き離して別の時期に動かそうとします。

毎月の注射中に可能かどうか

月経期間と一致する注射処置を中止した場合、または月経の少なくとも4〜5日目にそれを譲渡できない場合は、美容師は状況から進み、可能な限り患者への不快感を軽減するように努める必要があります。

この間の痛みは非常に悪化するので、あなたは皮膚に塗布された麻酔薬クリームの効果に頼るべきではありません。私達はまたより強い鎮痛剤を取ることを推薦できます。

月経期間中は、目や唇の周りの部分の注射矯正を中止することをお勧めします - それらは特に繊細であり、手術中の痛みは患者にとって耐え難いかもしれません。

月経中、血液はより流動的になり、その凝固能力は低下します。したがって、広範な血腫の危険性なしに、表在性皮内注射のみを実施することは容認できます。深く注射すると血管が損傷する危険性があります。

しかし、通常の時間中に女性が出血性疾患に罹患していない場合、多くの美容師は月経中であっても注射処置に特別なリスクを見ません。

患者が顔面領域を含む体液貯留の傾向がある場合、月経中は、稠密な充填剤の製造または多成分メゾコクチルの導入を延期するのがよい。

肺の生体活性剤を注射すれば十分ですが、腫れの危険性があることを患者に警告する必要がありますが、それは1週間以内に消えます。

もちろん、安静時、平静時、そして精神的に安定している時には、患者と一緒に仕事をする方が簡単です。あなたが月経中に注射手順を実行しなければならない場合でも、あなたは女性と薬の投与に伴う可能性のあるすべてのトラブルについて話し合うべきです。健康な人にとっては、この手順に対する直接的な医学的禁忌はありません。

手続きの本質

若返りの効果は、ヒアルロン酸の皮下投与によって達成される。それはすでに人体に存在していて自然な方法でさえ生産されているので、それらはとても容易に知覚されます。しかし25年後、代謝が減速し始めるとすぐに、ヒアルロンカの生産は減少します。これはすぐに肌の状態に影響を与えます。徐々に、それは薄くなり、その色調を失い、細かいしわで覆われるようになる。

マスクやクリームの助けを借りてその濃度を回復することは現実的ではありません - それらは保護的な脂質バリアを貫通することができません。それを必要なレベルに「押し上げる」には、2つの選択肢があります。針を使用して入力するか、ハードウェア手順を使用することです。または全体の生物の回復そして若返りのために錠剤やカプセルの形で服用してください。

パフォーマンス機能

無針の生物活性化方法は、まさにそれらの非侵襲性のためにますます普及してきている。しかし、この場合の薬は表皮の上層に均等に分布しています。したがって、顔の輪郭の深い若返りおよび矯正の効果は、このようにして達成することはできない。この種の処置では、期間は単なる障害ではありません - それらはわずかな腫れを引き起こすことができるだけで、それはすぐに過ぎます。

注入の生物活性化ははるかに印象的な結果をもたらします。この場合、ヒアルロンカは正確に必要な区域にそして必要な量で配達されます。しかし、そのような手順は、それが影響は少ないですが、それでも肌の整合性に違反しています。だから、それはより多くの禁忌とさまざまな制限があります。

毎月の変態

毎月、成人女性の体に大きな変化が起こります。これは彼女の体が周期の間に受精することができる卵の採用の準備をしているという事実によるものです。これが起こらないならば、子宮壁の上皮は剥離します、そして、このプロセスは出血を伴います。そして、それは月経と呼ばれます。

これは、劇的なホルモンの変化によって引き起こされます。

  • 発汗が増える、
  • いくつかは脈拍を速める
  • 血圧インジケーターの増加
  • 体温が上がる
  • ヘモグロビンは減少します、
  • 血がやや薄くなる
  • 肌の感度が向上します。
  • 免疫力を著しく低下させる
  • 皮脂腺が活性化されます。

これらの要因の背景に対して、生体活性化後の合併症および副作用の危険性が高まる。だからこそ、医師はこの時期にそれを実行するように勧められていません。

出血が止まってから2〜3日後、体は徐々に正常に戻り、手技は再びほとんど痛みがなく安全になります。

考えられる問題

多くの場合、患者は原則として月経中の注射で針の生体活性化を行うことが可能かどうかを調べようとします。実際には、このテクニックは非常に受け入れられます - 月経は、プロシージャへの質的な禁忌ではありません。しかし、上記の要因に照らして、医師はそれにもかかわらず問題の出現を引き起こさないようにするためにそれを控えるように勧めます。

注射を恐れていない人たちでさえ、彼らは常にストレスがあり、それにはアドレナリンの放出と高血圧が伴います。そして月経中など、ホルモンのバランスが乱され、そして他の指標はわずかに過大評価されています。つまり、身体は実際にはすでにストレス状態にあり、もう1つは完全にそれに対して場違いです。

さらに、患者の神経状態は常に美容師に伝えられます。そして、ここで人的要因はすでにうまくいくことができます。手を振る、針の奥深くに入れる、投与量計算の誤りに忍び寄るなど。これはそれほど怖いことではありませんが、最終結果に影響を与える可能性があります。ところで、月経中に患者が不満を抱いている可能性も高まります。

罹患率

注射がより容認されるようにするために、美容師は麻酔薬ジェルアプリケーションを使用します。それらは神経終末の感受性を低下させる。しかし、月経中は悪化しています。したがって、麻酔薬がまったく存在しなかったかのような感覚。

これは患者にとって不快であり、そして医師が彼の仕事を普通にすることを困難にする。クライアントが静かに横になっていると、紹介のポイントを間違えることはほとんど不可能であり、パンクの深さを制御するのは簡単です。それが圧縮されて膨らんでいると、表皮を深く突き刺しすぎて神経や大きな血管を損傷する危険があります。

ヒアルロン酸が皮膚の下に注射されると、たとえそれが損傷を受けていなくても、軽度の腫脹が常に起こります。これは、ヒアルロン酸分子によって引き寄せられる大量の水の蓄積によるものです。その後、多かれ少なかれ均等に分布し、腫れは消えます。

При инъекциях припухлость – результат усиленного выделения лимфы в ответ на проколы. Таким образом, тело стремится как можно быстрее восстановить целостность кожного покрова и не допустить попадания инфекции в кровь. 月経の流れで、そしてそれが活性化され、それは注射の場所でより多くの液体を蓄積し、それがよりゆっくりと溶解することを意味します。

あざと血腫

それらは毛細血管や皮膚の下にある小さな血管への針の損傷の結果です。これが起こると、血小板はすぐに穴を塞ぎ、血液は流れなくなります。 Sinyachkiは小さく、4-5日にすでに消えています。

その中に血小板の含有量が少ないために高血圧と低凝固で、はるかに多くが同じ穿刺から流出します。あざは広範囲になるでしょう、そして小さい血管さえ傷つけられれば、血腫が形成されるかもしれません。したがって、月経中の生体活性化はこの合併症を増加させます。

感染症

完全に無菌状態でも、少量の病原性微生物があらゆる創傷を貫通します。しかし、皮膚病や強力な炎症プロセスの発生を増やして誘発することは、彼らに免疫システムを与えません。

それは月経中だけです、それは弱まっています。したがって、多くの患者は、創傷の発赤が最大1週間続くこと、そして皮膚の炎症および化膿がしばしば起こることに気づいています。これを防ぐには、抗炎症軟膏や防腐剤を使って細心の注意を払ってください。しかし、それはリスクに見合う価値があります。

結果なし

また、多くの医者は生物活性化と月経が結果の予測不可能性のために相容れないと信じています。患者が数千ルーブルの手術を受けると、患者はリフレッシュして効果が少なくとも数ヶ月続くことを確認したいと考えています。

それが月経周期の最初の日に行われるならば、ホルモンの背景が非常に不安定であるとき、だれもそのような保証をすることができません。

まったく結果が表示されないものもあります。他の人にとっては、それはほんの数週間続きます。第三に、それは以前には存在しなかったが、アレルギー反応が発生します。そのため、現時点での悪影響は非常に異なる可能性がありますが、それほど危険ではありません。

まとめ

あなたが上記の事実についてよく考えれば、それが月経中にヒアルロン酸で生体活性化を注入することが不可能である理由はかなり明らかになります。 原則として、これは女性が外傷性の処置を放棄し、自分自身をもっと気をつけなければならない期間です。

まだ危険を冒してセッションを通過した患者のレビューは、言われたことを確認するだけです。注射は痛みを伴うようになり、発赤や腫れはそれ以上消えません。感染の危険性が非常に高まります。だから医師の意見を無視することはとにかくそれの価値がないですが、これでは特に。また、急ぐ理由はありません。一週間でも手続きを移してもコースの最終結果には影響しません。

適応症と禁忌

生物活性化の適応は次のとおりです。

  • 自然な老化または悪い習慣の結果としての皮膚の弾力性の喪失およびしわの出現
  • レーザーリサーフェシングによる皮膚損傷、整形手術、化学剥離、
  • 皮膚のそばかす、シミ、または目の下の黒い丸の存在
  • 油性肌と拡大した毛穴。

生物活性化手順は非常に効果的で有用であるという事実にもかかわらず、以下の場合には推奨されません。

  • 薬物に対する個人の不耐性
  • 皮膚の炎症注射は感染の拡大に寄与します。
  • ほくろ。それはそれらが悪性腫瘍に退化することができますので、あなたは、バースマークの分野で皮膚を傷つけることはできません、
  • 妊娠と授乳
  • 体温上昇
  • 悪性新生物、
  • 自己免疫疾患
  • 月経の期間。

女性の日の間に体に何が起こるか

月経周期は、生殖器系だけでなくホルモンの産生を担う内分泌系にも変化があるため、女性の身体全体の働きに影響を及ぼします。彼は脳の中にある視床下部によって支配されています。そしてそれは下垂体を通して卵巣に命令を与えます。言い換えれば、それらは卵子の放出と子宮の活動を調節するホルモン(プロゲステロンとエストロゲン)の産生を担います。

大脳皮質の女性の日々の間に興奮と抑制の過程に急速な変化があります、そしてそれはそのような有機体の反応をもたらします:

  • 腱反射の増加
  • 発汗
  • 過敏性、
  • 脈拍数が増加している
  • 血圧はわずかに上がります、
  • 体温は10分の1度上昇する
  • 血中の赤血球と白血球の数が変わります。月経前には、ヘモグロビンレベルは上昇し、その発症とともに白血球も減少します。
  • 血小板数が減少し、腫れが通常より長く続く
  • 疼痛受容体の感受性は増加します、
  • 皮脂腺が損傷していると、小さな発疹が皮膚に現れることがあります(特にあごの部分)。
  • 免疫系が弱まり、感染が体に入るのを許します。

これらすべては、月経が終わった後、新しいサイクルが始まり、体が再び受精の準備を始めたときに独立して正常化されます。

首の生物活性化後の結果は何を読んでください。

Ial Systemsによるバイオ活性化とは何ですか?この記事の詳細

月経中の生体活性化につながるもの

それが以下の合併症でいっぱいであるので、指示に従うと、美容師は月経中の処置の生体活性化を行うことができません:

  • この間に疼痛受容体の感受性が増加するので、この手順は非常に痛みを伴うようになり得るので、女性がそれを許容することは困難であろう。
  • 握った後の腫れはいつもよりずっと長く消えます
  • 打撲傷や打撲傷は注射の部位で形成される可能性があり、それを取り除くのは難しいでしょう。
  • 感染が注射部位にもたらされる可能性があり、それは免疫力の低下には対処できません。

したがって、あなたは間違いなく手順のスケジュールに同意する必要があります。また、月経前の体の準備中に、副作用の数が増加する可能性があるため、月経前に生体活性化を行わないでください。

そしていつできますか

現時点では、体の感度が低下し、手順はそれほど痛いようには思われません。またこの期間中に、ホルモンの影響下で、血液凝固が増加するので、処置後にあざやシールがなくなる可能性が高くなります。

月経周期の後半では、活性化後の副作用は周期の他の日に比べてはるかに少ないです。

副作用

生物活性化の後、以下の副作用が起こるかもしれません:

  • 注射部位でのシールの形成。これは数時間または数日以内に消滅する。
  • 皮膚の蒼白、
  • わずかな腫れ
  • 注射部位の痛み
  • あざ
  • アレルギー反応

皮膚の生体活性化後に何がケアであるべきかを調べてください。

妊娠中に初期段階で生体活性化を行うことは可能ですか?答えはここにあります。

ヒアルロン酸による生体活性化の禁忌は何ですか?読んでください。

役に立つヒント

生体活性化後の合併症を避けるために、以下の規則に従う必要があります。:

  • 2〜3日間の処置の後、あなたはヒアルロン酸が注射された皮膚領域に触れてはいけません、
  • 処置後2週間は、風呂、サウナ、サンルーム、ビーチを訪れないでください。
  • 生物活性化後の2週間は、化粧品を含む化粧品の使用を控えることをお勧めします。
  • 現時点では、運動を制限して整形手術を放棄する価値があります。
  • 注射部位にあざが形成される可能性があることを覚えておかなければなりません。
  • 女性は、生物活性化のために美容師に連絡する前に、重要な日を記したカレンダーに注意を払うべきです。手続きはサイクルの途中で実行できます
  • 手続きが資格のある専門家によって行われていることを確認するために、あなたは彼が証明書を持っているという事実に注意を払うべきです、
  • 製品を使用する前に、誰がそれを製造しているのかを明確にし、この薬の品質証明書を要求する必要があります。それが利用できない場合は、手順を拒否することをお勧めします。

薬の注射は体によって十分に許容されているという事実にもかかわらず、副作用や合併症を避けるために手順を実行する医師のすべての勧告に従うことが必要です。

「重要日」は注射の結果にどのように影響しますか?

定期的な月経が始まる直前に、血中の性ホルモン濃度が著しく変化します。これは必然的に彼女の肉体的および感情的状態に影響を与えます。

  • 気分が不安定になり、時々身近なものが神経系から極端に激しい反応を引き起こすことがあります、
  • 多くの出来事や経験を過度に否定的な色付けにする傾向があります、
  • 炎症プロセスははるかに活発です(この時期に私たちの誰が膿疱を振りかけていませんでしたか?),
  • 痛みの閾値が下がる - 外的な身体的影響に対する感受性が高まり、それに耐えることがはるかに難しくなります。
  • 血液凝固が減少します。

しかし、体内のほとんどの代謝および他の重要なプロセスは、目立った変化を受けません。それ故、医学的観点から、メソセラピーカクテル、ボトックス、充填剤、生物活性化剤および他のほとんどの化粧品調製物の基本的効果は月経周期注射のどの日に行われたかに依存しない。

対処すべき生理的特徴

ホルモンの変化に対する私たちの体のいくつかの特定の反応はさらに「ビューティーショット」の開催を複雑にするかもしれません:

  • 毎月に近づくと、ごく初期には、疼痛感受性が変化します。一部の女性では、その違いが非常に強いため、メソセラピーやバイオリバイタライゼーションの間に行われる複数回の注射は、単に不快なものから耐えられないものへと変化します。さらに、痛みを伴う感覚の感情的な色も変化しています - より明るくより否定的なものに向かって - 。 「Emla」のような普通の麻酔薬クリームの助けを借りてこのような二重のストレスに対処するにはうまくいきません - 麻酔薬成分に加えて適度の精神安定剤を含む薬が必要です - 例えばTempalgin(医師の処方箋なしで薬局で売る)。
  • 化膿性のにきびによって月経の接近について「警告」されている患者にとっては、顔面の軟部組織における炎症過程が薬物の皮内および皮下投与の潜在的な感染源となり得るので、この処置に対する一時的な禁忌が現れることがある。
  • 月経中に、血液が凝固する能力が変化します - それはより流動性になり、顔に大きな血腫が形成される危険性があります。最も表面的な皮内注射だけが安全になります。深くなるほど血管を傷つける可能性が高くなります。そして普通の日にそれが怖くないのであれば、そして月経の間にそれは拡散した青の形成に導くことができます、そしてそれはそれから数日の間「咲く」でしょう。しかし、多くの美容師は、このような発症のリスクは小さいと考えています。なぜなら、「重要な日」の間に健康な女性の血液の凝固性は低下するが、それでも生理学的基準の範囲内にあるからです。
  • 月経前、身体が活発に水分を蓄積すると、ヒアルロン酸製剤の投与に応じた浮腫はより顕著になる可能性があります。たとえそれが稠密な充填剤ではなく、軽い生体回復剤または多成分メゾコクチルであってもです。しかし、女性が最初は顔に水分を貯留する傾向がない場合は、おそらく大きな違いはないでしょう。

どのような結論が可能かどうか

実際には、ほとんどの美容師はいまだに患者に月経中の手技の注射を勧めていません。このアプローチは、主に2つの理由によるものです。

  • 第一に、我々がすでに発見したように、サイクルの始めか中間で注射を顔の柔らかい組織に移すのがはるかに簡単で、完成に近づいていません。
  • 注射部位に数日間持続する丘疹のような、たとえ一時的であっても、彼女自身の外観の変化は、彼女の期間中、女性にとって非常に痛みを伴う可能性がある。これに神経系の一般的な不安定性と、すべてをブラックライトで見る傾向がある(つまり、この日が重要な日であることが有名である)場合、手順の結果に対する反応はまったく予測できません。患者が休んでリラックスしているときは、患者と一緒に仕事をする方がはるかに簡単です。

別のときに "beauty shot"に申し込むにはどうすればよいですか。

  • それは月経の最初の日ではなく、4-5日以降に美容師への訪問を予定するのがはるかに安全でしょう。
  • 血液凝固の問題がないことを確認する必要があります。通常は結果に影響を与えない小さな偏差でも、月経期間中に増加し、大きな持続性血腫が発生する可能性があります。
  • 浮腫を起こしやすい女性は、最初の数日間で顔が怖く見えるという事実に備えて事前に準備しておくべきです。状況への重大な影響は機能しませんが、今週の最大値はすべて正常に戻るはずです。
  • 自分の感情の安定に自信があり、痛みを恐れず、ストレスに立ち向かう準備ができている人でも、サイクルの初日でも安全に治療計画を立てることができます。健康な人にとっては直接的な禁忌はありません。

操作の本質:主なものについて簡単に

操作はヒアルロン酸をベースにした特別な調剤を使用して行われます。その影響で、しわが滑らかになり、天然コラーゲンとエラスチンの製造プロセスが開始されます。これにより、肌は再び弾力があり、赤く、滑らかになります。あざと袋の目の下。

しかし、深刻な副作用を引き起こす可能性があるため、すべての女性がヒアルロン酸の使用を許可されているわけではありません。それは天然物ですが。

そして月経期間中に、免疫システムが弱まるので、女性はアレルギーやその他の一般的な健康問題を抱える傾向が強くなります。

したがって、月経中に生体活性化を実行するかどうかを決定する前に、長所と短所を慎重に検討する必要があります。

規制の間に生物活性化をすることは可能ですか?

それで、我々は主な質問に来ました:月経中に生物活性化手順をすることは可能ですか?ほとんどの美容師はモノラルボイスではないと言っています、月経期間中のこの操作は受け入れられません。彼らはどのようにこれを説明しますか?この手順を実行しない理由はいくつかあります。

血液凝固の減少

激しい規制の間に、女性の体はたくさんの血小板を失います。この過程は血液凝固速度の低下と関連している。結果として、どんなダメージでもより長く治ります。

生体活性化は、皮膚の下へのヒアルロン酸の注射に基づいている美容的な手順です。皮膚の完全性の操作中、そしてそれは重要ではないが、それにもかかわらず、そのような皮膚の穿刺はより長く治癒するであろう。そしてこれはもっと深刻な結果をもたらす。

精神感情的状態の変化

月経中のほとんどの女性は緊張状態にあります。気分のむら、睡眠障害、頭痛 - これらの異常のすべてが2人に1人の女性に発生しています。そして、それはまさにそのような精神情緒状態の障害であり、ヒアルロン酸を用いた生物活性化処置に対する禁忌である。

増加した痛み

月経中、女性の疼痛過敏症の閾値は有意に減少します。そして、生体活性化はそれほど苦痛な処置ではありませんが、月経が終わる前にそれを行うことを拒む方が良いです。注射の時に女性は実際よりも激しく痛みを感じるからです。

体組織中の体液貯留

それ自体では、ヒアルロン酸は皮下組織内の過剰な体液の蓄積に寄与し、それは数日間、目の下で、または他の治療領域でバッグの形成または腫れを引き起こす。 そして生理活性化が月経中に行われるならば、それはかなり不快な結果につながることができます。

まず、腫れはより顕著になり、長持ちします。第二に、皮下層中のヒアルロン酸の分布は不均一であろうから、この手順はポジティブではなく、ネガティブ、恐ろしいものでさえ結果を与えるであろう。このため、月経中に生体活性化を行うべきではありません - それにもかかわらず、それが彼らの完了を待つことをお勧めします。

皮膚の発疹

Во время менструации потовые и сальные железы кожи начинают функционировать интенсивнее. ホルモンの背景の変化に関連して、これは体のさまざまな部分に激しいニキビの外観をもたらします。そして、月経がない場合でも、それら自体が操作に対する障害です。

さらに、この操作は実際には痛みがありませんが、それでも体に対するストレスであることを忘れないでください。そして月経の間は、どんなストレスでも避けるべきです。

そして月経が始まる2日前であっても、これらの変化はヒアルロン酸による生体活性化後の女性の健康に影響を与える可能性があります。

いつ操作できるの?

月経周期全体を通して、あなたがサロンに行き、問題の処置を行うことができる時が常にあります。そしてこれのために月経の間に健康を危険にさらすことは必要ではない。それで、あなたはいつ皮膚の下に注射された特別な酸を使って化粧品の操作をすることができますか?

最も最適な期間は、排卵終了直後の期間です。つまり、月経周期の後半です。これは、次のことが原因です。

  • 免疫系の状態が良くなり、完全に機能し始めます。
  • 疼痛感受性が低下します、
  • ホルモンは安定しています
  • PMSの徴候の欠如による体の一般的な状態の正規化
  • ESRは通常に戻ります。

そして最後に、女性の心理感情的状態は正常化されています。それはあらゆるストレスに対してより抵抗力があるようになる、従ってこの美容処置はボディを傷つけないことができる。

月経中の手続きの結果は何ですか?

月経中の生体活性化は非常に不快な結果をもたらす可能性があります。まず第一に、彼らは肌の状態に影響を与えます。しかし、我々はそれらをより詳細に検討するつもりです。

  1. 浮腫それらの外観は皮下腔内の体液の蓄積によるものである。これの理由は、順番に、ホルモンの変化とヒアルロン酸です。
  2. あざ、治療部位の血腫。彼らの原因は貧弱な血液凝固です。この可能性のために、あなたは真剣に肌の状態を悪化させることができるので、あなたはregulの終わりまで生物活性化をするべきではありません。さらに、あざと血腫は、この手順の後に通常よりも長く消えます。
  3. 二次感染の受入。これは最も不快な合併症の一つです。規制期間中に身体の防御が弱まると、病原菌や真菌がこの処置中に形成される皮膚の傷に入りやすくなります。その後、あなたは生物活性化手順から不快な「ボーナス」を得ることができます。
  4. 教育の丘疹月経がない状態で美容処置を行うときでさえそのような危険が存在するけれども、それでもこの期間はそれを著しく増加させる。したがって、女性はあざや浮腫だけでなく、他の不快な皮膚の欠陥と戦う必要があります。
  5. 強力なアレルギー反応の発生当然のことながら、生理活性化の間に使用される特定の薬物に対して女性が不耐性である可能性があるので、月経がなくても可能である。しかし、免疫力が重要な日数の間に弱まるので、体はより脆弱になります。その結果、そのような美容処置の間に、それとは全く異なる反応を予想することができる。

生体活性化は、肌を引き締め、若さと新鮮さに戻すのに役立つ、非常に人気の高い方法です。しかし規制の間は、あなた自身の安全のために操作を控える方が良いです。

生体活性化の代わりに、他のスキンケア方法を優先することをお勧めします。アイスキューブで手順を拭く朝、薬用植物の煎じ薬で洗う、豆腐、サワークリーム、またはヨーグルトのマスクを使う… 生体活性化せずに肌を引き締めるための安全な方法はたくさんあります。 さらに、これらの方法は月経に対して絶対に安全です。そして、女性の人生の中で「重要な」期間が終わったら、もっと深刻で即効性のあるアンチエイジングの手順を考えることができます!

生体活性化とは

この手順は、ヒアルロン酸による表皮の上層および中層の飽和です。結局のところ、若くして私たちの肌がこの酸で構成されているのが70%で、弾力、賢さ、そして健康的な外観を担います。そして年齢とともにこの量は減少し、乾き、垂れ下がりそして同様の年齢による変化を引き起こします。

ヒアルロン酸は高分子量の多糖類であるため、皮膚の表層を独立してより深い層に浸透させることはできません。表面に塗布すると、酸は表皮の上層だけを潤いを与え、栄養を与えるので、より効果的な若返りのためには侵襲的技術が必要です。

注入生体活性化は、表皮の中間層にヒアルロン酸を輸送するための最も効果的な方法です。最近、レーザー生体活性化はますます人気を集めており、それは皮膚への害は少ないが、酸をその意図された目的に効果的に送達することは劣らない。

月経が体に与える影響

月経流出中に女性の身体に何が起こるのかを理解していれば、月経中に手順生体活性化を行うことができるかどうか、またはそれらが完了するのを待つべきかどうかが明らかになります。

月経周期は、女性の生殖器系だけでなく、他の系や器官にも影響を及ぼします。ホルモンの生産に関与している内分泌系にかなり大きな影響を与えます。視床下部は下垂体を通して卵巣に命令を与えます。そして卵巣は、ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンを直接産生し、卵の成熟と放出を調節します。

周期の最初の段階で、子宮は受精卵を受け取る準備をします。そして、受胎が起こらなかったならば、血と共に、より不必要な子宮内膜は月経中に拒絶されます。女性の大脳皮質での月経の間に、2つの反対のプロセス、興奮と抑制が非常に素早く互いに入れ替わります。これは以下の症状の原因です:

  • 過敏性、
  • 過度の発汗
  • 心拍数の増加
  • 腱反射の増加
  • 血圧のわずかな上昇
  • 10分の1度の体温の安定した上昇
  • 血液中の赤血球と白血球の数の変化
  • 血中の血小板数の増加は腫れにつながり、それは他の日より長く続きます。
  • 皮脂腺の侵害は、発疹またはにきびを引き起こす可能性があります、
  • 疼痛受容体の感受性の増加
  • 免疫系の効力の低下

お分かりのように、変化は非常に重要であり、月経中に行われる生体活性化は身体に影響を与える可能性があります。

処置を導くことができるもの

ほとんどすべての美容師は、月経中に生体活性化を含む注射手順を実行する必要はないと述べています。まず第一に、それは疼痛受容体の感受性の増加と関連しています。 月経中の注射は、周期の他の日よりもはるかに不快感を引き起こします。 そして、生物活性化は重要な手順ではないので、それを延期する価値があります。

あなたが月経中に生物活性化や他の美容処置をしてはいけない理由は他にもあります:

  • 注射部位に現れる腫れは、サイクルの他の段階よりもはるかにゆっくりと消えます。
  • あざや血腫が注射ゾーンに現れる可能性があり、それを取り除くのは困難です。
  • 生体活性化の間に、感染が体内に導入されるかもしれず、弱体化した免疫システムは単に対処することができません。

そのため、この手順を書く際には、月経スケジュールを考慮に入れることをお勧めします。また、美容師は、月経前に生体活性化を行うべきではないと言っています。

いつ生物活性化が行われることができますか

質問への答えは、月経前や月経中に生体活性化を行うことは否定的です、それでは次のものが発生します - それはいつ可能ですか? この処置に最も適した時間はサイクルの後半、より正確には14日目からであると考えられています。 この期間中、あなたは薬の投与後の体が奇妙に異常に振る舞うことを恐れてはいけません。

現時点では、女性の体の感度ははるかに低くなります、これは生物活性化後の痛みはそれほど顕著ではないことを意味します。また、月経周期の第二段階では、ホルモンの影響下で、血液凝固が増加するので、あざおよび血腫の可能性は減少します。

月経中の注射手順の特徴

女性の体の重要な日の間に急速なホルモンの変化があります。プロゲステロンのレベルは急激に下がり、エストロゲンの量は増加します。これは、少女の感情的な不安定性につながり、痛みの感受性の閾値を下げます。

月経中に生体活性化を行う場合、美容師はいくつかの要因を考慮する必要があります。

  1. 疼痛閾値の低下により、以前の不快な注射はほとんどの患者にとって耐え難いものとなった。
  2. 月経の第一段階では、血液凝固活性が低下します。これは出血やあざのリスクを高めます。
  3. 月経は身体への血液供給の増加を伴い、浮腫の形成をもたらす。
  4. 月経中の患者の皮膚は化膿性発疹の外観になりがちです。

美容師は女の子の感情的な不安定性を考慮に入れなければなりません。月経中の患者はその結果に苦しむことがあります。したがって、美容師はできるだけ丁寧で理解している必要があります。

月経中にメソセラピーをすることはできますか?

美容師は月経中および開始する3〜4日前にメソセラピーを行うことをお勧めしません。そしてこれにはいくつかの理由があります。

まず、メソセラピーは注射介入です。皮膚の損傷を伴います。クリティカルな日には、これは顔に大きなあざ、出血でいっぱいです。

第二に、手順は特別なメソセラピーカクテルを導入して行われます。したがって、それは体液貯留の傾向が増加している女の子には禁忌です。このカテゴリーのクライアントでは、月経中のメソセラピーは、顔面に大量の腫脹を引き起こすことがあります。

月経中にフィラーを刺すことは可能ですか

充填剤は注射で皮膚の下に注射される薬です。それらの密な質感のために、それらは鼻唇のひだ、深いしわを埋める。

体が体液貯留になりやすい場合は、介入は最近ではしないほうが良いです。それはメソセラピーの場合と同じように終わります。

重要な日の間に延期するしわの修正のための手順が不可能であるならば、それは光生物活性化剤の導入を優先するほうが良いです。

月経中に生体活性化を行うことは可能ですか

生物活性化の原理は、皮膚の上層へのヒアルロン酸の導入に基づいています。この薬は結合組織繊維(コラーゲン)の合成を促進します。その結果、顔のしわが滑らかになります。

2つのタイプの生物活性化があります:

月経中は、最初の選択肢を参照することをお勧めします。注射介入は皮膚への大きなダメージを伴います。したがって、それは血腫、浮腫の形成につながる可能性が高くなります。しかし、それはレーザー生体活性化で少し待つことをお勧めします。理由は同じです。

手術に最適な時期は、出血停止後7〜10日です。ホルモンの背景はこの時点で安定し、疼痛感受性の閾値が上昇します。

起こりうる悪影響

月経の数日前またはその間に生体活性化を行うと、次のような望ましくない結果が生じる可能性があります。

  • アレルギー性皮膚反応(かゆみ、発赤)、
  • 皮膚の腫れ
  • 発疹の外観、
  • 皮膚の化膿性炎症(毛皮、カルバンクル、膿瘍)、
  • 皮下血腫

意見の美容師

美容師は出血中の生体活性化を推奨しません。月経期間中に登録された顧客の大部分は、処置の結果に不満を抱いています。多くの場合、美容師の最も穏やかな態度でさえも役に立ちません。

月経中に行われた処置による合併症の発生率は、重要な日の間の注射後よりもはるかに高いです。

下のビデオから、「最近」に行うことが推奨されていないことがわかります。

月経中に女性の体に何が起こりますか?

毎月 - すべての女性の生活の中で特別な日。体内のホルモンレベルの低下は、この時期に女性を待つ症状の1つに過ぎません。一時的な変更はそれだけでは終わりません。それらのシリーズは非常に長いものです。

  • 発汗が増える、
  • パルスが加速する
  • 圧力と体温がわずかに上昇します。
  • ヘモグロビン数が大幅に減少
  • 血小板のレベルが変化し、それが腫れに影響を与える可能性があります - それは長持ちします、
  • 疼痛受容体は特に敏感になります、
  • 皮脂腺は活発に働き始め、おそらく発疹の外観さえも、
  • 免疫力が低下します。

月経中に女性の体に何が起こるかについての詳細では、ビデオから学ぶことができます:

重要です!もしあなたが生理中に生体活性化をすることができるかどうかについて美容師に尋ねるならば、答えは明白になるでしょう - それは運命を誘惑しないようにそして体がフィラーの導入にどれほど不適切に反応しないかをチェックしないほうがよいです

月経中に生体活性化に費用をかけないのはなぜですか?

生体活性化と月経は両立しない概念です、そしてこれはいくらか本当です、あなたは長い間合併症を取り除かなければならないので、納得しない方が良いです。経験の浅い美容師でさえ、その操作を引き受けることはほとんどなく、短期間セッションを延期することを申し出る。

月経中になぜ生体活性化できないのですか?手技を拒否する理由はたくさんあります、そして、操作を実行する美容師は、確実に事前に彼らに通知します。月経中の生体活性化は、そのような問題や合併症を引き起こす可能性があります。

  • 最近の過敏症は、鎮痛剤でさえ無力であり、そして各注射が耐え難い疼痛を引き起こすという事実につながり得る。
  • 膨らみは長続きします
  • あざが非常に長い間消えてしまい、多くの問題を引き起こす可能性があります。
  • 免疫力の低下が対処できない感染症は、創傷に入る可能性があります。

ヒント!あなたは月経前に手順を実行するべきではありません - さらにもっと有害な出来事があるかもしれません。バイオリバイタライザーの導入に最適な時期を事前に美容師と調整することをお勧めします - これにより、多くの問題からあなたを救うことができます。.

月経中の生体活性化後のレビュー

マスターの警告と勧告にもかかわらず、多くの女性はしばしば悔い改めて手続きを決めます。たとえ彼らがあまり慰めていなくても、私たちは読者たちに彼らの経験を分かち合うようお願いします。

「美容師の警告にもかかわらず、彼女は彼女の期間が始まったことを言わずに、生物活性化を決定しました。私はそのような結果を期待していませんでした!顔はただ腫れているのではなく、単に腫れているだけで、彼の目は二つのスリットに変わった。私は1週間仕事で休暇を取らなければなりませんでした、しかしこの時間の後でさえも腫れは残りました。女の子、私はあなたに私の過ちを繰り返すように忠告しない、彼女自身はすでに百回を後悔している。」

「生物活性化は初めて行われた、彼女は月経中にこれを行うことは不可能であることを疑うことさえしなかった。美容師はどうやら私はこれを知っていると思ったので、私は警告することを気にしませんでした。私は薬の投与中に生き残ったという事実を思い出すことさえしたくありませんでした - 痛みは激しかったです、私は私の忍耐力のこの嘲笑を止めるように求めさえしました。その効果は私を待たせることもしませんでした - 同じ日の夕方にあざが顔に現れ始めました。鏡に近づくことさえも約2週間恐れていた」

「私は生物活性化についての月経中のレビューを注意深く見直しました、しかし彼らは私を感心させませんでした、さらに美が一時的な不快感より重要であると決めました、さらに、私は重要なイベントの前に若く見える必要がありました私の不注意の結果 - 待たれていた出来事を放棄しなければなりませんでした、そのような顔では外に出るのはひどいからです。ふくらんでいることは素晴らしいです - そして、彼女は数週間続けました。」

「私は生物活性化の手順を毎年受けていますが、月経中のセッションのために回復する必要があることは一度だけ一致しました。私は自分の印象を共有したいです。疼痛は通常の状態よりも数倍有形であり、鎮痛剤は効果がありません。顔が腫れ始めたので、私は家に帰る時間がありませんでした、同時に痛みはフィラーの導入で客室内の感覚とほとんど違いがありませんでした。それに加えて、一晩中は吐き気があり、めまいがしました、それはベッドから出るのは不可能でした。翌日だけ、美容師は私に問題の理由を説明しました。」

«Никогда не замечала у себя каких-либо подозрительных симптомов или недомогания во время менструаций, поэтому на процедуру решилась, долго не раздумывая. 薬の投与中の痛みは敏感でしたが、それも耐えられ、そして強い腫れはありませんでした。それにもかかわらず、すべてがそれほど滑らかではない - フィラーは不均一に分配されている。美容師は、ヒアルロンカの吸収を促進する薬を紹介するという方法は一つしかないと言った。同意しなければならなかった

また、手術後の効果を共有したいと思います。幸いなことに、それは月経の終わりと一致した、それで彼女は何度もあざを除いて、どんな特別な問題も引き起こさなかった。医者は特別なクリームで圧縮して滑らかにすることを勧めました - 1週間後に醜い徴候が消え始めた。これは生体活性化効果に影響を与えませんでした - しわは首尾よく消えました。」

最善の手順はいつですか。

専門家は月経後2週間以内に生体活性化のために回復するように勧めます。現時点では、感度が大幅に低下しているため、鎮痛剤は効果的かつ迅速に作用します。

毎月のサイクルの後半で操作のもう一つのプラスは、血液凝固が増加するということです。これにより、打撲や打撲のリスクが軽減されます。この期間中の副作用も非常にまれに感じられます。

しわを取り除きたいという願望があなたを危険な行動に決定させるとしても、あなたはあなたの健康と美を危険にさらすべきではありません。数日待ってから月経の後、静かに肯定的な感情と顔に効果的な結果をもたらすことはありません手順を経ることをお勧めします。

Pin
Send
Share
Send
Send