健康

月経中に手術を受けることは可能ですか?

Pin
Send
Share
Send
Send


手術を受けなければならない多くの女性は、月経中に手術を受けることが可能であるかどうかという問題について非常に心配しています。月経は、公正な性の身体が最も保護されていない特別な期間です。これはいくつかの悪い結果をもたらすかもしれません、従ってより好ましい時間の間そのような複雑で危険な手順を延期することはより良いです。

女性が月経の期間を持つことは特に困難です、それで、重要な日が過ぎるまで、それは身体的な努力を制限し、飲酒を止め、そして正しく食べることが賢明です。この場合、この困難な週を通過するのははるかに簡単です。毎月の運用については、できれば、そのようなイベントを拒否する価値があります。しかし、緊急の外科的介入について話しているのであれば、患者が現時点で月経周期のどの段階にあるかにかかわらず、いずれにせよそれは実行されなければなりません。しかし、そのような状況では、すべてが問題なく通過するという保証はありません。

手術を受けなければならない多くの女性は、月経中に手術を受けることが可能であるかどうかという問題について非常に心配しています。月経は、公正な性の身体が最も保護されていない特別な期間です。これはいくつかの悪い結果をもたらすかもしれません、従ってより好ましい時間の間そのような複雑で危険な手順を延期することはより良いです。

女性が月経の期間を持つことは特に困難です、それで、重要な日が過ぎるまで、それは身体的な努力を制限し、飲酒を止め、そして正しく食べることが賢明です。この場合、この困難な週を通過するのははるかに簡単です。毎月の運用については、できれば、そのようなイベントを拒否する価値があります。しかし、緊急の外科的介入について話しているのであれば、患者が現時点で月経周期のどの段階にあるかにかかわらず、いずれにせよそれは実行されなければなりません。しかし、そのような状況では、すべてが問題なく通過するという保証はありません。

月経手術はなぜお勧めできませんか?

重大な日の間に、性別の身体は激しいストレスを経験します。そして、それは重大な失血だけでなくホルモンレベルの変化にも関連しています。結果として、体に対するどんな操作も悪い結果であることがわかります。合併症の可能性のあるリスクを減らすために、専門家はより好ましい期間外科手術の時間を延期しようとします。

月経中、女性の血液はその正常な質を失い、それほど活発に凝固しません。これは手術中に深刻な出血を引き起こす可能性があります。したがって、たとえ最小の外科的介入でも、患者にとって生命を脅かす状況に変わる可能性があります。

さらに、月経期間中、麻酔科医の仕事は非常に複雑です。ホルモンレベルの変化はある種の薬に対する感受性の増加につながります。したがって、麻酔科医からの注射に対する反応は予想外のことがあります。この困難な時期に痛みに対する感受性が高まり、防御力の効果が低下します。これらすべてが手術にとって非常に危険な状態を作り出します。

ほとんどの場合、外科手術を進める前に、専門家が多くの検査や検査を行います。しかし、月経中は指標が大きく異なる可能性があるため、予期しない結果や特定の薬に対する体の反応の危険性があります。重要な日には、赤血球、血小板、白血球、ヘマトクリットのレベルは通常より低くなります。重大な失血により、患者の体内のヘモグロビンは低下します。

月経中、いくつかの検査を行うことは不可能です。例えば、糞便や尿の研究用の資料を適切に収集することは非常に困難です。したがって、専門家の操作のために十分なデータを持っていないでしょう。

したがって、ほとんどの外科手術において、月経は禁忌です。唯一の例外は緊急手術です。ほとんどの場合、そのようなイベントはサイクルの10-14日、および分析の配信 - 7-8で規定されています。外科的処置に最適な時期は、重要な日の終わりから排卵の開始までの期間です。

手術の規則が守られ、歯科医がいることは注目に値します。月経中の単純な抜歯さえ強くお勧めできません。

起こりうる結果

専門家らは、批判的な期間中の外科的介入中の特に複雑で危険な結果はほとんど観察されないと述べている。ただし、それはすべて操作の複雑さに依存します。私たちが深刻な出来事について話しているなら、あなたはできるだけ慎重にそれに備える必要があります。したがって、時間は慎重に選ばれています。重要な臓器に対する複雑な手術の期間が月経と一致しないことが重要です。さもなければ、問題は処置の間だけでなく回復期間の間にも起こるかもしれません、そしてそれははるかに長いでしょう。

手術の規則に従わないと、血腫や瘢痕化などの合併症が起こることがあります。これは整形手術を受けた女性には特に怖いです。したがって、重要な日の間は顔に外科的処置や美容処置を行わないでください。

月経中に手術を受けると、大きな血腫が現れます。あざは非常に長い間解決します、従ってさまざまな生理学的処置を受けなければなりません。さらに、大まかな傷跡が出る危険性が高くなります。もちろん、多くは外科医の経験と資格に依存しますが、月経の間に長い間治癒するので、まだ醜いマークが残ることがあります。特定のリスクグループには、体が一種のコラーゲン交換プロセスを特徴とする女性がいます。この問題を解決するには、特別なスムージングインジェクションを使用してください。

それらの後に醜い色素斑が皮膚に残ることがあるので、血腫と戦うことははるかに困難です。一部の女性では数ヶ月で消えますが、他の女性は美容処置の助けを借りて問題に対処しなければなりません。

しかし、外部の欠陥は、重要な日々の間の運用の最悪の結果ではありません。医師が薬や麻酔薬に対する患者の体の強い反応を止める必要があるような状況では、もっともっと難しいことが必要です。多くの場合、化膿および炎症過程の危険な影響を治療する必要があります。月経中に手術を行う場合、このようなトラブルは通常の期間中よりもはるかに頻繁に発生します。

専門家の仕事がインプラントを取り付けることである重要な日に外科手術を行うことは特に危険です。ほとんどの場合、患者はそのような手術の後に長期間抗生物質を使用しなければならず、そして時には埋め込まれた元素を取り除くことさえあります。

手術に最適な時期

さまざまな操作を実行するのに最も有利な期間は、月末直後の日です。現時点では、外科的介入を実行するために必要なすべてのテストを問題なく実行することができます。さらに、この場合、女性は身体を元通りにするのに十分な時間があります。

しかしながら、手術が月経期間の前に行われる場合、患者は衛生上の問題を抱えることになり、これは重要な日に非常に必要である。そのような複雑な出来事の後の運動活動は減少するでしょう、そしてそれは女性がこの困難な期間の間に自分自身のために適切に世話をすることを可能にしないでしょう。

重要な日に美容師を訪ねるべきですか?

これらの手技は本格的な手術とは言えないという事実にもかかわらず、専門家は依然として月経中に皮膚と身体の多くの操作をあきらめることを勧めます。事実は、多くの薬に対する体の反応が不十分であるということですので、あなたはより良い時まで美容師に行くことを延期するべきです。

重大な日の間、それは深刻なアレルギー反応に変わる可能性があるので、化学的剥離を実行することは強く推奨されません。また、肌の締め付けやタトゥー、ボトックスの導入をやめる必要があります。月経周期の初めに実行された場合、これらすべての手順は否定的な結果につながる可能性があります。

治療マッサージはお勧めできません。公平なセックスの中には、彼らは重要な日の間に通常の化学パーマや染毛でも望ましい結果を達成することができないと言っています。したがって、お金を捨てないようにするためには、より有利な期間が始まるまでサロンへの旅行を延期することは価値があります。

月経中に手術を行うことが可能かどうかについての医師の意見はあいまいです。患者が月経を始めた場合、外国の専門家が計画された外科手術をキャンセルすることはめったにありません。ロシアでは、外科医は依然としてリスクを減らすために月経周期に順応しようとしています。

手術が女性の生殖機能に与える影響

女性の生殖器系はホルモン産生によって支えられている複雑なメカニズムです。月経の出現から始まる月経周期の繰り返される段階の正確な順序で毎月。毎月 - これは、月経出血の形で毎月繰り返される生殖器系の定期的な「更新」であり、子宮の外側の粘膜層の拒絶が原因で起こります。危機的な日々の間、女性の体は非常に傷つきやすく、その仕事に深刻な混乱を被ります。女性の生殖器系のすべてのプロセスを調節および制御するホルモンは、重要な日々の間に血液像およびその能力に大きく影響します。

月経中の手術は、性別による肉体にとって重大なリスクです。したがって、この時期の目的はお勧めできません。月経出血の期間中、血液凝固は有意に減少し、それは外科領域における内部出血を引き起こし、そして治癒過程をひどく複雑にする可能性がある。免疫系が月経中に対処することができないという感染の危険性のために生物の抵抗が減少するために月経中に手術を行うことも不可能である。

外科的介入は、しばしば局所麻酔または全身麻酔下で行われる、ヒトの健康にとって好ましい結果を目的として組織および臓器を傷害することを含む重大な医学的事象である。治療が望ましい効果をもたらすことができず、適切な結果をもたらすことができないときだけ、手術は処方されます。いずれにせよ、手術は体にとって常にストレスがかかり、月経中は免疫が著しく弱まるときにはなおさらであり、それは深刻な合併症の原因となり得る。

月経と抗生物質

抗生物質は病原性微生物と戦うために設計された強力な薬です。抗生物質は身体に重大な影響を及ぼし、感染症を発症する危険性または既存のものを抑制する危険性があるときに、極端に必要な場合にのみ処方されます。医者はしばしば手術の間、それらの何人かの前、またはそれの直後にコース管理のためにこれらの薬を処方する。これは、術後の体の回復過程を改善し、感染症の発症という形で起こりうる合併症を予防するために行われます。

抗生物質を服用している背景では、月経周期が失敗することがあります:重要な日が早くまたはかなり遅れることがあります。

常に月経周期の失敗が抗生物質と関連しているとは限りません。ホルモンのバックグラウンドの違反は病気が原因で起こり得ます。そのため、実際には薬が処方されました。また、女性が自分の健康や今後の手術について心配しているときの心理的要因についても忘れないでください。これらの理由のために、計画された外科的介入の日と一致して、重要な日が時間通りに始まらないかもしれません。いくつかの適応症によると、医師は月経日に手術を行わずに別の日数に手術を行う予定ですが、クリティカル日には血液性状が変化し、一部の薬の効果に影響を及ぼします。

月経中に手術を受けないのはなぜですか

月経中に手術を受けることは可能ですか? - すべてが操作の種類、その必要性および緊急性に左右されるため、この質問に対する明確な答えはありません。多くの医師は女性が月経日に手術を行わないことを強く勧めます、そしてこれには理由があります。手術は常にストレスであり、回復を成功させるのに十分な時間とエネルギーを必要とする身体にとっての課題です。手術は計画的なものと緊急のものに分けられ、後者は重要な日々にもかかわらず行われます。

女性の生殖器系は、月経中に最も脆弱な正確かつ脆弱なメカニズムです。この時点で、月周期が終了した直後に体は回復し、子宮内膜の上層と共に未受精卵細胞を拒絶します。すべての貴重な資源は卵胞の成長とその成功した受精のための卵の成熟に向けられました、しかしそれが起こらなかったならば、毎月の期間が来て、生殖器系は新しい排卵周期の準備をします。出血の最初の日の月経前症候群(PMS)および一般的な倦怠感がそれ自体を感じさせるので、この期間は女性にとって最も困難です。これらの理由のため、この時点での手術は望ましくなく、そして起こり得る合併症を脅かす可能性がある。

月経中に手術ができないのはなぜ:

  1. 乱れたホルモンの背景。代謝過程の不安定な仕事は手術後の体の回復を妨げるかもしれません。
  2. 免疫力が低下しました。 月経の背景に抵抗が低いため、体は感染症と戦うことができません。
  3. 血液凝固不良。月経の日のホルモンの特定の生産が原因で発生します。外科的創傷の出血または治癒が遅れる可能性があります。
  4. 薬物に対する生物の感受性の低下。毎月の薬の期間中に導入された、体によって誤って知覚される可能性があります、すなわち、薬の効果を高めるためにまたは減らすために。必要な投与量を調整するのが難しい場合、これは麻酔の導入で特に重要です。
  5. 疼痛閾値の低下。月経の日には、痛みを伴う効果が強く感じられ、体は刺激に対して非常に敏感になります。手術の過程や回復期間に悪影響を及ぼす可能性がある、麻酔薬の不適切な作用の危険性があります。
  6. 低ヘモグロビン。その後、回復プロセスに関連した問題を引き起こす可能性があります。失血の危険があり、それ故に貧血の発症または血圧の重大な変化が脅かされている。

上記の理由のすべてが、臨界日が既に完全に終了し、PMSに関連する症状がまだ発生していない場合、月経周期の8〜15日間手術を延期するための説得力のある理由です。

毎月で運用できる場合

限界日数は有機体に対する一種のテストであり、それは女性の一般的な状態および彼女の内部の健康に大きく影響します。この期間中の生殖システムが非常に脆弱であり、実際に起こり得る負荷に対処することができない場合、月経中に手術を行うことは可能ですか?負荷によって、私たちは外科手術を意味します。これは疑いもなく身体に大きなストレスを与え、多くのシステムの正常に機能している作業を中断させる可能性があります。

緊急および緊急の業務には、緊急かつ緊急に必要な支援を提供するために行われる業務が含まれます。女性が危険にさらされているか、あるいは死さえしている場合、月経は緊急手術の禁忌にはなり得ません。

毎月運用することが可能な場合

  • 虫垂炎
  • 内出血
  • 重傷または傷
  • 内臓の穿孔、
  • 胃や腸の潰瘍。

手術は2つのタイプに分けられます:計画されたものと緊急のもの日常的な手術は計画通りに行われ、緊急の緊急性はありませんが、緊急の治療は直ちに行われるべきです。 Если дата назначенной плановой операции совпала с днями менструации, следует оповестить об этом врача и он перенесет дату. В экстренных случаях месячные не являются помехой, когда в приоритете жизнь и здоровье пациентки.

Что нужно знать до операции

手術は、治療行為の目的、体力の維持、または美的美のために処方することができます。女性はしばしば体の弱点を隠したりメリットを強調したりするために整形外科医のサービスを利用します。これらすべての種類の手術は日常的に行われており、術前の準備を伴う。いくつかの理由で月経のために計画された手術をすることは許されていません、そして、すべての女性はこれを知るべきです。

手術中の月経に影響を与える可能性があるもの:

  1. 血腫の外観。重要な日の間の低い血液凝固のために、手術中に出血が起こり、それは軽度の出血がある場所でさえ長期治癒性血腫を形成する。そのような血腫の治癒は、血液の組成の変化および低ヘモグロビンのために遅れる可能性があり、それは多くの不快感および心理的な不均衡をもたらす。
  2. 色素沈着の発生。色素斑は、血液の変化や貧弱な凝固に対する体の反応です。色素沈着は手術部位の皮膚にしばしば起こるが、しばらくするとそれは消える。
  3. 炎症または化膿のリスク。血液が薄くなることにより、手術野で出血が増加するというタフィーは、血液が蓄積するために炎症を発症する可能性があります。重症の場合、炎症は化膿性病変を伴うことがあります。そのようなプロセスは常に痛みを伴い、体温が上昇し、治療を必要とします。
  4. 乳房インプラント拒絶。月経中に豊胸術を受けることにした女性は、乳房からの異物の「拒絶」の可能性があることを知っておくべきです。これは、体を制御し、保護機能の原因となっているホルモン産生の増加が原因で発生する可能性があります。
  5. 術後瘢痕。凝固性の低下および低ヘモグロビンによる血液像の変化は、外科的創傷および切開部の治癒過程に悪影響を及ぼす。長期の治癒は、目に見える傷跡や皮膚の傷跡の形成に寄与し、それが美的外観に影響を与える可能性があります。

また、骨盤内臓器の超音波検査を行うときに、危険な日数が誤った結果をもたらす可能性があります。月末以降の期間中に手術を延期することができるのであれば、なぜあなた自身を危険にさらし、不快な結果をもたらすことになります。ほとんどの医師は、術前の準備とリハビリを成功させるために、月経出血の負担がない日に手術を行うのが良いと考えています。

結論

結局のところ、毎月の手術は体の仕事の特徴的な変化のためにお勧めできません。計画された操作のための月例徴候の遅れがあるかもしれませんか?外科的介入期間中に月経がなかったとしても、その後の到着は回復過程を複雑にし、そして遅くするでしょう。計画的な手術は、特定の準備と本格的な検査の後に行われますが、その結果は患者の重大な日数のためにゆがめられ、誤った結果をもたらす可能性があります。手術後に健康上の問題や合併症が発生しないようにするために、外科的介入を月経出血の期間と比較することはお勧めできません。これらの要因の組み合わせは、健康に深刻な悪影響を及ぼし、回復プロセスを複雑にする可能性があります。

Pin
Send
Share
Send
Send