健康

更年期障害のある性生活:特徴、勧告、起こりうる問題と解決策

Pin
Send
Share
Send
Send


更年期の年齢に達した多くの女性は、それは性別に別れを告げる時が来たと信じています、性的関係は若い人たちだけのためです。しかし、閉経中のセックスは、女性が経験豊富で、パートナーを完全に感じ、理解しているため、妊娠可能な年よりもはるかに優れています。更年期の間、性は正常な感情状態を維持し、体の老化を抑制します。したがって、閉経中にセックスをあきらめる必要はありません。性欲が減った場合は、医療専門家に相談してください。

更年期障害とセックスの相性

クライマックス - 遅かれ早かれすべての女性の生活の中で来る、ホルモンと生殖システムの変化の期間。この生活段階は、特定の症状の出現、情緒不安定、憂うつな気分、睡眠障害、慢性病状の悪化によって特徴付けられます。月経が完了し、老化の兆候が外面に現れる、それが感情的および精神的問題が悪化する理由です。しかし、老年期には、愛と男性の関心に対する欲求は消えません。

ほとんどの場合、性的生活の質の低さは、ソビエト後の国々の女性に見られます。ヨーロッパとアメリカの女性は更年期の間の性の問題でより進んでいます。そして、私たちの女性たちの問題は、育つことにあります。母親と祖母は、老年期の親密な関係を恥ずかしいと考え、娘や孫娘にこの意見を浸透させました。

更年期障害と性別は相容れない現象であるという意見は、古くて正しくないと長い間認識されてきました。すべての更年期の間、性を持つことは許されるだけではありませんが、女性の健康と幸福を維持するために重要です。

更年期障害の間の性的活動の減少のためのもう一つの理由はボディの健康状態の悪化です。年をとって、体がすり減ったとき、情熱的にそして積極的にセックスをすることは問題です。

更年期との性的関係

更年期に達した現代の女性は、ほとんどの場合、肥沃な年と同じ強烈な性生活を続けています。定期的な性的関係に対する障害はありません。子供は成長して自立するようになり、人生は安定して測定されます、月経の完了後は妊娠する可能性はないので、避妊薬の使用を拒否することができます。

一部の女性は、閉経後のセックスはまったく不要であると考えています。実際には、定期的な最愛のパートナーとの老年期の親密な関係は、女性の身体に大きな利益をもたらします。

  • 膣や膀胱の脱落を防ぐために重要な、骨盤部の筋肉の色を整えます。
  • 性器の血液循環を刺激する
  • あなたの愛する人と温かく幸せな関係を維持することに貢献してください、
  • 閉経時の潮汐を弱め、睡眠を正常化させ、
  • 精神状態や感情状態を改善し、うつ病を取り除きます。

更年期障害とのセックスは、肉体的にも精神的にも女性にとって重要です。女性の性的欲求の度合いは、感情的な状態、男性に対する態度、そして彼との性的行為、自分自身と彼の体に対する適切な認識によって決定されます。

更年期のセックスの特徴

  1. 更年期の到来により、性欲が弱まり、性の必要性がなくなるという間違った意見があります。更年期障害の女性の性欲は、肥沃な年の間と同じままで、性的関係の拒絶は純粋に心理的な性質の問題です。この問題の主な原因は、色褪せて失うことによる体の魅力についての複雑さです。女性は愛情のある人の目から見て彼女はいつも美しくて望ましいということを理解する必要があります。
  2. ホルモンの不均衡が原因で、膣壁のジストロフィー性の変化が見られます。乾燥した膣の粘膜は刺激を受け、かゆみます。女性は性交中に不快感を覚えます。あなたは、膣が湿らされることができるように、セックスへの序曲を長くすることによって、または潤滑剤 - 潤滑剤を使うことによって - あなたが問題を取り除くことができる。
  3. 女性の更年期障害の出現に伴い、生殖管内の環境がアルカリ性になり、感染の可能性が高まります。ホルモン療法や親密な行為のためのコンドームの使用によって問題は解消されます。あなたが感染症と戦わなければ、病原性微生物が子宮に入ることができ、子宮内膜の炎症の症状が現れ、そして閉経期の子宮内膜炎の治療は容易ではありません。

更年期の間に女性の身体に起こる変化は正常で避けられないです、性生活の適切な組織化が性を楽しむことを妨げません。親密な関係を中断または終了する理由はありません。さらに、2ヶ月以上のセックスの休止は膣粘膜の乾燥を引き起こす可能性があります。膣カバーの調子は定期的にセックスをしている女性でのみ正常のままです。

閉経中の性欲

ホルモンのエストロゲンは性的魅力の程度に責任があります。卵巣の機能の抑制によるエストロゲン合成の減少と共に、性欲の程度は低下し、性交中に、女性が覚醒を達成することは困難である。性感帯の感度が弱くなります。セックスの間にオルガスムに達することは、おそらく特定のポーズだけで、問題があります。この状況では、古典的な「宣教師」の立場が最適と見なされます。

性交の終わりが遅れる、それは男性が彼のパートナーを喚起し、喜びのピークに彼女をもたらすことは困難です。一般的に多くの男性は、女性が閉経後にオーガズムを経験するかどうかを疑います。女性のオルガスムを達成する能力の低下は、主に心理的問題によるものです。閉経前の女性は、月経周期の不安定さや排卵日数の計算ができないために妊娠する可能性があることを心配しています。

性的欲求を取り戻すには?

クライマックスとオーガズムが相容れない現象だとは思わないでください。性的欲求の減少であなたは医者に行く必要があります。検査の結果に基づいて、医療専門家は性欲を高める最良の薬を処方します。通常、エストロゲンベースの薬は処方されていますが、それだけではありません。閉経後のホルモン治療では意味がありません、医師は患者にホメオパシー療法やハーブ療法をお勧めします。

民間療法が効果的です。女性は赤い刷毛、赤いクローバー、ホウ素子宮およびホルモンのような化合物を含む他の植物を通して性的欲求を回復します。

密接な接触中の痛みや不快感を和らげるために、膣壁を効果的に潤いを与える潤滑剤が使用されています。それは年配の女性のために設計されたビタミン複合体を摂取するのに役立ちます。彼らは性欲を高めるだけでなく、膣壁の正常な状態に戻り、体を引き締め、感情的な問題を取り除きます。

閉経期の妊娠が望ましくない場合、閉経期前に、期間が終わっていないが不安定である場合、避妊薬を使用する必要があります。

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン薬は、閉経期の精神的、血管運動性、泌尿器科および性的症状に影響を与える可能性があり、更年期障害の衰弱は性別にプラスの影響を及ぼします。ホルモンを服用している女性では、アテローム性動脈硬化症、骨粗鬆症、高血圧、代謝障害の可能性が減少し、閉経後にオルガスムが達成されやすくなります。

女性は60歳で治療を必要とします(最大10歳までの閉経のために)。ホルモンは、血管障害、精神障害および血管運動障害を軽減するために2〜3年間、閉経期の合併症を予防するために5〜7年間摂取されます。

エストロゲン補充薬を処方する。投与量は、ツールの有効性および身体に対する最小の効果を考慮して選択され、閉経前から閉経後にかけて徐々に減少する。ホルモン補充療法を受けている間は、女性は定期的に細胞診と乳房スクリーニングを受けるべきです。

合成ホルモンによる更年期障害の治療は以下に禁忌です。

  • *ホルモン剤に対する不耐性
  • *子宮および乳腺のホルモン依存性悪性腫瘍
  • *子宮内膜増殖症
  • *子宮出血、
  • *重度の肝臓病理
  • *重度の動脈性高血圧症
  • *血栓症および血栓塞栓症の傾向
  • *虚血、心臓発作、脳卒中、
  • *ポルフィリン病。

HRTモード

閉経前に、彼らは二相性ホルモン剤(エストロゲンとプロゲスチンに基づいて)を取ります:Divina、Femoston、Klimene。

子宮摘出術を受けた女性は、エストロゲンのみを含む薬を処方しました。このような薬はさまざまな剤形で入手可能です。

  • タブレット - Estrofem、Estrimax、
  • ゲル - ディビゲル、エストロゼル、
  • しっくい - Dermestril、Klimara。

単相薬は閉経後の女性に使用されます。またこの期間の間に、弱いandrogenic効果の薬は干渉しません:Tibolon、Livial。彼らは性欲を支持します。

時宜を得た治療を伴う補充ホルモン薬は更年期障害を弱めるだけでなく、肌に良い効果をもたらし、肌の老化を抑制し、ホルモン不全の遠い結果である加齢関連病態の発生を防ぎます。

局所薬

ホルモン補充に加えて、泌尿生殖器系の障害を取り除くために局所薬が使用されます。これらの薬が含まれます:

  1. エストロゲンをベースとしたクリーム:Ovipol、Ovestin。一日一回生殖器部と膣壁の外皮にこすりつけた。治療過程は3週間続き、その後、得られた陽性結果を保存するために1週間に2〜3回薬物を使用する。ホルモンクリームは膣壁を効果的に保湿するので、親密な潤滑剤として使用することができます。
  2. 膣への挿入のためのTriozhinalカプセル。エストロゲン、プロゲスチンおよび非病原性微生物に基づく - 真正生物。薬は膣壁の萎縮を防ぎ、生殖管の水分を保ち、膣内に健康なミクロフローラを作ります。

代替方法

ホルモン療法はすべての女性に見られるわけではありません。ホルモン療法が禁忌の場合は、植物ホルモンを使用することができます - 特定の植物から収穫されたホルモンのような化合物をベースにしたハーブ製剤。これらの化合物は、レッドクローバー、ダイズ、レッドブラシ、tsimitsifuga、アルファルファが豊富です。これらの植物に基づいて、更年期症状を軽減し、感情状態を正常化することができる薬物(クリマジノン、カイ - クリム)が作られています。植物ホルモンはほとんど副作用がなく、子宮内膜や乳腺には影響しません。

膣壁があまり乾燥しない場合は、ホルモンではなく、水の潤滑剤を使用することができます。医薬品潤滑剤の選択は非常に大きく、それらは性交直前に適用されます。いくつかの製造業者からの潤滑剤は、生殖器領域の血液循環を促進する興奮剤を含んでいます。しかし、水の潤滑剤は薬ではなく、保湿剤だけではないことを忘れないでください。彼らの助けを借りて、膣の萎縮性変化を防ぐことは不可能です。

ケゲル体操

Kegel Intimate Gymnasticsは骨盤部の筋肉を整えるために使用されます。運動の助けを借りて、生殖器の筋肉組織が強化され、生殖器領域がより敏感になり、女性は閉経中にオーガズムを容易に経験します。

ケゲル演習の結果は次のとおりです。

  • 親密な行為の間の骨盤筋肉収縮の制御、
  • セックス中の快楽の増加、更年期障害後のオルガスム
  • 更年期障害の後にセックスをする女性の新しいそしてより顕著な感覚
  • 尿失禁、
  • 膣漏れの可能性を減らす。

体操の方法は尿の想像上の流れを保持する試みに基づいています。女性は、あたかも排尿を止めたいかのように性器の筋肉を圧迫します。トレーニングの最初の段階で、筋肉は2〜3秒間5回圧縮されます。次の段階では、時間は5秒に、そして10に増加し、そして筋肉収縮の数は10に増加します。あなたは毎日何度でも運動をすることができます。

心理療法

親密な生活が年配の女性にとって重要であることは間違いありません。特に感情的な面では絶対に重要です。性欲は男性、口論および犯罪との緊張関係のために消えることができます。このような状況では、カップルは心理療法士を訪ねるべきです。専門家はどの要因が欲求の弱体化を引き起こしたのかを見つけ、問題を解決する方法をアドバイスします。

配偶者との温かい信頼関係がないと、更年期の女性は性生活への関心を維持するのが困難です。専門家は、パートナー同士が一緒に旅行したり、余暇を過ごしたり、共同趣味を見つけたり、お互いに時間を空けたりすることを勧めます。老年期には、あなたの愛する人とのコミュニケーションに費やすことができる十分な時間があります。

更年期障害のあるライフスタイル

昔の現代の女性は元気いっぱいで魅力的なので、閉経中にセックスができるかどうかについても考えてはいけません。しかし、積極的な性生活を送るためには、健康に多くの注意を払う必要があります。スポーツをすること、正しく食べることです。フィジカルトレーニングは魅力的な体型を維持するのに役立ち、気分を改善します。

食事から脂肪や味のある食べ物を除外する必要があります。赤身の肉の摂取は制限されています。十分な量の食事療法では、野菜料理、豆類、乳製品、野菜、果物を含める必要があります。

閉経時の女性の気持ち:神話と現実

「更年期障害」という言葉はギリシャのクリマックス - 「はしご」から来ており、特定の女性機能の繁栄から徐々に消滅するまでの象徴的なステップを表しています。人生のこの時期にはたくさんの噂があります。

閉経前の女性は腹を立て、いらいらし、激しい発汗(ほてり)を発症し、外観が悪化し、しわが非常に早く形成され、肥満が始まり、体型が変形するという意見があります。もちろん、これらの噂は多くの点で誇張されていますが、それらにはいくつかの真実があります。

以下は閉経後の女性の生活の変化に関する本当の医学的事実です。

  • 子宮の大きさが小さくなる
  • 胸のサイズが小さくなります、
  • ホルモン系の変化は、実際には感情的背景に影響を及ぼします。
  • ホルモンの不均衡は、脱毛、乾燥肌(そしてその結果、それらが以前には存在しなかった場所でのしわの形成)を引き起こす可能性があります。
  • ほてりは多汗症(過度の発汗)を引き起こす可能性があります、
  • 更年期障害と性別、性生活とオルガスムは相互に排他的な概念ではありません、そしてそれらは更年期障害の後に可能です、
  • いくつかの内分泌疾患
  • 心血管系の機能に問題がある。

内分泌障害と性ホルモンの不均衡のため、脂肪は以前にはなかった場所に沈着し始める可能性があります。例えば、腹部肥満はほとんどの場合40歳以上の女性に発症します。この問題と闘うためには、内分泌障害の治療を検討し、それに取り組むことが必要です。

更年期の期間と段階

このプロセスには3つの段階があります。

  • 閉経前は、閉経の最初の症状が現れてから月経が完全に停止するまでの期間です。有機体の個々の特性と健康状態にもよりますが、閉経前の期間は1〜10年です。この期間中、更年期障害の症状は治まり、その後新しい力で始まります。ほとんどの場合、このプロセスには約3年から4年かかります。
  • 更年期障害は、一定期間の月経がないことです。真の更年期障害は、その年の最後の月経が終わった後にそれ以上ない場合に考慮されます。一部の専門家は、2年後の更年期を計算することがより正しいと考えています。
  • 閉経後は2年から4年かかります。この段階で、卵巣は性ホルモンの生産を完全に止めます。この事実は、生殖器の大きさ(子宮、膣、乳房、小陰唇が1.5倍から2倍に減少する)と更年期障害のある女性の性生活に反映されています。性別への完全な無関心が最も頻繁に現れるのは、閉経後期間中です。

更年期障害の原因

更年期障害を遅らせることは可能ですか、そしてそれはどのような理由で発症しますか?ほとんどの女性にとって、約45歳の年齢が更年期の出発点とされています。ほとんどの場合、それは閉経期の最初の臨床症状の出現と同時に起こります。

Как правило, к достижению женщиной пятидесятилетнего возраста менструальная функция окончательно завершается, а клиника климакса становится более яркой.

Медицине известны случаи развития раннего климакса. これは40年までの月経の停止です。

この現象の理由は次のとおりです。

  • シェレシェフスキーターナー症候群
  • 強い神経ショック
  • 遺伝的要因
  • いくつかの内分泌疾患
  • 拒食症
  • 化学療法
  • 伝染性の婦人科疾患、
  • X染色体の影響下での卵巣の破壊。

同様の理由が、45歳から50歳の更年期障害の発症に決定的になります。多くの女性は更年期障害の発症を延期したいと願っており、そのためにホルモン補充療法を受け始めています。いくつかのケースでは、それは約10から15年間、更年期障害の発症を遅らせるのを助け、あなたが性生活の喜びを楽しみ続けることを可能にします。

女性は閉経後にセックスをしたいですか?

エストロゲンレベルの変化が性欲に有害な影響を及ぼすことが多いことが研究によって示されています。閉経前の時期には、まだ欲求が持続します。更年期障害は女性に新たな健康問題をもたらし、結果として、性欲があるとしてもそれを満たす方法はありません。

閉経後の期間では、エストロゲンは基準値の下限に達し、性欲はほぼ完全に消えます。例外は、女性ホルモン補充療法の承認です。

更年期の間の性生活の特徴

閉経時には、膣潤滑剤はほぼ完全に乾き、目立たなくなります。これは完全な性交のための主な困難になります。

医薬品の潤滑剤を使用することができます、より多くの潤滑剤の放出のためのパートナーの予備ケアレードにもっと注意を払うことができます。しかし、いずれにせよそれは小さくなりますので、あなたは補助クリーム、ジェルと潤滑剤を買いだめしなければなりません。

更年期障害のセックスライフは以前と同じくらい明るくなります。そのためには、感情的な要素が非常に重要です。男性は年齢とともにそれほど深刻なホルモンの変化を期待しないと考えるのは間違っています。より強い性別の代表者における中年の危機は、しばしば女性の更年期障害よりも性欲と精神にさらに大きな影響をもたらします。更年期障害のあるセックスライフは高品質で明るくなります。それはパートナーのプロセスへの敏感さと関与、彼の願望と女性を幸せにする能力にかかっています。

閉経後の性交時の保護手段

質問が望まれない妊娠についてであるならば、閉経中の性生活はいかなる保護手段も提供しません。低レベルのプロゲステロンおよびエストロゲン、ならびに生殖器系の臓器の減少は、単に妊娠を発症させないでしょう。

なじみのないパートナーとの性交がある場合は、保護が必要です。コンドームは、HIVや性感染症を予防するために使用されるべきです。

女性は閉経後にオーガズムを経験することができますか?

閉経期の開始は、陰核の神経終末の感受性を変えません。閉経後の女性の性生活は強烈で明るくなることがあります、彼女は彼女がフィットするのと同じくらい多くのオルガスムを得ることができます。

いくつかのケースでは、オキシトシンのレベルの減少は、喜びのピーク時にあまり目立たない感覚につながる可能性があります。しかし、更年期障害はプロゲステロンとエストロゲンの恒久的な減少をもたらし、オキシトシンのレベルはしばしば基準値に戻ります(今では以前より低くなる可能性がありますが)。その後、オルガスムの強度は同じになります。

閉経前の時期の性生活

これは更年期障害の最初の段階です。それはホルモンレベルの穏やかな減少によって特徴付けられます。この段階で女性がHRT(ホルモン補充薬)を服用している場合、10年間真の更年期障害の発症を遅らせることができます。

麻薬を服用しなくても、閉経前の時期の更年期とのセックスライフは通常とほぼ同じです。膣の潤滑は以前のように激しく解放され、子宮の大きさは減少していません、そして場合によっては想像することが可能です。

閉経中および閉経後の性生活

閉経自体、すなわち閉経の開始と共に、問題が増大している。膣の潤滑はほとんど完全に目立たなくなり、それは性交をパートナーにとって苦痛なものにし、困難にします。しかしながら、ゲルおよび潤滑剤を使用すると、この問題を回避することができる。

更年期障害はセクシュアリティにどのように影響しますか?配偶者の身体に生じた変化に満足していない場合、彼は家族を離れるか、他のパートナーとの性的ニーズを満たし始めるあらゆる権利を有します。多くの場合、このような困難は、更年期障害の間の女性のすでに不安定な心理状態を悪化させます。

パートナーが敏感で、女性の身体に起こった変化に耐える準備ができているならば、更なる性生活が可能です。もちろん、彼女はいくつかの変更を受けるでしょう。

更年期障害が女性の心理状態に及ぼす影響

閉経前の段階ですでに女性はどんな些細なことでも悩まされ、彼女の性格は耐え難いものになり、単に彼女とコミュニケーションをとることは不可能であるという意見があります。これは誇張です。性ホルモンの不均衡が精神的感情的背景にどれほど強く影響を及ぼし得るかについての本当の事実は、以下のとおりです。

  • 過敏性(ただし、鎮静剤を服用するときは避けることができます)、
  • 慢性疲労
  • 安静に横になりたいという絶え間ない欲求
  • 活力が低い。

このように、エストロゲンとプロゲステロンの垂れ下がりは、女性を攻撃的または悪質にすることはありません。むしろ、それは弱くなり、脆弱になり、そして敏感になります。これは更年期障害のある性生活に影響を及ぼします - 場合によっては、女性は単に活動的になる力を持っていません。

閉経後のセックス:それは可能ですか?

女性が更年期の始まりに直面する身体の多くの変化についての情報は、それほど良くないためにわずかに装飾されたことが起こった。更年期障害が多くの人にとって一種の境界線であるように思われることは驚くことではありません。

事実、女性に関する更年期障害に関する多くの主張は、一般的な誤解です。明確な答えがなければ、閉経後にセックスをすることができるかどうかという問題です。

更年期障害の後にセックスをすること:それは可能ですか?

クライマックスとは、身体の一定の変化を伴う、自然な年齢に関連した過程を指します。性的生活の分野に関しては、恐怖の多くは非常に誇張されています。医療統計が示すように、閉経後のセックスがあまり必要ではなく、女性人口のごく一部で、これは20%以下です。しかし、場合によっては、性欲の増加があります。

原則として、性的欲求の低下および性生活の質の低下は、ホルモンレベルの変化と関連しています。そのため、閉経後に欲求の少ないセックスをしても興奮はそれほど明るくなく、愛撫に対する感受性も低下することに気付く女性もいます。

多くの場合、体内のエストロゲンレベルが低下すると、膣への血液供給が悪化し、その結果、必要な量の膣潤滑剤が放出されなくなります。これは、性交中の不快感の最大の原因の1つであり、将来的にはそれが拒絶されることです。

性的欲求の減少および生活の性的側面の悪化は、エストロゲン産生の急激な減少だけでなく、次のような二次的要因にも関連している可能性があります。

  • 失禁、
  • 不眠症、
  • うつ状態
  • ストレスの多い状況
  • 薬物治療
  • 心血管系の病気。

性生活の質を向上させる方法

一流の専門家は、更年期の後、セックスをしたり、それを必要としたりする可能性があると主張しています。親密さは依然として女性の生活の質に重要な影響を及ぼすからです。そして、性的性質の望ましくない変化を排除するために、あなたは以下の勧告を使うことができます:

  • 親密さを誓約と見なすべきではありません。あなたがただ一緒にいることから喜びを得ることができるので、愛する人との関係はセックスだけに減らされるべきではありません。より緊密な関係を築くためには、ロマンチックな散歩、旅行、ディナーを手配することをお勧めします。そのようなアプローチの条件下で、性的関係に対する正しい態度が発達します。
  • 解剖学、性機能、および閉経後に女性が経験する性行動の特徴の研究を含む、自己発達により多くの時間を費やすことが必要です。これは不安を克服することに対処するのに役立ちます。
  • それは覚醒の人工的な強化に従事することをお勧めします。この目的のために使用することを躊躇しないでくださいアダルト素材、提示されたビデオと本。
  • 同様に重要なのは、身体的な近さを排除する、関係の実践です。そのような方法は、好意的な環境を作り出し、パートナーとのコミュニケーションを改善するのに役立つエロティックマッサージを実行することを含む。
  • 不十分な量の膣潤滑剤の放出から生じる痛みを伴う感覚の排除に注意することもまた重要である。親密さのこれらの不快な属性を取り除くことは、膣用潤滑剤の使用と同様に、温浴をすることによって助けられるでしょう。

更年期障害は明確な年齢の徴候であり、これは否定するのは無意味です。このライフステージを通過し、優れた幸福、美しさ、セクシュアリティを維持し、更年期の始まりから通常の生活様式の変化を感じなかった女性の10%を叩くことは、レディスフォーミュラの非ホルモン性更年期強化フォーミュラを助けます。

複雑な作用は薬用植物のビタミン、ミネラルおよびエキスによって提供されます。更年期障害の不快な症状を解消するその成分である植物性エストロゲンに加えて、マカの根の抽出物とマイタケのきのこは特に注目に値する。ペルーのアンデスからマカの根は、性欲を維持し、正常な性生活を維持し、膣粘膜を保湿し(セックス中の痛みはありません)、肌の弾力性とハリを維持します。もう一つのまれなきのこ抽出物は、腹部と太ももの中で体重と脂肪の蓄積を制御するのを助けます(日本では、まいたけは洗練された美しさのきのことして知られています)。

女性用フォーミュラ更年期強化フォーミュラは、あなたが気分を良くし、あなたの年齢より若く見えるのを助けます。

有資格のヘルプ

最も絶望的な状況では、女性はもはやセックスを気にしなくても資格のある援助を求めます。閉経後の女性は体内の性ホルモンの急激な減少に直面しているので、不十分な性的欲求を治療する方法の1つはエストロゲン療法です。

多くの場合、心理学者と相談することでプラスの変化が得られ、そこには2人目のパートナーが参加できます。時々そのような状況でのみ、それは多くの女性の恐れを取り除き、男性と女性の間の既存の問題を議論することが判明します。

結論!

いずれにせよ、愛情のあるカップルは常に自分自身でそのような困難を克服することができます。これをするために、あなたはパートナーとあなた自身の気持ちについての率直な議論を避ける必要はありません、そしてそれはバックグラウンドで国内問題を置いて、より多くの時間を互いに捧げることも勧められます。

閉経後にセックスをするかどうかというおもしろい質問に対する答えは明白です。すべてが女性自身と彼らの恋人の手にあります。

閉経後のセックス - 閉経中の性的関係の特徴

多くの女性にとって、生殖器系の絶滅は、親密な生活の停止を意味するのではありません。医師自身が、この時代の女性の一般的な幸福に対するプラスの効果について話しています。状況を詳細に検討し、閉経後の性別、その特徴、規則、考えられる問題について説明します。

閉経後にセックスはありますか?

女性の血中の性ホルモン濃度が低下すると、性的活動が低下し、それが性欲に直接影響すると言われるべきです。閉経期および閉経後期では、多くの女性は、性的興奮はそれほど容易ではないと述べていますが、親密な愛情に対しては異なる反応を示します。これらの事実に鑑みて、閉経後にセックスが必要かどうかという問題に繰り返し訪れます。医者は彼に明確な答えを与えない。

現代の婦人科医は、閉経後のセックスは女性の全般的な幸福に良い影響を与えると考えています。性交中に、骨盤内臓への血流が発生し、それはそれらの機能に良い影響を与えます。これは、生殖器系における炎症性および感染性プロセスの発達をしばしば引き起こす混雑を著しく減少させます。一般的に、閉経後に時折セックスをする女性は、心理的側面、自尊心からのより少ない数の問題に直面します。

閉経後にセックスをすることは可能ですか?

医師はこの質問に肯定的な答えを出します。女性における閉経後のセックスは、必要な緊張状態で膣の筋肉を支えることが確立されています。この事実は生殖器系の状態に良い影響を与えます。たとえば、これらの女性では、子宮の脱出などの違反ははるかに一般的になります。加えて、定期的な性交は、より大量の潤滑剤の開発に寄与し、それは性交中の痛みを軽減する。

女性は閉経後にセックスをしたいですか?

一部の女性は閉経後にセックスを切望しています。性的欲求が増大する排卵プロセスは閉経期には観察されませんが、女性は定期的に親密なつながりを必要とします。閉経後にセックスが必要かどうかについての質問に答えると、婦人科医はこの現象が起こる可能性があると指摘しています。同時に、それらはそれぞれの有機体が個々であることを示しています;そのため、何人かの女性は性的接触がなくても元気に感じます。それどころか、他の人たちは妊娠の恐れの消滅のために性生活を活性化させます。

閉経後のアナルセックス

この種のセックスは夫婦の選択です。多くの場合、閉経中にこの性別もあります。これは妊娠の発生についての女性の懸念によるものです。この期間中に、単排卵が発生する可能性があります。このタイプの性的接触はその発生の危険性を減らします。精液が膣に入る可能性を排除することは不可能であるため、医師は妊娠から保護する方法としてアナルセックスを使用することを推奨し、避妊薬を使用します。

クライマックス - 性交中の痛み

更年期障害のある女性では、性交はそれ自身の特徴を持ちます。多くの女性が接触中に痛みを訴えます。この事実は膣の乾燥に関連しています。血流中のエストロゲン濃度の減少により、放出される潤滑剤の量は減少します。それは膣の境界にある腺によって作り出されます。さらに、痛みは以下と関連している可能性があります。

  • 組織の弾力性の低下
  • 膣壁が薄くなる。

性器の加齢による変化とは無関係の原因による痛みの可能性を排除する必要はありません。これらが含まれます:

  1. 膣炎炎症過程は、ホルモン系の機能の変化によって引き起こされる局所免疫の低下の結果として注目される。そのような違反が観察されます:燃焼、かゆみ、膣の組織の腫れ、排尿中の痛み。得られた研究結果に基づいて婦人科医が治療を処方します。
  2. 膣炎骨盤底および膣の筋肉の不随意な短い収縮を特徴とする状態。その結果、性交中に、パートナーは陰茎を導入することが困難になり、それが女性に痛みを引き起こします。問題を解決するためにあなたは医療援助を求める必要があります。

更年期障害で身を守るには?

閉経は周期的な排卵を伴うことがあることを覚えておく価値があります。この事実を考えると、医師はあなたが更年期の間保護される必要があるかどうかに関する質問に答え、積極的に答えます。同時に、IUDと経口避妊薬の両方が使用されています。後者を選ぶとき、医師はプロゲスチン薬を好みます。彼らは肝臓、血液凝固システムの働きへの影響を排除し、体内の代謝プロセスを混乱させません。多くの女性は防護手段を好む - 選択、医者の任命を必要としない殺精子剤は入手可能である。

毎月ではないにしても、更年期障害から保護するにはどうすればいいですか?

月経の欠如は排卵過程の終了の確認ではありません。このため、閉経中は避妊薬の使用を強くお勧めします。閉経中に身を守る方法についての決定は、女性が自分で取ります。より多くの場合、それらの入手可能性、低コスト、高信頼性のためにバリア法が好まれる。

あなたが閉経で自分自身を守れないのはいつですか?

生殖機能の消滅期の妊娠が起こる可能性があります。 Большая вероятность гестации на протяжении 1-2 лет с момента последней менструации. Связан данный факт с постепенным, медленным угасанием функционирования яичников. Уже через 5 лет с момента вступления организма в менопаузу, беременность отмечаются в исключительных случаях.これらの要因のため、閉経中の避妊は必須です。一部の女性は、受胎の可能性を完全に排除し、薬物、避妊薬を使用する必要性を排除する滅菌を実行します。

あなたが正確に体のどのような変化が注意を払う必要があるか知っていれば、更年期障害の兆候は気付きやすいです。更年期障害の具体的な症状とその発生メカニズムについてお読みください。幸福を正常化するための効果的な方法を忘れないでください。

早期閉経は、女性が婦人科医に通うための頻繁な理由になります。これが起こると、特別な症状を伴う生殖器系の早期絶滅。原因、症状、およびこの状態を防ぐ方法をよく理解してください。

更年期障害の薬を使用して、女性はこの期間の症状を減らすことができます。ホルモン薬は内分泌系の働きを安定させ、幸福を促進します。しかしながら、薬の選択は婦人科医によって行われるべきであることを心に留めておくべきです。

更年期とのセックス:それは可能です、特徴、問題

性生活と更年期障害は相容れない概念ではありません。閉経は自然で正常な過程であり、その望ましくない結果は戦うことができ、そして戦うべきであることを理解することは重要です。親密な球の変化は、性腺の機能の消滅の結果として起こるので、多くの女性はクライマックスを持つことが不可能であると考えています。しかし、この期間の親密さは特に必要です。

閉経中の性行為

更年期障害が発生すると、女性の体は一連の変化を経験します。まず第一に、エストロゲンの量が落ちます。これらは性ホルモンです。この不均衡は膣の乾燥を招くので、パートナーとの親密さは以前ほど喜びをもたらしません。統計によると、女性は至る所で自分のせいにする傾向があり、これは意気消沈した心理状態につながり、自信を害し、そしてまたうつ病を引き起こす可能性があります。後者は心理療法的介入を必要とする。

幸いなことに、すべての変化は医学的な観点から説明することができ、女性にとってニュアンスのいくつかを知ることは重要です。以下は閉経中に発生する可能性がある変更です。

  • オーガズムの欠如
  • 性的魅力のレベルは著しく減少しました、
  • 性交中に、膣領域の不快感および痛みが感じられる。

しかし、良い知らせがあります。これらの問題はそれぞれ、いわゆる更年期障害に入った女性の大多数に共通しているので、解決するのは非常に簡単です。

女性の更年期障害および性的欲求

一部の女性では、閉経期の性的欲求が増加するだけであるのに対して、他の女性では異性への関心が著しく低下している。この理由はいくつかの要因です。

したがって、性的欲求の減少はホルモンの変化によって引き起こされる可能性があります。心理的要因も貢献しています。概して、この期間中、女性はある不況を感じます。このような精神感情的な状態の変化は、考えられる追加のキログラム、外観の悪化、肌の状態、誤ったライフスタイルの結果に関連しています。

大きな利点は、そのような変更が突然発生しないことです。彼らは徐々に動いて、時々自分自身を特定の状況で感じさせる。これは、そのようなプロセスに間に合うように気付き、望ましくない結果を排除する絶好の機会です。

健康的な性的欲求への道では、パートナーの性的魅力の喪失も起こり得る。実際のところ、男性は高齢化の不利な点を隠すのが難しいと感じるため、多くの場合、女性の関心は著しく低下します。

欲求の低下のさらなる原因は、いくつかの医学的問題かもしれません。ほとんどの場合、彼らは女性に恥を感じさせ、パートナーとの親密な親密さを放棄することを余儀なくされています。これらの問題には、子宮または膣の脱出、ならびに尿失禁が含まれます。そのような状況では、あなたは医者に行かなければなりません。

閉経中の性交中の問題

閉経期は女性の身体に大きな影響を与えます。多くの患者は、体調不良、絶え間ない疲労、嗜眠、吐き気、めまい、および頭痛を訴えて医師に行きます。多くの場合、痛みや不快感は性交中に多くの不便を引き起こす可能性があります。

不快感は低レベルの自然な潤滑を引き起こし、それは親密な近接において快適な滑りを提供するはずである。

潤滑剤は膣内で生成されます。ホルモンの不均衡によって引き起こされるその欠乏は不快感、そしてある場合には痛みや灼熱感を引き起こすことがあります。

そのような状況では、親密な衛生状態に特別な注意を払うべきです。女性は洗濯中に石鹸の使用をやめて、この目的のために特別なゲルまたは油を塗るように勧められます。アレルギー反応を引き起こさない製品でのみ下着を洗うこともお勧めです。

セックスは規則的であるべきです。性交が頻繁に起こるほど、膣粘膜はより活発に働きます。親密さの一貫性は同じ弾力性を維持するのを助けます、そして必要な潤滑油は際立ってい続けるでしょう。

今日、人工の潤滑剤またはどんな専門店でも購入できる潤滑剤があります。そのような道具は、自然の膣分泌物に代わる価値のあるものになるでしょう。

セックスドライブの減少

多くの女性は更年期の間にオルガスムに達するのが難しいと思います、彼らは親密さから喜びを得ることにおいていくらかの困難を持っています。いくつかの要因がこれに寄与しています。

体内のエストロゲン濃度の減少を背景に、快楽を楽しむ上で重要な中心となるクリトリスは、以前の感受性を失う可能性があります。多くの場合、喜びは精神的感情的な要因によって妨げられます:気分の落ち込み、不安、うつ病。ホルモンの不均衡もオルガスムの頻度に影響を与え、それらをよりまれにします。

この問題を解決することができます。いくつかの方法があります。最初に、親密さの間にあなたはあなたの状態を評価する必要があります。したがって、性交中に不安感、不快感を残さないのであれば、この問題を無視しない方が良いでしょう。その理由が心理的要因にある場合は、正しい判断を促す専門家を訪問しなければなりません。親密さが不快を引き起こすとき、あなたは潤滑油を使うべきです。

セックスライフを多様化することも非常に役に立つでしょう。そしてこの場合の年齢は邪魔になりません。あなたはあなたのパートナーと話をすることができます正確に欲求と覚醒を高めるのに役立つものを得るために一緒にセックスショップに行きます。そのようなアプローチは、最終的には喜びにつながります。

女性は何歳まで性交をすることができますか?

性的活動は決してゼロに落ちません。年齢とともに、それは減少しますが、それでも多くのカップルに関連性があります。性的欲求を衰退させること、そしてそれに応じて、親密さはほとんどの場合65歳で始まります。

この時まで、欲求は幾分減るかもしれなくて、性的接触ははるかに少なくなるでしょう。しかし、閉経中は、親密な親密さを保つために女性が障害に遭遇するべきではありません。

健康的な親密な生活を妨げる上記の要因が存在する場合は、問題を自分で解決するか、精神分析医に行く必要があります。理由が医学的要因にあるとき、あなたはあなたの医者に連絡する必要があります。婦人科医での定​​期的な診察や検査を怠らないでください。

閉経中のセックス

遅かれ早かれ、閉経期は絶対にすべての女性に起こる。それは、のぼせ、不眠症、変わりやすい気分、いらいら、うつ病、頭痛などの症状を伴います。そして最も重要なのは、女性の美しさが次第に衰え、月経が止まることです。しかし、更年期障害の発症後、女性は女性のままであり、それでも愛と性を必要としています。一般的な信念に反して、更年期障害と性別は相容れない概念であり、更年期障害後の性別は可能であるだけでなく必要です!これをまっすぐにしましょう。

閉経中のセックスライフ

ほとんどの女性にとって、閉経期の間の性生活はほとんど変わりません。問題は閉経後にセックスがあるかどうか、彼らはそれの価値がないです。セックスは彼らの人生の大部分を占めます - この期間中の性的欲求はその逆ではなく増加します。不快な感覚がなければ、ホルモンレベルの変化はオルガスムに達する欲求や能力に影響を与えません。それどころか、この期間中にリラックスして味をつけるべきです - 女性の閉経後のセックスは、望まない妊娠に関連する問題を引き起こすことはありません。一般的な考えとは反対に、更年期障害の場合は、女性が望むだけの頻度でセックスをすることができます。

閉経中のセックスの特徴

更年期の間の性のある特徴に関する瞬間とそれらを解決する方法を考えましょう:

  1. 女性の中には、更年期障害がセックスに悪い影響を与えると考えており、更年期障害の間の性的欲求は減少しています。ほとんどの場合、これには心理的な理由があります。女性は、受精できないとパートナーの目には魅力が減ると考えています。この場合、それは反対側からの質問を考慮する価値があります:彼女は年上でより経験豊富で、彼女は彼女の体を知っています、セックスでリラックスする方法を知っています。さらに、更年期に対する性別のプラスの影響を考慮する必要があります。ホルモンレベルの変化により、女性は気分が悪くなったり、意気消沈したりします。セックスは優れた抗うつ薬です。
  2. 閉経中のホルモンレベルの低下により、膣の弾力性と形状が変化します。乾燥、イライラ。閉経中のセックスで、女性は灼熱感や痛みを感じることがあります。この場合、膣が湿って性交のために準備されるように前奏曲を拡張する必要があります。これで解決しない場合は、潤滑剤を使用してください。
  3. 膣内環境で閉経が始まると、アルカリのレベルが上がります。さまざまな感染症にかかりやすくなります。この問題には2つの解決策があります。性交中にコンドームを使用するか、ホルモン療法を受けるかです。

セックスと更年期障害

更年期障害は性欲にどのように影響しますか?

閉経後に起こるホルモンのエストロゲンの損失は、女性の性的欲求および性的機能の変化につながる可能性があります。閉経期および閉経後の女性は、今ではあまり興奮していないことに気付くかもしれませんが、タッチやなでることに対する感受性が低下し、セックスへの関心が低下する可能性があります。

さらに、低レベルのエストロゲンは、膣への血液供給の減少を引き起こす可能性があります。この減少した血液供給は、膣の潤滑に影響を与える可能性があり、それは膣が快適な性交のためには乾燥し過ぎることを引き起こすだろう。

性欲の低下の原因となるのは、低エストロゲンだけではありません。閉経中および閉経後の女性の性生活への関心に影響を与える可能性がある他の多くの要因があります。これらの要因は次のとおりです。

健康への配慮

更年期障害はすべての女性の性的欲求を低下させますか?

いいえ実際、閉経後の期間に性的欲求の増加を報告する女性もいます。この理由は妊娠の恐れと関連している不安の減少であるかもしれません。さらに、閉経後の女性の多くは子育てに関連する責任が少なく、パートナーとリラックスして親密に接することができます。

閉経時の膣乾燥を防ぐために私は何ができますか?

閉経中および閉経後は、AstroglideまたはK-Y Jellyなどの水溶性潤滑剤を使用して膣の乾燥を解消することができます。ペトロラタムのような水に溶けない潤滑剤はラテックス(コンドームを作るために使われる材料で、妊娠を防ぐために使われます)を弱める可能性があるので使用しないでください。性感染症)水不溶性潤滑剤は、特に免疫システムが化学療法によって弱められているものにとって、バクテリアの繁殖地にもなり得る。

閉経中や閉経後に性的欲求をどのように高めることができますか?

現在、更年期を経験している女性の性的問題を治療するための良い薬はありません。エストロゲン補充療法は有効かもしれませんが、研究はその有効性に関して相反する結果を示しています。それでも、エストロゲンは性交をそれほど痛みを伴わないものにすることができます。なぜならそれは膣の乾燥を克服するのを助けるからです。

医師はまた、アンドロゲンと呼ばれるエストロゲンと男性ホルモンの組み合わせが、女性の性的欲求を高めるのに有効であるかどうかを調査しています。

性的な問題について話し合うこと、医師に相談すること、カウンセリングなどの選択肢を検討することは非常に困難です。あなたの医師はあなたとあなたのパートナーを性的障害の専門家に紹介することがあります。セラピストは、あなたのパートナーと一緒に、またはサポートグループで、個別に性的カウンセリングを勧めます。このタイプのカウンセリングは短期間で行われますが、非常に成功する可能性があります。

閉経中にパートナーとの親密さをどのように向上させることができますか?

更年期障害の間、あなたの性的欲求が以前と同じではないけれどもあなたがカウンセリングを必要としないと思うならば、あなたはあなたのパートナーとの親密のための時間を取っておくべきです。親密さは必ずしも性交を必要としません - 愛と愛情は異なる方法で表現することができます。ロマンチックな散歩、キャンドルライトディナー、またはお互いの背中をなでるなど、一緒に過ごしましょう。

パートナーとの物理的な近さを向上させるために、以下の方法を試すことができます。

あなたの解剖学的構造、性的機能および加齢に伴う正常な変化、ならびに性行動および反応について自己教育を実践しましょう。それはあなたが性機能と性的有効性についてのあなたの不安を克服するのを助けることができます。

エロティックな素材(ビデオや本)を使った刺激、オナニー、そして性的な習慣を変える。

気晴らしのテクニックを使ってリラックスを改善し、不安を取り除きます。それらは、エロティックで非エロティックなファンタジー、性交中の演習、そして音楽、ビデオ、またはテレビを含むことができます。

官能的なマッサージなどの非共行為(性交を含まない身体的刺激)を実践します。これらの活動は、あなたとあなたのパートナーとの間の快適さを高め、コミュニケーションを改善するために使用することができます。

あなたが侵入の深さをコントロールするのを助けるであろう性的ポジションを使うことであなたが経験するかもしれないどんな痛みも最小にしなさい。性交の前に温かいお風呂に入ることもできます。これは、膣潤滑剤を使用して摩擦による摩擦を軽減するのに役立ちます。

性感染症を心配する必要はありますか?

はい閉経期に妊娠したくない場合は、保護を使用する必要があります。閉経中および閉経後に性感染症から身を守るために行動を起こさなければなりません。性感染症にかかる危険性は、あなたが性的に活動的であるあなたの人生のどの時点でも同じであり、この危険性は年齢やあなたの生殖器系の変化によっては減少しないことを覚えておくことが重要です。

ホーム婦人科クライマックスとセックス。更年期とセックスするには?

クライマックスとセックス。更年期とセックスするには?

投稿者:Likar.info 2015年7月7日火曜日火曜日評価:

誰があなたに親密な生活は閉経で終わると言った!更年期障害は、親密な親密さを否定する理由ではありません。更年期のセックスを本当の喜びにするために何をすべきかを学びます。

クライマックス。多くの女性にとって、単語は文のように聞こえます。性腺の機能が消滅すると、親密な生活に特定の変化が起こります。場合によっては、これは良い方向への変更であり、時には - そうではありません。しかし最も重要なことは、そのような変化が標準であることを理解する必要があり、そしてあなたは更年期障害のどんな望ましくない結果に対しても常に戦うことができます。

Снижение уровня женских половых гормонов (эстрогенов) при климаксе приводит к сухости влагалища, а также снижает половое влечение. Секс становится уже не таким приятным делом, как несколько лет тому назад. Такое положение дел изрядно подрывает уверенность в себе. Возникает психологический дискомфорт, вплоть до депрессии, требующей психотерапевтической коррекции.

Однако не все так печально, как кажется на первый взгляд. クライマックスセックスは邪魔になりません。そして55年には、あなたは完全な親密な生活を送ることができ、親密さから本当の喜びを得ることができます。

性欲とクライマックス

更年期障害の女性全員が性的欲求の減少に気付くわけではないことに注意してください。さらに、場合によっては、反対に、欲求が高まるだけです。

親密さへの関心の低下の可能性は、エストロゲンレベルの低下と関連しています。重要な役割は心理的要因によって果たされます。したがって、女性は更年期に関連したいくつかの変化(脱毛、体重増加、皮膚の変化など)のために魅力的に感じることができないかもしれません。

当然のことながら、性欲の減少は突然は起こりません。そのような時間の変化に気付いて行動を開始することが重要です。

クライマックスと健康的なライフスタイル

45歳で、人生は始まったばかりです。今までスポーツをしたことがなくても、スポーツをする時間です。フィットネスクラブに入会し、水泳、ヨガ、またはただのウォーキングをお楽しみください。役に立つのはダンスでしょう。だから、あなたは自分自身を素晴らしい体型に保つことができるだけでなく、あなたはいつも良い気分になるでしょう、それは非常に重要です。

40歳以上の女性は食事を監視する必要があります。肉、脂肪、揚げ物の摂取を制限するようにしてください。野菜や果物をもっと使いましょう。フィトエストロゲンを含む食品は非常に役立ちます。これらは、血中のエストロゲンの不足を補うことができる女性の性ホルモンの薬草類似物です。そのような製品には、大豆、マメ科植物、乳製品、ブルーチーズ、ライ麦、大麦、アスパラガス、パセリ、ニンジン、ニンニクなどが含まれます。

閉経期の親密な生活

医師は更年期とセックスするのをやめないように勧めます。通常のセックスは膣を良い状態に保ちます。親密な生活から数ヶ月の禁酒でさえ膣の乾燥を招くことがあります。そのため、女性は性交中に痛みや不快感を経験するでしょう。膣の乾燥が増えるという問題は、人工潤滑剤(潤滑剤)を使用することで対処することができます。油性潤滑剤は刺激の発生に寄与し、コンドームを損傷する可能性があるので使用しないでください。

年齢に心理的問題がある場合(たとえば、あなたの容姿に不満がある場合)は、心理学者を訪ねるのが最善です。専門家は、ほとんどの場合、女性が自分の欠陥のいくつかを直視するだけであると主張しています。閉経期が到来しても消えていないという美徳に焦点を合わせるのが最善です。

ホルモンの背景補正

更年期障害の症状はすべて女性ホルモンの減少に関連しているため、ホルモンレベルを修正する必要性は明らかです。この目的のために、ホルモン補充療法が使用されます。確かに、その可能性のある副作用のために、医師は極端な場合にそれを処方しようとします。

ヨーロッパおよび米国での多数の研究は、ホルモン薬の長期使用は乳癌を発症する危険性を著しく増加させることを示しています。また、ホルモン剤の使用は血栓症、肝疾患および心血管の病状の可能性を高めます。

伝統的なホルモン療法に代わるものは、フィトエストロゲンベースの非ホルモン製品です。その一つがクレベロールです - 植物由来の効果的な薬です。 Cloverolの有効成分は、スイスアルプスで集められたレッドクローバーエキスです。

クローバー植物性エストロゲンはホルモンではありませんが、作用機序は非常に似ています。クレベロールは、ほてり、過敏性、睡眠障害および気分変動などの更年期障害の症状によく対処します。時間が経つにつれて、皮膚や膣の粘膜の乾燥の問題は消えます。保湿効果を高めるために、局所的な手段、例えば膣の乾燥の問題を迅速かつ効果的に排除するVagisan gelを使用することもまた賢明である。

現在、植物性エストロゲンベースの薬はホルモン補充療法に代わる唯一の安全な代替薬です。 Kleverolは必要なすべての臨床試験に合格し、それは更年期障害の不快な症状に効果的に対処しますが、長期間の使用では絶対に安全です。

更年期障害を伴う不眠症:原因、治療

女性の更年期障害の最初の兆候:何をすべきか

更年期障害が全身の健康に及ぼす影響

ほとんどすべての女性は、閉経中に身体的変化を起こします。自分自身の体の変化はしばしば女性自身だけでなく彼らのパートナーも怖がらせて警戒するので、これは更年期障害の間の性生活の質に悪影響を及ぼします。

可能な限り外部の美しさを維持し、身体の健康に対する更年期障害の影響を防ぐのに役立つ規則は、次のとおりです。

  • 定期的な運動(骨盤内臓への血流を刺激する運動を優先する必要があります)、
  • 健康的な脂肪の必要な割合がある適切な栄養、
  • 悪い習慣の完全な拒絶
  • アミノ酸、ビタミン、微量元素の定期摂取
  • ストレスや苛立ちの欠如
  • 必要ならば、ホルモン補充療法。

閉経後の性的活動の継続に対する主張

閉経後のほとんどすべての女性は、完全に肉欲的な愛の喜びを放棄するか、以前よりも数倍少ないセックスをし始めます。これは必要ありません。さらに、閉経期前の定期的な恋愛はそれを数年間延ばすことができ、それによって更年期自体の発達の事実を後退させることが研究によって示されている。

閉経後もセックスを続けることを支持する主張:

  • 自尊心を高める
  • 楽しい感覚
  • 行為の後の良い気分
  • パートナーとの一体感
  • オキシトシンの血流への放出
  • 肥満予防
  • 新生物発生の予防。

いくつかのケースでは、女性は彼女の心理学者の助けを必要とするほど自分の体に起こっている変化に非常に当惑しています。スペシャリストは、一定の年齢に達することが、すべての人が利用できる喜びを否定する理由ではないことを彼女に伝えることができます。

セックスはクライマックスを持っていますか?遅かれ早かれ、すべての女性が自分でこの質問をする必要があります。もちろん影響があり、それは重要です。性生活を続けるか、またはあなた自身とあなたの女性らしさに十字架をかけるために - それぞれはそれ自身のために決めます。

医師のすすめ

婦人科医は閉経後の性行為の継続に対して何もしていないだけでなく、それを放棄しないように彼らの患者に強く勧めます。

彼らが各患者に伝えようとしているという唯一のコメントは、保護を忘れないことです。妊娠することが不可能であっても、性感染症、HIVおよびC型肝炎に感染する可能性がなくなるわけではありません。

閉経前の段階では、まだ構想は可能です。この時点でまだ望まない妊娠の可能性があるので、避妊薬の使用はサイクルの終了後少なくとも2年間は関連性があります。

Pin
Send
Share
Send
Send