衛生管理

妊娠後期の中毒症 - 慎重に、標準ではありません!

Pin
Send
Share
Send
Send


後期中毒症は、最初の数ヶ月間に妊婦に伴う中毒症とは異なり、かなり深刻な合併症であり、子癇前症と呼ばれます。したがって、多くの妊婦は遅発性中毒症と診断されたときに単純に当惑します。そしてそれは病気ではないし、嘔吐もありませんが、心配しています...胎児や母親にとって、その問題は何か、そして遅発性中毒はどれほど深刻ですか - 今日の出版物でお知らせします。

遅発性中毒症を認識するには?

遅発性中毒症の主な症状は通常、妊娠中の母親には気付かれずに通過するため、事実は、この病状を認識することが非常に困難であるということです。だからこそ、定期的に医者を訪ね、必要な検査をすべて時間通りに受けることが非常に重要です。

だから、遅発性中毒症の症状は次のとおりです。

なぜ遅発性中毒症が起こるのですか?

実際、この病状の発生の理由はたくさんあります。さらに、最近出産して再び子供を産むことを期待している女性、以前に中絶を経験したことのある女性、19歳未満および36歳以降の女性はリスクゾーンに入ります。また、遅発性中毒症は、妊娠前に慢性腎臓病、心臓病および神経系障害を患っている女性に最も一般的です。環境に有害な仕事をしている女性もこの病気にかかりやすいことに注意してください。

遅発性中毒症はどのように発現し、どの程度危険ですか?

一般的に、遅発性中毒症は女性の体が水分の排出に対処していないという事実から始まります。腫れ、排尿の問題があり、腎臓が乱されることがあります。最も危険なのは、体内に溜まった水分が体に水分を補給することです。体内や内臓は水分で満たされ、胎盤の機能低下、胎児への酸素不足、将来の乳児の脳の腫れなどを引き起こします。

遅発性中毒症から身を守るには?

残念ながら、「妊娠している」有機体がどのように振る舞うか、そしてどのような異常を明らかにできるかを予測することは不可能であるため、遅い中毒から身を守ることはそれほど簡単ではありません。しかし、医師の勧告に従うことによって妊娠期間を緩和することはかなり可能です。では、遅発性中毒症の予防目的のために専門家は何を推奨しますか?

    まず第一に - ダイエットに続いて健康で健康的な食べ物を食べる。燻製肉、甘いもの、塩辛い食べ物には絶対に参加しないでください。

結論として、遅発性中毒症のような病気は、文字通りどこからも出生前まででさえも、非常に潜行性であり、もちろん、出産そのものに悪影響を及ぼす可能性があります。だからこそ私たちはあなたの健康を注意深く聞き、少しでも逸脱しても医者の診察を延期しないことを強く勧めます。言葉が進むにつれて、恐れているよりも恐れている方がましだ。

私たちは心からあなたにすべての病気があなたを避けてほしいと願っています、そして妊娠は簡単でした!

危険の兆候と程度

病気はしばらくの間感じられないかもしれないという点で潜行性です。最初の疑いは、尿検査を読んでいるとき、および患者の体外検査の後に医師から生じる可能性があります。

遅発性中毒症は、血圧の上昇、尿中の強い浮腫およびタンパク質の出現、体重の急激な増加から始まります。

それは体に深刻な障害を引き起こすので、Gestosisは大きな危険をはらんでいます。水 - 塩代謝の障害は体内に蓄積された体液を完全に排除することを可能にしません。その結果、胎盤の完全性が乱され、胎児は酸素と発達に必要な他の有用な物質を失います。交換製品は、羊水からはほとんど得られていません。これは、胎児の神経系にとって危険です。そのような国家は健康だけでなく生命も脅かします。多くの場合、以前に予想された期間の配達が示される。

遅発性中毒症の主な症状は以下のとおりです。

  • 腕、脚、顔の激しい腫れ
  • 尿中のタンパク質の存在
  • 130/80を超える血圧
  • 騒音と耳鳴り、めまい、失神、
  • 1週間に500g以上の体重増加
  • 重度の吐き気、嘔吐、彼の目の前に "ハエ"の外観。

記載された徴候の1つの存在は、必ずしも中毒の発症を示すわけではありませんが、将来の母親へのさらなる注意が必要です。

子癇前症の主な変化は循環器系の障害に関連しています。これは酸素飢餓および組織内の体液貯留を引き起こす。

腎臓は非常に脆弱です。それらの正常な機能では、尿中にタンパク質は存在しないはずであるが、血管への血液供給の中断は臓器の機能不全を招き、そしてその結果、許容できない量のタンパク質の出現をもたらす。遅発性中毒症は神経系の働きに影響を与えます。重症の場合、脳の腫れが発生する可能性があります。

病理学的状態にはいくつかの形態があります:sysy、腎症、子癇前症、子癇。それらのすべてが病気のさまざまな段階です。

妊娠後期に発生する最も一般的な病状に属します。特に多くの場合、多胎妊娠で発症します。最初の兆候は足と脚の腫れで、朝に悪化しています。次第に、腫れは腕、仙骨の面積、そして腰の部分に広がります。女性は、指から指輪を外したり、以前は緩んだ靴を履いたりすることが困難であることに気付くことがあります。

別の一般的なしわがれの徴候は、1日に放出される尿の総量の減少です。急激な体重の増加があり、時には体に重い感じ、息切れ、頻脈がある。しかし、一般的には、全身状態は正常なままで、肝臓や腎臓の異常は見られません。出産後、しわがれた症状は治療なしで消えます。

病気の初期段階では、自宅で水疱瘡の症状に対処することが可能です。一般的に満足のいく健康状態であっても、これを行うことが必要である。治療の欠如が、後期中毒症の次の発達段階への移行を招き得るからである。

腎症

Dropsyの合併症として発生します。全身の顕著な浮腫に加えて、血圧の有意な上昇、めまい、のどの渇き、不眠症、重い感じ、仙骨の痛み、および腰痛が認められます。多くの場合、肝臓の侵害があり、それが肝臓の大きさの増加、右心気症、黄疸の痛みを伴う感覚の増加につながります。妊娠中の女性に糖尿病、高血圧、腎炎などの他の病気があると、腎症を発症するリスクが高まります。

腎症は、胎児低酸素症の発症をもたらし、その発症、早産または複雑な出産、および出血を遅らせる重度の病変に属します。

子癇前症

病理学は、妊娠中の女性のしわがれと腎症に関連しています。遅発性中毒症のこの段階では、尿中のタンパク質量の著しい増加が見られます。それは一日当たり0.5-1g / l以上に達することができます。その女性は、体全体に激しい腫れがあること、寺院の中に痛みがあること、右心気膜症、吐き気、嘔吐に気づいた。

患者は、視覚障害、不安定な心理状態 - 陶酔感および覚醒から嗜眠および無関心までを訴える。病理学的変化は血液検査でも顕著です:赤血球の破壊と血小板数の減少が発生します。

女性の状態は、自分自身にとっても胎児の血管を通しての血液供給の中断のために必要な栄養素を受けていない未熟児にとっても危険です。その結果、胎児の死亡またはてんかんや脳性麻痺などの疾患の発症のリスクが高まります。

失神、痙攣、昏睡を伴う。子癇は、けいれん発作後に急速に発症し、場合によっては、脳への出血が起こり、その後に不可逆性昏睡が起こります。痙攣は、その短期間にもかかわらず、突然の死につながる可能性があるため、非常に危険です。

子癇の痙攣発作は、顔面筋のわずかな震えから始まります。その後、上肢、下肢、体幹への発作の拡大とともに急激な悪化が見られます。発作の持続時間は約1分です、それは女性が意識を取り戻す時間がないように頻繁に繰り返すことができます。

この疾患の最も重症で危険な形態は昏睡であり、これはしばしば事前の発作なしに突然に起こり得る。

女性が意識を取り戻すとき、彼女は激しい頭痛、一般的な脱力感と疲労を訴えます。ほとんどの場合(70%)の子癇は妊娠中に発症しますが、その発現は出産中(症例の30%)および産後期(症例の約2%)に可能です。

流血症に加えて、あらゆる形態の子癇前症は病理学科の病院での治療を必要とする。腎不全、胎盤の時期尚早の剥離、胎児の急性低酸素症、帝王切開の場合に示されます。

診断

遅発性中毒症の危険性を知っているので、妊娠期間を通して産科婦人科医に定期的に訪問しなければなりません。すべての妊娠中の女性は定期的にいくつかの一般的な活動をするべきです:

  • 血圧の測定、特に運動後の重要な指標
  • タンパク質を同定するための一般的な尿分析、ならびにNechiporenkoおよびZemnitskyに関する分析の提供
  • 一般的および生化学的血液検査
  • あなたが飲む液体の量を制御する
  • 毎週の体重増加測定
  • 眼底と視力を測定するために眼科医を訪問し、
  • 相談腎臓科医および神経科医、
  • 腎臓および副腎の超音波、
  • 心電図。

四肢の軽度の浮腫および全体的に満足のいく状態では、ライフスタイルおよび栄養の調整に関する医師の一般的な勧告の順守に限定されています。

腎症、特にその重症型の診断は難しくありませんが、場合によっては糖尿病性および尿毒症性昏睡と区別しなければなりません。

軽度の腎症では、薬物療法が処方されます。

  • 鎮静剤(マザーウォート、バレリアン)。
  • 鎮痙薬(パパベリン、無shpa)、
  • 動脈圧の正規化のための手段(Eufillin、Dibazol、Clofelin)
  • 血栓のリスクを軽減し、血行を正常化する薬
  • 排尿を改善し、浮腫を解消するための利尿薬。

病院部門での治療期間は10〜14日です。状態の完全正規化はかなり長いプロセスです、それは通常子供の誕生の後にだけ完成します。女性の血圧は安定し、尿分析は正常に戻り、浮腫は消えます。

子癇前症の症状で、妊娠中の女性は、降圧および抗けいれん治療のために集中治療室に入院します。主な仕事は状態を安定させ発作を止めることです。その時になって初めて配達の問題を提起することができます。これのための追加の徴候があるならば、それは自然にそして帝王切開で生産されることができます。

即時治療がない場合、重度の遅発性中毒症の結果は以下のようになります。

  • 肺水腫
  • 急性心不全
  • 脳卒中または麻痺
  • 精神障害
  • 肝壊死
  • 脳や昏睡の腫れ
  • 胎児の死と母親の死。

抗けいれん療法は硫酸マグネシウム(マグネシア)の静脈内投与を含みます。しかし、中毒後期の重度の症状から女性を救う唯一の方法は、出産を誘発することです。

軽症型の子癇前症では、妊娠36〜37週に行われます。重症型の子癇では、妊娠期間に関係なく、発作の除去直後に即時分娩が必要です。追加の徴候(胎盤剥離)がない場合、このような状況では自然な方法での労働がより好ましいです。

パワーとデイレジメン

遅発性中毒症を発症するリスクを完全に排除することは不可能ですが、良好な栄養と健康的なライフスタイルの規則に従うことで、リスクグループの女性は重症型の疾患を回避することができます。

妊娠の後半では、妊娠中の母親は、燻製製品の使用、スパイスや調味料の多い料理、お菓子の使用を最小限に抑えるか、完全に放棄する必要があります。オーブンで蒸すか焼くのがいいです。

浮腫の傾向があるため、塩分摂取量を制限する必要があります(1日3〜4 g以下)。無塩食は水分を取り除き腫れを抑えるのに役立ちます。

妊娠の後半には便利です:

  • 低脂肪の煮肉と魚
  • カッテージチーズと乳製品
  • 肝臓、低脂肪チーズ、
  • 野菜(ニンジン、キャベツ、ビート)、果物(りんご、アプリコット、レモン)、ナッツ、
  • お粥(マナを除く)
  • コケモモやクランベリーのフルーツドリンク、ドライフルーツの煎じ薬。

腫れや過度の体重増加の傾向で、一日のカロリー摂取量は3000を超えてはいけません。良い栄養のルールの慎重な遵守は週あたりの体重増加率 - 350グラムを超えないようにするのに役立ちます。消費される液体の量を監視することも必要です。それはスープ、コンポート、紅茶を含む1日当たり1〜1.5リットル以下であるべきです。

遅発性中毒症の発症を予防するための重要な条件は、毎日のレジメンの遵守です。 1日7〜9時間は眠る必要があり、そのうち1時間が昼間の睡眠です。新鮮な空気の中でゆっくり散歩するのはとても便利です。

病理学的状態は胎児の活動に悪影響を及ぼす可能性がある。したがって、将来の母親は一日を通して子供の動きの数を監視することが重要です。 25週間から振戦はよく感じられるはずです。子供の活動が減ったら、医者に知らせなければなりません。

胎児の動きの数を計算するために、それは半時間胃に手を置くことが必要です。これは1日に2回(朝と夜)行わなければならず、ベッドの中で水平になります。

その他の予防策

遅発性中毒症を発症するリスクは、健康に対する女性の注意深い態度で減らすことができます。すべての妊娠中の女性のための前提条件は、出生前クリニックへのタイムリーな登録です。将来の母親は時間通りにすべての検査を受け、医師の診察日を観察する必要があります。妊娠中、それは慎重にあなたの体重を監視し、健康的なライフスタイルをリードすることが重要です。

特に慎重に医師の指示に従ってください危険にさらされて妊娠している必要があります。これらは、腎臓および肝臓の疾患、内分泌の病状、妊娠した双子、35歳以上、そして性感染症を患ったことのある女性です。体調不良のどんな徴候でも医者に通知されるべきです、医者は必要な検査と適切な治療を処方します。

遅発性中毒症のリスクは何ですか?

緩やかな潜伏性発達における遅発性中毒症の危険性:内部浮腫、尿中のタンパク質、血圧の上昇は、妊娠中の女性に不快感を与えないことが多く、気づかれずに行きます。

医者はこの状態を識別することができる、従って彼への定期的な訪問はとても重要である。妊娠は代謝プロセスを混乱させ、胎盤の状態に影響を与えます。子供は酸素と栄養の欠乏を発症します。

遅発性中毒症では、塩代謝障害が起こり、ナトリウムと水が体内に蓄積し、そして血管壁がより透過性になります。これは、体液および内部浮腫による組織および臓器の充填をもたらす。

血液循環が乱れ、組織が不十分な酸素と栄養素を摂取する。脳、肝臓、腎臓、子宮、胎盤が罹患しています。水分過多は、栄養障害性の変化、出血、臓器の機能の侵害につながります。

遅発性中毒の原因

子癇前症の原因を究明することを目的とした臨床試験では、その発症に最も重要なものが何であるかが明らかにされていません。

現在までに、いくつかの仮定があります。

  1. 皮質内臓理論の支持者は、妊娠後期の中毒は特異な神経症であると信じており、これは生理的皮質 - 皮質下のつながりに違反して表現されている。その結果、血管系の働きが変わり、血液供給が悪化します。
  2. 内分泌理論は、腺の活動の変化が心血管系の調節不全、血液循環の障害、および臓器の代謝を引き起こすと主張しています。これはホルモンが血管緊張、血液凝固および流動性に影響を与えるために起こります。
  3. 免疫学的理論の支持者は、子癇前症では、母親の生物が子供の抗原に対して不適切な反応を起こすと述べています。これは血管の色調および透過性の変化をもたらし、そして次に臓器および組織における障害をもたらす。
  4. 遺伝的理論は、後期中毒症の発生率が、母親もこの合併症を患っている妊婦でより高いという仮定に基づいている。おそらく「子癇前症の遺伝子」があります。
  5. Плацентарная теория утверждает, что основная причина гестоза – отсутствие характерных для нормально протекающей беременности изменений в сосудистой сети матки, питающей плаценту. Поэтому образуются вещества, которые нарушают работу сердечно-сосудистой системы матери.

ほとんどの研究者は、遅発性中毒の1つの原因を特定することは不可能であると同意しています。内臓の機能の侵害は、さまざまな要因が組み合わさった影響によって発生します。

病理の兆候

妊娠後期の中毒症の症状は病理学の形態によって異なります。この基準によると、典型的な症状と異型の症状は区別されます。最初のグループは次のとおりです。

  1. おとなしい その唯一の症状は、腕、脚、腹部、および顔に現れる腫れです。この形態は妊娠中の女性の遅発性中毒症の最初の段階です。女性の幸福は悪化することはなく、浮腫が重い感じ、疲労感、過度ののどの渇きがある場合にのみ起こります。血圧に変化はありません、それは正常であるか、それよりわずかに低いです。後退を伴う妊娠中の女性のほぼ4分の1は、後に腎症を発症します。妊娠中の流血についてもっと読む→
  2. 腎症。 この形態は、浮腫、高血圧およびタンパク尿(尿中のタンパクの出現)の組み合わせによって明らかにされる。主な症状は動脈性高血圧症で、場合によっては200/150 mm Hgに達します。アートそしてもっと。婦人科医は特別な規模でSavelyevaで腎症の程度を判断します、彼女は検査の間に様々な指標の組み合わせを評価します。
  3. 子癇前症。 腎症の症状だけでなく、他の症状:頭痛、めまい、後頭部および前頭部の重さの感覚、不眠症、無関心、嗜眠、 "ミッド"、 "ベール"または失明、耳鳴りの形の視覚障害。消化管の侵害(嘔吐、吐き気、腹部の痛み)があります。
  4. 子癇。 妊娠中の女性の遅発性中毒症の最も重症でまれな形。それは強い刺激にさらされたときに子癇前症の背景に発生するけいれん発作です:大きな音、明るい光、痛み。最初に、顔面筋のけいれんが現れ、次に緊張性けいれんが起こり、時に呼吸が停止して舌がかみます。アフタークロニック痙攣(不随意の屈曲および四肢の伸展)、呼吸停止、チアノーゼ、口からの泡。発作は深呼吸、呼吸の回復で終わります。

したがって、妊婦の遅発性中毒症の典型的な形態はすべて、この合併症のさまざまな段階を表しています。非定型的な高血圧性腎症や非けいれん性の子癇を含みます。

考えられる合併症

中毒後期の間に女性の身体で起こる過程は、それらを引き起こす原因よりはるかによく調べられます。血管系全体のけいれん、血液循環の低下、血液凝固障害および流動性により変化が起こります。

心筋が弱くなります。結果として、ジストロフィー過程が進行する組織への血液供給が減少し、死に至る。血液供給の欠如は、腎臓、肝臓、脳の働きに最も強く反映されています。

胎盤は主に、妊娠中の女性と彼女の子供の間で、妊娠中毒時に変化し、酸素と栄養素の交換を提供できない血管で構成されています。胎児低酸素症および子宮内発育遅延が起こる。

妊娠後期の中毒は、心不全、肺水腫、急性腎不全、昏睡およびHELLP症候群の出現(肝細胞の破壊、血小板減少症、赤血球溶血)を引き起こす可能性があります。

胎児にとって、この状態は、胎盤早漏、胎盤機能不全の発症、すなわち急性および慢性の酸素欠乏、子宮内発育遅延、早産に危険です。

遅発性中毒症の予防

遅発性中毒症の発症を予防するための信頼できる手段はまだ存在していない。しかし、病理学および重大な結果のリスクを最小限に抑えるための女性の強み。

妊娠中の母親の状態を監視するための措置を検討し、医療を提供する瞬間を逃さないでください。

体重管理

妊娠中の遅発性中毒症の最初の症状を見逃さないようにするには、期間の真ん中からあなたは自制日記をつけ始めなければなりません。明確にするために、重量の増加をグラフの形で記録します。

週350グラムの体重の通常の増加が考慮されます。

このように、あなたは組織内の水分の蓄積による体重増加のこの複雑さを早くして、内部浮腫の出現を追跡することができます。

日記をつけることで、問題は早い段階で発見され、入院に頼ることなく食物の調整と投薬の助けを借りて素早く解決することができます。

胎児活動モニタリング

修正するのに便利なもう一つの指標は、将来の子供の動きの数です。数日間、あなたは彼の動きに耳を傾け、それらを祝う必要があります。

プッシュは25週目からよく感じられるはずです。次に、おおよその量がわかると、コントロールを週に2回、朝と夕方に30分間実施することができる。

胎児の活動や全身状態は母親の健康状態に完全に依存しているので、中毒後期の発症では、摂動量が変化します。子供がめったに動かないようになった場合、または逆に活発すぎる場合は、これについて婦人科医に知らせることが不可欠です。

妊娠中の女性の遅発性中毒症または子癇前症は非常に深刻な合併症であり、その結果として、母親および未熟児にとって生命を脅かす可能性があります。しかし、この問題を防止してタイムリーに検出することで、状態の修正は迅速かつ首尾よく成功します。

したがって、20週目から、妊娠中の女性は慎重に彼女の食事療法および毎日の養生法を考慮しなければならないだけでなく、医者への訪問およびテストを逃さないでください。

著者:オルガカノバ、医師、
Mama66.ru専用

妊娠中毒症の治療

治療法を選択する際には、逸脱の形態が考慮され、これらのデータに基づいて必要な方法が構築されます。水たまりは、病院の日中の女性の診療所で治療されます。他の徴候は病理学を専門とする入院部門または産科病院の集中治療室で医師の監督下で治療を必要とする。いくつかの難しいケースでは、命を救うための可能な方法は帝王切開だけです。

疑いが生じた場合は、すぐに出生前の診療所に登録するのが理にかなっています。一人の専門家だけが観察することをお勧めします。そうすれば、彼は患者の健康のあらゆる微妙なニュアンスを認識することになります。あなたの慢性疾患について医師に知らせることと予防措置を取ることが必要です。

遅発性中毒症は、ほとんど最初から、そして出産のすぐ近くでも起こり得るので、非常に注意が必要です。いかなる場合においても、危機が進行するのを許してはいけません。あなたが状況の否定的な発展を疑うなら、あなたの内なる感情にもっと注意深く耳を傾け、出席している専門家への訪問を遅らせないでください。このような再保険は不要になることはなく、妊娠中のあらゆる段階で安全に妊娠に合格するのに役立ちます。

遅発性中毒症とは何ですか、そして誰が危険にさらされていますか?

遅発性中毒症または子癇前症は、妊娠の後半に起こる病理学であり、神経系、内分泌系、心血管系、造血系、および他の系の働きにおける障害を伴う。進行性妊娠中毒症の結果として、妊娠は早産または子宮内胎児死亡を招く可能性があります。ほとんどの場合、妊娠後期の中毒症は浮腫、タンパク尿、血圧上昇を伴います。

幸いなことに、子癇前症はそれほど一般的ではありません、産科統計によると、この病理は妊婦の約10%で検出されます。

重要です!妊娠中の女性の遅発性中毒は潜伏しているか、またはその症状は軽度になる可能性があり、妊娠中の母親は単にそれらに重要性を与えません。病理は、定期的に尿検査に合格し、血圧指標を測定することによって識別することができ、このために、妊娠中の女性は定期的に出生前の診療所に通うべきです。

妊娠後半の子癇前症発症のリスクグループには以下のものが含まれます。

  • 腎臓、甲状腺疾患を持つ女性、
  • 高血圧の女性、
  • 数ヶ月のうちに体重が増えすぎる妊婦、
  • 35歳以上の女性の年齢
  • 一度に複数の実を結ぶ妊娠中の女性
  • 鉄欠乏性貧血
  • 母親と胎児のアカゲザルの競合
  • 子宮内発育遅延を検出した女性
  • (受動的を含めて)喫煙またはアルコールを摂取する妊婦。

妊娠中毒はまた、以前の妊娠をしていたときに遅くなって中毒を経験した妊娠中の女性の発症にも敏感です。

後半の中毒症はどのように現れますか、そして、いつ始まりますか?

危険にさらされている女性は、遅発性中毒症がいつ始まるのか、そして病理学をどのように認識するのか、という質問に対する答えに関心がありますか?各妊娠中の女性の妊娠中毒のタイミングは純粋に個人的です、しかし、ほとんどの場合、この病理は妊娠の30週後に胎児が急速に子宮で成長して、すべての器官とシステムへの負荷が増加するときに発症します。

遅発型中毒症の形態は、典型的なものと非定型的なものに分けられます。典型的な形式は次のとおりです。

  • ぼんやりした
  • 腎症(1〜3度)、
  • 子癇前症
  • 子癇。

これらの形態の子癇前症は、様々な重症度の病状の徴候として考えられている。非定型型の遅発性中毒症は、妊婦における単症候性腎症、2つの症状を伴う腎症およびけいれん発作を伴わない子癇を特徴とします。

妊娠中の女性のしぶれは浮腫の出現を特徴とし、これは最も頻繁に足首、手、前腹壁および顔面の下肢に局在する。 Dropsyは遅発性中毒症の初期段階です。

概して、この症状に注意を払い、浮腫が増加した喉の渇き、重さ、疲労、完全な四肢運動の制限を伴う場合にのみ計画外の婦人科医に行く女性はほとんどいない。

この段階では、遅発性中毒症の症状は事実上発現されず、浮腫を除いて、血圧指標は正常範囲内に留まる。あなたがこの状態に注意を払わないならば、しぶきは次第に腎症に変わります。

妊婦における子癇前症の合併症

遅発性中毒症のリスクは何ですか?

子癇前症の進行ならびに子癇前症および子癇の発症は、ほとんどの場合、以下の合併症を引き起こす。

  • 妊婦における肺水腫
  • 心不全の発症
  • 急性肝不全の発症
  • 昏睡
  • 正常に位置する胎盤の剥離と大量出血
  • 胎盤機能不全の発症 - この合併症は、急性胎児低酸素症、子宮内発育遅延、早産、赤血球溶血、肝細胞の変性、および血小板数の減少をもたらします。

タイムリーな医療がないと、妊婦と胎児が死亡する可能性があります。

妊娠中毒性中毒の治療方法

妊娠中の女性の早期および後期中毒症は、妊娠中の母親の監視強化、出生前診療所への頻繁な訪問、定期的な検査の理由です。これは、中毒症が発症しているかどうかを確認するのに役立ちます。そして、発症している場合は、時間内に適切な対策を講じます。

子癇前症の治療は、病理学の形態およびその経過の重症度に大きく左右される。浮腫や水滴は、すべての医者の勧告に従うことによって自宅で治療することができます。

この場合の治療の主な原則は、妊娠中の塩分の摂取制限と十分な量の純水の使用です。それらはスパイス、辛い皿、脂肪、小麦粉、ベーキングを除外します - これらすべての製品は水分保持と浮腫の進行に貢献します。

腎症、子癇前症および子癇は、妊娠している母親を妊娠病理部または産科病院の集中治療室に入院させる必要があります。

重症子癇前症の治療は、以下の推奨事項および処方箋に準拠しています。

完全な心理的および肉体的平和を妊娠者に提供する

- 軽い声で話し、

グループBのブドウ糖の解決そしてビタミンが付いている点滴器

子供を養うために、

胎盤の機能を改善する薬

(薬の説明書には、薬の特性と組成が詳しく記載されています)、

- 妊婦の栄養は軽いものであるべきですが、たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミンのための体の日々の必要性を満たすために完全にバランスがとれています。

子癇前症の進行および子癇の発症に伴い、医師は帝王切開による女性の出産および特別な状況での子供の看護について決定を下します。もちろん、彼らはまた、妊娠期間を考慮に入れ、それは赤ちゃんが生き生きとして生まれていることが重要です。

後期妊娠を伴う帝王切開の適応は以下の通りです:

  • 妊娠中の女性の重度の腎症、それは薬理学的に排除されずに進行します、
  • 子癇前症および子癇
  • 妊娠中の昏睡状態
  • 高血圧の背景に網膜剥離、
  • 目の中の出血
  • 無尿症 - 8〜12時間以上の尿の欠如、ほとんどの場合、この症状は急性腎不全の発症を示します。
  • 脳や脊髄の出血
  • 胎盤剥離、急性低酸素。

妊娠中の遅発性中毒症を回避することは可能ですか?

妊娠中の女性の妊娠中毒症の発症を予防する最善の方法は、保護者による計画と受胎前の女性の総合的な検査です。分析、超音波検査、内分泌科医および婦人科医への相談により、問題を特定し、必要に応じて一連の治療を受けることになります。これにより、妊娠中の合併症のリスクが大幅に減少します。

妊娠が計画外であり、女性が健康であるかどうかわからない場合、最初に必要なことは早急に出生前の診療所に登録することです。この調査で内臓の慢性疾患や障害が明らかになった場合、婦人科医は妊娠の初期段階で早期および後期中毒症を含む妊娠の合併症を防ぐための対策を講じます。

既往歴の収集に特別な注意が払われるので、女性はそのような質問に答える準備ができているはずです:

  • 妊娠前、それらはどのようにして進行しましたか、赤ちゃんが生まれたのはいつ、そしてどのような体重で、
  • 動脈性高血圧症または糖尿病の患者さんはいますか
  • 女性が慢性疾患を患っているかどうか。

眼科医(眼科医)による検査を受ける妊婦を必ず指定してください。研究中に、特別な装置の助けを借りて医師は眼底の状態をチェックします。眼底の変化は、たとえ患者が何にも邪魔されていなくても、妊婦の中毒症の発症の最初の兆候、または将来の母親がこの病状に大きく傾いていることを示しています。

この記事のビデオでは、妊娠中に中毒を発症する可能性を減らす方法と、この合併症の進行および妊婦の健康に対する過失の態度によって、胎児にどのような結果がもたらされるかについて説明しています。危険にさらされている女性は、妊娠登録を遅らせることはできず、11週間以内に、そしてもっと早くより早く行うべきです。あなたがこれらの推奨を無視するならば、価格は母親にとっても子供にとっても高すぎるかもしれません。

妊娠中の遅発性中毒症はどのように現れますか?

最も典型的なものは、3つの症状である:浮腫、尿中のタンパク質の出現、および血圧の上昇。しかし、それらの重大度は異なります。おそらく3つの古典の2つの症状の組み合わせ。

浮腫は、妊娠20週後に体重が過剰に増加することによって現れます。通常の妊娠では、体重増加は1週間に350〜400 g、妊娠全体で10〜12 kgです。子癇前症の体重増加が週に400〜500gを超えると、体液貯留は尿量の減少を伴う。

動脈性高血圧症 - 血圧が135/85 mm Hgまで上昇する。アート以上。

尿中のタンパク質の出現は、子癇前症の最も安定した信頼できる徴候です。通常の妊娠中は、尿中のタンパク質は測定されません。タンパク質の量は腎臓の損傷の程度と子癇前症の重症度に依存します。

他の臨床症状の出現は、原則として、重症型の発症および妊娠中毒症の合併症を示しています。

妊娠中期はありますか?

以前、医師は子癇前症の4つの段階を確認しました。

第一段階 - 妊婦の浮腫 - は浮腫の出現によってのみ現れ、第二段階は腎症と呼ばれました - この段階では、妊婦の腎臓損傷が現れ、蛋白質が尿に現れ、妊婦の浮腫が増加し、そして血圧が上昇しました。

第3段階 - 子癇前症は、最も重篤な状態に先行する、重大ではあるが可逆的な状態です。 第四に、子癇前症の段階 - 子癇。

妊娠のこの深刻な合併症の主な臨床症状は、脳損傷の症状の追加です。子癇前症の特徴的で憂慮すべき症状は、頭痛、めまい、かすみ目(目のちらつき、目の霧、一時的な視力喪失など)、耳鳴り、鼻づまりおよび呼吸困難、眠気、上腹部の痛み、悪心および嘔吐。女性は、頭や頭痛の後ろに重い感じ、吐き気、嘔吐、かすみ目、何が起こっているのかの不適切な認識、すなわち精神的な領域の変化について心配しています。

子癇前症は、体の痙攣的な覚醒状態が高まるという非常に危険な状態です。刺激がある場合(大きな音、明るい光、痛み、膣の検査)、母親と胎児に起こり得る有害な結果を伴う痙攣発作(子癇)が起こります。

今子癇前症の最初の3つの段階は1つの概念 - 子癇前症によってますます団結しています。

妊娠中毒症の女性の体に何が起こりますか?

子癇前症の女性の身体の変化は、その原因よりもずっとよく研究されています。その根拠は、すべての血管のけいれん、循環血液量の減少、血液凝固および流動性の変化、微小循環障害です。さらに、ジェスチャーを伴うと、心臓が弱くなります。これらすべてが、組織が死ぬまで組織への血液供給の有意な減少をもたらす。

腎臓、肝臓、脳への血液供給不足に最も敏感です。胎盤はその仕事に対処しておらず、いわゆる胎盤機能不全が発症する。実際には、それは、胎児の酸素飢餓および子宮内発育遅延を引き起こす、母親と赤ちゃんとの間の酸素および栄養素交換の提供に違反する、母親 - 胎盤 - 胎児系における血液循環の悪化にある。

最も危険な状態

子癇は重度の子癇前症の最も危険な症状です。それは子癇前症の背景に対して起こり、そしてほとんどすべての系および器官の破壊によって特徴付けられる。子癇前症の主な症状は発作の出現です。

けいれん発作の後、女性はしばらくの間昏睡状態になり、彼女の意識は徐々に戻り、何が起こったのか覚えていません。けいれん発作は短い間隔で繰り返されることがあります。発作中に、血圧が急激に上昇するため、脳血管の破裂が起こることがあり、それが脳卒中 - 頭蓋内出血を引き起こします。胎児の死を引き起こす可能性がある時期尚早の胎盤剥離の高いリスクもあります。

写真源:シャッターストック

毎年、ロシアだけで(これは、出生率では決して「世界チャンピオン」ではありません)、約100万人の妊娠中の女性が指定された日に女性の診療所にやって来て、順番を待っています。

近年、産科医は、妊娠中に初めて発見されることが多い尿路感染症にますます魅了されています。これは主にこの病状の発生頻度によるものです(同胞の間で)。

胎盤の時期尚早の剥離 - 胎児の誕生前の早すぎる、子宮壁からの胎盤の分離。この深刻な合併症は緊急の医療処置を必要とします。

遅発性中毒症の始まり

妊娠は通常28週から出現し、分娩が始まるまで続きます。妊娠中の女性の約20%が晩期中毒症に罹患しています。あなたが彼らの中にいるかどうかを理解するために、あなたはどんな症状がこの状態に伴うかを知るべきです。

  • 浮腫は遅発性中毒症の主な症状です。女性は絶えず喉の渇きを感じますが、同時に消費される水分の量ははるかに多く割り当てられています。これは軽度の子癇前症で、特定の食事とライフスタイルの変更が必要です。
  • 圧力の上昇は、妊娠中の女性の晩期中毒症を伴う危険な症状です。定期的な血圧上昇を診断するためには、毎日午前と夕方に測定し、指標を固定する必要があります。結果であなたはそれぞれの計画された訪問で婦人科医に知らせる必要があります。

子癇前症の発症は、これら2つの徴候によって特徴付けられます。しかし、必要な措置が間に合わなければ、州は悪化し、将来の乳児にとっての危険性があります。

晩発性中毒症の発症

適格な治療法がない場合の子癇前症の次の段階は腎症です。それは、強い浮腫、圧力の増加、および尿中のタンパク質濃度の増加によって特徴付けられる。妊娠後期の中毒症は、すべての症状がなくても発症する可能性があることに留意してください。例えば、腫れはかなり小さいかもしれません。したがって、時間内に子癇前症の発症を判断する最も確実な方法は、定期的に圧力を測定することです。医師によると、すでに135/85のマークで、遅発性中毒症が疑われる可能性があり、追加のテストを処方する必要があります。だからこそ、毎日のプレッシャーの測定と結果の確定が、子癇前症の適時診断のために必要な尺度であるのです。

遅発性中毒症の最後の、最も危険な段階は子癇前症と子癇です。最初のケースでは、圧力の急激な上昇、水と塩のバランスの悪化、心臓血管系と肝臓の機能障害、片頭痛、視力低下があります。

子癇前症が疑われる場合は、子癇を回避するためにできるだけ早く入院を提供する必要があります。これは最も危険な段階です。それは長期間の頻繁な発作を引き起こし、意識喪失に至ります。それはそれが母親と胎児の両方のために死に終わることができることを心に留めておくことが重要です。

合併症の危険性

どの段階でも、妊娠は体の機能に多くの問題を引き起こす可能性があります。まず第一に、これは心筋の著しい弱体化です。これは、組織への血液供給の減少およびそれらのさらなる死亡につながる。血行不良は、肝臓、腎臓、脳などの臓器に最もよく現れます。

母親から赤ちゃんへの栄養素や酸素の運搬量が少ない胎盤血管もまた苦しんでいます。このため、酸素欠乏やさまざまな病状の発生の危険性があります。

遅発性中毒症によって引き起こされる可能性があるその他の危険性:

  • 肺水腫
  • 肝細胞の破壊
  • 心不全。

したがって、妊娠初期の中毒症が不快感だけをもたらすのであれば、妊娠第3期にはそれが非常に深刻な病気の原因になることがあります。

予防策

残念ながら、子癇前症の出現を完全に防ぐための対策はありません。しかし、特定の要件を守りながら、開発のリスクを軽減し、病理のリスクを最小限に抑えることができます。

  • バランスの取れた栄養3学期までに(これが以前に行われていない場合)、あなたは間違いなくあなたの食事療法から燻製および缶詰食品、辛いもの、塩味のもの、そしてチョコレートを除外する必要があります。揚げ物を食べることは最小限に保たれるべきです、それはオーブンか蒸気調理を使うほうがはるかに良いです。また、酔っ払う液体の量を制御する必要があります。この場合は、スープ、お茶、コンポート、水分が多い野菜や果物を考慮に入れる必要があります。
  • 体制の遵守これは予防策の非常に重要な部分です。それは夜の睡眠が8時間以上ではなかったことも必要です、また日中の1時間の休息を手配するようにしてください。できる限り新鮮な空気の中にいることが重要です。ゆったりとしたペースで散歩するのが便利です。感情的な負荷計画を減らすようにしてください。
  • 体重管理これを行うには、週に少なくとも1回計量を実行し、結果を記録する必要があります。そのような報告を続けることは、冒頭で遅発性中毒症の発症を検出することを可能にし、それはその成功した治療の可能性を高める。通常、体重は1週間に350〜400 g増えます。その過程がより早ければ、追加の検査を受け、そして内部組織の浮腫の発生を排除することが必要である。
  • 胎児活動のモニタリングこれは、初期段階で問題の存在を検出することを可能にするかなり有益な指標です。通常、胎児の動きは25-26週から感じられ始めます。運動の平均回数が記録された後、あなたは毎日の監視を始めることができます。それらは毎日朝と夕方に数えられ、結果を記録するべきです。子供の活動は母親の状態に依存するので、遅発性中毒症の出現はショック数の変化につながります。

妊娠中の遅発性中毒症の発症は緊急の行動を必要とする驚くべきシグナルです。あなたの状態へのあなたの注意深い態度および時宜を得た医者への訪問は子癇前症の不快な影響を避けるのを助けます。

遅発性中毒症の概念と定義

妊娠は、妊娠中の女性の約13%で遅発性の中毒症を合併しています。ほとんどの場合、それは30週後に発生します。中毒の症状は徐々に増加しています。したがって、タイムリーな登録、定期的な医者訪問、そして検査によって、病状のリスクを大幅に減らし、母親と胎児の命を脅かすことを防ぐことができます。

遅発性中毒症が起こると、内分泌系、心血管系、神経系が乱されます。重症例での死亡予防は、緊急帝王切開でのみ可能です。この状態の危険性は、急性心不全、昏睡、肺水腫、胎盤の時期尚早の剥離、胎児の急性低酸素症の発生に現れます。病理学はいくつかの段階で進行しますが、最も深刻で危険なものが最後です。

妊娠中の遅発性中毒症は、妊娠中毒としても知られています。配達後数時間から数日の期間で完全に経過します。しかし、子癇前症ではなく高血圧によって引き起こされる高血圧は、それ自体では受け継がれず、別の治療手段の採用を必要とする。

リスクカテゴリには、次のカテゴリの女性が含まれます。

  • 18歳未満および35歳以上の年齢。
  • 以前の妊娠中の子癇前症の存在。
  • 多胎妊娠の発生
  • 心臓の欠陥、高血圧、慢性腎臓病などの形の病気

ほとんどの場合、遅発性中毒症の原因は不明のままです。一般的に、病理学の重大な結果と闘うことにすべての努力が向けられているので、これは決定的なものではありません。

遅発性中毒症の症状

子癇前症の主な症状は腫れです。女性によって大量に消費される液体は、体から完全に排除されるのではなく、組織間の空間に残ります。浮腫は通常下肢にのみ発生しますが、重症型では全身が腫脹することがあります。いわゆる隠れた形の浮腫がありますが、これは計量によってのみ検出できます。これは週の間に500 g以上の体重の増加によって証明されます。消費される液体の量、したがって尿量を制御する必要がある。通常の飲酒法に従って、尿中排泄量が0.8リットル未満の場合、これは子癇前症の最も可能性の高い徴候である可能性があります。

体液貯留と一緒に高血圧の発症があります。したがって、圧力を常に監視する必要があります。概して、中毒後期の圧力は標準より約15〜20%高くなります。一部の女性は、妊娠初期に血圧が標準より低いときに低血圧になります。この要素は審査中に考慮に入れる必要があります。

タンパク質が尿と一緒に分泌されるとき、深刻な症状はタンパク尿です。この症状は腎機能障害を示します。そのような状況では、尿検査は非常に重要であり、それは見逃せないはずです。妊娠20週後、この研究は毎週行われます。女性が病理学のいくつかの症状を持っている場合、在宅治療は無効になります、そのような患者は入院することをお勧めします。

他の症状は、頭痛、悪心および嘔吐、頭の重さ、そして重度の形で現れる、痙攣および意識の変化として観察される。

子癇前症の主な種類

この病気の症状と形態によって、子癇前症をいくつかの重症度に分類することができます。

  • 妊娠中の女性の妊娠中毒症の最初の程度は、しぶきの形で現れます。女性は顕著な腫れになります。そして、それは朝に減少して、そして夜に再び増加します。
  • 第二度はすべての主な症状の存在によって特徴付けられる。まず第一に、それは胎盤の血流に直接関係する拡張期血圧です。圧力が上がると、胎児への酸素の供給が減少します。最大の危険は、定期的なサージの形の圧力変化によって表されます。この段階は合併症の存在によって複雑になります。最も深刻なのは、出血、胎児低酸素、胎盤剥離、早産の発症などの合併症です。それらのすべてが胎児死亡の本当の脅威を生み出します。
  • 子癇前症の3番目の程度では、子癇前症が発症し、頭の痛みと重症度が現れます。同時に、嘔吐、肝臓の痛みが現れることがあります、視覚障害が認められます。無関心になり、記憶が悪化します。これらすべては不眠症、過敏性および脳の循環の変化を示す他の症状を伴う。肝臓は重度の浮腫によって、最大で出血するまで外傷を受けることがあります。

遅発性中毒症の最も重症型は子癇です。すでにリストされている症状に加えて、発作が現れます。攻撃は外的刺激 - 痛み、大きな音、ストレス、明るい光 - によって引き起こされる可能性があります。彼らは約2分続きます。この状態の危険性は脳の腫れ、脳内への出血です。

晩発性中毒症の合併症と影響

ほとんどの場合、晩期中毒症の発症は妊娠20週目以降に起こります。それは重篤な合併症を引き起こします。そして、それは死の主な原因です。

一般に、妊娠中の遅発性中毒症は以下の合併症を引き起こす可能性があります。

  • 眼底の検査中に眼科医によって検出される小さな動脈のけいれんがあります。
  • 血管壁の透過性が高まり、静脈内の血液の流出が悪化します。その結果、明らかなまたは隠された浮腫があり、タンパク質が尿中に現れる。
  • 血液の液体成分は周囲の組織に入ります。このため、血液が濃くなり、その凝固が増加します。
  • 低血圧および高血圧

Pin
Send
Share
Send
Send