衛生管理

月経中にアルコール(ワイン、ビール)を飲むことはできますか?

Pin
Send
Share
Send
Send


月経 - 多くの女性はそれらを罰または「天からの罰」と認識していますが、これは公平な性のそれぞれの身体における通常の過程です。重要な日は不快感、体調不良、痛み、そして場合によってはひどい痛みさえももたらすので、それらは理解することができます。

各女性は自分自身のために月経と月経前症候群の否定的な症状に対処する方法を選びます。誰かが鎮痛剤を使用し、誰かが外出せず、全期間がベッドに寝ていますが、女性は痛みを和らげるためにアルコールを使用することができます。しかし、月経中にアルコールを飲むことは可能ですか、この記事を理解してみてください。

女性の生理機能

まずはじめに、ちょっとした説明をして、月経とは何か、またそれがどのような要因に影響するのかを考えます。

最初の危機的な日は、12〜14歳の女の子に起こります。現時点では、生殖段階が始まり、最後の月経年齢約50〜55歳で終わります。月経の存在は、女性の生殖器系が適切に機能していること、そして女性自身が妊娠して子供を産む可能性があることを示唆しています。

月経周期の平均期間は28日ですが、それは21-35日の間で変わることができ、それが重要であるのは周期の期間ではなく、その規則性であるので、これは標準です。重要な日の間に、女性の身体は新しくなり、子宮は過剰な子宮内膜を取り除きます。そして、それは血液と凝血塊の形で現れます。 「洗浄」のプロセスは3〜7日続きます。彼は、女性の身体の働きに必要なホルモンを合成する下垂体の管理下にあります。

月経中の痛みの持続期間、量および強度には多くの要因が影響します。

  • ホルモン、
  • 女性の一般的な健康
  • 心理的および感情的な状態
  • 自宅や職場の雰囲気
  • 生態学的状況
  • 悪い習慣、特にアルコールやタバコの影響
  • 不適切な栄養

通常の月1回のパスでは、軽い不快感がありますが、明白な症状はありません。しかし、上記の要因の特定の組み合わせでは、仙骨と下腹部の耐え難い痛み、脱力感、眠気、および体調不良が発生する可能性があります。

毎月のアルコール消費量

女性は月経中に異なる目的でアルコールを飲むことができます。時にはこの期間は単に重要なイベントの祭典と重なることもありますし、月経時の激痛のための麻酔薬としてアルコールを使う女性もいます。いずれにせよアルコールは体に悪影響を及ぼすので、これらの理由のそれぞれは重要ではありません。その期間中にアルコールが女性にどのような影響を与えるか考えてみましょう。

女性が月経中に軽いアルコールやビールを飲んだ場合、それから間違いなくそれは退院の強度を高めるでしょう。アルコールが最初の日ではなく最後から2番目の最後の日に飲まれた場合、月経はさらに1〜2日続くことがあります。

月経が起こると、女性はホルモンの変化によって引き起こされる様々な症状を経験するかもしれません。これは頭​​痛、下腹部や背中の痛みです。これらは神経組織の変化や子宮の筋肉の収縮、健康状態の悪さ、そして胸の腫れによっても引き起こされます。それが他の病理学ではなく、重要な日の症状であると女性が確信しているならば、それからそれはストレスを軽減しそして感情状態を改善するためにワインのコップを飲むことは全く受け入れられます。痛みが非常に強い場合は、アルコールで鈍くしないでください。子宮の病気やその付属物があることを示している可能性があります。アルコールは病気の悪化を隠し、病気を治す瞬間を逃すことがあります。

あなたはアルコールを鎮痛剤と組み合わせることができません、なぜならそれぞれの有機体の反応は異なるかもしれないからです。このような組み合わせは、アレルギー、血圧の上昇または低下、およびその他の影響を引き起こす可能性があります。これについては、後で説明します。

飲酒の影響

アルコールは女性の全身に影響を与えるため、月経中のアルコール摂取の影響は、例外なく、特にその保護機能が著しく低下している間は非常に異なります。アルコールは、重要な日に飲酒されると、女性の体内で次のような病理学および否定的な過程を引き起こす可能性があります。

  • アルコールは血管痙攣を引き起こす可能性があり、それは組織からの体液の放出を妨げるでしょう。その結果、腫れが起こり、血圧が下がり、そして女性の健康は著しく悪化します。
  • 神経インパルスの通過が神経終末に沿って遮断されている間、アルコールは本当に短期間ですが、半時間以内で鈍い痛みです。しかし、アルコールの影響が減ると、痛みはどこにも及ばず偽装するだけなので、女性の状態は劇的に悪化します。
  • 月経中、女性はエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れ、感情的な高値、うつ病、および過敏性を引き起こします。アルコールを飲むと、精神的 - 精神的な不均衡が増すだけです。
  • 月経前症候群の痛みをアルコールで治療すると、これは周期に重大な影響を及ぼす可能性があります。しかし、それは不規則になるかもしれず、その期間は変わります。
  • アルコールには利尿作用があり、月経時には慢性膀胱炎の悪化、あるいは頻繁な痛みを伴う排尿が起こる可能性があるため、アルコールは女性の健康を悪化させるだけです。

いくつかのケースでは、月経中の少量のアルコールの使用でさえ厳しく禁止されています:

  • 豊富で長期間
  • 月経の頻繁な遅れ、
  • 重要日の間の期間の短い期間
  • 尿素の炎症過程
  • 月経中の激しい痛み、その原因は深刻な病気ほど微妙な期間ではあり得ません。

アルコールはあなたの時代にどのように影響します

専門家は、月経中のアルコールが女性の身体に有害であることを疑いません。この問題は専門文献で繰り返し議論されており、多くの研究で確認されていますが、現時点では月経中のアルコール摂取の具体的な許容投与量について信頼できる情報はありません。重要な日にアルコールを使用する女性にアルコールがどのように影響する可能性があるかを検討してください。

  • アルコールが原因で、月経流出の持続時間は2-3日までに増加するかもしれません、
  • 女性がアルコールを飲むことによって月経前症候群によって引き起こされる痛みに対処しようとするならば、数時間から数日の期間の月経の遅れがあるかもしれません、
  • 強アルコールの使用は明らかに出血増加の原因となります。研究によると、通常女性は1回の月経で最大250mlの血液を失いますが、ウォッカ、ブランデーまたは他の強いアルコール飲料で疼痛症候群を取り除こうとした後、失血は600mlに達します。これはかなりの量の血液であり、その損失は女性の幸福に大きく影響します。
  • 月経中に、アルコールのせいで、多くの女性が血圧の急上昇を経験することがあります。アルコールが血管の拡張を引き起こし、その後、特に喫煙タバコと組み合わされると痙攣が起こるためです。アルコール飲料

私たちがワインについて話すならば、スペシャリストの間では意見の相違がまだあります。なぜならそれらは有用であり、失血のために必要でさえあると考える人もいます。実際、月経流出中の女性のホルモンの背景に対する赤ワインの影響のメカニズムは十分に研究されていません。そのため、血液凝固を改善し血管内の血行を回復させるのに役立ちます。乾いた。

アルコール使用規則

女性の体の活動は、カレンダーの休日の日にちには依存しません、それは休日がないので、月経の期間は、ごちそう、そしてもちろん、飲んで祭りの時にあることがしばしば起こります。最良の選択肢はビールと強いアルコールの使用を完全に拒絶することですが、時には女性が少しだけ自分を甘やかしたいと思うこともあります。そのような場合、重要な日の間にアルコールを飲むための以下の規則は考慮に入れられるべきです:

  • 専門家によると、赤ワインは失血後の体の回復に有益な効果がありますが、これはあなたがワインのボトル全体を飲む必要があるという意味ではありません。回復機能を作動させるためには、一晩中、赤ワインのグラス、できればドライまたはセミドライを消費するのに十分です。ワインは少量でしか使えません、あなたは一晩にせいぜい0.15-0.2リットルを飲むことができません、
  • ウィスキー、コニャック、ラム酒、ウォッカの使用は厳しく制限されるべきです。強いアルコール飲料は女性の身体に悪影響を及ぼすからです。また、それらに基づいてカクテルを飲むことはできません、
  • 結腸ループが大きくなると子宮に圧力がかかり、それによって出血が増加する可能性があるため、この期間中はシャンパンを飲んではいけません。
  • 重要な日にビールを飲むことも価値がありません、それは強いアルコール飲料ではありませんが、それは発酵を引き起こします、そして膀胱の不適切な排出によってビールの過度の消費は子宮への圧力と出血の増加を引き起こす
  • パーティーや休暇中は、落ち着いてゆっくりと踊り、過度の身体活動に関連する競技には参加しないでください。
  • たばこを吸う方法はありません。アルコールとタバコの組み合わせは血管壁に悪影響を及ぼし、それが出血の増加につながります。タバコは脳内の血管のけいれんを引き起こし、その結果、中枢神経系の問題を引き起こします。
  • 重要な日にアルコールを飲むとき、女性は排泄システムの仕事を増やし、液体の血液の量を増やすために、追加の大量の水とジュースを飲む必要があります。このような対策は、女性の身体に対するアルコールの影響を減らすのに役立ちます。
  • アルコールを使って飲むときは、赤身の魚、蒸し野菜の入った肉、または野菜サラダを食べる必要があります。つまり、食べ物は軽くてすぐに消化できるはずです。

重要な日の間の行動規範

月経前症候群および月経自体の不快な症状の兆候を軽減するには、婦人科医からいくつかのヒントを実践する必要があります。彼らの勧告は非常に単純で、注意深く遵守することで、月経の始まりに伴う不快感に対処するのに本当に役立ちます。専門家は以下のヒントを提供します。

  • 月経中は、食事療法に従うことが望ましいです。女性は脂肪や辛い食べ物を食べてはいけません、揚げ物やペストリーはお勧めできません。また、便秘や下痢を引き起こすだけでなく、発酵、膨満感、ガス生成の増加を引き起こす可能性のある食品を食事から除外する必要があります。
  • 月経中の失血を補うためには、飲酒法を厳守することが不可欠です。ジュース、純水、または緑茶を使用するのが最善です。何人かの女性が疑問を抱いている、それはビールで水のバランスを回復することは可能である、答えは確かに「いいえ」である。ビールを飲むことは失血を増やすだけで、便に問題を引き起こす可能性があります。
  • 月経中に老廃物の排出に伴う問題が子宮に影響を及ぼし、その結果、出血の増加を引き起こす可能性があるため、糞便や尿の停滞を防ぐことは不可能です。
  • 体を過度に激しい運動にさらさないでください。体を歩いて歩くことができる形に保ち、好きな家事をすることができます。

一部の女性は、アルコールは月経痛や他の重要な日の徴候を和らげることができると考えていますが、これは逆に健康を害する可能性がある誤解です。月経中の著しい疼痛症候群の場合、15〜20%の場合、これは特別な治療を必要とする性的問題を抱えている女性の徴候である可能性があるため、医師に援助を求める必要があります。

この微妙な時代には、女性はアルコール含有量の薬さえも使用すべきではなく、アルコール飲料のようなものも使用すべきではありません。失血を回復するために、あなたは赤ワインのコップを飲むことができます、しかし、それらの終了後2-3日以内に。女性が月経の開始時に食事、飲酒およびその他の生活の側面に関して物議を醸す質問をするならば、アドバイスは女性の相談の専門家に尋ねるほうがよいです。

Pin
Send
Share
Send
Send