健康

更年期障害のアンジェリカ錠

Pin
Send
Share
Send
Send


更年期はホルモン障害を伴ういくつかの段階を含みます。これは日常生活を妨げる多くの不快な症状の発生を引き起こします。更年期障害のためのAngelique薬は、更年期の流れを滑らかにするホルモンのレベルを上げるのを助けます。禁忌や副作用があるので、使用する前に医師に相談してください。

薬理学的性質

薬の独特の組成による薬の治療効果。ステロイドは体内の同じホルモンの欠如を補うホルモンのエストロゲンが含まれています。これにより、閉経時に次のような良い結果を得ることができます。

  1. 神経系の感度の低下、気分の改善、急激な変化はありません。
  2. 血圧の正常化、睡眠改善。
  3. 膣内の微生物叢の回復、かゆみおよび刺激の軽減
  4. カルシウム分子が保存されているため、骨から浸出して骨のゆるみを生じることはありません。
  5. 視力の質の向上
  6. 食欲の正常化、飢餓の発作感覚の欠如。
  7. 潮の出現を抑え、発汗を抑えます。

これらの症状はすべて、急性のエストロゲン欠乏症を背景にして女性の身体に発生します。急性のエストロゲン欠乏症は、薬Angeliqueの助けを借りて排除されます。

錠剤が消化管に入った後、その吸収が始まります。代謝は肝臓で起こり、その後ホルモンは血流に入り、女性の状態を正常化します。

ドロスピレノンは耐糖能に影響を与えないので、糖尿病の存在下で処方することができます。この薬は有害なコレステロールの合成を減らし、血管アテローム性動脈硬化症の発症を予防することが証明されています。

構成とリリースフォーム

ドイツ薬はプラスチック包装で包装された錠剤の形で生産されます。 1パックあたり合計28個の錠剤。これは1コースの入場用に設計されています。各タブレットには、サイクルの特定の日に使いやすいように番号が付けられています。

構造は次のとおりです。

  • エストラジオール - 1 mg、
  • ドロスピレノン - 2 mg。

錠剤の品質の維持に寄与する補助物質:コーンスターチ、ステアリン酸マグネシウム、酸化鉄。

閉経中、アンジェリカはどのように見えますか?

錠剤は、活性成分の全投与量が0.25 mgに減量されているAngelique microの形態で製造される。ホルモンの変動がわずかな女性に適しています。

錠剤はピンクと丸いです。一方ではリスクがあり、他方では「DL」という碑文があります。

閉経期に使用する適応症

Angelicaはホルモンレベルの正常化に効果的に対処します。閉経中の使用の目安は次のとおりです。

  • 膣の乾燥および刺激
  • 潮汐
  • 過度の発汗
  • 女性の体の特徴ではなく、体に不要な髪の毛が見られる、
  • 睡眠障害は、長期の不眠症を背景にして、一定の眠気が発症する、
  • 神経過敏、頻繁な気分変動、過敏性、
  • 動悸、頻脈、不整脈、
  • 頻繁な緊張性頭痛、片頭痛、
  • 性的欲求の欠如

この薬は筋肉や関節の痛みの存在下で有効であり、それは細胞レベルでの代謝過程の障害と末梢神経系の興奮性の増加に関連しています。

Angeliqueは失禁を減らすのを助けます。ステロイド薬は閉経後期に主な治療の補助として使用することができます。

この薬は、骨折を起こしやすい女性に適応されます。これは、エストロゲンの欠乏による密度の低下を背景とした骨組織の病理学的変化に関連しています。アンジェリカは肌の状態に良い効果をもたらし、弾力と弾力を与えます。これは、皮膚状態の原因となるエラスチンおよびコラーゲンの天然産生の活性化のために可能である。しわが目立たなくなり、肌がより張りつくようになります。

Angeliqueは活動的な減量を促進します

薬に含まれているドロスピレノンは時期尚早の脱毛と脱毛症の発症を防ぎます。ホルモン障害によって引き起こされる皮膚病を発症するリスクを減らします。

ステロイドは体内の水分の滞留を防ぎますので、腫れや高血圧の危険性が減少します。彼は肥満患者に処方されています。この薬は活発な体重減少と血圧低下に寄与することが証明されています。

薬の自然さと体が作り出すそれらのホルモンとの構成の最大の類似性は、それを適切な摂取量で安全かつ無害にします。

使用方法と投与量

薬は1日1錠、できれば朝に摂取します。パッケージの終了後、必要に応じて、治療を続け、新しいパックに行きます。

錠剤は噛まずに飲み込み、少量の水を飲みます。同時にピルを使用する必要があり、それは体が代謝過程を適応させそして正常化することを可能にする。

新しいパックの最初のタブレットは、古いパックの最後のタブレットが使用されるのと同じ日に撮影されます。ピルが間に合わなかった場合は、できるだけ早くそれを修正する必要があります。 24時間を超えて投薬にギャップがあると、膣からの出血が起こることがあり、矯正と医師による観察が必要です。

更年期障害のAngeliqueは1日1錠を服用します

以前にパスがあった場合、2または3錠を服用する必要はありません。これは助けにはならないが、むしろ多くの有害反応の発生を誘発する。

薬は、医師が体内のエストロゲンの急性不足を記録した後にのみ服用を開始します。これはホルモンの血液検査の助けを借りて可能です。外部症状および更年期の症状は、ホルモン療法の予約を示唆するものではありません。

副作用

多くの場合、薬が医師の予約なしに女性に服用された場合や個人の不耐症がある場合に副作用が発生します。それはかもしれません:

  • 出血の発生
  • 膣分泌物の性質を変える
  • 月経前の症状と同様に、下腹部および乳腺の痛み
  • 吐き気と嘔吐、胃の中の不快感、増加したガスの形成、
  • 不安が高まり、睡眠障害、
  • 激しい頭痛
  • 疲労感
  • けいれん。

個々の不耐性の存在下では、アレルギー反応が発生する可能性があり、これは皮膚の発疹の出現、粘膜の腫脹、呼吸困難、涙の増加、急速な心拍を特徴とする。まれに、アナフィラキシーショックと血管浮腫を引き起こします。これには高用量の薬物が先行します。

アレルギー反応の場合には、薬は中止され、対症療法を提供します。

推奨された投与量に従わないことは肝臓に有害であり、その細胞は代謝の過程に関与しています。黄疸が発生する可能性があります。

薬物相互作用

集中的に弛緩する筋弛緩薬と同時にステロイドを長期間使用すると、ホルモン補充療法の治療効果が低下します。

Angelicaとペニシリン系抗生物質を同時に使用することは、両方の薬の効果が低下するためお勧めできません。

パラセタモールおよびいくつかの非ステロイド系抗炎症薬は、エストラジオールのバイオアベイラビリティーを高める可能性があります。これは血中のホルモン濃度を増加させ、それは多くの有害反応の発生を伴う。

禁忌

薬はそのような状況では使用されません。

  1. 原因不明の病因の膣出血があるとき、彼らは最初に診断をして、そして次にホルモン補充療法の必要性を決定します。
  2. 体内の腫瘍プロセス(悪性)が発症し、それはホルモンの増加の影響を受けて活性化され全身に広がることがあります。
  3. 体内にはホルモン依存性の腫瘍があります。
  4. 感染症 - 炎症過程が進行しており、それは複雑な治療を必要とする。
  5. 肝臓内の腫瘍の存在(癌を含む)、腎臓病理学、急性型で発生する。
  6. 重症肝疾患の歴史
  7. 脳卒中および血管梗塞の素因、アテローム性動脈硬化症、血液健康機能および心血管系の問題。
  8. 妊娠と授乳
  9. 遺伝病の存在
  10. 薬物に対する個人の不耐性とアレルギー反応を起こす傾向。

細心の注意を払って、薬は脳卒中後の患者に処方されています。副作用の発生に伴い、これについて主治医に通知し、他の薬を選択する必要があります。

正当な理由なしにタブレットAngelicaを使用することは固く禁じられています。臨床検査のデータに基づいて、ステロイド剤のみ医師を任命します。自己投薬は、女性の将来の健康に影響を与える意図しない結果につながる可能性があります。

薬力学

薬アンジェリカは、エストロゲンを含むホルモン薬を指します - エストラジオール そして ドロスピレノンから派生 スピロノラクトン。閉経後障害のある閉経後の女性におけるホルモン補充療法(HRT)を目的としています 発汗, 潮汐、気分の低下、睡眠障害、過敏性、 心臓痛、性欲の減少、尿路の退行性変化)そして、フェーズまたは周期的HRT中の定期的な禁断出血を避けることを可能にします。

エストラジオール - 赤字の効果的な補充を提供する エストロゲン 閉経後の女性の身体に、自律神経症状および精神感情症状を軽減します。 更年期. エストラジオール 欠乏による骨量減少を効果的に防ぐ エストロゲン そして破骨細胞機能の抑制および骨破壊過程の激化によって明らかにされた。閉経後のHRTの長期使用は末梢骨折のリスクを軽減します。 HRTはコンテンツに有益な効果をもたらします コラーゲン 皮膚には、その密度としわの形成を遅くします。

ドロスピレノン - 抗ミネラルコルチコイド作用があり、体重の増加、血圧の上昇、浮腫の出現、体液貯留に関連する他の症状を防ぐナトリウムと水の排泄率を高めます。 ドロスピレノン エストロゲン、アンドロゲン、グルココルチコステロイド活性はありません。抗アンドロゲン作用と抗ミネラルコルチコイド作用の組み合わせ ドロスピレノン 自然に似た薬理学的プロファイル プロゲステロン.

Angeliqueを受け取ると全体的なレベルが下がります コレステロール とLDL(リポタンパク質 低密度)と濃度 トリグリセリド。抗アンドロゲン作用のおかげでAngelique ドロスピレノンアンドロゲン依存性疾患(アンドロゲン性脱毛症, にきび, 脂漏症).

薬物動態

エストラジオール - 消化管で完全かつ急速に吸収されます。食物摂取量はその生物学的利用能に影響しません。初回通過中 エストラジオール 肝臓を通してそれは活発に代謝されます カテコールエストロゲン, エストロン, グルクロニド抱合体軽度のエストロゲン様作用を持たない、または持たない。代謝物は、24時間の半減期で腸や腎臓を通して排泄されます。

ドロスピレノン - 消化管に完全に吸収されています。約76〜85%のバイオアベイラビリティ。食物摂取量はその生物学的利用能に影響しません。それのほとんどは代謝産物の形で腸や腎臓を通して排泄されます。

レベル エストラジオール そして エストロン 元の値にアンジェリークを取る過程の終わりの後に5日以内に戻った。

アンジェリーク、使用説明書(方法と投与量)

アンジェリカ錠は1日1錠、液体を絞って経口摂取しました。一日のうちに薬を飲んでください。ピルを忘れた場合は、できるだけ早く服用する必要があります。通常の服用時間から1日以上経過している場合は、追加のピルを服用する必要はありません。いくつかの錠剤を紛失した場合には、膣からの出血の危険があります。別の併用薬からアンジェリークに切り替える場合、治療はいつでも始められます。周期的HRTレジメンのための併用薬の服用から移行の場合、Angelicは現在の治療サイクルの終了後に服用されるべきです。

インタラクション

現時点で患者が服用している薬について医師に知らせることは必須です。

治療薬とアンジェリカの合同レセプションで C型肝炎 そして HIV 臨床的に有意な濃度の増減が観察されることがある プロゲスチン そして エストロゲン.

アンジェリークを服用中にアルコール飲料を乱用すると、循環血中濃度が上昇する可能性があります。 エストラジオール.

降圧療法を受けているアンジェリーク患者の降圧効果を高める可能性があります。

体に対する天使のような行動

閉経にアンジェリークを使用している女性には、そのような改善があります:

  • 骨の破壊的なプロセスは停止します。怪我、亀裂、転位の可能性が減少します。しかし、すでに骨粗鬆症に罹患している人にとっては、骨は元の状態に復元されていないので、骨格組織を復元する薬が示されています。
  • 卵巣および副腎の機能は、閉経前の時期にある患者では改善されています。否定的な症状が弱まるか解消され、血行が回復し、関節、筋肉が痛くなくなり、睡眠が正常化します。女性は、のぼせ、頭痛、めまい、発汗、熱感に苦しみません。
  • その前に月経出血または出血があった場合、それらの強度は減少し、痛みは減少します。
  • 浮腫が減少し、心臓の律動が正常化し、血管ジストニアの他の症状が弱まる。
  • 神経系の状態が改善し、女性は落ち着き、イライラせず、不安を感じなくなり、パニックに陥り、憂うつな思いをするようになります。
  • 性欲レベルが回復し、燃焼および乾燥によって引き起こされる生殖器領域の不快な感覚が排除されます。性的行為は痛みや不快感を伴うことはありません。薄くなった上皮層の再生が起こります。
  • 膀胱の筋肉層を強化します。失禁の問題が解消され、感染症のリスクが軽減されます。
  • 肌が乾燥しにくくなり、弾力が強くなり、発疹の症状が軽減されます。アンジェリカに含まれるエストリオールのおかげで、深いしわが軽減されます。
  • 胸部の痛みや腫れがなくなるか弱くなります。
  • 体重増加と脂肪蓄積のプロセスが遅くなります。
  • 正常化された血圧、コレステロール斑は溶解し、もはや新しいものを形成しません。
  • 子宮の粘膜が過度に増殖する可能性が減少し、腫瘍学のリスクおよび良性腫瘍の形成が減少する。
  • 髪と頭皮の状態を改善します。髪の毛が抜けにくくなり、発疹や脂漏が消えます。

作用の構成とメカニズム

Angeliqueは2つの有効成分による閉経を助けます:17β-エストラジオールとドロスピレノン。最初の成分は生殖器官によって合成されるエストラジオールの人工的なアナログです、2番目は排卵を抑制するプロゲスチンホルモンです。エストラジオール - 最強で最も重要な女性の性ホルモン。それは女性の生殖器系、下垂体および視床下部の正常な機能を確実にします。それから骨組織の状態によります。

コンポーネントの説明

エストラジオールの関与により、代謝過程が起こり、それにはインスリン産生の強度およびグルコース分割が左右される。心血管系の活動もこのホルモンなしではしません。彼のおかげで、血管の壁は強くて弾力性があり、心筋は時期尚早の摩耗にさらされていません。さらに、骨密度は体内のエストラジオールの量に直接依存します。

ドロスピレノンはプロゲステロン様物質です。主な行動指針:

  • 反ゴナドトロピック
  • プロゲスチン、
  • 抗アンドロゲン性、
  • 抗ミネラルコルチコイド。

ドロスピレノンは、水と塩のバランス、乳腺の状態、そして男性ホルモンの徴候の原因です。彼のおかげで、女性は体重を増やすのをやめ、彼女の髪の毛はより少なく落ちる。エストラジオールとプロゲステロン様成分の組み合わせは、1つのエストロゲンを摂取するのとは対照的に、バランスの取れた効果をもたらします。この原則の薬の使用が癌、筋腫、嚢胞症、子宮内膜症に対して保護することは重要です。

体からの排泄

Эстрадиол хорошо всасывается в желудочно-кишечном тракте. 代謝の過程で、硫酸エストロン、エストリオールおよびエストロンが形成されます - 女性ホルモン。有効成分は、腸や他の臓器の機能、そして筋肉組織の状態に有益な効果をもたらします。薬を服用してから28時間後に、5%のバイオアベイラビリティーが認められました。最大有効性に必要とされる濃度は、治療開始後5日で達成される。崩壊生成物は消化管と腎臓を通して自然に由来します。

ドロスピレノンのバイオアベイラビリティは薬を飲んで数時間後に70-80%です。構成要素は構成要素に分解され、自然に体から離れます。体内の最大濃度は、治療5日目に認められます。

製品の組成に含まれる補助物質

  • ポビドン、
  • 糊化した普通のコーンスターチ
  • 鉄、
  • マグネシウム、
  • マグネシウム塩とステアリン酸
  • ラクトース一水和物。

使用のための機能と指示

更年期障害の薬アンジェリークの使用は生殖器系の機能の絶滅の期間の不均衡の特徴を排除することを可能にします。

閉経期の開始は、エストロゲン産生の減少を伴う。この目的のために、ホルモン含有剤を使用してください。女性がエストロゲンだけでなくプロゲステロン様物質も含む薬を服用すれば、結果は達成されます。この機能にはAngelic Microがあります。

閉経期に特徴的な症状、アンジェリカを排除するのに役立ちます:

  • 疲労、無関心、脱力、
  • 過敏性、涙、気分のむら、
  • 発汗、暑さ、ほてり、
  • 不整脈、圧力低下、
  • 温度の増減
  • 肌、髪の毛、骨の劣化
  • 生殖器官のジストロフィー
  • 月経周期の時期尚早の終了。

リリースの形式と申請書

Angelicaは殻の中に錠剤の形で作られていて、外側は黄色、内側は白です。丸薬は、両凸です。他の形態の薬物の放出は行われない。

錠剤は医師の指示に従って飲んでください。以前は、禁忌と制限の一覧にある疾患を特定するために検査を受けていました。これらが見つからない場合は、治療計画を処方してください。入院前に、他のホルモン剤を使用した治療コースを修了する必要があります。

1つのパッケージに28錠があります、彼らは噛むことも溶解もすることなく、1日に1個飲む必要がある。閉経のためのAngelicaの使用は同時にあるべきです。飲み込んだ錠剤を十分な水で飲む。万が一、女性がピルを飲むのを忘れた場合は、できるだけ早くピルを飲むか、次のレセプションを待つ必要があります。これは出血を引き起こす可能性があるので、1日に1錠以上飲むことはできません。

誰が薬アンジェリカを飲んではいけない

女性に少なくとも1つの禁忌がある場合、ホルモン含有薬の使用は許可されていません。薬アンジェリークの使用に対する一時的な(相対的な)禁忌もいくつかあります。

  • 老人性痴呆
  • 高トリグリセリド
  • 原因不明の病因の出血
  • ビリルビン値の上昇
  • 胆汁うっ滞性黄疸、
  • ふくれっ面。

アンジェリカは、利尿薬を服用している女性、血液の粘性を高め心不全​​を予防する薬、カリウムを含む薬に処方されていません。

Angelique Microに関する医者レビュー

Angeliqueと人工ホルモンを含む他の薬とを比較すれば、その高い有効性を評価することができます。禁忌が完全に排除されたことで、代替治療を受けている女性の95%に改善が見られました。

医者はHRTについて別様に話します。望まれない反応によって引き起こされる害が利益よりも大きいと考える人もいます。他の人たちは、それぞれのケースが個別であると考えています、そして、医療方法を選ぶとき、それは患者の健康に関するデータによって導かれるべきです。一般的に、医師の肯定的なレビュー。

ホルモン薬が不足していることは、それらがすぐには作用しないという事実にもあり、体内のエストロゲンとプロゲステロンのバランスがあまりにも早く変化します。薬の成分のレベルが低すぎるか、逆に高すぎるという状況があるかもしれません。投与量を時間通りに調整できるようにするためには、常に患者の状態を監視する必要があります。実際には、これを実行するのは難しいです、それで女性はしばしばホルモン薬の副作用について不満を言います。

薬の特徴

アンジェリカ錠は、閉経抑制作用を持つホルモン剤です。彼らは女性の性ホルモンの在庫を補充します。そして、それは更年期の間、性腺機能低下症または去勢の間に枯渇します。

この薬は、閉経中の心理的、感情的、身体的および自律神経障害の兆候を防ぎます。脂肪の代謝を正常化し、血中のコレステロール量を減らします。

薬剤の有効成分は、エストラジオール(半水和物の形態)およびドロスピレノン(プロゲストゲン基)である。 最初の物質は更年期障害の不快な症状を和らげ、また更年期後の骨粗鬆症の優れた予防手段です。

ドロスピレノンは浮腫、体液貯留および胸痛の出現を予防します。薬の組成はまた、活性物質の効果を高め、女性に複雑な効果をもたらす多くの補助成分を含みます。

Drug Angelicaは腫れを和らげます

ピルの原理

この薬は、更年期やその後のホルモン療法のために特別に作られた複合的な道具です。 Angelicaはまた規定されています:

  • 身体活動の減少
  • 卵巣の機能不全
  • 去勢。

薬はこれらの症状に対処するのに役立ちます:

  • 過度の発汗
  • 潮汐
  • 頻繁な気分の変化
  • 眠れない
  • 過敏性、
  • 泌尿生殖器系その他に関する問題。

薬の複雑な作用により、女性は改善を感じ、自信が高まり、この困難な時期を乗り越えるのが簡単になります。

アンジェリカは閉経後に骨折が頻発するのを防ぐためにも処方されています。丸薬は完全に女性の骨量を回復することはできませんが、彼らはこの段階で彼女の損失を減らすことができます。

ホルモンの広いスペクトルのために、Angelicaはにきび、脂漏、男性型脱毛および過剰なアンドロゲン(男性の性ホルモン)があるとき起こる他の病理学の徴候から救います。

薬の使用は更年期障害の主な症状を取り除くでしょう

薬アンジェリカを飲む方法

更年期障害の症状を緩和するために使用されるすべてのホルモン剤は特別なレジメンを持っています。製造業者は28個のブリスターでアンジェリカ薬を製造しています。このパッケージは、28日の月経周期で計算されます。

女性は1日1錠を服用しなければなりません。受付は他の薬の受付と変わりません。タブレットを噛んではいけません。少量の水を飲むだけで十分です(煮ることもできます)。薬を服用することは食物の使用には依存しません。

医者は同じ時間帯にAngelikを飲むことを勧めます。これは重要ではありませんが、そのようなスケジュールは女性の体がより早く薬に慣れるのを助け、システムと器官の働きを改善するでしょう。

製造業者は、患者が別のピルを飲むことを忘れないようにしました:ブリスターでは、各タブレットは曜日に対応しています。あなたが薬を飲むのを忘れた場合でも、あなたはすぐにそれをする必要があります。時には女性が1日以上薬を覚えていることがあります。そのような場合は、飲酒していない錠剤を飛ばして服用を続ける必要があります。

患者さんが数個のピルを飲まないと、出血することがあります。このような場合は、医師に相談してください。合併症はまれですが、突然このような薬の服用を中止することはできません。

28錠を無事服用した後は、休憩なしで次のAngelicaパックを飲んでください。患者がエストロゲンと一緒に薬を飲み始めたり、同様の継続的な行動で他の薬を飲んだりしたら、すぐにAngelicaで治療を始めることができます。

周期的な薬物の作用で治療が行われている女性は、毎月の出血が終わるまで待たなければなりません。その後、あなたはアンジェリカ錠で治療を続けることができます。

Angelicaは周期的に服用する必要があります。

過剰摂取と副作用

丸薬の一日の投与量が数回通常の割合を超えた場合、これは深刻な副作用につながることはありません。実験室研究は人体がタブレットの一部であるホルモンの高線量を移すことができることを示した。過量摂取の主な症状は次のとおりです。

  • 吐き気と嘔吐
  • 膣出血。

そのような場合、あなたは医者に相談して何の服用量を服用したかを示す必要があります。結果は徴候を除去することによって扱われる。

アンジェリカ錠はホルモン薬です。彼らの構成は、女性の多くの臓器やシステムに影響を与えます。どのような反応も治療作用に対する身体の正常な反応です。

すべての女性が個別に持続する適応期には、生殖管からの出血が起こることがあります。したがって、生殖器系は薬に反応します。しばらくしてもこの症状が消えない場合は、婦人科専門医に連絡する必要があります。

女性の生殖器系は、乳房の痛み、増悪、またはこれらの臓器の病気の再発を伴うホルモン療法に反応することがあります。多くの場合、腺内に新しい形成(悪性または良性)があり、それには治療過程の見直しが必要です。

アンジェリカ錠を骨盤内臓器と一緒に服用している間も変化が起こります。何人かの女性は子宮の形成(子宮筋腫)、子宮頸部および生殖器の他の部分の出現について不平を言いました。

経口経路のために、それは胃と腸に影響を及ぼします。患者はしばしば腹痛、鼓脹、吐き気を訴えた。これらの症状は食欲不振を招き、体重減少をもたらします。何人かの女性では、丸薬は異なった働きをしました:食欲の増加のために体重の増加がありました。

医師はまた、神経系に起こりうる障害について患者に警告する必要があります。それらは頻繁な頭痛、精神障害(うつ病、急激な気分変動、緊張)およびその他の症状によって現れます。

女性の体がどのように薬に反応するのかはわかっていません。すべてが非常に個性的です。閉経中にアンジェリカを服用し始めたことによる病理学的状態のリストは、そのような逸脱で補完することができます。

  • 性欲減退
  • 頻繁なめまい、
  • 血管の問題(血栓症、静脈瘤など)
  • 片頭痛、
  • 肌や髪の病理
  • 生殖器系の癌性腫瘍の発生
  • 耳(耳)などに鳴り響く。

ホルモン薬を服用している間に何らかの新しい症状が現れることは、婦人科医にさらなる訴求の理由となるはずです。彼はこの道具でさらに治療の可能性を再考するべきです。

薬を処方する前に、医師は患者にその副作用について話します。

薬を飲まない場合

アンジェリカ薬は避妊薬として使用されていません。妊娠中や授乳中の女性を連れて行くことも禁じられています。 妊娠の疑いが確認された場合、そのピルは禁止されています。

これらは錠剤の使用に対する主な禁忌です。しかし医者はまた患者が持っていればそれらを規定しません:

  1. 病因不明の生殖管からの出血。
  2. 乳房の腫瘍性疾患とその後の期間
  3. ホルモン依存性腫瘍(悪性)の疑いまたは存在。
  4. 肝臓や腎臓への深刻な侵害。
  5. 心臓発作や脳卒中の後の期間。
  6. 血管内の血栓の外観。
  7. 薬物の構成部分および他の病理学的状態に対するアレルギー。

高血圧、子宮内膜症、子宮筋腫、てんかん、気管支喘息、または真性糖尿病の患者は、医師の厳密な監督下で服用されます。

乳房腫瘍 - 薬を服用するための禁忌

Pin
Send
Share
Send
Send