健康

月経前の吐き気

Pin
Send
Share
Send
Send


月経前の病気はなぜですか?この現象の理由はこの記事で説明します。

月経周期の開始直前に吐き気を経験する女性もいます。これは非常に一般的な現象であり、原則として健康上の問題があることを示すものではありません。新しいサイクルの前の吐き気は、けいれんの存在や月経前症候群を含む多くの要因によって引き起こされる可能性があります。急性症状が観察された場合、これは子宮内膜症などの隠れた病状の存在を示している可能性があります。 PMSは月経前の悪心の主な原因です。女性の20〜50%が月経発症の10日前にPMS症状を経験しています。

だから、月経前は吐き気がする。これの理由は異なるかもしれません。

これは正常ですか?

吐き気に加えて、PMSの症状には疲労感やめまいを伴う頭痛が含まれます。月経前の吐き気はかなり一般的な症状であり、重要なことに、逸脱とは見なされません。吐き気感は月経に定期的に伴うことがあります。しかし、月経前症候群の性質に突然の変化があると、患者の健康状態に問題があることが示唆されることがあります。次の場合、女性は医者に相談するべきです。

  • 初めての月経直前に吐き気を感じる。
  • 頻繁に嘔吐するため、食べ物を保持できず、体重が減少します。
  • 定期的に脱水症に直面していました。
  • 嘔吐、数日間で悪化している。

なぜ女性は病気ですか?

多くの場合、女性は月経前に気分が悪くなります。この病理学の理由は医者によって確立されるべきです。

吐き気は、すでに述べたように、月経前症候群の結果になることがよくあります。確かに、この症状には他の理由があるかもしれません。これに関連して、彼女が自分自身の標準的でない何かを観察している場合、または吐き気があなたが快適にあなたの日常活動をすることを許さない場合、医師が話すことは非常に重要です。さらに、月経が始まる前の吐き気の原因について詳しく説明しましょう。

悪心の原因の1つとして月経前症候群

月経前に病気になったとき、原因はしばしば月経前症候群です。

女性はまた、しばしば頭痛、めまい、疲労、下痢、腹部のけいれんなどの他のPMS症状を経験します。科学者は、PMSの原因が何であるのか、また、どのような理由でこの症候群に直面しているのか、そうでないのかを正確に知りません。多くの女性は月経前に頭痛と吐き気を持っています。

その理由は以下の通りです。

  • セロトニン濃度の影響セロトニンは、気分に直接関係する脳内の化学物質です。月経の開始直前にセロトニンのレベルが減少するといういくつかの証拠があります。低セロトニンは、不安や他の症状とともに鬱病を引き起こします。
  • 栄養欠乏の影響カルシウム、マグネシウムの不適切な使用は、PMSの経過に影響を与えます。
  • 内分泌疾患の影響内分泌系はホルモンレベルを調節します。糖尿病、甲状腺疾患、多嚢胞症候群または他の病理に関連する問題は、PMSを悪化させる可能性があります。
  • ホルモン変化の存在排卵直後のエストロゲンとプロゲステロンのレベルは、これらのホルモンが受胎において重要な役割を果たすので、高く上昇します。月経が始まると、エストロゲンとプロゲステロンのレベルが下がります。 PMSを患っている女性は通常吐き気を経験します。ホルモンはケミカルメッセンジャーであり、これに関連して異なる身体系の協調的な働きを確実にし、ホルモンレベルの変化は女性の身体が多くの重要なプロセスにどのように反応するかに影響を及ぼす可能性があります。
  • 遺伝学の影響科学がPMSと関連するであろう特定の遺伝子をまだ発見していないという事実にもかかわらず、すべてがこの症候群が同様に遺伝によって伝播されることができることを示します。

研究成果

昨年、韓国の科学者たちは100人以上の女性が参加した研究の結果を発表しました。麻酔下で悪性乳房腫瘍を摘出する手術を受けました。その結果、月経と吐き気の間に直接の関連が見られました。女性ボランティアのうち、術後悪心を経験した女性は、月経周期の初めに近い段階で外科手術中に女性を経験する頻度が高かった。

通常、その週の月経前に病気です。原因は不快気分障害です。

周期が始まる前に吐き気を引き起こす可能性のある疾患:子宮内膜症

月経前の病気や下腹部の痛みはなぜですか?

子宮内膜症は、正常状態では子宮の内面を覆う組織がこの女性器官の外側に現れるという事実によって特徴付けられる。子宮内膜インプラントは、卵巣内、さらには卵管や他の多くの臓器内の医師によって検出されます。

子宮内膜症を患っているが、その症状に直面していない女性もいます。他の人はこの病気は非常に枯渇している。子宮内膜症は月経中の激しい出血と共に激しい痛みを引き起こすことがあり、時には血液が口から出ることさえあります。さらに、子宮内膜症は女性の不妊の主な原因であり、この状態がいかにして出生率の低下と関連しているのかは依然として不明である。

科学者の研究は、胃や消化器系の他の要素に関する問題がしばしば子宮内膜症の患者を邪魔することを示しました。研究中、この病気の患者の85%が、最近何らかの消化不良を起こしたと報告しました。吐き気に加えて、女性は、ガス、鼓脹、胃痛および便秘を訴えた。

月経前や腰が痛む前に、なぜ他に気分が悪くなるのでしょうか。

妊娠の影響

吐き気と嘔吐は妊娠の初期の症状です。この症状は、女性が次の月周期をスキップする直前に現れることがあります。卵子を子宮に移植した直後に、身体は絨毛性ゴナドトロピン(すなわちhCG)を産生し始める。この物質は、朝の吐き気の発生に影響を与える可能性があります。彼のおかげで、彼はすぐに家の中で妊娠の始まりを判断することができます。

月経前やその間になぜ病気になるのか、多くの人にとって興味深いことです。

悪心要因としての病気と感染

月経中に観察されるすべての症状が月経に関連するとは限りません。食中毒、胃ウイルス、食物過敏症および他の多くの健康上の問題も吐き気を引き起こし、この間女性を不安にさせます。

女性が月経周期の前に初めて吐き気を経験する場合、女性は感染症を伴う潜在的な病気にかかっているかもしれません。これは、この症状が急性の形で現れ、激しい胃痛と嘔吐を伴う場合に特に当てはまります。

月経前に病気だったら、どうすればいいですか?

どのようにして月経前の悪心から身を守ることができますか?

その場合、月経周期の開始前に女性がしばしば吐き気に直面する場合、彼女はこれを医師と話し合うべきです。患者がこれらの日の前に吐き気の感覚について定期的に心配しているならば、それから彼女はまた婦人科医にあらゆる種類の潜在的な病気について話す必要があります。推奨される治療法は吐き気の原因によって異なります。吐き気の小さな発作の発生を減らすことができる戦略の中には以下が含まれます:

  • "Gravola"や "Ptobysmola"などの特別な薬の使用。
  • 日記の助けを借りての食料管理の実施。時々悪心を引き起こす食物を特定するのを助けます。

医者はまた次を推薦するかもしれません:

  • 経口避妊薬の使用は、正常なホルモンレベルをもたらします。これらは子宮内膜症やPMSの存在を背景にして処方されることもあります。
  • 子宮外にある子宮内膜インプラントを取り除く手術。
  • 抗うつ薬、特に選択的セロトニン再取り込み阻害薬を使用すると、ホルモンのレベルを正常化し、さらにPMSの症状を軽減することができます。

結論

したがって、結論として、吐き気が月経前症候群の一般的な症状であることは注目に値します。ほとんどの患者にとって、月経周期前の吐き気の現象は、処方箋のない薬や食物を誘発することの拒絶の助けを借りて完全にコントロールできる状態です。

確かに、女性の状態が保守的な戦略を用いても改善しない場合、そしてそれが彼女の通常の生活活動を妨げる場合も、この質問は医師と話し合うべきです。資格のある医師との緊密な協力のもと、女性は月経前に気分が悪くなったときに効果的な治療計画を立てることができます。

レビューによると、最も一般的な原因はPMSです。

レビューでは、多くの女性は月経周期の開始直前に、彼らは定期的に吐き気感を経験していることを訴えます。女性が書いているように、まず第一にあなたの医者とこの問題について話し合い、この症状の出現が女性の健康にとって危険な病気の発生の合図かどうかを調べるのが最善です。

一部の患者の報告によると、誰もが吐き気に耐えることができず、同時に下腹部と腰に痛みを引きずることができないため、彼らはこの症状を取り除くために特別な薬を処方できるように医師に行かなければならないことがあります。

実習が示すように、ほとんどの場合、月経期間の前の期間におけるそのような徴候は非常に正常であり、女性の身体の特殊性と関連しています。しかし、他の女性は子宮内膜症のような病気の有害な影響について書き、間接的に月経前に吐き気を引き起こすことがあるのはこの病気であると報告しています。

月経前に重度の病気になったときにどうするかを検討しました。この状態の原因について詳しく説明します。

吐き気の原因

上記のように、月経前の重度の病気はPMSが原因である可能性があります。

過度の不安、過敏性、疲労、脱力感、頭の痛み、腹部の失神および痛みが、この症状と関連していることがよくあります。

しかし、これらが悪心の唯一の原因ではありません。医師は、食道の痙攣を引き起こすいくつかの他の要因を特定します。彼らは:

  1. 周期の第2期間に起こるホルモンのリストラ。ここでは、エストロゲン、プロゲステロン、プロスタグランジンおよびセロトニンが女性の健康に関与しています。
  2. 妊娠女の子が月経前に彼女が病気であるという事実にこれまで遭遇したことがないならば、この症状の出現はしばしば妊娠の開始を示します。そのような短時間の超音波は、たとえその女の子がしばしば吐き気があるとしても、興味深い位置を示さないことは注目に値する。胎児が形成され始め、その臓器が成長し、そして神経系が置かれるのは初期の時期にあるということを覚えておくことは非常に重要です。したがって、女性は喫煙、アルコールの摂取、胎児に害を及ぼす可能性のある薬の摂取はできません。さらに、それは流産を引き起こす可能性があるため、肉体的にも道徳的にも体に過度の負担をかけることは禁じられています。適時に妊娠を疑っている女の子は、健康にもっと気を配るようになります。
  3. 食中毒、アレルギー、身体的疲労、過度の感情 - 生殖器系に属さない悪心の原因。
  4. 内分泌病理月経の1週間前に起こる吐き気は、これらの疾患の背景に対して明らかにされている甲状腺疾患およびホルモン破壊によって引き起こされる可能性があります。
    ダムは、プロゲステロンを抑制することができるプロスタグランジンホルモンが体内に過剰に含まれているため、しばしば吐き気があります。
  5. 消化管の病気月経前に起こる吐き気は妊娠やPMSではなく、消化管の病理学的プロセスを示すことが起こります。慢性胃炎、膵炎、または胆嚢炎の悪化は月経の1週間前に吐き気がすることがあります。
    なぜこれが起こるのですか?すべての欠点はホルモンの変化による免疫系の弱体化かもしれません。月経前夜に悪化する疾患は、それらの後に「眠りに落ちる」ことがあります。
  6. 月経困難症。統計によると、女性の約70%が月経前に吐き気を経験しています。月経困難症は、若い女性に見られることが多く、重要な日が始まる前にその状態が著しく悪化します。

吐き気に加えて、女の子は過度の発汗、めまい、睡眠障害、腹部の痛み、鼠径部および背中に苦しんでいます。

月経困難症は、月経がまだ完全に安定しておらず、1。5年未満続く若い女性に現れる。月経困難症はしばしばストレスの多い状況、神経症および長期の鬱状態を誘発する。

過食症または拒食症と診断された女の子では、月経困難症が定期的に発生します。したがって、彼らはなぜ彼らがICPを持っているのか疑問に思う必要はありません。

問題となっている状態は、絶え間ないスポーツトレーニングや職場での多くの体重の増加を背景にしているのかもしれません。それほど一般的ではないが、月経困難症は子宮内膜症の発症を示す。

  • 避妊薬の受け入れ妊娠を防ぐために女の子が丸薬を飲むと、月経前にそのような調剤に大量のホルモンが含まれているために病気になります。
    これらのホルモンがPMSを誘発し、色白の体に大きな変化をもたらします。時にはそれは毎月が完全に消えるという事実になる。あるホルモンが過剰に摂取されると別のホルモンが不足する可能性があるため、女性は吐き気や嘔吐について心配しています。
    避妊薬の服用スケジュールの違反はしばしば妊娠を誘発することを覚えておくことをお勧めします。そのため、少女は厳密にこのプロセスに従うべきです。
  • 内臓構造の特徴例えば、子宮です。子供を出産していない女性では、医師は子宮の曲がりを診断します。病理学は、臓器の後方への逸脱 - 多数の神経終末があるところ - で明らかにされる。
    この現象は月経時の脱力感、吐き気、不快感を引き起こします。この症状は、腹部の激痛、大量の長時間の退院を特徴としています。出産後、子宮はその形状を変え、そして出産過程の間に、骨盤骨は離れて動きます。そのような要因は曲げを排除する。
  • 一定の長期的なストレス、否定的な感情および神経衰弱。否定的な精神感情的状態がしばしば人間の健康に悪影響を及ぼすことは誰もが長い間知っていました。女性が定期的に彼女の神経を圧迫し、しばしばストレスを経験するならば、それから彼女は月経とPMSの間に悪心を持っています。
    この理由は、女性の神経系に追加の負担がかかることにあり、その結果としてストレスがうつ病に置き換えられます。これの結果は衰弱と悪心です。
  • 過度の活動これには、ジムでのシミュレータのトレーニング、月経前の吐き気を引き起こす魅力が含まれます。

トレーニングが女性の内側への圧力を増加させるという事実のために、彼女の子宮はわずかに後ろに傾き、脊椎の脊椎部分に圧力をかけます。このプロセスは女の子が病気であるという事実につながります。

専門家は月経前に過度の負荷に対して助言する。

出血の前夜に、重いものを持ち上げたり、女の子が歩いている距離を短くしたり、シミュレータでの運動中の負荷を軽減したりすることは不可能です。

妊娠していなくても、女性自身が吐き気の原因を特定することができます。

彼女は毎日の治療法を見直し、過度の身体的な努力を排除するようにし、予防検査のために婦人科医を適時に訪問するべきです。

吐き気の治療方法

月経時の吐き気が、体内のいかなる病理学的プロセスまたは妊娠によっても引き起こされない場合、それは自宅でそれに対処することができるでしょう。

まず第一に、女性は月経前に体に過度の負担をかけることは禁じられていることを覚えておくべきです。ヨガを練習することをお勧めします。これにより、身体の柔軟性を高め、PMSの症状に対処することが可能になります。

正しい位置を選択すると、女性は腹部の痛みを軽減し、月経中の吐き気を解消することができます。

何を食べているのか注意深く監視する必要があります。 Питаться в критические дни лучше диетическими продуктами, в которых имеется много витаминов и минералов.

В этот период очень полезен творог и молочные продукты с низким процентом жирности. 月の直前に脂肪や燻製食品の消費量を減らす方が良いです。

体重が過剰な女性は、PCMだけではなく、サイクル全体を通して正しく食べるべきです。

これは、大きな体重が甲状腺の病気を引き起こし、ホルモンの変化を引き起こす要因であると考えられているという事実によって説明されます。

そしてそのような不快な現象があっても、女性は吐き気、めまい、腹部の痛みを心配しています。

太り過ぎはしばしば女性の不妊の主な原因になることを覚えておくことは非常に重要です。したがって、私たちはあらゆる点でそれを取り除こうとしなければなりません。しかし体をさらに傷つけないような方法でのみ。

私たちが薬物療法について話すならば、痛みと吐き気の症状の軽減のために、あなたは鎮痙効果を持っている薬タミプル、No-shpuまたはSpazmalgonを使うことができます。

多くの場合、医師はホルモンレベルを正常化する手段を処方します。たとえば、マストディノンです。

吐き気が起こる理由を疑問に思う女性は、専門家はレモンバーム、ミントまたはカモミールの煎じ薬を飲むことを勧めます。そして、それはあらゆる年齢の女性に完全に無害です。

そのようなお茶は、ストレスに対処し、頭の痛みを軽減し、吐き気を解消するのに役立ちます。腹部の痛みを解消するには、入浴中にハーブティーを水に加える必要があります。

月の数日前には、大量の染料と防腐剤を含むガス入りの飲料、人工ジュースの使用を制限します。

精製水と弱茶を飲むのが良いです。しかしここでは、過剰な水分摂取が月経前の悪心の主な原因であることを考慮に入れる必要があります。

上記では、重要な日が始まる前に、なぜ女の子が吐き気の症状について心配しているのかについて詳細に説明されています。ほとんどの場合、この現象は自然に消えるため、治療を必要としません。

不快感の原因

自分自身の上の各女の子は月経周期の接近を感じます。しかし、なぜこれが起こっているのでしょうか。一般的な健康状態が悪化し、脱力感と倦怠感が現れ、うつ病が発生します。原因はエストロゲンとプロゲステロンです。女性が妊娠する可能性が最も高い排卵期に「ロールオフ」し始めるのはそのレベルです。

月の間に妊娠が起こらなかったならば、体はこれらの2つのホルモンのレベルを下げるように命じます。しかし、エストロゲンの濃度が瞬時に低下した場合、プロゲステロンはそれほど急速ではありません。それは彼の集中力であり、女性の身体の幸福に変化をもたらします。

それは私たちの体の中のすべてが一緒になっていることが起こった。 1つのコンポーネントが欠けていると、一般的な状態は悪化します。

月経前の病気

まず、吐き気とは何ですか。一般的な意見に反して、悪心は標準以下の製品の使用の結果だけではありません。多くの要因がそれを引き起こす可能性があります。たとえば、熱や日射病、めまいなどがあります。月経前症候群も例外ではありません。

月経前に吐き気が起こる場合、その理由は以下の通りです:

  1. ホルモンの変化
  2. 妊娠
  3. 女性の生殖システムの侵害

子宮の形の変化に注目する価値があります。月経前には収縮し、脊椎の神経終末に刺激を与えます。そして吐き気を起こさせる衝動は、痛みに対する体の反応に他なりません。

ホルモンの効果

先に述べたように、月経前の女性の幸福はホルモンの安定性にかかっています。

以下に挙げるホルモンのリストは、女性の健康不良の加害者です。

  • エストロゲンとプロゲステロン
  • プロスタグランジン、
  • セロトニン。

ホルモンの効果をもっとはっきりと考えてください。プロゲステロンは受精のために女性の体に必要です。それは受精のために子宮を準備する上皮層の肥厚に影響します。卵が受精の準備ができた後、体はエストロゲンの濃度を減らし、プロゲステロンのレベルを上げます。その主なタスクは、子宮の壁への胚の簡単な付着につながる子宮のトーンを減らすことです。

受精が起こらなければ、卵細胞は去り、新しいものは代わりになります。卵子の放出が体に損傷を与えずに起こるようにするために、内分泌系はプロゲステロンの濃度を下げ、それが子宮の筋肉の緊張を高めます。

しかし副作用は臓器の一般的な緊張です。胃は常に緊張しており、けいれんが現れます。だから吐き気。これは、そのような難しい質問に対する簡単な答えです。

月経前症候群は、生殖年齢のすべての女性を克服します。しかし、それはさまざまな方法で進行します。一部のPMSは月経の1週間前に来ます、他のものは2日があります。それは直接女性の体の中のホルモンのレベルに依存します。

一方では、それらは通常の妊娠の過程に影響を及ぼしますが、受胎が起こらなかった場合は、月経前の全般的な幸福に直接影響を与えます。

排卵の間、子宮は受精のために卵子を準備します。それはホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのレベルの増加を引き起こします。卵の「再生」に備えて、体はエストロゲンのレベルを下げますが、プロゲステロンを同じレベルにします。それは筋肉や臓器の緊張、したがって主な症状に影響します:腰部の痛み、めまい、吐き気、発疹、胸の痛み。

月経前症候群についてのビデオで

妊娠のしるし

月経前の吐き気は妊娠の場合にも起こることがあります。特に彼女が最初なら。妊娠中の女性の体の変化は、特に月経中の退院が非常に少ない場合、一般的な倦怠感、脱力感および吐き気を引き起こす可能性がある、ホルモンの信じられないほどの急増によって特徴付けられます。

それが妊娠しているかどうかを判断するためには、サイクルの途中で保護されていない性行為を思い出す必要があります - 排卵。女性の体が完全に受精の準備ができているのはこの時期です。

性交がなかった場合は、月経前症候群です。もしあれば、妊娠検査のために薬局に連絡する必要があります。

hCGレベルまで献血することもお勧めです。この場合、専門家はあなたが妊娠しているかどうかを自信を持って言います。しかし、妊娠検査は自宅で行うことができ、血液は医療センターに寄付する必要があるため、はるかに実用的です。

胚の初期段階で最も脆弱であることを忘れないでください。あなたが自分の状況について早く知るほど、あなたは子供に与えることができる害が少なくなります。

幸福を促進するには?

月経前に気分が悪くなった場合は、PMSまたは胃の問題のいずれかを示している可能性があります。サイクルの途中で嘔吐を伴う胃の痛みがある場合は、専門医に相談することをお勧めします。

しかし、病気や妊娠が除外されれば、食事や薬は健康を増進するのを助けるでしょう。

PMSでは、体内の糖分を増やすことが重要です。これは穀物と甘い果物によって促進されます。脂肪分の多い食事やファーストフードの食事を放棄することはしばらくの間必要です。

あなたが薬について話し始めるなら、それはあなたの体に深刻な害を及ぼすことがあるので、それは自己瞑想することを勧められません。あなたの医者を訪ねてください、彼はあなたにぴったりなどんな友人やコマーシャルよりもよく知っています。

毎月いくら行くべきですか?月経周期、計算方法、規範内の退院量、女性の月経周期の失敗の理由とそれを復元する方法についての記事を読んでください..

毎月はなぜ1週間早く始まったのですか。ここで役に立つ情報

月経前の吐き気は、女性の体の中でかなり一般的な現象であり、これはホルモンの背景の変化によって起こります。それがサイクルの途中で伴われるならば、特に胃がしばしば傷つくならば、あなたは病院に行って、病気についてあなたの体をチェックするべきです。月経前の吐き気が初めて現れた場合は、妊娠の事実を除外または確認する必要があります。あなたの健康の面倒を見て、あなた自身の面倒を見て、そして健康になってください。

Pin
Send
Share
Send
Send