健康

月経前に重度の頭痛と吐き気があるのはなぜか:原因、治療、予防

Pin
Send
Share
Send
Send


他のすべての素因の症状と同様に、月経前の頭痛は、重要な日が始まる前に女性の体内で起こるホルモンの変化と関係しています。

周期の途中で排卵が起こります。この時点で、女性の体は卵子が受精するという事実に備え始め、そのため通常より多くのプロゲステロンが血中に放出されます。

受精が起こらなかった場合には、月経が始まり、プロゲステロンのレベルが急激に下がります。そのような体の変化に反応せず、普通に感じる女性もいますが、ホルモンの跳躍に対してもっと敏感で敏感な人もいます。重度の頭痛が現れるなど、健康が悪化します。

月経前に頭痛を引き起こす可能性がある理由は、水と塩のバランスの変化です。月経直前に別の女性の性ホルモン、エストロゲンがそれ自身に入ってくるので、大量の水分が体から取り除かれ始めます。

女性が腫れやすい場合は、この時点で脳組織を含むほぼすべての組織が腫れます。

この場合、腫れた組織は脳に圧力をかけ、頭頂部と後頭部に激しい頭痛を引き起こします。さらに、血圧が上昇する可能性があります。気分を良くするために何をすべきですか?

漬物、塩漬け、燻製、脂肪を食べないようにしてください。言い換えれば、食べ物を食べないようにしましょう。

利尿薬も役立ちますが、自分で処方することは非常に危険です。体内の水分と塩のバランスを崩すだけでなく、腎不全を引き起こす可能性もあります。

片頭痛は吐き気と重度の、時には耐え難い頭痛を伴います。女性がこの病気の素因を持っているなら、月経前の彼女の悪化の理由は全く理解できます。

ホルモンの急増の結果として、側頭領域に位置する血管は急激に収縮し始め、その後拡大し始めるので、片頭痛の女性は月経前に頭痛と吐き気を起こします。

経口避妊薬の摂取がエストロゲンの急激な増加を引き起こすことを忘れてはいけません。これは頭痛の原因にもなり得ることを意味します。さらに、神経質が増すと頭部の血管が圧迫され、脳に酸素と有益な物質が供給されるため、頭痛が起こりやすくなります。

頭痛の症状

全体的な月経前症候群としての月経痛といえば、次のような症状があります。

  • 頭頂部および後頭部の痛み
  • ズキズキすると痛みを押す
  • 眼の痛み
  • 吐き気と嘔吐
  • 恐怖症
  • めまい
  • 血圧の急激な増減
  • 気分が変わる、
  • 睡眠障害
  • 疲労感が増しました。

疼痛診断

あなたが治療を始める前に、あなたはあなたの特定のケースで頭痛の原因となるものを理解する必要があります。これを行うには、婦人科医との約束をし、ホルモン検査を受け、ホルモンのレベルがサイクルの特定の日にどのように変化するかを確認する必要があります。

異常が発生した場合、医師はホルモン療法を処方します。

ホルモンが問題なければ、神経科医に連絡して神経系の診断を受ける必要があります。非ホルモン性月経前頭痛治療の場合は、鎮静剤を使用して実施されます。

両方の医者があなたがテストに問題がないと言うならば、あなたは心臓専門医と同様に頭のMRIに相談する必要があります - 時々月経前に頭痛が頭痛を起こします。

月経前の頭痛にどう対処するか

月経性片頭痛に苦しむ女性は、痛みが毎分増加するため、できるだけ早く発作を止める必要があることを忘れないでください。

たとえあなたが薬を飲むことの反対者であり、それらを健康に有害であると考えそして痛みに耐えることを好むとしても、あなたはそのような立場がこの場合に不適切であることを知っているべきです。激しい頭痛に苦しむことは、麻酔薬を服用するよりもはるかに有害で危険です。

もちろん、特定のホルモン療法や神経学的療法は医師が処方する必要がありますが、次のグループの薬は片頭痛の症状を自分で緩和するのに役立ちます。非麻薬性鎮痛薬または非ステロイド性抗炎症薬。

これらには、パラセタモール、アセチルサリチル酸、イブプロフェン、ジクロフェナクが含まれる。月経前に頭痛がしているという事実に吐き気が追加された場合は、メトクロプラミドまたはドンペリドンを服用する必要があります。

次の薬のグループは多くの禁忌と副作用を持っています、従ってそれらの使用はあなたの医者と一致するべきです:

  1. 片頭痛のための特定の薬 - Sinkapton、Digidergot。これらの資金は血管を収縮させ、攻撃の進行を許しません。
  2. スマトリパン、ゾルミトリプタン、ナラトリパンはセロトニン拮抗薬である。

カフェイン、バルビツレート、弱いオピオイドを配合した鎮痛剤は、反対の作用を引き起こす可能性があるため、服用しないでください。服用する薬の量を必ず管理してください - 医師の処方する量を超えてはいけません。

民間療法

民間療法は薬より確かに安全ですが、それを使用するときには注意が必要です。

月経痛に対する無害な治療法は次のとおりです。

  1. 冷間圧縮します。額に濡れたタオルをかけ、横になって20分間リラックスすると、痛みが治まるか大幅に軽減します。
  2. エッセンシャルオイルを使ったマッサージやコンプレッサーでも安心です。ローズマリー、ユーカリ、ラベンダー、ミントオイルは頭痛に良いです。湿布剤の場合は、数滴の油を水に溶かし、ナプキンに浸し、痛みの場所に塗ります。マッサージをするには、指先に一滴の油を塗り、時計回りに寺院をそっとマッサージする必要があります。
  3. 悪くないが片頭痛の水のコショウを削除します。 2杯の原料を半リットルの沸騰したお湯に注ぎ、そして約1時間と主張するべきです。注入を飲む1日3回、100グラムでなければなりません。このツールは、月経時の頭痛だけでなく、月経前症候群の他のネガティブ症状も促進します。

月経前の頭痛予防

月経前の痛みを伴う発作の発生率を減らすためには、栄養の微妙な違いを覚えておく必要があります。事実は、いくつかの製品は頭痛の頻度と強度に影響を与える刺激性物質を含んでいるということです。

サイクルの後半にあなたがそれらの使用を制限しようとするならば、あなたはフィットしないかもしれません。強いコーヒーや紅茶、チョコレート、コンビニ、ソーセージ、マリネ、缶詰の使用は控えてください。

月経直前には、体内に水分を保持することができるので、塩分の摂取を制限してください。

もっと休むようにしてください:夜の睡眠は少なくとも7時間、否定的な感情をコントロールし、悪い習慣を取り除き、積極的にスポーツに従事し、より新鮮な空気の中を散歩してください。健康的で健康的なライフスタイルを維持する。

これで、月経前の頭痛、治療を受けるべき医師、痛みを止める方法、および健康に害を及ぼすことなく使用できる民間療法がわかりました。あなたを祝福します。

PMSとその症状

月経前のさまざまな強度の頭痛は月経前症候群に関連している可能性があります。そのような状態は、月経前の特定の頻度および発生、ならびに女性の生活の質に悪影響を及ぼす精神的、自律神経および内分泌障害によって特徴付けられる。

なぜこれが起こっているのかはまだはっきりしていません。科学者達は、月経前症候群と出産との関係、および妊娠の人工的終了、神経ショック、感染症を確立しました。月経の開始の1〜1,5週間前の何人かの女性は、吐き気を感じ始めます。そのような付随する症状があるかもしれません:

  • 嘔吐やめまいの発作
  • 疲労
  • 弱点
  • 激しい頭痛
  • 下腹部の痛み、
  • 発疹、
  • 食欲の増減
  • 状態のうつ病。

これらの違反はホルモンの変化を背景にしています。これらの症状は女性の健康に危険を及ぼすことはなく、原則として月経の開始後に自然に消えます。

月経前の頭痛の原因と種類

月経前に、頭は側頭または後頭部に痛むことがあります。この場合、痛みは非常に強い場合も軽度の場合もあります。この現象には多くの理由があります。疼痛症候群の発症は、生理学的要因と病理学的要因の両方によって影響を受ける。この表には、月経前の頭痛の種類、およびその原因となる病状についての詳細な情報が記載されています。

月経前の頭痛と悪心の治療

重大な日前に頭痛がよくあり、吐き気の発作に苦しんでいる場合は、婦人科医に連絡する必要があります。医者は、患者の不満、臨床像の性質、彼女の体の特徴、そして根底にある病気の有無を考慮して、この問題を解決するための最も効果的な方法を選択するでしょう。時々、状態を軽減するために、それは特定の食物と破壊的な嗜癖の使用を放棄し、肉体的な運動の強度を減らし、そして屋外でより多くの時間を過ごすには、ライフスタイルを修正するのに十分です。

攻撃を軽減するための薬

しかしながら、医学的な助けを求めることが不可能であり、そして疼痛症候群が非常に強い場合がある。その起源に関係なく、医師は痛みに耐えるために長い間お勧めしません。

そのような場合、麻酔薬の緊急使用が許可されています。この表には、月経前の頭痛や吐き気を軽減するための最も効果的で安全な薬の説明が含まれています。

医療適応症

月経中の頭痛は女性に重大な不快感を与えます。この現象は頻繁に観察されますが、それは個々の診療所によって特徴付けられます。

月経前にどのように頭が痛くなるか、医師が決定すること、症状の歴史を分析すること、現在の病状の発現を研究すること。

ほとんどの女性は月経に伴う痛みを経験しません。他の女性は常に痛みに苦しんでいます。

同時に、月経が始まる前に、腹痛を含む他の症状が現れます。

月経前およびその間の重度の片頭痛、嘔吐を伴う悪心 - 灼熱感、高疲労の原因。

主な病因、なぜそのような徴候が現れるのか - ホルモンレベルの急激な増加。

PMSはすべての女性を違った方法で許容します。頭痛は軽度かもしれません。

一部の女性では、それは生活の質に大きな影響を与えます。月経前に頭痛がある主な理由は、ホルモンサージや精神神経疾患にも関連しています。

症候群の病因

科学者たちは、月経前の頭痛はチョコレートを放棄することによって防ぐことができることを示しました。

多くの場合、この症候群は月経の2〜10日前に始まるPMSの背景で発生します。

月経への頭痛が痛みを伴う状態は、標準と考えられています。この症候群は片頭痛に変わることがあります。

頭が痛く、嘔吐することがあります。片頭痛に加えて、患者がPMSにかかっている場合、女性は治療を必要とします。

激しい頭痛は常に嘔吐と吐き気を伴います。そのような症状で、医者は片頭痛を診断します。

PMSのこの症状は月経の1〜7日前に現れます。科学者たちは月経時の頭痛が月経中に現れて約4日間続くことを証明しました。

排卵の前のPMSの1週間前に、体は考えられる概念に備えます。

プロゲステロンの量は血中で増加します。

構想がないと、月経が起こり、ホルモンのレベルが下がります。しかし、すべての女性が同様の低下を経験するわけではありません。

より敏感な女性は痛みを伴うPMSとその症状を経験しています。

そのような診療所は1週間観察することができます。あなたが治療を始めないならば、頭痛は毎日増加します。

月経前の頭痛が痛む他の理由は、塩分と水分のバランスの悪化に関連しています。

PMS液が体内に保持される前の高レベルのエストロゲンの背景に対して。

患者が浮腫や血栓症を起こしやすい場合 - GMの組織が腫れている理由

視床下部の腫れとともに、月経前の女性は、痛みを伴う自然の頭痛を発症します。

より頻繁にそれは頭と頂点の後ろに局在します。これは血圧を上昇させる可能性があります。そのような症状をどうする?

上記の診療所を排除するには、薬物療法を受けることをお勧めします。

月経前に常に頭痛がする場合は、医師の指示に従って鎮痛剤を使用することをお勧めします。

PMSの水分バランスの修正は、脂肪や塩分の多い食品、そして体の中に水分を保持している料理を拒絶することです。

この場合何を飲むの?女性は利尿薬による処方を受けています。ピルは症状、月経前の痛みの強さに関して医師によって処方されます。

この処理により、過剰な流体の迅速な除去が提供される。水と塩のバランスが原因で頭痛がする場合は、利尿薬を服用します。

自己承認は禁忌です。さもなければ、腎不全が起こるかもしれません。

なぜサイクル中に痛みに悩むのですか?片頭痛を起こしやすい女性は、片頭痛の痛みを発症するリスクがあります。

患者は、視覚器官の領域にも局在するズキズキする痛みを経験するかもしれません。

攻撃の間、月経前のCSの前に、それらは事前に痙攣してから拡張されます。

なぜこれがICPの前に起こるのでしょうか?この現象は疼痛受容体の刺激によるものです。

科学者達は月経前の片頭痛の痛みは追加の神経科クリニックを伴うことを示しました。

頭痛が耐えられない場合は、トリプタンによって止められます。

痛みが激しくなった場合は、神経内科医の監督下で治療が行われます。

症候群の症状

月経前頭痛 - 頭痛、以下の症状が特徴です。

  • 頭と王冠の後ろの不快感、
  • 脈動
  • 目の不快感、
  • 血圧の急激な上昇
  • その後の嘔吐を伴う吐き気
  • 高い感光性
  • 心痛
  • 手足のしびれ
  • 発汗
  • うつ病
  • 感情的な怠惰
  • 睡眠障害
  • パフォーマンスの問題
  • 乳腺の痛み。

上記の症状が複合体の場合、治療は適切かつ緊急を要する。

予備調査は包括的な調査を示した。婦人科医は、臨床検査の結果に特別な注意を払います。

治療技術

何人かの女性は周期の前の頭痛が療法を必要としないことを見つける。彼らはこの症状を短期的な性質のホルモンサージと関連付けます。

婦人科医はあなたがサイクルの前に頭痛を抱えているならば、それが丸薬を飲むことを勧めます。痛みの絶え間ない症状には特に注意が払われています。

それらを排除するためには、異なる薬理学的グループの錠剤を使用してください。治療法がない場合は、頭痛のリスクが高くなります。

体の体調を正常化するために何をするべきですか?このためには、サイクルが始まる前に痛みを取り除くことをお勧めします。

問題の現象が恒久的なものであれば、療法士と神経科医の助けが必要です。おそらくこの現象はIRRと心臓病に関連しています。

疼痛が頻繁に現れる場合、月経の正常化およびPMSの除去のために開発されたビタミンおよびミネラル複合体の摂取が示唆されます。

ホルモン避妊薬を服用すると痛みが消えることがよくあります。これらの資金の行動は、体のホルモン調節を安定させることを目的としています。

状態を緩和し、神経質なストレスや精神的ストレスを軽減し、ストレスのレベルを下げるために、複雑な治療法が示されています。

周期の前に、それが活発な状態になるために適切な時間量の間、休む、眠ることをお勧めします。身体活動を減らすことが必要です。

婦人科医は、女性は絶えず動いている間、「自分の足で」毎月、より簡単に耐えられると主張しています。ヨガ、リラクゼーション、呼吸法をするのに役立ちます。

メニュー、燻製肉、マリネ、小麦粉、お菓子などを除いて、よく食べることをお勧めします。

あなたは悪い習慣をあきらめる必要もあります、それらは頭の部分の痛みの出現に貢献するからです。

婦人科医は、頭痛を解消する最善の方法 - その予防法 - を信じています。これを行うには、その日の正しいスケジュールに従ってください。

痛みが耐えられない場合は、緊急治療が必要です。 Для этого пациентке назначают Ибупрофен, Диклофенак, Темпалгин, Спазмалгон.これらの治療は、毎月の痛みを繰り返しながら定期的に行われます。

重要な日の始めと終わりにカレンダーのスケジュールを守ることをお勧めします。同時に、投薬開始の1〜2日前が示されている。

この症候群が顕著であれば、Knise、Ketorol、KetoprofenなどのNSAIDが処方されます。

あらゆる局在や性質の疼痛症候群を緩和する前に、婦人科医とセラピストの相談が必要です。

必要ならば、他の専門家の相談は女性に任命される。より頻繁にそれは神経病理学者そして心理学者です。

いくつかの薬は受けるべき副作用と禁忌のリストを持っています。したがって、自己投薬は禁忌です。

自己投薬は、重大かつ不可逆的な合併症を引き起こす可能性があります。婦人科医は、周期の前に起こる痛みは独立して調整できると考えています。

これを行うには、女性は彼女の生活のリズムのいくつかの制限に従う必要があります、彼女の健康に注意してください。

症状が毎月増加する場合は、医師に知らせることをお勧めします。このような場合には、婦人科疾患に関係なく、広範囲な検査が指定されます。

PMS頭痛の原因

PMSによる片頭痛の発症を引き起こす主な要因:

  1. ホルモンレベルを変えなさい。プロゲステロンとエストロゲンのレベルが下がり、それが片頭痛発作を引き起こします。したがって、月経前に発生した頭痛はPMSでは正常です。この症状はホルモン性と見なされます。
  2. 頚部骨軟骨症提示された病状は血管の収縮をもたらし、脳は酸素を欠く。頭痛に加えて、考えられる一般的な弱さおよび失神。
  3. 消化管の問題月経前に頭痛や吐き気がひどい場合は、腸内の毒素の再吸収による体の中毒が原因である可能性があります。
  4. ホルモンによる避妊薬の使用女性が彼女の寺院をズキズキし始めたら、これは使用された薬からの副作用の発生を示すかもしれません。
  5. 性器の炎症過程、内部子宮内膜症。片頭痛、吐き気、嘔吐、腰痛に加えて。
  6. 血圧の変化

女性が月経前に重度の頭痛を抱えている場合、痛みは他の病気によっても引き起こされるので、その原因を突き止めることが必要です。不快なPMS症状は通常1〜3日続きます。同時に、ほとんどの女性は悪化し、仕事能力は低下します。

月経性片頭痛

このタイプは最も強くて不快だと考えられています。ほとんどの痛みは頭の半分を覆い、寺院に集中しています。女性が明るい部屋にいて音を聞くことが難しくなります。攻撃の期間は最大3日間です。さらに、吐き気が加わります。嘔吐が起こっても、それは患者の状態を緩和することはありません。このような診断は、不快感が2サイクル以内に発生したときに行われます。

治療と予防

女性が月経前に頭痛を抱えている場合、治療はその原因によって異なります。治療には薬物の使用だけでなく、特定の食事と休息の遵守も含まれます。

従来の治療法には以下の薬が含まれます:

  1. 非ステロイド系抗炎症薬:「アスピリン」、「ケトロラク」、「ニューロフェン」は、胃が痛い場合にも使用されます。これらの薬は独立して使用することができますが、最初に要約を読む必要があります。痛みが妊娠によって引き起こされている場合、これは特に重要です。
  2. プロゲスチン(Duphaston)は正常なホルモンバランスを調整することを可能にします。
  3. 経口避妊薬の併用

2つおよび3つのグループの準備は医者によってだけ規定されています。薬を服用する前に、その使用方法についての指示を読む必要があります。

月経前に頭痛がある場合、治療には薬物の使用だけではありません。通常の安静を助けることができ、長時間寝る必要はありません。エッセンシャルオイルを加えてリラックスできる温かいお風呂を演じます。自分で指圧をすることもできます。片頭痛の治療には、従来の鎮痛薬ではこの症状が解消されないため、特殊な薬(トリプタン)が使用されます。

10〜20分間保たれるべきである頭部区域の冷たい湿布はそれほど有用ではありません。ソーセージ、チョコレート、スパイス、アルコール、濃い紅茶とコーヒー、牛乳と乳製品をメニューから除外することも、食べ物を修正することが重要です。

月経前に頭痛を予防することもできます。これを行うには、いくつかの簡単なガイドラインに従います。

  • 精神的、肉体的な過負荷、ストレスを避けるために
  • メニューは健康的な製品だけで構成されるべきであり、そして重要な部分は野菜と果物によって占められています、
  • 悪い習慣を放棄する必要があります
  • 残りをデバッグして作業することは重要です
  • 子宮や付属器の病状がある場合は、それらを取り除くことをお勧めします。
  • 血管だけでなく、筋肉のコルセットも強化する必要があります。

月経前の頭痛は珍しくありません。しかし、その理由を知っていれば、すぐに対処することができます。

頭痛の主な原因

なぜ「重大な」日の間に頭痛がするのは簡単なのかという疑問に答えること。この状態の最も一般的な原因はホルモンレベルの変化です。この場合の誘発因子は、エストロゲンと比較した排卵後のプロゲステロンレベルの増加です。その後の量の減少の背景に対して、体はストレスを受けます。浮腫、頭痛および神経心理学的徴候の徴候が現れる。

月経性片頭痛の発症のための同様のメカニズムは経口避妊薬を受けている患者で可能です。これらの薬は女性の体のホルモンバランスも変化させます。

月経前の頭痛は、頭痛症候群と呼ばれています。月に一度、女性は定期的または絶えず以下のような性質の痛みを感じることがあります。

多くの場合、痛みは寺院や眼窩周囲に広がっています。

さらに、月経前の痛みの出現の理由は、水収支の違反による可能性があります。月経前レベルのエストロゲンホルモンが増加すると、体からの水分の排出が遅くなり、浮腫が現れることがあります。月経時の色っぽいセックスの代表者のほとんどは膨れがちになりがちですが、これは冠または後頭部の領域で圧痛のある感覚が強く現れることで現れます。この症状は血圧の上昇と組み合わせることができます。

どんな症状が現れる

月経の初日に、頭痛は長期の脈動になることがあります。それから女性は、恐怖症と大きな音を恐れるようになります。さらに、激しい臭いが刺激することがあります。

他の症状は、血圧と静脈圧の頻繁な変化です。まれに、心の痛み。時々それらは心臓のリズムの失敗と組み合わされます。

月経初日でも、女性は吐き気が「転がった」と訴えることがあります。これはしばしば皮膚の白化および激しい発汗を伴う。女性はすぐに疲れ、不眠症になります。

頭痛は背中や背中の痛みと組み合わせることができます。これらの症状によく見られるのは、乳腺の痛みです。さらに、月経中の頭痛は胃腸管の障害と組み合わされます。内臓を腫れさせた腸への圧力による鼓腸。月経が始まると安心します。

どうすれば手助けできますか

女性が、月経前に頭痛があることを心配している場合は、婦人科医と神経病理学者を訪問する必要があります。頭がひどく痛むだけでなく、頻繁に、月経周期を正常にするのを助けるために医者は薬を処方するかもしれません。さらに、患者はミネラルとビタミンが豊富な薬を処方されています。彼らは不快な症状の急速な除去に貢献しています。

薬物療法

多くの場合、痛みを伴う月経性片頭痛を取り除くために、女性は強力なホルモン避妊薬を処方されています。彼らのレセプションはホルモンの背景を正常化します。

若い女性がとても緊張していてよく眠れない場合は、PersenやBarbovalなどの鎮静剤を処方されることがあります。その主な副作用は眠気であるため、後者を手に負えないほどに服用することは不可能です。

女性が月経中に定期的で激しい頭痛を訴えた場合、彼女は抗炎症薬を処方されます。これらの薬はケトプロフェンとアスピリンが含まれています。彼らはステロイドを含まない、最も効果的で安全と考えられています。

トリプタンは月経性片頭痛に対する素晴らしい武器であると考えられています。 「重大な」日が始まる前に、月に一度頭痛が人を襲うと、医師はスマトリプタンまたはゾルミトリプタン法を処方することができます。

食事のおすすめ

月経中の頭痛の出現に寄与する食品のリストがあります。この痛みを伴う状態の主な食べ物の挑発者はコショウなので、月経前の数日は辛い食べ物を食べるのをやめるべきです。

そのような製品から予定通りに到着することが重要です。

  • 小麦粉、
  • 脂っこい食べ物
  • マリネと燻製肉

月経性片頭痛はアルコール飲料によって引き起こされることがあります。不快な症状を防ぐために、少なくともそれらの使用を減らすことをお勧めします。

ゆで赤身の肉、蒸し野菜、魚が食べられます。とても便利なチキンとトルコ。高品質のチョコレート、緑茶、コーヒーの使用は、この困難な時期に女性の身体に少なからぬ利益をもたらします。しかし、月経痛の片頭痛はにきびや余分なポンドを置き換えることができるので、これらの製品を乱用することはあってはなりません。

他に何ができますか

精神的外傷性の状況の発生を避けることは非常に重要です。あなたがストレスを避けることができないならば、あなたは時間を選んでそして彼らの状態の修正をするべきです。女性が常にストレスにさらされているときは、資格のある心理療法士だけが助けることができます。他のすべてのケースでは、実際にそして独立して問題に対処すること。

これを行うには、睡眠と安静のモードを確認する必要があります。寝る前に少なくとも8時間は寝る必要がありますが、歩くか少なくとも部屋を空けることをお勧めします。中程度の身体活動は非常に重要です。それは15-20分の間少なくとも週に3回体操をすることを勧めます。

週末は、モニターやテレビの画面の前ではなく、屋外にあるのが望ましいです。朝と夕方には、アウトドアゲーム、水泳、サイクリング、ジョギングなどが楽しめます。

可能であれば、ヨガのセッションに参加することをお勧めします。彼らはリラクゼーションと自習コースと組み合わせることができます。

あなたの健康に注意を払うことは非常に重要です。病気は自分の足で運ぶことはできません。これは、「マイナー」なカタル異常にも当てはまります。慢性疾患は、良い医者の監督下で治療されるべきです。

体液貯留を避けるために、利尿薬を服用し始めることができます。液体はより少なく消費されるべきです。お茶を高品質のミネラルウォーターまたはローズヒップスープで置き換えることをお勧めします。

やっと

予防策を講じたにもかかわらず頭がまだ傷ついているならば、それは医者に再び相談することが必要です。頭痛が激しくなっても、これは行わなければなりません。医師は再検査を任命し、治療の戦術を見直すことを義務付けられています。

時々女性はホルモンの経口避妊薬をより適切な避妊薬に取り替えることによって助けることができます。月経周期には、特定の薬物に対する個々の不耐性の背景に対する片頭痛が伴う可能性があることを覚えておくことが重要です。

Pin
Send
Share
Send
Send