衛生管理

月経前のピンクの分泌量

Pin
Send
Share
Send
Send


月経前または発症後のピンク色の分泌物 - さまざまな婦人科疾患に伴う症状。この放電は流血ですが、強度が弱いです。膣分泌物のピンキングは出血の始まりとその完了時に見られます。分泌量の増加と緋色の血栓の発生は憂慮すべき症状であり、医師の相談が必要です。

月経前および正常後のピンク色の分泌物

月経期直前のピンク色の分泌物の出現は、子宮の拒絶が近づいていることの通常の症状です。月経の1〜2日前に発症します。取り外し可能は違います - 淡いピンクか茶色、通常は豊富ではありません。斑点は、生殖管でのかゆみや焼けを伴いません。痛みはありませんが、下腹部に特徴的なわずかな緩みがあるかもしれません。淡いピンクの秘密は次第に完全な月経に入ります。

健康な成人女性の重要な日数は3-7日です。退院は中程度、乏しい、または豊富であり得るが、それは一瞬で終わるわけではない。月経期間の後、血液のピンク色の放出は数日間残ります(しかし2日以内)。このような症状も正常と見なされ、危険な病状の発症を示すものではありません。

月経前および後のピンクの退院の原因

そのような状況では、月経の2〜5日前または1週間前、開始時または終了時、あるいは完了後の数日または1週間に、ホワイトピンクまたは明るいピンクの膣分泌物が見られます。

  • 子宮疾患さまざまな大きさや色合いの出血が、筋腫(子宮腫瘍)、子宮内膜増殖症、ポリープ、腺筋症に見られます。
  • 子宮頸部の病理淡いピンク色または濃いピンク色の放電は接触の性質を持ち、親密さ、擦り傷、婦人科検査または他の介入の後に起こります。このような症状は、子宮頸部子宮内膜症、ポリープ、びらんに見られます。
  • 卵巣の新生物。ホルモン活性のある嚢胞および腫瘍は、月経の前後1週間で、子宮内膜の不均一な拒絶反応および弱い、ピンクがかった、または茶色の粘液分泌物の出現をもたらす。周期の第2週に考えられる非周期的な出血。
  • 悪性腫瘍癌腫は、女性の周期とは無関係の分泌物をもたらします。それらは、ほぼいつでも起こり得ます - そして月経の3日前、そしてその5日後。
  • 膣、陰唇および頸部のけが。上皮の損傷およびピンク色の縞のある秘密の出現は、暴力的な性別、膣への異物の侵入などを招く可能性があります。
  • 性感染症または日和見的植物相の活性化によって引き起こされる感染。炎症を起こした粘膜は傷つきやすく、接触したピンク色と緋色の分泌物が現れます。

月経後、3回目のサイクルはすでに不鮮明で、ピンク色の分泌物が現れます。彼らは3-4日続き、その後彼らは通り過ぎます。それはなんだろう? 37歳のイリーナ。

月経後数日でピンクの退院は、子宮や付属肢の様々な病気に見られます。あなたは婦人科医による検査を受ける必要があり、骨盤内超音波検査が病理を見つけて治療戦略を決めるために行われます。

月経の代わりにそしてそれらの遅れの後にピンクの退院 - それは何ですか?

正常な月経の代わりに、または生殖年齢の女性におけるその遅れの後のピンクの退院の出現は、子供の考えられる可能性を示します。しかし、この症状は妊娠の通常の徴候を指すのではなく、出血の進行を示します。

  • 子宮外妊娠ほとんどの場合、胚は卵管や卵巣や腹腔にはほとんど見られません。子宮外では、胚は生き残ることができず、それゆえに死にます。特徴的なピンク色の放電の外観は、絨毛膜剥離の始まりを示しています。胎児出血の破裂が増加すると。
  • 妊娠を後退させる。胎児死亡は妊娠の初期段階でより頻繁に発生します。流産は起こりません - 子宮の筋肉層は減少しません。ピンク色および緋色の膣分泌物の出現は、胚が約2〜4週間前に死亡したことを示唆している。
  • 流産が始まった。絨毛膜剥離が発生すると、血の外観が放電します。いくつかのケースでは、プロセスは血腫の形成と失血の停止で終了し、胎児は生き続けることができます。他の状況では、さらなる絨毛膜剥離、出血の増加および胚の死滅。

妊娠後期におけるピンク色の膣分泌物の出現は、胎盤剥離の兆候の1つであり、緊急の医療処置を必要とします。

私は26歳です、毎月いつも時間通りに行きます。妊娠と出産はそうではありませんでした。若い男と一緒に、私たちはコンドームで身を守ります。月を待っていますが、それらはすべてそこにあります、しかしその頃ちょうど淡いピンク色の放電がありました。私の何が問題なのですか?ダイアナ、26歳。

まず第一に、そのような症状は流産が始まるときに起こるので、妊娠は除外されるべきです。これを行うには、妊娠検査を行うか、hCGのために献血する必要があります。検査結果では、必ず医師に相談してください。検査結果が陰性の場合は、超音波スキャンを行い、医師の指示に従ってその他の検査を実施する必要があります。

更年期障害の代わりにピンク色の放出

45〜55歳の女性に月経がなく、代わりにピンク色の分泌物がわずかに出てくるか、または褐色に染まっている場合は、医師に相談してください。この症状は深刻な病理学の発達を示しています。婦人科医の診療では、以下の症状がより一般的です。

  • 子宮のポリープ。
  • 子宮内膜過形成過程
  • 子宮筋腫。
  • さまざまな局在の子宮内膜症。
  • 生殖器のがん。

骨盤内臓器の病状が除外されている場合、閉経前の月経の代わりにピンク色の退院が標準と考えられます。このような症状は、卵巣機能が枯渇していることを示し、短期間で月経は完全に止まります。

ピンクの膣分泌物があり、腹部を引っ張った場合はどうしますか?

このような症状の組み合わせは、さまざまな疾患で発生します。

  • 合併症を伴う妊娠
  • 卵管、膣、子宮および付属器の新生物。
  • 骨盤内臓器の炎症過程

下腹部が周期のいずれかの日に引っ張り、生殖年齢の女性からの特徴的な出血が現れた場合は、まず妊娠を除外する必要があります - 薬局テストを行う必要があります。テストが陰性の場合は、検査が必要です。

  • 主な女性ホルモンの血液検査
  • STIスクリーニング
  • 骨盤内臓器の超音波検査
  • コルポスコピー
  • 細胞診および子宮頸部生検
  • 子宮内膜生検
  • 子宮鏡検査
  • 診断腹腔鏡検査

診断的介入の範囲は、退院の性質、関連する症状および他の要因によって決定されます。

下腹部が引き上げられ、そして閉経の間に出血が起こるならば、およその検査量は同じままです。骨盤内臓器の可能な量に注意を払うことが重要です - この年齢で彼らはしばしばそのような臨床像を与える。さらなる管理パターンは診断に依存します。

月経はほとんど時間通りに進行し、中程度、ほとんど痛みがありません。婦人科における問題は決してありませんでした。しかし今、予想される毎月の5日前にピンクの退院が上昇しました。腹部を少し引きます。何をするElvira、34歳。

予想される月経期間の数日前にピンク色の分泌物が出現することは、子宮または卵巣の病理を示唆している可能性があります。婦人科医による検査が必要です。妊娠を除外し、超音波を作り、問題の原因を検出することが重要です。診断後、医師は最適な治療法を選択します。

選択機能

思春期が始まると、女性の身体は大きく変化します。これは、外的にだけでなく、例えば胸の成長、特徴的な姿の形成など、内的にも表現されます。生殖器の動的な発達はホルモン産生の急激な増加を引き起こします。月経周期 - 閉経期が始まるまで少女に伴うであろう生理学的過程が現れる。

月経周期は、女性の身体が完全にレースを続ける準備ができているという証拠です。それは多くのプロセスを含み、そのうちの一つは毎月です。重要な日の特徴は、膣分泌物です。原則として、それは少量と大量の両方に割り当てられた、異なる一貫性の血まみれの液体です。通常、月経中に直接現れます。

月経周期に伴う排泄物には、膣の潤滑剤やその他多くのものも含まれます。ほぼ一生の間、人類の美しい半分の代表は性器の分泌物に直面するでしょう、そしてそれ故にそれらは彼女のための標準になります。

しかし、膣から放出されるすべての体液が生理的なわけではありません。時にはそれは病理学的になることができます。たとえば、月経前のピンクがかった退院はごく一般的ですが、何らかの理由で、何かが起こったことを明確に示しているにもかかわらず、単純には何であるかわからないため、多くの女性は重要視しません。

月経前またはそれ以降の週のピンクの退院の通常の原因

上記のように、膣分泌物は月経周期全体を通して観察される。これは、身体が絶えず新陳代謝の過程を実行し、死んだ細胞や他の不必要な生物学的物質、さらにはさまざまな病原性微生物叢から生殖器を洗浄して保護するという事実によるものです。

原則として、それらはほとんど目に見えないので、女の子の中で深刻な注意を引くことはありません。人類の美しい半分の代表のほとんどは、毎日のパッドの助けを借りて彼らと戦っています。

臨界日の開始の直前に、放電の強度は増加するかもしれません。この場合、色が変わる可能性が非常に高いです。

そのような現象がその病理学的性質について話すことができるとは限らない。排泄液またはピンク色の粘液もまた、非常に正常な生理学的過程の原因となり得る。これは、次のような要因が考えられます。

  1. 排卵排卵期は月経周期のほぼ中間で起こることが知られています。しかし、これは正常な場合に限られます。いくつかの外的要因および内的要因によって引き起こされる様々な失敗の場合、排卵ははるかに遅く、例えば月経の1週間前に起こり得る。排卵期は卵胞からの卵子の放出によって特徴付けられます。一般的な考えに反して、この生物学的バッグから抜け出す方法はありません - それは単に引き裂かれています。これは外傷なので、わずかな出血があります。その後、血液は内生殖器の自然な分泌物と混ざり合い、ピンクがかった粘液の形で出ることがあります。
  2. 子宮内膜洗浄排卵開始後、子宮内膜、すなわち子宮の粘膜の上層は活発に成長し始める。卵子の受精が起こらない場合、子宮内膜の余分な層は月経中の膣分泌物とともに除去されます。パッドや下着の上に少量のピンクがかった液体がある場合、その理由は、子宮が過剰な子宮内膜を取り除く準備をし始めていることが考えられます。このため、それは減少し、それは粘膜の下層からのイコールの選択につながる。
  3. 避妊薬月経前の淡いピンク色の退院は、子宮内器具などの膣避妊薬の長期使用によって引き起こされる可能性があります。子宮頸部に圧力がかかり、子宮内膜に損傷を与えることがあります。ホルモン薬にも同じことが当てはまります。これにより、不要な妊娠を避けることができます。そのような道具は女性のホルモンの背景に直接影響します。ホルモンの不均衡は、排泄だけでなく、生殖器系や生物全体の機能の他の障害も引き起こす、かなり深刻な病理です。
  4. 妊娠精子細胞との「出会い」の後の受精卵は、その腔内の壁に付着する必要があるので、子宮に沿ってさらなる「旅行」に送られることが知られている。胎児の移植は小血管の損傷を伴います - この可能性はかなり高いです。少量の血液が自然の排泄物に入り、淡いピンク色の液体または粘液として排出されます。
  5. 妊娠失敗の脅威茶色の粘液が月経前に現れるならば、これは悪い徴候です。原則として、それは受精卵が子宮の壁にしっかりと固まることができなかったという事実と関連しています、その結果、それは分離し始めたか、またはすでに消えました。これは、胎児に供給する血管を含む粘膜に対するより深刻な損傷を必要とし、それにより、特に色に関して、分泌された粘液の性質が変化する。褐色の分泌物が出現するので、必要な検査、診断および研究手順を実施する専門家に連絡することを強くお勧めします。

病理学的原因

残念ながら、すべての分泌物が正常な生理学的性質を持つわけではありません。場合によっては、体内に病気や病理学的プロセスがあることを示していることもありますが、場合によっては非常に深刻なこともあります。自分の健康を怠ると、女性がレースを続ける能力を失うという事実につながる可能性があることを覚えておくことは重要です。母親になることができないことは、すべての人が回復できるわけではないという強力な心理的打撃です。

今日まで、月経までピンク色の分泌物を引き起こす可能性がある以下の理由が知られています。

  • ホルモンの破壊 - 特にホルモンの産生は直接膣の微生物叢の状態に影響を与えます。その変化は、分泌された粘液や体液の病理学的性質を引き起こす可能性があります。
  • ポリープ - 彼らは豊富なピンクと茶色がかった放電によって特徴付けられます、
  • 頸部びらん - 暗い物質が膣から放出される可能性があるかなり一般的な病気です。
  • 感染症 - ほとんどの場合、濃すぎて白っぽいピンク色をしているということは、炎症過程を引き起こした感染が体内に存在することを示しています。
  • 性感染症 - ここでは、直接膣だけでなく子宮だけでなく泌尿生殖器系の他の器官にも局在する病原性微生物について話す必要があります。最も一般的なSTIには、クラミジア、トリコモナス症、マイコプラズマ症、および細菌異常症が含まれます。前述のすべての病気で、放電は濃い粘稠度と黄色がかった色合いを持ちます。
  • 膣カンジダ症 - おそらく生殖器系の最も一般的な病気。それはCandide家系からの病原体によって引き起こされるように、それは真菌由来です。この病気はツグミとも呼ばれます。それが放出されると、流体は徐々に凝乳堆積物に変わり、密度は著しく増加する。膣カンジダ症の存在の重要な兆候は、真菌コロニーの活発な活動によって引き起こされる、鋭く不快な匂いです。
  • 子宮内膜症 - 不快な臭いとピンクがかった色を持つ放電は、この病気の主な症状です。この病気は、子宮粘膜の子宮内膜の上層の病理学的増殖によって特徴付けられる。この病気は月経時の痛みの危険性を著しく高めます。同時に、粘液は重要な日の前だけでなく、それらの後にも放出される可能性があります。
  • 悪性腫瘍 - 女性の生殖器系の子宮、卵巣、その他の臓器のがんには、多くの特徴的な症状があります。最も顕著なものの1つは、白っぽいピンクがかった色または茶色がかった色合いの外観です。その一貫性は卵白に似ています。粘液構造と血栓の存在は、体内の腫瘍学的プロセスの可能性を高めます。

月経前に淡いピンク色の放電がある場合は、その外観を無視しないでください。彼らは深刻な健康上の問題について話すことができるという事実を考えると、それはすぐに婦人科医を訪問し、問題の本質を詳細に説明する必要があります。特定の病状の時宜を得た治療は、女性の生殖機能だけでなく、彼女の健康と人生さえも維持するでしょう。

月の初めの前にピンクの放電の原因

通常の月経周期は28日間のいくつかの段階からなると考えられています。実際には、この期間はかなり少ない割合の女性(約15%)で発生します。それぞれに対するサイクルの確立が異なることを考慮すると、1つの特定の数字からの逸脱が許容される。 Нормальным можно воспринимать цикл месячных сроком 21-35 дней.その期間がこのフレームワーク、ceteris paribusに含まれていない場合、これは月経が遅れるために体の正常な活動が中断され、月経周期が失敗することの直接的な証拠です。

健康な女性では、月経は3〜5日かかります。この時点で、体は自然に自分自身を清潔にします - 子宮から膣を通して約5​​0mlの物質を取り除きますこの物質は通常膣分泌物と呼ばれています。

月経が始まる前に、女性はさらに、分泌物の色が異なるだけでなく、膣からの排出物の特有の臭いおよび排出物の強度が異なる他の分泌物を有する可能性がある。何が正常な膣分泌物であるべきかについて、あなたは記事で読むことができます:白、緑、黄色、茶色の排出、黒とピンクの排出、膣からの不健康な色の選択の理由、異常ハイライトの原因

それらの存在は時々健康に無害ですが、しばしば病理学の発展の合図になります。したがって、放電の性質を分析する必要があります。

非常に珍しい、濃すぎる、および/またはより豊富な分泌物は、性器領域における進行性の性感染症または炎症過程を示します。これは、時間内に治療を受け、重篤な合併症の発生を防ぐために、異常な婦人科検査を受ける機会です。

だから、月経の数日前のピンクの分泌物(月経)などの症状の主な原因は次のように言うことができます:女性の体にホルモン不全の出現、危険な感染症の発症、最も多くの場合STDの出現による、感染症性的に。いくつかのケースでは、ピンクの分泌物の出現の理由 - これは個人衛生の規則に違反しています。また、月経前のピンク色の分泌物の原因には、子宮内膜症、子宮内膜増殖症、腫瘍の出現、血液型の疾患の出現、子宮内膜ポリープの出現などの問題および疾患が含まれる。

ホルモンOKは、ピンク色の放出、濃いピンク色または淡いピンク色の放出の出現の理由の1つかもしれません。ホルモン避妊法を取るとき、放電の外観は月経までのピンク、薄赤色の放電だけでなく、サイクルの途中で茶色のわずかな希少放電の外観でもあります。また、分泌物のピンク色はホルモン避妊薬の使用のためだけでなく、ホルモンIUD(ホルモンIUD)の使用の結果としても現れることがあります。

淡いピンク色または濃いピンク色の退院のより危険な原因は、子宮内膜炎、中絶または非常に困難な出産の結果、子宮頸管炎、膣の炎症、子宮内膜症(出血と呼ばれる腹痛、長期の膣分泌物の増加を伴う)です。 。子宮筋腫はその発現の性質上、原因のない月経へのピンクの分泌物の出現のような症状を伴うことがあります。ピンク色の毎月の排出の開始前に出現の理由は多様であり、それらの中で最も危険なものの1つは癌の発症、子宮癌の出現です。記事も役に立つかもしれません:月経の代わりにピンクの退院の原因、月経の代わりにピンクの退院があるのはなぜですか?

月経前のピンクの分泌物 - それらはどういう意味ですか、それらは何を示しますか?

それが女性に不快感を引き起こさないのであれば、ピンクの分泌物の出現は危険ではありません。ホルモン避妊薬を長期間適用するには、この状況に頻繁に対処する必要があります。

ホルモンの一部は外部からのホルモンの一部を受け取ることによって再構築され、体は追加の分泌物との変化に反応します。

ピンク色が普通と考えられるのはいつですか?

わずかなピンク色の分泌物、または小さなピンク色の排出物は排卵の症状の1つであるかもしれません、その場合そのようなピンク色の排出物は少しの危険ももたらしません。女性のホルモンのバックグラウンドの変化のプロセスによる排卵の期間中に稀少なピンクの放電が表示されます。ほとんどの場合、排卵中のピンク色の排泄は月経の数週間前に現れます。そして、このプロセスは子宮内膜(粘膜)の一部が拒絶されるために起こります。そして、それは順番に高レベルのホルモンのエストロゲンによるものです。

月経前およびホルモン性IUD(子宮内避妊具)前のピンク排出

子宮内装置を設置した少女たちもこの現象を観察することができます。

ピンクの膣分泌物が周期の途中にある場合、特に - 安定した性格を持ち、排卵の時期の兆候であることが多く、妊娠の開始を計画するのに最適な時期です。男性との性的接触中の卵子の受精の可能性は排卵中です。膣分泌物は女性に新しい命を想起させる準備の合図を与えます。

性交後のピンクの退院

ピンク色の膣分泌物が性交後に現れることがありますが、これは性交中の微小亀裂の形成によって説明されます。性交後のピンク色の分泌物もまた、頸部びらんの発生の結果である可能性があります。婦人科医の中には、性別の後にピンク色の発色があるとしたら、ポリープや過形成過程などの女性の健康に問題があるためと考えています。

ピンクの退院と妊娠

多くの場合、女性は妊娠中にピンク色の分泌物があるかどうか、妊娠中にピンク色の分泌物が危険であるかどうかを尋ねます。ピンクの退院は、妊娠の最初の数ヶ月で起こります、しかし、まったくありません。妊娠中の退院の様子は、特に妊娠中の退院が不快な臭いをしている場合、または妊娠中の女性から下腹部の痛みとともにピンク色の退院がある場合は、医師に相談してください。

特に月経前の2日前にピンク色に染まった退院が出現した場合、特に腰椎や下腹部に痛みがある場合は、婦人科または感染症の病理学的異常の可能性があります。それらを除外または確認するには、専門家の助言を得る必要があります。

ホルモン障害、性器の粘膜細胞を介して伝染する病気、またはその結果としての個人衛生、子宮内膜病理の無視を検出するのに役立つので、特に妊娠中はあなたにとって不愉快な分泌物を軽蔑的に無視してはいけません。血液疾患、腫瘍のプロセス。

ピンク色の放出が性交の完了直後に起こる場合があります。これは男性の生殖器の機械的影響の力の下で出血して亀裂の形で膣の壁を損傷すると起こります。

濃いピンクと茶色の放電、それらはどういう意味ですか?

褐色の排泄物は、血の筋や悪臭を伴い、子宮内膜症の疾患を示します。それは、子宮内膜の成長または肥厚を特徴とし、これは一連のホルモン療法で矯正されなければならない。重症例では、外科的またはレーザーによる介入に頼ることになります。

月経後の不快な液体のピンク色の分泌は、子宮頸管炎および慢性子宮内膜炎を示す。それらの外観は、生殖器の感染の危険性を高めます。かゆみと酸味のある臭いを補った安っぽいピンク色の分泌物がカンジダ症(ツグミ)に見られます。

ピンクの分泌物と婦人科疾患、その他の種類の分泌物

腫瘍疾患、良性新生物、ポリープ、内分泌系の障害も一緒にまたは別々にまた、ピンク色の分泌物の出現を引き起こす。

新しい月経周期の前の褐色の排泄 - 性的領域の疾患の排除を目的とした骨盤検査の必要性の直接的な指標。それはまた役に立つ記事であるかもしれません:月の前にどんな種類の退院が問題の徴候、婦人科疾患として考えられることができるか。

ブラッディブラウン放電は、子宮内膜増殖、子宮内膜増殖症、その他の疾患の間接的な徴候です。

痛みを伴う感覚は、子宮内膜症の可能性が高いことを示しています。

褐色分泌物は、ホルモン剤の使用、不安定な性によるホルモンレベルの変動、または婦人科手術の結果として生じる可能性があります。

真菌感染症の存在の可能性は安っぽい白の放電によって合図されます。それらは薄片状であり得、膣の壁に定着し、そして外性器を覆い、常に不快な酸味を有する。そのような退院は、かゆみおよび重度の灼熱の外部炎症の徴候によって特徴付けられる。

妊娠を妨げるホルモン性避妊薬を使用すると、暗放電が発生します。これは経口剤(ほとんどの場合、確認されている)およびらせんまたは膣リングの両方に当てはまる。

ピルのホルモン摂取開始時(3ヶ月まで)の過剰な分泌物の安定した出現は、通常どおり医師に認められています。この放電が再び検出された後は、使用されている避妊薬の代替品を見つけるために医師の助けを借りる必要があります。

そのようなホルモン剤への曝露によって暗血分泌物の存在が確認された場合、医師は異なる用量のエストロゲンを含む薬物を処方します。

月経周期が繰り返される前に起こる黄色い分泌物は、(抗生物質治療の身体への副作用を含む)様々な理由で、膣の明らかな異常症の徴候、または性的接触を通して得られる感染症です。クラミジアとマイコプラズマ症がより一般的です。あなたは記事に黄色の放電が何であるかについてもっと読むことができます:膣からの黄色の放電の原因、黄色の放電が示すもの、そしてそれは病気のどんな症状があるかもしれないかを示すかもしれません。

月経前に点在するピンクの斑点

月経の開始前に血液が点在している粘液分泌物は、子宮頸部または癌の完全性に対する侵食性損傷の徴候である。

自己治療や身体から受けたシグナルを無視することは予測できない結果をもたらし、健康な女性の身体に特徴的ではない分泌の原因を悪化させる可能性があります。診断を確定し、適切な治療を受けるためには、上記の退院の最初のまたは繰り返しの出現で、緊急かつ無条件に婦人科医を訪ねる必要があります。茶色の分泌物についての詳細を読む、ダークブラウンまたはライトブラウンの血の分泌物は、記事で見つけることができます。明るい茶色の膣分泌物 - 茶色の分泌物、膣からのダークブラウンのダブが疾患の症状と考えられる理由、豊富な分泌物がある理由。

関連レコード

こんにちは私の夫と私は、現在3ヶ月間妊娠しようと積極的に取り組んでいます。このサイクルで、私はすべてがうまくいったと感じました - 私の胸はいっぱいで、私は輸送中に少し揺れ始めました。しかし、月経は昨日始まりました、それらはいつもとは少し異なります - ピンクと非常に乏しくて、汚れています。私は少しの不快感も感じません、胃は痛くありません。これで全部です、妊娠の見込みはありませんか?

こんにちは検査と分析がなければ、何かを仮定することは非常に困難です。しかし、妊娠の最初の数ヶ月の一部の女性では、月経の代わりに、ピンクの斑点があります。これは、子宮壁への受精卵の着床を意味します。したがって、これらの症状は妊娠の発生を示す可能性があります。ほとんどの医師は、この現象を規範の変形と見なしていますが、子供に危険をもたらすことはありません。胎児が適切に発達していることを確認するために時間をかけて寄付することが望ましいホルモンHCGのレベルに関する分析の助けを借りて妊娠の開始を確認することは可能です。妊娠が確認され、退院が停止または増加しない場合は、早急に婦人科医の助けを求める必要があります。おそらく、流産が脅かされているのであり、予防する必要があります。

こんにちは私はいつも25〜34日の不規則な周期を持っていましたが、今日の最後の月経期間の最初の日から45日が過ぎました。妊娠は除外されます。一ヶ月前、私は骨盤内臓器の超音波検査を行いました - 病状は見つかりませんでした。 2日前、彼女は婦人科医に診察を受けました、すべてが大丈夫でした。ホルモンの血液検査のために送られて、今日結果を受け取りました - プロゲステロンを除いて、すべてのホルモンは正常範囲内です - 指標はそれらがあるべきより低いです。昨日、理解できないピンクのスポッティングが始まった、それはこの期間がようやく始まったとすでに考えられていた、しかしそれらは非常に乏しくそしてより激しくならなかった。教えてください、それは何ですか?私は明日だけ医者に行きます。

こんにちはあなたの症状と検査結果に基づいて、あなたはホルモン不全を推測することができます。それは月経中に血のピンクの放電を引き起こす可能性があるプロゲステロンの欠如です。ホルモンレベルは子宮内膜が完全に剥がれ始めるのに十分ではありません。この場合、月経は、月経が始まる背景に対して、錠剤または筋肉内注射の形態のプロゲステロン薬の助けを借りて呼び出すことができる。特定の薬を割り当てて、その受付の期間を決めることができるのはあなたの医者だけです。

こんにちはこの毎月の周期で、私は望まない妊娠を防ぐためにホルモン子宮コイルを取り付けました。その後毎月計画通りに来ましたが、彼らの性格は変わりました - 彼らはピンクになりました。私は婦人科医がこれについて私に警告したことを覚えていません、それは規範の変形であることができますか、または私は医者に診察するように約束をするべきですか?

こんにちは避妊ホルモンコイルとして使用すると、月経流出の性質が変化することが多く、そのピンク色は病状の存在を示すものではありません。退院が非常に激しくなるか、または子宮出血が始まるならば、あなたはできるだけ早く医療機関に連絡する必要があるでしょう、あなたの状態を見てください。

教えてください、月経中のピンクの排出量に関連することができますか?私はいつもジャンプのサイクルをしていました、そして最近では月経流出の色も変わりました。婦人科医での診察で先月と超音波検査でも、病状は見つかりませんでした。

あなたの婦人科が正常であれば、内分泌科医に相談して必要な検査に合格するように勧めます。同様の症状が甲状腺の問題を示すこともあります。

こんにちはこのサイクルでは、婦人科医のアドバイスを受けて、私は望まない妊娠から保護するために避妊薬を服用し始めました。月経は昨日、7日の休憩の間に始まりました、しかし、それらはいつもと同じではありません - 色はバラ色で非常に乏しいです。これはどういう意味ですか?

こんにちは経口避妊薬の受容はホルモンに影響を及ぼし、場合によっては分泌物の性質に影響を及ぼし、それらの色はピンク色または褐色になります。あなたの全体的な健康が良いのであれば、心配しないでください。ピンクの退院が下腹部の激しい痛みを伴うならば、それから私はあなたにあなたの医者に連絡して望まない妊娠からの保護の別の方法を選ぶように勧めます。

ほとんど読む:

女性からの透明な退院 - あなたが注意を払う必要があるもの!
透明なハイライト

月経前のこぶ:茶色、ピンク、黒など
私の前に汚い…

月経中に超音波検査をすることは可能ですか?
毎月の超音波検査

望まない妊娠の中断、望まない妊娠を終わらせる方法
割り込みが発生しました...

子宮頸部生検:それは恐れる価値がありますか?
子宮頸部の生検

永遠に家でいつツグミをなくすのか
小屋の速さは…

子宮頸部子宮内膜症:それが何であるか、治療、症状、徴候、原因、段階
頸部子宮内膜症

女性の失禁 - 在宅治療
私たちは失禁を治療します...

中絶の種類:説明、検査、合併症
中絶のタイプAb ...

望まない早期妊娠:何をするか
どうすればいいですか...

ツグミのための最も安価で最も効果的なキャンドル:レビューとレビュー
一番安いと...

乏しい期間:妊娠または病気の症状?
理由は乏しいです...

月に一度の血栓と粘液:標準または病理
主な理由は…

受胎が起こった場合、排卵後にどのような退院がありますか?
後に放電します...

月経後の斑点 - 黒人女性の出血や褐色の原因…
血の原因

女性のためのスキトルズと男性のためのスキトルズ - 特別な演習
女性用ケゲル

子宮頸管機能不全:ICNの症状、原因、治療
子宮頸管...

月経後の血液:規範と病理、考えられる原因
主な理由は…

Эндометриоз матки — лечение, симптомы, Азбука здоровья
Эндометриоз мат…

Если кровит после месячных
Что делать, есл…

Таблетки от молочницы для женщин — эффективные средства от кандидоза и особенности приема
Таблетки от мол…

女性のかゆみを伴う鼠径部:写真と原因
かゆみの原因...

スラッシュキャンドル、スラッシュのための安価で効果的なキャンドル
牛乳からキャンドル...

毎月の期間がひどくなった場合、どの医師に対処するべきか
どうすればいいですか...

Pin
Send
Share
Send
Send