健康

閉経期の子宮内膜増殖症とは何ですか?

Pin
Send
Share
Send
Send


女性の更年期障害の発症とともに、性ホルモンの含有量は徐々に減少します。閉経期には、受胎が不可能になります。子宮腔内の粘膜の再生に伴う周期的変化はもはや起こらないので、月経は止まる。しかし、これは女性が生殖器官の健康に問題を抱えていることができないという意味ではありません。それどころか、閉経期の開始とともに、子宮内膜増殖症や子宮癌などの多くの深刻な疾患が出現する可能性が著しく高まります。それらを検出し、時間内に治療を開始することが重要です。

子宮内膜の正常な状態は何ですか

子宮の粘膜は壁を損傷や損傷から保護し、妊娠の開始後、それは胚を保持し栄養を与えます。子宮内膜は、外層(機能層)と内層(基底層)で構成されています。生殖年齢の女性では、機能性上皮は定期的に剥離し(妊娠が起こらなかった場合)、月経の形で表示されます。この後、新たな子宮内膜が発生中の基底細胞から出現する。

更年期障害の発症では、それは保護機能として残るだけです。それは萎縮(体積と厚さの減少)を始めます。月経の開始前に厚さが18 mmに達した場合、閉経中は5 mmになります。そのような変化は生理学的規範と考えられています。しかしながら、時には粘液の厚さは減少しないが増加する。閉経期の子宮内膜増殖症は重篤な合併症を引き起こす。

若い女性では、子宮内膜形成不全(粘膜厚の異常な減少)も病理学と考えられています。それはまた不妊にもつながります。しかし、閉経期には、低形成は通常の生理学的過程であり、治癒することはできません。

過形成の種類

以下の種類の病気があります:

鉄分です。上皮層の厚さは、その中に位置する腺の成長および形状の違反のために増加する。過成長は子宮筋組織の方向に起こります。

嚢胞性。上皮細胞は、腺の出口開口部と重なり合い、それが腫脹し始め、空洞(嚢胞)を形成する。この形態の疾患では、悪性細胞の変性が起こり得る。

基礎上皮鞘の内側(基底)層の子宮の奥深くまでの発芽に関連した稀な形の過形成。

多型(焦点)。細い茎(ポリープ)の成長は腺の細胞から形成されます。子宮内膜増殖の別々の領域がそれらの形成部位に現れる。

異型更年期の間、体内のプロセスが遅くなるので、この形はまれです。一方、異型過形成は、他の組織へと活発に増殖する子宮内膜細胞の形状およびサイズの急速な異常変化と関連している。この形は癌になるので最も危険です。このタイプの過形成は治療されず、子宮が取り除かれます。

閉経期の子宮内膜増殖症の原因

この病理学の出現は、いくつかの身体システムの働きの混乱に寄与しています。健康上の問題は閉経期の開始前に現れることがあり、加齢はその結果を悪化させるだけです。

ホルモン障害子宮内膜の状態に影響を与える主な要因は、血中のエストロゲンの含有量です。子宮内膜増殖症は、このホルモンのレベルが基準を超えると発生します。言い換えると、エストロゲンの含有量は、2番目の女性ホルモンであるプロゲステロンによって調節されています。プロゲステロンは、過剰量のエストロゲンの合成を抑制します。更年期の間に、これらのホルモンの両方の生産の減少があります。しかしながら、エストロゲンに有利なそれらの比率の違反は、子宮内の粘膜の病理学的増殖を引き起こす。

閉経期の子宮内膜過形成は、例えば、女性が閉経期の症状を軽減するためにホルモン補充療法を使用する場合に起こり得る。病気の出現はエストロゲンだけを含んでいる薬の使用に貢献します。より安全なプロゲステロンも含まれている組み合わせた手段です。それらはホルモンの正しいバランスを元通りにして、過形成の出現を防ぎます。

ホルモン避妊薬を使用して、女性は体に避妊薬の効果について医師に相談する必要があります。それは絶えず監視されなければならないホルモンの背景に従って手段を選択することは必要である。

内分泌疾患甲状腺、副腎および内分泌系の他の臓器によって産生されるホルモンも体のホルモンに影響を与えます。これらの臓器の働きに違反があると、エストロゲンの含有量が異常に増加する可能性があります。

代謝異常、肥満。卵巣に加えて、エストロゲンも脂肪組織で生成されます。肥満において、それらのレベルはプロゲステロンのレベルを超え、それは子宮における病状の出現、ならびに乳腺、肝臓および他の器官の疾患をもたらす。

体組織の老化。老化の結果として、生殖器の粘膜は損傷や感染に対してより敏感になります。免疫系の加齢に伴う弱化は、子宮および付属肢における炎症過程の発生に寄与する。その結果、子宮内膜を含む細胞の発達が中断される可能性があります。

子宮のけがと手術掻爬および中絶の間に、子宮の粘膜が破壊され、それが誤った細胞形成および異なる性質の腫瘍の出現のための必要条件を作り出す。

遺伝します。何人かの女性はそのような病気の出現に対する遺伝的素因を持っています。

追加:非常に若い頃に現れた月経のある女性だけでなく、分娩中でない女性でも疾患のリスクが高まります。閉経期の早発性および遅発性の発症もまた要因となります。

更年期に伴う過形成の兆候

この病気の典型的な症状は通常見られません。閉経前の時期に、過形成の存在下で、女性がまだ月に1回の期間を有する場合、周期の規則性が乱され、生殖器からの出血が期間の間に現れる。月経は非常に痛みを伴い、大量になりそして長期化することがあります。

更年期障害で、月経が0.5 - 1年の休憩の後に再び来るならば、これは過形成の徴候でもありえます。閉経後の期間において、何らかの血液の排出の出現が異常である場合、それらの再生は、子宮内の子宮内膜増殖症または悪性腫瘍の発生を明らかに示している。この間、体の免疫防御力の低下や慢性疾患の合併症により、過形成がガンになる危険性が高まります。

注:子宮内の過形成過程の可能性は太りすぎの女性だけでなく、筋腫や乳房症の女性で増加しています。糖尿病、肝疾患、高血圧では、この疾患のリスクも大きいです。

診断方法

女性に子宮内膜過形成があるという疑いがある場合は、以下の方法で検査を受ける予定です。

  1. 経膣超音波。膣に挿入された特別な装置を使用して、子宮内膜の厚さを測定します。閉経期の間に、その値は5〜8mmであり、その後6ヶ月以内に測定はさらに2〜3回繰り返される。過形成の種類に応じて、8-10 mmの厚さで薬または掻爬による治療を処方した。
  2. 子宮をこする癌への再生のリスクが大きすぎる場合に行われます。しかし、この手順も診断的なものです。取り出された子宮内膜は癌細胞の含有量の組織学的分析に送られます。
  3. 生検この方法はびまん性過形成の診断にのみ使用されます(このプロセスは子宮内膜全体に適用されます)。焦点形態の場合、組織サンプルを正確に選択することは不可能であるため、情報を得ることができない。この目的のために、ピストン付き特殊管(ピペット)が使用されます。
  4. 造影剤溶液を用いた子宮のX線。この方法は、子宮内のポリープ、子宮内膜、腺の構造の変化を確認することができます。

薬物治療

プロセスが開始されない場合、異型細胞は検出されず、次いで子宮内膜は医学的方法で修復される。プロゲステロンに基づくホルモン製剤が使用されます。治療は約6ヶ月続きます。すべての薬は医者の処方箋だけで服用されています。超音波による子宮内膜の厚さの常時監視結果によると、薬の服用量を調整しました。

警告:治療後、病気が再発することがあるので、女性は3〜6ヶ月ごとに超音波検査を受けるべきです。

多くの場合、このような治療は手術前に行われます。それからそれは外傷性が少なくなり、治癒は速くなります。予防のために、ホルモン剤も手術後に処方することができます。

外科的治療

治療後に疾患が再発し、子宮内膜にポリープまたは異常細胞が見つかった場合に行われます。擦過、さまざまな焼灼術、または子宮切断術が用いられます。

こする(掻爬)。厚さ10 mmを超える粘膜を除去するために製造されています。手術は局所麻酔下で行われ、約30分続きます。

個々の過形成病巣がある場合、焼灼は特に効果的です。低温破壊(冷熱燃焼)、レーザー破壊、ジアステレオ凝固(電流を使用)などの方法が使用されます。

子宮摘出術 - 子宮内膜細胞の非定型的な変性、子宮の深部への浸潤、および癌のリスク増加を伴う子宮の切断。いくつかのケースでは、更年期の女性はまた彼らが影響を受けているなら自分の卵巣を取り除きますが、これは閉経後の間にしばしば起こります。

予防

閉経期が始まると、女性は年に1〜2回婦人科検査を受ける必要があります。そのうち、子宮内膜の状態に関するほとんどの情報は超音波によって得られます。それはまた、生殖器の炎症性疾患を特定し治療する時間を与えるでしょう。

ヒント:老年期には、女性はビールを飲むことや、乳製品を飲みすぎて飲み過ぎることをお勧めしません。それらはエストロゲンの源です。トマト、ビート、パイナップル、オリーブオイル、その他の「抗癌」製品を食べるのは便利です。

細心の注意を払って、体内のエストロゲンレベルを高めるホルモン療法や薬草療法を使用する必要があります。体重の大幅な増加を許さず、食事を管理することが必要です。

閉経を伴う子宮内膜増殖症

更年期障害の特徴である避けられない変化は、体のさまざまな部分で反応を見つけます。新しい状態の特徴の1つは、免疫力の低下です。この原因は、他の原因と同様に、疾患の発症と予期せぬ発症を引き起こします。

婦人科疾患でさえ、女性を自分の存在から脱却させるはずであるが、もっと活発になり、より深刻な段階に入る恐れがある。閉経期の子宮内膜増殖症も例外ではありません。彼女は目に見える徴候を示さずに初めて現れるかもしれないか、鎮静するか新しい力で彼女自身を思い出させるか。

「過形成」とはどういう意味ですか?

子宮は、子宮内膜と呼ばれる粘膜の内側にあります。この本体は、それぞれ独自の機能を持つ複数の層で構成されています。子宮内膜は子宮の唯一の部分ではなく、他の部門とは異なり、明確な区別があります。しかし、確実に識別することが確実に難しい多くの理由で、彼の細胞は器官の筋肉層に成長し始めます。

粘膜の厚さが増し、ホルモン障害、内分泌障害、生殖障害が引き起こされます。閉経を伴う子宮内膜増殖症、これは子宮の層の奥深くにあるその異常な分布です。腺筋症とも呼ばれます。どの粘膜細胞が異常な形成において優勢であるかに依存して、2つ以上のタイプの疾患がある。

腺筋症の前兆は、閉経期の子宮内膜肥大です。これは子宮の粘膜の層の体積と質量の増加です。月経がまだ来ているとき、それから期間の始めにはこれは正常です、終わりにそれが減少し、そしてその上位層が拒絶するからです。しかし、閉経後の場合、子宮内膜の厚さは通常一定に保たれ、一定の値を持つため、これは驚くべき兆候です。容積の増加に続いて、器官細胞の数の増加が始まり得る。

腺筋症とは何ですか?

子宮内膜の細かさにもかかわらず、それは様々な種類の細胞からなる。子宮内膜に見られる組織は、1種類または数種類の塊である可能性があります。これは、異常な成長の場所と同様に、病気の種類を決定します。専門家は、以下の形の過形成を呼びます。

  • 鉄、
  • 腺嚢胞、
  • 焦点を合わせる、
  • 異型

腺および嚢胞性疾患の種類

閉経期の子宮内膜の腺嚢胞性過形成は、特徴的な加齢に関連した原因が原因で最もよく見られます。これはホルモン不全であり、更年期障害のリスクは自然の原因です。糖尿病、乳腺の良性腫瘍、45歳以降の女性によく見られる肥満、甲状腺の問題は、この病気の状況の進行には好ましいものです。

このタイプの腺筋症は、その根拠が腺組織であるという点で異なりますが、成長はその中の嚢胞と結節の形成によって補完されます。後者は卵巣を含むことがあります。粘膜細胞は腺の口の中にしみ込み、それらを目詰まりさせそしてそれらの内容物の流出を阻止する。粘液で満たされた腔を成長させる。

閉経期における子宮内膜の嚢胞性過形成は、良性腫瘍が腫瘍に変性することがあると脅かす。変化は同じ組織に存在しますが、それは腺とは少し異なって形成されます。この型の腺筋症の嚢胞は、腺のサイズを大きくすることによって形成されます。

限局性過形成

上述の倦怠感の形態は、子宮の筋肉層への子宮内膜組織の​​均一な浸透である。しかし、それは限られた大きさの病理学的領域を明らかにするということが起こります。これは限局性過形成です。

それは腺ではなく、結合組織から主に成ります。それはまた、光沢のあるピンク色の鞘を有する茎上の丸い形成の外観を有するポリープに集めることができる。それらは単数形でも複数形でもあります。ポリープは、子宮の上部、卵管付近に位置することがよくあります。それらは血管によって透過され、時には損傷を受けます。

閉経後の子宮内膜増殖症は、初期の時期よりも頻繁にこのタイプのがんになる可能性があります。

異型腺筋症

異常に拡大した子宮内膜の厚さでは、異型と呼ばれる特殊な種類の細胞が現れることがあります。これは、腺組織が結合組織よりも優勢である場合に、より頻繁に起こります。上皮は、乳頭の形成、腺の過度の分枝、細胞レベルでの他の病状によって活発に分けられる。

これは子宮内膜の表面全体またはその個々の部分に見られます。後者は悪性腫瘍への移行の高いリスクのために特に危険です。

過形成が起こるのはなぜですか?

この病気の脅威を理解したので、多くの人がなぜ子宮内膜過形成が更年期に起こるのか、あるいは発症し続けるのかを知りたいと思うでしょう。原因は更年期障害の発症よりずっと前に発生する可能性があります。過形成の知られている原因の中で:

  • ホルモンの不均衡閉経期の年齢では、プロゲスチンと比較して過大評価量のエストロゲンが観察され得る。そして、すべてのホルモンはより少ない量で生産されます、それらの反対は終わりません、しかし、更年期障害を軽減する薬の制御されていない使用によって悪化するかもしれません。それらのほとんどはエストロゲンを含んでいます。避妊薬は同じ役割を果たすことができます

  • 代謝障害年齢とともに、それは過剰な脂肪の出現につながり、それはエストロゲンを生産する能力を持ちます。その結果、これらの物質に有利になるようにバランスが再び変化し、プロゲステロンが抑制されます。交換障害は糖尿病、血管の問題、肝臓の問題を引き起こします。そしてこれもまた、閉経期に子宮内膜の肥厚を引き起こします。
  • 内分泌機能不全。副腎、膵臓および甲状腺は、一般的な背景、したがって生殖器系の状態に影響を与えるホルモンを産生します。彼らの仕事の機能不全は異常な量のエストロゲンを導きます、それはそれが腺筋症を引き起こすことができることを意味します、
  • 生殖器粘膜の加齢による変化シェルは薄くなりますが、影響を受けやすくなります。炎症、感染の危険性を高めます。子宮腔およびその組織には免疫細胞が多数形成され、エンベロープ細胞の再生速度を刺激します。
  • 子宮への頻繁な浸潤これらのため、粘膜受容体受容体はプロゲステロンの効果にほとんど反応しません。 И естественное для менопаузы соотношение с эстрогенами не помогает уберечь клетки органа от усиленного деления.妊娠中絶の履歴が少ないほど、閉経期の粘膜の健康に良いです。
  • 遺伝的素因閉経期の子宮内膜の病理学は、女性系の祖先が体調が悪い人の間で起こる可能性が高いです。
  • 免疫不全それは、身体によって作り出された保護成分が子宮内膜を異物組織として知覚するという事実にあります。これは後者に精力的に彼ら自身の種類を作り出させる。

筋腫、マストパシーの存在はまた、腺筋症の出現を促進することができます。

病気の兆候

閉経後症状における子宮内膜増殖症は、同じ診断を受けた若い女性とわずかに異なることを示す。これはホルモンバランスの違いによるものです。腺筋症が現れる:

  • 突然の出血は、ひどいか激しいかもしれません。記述された段階で卵巣機能がついに死んだ、月経とそれらを混同することは不可能です。しかし、退院なしの更年期の子宮内膜増殖症も起こります、
  • 腹痛、性格を引き、
  • 疲労感と苛立ちの増加
  • 頭痛。

体重を伸ばすために、時々強い不合理な渇きがあるかもしれません(血中のジャンプした砂糖による)。そして、閉経期の子宮内膜増殖症はまったく症状を示さず、通常の検査中にしか現れないことがあります。そのため、生殖器官の主な機能がすでに満たされている場合でも、生殖器官の状態を監視することが重要です。

いつ心配する必要がありますか?

専門家は「腺筋症」の診断を識別し、その外観を確立します。この目的のために、ハードウェア方法が作られてきたが、その主なものは超音波である。毎年開催され、問題なく開催されます。子宮内膜の厚さのような指標があり、閉経後の疾患ではその速度は4〜5 mmであり、それ以上ではありません。この段階で、それは萎縮する。なぜなら、粘膜では、それ以上繰り返し変化が起きないからである。子宮のいくつかの部分の付着、その子宮頸部の管の部分的狭窄による腔内の体液の出現もまた許容される。

閉経期の子宮内膜の規範には、専門家によるその構造の評価も含まれます。それが年齢ともつれない変化があれば、彼らの性格は決まっています。

6〜7mmの閉経を伴う子宮内膜の厚さは、より詳細な観察の理由である。女性は3ヵ月後と6ヵ月後に超音波をしなければならないでしょう。

閉経期の厚い子宮内膜はそのように呼ばれ、8 mmの範囲である。この場合、指標は得られた材料の削り取りと分析につながります。そしてそれが10〜15 mmであれば、組織学的検査が必要になるでしょう。

閉経中の超音波で子宮内の粘液は他の症状と併せて考慮する必要があります。痛みや血液の放出がある場合、それは単に臓器の自然な萎縮の結果ではなく、炎症の徴候、膜の肥大の変化です。

更年期障害の腺筋症を取り除く

閉経期における子宮内膜増殖症の治療は、病状の種類と罹患率、さらには経過期間によって決定されます。除去のいくつかの可能性があります;家の方法は追加のものとして使用することができます。

医者は処置の方法を選ぶべきです;アマチュア活動は徴候の増加そして病気の無視をもたらすでしょう。ある種の腺筋症は癌に変わる可能性があるため、生命を脅かすものです。

症状がなくても、後で医師の診察中に子宮内膜の状態をモニターする必要があります。

腺筋症のための薬

手術を伴わない閉経期治療における子宮内膜増殖症は、線維性ポリープの非存在下でのみ起こり得る。薬物療法は、エストロゲンの子宮内膜への影響を減らすためのホルモン剤の効果です。以下のツールが使用されています。

  • 酢酸メゲストロール、
  • メドロキシプロゲステロン、
  • ヒドロキシプロゲステロンカプロン酸塩、
  • ノルエチステロン、
  • ゴセレリン
  • ブセレリン、
  • ゾラデックス
  • ジフェレリン、
  • ダナゾール
  • ゲストリノン。

閉経後の過形成は必須の受付で治療される

  • Ursosana、Phosphogliv、肝を回復するためのEssentiale、
  • ヘパリン、血液の凝固を防ぐためのヘパトロンビン。

ゴナドトロピン放出ホルモンのプロゲストゲンおよびアゴニスト、ならびに抗ゴナドトロピンは、3〜6ヶ月かかり、子宮内膜の状態の超音波を常にモニターしている。

腺筋症の病巣を狭めるために手術前に薬物療法が行われることがあります。この場合の介入は外傷性が最も少ないでしょう。

閉経後の女性に関する記事を読むことをお勧めします。あなたはこの症状の症状、特に分泌物、生殖機能の消滅、投薬の必要性について学ぶでしょう。

外科的治療なしでしてはいけないときは?

閉経後の子宮内膜増殖症の治療は、特にそれが再発する場合、または癌の必要条件がある場合には、外科的であることがより頻繁にあります。臓器に見られる異型細胞は、直接手術する必要があります。手術には以下が含まれます:

  • 掻爬で。閉経期掻爬術は、厚さ10 mmの粘膜に推奨されます。診断にも非常に有益です。医者は静脈内麻酔の下でそれをしている、すべての成長の粘液の最上層を取除く。操作は20-30分続きます
  • 焼灼中。この方法は焦点の広がりに適しています。腺筋症のレーザー治療領域それらは崩壊し、後で自分で取り除かれます。
  • 凍結破壊においてこの方法は焼灼に似ていますが、ここでは高温ではなく低温を使用します。病理学的領域は死んで子宮からも離れます、
  • 子宮摘出術では。がんを発症するリスクが高い場合、つまり複雑なタイプの異型過形成の場合は、子宮を切除します。閉経後期には、同様の脅威が卵巣にも及ぶことがあります。そしてこの年齢で手術が子宮のすべての付属肢を捕獲するので。

普及した方法か。

閉経後の民間療法における子宮内膜増殖症の治療は基礎としてとられるべきではありません。追加としてあなたが使用することができます:

  • ゴボウ根汁と金色の口ひげの混合物。同じ割合を取り、大さじ1を取る。一日二回
  • イラクサのアルコールチンキ。草200 gには、500 mlの液体が必要です。暗闇の中で3週間主張し、小さじ1を飲む。朝と就寝前に。

リストの最初のものは、健康状態が優れているにもかかわらず、婦人科医による定期検査です。

閉経前、閉経後および閉経期における子宮内膜増殖症の徴候、疾患の診断および治療

女性の更年期は、彼女にかなり良い健康状態を提供した性ホルモンの数と割合が大きく異なる時です。今、彼女は自分の健康について特に用心深く、若くて短時間で心配を引き起こさなかった変化に注意を払わなければなりません。

何よりも月経に関係しています:強化、長い休憩後の外観、または月に2回繰り返す状況は危険です。これは、閉経期における子宮内膜増殖症の徴候である可能性があります。これは、適切な治療をしないと癌に「退化」する可能性がある疾患です。特に月経が重い、子宮筋腫、子宮内膜症、または乳房の腫瘍を患っている、または患っている女性が特に危険です。

子宮内膜増殖症とは何ですか?

「過形成」という用語は、その構成細胞の過剰な形成による組織(この場合は子宮内膜)の厚さの増加を指す。

子宮内膜は子宮の内層と呼ばれ、それは胚が栄養と発育のための条件に見えるように設計されています。

胎児に栄養素を提供する主な責任は、子宮内膜の内部の機能層です。更年期障害が始まる前に、毎月次のような変化が起こります。

  1. 月経の終わりの直後に、それは非常に薄いです - 最大1 mm。
  2. 成熟した卵子が放出される前は、主なホルモンはエストロゲンです。それらは粘膜の自然の肥大 - 細胞の体積の増加 - を引き起こします。この子宮膜の厚さは4-5 mmにする必要があります。
  3. 卵巣内の卵子を受精させることを期待して、黄体が形成される - 一時的な内分泌器官がプロゲステロンを血中に分泌する。このホルモンは子宮内膜の体積を増やすように「命じ」、その腺は曲がりくねった形をとり、透明な液体を作り出します。この層の上層細胞 - 繊毛 - に特異的な成長が活発に「ちらつき」、受精卵の促進に役立ちます。ここで機能的な子宮のゾーンの厚さ - 最大8 mm。
  4. 受胎が起こらなかった場合、子宮内膜が絨毛性ゴナドトロピンとプロゲステロンの増加がないことによって「学習」し、それが薄くなり、その中に出血と壊死の領域があり、すぐに完全に剥離します - 月経が起こります。

子宮内膜の下部基底層はほとんど変化していません。しかし、それは剥離したものではなく、機能的な層の新しい細胞を生み出します。

閉経期には、卵子の成熟の必要性がなくなり、性ホルモンのレベルが下がり、月経周期が消えます。機能的子宮内膜層は徐々に萎縮し、閉経後にはほぼ完全に消失するはずです。

しかし、体内のエストロゲンレベルが上がり、プロゲステロンが抑制効果を失うと、「ワーキングゾーン」はますます大きくなります。そのような状況は、閉経期の開始よりずっと前に起こることが多く、したがって、子宮内膜増殖症は閉経前の期間に一般的である。

子宮内膜増殖症の原因

この病気は女性の15%以上に登録されています。その原因は、血中のエストロゲンレベルが上がる条件です。

  • 肥満(脂肪細胞は男性ホルモンのテストステロンをエストロゲンに変換することができます)、
  • tekomatoz - 機能的卵巣組織の増殖。視床下部 - 下垂体系によって産生される「コマンド」ホルモンの不均衡のために40歳以降の女性によく起こります。
  • エストロゲン産生卵巣腫瘍
  • 肝疾患は、血中のタンパク質のレベルが低下し(それらが産生されるのは肝臓です)、エストロゲンと結合し、それらが受容体と相互作用するのを妨げます。
  • エストロゲン量が増加する副腎疾患
  • 真性糖尿病におけるインスリンレベルの増加、それにより卵巣の作業組織が増加する。
  • エストロゲンと一緒に薬を飲む
  • エストロゲン産生増加の遺伝的素因
  • 子宮の頻繁な操作(中絶、掻爬)、これは正常な上皮結合組織の置換を導く。機能的組織の量の減少のために、子宮内膜はプロゲステロンの命令に対してより悪く反応する。

子宮内膜増殖症は、常にエストロゲンの絶対量の増加によって引き起こされるわけではありません:子宮粘膜に対するエストロゲンの効果の持続期間はより重要です。すなわち、閉経期および閉経前期において、無排卵(排卵なし)サイクルのためにそれらの第一相が延長され、そして低レベルのプロゲステロンが子宮内膜を分泌腺に変換することができない場合がある。

この疾患は、閉経期前 - 閉経期(実際には閉経期)をカバーする期間であることが最も頻繁に現れます。閉経後の子宮内膜増殖症はまれです。

子宮筋腫、子宮筋腫、子宮内膜症、およびマストパシーは、それらが治癒したとしても、病理学の原因ではありませんが、閉経期の女性に過形成を発症する可能性が高いことを示すマーカーです。

別の徴候となる症状は、より早期の(45歳以前の)更年期障害です。これらの女性は全員、年2回予防婦人科検査と生殖器の超音波検査を受ける必要があります - 1年に1回。

病気の分類

病理学を組織学的構造に従って種に分類することに基づいて、婦人科医は閉経期における子宮内膜増殖症の治療を選択する。だから、病理学の5種類があります:

  1. 腺過形成。子宮内膜腺の増殖を特徴とする。彼らは蛇行するようになるが、目詰まりしないで、子宮の内腔への彼らの秘密を強調する。このタイプは最も良性の経過と良い予後を持っています。
  2. 嚢胞性タイプ。この場合、腺はそれほど成長しませんが、それらはブロックされ、シストを形成します。前のものよりもはるかに悪性の形態。
  3. 腺嚢胞性過形成。この場合、腺と成長し、それらの排泄管がブロックされています。 5%の症例で癌を引き起こす可能性があります。
  4. 病理学の病巣の形。子宮内膜は、ポリープの形態で、子宮内の1つまたは複数の部位でのみ拡張および変化する。
  5. 異型です。最も悪性の形態(癌の60%が発症する)は前癌に起因する。

病理学は更年期障害にどのように現れるのでしょうか。

閉経期における子宮内膜増殖症の症状は、12ヶ月の月経がない場合のこの病状を示すものとそれほど変わらない。主なものは血まみれの膣分泌物です。それらは豊富または乏しいのいずれかですが、月経の欠如の後に現れる、または逆に、月に2回現れるのは、疾患を示すかもしれません。

多くの場合、出血は下腹部の痛みを伴うけいれんを伴います。稀に、頭痛、不眠症、体重増加、パフォーマンスの低下、のどの渇き、特に過敏性などの「一般的な」症状がある場合にのみ、子宮内膜増殖症が退院なしで起こることはめったにありません。

閉経前には、次のような理由で病気の存在が疑われます。

  • 月経が痛くなった
  • 周期が不規則になった
  • 1サイクルに2回の出血の出現
  • 予想される毎月の期間の前に遅延があり、その後大量出血が始まりました、
  • 定期的な周期での月経流出は豊富になりました、
  • 「毎月」は10-14日続きます。

診断はどうですか?

子宮内膜増殖症の診断は、医師がポリープに似た形成を検出することができる場合、専門家が女性の不満または膣鏡検査データに基づいて処方する器械検査に基づいて婦人科医によって行われます。

主な診断方法の1つは、経膣プローブによって実行される子宮の超音波スキャンです。閉経期にMエコー(子宮内膜)の厚さが6〜7 mmであることが明らかになった場合、子宮鏡検査が規定されています - 内視鏡機器を使用した子宮腔の検査。全身麻酔下で行われるこの処置中に、組織学的検査のために子宮内膜のいくつかの領域を採取することが可能である。

閉経期にM-echoが8 mm以上の場合は、子宮内膜過形成の診断的掻爬が行われ、癌が除外されます。それはまた全身麻酔下でも行われ、そして同時に治療的および診断的手順であり、両方とも大量の出血を停止させそして顕微鏡下で「削り取られた」子宮内膜を十分に検査することを可能にする。

10 mm以上の子宮内膜肥厚 - 別々の掻爬のための適応と放射性リンによる子宮の研究静脈に導入されると、それは「不健康な」(細胞が修飾されている)子宮内膜に移動し、そこで蓄積します。組織学的検査のために、取られるのはこれらのゾーンです。

治療戦略

病気の治療法は、その組織型(腺、嚢胞性など)、女性の年齢、血中の性ホルモン濃度、乳がんの有無によって異なります。

様々なタイプのホルモンが処方されているとき、そして成長している部分を燃やし尽くすことによって、それらをこすることによって、または子宮を取り除くことによって、それは保守的です。

40〜45歳の女性

まだ月経がある年齢で、以下の治療戦略が適用されます:

  1. 増加した量のエストロゲンが検出された場合、乳癌はなく、過形成性子宮内膜に異型(異常、前癌性または癌)細胞がないため、経口避妊薬(Regulon、Novinet)を3ヶ月間処方する。効果がない場合、外科的治療が行われます - 生い茂った病巣からのレーザー焼灼(レーザーアブレーション)または掻爬。
  2. 増加した量のエストロゲンに加えて、子宮の機能層に前癌性(異型)細胞が見出される場合、経口避妊薬が治療目的のために処方されるか、またはミレナ型の子宮内システムが配置される。コースは3ヶ月で、その後外科的治療が行われます。場合によっては、子宮摘出の問題も検討されます。
  3. 組織学的検査でがんが明らかになった場合は、化学療法、放射線療法、および外科的治療を受けます。その後、ホルモンは自然な月経周期を作り、この年齢で十分なレベルで女性の新陳代謝を維持するかのように処方されます。

閉経前の子宮内膜増殖症における良好な結果はDuphastonによるものです。このプロゲステロン薬は子宮内膜に対するエストロゲンの作用をブロックし、その成長を止めます。この薬を飲んでいる間に月経間血があるかもしれません。

閉経期の46〜52歳の女性に対する治療の原則

治療は、出血を止めてその再生を防ぐという2つの主な目的を達成することを目的としています。最初の段落の実装のために止血薬が処方された後に掻爬、ジアテルミックまたはレーザーアブレーションを実行してください:Ditsinon、塩化カルシウム、カルシウムグルコネート。

再発性出血の予防は、ホルモンの種類の1つを使用して行われます。

  • 経口避妊薬の併用
  • антагонистов гонадотропин-рилизинг-фактора (Бусерелин, Госерелин и другие),
  • 時には - 合成プロゲステロン類似体(Duphaston、Norkolut)。

閉経後療法

子宮内膜に異型細胞が存在しない閉経後患者における子宮内膜増殖症の治療は、外科的方法によって行われる:レーザーアブレーション、掻爬。手術後、ホルモン補充療法が行われ、子宮内装置が配置されます。

子宮内膜の閉経後の女性に異型細胞が検出された場合は、外科的治療を実施した後に化学療法または放射線療法を実施します。

閉経期の子宮内膜増殖症:治療、症状、タイプ

子宮内膜増殖症は、子宮内膜の病理学的、ホルモン依存性の変化および増殖である。

過形成は、子宮腺細胞およびより少ない程度ではあるが子宮内膜の結合組織細胞(間質)の異常な繁殖によって引き起こされる増殖過程である。

子宮内膜の過形成は局所的な問題ではなく、生物全体の働きの中断であることを理解することが重要です。

閉経周辺期の子宮内膜増殖症は、最大50%の女性に発症します。最大の発生率は閉経後の初期です。症例の80%の高齢女性における子宮内膜癌の発症は、閉経期における子宮の再発性子宮内膜増殖症の悪性腫瘍によるものである。だからこそ、この病気はタイムリーな診断と適切な治療を必要とします。

子宮内膜:構造、過形成

典型的な子宮内膜増殖症の直接的な「原因」はホルモンの不均衡であり、これはプロゲステロン欠乏症の背景に対するエストロゲンの子宮内膜に対する主な影響です。

子宮内膜がなぜ重要で、過形成とは何ですか

子宮内膜によって代表される子宮の内層は、妊娠中の胎児の保持および栄養と同様に、器官の壁の損傷および癒着を防ぐために必要である。子宮のこの部分の構造は外層と内層で表され、それぞれ機能層と基底層とも呼ばれます。

生殖年齢では、機能的子宮内膜層は月経出血中に剥離します。これに続いて、発達中の基底細胞から新たな機能層が形成される。

閉経期において、子宮内膜は保護機能のみを果たす。その萎縮性の変化は徐々に進行します - 総体積が減少し、厚さが薄くなります。

注意を払ってください。月経出血の発症前の早い段階で子宮内膜層の厚さが18ミリメートルに達した場合、閉経時にこの値は約5 mmになります。

専門家は予防目的で治療を受けるべきです。

そのような変化は女性の生理機能の規範です。しかし、場合によっては、舗装の厚さが増すことがあります。この現象は過形成と呼ばれます。このような状態は多くの合併症を引き起こす可能性があるので、早期診断および合理的な治療矯正の過程を割り当てるために閉経期の間でさえも婦人科医を定期的に訪問することが重要である。

過形成の考えられる形態

組織学的分類によると、閉経中の子宮内膜増殖症は以下のいずれかのタイプになります。

  1. 鉄分です。この場合、腺細胞の増殖に起因して子宮内膜層の厚さの増加が起こる。子宮内膜層の成長は子宮内膜の方向に観察される。
  2. 嚢胞性。上皮細胞は腺の排出管を塞ぎ、その結果、腺自体が嚢胞性腔の形成に伴って体積が増加する。この形態の病理は悪性腫瘍 - 悪性転換の出発点となり得る。
  3. 基礎これはまれな病状です。上皮基底層の細胞が過剰に増殖することによって発現した。
  4. 多発性または限局性。成長は腺細胞から形成され、その形成場所で子宮内膜が成長する。
  5. 異型閉経期の過形成のこの形は非常にまれですが、しかし、最も危険です。これは癌の形質転換のリスクが高いためです。

臨床分類(WHOが推奨するとおり):

  • 異型なしで単純です。子宮の粘膜層を再構築することなく、間質および腺要素の数を増やす。
  • 異型がなければ困難です。有糸分裂の活性化なしに構造的再編成(局在化、子宮内膜腺の形状および大きさの変化)がある。
  • 単純な非定型構造的変化なしに細胞の有糸分裂活性が増加する。
  • 異型が難しい。細胞の構造的再編成が起こり、それらの有糸分裂活性が高まる。

臨床分類に基づいて、診断が行われ、治療戦略が決定されます。

閉経期における過形成変化の病因

閉経期において、子宮内膜層の過形成性変化は、以下の要因によって引き起こされ得る:

  1. ホルモンレベルの変動は、過形成過程の活性化における主要な要因です。過形成は、血中のエストロゲン含有量が高い状態で発生します。血中のこれらのホルモンの濃度は、それらの合成を抑制するプロゲステロンによって制御されます。しかしながら、閉経期には、両方のタイプのホルモンの合成は減少します。更年期の過形成は、最初のものを支持するエストロゲンとプロゲステロンの比率の違反によって引き起こされます。
  2. 制御されていないホルモン補充療法。閉経期症状を抑えるための多くの治療法は、一見したところ見られるほど安全ではありません。薬草療法でさえ過剰な細胞増殖を誘発することがあります。
  3. 内分泌系の病理内分泌系(甲状腺、副腎)の破壊は、血中のエストロゲンレベルに対するホルモンの刺激作用により、子宮内膜細胞の異常増殖を引き起こす可能性があります。
  4. 代謝性疾患体内の過剰量の脂肪組織の場合、過剰な正常レベルのエストロゲンが観察され、それが過形成をもたらす。そのため、太りすぎは過形成変化の重大な危険因子です。
  5. 免疫力の低下、子宮の炎症およびその付属物の誘発は、過形成過程を引き起こす可能性があります。慢性子宮内膜炎を背景とした過形成の進行および性感染症による感染。
  6. 手術を含む子宮の外傷
  7. 遺伝的素因

過形成の兆候は何ですか?

過形成変化の存在下では、いかなる臨床症状も通常は存在しない。閉経前に子宮内膜増殖症がある場合(つまり、まだ月経出血がある場合)、周期の持続時間に変動が生じる可能性があります。出血は月経の間に起こる可能性もあります。月経時の痛みが増し、出血がより豊富で長期化します。

分泌物のない閉経期の子宮内膜増殖は、予防検査中にのみ検出されます。閉経期において、過形成過程の間接的な確認は、1年の休憩の後の月経の再開であり得る。

閉経後の子宮内膜増殖症は、血中不純物を含む病理学的分泌物の出現を引き起こす可能性があります。免疫防御が弱まっているので、この期間中の過形成の変化は特に危険です、慢性病理と悪性転換の悪化のリスクは大きいです。

どの年齢でも、子宮内膜増殖症は子宮出血を引き起こす可能性があります。閉経前には、そのような合併症はしばしば長くて豊富な月経の結果になります。

重要です!過形成の可能性は、肥満、肥満症、筋腫、糖尿病、高血圧、病歴のある肝臓病理など、過敏症の患者のカテゴリーで増加します。

子宮内膜増殖症はどのように診断されますか

以下の方法が有益な診断方法の範囲に含まれています。

  1. 経膣的超音波検査子宮内膜の厚さを特定できます。閉経後に厚さが5〜8 mmに決定された場合、半年の間、研究は2〜3回繰り返されるべきです。厚さが8〜10 mm以上に決定される場合、病理学的プロセスの形態および臨床症例の個々の特徴に基づいて矯正措置が割り当てられる。
    1. 閉経後の子宮内膜増殖症の主な基準は、5 mmを超えるMエコーの増加です。閉経前の月経のある女性では、周期の5〜7日目のMエコーの厚さは18 mmを超えてはなりません。
  2. 子宮鏡検査子宮内膜の状態を視覚的に評価し、過形成の種類を推測し、合併症を特定することができます。
  3. 診断掻爬この手順の間に、子宮内膜層の一部が除去され、その後専門家がその組織学的特徴を研究する。過形成の種類を特定し、前癌性の変化を特定することができます。
  4. 生検この診断方法はびまん性の病状に適しています。バイオマテリアルはパイプ - ピストン付きの特別なチューブ - を使って集められます。
  5. 造影剤を用いた子宮のX線検査この方法は、臓器の子宮内膜内層の構造の変化を決定することを可能にする。

薬物療法

病理学的過程が適時に確認されれば、細胞異型性はなく、それから薬物の最も合理的な投与がある。医師はホルモン剤を処方します:

  • ゴナドトロピン放出ホルモン作動薬
  • プロゲステロン系薬

治療期間は6ヶ月以上です。薬は診察の指示に従って服用する必要があります。

超音波を使用して子宮内膜層の厚さを定期的に監視して線量調整の必要性を判断することが重要です。

治療効果のモニタリング

  • 超音波
  • 子宮内膜吸引生検
  • 独立した診断用掻爬を伴う子宮鏡検査

管理の時期は病理学の形態によって異なります。

外傷を減らし、治癒を早めるために、手術の前に一連の薬物療法も行われます。場合によっては、ホルモンは手術後に処方されます。

外科的矯正

そのような場合に必要です。

  • 薬物療法後の病状の再発
  • ポリープ検出
  • 細胞異型の検出
  • 子宮出血、
  • 腺筋症、子宮筋腫との併用、
  • ホルモン療法に対する禁忌の存在。

外科的治療は、以下の方法のうちの1つの使用を含みます:

  1. こする、または掻爬。合理的には、必要ならば、厚さが10 mmを超えるライニングの部分を取り除きます。介入は麻酔または局所麻酔を用いて行われ、その期間は約30分です。
  2. 子宮内膜の切除限局性過形成変化の場合に使用されます。凍結破壊、ジアテルモ凝固、レーザー破壊などの技術が使用されます。
  3. 子宮摘出術、つまり子宮摘出術。筋腫、腺筋症と組み合わせた場合、細胞の異型性および悪性腫瘍の危険性が高い場合、臓器損傷がかなり深くなることが推奨されます。
  4. 虫垂を伴う子宮の摘出 - 閉経後の再発性病理に示される。

閉経期における過形成のリスクを軽減するための予防策

予防の最も重要なポイントは、婦人科医への定期訪問です。これにより、子宮内膜の構造の初期の変化を特定し、それらを矯正するための合理的な対策を講じる時間が与えられます。超音波を使用して子宮の構造および付属器の状態を監視します。さらに、更年期障害の女性もお勧めです。

  • 果物、野菜、穀物などの健康的な食品を食べることで正しく食べる
  • トマト、パイナップル、オリーブオイル、その他のがんの病状の可能性を減らす製品を食事に含める、
  • 乳製品やビールの飲み物は、エストロゲンの発生源であるため、消費量を(妥当な範囲内で)制限する。
  • 身体への身体的ストレスを最適化します - 過負荷にならず、リラックスして、スイミングプールに行き、ヨガを練習し、体と魂に良いことをします。
  • 薬草療法を含む薬を服用する前に、あなたは専門家と相談するべきです、
  • 慢性病理の適時の治療に注意を払う。

それが閉経中に何であるかを知って、子宮内膜増殖症の概念を読んだ後に、人はこの状態の危険性と時宜を得た予防の重要性の考えを形作ることができます。早期診断では、最も穏やかな治療法を選択できます。これは、閉経中の女性の健康のバランスを維持するために重要です。

この病理学についての現代の考えについてのより多くの情報はビデオで見つけることができます。

更年期障害とは何ですか?

更年期障害は、女性が最後に自然に周期的に退院してから12か月後の年齢で、45歳から55歳の間に起こります。それは卵胞保護区の枯渇によって引き起こされます。閉経が40歳より前に起こると、このプロセスは卵巣枯渇症候群と呼ばれます。 55歳を過ぎると、閉経が遅くなる女性もいます。

一時停止が人工的な手段によって引き起こされる場合があります。この場合、女性は卵巣の外科的切除、化学療法、または投薬のために月経を止めます。

更年期の間に、女性の体は変わります。ホルモンの欠乏、卵巣の機能の変化によって引き起こされる変化。子宮癌、子宮内膜増殖症などの多くの婦人科病理を発症するリスクが高まるのはこの時点です。

病気に関する一般的な情報

「過形成」内科医という用語は組織の成長を意味します。それは過剰な細胞産生により生じる。子宮内膜は子宮の内層です。それは完全な発達のための胎児の最適条件を提供します。月経周期ごとに子宮内膜の厚さは異なります。最も薄い層は月経が終わった直後です。排卵の間、子宮内膜はホルモンのエストロゲンの影響下で8 mmに肥厚します。構想が起こらなかったら、ホルモンのレベルはプロゲステロンの生産のために減少します、器官の内部の粘膜は枯渇します、卵細胞はボディを去ります - 月経は始まります。

閉経期には、ホルモンが乱されます。上昇したエストロゲンレベルの影響下で、子宮内膜は体積が増加する。プロゲステロンの量が少ないため、この過程は止まりません。ほとんどの場合、子宮内膜の成長は閉経前を特徴としています。実際、女性の体内に毎月の退院があるにもかかわらず、ホルモンの背景の変化を伴って、年齢に関連した変化が起こります。

子宮内膜の規範

閉経期には、子宮内膜が薄くなります。その厚さは5 mm以内です。医師が正常だと考えるのはこの指標です。時々閉経を伴う子宮内膜の成長は7-8ミリメートルに達する。この指標は、病理学的過程の始まりの可能性を示しているが、まだ過形成として分類されていない。一部の患者では、7〜8ミリメートルの組織厚が一般的です。しかし、医師は組織の成長を動的に制御するために定期的に(3〜6ヶ月ごとに)超音波を受けることを推奨します。

子宮内膜の厚さが8 mmを超える場合、婦人科医は患者を掻爬することを勧めます。病理学的過程の進展を確認し、組織の構造を研究し、そして治療を処方することが必要である。

病気の分類

子宮内膜増殖症にはいくつかの種類があります。それらは組織成長の方向で異なります:

  1. 子宮内膜の腺過形成は、子宮内膜の内層の層がその中に位置する腺の変性により増加する場合に診断されます。容積の増加は器官の筋肉の方向に起こります。
  2. 嚢胞性の形嚢胞性層が裏地の空洞に形成され始めます。過剰なホルモンによって生成された細胞が悪性のものに変わる可能性があるため、この種の病理は危険です。
  3. 基礎過形成。閉経期には、この病気はめったに診断されません。その発生中に、子宮の基底層の厚さの増加が観察される。
  4. 焦点の形膜の厚さは不規則に増加し、子宮の壁に成長(ポリープ)を形成します。
  5. 異型過形成クライマックスでは、この種の病理はまれです。それはすぐに子宮の癌に変わるので、それは病気のすべてのタイプの徴候の中で最も危険です。異型子宮内膜増殖症が確認されたら、医師は臓器を切除します。

ほとんどの場合、更年期障害は腺状および嚢胞性の病気と診断されます。これらの種類の病状を発症する主な理由はホルモン不全です。

閉経期の過形成の原因

閉経期に子宮内膜増殖症を引き起こすいくつかの要因があります。ほとんどの場合、それらは閉経期の前に(閉経前に)形成し始める。

  1. ホルモン不全これが病理学の最も一般的な原因です。 45歳以降の女性では、プロゲステロン産生が減少し、エストロゲンレベルが上昇します。 Такой дисбаланс провоцирует видоизменение оболочки матки.
  2. Нарушение обмена веществ. С возрастом у большинства женщин появляется проблема лишнего веса. 脂肪組織はエストロゲンの産生を誘発し、それによって閉経期に現れるホルモン不全を悪化させる。
  3. 内分泌系の機能障害。このため、閉経後の女性には子宮内膜増殖症がよく見られます。
  4. 子宮への頻繁な浸潤(婦人科手術)。頻繁な機械的作用のために、膜受容体はもはやプロゲステロンレベルに応答しない。中絶や掻爬の女性が耐えなければならないほど、気候期におけるGGE発症の可能性が高くなります。
  5. 遺伝子レベルでの病理学の素因医師は、この病気は、親戚が同じ問題を抱えている患者でより頻繁に診断されていることを確認しています。

また、粘膜の増殖は、子宮筋腫および肥満症の背景に対して観察される。場合によっては、免疫系の機能不全の病理が引き起こされる可能性があります。

閉経後の子宮内膜増殖症の症状は個別に現れます。過形成性の病理学的過程の主な症状は血の放出です。しかし、それらはすべての患者で観察されるわけではありません。時々、殻の肥厚は放電せずに起こる。この疾患の他の症状は次のとおりです。

  1. 非常に痛みを伴う月経。この場合、痛みは痙性です。
  2. 不規則な月経周期時には発見は月に2回現れます。
  3. 豊富で長期間(10〜14日)。

時々子宮の子宮内膜増殖症の症状は一般的な倦怠感、不眠症、片頭痛、パフォーマンスの低下、過敏性を伴う。女性は激しいのどが渇いています。

診断する方法

ほとんどの場合、婦人科医は子宮内膜増殖症の疑いがあると診断し、それに対して女性は痛みを伴う月経不順または月経不順を訴えます。病気を診断するためのいくつかの方法があります。

  1. 超音波この診断試験中に子宮内膜層の厚さが7〜8 mmであることが判明した場合、婦人科医は追加の検査を処方します。
  2. 子宮鏡検査処置中、医師は内視鏡装置を使用して子宮腔の目視検査を行います。検査は全身麻酔下で行われます。ほとんどの場合、組織生検は膜の検査と同時に行われる。
  3. 掻爬(子宮内膜の診断的掻爬)。これらの場合、成長する組織の厚さが8 mmを超える場合、手順は規定されています。子宮内膜をさらに研究し、癌細胞の出現を排除するために擦過が行われる。

肥厚が10 mmを超える場合、婦人科医は別の掻爬手技を受け、続いて臓器腔に放射性リンを照射することを推奨します。試薬は患者の静脈に注入され、体内を移動して膜の病原性領域に蓄積します。組織学的検査のための医者はこれらの領域から生物学的材料を取ります。

閉経時の病気の治療方法

閉経期に子宮内膜増殖症と診断された場合は、直ちに治療を開始します。結局のところ、これは子宮内膜の病理学であり、その発達中に細胞が悪性腫瘍性形成へと変性する可能性が高い。病気の段階に応じて、医師は治療方法の1つを使用します。

民間療法による追加療法

ほとんどの患者は病理学の伝統的な治療法を使用することを急いではいません。婦人科医は、ハーブを主な治療法と見なすのではなく、薬と組み合わせて使用​​することをお勧めします。 HPEの治療に効果的であることが証明されている伝統医学の最も一般的なレシピは、次のとおりです。

  1. ゴボウの根と金色の口ひげからの新鮮なジュース。これらの液体は同じ割合で混合され、1日2回、1杯のスプーンで服用されます。このレシピの大きな欠点は、暖かい季節にしか治療が受けられないことです。
  2. イラクサのアルコールチンキ(独自に製造) 200グラム。薬用原料(新鮮な葉および新芽)は500mlを注ぐ。アルコール(強い密造酒)。時々液体の容器を振って、暖かい暗い場所に3週間保った。注入フィルターを用意し、1日2回小さじ1杯を服用します。

民間療法の治療は医師による定期的な検査を伴うべきです。これは、病気の動態を追跡する機会を提供します。

病気自体は更年期障害を経ていますか?

たとえ病気が明白な症状を伴わずに偶然に診断されたとしても、それだけでは通過できません。ホルモン剤なしで女性の身体に起こる病理学的変化は、正常に戻ることはできません。閉経期が過ぎるとホルモンが正常化し、子宮内膜層が薄くなると考える女性もいます。これは妄想に過ぎません。病気の治療が早く開始されるほど、回復の可能性が高くなります。

更年期障害で再発は可能ですか?

閉経期に子宮内膜増殖症が再発する可能性が高まります。その後も組織の成長が続いた医師によって選択された治療の種類に応じて、さらなる行動が決定されます。

  1. 薬物療法後に疾患が再発し、層の厚さが8 mmを超えて増加する場合は、掻爬術を受けることが推奨されます。
  2. 掻爬後に状況が繰り返される場合、子宮の完全摘出が行われる。

最初に適切に選択された治療による病状の再発症例の割合は低い。再発の可能性を防ぐために、患者は継続的に経過観察を受けなければなりません。

危険は何ですか

閉経期子宮内膜の成長は女性にとって非常に危険です。それは再発し、腫瘍形成に退化する傾向がある潜行性の病気です。毎月の退院停止後も、子宮膜の過形成は少なくとも閉経前のメニューには危険です。したがって、最後の月経が終わってから12ヶ月間の女性は、婦人科の日常検査と超音波検査を受けなければなりません。

私は数年前にPCEと診断されました。レセプション「Diferelin」を任命。インターネット上でこの薬について矛盾するレビューを読んだが、それでも私は飲み始めた。子宮内膜の厚さは増加しません。そしてそれは喜ばれます。こすることを避けるための希望があります。

ああ、あなたはラッキーでした。私は“ Danazol”と“ Zoladex”の両方を割り当てられました - すべてが無効であることが判明しました。私は削りに同意しなければなりませんでした。手順は最も楽しいものではない、と私は言わなければなりません。今私は再発を避けるために薬を飲んでいます。

そして、子宮内膜自体が治療なしで正常に戻った場合がありますか?私はただ不思議に思っています、私はすでに2回の清掃を渡しました。友人はハーブだけで扱われた、それで彼女は腫瘍に入った…

私はあなたが時間内に医者に行ってピルを飲むならば、あなたは掃除なしですることができると思います。少なくとも、私は今のところ持っています。常に観察され、超音波を通過させる。閉経後にすべてが正常に戻ることを期待しています。しかし、それだけではなく、もちろん薬を服用します。

Pin
Send
Share
Send
Send