衛生管理

月経の代わりにピンク色の分泌物の出現 - 病理学の発達または正常な状態?

Pin
Send
Share
Send
Send


ピンクの分泌量が毎月変化した場合は、そのような症状に注意を払う必要があります。これは通常、女性の身体に軽度の障害があることです。ピンクの分泌物が泌尿生殖器系の深刻な病理を示すことがよくあります。

安全な膣液の徴候

毎月の周期の間の膣液の色と強さは主に女性のライフスタイル、彼女の食事療法、肉体的および感情的なストレスに依存します。そのような現象が標準になることができる、主なことはそのような放電の主なポイントを知ることです。

月経の代わりにピンクの分泌量は、月経の期間によって色合いが異なる場合があります。月経の開始時には、膣液は淡いピンク色で、後で濃い赤みがかった色になることがあります。排卵の間、血の放出または透明な粘液が広がることがあります。液体の色はどの液体が支配的であるかによって異なり、すべての女性にとってそれはすべて個性的です。

ピンクの放電の主な兆候は正常です:

  • 月経の途中で落ちた排卵の過程
  • 甲状腺の機能に異常がある。
  • 妊娠期間
  • 月経直前にピンク色を帯びた退院の外観
  • ホルモン療法
  • 身体に適していない避妊薬、例えば、錠剤形のらせん製剤または避妊製剤。

多くの場合、避妊薬の選択を誤ると、性交中にピンク色の分泌が見られます。子宮内のらせんはまた、それが不適切に取り付けられているか、または女性の体に合わない場合、膣液に特定の色合いを生じさせる可能性があります。

私達が子供を運ぶの初期段階について話したら、それからピンクの排出の最初の週に受精卵が子宮に付くことを示すかもしれません。妊娠を示すのは毎月の排出量の代わりに淡いピンク色の膣液です。この状態は標準であり、子供の負担を害することはありません。この場合の分泌物の色は、胚の付着によって分泌された血液が子宮頸部が分泌する体液と結合するという事実によって説明される。

退院がより豊富になり、そして日陰がより暗くそして血になる場合、あなたは直ちに医者に相談するべきです。そのような症状は、胎盤の流産または早産の早産を示す可能性があります。したがって、専門家へのタイムリーなアクセスは、悪い合併症を回避し、時間内に問題を排除するのに役立ちます。

妊娠中に架空の月経が起こる可能性があることは注目に値します。彼女は通常の時代の症状を持っていますが、色はより希少で薄いピンクです。引き寄せる性質の下腹部の痛みの形の徴候もこの時点で存在しています、それは妊娠についてすぐにそれを明確にしません。

ピンク色の分泌物の原因は排卵であり、それは周期の真ん中にあります。月経の陰に影響を与えるのはこのプロセスです。この場合、医者は基礎温度を測定することを勧めます。それが高められれば、そして - これは実際に排卵であり、それ故に、ピンクの排出は非常に正常であり、経験する理由がない。

内分泌系の障害、すなわち甲状腺の障害も、膣分泌物の色を淡いピンク色にすることがあります。この現象は非常に安全ですが、内分泌科医と相談しても邪魔になりません。そのような膣液は生殖器系にとって安全ですが、それでも体内の異常はそこにあり、それ故それらは識別され排除されなければなりません。

時には安全なピンク色の分泌の原因は膣液の色の変化を引き起こすホルモン剤である可能性があります。付随する症状(下腹部の痛み、かゆみ、親密な場所での灼熱感)がない場合は、ピンク色の分泌物が女性に脅威を与えることはなく、短期間で自然に消えることがあります。月経開始前日に発症しても、危険ではないピンク色の分泌物。つまり、濃い赤の分泌物が変化するピンクのダブは月経の始まりを意味し、悪いことは何も起こりません。

ピンクの退院を引き起こす危険因子:

  1. 避妊薬の乱用によって引き起こされる可能性があるホルモンの背景の不均衡。例えば、プロゲステロン欠乏症は月経周期の不規則性の明らかな徴候であり、それにはピンク色の分泌物が伴うことがあります。
  2. 生殖器の感染症
  3. 泌尿生殖器系における炎症例えば、子宮内膜症は、生殖器領域の痛みも伴います。
  4. 良性または悪性の腫瘍の発生。

月経の代わりに桃色の分泌物があると、体腔または子宮頸部の病理学的プロセス(子宮頸部異形成、子宮筋腫、嚢胞、子宮頸部のびらん)が発生することがあります。そのような疾患は、親密な関係の最中または後に、下腹部および腰痛、血の分泌物の痛みと共に起こり得る。子宮の病状は、分泌物の色の変化だけでなく、その豊富さと一貫性も伴います。

病理学的性質のピンク色の放出のもう一つの理由は、子宮内膜症または子宮頸管炎の発症です。疾患は、子宮の粘膜層およびその子宮頸部の細胞における負の変化によって特徴付けられ、そして月経中に分泌物の色および濃度の変化を引き起こし得る。これは、異常細胞が血管に圧力をかけ、老化上皮細胞の正常な拒絶反応を妨げるという事実によって説明される。

月経の代わりにピンク色の分泌物の出現を引き起こす可能性がある要因は、女性の生殖器系に属していない体内の感染症である可能性があります。また、色はストレスの多い状況、感情的なストレス、過剰な緊張や神経系の病気に大きく影響されます。

免疫力の低下 - 膣分泌物の色を変える最後の要因ではありません。細菌や真菌は即座にそのような状態に反応します。そして、それは体の保護力に失敗があるとき、女性の泌尿生殖器系で炎症性と感染性のプロセスを引き起こして、発達し始めます。

膣液の正常化防止

かなりの頻度で、女性は通常の毎月の周期が壊れ始めるのに気付き始め、そして月経は色と深みを変えます。この場合は、医師に相談した方が良いでしょう。病理が見つからない場合は、生活様式を見直し、何かを変えようとすることは価値があります。

ピンク色の分泌を防ぐための主な方法:

  • 適切な栄養女性は、塩漬けや燻製のすべての脂肪を排除するために、自分自身を甘くて小麦粉に制限するように努めるべきです。悪い習慣も起こります。過剰な量のアルコールとニコチンを飲むことは控える必要があります。
  • 定期的にスポーツをする。座りがちな生活をもっと活発にする。
  • 彼らは女性のホルモンの背景に失敗を引き起こす可能性があるので、食事療法や疲れのトレーニングを乱用しないでください。
  • 衛生的な親密な場所の規則を遵守しますが、触れたり洗い流したりしないでください。

太りすぎは月経周期の混乱にも影響を及ぼし、毎月の退院の色、それらの一貫性と構造を変えることができることを理解することは重要です。したがって、女性は自分の健康を監視し、受動的なライフスタイルを乱用しないために、食物への衝動を抑える必要があります。しかし同時に、過度の身体運動は女性の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。つまり、身体運動と自己治療の両方を乱用するのではなく、すべてのバランスを保つようにしてください。

月経の代わりにピンクの退院は安全であると同時に女性の泌尿生殖器系の疾患の病理学的原因を負うこともあります。通常の状態では、薄いピンク色の膣液は妊娠の前兆となる可能性があります。この可能性が排除されれば、私達は甲状腺の違反について話しています。自己診断は不可能であることを理解することは重要です。医師に相談して十分な検査を受ける必要があります。これは、考えられる病状を排除したり、女性の生殖器の負の逸脱を確認するのに役立ちます。

Pin
Send
Share
Send
Send