人生

壁内子宮筋腫 - それは何ですか

Pin
Send
Share
Send
Send


婦人科疾患は女性の健康を著しく損なう可能性があります。女性が壁内子宮筋腫を持っている場合がしばしばあります。子宮筋腫は子宮の筋肉層に位置する、子宮内膜の良性形成です。治療は医師による患者の診察の後にのみ処方されます。

この疾患は、1つの筋細胞が分裂し始める時期に現れ、この結果として結節が現れ、それは徐々に成長し始めます。多くの場合、腫瘍の原因を特定するのは困難です。

最も一般的な原因は次のとおりです。

  • 手術、中絶、困難な労働に起因する子宮外傷
  • 時々理由は体がより多くのエストロゲンになるというホルモンの混乱による、
  • 甲状腺の問題、太りすぎ、糖尿病、
  • 30歳以上の女性では、病気は不在または不規則な性生活の結果として現れることがあります、
  • 子宮の炎症
  • 教育の原因は遺伝的素因になり得ます。
  • 感染症
  • 身体活動の欠如、ストレスの多い状態、喫煙、飲酒。

腫瘍が患者に発生した場合、症状は常に発生するわけではなく、これは結節のサイズが大きくなるまで起こります。さらに、最も近い臓器の圧迫が起こり、これが原因で彼らの仕事は悪化する。大きな腫瘍の主な徴候は下腹部の痛みを伴う感覚であり、そして月経中の退院はより強くなります。出血は数ヶ月間に起こることがあります。

壁内筋腫結節を認識することができるいくつかの症状があります:

  • 持続性の腹痛、
  • 月経間の出血
  • 膀胱の障害
  • 月経期間中の豊富な退院
  • 月経は非常に痛みを伴うことができます
  • 筋腫を伴う隣接臓器の圧迫のために、排尿および排便に関する問題が起こり得る。

診断中

病気の診断は次のように行われます:まず、婦人科医は病歴、患者の生活状況、そして彼女が受けた病気についての情報に関して必要な情報を集める必要があります。患者は検査と超音波検査を受ける必要があります。これらの手順の後に初めて、あなたは診断の存在を確認することができます。ハードウェアレントゲン写真を使って、医者は子宮筋腫の大きさと重さを決定することができます。

診断を明確にするために、追加の検査が行われます。

  • 磁気共鳴イメージング
  • X線 - 子宮壁内筋腫結節のどの部分に位置するかを検出するのに役立ちます、
  • コンピュータ断層撮影

壁内筋腫の治療法は、それがどれだけ速く成長するか、そして子宮のどの部分にあるかによって異なります。治療法の選択において重要な要素は、女性の年齢です。若い患者さんの医師は、健康な子供を妊娠し産む能力を維持できるようにするための治療法を処方しようとします。ホルモン療法は通常処方されています。腫瘍が外科的に切除された後に子宮筋腫が再び現れる可能性があるので、それは予防的措置です。ホルモン薬では適切な結果が得られず、腫瘍が増殖し続けることがあります。この場合、他の治療法が選択されます。

保守的な治療

  • 最も一般的なのは薬物治療です。これは非侵襲性の抗腫瘍剤です。将来的に赤ちゃんを産みたい女性に特に適しています。そしてこの方法はまた病気の再発を避けるのに手術の後で、使用されます、
  • 免疫調節剤、
  • 鎮静鎮静薬腫瘍の増殖を引き起こすストレスの多い状態を解消するために使用されます。

代替医療

医師が小さな結節を調べて発見した場合、このタイプの治療法は病気を治療する必要があります。彼らが彼らの開発を続けないように、それは例えば民間療法で治療を始めるために必要な措置を取ることをお勧めします。それは女性の身体の働きを改善するのを助け、それを改善するのに良い方法です。従来とは異なる方法で子宮筋腫を治療する方法は2つあります。1つ目は経口摂取の方法、2つ目はハーブの煎じ薬または湿らせたもので湿らせたタンポンの導入です。

使用されるハーブの治療には:

  • 抗腫瘍一般的用途 - 植物は有毒です。これらはヤドリギ、celandine、sabelnik、amanitaを含みます、
  • 抗腫瘍局所作用 - これらは有毒ではなく、ホルモンバランスを回復し、これにより新生物が減少します。
  • 止血 - 羊飼いの財布、イラクサ、ヤロウ、
  • 免疫調節薬 - 朝鮮人参、レモングラス、コペチニク、ピンクの放散虫、eleutherococcus、araliaです。

治療過程でのハーブに加えて:

  • ウズラの卵 - あなたは3週間、空腹時に毎日6個の卵を飲む必要があります、
  • クルミの仕切りのチンキ剤 - 薬局で提供されている、またはあなたが自分で準備することができます。これを行うには、30グラムのクルミの仕切りが必要です。彼らは1杯のウォッカを注ぐ必要があります。得られた注入液は、3〜4週間暗所に放置します。入学期間は1ヶ月です。食事の30分前にチンキ剤を30滴飲んでコップ一杯の水を洗い流す必要があります。

手術方法

  • 塞栓術は外科的介入を必要としない方法です。その実行のために、血管はブロックされ、それは筋腫結節に栄養を供給します、
  • 筋腫摘出術 - 腫瘍の外科的切除。回復期間は1年間続きます。手術後も女性は生殖機能を維持し、
  • 子宮摘出術 - 手技の意味は子宮の完全な除去です。そのような手術は、新生物によって子宮が脱落または脱落したとき、または腫瘍が悪性形態を獲得しているという疑いがあるときに行われる。それが出血し始めれば徴候はまた5-6 cmより大きい腫瘍サイズです。手術は、女性が妊娠して子供をもう必要としなくなったときに行われます。

新生物との闘いの間は、医者の勧告に従うことが必要です。これは、筋腫の再発をさらに回避するのに役立ちます。

壁内筋腫と妊娠

病気が女性の妊娠に影響を及ぼさず、胎児が本来の状態に成長する場合があります。子宮筋腫のために女性が胎児に耐えられないことがあります。そのような場合の重要な役割は、それが妊娠がどれほど良くなるかを決定するので、腫瘍の位置によって演じられる。

筋腫結節が小さい場合、それは彼女の受胎および出産に影響を与えます。腫瘍が胎盤の近くにある場合は、中絶の危険があります。このような状況では、胎児は発達に必要な栄養素を単に欠いています。

大きな壁内筋腫結節は多くの問題を引き起こす可能性があります。

  • 大量出血
  • 自然流産、
  • 早産
  • 胎盤拒絶反応

妊娠中の女性は、子宮筋腫やさまざまな合併症の増加を避けるために医師によって監視される必要があります。

次の場合にはノードの削除が必要です。

  • 腫瘍の急速な成長
  • 出生前出血、
  • 低酸素、
  • 自分で出産することができない。

子宮筋腫で妊娠が正常に進行する場合は、乳児の出生後に除去手術が行われます。それは子供を待っている間に病気が何の治療もなしに成功することが起こります。これは、攪乱されたホルモンのバランスが回復し始めたためです。しかし、腫瘍は出産後しばらくしてから再発する危険性があります。病気の存在下では、母親自身が彼女自身で出産するのは難しいので、帝王切開に頼ることがしばしば必要です。

合併症

子宮筋腫は月経障害や不妊を引き起こす可能性があります。妊娠中にしばしば病理学のように見えます。子宮の隅に腫瘍があると、子供を妊娠させるのが難しくなります。結節が子宮の壁に位置し、胚が正常に固定できない場合。結果は流産です。小さな良性病変は通常不安を引き起こさず、そして女性は静かに実を結ぶ。

大きな壁内筋腫は早産を引き起こすことがあり、時には胎盤剥離が起こる。超音波は必ずしも病気の存在についての正確な情報を与えるわけではありません。妊娠中、子宮の大きさは非常に大きくなり、それに伴い腫瘍も伸びます。したがって、検査中にノードの存在を検出することは必ずしも可能ではありません。

予防

病気を予防するのに役立ちます:

  • デイレジメンの順守
  • 適切な栄養
  • 選ばれたホルモン薬
  • 年に1回、婦人科医を訪ねて、あなたの健康に対する慎重な態度、
  • 閉経期には、医師の診察を受けなければなりません。
  • 中絶は拒否することをお勧めします
  • 1人のパートナーとの定期的な性生活。

あなた自身への慎重な態度は深刻な健康上の問題を避け、病気の発症を防ぐのを助けます。

女性のレビューを分析して、それはそれらのほとんどが壁内筋腫の保守的かつ外科的治療によって助けられたことに注意すべきです。

Ksenia、42歳

次の検査で、婦人科医によって筋腫が発見され、その場所は狭かったが、それでも私は怖かった。彼女が腫瘍学を引き起こす可能性があるという恐れが常にあります。医者の助言を受けて、私はホルモン療法のコースを受けました、そして、1ヵ月後に筋腫はありませんでした。主なことは病気を始めるのではなく、時間内にそれを治療することです。

Olga、27歳

私の壁内筋腫は妊娠中に発症し、重度の出血が始まり、手術を遅らせることは不可能でした。手術は成功しました、私はすぐに回復しました、そのような手順を恐れないでください。

50歳のタマラ

筋腫は長い間存在しています。迷惑をかけたり、サイズを大きくしたりしないので、操作したくはありません。予防のために、私は年に一度ホルモンを飲みます、そしてその間に私は民間療法を使います。 Borovoy子宮と他のハーブを主張する。気持ちいい。

壁内筋腫の種類と症状

壁内筋腫の場合、腫瘤病変は子宮筋層に局在します。子宮の硬膜下壁内筋腫は、腹腔の方向への結節の成長を特徴とする。粘膜下筋腫は、臓器腔の方向に、子宮内膜に位置する層の成長によって特徴付けられる。真菌結節は、子宮頸部、峡部または子宮内に位置することがあります。そのようなノードのサイズは、数ミリメートルから10センチメートルまでさまざまです。子宮筋層内の単一の壁内筋腫が1結節になると、多発性筋腫はいくつかの結節の形成を特徴とします。

壁内筋腫は以下の症状によって現れます:

  • 豊富な月経、
  • 下腹部と腰の痛み、
  • 月経間の出血
  • 貧血(貧血)、一般的な脱力感、疲労、頭痛、めまいを伴います。

子宮頸部に位置する大きな壁内の硬膜下筋腫は、膀胱または直腸を圧迫します。患者は、排便行為(便秘)および排尿行為(痛み、頻発する切迫感、尿失禁)に違反したことを訴えている。月経時の激しい痛みは、エストロゲンの影響下で粘膜を拒絶するのが困難なために起こります。月経は長くなり痛みを伴うようになります。膣から筋腫結節が壊死すると、血栓が放出され、体温が上昇し、中毒の症状が現れます。これらの兆候で、私たちの婦人科医は患者に緊急医療を提供します。

壁内子宮筋腫の原因

主に月経である外傷性因子の影響の結果として、損傷した子宮筋層細胞が分裂し、結節が生じる。ゆっくり成長します。時には、壁内筋腫の始まりが胎児の発育中に産み出される。筋腫形成の集中的な増加は、誘発要因の影響下で起こります:

  • ホルモンの不均衡(エストロゲン濃度の急激な増加)
  • 子宮への力学的影響(中絶、出産時の外傷性利益、外科的介入、子宮腔の診断的掻爬)、
  • 子宮疾患(子宮内膜症、腺筋症、性感染症)、
  • 甲状腺疾患、肥満、糖尿病などの内分泌疾患
  • 骨盤内臓器の不規則な性的行為による鬱血(30歳以降の女性)、
  • 座りがちな生活、ストレス、悪い習慣、
  • 重度の遺伝(直系の家族における子宮の腫瘍性疾患)。

いくつかのケースでは、筋腫形成の成長は同時にいくつかの要因によって引き起こされます。

壁内子宮筋腫の診断

私たちが協力している診療所の婦人科医は、患者の最初の検査の間に、両手婦人科検査を行います。手順の間、あなたは大きな筋腫形成の存在を決定することができるだけです。小さな壁内筋腫は無症候性です。骨盤内臓器の超音波中に検出されます。当社のスペシャリストは経膣および経腹センサーを使用しています。経膣センサーを使用した研究では、結節の大きさ、位置、数、状態を特定し、関連する疾患(腺筋症または子宮内膜症)を特定することができます。

子宮鏡検査は、医師が膣を通して子宮腔に挿入する特別な装置を使用して行われます。彼は子宮の壁を調べ、教育量の現状を視覚的に評価します。この研究方法は粘膜下筋腫を診断するために使用されます。

子宮や近くの臓器の損傷の程度を判断するために、私たちの医者は磁気共鳴画像法またはコンピューター断層撮影法を使用します。必要に応じて、生殖器の悪性新生物との壁内硬膜下筋腫の鑑別診断、腹腔鏡診断を行います。粘膜下筋腫と子宮内膜症を区別するために、我々は子宮腔の個別診断掻爬を行う。得られた組織サンプルは組織学的検査に送られる。腫瘍マーカーの定義は悪性新生物の排除に役立ちます。

壁内子宮筋腫の治療と予防

現在、婦人科医は子宮筋腫の治療に3つの治療方法を使用しています:保存療法、外科手術および臓器温存処置。私達の医院の専門家は子宮動脈の塞栓形成をする。処置後、壁内結節の大きさは縮小し、時間の経過とともに消えます。

壁内筋腫の主な治療法はホルモン療法です。ほとんどの婦人科医は、筋腫がホルモンのバランスを乱すと考えています。最近の研究の結果は、性ホルモンのレベルと比率を変えずに、壁内筋腫が主に発生することを示しています。併用または単相避妊薬は、病気の進行を止めることができますが、子宮筋腫を治療しません。薬には重い副作用があります。それらがキャンセルされると、筋腫結節の増殖が再開します。子宮動脈塞栓術の後、壁内筋腫の始まりは消え、病気は再発しません。

薬物の使用を背景とする前向きな力学がない場合、女性は手術を受けるように勧められます。手術の選択は、患者の年齢、生殖機能、将来子供を産みたいという願望によって異なります。閉経前の患者は子宮を摘出します。医師は、この手術が悪性新生物における壁内筋腫の転換を防ぐことができると信じています。研究科学者らは、癌における筋腫結節の形質転換のリスクは低いことを示しています。私たちの専門家は、子宮摘出の適応が不当に拡大していると考えています。子宮動脈の塞栓術を行います。その後、筋腫の形成は結合組織に置き換えられ、そこから癌は発症しません。

保守的な子宮摘出術は、生殖可能年齢の妊娠を計画している女性によって行われます。この操作により、女性の出産機能を節約することができます。壁内筋腫の除去は、前腹壁の切開または腹腔鏡的方法によって行われる。開腹筋腫切除術は、出血、癒着性疾患、不妊の発症を伴う手術です。手術後、腹部の皮膚に変形性の瘢痕が形成され、将来的には美容上の問題が生じます。

腹腔鏡下筋腫摘出術の間に、大量の出血が発生し、外科医が子宮摘出を強制されるのを止めることがあります。 После операции на матке остаются рубцы. Они могут осложнить течение беременности и родов.子宮動脈の塞栓術を行った患者では、瘢痕は形成されません。彼らは後で美容整形手術を必要としません。妊娠と出産は合併症なく進行します。

子宮動脈の塞栓術は、侵襲性の低い非外科的方法であり、これは、壁内筋腫に供給する血管を塞栓粒子で塞ぐことからなる。この処置は血管内外科医によって行われます。彼は局所麻酔下で大腿動脈を穿刺し、その穿刺を通して細いカテーテルを子宮動脈に通します。

塞栓形成薬の導入後、その粒子は壁内筋腫に栄養を供給する動脈を通る血流を遮断する。無傷の病理学的過程の子宮内膜の血液供給は妨害されない。時間が経つにつれて、壁内筋腫は結合組織に置き換えられます。筋腫の形成は逆になり消えます。患者は病気の症状を経験し、受胎能が回復し、生活の質が向上します。

壁内筋腫の予防は、健康的なライフスタイルであり、女性生殖器系の疾患のタイムリーな治療法です。中絶を避けるために、女性には信頼できる避妊方法を使用することをお勧めします。壁内筋腫の最善の予防法は、20歳から30歳の間の妊娠、出産および母乳育児です。

30年後の女性は定期的な健康診断を受けるべきです。患者の検査のための私達の婦人科医は一流の世界の製造業者からの装置の助けを借りて現代の検査方法を使用します。私たちは個々に壁内筋腫に対する治療法の選択に取り組みます。大きな筋腫結節であっても、最初に子宮動脈を塞栓し、子宮筋腫のサイズを縮小した後、残りの形成物を腹腔鏡法で技術的により有利な条件で除去する。このアプローチにより、女性は生殖器を温存し、生殖機能を回復し、合併症の発症を防ぐことができます。

病理学の罹患率

婦人科疾患の構造では、子宮内の壁内筋腫および他の種類の良性新生物が2番目に発生します。生殖年齢では、病状の発生率は症例の平均15〜20%であり、そして閉経前の期間では30〜35%に達する。近年の「積極的な」婦人科および産科的治療法の数の増加、ならびに診断手段の質の向上に関連して、この病状を有する30歳未満の患者数が増加している。

教育の成長は通常ゆっくりと、通常5年以上かけて行われます。場合によっては、腫瘍が急速に増加し、1年以内、さらにはそれより早く、通常の妊娠の5週間に相当する量だけ増加します。医者は妊娠の週の腫瘍のサイズを決定する。

子宮内子宮筋腫は、不妊、自然流産、異常な胎児の位置、大量の子宮出血、早産、月経周期の異常、および出産時と産後の時期のさまざまな合併症を引き起こす可能性があります。

手術は妊娠14週に対応する腫瘍の大きさで示されているが、他の場合には根治的治療法は正当化されない。この技術は、体は出産機能のみを実行し、その後体に悪影響を及ぼすことなく除去できるという伝統的な見解に基づいています。

子宮筋腫の悪性腫瘍への変換のリスクは事実上存在しないため、この見解は誤りです。子宮摘出後、女性は生殖機能および月経機能を失います。多くの患者は心理的および心血管障害を患っています。

保存的治療、ならびに病理学の発達の初期段階における低侵襲的および非侵襲的療法の使用は、腫瘍の増殖を停止させ、逆転を引き起こし、そして生殖機能の障害を予防することを可能にする。ただし、壁内子宮筋腫の治療の保守的な方法の使用の問題はまだ医学界で議論を引き起こしています。

子宮筋腫の主な種類

場所に応じて、いくつかの種類の腫瘍があります。

  1. 漿膜下筋腫は、体の外側部分に形成され、骨盤腔内に進行する。原則として、この種の腫瘍は月経周期の変化を引き起こさず、あるいはまったく現れませんが、腫瘍が周囲の臓器や組織に圧力をかけるため、不都合を引き起こす可能性があります。
  2. 壁内子宮筋腫(筋肉内)は筋肉層に局在しており、臓器の大きさを過度に増加させます。これは病理学の最も一般的なタイプの一つです。壁内筋腫では、月経周期が乱れ、骨盤領域の痛みや圧力が現れます。
  3. 間質性、または筋肉間性は、子宮の壁の内側にあります。体が一様に成長し、何人かの患者は月経の激しい出血を訴えます。疼痛は、腫瘍の大きさ、浮腫または壊死の急激な増加を伴ってのみ起こる。筋肉間筋腫は隣接臓器、すなわち直腸と膀胱に悪影響を及ぼします。
  4. 粘膜下筋腫(粘膜下組織)は、臓器腔を包む粘膜層の下に増殖します。それは発現した病理学的症状の悪化を招く。
  5. 頸部筋腫は、臓器の対応する部分の筋肉層に形成されます。このタイプの病状は、わずか5%の患者で診断されています。

筋腫は単一または複数の場合があります。多くの場合、いくつかの結節が体のさまざまな部分に存在し、それが診断につながります。たとえば、粘膜下筋腫性筋腫や他の混合型の病理です。この場合、治療はしばしば臨床像の曖昧さによって複雑になる。例えば、子宮の漿膜下 - 壁内筋腫が月経周期を乱す場合、これは壁内に典型的ですが、漿膜下病変ではめったに起こりませんが、同時に周囲の臓器や組織に圧力をかけます。

平滑筋腫の原因

壁内子宮筋腫の原因について多くの意見があります。一部の科学者は、この腫瘍は腫瘍ではなく、子宮内膜の局所増殖の結果であると考えています。したがって、筋腫は、筋繊維が複雑に絡み合っている領域でのみ発生する可能性があります - これらの領域は、ジストロフィー障害の発症の危険領域と呼ばれています。これらのゾーンの様々な好ましくない要因の影響下で低酸素が発生する可能性があり、これは性ホルモンの正常な分泌を背景に筋肉細胞が分裂し増殖する傾向を引き起こします。

さらに、成長因子および性ステロイドの影響により、正常な筋繊維の突然変異の影響下で成長が起こり得る。これは、好ましい条件が発生したときに可能になります。現代医学は、そのような変化に寄与する分子障害をまだ確立していません。

平滑筋線維は、胚期から増殖しやすいままである可​​能性があります。彼らは14から30週間の妊娠期間から開発の長い期間を経ます。現時点での繊維は、さまざまな外因や母体の要因(例えば、性ステロイド、熱帯ホルモン、成長因子)の影響を受けて容易に変異を受けます。変異細胞は、エストロゲンの影響下で最初の月経後に発生し始めます。現在、子宮筋腫の出現のこの理論は最も正当化されています。

誘発要因

子宮筋腫やその他の良性腫瘍の壁内結節の発生を引き起こす主な危険因子:

  1. 不利な遺伝。直系の親族が同じ病気にかかっている女性の病理学の可能性はより高いです。
  2. 思春期初期および月経の開始。
  3. 子供がいない。満期妊娠の回数を増やすと、リスクが大幅に減少します。 50〜90%で - 3つの満期妊娠の女性。
  4. 太りすぎで運動量が少ない。同時に、思春期以降の肥満は重大なリスクです。
  5. 最大35年間の高血圧症の存在および5年間降圧薬の投与。
  6. 頻繁なストレスと慢性的な精神感情的ストレス。
  7. 中絶、特に外科的。子宮の頻繁な診断と治療の掻爬。

病理発生メカニズム

子宮筋腫は、血管壁の弾力性が局所的に低下することを背景に発症し、それが血液のオーバーフローおよびカリウムイオンの蓄積をもたらす。別のバージョンによれば、新生物は細胞死のメカニズムに対するエストロゲンの影響から生じる。近年、他の相互に関連したメカニズムが確立されています。

  1. 生殖器系のホルモンの影響を受ける組織の感度が上がります。
  2. 平滑筋に影響を与えるホルモンの変化。
  3. 腫瘍領域における新しい血管の形成の変化。

子宮筋腫の発生段階

同様の性質の壁内筋腫や他の婦人科の病理学の開発では、しかし3つのローカライズ段階があります:

  1. 小血管の集中場所における成長帯の形成そのような危険領域は、高率の代謝過程、血管壁および組織の透過性によって特徴付けられる。
  2. 腫瘍は小結節の形が異なります。新生物は明らかに隣接する組織と異ならない線維からなる。
  3. 教育は明確な境界を持つ密な結び目として定義されます。カプセルは周囲の組織によって形成されます。結節は、その大きなサイズ、核の密度、および細胞質内の個々の筋繊維の含有量によって通常の線維とは異なります。

臨床症状

実質的に50%の女性において、この疾患は徴候なしに発症し、骨盤内超音波検査中または婦人科医による定期検査で偶然に診断されます。この場合、臨床徴候はさまざまです。

  1. 下腹部のさまざまな強度と自然の痛み。 3分の1の患者では、痛みは痛みまたは引っ張りであり、これは神経線維の神経叢への圧力および腹膜の伸張と関連している。腫瘍が急速に成長すると、感覚がより強くなります。壊死が進行すると、疼痛は発熱、嘔吐および全般的な脱力を伴うことがあります。
  2. 周期外の出血、長期または重すぎる月経。失血は頭痛、衰弱、心筋のジストロフィー変化、貧血、疲労を引き起こします。
  3. 骨盤の機能不全症状は頻尿、便秘で現れます。
  4. 下腹部に高密度の教育が存在する。
  5. 不妊(子宮筋腫の女性の30%に発生)または流産。

病気の治療方法

壁内筋腫の治療は、3つの主な戦術に分かれています:期待、保守的療法、および外科的介入。この疾患の高い罹患率にもかかわらず、患者を管理するためのアルゴリズムはまだ開発されていないため、具体的な医師に大きく依存しています。

予想される戦術

この方法は少数の患者に適しています。このグループには病状の症状がない女性が含まれ、腫瘍の大きさは妊娠10〜12週間に相当し、家族の中にはすでに子供がいて、今後の妊娠は予定されていません。患者は超音波と血中腫瘍マーカーのモニタリングでモニタリングされるべきです。

医師は、3kgを超える体重の持ち上げ、激しい運動、温泉、腹部のマッサージ、ボディラップ、日焼けベッドへの長時間のアクセス、セルフコントロールピル、腹部の美容整形および骨盤部の理学療法を控えることをお勧めします。 。

アクティブミオーマ療法

積極的な戦術は、最小限の侵襲的および外科的処置を含む。動脈の選択的塞栓術を使用し、その有効性は約98.5%である。レビューによると、同様の診断後の壁内筋腫は症例の40%で再発する。手術は80%の患者さんの主な治療法です。特に、漿膜下 - 壁内筋腫などの複雑な症例で外科的切除を頻繁に使用しました。

手術の適応

介入の絶対禁忌は以下のとおりです。

  1. 妊娠14週以上の期間の腫瘍の大きさの対応。
  2. 閉経後疾患の進行または生殖年齢の急激な増加。
  3. 子宮頸部への局在。
  4. 大量の失血を伴う長期月経。
  5. 結節の壊死
  6. 不妊症、その原因が正確に筋腫であると特定された場合。
  7. 骨盤内臓器に対する腫瘍の悪影響。

手術の方法と量の選択は、女性の年齢、付随する病気の存在、そして将来の妊娠の計画に応じて行われます。

症状学

子宮内の壁内結節の形成は必ずしも明白な徴候を伴うわけではない。腫瘍の数と大きさに大きく依存します。女性は自分の生殖システムを注意深く監視し、仕事の変化を判断する必要があります。したがって、次の症状は子宮筋組織に良性のシールが存在することを示している可能性があります。

  • 重度および長期の月経出血
  • ミッドサイクル出血
  • 下腹部の圧迫感、
  • 子宮の痛み、背中、時には脚まで
  • 頻尿、
  • リンパ流障害による下肢の体液貯留
  • 排便の問題
  • 月経時の激痛
  • 妊娠できない

壁内子宮筋腫が引き起こす変化は、その位置、大きさ、成長率によって影響を受けます。

専門家による定期的な検査を受けていない女性は、この病気の高度な形態およびその合併症に遭遇する危険性があります。

経膣検査

この種の診断は超音波を使用して行われます。処置の間、患者は婦人科用椅子に座り、装置センサーが膣を通して挿入されます。この技術は、腹部のセンサーの動きによる検査よりも子宮筋腫の研究に有効です。結果として、腫瘍の正確な位置、大きさおよび密度が決定される。

超音波は婦人科でよく使用される非常に有益な診断方法です。それは安価であり、多くの病院で行われているので、それはすべての患者に利用可能である。超音波は人体には全く無害なので、彼が参加している調査はどんな頻度でも実施することができます。この方法に禁忌はありません。初期診断に加えて、超音波は治療中の変化を監視するために使用されます。

子宮鏡検査

子宮鏡検査は追加の診断法です。これは、多くの禁忌を伴う侵襲的手技です。それは膣を通して子宮に挿入されるカメラを備えた子宮鏡の助けを借りて行われます。 100%の精度を有する方法は、子宮の粘膜下筋腫を決定する。

検査の前に、麻酔薬が子宮頸部に注射されます。カメラからの画像はすぐにモニターに送信されます。疑わしい場所に気づいたら、医師は生検を行うことができます。つまり、詳細な検査のために子宮鏡で組織片を採取します。したがって、場合によっては子宮筋腫の診断と治療を同時に実施することができる。

磁気共鳴イメージング(MRI)

子宮の壁内筋腫の研究におけるMRIはしばしばかけがえのない役割を果たします。この診断方法は調査の最後の段階で指定されていますが、以前の方法ではこの疾患についての明確な説明が得られていません。 MRIを使用すると、形成された節の正確な位置、サイズ、および種類を特定できます。数ミリメートルのシールでさえも検出されます。

磁気共鳴映像法を使用して子宮の健康状態を確認するために、小さな骨盤のMRIが処方されています。さらに、尿、リンパ系および循環系、腸、卵巣および膣の状態を評価することが可能です。

この検査方法は、臓器が重なり合っていることを示すので非常に有益です。コンピュータプログラムは個々のフレームを単一の画像にリンクし、三次元モデルを作成します。磁気共鳴映像法の欠点はX線の使用である。これは診断の頻度とそれを示すことができる人の数を制限します。したがって、絶対に必要でない限り、MRIは妊婦や子供には処方されません。

壁内筋腫の治療

子宮壁内筋腫の女性は担当医の経験に完全に頼るべきである。治療戦略を立てる際、彼はこのような病気の特徴を考慮に入れるでしょう。

  • 圧密の発達の大きさ、位置および強度
  • 病理症状
  • 関連疾患
  • 女性の年齢

Возраст пациентки интересен врачу в связи с тем, что некоторые методики лечения не дают возможности сохранить репродуктивную функцию. Имеет значение также взгляд самой женщины на этот вопрос.

ホルモン療法

慎重に患者のホルモンの背景を研究して、医者はその矯正のために薬を処方するかもしれません。そのような治療法は古典的と考えられています、それは壁内子宮筋腫の成長を止め、さらにその減少の過程を始めることができます。この方法は、小さな腫瘍の場合に有効です。

ホルモン療法は非常に注意深く行われるべきです、なぜならこのシステムのさらなる失敗は問題の悪化や身体の他の疾患の発生につながる可能性があるからです。子宮筋腫治療のほとんどの場合の主な仕事は、ホルモンのエストロゲンの産生を抑えることです。

理学療法

いくつかの生理学的手順は、子宮内壁内筋腫の増殖を止め、大量出血に対処し、ホルモンレベルを正常化し、そして幸福を改善するのを助けます。その中には:

  • 電気泳動 - 子宮に小さな腫瘍があり、成長が遅い場合に有効
  • 磁気療法 - エストロゲンの量を減らし、子宮腫瘍の増加に大きな役割を果たすストレスに対処するのを助けます。
  • 臭素およびラドン浴 - ホルモンを確立し、免疫システムを強化するように設計されています。

民間療法

子宮筋腫の治療の伝統的な方法に完全に頼ることは価値がありません。しかし、基本的な治療法に加えて、それらはかなり適用可能です。多くの人が子宮内の腫瘍と戦うために多くの手段を使用します。

  • 亜麻の煎じ薬
  • ポテトジュース
  • マザーウォートチンキ剤
  • プロポリスチンキ剤
  • 松林の子宮、ごぼうの煎じ薬、
  • セランディーン

各用具は証明された養生法および禁忌のリストを有する。壁内子宮筋腫の治療に人気のレシピを使用する前に、貴方の医師に相談してください。

結論

壁内子宮筋腫 - 世界中で発生している女性の一般的な病気。専門家は病理学と戦うために2つの方法を持っています - ホルモンと外科。いくつかの生理学的手順と一般的なレシピは回復に役立ちます。女性の身体のホルモン系が不安定なため、各女性は常に自分のパフォーマンスを監視し、自分に悪影響を及ぼす要因を避けなければなりません。

壁内筋腫の原因

病理学的過程の発達は多くの要因に寄与する。 まず第一に、これらはホルモン性疾患であり、産生されるエストロゲン量の増加につながります。閉経期の間に、筋腫結節は自然に消失することがあります。良性子宮腫瘍は、歴史的に出産歴のない女性、または最初の子供の出産が遅れた女性によく見られます。

ホルモン避妊薬の長期使用は、子宮筋腫の成長を引き起こす可能性があります。他の原因は、中絶、診断掻爬または外科的介入中の子宮壁の損傷です。

壁内筋腫の発生は、女性ホルモンの欠乏または過剰(子​​宮内膜症、腺筋症)、炎症性または感染性疾患、ポリープ症、および頸部糜爛に関連する病理学的過程の背景に対して起こり得る。子宮筋腫を発症する危険性は、代謝障害、糖尿病、肥満の存在下で増加します。

臓器の良性新生物はしばしば、不利な環境条件で生活している女性に発症し、栄養不良であり、そして悪い習慣を持っています。子宮筋腫の遺伝的素因のために、思春期の少女で検出することができます。したがって、病気の発症は多くの要因の一因となり、その影響を排除することはほとんど不可能です。

病気の臨床像

壁内筋腫の症状は結節の局在、大きさ、方向によって異なります。 この疾患の特徴的な症状は月経間出血です。月経は激しい痛みを伴い、その持続期間と灌流が増加します。多くの場合、長期の出血を背景に貧血が発症し、全般的な脱力感、青白い肌、慢性的な疲労感を伴います。新しい筋腫結節の発生に伴い、下腹部に急性の痛みが発生します。特に重症のコースは、長い脚を持つ腫瘍を特徴としています。ねじれや壊死などの合併症は緊急手術の適応です。

子宮筋腫が成長するにつれて、それは近くの臓器と神経終末を圧迫し始めます。膀胱や腸への圧力は排尿、便秘、排便中の痛みの増加につながります。筋腫結節の壊死は最も深刻な合併症であり、子宮の激しい痛み、血栓を伴う大量の分泌物、発熱、その他の身体の中毒の徴候が観察されます。治療は、抗菌薬と抗炎症薬を服用して緊急の外科的介入を行います。

子宮筋腫は不妊の発症に寄与します。 腫瘍は受精卵の付着を妨げます。妊娠が起こると、それは合併症を伴って進行する。小さいサイズの結び目がある場合、概念の問題は観察されないかもしれません、女性は我慢して健康な子供を産むためにすべての機会を持っています。妊娠中のエストロゲンのレベルは減少し、そして筋腫の結節は溶解します。

反対の臨床像は、胎児の発育に悪影響を及ぼす大きな腫瘍の存在下で観察される。子宮筋腫はすべての空きスペースを占めるので、早産、胎児奇形、産後出血、胎盤破裂のリスクが高まります。妊娠中の壁内子宮筋腫は超音波では検出されないことがあります。筋肉が伸びて腫瘍が隠れています。ただし、出生後にノードが再び表示されるため、これは完全な回復を示すものではありません。

病気を検出する方法

患者を注意深く調べて子宮筋腫を検出するのは簡単です。 両手検査と鏡の使用で骨盤検査で診断を始めます。子宮変形が検出されたときに予備診断を行うことができます。経膣超音波検査では、筋腫のあるリンパ節の位置、大きさ、および数を特定できます。この手順は、腺筋症や子宮内膜症などの病態を特定し、関連する病状を見つけるのに役立ちます。得られた結果は標準と比較され、診断されます。

子宮鏡検査を用いて腫瘍の状態を評価し、合併症の存在を検出する。 CTを使用すると、病理学的プロセスの有病率、近くの臓器への損傷を判断できます。腹腔鏡検査では、子宮筋腫と卵巣腫瘍を区別できます。

病気を治療する方法

治療計画は、子宮筋腫の大きさおよび位置、患者の年齢、付随する病状の存在に応じて選択される。 40歳未満の女性を治療するときは、保存的および臓器温存外科的方法が使用されます。 筋腫結節は塞栓形成を受け、その結果、腫瘍への血液供給が停止する。数ヶ月後、子宮の患部組織が回復し、その後治療の次の段階が始まります。子宮摘出術は腫瘍の結節を切除する手術です。

外科的介入は腹部と内視鏡の両方であり得る。方法の選択は、腫瘍の位置、大きさ、および範囲によって異なります。手術中に、罹患組織は取り除かれ、組織学的検査のために送られる。この方法は、子宮筋腫と子宮内膜症を組み合わせるときによく使用されます。妊娠の計画は手術の1年以内に可能です。気化 - 高温と低温に交互にさらされると、筋腫結節が破壊されます。 40歳以上の女性を治療する場合は、腹腔鏡または腹部法による子宮摘出術が行われます。

根治手術の適応は次のとおりです。

  • 大量出血、
  • 妊娠12週を超える腫瘍
  • 悪性変性の疑い
  • 貧血の重症型の存在。

小さいサイズの部位は保守的な方法で排除することができます。 これらはホルモン薬を含み、その種類および投与量は疾患の重症度および生物の個々の特徴に応じて選択される。この方法は、将来の妊娠を計画している女性に最適です。受胎後、ほとんどの筋腫結節が自然に吸収されます。保守的な治療法は、カルシネートを含む子宮筋腫だけではあり得ません。

ホルモン療法が処方され、腫瘍の除去後、それは病気の再発を回避し、生殖機能の回復を促進します。治療期間中、女性は適切な食事療法を含む主治医のすべての勧告を遵守しなければなりません。いくつかの結節を有する壁内筋腫の存在下では、全ての誘発因子の影響を排除することを試みることが必要である。

単一結節は病理学的過程の初期段階でのみ見られ、それは無症候性である。したがって、医師はほとんどの場合、無視された形の病気に直面しています。ホルモン療法は長期的な投薬を含み、その間女性は医師の監督下に置かれるべきです。

病気の説明

筋腫 - これは良性腫瘍の形成を伴う体壁の増殖です。どの組織が病理学的過程に関与しているかに応じて、さまざまな種類の筋腫結節が区別されます。

子宮の壁内または間質性筋腫は完全に子宮壁の筋肉層の厚さにあります。

少なくとも その3番目の部分は筋繊維によって形成されています残りは結合組織や神経組織、血管、細胞外物質の割合です。

それは起こります:

  • 拡散する - スプロールが単一であるが非常に広範囲である場合 - めったに起こらない、
  • - 臓器壁で1つまたは複数の局所組織増殖が診断されている、
  • 求心性成長を伴う - 同時に腫瘍が増殖すると、最も顕著な臨床症状を特徴とする子宮壁のその腔内への突出が起こる。
  • 小さい - 直径2.5 cmまで
  • 平均的な - 妊娠10〜12週の時点で子宮の大きさに相当する直径6 cmまで
  • 大きい - サイズは12週間の妊娠よりも大きいです。

特徴的な特徴

他の形態の筋腫症と比較した特徴的な特徴:

  • 他の型の筋腫症よりも発生頻度が高い - 同様の腫瘍を有する女性10人中6人に診断され、
  • 腫瘍は子宮壁の内側、筋肉層に限局しており、その成長は当初その輪郭を変えずに臓器全体の増加をもたらします - これは病気の診断を遅らせるかもしれません、
  • ほとんどの場合、初期段階での子宮体の間質性筋腫は特定の症状の助けを借りて自分自身を感じさせるものではありません - 臨床像は消えます、
  • 子宮筋腫、特に小さい子宮筋腫の間質結節は、単純な超音波検査で検出できるとは限りません - 子宮鏡検査が必要になります、
  • 小さいサイズの粘膜下の間質性子宮筋腫とは異なり 妊娠中や妊娠中に邪魔をしない,
  • 他の種と比較して、壁内型は悪性腫瘍に生まれ変わる可能性が低いです。

子宮脱出症の治療における現代医学と民間療法 - 当サイトのページ上。

あなたは女性の膀胱炎のための最も効果的な治療法を知っていますか?ここでは最も人気のあるレビューを見つけるでしょう。

女性の尿素プラズマ:この病理の原因と危険因子は、この記事を読んでください。

特定および非特定の症状

壁内筋腫は特徴的です腫瘍が出現してから最初の症状が現れるまで、非常に長い時間がかかります。

小さなサイズ(最大20 mm)の筋腫部位は、実際には子宮の間質性筋腫にそれ自体を感じさせるものではありません。教育が成長するにつれて、症状はより顕著になります。

小さいサイズの決定

小さいサイズ(最大20 mm)の子宮筋腫は主にホルモン性のものであり、過剰なエストロゲン産生を背景にして現れます。何人かの専門家は先天性の病因を病気に帰する傾向があります。ほとんどの場合、小さいサイズの結節は重篤な症状を伴わず、予防的超音波婦人科医の間に検出されます。

小さな節を研究する主な方法は、骨盤内臓器の超音波検査です。必要に応じて、また開催されました:

選択的な小結節の治療の戦術は、次のとおりです。

- 待っています。症状がない場合に使用されますが、減速がリンパ節のサイズの増加につながる可能性があることを考えると、すべての専門家がこの治療法を受けやすいわけではありません。

- 薬物または保守的。

壁内結節に関する一般情報に精通してください。

それでは、子宮壁内筋腫とは何ですか?これは子宮の筋肉部分に発生する良性腫瘍です。これは子宮の最大の部分なので、腫瘍の外観に対して最も脆弱です。

壁内筋腫結節はこれらの病状の中で最も一般的な診断であり、そしてそれ自身が疾患の発症の特徴を有する。そして治療戦略は予備的な検査に基づいて個別に選択されます。

子宮の本体にはいくつかの種類の節があります。

粘膜下の形 - 子宮の粘膜層に位置する結節状の子宮筋腫。過成長は主に腹側で起こる。粘膜下結節は激しい周期性を伴う激しい痛みを引き起こす。子宮は急速に大きくなります。

間質フォーム - 結節形成は相互配線装置にある。一般的に、筋肉には複数の結節があり、それからそれは重い月経を引き起こします。

壁内子宮筋腫 - 教育は筋肉層で見つかりました。

壁内漿膜下筋腫 - 子宮の外側に形成され、骨盤領域に影響を及ぼす。それらは軽度の症状を特徴としており、それが遅れて検出される理由です。この場合、診断は「子宮嚢胞性線維腫」です。

疾患の程度に応じて、腫瘍結節の単発および多発の発生率は異なります。

の原因

以下の理由により、この病状の発症につながる可能性があります。

  • ホルモンレベルの違反
  • 神経系のあらゆる障害
  • 子宮外傷因子:妊娠中絶、擦過、手術。
  • ホルモン関連疾患 - 子宮内膜症および腺腫症。
  • 子宮内の慢性の炎症性または感染性のプロセス。
  • 糖尿病などの病気の存在、太りすぎ。
  • 不規則な性生活を行う。
  • 内分泌疾患
  • 間違ったライフスタイルと栄養、悪い習慣。
  • 更年期の期間。
  • 遺伝的素因

病気の診断

子宮内のどこにでも壁内筋腫の形で腫瘍が存在することは、婦人科医による日常の診察で検出することができます。婦人科用椅子の鏡の助けを借りて、子宮の増加は医者によって気づかれるでしょう。正確な診断のために追加の検査と手順が必要になります。

  • 超音波
  • 子宮鏡検査
  • 磁気共鳴イメージング

治療戦略

治療の経過は、女性の年齢、腫瘍の位置および大きさ、ならびに付随する疾患の存在およびこの病状の出現の理由に左右される。

壁内結節のサイズが小さい(最大2 cm)場合は、定期的に観察することで期待できる戦術が許容されます。

女性の年齢は、生殖機能の保護と、子供を携帯するために患者の内臓を保護する必要性を判断するために重要です。治療は手術と同様に医学的方法であり得る。

投薬の過程で、患者は月経周期を正常化し、結節の大きさと成長を抑えるためにホルモン剤を処方されます。原則として、ホルモンコースは8-9ヶ月です。大きなサイズの壁内結節の場合は、サイズを小さくするために手術前にホルモン療法を処方することもできます。

結果

時宜を得ていない、または独立した治療により、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • 貧血症、
  • 大きな失血
  • めまい、吐き気、嘔吐、
  • 近くの臓器への腫瘍圧
  • 膀胱問題の発症
  • 腎機能障害
  • 頻繁な便秘の発症:
  • 子供を作ることができない、
  • 不妊症

妊娠と壁内結節

妊娠は、壁内筋腫の存在下では、よく起こり、特徴なしに完全に発症する可能性があります。しかし、時には、流産、他の合併症が起こり得る。

妊娠中は、子宮筋腫とリンパ節の位置が非常に重要です。筋腫結節は、この重要な時期に合併症の発症を誘発することができるように配置することができます。

さらに、ノードのサイズも重要です。成長がない場合、小さな結び目は、概念を妨げることはありません、そして妊娠期間は合併症なしで経過します。

胎盤の近くで教育が見つかった場合、それは胎児の子宮内感染または母親から子供への栄養素の供給不足によって引き起こされる中絶を引き起こす可能性があります。

大きな結節がある場合、妊娠中の女性は以下の合併症を経験する可能性があります。

  • 就労の遅れ、
  • 自然流産、
  • 胎盤の拒絶、
  • 大量出血

これらの理由から、妊娠中の超音波は、成長を制御し、合併症の発症を防ぐのに十分な頻度で行われます。

指示された場合、節の外科的除去が処方されます。

  1. 腫瘍部位のサイズが急激に増加する
  2. 腫瘍の位置による独立した労働過程の不可能性
  3. 出生前出血、
  4. 急性胎児低酸素

原則として、妊娠中の新生物は、それらが合併症の発症の原因ではなく、そして不都合、妊娠中の母親への痛みを引き起こさないのであれば、出産後に取り除かれる。

壁内結節がホルモン破壊によって発症した場合、ホルモンレベルが回復するにつれて、妊娠中に病気が自己治癒する可能性があります。しかし、これは子宮筋腫が完全に解決したことを示すものではありません。妊娠中の筋肉は伸びるので、検査中の結節は気付かれないままであるかもしれません。また、筋肉層の節の位置での超音波検査は信頼できないかもしれません。出産後は筋腫が再発することがあります。

この病理は労働の過程を著しく複雑にするということを覚えておいてください。原則として、そのような場合の分娩は帝王切開で行われます。

妊娠中にこの病気は危険ですか?

妊娠中に壁内筋腫が診断された場合、患者はさまざまな重篤な合併症に直面します。

  • 任命される前に労働が始まる
  • 流産の可能性が高まります。
  • 胎盤剥離
  • 大量の出血。

手術手技の特徴

壁内筋腫の手術にはいくつかの種類があります。

  • 塞栓術主な作業は、リンパ節に入る血液の正常な循環を乱すことです。その後、筋腫の細胞は徐々に死にます。手順の前に、婦人科医はホルモン剤を処方します。
  • 筋腫摘出術は迅速かつ痛みなしに全ての壁内結節を除去します。手術は2つの技術によって行われます - これは腹腔鏡検査または子宮頸部を開くことによる除去です。スペシャリストは、ノードが配置されていた場所のみを切り取ります。一年後、女の子は妊娠を計画することができるようになります。
  • 気化そのような外科的処置の助けを借りて、壁内腫瘍の組織は低温および高温の影響により殺される。
  • 開腹術は、結節のサイズが非常に大きい場合に使用されます。

治療法の選択と壁内筋腫の手術に最適な選択肢は、各患者に個別に選択されます。結節が初期段階で見つかった場合、女性はホルモン療法の助けを借りて保守的な治療を処方されます。これは、将来子供を産むことを計画している女の子に特に当てはまります。壁内筋腫と結節が独立して溶解する場合があります。これはホルモンレベルの変化によるものです。

病気について

壁内筋腫は子宮の平滑筋細胞の良性増殖であり、名前は結節の位置によって決定されます - 子宮筋層の厚さにおいて。対照的に、粘膜下結節は粘膜、子宮内膜の下に成長し、亜骨膜下結節は子宮の外表面の近くに位置する。

子宮は対になっていない筋肉器官で、子供を運んで出産するためのものです。内皮層は受精卵の付着と胚の発生のための条件を作り出します。

筋肉の壁は3層の細胞で構成されています。これらの細胞は縦方向の外側と内側、およびそれらの間の3方向に円形に配置されています。出産時の収縮は赤ちゃんを押し出します。

有害因子は平滑筋細胞に影響を与え、それらを損傷します。これにより、筋細胞と結合組織細胞からなる結節が出現します。

壁内筋腫の最も可能性の高い原因は次のとおりです。

ホルモンは、高レベルのエストロゲンが優勢に変化します。 このホルモンは子宮細胞の分裂の増加を引き起こします、その効果は粘液層の増加の形で現れますそれから彼らは子宮内膜増殖症について話します。

子宮筋層がより大きな範囲で影響を受けると、結節が形成されます。閉経中のエストロゲンレベルの低下は、子宮筋腫の逆発達を引き起こします。

  • 子宮の外傷性の操作 - 中絶、こする、出産困難、外科的介入。筋肉層には増殖中の(若い)細胞があり、荒い操作の間のそれらの損傷はそのような筋細胞の漸進的蓄積を引き起こす。妊娠中絶、出産に必然的に伴うホルモンシフトは、結び目形成のプロセスを強化します。
  • 子宮の炎症性および感染症 - 子宮内膜炎、生殖器感染症。炎症は、組織、すなわち血流から出ていく血液の液体部分の膨張を伴い、それが微小血管の圧縮および虚血を引き起こす。この場合の損傷要因は、直接組織の感染と酸素飢餓です。

    内分泌疾患 - 糖尿病、甲状腺の損傷、ホルモンの全体的なレベルに影響を与えます。肥満は常に性ホルモンの不均衡につながります。これは脂肪組織のホルモン活性とそのエストロゲン合成を高める能力によるものです。

    糖尿病および甲状腺機能低下は、ほとんどの場合体重の増加を伴います。

  • 30年後の不規則な性生活座りがちな生活習慣は、子宮内膜の過形成に寄与する骨盤内の血液の停滞につながります。
  • ストレスと悪い習慣 女性では、ホルモンの変動を引き起こし、子宮筋腫を発症するリスクを高める可能性があります。
  • 近親者における子宮筋腫の発生 遺伝性疾患の可能性を支持して話す。
  • 半数の症例では、子宮筋腫は無症候性です。結節が大きいために子宮のサイズが大きくなると、隣接する臓器を圧迫したときに症状が顕著になります。臓器の変形による徴候がいくつか現れます。症状:

    1. 豊富で長期間の月経。 子宮の内面の形状の変化、子宮内膜の拒絶反応の悪化、およびその過形成の可能性。
    2. 月経間出血 高レベルのエストロゲンおよび粘膜の過形成過程にも関連しています。
    3. 痛みを伴う月経出血 子宮内膜の分離が困難なため。
    4. 下腹部の痛み 供給血管の圧迫のために血流が結節内で乱されると起こる。
    5. 豊富な失血は貧血を引き起こします。めまい、心拍数の増加を伴います。
    6. 大ミオマが周囲の臓器を圧迫する - 膀胱や直腸、排尿や腸の動きの崩壊につながります。
    7. 大きな子宮筋腫の栄養不良は壊死を引き起こします。。これは激しい痛み、発熱、中毒、および生殖管からの血栓の排出を伴います。
    8. 不妊、流産、妊娠中および出産後の出血 子宮の形の変化、ホルモン規制の違反の結果。

    この記事では、その初期段階における子宮癌の兆候を示します。

    ホルモン療法

    治療薬の選択は常に個人的なものです。以下のグループを使用してください。

    • プロゲスチン 月経周期の第2段階の天然ホルモンは、エストロゲンのレベルを下げます。プロゲステロンまたはデュパストンは治療に使われ、妊娠中でも使うことができます。ミレナ子宮内避妊器具は子宮筋腫に対しても効果的です。
    • 抗プロゲストゲン薬Mefipriston 小さなノードでは、サイクルごとに2回適用します。
    • ゴナドトロピン放出ホルモンアゴニスト サイトの減少につながるエストロゲンの濃度を減らす。
    • タモキシフェン - 選択的エストロゲン受容体モジュレーターは抗エストロゲン作用を有する。
    • 抗アンドロゲン薬(ダナゾール) アンドロゲンを減らすことによって、それらは性腺刺激ホルモンに影響を及ぼし、それは結節の成長を阻害します。
    • 経口避妊薬の併用 直径2センチまでの小さな結節の治療に役立ちます。

    筋腫の中絶後のどのような退院は正常と見なされますか?これが詳細な説明です。

    その他の薬

    子宮筋腫の症状と影響を軽減するために他の薬が使用されます。

    • 非ステロイド系抗炎症薬 痛みを解消するのに必要でした。鎮痛剤、ニメスリド、メロキシカム、ケトロラクが有効です。
    • 鉄の準備 貧血の治療に不可欠です。 Sorbifer、Maltofer、Totemを適用してください。
    • 止血剤 大量出血に必要なエタジラートは注射や錠剤に効果的です。

    FUSアブレーション

    集束超音波 - MRIの制御下で超音波を使用して非侵襲的な方法で子宮筋腫の破壊は、次のように行われます。

    1. 手順の前に、ノードの位置とサイズを決定するために調査が行われます。脚の粘膜下および亜骨下結節、または500 cm3を超えるサイズでこの方法を使用することは不可能です。
    2. ノードまでの距離を計算します。
    3. 適切なハードウェア設定が行われています。
    4. MTPの制御下で、超音波はノードに作用します。この段階での麻酔や麻酔は必要ありません。
    5. 処置後、鎮痛薬が処方されます。

    外科的治療が可能です - 体の除去、保存的なプラスチック - 子宮摘出術。

    次のような場合に頼った子宮を摘出するには:

    1. 出産機能を保存する必要はありません。
    2. 子宮筋腫のサイズは妊娠15〜16週間以上。
    3. ノードの急成長
    4. 閉経後の女性における腫瘍の増加。
    5. 肉腫の疑い。
    6. 隣接臓器の機能不全
    7. 出血、貧血の発症につながります。

    運用プロセス

    1. 全身麻酔
    2. 少量の子宮筋腫で腹腔鏡下に腹腔へのアクセス。子宮の大きさが16〜18週間を超える場合は、開腹術が行われます。
    3. 子宮を養う血管を結ぶ。
    4. 付属物は切り取られ、首は保存されます。
    5. 子宮は靭帯から解放され、削除されます。腫瘍に対する卵巣の改訂
    6. 止血の信頼性を確認してください。
    7. 層状の腹部閉鎖。
    8. 傷口 - 無菌ドレッシング。

    リハビリテーション

    手術後、血栓症予防は1ヶ月間続けられます(圧着、アスピリンの低用量)。子宮摘出後、去勢症候群を予防するためにホルモン補充療法が処方されます。 1、3、6ヶ月後にリンパ節を摘出した後、超音波検査を行います。

    時宜を得た治療で、予後は良好です。出産年齢では、生殖機能を維持し、妊娠を達成することができます。

    大型壁内筋腫

    子宮の外層に成長する大きな結節は、隣接する組織や臓器と癒着を形成する可能性があり、その結果、痛みが体のさまざまな領域に記録されます。長い間に大きな筋腫の節(50 mm以上)が隣接臓器を圧迫し始め、排尿障害、腸の運動障害を引き起こします。子宮の変形に伴い、月経が長くなり、出血が起こり、不妊症が発症する可能性があります。

    大規模ノードの診断の承認のために行われます。

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send