健康

タンポンは膜に有害ですか?

Pin
Send
Share
Send
Send


この質問に対する回答の中で必要な情報が見つからなかった場合、またはあなたの問題が提示されたものと多少異なる場合は、このページで主な質問にあるかどうかを医師に尋ねてみてください。あなたはまた新しい質問をすることができます、そしてしばらくすると我々の医者はそれに答えます。無料です。このページまたはサイトの検索ページで、同様の質問で必要な情報を検索することもできます。あなたがソーシャルネットワーク上のあなたの友人に私たちを推薦してくれれば私たちは非常に感謝します。

Medportal 03online.com サイト上の医師との通信の仕方で診察を実施します。ここであなたはあなたの分野の実際の実務家から答えを得ます。現在、サイトは45の分野に相談を受けることができます:アレルギー専門医、性病、消化器、血液学および遺伝学、婦人科医、ホメオパシー医、皮膚科医の子供の婦人科医、子神経科医、小児外科、小児内分泌学者、栄養士、免疫学、感染症、心臓病、美容、スピーチセラピスト、ローラ、マンモロジスト、内科医、麻薬専門医、神経内科医、神経外科医、腎臓専門医、腫瘍専門医、腫瘍専門医、整形外科医、眼科医、小児科医、整形外科医、直腸科医、精神科医、心理学者、呼吸器科医、リウマチ専門医、性科学者アンドロロジスト、歯科医、泌尿器科医、薬剤師、植物療法学者、静脈内科医、外科医、内分泌科医。

95.25%の質問に答えます。.

タンポンで処女を失うことは可能ですか?

「あなたは「最近の」日にも完璧になりたいですか?」と宣伝し、現代の女性用の個人用衛生用品であるタンポンを使用するよう促します。ガスケットに対するそれらの利点は誰によっても否定されないでしょう。タンポンの熱心な反対者でさえ、人生のある状況ではこの小さなトリックが絶対に不可欠であることを認識しています。月経周期の下で次の「外観」を調整することは非常に困難です。そして、柔らかいピンクの色合いの優雅なフィットドレスを「歩く」時が来たならば、批判的な日々はこの使命の妨げにはなりません。海岸への旅についても同じことが言えます。それはタンポンを使用するのに十分です、そして人生のすべての楽しみはあなたに利用可能です。しかし、10代の女の子は何をしますか?結局のところ、彼らの生活はしばしば私たちのものよりはるかに豊かです:ディスコ、パフォーマンス、プールでのクラス...多くの女の子とその母親は、繊細な生地へのダメージの危険性について考えながら、慎重にタンポンを見ます。タンポンで処女を失うことは可能ですか?この物語の中の私のことを書きましょう。

処女の剥奪:生理学的側面。

花粉症(処女の剥奪)は、ハイメンの破裂後に起こります。ほとんどの場合、最初の親密さの間に、膣に突き刺さっている男性の一員が籾殻を引き裂くときに、溢れることが起こります。それほど一般的ではありませんが、他の状況下では、外陰部への外傷、活動的なスポーツ、膣内への異物の侵入、外科的処置、またはオナニーなどの他の状況下で溢れることがあります。その中心部では、タンポンは膣に挿入された異物なので、タンポンによる処女性の剥奪は理論的には可能です。

膣を外陰部(女性の外性器)から分離する未使用の膜は、それぞれの性別が独自の特性を持っています。誰かが薄くて弾力があり、誰かが肉質で弾力がある。月経血を分離するように設計されている膜の穴はまた異なった形およびサイズを有するかもしれない。時には、ひだにいくつかの小さな穴があることがあり、時には1つは十分に大きいかサイズが小さいです。稀にhymenが完全に欠如している - 先天異常はありません。

生理的な観点から見た膜は何ですか?女の子や若い女の子では、それは膣と外部環境との間の一種の障壁の役割を果たし、それが感染するのを防ぎます。微生物の侵入に抵抗するために、膣環境は酸性でなければなりません。そして、有用な乳酸菌による膣のコロニー形成は、18〜20歳の年齢でのみ起こります。これは、性生活に入る女の子の年齢とほぼ一致します。この時まで、感染症に対する保護の役割はhymenが担っていました。

タンポンと処女

ハイメンはまだ性的経験をしたことがない少女の膣のぬるぬるしたひだです。それは入り口に位置し、膣または月経流出物が通過する一つ以上の穴を有する。概して、これらの開口部の幅は1.5センチメートルに達し、これは、小さいサイズではない普通のサイズのものであっても、タンポンが自由に膣を貫通することを可能にし、溢れることを引き起こさない。加えて、思春期の少女の時代には、籾殻はより弾力的になり、損傷を受けることなく、よく伸び、そしてタンポンの導入は痛みを伴う感覚を引き起こさない。そして月経中に、血液が自由に流れることができるように、膜の縁がさらに引き伸ばされます。タンポンは、長さが増えて幅がほとんど変わらないので、処女でも通常簡単です。したがって、ほとんどの女の子は籾殻を引き裂くことを恐れずにこの衛生的な用具を使用することができます。

処女がそれらを使用するとき不快感を避けるために小さいサイズのタンポンを使用することは賢明です。

ハイメンタンポンが損傷する危険性

ただし、場合によっては、タンポンがHymenにとって有害で​​危険なものになることがあります。処女は、タンポンを使用する前に婦人科医に相談することをお勧めします。事実は、誰もが異なる体の構造を持っているということです、そして、広くて簡単に伸縮性のある穴を持つ弾力のある処女チャフは、すべての女の子で観察されるわけではありません。膜の形状と大きさは非常に異なります:ある場合には、それらは月経血の通過には十分ですが、きちんとしたタンポンには十分ではない非常に小さい穴を持つ非常に緻密で非弾性のフィルムです。

そのような場合、この衛生製品の使用は処女性の侵害に実際につながる可能性があります。

婦人科医がタンポンの使用を許可していても、はじめにあなたが痛みや不快感を感じる場合は、それらを使用しないでください。小さいタンポンを購入して再試行するか、性生活を始めるまでこのツールの使用を延期してください。

Pin
Send
Share
Send
Send