健康

子宮内膜ポリフェレシスの相:正常と異常

Pin
Send
Share
Send
Send


子宮内膜は、内側から子宮を覆う粘膜層です。その機能は胚の着床と発生を確実にすることです。さらに、月経周期はそれに起こる変化に依存します。

女性の身体における重要な過程の1つは、子宮内膜の増殖です。このメカニズムの違反は生殖器系の病理学の発達を引き起こします。増殖性子宮内膜は周期の最初の段階、すなわち月経の終了後に来る段階を示した。この段階で、子宮内膜細胞は活発に分裂して成長し始めます。

増殖の概念

増殖は、組織または器官の細胞を分裂させる活発な過程です。月経の結果として、子宮の粘膜は、機能層を構成する細胞の拒絶のために非常に薄くなる。細胞分裂が薄くなった機能層を更新するので、これはまさに増殖プロセスの理由です。

しかし、増殖性子宮内膜は必ずしも女性の生殖器系の正常な機能を示すものではありません。病理学の場合、細胞が活発に分裂しすぎて子宮の粘膜層を肥厚させる場合があります。

原因

上記のように、増殖性子宮内膜の自然な原因は月経周期の終わりです。拒絶された子宮粘膜の細胞は血液とともに体から排泄され、それによって粘膜層を薄くする。次の周期の前に、子宮内膜は分裂過程の助けを借りて粘膜のこの機能領域を回復する必要があります。

病理学的増殖は、細胞をエストロゲンで過剰に刺激した結果として起こる。その結果、粘膜層が修復されたときに、子宮内膜の分裂は止まらず、子宮壁の肥厚が起こり、それが出血の発生につながる可能性がある。

プロセスの段階

増殖には3つの段階があります(通常の過程で)。

  1. 初期段階それは月経周期の最初の週の間に起こり、そしてこの時点で上皮細胞ならびに間質細胞が粘膜上に見いだされ得る。
  2. 中期この段階は周期の8日目に始まり、10日に終わる。この期間中に、腺が拡大し、支質が膨張し弛緩し、そして上皮組織の細胞が引き抜かれる。
  3. 後期増殖の過程は周期の始めから14日で止まる。この段階で、粘膜とすべての腺は完全に回復しています。

病気

子宮内膜細胞の集中的な分裂のプロセスは失敗するかもしれず、その結果として細胞は必要な数を超えて現れる。これらの新たに形成された「建築用」材料は組み合わさって増殖性子宮内膜増殖症などの腫瘍の発生につながる可能性がある。

それは毎月の周期におけるホルモンの崩壊の結果です。過形成は、子宮内膜と間質の腺の増殖であり、腺と非定型の2種類があります。

過形成の種類

このような異常の発生は主に閉経期の女性に起こる。主な理由は、多くの場合、子宮内膜細胞に影響を及ぼし、それらの過剰な分裂を活性化させる、多数のエストロゲンになることです。この疾患の発症と共に、増殖性子宮内膜のいくつかの断片は非常に高密度の構造を獲得する。特に患部では、シールの厚さは1.5 cmに達することがあります。さらに、臓器腔内に位置する増殖型ポリープの子宮内膜への形成も可能である。

この種の過形成は前癌状態と考えられており、閉経期または老年期の女性に最もよく見られます。若い女の子では、この病状はめったに診断されません。

非定型過形成は、分岐腺に腺腫の発生源がある子宮内膜の顕著な増殖です。子宮掻爬を調べることは、多数の尿細管上皮細胞を検出することができる。これらの細胞は、大きな核と小さな核の両方を持つことができ、さらにそれらのいくつかは引き伸ばすことができる。この場合、尿細管上皮は群に分けられていても別々にあってもよい。分析はまた子宮の壁の脂質の存在を示します;それは診断の重要な要因であるそれらの存在です。

異型腺過形成から腫瘍性疾患への移行は、100人中3人の女性に起こります。このタイプの過形成は、通常の月周期の間の子宮内膜の増殖に似ています、しかし非定型過形成のプロセスが逆転することがありますが、これはホルモンの影響下でのみ可能です。

症状学

子宮内膜の増殖性過形成の発生に伴い、以下の症状が観察されます。

  1. 出血によって現れる子宮の月経機能は損なわれています。
  2. 月経周期には、周期性の激しい出血や長期の出血という形で逸脱があります。
  3. 出血が発症します - さまざまな強度と期間の非体系的および非周期的出血。
  4. 出血は月経の間またはその遅れの後に起こります。
  5. 凝血塊による画期的な出血が観察されます。
  6. 出血が絶えず発生すると、貧血、倦怠感、脱力感および頻繁なめまいが発生します。
  7. 不妊症を引き起こす可能性がある無排卵周期があります。

診断

腺過形成の臨床像は他の病理と類似しているため、診断手段は非常に重要である。

増殖性子宮内膜増殖症の診断は以下の方法で行われます。

  1. 出血の発症時間、その期間および頻度に関連する患者の病歴および苦情の研究。付随する症状も研究されています。
  2. 遺伝、妊娠、使用された避妊方法、過去の病気(婦人科だけでなく)、手術、性的接触の結果として伝染する病気などを含む産科および婦人科情報の分析
  3. 月経周期の開始(患者の年齢)、その規則性、期間、痛み、および滲出に関する情報の分析。
  4. 婦人科医による両手膣検査の実施
  5. 胎児婦人科塗抹標本とその顕微鏡検査
  6. 子宮粘膜の厚さおよび増殖性子宮内膜ポリープの存在を決定する経膣超音波検査の予約。
  7. 診断のための子宮内膜生検の必要性の超音波測定
  8. 子宮鏡で掻爬するか、病理学的子宮内膜を掻き取るかまたは完全に除去する。
  9. 過形成のタイプを決定するための掻爬の組織学的検査。

治療方法

腺過形成の治療は様々な方法で行われる。運用上も保守的にもなり得ます。

増殖型子宮内膜の病理の外科的治療は、変形を受けた領域の完全な除去を提供する。

  1. 子宮からの罹患細胞の掻き取りが行われる。
  2. 子宮鏡検査を用いた外科的介入

以下の場合に外科的介入が行われます。

  • 患者の年齢によって、体の生殖機能を果たすことができます。
  • 女性は更年期の「限界に達している」、
  • 大量出血の場合
  • 増殖型の腺ポリープが子宮内膜で検出された後。

掻き取り材料は組織学的分析に送られる。その結果によると、そして他の病気がない場合には、医師は保存療法を処方するかもしれません。

保守的な治療

この治療法は病理学に影響を与える特定の方法を提供します。ホルモン療法:

  • 経口ホルモンを併用した避妊薬が処方されています。
  • 女性は、体からの性ホルモンの放出を減らすのに役立つ純粋なゲスタゲン(プロゲステロン薬)を摂取します。これらの薬は3〜6ヶ月服用する必要があります。
  • プロゲストゲン含有子宮内装置が挿入され、それは子宮の体内の子宮内膜細胞に作用する。このようなスパイラルの有効性は最大5年です。
  • 35歳以上の女性を対象としたホルモンの処方も治療にプラスの効果をもたらします。

全身の体の強化を目的とした治療法:

  • ビタミンやミネラルの受け入れ
  • 鉄の補給
  • 鎮静薬の任命
  • 理学療法手順(電気泳動、鍼など)を行う。

さらに、太り過ぎの患者の全身状態を改善するためには、治療的食事療法、ならびに身体の身体的強化を目的とした活動を開発する。

予防策

増殖性子宮内膜増殖症の発症を予防するための対策は以下の通りです:

  • 婦人科医による定期検査(年2回)
  • 妊娠中に予備コースを通過する
  • 適切な避妊薬の選択
  • 骨盤内臓器の機能に何らかの異常が発生した場合は、医師の診断を受けてください。
  • 喫煙、アルコール、その他の悪い習慣を止める
  • 定期的な運動、
  • 健康食品
  • 個人衛生の慎重な監視
  • 専門家に相談して初めてホルモン薬を服用する
  • 必要な避妊法を用いて、中絶の手続きを避けます。
  • 毎年体の完全な検査を受けて、規範からの逸脱が検出されたら、直ちに医師に相談してください。

増殖性子宮内膜増殖症の再発を回避するためには、以下のことが必要です。

  • 婦人科医に定期的に相談してください。
  • 婦人科内科医で検査を受ける。
  • 避妊方法を選択するときは、専門家に相談してください。
  • 健康的なライフスタイルを導きます。

増殖性子宮内膜腺の過形成の発症および治療の予後は、病理学の適時の検出および治療に直接左右される。病気の初期段階で医師に目を向けると、女性は完全に治癒する可能性が高いです。

それにもかかわらず、不妊症は過形成の最も深刻な合併症の1つである場合があります。これの理由は排卵の消失に通じるホルモンレベルの失敗です。これを防ぐためには、適時にその疾患を診断し、効果的な治療法が役立つでしょう。

非常に頻繁にこの病気の再発のケースがあります。したがって、女性は定期的に婦人科医を訪ねて検査を行い、すべての勧告に従うべきです。

子宮内膜の増殖の特徴

成功した受精と問題のない妊娠のために、子宮の周期的な変化は正常な値と一致しなければなりません。子宮内膜の異型構造がある場合は、病理学的異常が考えられます。

症状や症状によって子宮内膜の不健康な状態を知ることは非常に困難です。医師はこれを手助けしますが、子宮内膜の増殖とは何か、そして組織の増殖が健康にどのように影響するかを理解しやすくするためには、周期的変化の特徴を理解することが必要です。

子宮内膜は機能層と基底層で構成されています。後者は、多数の血管を注入された、ぴったりフィットする細胞粒子です。その主な機能は、受精が失敗した場合、機能層を回復させることであり、剥離して血液とともに排泄されます。

月経後の子宮は自浄作用があり、この期間中の粘膜は滑らかで薄く、均一な構造をしています。

標準的な月経周期は3段階に分けられます。

  1. 増殖
  2. 分泌
  3. 出血(毎月)

これらの段階のそれぞれにおいて、一定の割合の子宮内膜の厚さがある。より多くの情報は私達の記事で読むことをお勧めします。

この自然な変化の順序では、拡散が最初に来る。この段階は、月経が終わった後のサイクルのおよそ5日目から始まり、14日間続きます。この間に、活発な分裂による細胞構造が増殖し、組織の成長につながります。子宮の内層は16 mmまで増加することがあります。これは増殖性子宮内膜層の正常な構造です。そのような肥厚は、子宮層の絨毛への胚の付着に寄与し、その後排卵が起こり、そして子宮粘膜は子宮内膜の分泌期に入る。

受胎が起こった場合は、黄体が子宮に埋め込まれます。妊娠に失敗すると、胚は機能を停止し、ホルモンのレベルが下がり、月経が始まります。

通常、サイクルの段階はこの順序で互いに正確に従いますが、このプロセスで失敗することがあります。様々な理由で、増殖は止まらないかもしれません、すなわち、2週間後、細胞分裂はチェックされずに続けられ、そして子宮内膜は成長します。子宮のあまりにも濃くて厚い内層は、しばしば構想や深刻な病気の発症に問題を引き起こします。

子宮内膜の腺過形成

増殖過程の高い活性および集中的な細胞分裂は、子宮内膜の体積および構造を増大させる。病理学的成長および腺組織の肥厚により、医師は腺過形成と診断します。病気の発症の主な原因はホルモン障害です。

腺過形成の典型的な症状はありません。多くの婦人科疾患に特徴的な徴候の兆候。ほとんどの女性の不満は、月経中および月経後の状態に関連しています。周期は変わり、前の周期とは異なります。大量の出血は痛みを伴い、血栓を含みます。多くの場合、放電は周期外になり、貧血につながります。重度の失血は、脱力感、めまい、体重減少を引き起こします。

この形の子宮内膜過形成の特徴は、新しく形成された粒子が分裂しないことです。病理学が悪性腫瘍に変わることはめったにありません。それにもかかわらず、この種の疾患は、腫瘍の増殖に典型的な増殖不治性および機能喪失を特徴とする。

異型

異型過形成は、子宮内膜低形成過程に関連する子宮内疾患を意味します。基本的に、この病気は45年後に女性で発見されています。 100の病理のうち3分の1が悪性腫瘍に発展する。

ほとんどの場合、このタイプの過形成は、増殖を活性化させるホルモン破壊によって発症します。構造が損なわれた細胞の制御されない分裂は子宮層の増殖をもたらす。異型過形成では、子宮内膜の大きさと厚さが増え続けるので、分泌期はありません。これは長く、痛みを伴い、そして重い月経を招きます。

重度異型は子宮内膜の危険な状態を意味します。細胞の活発な再生だけではなく、核の上皮の構造および構造も変化する。

異型過形成は、粘膜の基底層、機能層、そして同時に両方の層で発生する可能性がある。癌を発症する可能性が高いので、後者の選択肢が最も重篤であると考えられている。

子宮内膜増殖フェーズ

通常、女性が子宮内膜の増殖の段階が何であるか、そして健康に関連する一連の病期の違反として理解することは困難です。質問を理解することは子宮内膜の構造の知識を助けます。

粘膜は主物質、腺層、結合組織(間質)および多数の血管からなる。サイクルの約5日目から、増殖が始まると、各成分の構造が変化します。全期間は約2週間続き、初期、中期、後期の3段階に分けられます。増殖の各段階はそれ自身異なった形で現れ、そして一定の時間がかかる。正しい順序は正常と見なされます。少なくとも1つの相が欠けているか、またはその過程で失敗がある場合、子宮の内側の膜に病理を発症する可能性は非常に高いです。

増殖の初期段階は周期の1日目から7日目です。この期間中の子宮の粘膜は、徐々に変化し始め、そして以下の構造的組織変換を特徴とする。

  • 子宮内膜は円筒形の上皮層で覆われています。
  • 血管はまっすぐです、
  • 腺は密で細くてまっすぐです、
  • 細胞核は赤と楕円形で飽和しています。
  • 間質の楕円形、紡錘形。
  • 初期のpolyferative段階における子宮内膜の厚さ - 2〜3 ​​mm。

増殖性子宮内膜の中期は最も短く、通常月経周期の8〜10日目です。 Форма матки меняется, происходят заметные изменения в форме и структуре других элементов слизистой:

  • 上皮層は円筒形の細胞で裏打ちされています。
  • 薄いカーネル
  • 腺が伸びて曲がっている、
  • 結合組織ルーズ構造
  • 子宮内膜の厚さは増え続け、6-7 mmに達します。

周期の11〜14日目(後期)に、膣内の細胞の量が増えて腫れます。著しい変化が子宮膜で起こります:

  • 上皮層は高く多層である
  • 腺の一部は長くなり波状の形をしています、
  • 血管網は波状です
  • 細胞核はサイズが大きくなり、丸みを帯びた形状になります。
  • 増殖後期の子宮内膜の厚さは9〜13 mmに達する。

これらの段階はすべて分泌段階と密接に関係しており、規範の規範に従わなければなりません。

子宮がんの原因

子宮体癌は増殖期の最も危険な病状に属します。初期段階では、この種の病気は無症状です。この疾患の最初の徴候は、豊富な粘液分泌を含みます。時間が経つにつれて、腹痛、子宮内膜片による子宮出血、頻尿、脱力感などの症状が現れます。

癌の発生率は、45歳に特徴的な無排卵周期の出現と共に増加する。閉経前の卵巣では依然として卵胞を分泌しますが、成熟することはめったにありません。排卵はそれぞれ起こらず、黄色体は形成されない。これはホルモンの不均衡 - 癌の最も一般的な原因につながります。

リスクグループには、妊娠や出産をしていない女性、そして肥満、糖尿病、代謝、内分泌障害の女性がいます。生殖器官の体の癌を引き起こす背景疾患は、子宮内のポリープ、子宮内膜増殖症、筋腫、多嚢胞性卵巣です。

腫瘍学の診断は、癌病変における子宮壁の状態を複雑にします。子宮内膜が緩くなり、繊維が異なる方向に配列され、筋肉組織が弱くなります。子宮の境界は、ぼやけて目に見えるポリープ状の成長です。

病理学的プロセスの段階に関係なく、子宮内膜がんは超音波によって検出されます。転移の有無および腫瘍の局在を確認するには、子宮鏡検査に頼る。さらに、女性は生検、X線検査および一連の検査(尿、血液、止血)を受けることが推奨されます。

タイムリーな診断は、腫瘍の新生物の増殖、その性質、大きさ、隣接臓器への拡がりの種類および程度を確認または排除することを可能にする。

病気の治療

子宮がんの治療法は、疾患の病期や形態、女性の年齢や全身状態に応じて個別に割り当てられます。

保存療法は初期段階でのみ使用されます。第一期から第二期の明らかな病気の生殖年齢の女性はホルモン療法を受けます。 治療の過程で定期的にテストする必要があります。そのため、医師は細胞核の状態、子宮粘膜の構造変化、そして疾患の動態を追跡します。

最も効果的な方法は、罹患子宮の切除(部分的または完全)です。手術後に単一の病理学的細胞を除去するために、一連の放射線療法または化学療法が処方される。子宮内膜の急速な成長および癌の急速な増加の場合には、医者は生殖器、卵巣および付属肢を切除します。

早期診断と時宜を得た治療により、いずれの治療方法も肯定的な結果をもたらし、回復の可能性を高めます。

定義

それは何ですか?増殖期は、任意の組織の活発な細胞分裂の段階である(その活性は正常を超えない、すなわち病的ではない)。この過程の結果として、組織は修復され、再生され、拡大される。分裂中、正常な非典型的な細胞が出現し、そこから健康な組織、この場合は子宮内膜が形成される。

しかし、子宮内膜の場合、これは粘膜を活発に増加させるプロセスであり、その肥厚化です。そのような過程は、自然の原因(月経周期の段階)と病理学的要因の両方によって引き起こされる可能性があります。

増殖は子宮内膜だけでなく体内の他の組織にも適用される用語であることに注意すべきです。

増殖性子宮内膜は、月経中に子宮内膜の機能的(再生)部分の多くの細胞が拒絶されたためにしばしば現れる。その結果、彼は大幅に薄くなりました。このサイクルの特徴は、次の月経の開始のために、この粘液層が機能層のその厚さを回復しなければならないということであり、そうでなければ更新されるものは何もないだろう。これは増殖段階で起こることです。

場合によっては、そのようなプロセスは病理学的変化によって引き起こされる可能性があります。特に、子宮内膜増殖症(適切な治療をしなくても不妊症を引き起こす可能性がある疾患)はまた、細胞分裂の増強を特徴とし、子宮内膜機能層の肥厚をもたらす。

分泌フェーズ

分泌期はほぼ増殖直後(または1日後)に起こり、それと密接に関連している。それはまた、早い段階、中程度の段階、そして遅い段階のいくつかの段階を区別します。それらは月経期のために子宮内膜と体全体を準備する典型的な変化の数によって特徴付けられます。分泌型の子宮内膜は緻密で滑らかであり、これは基底層および機能層の両方に当てはまる。

この段階は、サイクルの約15日から18日まで続きます。それは分泌の弱い発現によって特徴付けられる。この段階では、まだ発展し始めています。

この段階では、分泌は可能な限り活発に進行します。分泌機能のわずかな消失は、この段階の最後にしか観察されません。 20日から23日まで続きます

分泌期の後期段階では、分泌機能の漸進的な消失が特徴的であり、この段階の最後の最後でゼロで完全に消失し、その後女性は月経を開始する。このプロセスは、24日から28日まで2〜3日続きます。正確な期間は特定の患者の月経周期の何日かに依存しますが、それはすべての病期に特徴的な特徴に注目する価値があります。

増殖性疾患

増殖期の子宮内膜は非常に活発に増殖しており、その細胞は様々なホルモンの作用の下で分裂します。潜在的には、異常な細胞分裂に関連する様々な種類の疾患(新生物、組織の異常増殖など)の発症によってこの状態は危険である。ある種の機能不全は、病期をこの種の病状の発症に移す過程で起こり得る。同時に、分泌型子宮内膜はほとんど完全に影響を受けません。

粘膜の増殖期に違反した結果として発症する最も典型的な疾患は過形成です。これは子宮内膜の異常な成長の状態です。この疾患は非常に深刻であり、重度の症状(出血、痛み)を引き起こし、完全または部分的な不妊を招く可能性があるため、適時の治療が必要です。しかしながら、腫瘍学におけるその生まれ変わりの症例の割合は非常に低いです。

分裂過程のホルモン調節に障害がある場合には過形成がある。その結果、細胞はより長くそしてより活発に分裂する。粘膜層が著しく肥厚している。

増殖過程の阻害はなぜですか?

子宮内膜の増殖過程の阻害は、月経周期の第二相の不全としても知られている過程であり、増殖過程が十分に活発ではないか、または全く起こらないという事実によって特徴付けられる。これは更年期障害、卵巣機能不全および排卵の欠如の症状です。

この過程は自然であり、更年期障害の発症を予測するのに役立ちます。しかし、それが生殖年齢の女性に発症した場合も病理学的になる可能性があります。これは月経困難症や不妊につながる可能性があるため、修正が必要なホルモンの不均衡を示唆しています。

子宮内膜増殖:それはなんですか

この過程を理解するためには、女性の身体の解剖学と生理学を研究することが必要です。全周期を通して子宮粘膜に周期的変化が起こる。これらの変化は主に子宮内膜に関係します。子宮内膜は子宮の機能に重要な役割を果たしています。

女性の生殖機能における子宮内膜の役割

子宮内膜層の構造はかなり複雑です。子宮内膜の構造には、次のような構造があります。

  • 上皮の第一鉄および外層
  • 主な物質
  • 間質、
  • 血管床

子宮内膜の主な機能は、胚の着床およびそのさらなる成功した発達を確実にすることである。子宮内膜は子宮内の正常な恒常性に寄与し、それは胎児の正常な機能を保証する。子宮内膜の増殖は血管床の成長をもたらし、それは胎児への血液供給を改善する。これらの血管構造は、その後胎盤の一部になります。

一ヶ月間、子宮内で周期的な変化が起こります。次のような段階があります。

  • 増殖の段階
  • 分泌前段階
  • セクターステージ
  • 月経流出の段階。

子宮内膜の周期的変化を正しく評価するためには、周期期間とその臨床的特徴(機能不全子宮分泌物の存在、分泌期の期間、月中の月経出血量)を考慮に入れるべきである。

子宮内膜増殖の初期段階

子宮内膜の早期増殖は、月経周期の5〜7日を占める。この相は、立方上皮が粘膜表面に位置し、子宮の内層の腺が狭い内腔を有する長方形の管であるという事実によって組織学的に特徴付けられる。横断面を行うとき、増殖の初期段階にある腺は楕円形または丸い構造の形をしています。この場合、子宮内膜は角柱上皮からなる。増殖の初期段階では、上皮は小さな高さを有し、細胞は楕円形の核を含み、それは細胞の基底部分に局在する。同時にそれらは強い色をしています。増殖の初期段階では、間質が大きな核を有する紡錘形細胞を含むことが特徴的である。同時に、動脈はらせん捲縮によって区別されます。

中期子宮内膜増殖

増殖の中間期の子宮内膜は月経周期の8-10日目に観察される。高角柱上皮の発生は粘膜表面で検出され、中期の増殖期の子宮内膜断片はわずかな腺の発生を特徴とする。細胞の核には、複数の有糸分裂の存在が認められます。子宮内膜の増殖の中期段階は、粘膜縁の先端部分の存在によって特徴付けられる。間質は浮腫性の緩んだ構造を有する。

子宮内膜後期増殖期

子宮内膜の遅い増殖は周期の11-14日に観察されます。増殖の後期の子宮内膜は、腺が曲がりくねった形をとるという事実によって特徴付けられる。腺は広い内腔を有し、それらの核は異なるレベルにある。基底部には、グリコーゲンを含む小径の液胞が現れることがあります。子宮内膜の後期増殖は、大きな核を有するジューシー間質とは異なる。同時に、核は丸みを帯びた形状とそれほど強くない色を獲得します。間質はジューシーであり、核は拡大し、丸みを帯び、そしてあまり強く染色されていない。後期の子宮内膜増殖期の断片は血管を回旋させる。

増殖期の子宮内膜断片を診断する方法

子宮内膜の増殖性変化を診断するための最も有益な方法の1つは、生検を伴う子宮鏡検査です。月経周期の各相は、それ自身の組織像によって特徴付けられます。組織学的には、子宮内膜の増殖の初期段階は薄いピンク色の上皮の存在によって特徴付けられる。拒絶されていない出血や殻の破片の病巣がある領域があります。

組織学的には、子宮内膜増殖の中期段階は、有糸分裂の数がこの段階で著しく増加するという点で初期のものとは異なる。また、壁が薄くなっている単一の容器があります。

組織学的には、子宮内膜の遅い増殖は、子宮内膜機能層の肥厚によって特徴付けられる。この段階では、分割ゾーンに分割されていません。

子宮内膜の構造

子宮内膜の構造構造は、基底層と機能層の2つの主な層で構成されています。基底層は、その後のサイクルの間に機能層を修復することを目的としているので、それほど変化しにくい。その構造は、複数の血管で突き刺さって、お互いの細胞にしっかりと押し付けられています。通常、基底層は1〜1.5 cmの範囲で、機能層は逆に規則的に変化します。これは、妊娠中や診断中の外科的介入による、月経、出産中の損傷によるものです。周期のいくつかの主な段階があります:増殖、月経、分泌および分泌前。これらの交代は定期的に、そしてそれぞれの特定の期間に女性の身体に必要な機能に従って起こるべきです。

通常の子宮内膜構造

周期の異なる段階で、子宮内の子宮内膜の状態は異なります。例えば、増殖期間の終わりまでに、基底粘膜層は2 cmまで増加し、ホルモン作用にほとんど反応しません。周期の初期段階では、子宮の粘膜はピンク色で滑らかであり、最後の周期では小さな面積の不完全に分離された機能層が形成されている。次の週にわたって、細胞分裂によって引き起こされる増殖型の子宮内膜の増殖がある。

血管は、子宮内膜の不均一に厚くなった層によって引き起こされるひだに隠れています。増殖性子宮内膜における粘膜の最大層形成は、子宮の後壁およびその底部に観察され、一方、底部の前壁および子供の場所の一部は、ほとんど変化しないままである。この期間の粘膜は12 mmの厚さに達することがあります。理想的には、サイクルの終わりまでに、機能層は完全に拒絶されるべきであるが、これは通常起こらず、拒絶は外側部分でのみ起こる。

子宮内膜構造の規範からの逸脱の形態

正常値からの子宮内膜の厚さの違いは、機能的な理由から、そして病理学の結果として、2つの場合で発生します。機能は、妊娠期間の早い時期、すなわち卵子の受精過程から1週間後に現れます。この時期には、子供の居場所が肥厚します。

病理学的原因は、右細胞の分裂障害に起因して、過剰な組織をもたらし、例えばホルモン不全から生じる子宮内膜増殖症のような腫瘍形成の形成をもたらす。過形成は、いくつかの種類に起因します。

  • 機能的層と基底層との間に明確な分離がなく、様々な形状の腺が増えている。
  • 嚢胞が腺の一部を形成する腺嚢胞性
  • 上皮組織の増殖およびポリープの形成を伴う限局性
  • 異型、結合細胞数の減少を伴う子宮内膜の構造の修飾構造を特徴とする。

病型の非定型過形成は危険であり、子宮癌に発展する可能性があります。ほとんどの場合、この病状は閉経期の女性に起こります。

子宮内膜の発達段階

月経期間中、子宮内膜のほとんどは死にますが、月経の開始とほぼ同時に、その回復は細胞分裂から始まり、5日後には子宮内膜の構造は完全に更新されたと見なされます。

増殖期は2サイクル - 初期段階と後期段階を経ます。この期間中の子宮内膜は成長することができ、そして月経の開始から排卵の完了までにその層が10倍に増加する。第一段階の間、子宮の内側の膜は管状腺を有する円筒形の低上皮で覆われる。増殖性子宮内膜型の第二サイクルの経過と共に、より高い層の上皮で覆われ、その中の腺が長くなり波状になる。 presector段階の間に、子宮内膜腺はそれらの形を変え、サイズが大きくなります。粘膜の構造は粘液を生成する大きな腺細胞と嚢状になります。

子宮内膜の分泌期は、活発ではない緻密で滑らかな表面および玄武岩層を特徴とする。

重要です! 増殖型の子宮内膜段階は、卵胞の形成および発達の期間と一致する。

増殖機能

毎月、妊娠の始まりの瞬間と妊娠の始まりの期間のために意図されている体に変化が起こります。 Промежуток времени между этими событиями получил название менструального цикла. Гистероскопическое состояние эндометрия пролиферативного типа зависит от дня цикла, например, в начальном периоде он ровный и достаточно тонкий.後期は、子宮内膜の構造に重大な変化をもたらし、それは厚くなり、白みを帯びた明るいピンクがかった色を有する。この増殖期には、卵管の口を調べることをお勧めします。

過形成の形態

女性における過形成の腺症状は、高齢、閉経期およびその後に起こります。過形成では、子宮内膜は肥厚した構造を持ち、子宮内に形成されたポリープがその中に突き出します。この疾患を有する上皮細胞は、正常細胞よりも大きい。腺過形成の場合、類似の形成物がグループ化されるか、または腺構造を形成する。そのような形態が形成された細胞をさらに分裂させず、そして一般に悪性の方向を取ることはめったにないことが重要である。

異型とは前癌状態のことです。若年者では、それは起こらず、年配の女性の更年期の間に現れます。検査中に、大きな核と小さな核小体を有する円筒形上皮の細胞の増加に気付くことが可能である。脂質を有するより軽い細胞も明らかにされており、その数は疾患の予後および転帰に直接関係している。異型腺過形成は、女性の2〜3%で悪性形態を呈します。いくつかのケースでは、それは開発を反転させることがありますが、これはホルモン薬の使用による治療中にのみ発生します。

病気の治療

粘膜の構造に大きな変化なしに起こる子宮内膜増殖症は、通常治療可能です。これを行うには、診断用掻爬器を使用して試験を実施し、その後粘膜組織のサンプルを分析のために検査室に送付する。異型コースが診断された場合、手術は掻爬術で行われます。生殖機能を維持し、掻爬後に妊娠する能力を維持する必要がある場合、患者はプロゲスチンを含むホルモン製剤を長期間服用しなければならないでしょう。女性の病理学的障害の消失後、ほとんどの場合妊娠が始まります。

増殖は常に同じ性質を持ち、一箇所で同時発生を始める、つまり局所的に局在する細胞の集中的な増殖を意味します。女性の周期機能では、増殖は規則的にそして一生を通じて起こる。月経中、子宮内膜は拒絶され、そしてそれは細胞分裂により回復する。生殖機能または病理に異常があることが判明した女性は、超音波検査中または診断子宮掻爬中に子宮内膜が位置する増殖期を考慮する必要があります。サイクルの異なる期間に、これらの数値は互いに大きく異なる可能性があります。

通常の構造は何ですか

子宮内の子宮内膜の状態は月経周期の段階によって異なります。増殖時間が終わると、主要層は20 mmに達し、ホルモンの影響をほとんど受けません。周期が始まったばかりのとき、子宮内膜は滑らかでピンクがかっています。焦点領域が前の月経から残っている子宮内膜の活性層を分離していない。次の7日間にわたって、増殖性子宮内膜は活発な細胞分裂のために徐々に厚くなります。血管は小さくなり、子宮内膜の不均一な肥厚のために現れる溝の後ろに隠れます。下部の後部子宮壁の粘膜は厚くなっています。それどころか、「ベビーシート」と前部子宮壁の変化は最小限です。粘液層は約1、2センチメートルです。月経周期が完了すると、通常の子宮内膜の覆いは通常完全に拒絶されるが、通常は層の一部のみがいくつかの領域で拒絶される。

規範からの逸脱の形態

正常な厚さの子宮内膜の破壊は、自然な理由で起こるか、または病理学的な性質があります。例えば、受精後の最初の7日間で、子宮内膜のカバーの厚さが変わります - 子供の場所はより厚くなります。病理学において、子宮内膜肥厚は異常な細胞分裂の間に起こる。その結果、余分な粘液層が現れます。

子宮内膜の増殖とは

増殖は組織における急速な細胞分裂の段階であり、標準値を超えない。この過程で、粘液が再生されて拡大します。新しい細胞は異型ではなく、正常な組織を形成します。増殖は子宮内膜に特徴的なプロセスだけではありません。いくつかの他の組織もまた増殖の過程を経る。

増殖を引き起こす

子宮粘膜の活性層の能動的拒絶による増殖性子宮内膜型の出現の理由。その後、とても薄くなります。そして次の月経の前に再生されるべきです。活性層は増殖中に更新される。時々、それは病理学的原因を持っています。例えば、増殖過程は子宮内膜増殖症と共に起こる。 (あなたが過形成を治療しないならば、これは妊娠するのを難しくします)。過形成に伴い、活発な細胞分裂が起こり、子宮の粘膜の活発な層が厚くなります。

増殖が遅くなる理由

子宮内膜の増殖過程または月経周期の第二段階の不全の抑制は、細胞分裂が通常よりも止まるかまたははるかに遅くなるという事実によって区別される。これらは差し迫った更年期障害、卵巣の不活化および排卵の停止の主な症状です。これは、閉経前の特徴である正常な現象です。しかし、抑制が若い女性で起こるならば、これはホルモン不安定性の兆候です。この病理学的現象は治療されなければならず、それは前もって月経周期の終了および妊娠できなくなることにつながる。

子宮内膜の目的と構造

子宮内膜の構造によると、2つの層に分けることができます:基礎と機能。

最初の層の特徴は、ほとんど変わらず、次の月経期における機能層の再生の基礎となることです。

この層は、互いに密接に隣接し、腺および多数の分岐血管を備えた組織(支質)を連結する細胞からなる。通常の状態では、その厚さは1から1.5センチメートルまで変化します。

対照的に、基礎機能層は絶えず変化を経験しています。これは、月経、出産、人工妊娠中絶、診断中の掻爬中の血流中の剥離の結果としての完全性の損傷によるものです。

子宮内膜はいくつかの機能を果たすように設計されており、その主な目的は、胎盤構造中の腺および血管の数が増加したときに、発症および妊娠の成功に必要な条件を提供することである。子供の居場所の目的の1つは、栄養分と酸素を胚に供給することです。他の機能は、子宮の反対側の壁の粘着を防ぐことである。

月経周期のフェーズ

女性の体内では毎月体の変化が起こり、その間に受胎と出産に好ましい条件が作り出されます。それらの間の期間は月経周期と呼ばれ、20から30日間続きます。周期の始まりは月経の初日です。

この期間中に発生した異常は、女性の体に異常があることを示しています。このサイクルは3つのフェーズに分けられます。

増殖 - 分裂による細胞再生の過程。体組織の成長につながります。子宮内膜増殖は、正常細胞の分裂の結果としての子宮内の粘膜組織の増加です。この現象は月経周期の一環として起こり、病理学的原因があります。

増殖期の期間は約2週間です。この期間中に子宮内膜に起こる変化は、成熟している卵胞によって産生されるホルモンのエストロゲンの数の増加によるものです。この段階には3つの段階があります:早い、中期、遅い

5日から1週間続く初期段階では、次のような特徴があります。子宮内膜の表面は円筒状の上皮細胞で覆われており、粘膜層の腺は真っ直ぐな細管に似ています。 、楕円形と濃い色を持っています。紡錘形の組織(支質)と大きな核をつなぐ細胞。血液動脈はほとんど拷問されていません。

8日目から10日目に始まる中期段階は、粘膜面がプリズム状の外観の高い上皮細胞で覆われているという事実に固有のものです。

腺はわずかにねじれた形をしています。カーネルは色を失い、サイズが大きくなり、レベルが異なります。間接分裂によって得られた多数の細胞が出現する。間質は緩んで浮腫になる。

11日目から14日目まで続く後期段階では、腺が曲がりくねっていることが特徴であり、すべての細胞の核は異なるレベルにあります。上皮は単層ですが、複数の列があります。いくつかの細胞では、グリコーゲンを含む小さな液胞が現れる。船が巻きになります。細胞の核はより丸みを帯びた形状をとり、サイズが大幅に増加します。ストロムが注がれました。

周期の分泌期は段階に分けられます:

  • サイクルの15日から18日まで続く
  • 平均して、最も顕著な分泌を伴って、20〜23日で起こる、
  • 24日から27日の間に遅くなります。

月経期は2つの期間で構成されています。

  • 周期の28日から2日目に発生し、受精が起こらなかった場合に発生する落屑
  • 再生は3〜4日続き、子宮内膜の機能層が完全に分離する前に始まりますが、増殖期の上皮細胞の増殖が始まると同時に開始されます。

子宮内膜の正常な構造

子宮鏡検査(子宮腔の検査)の助けを借りて、細胞層の厚さを決定するために、子宮内膜における新しい血管の発生の程度を評価するために、腺の構造を評価することが可能です。月経期間の異なる段階では、検査の結果は互いに異なります。

通常、基底層の厚さは1〜1.5 cmですが、増殖期の終わりには2 cmまで増加することがあります。彼の反応のホルモン効果は弱いです。

最初の週の間、子宮の内側の粘膜表面は滑らかで、淡いピンク色に塗られていて、最後の周期の分離していない機能層の小さな粒子があります。

2週目に、健康な細胞の活発な分裂に関連した増殖型の子宮内膜の増殖があります。

血管が見えなくなります。子宮内膜の肥厚が不均一であるため、子宮の内壁に襞が現れます。増殖期では、後壁と底部は通常最も厚い粘液層を有し、前壁と子供の場所の下部は最も薄い。機能層の厚さは、5から12ミリメートルの範囲である。

通常、機能層はほとんど基礎に完全に拒絶されているはずです。実際には、完全な分離は発生せず、外部領域のみが拒否されます。月経期の臨床的障害がない場合は、それは個々の基準です。

規範からの逸脱

子宮内膜の厚さと規範の指標との間の食い違いは、機能的および病理学的という2つの理由で現れることがある。機能的な理由は、赤ちゃんの内面の厚さが増加すると妊娠の始まりです。このような変化は、卵子の受精開始から1週間後に起こります。

病理学的原因は細胞分裂過程の失敗であり、それは過剰量の新しい組織をもたらす。この過剰は腫瘍の出現をもたらし、その一例は子宮内膜増殖症である。月経時のホルモンの乱れが原因です。

過形成にはいくつかの種類があります。

  • 第一鉄(基底層と機能層の間の境界がない、腺の数が増えている、それらの形態が異なる)
  • 腺嚢胞(一部の腺は嚢胞性になる)、
  • 限局性(組織は外皮上皮および腺上皮とともに成長し、腺および線維性ポリープが形成される)、
  • 異型(子宮内膜の構造が変化し、結合細胞の数が減少する)。

腺性および腺嚢胞性過形成が悪性腫瘍を引き起こすことはめったにありません。後者の2つのタイプは最も危険で腫瘍学を脅かすものであり、それらはしばしば子宮癌に発展する可能性があります。

ほとんどの場合、この病状は子宮内膜の増殖期に起こり、閉経期の年齢(50歳以上)の女性がそれに罹患している。

開発機能

子宮内膜 - それはなんですか?この用語は、子宮内膜表面を裏打ちする粘膜層を指す。この層は複雑な構造構造を持ち、それには以下のフラグメントが含まれます。

  • 腺上皮層
  • 主物質
  • 間質、
  • 血管

子宮内膜は、女性の体内で重要な機能を果たします。それは卵子の付着および成功した妊娠の開始に関与しているのは粘膜子宮層である。受胎後、子宮内膜血管は胎児に酸素と必須栄養素を供給します。

子宮内膜の増殖は、胚への正常な血液供給および胎盤の形成のための血管床の成長に寄与する。月経周期の間に、子宮内で一連の周期的変化が起こり、次の連続した段階に分けられます。

  • 増殖期の子宮内膜 それらの活発な分裂による細胞構造の再生による集中的な成長を特徴とする。増殖期では、子宮内膜が増殖します。これは、完全に正常な生理現象、月経周期の一部、および危険な病理学的プロセスの兆候の両方です。
  • 分泌期 - この段階で子宮内膜層は月経期に備えます。
  • 月経相、子宮内膜剥離 - 落屑、拡大した子宮内膜層の拒絶および月経血による体からのその除去。

子宮内膜の周期的変化およびその状態が正常である程度を適切に評価するためには、月経周期の持続期間、増殖の段階および秘密の期間、機能不全の性質の子宮出血の有無などの要因を考慮しなければならない。

子宮内膜増殖フェーズ

子宮内膜増殖の過程はいくつかの連続した段階を含み、それは規範の概念に対応する。その過程でフェーズまたは失敗のうちの1つがないことは病理学的プロセスの開発を意味することができます。全期間は2週間かかります。この周期の間に、卵胞は成熟し、ホルモンエストロゲンの分泌を刺激し、その作用の下で子宮内膜の子宮層の成長が起こる。

増殖期の次の段階が区別されます。

  1. 早期 - 月経周期の1〜7日間続きます。粘膜子宮膜は、この段階の初期段階で変化します。上皮細胞は子宮内膜に存在します。血液動脈は実際にはコイル状にならず、そして間質細胞は紡錘体に似た特定の形状を有する。
  2. 中期 - 月経周期の8日目と10日目の間に起こる短期間。子宮内膜層は、間接分裂中に形成される特定の細胞構造の形成によって特徴付けられる。
  3. 後期は周期の11日から14日まで続きます。子宮内膜は回旋状の腺で覆われており、上皮は多層であり、細胞核は丸い形状と大きなサイズを有する。

上記の段階は確立された基準の基準を満たさなければならず、それらは分泌段階と密接に関連しています。

子宮内膜分泌フェーズ

分泌型子宮内膜は、密度と滑らかさが異なります。子宮内膜の分泌転換は、増殖段階の完了直後に始まる。

専門家は、子宮内膜層の次の分泌段階を確認しています。

  1. 初期段階 - 月経周期の15日から18日までに観察されます。この段階では、分泌は非常に弱く、プロセスは発達し始めたばかりです。
  2. 分泌期の中期段階 - 周期の21日から23日まで続きます。この段階は分泌の増加によって特徴付けられる。プロセスのわずかな抑制は、ステージの完了時にのみ注目されます。
  3. 後期 - 分泌期の後期では、分泌機能の抑制が典型的であり、これは月経の開始時にそのピークに達し、その後子宮内膜子宮層の逆発達の過程が始まる。後期は月経周期の24〜28日の期間に観察される。

増殖抑制の危険性

Торможение пролиферативных процессов эндометриального слоя — довольно распространенное явление, характерное для климактерического периода и угасания яичниковых функций.

У пациенток репродуктивного возраста данная патология чревата развитием гипоплазии и дисменореи. 低形成性のプロセスの間、粘液性子宮層は薄くなり、その結果、受精卵は通常子宮壁に固定できず、妊娠は起こらない。この疾患は、ホルモン障害を背景に発症し、適切でタイムリーな医療を必要とします。

増殖性子宮内膜は拡大しつつある粘液性子宮層であり、それは規範の出現または危険な病理学の徴候である可能性がある。増殖は女性の身体の特徴です。月経期間中、子宮内膜層は拒絶され、その後、それは活発な細胞分裂によって徐々に回復する。

生殖機能に障害のある患者にとっては、診断検査を実施する際に子宮内膜の発達段階を考慮することが重要です。なぜなら、異なる期間では指標には大きな違いがあるからです。

Pin
Send
Share
Send
Send