健康

なぜ人は月経前に燃えることができるのか

Pin
Send
Share
Send
Send


2014/06/30フェイシャルケアおかしなパラドックス:非常に重要な瞬間に赤面に覆われている人々は、これを本当の問題と考えています。そして、元来青白い貧血に苦しんでいる人は、頬の赤面は健康のしるしであると確信しています。なぜ「燃えるような顔」、「燃えるような耳」 - これまたはそのセットを説明するサイン。そして、そのような症状を示すことが多い女の子は、これらの症状を楽しく解読します。「誰かが話し合う」と恋に落ちます。今はどうなっているのかわかりませんが、学年度中は看板付きの特別なノートも用意しました。すべての女の子はそのようなものを持っていました、さらに、そのようなノートは手の周りを歩いてさえいました - お互いから排他的なサインをコピーして。
しかし、この問題に難解にではなく、科学的に取り組んでみましょう。確かに、何人かの人々は心配するか、または公に話すか、または労働日の終わりが来たのでなぜ最も不適切な瞬間に顔を赤らめますか。これを「猛暑」として特徴付ける。その理由は何ですか?

なぜ顔を燃やす

専門家は、顔の熱を引き起こす2つの主な要因を指摘しています。 1つ目は心理的原因、2つ目は身体の生理学的プロセスに関連しています。ホルモンレベルの変化

顔面へのほてりの原因はたくさんありますが、それらはすべて2つのグループに分けることができます。それは生理学的意味を持つものと心理的なものです。さらに、それらはすべてほぼ完全に外的要因に依存しています。それでは、強調表示の主な理由は何ですか?

最も無害なのは、気温の季節変化に対する反応です。これは問題にならないケースです。霜で洗い流すのも楽しいことです。同じことが夏にも言えます - 体が環境の変化に自然に反応するのは驚くべきことです。確かに、そのような違いに敏感で、敏感にそして激しく反応する人もいます。

ちなみに、後者の間で - わずかな圧力と体温降下にもっと敏感である人々の間で、高血圧の患者がたくさんいます。圧力が上がる理由はストレスやストレス、疲労、気象、そして気圧の変化などになります。あなたが自分自身でそのような反応に気づいたならば、あなたはセラピストへの訪問を延期するべきではありません。それが慢性的な高血圧症またはその初期段階である可能性があります。

同じ血管の問題の変形は、アテローム性動脈硬化症または心不全である。この場合、皮膚の下の熱のフラッシュは、これが心臓発作や脳卒中の症状になる可能性があるため、特に慎重に治療する必要があります。この場合は、医師に連絡することをお勧めします。

頬が燃えるようなもう1つの原因は、代謝障害または特定のビタミンの欠乏です。それからそれはあなたの通常の食事療法を修正することは理にかなっています、もっと頻繁に健康な炭水化物、サラダ、カッテージチーズ、乳製品があります。

また、突然の顔面暑さの一般的な原因は、体のホルモンの変化です。これは、妊娠中または閉経中の過労またはストレスに基づいても発生する可能性があります。長期にわたるホルモンの変化は他の多くの病気を引き起こす可能性があるので、婦人科医、医師に相談することはお勧めできません。
ほんの10年前、アレルギーを患っている人はわずかしかいませんでしたが、これは何かよりも優れていると考えられていました。今では一人一人がアレルギー反応を経験します。したがって、顔の皮膚の発赤が、1つまたは別のアレルゲンに対する反応として、開花への反応、ダウン、ほこり、6匹の動物から製品および化粧品に対するアレルギーまで、起こることは驚くべきことではありません。したがって、そのような発赤は単純に扱われます - アレルゲンとの接触を避けます。

生理学的な理由の中で、おそらく、あなたはまだ悪い習慣を追加することができます。アルコールが過剰に摂取されると、血管が拡張し、その結果、血液が顔に流れ出し、不健康な赤面を引き起こします。

顔が燃えている場合はどうしますか?

助けるための緊急の方法の中で - 暖かい水で洗う。私たちが生理的な性質の原因について話しているならば、それは顔への頻繁なほてりの原因を取り除くことを試みる価値があります。一般的な推奨事項として - 正しく食べ、ストレスや過労を避けてください。高血圧の傾向がある場合、可能であれば、コーヒーの使用頻度を少なくします。一言で言えば、健康的なライフスタイルをリードし、あなたの健康を監視します。

心理的および生理学的要因の影響

女性の生理的、精神的および感情的な状態は、月経周期全体を通して変化する可能性があり、それは体内にさまざまな理解できない感覚の出現を引き起こすことがよくあります。これはまた、顔面の発赤にも当てはまり、月経の開始の数日前に火傷が出ることがあります。

心理的要因は、女性のホルモンや神経系の変化に影響を与える可能性があります。原則として、それらは次のように表現されます。

  • ストレス、
  • うつ病
  • 神経質な状態
  • 心配、不安、恥の気持ち。

月経中のわずかなストレスの下では、ホルモンが活動期にあり、神経障害も加えられるため、顔面が灼熱感を感じることがあります。

生理的要因は体の一般的な状態で表現されているため、医療専門家を訪問することで、月経前に顔がやけどをする理由と、どのような要因がこの感覚を引き起こす可能性があるかを知ることができます。

主な生理学的原因は次のとおりです。

  • 強い恐怖感
  • ストレスの多い状況、強い怒り、苛立ち、
  • 長い精神的な仕事
  • 体温が高い
  • 女性のホルモンの不均衡
  • 高血圧

恐怖の瞬間には、体内へのアドレナリンの過剰な放出があります。そして、それは顔が燃えているという感覚の出現に貢献することができます。否定的な感情は神経系に非常に強い影響を与え、興奮させます。したがって、それらは頻繁に血管の活発な拡大による顔の皮膚の発赤を伴う。

長時間の精神活動も血管の拡張に寄与し、血液は上半身(頭、耳)に向かう傾向があります。体温が高いと皮膚が赤くなり、灼熱感が生じることがあります。これらの感情の発生を誘発するには、インフルエンザ、急性呼吸器ウイルス感染症、一般的な風邪がすることができます。

暑い日には気温の上昇が見られます。いくつかの薬理学的薬物は副作用を有する可能性があり、その中でしばしば顔面灼熱感が観察される。したがって、医者の忠告だけで薬を服用する必要があります。

顔面熱の原因

女性や女の子の中には、背後にある一定の規則性に気付く人もいるかもしれません。これは毎月、頭に大量の血が流れたときに顔が燃えているような感覚があるという事実によって表されます。この状態は、ホルモンレベルの変化への反応による、身体のいくつかの特徴によるものである可能性があります。その中には:

  • 更年期障害
  • 月経前症候群(PMS)
  • 神経障害
  • ホルモン系薬
  • 従来の薬

更年期の間に、ホルモンは変わり、ボディの重要なリストラが起こる。この間、過度の発汗や顔面の発赤が生じることがあります。

月経前症候群の徴候では、顔面の灼熱感が月経の開始を示すことがあります。したがって、一部の女性は月経周期ごとに体のこの特徴を観察することができます。

神経障害は神経系や循環器系の状態を弱体化させます。これは神経線維の興奮に表れ、それが今度は血管に影響を及ぼし、血管の拡張に寄与します。このため、顔の肌の発赤と熱感があります。

ホルモンをベースにした薬は体内でのレベルを変え、その結果、同様の不快感を引き起こします。従来の薬理学的薬剤は、顔面紅潮をもたらす副作用を有し得る。そのため、使用方法や使用方法を熟知して、薬を正しく服用する必要があります。それは薬のコースを受ける前に専門家と相談することが最善です。

月経時のほてりの原因

プロゲステロン濃度が体内で上昇する月経中期の女性と女児は熱感を感じることがあります。これは周期の3-4日に起こります。ホルモンは血管の拡張に寄与することができます、この期間の間に、一般に、皮膚の灼熱感、耳および外部の発赤感があります。

女性の更年期障害の発症は、顔面にほてりを引き起こします。これはホルモンの背景の再配列によるもので、その結果としてこの状態が現れますが、これは顔を温水で洗うことで軽減できます。

灼熱感を解消するための推奨事項

女性が月経前または月経中に定期的に顔の灼熱感を感じる場合、それはいくつかの簡単な行動の助けを借りて回避または弱めることができます。

  • お湯で顔を洗う
  • 健康的で健康的な食事にこだわる
  • 脂肪と辛い摂取量を制限する
  • ストレスの多い状況を避け、神経質になりすぎないようにし、
  • 生理学的または心理的要因によって引き起こされた原因を取り除きます。

月経前の灼熱感は妊娠が起こったときにも起こることがあるので、hCGのレベルについて検査をするか血液検査に合格することは有用です。

月経の最初の兆候は何ですか?

月経が始まる前は、女性によって完全に異なる症状が見られます。多くの場合、茶色のダブ、下腹部の痛みを伴う感覚、胸の腫れ、強い食欲、短気および過敏性があります。 PMSの発生は、性の弱いすべての代表のほぼ50%で観察されており、年齢とともにより顕著になります。最初の兆候は、推定月例の1週間前に観察できます。次の記事では、月経前の感覚と徴候、月経が始まる前の主な症状、月経の最初の症状が現れたとき、および他の多くの質問に対する答えが詳細に記載されています。

まず第一に、一般的な倦怠感と疲労感、攻撃性、鬱病、および嘔吐があります。月経の初めに、女性は違った感じをするかもしれないという事実にもかかわらず、すべてに特徴的ないくつかの徴候があります:

2泣いて落ち込んでいる感じ

5頭の痛み、

6一般的な倦怠感、

7腫れの発生

9眠れない

10眠気がひどい

11絶え間ない空腹感、

12誰も近くにいたくない

13心の欠如、集中力および集中力の欠如

乳房に過敏症、痛みを伴う感覚は乳腺に表示されます。

多くの場合、女性は同時にいくつかの症状を経験します。 PMSの徴候が多くの不快感をもたらすならば、それは効果的な治療法の検査と処方のために医者に必ず会うことが勧められます。

月経前の兆候は何ですか、月経の早期発症の最初の症状

月経の流れはすべての女性の人生にあります。毎月の定期的な周期は、体の生殖機能における正常な機能を示します。月経は11〜15歳の女児で始まり、更年期まで、生涯を通して続き、妊娠中および授乳中のしばらくの間終わります。さらに、月経の早期発症の主な徴候および症状、月経前の主な症状、それらがどのようなものであり得るか、妊娠の徴候からPMSを区別する方法、月経中のどのような症状が標準であるか。女性が月経前の正常な退院、月経の開始の健康的な徴候を膣からの退院が病理学または他の健康上の問題の発症の徴候であるときの症状から区別できることは非常に重要です。

月経時の分泌物の量と排出量はどうすればよいですか?

月経中の放電は暗赤色で、小さな血栓が現れることがあります。月経中の放電が瘢痕である場合、そのような症状は問題の兆候である可能性があります。これはすべて子宮内膜の細胞層であり、胎児のために体によって準備され、そして受精が起こらないならば、それは未受精卵と共に体から取り除かれます。 1日当たりの出血量は約50mlですが、女性の個人差により変わる可能性があり、1日当たり20〜80mlの範囲です。同時に、非常に豊富な期間、あるいは逆に非常に乏しい期間が、生物のあらゆる病気について話すことができます。このような退院は3日から7日続き、通常は最初の方がより豊富になり、退院の終わりまでにそれらは乏しくなりますが、血栓がさらに出ることがあります。膣分泌物が正常ではない、標準ではないということに関する記事も役に立つかもしれません。

遅発性月経 - 月経障害

月経周期の障害は人生の間に起こるかもしれません。例えば、ストレス下で、経口避妊薬を服用し始めたときの風邪は、他の場所から発生した創傷からの失血とともに、体の深刻な失血などをもたらしました。このような場合、通常の周期は数ヶ月で回復します。これが起こらないならば、あなたは専門家に相談する必要があります、あなたは避妊薬を使用することができないかもしれませんまたは周期の規則性に影響を与える身体に病気があります。

発生した怪我による月経の遅れにもっと注意が払われます:

- 膣の入り口で、狭くする。

これは性交、洗浄、打撃、外科的流産、掻爬が起こり子宮が怪我をする可能性があるときの外傷の結果である可能性があります。例えば、激しいセックス愛好家の場合、子宮が絶えず傷害を受けると、子宮の侵食、脳卒中、子宮出血などの病気が発生する可能性があります。頻繁な中絶は不妊やその他の病気につながる可能性があるので、自分自身を保護し、常にそれに固執するための最良の方法を見つけることが重要です。望まない妊娠を避けるために保護されていない接触がある場合は、すぐに避妊薬を使用することをお勧めしますが、この方法はごくまれにしか使用できません。

月経前の兆候や症状(月経)、何があり得るのですか?

多くの女性は定期的な退院の開始の数日前にこのイベントの不快な症状を経験し始めます。この場合、誰かに痛みはありませんが、PMS症候群は依然として存在します。したがって、女性はしばしば月経前の兆候、および月経の開始の主な兆候は何だろうかと疑問に思います。

胸部の上皮組織の増加に起因する、胸部の3つのわずかな腫れと重さ、血液はより多く流れ始めます、

6回の動悸

食欲の7増加、体重増加。セロトニンが不足していると、空腹感があるので、この時期に食事をしてはいけません。または小麦粉が多いと、体型に影響を与えます。

8体液貯留による浮腫の出現、足の重さ、女性の体の水分バランスの変化による

9月経中に通過するにきびの外観は、ホルモンレベルの変化に関連付けられている、化粧品と慎重な衛生が必要であり、脂肪の多い食品を排除する、

10気分の変化、過敏性、うつ病、体内のホルモンレベルの変化の背景に表示されます。

悲しみ、無関心、体の弱さがあるかもしれません。これらの徴候はすべて個性的で、女性にとっては違った形で現れますが、奇妙なことや健康に危険なことは何もありません。痛みが通常の生活のリズムを妨げるならば、腫れを和らげるために鎮痛剤を取ることができます - より少ない液体、過敏性およびうつ病を使用して、麦汁、カモミール、ミントからハーブの煎じ薬を取り除いてください。女の子が成人期に入り、子供を産む準備が整うと、女の子は最初の時期に入ります。月経開始後1〜2年以内に定期的な周期を確立するのはごく普通のことです。最初の期間の発症年齢は11〜15歳の範囲であり、遺伝によって異なります。これは、たとえば、スポーツに影響を与える可能性があります。重い負荷が原因で月経が遅くなった場合、または開始した後に消えます。

女の子の最初の月経前の兆候

1月経の最初の退院の数年前に、女児はより白く、はっきりしたまたは白の退院を経験するかもしれません、そしてこれらの月経の開始の前に、白人はより豊富になるかもしれません、

2下腹部の痛みの外観は、弱いかもしれません、あるいは逆に、非常に明白で、時々普通の生活を送るために鎮痛剤の使用を必要とします、

PMSの3つの症状は、機嫌が悪い、過敏性または嗜眠および体の虚弱で表される。それは成熟した女性ほど顕著ではないかもしれませんが、すでに女の子の生活の中で場所を持っています。

それは女の子が同様の症状を経験していることが判明したが、それでも違いがあります。 Взрослея, цикл у девочек налаживается, симптомы приобретают более четкую картину. За несколько дней характерным признаком о скором наступлении месячных является болезненные ощущения в области груди. Такие симптомы испытывают очень многие женщины. Грудь становится тяжелой, соски побаливают, появляется припухлость молочных желез.これは、ホルモンプロゲステロンが毎月の周期の第2段階で優勢になり始め、体が受精のために準備されるときの体内のホルモンレベルに関係しています。そのため、胸部が大きくなり、痛みを伴う感覚があります。そして月経が始まると、ホルモンのレベルが下がり、痛みを伴う感覚が消えます。しかし突然乳房の痛みがひどい場合は、毎月の退院の開始に合格しない、乳腺に腫れがある、それからそれは乳房医者によって検査される価値があります。アザラシや嚢胞が乳腺に現れるとき、これは乳房症の徴候である可能性があります。

女性の体の内側では、各月経の前に、変化も起こります。

1つの子宮頸管が拡張してわずかに落ちて、より濃くなります、

反対に、子宮はより柔らかくなりそして開くので、放電はより早く出て痛みを少なくすることができる。したがって、さまざまな感染症のリスクがあります、この期間中に性別を除外するか、コンドームの助けを借りて自分自身を保護することをお勧めします、

3卵巣が大きくなり、少し痛むことがあります、

4体内の子宮内膜は剥がれ始め、周期の第2段階で厚さが3分の1薄くなります。彼の分離の結果も痛みを伴う症状になる可能性があります。

体に月経がどのように起こるのか、それがどこから来るのか、そして体全体にどんな変化が起こるのかを正確に知ることで、女性の痛みを伴う感覚が明らかになります。主なことはあなたの体に耳を傾けることであり、何らかの警告サイン、激しい痛み、または新しい症状がある場合は、医師に相談することをお勧めします。

PMSまたは妊娠の兆候、PMSの症状と妊娠を区別する方法

妊娠が起こると、月経期間が遅れる前に、多くの女性が身体のこの変化のさまざまな症状を感じ始めます。これらの症状は通常のPMSと非常によく似ています。

1腹部の痛みを引く、

2胸部の腫れ、痛み、

3眠気、脱力感、嗜眠、嗜眠、

4気分が早く変わる、

5吐き気と嘔吐。

したがって、そのような症状では、受精が起こったと判断することは非常に困難です。妊娠の2〜3日目 - 妊娠後2日目にhCG分析のために献血するのを待つことなく肯定的な結果を示すでしょう。 hCGのホルモンレベルはまだ尿中の望ましい指標に達していない可能性があり、妊娠中の結果は否定的な選択肢を示しますが、肯定的なものを示さないので、テストは正確さのために2回行われるのが最善です。それはあなたの体を運ぶためにあなたの体を準備するためにできるだけ早く妊娠を学ぶことが賢明であるならば、あなたの体を運び、もっとリラックスし、過労ではなく、悪い習慣をやめる、胎児に害を及ぼす薬の服用を避ける。これらすべてが健康な赤ちゃんを作るのに役立ちます。そしてもちろん、妊娠したいがそれでもできない女性は、もっと早い時期に楽しいイベントについて知りたいのです。しかし、この場合は、hCGの分析またはテストに頼ることをお勧めします。強い欲求があると「偽妊娠」の症状が現れ、否定的な結果が出ると、女性はさらに心配し始め、落ち込んで自分の中に引きこもります。

上記に基づいて、今後の月経流出の発症の症状はほぼすべての女性で発生し、症状の強さの症状が異なる可能性がありますが、一般的にこれらは妊娠と混同されることがあります。したがって、月経周期を監視し、その中のすべての変化を監視することは非常に重要です。標準からの逸脱または激しい痛みの出現の場合には、それは身体のどんな病理学をも除外するためにまたは時宜を得た治療を始めるために専門家に相談するのが良いです。あなたは医者への訪問を躊躇したり延期してはいけません、私たちの健康は私たち自身に大きく依存します。

月経が始まる前ににきびが現れるのはなぜですか?

重要な日の1週間前に、多くの女性が自分の顔にニキビに気付いています。これは個人の特徴ですが、女性の95%がそれに苦しんでいます。子宮内器具を使用する場合、出血は定期的に、例えば婦人科医の診察後または性交後に観察されます。 daub月経が観察された場合は茶色のdaub、これは標準と見なすことができます。しかし、月経前に痛みを伴う出血がある場合、これは筋腫の存在、炎症過程、血液凝固不良、子宮内膜症の存在を示している可能性があります。重度の出血は、ホルモンの不均衡やストレスの多い状況を背景にして起こります。

月経の早期発症の兆候としての吐き気と嘔吐、月経前の病気はなぜですか?

嘔吐をもたらす月経の開始前の吐き気は非常に簡単に妊娠の最初の兆候と混同されています。したがって、妊娠中は、吐き気、さらには嘔吐も中毒の症状になることがあり、これらは自然の症状や妊娠の兆候です。しかし、月経前の吐き気は、月経の開始前に吐き気が現れる場合、おそらく他のあらゆる種類の理由によるものです。

ホルモンレベルの上昇の結果として、嘔吐が起こる可能性があり、それはしばしば避妊薬の使用で増加します。この反応は、ツールが間違った方法で選択されていることを示しています。子宮の特別なデザインは吐き気を引き起こす可能性があります。月経が始まる前に、それはサイズが大きくなり、神経終末を圧迫し始め、それが嘔吐を引き起こします。現時点での吐き気の発作は、激しい肉体的運動から生じる可能性があります。

頭痛とPMS、なぜ月経前に頭痛がするのか、その理由は何か

排卵期が完了した後、受精のための体の準備が始まり、この期間中にプロゲステロンの含有量が少なくなります。妊娠していないときは毎月来ます。女性が敏感さを増すならば、彼女は頭の部分の痛みを伴う感覚を観察することができます。このような背景に対して、うつ病を発症する可能性があります。体内に大量のエストロゲンがある場合、体液が蓄積し、その結果、頭の組織が腫れ、結果として痛みを伴う感覚が生じます。いくつかのケースでは、月経の開始前に発症した片頭痛のようなひどい病気の発症があります。

月経前の痛みのない頻尿

月末はしばしば引き金として働き、それが強い痛みを伴う感覚を引き起こします。発作中、女性は血管領域に強い痙攣を起こし、それがさらに痛みを伴う感覚を引き起こします。この状況では、この現象はかなり一般的です。ある場合には、排尿中の痛みを伴う感覚またはそれらの過剰量などのそのような障害がある。偏差は1日に10回以上の排尿の頻度と考えられます。さらに、頻繁に小さい方法でトイレに行きたいという願望は、ホルモンのバランス、膀胱内の結石の形成、糖尿病、神経症、子宮筋腫、またはその脱出に違反して発生する可能性があります。排尿の衝動が頻繁になった場合、それは女性が膀胱炎 - 膀胱疾患 - を持っている可能性があります。

月経前に胃が痛む、原因となります。月経前に、下腹部が左または右、腹部中央にひどく傷ついた場合はどうしますか?

欲望の出現が批判的な日の始まりの前にだけ起こると仮定すれば、この現象の理由は月経が近づいていることにあります。月経前のほとんどすべての女性は下腹部にしつこい痛みを経験し始めます。もちろん、この現象はある程度は正常ですが、特定の条件下では例外になることがあります。

月経中のこの領域の痛みの原因は何ですか?実際、多くの理由はありません。

1生殖器官の分野での感染

2婦人科領域の異常

3うつ状態、ストレス、

4炎症過程の存在

5エンドルフィンの血中濃度は低下します。

耐えられないほど激しい痛みがある場所がある場合は、直ちに医師に相談することをお勧めします。

月経前に症状があり、月経が始まっていない場合はどうしますか?

場合によっては、月経が近づいているように見えるかもしれませんが、そうではありません。この場合、妊娠する可能性が高くなります。この事実を確認するか否定することで、妊娠テストを行うことができます。妊娠テストは、任意の薬局で購入できます。 hCGレベルまでの献血も効果的な治療法であると考えられており、これは非常に短時間で効果的に行われます。

しかし、この現象の原因は必ずしも妊娠中にあるわけではなく、もっと深刻な状況があります。例えば、両方の卵巣に腫瘍がある場合、ホルモンの不均衡、急性感染症、代謝障害または急性感染症の存在の場合にも、同様の状況が観察されます。さらに、中絶、流産、疲労、ストレスの多い状況、または性生活の長期欠如の後にも、同様の問題が女性に発生します。

月経前のどのような症状が健康上の問題の兆候と見なすことができますか?

通常、毎月観察される白色の放出の開始前に、これは病理学と見なすことはできない。クリティカルな日の前に豊富なダブがあるならば、これは病理学の存在を示すかもしれません、それは医者に見せることが勧められます:

1膣分泌物が白く、構造が薄片に似ている場合、これはツグミの存在を示します。時間内に治療を開始すれば、問題はすぐに消えます。

2最近出産があり、そのために周期が落ち着くまでの時間がなかった場合、女性の中には黒い筆跡に直面する人がいます。それについて悪いことは何もない、恐れてはいけない、

3蛾のようなピンク色の分泌物は、頸部侵食の可能性を示唆しています。さらに、それらは感染症や子宮内膜炎を示している可能性があります。

4月経前の茶色いダブは、ホルモンの不均衡の存在と子宮内膜症の始まりを示します。この場合、検査のために婦人科医に連絡することをお勧めします、

5最大の危険は粘液質の黄色がかった緑色の放出で、化膿性子宮頸管炎の存在を示しています。

もちろん、そのような現象は健康に害を及ぼすことなく、本質的にはしばしばランダムです。しかし、いずれにせよ、正確な診断のために医者に診てもらうことが勧められます。

きのこLyudmila Nikolaevna

心理学者ウェブサイトb17.ruのスペシャリスト

[5335] - 2008年8月10日、15:09

そしてホルモンの分析を引き渡す
どういうことかな?

[3331868952] - 2008年8月10日、午後8時10分

[2579883907] - 2008年8月10日、午後10時58分

私は月経前に野生の頭痛と下痢があります。そして、あなたが欲しい人を殺す方法。
作者、多分これはあなたの特徴ですか?月経前に体温が少し上がることがあります。しかし医者は何かを言うことはまずありません。

[1331256376] - 2008年8月10日、23:02

そして、私は月経時の下痢の間に持っています)))最近、これは気づいた、奇妙な反応です。周期も不規則です。私はエストロゲンの不足のためにこれを持っています。しかし下痢。

[15408138] - 2008年8月11日、09:53

いやー、私も最初の2ヶ月で下痢があります。どうやら避けられない

[2705482806] - 2009年1月3日、19:08

)))はい、下痢、そして私は持っています。胃はいつも痛いのでトイレに入っています。どうすればいいのかわかりません。

[533648460] - 2009年7月11日、14:42

)))))そして3〜4日間鼻の鼻があります。)))私の腕に滴がないのであれば口だけで呼吸します。そして5日間何日ものように頭が激しく痛くなります。

関連トピック

サイトwoman.ruでの印刷物の使用と再版は、そのリソースへのアクティブなリンクを使ってのみ可能です。
写真材料の使用は、サイト管理者の書面による同意がある場合にのみ許可されています。

知的財産の配置(写真、ビデオ、文学作品、商標など)
サイト上でwoman.ruはそのような配置のために必要なすべての権利を持っている人にだけ許可されています。

著作権(c)2016-2018 Hurst Shkulev Publishing LLC

ネットワーク版「WOMAN.RU」(Woman.RU)

通信分野における連邦監督監督官庁によって発行されたマスメディアの登録証明書EL No. FS77-65950、
情報技術とマスコミ(Roskomnadzor)2016年6月10日。 16歳以上

創設者:有限責任会社「Hurst Shkulev Publishing」

生理的要因

医者は自分の仕事の性質によって人間の生理機能をよく知っているので、彼らは自分の顔が燃えている理由をすぐに見つけることができます。医師はこの状態に影響を与えるいくつかの要因を特定しています。例えば、原因は大量のアドレナリンの血中への放出であるかもしれません、これは人が何かを恐れているときに起こります。

また、この状態は怒り、イライラ、恥ずかしさ、恥などの感情に関連するストレスによって引き起こされます。これは、これらの感情が最も強い神経的な興奮を引き起こし、それが原因で顔の皮膚への血液が急増するという事実によって正当化されます。

精神活動の増加も発赤を引き起こす可能性があります。人が何かを熟考するとき、彼の頭の中の複雑な問題を解決するとき、血もまた彼の頭の上に劇的に急ぎ、そしてこれは顔の皮膚の発赤を引き起こします。

気温が上がるとき、風邪やインフルエンザなどの人々が病気になるときにも、この問題が発生する可能性があります。年齢のせいで発生するホルモンの背景の違反もこの結果につながる可能性があります。高血圧など、一部の疾患でも同様の状態が引き起こされます。赤みはまた、特に斑点が皮膚に注がれているときにアレルギーによって引き起こされることがあります。特定の薬、特にホルモンの使用も同様の現象を引き起こす可能性があります。

人が寒さの中で長時間過ごし、暖かい部屋に来ると、彼の顔はやけどするでしょう。これは、寒さの中で血液が顔から流れ出し、暖かさの中でそれがそれに逆流するという事実によるものです。顔面が熱くなり過ぎているため、顔がやけどすることがあります。

民俗の兆し

人の体温が正常であれば、すべてがホルモンレベルで整然としており、過度の感情はなく、顔は燃えています。あなたは人気のある知恵に注意を払うべきです。もちろん、誰かが前兆を信じていますが、そうでない人もいますが、科学は人々の性質や行動の変化が体にどのように影響を与えるかを完全に説明しています。

たとえば、「顔に火がついた」とは、誰かがあなたのことを話していることを意味しますが、あなたは善または悪を学ぶことができます。金の指輪を取り、頬にそれをスワイプします。そのような行動の後に薄いバンド(白)が残っているならば、それはあなたが賛美されていることを意味します。

Pin
Send
Share
Send
Send