健康

更年期障害のための体外受精は可能ですか?

Pin
Send
Share
Send
Send


体外受精と閉経(または閉経中の体外受精)は最近完全に不適合と見なされました。しかし現代医学は不思議に働くことができます。これまで想像するのが難しかったことが今ではかなり可能になりました。例えば、更年期障害のための体外受精プログラム。

人生では、人々は自分の魂の伴侶をもう少し成熟した年齢で見つけているのです。そして時々そのようなカップルは彼ら自身の子供を持ちたいと思うかもしれません。これに対する障害は女性の年齢かもしれません、なぜなら彼女の体はすでに閉経前または閉経期の状態にある可能性が高いからです。

幸いなことに、私たちの時代には、この場合でも母親になることは可能です。ただし、女性の体の一般的な状態により、子供を産んで産ませることができます。

更年期障害のための体外受精は可能ですか?

更年期障害のための体外受精は可能ですか? 卵が成熟しなくなっても、自然に子を産むことは可能です。閉経期の体外受精は、卵子が健康な若年ドナーから採取され、実験室条件で夫の精液で受精され、その結果得られた胚が女性レシピエントの子宮腔に移植される場合に、ドナー卵母細胞の参加と共に行われ得る。

移植後に受精卵が子宮に付着するためには、子宮内膜を増やす必要があります。これは補充療法としてホルモン薬を服用することによって達成されます。

通常、閉経期には、最初にエストロゲンが処方され、次にゲスタゲンが補給されます。治療は妊娠開始後も継続します。

妊娠の第一段階で形成された胎盤がそれ自身のホルモンを生産し始めた後に、ホルモンのサポートは修正されます。しかしそれでも、多くの年配の女性は追加のホルモンサポートを必要とするかもしれません。

いつIVFができるか

閉経後の体外受精はいつできますか? もちろん、一定の年齢に達した女性にとって、更年期障害は妊娠への主な障害となります。以下の場合、閉経期のIVFが可能です:

  • 女性は、この手技に対して医学的禁忌はありません。
  • ホルモン療法に禁忌はありません、
  • 子宮の状態と全体としての体はあなたが子供を自分で運ぶことを可能にします

女性はもう自分自身の受精可能な卵を持っていないことを覚えておくべきです。したがって、夫婦はドナー卵母細胞を使用する準備ができているはずです。

上記は閉経後に体外受精を実施することが可能である最も基本的な点のみを列挙した。それぞれの場合のより正確な写真は、医師が手順の成功の可能性を評価することができるようになるであろうことに基づいて、女性の体の包括的な検査を行います。

調査

どの試験に合格する必要がありますか?

閉経期に体外受精のプロトコルに参加する前に、女性は全身検査を処方され、その結果に基づいて当院の専門家が処置を実施する可能性または不可能性について結論を出す。

患者は一般的な臨床血液検査、感染検査、子宮頸部細胞診を受ける。蛍光透視法、マンモグラフィー、甲状腺超音波検査、心臓超音波検査、セラピスト、腫瘍専門医、内分泌専門医などの専門家との相談、および妊娠の禁忌を除外した検査を必ず受けてください。

子宮の状態は、必要に応じて子宮鏡検査が規定されている、超音波検査によって不妊治療専門家によって評価されます。

すべての検査と研究の結果を検討した後、婦人科医は女性の体が胚を受け入れる準備ができている程度を判断することができます。

精液の質とその受精能力を決定するために、感染症のための血液検査と精液分析にも合格する将来の父親を忘れないでください。

失敗したIVFとは

体外受精が失敗した場合はどうしますか?

年齢だけでは、体外受精で成功する可能性を予測するのは困難です。時々、50年後でさえ、それは妊娠を達成することが可能であり、そして女性はそれを首尾よく運びます。他の場合では、40 - 45年の間に、何度か試みても妊娠は起こりません。

治療を受けても他の臓器から妊娠の禁忌がある場合や子宮内膜の成長がない場合は、カップルは別の機会を持って子代用の母親となります。肝心なのは、ドナーの卵子が夫の精子によって受精され、それから胚が他の女性の子宮の中に座っているということです。彼女はあなたの子供を産んで産みます。

人工閉経後の体外受精

人工閉経は、その間に薬物が卵巣機能を停止させ、それがエストロゲン産生の停止をもたらす処置である。この技術はしばしば子宮出血、子宮筋腫、子宮内膜症の治療に使用されます。

医療用人工閉経リバーシブル女性が処方薬の服用を中止するとすぐに、卵巣機能が回復し始め、彼女の期間が更新されます。標準治療コースの期間は通常6ヶ月を超えません。

治療終了後、自然妊娠の開始と体外受精の処置の両方が可能です。

可能ですか?

閉経後の女性(更年期)は体外受精ができますか?この場合、自然な育児と妊娠が何を意味するのかを理解する必要があります。当然のことながら、最後の更年期が過ぎると、卵は成熟しなくなるので、遺伝的に生まれつきの子供を産むことは不可能です。そして、女性が以前に低温技術の助けを借りて自分の遺伝物質を保存したことがなければ、遺伝的に生まれつきの子供の誕生は不可能です。

しかし、妊娠はそれなりに可能です。しかし、植え直すには、匿名または匿名ではないドナーからのドナー卵を使用する必要があります。そのような卵細胞は、ドナー精子の助けを借りて(また、匿名または非匿名ドナーの参加により)受精される。それから、受精卵または最低限「成長した」胚が、産むことを望む女性の子宮に座っています。

妊娠のためのホルモン調製のすべての手順とすべての検査が完全に行われたならば、それは胚が根付くでしょう、そして拒絶反応は起こらないでしょう。つまり、通常の妊娠が発生します。生殖年齢の女性における体外受精の成功率は、閉経後の女性よりも高いですが、これは珍しいことではありません。

閉経中の体外受精中の主な課題は、胚を受容する女性の子宮内膜を増加させることであり、それによってそれは付着することができ、妊娠は拒絶されることなく正常に通過する。閉経期には、子宮内膜の体積は著しく減少します。そしてそれは付着が起こるためにそれを通常の(生殖期の)厚さにすることが重要です。

この指定されたホルモン補充療法のために、それは人工的なサイクルを形成します。その最初の段階では、エストロゲンだけが処方されています。後に、プロゲストゲンもまた必要とされる。植え替えが行われ、胚が付着した後、治療が続けられる。通常、妊娠中に行われます。

しかし、その後、妊娠成功の最初の段階で、胎盤が形成されます。それはまたホルモンを作り出すが、それらはまだ十分ではない。したがって、初期のHRTスキームは新しい状態を反映するように調整されます。

閉経後に体外受精を行う場合

医学の可能性は現在非常に大きく、女性は閉経後に妊娠する可能性があります。しかし、ホルモン状態が不安定なため、閉経前に妊娠することはお勧めできません。そのような時期ではありますが、それでも構想は自然に起こり得ます。しかし、これが長期間起こらない場合は、医師に相談した方が良いでしょう。彼は妊娠を計画することがより良いときに決断の例です - 閉経前の女性に自然であるか、体外受精を使うが閉経後の女性に。

一般的に、閉経後の女性はホルモン的な意味で多かれ少なかれ安定期に入ります。ただし、できるだけ早く体外受精をお勧めします。これは、閉経後、体内の老化プロセスが速いという事実によって説明されています。そして、体外受精が成功しても、子供を自立的に遂行する能力は消えるかもしれません。さらに、子宮内膜の厚さは急速に減少し、そして待機する時間が長くなればなるほど、それを長くしなければならなくなる。

この手順は、患者さんが以下の条件を満たしたときに正常に行われます。

  1. ホルモン療法に禁忌はありません、
  2. 健康状態と体全体として、私たちは子供を自分で運ぶことができます。
  3. 体外受精操作の実施に対する健康上の特別な禁忌はありません。

このような操作の可能性についての最も正確な結論は、一連の調査に合格し、いくつかのテストに合格した後にのみ作成できます。

失敗したIVF

通常、患者さんの年齢を考慮しても、医師が治療の成功を予測することは非常に困難です。 50歳以上の女性では、最初の試みで胚が付着することがあります。そして時々40歳でさえも、胚は反復的な繰り返し操作の後では生き残れない。

閉経後の患者は、原則として、2回目の刺激で子宮内膜が成長しない可能性があるため、繰り返し体外受精を試みることは推奨されません。しかし、いずれにせよ、この問題は厳密に個々の方法で解決されます。いくつかのケースでは、健康に良いので、医者は繰り返しIVFのプロシージャを推薦するかもしれません。

とにかく、体外受精の後に別の選択肢があります - 代理母性。彼女と一緒に、ドナーの卵子は、女性(例えば、夫)になじみのあるドナーの精子によって受精させることができ、その後、カップルのために子供を連れ出す代理母によって移植されることができる。

人工閉経後

女性がホルモン剤を服用した後に更年期障害を起こした場合、体外受精の手順はさらに簡単になります。薬物療法または人工閉経は、ホルモン療法の結果として卵巣が機能を停止し、エストロゲン産生が停止する状態です。

これは、ホルモン依存性の組織成長に関連する婦人科形成を治療するためのかなり一般的な方法です。たとえば、子宮筋腫がどのように治療され、大量のエストロゲンとともに出現し、成長するのでしょうか。したがって、生産を中止すると解決します。

そのようなクライマックスは首尾よく可逆的です。別のタイプのホルモン薬の使用は卵巣を刺激し、そしてそれらは正常に働き始めます。彼らの機能を回復した後、女性は自分自身を妊娠することを試みるか、または生殖年齢のすべての女性と同じ特徴で体外受精の手順に訴えることができます。

このタイプのサービスの費用はかなり高いです。それはドナーのサービス、薬物の費用、そして操作そのものから成ります。

更年期障害のための体外受精の手順を実行することは可能ですか?

運命は時々人に異なる驚きを与えます。幸いなことに、彼らは必ずしも否定的ではありません。すでにかなり成熟した年齢に入った人々が突然お互いを見つけて、彼らが本当に一般的な子供を欲していると決心することが起こります。

そして状況、人生の悲劇が女性を閉経期にするという考えに駆り立てているのです。各ストーリーには独自の動機がありますが、新しい人に命を吹き込みたいという願望は常に承認と支持に値します。

更年期障害で体外受精は可能ですか?

閉経を伴う人工概念

解剖学の観点から更年期障害の発症は、女性の身体の生殖機能の完成のプロセスです。卵巣の卵胞の数が枯渇し、月経がほとんどなくなり、卵子は次第に成熟しなくなり、子供を産む能力が失われます。

比較的最近では、45 - 50年後に人工授精の問題はありませんでした。しかし、現代の生殖技術は飛躍的に進歩しています。そして今日、閉経期における受胎の可能性は非常に現実的です。
自然排卵がもはや不可能であっても - これは文ではありません。

この場合、形成されたドナー卵が使用され、それはパートナーの種子で人工的に受精されそして潜在的な母親の子宮に置かれる。付随するホルモン療法の助けを借りて、閉経中に体が健康な赤ちゃんを産み、産む能力が維持されます。

閉経期における体外受精の条件

体外受精は、参加者の健康状態に関するデータの慎重な作成と分析を必要とする深刻なプロセスです。

専門家に相談して、受精を成功させるために重要となる可能性がある情報(遺伝性疾患、慢性疾患、手術)を提供する必要があります。

女性がすでに子供をもうけている場合、妊娠の経過、もしあれば問題が彼女に付随していることを伝えることが重要です。

受け取った写真に基づいて、医師は追加の検査の必要性と予備的および支持的薬物療法の調整を決定することができます。

閉経期における人工概念の一般的な条件は以下のとおりです。

  1. 絶対的および相対的禁忌がない。絶対的なものは、身体の危険な病気の存在(HIV、肝炎、重度の真性糖尿病、重篤な心臓病の存在、あらゆる場所の腫瘍、腎臓病)です。この場合、代理母を引き付けることについてしか話せません。相対的禁忌は体外の適切な概念のプロセスを妨げることができるがそれを先験的に不可能にしないそれらの身体の状態を含みます。これらの原因を取り除いた後は、人工概念の考え方に戻ることができます。これらには、感染症、子宮内膜症、子宮の腫瘍および付属器が含まれ、これらは臓器温存手術、疾患の悪化を用いて除去することができます。
  2. 患者は独立した出産の可能性があります。これには先天的または後天的な婦人科の病状の欠如が含まれるべきであり、その存在は身体的にそれを不可能にする(生殖器官の除去、重症型の内分泌疾患など)。
  3. ホルモン療法に禁忌がないのは、自然妊娠や妊娠が本来想定されていない女性の人生の一部について話しているためです。これは、ホルモンの背景がすべての妊娠現象の健康的な自然経過に寄与しないことを意味します。

可能な受精プログラム

閉経中に特定の患者の体外受精を行うことは可能ですか、医師は歴史と生殖器系の現在の状態に基づいて決定します。検査の結果を使用して、専門家は体外受精の特定の変種を作ることを提案することができます。

  • ドナー材料(精子)を使って、
  • エイリアンの卵と、
  • あなた自身の卵母細胞の銀行取引
  • cryoembryosの使用(以前は凍結されていました)。

あなたがあなた自身の月経周期(閉経前)または人工的な閉経を保存するならば、数ヶ月間女性の卵を集めるプログラムは行われます。排卵が不可能な場合、唯一の解決策は卵母細胞の提供です。

閉経中の手技の準備

閉経期に人工概念を準備する手順は、多くの点で生殖年齢で行われる手順に似ていますが、閉経期の特殊性のためにさらに責任のあるアプローチが必要です。

女性に割り当てられている必須の研究は以下のとおりです。

  • 一般および生化学的血液検査
  • 尿検査、
  • 感染テスト
  • ホルモンの血液検査
  • 子宮頸部の細胞診
  • 蛍光透視法、
  • マンモグラフィ
  • 心電図
  • 甲状腺、腎臓、副腎、骨盤内臓、心臓の超音波、
  • 子宮鏡検査は、体の胚への能力を評価するために処方されることがあります。

次の研究は将来の父親のために提案されています:

  • 感染検出のためのテスト
  • スペルモグラム
  • 血液型とRh因子の決定のための分析。

閉経期の受精ステージ

После того, как женщина прошла всестороннее обследование и получила одобрение профильных специалистов, начинается следующий этап.

В первую очередь будущей маме назначается заместительная гормональная терапия (ЗГТ). Выравнивание гормонального фона женщины до уровня, позволяющего закрепление эмбриона и его благополучное вынашивание — основополагающий момент успеха экстракорпорального оплодотворения.

しかし、体外受精の後、特に長いプロトコルでいくつかの薬のために、更年期障害の女性でさえ閉経が起こります。したがって、専門家が一定の保証を与え、専門的に受胎プログラムを選択する、信頼できる診療所で診察、治療を受けるべきです。

母性になることを計画している患者の有機体がまだ排卵の能力があるならば、HRTは女性自身の卵子の受精を実行することを可能にします。月経の安定した停止があるならば、唯一の可能性はドナー卵母細胞(卵)の使用であるかもしれません。

ドナー卵母細胞を用いたエコは以下のステップを含む。

  1. 特定の指標による卵母細胞ドナーの選択。これらは健康上の要件だけでなく、外観、造形および他の特性の特徴でもあります。
  2. ドナーと潜在的な母親のサイクルの同期。
  3. ドナー女性からの卵胞の成熟の促進とその後の除去
  4. 父親またはドナーから種子を入手する。
  5. 卵の受精とはいの栽培
  6. その後の発達過程を制御しながら子宮腔に胚を移植し、続いてホルモン補充療法。

女性自身の卵を使った概念も、原材料の担体の選択を除けば、似たような性質のものです。この場合、運送業者自体が運送業者になります。

リンクをクリックして体外受精中の胚移植後の分泌物についてお読みください。

閉経期における人工概念のリスクと危険性

  1. 胚は最初から二度目でさえ落ち着かないかもしれません。当然のことながら、閉経期の間、道路は毎日、毎月であり、時間の損失は容赦なく計画の成功裡の完了の可能性を減らします。これは、母性を信じ夢見ている女性にとって、しばしば深刻な心理的ストレスになります。

手順の間にいくつかの胚が子宮腔に移されるので、多胎妊娠のリスクが高まります。閉経中は、これは非常に望ましくありません。母親の体への負担を増やすことで、成功の見込みは大幅に減少します。そのような場合、縮小が行われます - 並行して発達した胚の分離。

  • HRTは卵巣過剰刺激症候群を引き起こす可能性があり、これは母親と胎児の生命と健康にとって危険な場合があります。
  • 時々ホルモン療法は患者の健康に悪影響を及ぼす。甲状腺と心血管系が最も頻繁に影響を受けます。

    多くの場合、この生殖技術は癌の発生を引き起こすと非難されています。特に素因がある場合は、そのようなリスクを否定することはできません。管外の赤ちゃんでは、先天性異常の割合はやや高いです。 「口唇裂」、「口蓋裂」、心臓の欠陥、および食道の未発達は、これらの子供たちでより一般的です。

    深刻な染色体および遺伝性疾患の予防のために、プロセスの全参加者の予備検査が行われ、胚の状態の追加の管理が着床前に行われます。

    閉経期の体外受精はかなりあいまいなものです。

    一方では、それはしばしば母親になる唯一の機会であり、他方では、この技術の使用は一定のリスクをはらんでいる。それぞれの場合に個別のアプローチが必要です。専門家と将来の両親の共同作業だけが、望ましい結果、つまり健康で強い赤ちゃんの出現をもたらすことができます。

    生理的閉経

    クライマックスは閉経とも呼ばれます。通常、50歳の女性に発生します。 45年後、更年期は女性の体内で始まり、その間に自然にプログラムされた生殖機能の再生が起こります。卵巣では、少女の子宮内発育中に産卵された卵巣予備能が枯渇しています。

    生殖器系のこれらの重要な器官は徐々に眠りに落ちます、そして、性ホルモンのレベルは血中で減少します:プロゲステロンとエストロゲン。その結果、子宮内膜、すなわち子宮の内層が薄くなります。閉経期が始まると、女性の胚珠は成熟しなくなり、排卵は止まります。

    したがって、すでに自然のクライマックスを持っている女性のための体外受精は、ドナー卵母細胞 - 卵母細胞によって行われます。卵母細胞ドナーは若くて健康な女性です。実験室の方法の助けを借りて、卵細胞はドナーから採取され、患者の夫の精子によって受精されます。得られた胚は患者の子宮に配置されます。

    早期および人工閉経

    公正なセックスにおける更年期障害が45年になった場合、医師は彼女を早く電話します。原則として、負の要因がこのような状況につながります。傷害や脳腫瘍、放射線被曝、化学療法、有害物質の影響、重度のストレス、遺伝的素因などです。

    早期閉経を伴う体外受精は、女性自身の胚珠になることがあります。これをするために、患者は排卵を刺激します、そしてそれはあなたが1-2個の卵を得ることを可能にします。彼らは受精し、女性の子宮に注射されます。刺激手順からの結果がない場合、IVFはドナー卵母細胞で行われます。

    女性が子宮内膜症、子宮筋腫、またはその他のエストロゲン依存性疾患と診断された場合、女性は性ホルモンの産生を抑制する薬による治療を処方されます。この治療法は人工閉経と呼ばれます。良い結果が得られ、広く使用されています。

    体外受精の治療の適応

    体外受精は、雌性生物が以下の要件を満たす場合にのみ使用されます。

    1. この手順に絶対的な禁忌はありません。
      これらには、そのような危険な疾患が含まれます:重度の真性糖尿病、重度の心臓病、腎臓病、肝炎、あらゆる局在性の腫瘍性腫瘍およびHIV。そのような診断で、それは代理母を引き付けることについてだけです。
    2. 卵の受精の過程に相対的な禁忌はありません。
      私たちは治療後の、妊娠しているかもしれない病気について話しています。これらには以下が含まれる:子宮内膜症、感染症、慢性疾患の悪化、ならびに虫垂または子宮の新生物、外科的に切除することができ、臓器を温存することができる。
    3. 排卵、子宮内膜能の刺激、および体外受精後の刺激に必要なホルモン剤を服用することに禁忌はありません。
    4. 子宮には、妊娠を妨げる可能性のある病理学的腫瘍はありません:子宮筋腫、線維腫など
    5. 子宮の生理学的状態と全身は独立した妊娠を可能にします。

    これらすべての質問に対する回答を得るために、スペシャリストは女性を派遣してあらゆる範囲の研究を受け、一連のテストに合格します。

    最も「怖い」更年期障害でさえ自宅で倒すことができます! 1日に2、3回忘れないでください。

    どの試験に合格する必要がありますか

    医師が女性との体外受精の手順に関する文書の必要なパッケージに署名する前に、彼女は彼女の健康状態が彼女が妊娠して子供を産むことを可能にすることを確認する包括的な検査を受ける義務があります。

    女性の検査には以下の検査が含まれます。

    • 生化学的および全血球数
    • ホルモンの血液検査
    • 感染症の体内の存在を確認するための血液検査
    • 尿検査。

    検査結果は、生殖技師が潜在的な患者の健康状態と彼女のホルモンの背景を評価することを可能にします。

    将来の両親の必須研究

    女性に必要な研究のリストは次のとおりです。

    • 乳房マンモグラフィー
    • 蛍光透視法、
    • 甲状腺超音波、
    • 腎臓および副腎の超音波、
    • 骨盤内臓器の超音波、
    • 心臓の超音波、
    • 心電図
    • 子宮頸部の細胞診

    場合によっては、女性は子宮の子宮鏡検査に任命されます。それは子宮鏡 - ビデオカメラと光を保持する長い棒のように見える特別な医療用光学機器 - の助けを借りて行われます。

    処置の間、その状態および胚を受け取る能力を評価するために、内側から子宮腔全体を調べることが可能である。

    • スペルモグラム、
    • 感染症検出のための精子分析
    • そのグループとRh因子を決定するための血液検査。

    患者の夫の精子検査の結果が受精の可能性が低いことを示している場合、夫婦はドナーの精子を使用するように勧められます。

    受精の手順はどうですか

    カップルが強制的な健康診断を受け、すべての専門家の承認を受けた後、書類のパッケージが彼女と署名されます。それから女性は体外受精の手順の準備を始めます。更年期の女性と彼女がもはや月経周期を持っていないとき、我々は状況を考慮します。

    この場合、卵子の成熟ではなく、自然に発生する無排卵について話すことができます。まず第一に、彼女はホルモンを均等にするためにホルモン補充療法を処方されています。子宮内膜を増やす必要があります。女性は、最初にエストロゲンを含む薬を処方され、次にその組成にゲスタゲンを含む薬が処方されます。

    概して、成熟した年齢の女性は妊娠中に追加のホルモンサポートを必要とするかもしれません。それは主治医のすべての勧告を厳守することが必要であり、そうすれば女性は首尾よく子供を産んで出産することができるでしょう。

    医学的統計によると、閉経期の体外受精により、成熟した女性は独立して健康な赤ちゃんを産み、産むことができます。間違いなくこれは複雑なプロセスであり、すべての責任を持って取り組む必要があります。

    女性は包括的な健康診断を受けなければなりません。いくつかの深刻な病気では、この手順は禁忌です。女性が健康で、体外受精に禁忌がない場合は、医師の処方箋をすべて満たすことで、母親の幸せを認識できます。健康を祈っています。

    そして、閉経中の体外受精の手順についてあなたは何を知っていますか?

    更年期障害のための最高の非ホルモン治療薬更年期障害のためのお茶この薬は30ハーブのおかげで、潮の干満、頻繁な気分の変化、そしてエストロゲンの量を増やします!クライマックスに言う - STOP!

    調査

    プロトコルに参加する前に、閉経中に体外受精ができるかどうかを確認する必要があります。これを行うために、患者は包括的な検査を受けなければなりません。排卵の欠如はドナー卵母細胞を使用する可能性のために、体外受精に直接禁忌ではありませんが、女性の健康は基本的な役割を果たしています。

    年齢とともに、女性の健康は悪化し、通常の妊娠を妨げる可能性がある様々な慢性疾患がしばしば現れる。病理を特定するために、女性は以下の検査を行います。

    • 感染症の検査血液検査
    • 尿検査
    • 尿道、膣および頸部の塗抹標本
    • 骨盤超音波、
    • マンモグラフィ
    • 甲状腺超音波、
    • 蛍光透視法、
    • 子宮鏡検査
    • 腹腔鏡検査

    検査に加えて、患者は腫瘍医、内分泌科医、セラピスト、心理学者、心臓専門医を訪問する必要があります。器用研究の正確なリストと患者への狭い専門家は生殖専門家によって発表されるでしょう。子宮鏡検査と腹腔鏡検査の適応がない場合、その手技はおそらく処方されていません。

    検査の結果によると、女性はホルモン障害、胎児の自然な体への支障を持ってはいけません。閉経期の体外受精にはホルモン療法が必要であることを理解されたい。あなたが体内の深刻な障害のためにホルモンを服用している場合は、深刻な合併症を引き起こす可能性があります。

    閉経期の体外受精は、卵子が受精に使用される従来の体外受精とは異なります。女性がより遅い年齢で体外受精を計画した場合、彼女は卵を前もって寄付し、凍結保存を使用してそれらを保存することができます。この場合、患者の冷凍卵が処置に使用されます。

    患者が前もって卵の面倒を見ていなければ、IVFはドナー卵母細胞でのみ可能です。閉経後、女性は卵胞や排卵を成熟させないため、本来の卵細胞を取得することは不可能です。

    月経のない閉経のための体外受精は、ホルモン療法を用いて行われます。これは子宮内膜の成長を誘発し、着床および胎児を産むための子宮を準備するために必要です。

    患者が45歳より前に早期更年期障害を持っている場合は、その後彼女の卵細胞を取得し、彼女と一緒に体外受精を試みる小さなチャンスがあります。この目的のために、ホルモン剤による排卵の刺激が処方されています。

    人工閉経では、ホルモン剤を服用している間に月経がない場合は、卵子による体外受精も可能です。この場合、薬は中止され、女性は排卵を刺激するための治療を受けます。刺激後、卵母細胞は穿刺によって卵胞から採取され、受精されます。

    閉経後の体外受精の大きな欠点は、女性が自分のポケットから全過程の代金を払わなければならないことです。事実は、OMSの方針の下では、38歳までの生殖年齢の患者だけが治療を受けることができるということです。 40年後の手技の有効性は非常に小さいことを考えると、更年期障害のある体外受精は多額の費用がかかる可能性があります。

    閉経中の体外受精の有効性について正確に話すことは非常に困難です。統計によると、40年後の妊娠は症例の10%でのみ起こります。しかし、1、2回の体外受精の試みの後、45歳以降、さらには50歳以下で出産する女性がたくさんいます。

    ここで重要な側面は、どの卵細胞が受精に使用されるかです。閉経期の体外受精が若くて健康な女性ドナーの卵細胞と関係があるならば、成功の可能性ははるかに高いです。事実、年齢とともに卵母細胞の質は悪化し、凍結はそれらに影響を及ぼします。

    10歳の卵母細胞が受精のために使われるならば、または排卵を刺激することによって得られるかもしれない単一の卵子であるならば、そしてその可能性は非常に小さいでしょう。

    閉経を伴う体外受精後の分娩は非常に重要な瞬間です。 40歳以上の女性は、特に体外受精後、常に帝王切開で出産します。これは通常の自然な出産を妨げる身体の年齢に関連した変化によるものです。

    更年期障害のための体外受精は、医師の高い専門性、高い費用および女性の即応性を必要とする複雑で責任あるプロセスです。しかし、最も重要なことは、更年期障害が幸せな妊娠や健康で、そして最も重要なことに愛されている赤ちゃんの誕生にとっての障害ではないということです。

    ドナー卵母細胞を用いたIVF。

    • 卵母細胞ドナーデータベースからの選択(あなたはセクションのデータベースと知り合いになることができます 寄付, 患者さんのために または、Eメールでマネージャーにリクエストを送信してください。
    • 選択は、レシピエントの表現型の特徴、彼女の血液型およびRh因子に従って行われます。
    • プログラムの開始日について主治医と話し合う。
    • 医師が処方した計画に従って患者を準備する。
    • 選択されたドナーのガラス化卵母細胞の調製のための、ドナーの調製の自然のサイクルまたは診療所の発生学者との調整の場合のドナーの刺激。
    • レシピエント卵母細胞ドナーの夫またはパートナーの精子による受精。
    • 女性の子宮への胚移植。

    卵巣貯留量が減少した女性のための卵母細胞の銀行化プログラム。

    まだ自分の卵を生産している女性に可能です。したがって、閉経期の体外受精は可能です!しかし、成人の妊娠は誰にでも見せられるわけではないので、産科医や婦人科医、生殖専門家はプログラムのためのそのような女性の準備に特別な注意を払い、場合によってはそのような患者の準備を拒否します。

    重要な要素は次のとおりです。

    • 患者の子宮の状態、子宮筋腫、子宮筋腫、およびこの年齢でしばしば遭遇する他の病状などの腫瘍の欠如。
    • 体の一般的な状態。セラピストの相談はどの女性にも必要ですが、閉経のための体外受精プログラムの場合には、私たちのセラピストはそのような患者に特別な注意を払います。
    • 問題の社会経済的側面出産して熊を産むことだけでなく、生まれた子供を育てることも重要であることは明らかです。多くの診療所では、体外受精プログラムの年齢制限があります。通常55〜57歳です。

    更年期障害の症状

    女性の体の45〜55歳で体の変化が起こります:

    • 卵巣機能が低下します、
    • エストロゲン量を減らす
    • 子宮内膜は徐々に薄くなっています、
    • 排卵が止まると、卵は成熟しません。

    低エストロゲン症は多くの臓器に影響を及ぼします:

    • しわが出る
    • 肌が乾く
    • 膣内の粘液の産生は減少します、
    • 骨が細くなる
    • 余分な体重が増えやすい

    ホルモンの影響下では、心血管系、神経系、内分泌系が得られます。圧力、緊張、甲状腺に問題があります。それでクライマックスは示されています。

    閉経期に体外受精に頼ることができるのはいつですか?

    女性が閉経期に入ったが、子供を産みたい場合、希望を達成する唯一の方法は体外受精に頼ることです。 Однако одного желания недостаточно, нужно соответствовать некоторым требованиям:

    • Нет тяжелых болезней внутренних органов, являющихся противопоказанием для беременности.
    • Состояние матки позволит развиться плоду, нет опухолей, миомы, изменения формы.
    • Отсутствуют противопоказания для гормонального лечения.

    いずれの場合も、50年後の閉経を伴う体外受精の可能性に関する決定は個別に行われます。

    更年期障害のあるIVF

    月経なしで閉経を伴うIVFのための子宮を準備するために、ホルモン補充療法が処方される。このために、エストロゲンは、第二相へのゲスタゲンのさらなる導入と共に使用される。子宮内膜の状態の評価は超音波を用いて行われます。 7 mmからの最適厚さ。

    閉経期の開始と共に、それら自身の卵子は成熟するのをやめるので、IVFはドナー卵母細胞によって行われることを忘れないでください。例外は、自分の細胞を凍結保存した女性です。場合によっては、配偶者の細胞の質が疑わしいと判明した場合にはドナー精子の使用が推奨されます。

    胚の着床が成功した後、ホルモン補充療法は胎盤が形成されるまで続けられる。彼女は後に妊娠維持のホルモン機能を担う。

    ドナー卵細胞の使用

    ドナーとして新鮮なまたは冷凍卵を使用することができます。

    そのような卵母細胞の使用は十分に安全です:

    • すべてのドナーは、感染症(HIV、梅毒、肝炎)、重度の慢性疾患、および遺伝病理学についてスクリーニングされています。
    • 私たちは労働条件と職業上の危険性を研究します。
    • ドナーは、アルコール、薬、そして有害な薬を使わない非喫煙者の中から選ばれます。
    • ドナーの子供たちの健康状態が考慮されます。

    将来の両親は特定の外観、目の色、ドナーの髪を好むかもしれません。時々、近親者の中から選ばれた彼の類似性を最大にするために。

    IVFが失敗した原因

    将来の両親の徹底的な検査は失敗から守るものではありません。体外受精が失敗すると、以下のことが起こります。

    • 妊娠中の母親の過体重および内分泌疾患
    • 子宮内膜の厚さが不十分
    • 受精後に発生し、妊娠の進行を妨げる遺伝的損傷
    • 免疫系の病理
    • 医師の勧告に違反している。

    閉経後の女性の将来の妊娠のための高品質の調製物および若いドナーの遺伝物質の使用は、母親になることの成功の可能性を高める。

    産科婦人科医、ユリア・シェフチェンコ、特にMirmam.proに

    更年期障害で妊娠する方法:専門医の答え

    自然は女性を厳格な枠組みに限定し、そして平均して20歳から40歳までの子供を産む年齢を与えた。公正なセックスの多くの代表者はこれに同意せず、女性は自分が望むときに子供を産む権利があると信じています。

    そして、さまざまな理由で、彼らは母性を延期しました。子供のための休憩なしでキャリアを追求することを好む人もいれば、立派なパートナーに会ったことがない人、第3に - 不安定な財政状況。そして、それは女性が単に妊娠することができず、不妊のために長い間治療されていることが起こります。

    しかし、とにかく、彼女は50周年を迎え、閉経前だったので、振り返る時間がありませんでした。電車が消えたことを周囲にささやく。そして、女性が閉経中に妊娠する方法を見つけるために医者に走りますか?チャンスはありますか?閉経中に体外受精をすることは可能ですか?

    私たちは素敵な女性を安心させることを急いでいます - 私たちの時代の閉経中の妊娠は神話ではなく、現実です。生殖補助技術によって補助されている閉経期の出産は、医学的にも公共の場においても多くの論争を引き起こしています。

    更年期障害のある妊娠

    例えば50年後のように、より成熟した年齢で母親になりたい女性たちになるにはどうすればいいですか?そして、将来のお母さんであれば、かなりの数年間、それを穏やかに言えば、自然に妊娠することを望むことは可能ですか?

    最近数十年間の延期出産の問題は非常に関連性があります。残念なことに、女性が職業的にも社会的にも起こり、ついに母親になることを決心したときには、自然な出生率は低下し始めます。これには科学的な説明があります。

    女の子はある数の卵で生まれます。新生児期には150万の未熟卵があります。思春期までに、約40万人がいます。

    出産の全期間を通して、たった400個の卵が女性で成熟します。そして残りは閉鎖にさらされ死ぬ。 40歳までに、卵胞の消費率は増加します。

    子孫を繁殖させるのに重要と考えられているのはこの年齢です。そして妊娠の可能性は急激に減少します。

    卵母細胞(未熟卵)の質が低下すると、染色体や遺伝子の異常が増加します。

    注意してください。

    実施された研究は、42歳の女性では、2個おきに卵子が病理学的であることを示しました。 45歳までに、各雌性細胞は染色体異常を含む。したがって、これらの卵子は本格的な胚や健康な赤ちゃんを産むことはできません。

    この年齢層における女性の生殖器系病変の存在:子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腔ポリープ、炎症性疾患。身体病理学、糖尿病、高血圧、肥満なども重要です。

    生殖技師のよくある質問

    1. 「閉経後に妊娠する方法は?」
    2. "更年期障害が来ました、そして私は出産したいのですが、どのくらい早く妊娠できますか?"

    このような女性は、閉経期の開始が排卵の欠如を意味することを明確に理解する必要があります。そして、素早い妊娠はここでは働きません。この場合、50歳のときに体外受精プログラムで卵巣刺激が行われると、2つの問題が発生する可能性があります。

    • 非常に少数の卵(1〜4個)を手に入れる
    • この少数の細胞で染色体病理学が明らかになる可能性が高い。

    本当に解決策はありませんか。あります。 「年齢」患者は若い女性から採取したドナー卵を提供することができます。しかし、ここで道徳的側面が前面に出ています - すべての女性が遺伝的に異質な材料を身につける準備ができているわけではありません。

    時間を無駄にしないことが重要です。

    45〜50歳までに、卵胞保護区は使い果たされ、閉経期の排卵はますます起こりにくくなり、卵巣の生殖機能の不可逆的なスイッチオフが起こり、そして閉経期の受胎の可能性はほぼゼロになります。

    今日の医学の進歩は誰もが出産することができ、そして老年期でさえもできるようなものです。しかし、すべての女性は、人生における自分の卵の在庫が無限ではないことを理解するべきです。

    そして毎年、生殖細胞の数は減少するだけです。そして、出産の問題が未解決であり、女性がより若い年齢で母親になる準備ができていない場合、「最愛」のために卵を買いだめる可能性は常にあります

    そして卵母細胞の蓄えが枯渇するまで、これはできるだけ早く行われるべきです。

    卵の凍結保存

    今日、生殖技術は、女性が母親になることを決定するまで、超音波の制御下で、卵子を拾い上げて数年間凍結させることにより、女性の体内の卵の数を決定し、卵巣での産生を刺激することを可能にする。

    ロシアでは、卵の凍結(凍結保存)はまだ全世界ほど普及しておらず需要もありません。海外では、女性はしばらくの間母性を延期したいときだけでなく、化学療法の前に癌の場合にもこのサービスを利用します。

    医学では、若い日本人女性が化学療法の前に卵を凍らせたことがあります。そして彼女はわずか13年後に彼女の生物学的材料を利用し、そして安全に47歳で健康な赤ちゃんを出産しました。

    最近まで、ロシアの法律では、以前に癌に罹患して回復した女性に対する生殖補助技術の使用が禁止されていました。そして今日、癌に苦しんだロシア人の一人が49歳で母親になろうとしているという証拠がすでにあります。 2017年8月に、彼女は体外受精の手術を受け、2つの胚が植えられました。

    江古:更年期障害にもっと適しているものは何ですか?

    妊娠して子供を閉経させることは不可能であるという意見があります。そして、仮説的には、すでに母性のために成熟しているが、間に合わせることができなかった人々についてはどうですか?女性は閉経中に出産することができますか?はい、できます。

    あなただけが、相続人を自然な方法で妊娠させる可能性が大幅に減少することを理解する必要があります。しかし絶望しないでください。

    今日では、繁殖技術により、年齢に関係なく、たとえそれがどれほど素晴らしい音であろうと関係なく、子供を誰にでも連れて行くことができます。

    多くの場合、女性は、閉経中に体外受精が可能かどうか、および閉経中に体外受精がどれほど効果的であるかという質問をします。肯定的な結果はこの年齢で間違いなく可能です。しかしながら、それらの有効性は、例えば35歳までの患者におけるよりも低い。閉経後の体外受精プログラムの有効性が低いのは、主に2つの理由によるものです。

    • 卵巣の準備の減少、
    • そして卵の品質の低下。

    リプロダクティブセンターに申請する「年齢関連」患者には2つの方法があります。

    ARTで妊娠しますが、この場合妊娠する可能性は閉経中の1回の体外受精の試みで5%を超えません、

    成功の可能性を高め、そしてドナー卵母細胞を用いて体外受精を実施する。この場合、ドナーの卵細胞は夫の精子または子供の疑われる父親によって受精され、胚は患者の子宮に移植されます。

    50年後の妊娠の可能性

    医学的見地から、女性の受胎は、機能する卵巣がある場合にのみ起こり得、その中に受精の準備が整った本格的な卵細胞が発生する。医療技術を使用せずに子供を女性のために妊娠させる機会は、45年後に急速に低下していますが、逆に、あまり健康ではない赤ちゃんを産む可能性は著しく高まります。

    いいえ、もちろん、自発的な受胎および安全な分娩の幸福な事例もあります。そして、あなたは「出産した更年期の女性」の多くの例を女性に挙げることができます。これが世界で最も有名な「年齢」の母親たちです。

    • ブラジルの女優Solange Coutoは、2人目の夫を54歳の時に2人目の夫と一緒に紹介しました。
    • 彼女の最初の結婚から2人の大人の息子を持つロシア人女性Natalya Surkovaは、57歳で、子供を持っていなかった新しい配偶者の娘を産みました。

    それでも、後年のこれらのユニークな妊娠のほとんどは、神の仕事ではなく、体外受精の結果です。これが有名な人格に関連している場合は特に、これについてはしばしば新聞に掲載されています。

    それで、ロシアの歌姫Alla Pugachevaと芸術家Maxim Galkinとの成人期の子供たちの概念の鮮やかな例は、凍らせた卵での体外受精(歌手が間に合うように世話をしました)、そして代理母を運ぶためにそれらを植えることです。

    子供たちは素晴らしいことがわかりました!

    合格に必要な検査、閉経中の体外受精が成功したこと

    更年期障害のための体外受精の手順が成功するためには、以下の分析が妊孕性専門家によって必要とされるでしょう。

    • 小さな骨盤の超音波(子宮の病理を除外するために、卵巣の卵胞の数を知り、子宮内膜の状態を評価する必要があります)。
    • ホルモン状態の指標(FSH、LH、エストラジオール、テストステロン、抗ミュラーホルモン、インヒビン、甲状腺ホルモン - TSHとT4)は、月経周期の2〜3日かかる必要があります。

    ホルモン状態データの結果に基づいて、医師はあなたの卵巣予備能の状態を評価し、卵母細胞との更年期障害にIVFプログラムを使用するかドナー卵母細胞に頼るかを決定します。

    • 早期の悪性過程を検出するために癌細胞を検出するための子宮頸部の塗抹標本。細胞の「癌変性」の初期徴候を確認した場合は、閉経期のための体外受精の手順を延期する必要があります。
    • 精子夫または子供の父親。この分析は精子の量と質を示し、男性の不妊の要因を排除します。後者が検出されると、閉経後の体外受精はドナーの精子で行われます。
    • HIV感染、梅毒、B型およびC型肝炎の血液検査は必須です。
    • 性感染症を含む感染症の検査

    すべての女性は彼女自身の母性への道を持っています。誰かが年長の子供たちとの悲劇の後に赤ちゃんを産むことにしました、誰かが人生に新たな愛を突入し、そして誰かがついに不妊から回復することに成功しました。そして今日の生殖技術は彼らが母性の喜びを見つけるのを助けることができます。

    産科婦人科医Ivanchenko Oksana Viktorovna

    閉経後50年後の妊娠

    妊娠はほとんどの女性にとって喜びです。しかし、女性がもう若くなくなり、病気や体力が足りなくなった場合、妊娠は大きな課題となります。

    更年期障害の50年後の妊娠は神話と考えられています、一部の女性はこの事実を信じていません。しかし、いくらかの頻度でそのようなケースは起こります。この記事では、どんな女性でも、その可能性、そのような妊娠後期の危険性、そしてこれからどのような利点が識別されるべきかについて学ぶことができます。

    50年後、ほとんどすべての女性が更年期障害を受けます。更年期障害はすべての女性の生涯のうちに生殖機能が低下する期間です。この期間中、妊娠は若い年齢よりもはるかに少ない頻度で発生します。更年期の段階を分析しましょう。

    • 閉経期前のステージ。この期間はこの更年期の前の5-7年に始まります。この時点で、女性は彼女の月経周期が変わっていることに気づきます。月経はそれほど豊富ではなくなり、長くはなりません、そして2つの期間の間の期間は増加するだけです。これは卵巣機能の低下によるものです。
    • 閉経期。この期間は最後の月経の後に来ます。それは約1年続きます。
    • 閉経後のステージ。この段階は更年期の最終段階です。彼は彼女の人生の終わりに女性を同行するでしょう。

    女性はあなたが妊娠することはできないと考えているので、50年後の妊娠はほとんどの場合予想外です。しかし、そうではありません。

    女の子が生まれたとき、彼女は推定400,000個の卵の数を持っていますが、50年経っても女性はまだ約1000個の卵を持っているので、妊娠は可能です。

    閉経期の女性は卵巣機能が低下しています。これはエストロゲン産生の減少によるものです。 50歳以降の女性はまだ5年間避妊薬を使用しなければなりません。

    概念の理由

    最近、世界中だけでなくロシアでも、50年後の妊娠がますます増えています。これには一定の理由があります。

    • 女性は一生のうちに妊娠することができなかったので、妊娠は正確にこの年齢で起こります。この場合、女性は自分のレースを続けるために絶望的な一歩を踏み出します。妊娠は、考えられるすべての問題を理解して、意識的に作成されます。
    • 50年後の妊娠は新しい夫に子供を与えることによるものです。そもそも、どの男性も子供のためだけではなく、他の誰かのためではなく幸せであるように、女性は子供が結婚の絆を強め、関係を絆させることができると理解しています。妊娠は意識的に起こります。
    • しかし、50年後の妊娠は、女性にとっては驚きです。これは女性の生殖器系の無知によるものです。そのような妊娠はしばしば望ましくなく、そして多くの問題を引き起こします。

    50年経っても、女性は状況の深刻さを理解しなければなりません。更年期障害の発症前であっても、あなたはそれがまだ出産するかどうかを決定しなければなりません。そうでなければ、婦人科医が話す限り保護される必要があります。

    女性が50年後に妊娠するようになるならば、それから彼女は生理学的な若者が終わりに近づいているということを知っているべきです。全身が以前と同じようにスムーズに機能していません。したがって、以下に示す特定のリスクがあります。

    • 妊娠中の体力の低下と体調の悪化。

    以前のように、体はもはや子供を産むことができません、それは彼にとってはるかに困難です。女性が以前に妊娠していた場合、50年後の妊娠は常にテストです。女性は強い中毒に苦しめられるでしょう、彼女は彼女が前に問題なくしたことがあった最も基本的なことのためにさえエネルギーを持っていないでしょう。

    不眠症があり、それが頭痛の外観につながります。子供が生まれたとき、それは母親から多くの注意を必要とし、たとえ彼女がそれをしようとしても、それは彼女の子供の世話をするのが難しいです。

    • 慢性疾患の発現

    妊娠前の女性が寛解に慢性疾患を持っていた場合、それから彼らは妊娠中に間違いなく悪化します。このため、女性も子供も苦しんでいます。したがって、そのような妊娠の遅れが計画されている場合は、慢性疾患の悪化を排除するために医師に相談してください。

    • 新しい病気の出現

    妊娠中は女性の身体は2つの働きをするはずなので、ときどき対処しないことがあります。

    50歳までに、女性の心臓、腎臓および他の内臓は弱まります、それらが2つのために働くことは信じられないほど難しいです。

    И так уже слабые кости и зубы становятся еще менее крепкими. Из-за этого женщина вынуждена посещать не только гинеколога, но и многих других врачей.

    • 出産後の婦人科疾患の出現

    子宮は以前のようにもはや回復することができないという事実のために、出生直後には感染および炎症の大きな危険がある。

    いくつかのケースでは、妊娠は正常ですが、そのようなケースはほとんどありません。ほとんどの場合、家族の中の女性が出産した後期の女性を持っている場合、または女性が健康な体を持っている場合、妊娠は重症ではありません。

    子供の問題

    結局のところ、女性だけでなく子供自身も出産後期になる可能性があります。彼がまだ子宮内にいるとき、彼は彼が通常の妊娠で受け取ったであろうよりはるかに少ない栄養素を受け取ります。このため、彼は健康上の問題を抱えています。

    50歳の母親から生まれた事実上10人の子供たちは、身体的および精神的な発達に偏りがあります。いくつかのケースでは、子供たちは一般的に深刻な病理学で生まれ、その結果障害者になります。

    子供がまだ生まれていないとき、彼は完全に彼の母親の状態を感じます。そして、疲労や恐れのために、新たに始まった病気のために女性は常にストレスを感じているので、子供は自分自身にあらゆる打撃を与えます。このような子供たちは、ある場合には問題のある精神を持って生まれます。彼らは他の子供よりも長く泣くかもしれません、またはその逆もあります、遅くなり、嗜眠状態になります。

    子供が健康に生まれた場合でも、彼はまだ一定のストレスを経験するかもしれません。多くの子供たちにとって、両親は若くて美しく、まだ元気いっぱいであることが重要です。子供の母親が50回目の夏のしきい値を超えたとき、子供はそれを彼女の友人に見せるために公の場で彼女と外出することを恥ずかしいかもしれません。いくつかの社会では、これらの子供たちは嘲笑されいじめられています。

    絶え間ない制約のために、子供は彼の両親に完全に開かないで、彼は秘密を持っています、彼は彼の両親とより少なくコミュニケーションしようとします。したがって、そのような子供が問題を抱えているとき、彼は彼の両親との信頼関係を築いていないので、彼は助けを求める人を誰も持っていません。

    両親がもう若くないとき、彼らはもはや以前と同じ強さとエネルギーを持っていないので、彼らは彼らの足に子供を置くことができそうにないです。

    彼らは健康上の問題を心配し始めています。したがって、実習が示すように、子供が大人の親を強く持っている場合、彼は人生のすべてを自分で達成しなければならないでしょう。

    一方ではプラス、もう一方ではマイナスです。

    メリット

    多くの場合、女性は若い年齢で子供を産むが、彼女は経験がない。両親の不適切な行動のために、例えば彼はタイムリーな援助を与えられないかもしれないので、子供はそもそも苦しんでいます。

    したがって、女性が50歳で出産する場合、それは彼女が彼女の背後に最大の経験と知識を持っていることを意味し、それは若い女性にはアクセスできない。このため、女性は必要に応じて間に合うように子供を助けることができます。彼女は若い母親ほど心配していません、彼女はすべてを正しくそして合理的にします。

    更年期障害のある女性は、場合によっては、若者がすでに亡くなっていることに気付き始めたときに、苦痛で頻繁な気分の変化を感じます。妊娠は、望むならば、家庭生活に鮮やかな色をもたらし、配偶者間の関係を改善することができます。出産後、女性は自分の問題のいくつかを忘れます。

    これから妊娠後期でも良い面があると結論づけることができます。しかし、否定的なことを忘れないでください。

    更年期障害のあるエコ

    この場合、ドナー卵母細胞が使用されるので、閉経および排卵の不在のためのエコ手順が可能である。しかし、この手順を実行する前に、女性は婦人科医とこの問題を解決する必要があります。

    婦人科医は、女性が必要な検査をすべて受けるまで正確な答えを出すことはできません。彼女は、感染症、尿、尿道の塗抹標本、膣を検出するために献血する必要があります。

    また、病気を排除するために、骨盤内臓器の超音波検査を受ける必要があります。女性の乳腺でも腫瘍や癌の検出が検討されており、X線撮影が行われています。

    場合によっては、医師が患者の健康状態を視覚的に確認できるようにするために、腹腔鏡手術を使用する必要があります。

    これらの項目すべてに異常がなければ、妊娠は起こり得ます、そして医者は彼の同意を与えます。

    しかし、女性は神経科医、腫瘍医、歯科医、心臓専門医を訪問する義務があります。何かがうまく行かない場合は、その女性は自分の健康状態を改善する一連の薬を処方されます。

    体外受精はドナー卵またはそれらの凍結を用いて行われる。最も頻繁に使用されるドナーこの年齢での体外受精はホルモン療法の助けを借りて行われます。これにより、子宮は妊娠するための準備ができて弾力的になります。

    従来の体外受精が生殖年齢の女性に無料で使える場合、閉経中に、彼女は自分自身で全処置の代金を払います。体外受精はかなり高価ですが、良い効果があります。単純に独立して妊娠するためには、女性は約10-15回の試行を必要とするかもしれず、IVFからのプラスの効果はすでに1または2回起こります。

    体外受精の効果はまだ使用された卵の年齢に依存します。卵が採られた若い女性ほど、妊娠に成功する可能性が高くなりました。

    難しさは女性が自然な方法で出産することができないという事実にあります。彼女の子宮は以前のようにそのような減少や試みを引き起こさないでしょう。したがって、すべての属は人為的なものであり、帝王切開です。

    一方では、これは女性の役割を容易にし、他方では、50年後の女性はそのような処置の後に長期間回復するであろう。普通の若い女性は約3〜4ヶ月間帝王切開後に回復します; 50歳以降の女性では回復は少なくとも6ヶ月かかります。

    体が微生物に対処するためにそれほど熱心ではなくなるので、子宮または腹膜における感染のある種の危険性があります。

    出産後も、女性の出血時間は長いままで、貧血などの多くの病気につながる可能性があります。配達が遅れた後は、合併症を防ぐために、常に医師の監視を受ける必要があります。

    50年後の妊娠は重要な決断です。それが女性にとって本当に必要である場合があるように、これをすることを女性に禁じることは不可能です。しかし、他の場合には、特に女性がすでに子供を抱えている場合は、多くの不利な点があるため、避妊に注意を払い、この種の妊娠を許可しないことが重要です。

    女性は自分でこのような決断をするべきではありません;彼女は常に医者と彼女のパートナーに相談するべきです。結局のところ、このような決定から女性の健康だけでなく、子供の健康と将来の生活にも依存します。

    更年期障害のIVFのニュアンス

    生殖器系の絶滅にもかかわらず、多くの人は閉経期に体外受精を選択します。これは、月経後の期間に子を産む唯一の方法だからです。

    体外受精は、卵巣のホルモン変化のために卵細胞が産生されず、そして受胎の可能性がゼロになる傾向があるときに頼られます。現代医学では50年経っても女性が母親になることができるので、更年期障害は子供を産むという決定を拒否する理由ではありません。

    必要な検査

    閉経中に体外受精をすることを計画するとき、そのような介入を実行するための体の準備を決定するために診断を受けることは重要です。。彼女の体は次の要件を満たさなければならないため、女性は完全な健康診断を受けます。

    1. 人工授精に対する禁忌の欠如
    2. 子供を自己想像できない
    3. 受精準備中のホルモン療法に対する禁忌がない。体がすでに新しい労働条件に再建されている場合、年齢に関連した変化のために卵巣が完全に消滅したとき、妊娠の経過は合併症なしには不可能になります。

    調査段階では、IVFに対して次のテストが行​​われます。

    • 血尿検査
    • 骨盤超音波、
    • マンモグラフィ
    • 甲状腺超音波、
    • 蛍光透視法、
    • 子宮鏡検査。

    身体の完全な検査の結果によると、更年期の女性は健康な妊娠を妨げるホルモンの不均衡を持つべきではありません。

    ドナー卵による体外受精の準備

    排卵のない状態での閉経およびそのホルモン刺激の不可能性を伴う体外受精は、ドナー卵の助けを借りて利用可能です。閉経期を伴う体外受精がドナーの助けを借りてのみ可能になる場合、この手技は2つの方法で実施することができる。

    • 凍結卵母細胞は、材料がドナーバンクから採取されるときに使用されます。
    • 夫またはドナーの精子を用いて新しく得られた卵子の受精。

    操作の最初のバージョンは安価ですが、成功の可能性は2番目の方法よりも10%低くなります。

    受精のための準備の重要な瞬間は彼女の卵の寄付のための候補者の選択です。 2つの選択肢があります。

    1. 配偶者は、知り合いや近親者から独立して女性ドナーを選びます。これが不可能な場合、診療所は既婚のドナーのリストから、夫婦の希望に沿って候補者を提供することができます。
    2. 匿名この場合、配偶者はドナーを知りません、彼らは女性の意図された肖像画について説明するだけで、血液型とRh因子を指定します。

    さらに、いくつかの卵の成熟のためのドナー過剰排卵の検査および刺激が行われる。

    受精卵が子宮の壁に付着するために、潜在的な母親は必要な厚さの子宮内膜を増やす薬を処方されます - 8-10 mm。この治療のためにホルモン薬が適用されています。任命:

    体が深い閉経期にあるならば、たとえホルモン手段の助けを借りても、子宮内膜を活性化することは必ずしも可能ではない。

    閉経期の子供の誕生を計画する前に、女性は卵子を提供し、凍結保存によってそれらを研究室に保存することができます。この場合、閉経中に体外受精のためのドナー胚の使用に頼る必要はありません。

    体外受精の禁忌

    この手順を実行することは必ずしも可能ではありません、それは禁忌があり、それらは絶対的と相対的に分かれています。最初のグループには、以下の深刻な病理学的プロセスが含まれます。

    • 彼の
    • 肝炎
    • 心臓病、
    • 重度の糖尿病
    • 腫瘍性疾患
    • 腎臓病

    相対的禁忌は、通常の妊娠の過程に対する障害となる身体の状態です。これらはホルモン障害、子宮内膜症、性器感染症およびその他の症状です。それらの除去の後、あなたは受精に頼ることができます。

    胚移植手順はどのように行われますか?

    調査を実施し、すべての専門家から承認を得た後、体外受精の手順に進むことができます。

    体がまだ卵を産生することができるならば、ホルモン剤で排卵を刺激することによって治療が行われます。

    月経が安定していない場合、ドナー卵細胞を用いたIVFが不妊症を治療する唯一の方法になります。。この手順は次の段階で構成されています。

    1. ドナーを選ぶ
    2. ドナー卵胞の成熟の促進とその除去
    3. 夫やドナーからの播種。
    4. 卵の人工授精
    5. 母親の子宮内への胚の配置

    体外受精の手術が成功した後、女性は妊娠期間中ずっと専門医の監督下に置かれます。

    体外受精の子供たちの結果として、時には2人以上が生まれます。いくつかの胚が同時に子宮に移植されるという事実により、多胎妊娠が発生します。しかしながら、閉経期の間、これは望ましくない。なぜなら、女性の衰弱した身体に対する負荷が増加しており、それは子供の健康に影響を及ぼし得るからである。

    閉経を伴う人工授精に関して、専門家の見解はあいまいです。一方では、この方法は女性に後年の母性の機会を与えるが、他方では、それは多くの危険性および起こり得る合併症を伴う可能性がある。

    更年期障害のためのIVFの特徴

    閉経中に体外受精をすることは可能ですか?妊娠と出産が成功する確率は?この手順を実施する決定は、禁忌がないこと、実験室および機器による研究の結果に基づいて、生殖技師によって行われます。月経周期(閉経期)または人工閉経を維持しながら、生存可能な卵を数ヶ月間収穫します。それから受精胚は、準備ホルモン療法の後、レシピエントの子宮に置かれます。

    卵母細胞の成熟が起こらない場合は、ドナー生体材料を使用するか、以前に収穫した自分の胚を使用してください。 10年以下の間凍結状態にあった性細胞だけを適用してください。 cryoembryosの使用による成功した概念の可能性は健康な女性から取られた新鮮なドナーの卵を植え直すときよりはるかに低いです。

    人工授精の適応

    以下のような場合には、ドナー卵子による閉経期のIVF手術が推奨されます。

    • 早期卵巣枯渇症候群
    • 子宮内膜症、
    • 卵巣、子宮の先天性の病理
    • 35歳以上
    • 多嚢胞性卵巣症候群
    • 歴史における遺伝病
    • 卵母細胞の質が悪いために人工授精に失敗した
    • 以前に削除された卵巣、付属品。

    閉経期の体外受精は子宮の不在下では行われず、泌尿生殖路のウイルス性の感染症である結核が発生します。この手順は、動脈性高血圧症、慢性腎不全、肝不全、がん、甲状腺異常、再生不良性貧血を患っている女性には処方されていません。絶対禁忌は、ホルモン療法、子宮癌、卵巣癌の禁止です。

    受精に備えた検査の種類

    体外受精を行うには、将来の親が完全な健康診断を受けなければなりません。女性は婦人科医、不妊治療専門家、セラピスト、精神科医を訪問します。患者または夫の病歴に遺伝性疾患がある場合は、先天性奇形の親戚は遺伝学の相談を受けます。核型分析(染色体装置の研究)を行う。

    レシピエントの満足できる健康状態であるIVFへの禁忌がない場合、医師は処置の成功を評価し、人工授精を行うことの許可または禁止について意見を述べる。全身性疾患の悪化の場合には、それは胚移植の前に治療およびリハビリテーションの全過程を経ることが勧められます。

    将来の両親のための必須研究

    人工授精に備えた分析のリスト:

    • マンモグラフィ
    • 生化学的、臨床的血液および尿検査
    • 隠れた感染症の研究
    • Rh因子のための血液検査
    • 骨盤内臓器、甲状腺の超音波、
    • 子宮鏡検査
    • コアギュログラム、
    • 性ホルモンレベルの分析
    • 子宮頸部の細胞診
    • 心電図
    • 子宮頸管の細菌学的検査
    • 膣ミクロフローラを塗抹し、
    • HIV感染、梅毒、B型肝炎、C型の検査、
    • X線撮影

    証言によると、女性は甲状腺ホルモンレベルのレベルをテストするために送ることができます、血中の糖の濃度を決定する、免疫学的テスト、腎臓、肝機能テスト。子宮の子宮内膜の状態を評価するために、生殖器官の膣鏡検査、顕微鏡検査、および子宮鏡検査が行われます。

    成功した体外受精のために夫の精液の精子を作る、それはあなたが精子の運動性の程度を評価することを可能にします。男性はまた、泌尿生殖器感染症に関する研究を受けなければならず、細菌叢の精子の細菌学的分析に合格し、アンドロジストを訪ねなければならない。両親が内臓の全身性疾患を患っている場合は、関連する専門家の相談が必要です。

    受精の手順はどうですか

    ドナー卵母細胞を用いて、閉経期かつ無排卵のIVFを実施する。このために、卵は健康な女性のドナーから採取され、次に生体材料は実験室で将来の父親の精子によって受精されます。概念の目的のために、彼らは彼ら自身の、以前にガラス化された、近親者の卵母細胞または診療所の低温バンクからの生殖細胞を使用する。

    インキュベーターで育てられた胚は、レシピエントの準備された子宮に置かれます。子宮内膜層が不十分な場合(7 mm未満)、エストロゲンとゲスタゲンによるホルモン療法が事前に実施されます。胎盤が形成されている間HRTは妊娠の最初の学期を通して続きます。これは胚の拒絶を回避する。治療法は患者ごとに個別に処方され、医師の厳格な監督の下に実施されます。 После 14-й недели гестации начинается выработка собственных гормонов, необходимых для нормального вынашивания ребенка и ЗГТ прекращают.

    新鮮な卵母細胞を使用する場合、ドナーとレシピエントの準備は同時に行われ、月経周期を同期させ、排卵を刺激し、そして卵の収集を行います。受精は体外で行われ、その後、胚は3〜5日間インキュベーターに入れられます。周期の17〜18日目に、胚は子宮腔に移されます。妊娠の全過程は医師の監督の下で行われます。

    閉経中に体外受精をすることは可能ですか?

    ごく最近では、更年期障害と妊娠は絶対に相容れないものであると考えられていました。しかし、現代医学は飛躍的な進歩を遂げており、今日では閉経期の女性でさえも生殖補助技術、すなわちIVFの助けを借りて妊娠し出産することができます。数年前は不可能だったという事実 - 今日ではかなり現実的です。

    生殖機能がすでに衰退しているときに、女性がライフパートナーと出会うことがよくあります。この場合、パートナーが赤ちゃんを産みたいという願望があるならば、補助的な受胎方法が助けになります。多くの場合、女性の年齢は自然な方法で子供を妊娠させることを妨げることができますが、体外受精の方法の助けを借りて、夢は幸せな現実になるかもしれません。

    閉経期に子供を妊娠させる方法は?

    卵細胞が女性の体内で産生されなくなった時点で、妊娠の可能性は依然として残っています。我々自身の卵母細胞を使用する代わりに、我々がドナー材料を使用することに頼るならば、そのような確率は存在する。この場合、概念は実験室で行われ、女性のパートナーのドナーの精子または精子が参加し、その後妊娠中の母親の体内に胚が植え付けられ、それによって本格的な妊娠のさらなる正常な発達が可能になります。

    生殖技師に質問する

    成功した着床の可能性を高めるために、閉経中に体外受精を使用して妊娠したい女性は、子宮内膜の成長に寄与するホルモン剤のコースを処方されます。概して、閉経期の開始と共に、女性はエストロゲンを摂取し、その後ホルモンのコースはゲスタゲンで補われます。着床の事実を立証した後、患者は妊娠が合併症なしに進行することができるようにしばらくの間適切な薬を服用し続ける義務があります。

    重要です!胎盤が自身のホルモンを再生しながらその機能を十分に発揮し始めた後、薬は徐々にキャンセルされることができます。概して、これは妊娠の最初の学期に起こります。何人かの患者は配達の時まで薬をキャンセルしません - それぞれのケースは個々であり、更なる薬の必要性は医者によってのみ決定されます。

    閉経期に体外受精に適応されるのは誰か

    閉経期の発症におけるIVFの有効性は、患者の全身の健康状態など、いくつかの付随する要因によっても異なります。閉経自体は、通常の妊娠の開始に対する禁忌とは全く考えられていません。閉経期の体外受精の場合は、次のような場合に対処できます。

    • 体外受精の手続きに他の禁忌がない場合
    • 妊娠中の母親の満足のいく健康と身体で、
    • 刺激のために特別なホルモン薬を服用することが女性に禁忌ではない場合。

    これらは閉経期に有効な体外受精を可能にする基本的な条件にすぎません。処置の成功およびその実施の実現可能性は、様々な分析および試験に基づいて、担当医によってのみ予測することができる。

    不妊治療の専門家と予約をする

    重要:将来の両親は、閉経期の間は女性が自分の体内に卵を持っていないので、体外受精を決定するためにドナー生体材料を使用することに頼らなければならないことに注意する必要があります。

    更年期障害を伴う体外受精の準備

    若い患者や閉経期のある患者とそのパートナー(もしあれば)のように、体外受精の前に徹底的な準備を行い、それに基づいて主治医がIVFの可能性または不可能性を判断できる一連の特別な試験に合格する必要があります。これらの分析には主に次のものが含まれます。

    • 全血球数
    • さまざまな感染症の分析
    • 子宮頸部の状態の検査
    • 蛍光透視法、
    • 乳腺、心臓、甲状腺の超音波。

    さらに、患者は内分泌学者、腫瘍学者、療法士との相談のために紹介を処方されます。場合によっては、このリストは多くの追加研究によって補完されるかもしれません。したがって、得られたデータに基づいて、医師は体外受精の手順の結果に悪影響を及ぼす可能性がある禁忌を特定することができるようになります。

    検査中に閉経期の患者の子宮頸部に何らかの病状があることが確認された場合は、子宮鏡検査が医師によって処方されます。一般的な臨床像に基づいてのみ、生殖技師は人工授精の今後の操作の成功を予測することができます。

    重要です!患者のパートナーは、精液分析に合格するだけでなく、感染症の検査や血液検査を受ける義務があります。

    成功の確率

    いずれの場合も体外受精の結果は、女性が若年であり、同時に重大な健康上の問題を抱えていなくても、予測するのが非常に難しい。最初の試みから40年後の何人かの女性が首尾よく育ち、絶対に本格的な子供を産む間、IVFは繰り返し失敗します。

    いずれにせよ、絶望しないでください。結局のところ、閉経時に女性が体外受精の禁忌と診断されたり、子宮内膜が増加したりしても妊娠の開始が妨げられても、代理母性のサービスを利用することは常に可能です。この場合、女性ドナー生体材料が使用され、それは実験室で不毛の女性のパートナーの精子と接続され、その後発達中の胚は代理母の身体に座る。

    体外受精と人工クライマックス

    人工的に卵巣機能を遮断する方法は人工閉経と呼ばれます。この手技は特別なホルモン薬を使用して行われます - 同時に、エストロゲンの形成を担うホルモンは女性の体内で生成されなくなります。この手順は、頻繁な子宮出血を止める必要がある場合、または女性の生殖器系の疾患(子宮内膜症、子宮筋腫)と戦う方法として使用されます。

    自然の閉経とは異なり、人工の閉経は可逆的です。卵巣機能が再開されるためには、女性はホルモン薬の服用を中止するだけです。その結果、周期は正常に戻り、月経は回復します。原則として、人工閉経は6ヶ月以上続きません。生殖機能が正常に戻った後、女性は彼女自身で妊娠するようになるか、体外受精の手順に頼るかもしれません。

    ラザレフの生殖部門は、更年期の間に多くの女性にすでに安全に妊娠し健康な子供を産む機会を与えています。確かに、私たちの時代には、更年期障害は、たとえ高齢の女性であっても、母性の喜びを感じる機会がないことを意味するものではありません。現代の生殖技術、最新の機器、個々のアプローチ、そして私たちの医師の高いプロ意識が、当科の成功の主な要素です。私たちの経験は自信を持って示しています - 40-50歳の女性でさえ健康な赤ちゃんの母親になることがかなり可能です、そして私たちは常にあなたの助けに来る準備ができています!

    不妊治療の専門家と予約をする

    閉経を伴う体外受精:閉経後にそれを行うことは可能ですか?

    体外受精は、自然にできない妊娠中の女性を助けます。多くの場合、早期閉経は赤ちゃんを産むことの障害となります。しかし、体外受精の手技の存在は、すでに更年期障害のある女性にさえ妊娠する機会を与えます。特に、閉経が人工的に誘発された若い女性、例えば腫瘍の増殖を止めるために、閉経にIVFが必要とされる。

    閉経期における体外受精の方法

    卵の自然な成熟が完全になくても、更年期に入った女性のための医学の現代の発展のおかげで、正常な受精と成功した出産のあらゆる可能性があります。

    体外受精は、ドナー材料(卵母細胞)を使用して更年期に入った成熟した女性に行うことができます。これのために、卵はこの場合ドナーである健康な若い女性から取られます。実験室の方法の助けを借りて、撮影された卵は女性の夫の精子によって受精されます。

    卵子が精子によって受精されると、レシピエント(出産する女性)の子宮に座っている胚が得られます。しかし、その付着とさらなる発展のために、子宮内膜の特定の層が必要とされます。そして、それはホルモン補充療法のグループから薬を飲むことによって増加します。

    標準的な状況では、女性は最初に子宮内膜を増やすためにエストロゲンを含む薬を処方され、そしてその後ゲスタゲンに基づく薬を使用して追加の治療が施されます。ホルモン補充療法は、妊娠期間中も継続することをお勧めします。

    胎児の成長と発達の後、女性の胎盤がそれ自体でホルモン物質を分泌し始めます。ホルモン補充療法が調整され、その間にホルモンを含む薬は最低の投与量で簡単に調整されるか、完全にキャンセルされます。

    体外受精の必要条件

    当然のことですが、体外受精は、子供を産み、過激な年齢に達し、そして体のホルモンの再構築のしきい値を入力し、ライフサイクルの次の段階への移行を迎えた女性にとって、母方の幸せの喜びをすべて体験する唯一の機会です。しかし体外受精の場合、女性の身体は以下の要件を満たす必要があります。

    • この操作を妨げる医学的病因の明らかな禁忌がないこと
    • ホルモン含有薬を服用しても禁忌ではありません。
    • 子宮内に、子宮筋腫、子宮筋腫などのさまざまな病理学的腫瘍が存在しない。
    • 子宮の臓器と全体の臓器の生理学的状態は、胎児を独立して支える準備ができている必要があります。

    ほとんどの場合、閉経期の女性の体内には、受精可能で妊娠の発生に寄与する可能性のある成熟卵はありません。したがって、結婚したカップルは心理的なレベルで手順とドナー細胞の使用に慎重に取り組むべきです。

    上記では、最も基本的な点のみが考慮され、成熟した女性における体外受精の容認に寄与していた。とりわけ、女性は処置を行う前に一連の必要な検査を受けなければなりません。得られた結果に基づいて、専門家は処置の成功を評価し、体外受精の許可または禁止について意見を述べる。

    失敗したIVFから抜け出す

    多くの場合、50歳に達した女性は、受精処置を実施する最初の試みで待望の妊娠を達成し、それをうまく耐えることができます。

    しかし、より若い年齢で体外受精をした人のために、子宮内膜を増やすための進行中の治療法がすべてあるにもかかわらず、すべての試みが失敗に終わることもあります。子宮内膜の妊娠の必要な層の不在で来ることはできません。そのようなカップルのために、彼らの家族の構成を増やして、子供 - 代理母性を持つこと - にもう一つの選択肢があります。

    代理の母性の意味は、ドナーの卵が男性の精液によって受精されるということです、そして、結果として生じる胚は妊娠を通して専門家の監督の下にある代理母の子宮腔に移植されます。配達が成功した後、代理母は夫婦を子供の養育に譲渡します。真の家族の幸せを見つけるこの方法では、慎重なアプローチと両方の配偶者の心理的な準備が必要です。

    薬物誘発性人工閉経後の体外受精の確率

    人工更年期障害は、女性の生殖器系の特定の婦人科疾患の治療に使用される女性の生殖器系(特に卵巣)の機能の一時的な停止に寄与する投薬を受けることの背景に起こる。

    ホルモン剤による治療の後、そしてその受診の終了時に、主に女性の生殖器系の機能が回復し、月経周期の全部または一部が再開されます。これは自然妊娠の開始や体外受精の成功に寄与します。

    閉経期および妊娠および出産成功時に体外受精を起こした女性の反応の大部分は、ポジティブのみです。体外受精の方法は、成人期の多数の夫婦が本当の幸せを得ることを可能にしました。

    このトピックに関する興味深いビデオ:

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send