健康

子宮摘出術:子宮の手術

Pin
Send
Share
Send
Send


近年、性の弱い人の代表は、さまざまな病状に対処しなければならなくなっています。その理由は、無差別な性生活、特定の年齢での出産の欠如、ホルモン異常、不適切なライフスタイルなどです。多くの病気は手術的に治療されなければなりません。もちろん、すべての女性は外科医のテーブルに乗るのを恐れています。特にそれがその生殖機能の将来になると。この記事では子宮摘出術と呼ばれる手順について説明します。それについては後述する。そのような操作の条件と方法についても言及する価値があります。

婦人科疾患の低侵襲治療

最近の数十年で、低侵襲外科的介入が非常に普及してきました。これらには子宮摘出術が含まれます。手術により、病院での治療時間を短縮し、すべての手術後の回復が早くなります。低侵襲治療法を使用する場合、顕微鏡器具が使用されます。ほとんどの場合、外科医はそれらを自律的に制御します。この制御は特殊な光学装置を用いて行われる。

低侵襲治療は常に使用されるわけではありません。これの前に、医者は慎重にすべての危険性を評価するべきです。時々そのような操作を実行することは不可能です。この場合、従来の開腹術が処方される。

手順の利点

低侵襲治療法は多くの合併症を避けます。したがって、腹部手術の間、患者は常に骨盤領域に癒着プロセスを起こします。この病状の顕著な症状を感じる女性もいれば、癒着の存在をより容認しやすい女性もいます。

ツールを自律的に使用することで、大規模な怪我を避けることができます。女性はもはや自分の体が醜く大きな傷跡を残すことを心配する必要はありません。この技術を使用しても、小さく目立たない傷跡が残るだけです。

低侵襲的治療法の主な利点は、女性は最小限の時間病院にいなければならないということです。いくつかの介入の後、患者は数時間で家に帰ることができます。しかしながら、処置自体の時間はわずかに増加するかもしれない。医師が患部への直接アクセスを持たず、「盲目的に」働くという事実のすべての理由によるものです。

手順の短所(考えられる合併症)

婦人科疾患を治療するための低侵襲的方法はいくつかの欠点を有する。しかしながら、それらは記載された利点と比較して重要ではない。その中には:

  • 器具や光学機器の導入により隣接臓器が損傷する危険性
  • 開腹術が必要となる出血
  • 病理を取り除く能力は完全ではありません、
  • 感染などに参加する。

腹部手術も同じ結果をもたらす可能性があることを忘れないでください。そのため、治療方法を選択する際には、すべてのリスクと利点を考慮に入れる必要があります。

子宮摘出術:それはなんですか。

この操作は低侵襲手術のひとつです。それは病院の壁で行われます。しかし、場合によっては、女性は数時間で家に帰ることができます。

ほとんどの場合、子宮摘出術と呼ばれる手術中には事前の身体麻酔が必要です。それは何ですか?麻酔は麻酔の使用です。それは局所的、一般的または硬膜外であり得る。それはすべて病理の複雑さ、患者の欲望、そして診療所の能力にかかっています。

子宮摘出術は今日、数十年前に生殖器の完全な切除またはその壁の解剖を必要とした多くの疾患を治療することを可能にしています。この操作は、現代の診療所や若い専門家によってますます使用されています。おそらく数年以内に、子宮の子宮摘出術が最も一般的な手術の1つになり、開腹術や腹腔鏡検査よりも優先されます。

操作の兆候

だから、あなたは子宮摘出術の概念(それは何ですか)に精通していました。誰がそのような操作を割り当てられているのかを調べる必要があります。介入の主な指標は以下のとおりです。

  • 遺伝的異常または炎症性疾患によって引き起こされる生殖器官の壁の融合
  • さまざまな理由による子宮内の癒着の形成
  • 筋腫の治療
  • 子宮の壁に現れる腫瘍(乳頭腫、嚢胞、腫瘍)、
  • 子宮頸管などのいくつかの病理。

操作の前に、医者はいつも危険性を評価します。場合によっては、腹腔鏡検査または開腹術にまだ利点があります。

操作に対する禁忌

すべての患者が子宮摘出術子宮になるわけではありません。以下の状況は、手術の禁忌と考えられます。

  • 骨盤内臓器、特に生殖器の感染症
  • 原因不明の病因の出血
  • 病理に伴う激しい腹痛
  • 心臓、肝臓、腎臓の病気
  • 妊娠
  • カタル病など。

上記の禁忌はすべて絶対的なものと条件付きのものに分けられます。そのうちのいくつかは、この治療方法の使用を分類的に禁止しています。他の人はいくつかの修正後に切除鏡の使用を許可します。

手順はどうですか?

デバイスの動作を監視するために使用されるハイテク方法の操作中。処置の最初に、女性に麻酔薬を注射します。その後、患者は(全身麻酔で)眠りに落ちるか、(局所または硬膜外麻酔で)痛みを感じなくなります。次に、医師は機器の導入に進みます。

まず、子宮頸管と子宮頸管が拡張します。切除器を生殖器官の腔に挿入します。この装置は大きなモニターに画像を表示する特別なカメラと操作に必要な道具を備えています。医者は生殖器の腔で起こる全プロセスを制御する。

装置の導入直後に少量の溶液を供給する。この液体は視認性を改善し、あなたが子宮の壁をわずかに伸ばすことを可能にします。この治療のおかげでより定性的に行われます。

子宮内のポリープの除去

この操作は次のようにして行われる。装置の導入後、医師は病理学的形成を検出する。利用可能なすべてのツールがそれに送られ、作業が始まります。掻爬器のように見える装置の助けを借りて、ポリープは足で切断されます。その後、塩基を凝固させる。このレーザーや薬に最もよく使われます。

子宮内のポリープの除去は迅速にそして何の影響もなしに起こる。多くの診療所では、手術後に適切な治療上の修正を行って再発しないことを保証しています。

筋腫治療

子宮内視鏡検査子宮筋腫は、子供を産みたい女性のための有益な治療法の1つになりました。生殖器官の壁の解剖を必要とする病理学の治療のために初期の開腹術および腹腔鏡検査法が使用された場合、技術の発展と共にすべてが変わった。この操作は、瘢痕形成につながる子宮の切開を回避します。操作後のより弱い性の大部分は首尾よく子供を産み、彼ら自身で出産する。

手術中、筋腫結節は小さな陥凹部で切断されます。その後、損傷した表面が処理されます。また仕事中に、医者は生殖器官の残りの腔を注意深く調べる機会があります。小さな結節がすぐに削除されることがわかります。これは再操作を避けます。

子宮の病状の治療

臓器腔内にセプタムまたは癒着が形成された場合、装置はそれらを検出して解剖する。このような操作により、臓器の壁の状態を評価し、必要に応じて他の病状を矯正することができます。

数十年前、子宮内のパーティションは削除できませんでした。このような教育を受けた子供を持つ女性は危険にさらされていました。今、すべてが変わりました。医学の発展とともに、性別の弱い方が病気を消すだけでなく、その再発を防ぐこともできます。

術後期間

他の手術と同様に、それは子宮摘出術の選択を引き起こします。しかし、彼らは長続きしません。子宮壁の解剖を必要とする開腹術後、出血が最長2週間続くことがある場合、子宮摘出術後、退院はほんの数日間起こります。これにより、大量出血や創傷感染を回避できます。

処置の後、女性は病棟に行き、そこで彼女は自分のところに来る。麻酔の効果は短時間で、数時間後に患者は家に帰ることができます。一部の(より重症の)症例でのみ、性の弱い人の代表が数日間病院に残る。

子宮摘出術後、治療を行わなければなりません。病理に応じて、それは抗菌性、抗菌性、免疫調節性およびホルモン性であり得る。患者が子供を妊娠させたい場合は、医師に知らせる必要があります。この場合、妊娠の可能性を排除しない、より穏やかな治療法が選択されます。

患者の意見

子宮摘出術のレビューでは肯定的な結果しか得られません。女性は、操作は病理を取り除くだけでなく、さらなる研究を行うことを可能にすると言います。手術中に得られたすべての材料は組織学に送られます。診断結果によれば、より正確な診断が行われ、正しい治療を処方することが可能になる。

また、子宮摘出術と呼ばれる手技はかなり高価な治療法であると患者は指摘しています。私立診療所での操作の価格は1万から5万ルーブルまでさまざまです。公的医療機関では、治療は無料ですが、現在すべての病院がこの分野で必要な設備と資格のある専門家を持っているわけではありません。

まとめとちょっとした結論

あなたは今、子宮摘出術が何かを知っています。あなたの健康を通常の状態に戻し、入院期間の長期化、リハビリ期間および腹部の瘢痕化を避けたい場合は、この操作が役立ちます。あなたの医者に連絡して、あなたの病院の壁で手順の可能性について尋ねてください。乾杯し、病気にならないでください!

子宮摘出術とは何ですか

これは、子宮の内面の詳細な検査だけでなく、安全な経頸管的アクセスを伴う手術も行われる、最小限に侵襲的な技術である。そのような外科的処置の後、身体の回復は可能な限り最短時間で起こる。これは婦人科手術における比較的新しい方向であり、これは技術的支援の改善により可能になった。

診断および外科的操作の過程で、子宮摘出鏡(内視鏡管およびLED、別の光源)、顕微鏡ビデオカメラなどの電動工具が関与します。現代の光学システムは、術後合併症のリスクを最小限に抑え、プロセスを制御するのに役立ちます。したがって、この現代的な方法は、その影響が少ないという点で優れています。

子宮摘出術の適応

処置を処方する前に、医師は外科的介入の潜在的なリスクと関連性を評価し、全身の詳細な診断を行い、麻酔に対する患者の反応を決定します。そのような臨床例において専門家によって適切に厳密に処方された子宮摘出術の実施:

  • 骨盤内臓器の癒着、
  • 子宮壁の良性腫瘍(乳頭腫、腫瘍、嚢胞)、
  • 子宮筋腫と診断された、
  • 子宮腔の中隔の形成
  • 子宮頸部および子宮内膜層のポリポーシス
  • 慢性子宮内膜症および子宮内膜炎
  • 異なる病因の月経障害、
  • 妊娠中絶、流産、子宮外妊娠後の「クリーニング」
  • 子宮内からの子宮内装置の解放
  • 子宮の発達の生理学的病理。

女性の生殖器系の臓器の複雑な過形成の場合、悪性新生物の形成および発症の疑いがある場合には、そのような外科的介入を行うことが適切である。後者の場合、子宮摘出術を実施することは、病理学の推定される焦点の信頼できる診断および目視検査の目的のためにのみ許可される。

子宮内の子宮筋腫およびポリープの存在が月経不全、非周期的出血の発生、および特定の日の疼痛の頻繁な原因となるため、粘膜下部位の子宮摘出術は特別な注意に値するトピックです。包括的な診断と子宮摘出術の後、女性の全身状態は正常に戻り、計画されたリハビリテーションの後に月経周期は回復します。

子宮摘出術に対する禁忌

医師は、医学的な理由であっても、すべての患者が子宮の子宮摘出術を受けるわけではないと報告しています。それらの重い制限があり、その違反は臨床像を悪化させるだけで、深刻な健康上の合併症を引き起こします。医学的禁忌は以下の通りです:

  • 骨盤内臓器の感染症
  • 原因不明の性質の豊富な出血、
  • 血液凝固障害
  • 心臓、肝臓、肺、腎臓の特定の疾患
  • プログレッシブ妊娠
  • 子宮頸部の炎症
  • 直径7 cmからの子宮筋腫、
  • 生殖器系の性感染症または寄生虫症
  • 頸部狭窄、
  • 子宮の悪性腫瘍。

手順の利点

腹部手術中に癒着プロセスが発生する可能性があり、これにはさらに外科的介入の繰り返し、長いリハビリ期間が必要です。子宮摘出術に関しては、そのような潜在的な合併症は予想されません。医師は、この低侵襲法のさらなる利点を指摘しています。

  • 低外傷手術法 - 術後瘢痕、瘢痕の欠如、
  • 短期間のリハビリ
  • 術後期間中に感染プロセスが発生するリスクが最小限
  • 女性の生殖機能を完全に維持する。

手順のデメリット

子宮摘出術の利点はより大きいですが、そのような進歩的な外科的介入方法には欠点もあります。手順の主な欠点は、そのような複雑さの可能性です。

  • 周辺臓器への外傷
  • 二次感染の受入
  • 腹腔鏡検査に頼る必要がある大量出血
  • 病理学の不完全な除去
  • 体の主な病気の合併症。

子宮摘出術のための準備

準備プロセスは、女性の身体の完全な臨床検査と体液の一連の臨床検査から始まります。後者の場合、一般的な血液検査や尿検査、膣内細菌叢の汚れ、肝炎検査、HIV検査、梅毒検査を行っています。生化学的血液検査に合格することも必要です。他の診断方法は以下のとおりです。

  • X線透視検査
  • 骨盤内臓器の超音波、
  • 心電図

子宮摘出術は徹底的な術前準備を必要とします:腸管をきれいにすることが必要です、これのために、医者は洗浄浣腸を行います。その後は、差し迫った麻酔性能を考慮すると、何も食べる必要はありません。手術の前に、膀胱を完全に空にし、徹底的にすすぎ、会陰と陰毛部の毛を剃るようにしてください。子宮摘出術の手術は、患者が重要な日を終えたときに、周期の5〜7日に行われるべきです。

子宮摘出術の実施方法

まず第一に、患者は特別な椅子に置かれ、全身麻酔を行います。麻酔薬が効いたら、子宮摘出鏡を膣と子宮頸管を通して子宮腔に挿入します。それから特別な解決は器を通してポンプで送り出されます、そしてそれは生殖器官の壁を広げて、そして光線を導きます。合併症のリスクを軽減しながら、はるかに優れた目に見える病理学。子宮摘出術の期間は40〜60分です。処置が終わると、しばらくして患者は麻酔から離れる。

子宮内膜ポリープの子宮内視鏡検査

外科医は特別な道具を使用し、そして手術は現代の光学系の制御下で行われる。一連のアクションは次のとおりです。

  1. 病理学の焦点を「強調する」子宮壁の強制的な拡張のための特別な体液の子宮腔の紹介。
  2. 手術の経過を視覚化する生殖器官マイクロビデオチャンバーへの子宮の子宮頸管からの直接導入。
  3. フックまたはループを使用してポリープをさらに除去する、特別な子宮摘出鏡の紹介。
  4. ポリープの凝固(焼灼)。
  5. 組織学的方法による良性新生物の鑑別

子宮筋腫の子宮摘出術

この疾患は大量の出血と妊娠困難を伴うため、子宮摘出術による子宮筋腫摘出術を処方します。これはさらに、生殖年齢の女性が母性の喜びを感じるのを助けます。子宮筋腫のための一連の外科的処置は以下の通りです:

  1. 切断ループ電極による解剖
  2. 電極または真空で切断するたびに腫瘍断片を除去し、腫瘍を完全に除去した後に掻爬する。
  3. 非常に望ましくない炎症、合併症を防ぐために患部の凝固。

リハビリ期間

子宮摘出術後2日目に退院し、回復期間はさらに2週間続く。指定された期間中に、子宮の領域に痛み、膣からのわずかな出血があったとしても、あなたは驚くべきではありません。一ヶ月間セックスをあきらめることは重要です。残りの制限は以下のとおりです。

  • 過度の運動を避けることが重要です。
  • 低体温を排除する必要があります、
  • お風呂に入らない、サウナ、風呂に入る(過熱を避ける)
  • 手を触れないでください
  • プール、オープンウォーターを訪問することを禁止されています。

患者は個人衛生の規則に従い、浴室をシャワーに取り替え、そして必要ならば、傷つけられた子宮組織の回復を加速するために完全な一連の薬物療法を完了するように勧められます。ホルモン薬を服用していません。回復期間に関する専門家の勧告を以下に示します。

  • 1日3回、20分間、子宮領域に風邪をひくことが必要です。
  • 1日1回シャワーを浴び、1日2回性器のトイレを行います。
  • 医者が処方した薬を使う。

子宮摘出術を終えたら、急性感染症の発生を避けることが重要です。そうでなければ、女性の全身状態は劇的に悪化します。潜在的な合併症の中で、医者はそのような危険な病気を区別します:

  • 子宮血管のガス塞栓症
  • 血圧計(出血を伴う子宮痙攣)、
  • 適時に蘇生を必要としている子宮壁の穿孔、
  • 診断された不妊
  • 感染症

子宮摘出術後の薬

手術の2週間後、患者は主治医によって観察され、薬物療法の使用は除外されません。以下の薬理学的グループの代表者が複合療法の計画に関与しています:

  1. 経口避妊薬コースの3〜4ヶ月で、子宮内膜組織は回復し、月経周期の乱れは正常化し、生殖器官が完全に回復するまで望まない妊娠から保護されます(Yarin、Danazol、Regulon、Premarin)。
  2. 抗生物質術後に細菌感染を予防する。 5〜7日の全過程におけるセファロスポリンの薬理学的群の代表、例えば、セフトリアキソン、セフロキシム、セファレキシムは、所与の方向において特に有効である。
  3. 非ステロイド系抗炎症薬薬は体内で抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を発揮し、全身的に作用します。医師は、ジクロフェナク、イブプロフェンを推奨します。イブプロフェンは、7〜14日のコースを取ることになっています。
  4. 膣内の病原性微生物を完全に破壊するために外用処方された抗炎症薬。たとえば、夜間の5日間は、ベタディンのTerzhinanを使用できます。
  5. 総合ビタミンそのような薬理学的グループの代表者は、ホルモンバランスの乱れを回復し、損傷した子宮組織を回復し、局所免疫を強化する。ビタミンA、EおよびグループBを含むマルチビタミン複合体に焦点を合わせることが望ましい。

ポジティブダイナミクスは、治療コースの最初に観察されます。そのような薬を特に重視することをお勧めします。

  1. ジクロフェナクこれは錠剤の形で入手可能なNSAIDの薬理学的グループの代表である。リハビリテーションの初日から1錠3錠を1日3回の推奨用量で処方してください。 3日からは夜に1錠に減るとされています。治療期間は主治医によって個別に交渉されます。薬への "中毒性の効果"を除外しないでください。
  2. イブプロフェンNSAIDsのもう一つの代表的なものは、疼痛、炎症、発熱状態の高熱を軽減します。推奨される投与量 - 1日4回までのアプローチで最大3〜5錠。個々の治療方針説明書は禁忌を示し、医師は副作用を排除しない、2日後に肯定的なダイナミクスがない場合は薬剤を類似体と交換することになっている。
  3. レギュロンこれらは補充療法の重要な要素として、欠けている女性ホルモンを補充するための経口避妊薬です。 1日の服用量が特別な計画に従って定義されると同時に、3〜6ヶ月の錠剤を受け入れることが必要です。中断することなく、毎日1日1錠を同時に飲む必要があります。副作用が発生した場合、この経口避妊薬はYarina、Zhaninに置き換えられます。
  4. ダナゾールこれらは、子宮内膜の成長を妨げる抗ゴナドトロピン剤です。薬は、休憩なしで数週間のコースの摂取を目的としたカプセルの形で入手可能です。成人患者の1日の最大投与量は800 mgです。詳しい情報については専門医に相談してください。体内での全身作用、薬は多くの女性の病気のために処方されています。
  5. プレマリンこれは体内のエストロゲン濃度を高める薬です。それは手術後の創傷の急速な治癒に寄与するため、4週間ピルを服用することが必要です。推奨される投与量 - 1日あたり625 mg - 1.25 mg、7日間の休憩と3週間の交互経口投与。医者は一日の量を増やすことがあります。治療の過程は数週間です。

子宮摘出術後の妊娠はすぐには起こらないが、完全な医学コースの経過とすべての医学的勧告の順守により、患者の母性の喜びを感じる機会は著しく増加する。保守的な治療が終わったら、繰り返し診断が必要です。その後初めて医師は妊娠のさらなる計画のために貴重な勧告をします。

子宮摘出術 - テクニック

患者は婦人科の椅子に置かれ、全身または静脈内、あるいは他の種類の麻酔下で、手術を開始します。処置の前に、内部検査が行われ、次いで外性器、膣および子宮頸管が消毒剤(例えばベタジン)で処理され、その後子宮頸管が特別な道具で固定され子宮内視鏡を導入し子宮拡張媒体をさらに導入する。 9%ナトリウム塩素またはガス)。モニター上の画像の制御下で子宮摘出鏡の導入後、それは検査の目的のために子宮腔内に進められる。子宮腔と卵管の口を調べて病理学的領域が見つかったら、切除(除去)を続けます。この目的のために、診療所の設備に応じて、双極または単極電極を適用することができる。

単極子宮摘出術

この場合、1つの電極が切断ループの形で使用される。基礎電極は、皮膚に接触するために、手術の前に患者の真下に置かれる。この電極の配置では、電流が患者の体を通過し、これは高電圧の使用による火傷の危険性がある。

双極性子宮全摘術 - それはどうなっていますか

この手法はより現代的であり、その前任者の不利な点はありません。それは両方とも同じ切削工具の一部である2つの電極を使用する。この方法は液体媒体の使用を可能にした。そして、切開または切断のための条件が単極電極を使用するより何倍も効率的であることがより良いので、切断ループの病理学的部分を除去するための手順自体はより生産的である。

子宮摘出術が行われるとき、患者の付随する疾患、彼女の現在の状態、手術の期間と量、さらには患者の個人的な要望によっても、麻酔はさまざまな方法で適用されます。それは、静脈内、一般(めったに使用されない)、気管内麻酔(長時間手術の場合)、脊椎麻酔(手術の期間が30〜40分以内の場合)です。したがって、それは子宮摘出術の持続期間、麻酔の実施方法に直接依存します。通常、この問題は婦人科医と麻酔科医の間ですでに議論されています。その後、彼らは患者に選択を提供することができます。いずれにせよ、いかなる書面による許可なしに、いかなる操作も行われません。そして、彼女はこの特定のケースで麻酔のための最良の選択肢を提供されるでしょう。

手術の準備

手術の前に、子宮摘出術、準備方法、各患者を興奮させます。これを行うには、手術の直前に腸を空にして軽い夕食を摂る必要があり、手術当日には食物摂取を除外し、水分摂取を急激に制限する必要があります。介入の数週間前に患者を準備することは、徹底的な臨床検査および臨床検査および他の専門家の診察を含み、これらは主治医によって詳細に説明されている。

子宮摘出術の適応

子宮腔を検査し、同定された病状を単一のセッションで排除することが必要な場合には、子宮摘出鏡の助けを借りた外科的介入が行われる。 Gisteroresektoskopiyaは、以下の徴候のもとに任命されています。

  • 妊娠中絶または出産後に子宮内避妊器具(IUD)、胎盤、または卵子の残りを除去する必要性。
  • ポリープ子宮腔。
  • 妊娠中の流産(自然流産)。
  • 無効なホルモン療法による子宮過形成の治療
  • 閉経後の出血、月経間出血。
  • 腺筋症の治療(内部子宮内膜症)。
  • 子宮腔(子宮内隔)の発達の病理学。
  • 子宮内膜がんが疑われる。
  • シネチアの存在 - 子宮壁の融合。
  • 直径4〜5 cmの子宮筋腫。

また、子宮内膜組織の​​過形成過程におけるホルモン補充療法の結果をモニターするために手術を処方することができます。

子宮摘出術に対する禁忌

他の手術と同様に、子宮内視鏡を使用した子宮内の病理学的プロセスの治療にはいくつかの制限があります。

  • 生殖器官の感染性、炎症性疾患、
  • 出血性疾患
  • 超音波によると6cm以上の子宮筋腫、
  • 妊娠(子宮外、子宮)、
  • 心臓、肺、腎臓、肝臓の重い病気
  • 生殖器のがんの病理
  • 一般的な慢性急性疾患

膣塗抹標本でトリコモナス、クラミジアまたは過剰な白血球数を検出する場合も、子宮摘出術の実施は禁忌です。

心理トレーニング

ほとんどの女性にとって、子宮摘出術は根拠のない多くの恐れと様々な質問を引き起こします。医師の主な仕事は、すべての関心のある質問に徹底的な答えを与えることです:根本的な治療法と比較した場合の手順、利点、手術の結果、リハビリ期間の特徴、医師の勧告に従う必要性など。

ハードウェアおよび実験室研究の実施

次の手術の7〜10日前に、患者は予備検査を受けます。これにより、手術に対する禁忌の可能性を検出し、子宮摘出術後に合併症を引き起こす可能性のある疾患を診断および治療することができます。

実験室テストは下記のものを含んでいます:

  • 血液、尿の一般的な生化学的分析
  • Rh因子、血液型の決定、
  • 梅毒の血液検査(ワッサーマン反応)
  • コアグログラム(血液凝固量の検出)
  • 肝炎、HIVの血液検査
  • 取り外し可能な膣の微生物学的分析(植物の塗抹検査)
  • 妊娠検査(hCGのための血)。

機器による研究には以下のものがあります。

  • 経膣超音波、
  • 大腸内視鏡検査
  • レントゲン
  • 心臓の超音波または心電図(必要に応じて)。

ドラッグトレーニング

処置の前に最大かつ持続的な治療効果を達成するために、性ホルモンの産生を抑制し、子宮筋腫の大きさを減少させることを目的とした予備的ホルモン療法が行われる。ホルモン剤の影響下で、子宮内膜は均一かつ薄くなり、これにより子宮摘出術による検査が容易になり、術後合併症の可能性が減少する。ホルモントレーニングの一環として、プロゲストゲン、抗黄体ホルモン、ゴナドトロピン阻害薬、およびゴナドリベリンアゴニストを処方することができます。薬、投与計画とその投与量は医者によって決定されます。ホルモンの不適切な使用は副作用の発症につながる可能性があります。

ホルモン製剤に代わるものは、子宮内膜の真空または機械的掻爬であり得る。そのような操作はより速く、より安く、ホルモンの摂取に伴う合併症を避けます。掻爬術は、ポリープの切除および子宮内膜増殖症の外科的治療の前に行うことができる。

細菌性合併症を予防するために、免疫不全の女性には抗菌剤が処方されています。感情的なストレスを軽減するために、鎮静剤(精神安定剤)が必要です。

子宮摘出術はどのように行われますか?

ホルモンによる予備的準備が行われなかった場合は、月経の終了後5〜7日間ポリープの除去が処方されます(この期間では子宮内膜が最も薄くなります)。抗ゴナドプトロン製剤がホルモン製剤の一部として使用された場合、手順はそれらの使用終了後に行われる。ゴナドリベリンアゴニストを調製に使用した場合、子宮摘出術は治療終了後5〜6週間で行われます。

子宮腔内の筋腫やその他の新生物を除去するためには、質の高い麻酔が必要です。予想される操作量および疾患の性質を考慮して、全身麻酔、静脈内麻酔、硬膜外麻酔または気管内麻酔(呼吸器系への麻酔薬の導入)を使用することができる。

麻酔が効いた後、医者は手術を進めます。子宮摘出鏡を用いた子宮内の病理学的プロセスの外科的治療は、いくつかの段階で行われます。

  • 臓器の精査(両手検査)による子宮の位置と大きさの決定。
  • 消毒剤による生殖器の治療
  • 子宮頸部へのアクセスを提供するための膣拡張。
  • 消毒薬による頸部の治療および鉗子による固定。
  • チャンネルの内腔が内視鏡システムの外側ハウジングの直径に対応するように、Gegara拡張器を用いた子宮管の拡張。
  • 子宮腔を滅菌生理食塩水で満たすことで、視認性が向上し、道具による作業が容易になります。
  • 子宮の検査、その後の手順の計画を立てる。適切な電極の作成。その選択は、特定された病理学的病巣の位置、大きさ、および性質によって異なります。
  • 切除鏡の診断部分の除去この場合、操作の経過に対する制御は腹腔鏡検査または超音波を用いて行われる。
  • 腫瘍の切除ポリープはいくつかの方法で除去することができます:レーザー治療、凍結(凍結破壊)、電流による焼灼、そして外科用ループまたは電波ナイフの助けによる。最も効果的なテクニックは、サイズ、場所、フォーメーションの数に基づいて選択されます。
  • 鉗子または外科用スプーン(掻爬器)を使用して子宮腔から組織片を除去する。
  • 血管の凝固(適応症による)。
  • 子宮からの子宮摘出鏡の体液と電極の除去。
  • 消毒剤による外生殖器および内生殖器の治療

処置終了後、患者は術後の観察(圧力の監視、全般的な健康状態、膣分泌物の量および性質など)を続ける。

子宮摘出術後の回復期間

この操作は、最小限の侵襲的な操作を指し、かなり簡単に転送されます。子宮壁の損傷は最小限で、腹腔に傷はありません。出血はほとんどありません。女性を悩ますことができる唯一のものは、仙骨と下腹部の中程度の痛みです。

いかなる外科的介入も身体にとって一定のストレスであるため、手術後3〜4週間は起こり得る結果の発生を防ぐために、それは多くの予防策を遵守することが推奨されます。

  • 衛生の規則に従ってください(1日に2〜3回、普通のシャワー - 1日に1回)。
  • 親密さを控えましょう。
  • 子宮部分を1日2〜3回、20分間冷やします。これは痛みを軽減するのに役立ちます。
  • 過熱(風呂、サウナ)、低体温、および身体運動を避けてください。
  • 開いている池、プールで泳いではいけません。
  • ジムには行かず、ウェイトを持ち上げないでください。

また、リハビリ期間中は、以下の薬が処方されます。

  • 経口避妊薬月経周期および子宮内膜の正常な機能を回復するために使用されます。また、これらの薬は、子宮が完全に回復するまで計画外の妊娠から保護します。
  • 抗生物質術後創傷への病原体の侵入の結果として発生する可能性がある細菌感染を防ぐために使用されます。抗菌薬の最初の投与は手術の2〜3時間前に行われます。広範囲の更なる調製が処方されている。主にこれらはセファロスポリン系の抗生物質です。
  • 抗炎症性非ステロイド薬抗炎症作用と鎮痛作用があります。
  • 局所抗炎症薬膣内の病原菌と戦うために任命された。
  • マルチビタミン複合体ホルモンのバランスを正常化し、免疫システムと急速な組織再生を強化するために使用されます。

知的作業患者は数週間後に仕事に戻るかもしれません。スポーツ活動に戻り、通常の身体活動は6〜8週間で可能です。

子宮摘出術の結果は何ですか?

通常、生殖管からの子宮摘出鏡で子宮の病気を調べて治療した後、3〜4週間、血液としみが観察されることがあります。この時間の後で退院が止まらなかったりまたはそれらの数が増加したら - あなたは医者に相談するべきです。これは子宮内の炎症性または感染性のプロセスの兆候かもしれません。

さらに、以下の異常および症状が検出された場合は専門家の支援が必要となります。

  • 不快な匂いを伴う膣分泌物の出現、
  • 血栓の発生
  • 深刻な脱力感、倦怠感、
  • 37.5度以上の気温
  • 腹部の痛み、腰部または肛門周囲の領域に広がる。

病理学的過程の原因と重症度を決定するために、医者は一連の研究を処方し、そして次に治療効果の個々のプログラムを開発するでしょう。

あなたのデータを入力してください。そうすれば、私たちのスペシャリストがあなたに連絡し、あなたの質問について無料でアドバイスをします。

介入はどのように行われますか?

子宮摘出術はかなり単純な手術と考えられています:それは患者によってよく容認されて、そして極めてめったに合併症を引き起こしません。手術は、近年では婦人科および医学の他の分野の両方で広く使用されている低侵襲的介入の範疇に属する。このような手術と開放的な介入との主な違いは、医師が皮膚を切開する必要がないことです。ダイオードを備えた細い内視鏡チューブを臓器腔に挿入し、腫瘍を除去するための小型ツールで十分です。


手術を行うために、医者はかなり高いレベルの資格とかなりの経験を必要とします。
合計で、操作は約30分かかります。いくつかの段階で進行します。

  • 女性は全身麻酔を受けます。長期間の痛みの軽減は必要ないので、通常はかなり軽い薬を使います。したがって、目覚めた後の状態はすぐに正常に戻ります。麻酔方法(マスク、硬膜外、静脈内)の選択は、患者の状態によって異なります。
  • 子宮頸部を通過する子宮頸管が拡張し、それを通してガスまたは特別な流体が注入される。これにより、臓器腔を広げ、病理学的病巣をよりよく視覚化することができます。
  • 子宮頸管を通してチューブが子宮内に挿入され、その一端にチャンバーが配置されている。カメラからの画像はモニターに送信されるので、医師は臓器粘膜のすべての病理学的変化を見ることができます。
  • 必要に応じて、臓器に摘出鏡を挿入します。腫瘍の切除を可能にする機器です。除去は医師による目視検査によって行われる。例えば、子宮筋腫の子宮摘出術は特別な電気焼灼器を使って行われます。
  • 除去された新生物の部位で、組織は焼灼され、それは炎症を防ぐのを助けます、
  • 体液が臓器から除去され、その後患者は病棟に送られます。

子宮摘出術中にポリープが検出された場合、除去後、それは組織学的検査のために送られる。これにより、子宮内で悪性プロセスが進行しているかどうかを判断できます。

子宮摘出術に禁忌がありますか?

子宮摘出術は単純なようです。しかし、それはすべての女性を保持することはできません。たとえば、そのような介入は次のような場合には禁忌です。

  • 慢性疾患の悪化
  • 患者はARVIまたはARIを患っている
  • 血液凝固障害:この場合、深刻な出血が手術中に発生する可能性があります。
  • 泌尿生殖器系の感染症があります、例えば、患者はクラミジアに感染しています、
  • 子宮摘出術は子宮頸管の病理学的狭窄の場合、すなわちその内腔が狭くなっている場合には禁忌である。

手術に対する絶対禁忌は妊娠です。女性の場合は、妊娠を維持する必要がない場合に限って切除術が推奨されます。
手術の前に、あなたは医師に慢性疾患の存在について知らせるべきです:それらの多くは子宮摘出術の禁忌と考えられています。

手術の準備は?

通常、そのような介入の前に女性は完全な臨床検査を受けます。これにより、子宮摘出術に対して患者に禁忌があるかどうかを判断できます。
以下のテストに合格することが重要です。

  • 蛍光透視法、
  • 心電図
  • 尿と血液検査
  • 様々な感染症(エイズ、梅毒、B型肝炎)の分析
  • 膣内細菌叢を塗抹する。

患者の病歴によっては、追加の検査が必要となる場合があります。何らかの異常が発生した場合は、事前の治療が必要になることがあります。
手術の直前に、看護師は患者に浣腸をするべきです。膀胱を空にすることも非常に重要です。子宮摘出術前に飲食することはできませんので、通常手術は午前中に行われます。そしてまたあなたは股部分の髪を徹底的に洗って取り除く必要があります。

子宮摘出術は周期の約6日目に行われます。患者がすでに閉経期に達している場合、介入はいつでも行うことができます。

主な利点

子宮摘出術はかなり頻繁に行われます。これは、この治療法の明白な利点によるものです。

  • 手術は低侵襲の範疇に属する。それはあらゆる年齢の女性によって十分に容認され、長いリハビリ期間を必要としません、
  • 処置後、女性はすぐに通常の活動に戻ることができます。
  • 子宮摘出術は生殖機能に影響を与えません:妊娠は手術後に可能です、
  • 介入後、体に傷はありません。これは審美的な観点からだけではなく重要です:開いた手術は深刻な合併症、例えば術後縫合糸の炎症をはらんでいます。当然ながら、その特異性のおかげで、子宮摘出術にはこのような欠陥はありません。これは、低侵襲的介入における主な違いを意味します。

手術後の回復

原則として、女性はそのような介入の後2日目に家に帰ることができます。ただし、フルリハビリテーション期間は約14日間です。このとき、下腹部にかなり不快な感覚、血の放出があるかもしれません。これは恐ろしいことではありません:同様の症状は子宮の粘膜の回復を示唆しています。この場合の治療は必要ではありません:術後期間が終わった後に、彼らは彼ら自身で消えます。

しばらくの間さまざまな感染を避けるために、女性は医者によって処方された抗生物質を服用する必要があります。子宮摘出術後の疼痛が十分に強く心配される場合は、鎮痛薬を飲むことができます。

介入後約3〜4週間、女性は簡単な規則に従う必要があります。

  1. 重いものを持ち上げないでください
  2. パワースポーツに従事したり、過負荷にしないでください
  3. 温水浴槽をあきらめて、冷たいシャワーの下でのみ入浴してください。
  4. ダッジダウティング
  5. 過冷却しない

今月中にセックスライフを生きるべきではありません。あなたが妊娠を計画しているならば、赤ちゃんを妊娠させようと試みることができる時にあなたの医者に尋ねてください。
子宮摘出術の目的がポリープまたは筋腫の結節を摘出することであった場合は、ホルモン製剤がさらに必要とされ、これは身体の術後の回復の過程を促進します。彼らの入場を拒否することは価値がありません。このグループの薬に関連する多くの偏見があります、しかし医者が患者に害を及ぼすことができない一定の投与量で薬を処方することを覚えておくべきです。ホルモン剤を服用した後、具合が悪くなった場合は、専門医に連絡して治療計画を修正してください。あなたは自分でそれを変更したり、薬を交換することはできません!

合併症

子宮摘出術は比較的まれに合併症の発症の原因です。しかし、場合によっては、患者さんは以下のようになります。

  • 子宮血管のガス塞栓症。これはめったに起こらず、子宮を拡張するために使用されるガスが血流に入るという事実によるものです。
  • 子宮壁の穿孔。このような合併症は、不正確な外科的介入が十分な資格のある専門家ではない場合に発生する可能性がある。医師が子宮壁を損傷していると、大量の出血が起こり、それが失神につながります。この場合、循環血液量の即時回復および他の蘇生処置が必要とされる。
  • 血圧計、つまり子宮壁のけいれん。これは大量の出血、場合によっては生命を脅かす患者を引き起こします。
  • 子宮粘膜の重度の病変では、不妊が発症する可能性があります。

しかし、恐れないでください。レビューによると、手術後の重篤な合併症は極めてまれです。あなた自身を守るために、あなたはそのような手術を行う上でかなりの経験を持っていて、そしてまたあなたの医者から慢性疾患の存在を隠さない良い専門家を見つけるべきです。

術後合併症の発症を示す兆候は何ですか?

子宮摘出術後、女性は体の状態に特に注意を払う必要があります。原則として、手術の1か月後に健康診断が必要です。次のような症状が現れる前に、専門医に相談してください。

  • 血と血栓の豊富な期間
  • 毎月の遅れ。通常、月経は手術後1か月以内に回復します。月経周期が回復していない場合は、体の追加検査を実施する必要があります、
  • 性器からの不快な匂いの出現
  • 下腹部や腰部に激しい痛みがあり、鎮痛剤ではコントロールできない
  • 発熱します。

術後に発症したとしても、これらの症状は無視してください。いずれにしてもそれは不可能です:それらは深刻な合併症の始まりを示すかもしれません。

必要な治療が早く規定されればされるほど、より良いです!医療対策の複合体は医師のみが処方することができます。この場合の自己治療は受け入れられません。

子宮摘出術は多くの婦人科疾患に対して行われる手術です。現代の低侵襲治療法は、短い回復期間と高い効率を特徴としています。手術の準備を整えるには、このような状況で自然な緊張を取り除き、問題を抱えている質問をすべて医師に依頼し、介入中に撮ったビデオを見てください(後者はあなたが過度に感心しすぎない場合に限ります)。

操作の利点

子宮摘出手術には多くの利点があります。

  • はじめにそのような介入は、低い傷害によって区別され、そして患者によって十分に許容される。このような手術の後、長期のリハビリは必要ありません。
  • 第二にそれ以降は、開腹手術中に発生する瘢痕や術後瘢痕はありません。したがって、開腹手術に伴う合併症のリスクも排除されます。

子宮鏡検査の過程において、患者は生殖器官の完全な再編成を伴う広範囲の治療的および治療的処置を受ける。

手術後、女性はかなり短い時間で通常の生活と職業上の活動に戻ります。さらに、生殖機能は完全に保存されているので、一定時間後、女性は再び妊娠し出産することができます。

運用プロセスを視覚化することで、操作の正確性を最大限に高めます。

筋腫の治療

子宮頸部摘出術は子宮結節を摘出するために行われます。

粘膜下筋腫は、子宮内器具と同様に、出血を引き起こし、女性の身体に影響を及ぼすという点で危険です。

その結果、女性は妊娠することができません。粘膜下筋腫の子宮摘出術を行うことで、手術後の子宮を救うことができ、さらに母親になる機会が得られます。

手術中に、筋腫結節は切断ループ電極で切断することによって除去されます。手術は、広い表面を有する特別な電極を用いて、子宮筋腫が位置していた領域の凝固で完了する。

腫瘍の断片は、電極による各遮断の後、または掻爬術または真空により腫瘍全体が除去された後に除去することができる。

このビデオでは、粘膜下結節を切除するための子宮摘出術の手術を紹介しています。

考えられる合併症

非常にまれである可能性のある合併症の中で、専門家はこう呼びます:

  1. 子宮血管のガス塞栓子宮を拡張するためにガスを使用するとき、それは単一の臨床状況でこのように起こります、
  2. したがって、通常失神および大きな失血を伴う子宮壁の穿孔は、さらなる蘇生を必要とする。
  3. 病原性ミクロフローラの子宮への侵入および気づかれない筋腫組織の壊死によって引き起こされる感染性合併症
  4. 血圧計 - 子宮痙攣、大量の子宮出血を引き起こします。
  5. 手術中の子宮内膜に対する深刻な損傷のために、不妊が起こる可能性があります。

これらの合併症は非常にまれです、通常医者の経験の欠如のため。一般に、子宮摘出術は安全で最も穏やかな処置を意味します。

子宮鏡検査と子宮摘出術の違いは何ですか?

子宮摘出術は、子宮壁を損傷することなく経頸部手術を行うことを可能にする現代の臓器温存手術技術です。

子宮摘出術は従来の子宮鏡検査とは多少異なります。

子宮摘出術を実施するには、次のものが必要です。

  1. 子宮内膜層から採取した掻爬の予備的組織学的検査
  2. 麻酔の使用
  3. 腹腔鏡コントロール
  4. 子宮腔を満たすための特殊な非電解液
  5. 子宮内の水分不足を厳密に管理します。

キャサリン:

どういうわけか私はサイクルの真ん中で、判読不能な出血をし始めました。そして血は塗られていません、しかしそれは流れました。私は超音波検査を受けました、2.5 cmの子宮ポリープを発見しましたそれは出血を引き起こしたのは彼でした。子宮摘出術はポリープ切除の最も穏やかな方法として処方されました。手術はうまくいったが、痛みと退院がさらに6週間悩まされた。私はさらに止血薬と抗生物質を処方されました、そしてまたポリープの再発を排除するために半年の間Novinetを任命しました。手術から2。5年後、私は無事に妊娠し、幼い息子を産みました。 Polypはまだ登場していません。

エレナ:

彼らが筋腫結節を発見したとき、私はただ愚か者に陥りました。私は何も理解していませんでした、どこで、なぜ、なぜ、など。しかし、彼女は治療を必要としていました、彼女は子宮摘出術に同意しました。霧のように椅子に行きました。麻酔がどのように静脈に注入されたかを覚えています、そして沸騰したお湯が注入されたかのように、その中で初めを燃やすのは非常に困難でした。それから私は病棟で目が覚めました。あなたは何も感じていないので、あなたは子宮摘出術を恐れる必要はありません。手術後、下腹部は2〜3週間痛み、退院します。手術後毎月バケツのように注ぎ始めた。しかし時間が経つと、すべてが復元されます。主なことは、ノードがないということです。彼らは癌で生まれ変わる可能性があるため、彼らは危険です。子宮摘出術がそれらに対処します。

子宮摘出術の手術は比較的高価です。

  • モスクワ診療所では、28000 - 46000ルーブルかかります。
  • サンクトペテルブルクの診療所では、子宮摘出術の費用はいくらか少なく、18,000〜34,000ルーブルです。

よくある質問

患者が子宮摘出術を処方されるとき、彼らは多くの質問をします。

  • 周期のどの日に子宮摘出術を行いますか? - 子宮摘出術による筋腫摘出術または子宮摘出術は、月経の終了後、周期の5〜10日目に行われます。
  • 子宮摘出術後に毎月。 - 通常、手術後の最初の月経は約1ヶ月以内に来ます。重要な点は月経の性質です。月経流出の一貫性、量、および色が変化した場合は、婦人科医の相談が必要です。
  • 子宮摘出術後の体温 - 通常、朝晩の気温は37℃を超えてはいけません。しかし、約2週間の血液および血の放出があると、温度は37.2〜37.4℃に上昇する可能性がある。温熱療法がより著しい場合は、術後の炎症を排除するために検査を受ける必要があります。
  • 子宮摘出術後の妊娠 - 妊娠の問題は、コントロール超音波診断のデータとホルモン療法の結果に基づいて、医師によって対処されるべきです。通常、妊娠計画はホルモン薬を中止してから1ヶ月後に開始することができ、それは約6ヶ月間処方されます。ホルモン療法が処方されていない場合は、予後が良好なため、手術後約3〜4ヶ月で妊娠を計画することができます。

子宮摘出術は恐れる必要はありません。それは臓器温存手術、温存手術および低侵襲手術です。手術後、婦人科医によるモニタリングを受け、定期的に超音波検査を行うこと(手術後3〜6ヶ月)が不可欠です。

将来的には、治療の好ましい状況を考えて、予防目的の女性は毎年婦人科医を訪ねるべきです。

説明と特性

子宮摘出術は、生殖器官の病状を治療および診断するための低侵襲的方法です。これは、子宮頸管に挿入され子宮腔に貫通する子宮摘出鏡という特別な器具を使用して行われます。この操作のおかげで、粘膜の状態を十分に評価することが可能であり、そして必要ならば直ちに全ての治療的処置を行うことが可能である。

このテクニックは、次のような子宮のような病気の治療に効果的です。

  • 子宮頸管および生殖器のポリープ
  • 子宮内膜症、
  • 粘膜下のノード
  • 癒着の形成
  • 良性新生物
  • 子宮の中隔。

Pin
Send
Share
Send
Send