健康

月経中に走れますか

Pin
Send
Share
Send
Send


重要な日に、身体が子宮内膜から解放されると、衰弱の状態、わずかな素因、性器の痛みが自然に考慮されます。それは心拍数、圧力のジャンプ、うつ病、ゆっくりした反応を増加させるのが普通です。

これは月経中の赤血球と血液中のヘモグロビンのレベルの低下によるものです。体はより少ない酸素を受け取ります、それは持久力が肉体的な運動の間に少なくなる理由です、少女はより速く疲れます、それで月経の間に過労することはお勧めできません。しかし、そのスポーツを完全に放棄しても意味がありません。

毎月のランニング

ランニングは足、足、体が関係している優れた身体活動です。走っている間、心臓と肺の集中的な仕事が起こります、多くのカロリーは燃やされます。

ただし、各ケースは個別にアプローチし、専門家に相談する必要があります。身体活動が禁止されている病気には、腺筋症、子宮筋腫などがあります。そのような場合に月経中に走ることは完全に安全ではありません。多くの医師は、この期間中は身体を危険にさらさないように、または代替手段としてより軽いものに変更しないようにするため、激しい運動を控えることをお勧めします。同時に、必要な物質を自分に提供するために適切に食べることが重要です。

さらに、加齢に伴う変化に伴い、体の状態と存在する病気を考慮に入れる必要があります。

月経中に走ることが可能であるかどうかの問題を調査して、科学者達は運動が現時点でさえ有用であることを発見しました。動きといくらかの負荷から、新陳代謝は加速され、そして気分を改善し、そして緊張を和らげるエンドルフィンが生産されます。特定の運動では、月経の期間が短くなります。

医師は月経中にも走れると言っていますが、これには細心の注意を払う必要があります。

月経中に走らない理由

実行することを決定し、月経中に、それはいくつかの婦人科の病理学のように、実行することは不可能である婦人科医に相談する必要があります。

月経中にあなたが走れない理由はそのような状態に関連しています:

  • 生殖器の激痛
  • 片頭痛、
  • 大量の放電。

このような症状は、体に何らかの異常があることを意味します。病気の原因が解決されるまで実行を控えることをお勧めします。体調が悪いときに走ってはいけません。学校や他の教育機関で基準をクリアすることも控える必要があります。

病状がない場合は、実行して、この期間の負荷をわずかに減らすことができます。ペースはゆっくりでなければならず、あなたは突然の動きを控え、ランの持続時間と距離を縮めなければなりません、あなたは麻やハンモックを踏むことはできず、不快感をもたらすような動きをすることはできません。

激しい運動は血液循環を増加させるので、出血が増加する可能性があり、あなたの健康も悪化します。失血がある重要な日の間は、そのような現象を引き起こさないことが賢明です。

月経中のジョギングの規則

あなたが月経中に毎日の走行のためのいくつかの規則に従えば、その後この期間中の健康状態ははるかに良くなります。できるだけ保護するゲル吸着剤を含む特別な衛生製品を選択することが必要です。

ランニングが必要な後シャワーを浴びることは体の衛生を維持することが重要です。同時に、親密な衛生状態のために特別なゲルと石鹸を使うのが最善です。

さらに、月経中のランニングと水泳を組み合わせることはできず、適切な食事を尊重する必要があります。

訓練中は、健康状態を常に監視することが重要です。そして、その悪化が始まったら、ランニングを止めて婦人科医に相談する必要があります。

身体活動の代替タイプ

重要な日の間にジョギングすることが痛みを伴うならば、運動を完全に放棄しないでください。あなたはより少ない強度で雇用の方向を選ぶことができます。月経時の有益な効果。コーチはあなたが体を傷つけることはありませんが、状態を軽減するのに役立ちます特別な演習や作業負荷を選択するのに役立ちます。

エアロビクスやヨガもそのような日のための素晴らしい活動です。さまざまな筋肉群を強化し、内臓のマッサージを行い、複合体では全体として有機体に良い効果をもたらすのはヨガです。

月経中の生理的プロセス

危機的な日には、体は子宮内膜から解放され、衰弱、倦怠感、下腹部の痛みなど、すべての女性によく知られている症状は自然です。脈拍数、圧力の急上昇、鬱病およびゆっくりした反応を増加させることも正常と考えられている。

この理由 - 血中赤血球とヘモグロビンの減少。臓器への酸素の供給が悪くなるため、負荷時の耐久性が低下し、疲れやすくなります。そのため、通常の負荷はさらに悪化します。スポーツを完全に放棄する必要はありませんが、負荷の調整が必要です。

月経中にジョギングをすることは可能ですか

月経を伴うランニングは役に立つかもしれません。適度で適度な負荷は、腹部の倦怠感、痛みに対処することができます。ゆっくりジョギングすると骨盤内の血行が良くなり、緊張を和らげることができます。体は幸福のホルモンとして知られているエンドルフィンを作り出します。そしてそれはストレスと鬱病と戦うのを助けます、そして気分を改善します。

しかし、毎月実行することが可能かどうかを考えて、責任を持ってこの問題に取り組むべきです。距離の長さは短くすることをお勧めします。これは明らかにあなたが記録を設定し、障害を克服することができる日ではありません。重要で正しい服装は、動きを妨げるものではなく、天気に対応するもので、凍結や過熱を防ぐためのものです。

ラン中にあなたが弱い、めまい、腹痛、出血の増加を感じた場合は、訓練を中止してください。必要ならば、婦人科医に相談してください。

しかし、いずれの場合も、すべてが個別に決定されます。月経期に身体的な運動を控えることをお勧めする場合、多くの病気があります。それらの中には子宮筋腫、腺筋症などがあります。いずれにせよ、主な基準はあなたの特定の健康状態と健康状態です。

毎月走れないのはなぜ?

月経中の走行が禁忌である場合があります。これらには以下の状態が含まれます。

  • 大量の放電、負荷がかかるとさらに強くなることがあります。
  • 激しい痛み、動きの過程で増加します。
  • 脱力感、めまい、片頭痛。
  • 尿生殖器領域の疾患
  • 月経周期に関連するさまざまな不規則性。

健康状態が著しく悪化した場合は、ランニングを控え、異常な素因の原因を突き止めることをお勧めします。月経期間中の女子生徒はまた、体育の授業やその他の負荷をあきらめたほうがいいでしょう。

よくある質問は、あなたがあなたの期間の初日に走れるかどうかです。最初の1〜2日は、体が最も強い変化を受けるのはこの期間中であるため、負荷を放棄することをお勧めします。通常のリズムに戻ることは月経の3日目からである可能性があります。専門家が訓練を承認しない理由の1つは、子宮内膜の崩壊につながる可能性がある頭蓋内圧の増加です。

病状がない場合は、月経期間中に実行することができ、その期間の負荷をわずかに軽減します。ペースは弱く、急な動きは控え、ジョギングの時間と距離を減らします。また、バンプや麻を踏まないようにし、不快感を引き起こすような動きをしないようにしてください。

激しい運動は血液循環を増加させるので、出血が増加する可能性があります、そしてあなたはより悪いと感じるかもしれません。重要な日の間に、体が血を失うとき、それはそのような現象を控える方が良いです。

月経中のジョギングの規則

禁忌がない場合は、月経中に走ることができますが、それを適切かつ適度に行うことが重要です。そうすれば、あなたの健康は改善するだけです。以下の推奨事項に従ってください。

  • 持続時間と走行距離を短くしてください。
  • ゆっくりとしたペースで走り、急な動きを避けてください。
  • それらがあなたの動きを妨げないように、快適な衣服と靴を身に着けてください。
  • ゲル吸着剤を含み、最大限の保護を提供する特別な衛生製品を選択してください。
  • 体の健康を守ってください。走った後は、必ずシャワーを浴びてください。それは親密な衛生のために意図された特別なゲルと石鹸を使うことはより良いです。
  • ランニングと水泳を組み合わせることはできません。
  • 正しい食事にこだわる。

訓練が彼らの幸福を監視するために非常に重要なとき。あなたがそれが悪化していると感じたら、走りを止めてください。

代替荷重

ジョギング中に強い不快感を感じたら、それを控えるべきです。しかし、肉体的な運動を完全にあきらめる必要はありません。あなたは最小限の強度でクラスを拾うことができます。だから、軽い有酸素運動は有益な効果をもたらすことができるだけです。もちろん、理想的には、最適な負荷と安全な運動を選択するのに役立つトレーナーと相談する価値があります。

次の種類の活動に注意を払うことができます。

  • ウォーキングツアー走るよりも激しくないが、カロリーを消費する。
  • 軽量の朝の体操通常より短くするべきです。また、負荷や腹筋運動を排除します。
  • ヨガさまざまな筋肉群を強化し、内臓のマッサージを促進し、体全体に良い効果をもたらすのを助ける最も穏やかな練習。
  • ストレッチ痛み、筋肉の緊張を和らげます。しかし、それは明るく適度なはずです。

月経中の負担による電力負荷は許されないことを忘れないでください。

月経時のように、それは走った後に胃を傷つけます:それはどういう意味ですか?

実行中に下腹部が痛いことがよくあります。第一に、痛む痛みがあり、それは後に鋭くそして突き刺さるようになります。女性は月経時のように、腹痛を起こしているかのようにそれを説明します。さらに、実際には、不快感は重要な日には関係ありません。この現象の原因は次のとおりです。

  • トレーニング前のウォームアップを無視すると、体が苦しむことがあります。ランニングの急激な開始は腹部の筋肉の緊張を引き起こします。したがって、軽い動きでウォームアップを開始し、徐々に負荷を増やすことが重要です。
  • 不適切な呼吸は横隔膜の変化を引き起こします。濃すぎたり深すぎたり、逆に吸い込みや吐き出しが弱いと、酸素の摂取が抑制されます。筋肉のけいれん、横の痛み、そして下腹部の痛みがあります。均等に呼吸する - これは不快な結果を防ぐのに役立ちます。
  • 呼吸は肝臓の働きを左右します。酸素が少ないと、血液が停滞し、血流が弱まり、肝臓の体積が増加し、これも痛みを引き起こす可能性があります。
  • 腹痛は、満腹で走った結果である可能性があります。食べられた食物はリサイクルされ、そして胃腸管は活発に働いています。体はそんなに早く別の負荷に切り替えることはできません。したがって、最後の食事とトレーニングの間に少なくとも数時間が経過することが重要です。
  • 腹痛は胆嚢の問題によって引き起こされることがあります。運動の過程で、胆汁が蓄積して刺激を引き起こします。
  • 内臓の病気も例外ではありません。肝臓、脾臓、膵臓の問題について話しているのであれば、体は腹部中央の痛みという形の保護的反応を知らせてくれるでしょう。
  • 痛みが下腹部に限局している場合は、生殖器系の病気について話すことができます。医師の診察を受け、必要な検査に合格することが重要です。

したがって、月経が起こったときに走ることが可能であるかどうかという質問に対する答えは個々に決定される。最も重要なことはあなたの体に耳を傾けることであることを忘れないでください。どんな不快感でもストレスを控える理由です。

月経中の体の変化

この号では医師の意見に耳を傾けるべきであると考える人もいれば、オンラインフォーラムからのガールフレンド/同僚/アドバイザーの経験に頼る人もいれば、「当時の」幸福だけに頼る人もいます。月経中に走ることができるかどうかを理解することは、この期間中に女性の身体で起こる生理学的プロセスを理解するのに役立ちます。

熟した受精のための受精が起こらないと、ホルモンの量と血中のそれらの濃度は著しく減少します。このため、子宮内膜の血液供給量(科学的に子宮粘膜と呼ばれる)が減少し、剥離し始め、最終的に拒絶されます。これは血液排出の形で現れます。古い粘膜の体と子宮内膜の新しい層の蓄積を取り除くことはちょうど毎月と呼ばれています。

これらの複雑なメカニズムはすべて、赤血球数とヘモグロビンレベルの急激な減少を伴います。この時点で、あなたは特別な注意を払うべきです、結果として:

  1. 内臓は酸素欠乏を感じます。
  2. 女性 - 健康状態の変化(反応が遅い、心拍数が高い、圧力が急上昇する、気分が変動するなど)。

月経は体にとって困難な時期であり、血液は完全に更新されます、それは莫大なエネルギーの蓄えを必要とします。したがって、絶え間ない内訳、疲労、心理的不安定性。不快な症状のこのすべての「花束」で、自分自身のために追加の負荷を手配することはかなり不合理です、それ故に多くの女性は重要な日の期間中のランニングエクササイズは放棄されるべきであると考えます。

月経中のランニング:長所と短所

月経中のスポーツの禁止に関する情報は、もはや関連性がありません。実際、特に病状や痛みを伴わずに期間が経過する場合は、中程度の運動でも害はありません。

医師は月経の最初の3日間に自分の生活から激しいスポーツ活動を除外することをお勧めします。トレーナーはそれほど分類的ではなく、サイクルの最初の数日であっても測定された小規模のランニングを練習することは女性の身体に有益な効果があると信じています。しかし、重要な条件が1つあります。積荷は正しく合理的に分配されます。

月経中に走ることは可能ですか - すべての女性がそのようなトレーニングの賛否両論を慎重に調べて、重要な日に自分の気持ち/幸福に焦点を合わせることで、自分自身のために決めます。

月経中にも走ることができます:これは血流への酸素の流れを増加させます、そしてそれは痛みを最小にするのを助けます。多くのプロスポーツ選手にとって、月経前症候群に罹りやすくするためにジョギングが必要です。それは科学的に証明されています体のあまりにも激しい身体的な運動の過程では、ホルモンのエンドルフィンが生成され、そして重要な日に良い気分は、任意の女性を妨げることはありません。

障害物を乗り越えずに、ゆっくりとしたペースで走り、インターバルトレーニングやバンプを避けた方がいいでしょう。月経の初日には、ジョギングの時間を短縮することは実質的に価値があります。これらの簡単なヒントに従うことで、クロスカントリートレーニングを最大限に活用することができます。

  • 骨盤内の血液循環が改善されます。
  • 痛みやけいれんが消えます
  • 神経系が落ち着くでしょう、それは緊張や憂鬱な状態が感じられないことを意味します、
  • 代謝が加速します
  • 前向きな感情、活力、そしてエネルギーのチャージが受けられます。

とりわけ、ランニングロードの結果として、古い子宮内膜の処分がそれぞれ加速され、毎月のランアウトは通常よりわずかに速くなります。

重要な日に走ることが非常に前向きな瞬間によって特徴付けられたならば、おそらくすべての女性が月経周期の始めにそれに従事しているでしょう。しかし、硬貨には裏表があります。

禁忌

ジョギングに対する強い禁忌は、次の場合に起こります。

  1. 毎月の長期の、豊富な、激しいけいれんを伴う。この場合、スポーツをすることは不可能です。退院の強度は増加するかもしれない、そして活発な動きによる痛み - 増加する。
  2. 女性は重大な日の間にひどい不快感を感じます:めまい、一般的な倦怠感、吐き気、脱力感があります。
  3. 女性は泌尿生殖器系の病気に苦しんでいます。
  4. 深刻な月経不順があります。
  5. 観察された無関心およびあらゆるスポーツに従事する意欲がない。

月経中は、婦人科の病理、例えば腺筋症や子宮筋腫と診断された場合、走ることは禁じられています。生殖器の疼痛などの原因によっても、トレーニング計画が影響を受ける可能性があります。この場合に実行することは不可能です、珍しい色の選択もスポーツをするのをやめて婦人科医を訪れる理由になります。

Если самостоятельно выявить у себя противопоказания и разобраться, можно ли заниматься бегом во время критических дней, сложно, либо интуиция подсказывает, что лучше в этом вопросе перестраховаться, консультация опытного врача поможет расставить все точки над «и».

Рекомендации по бегу в месячные

「月経中に走ることは可能ですか」という質問に答えれば、女性が自分自身に対して肯定的に答えるならば、経験豊富なランナーや婦人科医のアドバイスに耳を傾けることは不必要ではないでしょう。

  • トレーニングの前に、女性用衛生製品を装着する必要があります。それらのための主な推奨事項は、内側のゲル吸収剤と最大の吸収性です。あなたは膣の中のタンポン、そして下着の上の通常のパッドと同じようにすることができます - ここでそれは誰にそしてどのくらい快適です。
  • なぜなら月経期間中に、多くの女性で発汗が増加し、注意が "正しい"服の選択に注意を払う必要があります - すぐに湿気を吸収することができる、自然な、通気性の布地から。
  • カテゴリなしの激しいトレーニングはありません。静かなペースで、ジョギングをしながら、突然の動きを排除しながら、毎月実行することができます。
  • 平常時の走行距離は3分の1減少します。
  • 最大の血液酸素添加量のためには、屋外での月経の日に - 屋外の競技場で、公園/広場などで走るのがより良いです。
  • 自然の痛み、吐き気、息切れ、筋肉のけいれんのジョギングを中止した場合

熟練したトレーナーは、月経中の女性の体内でのエネルギー消費が300〜500 kcal /日増加することを知っています。そのため、ジョギング後の力の急速な回復に寄与する適切な栄養が特に重要です。食事療法ではビタミンやミネラル、鉄の高い割合でたっぷり皿を勝つ必要があります。運動の間、食物に対する制限は深刻なめまいを伴います。

ほとんどの女性は朝を走ることを選びます。しかし、その日の前半の選択はより豊富であり、誰も走った後にシャワーを浴びることおよびガスケット/タンポンを交換することの義務を取り消したことがない。したがって、朝のスポーツの利便性と実現可能性は真剣に検討されるべきです。

月経前に医師に相談することは不必要ではないでしょう - それはサイクルの最初の日に走る価値があります、健康のために満たされることができることは他の負荷(フィットネス、水泳、ダンスなど)と走ることを組み合わせることは可能です。

走った後に胃が痛くなったらどうするか

この場合の専門家は3つの主要なオプションを推奨します:

  1. 痛みがそれほど激しくなくめったに起こらない場合は、鎮痛剤を飲むことができますが、錠剤を乱用しないでください。
  2. それほど有用ではありませんが、効果的な方法は胃の上の湯たんぽ(オプションとして - お湯の入ったペットボトル、暖かい塩圧縮)です。
  3. アロマテラピー。シナモン、ジュニパー、ラベンダー、ミントの天然エッセンシャルオイルを塗ります。数滴の油をやさしく、かろうじて知覚できる動きが胃の中にこすりつけられた。

ジョギング後の激しい痛みと脱力感が定期的に観察される場合、これは生殖器系に多くの問題があることを示しています。この場合、婦人科医の手術相談が必要で、一連の必要な研究の後の医者だけが正確で効果的な治療を選択することができるでしょう。

ランニングに代わるもの

身体活動の必要性があるが、医師が月経中のジョギングを禁止している場合、それは可能な代替案を考慮する必要があります。このようなスポーツは効果的に緊張の中で体をサポートすることができます。

  • ヨガ - 「女性」時代の最も穏やかなトレーニング
  • ウォーキング - ランニングと同じ筋肉グループに作用します。
  • 軽量の朝の運動 - あなたは家ですべての運動をすることができます、
  • ストレッチ - 筋肉の微妙な調子を整えることに加えて、腹部の痛みを和らげるのに役立ちます。

これらのスポーツ活動はいずれもやさしくなければならず、禁忌の存在について事前の医学的助言を必要とすることを忘れないでください。

医師の意見

あなたは重要な日に身体活動の問題について医師の異なるそして時々完全に反対の意見に会うことができます。しかし、少なくともスポーツ医学との間接的な関係を持っているすべての医者は、この間ジョギングするための絶対的な禁止がないことに同意するでしょう。

それぞれの人の体はユニークです、それゆえ、女の子への推薦/禁忌は同じであることができません。婦人科医と定期的に相談することで、あなたの生殖器系の状態、特定の婦人科疾患および病理学の存在について、最大限の正確さで情報を得ることができます。月経周期の特徴、退院の量と特異性、そして一般的な幸福と組み合わされたそのような既往は、女性が彼女の毎月の期間中に走ることができるか、輪をひねるか、または他のスポーツを練習できるかどうか決定する主な指標です。

エルミラ・アレスケロワ

同様の記事02.24.2018 11 391月経中のアルコール04.12.2017 13 436月経中の超音波スキャンを行うことは可能ですか02.03.2018 1 617あなたはタンポンであなたの処女を失うことができます13.11.2017 2 508月経中に入浴することは可能ですか? 03/16/2018 376月経中のShugaring 11/14/2017 4,984月経中の蛍光透視法 - することは可能です

月経中に体内で何が起こりますか?

脈拍が早くなり、圧力が上がり、筋肉の衰弱が感じられ、反応が遅くなります。しかし、これは、現時点では、体に何の負担もかけずに横になる必要があるという意味ではありません。

月経中、女性の血液中のヘモグロビンと赤血球のレベルは減少します。これは臓器への酸素供給の減少、運動中の持久力の減少、女性の疲労が早いことを示しています。したがって、負荷を増やすことは不適切ですが、測定された穏やかな走行は身体に負担をかけません。

月経中に実行するには?

重要な日に追加の身体活動を正確に判断するためには、医師の診察と診察が必要です。専門家はあなたのために個々の技術を開発します。しかし、あなただけがその月に走るかどうかを決めます。この間、自分の気持ちに耳を傾けるべきです。痛み、不快感、無関心がありますか。今日のあなたが気分が良いとしたら、しばらく走って、そして短い距離走ってみませんか。

研究結果によると、運動後、多くの人が気分が良くなり、痛みが軽減されることがわかっています。主なものは負荷が激しくないということです。結果を心配する必要はありません - プロセスを楽しんでください。適切なペースを選択し、最近のトレーニングの回数を減らすことは、健康と良い気分を保証するものです。


女性の月経中は、発汗の過程が早くなりますので、この時期にはランニングに適した服を選ぶことが重要です。スーツはあなたの動きを妨げるべきではありません。ワークアウト中は、部屋の換気が十分に行われるようにし、過冷却または過熱しないようにしてください。ランニングの助けを借りて、あなたは軽さを感じるでしょう、下腹部の痛みは消えます。

月経中に実行すると、それは価値がない

あなたが婦人科疾患または医学的禁忌を持っているならば、あなたの医者があなたの期間中に走らないようにあなたに忠告するならば、体に害を与えないようにそれを聞いてください。放電が豊富であれば走るべきではありません、そしてそれが痛くてめまいがするなら痛みは強いです。この期間中に負荷が増加すると、深刻な婦人科疾患が発生します。

ランニングの過程であなたが弱さやめまいの攻撃を感じたら、やめて、休んでください。酸素で血液を飽和させるには、そのような日に、ジム​​ではなく、オープンスタジアムや公園で走ってください。長距離走らないでください - 不快感を感じたらすぐにやめてください。ランニング中に下腹部の痛みが現れた場合は、専門医に相談するまで運動を中止することをお勧めします。

月経中に実行することを脅かすもの:医師の意見

ランニングは、それぞれの公平な性別の数字を支持する優れた運動です。健康的なライフスタイルを遵守する女の子はしばしば興味を持っています:月経中に走ることは可能ですか?この記事は、月経期間中の女性の身体に対する身体運動の影響を理解するのに役立ち、専門家がこのスコアにどのような意見を持っているのかを見つけるのに役立ちます。

月経が始まったら走ることは可能ですか

月経はすべての女性の体にとって自然なプロセスであり、それは以下の症状を伴う:頭痛、下腹部の痛み、一般的な倦怠感。さらに、女性は落ち込んで加速した心拍を感じるかもしれません。

この状態の原因は、女性の血液中のヘモグロビンと赤血球レベルの減少です。女性の体は、酸素を多く含んでいるため、運動中の持久力が低下し、女性代表がはるかに早く疲れます。

重要な日の間ジョギングを止めることは必須ではありません、あなたはただ負荷を調整する必要があります。

医師の意見

医学の分野の科学者たちは長い間、月経の過程における身体活動の影響の問題を調査し、月経中に走ることが可能であるかどうかを見いだそうとしてきました。実行された実験は、ジョギングが禁止されているだけではなく、重要な日の女性にとっても有用であると信じる理由を与えました。この意見は次の事実に基づいています。

  1. そのような負荷が下腹部の痛みやけいれんを解消する能力は証明されています。
  2. 適度な実行は体の新陳代謝を加速して、エンドルフィンのようなホルモンの生産に貢献します。
  3. ランニングのおかげで、人類の美しい半分の体は月経中により早く片付けられるので、重要な日数を減らす可能性があります。
  4. 月経中のゆっくりしたジョグは骨盤部の血行の改善に寄与し、緊張を和らげます。

1日に1回月経中に走っても、女性がペースに追従して速度を急に上げすぎないようにしても、健康に害はありません。風景に注意を払い、さまざまなハンモックを踏まないでください。 これらの規則は必要です。

ジョギングの距離と負荷の時間を1日1時間まで減らすことで、トレーニングの強度とその継続時間を減らすことをお勧めします。

重要な日の初めに実行する

ほとんどの場合、女性はあなたがあなたの期間の初日に走ることができるかどうか心配しています。月経の最初の1 - 2日では、この期間中の女性の体が著しく弱まっているという事実のために、医者は運動を控えるように勧めます。女性の気分が良い場合は、3日目以降にスポーツに参加することをお勧めします。

月経中に走ることが不可能である理由は、腹圧の内側の増加であり、その結果として子宮内膜剥離の可能性がある。

月経前の期間では、スポーツも許可されています。

月経を伴うランニングの唯一のマイナスの結果は、出血の拡散の増加かもしれません。この問題に対処するには、次の推奨事項に従う必要があります。

  1. 漏れの可能性に対する高度な保護を備えたパーソナルケア製品を使用してください。これらは、ヘリウムベースのガスケットまたはタンポンです。
  2. あなたは快適でゆったりとした服を着て走る必要があります。
  3. 月経の日の水処理を忘れないことが重要です。結局、水はエネルギー源であり、リラックスして力を与えます。
  4. シャワーを浴びる機会がない場合は、女性の親密な衛生のためにデザインされたさまざまなジェルとナプキンを使用してください。そのような高品質の製品と自然なものだけを選ぶことは重要です。
  5. 月経中は、プールやサウナへ行かずに運動する必要があります。
  6. ワークアウトの後、行われた作業に対して自分自身を賞賛することを忘れないでください。しかし、甘くて脂っこい食べ物の宣伝は、除外することをお勧めします。ドライフルーツや新鮮な果物や野菜の使用が許可されている、あなたはまた蜂蜜や砂糖と甘いお茶を飲むことができます。これらの食物は体の回復に貢献し、一日中それにエネルギーを与えます。

これは個人の好みの問題であるため、トレーニングを開始するほうが便利で快適な場合(朝または夕方)に自分自身を選択してください。それはワークアウトシャワーの完了を取ることが可能になるかどうかを検討し、あなたが朝のジョギングを好む場合は仕事に時間があるのです。

ランニングが禁忌のとき

月経中にジョギングをすることができるかどうか、そしてトレーニングを禁止する個々の理由を知るためには、トレーニングを始める前に婦人科医に行く必要があります。 これは、起こり得る悪影響を防ぐのに役立ちます。

この期間中に女性が以下の症状を伴う場合、実行中の運動は中止する必要があります。

  • 女性の生殖器領域の激しく鋭い痛み(これは生殖器系の原因かもしれません)、
  • めまいと脱力
  • 気絶する可能性があると女性が感じる頭痛、
  • 大量の排泄(これは大量の失血の一因となる可能性があります)。

女性の代表者が上記の症状に気づいたら、直ちに婦人科医を訪ねて専門的な検査を受けるべきです。

これらの症状は、炎症性または感染性の性質を有する生殖器系の疾患の存在を示している可能性があります。

女子や青年も身体活動や体育の授業をやめることをお勧めします。確かに、この場合、身体的な仕事は9〜15歳の間に起こる周期を確立する過程を混乱させる可能性があります。

ジョギングを取り替えるためにどんな練習

ランニング中に不便や不快感を感じた場合は、その期間中はそれを控えるべきです。ランを他のタイプの身体活動に置き換えることができます。

代替手段は、以下のタイプの活動です。

  1. 朝の運動それは体を良い形に保つのを助けるでしょう、しかし、それは省略されたバージョンで実行されるべきであり、力の負荷と腹部の運動を除外します。
  2. 活発なウォーキング(スポーツ)。このスポーツはランニングよりも激しくなく、余分なカロリーの燃焼にも対処します。
  3. ヨガの練習そのような運動の複雑さのために、すべての主要な筋肉群は強化され、そして月経中の体の一般的な状態は改善されます。
  4. 適度で簡単なストレッチ。月経中の痛みを和らげるのに役立ちます。

上記の情報を考慮すると、毎月のジョギングは細心の注意を払って行われるべきであると結論付けることができます。

医師のための特別な禁忌がなく、そして少女が月経期間中にこの種の活動から特別な不快感を感じないのであれば、授業を中断する必要はありません。

ランニング後に健康状態を良好にするためには、医師の勧告に従う必要があります。女性の健康は最初に来るべきだということを常に覚えておいてください!

月経中に走れますか

ランニングは体重を減らし、フィット感を保ち、そして幸福を向上させるのに役立ちます。適度な強度の運動は常に女性の身体に有益な効果をもたらします。

しかし、月経中に実行することは可能ですか?それは彼女の人生の特定の期間に女の子のためにどれだけ危険になる可能性があります。月経が始まると、身体への余分なストレスを解消しなければならないため、さまざまな痛みや不快感が生じます。

しかし、身体活動を正常化するために、月経の症状のいくつかを軽減することは可能でしょう。

良い面は次のとおりです。

  • 月経中の運動は女性の身体にとって有益です。
  • 体の活発な動き(走ること)によって、エンドルフィンが生成されます。そして、それは気分を改善して、緊張を和らげるのを助けます
  • 血液には酸素が豊富に含まれています。
  • ランニングは月経に伴う痛みやけいれんを軽減することができます、
  • 場合によっては、月経は1日早く終わります。身体的な運動の影響下では、体はより早く片づけるからです。

これがすべて終わったら、それからすべての女の子は彼女の月経周期の初めに走りに行くでしょう。しかし、月経中に実行することが可能であるかどうかを理解するためには、そのような活動の悪影響を考慮する必要があります。

  1. 過度の活動は幸福に悪影響を及ぼす可能性があります。あなたが平日にするのと同じくらい重要な日に実行するならば、それからトラブルを期待してください。
  2. あなたが走ることができない様々な病気の悪化。
  3. 禁忌を伴うと、月経周期の違反。

否定的な結果の本質をよりよく理解するために、月経中に走ることが望ましくない場合を考慮する必要があります。

相談婦人科医

婦人科医は、通常の周期と毎月の問題を最小限にしたい女性の親友であるべきです。あなたが月経中に走れるかどうかを調べるために医者に行きたがっている人はほとんどいません。この間にすべてが女性の健康の面で正常であれば、相談しないことは可能です。ただし、次のような状況では医師に行くことを強くお勧めします。

  • 不規則な周期
  • 変な色の放電、
  • 月経の期間と強度が異なる
  • クリティカルな日に定期的に痛む痛みや体中の痛み。

これらすべての場合において、身体に何か問題があるかもしれません。ランニングからの負荷でこの問題を悪化させないためには、医者に相談する必要があります。

月経中に実行することは可能ですか - 引数

女性が月経の期間を始めるとき、体は通常の生活のリズムから抜け出すことができます。 Многие представительницы слабого пола чувствуют головокружения, тошноту, слабость и дискомфорт в половых органах.

ジョギングを含むスポットクラスの受講を拒否することで、あなたの通常の生活様式を変えることは、そのような人生の期間において価値がありますか?女性が彼女の期間を持っている期間中にトレーニングを実行することは危険ですか?この時期の代替トレーニング方法は何ですか?この記事でそれについて読んでください。

スポーツと毎月

非常に多くの現代の少女と女性がこの質問を懸念しています。 月経中に走ることはできますか?

今日、スポーツ(そして一般的には健康的なライフスタイル)は非常に人気があります。したがって、性別の弱い代表者はジム、運動場、競技場を訪問したり、公園で定期的にジョギングをして幸せです。毎年、そのような少女や女性はますます多くなっています。

しかし、月経中に、ホルモンが変化しているという事実のために、体の心血管系の混乱の危険性があります。血圧の上昇も観察され、筋肉は緊張を失い、そして反応は遅くなるかもしれません。また、この時期の性別が弱い代表者たちは、落ち込んでいる、落ち込んでいる、強調されていると感じるかもしれません...

あなたはトレーニングを放棄する必要があるため、それが月経中に実行する価値があるかどうかについて多くの異なる意見があります。身体活動の支持者は、トレーニングをスキップする必要はないと言っています。それとは反対に、他の人々は、この期間中はすべてのトレーニングを中止すべきだと主張しています。どちらが正しいのか、またこれらの理由はなぜ関連しているのでしょうか。

女性の身体の生理的プロセス

月経期間中に走ることが賢明であるかどうかを決定するために、病状を考慮に入れることが必要です。

月経中もトレーニングを続けるつもりならば、まず経験豊富な婦人科医に相談してください。これは、個々の女性が月経中にスポーツを妨げる様々な病理を経験する可能性があるためです。

これらの病状は以下のとおりです。

  • 「重要な日」に生殖器領域に激しく激しい痛み。
  • 頭痛、非常に深刻なだけでなく、めまいの存在、あなたが気絶することができるという感じ。
  • 非常に重い分泌物(大量の失血)。

あなたは上記の症状の少なくとも一つを持っている場合は、 "重要な日"の時間実行を停止することをお勧めします。そしてそのような病理学がそれ自身を明らかにした理由を確立すること。

同時に、あなたの期間があなたと一緒にほとんど認識できないほど激しい退院、激しい痛みおよび不健康なしで過ぎるなら、あなたはあなたの通常の生活様式を変えることができません。

身体活動中には、血液循環は生殖器系の原因となる臓器の領域を含めて特に集中的であるため、おそらく、ほんの少しだけ運動量を減らすべきです。そして、月経中に失血が起こるので、酸素欠乏と頭のめまいがあらわれることがありますので、女の子は弱っていると感じるかもしれません。

負荷制限

興味深いことに、いくつかの健康診断は示しています: "クリティカルな日"の間にあまりにも激しいスポーツ運動(私たちは強調 - 軽度の形で)は月経の過程に非常に良い影響を与えることができます。

そのような小さな身体運動の種類は、例えばジョギングを含む。

しかし、忘れてはならないのは、月経中に大量の失血があるため、体の資源が限られていることです。それだけの価値はありませんそれらをオーバーロードします。月経中のすべてのランナーは身体活動を減らし、ペース、トレーニングの激しさ、そして距離を乗り越えるための距離と時間を減らすべきです。

月経中にトレーニングを中止しない多くの少女や女性は、プロセス自体ははるかに目立たず、より速く、いわゆるPMS症候群ははるかに目立たないと言っています。痛みやその他の不快感をほとんど感じませんでした。しかし、あなたは対策について覚えている必要がありますし、トレーニングで自分自身を過負荷にしないでください。

ジョギングするにはリズミカルに走るのが最善ですが、インターバルランニングとアクセラレーション、そしてウェイトをかけて走ることは後まで延期するのが良いです。

実行しないのはいつ?

月経中に体が更新されるのは秘密ではありません。しかし、体自体のために非常に深刻な負担です。

したがって、スポーツという形での追加の負荷(および朝のジョギング)も、一定期間内に体が必要とするエネルギーと強度を浪費するもう1つの理由です。だからこそ、ほとんどの医師は、「重要な日」の間もトレーニングを続けるかどうかを尋ねられたときに「いいえ」と答えます。

さらに、一部の専門家によると、女性の身体はそのような負荷のために設計されておらず、失敗する可能性があり、そもそもそれが少女の生殖機能に影響を与える可能性があります。したがって、医師は月経中に体に安静を与え、トレーニングをあきらめるために少なくとも数日を与えることをお勧めします。

毎月のランニングのコツ

結局、あなたが「重要な日」の間にジョギングをすることを決心したならば、私たちはあなたが感じるためにこのプロセスをより安全でより快適にするためにあなたにいくつかのヒントを与えるでしょう。

  • クロスカントリートレーニング中は、漏れを防ぐために、高レベルの吸収性を備えた生理用ナプキンまたはタンポンを選択する必要があります。ゲル吸着剤がある場合は、そのような選択肢を優先することが最善です。
  • 衛生には特に注意を払うべきです。石鹸やジェルで慎重にシャワーを浴びた後は必須です。さらに、水はクレンジング効果だけでなく、体の調子と気分を改善します。
  • 月経中の子宮頸部は怪しいので、様々な有害な微生物がそこに侵入する危険があります。したがって、上記のように、衛生面に特別な注意を払う必要があります。
  • 月経時には、特に露天での水泳や、風呂やサウナへの訪問と組み合わせることは、月経の激しさに悪影響を及ぼし、脱力感、めまい、または貧血を引き起こす可能性があるため、不可能です。
  • 食事療法に従う必要があります、それは辛いと脂肪の多い食品を除外することが望ましいです。しかし、食べ過ぎてはいけません。

また、クラスを実行している日には、次の製品を食べる必要があります。

  • ダークチョコレート
  • ドライフルーツ
  • 砂糖入りコーヒーまたは紅茶
  • フルーツ、ジュース

これらの製品はすべて、必須栄養素や微量元素で体を飽和させるのに役立ち、トレーニングに費やした力を回復させます。

さらに、授業中は常に体に耳を傾け、幸福を監視する必要があります。異常がある場合は、授業を中止して婦人科医に相談することをお勧めします。

トレーニングの代替方法

「重要な日」に実行するためのいくつかの代替オプションがあります。これは、

  • ジムでのカーディオトレーニング
  • ピラティスやヨガのクラス。

後者のタイプの身体活動は、内部マッサージに寄与し、特に「批判的な日」期間中に女性の身体の状態に良い効果をもたらすので非常に有用です。

月経中に走る:賛否両論を整理する

健康を維持するためには、スポーツのために行かなければなりません。いくつかの公正なセックスのために、定期的な運動は人生の不可欠な部分です。しかし、月経期間中、女性にはいくつかの禁止事項が課されます。これは最近の体の弱体化によるものです。

余分なキロと戦うために、多くは十字架を選びます。毎月実行することは、特定の条件下でのみ可能です。これについてもっと詳しく説明しましょう。

禁止の主な理由

月経期間中は、あなたの体を集中的に訓練することはお勧めできません。弱さとめまいはスポーツ活動に対する主な禁忌です。それはあなたが月経の不快な症状のときになぜあなたが走れないのかを理解することが重要です。

重要な日にクロスすることは禁止されています。

  • 大量の放電を伴う。追加の運動は月経を増やすでしょう、
  • 痙性の痛み胃腸管の下部(卵巣領域)に感じられる不快感が増す可能性があります。
  • 一般的な倦怠感、
  • 体の脱力感や痛み、
  • 毎月のサイクル違反

泌尿生殖器系の疾患の存在下で落屑期間中に走ることは不可能である。

走った後、月経の悪化した女性が悪化した場合、彼女は婦人科検査を受けるべきです。

あなたがプロのスポーツ選手なら

毎月の退院期間中のランニングトレーニングは、顕著な疼痛症候群がない場合にのみ許可されることがわかりました。身体活動の利点にもかかわらず、最近のスポーツ活動は短いはずです。

プロとしてスポーツに関わっている女性は、1回のランニングトレーニングに30分以上費やすべきではありません。 この制限を超えると、状態が悪化する可能性があります。月経期間中に弱体化する身体はあらゆる負荷に敏感であるため、過労を防ぐために、0.5時間を超えるクロスカントリーは放棄する必要があります。

プロのスポーツ選手にとって、月経中の短期間は有用であるだけでなく必要です。彼らは不快感を防ぐのに役立ちます。

スポーツをする女性は、月経時の不快感を定期的に受けやすくなります。

科学的研究の結果によると、エンドルフィン、喜びのホルモンは、運動中に体内で生成されます。この化学物質は、健康だけでなくその人の気分にも良い効果をもたらします。したがって、30分の実行を否定してはいけません。

どの日にあなたは小さな負荷を与えることができます

毎月の退院期間中は、健康であっても筋力トレーニングで体を疲弊させることは不可能です。そうでなければ、あなたは過剰な失血と増加した痛みを引き起こす可能性があります。これが起こらないようにするには、落屑が終わるまで筋力トレーニングを行うだけではありません。

月経の最初の日には体がこの期間中非常に弱いので走ることはお勧めできません。月経の3日目では、失血はそれほど多くないので、めまい、倦怠感、腹部の痛みを引くことがない場合は、自分で滑走を拒むべきではありません。

重要な日のスポーツに関する基本的な推奨事項を検討してください。

  • トレーニングの前に、あなたはあなたの財布に追加の女性用衛生製品の利用可能性に従う必要があります、
  • 合成繊維ではなく天然繊維で作られた服を着るべきです。彼女のおかげで、過度の発汗を避けることが可能になるでしょう、
  • スポーツをすることを強制する必要はありません。やる気と良い気分がない場合は、重要な日にクロスを延期することをお勧めします。
  • 30分以上走ることはお勧めできません
  • これは十分な酸素で血液を飽和させるので、新鮮な空気の中で良くする
  • あなたがクロスカントリーの間に気分が悪くなった場合は、トレーニングを完了する必要があります。

もちろん、フィット感を保つことは重要ですが、 生殖医療はすべての女性の生活の中で重要な場所を持つべきです。。したがって、月経中に走りに行きたい、あなたは慎重にあなたの体に耳を傾ける必要があります。

月経中に走るのは危険ですか?

自分の姿を見ることに慣れていて、スポーツに積極的に関わっている女の子は、特に問題を心配しています。月経中に走ることは可能ですか?そして、「最近」は女性の生活の通常のリズムに変化をもたらすので、それは無駄ではありません。それが、月経が終わるまで女子学生が体育の授業から解放される理由です。

しかし、成人女性のために月経期間を通して走るのを止めることは重要ですか?それが可能であるとき、そしてそれが禁止事項に盲目を向ける必要がないとき。私達はこれらの問題を可能な限り詳細に理解するでしょう。

月経の最初の日に走ることはできますか?

1〜2日の月経のためには、走るのを拒否し、そしてあなたの体を休ませるのが良いです。現時点では、かなり強い負荷がかけられています。それを疲弊させ、さらにそれを使い果たす必要はありません。

月経中のランニングは、開始後3日から許可されています。 それから体はいくらかの強さを得て、そして一般的な状態は正規化されます。

あなたがあなたの期間の終わりまで走らせるべきでない理由の一つは、腹腔内の圧力の増加につながるこのスポーツの能力です。これは、順番に、拒絶の違反や子宮内膜の除去につながる可能性があります。これはほとんどの婦人科医の意見ですので、彼らは無視されるべきではありません。

月経中に走るのはなぜ便利ですか?

それで、月経の最初の日の間に走ることが可能であるかどうか考え出して、それは同じく重要な質問にこだわる必要があります:「これらの日に走ることの使用は何ですか?」

月経中のスポーツは非常に便利です。これは特にランニングに当てはまります。

あなたがこの期間中に正しく走れば、あなたは下腹部と腰の月経痛を取り除き、精神情緒状態を改善し、過敏性と睡眠障害を解消することができます。

さらに、ランニングへの合理的なアプローチは、エンドルフィン(幸福のホルモン)の集中的な生産に貢献します。さらに、小さなジョグは骨盤領域の緊張を和らげるので、月経中のジョギングは可能であるだけでなく必要です。もちろん、あなたがそれを賢くやれば。そして厳密な禁止がない場合に限ります。

月経中に正しく実行する方法?

月経中に実行するだけで利益をもたらしたためには、いくつかの簡単なルールを覚えておく必要があります。

  1. ジョギングはゆっくりとしたペースでのみ行うべきです。だから、月経中は、ジョギングをすることができます、そして短い距離だけ。
  2. 身体活動は実行可能であるべきであることを忘れないでください。ランニングは、骨盤領域に女性の不快感、不快感、または過度の筋肉収縮を引き起こすべきではありません。
  3. あなたは月経中に走ることができますが、長くはできません。あなたは時間記録を破ることを試みるべきではありません - これはあなた自身の健康に害を与えることができるだけです。

そしてもう一つの重要なニュアンス:あなたは実行に他の演習を追加しないでください。これは体に追加の、絶対に不必要な負荷を作成するでしょう、そしてそれは重要な日の間に女性の状態を悪化させるだけです。

月経中に走れないとき:禁忌

そのため、次のような場合は、重要な日中に走ることは固く禁じられています。

  • 膣からの大量出血があります、
  • 女性は激しいけいれんと低い腹部の痛みに苦しんでいます、
  • 一般的な倦怠感、脱力感、めまい、発熱、四肢震え、
  • 月経に直接関連して発症した疾患、失敗または逸脱、
  • 尿生殖路の病理が発生します。

月経中のスポーツについて>>

それが何であって、そして月経中に走ることは、この機会が婦人科医と詳細に議論される後にだけあるべきです。 「女性の」医者が患者が彼女の期間の終了前に走るのを止めることが適切で必要であると考えるならば、彼の助言は続かれる必要があるでしょう。

リスクの程度を評価し、過度の身体活動がこれらの「日」の間に時々もたらす可能性のある結果について話すことができるのは専門家だけです。

月経中のジョギングに代わるものは何ですか?

この期間中に正常な身体活動を維持するのに役立ついくつかの令状があるため、医師が月経中のランニングを断固として禁じている場合、女性は怒ることを急いではいけません。実行のためのこれらの可能な「代用品」は次のとおりです。

  • アスレチックウォーキング
  • すべての腹筋運動を除く、朝の運動のやや軽量なバージョン
  • ストレッチ体操
  • ヨガ

しかし、そのような一見無害なスポーツ活動であっても、女性は出席している婦人科医と彼らを拘束する可能性について事前に同意する必要があります。

重要な日々の間、健康を完全に安全にすることはできません。ランニングもフィットネスも、多くの女の子に愛されるヨガもありません。

したがって、月経中にクラスを続ける前に、慎重に考える必要があります。それらはすでに弱っている生物に害を及ぼすのでしょうか?

Pin
Send
Share
Send
Send