健康

あなたの期間中に教会に行くことは可能ですか?

Pin
Send
Share
Send
Send


教会のポーチは寺院の西部にあり、寺院の入り口と中庭の間の回廊です。このふりは、洗礼を受けていない、アナウンスされた人々、ある期間神殿に入ることを禁じられていた人々のための公聴会の場として長い間役立ちました。

クリスチャンが教会のミニストリー、告白への参加、しばらくの間の交わりの外にいることに対して不快なことはありますか?

月経の日は病気でも罪でもなく、健康な女性の自然な状態であり、子供を世界に与える能力を強調しています。

それではなぜ問題が起こります - 月経中に告白することは可能ですか?

旧約聖書は、神の前に入るとき、清潔の概念に多くの注意を払います。

下水処理する:

  • ハンセン病、疥癬、潰瘍、
  • 女性と男性の両方からのあらゆる種類の滲出液
  • 死体に触れます。

エジプトから出る前のユダヤ人は一人の人々ではありませんでした。一つの神の崇拝に加えて、彼らは異教の文化から多くを借りました。

ユダヤ教はその不純物、死体を信じていた - 一つの概念。死は不服従のためのアダムとイブの罰です。

神は、美と健康に完璧な人、その妻を創造されました。人間の死は罪深さを思い出させることと関係しています。神は命です、すべての汚れたものは彼に触れる権利さえありません。

これの確認は旧約聖書で見つけることができます。 15章のレビ記の書には、「妻は血の流れの間に汚れていると見なされるだけでなく、触れる人はだれでも」と明確に述べられています。

参考のために!月経の間、それは神殿内だけでなく、日常生活、コミュニケーション、あらゆる人との接触、そして「不潔な」女性にとっても禁じられていました。この規則は夫に関係し、月経中のあらゆる種類の性的行為を禁じます。

子供の誕生時には血液も放出されるので、若い母親は男の子の誕生時、女の子の誕生後60年間で40日間汚れたと考えられていました。

異教徒の巫女たちは弱さのために儀式から切り離されました、彼らの意見では、魔法の力は血から消えました。

キリスト教の時代はこの問題に関してその修正をしました。

新約聖書 - 純度の新しい見方

イエスの到来は、罪の捧げ物の概念、純粋さの意味を根本的に変えます。

キリストは彼は人生であるとはっきり言っています(ヨハネ14:5 - 6)、過去は終わった。

救い主ご自身が、未亡人の息子を復活させながら、若者の致命的なベッドに触れます。 (ルカ7:11 - 13)

旧約聖書の禁止について知っている、12年間出血に苦しんでいる女性は、自分自身が彼の衣服の端に触れました。同時に、キリストの周りにはいつもたくさんの人がいたので、多くの人が彼女に触れました。

イエスはすぐに彼から出てくる癒しの力を感じました、かつて病人と呼ばれました、しかし、彼女に石を投げませんでした、しかしより大胆に行動するように彼女に言いました。

重要です!新約聖書のどこにも出血の不純物について書かれていません。

第14章、ローマ人に手紙を送る使徒パウロは、彼自身が汚れたことはないと言います。人々は彼ら自身のために「不潔」を思い付き、それから彼らはそれを信じる。

使徒はテモテへの最初の手紙第4章を書きました。すべてが受け入れられなければなりません。

月経は神によって作成されたプロセスです、彼らは保護、神の恵みから誰かを区別するためにはるかに少ない不純物を扱うことができません。

新約聖書では、使徒たちは、不純物について話しているが、律法によって禁じられている食品の使用を意味しており、それはユダヤ人には受け入れられない。汚れた食物に関連する豚肉。

最初のクリスチャンにも問題がありました - 月経中に交わりを取ることは可能です、彼らは自分で決断をしなければなりませんでした。誰かが、伝統に従って、規範は、聖なるものに触れませんでした。他の人々は、罪を除いて、彼らを神の愛から引き離すことはできないと信じていました。

多くの男性と女性の信者たちは、その期間中に、イエス・キリストの説教、禁じられた言葉を見つけるのではなく、交わりを告白し、受けました。

毎月の質問に対する当時の初期の教会と聖なる父親の態度

新しい信念の出現により、キリスト教にもユダヤ教にも明確な概念はありませんでした。 使徒たちは、旧約聖書の霊感を否定することなく、モーセの教えから身を離しました。同時に、儀式的な不純物は事実上議論されていませんでした。

Methodius Olimpiysky、Origen、Martyr Justinなどの初期の教会の初期の父親は、純粋さの問題を罪の概念として扱いました。汚れた言葉は、彼らの言葉では、これは女性、月経の時に適用される、罪深いことを意味します。

起源は、月経だけでなく、不純物との性交も原因である。彼は、2人が交尾することによって1つの体に変わるというイエス様の言葉を無視しました。 (マタイ19:5)彼のストイシズム、禁欲主義は新約聖書には確認されていません。

3世紀のアンティオキア教義はレビ人の教えを禁止しました。それどころか、Didaskalyaはキリスト教徒を非難します。そして、その人たちは月経の間聖体を離れ、体を教会の省から分離しました。当時の教会の父親たちは、同じ出血している患者が彼の勧めの基礎であると考えています。

ローマのクレメンティはその問題に対する答えを出しました - 月経の間に教会に行くことが可能であるかどうか、典礼への参加をやめたか、聖体拝領を受けた人が聖霊を離れたかどうかを主張します。

月経中に神殿の境界線を越えなかったクリスチャンは、聖書とは無関係で、聖霊なしで死ぬことができます。 「使徒令」の聖クレメントは、子供の誕生も批判的な日も汚染も人を汚染することはできないと主張し、彼を聖霊から引き離すことはできません。

重要です!ローマのクレメンティはクリスチャンに空のスピーチを非難したが、彼は出産、出血、そして身体の欠陥を自然なものと考えた。彼はばかげた人々の発明を禁止すると言った。

聖グレゴリー・ドヴォスロフもまた、女性の側に立って、人体内の自然で神によって創造されたプロセスが、教会の礼拝に出席し、告白し、交わりを取ることを禁じる理由にはなり得ないと主張しました。

さらに、月経中の女性の不純物の問題はGangrsky大聖堂で提起されました。 341年に集まった司祭たちは、月経を不純物としてだけでなく性交としても考慮した司祭たちを結婚させることを禁じたユースタシア人たちを非難しました。彼らの誤った教えでは、男女間の違いは破壊された、あるいはむしろ、女性は服装、行動の男と見なされた。 Gangrsky Soborの父親は、キリスト教徒の女性らしさを守りながら、自分の体のあらゆる過程を神によって創造されたものであると認識して、ユースタニア運動を非難した。

六世紀に、グレゴリー大王、ローマの教皇は、忠実な教区教徒の側を取りました。

カンターベリーの聖アウグスティヌスに、月経の日、不吉の問題を提起した、教皇はこれらの日のクリスチャンの罪はそうではない、と彼女は告白することを告白することを禁じられません。

重要です!グレゴリー大王によると、尊敬のために聖体拝領を棄権し、そしてキリストへの彼らの偉大な愛情のために月経の間に彼を受け取った女性には賞賛は価値があります。

グレゴリー大王の教えは、キリスト教徒が月経の間に教会に入ることを再び禁じられた17世紀まで続いた。

初期ロシア教会

ロシア正教会は常に女性の批判的な日、あらゆる種類の有効期限に関する厳格な法律によって特徴付けられてきました。それは問題を提起さえしません - 月経中に教会に行くことは可能です。答えは明白で交渉可能ではありません - いいえ!

さらに、Nifont Novgorodskyによれば、出産が神殿のすぐそばで始まり、そこに子供が生まれた場合、教会全体は汚れたと見なされます。それは3日間封印され、「キリクの質問」を読むことによって見つけることができる特別な祈りを読むことによって再聖化されます。

神殿の中に同時に存在する人々は皆、汚れていると考えられました;彼らは権利書の清めの祈りの後にのみそれを去ることができました。

クリスチャンの女性が「清潔に」寺院にやって来て、それから出血したならば、彼女は緊急に教会を去らなければなりませんでした、さもなければ半年ごとの苦しみは彼女を待っていました。

テムニク書のお掃除の祈りは、赤ちゃんの誕生直後の教会でもまだ唱えられています。

この質問は多くの論争です。クリスチャン以前の時代に「汚れた」女性に触れることの問題は理解できます。なぜ今日、子供が神聖な結婚で生まれ、神からの贈り物であるとき、彼の誕生は母親、彼女に触れる人全員を汚したのでしょうか?

ロシアの教会での現代の衝突

たった40日後、クリスチャンは完全な「純粋さ」の条件下で神殿に入ることが許されました。教会の儀式や紹介が行われます。

この現象についての現代の説明は、労働における女性の疲労感であり、彼女は回復する必要があると伝えられています。では、どうすればイエスの血によって清められているように、ひどい病気の人がもっと頻繁に神殿を訪れること、聖餐を受けることをお勧めすることを説明するにはどうすればよいでしょうか。

現在のしもべは、要求の書の法が必ずしも教会の父の聖書と聖書の中で確認されているわけではないことを理解しています。

結婚、出産、そして不潔を結びつけるのはどういうわけか難しい。

1997年にこの問題を修正しました。アンティオキアの聖なる集会、彼の慈悲の総主教イグナティウス4世は教会の奉献された組合で子供を産んだ結婚の尊厳とキリスト教徒女性の純粋さに関する敬語の書のテキストを変えることにしました。

2000年のクレタン会議では、教会を開くとき、または若い母親を紹介するときには、彼女を祝福し、不潔について話しないことをお勧めします。

重要です!母親を紹介するとき、母親が肉体的に強い場合、教会は子供の誕生日を祝福します。

クレタ島の後、正統派教会は、重要な日に関係なく、神殿に出席し、告白し、聖餐を受けたいという彼らの願望が歓迎されることをすべての教区民に伝えるための緊急の勧告を受けました。

聖ヨハネクリソストムは、重要な日に神殿を訪問することは受け入れられないと主張した正規主義者たちにとって批判的でした。

アレクサンドリアのDionysiusは、規範の遵守を主張しました、しかし、人生はすべての律法が現代の教会によって守られるというわけではないことを示しました。

キヤノンは神殿の礼拝のために書かれているので、キヤノンは教会を支配するべきではありません。

批判的な日々についての質問は、キリスト教以前の教えに基づいた敬虔な仮面を身に付けています。

現代の総主教パヴェルセルブスキーはまた、批判的な日の間に精神的に不純であるか罪深い女性を考慮しません。彼は、月経中にクリスチャンは告白し、交わりを受けることができると主張しています。

彼のHoliness総主教は次のように書いています。この不純物は身体的、身体的、そして他の臓器からの排出物にすぎません。さらに、現代の衛生製品は偶然の出血によって寺院が不潔になるのを効果的に防ぐことができるので…私たちはこの側から必要な注意と衛生措置で毎月の浄化の間に女性が教会に行くことができるのは間違いないと信じます、アイコンにキスをしたり、反食物や献身的な水を飲んだり、歌に参加したりしました。」

重要です!イエスご自身が自分の血で女と男を清めたのです。キリストはすべての正統派の肉体となりました。彼は身体の状態とは無関係に人々に精神的な生活を与えることによって身体的な死を踏みにじった。

以前はどうでしたか。

聖書の最も古い部分 - 旧約聖書では、「汚れた」人々は神殿に入るべきではないと言われました。このカテゴリに含まれるもの:

  • ハンセン病患者
  • 化膿性炎症性疾患にかかっているすべての人
  • 分解する体に触れることによって自分自身を汚した人々(死体)
  • 生理的出血のある女性。

これらの条件下では寺院を訪れることはできないと主張されてきました。

興味深い事実:男の子を産んだ母親が出産後40日で教会に行くことを許されたとき、80歳以降に女の子が許されました。

彼らは今どう思いますか?

新約聖書の下では、教会に行かない方がよい人々のリストに調整が加えられました。女性のための特定の制限はなくなっていませんが。その時期に寺院を訪れる女性の禁止は、衛生上の配慮から生じました。

寺院は聖地であり、その領土に血を流すことはできないと常に信じられていました。以前は、信頼できる衛生的な保護手段がなかったため、月経中の女性にとっては教会の訪問は禁止されていました。

別の意見があります、なぜ女性は毎月寺院に出席できないのですか。誰がパラダイスの庭園から追放されたと非難するのですか?女性に。したがって、おそらく、女性は神に許可されていませんでした。どうやら、あなたに古い軽蔑を思い出させないために。このため、月経中、および乳児出産後40日間、産後出血が完了するまで、女性は寺院に入ることができません。

今日まで、寺院の月経期間中に女性の訪問をするのに合理的な禁止はありません。聖書には、信仰の冒涜が人の心に由来する悪であるが、生理学的な退院ではないと弟子たちが述べている章があります。新約聖書では、主な重点は人間の内なる霊性に置かれており、彼に頼らない自然の過程には当てられていません。

女性が月経中に教会に行くことは禁じられていますか?

寺院では人間の血を流すことはできません。例えば、教会の人が指を切って出血が始まった場合、彼は血が止まるまでそれを去らなければなりません。さもなければ、それは聖地が冒涜されたと考えられ、そしてそれを再照明することが必要になった。

月経中に高品質の衛生用品(ガスケット、タンポン)を使用すれば、人の血がこぼれることはないので教会に行くことができると結論付けることができます。同時に、この問題に関する聖職者の意見は乖離しており、互いに矛盾することさえあります。

月経出血のある女性は教会に居場所がないと信じる人もいます。あなたは入ることができ、祈りを読み、そして去ることができます。その他 - より過激な見解の支持者は、月中は教会に出席することは固く禁じられていると言います。しかし、月経は決して行動に影響を与えるべきではないと主張する人たちがいます。この間、教会生活の中で何も変えられるべきではなく、祈りを読み、ろうそくを置き、告白し、そして交わりを持ち続けるべきです。

両方の見解の支持者は彼ら自身の判断の証拠を提供することができます、彼らは挑戦することができますが。最初の意見を支持する人々は大部分旧約聖書からの情報に基づいており、出血のある女性は古代では人々と教会から離れているべきだったと言っています。しかし、これがなぜそうあるべきかの明確な説明は、提供することはできません。その当時、女性には必要な衛生手段がなかったという事実のために、聖地の血で染まる恐れがあったからです。

この生理学的プロセスには女性のせいではないことがしばしば指摘されてきました。それでも古代には、ロシアの女性たちは最近教会を訪問するのを避けました。

聖人の中には、自然が女性に寛大な贈り物をしたことを述べ、体を清潔にするこのユニークな能力を彼らに授けました。彼らは、この現象は神によって引き起こされたものであると主張し、それゆえに、汚れや不潔についての話はあり得ない。

旧約聖書のデータによると、月経中に女性が神殿を訪問するのを否定するのは間違っているでしょう。あなたが教会を注意深くそして深く勉強すれば、月経期間中に教会に行くことの禁止はすでに道徳的に時代遅れであるという結論に達することができます。

それでもやる方法は?

一日中許可されている寺院の女の子に参加してください。あなたがより多くの聖職者の意見を考慮に入れれば、そして月経中にそれを行うことができます。しかし、最近ではバプテスマと結婚式の秘跡を執り行わない方がよいでしょう。可能であれば、十字、アイコン、その他の神社に触れないことをお勧めします。さらに、教会はこれらの日に告白しないで、そして交わりをしないように求めます。

初めての男女の創造

Most Highがどのように私たちの宇宙を創造したのか知りたいのなら、あなたは慎重に旧約聖書を研究するべきです。それは最初の人々が彼のイメージと類似性の中で神によって6日目に創造され、そしてアダム(男性)とイブ(女性)の名前を受けたと言います。

結果として、最初は女性がきれいだったことがわかりました、彼女は毎月行く必要はありませんでした。そして、受胎の過程や子供の誕生は苦しめられてはいけません。完全な完全さが支配したアダムとイブの世界には、汚れたことのための場所はありませんでした。最初の人々の身体、思考、行為そして魂は純粋さを浸透させました。

しかし、知られているように、そのような牧歌はほんの短い期間続いた。狡猾な悪魔は自分自身に蛇のイメージを取り入れ、善と悪の知識の木から禁じられた果物を手に入れるようにイブを誘惑し始めました。引き換えに、女性は権力とより高い知識を受けると約束されました。そして彼女は抵抗することができませんでした - 彼女は果物を自分で試みました、そしてまたそれを試みるために彼女の夫に与えました。

このようにして罪への陥落が起こり、それが人類全体に広まりました。アダムとエバは罰としてパラダイスから永遠に追放されました。その女性は苦しめられる運命にあった。それ以来、受胎の過程と子孫の誕生が彼女の苦しみをもたらすと言われていました。聖書によると、ここから女性は、そして汚れたと見なします。

旧約聖書が禁じるもの

Для наших далёких предков правила и законы Ветхого Завета играли огромную роль. Не зря ведь в тот период времени создавалось огромное количество храмов, в которых люди пытались установить связь со Всевышним, а также делали подношения ему.

Что же касается представительниц прекрасного пола, то их не считали полноправными членами общества, а относили в дополнение к мужчинам. И, конечно, никто не забывал про прегрешение, совершённое Евой, после которого у неё началась менструация. つまり、当時の月例は、最初の女性が神の前でどのように罪を犯していたかを思い出させるようなものでした。

旧約聖書では、誰が神の聖なる神殿を訪れる権利を持っているか、誰が持っていないかが非常に明確に示されていました。そのため、次のような状況では入国禁止が課されました。

  • lepers上、
  • 種子生産中
  • 死者に触れた人々のために、
  • 化膿性分泌物に苦しんでいる人のために、
  • 月経中の女性のために、
  • 男の子を産んだ女性 - 最大40日、女の子を産んだ人 - 最大80日

旧約聖書が関連していた時に、すべては生理学的観点から認識されていました。汚れた体はその所有者と言った - 汚れた。

女性は教会に行くことや、多くの人々が集まる場所に行くことを厳しく禁じられていました。聖地に血を流すことは禁じられていました。

これらの規則は、イエス・キリストが現われるまで、そして新約聖書が発効するまで機能しました。

イエス・キリストは毎月との寺院に行くことを許可した

救い主は霊性に焦点を当て、人々が真実を理解するのを助けようとしました。結局、彼はすべての人間の罪、特にイブの罪を贖うためにこの世にやって来ました。

ある人が信仰を持っていなかったならば、それはすべての彼の行動が自動的に無霊のカテゴリーに分類されたことを意味します。彼の肉体的な殻がどれほどきれいで完璧なものであっても、黒い考えの存在は人を不潔にしました。

神の神殿は地球上の特定の場所として認識されるのをやめ、人間の魂に変えました。イエス様は人々に、魂は実際には神の神殿、彼の教会であると確信しました。同時に、男女双方の代表者の権利の平等化があった。

私は一つの状況について話をしたいのですが、すべての司祭たちを激怒させました。救い主が神殿にいたとき、長年にわたって絶え間なく失血していた一人の女性が、群衆の中を圧迫して彼の衣服に触れました。

イエスは不幸を感じ、自分の方を向いて、これからは自分の信仰によって救われたと言いました。それ以来、肉体の純粋さに忠実なままでいる人(旧約聖書の支持者、その月の間はいかなる状況下でも女性は教会に出席してはならないと確信していた)。この禁止を無視し始めた新約聖書と霊的純潔の支持者。

救い主が十字架で十字架につけられたとき、新約聖書は関連性を持つようになりました。それに従って、流された血は新しい命を象徴し始めました。

司祭はこの禁止について何と言いますか?

カトリック教会の代表者に関しては、月経のある教会に行くことが可能であるかどうかという疑問に対する彼ら自身の答えを長い間見つけました。この場合の月経は完全に自然な現象と考えられているので、その間教会に出席することの禁止はありません。さらに、多数の衛生製品が存在するために、血は長い間教会の床を灌漑していません。

しかし、正統派の神父はこれについて正しい解決策を見つけることができません。月ごとに教会に行けないのは、何百万もの理由を述べる準備ができている人もいます。そして、他の人たちは、あなたの魂がそれを望んでいるのであれば、寺院を訪問することに表明できるものは何もないと主張します。

女性が神殿に来るのを許す聖職者の第三の範疇もあります、しかし、彼女がいくつかの神聖な儀式、すなわち、バプテスマ、結婚式、告白に参加することを禁じます。

月経中に寺院ですることを禁じられていること

禁止は主に純粋に物理的な瞬間に関連しています。そのため、衛生上の理由から、女性は水に沈むべきではないので、他の人は自分の血が水とどのように混ざっているのかを知りません。

結婚式のプロセスは非常に長く、すべての弱体化した女性の体が最後までそれを持続することができるというわけではありません。そしてこれは失神、そして弱さとめまいに満ちています。

告白の間、精神的 - 感情的側面が関係します、そして知られているように、より弱い性の代表は彼らの期間の間にわずかに不適切な状態を持っています(そしてそれに従って行動します)。したがって、女性が現時点で告白することを決心した場合、彼女は余計なことをたくさん出す危険があるでしょう、そのうちの彼女は後で長い間後悔するでしょう。結果として、重要な日々の間に自白を確実に断念することが必要です。

それでは毎月で教会へ行くことができますか。

現代の世界では、罪人と義人の混在が起こるのは珍しいことではありません。誰が問題の禁止を発明したのか、誰にもわからない。すべての人が情報を自分のほうが便利な形式で認識しています。

教会は旧約聖書の時代と同じような部屋です。それで、慣性によってすべてはそれによって確立された規則を守り続けます。そして月に一度神殿に行かないようにしなさい。

しかし現代の民主主義の世界では、多くの変化がなされました。月経のある教会を訪問する際の主な罪が寺院で血を流すことであったならば、今日あなたは完全にこの問題に対処することができます。だから、女性はもはや汚れたと見なされていません。

しかし、コインの裏側もあります。月経中、自己浄化プロセスは女性の身体で行われます。これは、女性がまだ汚れていると見なされ、神殿に行くことが禁じられていることを意味します。

しかし、新約聖書は公正な性の側面を取ります。彼によると、あなたが神社に触れる精神的な必要性を感じているならば、神の援助で満たされているなら、教会への出席は受け入れられ、さらにはお勧めです!

結局のところ、救い主は心から彼を信じている人々に彼の助けを提供します。そして、あなたの体があまり問題にならない間、どれほどきれいになりますか。ですから、新約聖書の支持者が重要な日の間に教会に行くことを禁じられていないことがわかります。

ただし、いくつかの修正があります。それに基づいて、もし教会と神の神殿がまさしく人の魂であるならば、それから彼が助けを得たいと思って、特定の場所を訪れることは必要ではありません。それに応じて、女性は主にそして彼女のアパートから祈りを変えることができます。そして彼女の祈りが誠実で誠実であったならば、それから彼女は確かに聞かれ、そして神殿を訪れる場合よりもはるかに早くなるでしょう。

最後に

それでも、毎月教会に行くことが許可されているかどうかという質問にあなたが正確な答えを出すことはできません。誰もがこの問題に関する彼らの見解を表明するでしょう。そしてこれに基づいて、提起された質問への答えは本や記事ではなく、自分の魂の奥深くに求められるべきです。

禁止は存在する場合と存在しない場合があります。同時に、女性が神殿に行こうとしている動機や意図にかなりの重要性が与えられます。例えば、彼女の願いが赦され、完全な罪を悔い改めたいというのであれば、いつでも教会に出席することは受け入れられます。最も重要なことは、魂を清潔に保つことです。

一般に、月経期間中は、自分が犯した行動について考えることをお勧めします。多くの場合、最近の女性は、原則として、特に家を出ることを望んでいません。したがって、要約すると、月経中の神の神殿への訪問は許されますが、それはあなたの魂が本当にそれを必要とする場合だけです!

トピックの最後に、テーマ別のビデオを見ることをお勧めします。

男と女の創造の起源

宇宙の段階的な創造は、旧約聖書の聖書で学ぶことができます。男は6日目に彼のように神を創造しました - アダムの男と女の前夜。これは、女性が最初はピリオドなしで純粋に作られたことを意味します。子供の概念と出産は苦痛がないはずでした。完璧な世界に悪いことは何もありませんでした。すべてが純粋でした:身体、考え、考え、行動。しかし、そのような完成度は長続きしませんでした。

蛇の形をした悪魔はイブにリンゴを食べさせようとしました。その後、彼女は神のように力強くなりました。その女性は自分でリンゴを味わって、夫に試してみました。その結果、二人は罪を犯しました。そしてそれはすべての人類の肩に落ちた。アダムとエバは聖地から追放されました。神は怒っていて、女性が苦しむと予測しました。 「これからは、あなたは苦しみの中で想像され、苦しみの中で出産します!」と彼は言った。これ以降、女性は理論的に汚れていると見なされます。

旧約聖書の禁止

当時の人々の人生の物語は、規則と法律に基づいていました。旧約聖書にはすべてが詳しく書かれています。聖なる神殿は、犠牲を捧げるために神と交信するために作られました。実際のところ、女性は男性の追加と見なされており、社会の正会員とは見なされていませんでした。エヴァの罪はよく覚えられていました。その後、彼女は自分の時代を始めました。女性が創造したという永遠の思い出として。

旧約聖書では、誰が聖なる神殿に出席すべきではないのか、そしてどのような条件でそれが明記されていました:

  • ハンセン病
  • 種子の失敗によって
  • 死体に触れる
  • 化膿性の放電を伴う
  • 月経中、
  • 40日の男の子、80日の女の子を出産した女性を出産した後。

旧約時代には、すべてが物理的な観点から考慮されていました。体が汚れている場合、その人は汚れています。さらに、重要な日々の間に女性は聖なる寺院だけでなく公共の場所も訪れることができました。彼女は集会、群衆から離れていた。血は聖所に流されるべきではありません。しかし、ここに変化の時代が来ました。イエス・キリストは彼の新約聖書と一緒に地上に来ました。

新約聖書による汚物の廃止

イエス・キリストは人の魂に手を差し伸べようとしました、すべての注意は霊的に集中します。彼はエバを含む人類の罪を贖うために遣わされました。信仰のない作品は死んだと見なされました。つまり、人は外的に清潔で、黒い考えのために精神的に汚れていると考えられていました。聖なる神殿は地球上の特定の場所ではなくなりました。彼は人の魂の中に動いた。 「あなたの魂は神の神殿とその教会です!」と彼は言った。男性と女性は平等になりました。

ある瞬間に起こった状況はすべての聖職者の憤りを引き起こしました。群衆の中から圧搾された、何年もの間大量の出血に苦しんでいた女性が、イエスの衣服に触れました。 「あなたの信仰があなたを救った、女性よ」その時から、すべてのものが人々の心の中で混乱しました。肉体的で旧約聖書に忠実であり続けた人々は、古い意見に固執します - 女性は彼女の期間中教会に行くことができません。そして、イエス・キリストに従った人々は、霊的で新約聖書に従った、この規則は廃止されました。イエス・キリストの死が基準となり、その後新約聖書が発効しました。そしてこぼれた血は新しい命を生み出しました。

禁止についての司祭の意見

カトリック教会は批判的な日々の問題を長い間解決してきました。祭司たちは月経は自然現象だと考えていましたが、それについては何も悪いことはありません。衛生製品のおかげで、長い間血が教会の床にこぼれていました。正統の司祭はまだ意見に同意することはできません。月経中に女性が教会に行くことは絶対に不可能であるという意見を主張する人もいます。他の人はこの中立に関連しています - そのような必要性が生じたら、あなたは訪問することができます、あなた自身を制限しないでください。重要な日には女性が教会に入ることができるという見方を共有する人もいましたが、聖餐の一部は実行できません。

とにかく、禁止は身体的な瞬間により関連しています。衛生上の理由から重要な日の間は水に沈むことはできません。水中の血液はあまり良くない絵です。結婚式は非常に長い時間続きます、月経中の弱体化した女性の体はそれを我慢できない。そして血は激しく流れます。めまい、失神、脱力感があります。告白は女性のより精神的な感情的な状態に影響を与えます。月経の間、それは傷つきやすく、傷つきやすく、そして彼女自身ではありません。後で後悔することになる何かについての物語を言うことがあります。言い換えれば、月経中の女性は非常識です。

ですから毎月で教会へ行ってもいなくてもかまいません

現代の世界では、罪深い者と義人の両方が混同されています。それがすべてどのように始まったのか本当に誰も知りません。祭司たちは旧約または新約の時代にあった霊的な大臣ではありません。誰もが彼の欲しいものを聞いて認識します。むしろ、それは彼にとってより便利です。そしてそうです。教会は、部屋は旧約聖書の時から残っていました。ですから、聖なる神殿を訪れる人は、それに関連した規則を守らなければなりません。月の間に教会に行くことはできません。

しかし、現代の民主主義の世界は別の修正を加えています。血が汚れとして寺院に流されたので、問題は現在完全に解決されています。衛生製品 - タンポン、ガスケットは血液が床に流れないようにします。実際には、女性は不潔であることをやめました。しかし、硬貨にはもう一つの側面があります。月経中、女性の身体は洗浄されます。血液の新しい補給は新しい力で機能することを可能にします。したがって、女性はまだ汚れています。あなたはあなたの期間中教会に行くことはできません。

しかし、肉体が問題ではないとき、新約聖書があります。つまり、癒しのために神社に触れる必要があるならば、神の支持を感じるために、あなたは神殿に出席することができます。また、そのような瞬間に必要です。結局のところ、イエスは本当に何かを必要としている人たちだけを助けます。そして純粋な魂でそれを求めます。そして現時点では料理人は彼の体のように見えます、それは問題ではありません。つまり、精神的な、そして新約聖書をもっと大切にする人にとって、月経の間に教会に行くことは可能です。

また訂正があります。教会と聖なる神殿は人間の魂だからです。彼は助けを求めるために特定の部屋に行く理由がありません。女性がどこにいても神に頼るだけで十分です。ところで、純粋な心からの要求は、あなたが教会に通っているときよりも早く聞こえるでしょう。

まとめ

月経中に教会に行くことが可能であるかどうかという質問に正確な答えを出す人は誰もいないでしょう。これには、誰もが彼らの情報に基づいた意見を持っています。決定は女性自身によってなされなければなりません。禁止して食べてはいけません。そして、それは教会を訪れる理由に注意を払う価値があります。結局のところ、女性が何かを取り除くために、何かを引き付けるために聖なる寺院に行くのは秘密ではありません。言い換えれば、彼らは強いカフを作り、呪文を愛し、乾かし、乾かし、さらには他の人々に死を願うことさえします。だから、毎月の女性のエネルギーが弱まります。感度が上がるかもしれません、予言的な夢が起こり始めます。しかし、それが霊に強くなるまで言葉による力はありません。

教会を訪問することの目的が許しを求めること、罪を悔い改めることであるならば、あなたはどんな形ででも歩くことができます、あなたの期間は邪魔ではありません。主なものは不純な体ではなく、その後の純粋な魂です。重要な日は考えるのに最適な時期です。もう一つの興味深い事実は、月経の間、あなたは教会にも訪問にも買い物にも行きたくない、どこにも行きたくないということです。すべてが純粋に個性的であり、幸福、心の状態、ニーズによって異なります。あなたが本当にそれを必要とするならば、あなたは重要な日の間に教会に行くことができます!

旧約聖書と新約聖書の視点

月の間になぜ教会に入ることができないのかについての説明は、旧約聖書にあります。それは女性の「不純物」の間に教会に入ることが禁じられているという事実の言及があるということです。月経は、女性が「汚い」と見なされる期間です。それはいくつかの排泄物が彼女の体に由来するという事実に基づいています。そのようなプロセスが彼らの先祖がかつて罪深い落下を犯したという事実に対する罰であると多くの人が信じていました。

同時に、聖職者たちは、人間の死亡率の言及から彼らの小教区を守るためにあらゆる方法で試みています。月経中に、死んだ卵から子宮を清潔にする方法があると考えられています。そして教会には致命的な物はあり得ません。

聖書を読む他の学者たちは、主の罰は子供に命を与えるための長いプロセスである可能性があると言いますが、生殖器からの出血の存在は人類が継続できることを示唆しています。さらに、通常の現代の個人衛生製品はなく、彼女は床を汚すことができました。

これは聖地を訪れるだけでなく、式典にも参加することを含みました。それからそれは毎月と聖体拝領を取ることが可能であるかどうかの問題はありませんでした。それは主と教会の習慣を尊重しないと考えられていたからです。禁止は教会の道具への接触に課された。この時期に彼女に触れたみんなも汚れていて、彼女の周りのすべてのものが汚くなったという声明もありました。

新約聖書の言うこと

この聖書はすでに、神のすべての被造物は美しく、彼らに起こるすべてのものは正常であると述べています。そして、女性が最近訪れないようにするために、神殿は必要ありません。最も重要なことはそれが人の魂の中にあるということであり、彼の体に起こることではないと信じられていました。人間の意識が変わっただけでなく、社会生活の憲章も変わったので、より現代的な解釈はこの側面にそれほど要求されていません。教会は今やもっと寛容になりました。 Но это не означает, что необходимо пренебрегать всеми правилами и поступать так, как Вам захочется.

Современная трактовка

Ответ священника о посещение церкви во время месячных может также зависеть от того, где именно находится обитель Господа. В наше время люди в городах стали обращать меньше внимания на некоторые правила и поэтому допускают погрешности. Многие священники разрешают входить в здание и молится, но нельзя прикасаться к иконам и прочему, а также ставить свечи.

Бывает и такое, когда священнослужитель не сможет отказать женщине в помощи. Есть некоторые исключения, когда стоит нарушить требования.これらが含まれます:

  • длительное кровотечение,
  • серьезное состояние больной, которое может закончится летальным исходом,
  • тяжкая и долгая болезнь.

Что нельзя делать в «критические» дни

Как уже было сказано, есть некоторые обряды и таинства, которые не проводят во время менструальных выделений.その中には:

А что делать если решили окрестить ребенка и уже дату назначили, а тут жизнь внесла свои коррективы? Можно в церковь с месячными крестить ребенка или переносить? И так:

  • あなたが子供の母親の役割を果たす場合、この場合、あなたはちょうど彼の誕生の40日後まで教会に入ることはできません、そしてこのような状況がこの期間の後に起こるなら、あなたは単に聖餐の間に入るのではなく後に来るように頼まれますしかし、これはすべて非常に個性的で、神殿と祭司にかかっています。
  • あなたが祖母であるならば、あなたは「批判的な」日に赤ちゃんの洗礼の儀式を実行することができないので、あなたの瞬間のすべての特徴と懸念をより早く明らかにしようとしてください。

他のすべての儀式にも同じことが当てはまります。あなたが教会のものに触れなければならないからです。私は本、アイコン、ろうそくに血を打つための最も重要な禁止事項を検討します。しかし、現代の世界ではこれは避けられます。

現代の伝統は教会での月経中に存在することが許されています、そしてこの中で彼らは何も邪魔しているのを見ません。昔の伝統を守る人々の代表は、どんな血のこぼれも無血の犠牲が起こる神聖な場所では受け入れられないと信じていますが。しかし、しばらくの間聖体拝領をやめても魂に害はありません。言い換えれば、そのような忍耐が彼女にもっと神の恵みをもたらすと信じている人もいます。

行動を起こす前に、自分が行きたいコミュニティのルールをよく知っておく必要があります。それはエピスコピーの大部分によって受け入れられているそれらの伝統に固執する価値があります。私達はまた私達自身の感情を考慮に入れなければなりません。多くの場合、私たちの魂と心が私たちに伝えていることを聞く価値があります。急いで神殿に来て祈りを読む必要があるのなら、月経中に修道院を訪れることが可能かどうかを考えるべきではありません。あなたが合うと思うようにちょうどしなさい。主が自分の前でふさわしいと思ってそのような行動に責任を負うと誰もができるのです。

寺を訪問することは許可されていません

多くの人々のために神殿を訪れることで、悔い改め、祈り、力を要求し、強化する可能性があります。しかしそのような恵みは、順番に、知識があり、教会の規範や教会の行動規範に従うことを要求します。私達の先祖によって確立された正統派の伝統は制限することを意図されていませんが、寺院で教区教徒の行動を合理化することを意図されています。これは、その寺院を訪れる他の訪問者が、教会を始めたばかりの人に厳しい意見を述べる権利を持っているという意味ではありません。残念ながら、そのようなケースは珍しくありません。しかし、あなたはそれらをあなた自身の誇りを抑えるものとして扱う必要があります。

そのような事態を避けるために、寺院への最初のキャンペーンの前に、そして最も困難で物議を醸す質問で司祭に連絡することで、特別な文学を読むことはより良いです。教会生活の周りには、儀式や秘跡が常にたくさんの神話や誤りがあります。例えば、女性と女児はこの問題を非常に心配しています、重要な日の間に寺院を訪問することは可能です。この時期の女性は「汚れている」と考えられており、その存在によって聖地を冒とくするだけであると考えられています。

見てみましょう。神にとって“汚れた”人々はいません、彼はみんなを父のように愛しています。そして、人は自分の体よりも自分の魂に「汚れている」ことがよくあります。そして彼は清めのためだけに神殿に来ました。月経中の女性への寺院訪問を禁止することに関連するすべての固定観念は、中世から来ています。衛生状態がまだ悪かったとき、床に落ちる血の滴が神の家を冒涜するかもしれません。

今、すべてが個人の衛生状態で正常以上であるとき、この規則は正式になりました。女性は神殿に行くことができますが、教会の秘跡には参加できません。女性と女児は告白するかもしれません、しかし、彼らは聖体拝領の中に許されません。そのような日には、アイコン、十字架、聖なる遺物を付けたり、結婚したり、子供たちに洗礼を施すことは不可能です。

ルールの例外

しかし、私たちが病気や死の状態について話しているのであれば、規則や偏見の場所はありません。司祭はそのような女性をコミューニングまたは集める権利を持っています。

教会の規則によると、出産後の女性は40日間神殿に出席する権利がありません。そしてこの期間の後、祭司は彼女に許された祈り、「親の妻への祈り、四十日の間に」を読まなければなりません。

同時に、出血に苦しんでいる女性がキリストの衣服の端に触れて癒しを受けたとき、福音の物語を忘れてはなりません。すべての人は自分の体調に関係なく、神の憐れみの権利を持っています。

新約聖書によると月経時に教会に行くことは可能ですか?

旧約聖書では、女性の月経出血の期間は「不純物」の現れと考えられています。この聖書によれば、女性がその期間中に課されているすべての偏見や禁止事項が関連しています。正統派では、これらの禁止事項の導入は見られなかった。しかしまた行われていないと彼らのキャンセル。これは意見の不一致の根拠を与えます。

異教の文化の影響を否定することはできませんが、人のための外部の不純物の概念が修正され、正統派の神学の真実を象徴するようになりました。このように、旧約聖書では、不純物は死のテーマに結び付けられていました。それはアダムとイブの崩壊の後、人類の所有となりました。死、病気、出血などの概念は、人間の自然への深い被害について語っています。

人の死亡率と不潔さのために、彼らは神の社会から神の近くに住む機会を奪いました、すなわち、人々は地面に追いやられました。月経期に対するこのような態度は旧約聖書にも見られます。

ほとんどの人は、特定の人間の臓器を介して体から出てくるものを汚れていると考えています。彼らはそれを余分なもので完全に不要なものとして捉えています。そのようなことには、鼻、耳、咳などからの分泌物が含まれます。

女性の月経は、すでに死んでいる組織からの子宮の浄化です。この浄化は、キリスト教がさらなる概念への期待と希望としての理解、そしてもちろん新しい人生の出現として理解されている中で起こります。

旧約聖書には、すべての人の魂は彼の血の中にあると言われています。月経中の血液は体の死んだ組織を含んでいるので、二重にひどいと考えられていました。女性はこの血から解放され、解放されると主張された。

そのような時期には教会に行くことは不可能であると多くの人が考えています(旧約聖書を参照)。人々はこれを女性がこの失敗のために彼女を非難している失敗した妊娠に責任があるという事実に帰します。そして排泄された死んだ組織の存在は教会を汚します。

新約聖書では、見解が修正されています。旧約聖書における神聖な物理現象や特別な意味はもはや価値がありません。重点は人生の精神的な要素に行きます。

新約聖書は、イエスが自分の時代を過ごした女性を癒したと述べています。まるで彼女が救世主に触れたかのようでしたが、これはまったく罪ではありませんでした。

救い主は、彼が非難される可能性があるとは考えずに、月経のある女性に触れて彼女を癒しました。このように、彼は強い信仰と献身のために彼女を賞賛しました。そのような振る舞いは以前は間違いなく非難されていたであろう、そしてユダヤ教ではそれは聖人の軽蔑と同一視されると全く考えられていた。月経中に教会や他の聖地を訪れる可能性についての解釈に変化が生じたのはこの記録でした。

旧約聖書によると、重要な日々の間に自分自身が純粋ではないだけでなく、彼女に触れた人は誰でもいます(レビ記15:24)。レビ記12章によると、出産した女性にも同様の制限が適用されます。

古代では、ユダヤ人だけがそのような指示を与えませんでした。異教徒の崇拝はまた、女性が月経を行うことを寺院で様々な義務を果たすことを禁じました。また、この間の彼らとのコミュニケーションは自分自身の冒涜として認識されました。

新約聖書では、聖母マリアは儀式的純潔の要求に従いました。寺院では2年から12年住んでいたが、その後ジョセフに婚約し、彼の家に住むように遣わされたので、「主の金庫」を汚すことはできなかったと言われている(VIII、2)。

後に、イエス・キリストは説教をして、悪意が心から出てくると言いました、そしてこれは私たちを汚します。彼の説教は良心が「清潔さ」または「不純物」に影響を与えると言った。主は、出血している女性を責めません。

同様に、使徒パウロは、この種の純粋さの問題に関する旧約聖書の規則に関するユダヤ人の見解を支持しなかった;彼は偏見を避けることを望んだ。

新約聖書のイエス・キリストは、儀式的純潔の最も重要な概念は物質的なものではなく霊的なレベルに移されると信じています。霊性の純粋さと比較すると、すべての身体的症状は重要ではないと考えられ、それほど重要ではありません。したがって、月経はもはや不純物の発現とは見なされません。

現在、彼らの時代に教会に通う女性を固く禁じることはありません。

聖書の章では、信仰は身体的な分泌物ではなく、人間の心からの悪によって汚されたという声明をしばしば繰り返しました。新約聖書では、人間の意志とは無関係の身体的プロセスにではなく、人の内的で精神的な状態に特に注意が向けられています。

今日の聖地への訪問を禁止することはありますか?

カトリック教会は、体の自然なプロセスが寺院を訪問したり儀式を行うことを妨げるものでは決してないという見解を表現しています。正教会は、一般的な意見を述べることができません。意見は異なり、時には矛盾さえします。

現代の聖書は、教会への出席の最も厳しい禁止について私たちに話しません。この聖書は、月経の過程が地球上に存在する完全に自然な現象であることを確認しています。彼は完全な教会生活の妨げとなってはならず、必要な儀式の信仰と行動を妨げるべきではありません。

現在、彼らの時代に教会に通う女性を固く禁じることはありません。寺院で人の血を流すことは禁じられています。たとえば、寺院の人が指を傷つけたと同時に傷が出血している場合は、出血が止まるまで終了する必要があります。さもなければ、それは寺院が汚損されていると信じられている、そしてそれは再奉献される必要があるだろう。このことから、月経中に、信頼性の高い衛生製品(タンポンやガスケット)を使用すると、流血が起こらないので、あなたは神殿を訪れることができます。

しかし、月経中に許されることと教会で許されないことの問題に関する寺院の大臣の見解は異なっていて矛盾さえしています。

そのような女性は聖地では何もできないと言う人もいます。あなたは中に入り、祈り、そして行かなければなりません。この問題について根本的な見解を持っている何人かの聖職者は毎月の容認できない行動を持つ女性に教会に出席することを考えています。中世には、そのような日に寺院を訪れる女性に対する厳格な禁止がありました。

他の人は、月経はいかなる方法でも行動に影響を与えるべきではないと主張し、完全に「教会生活を送る」ことが必要である:自白や分詞をあきらめないように祈る、蝋燭を置く。

彼らの判断の証拠は2つの当事者からのものですが、異論があります。最初の判決を支持する人々は旧約聖書に大きく依存しており、以前出血していた女性は人々や神殿から離れていたと言っています。しかし、なぜそうなったのか説明していません。結局のところ、女性は必要な衛生製品が不足しているため、血で聖地を冒涜することを恐れていました。

後者は、古代の女性たちは教会に出席したと主張しています。例えば、ギリシア人(これはスラブ人とは異なります)、教会は奉献しなかった、それゆえそれらを汚すものは何もありません。そのような教会では、女性(毎月の出血には注意を払っていません)がアイコンに付けられ、通常の教会生活を送っていました。

女性は罪を犯しているのではなく、そのような生理的状態に定期的に耐えなければならないとしばしば言われました。それにもかかわらず、過去において、ロシアの女児はそのような特別な時代に教会に現れるのを避けようとしました。

一部の聖人は、自然は生きている生物を浄化するというそのような独特の特徴で女性の性に報いると述べ、この現象は神によって引き起こされたものであり、したがって汚くて汚いものではあり得ないと主張した。

厳しい正統派の意見に基づいて、月経期間中に女性が教会に出席するのを禁じるのは間違っています。教会と神学会議の現代的な解決策の慎重で徹底的な研究は、重要な日の間に女性が聖地を訪れることに対して時代遅れの見解であるという共通の見解を見つけました。

今日では、古くからの根拠に基づいて分類された人々を非難することさえあります。彼らはしばしば神話や迷信の支持者と同一視されています。

あなたは重要な日に神殿に行くことができますかできません:最後に行動する方法

女性はいつでも教会に行くことができます。教会の大臣の大多数の意見を考慮すると、女性は重要な日に教会に出席することができます。しかし、この時期は結婚式や洗礼のような神聖な儀式を拒絶することが望ましいでしょう。可能であれば、アイコン、十字架、その他の神社に触れない方が良いでしょう。そのような禁止は厳格ではなく、女性の自我を傷つけてはいけません。

教会はそのような日には女性に聖体拝領を拒否するよう求めます。ただし、長くて深刻な病気は例外です。

今や祭司たちから、罪だけが人を汚すので、体の自然なプロセスに特別な注意を払う必要はないとしばしば聞くことができます。

神と自然によって与えられた月経の生理学的プロセスは、信念を妨げて、一時的でさえも女性を教会から引き離すべきではありません。彼女が毎月の生理学的過程を経験しているという事実のためだけに、女性を神殿から追い出すことは正しいことではありません。

イスラム教徒による月経中のモスクの出席について

ほとんどのイスラム学者は、月経中は女性がモスクに行ってはいけないと確信しています。しかし、これはすべてに当てはまるわけではありません。何人かの代表者は、この種の禁止が存在するべきではないと考えました。月経中の女性によるモスク訪問への否定的な態度でさえ、必要性が大きく疑いの余地がない極端な場合を決して指すものではありません。議論の外には、女性が直接の、物理的な意味で彼女の退院でモスクを汚すときの状況があります。このような行為に対しては、最も厳格な禁止が課されています。しかし、女性はidに関する祈りに参加することが許されています。

毎月教会に行くことは可能ですか?

編集者注記:修道女Vassa(Larina)の記事は、英語のインターネットで活発な議論を引き起こしました - 多くの議論、リンク、詳細な回答出版物。ポータル「Orthodoxy and Peace」は、ディスカッションの主要テキストをロシア語に翻訳しました。

Yulia Zubkovaが「正統と平和」のために英語から翻訳しました。ポータルの編集者は、ロシア語のテキストに関する作業に多大な助けを与えてくれた修道女ヴァッサに感謝します。

ヌンバッサ(ラリーナ)

私がフランスのロシア国外正教会(ROCOR)の修道院に入ったとき、私は彼女の期間中に私の姉妹に課された制限について紹介されました。彼女は教会に行って祈ることを許されましたが、聖体拝領、アイコンへの貼り付け、解毒剤の手入れ、それらを配布すること、寺院の掃除をすること、アイコンの前にあるランプをつけることはできませんでした私自身の細胞 - この最後の規則は、私が他の姉妹のアイコンの角に消灯ランプがあるのに気づいたときに説明されました。私たちの誰もがこれらの施設に疑問を投げかけて何かを立証しようとしているのを覚えていません - 月経は一種の「不純物」であると単純に仮定しました。それらを汚す。

今日、ロシア正教会は「儀式の非純粋性」に関して異なる規則を定めていますが、それは教区に来るのとは異なり、ほとんどの場合それは地元の司祭によります。 Sergiy Bulgakovの人気のある「ハンドブック」は、「教会の規則」が月経中の女性の寺院への訪問と聖餐式の受領の両方を禁止しているという事実から始まります。しかしロシアでは、女性は一般に月経中に教会に来ることを許されていますが、聖体拝領、アイコンの接吻、遺物、十字架、さくらんぼ、匂い止め、または聖水を飲むことはできません。 [2]ロシアの外の小教区では、私の知る限りでは、女性は通常交わりを棄権するだけです。

「女性はいつでも神殿に来ることができますか」と呼ばれる、神聖なるセルビアンの総主教によって書かれた記事[3]は、月経のある女性が聖餐以外のすべてに参加することを許す穏やかな意見の例としてしばしば引用されます。 「儀式的な不純物」の概念に反して。しかし、総主教パウロはもう1つの伝統的な制限を主張しています。それは、女性が子供を産んだ後40日間、神殿に入って聖餐に参加することを禁じるものです。これもまた「儀式的非純粋」の概念に基づいたこの禁止は、ドイツでもアメリカでも、私には知られているロシア正教会の教区に見られる。しかし、モスクワ総主教の遺跡では、この慣行が至るところで支持されているわけではなく、モスクワの管轄下の教区で問題にされているという証拠が見られる[5]。

今日、「フェミニスト」神学[6]とそれに対する伝統主義者の反応[7]を鑑みると、政治的または社会的な方法で「儀式的非純粋」の問題に取り組もうという誘惑がある。確かに、上記の制限のかなり屈辱的な日常的な意味合いは、ある程度、西側の社会政治的文化に慣れている女性に負担をかける可能性があります。しかしながら、正統派教会は伝統的に社会的、政治的議題を持たず[8]、この観点からこの議論は教会にとって不適切である。さらに、女性にとって何かが「屈辱的」になる恐れがあるのは、謙虚さに焦点を当てている正統派の敬虔な人とは別のものです:私たちが障害、制限、悲しみなどに遭遇するとき、私たちは信仰を増し、神の救いの恵みへの希望。

したがって、平等の利益を別にして、私はあなたの注意を「儀式的非純粋」の概念の神学的および人類学的内容に引き寄せたいと思います。私たちの教会の生活は、結局のところ、特定の規則に従うこと、特定の祈りと適切な衰退を読むこと、あるいは謙虚さ自体を減らすことではありません。ポイントはこれらすべての神学的および人類学的意義です。これらのことをすることによって、私たちはある意味、ある信仰のある真実を告白します。したがって、今日私は質問をします。 意味 月経中の分詞の拒絶?これは女性の身体について何を言っていますか?赤ちゃんの誕生後に寺院に入ることを禁止することの意味は何ですか?これは出産について何を言っていますか?そして最も重要なのは、「儀式の非活動/純粋さ」という概念は、イエス・キリストに対する私たちの信仰と一致しているのでしょうか。それはどこで生まれたのか、そして今日の私たちにとって何を意味するのでしょうか。

これらの質問に答えるために、聖書的、正統的、そして典礼的な資料を検討してください。

旧約聖書

月経中の女性に対する儀式制限の最も初期の聖書的証拠は、旧約聖書、レビ記15:19-33にあります。 Leviticusによると、月経のある女性だけでなく汚れた - 彼女に触れた人も汚れた(Leviticus 15:24)。 接触による不純物。その後のレビ記の章(17-26、聖律法)では、現時点での彼の妻との性的関係は厳しく禁止されていました。月経のような出産も不純物を与えると信じられていました、そして同様の制限が出産した女性に課されました(レビ記12)。

ユダヤ人は古代の世界でそのような規制を導入した唯一のものとはほど遠いものでした。異教徒の崇拝はまた「儀式的な清潔さ」の配慮に関連した禁止を含んでいた。月経は寺院で彼らの宗教的任務を遂行できないように汚くし、異教徒の僧侶を作ることができないと信じられていた。子供の誕生も汚いこと。しかし、ユダヤ人は特別な事件でした。血のための彼らの例外的な無視に加えて(レビ記15:1-18)、古代ユダヤ人は女性の出血の危険性への信念を持ち続け、それは次第に主張され、そしてユダヤ教の後期にさらに強化された。聖書より。 [15]

ジェームズの原福音書と新約聖書

新約聖書の黎明期には、最も聖なる聖母マリアは「儀式的な純粋さ」の要件に従います。によると ヤコブの福音書神の母の数日の聖なる源としての役割を果たした2世紀の黙示録のテキスト、聖母マリアは2歳から12歳の間に寺院に住んでいます。彼女はジョセフに婚約し、彼の家に住むために送られました 「彼女が主の聖域を汚さないように」(Viii、2) [16].

イエス・キリストが説教を始めたとき、ユダヤの村でまったく新しいメッセージが聞こえ、パリサイ人と古代世界の両方で、敬虔な信仰の根深い立場に疑問が投げかけられました。彼は、心から来る悪意だけが私たちを汚していると宣言しました(マルコ7:15)。私たちの救い主はこのようにもっぱら良心[17]の分野に「純粋」と「不純物」のカテゴリーを置きました - 物質的な世界の手に負えない現象からの冒涜の古代の恐れから忠実な人を解放する罪と美徳に関する自由意志の領域。彼自身はサマリア人の女性と会話することを躊躇しません、そしてこれはやや冒涜的であるとユダヤ人によっても考えられました。 [18]その上、主は、癒されることを望んで短髪の女性が彼の衣服に触れることを叱責しない。彼は彼女を癒し、彼女の信仰を賛美する(マタイによる福音書第2章20-22節)。なぜキリストはその女を群衆に啓示したのでしょうか。聖ヨハネクリソストムは、 「他の人が彼女を模倣することを恐れないように、誰にでも彼女の信仰を開きます」.[19]

同様に、使徒パウロは、「純度」と「不純物」に関する旧約聖書の規則に対する伝統的なユダヤ人のアプローチを放棄し、それらをクリスチャンの慈善団体のみの理由で許可しています(ローマ人への手紙14)。パウロが神との親密さを表現するために「純粋な」という言葉よりも「聖なる」という言葉を好むことはよく知られています。したがって、旧約聖書の偏見を避けることができます(ローマ1:7、コリ6:1、7:14、2コリ1: 1など)

初期の教会と初期の父親

初期の教会の旧約聖書に対する態度は単純ではなく、この作品の一部として詳細に説明することはできません。ユダヤ教もキリスト教も最初の世紀には明確に別々に形成されたアイデンティティを持っていませんでした:彼らはある事への共通のアプローチを共有しました。教会は旧約聖書を霊感による聖書であるとはっきりと認識しました。それと同時に、モザイク法の指針から使徒評議会の時代(使徒15章)から離れていったのです。

使徒の後の初代教会作家である使徒の男性は、「儀式的な不純物」に関するモザイク法をほとんど扱っていませんでしたが、2世紀半ばから、これらの制限については少し後に広く議論されています。その時までに、キリスト教の作家がそれに象徴的な解釈を与えようとしているので、モザイク法の「手紙」がキリスト教の思想に異質になったことは明らかになります。 Methodius Olympian(300)、Justin Martyr(165)およびOrigen(253)は、「純粋さ」と「不純物」の語彙的カテゴリーを寓意的に解釈します、すなわち、徳と罪の象徴として解釈します[22]。クリスチャンのための「浄化」の源。[23]彼の論文の中で、Methodius Olimpiisはこう書いています。かつて新しい誕生(バプテスマ)を通して清められた人は、律法に述べられていることによってもっと汚染されることはあり得ないことは明らかです。"[24]。同様に、Clement of Alexandriaは、モザイク法で定められているように、配偶者は性交後に入浴する必要はもうないと書いている。なぜなら「聖クリメントは言う、」主はすべての結婚のためにバプテスマを通して忠実な人を清められました».[25]

それにもかかわらず、この文章における性的関係に対するクレメンツの一見オープンな態度は当時の作家には典型的ではなく[26]、クレメン自身にさえも[27]これらの作者にとって、モザイク法の処方は象徴的であると考えるのがより特徴的でした。 を除いて 性と性に関連するもの。事実、初代教会の作家は、月経、夫婦関係、および出産を含むセクシュアリティの出現を「汚れた」と見なし、したがって教会の典礼生活への参加とは相容れないと考えていました。

その理由はたくさんありました。教会の教えがまだ特定の教義的な体系に具体化されていなかった時代に、多くのアイデア、哲学、そして明白な異端が神学的な空気の中に現れ、そのうちのいくつかは初期のクリスチャン作家の作品に入りました。 Tertullian、Clement、Origen、Dionysius of Alexandriaなどのキリスト教神学の先駆者たちは、その時代の古典的教育を支配していたキリスト教以前の宗教的および哲学的システムによって部分的に影響を受けた。例えば、性交渉は出産の目的のためだけに正当化される、いわゆるストイキズムの公理、またはストイックの視点[28]は、Tertullian [29]、Lactantium [30]およびClement of Alexandria [31]によって繰り返されています。モーセは月経中の性交をレビ記18:19に禁じ、新しい論理的根拠を得ました。出産に至らなかったならば、それは「冒涜」だけではなく、結婚でも罪でした。この文脈において、キリストは福音書の中で一度だけ性交について言及していることに注意してください:「…そして2人は肉体になる」(マタイ19:5)。 [32]後年にモンタニズムの超禁欲的異端を採用したテルトゥリアンは、他の多くの人々よりもさらに進んでおり、性交後の祈りさえも不可能と考えていた。 [33]有名な原産地は、平均的なプラトニズムの現代的折衷主義の影響を受けていることで有名であり、その特徴は一般的な物理的および物質的世界全体を無視している。もともと聖書であった彼の禁欲的で倫理的な教義は、ストーイシズム、プラトニズム、そしてそれほどではないがアリストテリアニズムにも見られる。 [34]それゆえ、オリゲンが月経を自分自身とそれ自身の中で「汚れた」と見なしているのは驚くべきことではない。彼はまた、レビ記12章の出生時の旧約聖書の概念を汚れたとして受け入れた最初のクリスチャン作家である。 [36]おそらく、引用された神学者は、ユダヤ人の精神性が発展途上のキリスト教神学と平和的に共存するエジプトから来たということが重要である:アレクサンドリアの主要都市で徐々にユダヤ人の人口は減少しただれがユダヤ人から回心したのか。 [37]

シリアのDidaskalia

シチリアの首都アンティオキアでは状況が異なり、ユダヤ人の強い存在がクリスチャンのアイデンティティーに明白な脅威をもたらしました。 [38]シリアのDidkaliyaは、3世紀のユダヤ人の伝統に対するキリスト教的な論争の証拠であり、キリスト教徒が月経に関するものを含めて、レビティックス法を遵守することを禁じている。筆者は、月経中に祈り、聖書と聖体拝領を7日間棄権した女性に、次のように忠告します。「女性なら、7日間の清めの間に聖霊を奪われ、その時に死んだのなら、あなたは何も望んでいなくても空っぽになります。」 Didaskaliaはさらに女性の中に聖霊の存在下で女性を納得させ、祈り、読み、そして聖体拝領に参加できるようにします。

「今それについて考えて、祈りが聖霊を通して聞かれていること、そして聖書は聖霊の言葉であり、聖であることを認めなさい。ですから、聖霊があなたの内にいるのなら、なぜあなたはあなたの魂を遠ざけ、聖霊の働きに近づかないのですか。」[39]

彼はコミュニティの他のメンバーに次のように指示します。

「出血している女性でさえ救い主の服の端に触れたときに根付いていなかったので、期間を持っている人から離れてはいけません。彼女はむしろ彼女の罪から赦免を受ける価値があると考えられました」 [40]

このテキストが月経のある女性に聖餐を受けるよう勧め、マタイによる福音書第9章20-22節の聖書の例による彼らの忠告を補強することは注目に値します。

ガンスキー大聖堂

約1世紀後、約。 4世紀半ばには、紀元341年にGangra(アンカラの北105 km)で開催された地元の大聖堂の法律に「儀式的不純物」の概念に対する正当な証拠があります。 [41]小アジアの北海岸で、彼はEustache Sevastiusky(377)の信奉者の極端な禁欲主義を非難した。当時シリアと小アジアで共通していた二元的で霊的な教えに触発されたユースタス僧は、結婚と結婚した神権を軽視した。これに対して、理事会規則1は次のように述べています。 「誰かが結婚を非難し、彼の妻が忠実で敬虔であるならば、それは王国に入ることができないので、彼女の夫と交尾し、それを軽蔑し、または非難する。。 [43] Evstafianeは「儀式的純粋さ」の理由で結婚した神権から聖餐を受けることを拒絶した[44]。この慣習も理事会、その第4の規則によって非難された。

「結婚した長老と誰もが言えるのですが、彼が典礼をしたときにその捧げ物を受け取るのはふさわしくないと思います。宣誓の下に行かせてください。」 [45]

興味深いことに、ユースティニズムは完全な男女平等を主張する平等主義的運動であった。[46]このようにして奨励されたのは、Eustacheの女性の信奉者たちが女性らしさの類似性を取り除くために髪を切って男性のように身を包んだときであり、それは人間のセクシュアリティのあらゆる側面と同様に「冒涜的」と見なされた。エフスタフィの女性のこの慣習は、現代のフェミニズムの過激なタイプに似ていることに注意すべきであり、それは、そうであるように、男性からの女性のすべての違いを取り除くために努力しています。評議会はこの慣習を第13規則で非難します。 「架空の禁欲主義のために、ある妻が服を着けば、普通の婦人服の代わりに男らしい服を着るのなら、彼を宣誓の下に置かせよ」。. [47]

教会は、ユースタスの修道僧を棄却することにより、性的俗称を冒涜的なものとして棄却し、結婚の尊厳と、女性と呼ばれる神の創造した現象の両方を保護しました。

エジプトの父親の規則

これらの完全に正統派の古代の規範に照らして、今日の教会はどのようにして「儀式的非純粋」の概念を明確に支持する規範を実践することができるでしょうか。先に述べたように、規範のテキストを含む教会の文学は真空の中では形成されなかったが、古代世界の社会文化的な歴史的現実の中で形成された。 [49]儀式的な不純物の状態で女性に制限を課す最も初期の規範的規則は、AH 262に書かれたアレクサンドリアのディオニシウスの規則2(264)である。

«清めている妻について、そのような状態で神の家に入ることが許されるかどうかについて、私は読みすぎて尋ねます。私は彼らが、そのような状態にある忠実で敬虔なの本質であるならば、聖食事に進むか、あるいはキリストのからだと血に触れることをあえてしたとは思わない。癒しのために12年間出血していた妻にとっては、彼には触れず、彼の服の端だけに触れました。どのような州であっても、またどのような場所にあっても、主を記念して助けを求めることを禁じません。しかし、Holies of Holiesがあるという事実に進むために、それは全く純粋ではない魂と肉体によって禁止されるかもしれません。».[50]

シリアのDidkaliyaのように、Dionysiusはマットの出血女性を指していることに注意してください。 9:20-22、しかし全く反対の結論に至ります:女性は聖餐を受けることができないということです。 Dionysiusは実際には女性が聖域(祭壇)に入ることを禁じていましたが、教会自体には入っていませんでした。 [51]この仮説は引用された規範の文章に反するだけでなく、信徒がかつて祭壇の中で聖餐を受けたことも示唆している。最近の典礼研究では、信徒が祭壇の中に参加したという考えが否定されています。それゆえに、ディオニシウスは彼が書いたこと、そして東洋のクリスチャンの何世代もが理解したことと全く同じように言った[53]。月経を持つ女性は神の寺院に入るべきではありません。これが他のすべてのクリスチャンが完全に純粋であることを意味するのだろうか、「カタロイ」。おそらく、それは、教会が自分自身を「カタロイ」、または「純粋」、ノヴァティアの古代の宗派と呼んだ人々を、西暦前325年にニースの第一エキュメニカル協議会で非難したためではありません。 [54]

過去と現在の正統派のコメンテーターはまた、子供を妊娠する世話をすることに関連する何かとしてディオニジアの法則を説明しました:儀式的な不純物の概念を否定する12世紀のコメンテーターZonar(これらの制限の真の理由)女性向け - 」男性が彼らと一緒に眠るのを防ぎます...子供の概念を可能にするために" [55]それで、女性は男性が彼らと一緒に眠るのを防ぐために寺院と聖体拝領の中に許可されていない、汚れた汚名であるか?この主張の「出産のみのセックス」という前提を考慮せずに、彼は他のもっと明白な質問を提起します。男性はどういうわけか教会にいて聖餐を受け入れた女性と眠る可能性が高いのでしょうか。そうでなければ、なぜ女性は交わりを控えるべきですか?ロシアの司祭たちは別の説明をしています:女性はこの国では典礼の祈りに注意深く耳を傾けるにはあまりにも疲れているので、聖体拝領のために十分に準備することができません。 [56]子供を出産した女性の場合も、まったく同じ推論が提案されている。彼らは40日間休む必要がある。 [57]つまり、聖餐式はすべての疲れた人、病気の人、年配の人、または何らかの理由で弱い立場にある人に役立つべきではないのですか。聴覚障害者についてはどうですか?結局のところ、彼らが注意深く典礼の祈りに耳を傾けることも困難です。
とにかく、「不潔」の女性に制限を課す他のいくつかの規範的なテキストがあります。 規則6-7アレクサンドリアのティモシー (381 н.э.), который распространяет запрет и на крещение [58] и Правило 18 так называемых Канонов Ипполита, относительно родивших женщин и повитух. [59] Примечательно, что oба эти правила, как и Правило 2 Дионисия, египетского происхождения.

Святой Григорий Великий

Похожим образом обстояли дела на Западе, где церковная практика обычно считала женщин во время менструации «нечистыми» до конца 6-го/начала 7-го столетия.[60] В это время Святитель Григорий, Папа Римский (590-604 н.э.), отец Церкви, которому традиция (неверно) приписывает составление Литургии Преждеосвященных Даров, высказал другое мнение по данному вопросу. В 601 году, св. Августин Кентерберийский, «апостол Англии», (604) писал святителю Григорию и спрашивал, можно ли разрешать женщинам с менструацией приходить в церковь и к Причастию. Я процитирую святителя Григория подробно:

«Не следует запрещать женщине во время месячных входить в церковь. Ведь нельзя ставить ей в вину ту излишнюю материю, которую природа извергает и то, что с ней бывает не произвольно. 出血に苦しんでいる女性が謙虚に主の後ろに立ち、彼の衣服の端に触れ、そして彼女の病気がすぐに彼女を去ったことを私たちは知っています。それで、出血に苦しんでいる人が賞賛をもって主の服に触れることができるならば、毎月の出血を経験する人々が主の神殿に行くのは、どうして違法でしょうか。

…そんなときは不可能で、女性が聖体拝領の聖餐を受けることを禁じます。彼女が大いなる敬意を払って彼を受け入れることを敢えてしないならば(崇敬の念)、彼女は賞賛に値する(laudanda est)、そして彼女が受け入れるならば、彼女は非難されない(non judicanda)。善意の魂は罪がないところでさえ罪を見ます。

なぜなら、私たちが空腹になったとき、それは罪なしに起こります。同時に、我々が飢餓を経験しているという事実は最初の人のせいです。月経は罪ではありません。実際、これは純粋に自然なプロセスです。しかし、人間の意志に反しても、自然がステンドグラス(videatur esse polluta)に見える程度まで乱されているという事実は、罪の結果です...

ですから、女性が自分自身でこれらのことを考え、主のからだと血の秘跡を受け入れ始めないと決心すれば、彼女は正しい考えを賛美するでしょう。彼女が彼女の敬虔な生活の習慣に従ってこの聖餐の愛に抱かれて[聖体拝領]を受け入れるならば、それは私たちが言ったように、彼女がそうすることを妨げるためではないはずです。」 [61]

そのSvtに注意してください。グレゴリーは、出血している女性の福音物語 - シリア人のDidascaliaのような - を議論として理解しています に対して 儀式の非/純粋の処方箋。

中世初期には、セントグレゴリーによって導入された政策は適用されなくなり、月経のある女性は交わりを取ることを許されず、しばしば教会の入り口の前に立つように彼らに教えました。 [62]これらの習慣は17世紀には早くも西洋で一般的だった。 [63]

ロシアの「儀式的不純物」

ロシアにおけるそのような習慣の歴史に関して、彼らがキリスト教を採用するずっと前に、「儀式的な不純物」の概念はスラブ人を異ならせることが知られていました。 Pagan Slavsは、一般的な古代の異教徒のように、セクシュアリティの出現は儀式的に衰退すると信じていました。 [64]この信念はバプテスマを受けても古代ロシアでは本質的に変わっていなかった。

ロシアの教会は女性の「不潔」に関して非常に厳しい規則を定めていました。 12世紀のノヴゴロドのニホント司教は、「疑問のキリク」で、偶然にも教会の中に子供がいたら、教会は3日間封印され、それから特別な祈りで聖別されるべきだと説明しています。王の妻であるツァリナでさえ、居住用建物を汚さないように、彼女の家の外で、風呂または「石鹸」で出産しなければならなかった。子供が生まれた後、祭司が到着してトレブニクの書からクレンジングの祈りを読むまでは誰も浴場を出ることも入ることもできませんでした。この祈りを読んだ後になって初めて、父親は子供のもとに立ち会うことができました。女性が月に一度神殿に立っていたときに月の期間が始まった場合、彼女はすぐにそれを辞めたはずです。彼女がこれをしなかったならば、彼女は1日当たり50の大地の弓で断食の6ヵ月の時に罰を受けるべきだった[67]。たとえ女性たちが「不潔」な状態になくても、彼らは王家の扉のところではなく素人の男たちと一緒にではなく、北部の門で聖餐を受けました。

レクイエムの祈り

ロシア正教会の本の特別な祈りは、今日でも子供の誕生後の最初の日に読まれているが、神に尋ねる」汚物の母を浄化するために...「そして続く」そして、あなたのしもべを許しなさい、小さな人、そして家全体、若い人で生まれて、そして彼女に触れた人、そしてそれを見つけた人は誰でも…"[69]私たちがなぜ家全体に、母親に、そして母親にも許しを求めているのでしょうか。 とりわけ触れた彼女に?一方で、私はLeviticalの法則には冒涜の概念が含まれていたことを知っています タッチを通して。ですから、旧約聖書の信者たちが「汚れた」ものに触れるのは罪だと思ったのはなぜでしょうか。そして、私は異教徒が出産時と月経時の両方で血の流出を恐れていたことを知っています。しかし、今日の忠実な人が、女性に触れたり、子供を産んだ女性であることを許しを求めているのは、私にはわからないからです。

母親が教会の礼拝の儀式のために神殿に来ることが許されているとき、別の一連の祈りが40日後に読まれます。この機会に、祭司は母親のために次のように祈ります。

«すべての罪から、そしてすべての汚物から清めなさい…はい、敵対せずに、あなたの聖人の聖体拝領に加わりなさい... 40日間の公演で、汚物と魂の汚物で洗いなさい:私はあなたにふさわしいそして誠実な体とあなたの血の交わりを作ります。」 [70]

今日では、身体的な疲労のために、女性は子供の誕生から40日後に教会に行かないとよく言われます。しかし、引用されたテキストは典礼生活に参加する彼女の能力についてではなく、彼女の尊厳について語っています。これらの祈りによると、彼女の子供の誕生(概念ではない)は、彼女の肉体的および精神的な「不純物」(汚物)の原因となりました。これはアレクサンドリアの月経についての議論のDionysiusに似ています:それは女性を「魂と体の両方において」完全に清潔にするのではありません。

正教会の新しい発展

一部の正統派教会がすでに、出産、結婚、および不潔についての独断的に弱い考えに基づいて、Book of the Bookのテキストを変更または削除しようとしているのは驚くことではありません。 1997年5月26日にシリアで開催されたアンティオキアの聖なる集会所の決定を、彼のBeatitude Patriarch Ignatius IVの司会の下で引用します。

結婚とその聖性に関する小さなレクイエムの文章、出産して初めて神殿に参入した女性のための祈り、およびレクイエム奉仕の文章を変えるために、家父長的祝福を与えることが決定されました.[71]

2000年にクレタ島で開催された神学会議は、同様の結論に達しました。

神学者たちは…教会の礼拝について簡単で適切な説明を書き、教会の神学を反映するように儀礼そのものの言葉を改造するべきです。これは、サービスの本当の説明を与えられるべきである男性と女性にとって有用でしょう:それは子供の誕生を提供して祝福する行為として存在しています、そしてそれは母親が家の外で通常の活動を再開する準備ができ次第すぐにされるべきです...

私たちは教会に、毎月の時間に関係なく、女性が霊的にそして儀式的に準備ができているときはいつでも歓迎されていることを確信し、聖体拝領のために聖体拝領を受けるように頼みます. [72]

アメリカの正教会に関する以前の研究でも、「儀式の不潔」についての新たな考察が示されています。

月経期の女性は聖体拝領を受けたり、十字架やアイコンにキスをしたり、聖体拝領のためにパンを焼いたり、あるいは祭壇地帯は言うまでもなく教会の玄関口に入ることさえできないという考え。厳格な正統派キリスト教の観点からは受け入れられない…聖ヨハネ・クリソストムは、そのような態度を推進した人々をクリスチャンの信仰に値しないと非難しました。彼は彼らを迷信的で神話的だと言った。. [73]

そのような声明は恥ずかしいかもしれません。彼らは明らかに、アレクサンドリアのディオニシウスのすべての2番目のルールの最初の、特定の規範的ルールを無視しています。しかし、そのような当惑は、ほとんどの場合、教会の「真実」は、不変の、不可抗力のある、永遠に義務的な規範によって接続され保証されているかのような誤った仮定に基づいています。もしそうであれば - 教会の有機体の真の福祉が規範の成就にかかっているならば、この有機体は何世紀も前に崩壊したでしょう。規則書からのかなりの数の規範(正教会の公式規範コードから)は何世紀にもわたって尊敬されていません。教会は彼女の牧師に標準的な法律に関してかなりの自由度を与えているので、教会の階層は最終的に、神の“オイコノミア”(家の建造物)に従って、いつそしていつ規範を適用するかを決定します。言い換えれば、教会は教会の規範ではなく規範を支配します。

私たちは今日満たされていない規範的な規則のいくつかだけを示します。 Laodicea評議会の規則15(c。363/364)および第7回Ecumenical評議会の規則(787)は、読者や歌手が初心者に寺院で読んだり歌ったりすることを禁止しています。しかし、私たちのほとんどすべての教区では、初心者でもなく歌ったり読んだりしています - 男性、女性、そして子供たち。同じLaodicea評議会の規則22と23は、読者、歌手、および使用人が自分の肩にそれを身に着けている執事と、両肩にそれを横方向に身に着けている小執事にのみ与えられることを禁じています。しかし、今日ではロシア正教会の司教の礼拝で、サブディアコンのように十字型の叫び声を身に着けている初心者の手下たちに気づくことがあります。 879年に聖ソフィア教会にあったコンスタンティノープル評議会の規則2は、ビショップは僧侶にはなれないと述べている。より正確には、この規則は修道誓約と公会堂の尊厳の不適合を宣言しています。私たちの教会の現在の実践は明らかにこの規範によって承認されている原則に反しています。 Trullo Cathedral(691/2)のRule 69は、皇帝以外のすべての平信徒が祭壇に入るのを禁じています。私は女性がこの規範的な規則に違反しているのを見たことがないことに注意します。しかし、私が訪れたロシア正教会のすべての教会で、男と男が自由に祭壇に入ります。女性と男性の両方が規範的法律を遵守することが必須であるかどうか、または規範をどうにかして遵守することが必須であるかどうかを尋ねることは可能でしょう。 もっと必須です 女性のための?

それが可能であるように、私の目標は正当化も上記の規範の違反を非難することでもないということです。そのような判断は、すでに述べたように、教会の階層の特権です。私たちが一連の規範的規則を無視しているという明白な事実を指摘するだけです。実際、これは正統派教会の伝統的な実践と全く一致しており、それ自体は彼女の幸福に対する脅威ではありません。私たちが見ることができるように、教会は

結論

文章は彼ら自身のために話すので、私は簡単な結論を書くつもりです。 「儀式的な不純物」の概念の出所と性質を注意深く考察することは、正統派の信仰のマスクの下でかなり恥ずかしい、そして実際には非キリスト教的な現象を明らかにします。この概念がユダヤ教や異教主義の直接の影響下で教会の実践に取り入れられたかどうかにかかわらず、それはキリスト教の人類学やソテリオロジーには根拠がありません。正統派のクリスチャンである男性と女性は洗礼の水の中で清められ、私たちの肉体と私たちの人間性となったキリストと共に埋葬されて復活し、死によって死を踏みにじり、その恐れから解放されました。それでも私たちは慣習を守ってきました。それは物質的世界に対する旧約聖書の恐れを反映しています。したがって、「儀式的な不純物」に対する信念は主に社会問題ではなく、問題は主に女性の屈辱にあるわけではありません。むしろ、それは私たちの主イエス・キリストの化身の屈辱とその救いの結果についてです。

注:

1.聖職者の手引き(Kharkov 1913)、1144。
2.モスクワのタチアナ教会のウェブサイトでマキシムコズロフ神父の質問と回答を参照してください。 st - tatiana。る/インデックス。 HTML?した= 389(2005年1月15日)。 CP A. Klutschewsky、「ロシア正教会正教会の聖母教会」、Kanon 17(2005)140-209。
3.ドイツのROCORのBerlin Dioceseの季刊誌にロシア語とドイツ語で最初に掲載されました。「女性はいつでも神殿に通うことができますか。」ドイツDiocese 2(2002)24-26以降のオンライン紀要:http://www.rocor.de/ Vestnik 20022 /。

4この禁止はロシア正教会の秩序書によると観察されています。見る英語の翻訳:聖正教会の必要書、トランス。 G. Shann著(London 1894)、4〜8。
5米国のモスクワ総主教区の教区のサイトを参照してください。ロシアチャーチウサ。 org / SNCathedral / forum / D. ASP? n = 1097、
そしてwww。オルソ。 ru / cgi - bin / ns
6正教会における女性の居場所に関する正統派間協議の結論および女性の叙階に関する質問(Rhodes、Greece、1988)を参照のこと。見るまた
www.womenpriests.org/traditio/unclean。
7例えば、K. Anstall、「彼と彼女が創造した男女」:人間の性の謎の検討Maximos the confessorカナダの正統性に関する性別と人間のセクシュアリティに関するセミナリー研究2(Dewdney 1995)、特に。 24〜25。
8 CP G. Mantzaridis、Soziologie des Christentums(Berlin 1981)、129ff、同上、Grundlinien christlicher Ethik(St. Ottilien 1998)、73。
9儀式的な不純物に関する歴史的および標準的な情報源の私の非常に簡単な概要を深めたいと思っている人は、以下の解説研究を参照することができます。 Synek、 "Werber nichtvölligは、Seele und Leib ..." Reinheitstabus im Orthodoxen Kirchenrecht、 "Kanon Sonderheft 1、(München-Egling a.d. Paar 2006)。
10年E. Fehrle、「宗教的思想の中の大事な事件について」第6巻(Gießen1910)、95。
11 Tamzhe、29。
12年同上、37。
13年CP R.タフト、「ビザンティウムの教会にいる女性たちはどこで、いつ、そしてなぜ?」ダンバートンオークス論文52(1998)47.4
14年I.「ブレッド・ディスレクション:聖書の文学のためのコード」、A.Brenne(編)、 『出エジプトからデトロノミーへのフェミニストの仲間』(Sheffield 1994)、152-164。
15年J. Neusner著 『古代ユダヤ教における純粋の思想』(Leiden 1973)。
16 M.James、アポクリファル新約聖書(Oxford 1926)、42、Cp。タフト、“女性” 47。
17年D. Wendebourg、 "Kircheche derfrühenでReinheitsgesetzeを変更する"Zeitschrift20fürKirchengeschichte 95/2(1984)149-170。
18年CP Samariter、“ Pauly-Wissowa II、1、2108。
19. Matthaeum Homilで。 Xxxiら。 XXXII、PG57、col。 371。

20.ヴェンデブール、「Reinheitsgesetze」150。
21。 E. Synek、「Zur Rezeption Alttestamentlicher Reinheitsvorschriften ins Orthodoxe Kirchenrecht」、Kanon 16(2001)29。
22 Wendebourgの「Reinheitsgesetze」153-155からの参照を参照してください。
第二十三条ダイアログ、ジャスティン。 13、Origen、Contr。セルVIII 29。
24 V、3。ヴェンデブール、「Reinheitsgesetze」154。
25年ストロマタIII / XII 82、6.6
26顕著な切断を使って。イリネア、秋の結果としてセクシュアリティを考慮しなかった。前項を参照してください。ああ。 3. 22 4. Cp。 J. Behr著「結婚と無神論」、ロシア正教会に関する第5回国際会議(2007年11月、モスクワ)、7。
27。 J. Behr著 『Irenaeus and Clementにおける無神論と人類学』(Oxford 2000)、171-184。
28年S. Stelzenberger、Beziehungen derfrühchristlichenSittenlehre zur Ethik der Stoa。 Eine moralgeschichtliche Studie(ミュンヘン1933)、405ff。
29。 De monogamia VII 7、9(CCL 2、1238、48ff)。
30事業部機関VI 23(CSEL 567、4 ff)。
第三十一条ペイドII / X 92、1f(SC 108、176f)。
第三十二条比較ベア、「結婚と無神論」7。
第三十三条勧誘のためのカスタネットX 2〜4(CCL 15 / 2、1029、13ff)。 fからヴェンデブール、「Reinheitsgesetze」159。
34オリゲンと彼の時代の哲学的流れとの関係について多くの研究が書かれてきた。このトピックに関する現在の研究の概要については、D.を参照してください。 I.ランキン、クレメントからオリゲンへ。教会の父親の社会的・歴史的背景、(Aldershot-Burlington 2006)、113-140。
35カタログ番号ad Cor。 XXXIV 124:C. Jenkins(編)、「1 CorinthiansのOrigen」、Journal of Theological Studies 9(1908)502、28-30。
36ほらレフで。 VIII 3f(GCS 29、397、12〜15)。
37。 L・W・バーナード著「初期エジプトキリスト教の背景」チャーチ・クォーターリー牧師。 164(1963)
434、M.Grant、Roman Word(ロンドン1953)、117、265。Cr。 Wendebourgからの引用、“ Reinheitsgesetze” 167。
38見る『サイモン』、 『ジュスト=クレテンヌの歴史』(1962年創刊、140頁)、そしてユダヤ教のキリスト教、2世紀のユダヤ教のキリスト教、 『ユダオ - クリスチャンス』(パリ1972年)97-108。 CPヴェンデブールからのリンク、 "Reinheitsgesetze" 167.8
39 Didaskalia XXVI。 H.Achelis − J。 Fleming(編)、DieältestenQuellen des orientalischen Kirchenrechts 2(ライプツィヒ1904)、139。
40同じところ143。
41 Popodovodatysm。 T.Tenšek著 『Congraio di Gangra』:ユースタジオ・ディ・セバステ 『nell’ambiente ascetico』
42 J. Gribomont、 "Le monachisme au IVe s。 en Asie Mineure:de Gangres au messalianisme、「Studia Patristica 2(Berlin 1957)、400-415。
第四十三条P. Joannou、Fonti。鍛錬ジェネリックアンティーク(IVeIX)。 IX、(Grottaferrata-Rome 1962)、t。私、2、
89. EnglishTransfer(Pedalion)D.カミングス(シカゴ1957)、523。
44。見るTenšek、L’cecetismo 17-28.9
45。 Joannou、規律91、The Rudder 524。
46。 Tenšek、L’cecetismo 28。
47 Joannou、規律94、ラダー527。
48。 Visisismにおける儀式的不純物の概念のその後の発展。 P. Viscuso、「後期ビザンチン神学における純度と性の定義」、Orientalia Christiana Periodica 57(1991)399-408。
49。比較H.ハンガー、“ Christliches und Nichtchristliches im byzantinischen Eherecht、“ Oesterreichisches ArchivfürKirchenrecht 3(1967)305-325。
50。 C. L.フェルト(編)、アレクサンドリアのディオニュシウスの手紙とその他(ケンブリッジ1904)、102-
水道水と信憑性。 P. Joannou著、Disciplinegénéraleantique(IVe-IXes。)1-2(Grottaferratta-Rom、1962年)、2、12。翻訳は、Kormchy 718に準拠しています。
51。パウロ総主教、「女性はいつでも神殿を訪れることができますか」24。
52。 R. F.タフト、聖の典礼の歴史ジョン・クリソストム、第6巻。聖体拝領、感謝祭、そして締めくくりの儀式、ローマ2008(OCA 281)、204-207、216。
53。この規則についてのTheodore Balsamonの解説(約1130 / 40-ポスト1195)を見てください。 S. Dionysii AlexandriniとBasilidem episcopumができます。 2、PG 138:465C − 468A。
54。できます。 8、Rallis - Potlis II、133。
55。 Kormchi 719の英訳。Patriarch Pavelは文字通り「女性は教会に行くことができるか」の中でZonarを引用している。
56。 Klutschewsky、「Frauenrollen」174。
57.モスクワのタチアナ教会のウェブサイトでマキシムコズロフ神父の質問と回答を参照してください:www.st-tatiana.ru/index.html?did=389。
58. CPG 244、Joannou、Discipline II、243-244、264。
59. W.リーデル、アレクサンドリアン(ライプツィヒ1900年)、Kirkerechtsquellen、209を見なさい。P。Bradshaw(編)、Hippolytusの大砲、英語のトランス。 C. Bebawi著(Bramcote 1987)、20。

60. P.Broowe、Beiträgezur Sexualethik des Mittelalters、Breslauer Studien zur historischen神学XXIII(Breslau 1932)。神権の独占と関連した西洋における儀式的不純物の概念の発展については、H. Brodersen著 『Der Spender der Kommunion im Altertum und Mittelalter』を参照のこと。 Ein Beitrag zur Geschichte derFrömmigkeitshaltung、UMI論文サービス、(Ann Arbor 1994)、23-25、132.12

61.PL77、1194C〜1195B。
62.女性のための彼女の人生のスピードを落としなさい。 、73〜82。
63、同上。
64. E. Levin、900-1700(Ithaca-London 1989)、46。
65. Kirika、ロシア歴史図書館VI(St. Petersburg 1908)、34、46。
I.ザベリン。 XVI I XVII世紀(ロシア2000年)、第2巻、2〜3年におけるロシアの皇帝の家庭生活。
67.レクイエム(キエフ1606)、ff。 674v-675r。レビン、セックスと社会170からの引用。
68. B. Uspensky、TsarおよびPatriarch(Moscow 1998)、145-146、ノート3および5。
69.「常に若い男の妻を産むための初日の祈り」、トレブニク(モスクワ1906)、4v-5v
70.「産褥の妻への14日間の祈り」、同書、8-9.14
71. Synek、「Wer aber nicht」、152。
72もあります。
73.宗教教育学科、アメリカ正教会(編)、女性。 (42-43)

1。聖職者のテーブルブック(Kharkov 1913)、1144。
2モスクワのTatiana Churchのウェブサイト上のMaxim Kozlovに関する質問と回答を参照してください。
www。 st - tatiana。る/インデックス。 HTML? did =389 (15 January 2005). Cр. A. Klutschewsky, “Frauenrollen und Frauenrechte in der Russischen Orthodoxen Kirche,” Kanon 17 (2005) 140-209.
3 . Впервые опубликовано на русском и немецком в ежеквартальном журнале Берлинской епархии РПЦЗ в Германии: “Может ли женщина всегда посещать храм?” Вестник Германской епархии 2 (2002) 24-26 и позднее онлайн: http :// www . rocor . de / Vestnik /20022/ .

4 . Этот запрет соблюдается согласно Требнику Русской Православной Церкви. См . английскийперевод : Book of Needs of the Holy Orthodox Church, trans. by G. Shann, (London 1894), 4-8.
5 . См. сайты приходов московского патриархата в США: www . russianchurchusa . org / SNCathedral / forum / D . asp ? n =1097,
и www . ortho – rus . ru / cgi – bin / ns .
6 . См. Выводы Межправославной консультации о месте женщины в Православной Церкви и вопросе рукоположения женщин (Родос, Греция, 1988). См .また
www.womenpriests.org/traditio/unclean .
7 . Например , K. Anstall, “Male and Female He Created Them”: An Examination of the Mystery of Human Gender in St. Maximos the Confessor Canadian Orthodox Seminary Studies in Gender and Human Sexuality 2 (Dewdney 1995), esp. 24-25.
8 . Cр. G. Mantzaridis, Soziologie des Christentums (Berlin 1981), 129ff, id., Grundlinien christlicher Ethik (St. Ottilien 1998), 73.
9 . Желающих углубить мой весьма краткий обзор исторических и канонических источников относительно ритуальной нечистоты можно отослать к следующему исперпывающему исследованию: E . Synek , „ Wer aber nicht v ö llig rein ist an Seele und Leib …” Reinheitstabus im Orthodoxen Kirchenrecht,” Kanon Sonderheft 1, (München-Egling a.d. Paar 2006).
10 . E. Fehrle, Die kultische Keuschheit im Altertum in Religionsgeschichtliche Versuche und Vorarbeiten 6 (Gießen 1910), 95.
11 . Тамже , 29.
12 . Там же, 37.
13 . Cр. R. Taft, “Women at Church in Byzantium: Where, When – and Why?” Dumbarton Oaks Papers 52 (1998) 47.4
14 . I. Be’er, “Blood Discharge: On Female Impurity in the Priestly Code and in Biblical Literature,” in A.Brenne r (ed.), A Feminist Companion from Exodus to Deutoronomy (Sheffield 1994), 152-164.
15 . J. Neusner, The Idea of Purity in Ancient Judaism (Leiden 1973).
16 . M. James, The Apocryphal New Testament (Oxford 1926), 42. Cр. Taft, “Women” 47.
17 . D. Wendebourg, “Die alttestamentli chen Reinheitsgesetze in der frühen Kirche,“ Zeitschrift20für Kirchengeschichte 95/2 (1984) 149-170.
18 . Cр. Samariter,“ Pauly-Wissowa II, 1, 2108.
19. In Matthaeum Homil. XXXI al. XXXII, PG 57, col. 371.

20. Wendebourg, “Reinheitsgesetze” 150.
21 . E. Synek, “Zur Rezeption Alttestamentlicher Reinheitsvorschriften ins Orthodoxe Kirchenrecht,” Kanon 16 (2001) 29.
22 . См. ссылки у Wendebourg, “Reinheitsgesetze” 153-155.
23 . Justin, Dialog. 13, Origen, Contr. Cels. VIII 29.
24 . V, 3. C р . Wendebourg, “Reinheitsgesetze” 154.
25 . Stromata III/XII 82, 6.6
26 . Сзаметнымисключениемсв . Иринея, который не рассматривал сексуальность как результат грехопадения. См. Adv . Haer. 3. 22. 4. Cр. J. Behr, “Marriage and Asceticism,” unpublished paper at the 5th International Theological Conference of the Russian Orthodox Church (Moscow Nov. 2007), 7.
27 . J. Behr, Asceticism and Anthropology in Irenaeus and Clement (Oxford 2000), 171-184.
28 . S. Stelzenberger, Die Beziehungen der frühchristlichen Sittenlehre zur Ethik der Stoa. Eine moralgeschichtliche Studie (München 1933), 405ff.
29 . De monogamia VII 7, 9 (CCL 2, 1238, 48ff).
30 . Div. Institutiones VI 23 (CSEL 567, 4 ff).
31 . Paed. II/X 92, 1f (SC 108, 176f).
32 . Сf. Behr, “Marriage and Asceticism,” 7.
33 . De exhortatione castitatis X 2-4 (CCL 15/2, 1029, 13ff). С f . Wendebourg , “ Reinheitsgesetze ” 159.
34 . Множество исследований было написано по поводу взаимоотношений Оригена с философскими течениями его времени. Резюме современных исследований по теме см. у D . I . Rankin , From Clement to Origen . The Social and Historical Context of the Church Fathers, (Aldershot-Burlington 2006), 113-140.
35 . Cat.in Ep. ad Cor. XXXIV 124: C. Jenkins (ed.), “Origen on 1 Corinthians,” Journal of Theological Studies 9 (1908) 502, 28-30.
36 . Hom. in Lev. VIII 3f (GCS 29, 397, 12-15).
37 . См. L. W. Barnard, “The Background of Early Egyptian Christianity,” Church Quarterly Rev. 164 (1963)
434, также M. Grant, The Jews in the Roman World (London 1953), 117, 265. Cр. ссылки у Wendebourg, “Reinheitsgesetze” 167.
38 . См . M. サイモン、 『歴史のユダヤ教の歴史』(1962年創刊、140頁)、そして2世紀のアンティオキアにおけるユダヤ教のキリスト教のM.グラント、 『ユダ・クリスチャンス』(パリ1972)97-108。 CPヴェンデブールからのリンク、 "Reinheitsgesetze" 167.8
39 Didaskalia XXVI。 H.Achelis − J。 Fleming(編)、DieältestenQuellen des orientalischen Kirchenrechts 2(ライプツィヒ1904)、139。
40同じところ143。
41 Popodovodatysm。 T.Tenšek著 『Congraio di Gangra』:ユースタジオ・ディ・セバステ 『nell’ambiente ascetico』
42 J. Gribomont、 "Le monachisme au IVe s。 en Asie Mineure:de Gangres au messalianisme、「Studia Patristica 2(Berlin 1957)、400-415。
第四十三条P. Joannou、Fonti。鍛錬ジェネリックアンティーク(IVeIX)。 IX、(Grottaferrata-Rome 1962)、t。私、2、
89. EnglishTransfer(Pedalion)D.カミングス(シカゴ1957)、523。
44。見るTenšek、L’cecetismo 17-28.9
45。 Joannou、規律91、The Rudder 524。
46。 Tenšek、L’cecetismo 28。
47 Joannou、規律94、ラダー527。
48。 Visisismにおける儀式的不純物の概念のその後の発展。 P. Viscuso、「後期ビザンチン神学における純度と性の定義」、Orientalia Christiana Periodica 57(1991)399-408。
49。比較H.ハンガー、“ Christliches und Nichtchristliches im byzantinischen Eherecht、“ Oesterreichisches ArchivfürKirchenrecht 3(1967)305-325。
50。 C. L.フェルト(編)、アレクサンドリアのディオニュシウスの手紙とその他(ケンブリッジ1904)、102-
水道水と信憑性。 P. Joannou著、Disciplinegénéraleantique(IVe-IXes。)1-2(Grottaferratta-Rom、1962年)、2、12。翻訳は、Kormchy 718に準拠しています。
51。パウロ総主教、「女性はいつでも神殿を訪れることができますか」24。
52。 R. F.タフト、聖の典礼の歴史ジョン・クリソストム、第6巻。聖体拝領、感謝祭、そして終結の儀式、ローマ2008(OCA 281)、204-207、216。
53。この規則についてのTheodore Balsamonの解説(約1130 / 40-ポスト1195)を見てください。 S. Dionysii AlexandriniとBasilidem episcopumができます。 2、PG 138:465C − 468A。
54。できます。 8、Rallis - Potlis II、133。
55。 Kormchi 719の英訳。Patriarch Pavelは文字通り「女性は教会に行くことができるか」の中でZonarを引用している。
56。 Klutschewsky、「Frauenrollen」174。
57.モスクワのタチアナ教会のウェブサイトでマキシムコズロフ神父の質問と回答を参照してください:www.st-tatiana.ru/index.html?did=389。
58. CPG 244、Joannou、Discipline II、243-244、264。
59. W.リーデル、アレクサンドリアン(ライプツィヒ1900年)、Kirkerechtsquellen、209を見なさい。P。Bradshaw(編)、Hippolytusの大砲、英語のトランス。 C. Bebawi著(Bramcote 1987)、20。

60. P.Broowe、Beiträgezur Sexualethik des Mittelalters、Breslauer Studien zur historischen神学XXIII(Breslau 1932)。神権の独占と関連した西洋における儀式的不純物の概念の発展については、H. Brodersen著 『Der Spender der Kommunion im Altertum und Mittelalter』を参照のこと。 Ein Beitrag zur Geschichte derFrömmigkeitshaltung、UMI論文サービス、(Ann Arbor 1994)、23-25、132.12

61.PL77、1194C〜1195B。

62.女性のための彼女の人生のスピードを落としなさい、例えば、モレールsexuelle occidentale(VIe-XIe。)(Paris 1983)、11 、73〜82。
63。同上、14。
64。 E. Levin、イサカ - ロンドン1989、46。
65。 Kirika、ロシア歴史図書館VI(St. Petersburg 1908)、34、46。
66 I.ザベリン。 XVI I XVII世紀(ロシア2000年)、第2巻、2〜3年におけるロシアの皇帝の家庭生活。
67。レクイエム(キエフ1606)、f。 674v-675r。引用符Levin著、性および社会170。
68 B. Uspensky、TsarおよびPatriarch(Moscow 1998)、145-146、ノート3および5。
69 「男子の生誕1日目の永遠の祈り」トレブニク(モスクワ1906)、4 v -5 v。
70 「14日間、産褥の妻への祈り」、同書、8-9.14
71 Synek、「Wer aber nicht」、152。
72。同じ148。
73。宗教教育学科、アメリカ正教会(編)、教会の女性と男性。 (42-43)

Pin
Send
Share
Send
Send