健康

頸部びらんの間に妊娠することは可能ですか?婦人科医のアドバイス

Pin
Send
Share
Send
Send


多くの女性のための妊娠は待望のそして最も幸せな期間です。しかし、必ずしもすべてがすべてであるとは限りません。ほとんどの女性は、妊娠する前に婦人科医を訪れ、いくつかの検査を受けています。それで、次の訪問の間に、膣粘膜への損傷は検出されることができます。女性は、頸部びらんの間に妊娠することが可能であるかどうかについてすぐに質問をします。この記事は彼に答えます。あなたはこの問題に関する専門家の意見を学ぶでしょう。子宮頸部のびらんの炎症が検出された場合にどうするべきかについても説明する価値があります。

病理学の本質とその原因

子宮頸部のびらんは、出産年齢に最もよくみられます。創傷の原因は、ホルモン障害、性器感染症、粘膜の機械的損傷などです。

多くの場合、医師は真の侵食と偽形成を混同することがあります。診断を明確にするために、膣鏡検査が処方される。そのとき初めて、私たちは治療の必要性について話すことができます。

頸部びらんの間に妊娠することは可能ですか?

このスコアに対する意見は異なります。ほとんどの医師や経験豊富な専門家は、妊娠することができると言っています。しかし、それはかなり危険です。また、性別が弱い代表の中には、この病理を持つ子供を妊娠させることはほとんど不可能であると確信している人もいます。これは本当にどうですか?頸部びらんの間に妊娠することは可能ですか?

女性の意見(誤っている)

誰もが知っているように、受精は受胎に必要です。雄細胞は雌配偶子と融合する。この後、胚部分の継続的な分裂と成長が始まります。次に、卵子は子宮腔に落ち、すでに子宮内膜にしっかりと付着しています。

かなり頻繁に、頸部侵食は血まみれです。同時に、女性は次の月経が始まると思います、そしてこの期間中に妊娠することは完全に非現実的です。しかし、この見解は誤りです。この観点に固執した、より弱いセックスの多くの代表は、すぐに新しく刻まれたママになりました。

医師や専門家の意見

頸部びらんの間に妊娠することは可能ですか?はい、もちろんです。婦人科医は、受胎の開始と子宮頸管の粘膜上の創傷の形成との間には関係がないと述べています。

侵食の際のホルモンの放出は同じレベルのままです。卵巣は正常に機能します。その結果、排卵プロセスは壊れません。無防備なセックスで概念が発生する可能性があります。

例外または特別な場合

また、子宮頸部びらん中の妊娠が起こらないことも起こります。しかし、概念が欠如している理由は、創傷自体ではなく、それを引き起こす関連疾患です。

それで、ホルモン不全とびらんの形成で、妊娠がないかもしれません。粘膜の病状に炎症性または感染性の原因がある場合は、受胎も起こらない可能性があります。

妊娠前に侵食治療は必要ですか?

診察室で同様の診断を受けた多くの女性は、それを修正する価値があるかどうかを尋ねます。医師は病理学を通常の方法(焼灼または凍結)で治療することを勧めません。しかし、薬草を使った浸食のためにダウチングが処方されることがよくあります。そのような衝撃は、創傷自体が引きずり込まれることを可能にする。

受胎前に病理学を治療することがなぜ不可能であるのか?他の傷と同様に、頸部侵食は瘢痕を残すことがあります。赤ちゃんの誕生時には、子宮頸管は最大限に拡張し、そこからの出口は完全に滑らかになります。このプロセスの結果として、子宮頸管は完全に拡張しています。その上に傷がある場合、それらは単に破裂することができます。これは手術の必要性につながります。医師は、女性が今後5年間に子供を産むことを計画していない場合にのみ、従来の方法でびらんを治療することが賢明であると言います。

将来の母親とその子供にとって危険な侵食とは何ですか?

それで、あなたはそのような病理であなたが妊娠することができるということを知っています。しかし、それは安全ですか?女性にとっては、粘膜に傷がつくことによる脅威はありません。しかし、将来の赤ちゃんは危険にさらされるかもしれません。

頸部浸食は感染症の直接の侵入経路です。炎症は直ちに子宮頸管に入り、子宮に入ります。妊娠の最初の学期には、これは赤ちゃんにとって非常に危険です。

分娩中、子宮頸部のびらんは時々全く予想外の振舞いをする。負傷した領域では、粘膜は単に分散するか、まったく開かないことがあります。また、多くの将来の母親は頸部機能不全に直面しています。この場合、我々は粘膜の時期尚早の食い違いについて話しています。これらの病状をタイムリーに修正することで、赤ちゃんの健康を維持することができます。しかし、妊婦は医師の特別な管理下に置かれるべきです。

まとめ

あなたが頸部びらんを持っているならば、それがその出現の理由を見つけること、そしてそれから妊娠することを試みることが必要です。炎症や感染の検出時には、修正を加える必要があります。創傷がホルモン不全のために形成された場合は、体を片付けなければなりません。この場合にのみ、あなたはあなた自身とあなたの赤ちゃんを起こりうる合併症から守ることができます。あなたを祝福します。

病気の本質を理解する

頸部びらんは、子宮頸部の粘膜への損傷です。外面的には、それは上皮の傷または赤い斑点のように見えます。損傷の原因は次のとおりです。

  • 出産時および妊娠中絶時の粘膜の侵害を含む機械的影響
  • 化学物質暴露
  • 発達異常、
  • ホルモン障害
  • 免疫力の低下
  • 生殖器感染症および炎症
  • 乱交のセックスライフ。

原則として、びらんが小さい場合、それはそれ自体を明示せず、婦人科医の予約により偶然に診断されます。大きな侵食で、女性は観察することができます:

  1. 性交中の痛み。
  2. 月経期間中または性交後の少量の血液排出。
  3. その他の大量の分泌物(白痢、粘液または膿)。

浸食の原因となる要因を取り除きます。

健康な女性のための侵食自体は危険をもたらさない。しかしながら、大きな浸食は癌性腫瘍に発展する可能性があると考えられている。したがって、それを治療することが非常に望ましいです。子宮頸部のびらんの間に妊娠することが可能であるかどうかの問題に関して、医者はそれが可能であると明白に答えます。受胎過程、卵細胞への精子の進行とその​​受精に影響はありませんが、侵食はありません。

しかし、コインの裏側があります。浸食が体内の何らかの疾患または障害の結果である場合、これらの疾患は受胎の障害となります。すなわち受胎の可能性は、粘膜自体の損傷によるものではなく、浸食を引き起こした感染または炎症によるものです。例えば、それが膣内の感染症である場合、それは子宮および付属器に上昇し、そして受胎を複雑にするだけでなく、不妊にもつながり得る。

妊娠前にびらんを治療する

まず第一に、侵食を引き起こした原因を取り除くことが必要です。その時になって初めて、創傷自体の除去療法が始められます。焼灼による侵食の治療は、手渡し後、子宮頸部に傷跡が残るために弾力性を失い、それが破裂を招くので、分娩不能な女性には望ましくない。胎児は傷跡を残さない他の現代的で穏やかな治療法(凍結、レーザー除去)でびらんを除去することができます。

侵食が進行しておらず、妊娠が近い将来に計画されていない場合は、それを完全に除去する必要はありません。侵食の原因が取り除かれれば、炎症や感染はなく、侵食さえもなくなります。手術は重度の子宮頸部異形成症に対してのみ処方されます。この場合、患部組織を摘出する必要があります。

しかし妊娠したい女性のために、浸食を治療することは強く推奨されています。損傷した子宮頸管は細菌の侵入と有害な微生物の定着のための開かれた門であり、したがって胎児への脅威です。すなわち子宮頸部びらんで妊娠する可能性があるかどうかを考えて、もしそれが大きければ、胎児への影響についても尋ねなければなりません。焼灼後、妊娠を計画している女性は1年間妊娠を待つことをお勧めします。

妊娠中のびらんを観察する

多くの場合、侵食はホルモンの不均衡や免疫力の低下のために妊娠中に起こります。妊娠中に、びらんを治療することは不必要なだけでなく、非常に危険です。びらんは、それが感染症によって支えられていなければ妊娠の過程に影響を及ぼさず、そして外科的介入は一般に禁止されている。

しかし、びらんのために、子宮頸部は弾力性がなくなり、それゆえ出生時に破裂する傾向があります。女性が未治療のびらんで妊娠するようになるならば、あなたは彼女の理由を知る必要があります。感染が体を「歩き回り」、その結果侵食が起こる場合、胎児がそれを感染させる可能性があります。びらんのある妊婦は婦人科医によって常に監視され、定期的に検査されるべきです。

その結果、子宮頸部のびらんの間に妊娠することが可能であるかどうかの問題、答えは肯定的です。しかし同時に健康な赤ちゃんを作ることは可能です、誰も肯定的な答えを与えることはありません。

出産後のびらんを治療する

治療のために、すべての薬が授乳中に許可されているわけではないので、医師は出産の終わりまで、そして時には授乳過程の完了まで待つことを勧めます。その後、あなたは子宮頸部の粘膜の損傷を引き起こすすべてのものを破壊し、損傷を受けた組織を取り除きます。

機械的損傷の結果として、分娩中に侵食が起こることがあります。このような現象は危険ではなく、出産後に消える可能性があります。二度目の頸部びらんで妊娠することは可能ですか?もしあれば、関連するすべての病気を確実に取り除く - はい!

侵食を伴うツグミは必ず治療する必要があります

多くの女性は、子宮頸部のびらんやツグミで妊娠する可能性があるかどうかわかりません。スラッシュは妊娠の可能性に影響を与える可能性があります。真菌自体は生殖機能に影響を与えません。しかし、膣内のツグミで、特別な酸ベースの培地が形成されます、そしてそれで精子の生存率と浸透率は非常に低いです。膣に入って、精子細胞はそこで死にます。しかし、精子の破壊のレベルは高いですが絶対的ではないので、まだ妊娠する可能性があります。しかし、受胎の可能性が高まるためには、ツグミが扱われるべきです。

さらに、すでに妊娠中の女性が頸部びらんやツグミを抱えている場合、これは胎児の感染および絶滅の危機に瀕している可能性を高めます。赤ちゃんをツグミと契約する危険もあります。したがって、妊娠前には、ツグミが治り、次にびらんが治っている必要があります。

嚢胞は必ず治療しなければなりません。

子宮頸部のびらんや嚢胞で妊娠する可能性はありますか?ツツジと同様に卵巣の嚢胞は受胎の可能性を減らします。それは扱われなければなりません。嚢胞は、病的無月経として女性においてそのような現象を引き起こすことがある。排卵の欠如、そしてその結果として、妊娠の可能性。しかし、排卵のプロセスを妨げない種類のこれらの腫瘍があります。この場合、概念は干渉しません。

婦人科医は、どのタイプの嚢胞が女性に形成されたかを判断するのを助けます。妊娠中に卵巣に嚢胞が発生する危険性は、新生物が進行して増加すると、子宮頸部の変形、流産、または早産を脅かすという事実によって決定されます。

私たちが子宮頸部の嚢胞について話しているならば、それは妊娠して子供を産む能力に影響を与えません。このような嚢胞は浸食によって引き起こされることがあり、そして原則として進行しない。

結論

子宮頸部びらんで妊娠する可能性があるかどうかについての情報を探すとき、出産した女性からのフィードバックはこれに自信をつけるのに役立ちます。しかし、女性が前もって妊娠を計画しているならば、最も正しい決断は妊娠の前に、びらんを含むすべての病気を取り除くことです。すべての病気の治療のフルコースの後、妊婦は自分の赤ちゃんの健康を心配することはできず、パン粉が正常に成長し成長するという自信を得ることができません。

妊娠計画

妊娠を計画するとき、それは3-4か月の間身体を準備し始めることが勧められます:もしあれば、婦人科医を訪問し、必要な検査に合格し、病気を治します。びらんが検出されると、専門家が炎症の無視とその原因を判断するために以下の検査を処方します:

  • 膣鏡検査
  • 細胞診
  • 性感染症の分析。

検査結果が陽性であるか、または試験で異型細胞が見つかった場合、婦人科医は治療を処方するか、または生検を送ります。 検査結果が陰性の場合、専門医は焼灼浸食を依頼します。.

侵食が非常に小さく、研究によると、より深刻な病気の結果ではない場合があります。このような炎症は治療を必要とせず、妊娠中に消える可能性があります。

子宮頸部侵食が妊娠と妊娠のプロセスにどのように影響するかについてのビデオを見ることを申し出ます:

焼灼法と治療後の妊娠

侵食の焼灼のいくつかの方法があります、それはまたあなたが近い将来あなたがどれくらい速く妊娠することができるかを彼らの選択に依存します:

    ジアテルモ凝固 - 電流による侵食の焼灼。最も一般的な手順と最も問題が多い。他の可能性があるならば、それは出産するために任命されません。手術中に、変化した部分だけでなく、健康な部分も影響を受けます。これに関して、子宮頸部が狭くなり、組織が長期間治癒し、月経周期が中断する可能性がある。

このタイプの焼灼浸食の後、いつ妊娠することができますか?回復期間:3〜5ヶ月

侵食の焼灼の後、それは婦人科医を観察し、妊娠するために体の準備について彼に相談する必要があります。

頸部びらんの診断と治療の方法についてのビデオを見ることを申し出ます。

合併症を避けるには?

  • 婦人科医に相談し、厳密に彼の勧告に従ってください。
  • 感染症、ホルモンの不均衡、または微生物叢の異常がある場合 - 治療の全過程を完了する

病気を取り除き、そしてあなたの医者から承認を受けたならば、あなたは安全に妊娠しようとする試みに進むことができます。 健康な女性は将来の赤ちゃんの健康を心配する必要はありません。.

侵食とは

子宮頸部の浸食は上皮の位置と呼ばれ、これは溝の開口部の周りの赤い斑点のように見えます。言い換えれば、それは子宮内膜の病理学的変化です。この病気は非常に一般的で、ほとんどの場合無症状です。時にはびらんは小さな出血が特徴です。原則として、女性だけが侵食を検査できるのは医師だけです。びらんは出産している女性の半分に起こります。

侵食は治療においてそれほど努力を必要としない。しかし、焼灼を含むその治療のほとんどの方法は、子宮頸部に傷跡を残します。これは通常、出産中に子宮を開くのが困難に直面している妊婦のためのものです。結局のところ、それは伸び、そして時には引き裂かれます。妊娠していない女性の侵食を取り除くことが傷跡を残さない最も穏やかな方法で実行されるべきであるのはそのためです。

病気の本質

子宮頸部は膣と子宮の間を結ぶ器官です。 子宮頸部上皮が損傷を受けると、びらんが形成されます。 婦人科におけるこの用語は、粘膜のあらゆる潰瘍と呼ばれています。シェルの整合性の侵害は、さまざまな理由で発生する可能性があります。

  • 上皮の異常な発達
  • 早いセックスライフ
  • ウイルス性、感染性、真菌性疾患
  • ホルモンの不均衡
  • 頸部のけが、
  • 弱い免疫。

子宮頸部びらんの診断は、すでに子供がいる女性、出産していない女性、妊娠中および不妊の女性に行われます。この病気は非常に一般的で危険な無症状の経過です。長い間、病状はそれ自体を明示しておらず、不快感を引き起こさない。真っ赤なびらん性の染みは婦人科検査中にのみ検出されます。女性が医者を訪問しない場合、彼女は病気について推測することはできません。痛みを伴う症状と炎症が慢性期の特徴です。発売された病気の種類はより長く扱われ、妊娠中の合併症を引き起こします。

侵食の影響

頸部びらんでは、妊娠する可能性があります。これら2つの状態は互換性があり、将来の母子の健康に常に脅威をもたらすわけではありません。さらに、この病理は消える可能性があります。多くの場合、これは最初の妊娠中、妊娠中、および出産直後に起こりますが、すべての女性がこのような好ましい結果を示すわけではありません。

妊娠の計画段階で子宮頸部びらんを治療することが好ましい。進行性の病状が慢性的に発生しているため、合併症の危険性は非常に高いです。胎児は子宮内で発生し、上皮層は保護機能を果たします。それは有害な微生物の侵入から体腔を保護します。上皮の完全性が破壊されると、その保護能力は失われます。これは感染症や細菌の繁殖を引き起こします。

妊娠中の女性の体に発生する炎症過程は、胎児や母親自身の健康に悪影響を及ぼします。

侵食の存在は受胎に影響しません。損傷した粘膜組織は精子細胞の進行を妨げたり、卵子を受精させたり​​することはありませんが、安全性と将来の赤ちゃんの健康のために、妊娠前に病気を治療することをお勧めします。

頸部侵食を伴う手術はめったに使用されません。現代の処置は液体窒素、電波、レーザー、焼灼を使用して行われます。後者の方法は古典的なものと考えられ、今でも使われていますが、女性が出産を計画している場合は、そのような処置を拒否することをお勧めします。妊娠前の焼灼は深部組織損傷を伴い、そして頸部奇形を誘発し、それは将来的に出産時に子供を連れて行くことに問題を引き起こすかもしれません。

妊娠

子宮頸部のびらんは妊娠を防ぐことができません。構想が行われた、または計画されているだけの場合、女性は婦人科医によって絶えず監視され検査されるべきです。小さなびらん性病変はそれ自体は現れず、危険でもありません。もう1つのことは、子宮頸部びらん中の妊娠が大きな病変の出現と異型症状によって複雑になる場合です。

  • セックス中の痛み
  • 月経の間の吸盤、
  • 白人、膿、
  • 大量の粘液分泌物。

同様の症状は、癌性腫瘍に発展する可能性がある疾患の進行(慢性)期を示します。

侵食が悪性新生物に変わるのを防ぐために、女性は定期的に上皮分泌物の分析を受けるべきです。塗抹標本は、マイナスの変化の始まりを示すかもしれない異型細胞を明らかにします。

出産時の治療の必要性は、炎症過程が始まって腫瘍の発生が疑われる場合にのみ発生します。検査結果が病理学的状態を確認しなかった場合、びらんを伴う妊婦の治療は産後期間延期される。病気の悪化を避けるために、医師は予防療法を処方します。

頸部びらんでは、自然出産は認められますが、合併症があり、そのほとんどが上皮の完全性の侵害に関連しています。 粘膜の脆弱で侵食された部分は非常に傷つきやすいです。これらの場所での出産中に、しばしば休憩が起こります。上皮組織の弾力性の重大な違反を特定する際に、医師は帝王切開を処方することがあります。

女性が直面するかもしれないもう一つの迷惑は膣カンジダ症です。病理は手術後に発生し悪化する。浸食がやけどすると、弱体化した体はカンジダ酵母に対して防御することができません。それらは子宮腔に容易に浸透する。ツグミでの自然出産は、特に赤ちゃんにとって危険です。産道を通過する際に感染の危険があります。

侵食はしばしば再発する、すなわち治療後に再発する。この状態が定期的に再発する場合は、再発間に出産することをお勧めします。

頸部びらん:妊娠の可能性があります

この病気は、少女の妊娠能力には影響しません。妊娠を開始するという決定が下される前に医者が侵食を発見した場合、それは延期されるべきです。まず第一に、それは病気を治すことが必要です。妊娠中にびらんが検出された場合、治療は延期し、出産後も継続することが推奨されます。

の原因

頸部びらんの一般的な原因:

  • ホルモン不全
  • 免疫力の低下
  • 泌尿生殖器系の感染症
  • 細菌性、ウイルス性の病気、
  • 早い性行為、早い妊娠および出産、
  • 出産や中絶によるトラウマ
  • 乱交セックス、
  • 個人衛生の違反
  • 遺伝。

妊娠を妨げますか

専門家は確信しています:病理学は妊娠する能力に影響を与えません。

この場合、医師は受胎の準備をし、必要な検査をすべて受けることを勧めます。すでに身分を握っている女性で検出された病気は、赤ちゃんに悪影響を及ぼすでしょう、感染が可能です。さらに、びらんを起こしやすい子宮頸管は弾力性が低いため、分娩中の怪我や涙の可能性が高くなります。

概念が来るとき

侵食は、受胎が始まった時期でさえもしばしば現れません。多くの場合、女性はその存在を知っています。

妊娠中に病気が悪化することが多いので、これは危険です。しばしばホルモン不全が起こると、子宮上皮が乱されます。また、びらんを悪化させると、女性は以下のことを観察します。

  • セックスの後の血、化膿性、粘液分泌物、
  • 性交中の痛み。

妊娠の過程に影響を与えるもの

完全な検査の後、特に検査室で、生殖管の感染性の病状が確認されていなければ、侵食は危険ではありません。

あなたがヘルペス、淋病、クラミジアを発見した場合、増悪の場合に上記の感染症の全てが流産または胎児の異常な発達を引き起こすので、びらんは危険です。感染がなければ、侵食治療は出生後まで延期されます。

結果

妊娠中は、女性の身体の免疫機能が低下し、子宮頸部のびらんが微生物の影響を受けやすく、感染しやすくなり、炎症プロセスが起こります。

感染は将来の赤ちゃんの体に広がり、その結果は次のようになります。

  • 内臓の発達の侵害
  • 先天異常
  • 悪徳
  • 胎児敗血症
  • 流産
  • 胎児の死。

妊婦が乳頭腫の保因者であるヘルペスウイルスが性器感染症を患っている場合、びらんが悪性腫瘍に発展する可能性があります。

治癒していないびらん中に妊娠する可能性はありますか

びらんは症状を示さず、不快感を引き起こさず、そして専門家によれば、赤ちゃんを妊娠させる能力に影響を与えません。

それは病気の存在が胎児の発達に影響を与える可能性があることを覚えておく価値があります。

妊娠の計画段階では、それは完全な検査を受け、両方のパートナーを受けることが必要です。

子宮頸部びらんで妊娠する可能性はありますか

頸部びらんを妊娠する能力は影響しません。この病気は何の症状も示さず、不快な感情や不快感を引き起こさない。生まれたばかりの女性は、救済のために焼灼法を使って治療を延期するのが良いでしょう。その結果、瘢痕が残ることがあり、それが出産時に子宮を開くのを困難にする可能性があります。

ツグミ

子宮頸部の外皮の変形は精子の促進および受精を妨げないので、ツグミ(カンジダ症)および頸部びらんで妊娠する可能性があります。しかし、侵食の焼灼の徴候がある場合、そしてこの場合はツグミがある場合、最初にすべきことはカンジダ症を治療することです。

さもなければ、胎児は感染するかもしれません、結果は間違って発生するでしょう。ツグミは治るのに長い時間がかかる病気ではありません。今日では、その立場にある女児でさえも、入院に許容される薬があります。

炎症とは

妊娠の可能性は、病気の発症段階、女性の年齢、彼女の生理的特徴によって異なります。虫垂および卵巣の炎症を伴う妊娠は可能ですが、危険性に注意する必要があります。

  • 子宮外妊娠、妊娠中絶、不妊、
  • 血栓出血症候群、
  • 炎症による細菌の侵入は子宮の保護機能を低下させ、胚は異物として体によって認識されます。
  • 下の子宮に羊膜嚢を取り付ける。

ホルモン療法、抗炎症療法、そしてビタミン療法を受ける必要があります。

卵巣の炎症が起こりそうな場合:

  • 中絶を逃した
  • 流産、
  • 胎児の感染
  • ホルモン不全
  • 胎児の発育異常
  • 不妊
  • 早産。

妊娠する前に、生殖器系の機能を回復し、ホルモンを正常化し、免疫系を強化する必要があります。

子宮頸部の部分切除

子宮頸部の部分切除では、女性の受胎の可能性はほとんど減少しません。しかし、妊娠しようとする前に、あなたはアドバイスを受けるべきです:

さらに、渡す必要があります:

  • 膣塗抹、
  • 頸管から綿棒
  • ホルモンの血
  • 子宮頸部の膣鏡検査、
  • 骨盤内臓器の超音波検査

びらん後の妊娠に影響を与える可能性があるもの

浸食は様々な方法で治癒することができる。焼灼が一般的です。この方法は、特にいつか母親になることを計画している人にとっては非常に危険です。

事実は、操作の過程で子宮内膜の一部が影響を受ける可能性があり、それがホルモンの濃度と卵子を固定する可能性に影響を与えるということです。傷害が発生した場合、その過程は分断される可能性があり、その結果、それが受胎および胎児の運搬を妨げることになります。

主な疾患が総体的なホルモンの不均衡、性的に感染した疾患の結果として発症していない場合、疾患の存在下での妊娠はほぼ100%の症例で可能であり、それが癒着をもたらした。

母親になりたい女性のための侵食は文ではありません。危険は病気が無症候性であるという事実にあります。それを検出するには、婦人科医を訪問しなければなりません。発症しないように、少なくとも年に2回、婦人科検査を実施することをお勧めします。

妊娠を計画するときは、医師の診察に加えて、包括的な検査を受ける必要があります。計画段階で侵食が確認された場合は、それを処理する必要があります。妊娠中に病気が発見された場合は、出産後の期間延期する必要があります。

頸部びらんとは何ですか?

子宮頸部は、女性の膣と子宮をつなぐ器官です。首を覆っている上皮が損傷している場合 - 侵食が形成されます。その中には、上皮に対する機械的損傷、女性におけるホルモンの不均衡、および感染症、ならびに炎症過程など、びらんの出現を引き起こす可能性がある多くの理由があります。

概して、医者によって調べられたときにびらんが検出されますが、この病気の存在を示すかもしれない特定の症状があります。セックス後の出血、下腹部の白人数の増加、または痛みによって不安になっている場合は、心配する価値があります - これはこの疾患の存在を示す可能性があります。

頸部びらんの治療法

あなたが妊娠を計画していて、そして医者が侵食を確認したならば、あなたは動揺するべきではありません。数年前、子宮頸部侵食の治療は焼灼によってのみ行われ、その後、頸部に瘢痕が形成されました。それらは、送達の過程の間の子宮頸管の伸張および開口の過程に悪影響を及ぼした。それは、それらが送達の前に侵食を治療しなかった理由である。

現在、浸食のための多くの代替治療法があります。これにより、上皮の完全性をより穏やかな方法で回復することができます。したがって、びらんが検出された場合は、妊娠開始前に治療を受けることが最善です。

だから、私たちはあなたが侵食の間に何の問題もなく妊娠することができるとわかりました。びらんの治療の方法と時期(出産前後)については、あなたの婦人科医に相談してください。検査と婦人科検査に基づいてこの病気の治療に関して正しい推薦を与えることができるのは医者だけです。あまりにも鋭くこの病気を治療する必要はありません。それは専門家の監督と適切な時機を得た治療を必要とします。

危険は何ですか?

浸食は、不快な、時には深刻な結果をもたらす可能性があります。

  • 不快感。それは性交に伴って増加し、ひどい場合には自然に起こります。そしてそれは生活の質を大きく損ない、さらには女性を鬱病や神経衰弱に陥らせる可能性があります。
  • 子宮頸管は特殊な子宮頸管粘液を産生し、それは細菌や他の微生物から内部の女性生殖器を保護します。浸食はそのような粘液の産生を混乱させる可能性があり、その後防御は弱まります。 性的接触によって伝染する病気にかかるリスクを高める,
  • 侵食中に上皮上に形成される創傷表面は、病原性微生物の生命および繁殖にとって理想的な環境である。そしてそれらが子宮頸管を通って内生殖器に入った場合、 深刻な炎症性および感染症につながる可能性があります,
  • 激しいびらんで、正常な健康な細胞は、子宮頸癌の徴候につながる突然変異して再生することができます。多くの場合、この病気の原因はまさに無視され、時間内に排除されていない侵食です。
  • そのような病理 子供を連れて行くの自然なプロセスを混乱させることができます.

妊娠中および出産中のびらん

びらんは妊娠の過程に悪影響を及ぼす可能性があります。

子宮頸管は特殊な子宮頸管粘液を産生し、それは将来の子供の妊娠期間中に特に厚くなり、そして管を閉鎖し、それによって出産前に病原菌の侵入および胎児の胎児感染の発生を防ぐ。侵食の発生が中断される場合があります。

子宮頸部への入り口は部分的に開いているため、細菌、真菌、ウイルスが子宮内に運河を貫通し、深刻な感染による胎児の死亡を含む深刻な結果を招く可能性があります。

分娩中、子宮頸管は収縮して開きます。胎児はその経路を通過するからです。そして、子宮頸部の表面がひどく傷ついていると、通常の収縮や開示が困難になる危険性が高まり、そのために労働力が長引いて困難になる可能性があります。

さらに、損傷した組織は非常に壊れやすくなり、容易に破裂する可能性があります。子宮頸管破裂 - それは非常に痛みを伴うと不快です。彼らは女性の機動性を傷つけ、さらには制限することがあります。侵食中の損傷を修復することは容易ではない、組織の感染の危険性が高まります。

排卵を監視しますか?あなたが月経後に妊娠することができるとき、そしてどのように正確に排卵日を決定するかについてここで読んでください。

治療:いつ必要か、いつ開始するか

びらんが軽度で、深刻なホルモン障害や感染症によって引き起こされていない場合、婦人科医は状況や合併症を悪化させないために観察方法を選択できます。

多くの場合、機械的損傷による浸食は、介入なしでは自動的に消えます。

原因が深刻で、そして創傷表面が広い場合、治療は単に必要です。すぐに起動しないと、その結果を回避するのが非常に困難になります。

粘膜を完全に回復させるのに数週間または数ヶ月かかるかもしれません(それはすべて選択された治療法によります)。この間セックスは禁忌です。さらに、上皮が完全に回復し、粘液の産生が正常化したことを確認する必要があります。

妊娠中にびらんが検出された場合、治療法には地元の調剤、すなわちキャンドル、軟膏およびクリームの使用のみが含まれます。

妊娠中に行われた介入は感染、早産または流産の発生を引き起こす可能性があるため、伝統的な治療方法(凍結破壊、レーザー凝固、電気凝固、または電波焼灼)は出産後にしか使用できません。

浸食を治療して、健康で本格的な子供を産んで産むようにしてください!

妊娠の種類と影響

ほとんどすべての専門家は、侵食が携帯の過程を悪化させ、胎児に影響を及ぼさないことに同意します。.

しかし、侵食は妊娠の欠如に影響しますか?

  1. 先天性この病状は、円柱上皮の変位です。この疾患の臨床像は付随しておらず、ほとんどの場合青年期に診断されています。この種の病気は腫瘍学的過程への変化を起こしにくいので、この場合の特別な治療は割り当てられていない。先天性びらんは妊娠の障害となる可能性がありますが、原則として、それは自然に消えます。
  2. 真の侵食。ほとんどの場合、この病状は咽頭領域に限局していますが、まれにそれが子宮頸部の唇に影響を及ぼすことがあります。真の侵食では、出血が観察され、おそらく子宮頸管内膜炎が発症し、化膿性分泌物につながることがあります。
  3. 疑似侵食。この形成物は特定の形をしていません、そして、その大きさに関しては、それらは数mmから数cmまで変化することができます。 Эта форма достаточно склонна к рецидивам, и в некоторых случаях способна трансформироваться в злокачественное образование.

Кроме того, эрозия различается следующим образом:

  • эктропион – выворот слизистой, который проходит после родов,
  • 子宮内膜症 - 子宮腔から子宮頸部への子宮内膜細胞の放出
  • 白板症 - 重層上皮の角質化、
  • ポリープ
  • コンジローマ。

原則として、いかなる種類のびらんにおいても、妊娠は正常に進行し、病的な分泌物や感染過程がなければ、出産後の期間は病気の治療が残ります。.

ランニングステージ、血液および黄色の放出の場合、これは腫瘍学的プロセスの発達を伴うので出生を待つのは賢明ではない。

びらん感染は、以下のように妊娠に影響を与えます。:

  • 流産の原因となる子宮内膜の損傷
  • 子供の精神的および身体的発達の遅れ
  • 早産、
  • 肺炎、結膜炎、その他の病状のある赤ちゃんの誕生

妊娠中の他の危険な侵食についてはこちらを読んでください。

びらんを起こして妊娠することは可能ですが、最初に病気を治すことをお勧めします。

侵食がホルモンの不均衡によって引き起こされる場合、妊娠の開始のためにホルモンの背景を正常化することが必要です。

受胎の確率とは

炎症およびホルモン障害がない場合の受胎確率100%.

ホルモンはびらんの間に同じレベルで合成され、病気は卵巣の働きに影響を与えません、それ故に排卵のプロセスは決して邪魔されません。 結論:侵食中の概念はかなり可能です。.

それはどのように妊娠を防ぐのですか

専門家らは、侵食は胚の発生に影響を及ぼさないと自信を持って言いますが、確かに危険があります。炎症性および感染性プロセスでは、浸食は流産を引き起こす可能性があります。

場合によっては、子宮頸部の機能が乱され、さらに繊毛上皮が影響を受け、子宮腔への精液の通過が損なわれるため、侵食は受胎の過程をいくらか複雑にする可能性がある。

受胎の機会を増やすには?

侵食の存在下で受胎の可能性が高まるためには、ホルモンを正常化し、炎症および感染プロセスを排除することが必要です。。さらに、女性はびらんの診断と治療でしばしば起こるストレスの多い状況の数を減らすように勧められ、そして受胎の可能性に影響を及ぼすかもしれません。

侵食の焼灼後に母親になることは可能ですか?

場合によっては 焼灼後の合併症 受胎の可能性に悪影響を及ぼす可能性があります.

処置の結果として瘢痕組織が形成されると、咽頭が子宮頸管をしっかりと塞いで止まり、それが流産につながる可能性があります。

したがって、近い将来に女性が母親になることを計画している場合は、医師はより穏やかな侵食の治療法を選択する必要があります。

治療方法

以下の浸食処理方法があります。:

  1. ジアテルモ凝固 - 焼灼電流。同時に、首に瘢痕が形成され、それによって子供が失敗する可能性があります。致命的な女性はこの治療方法を使用してはいけません。
  2. 凍結療法患部は液体窒素流で治療され、瘢痕組織は形成されず、したがって、この治療方法は出産していない女性に禁忌ではありません。
  3. レーザー治療病状を治療するための最も危険性の低い、非常に効果的な方法。同時に瘢痕化もないので、母親になる予定の女性にはレーザー療法をお勧めします。
  4. 電波手術傷跡を残さない侵食の処分の無接触および無血の方法。
  5. 化学凝固。それは小さな侵食でのみ可能です。治療は、罹患組織の完全な治癒を保証できないいくつかの治療からなります。

まだあります 保守的な治療 ダッチ、タンポン、使用 膣座薬 と膣錠.

子宮頸部周囲の発赤 - それは何ですか?

子宮頸管は、子供を妊娠させる過程で重要な役割を果たします。結局のところ、これは子宮への一種のゲートウェイです。

それは重要な機能を実行します。

  • 粘液を生成します。これは、卵子の受精が起こるはずの卵管の方向に精子が自由に動く能力に影響します。
  • 持ち運びの過程に影響を及ぼし、早期の分娩を防ぎます。
  • 急速な労働活動を妨げます。

びらんは潰瘍、子宮頸部の上皮の傷です。それは女性の器官の炎症過程のために起こります。医師は、婦人科用椅子で定期検査をしている間にそれを検出することができます。しかしながら、「目で」そのような診断はなされていない。子宮頸部周囲の発赤もまた、異所性(偽性びらん)を示すことがあります。

異所性は、3人に1人の女性に発生する正常な生理学的状態です。異所性の発赤は、それ自体で通過し、治療を必要としません。異所性も受胎に影響しません。

しかし、一部の老人医師はびらん性と異所性を区別しておらず、「試行なしで」患者を焼灼に導いています。真の侵食は、異所性ほど一般的ではありませんが。

覚えておいてください:あなたがそのような深刻な診断を下す前に、医師はコルポスコピー - 特別な装置による膣粘膜の研究 - をしなければなりません。

婦人科用椅子にコルポスコピーを行いました。膣鏡検査で「真のびらん」と診断された場合でも、悪性プロセスを除外するために生検(顕微鏡での組織片の検査)を行う必要があります。

なぜそれが起こるのですか

妊娠を計画している女性は、子宮頸部のびらん性形成が受胎にどのように影響するかに関心があります。

子宮頸部の真の侵食はその状態と機能に影響を与えるので、ある程度までは成功した受胎の可能性を減らします。これは、子宮頸管の外側端に侵食性の形成があることを意味しているわけではありません、女性は妊娠することはできません。

子宮頸部侵食は妊娠への障害ではありませんが、それでもそれが排除された後に子供の概念を計画することをお勧めします。確かに、それは子宮頸部の侵食がどのように受胎に影響を与えるかだけでなく重要です。しかしそれが生じた理由。結局のところ、それらのうちのいくつかはそれ自体が危険な病理学であり、胎児を傷つけることがあります。

だから、病理学の考えられる原因:

  • 女性の体のホルモンの変化、月経障害、
  • 定期的および長期経口避妊薬
  • 性感染症であり、炎症の発症の危険因子である感染症
  • 子宮頸部の身体的および機械的損傷
  • 遺伝的素因
  • 悪い生態
  • 体の枯渇
  • 親密な衛生の基本規則に従わない。

頸部びらんでは、妊娠する可能性がありますが、最初に回復することをお勧めします。ほとんどの専門家は最初に病気を取り除くことをお勧めし、その後子供を妊娠させることを計画します。

感染と受胎

びらん自体は妊娠することへの障壁ではありません。それに参加するのが大好きな感染症について言うことができないことは、炎症プロセスの発達、上皮を覆う組織の修正、子宮頸部の機能不全を引き起こします。
感染の結果として炎症を起こした子宮頸部びらんを妊娠する可能性はありますか?

よく知られているように、能動的な感染プロセスは上皮細胞の構造を変え、正常な粘液の形成を妨げる可能性があります。これは、子宮内膜を微生物の拡散から保護するために必要です。これは胎児の感染につながる可能性があります。さらに、びらん領域の炎症を起こし薄くなった上皮は、早産につながる可能性があります。そしてまた出産中に損傷を受けたり破れたりすることがあります。

主治医は常に、子宮頸部のびらん性形成がいっぱいである可能性のある危険性について患者に警告し、びらん治療後にのみ妊娠を計画することを強く推奨します。

子宮頸部の病理を取り除くために、女性はいくつかの研究を受ける必要があります、そしてその後にだけ医者はこれまたはその種の治療を適用するかどうか決定するでしょう。

治療戦略の選択は一度にいくつかの要因によって影響される:病理学的過程の進行の原因、感染の存在、侵食の特徴および主な特徴など。

現代の医療現場では、医者は以下の方法を用いてびらんを治癒してから妊娠します。

  • 抗菌剤による局所治療。それらはあなたが感染症を取り除くことを可能にし、それによって侵食の兆候を減らし、そして治癒を促進することを可能にします、
  • 化学薬品(酸の混合物)による焼灼
  • レーザーによる欠陥破壊。レーザービームは、その後の瘢痕化なしに患部組織に影響を与えます。
  • 液体窒素による侵食層の凍結破壊
  • ジアテルモ凝固 - 電流による焼灼の方法。この方法は良い結果をもたらしますが、その後に瘢痕が生じる可能性があり、妊娠を計画している人には望ましくありません。
  • 「ラジオナイフ」という実用名で知られている電波による侵食欠陥の切り取り
  • その有効性が十分に証明されていない国民治療。したがって、開業医は、伝統的な医療レシピの助けを借りてこの病気を排除できるとは考えず、慎重に彼を治療します。

灸と不妊

子宮頸部びらんの治療が成功した後、患者の完全な回復について話すことができれば、妊娠計画を安全に始めることができます。当然、母性のすべての喜びを体験したい女性には疑問があります。

侵食の焼灼後、いつ妊娠することができますか?集中的な治療が原因で瘢痕が形成された場合、頸部びらん後に妊娠することすら可能ですか?例外がありますが、ほとんどの場合、あなたは妊娠することができます。

灸は女性の生殖に影響を及ぼし、それは不妊につながることがありますか?通常、子宮頸部侵食の焼灼後の妊娠は、子供を連れて行く通常のプロセスと変わりません。結局のところ、ほとんどの現代的な方法は傷跡を残すことはありません。

傷がある場合、これらの女性の中で流産の割合はわずかに高いです。結局のところ、瘢痕は首の弾力性を低下させ、その機能を悪化させます。

非常にまれに、子宮頸部の焼灼が複数の瘢痕の形成の原因となり、それが子宮頸管の急激な狭窄をもたらし、女性が不妊になる。しかし、絶望しないでください:そのような傷を排除する技術があります。

妊娠を計画するとき

あなたは、焼灼、凍結破壊、ジアテルモ凝固術、その他の手術を受けてどのくらい妊娠することができますか?

それはすべて患者によります:組織再生、瘢痕形成、免疫反応性、リハビリ期間の持続の過程。

妊娠の準備にどのくらいの時間がかかるかは、女性自身、回復したいという願望、そして専門家によるすべての推奨事項の正確な実施にかかっています。

子宮頸部のびらん性欠損症 - 非常に攻撃的な病理学的形成。治療をしないと、癌を含む多くの合併症を発症する可能性があります。したがって、妊娠を計画している女性は、定期的に婦人科医を訪問し、びらんを診断するときに直ちに治療を開始する必要があります。

有能:婦人科医のコメント

患者の質問は産科婦人科医Elena Artemyevaが答えます

- 医者は私の侵食を発見し、それを焼灼のために送りました。私はそれをしなければなりませんか?

- まず、性感染症の検査をします。また、膣鏡と子宮頸部細胞診を受けることをお勧めします。これらの研究はあなたの医者が正しく診断したかどうか決定するのを助けるでしょう。医者はしばしば偽侵食(異所性)を真の侵食と解釈します。後者は非常にまれであり、治療されるべきです(例えば、焼灼)。異所性は治療を必要としません。

- 私は32歳です、2回出産しました。 2回目の誕生後、びらんが形成された(0.5 cm、Y陰性上皮)。頸部びらんで妊娠することはありますか?私はそれを燃やすべきですか?

- それは時々女性の臓器の上皮の変化を引き起こす、ヒトパピローマウイルスの分析に合格する必要があります。多くの場合、HPVが原因でY陰性ゾーンが発生します。また、膣鏡検査や異型細胞の塗抹検査も必要です。治療 - 結果によって。異所性である可能性はありますが、治療を必要としません。

- 妊娠中に、私はわずかなびらんを見つけました。私は子供をまた計画します。今または2回目の出生後のどちらが、いつ治療されるべきですか?治療は妊娠する能力に影響しますか?

- まず、あなたは侵食が残っているかどうかを調べるために調べられる必要があります。多くの場合、彼女は出産後に治癒します。一般的な塗抹標本、細胞診、膣鏡検査を行います。必要ならば、治療を受けてください。その後の概念の適切な治療は影響を受けません。

- 侵食で妊娠するのは危険ですか?それは出産する価値があるかもしれないし、それから治療されるのですか?

- それ自体では、この病状は胎児に影響を与えません。しかし、それが感染症によって引き起こされている場合、それは子宮内感染症につながる可能性があり、そしてこれは非常に危険です。性感染症のためのPCR、膣の播種に合格することをお勧めします。

Pin
Send
Share
Send
Send