健康

月経時のめまいの特徴

Pin
Send
Share
Send
Send


月経中の全女性の約80%が体調不良です。症状の一つは、月経中のめまいの発生です。このサインは地球上の女の子のほぼ半分を悩ませます。そのため、PMSの不快な症状に対抗する方法が非常に重要です。

月経前のめまいの発生

女性が月経前にめまいや吐き気に気づいた場合、それは彼女の体にホルモン不全が発生したと推定することができます。これはプロゲステロンやエストロゲンなどのホルモン物質の濃度を乱します。大量のバイオアベイラビリティデータは血糖値を下げ、その結果四肢の腫れを引き起こし、過剰な水分が体内に残り、それによってめまいを引き起こします。

月経中のめまいの発生

めまいは、以下のような非病原性の原因による月経中に起こることがあります:過剰な体重および喫煙などの悪い習慣の存在。

時々起こる病気は絶対に有機体の活動の少しの違反とも関連していなくて、女性が30歳に達した後に、あるいは概念と出産の後にそれ自身で消えます。

月経時のめまいの主な原因は何ですか?

診断研究では、婦人科医はまず第一に、体調不良を引き起こす可能性がある以下の要因の有無に注意を向けます。

  1. 重度の失血、月経中は過剰です。
  2. ホルモン障害
  3. 圧力の変化に関連した病状。
  4. 鉄欠乏症、ヘモグロビン。
  5. 慢性片頭痛

めまいの発生は、必ずしも女性の身体に深刻な問題があるという証拠ではありません。症状が通常の時に軽度で、そして月経の開始の直前に明らかに現れるならば、あなたは慌てるべきではありません。嘔吐や不快感が強い場合は医師の診断が必要です。専門家は、体調不良の本当の原因を突き止め、病理学的状態を取り除くのに役立つ療法を処方するのを手助けします。

さらに、吐き気やめまいを伴う月経の遅れは妊娠の兆候になり得ることを忘れないでください。

月経後の病気の原因

ほとんどの場合、月経時のめまいは誰も驚かせません。しかし、なぜそのような症状が重要な日の終わりの後に起こるのでしょうか?

これは、血中のヘモグロビンが不足していること、および圧力が正常値から逸脱していることが原因で発生する可能性があります。

さらに、低ヘモグロビンは月経中にめまいや吐き気を引き起こす可能性があります。この場合、酸素による脳の栄養不足があり、それに関連して女性は体調が悪くなり、空間の向きとバランスに問題があります。

だから、今めまいが月経前に発生する理由は明らかです。

PMS症状分類

月経時および月経後のめまいや吐き気が観察された場合、その症状は、NAと心血管系の病状に応じて、2つのタイプがあります:

  1. セントラルタイプこの場合、症状は浮腫と低酸素による脳活動障害によって特徴付けられます。この現象の原因は、月経初期における血管構造の急激な狭小化と拡大になります。
  2. 周辺機器タイプそれらは月経のためではなく、内耳または前庭器の病状の発達のために起こる。

めまいの発生頻度が区別されるとすれば:

  1. 全身症状それは体内のホルモンの不均衡と前庭器の病理学のために各月経中に起こります。
  2. 非全身性の症状そのような徴候は各月経の特徴ではありません。それらは有機体の過負荷が起こったという事実のために予想外に発症することがあります、神経原性疾患があります、ホルモンのレベルの増加、血糖の不足は注意されます。

めまいに加えて、月経中に他の症状が発生する可能性があります。

症状関連のPMS

原則として、月経前症候群はめまいの出現だけでなく、他の症状も伴います。月経の開始前に軽度の不快感が発生すると、女性は前もって準備することができるため、このような状況でも心配する必要はありません。それどころか、めまいや痛み、その他の特徴のない兆候を伴う出血は、医師に相談する必要性の合図です。

さまざまな女性では、月経前症候群は以下のようなさまざまな徴候によって現れます。

  1. 便秘、下痢。
  2. 血圧がジャンプします。
  3. ちょっとした機会のために無秩序、気分が揺れます。
  4. 疲労、眠気、全般的な嗜眠。
  5. 片側だけで起こることが多い頭の痛みは、大きなノイズのために、光によって悪化します。
  6. 嘔吐、吐き気。
  7. 軽度の温熱療法(最大37度)。
  8. 宇宙での方向の乱れ、場合によっては、失神状態および意識喪失状態。

応急処置

脱力感、月経時のめまい、吐き気は、単純な行動をとることで軽減できます。女性が体調が悪いと感じた場合は、次のことを行ってください。

  1. 深呼吸してください。
  2. 椅子の中で快適な姿勢をとるか、横になってください。
  3. 通常の呼吸に支障がある場合は、襟、ベルトを緩めます。
  4. 早急に部屋の空気を抜いてください。

そのような単純な技術は脳が酸素を補給することを可能にし、それは不快な症状を著しく減少させるだろう。

薬物療法

婦人科医はそのような病気のための自己治療をお勧めしません。女性の頭が月経の開始前に定期的に回転している場合、それから彼女は必要な診断を処方し、病理学的症状の発生の原因を決定する婦人科医に相談する必要があります。

原則として、医師は女性に以下の薬を勧めます:

  1. ビタミンとミネラルの複合体「Vitrum」と「Magne B6」は女性の健康に良い効果をもたらします。これらの薬の影響は、それらが女性の身体の生殖および内分泌特性を正常化することです。
  2. 鎮痛剤最も人気のある薬は「ノッパ」です。鎮痛薬は頭や胃の痛みに欠かせません。
  3. 吐き気遮断薬。たとえば、「Zeercal」、「Dramina」などです。
  4. 抗ヒスタミン薬
  5. ホルモン薬そのような薬はたった1ヶ月でホルモンレベルを正常化することができます。

民間療法

月経中にわずかなめまいや脱力感がある場合、専門家は伝統的な薬の使用に反対しません。主な条件は、アレルギー反応の発生を避けるための慎重な資金の選択です。

月経中の緊張、吐き気、めまいが助けになるとき:

  1. クローバーあなたはウォッカの半分リットルを注ぐと2週間主張するために植物の花40グラムを必要とします。注入を取る、空腹時、40滴食事の15分前にする必要があります。
  2. ミント乾燥ミント40gを沸騰したお湯で注ぐ必要があり、それから1時間を主張する。一日三回75ミリリットルでなければならない注入を適用します。
  3. ジュース月経時のめまいを解消すると、ビート、ニンジン、ザクロの天然ジュースが役立ちます。それらが使用されるとき、血中の鉄のレベルは正常化され、ヘモグロビン欠乏症は予防されます。
  4. リンデンティー正常なホルモンバランスを維持するために生姜とリンデンに基づいてお茶になります。
  5. シーケールそれはヨウ素による体の飽和に寄与し、その結果として甲状腺は正しく機能します。
  6. 魚油それは有用な要素で体を養うので、特に青年期にお勧めは、月経の開始前にそのシステムを強化します。

医者に相談する必要性

PMSに典型的な徴候は緊急の治療を必要としません。しかし、特徴的でない症状が発生した場合は、婦人科医への訪問を遅らせない方が良いでしょう。次のような違反がある場合は、できるだけ早く医師に連絡してください。

  1. 下腹部の激しいけいれん。
  2. 失神、めまいが月経後に始まる状況。
  3. 温熱療法、関節のけいれん、発汗の増加。
  4. 慢性的な頭痛
  5. 吐き気、嘔吐に成長しています。
  6. 呼吸障害、腫れ、アレルギー反応。
  7. 恒久的な睡眠不足。
  8. 神経質チック。

月経時の吐き気とめまいの予防

あなたがいくつかの予防策に従うならば、月経中の吐き気やめまいの発生を防ぐために、することができます:

  1. ストレスを避けてください。
  2. 食事を観察する、燻製、脂肪、揚げ、甘いを拒否する。
  3. アクティブなライフスタイルを導き、きちんとリラックスしましょう。
  4. ビタミンバランスを調整する
  5. 過度の身体的負担をかけない
  6. 悪い習慣を取り除きます。
  7. 新鮮な空気の中で定期的に散歩しましょう。
  8. 生姜と緑茶を飲みます。

月経の開始時には、次のような理学療法手順に頼ることができます。

  1. ミネラルウォーターによる治療。
  2. 鍼治療
  3. 治療マッサージ

しかしながら、そのような治療は専門家の監督下でのみ実施できることを覚えておくべきである。

結論

したがって、月経後、およびその前後のめまいは、多くの女性にとって珍しいことではありません。そして稀な場合にのみ、それは体内の病理学の存在を示しています。症状が絶え間なく現れ、強く発現されていない場合は、治療的および予防的措置がそれを排除するのに役立ちます。陰性症状が予想外に不安定に起こる場合は、婦人科医に相談してください。

月経中になぜ吐き気やめまいがあるのか​​を考えました。

ホルモン - 月経時のめまいの原因

月経時のめまいと闘うために可能な限り効果的だった、それはその原因を正しく判断することは非常に重要です。痛みを伴う症状の出現は、しばしばホルモン障害の結果です。

重要な日が始まる前に、血球が活発に生産されているということです。結果として、ヘモグロビンは減少し、そしてある場合には身体はその以前のレベルを迅速に回復することに失敗する。

このような状況では、脳は酸素欠乏に直面しています。それはめまいや脱力感、吐き気、その他の症状を引き起こします。

さらに、女性の健康の悪化は、下腹部の激痛および圧迫低下にも関連しており、これも月経前症候群の特徴である。

これらの不快な症状を和らげるために、あなたは特別な薬を使うことができます。

症状の主な特徴

婦人科医に頼る2人に1人の女性が「なぜ月経時にめまいがするのですか?」という質問をします。答えはいくつかの要因によって異なります。月経前のめまいには2つの理由があります。

  1. 正常な生理学的プロセス、その間に血中のステロイドの女性ホルモンの生産と放出に変化があります - エストロゲンのレベルが増加し、そしてプロゲステロンが減少します。その結果、血管拡張が起こり、吐き気とめまいが起こります。
  2. 内分泌腺、血管、循環器系または女性の生殖器官の機能障害によって引き起こされる病理学的プロセス。

不快症状の本当の原因を突き止めるためには、出生前クリニックに連絡して十分な検査を受けなければなりません。不健康な状態を避けるためには、体が「時計のように働いた」ことが必要です。

月経中の正常な生理的プロセス

健康的なプロセスは28日の月経周期(通常21から35日まで変動することがあります)であり、規制前(月経)または月毎の出血の開始時の一般的な状態の小さな偏差です。

  • 気分の悪化(精神病と混同しないように)、
  • 耐え難い痛みを引き起こさない、下腹部や腰部の不快な感覚を痛めたり引っ張ったりする、
  • 食欲の増減

より多くの症状がある場合、それらは顕著に発現され、女性に痛みを伴う感情を引き起こします、特に耐え難い現象が毎月繰り返される場合、あなたは専門家の助けを借りて産科医院に連絡する必要があります。これは身体があるシステムの機能障害を知らせることを意味します。

病理学的プロセス

20〜40歳の女性の80%では、月経前症候群の存在に伴う期間に痛みがあります。そのうちの半分には、治療が必要な痛みを伴う症状があります。完全に健康であり、ICPや月経期間に邪魔されていないのは女性人口のわずか10〜15%です。

PMSの主な症状:

  • めまい、頭痛、
  • 倦怠感、枯渇、何でもしたいという欲求の欠如、
  • 痛みを伴う豊胸術
  • 急激な気分の落ち込み、緊張感、消失性、ヒステリー発作(月経前夜の症例)、
  • 膨らみ
  • 空腹感や食欲不振
  • 下腹部と腰の痛み、
  • 吐き気、嘔吐、
  • 膨満感、壊れた便、
  • 親密さまたはそれの欠如に対する突然の欲求。

個性にもよるが、女性は月経前症候群のいくつかの徴候を示すことがあり、それは月経の21-25日に現れる。ある女性が耐え難い形で5〜6を超える兆候を抱えている場合は、婦人科医にすぐに連絡を取り、徹底的な検査と誘発源の排除を求める必要があります。

月経時の吐き気やめまいは、以下の原因で引き起こされることがあります。

  • 内分泌系 - 結果としてのプロゲステロンの過度の減少とエストロゲンの増加、:重度の出血、血管の拡張、高血圧、鼓腸、気分変動、血糖値の低下、
  • 造血系 - 血液中のヘモグロビンと鉄が減少し、その結果、体が酸素を欠いて、そして結果として、それはめまいと吐き気を感じることができます、
  • 心血管系 - 血管の緊張と弾力性の低下、血圧の上昇、血行障害、アテローム性動脈硬化症、
  • 生殖器系 - 炎症過程、新生物は女性の体の中のステロイドホルモンの分泌または減少を刺激することができます。

問題は複雑な実験室試験に合格した後にのみ識別することができるので、独立した診断および治療は確かにうまくいかないでしょう。

月経前症状の解消

予防措置、健康的なライフスタイルの順守、および医療の後に初めて、人は不快な症状を取り除くことができます。ただし、まれに発生する強度の低い徴候を軽減することは可能です。

月経時のめまいは、新鮮な空気をリラックスさせながら供給し、窓やバルコニーの窓を開け、襟の部分を解放し、横になって胸や腹部で空気を深く吸い込んで体を酸素で飽和させることで解消できます。血管のけいれんを治すために、あなたは2タブレットを飲んでいることができます「No-shpy」または「Drotaverina」。

予防策

初歩的なルールを守ることで、最初の数週間ですでに気分がよくなり、月経前のめまいがなくなります。

  1. 悪い習慣をやめることが必要です。喫煙は血管のけいれんを引き起こし、めまいを引き起こすことがあります、アルコールはそれらを拡大し、高血圧を引き起こします。
  2. それはより多くの時間を屋外で過ごすべきで、子供たち、愛する人またはペットと一緒に歩きます。毎日夕方1時間以上歩くと健康状態がよくなります。
  3. 簡単な運動は血行を改善し、腹筋を強化するのを助けます。
  4. トレーニングと過度の肉体から。放棄時の負荷が高くなります。
  5. ストレスに落ち着いて対応することを学ぶようにしてください。
  6. スケジュールを順守し、1日に約8時間健康に眠ることで、神経質なショックに対してよりバランスよく対応することができます。
  7. バランスの取れた食事は、特に月経後も月経後の症状が続く場合には、健康へのもう一つの鍵です。
  8. 少なくとも規制期間中は、濃いお茶とコーヒーをメニューから除外することが望ましいです。
  9. 1日2リットルの純水を飲んでください。

あなたの体を維持するためには、ビタミンやミネラルのコースを飲むことですが、有用な微量元素が体を枯渇させる緊急援助を提供します。

医師によって処方されている薬は何ですか?

それぞれの場合において、婦人科医は異なる薬を処方します。

  • ホルモンの背景を正常化する薬 - Prajisan、Utrozhestan、Duphaston。
  • ホルモンをサポートする複合経口避妊薬は正常です。

いずれにせよ、検査結果を調べた後に医師だけが正しい薬を選択することができます。

症状を取り除くために伝統的な薬を手伝ってください

民間療法は長い間治療と健康増進に役立ってきました、それらはまた月経の前、間または後に不快な現象に効果的に対処します。

  • 花のクローバーのアルコール注入 - 成分の大さじ1杯のウォッカ1カップを注いだ、2週間を主張する。食事の前に30分で40滴を飲んでください。
  • レモンバームのチンキ - 大さじ1。 l乾燥植物は大さじ1を注ぐ。 60分間水を沸騰させ、それからろ過し、食事の前に1日3回0.5カップを飲む。
  • 輸液サンザシ果実 - 大さじ1。 l乾いた果実に250mlの沸騰したお湯を注いで2時間注ぎ、それから食事の前に1日に3回30-40グラムをこすって飲んでください。
  • Hypericumのチンキ - 成分の20グラムは大さじ1を注ぐ。 100℃の水で2時間保温した後、ろ過し、1/3のアートに従って消費します。食事の前に1日3回

できるだけ多くの天然ビタミンを使用する必要があります:肝臓、牛乳、卵、ザクロ、りんご、そば、卵、クルミなどに含まれるB、E、カルシウム、マグネシウム、鉄、ヨウ素。

あなたは簡単な規則に従うことによってあなた自身のあなたの体を改善することができます。不快感が体系的に発生する場合は、遅らせる必要はありません、それは有資格の助けのためにできるだけ早く医師に相談することをお勧めします。

月経:めまいとその原因

月経時のめまいは女性のほぼ70%に発生します。そしてその理由は、ほとんどの場合、プロセス自体とは直接関係がありません。これが血圧の低下と片頭痛の一因となる可能性があるという事実に加えて、それは薬物の基本的な虐待になる可能性があります。そしてストレスさえも。

おもしろい実証済み,めまいがする(めまい)月経前、その過程で、またはそれらの後が血管の拡張だけでなく放出によっても引き起こされるオム血中の大量の女性ホルモン。

ほとんどの場合、月経の最初の段階で、女性は以下のことを経験します。

多くの場合、月経の数日前に、女性は数ポンドの過剰体重を得ることができますが、これは完全に個人的であり、かなり速い現象になることがあります。月経がめったに起こらない、またはすぐにめまいがするようであれば、パニックになる理由はなく、ただ待つ必要があります。

しかし、月経中の吐き気やめまいが恒久的で深刻な不便をもたらす場合は、医師の診察を延期しないでください。

月経周期は女性の体には普通ですが、プロゲステロン、エストロゲン、その他の生物学的物質のバランスが乱れるのは、活動的な段階です。

  • エストロゲンの成長は血糖の低下であり、結果として、腫れ、体重増加、頭痛、めまい、
  • プロゲステロン欠乏症はまた、腫れ、体重増加、頭痛、めまいを引き起こします。
  • 失われた血液を回収するためのヘモグロビンの増加したコストはその欠乏症を形成します、それはそれがめまい、吐き気、脱力につながる酸素の欠乏であることを意味します。

より多くのめまいが女性を悩ませます:

  • 超過重量を使って
  • 気分のむらがある
  • ストレスを感じやすい
  • 喫煙者
  • 首都圏に住んでいます。

おもしろい多くの場合、出産や30年後、女性は月経の否定的な兆候がすべて消えたことに気付き、科学者たちはこれをホルモンレベルの正常化に帰しています。

緊急援助

月経前に、なぜ彼らはめまいや吐き気がするのでしょうか。残念ながら、PMSの症状を完全に取り除くことは不可能です。ただし、大幅に減らすことができます。最近めまいがした場合は、次のものが必要です。

  • 寝転ぶ
  • 新鮮な空気を得るか、または部屋への流入を確保してください。
  • タイトカラーを元に戻す
  • 十分な酸素が脳に入るように、いくつかの深い入り口を作ります。
  • めまいがしたり月経中に気分が悪くなったときは、アトロピンの弱い溶液を10滴飲んでください。
  • 痛みを伴うけいれんはタブレットを完全に取り除きます、
  • 鎮静剤や鎮静剤を服用することで、緊張感が高まります。
  • 体内の水分バランスを乱さないように、飲酒モードを守ってください。

予防策

月経の後でさえ、それは病気および/またはめまいがするようになり、そして活動期にあるだけではない。ほとんどの場合、これは非常に簡単に解決されますが、それはあなたの側で真剣な努力を必要とします。それは私たちの体がすべての栄養素を得るのは彼を通してであるので、そしてどんな予防も食事の変更から始める必要があります。

りんご、肝臓やそばの料理、苦いチョコレート、そして複雑な炭水化物などの食生活で、少なくとも週に1回、食事が強化されていれば、悪い症状が早く現れます。

おもしろい最近では、代謝が非常に加速されています,そして体は通常より多くのカロリーを使うので、あなたはわずかに増やすことができますええとカロリーの食事、しかし狂信なし。

月経時に吐き気やめまいがある人は、次の規則に従ってください。

  1. 肉体的および精神的ストレスを軽減します。
  2. ストレスの多い状況を避け、それらを避けようとします。
  3. あなたの時間の大部分を屋外または換気の良い場所で過ごしてください。
  4. 完全にアルコールと強いコーヒーをやめなさい。
  5. 塩、塩、燻製製品の量が最小限に抑えられています。

エンドルフィンの活発な生産があるめまい特殊体操を渡すのを助けてください。彼らはあなたの気分を高め、あなたの痛みを軽減する痛みの閾値を上げます。

だからこそ、活発なライフスタイルを持つアスリートや女性がPMSのマイナス症状を経験することはめったにありません。

民間薬

めまいを取り除くためにあなたが飲む必要がある月経はいつですか?医師が薬を処方していない場合は、伝統的な薬のレシピを使用することができます。

  1. 20グラムの乾燥植物と1杯のウォッカから作られる注入クローバー。彼は暗い場所で2週間を主張し、1日3回30滴を服用します。
  2. 20グラムのドライレモンバームまたはHypericumとコップ一杯の水の煎じ薬が1時間を主張し、1日3回50 mlを飲む。
  3. 20グラムの乾燥した植物とコップ一杯の水から作られるオオバコの煎じ薬は、就寝前にティースプーンの牧草地の蜂蜜で飲む。
  4. 小さじ1杯の乾燥したパセリの種を沸騰したお湯の中に入れてください。夜を主張しなさい。 1日3回、3杯目を飲みます。
  5. 魔法瓶の夜に主張されているサンザシの果実の注入に通常のお茶を交換してください。
  6. ミントの100グラムのパック、白い牡丹の根の半分のパックとシナノキの花のドライミックスを作ります。 20グラムのこの混合物は500mlの沸騰水中で一晩中主張します。食事の30分前に100グラムを飲んでください。
  7. 100グラムの熱湯に20グラムの乾燥イラクサを入れます。それを包むことによって冷却することができます。その後、天然リンゴジュースと混ぜ合わせて、食事の15分前に50 mlを1日3回飲んでください。
  8. バレリアンの根とペパーミントの葉10グラムを混ぜる。冷たい水(約500ml)を注ぎ、沸騰してから4時間半沸騰させます。スプーン1杯のインスタントコーヒーを注ぎ、1日3回30グラムのスタックを混ぜる。
  9. ビーツ、ザクロ、にんじんジュースで食事を充実させましょう。レモンバームの小枝と一緒に生姜とライムティーをたっぷり飲みます。
  10. リンやヨウ素などの栄養素で体を飽和させるでしょう、Sea kaleの日替わりメニューを入力してください。それらがなければ、前庭装置の作業は非常に複雑です。

付随症状としての月経前のめまい - それは常に不快ですが、吐き気と嘔吐がそれに関連付けられている場合は危険になります。無視しないでくださいめまいそれが頻繁に毎月の仲間になるとき。

医者への旅行はあなたがその本当の原因を特定し、それを排除することを可能にします。

月経期間中の病気の種類

月経前のめまいのためにすぐに女性の身体のいくつかのシステムに責任があります:血管と神経機能。

それらのうちの1つの混乱は様々な病気を引き起こす可能性があります。したがって、病理学の最初の症状が医師に相談すべきときに、検討される。

めまいには2つのタイプがあります。

  1. 中枢 - 腫れ、純粋な酸素の欠如の存在下で観察された。月経が悪心、めまい - 血管が狭くなると(PMS症候群)。
  2. 末梢疾患 - 主に「困難な」日に関連するものではありません。このような違反の主な理由は、内耳の炎症または前庭装置の問題です。

月経前にめまいが起こることがあります。多くの場合これとは関係がなく、PMSの間にのみ激しくなることができる原因。めまいは、全身性でも周期性でもあります。

持続性の病気が時々起こりますが、その後消えます。その徴候の強さは月に一度、女性の体内で正常なホルモンの混乱が起こり、前庭系の機能が妨げられるときにしばしば増加します。大気圧と気温の変化の間、満月の間に発作は悪化することがあります。

非全身性の病気は、人体に過剰な負荷やグルコースの欠乏、正常な体液量があるときに起こります。

めまいのために、月経が起こるとき、月経が問題を引き起こさない後に、それは脳が供給されるために、約2リットルの水を飲むこと、そしてまたグルコースのレベルを回復することが勧められます。

臨界日のめまい:病理学の起源

さまざまな理由でそれらの間に月経前にめまいがする。その中には次のものがあります。

  • 重度の失血
  • ヘモグロビン、鉄の不足
  • 圧力降下
  • 頭痛の体系的な発作
  • 薬、
  • 一定のストレス。

めまいはしばしば女性ホルモンのバランスが崩れると起こる:エストロゲンとプロゲステロン。エストロゲン濃度が上昇すると、血糖値が低下し、月経時に頭痛、腫れ、吐き気、めまいが起こります。不十分なレベルのプロゲステロン - 人体の体液貯留、体重増加、片頭痛の主な原因。

さらに、月経は十分な失血を伴いながら通過するが、ヘモグロビンは血球を形成するために使用され、それがその欠乏を引き起こす。その結果、酸素欠乏が脳内で発生し、頭が気分が悪くなり、めまいがし、無関心がすべてに現れます。

常にストレスを感じ、気分の変化を経験し、そして大都市に住んでいる太りすぎの女性は、病気によってもっと苦しんでいます。出産後または30歳に達すると、月経周期に伴う症状が治まることがあります。

医者に助けを求める必要があるとき

月経が常に不快な感情を伴う場合は、直ちに専門医に連絡してください。以下の場合には、婦人科医による検査が推奨されます。

  • 不快感は「血なまぐさい」退院中だけでなく、それらが過ぎ去った後にも増加します、
  • 異なる性質の頭痛があります、女性は絶えず吐き気がしています、日中、激しい嘔吐があります、
  • 多汗症、温熱療法、悪寒、痛みなどの炎症過程の存在の徴候としての証拠があります。
  • 兆候は感染の存在を示します - 排泄は独特の臭いがしています
  • 痛みが治癒し、鎮痛薬、鎮痙薬を服用した後は通過しません。

徹底的な診断だけが何が起こっているかの原因を決定するのを助けるでしょう:なぜ月経の間にそしてそれらの後に眩暈、嘔吐、悪心および他の症状の起源。

病理学の主な兆候

めまいに加えて、婦人科疾患、ホルモン障害およびPMSによる精神的 - 精神的過負荷の女性は、他の症状を訴えます。

  • 涙、うつ病、彼の体に対する嫌悪感、注意力の欠如、
  • 不適切で攻撃的な行動、さまざまな感情の爆発、
  • 苦味、過敏性、失禁、
  • 嘔吐、脱力感およびわずかな吐き気を通過させる、
  • 膨満感、下痢、
  • アルコール、かんしゃくを切望する、
  • 頭痛、激しい自然、
  • 不安、睡眠障害、
  • 側の痛み、けいれん。

このような臨床像は、性ホルモンの不均衡、下垂体の障害、卵巣を示している可能性があります。

基本的な予防策

証明された推奨は月経時のめまい、吐き気を防ぐのに役立ちます。

  • グリーンジンジャーティー
  • 長い散歩、
  • 最近アルコールをあきらめて、
  • 総合ビタミン剤の摂取
  • 品質の残り
  • 揚げ物、脂肪分の多い食べ物、燻製肉、お菓子、
  • ストレスを避けてください。

温泉療法、治療的および予防的マッサージ、そして修復的な鍼治療は、重要な日になることを証明しています。しかし、そのような手続きは専門家に委ねられるべきです。

めまい、月経時の吐き気はしばしば非常に正常ですが、時には女性の身体に発生する病理学的プロセスの存在を示しています。したがって、友人のアドバイス、伝統的な医学に参加する必要はありません。この状態の原因を特定するだけで、不快な感覚、出血を伴う痛みを取り除くことができます。

体内で何が起こる

月経前には、健康状態に大きく影響するさまざまなプロセスが発生します。出産可能年齢の女性における周期の前半全体は、外部的には知覚できませんが、妊娠の可能性のある発生に対する非常に活発な内部的準備です。

卵子の死後の排卵期に概念がない場合、逆の過程が起こる。女性の生殖器系では、子宮の内層が薄くなり、分解します(これは胚の導入のために準備されています)、ホルモン産生の速度が変化します。

結局、子宮膜の上層 - 子宮内膜 - は臓器から分離され、破裂した血管からの血液と共に出て行きます。月経もあります。

この生理学的変化のリストは完全には程遠いですが、全体としての生物のすべての変換は以下の結果をもたらします:

  1. ホルモン、特に性別のバランスが変化しています。これには、内臓の再構築、組織内の体液の蓄積が伴います(そのため、この期間にはさらに2〜3キログラム増加する可能性があります)。不均衡の発達は精神的プロセスに反映されるため、PMSでよく起こるように、気分が悪化したり劇的に変化したりする可能性があります。
  2. 月経中、特に初日に直接、体はいくらかの血液を失います。血流中の血液量は変化しており、その組成:失われた赤血球は新しいものと交換され始めます。この時点で、還元鉄は貯蔵し、組織に酸素を供給する活性を低下させる。血管の周期的な拡張と収縮のために、動脈圧が跳ね上がり、脱力感、めまいが起こり、そして吐き気が起こります。
  3. ストレス、トラウマ、病気の影響によって状況が悪化した場合、そのような現象は身体の弱体化によりさらに明確に現れる可能性があります。

症候群の徴候

月経症候群の症状の中で、女性は下腹部の痛み、および月経中に吐き気とめまいが現れるという事実を最も心配しています。多くの場合、これは頭のぐらつきとわずかな素因に限られています。

他の場合では、感覚ははるかに強いです:頭はどんな動きの間にも激しく回転することができます、時にはそれは嘔吐さえしています。月経前に誰かがめまいを起こし、月経後に誰かがめまいを起こす場合があります。

そのような症状では常に細心の注意を払う必要があります。正確にめまいが吐き気を伴う場合、吐き気が食物摂取量に関連するかどうかにかかわらず、パターンを追跡する必要があります。あなたが医者に行かなければならないほど不安になるならば、これらすべてのニュアンスは素因の原因を特定するのに役立ちます。

第一に、強い不快な症状を排除しなければならず、第二に、それらは月経前の倦怠感として誤って認識される可能性があり、そして実際には何らかの病気または他の特定の生理学的状態の徴候である。特に、月経後にめまいがあらわれた場合、その理由は妊娠中に隠れている可能性があります。

特に全身性めまいが発生した場合、症状が定期的に再発し、特別な前兆、さらには病状の進行に先行する複雑な症状がある場合でも、身体に耳を傾ける必要があります。このような逸脱の理由は前庭装置、内分泌疾患、脳の病理の違反であるため、この場合は、医師に行く必要があります。

倦怠感にどう対処するか

月経が悪心があり、めまいがする、そして胃が痛むとき、どんな仕事でも完全に実行して、それに集中することは不可能です。したがって、健康への悪影響を最小限に抑えるためにそのような症状にどう対処するかを学ぶ必要があります。また、女性が突然気分が悪くなり、月経中にめまいがするようになった場合の対処方法を知る必要があります。

月経中に突然めまいがして吐き気がした場合は、酸素の自由なアクセスを確保する必要があります。なぜなら、そのような徴候は脳内にヘモグロビンの欠乏と酸素欠乏の進行を示している可能性があるためです。スカーフとタイトな襟は首から取り外すのが一番で、暖かい服装をはずします。

月経中およびその突然の低下中に突然めまいがするので、圧力を測定することが望ましい。指標が正常範囲外の場合は、薬を服用して状態を正常化する必要があります(どれを使用するか、医師から調べる必要があります)。

При таком самочувствии рекомендуется принять горизонтальное положение, ведь в положении лежа улучшается кровоснабжение мозга и поступление к нему кислорода.

悪化の瞬間には、あなたはリラックスしてあらゆる活発な活動を停止する必要があります。危険な物体の近くや高所にいるべきではありません。バランスが崩れると落下して重傷を負う可能性があります。

状態が非常に悪く、さらに悪化すると、他の症状が追加されます、あなたは助けを医師に連絡する必要があります。そのような強い素因は、完全な診断と特別な治療が必要な他の病気の徴候である可能性があります。

特に、退院および激しい腹痛の存在は、嚢胞の破裂または子宮外妊娠を示している可能性があります。

毎月めまいをすることがある女性は、重要な日の間はいつでも必要とされる可能性がある医師によって推奨される多くの薬を常に彼女と一緒に摂るべきです。

これらが含まれます:

  1. 鎮痙薬 - 筋肉や血管のけいれんが原因で月経前にめまいがする場合。
  2. その変化に応じて選択された圧力安定化のための手段。
  3. 月経性片頭痛やストレスが発生した場合は、鎮静剤が必要になることがありますが、それは主治医の指示どおりです。
  4. 吐き気の薬 - 月経中に吐き気がひどく妨げられる場合。
  5. ホルモン薬あなたはそれらに非常に注意を払うべきであり、あなたが月経周期を乱さないようにするために決してあなたがそれらを取るべきではありません。

医者だけによって規定される適量そして特定の薬!

薬なしで体を支える

クリティカルな日に幸福を向上させることは他の方法でも可能です:

  1. 頻繁に散歩してください。
  2. 積極的な仕事で自分の負担を軽減しましょう。
  3. 十分な睡眠を取ってください。
  4. おもりを持ち上げないでください。
  5. 心配が少ないです。
  6. 喫煙と飲酒をやめなさい。
  7. 正しく食べなさい。月経後、ザクロジュースを飲んだり、ビート、桑の実、リンゴ、チョコレートを飲んだりすると失血によるめまいが減少します。特に月経時に重い、塩辛い、揚げ物を乱用しないでください。
  8. 十分な量の液体を飲んで、新鮮なジュース、コンポートまたは純粋な水を優先してください。
  9. 他の病気の治療のために処方された薬は医者によって指定された投与量でのみ服用されるべきです。これは不規則な月経を避けるのに役立ちます。

このような支援方法はいかなる場合にも有用であろうが、それらが限定され得ない合併症および付随する病気の存在下では、本格的な標的治療が行われるべきである。

月経中になぜめまいがするのか、そして素因が病気のしるしになり得るのか、医師だけができるのかを確かめるのは正確です。したがって、その後の各サイクルにおける不快な症状の発生は、診断のためにあなたの婦人科医に連絡する理由であるはずです。

女性の健康を維持するためには、常に正しい食事をすること、十分な身体活動とストレス予防について忘れないこと、そして増悪の間だけ緊急治療を手配しないことが常に勧められます。

スポーツはホルモン生産の安定化とすべての生理学的システムの調和のとれた機能に貢献し、そして彼らの仕事の失敗を防ぎます。

Pin
Send
Share
Send
Send