健康

更年期神経症の治療の特徴とその症状

Pin
Send
Share
Send
Send


更年期神経症は、バルサック年齢の女性が直面する一般的な問題です。これは人生の不快な期間ですが、残念ながら、避けられません。変化はホルモンレベルだけでなく精神レベルにも起こります。それらは患者の半数以上に見られます。それをどうする?私たちはその記事を理解するでしょう。

更年期障害を伴う神経症の特殊性

更年期神経症は、栄養神経性の変化が起こる女性の心の状態です。かなりの程度まで、そのような変換はホルモン変態と関連している。病理学的変化は、神経系の視床下部中枢の機能中に起こる。

これはかなり深刻な病気であり、注意を払い治療を開始する必要があります。この病気の初期段階では弱いですが、無視された形で、深刻な結果が可能です。女性の性格の構造の変化は除外されません。

マイナス要因

統計によると、更年期障害のある女性の60%近くに、更年期障害があります。以前は、医師はこの疾患をホルモンの欠如と関連づけていました。しかし、現代医学は視床下部の働きにおける年齢に関連した変化に反映されています。

閉経期の神経症の原因は、ホルモンレベルの変化にあります。これらの変化は女性の心理的状態に影響を与えます。そのような変化は病理学的過程の症状を強化する。

重要な役割は、外的要因によってもたらされます。

  • 遺伝的素因
  • 人の性格の特徴
  • ストレスの多い状況(過去と現在)
  • 弱い免疫システム
  • 体の緊張、
  • 間違ったライフスタイル
  • 体内に有益な要素がない
  • 慢性的な疲労
  • 体系的な睡眠不足(睡眠障害)。

更年期神経症は、1つまたはいくつかの理由で起こります。病気の特定の起源は医者によってしか決定できない。彼は状況を適切に評価し、必要な治療法を処方することができるでしょう。一見無害な症状の下で深刻な精神障害や代謝と血管のプロセスの障害を隠している可能性があります。

閉経中の神経症の兆候

閉経期に記載された状態は、それ自体が鮮やかに現れる。その主な特徴は次のとおりです。

  • 慢性疲労
  • 過敏性、
  • 過度の発汗

  • 夜中に突然目が覚める(眠りにくい)
  • 高血圧の発症
  • 血圧が急上昇する
  • 心臓病
  • 気分変動
  • 耳鳴り
  • 不安定な感情的背景
  • 無関心、
  • 外観に対する否定的な認識
  • めまい
  • 食欲不振

いくつかのケースでは、更年期障害と神経症は相互に関連する概念ではありません。一部の女性では、更年期障害の背景にある神経症は現れません。ただし、動作に変更が発生します。世界の認識は変化しています。

精神障害としての更年期障害における神経症

閉経期の神経症は、1種類の障害またはそれらの組み合わせを含みます。このような障害には4つの種類があります。

  1. 無神論的見方(記憶が悪化し、疲労が発生し、パフォーマンスが劇的に低下する)。
  2. 憂うつな外観(気分をマイナス方向に変える)
  3. 心気症タイプ(強迫神経症、更年期障害時のパニック発作、自分自身の余計な病気によるもの、自分の健康状態に関する過度の不安)。
  4. ヒステリックな外観(わずかなトラブル、肌触り、ムード、涙があっても、ストレスの多い状況では不安定)。

更年期障害を伴う神経症の発生段階

閉経期の更年期神経症は徐々に発症します。医師はその開発の3つの段階を区別します。

  • 第一段階病気の最初の兆候が現れますが、それは原則として不安定に見えます。このため、女性は通常の疲労への行動の変化を償うことができます。
  • 第二段階は病気の高さです。この段階で、女性はすでに真剣に彼女の健康を心配し始めています。この段階で病気が治療されていない場合、それは徐々に慢性的な形をとります。
  • 第三段階は慢性疾患です。その過程で、人格構造の変化が観察されます。この場合、たとえ適切に選択された治療法であっても、状況を修正するのは難しいでしょう。

代謝過程の安定性は視床下部の影響を受け、閉経期にはその違反が骨粗鬆症のような深刻な病気を引き起こす可能性があります。典型的には、疾患の第三段階において、視床下部は特に女性の感情状態に影響を及ぼす。神経症および更年期障害、その症状、年齢および治療法がさらに網羅されることになるのは、脳の働きの結果です。さらに、変化は年齢によって決まります。

科学者たちは、更年期障害を患っている女性の間で一般的な神経障害がいかにあるかについて絶えず論じています。多くの内分泌学者、婦人科医、心理療法士が一つの結論に達しました:閉経期にほぼ半数の女性が神経症を発症します。

更年期神経症の症状

この病気は肉体レベルと栄養レベルの両方で現れます。主な症状

  • ほてり(顔、首、肩が赤くなります)、

  • 心痛
  • 頻脈
  • 発汗量の増加
  • めまい、耳鳴り、
  • 便秘または鼓腸
  • 性器部での排尿時の痛み、
  • 疲労感
  • 感覚異常 - 「ガチョウの隆起」
  • 骨の脆弱性が増加
  • 心血管疾患

追加の症状が含まれます:

  • 不眠症
  • 疲労
  • 緊張
  • やさしさ
  • 感情的な背景と気分の急激な低下
  • 不審
  • 頭痛
  • 自分の姿に無関心であるか、それに過度の注意を払う。

閉経期神経症の危険な合併症は、うつ病、無関心、そして孤立の形で現れます。この憂うつな内的状態の理由は、彼女の育児機能が衰えたために女性が「不適切」と感じるからです。

うつ病、薬で治療したが、非常に悪い。多くの場合、更年期神経症を患っている女性は自殺傾向があります。躁病、パニック発作、および鬱状態が交互に起こることがあります。

ホルモンレベルの変化は結果を伴います。深刻な合併症の中には、乳腺や女性生殖器の癌、肥満症、骨粗鬆症があります。

しわの出現は、更年期障害の主な症状です。体重、体格、姿勢が変わることがあります。

更年期神経症の間のIRRはどうですか?

更年期障害が血管ジストニアの診断が難しい場合。栄養血管障害を伴う更年期神経症は症状が似ています。主な違いは、閉経期の神経症が性ホルモンのレベルに影響を与えるという事実と、IRRにある - 自律神経系の特異性にあります。両方の病気が同時に女性の体内で発生した場合、それはより困難です。この場合、以下の現象が発生します。

  • 跳躍圧
  • 口の中に不快な味があります、
  • 頻尿、
  • 激しい頭痛
  • 恐怖は、パニックとヒステリーを伴います、
  • 心の痛み。

ほとんどの場合、この状態の原因は患者の精神になります。なぜなら彼らは彼ら自身を恒久的な否定的な立場に立たせるからです。この場合、心臓の働きが加速し、血圧が急上昇して全身倦怠感が起こります。あなたがこれらの症状を経験するならば、あなたは血管ジストニアのための心理療法を専門とする医者に相談するべきです。

更年期神経症において、症状と治療は相互に関連する概念です。それで、弱い臨床像で、神経症の徴候は結局彼ら自身で通ります。閉経中の精神的影響はありません。

神経症の症状が正常な機能に大きな影響を及ぼし、社会に不適応を引き起こす女性は、深刻な治療を必要とします。

治療は包括的であるべきです。次の基本原則に従う必要があります。

  • 食事、睡眠、覚醒を観察する
  • 紅茶、コーヒー、ホットスパイス、コレステロールの豊富な食品をあきらめる
  • 食事には乳製品、野菜、果物が必要です。
  • 睡眠は治療の主要な要素です(不眠症の場合は、睡眠薬を服用することをお勧めします)。
  • 療養所での治療と新鮮な空気の中での頻繁な散歩
  • マッサージ、漢方薬、ハイドロセラピー、
  • 運動療法、
  • 心理学者への定期訪問。

特に難しい場合には、医師はホルモンレベルを回復させるのを助ける薬を処方します。

神経症との闘いでホルモンレベルを回復するために、ホルモン薬が処方されています。それらは通常2つのカテゴリに分類されます。

  • 人工(合成)
  • ホメオパシー(穏やかな効果を持つ植物ホルモン)。

特に人気があり需要が高いのが「クリマジノン」です。それは更年期障害の一種の鎮静剤であり、それは菜食主義者に影響を与えます。しかし、この薬は多くの禁忌があります。独立して服用し始めるべきではありません。医師によって処方されただけです。

"グランダクシン"

医者は更年期神経症に対して薬「Grandaxinum」を推奨します。彼についての医師や患者のレビューはほとんどポジティブです。医師は秋と春の緊張の悪化の間にこの薬を処方します。専門家によると、薬のプラス効果のおかげで神経系の効果的なサポートです。この薬は顕著ななだめるような効果を持つ強力な精神安定剤です。

"クリマクトプラン"

これはあなたが更年期障害を乗り切るのに役立ちますもう一つの推奨される救済策です。それで、使用のための「Klimaktoplan」指示について言います。薬の価格とレビュー - 許容以上。このホメオパシー療法には、エストロゲンの活性を調節する物質が含まれています。

回答は、この薬のおかげで、不安、不安、パニック発作がなくなったと主張している。これは中枢神経系の自律神経機能の正常化によるものです。特に、内分泌、心血管系、視床下部、下垂体、副腎の状態が安定しています。

薬は、成分に対する個々の感受性で服用することはできません、それは妊娠中、授乳中も禁止されています。だからそれは使用説明書の中で「Klimaktoplan」について言われています。価格は(レビューは薬の費用は非常に合理的であると主張している)608ルーブルです。丸薬は1日3回、空腹時に1〜2個溶解します。

女性がホルモンの変化を受け入れるならば、それらと関係があります、そしてこれは治療の半分の成功です。主なことは、最初の症状の治療に速やかに頼ることです。

適切な栄養、健康的なライフスタイル、安定した睡眠、そして私たちの周りの世界に対する前向きな姿勢は、更年期神経症に対する戦いの要素です。

更年期障害における神経症の原因

以前にこのタイプの神経症の原因と呼ばれていた医師は、ホルモンレベルの変化 - 性腺刺激ホルモン、エストロゲン。この変化は更年期障害につながり、同時に身体の他のシステムにも影響を与えます。

しかし、閉経前後の女性を対象に研究が行われています。閉経期神経症の症例の約15%が、定期的な月経と正常なホルモンレベルの女性に見られることがわかった。ホルモンレベルはすでに安定していましたが、閉経後5〜15年で患者のほぼ40%がこの病気にかかりました。そして、この研究の参加者の半数が、異なる性質のサイクルおよび神経症の症状の違反を同時に観察した。その結果、ホルモンレベルの低下、更年期障害の発症、神経症状 - 視床下部の加齢変化の影響 - が結論付けられました。

視床下部は内分泌機能だけでなく、感情状態、人間の行動にも関与しています。それは、更年期障害と神経症 - 私たちの年齢によってプログラムされた脳の平行効果です。科学者たちは、神経障害の有病率について議論しています。研究データによると、患者は15〜85%の症例でこの疾患に罹患している。これは多すぎる変動であり、統計的なものとは見なされません。したがって、心理療法家、内分泌学者、婦人科医は結論を出しています。平均して、閉経期の神経症は女性の半数に発生します。

更年期障害の症状

身体的、自律神経症状は以下のように現れます:

  • 熱のフラッシュ(顔、首、熱感のある肩の発赤)、
  • 心臓の痛み - 心臓痛(オーガニックではない)、
  • 発汗量の増加
  • 頻脈
  • めまい、息切れ、耳鳴り、
  • 鼓腸または便秘
  • 痛み、排尿時や性器領域のかゆみ、
  • 疲労
  • "体にグースバンプ" - 感覚異常、
  • 閉経直後に、ほとんどの患者は骨の脆弱性を増し、そして心臓および血管の疾患が始まる。

ホルモンレベルの変化は、中でも深刻な合併症を引き起こす可能性があります:乳腺や女性の生殖器の癌、肥満症、骨粗鬆症。それらを防ぐために、あなたは定期的に医者を訪ねるべきです。

統計的な医学的データによると、神経症の形の病理学は、閉経期中に症例のわずか40〜60パーセントで現れる。重要な要因は、閉経前の病歴における神経障害の存在です。彼女の状態の女性の不適切な経験、体重、体型、姿勢、およびしわの出現の変化に対する反応の強化は、更年期神経症の主な症状です。

  • 不眠症、睡眠不足、
  • 一定の疲労
  • 過敏性と神経質
  • やさしさ
  • 不安定な感情状態(気分変動)
  • 不審
  • 頭痛
  • 外観への無関心またはそれに忙しすぎます。

うつ病、無関心、孤立は神経症の危険な合併症と考えられています。 気分が落ち込んだ理由は、生殖機能の消滅による「不適切」を女性が感じていることにあります。 患者は家族の中でも地域社会の中でも不必要だと感じます。恐れ、不安、孤独の恐れがあります。

うつ病は治療には適していません。薬なしではしないでください。多くの場合、統計によると、うつ病を患っている人々が自殺しようとしているのは40〜50歳の年齢です。しかし、自殺傾向と試みはどの年齢でも観察される可能性があり、熟練した医療を必要とします。

他人に、そして自分自身に彼らの関連性を証明したいという願望は時々気まぐれになります。この場合の更年期神経症は、双極性障害 - 一連の躁病と鬱状態に似ています。

病理治療

臨床像の低い重症度では、恐れることは何もありません - 更年期の完了と更年期の確立で、神経症の症状はそれ自体で通過します。閉経後の精神的影響は観察されません。

神経症の症状を持つ人は、社会の不適応につながる正常な機能に影響を与え、深刻な医学的対策が必要です。

この場合の治療法は包括的であるべきです。基本原則

  • 患者に適切な食事と睡眠と覚醒を提供する。
  • それは刺激的な効果を持っているコーヒー、紅茶、ホットスパイスや他の製品(特にコレステロールの豊富なもの)を放棄することが必要です、
  • 食事は乳製品、野菜、果物で飽和させるべきです、
  • 睡眠は治療の主成分です。不眠症が睡眠薬を服用するべきであるとき、
  • 療養所での更年期神経症の治療または少なくとも頻繁に新鮮な空気の中を歩く
  • 植物療法、マッサージ、ハイドロセラピー、
  • 治療的運動(運動療法)
  • 心理療法、心理学者との定期的な接待、
  • 困難な場合には、ホルモンレベル、神経弛緩薬、鎮静型精神科薬、抗躁作用、抗うつ薬を回復するために薬が処方されます。

どんな薬も自分で取る(選ぶ)ことは禁じられています - 彼らは医者を任命しなければなりません。

薬Klimadinonは市場で人気があります。それは心を落ち着かせる効果があり、栄養に影響を与えます。しかし彼は忘れてはならない禁忌を持っています - したがって、薬の使用は医師に相談した後にのみ可能です。

これらの治療原則に加えて、職場での家族の状況が精神に非常に影響を及ぼすことを覚えておく必要があります。治療の初期段階における夫、子供、そして同僚との関係はピルよりも重要です。しかし、あなたは医療を無視することはできません - 病気は容認されるべきではなく、治療されるべきです。医者によって選ばれた正しい治療戦術がなければ、夫も子供も更年期神経症を治癒しないでしょう、そして、彼女の急な行動で女性は神経系とその中で問題を引き起こすだけです。

更年期神経症の発症は多くの要因に左右される。主なものは、この時期以前の神経症の歴史における存在です。聖歌隊の気質の人は躁病の症状の影響を受けやすく、憂うつな女性はうつ病にかかりやすいです。

年齢調整に関連する症状

  1. 注意欠陥症候群 - 無用で不適切であるという感覚。通常、この年齢では、子供たちは成長し、彼らの関係を生み出し、彼らの生活は本格的になり、そしてこれはさらに症候群を強化します。夫が名前の疑いがあるので、外部の変化は多くの複合体につながります。自分自身に注目を集めるために、女性は自分自身のために病気を発明し始め、演劇的に振る舞い、自分の容姿にあまりにも注意を払いすぎます。
  2. 頻繁に変化する気分、ヒステリー、涙、問題の規模を誇張する傾向。
  3. うつ病:不安、うつ病、無関心、彼らの容姿への無関心、そして起こることすべて。これは女性が枯れや老化を認めざるをえないという事実によるものです。

視床下部の機能の変化に伴う

  1. 疲労感とパフォーマンスの低下
  2. 睡眠や覚醒、不眠症のリズムの違反、それはしばしば薬物療法だけに対処するのを助けます。
  3. 重大な記憶障害。
  4. 集中力を失う。
  5. 体全体に震えと震え。
  6. 頭痛。
  7. 発汗が激しくなり、ほてりが20秒から数分まで続きます。
  8. 息切れ
  9. 頻脈。
  10. 消化器系の機能不全:便秘、腸内のガス形成の増加。
  11. 心の痛み。
  12. 圧力が上がった。

更年期障害における神経症の徴候の特徴は、その緩やかさです。それは更年期よりずっと前に現れ始めます。文字通り45歳以上の女性は何らかの形で自分の症状に気づき始めます。彼らが走っているほど、治療プロセスは難しくなります。

クライマックスは自然なプロセスです。

性別が弱い男性はすべて更年期に直面します。これはホルモンの変化を伴う避けられない生理学的な老化プロセスです。この間、卵巣によるプロゲステロンの産生は徐々に減少します。これは文字通りすべての体の働きに影響を及ぼします。

  • 新陳代謝を遅くする
  • 血圧が不安定になる
  • 排出の質そして量は変わる
  • 卵が成熟しないと月経周期が長くなります。
  • 感情が暴走する
  • 慢性疾患は悪化しています。

これらはすべて更年期症状ではありません。女性はこれらすべての変化に痛いほど耐えますが、それらは完全に正常であると考えられています、そしてどんな医者もこれを確認します。

なぜ感情はの力を超えているのですか

ホルモン系の変化(思春期、妊娠、授乳)を伴うすべての期間のように、心理的問題は閉経中に起こります。時には彼らはすべての変化への生物の適応と一緒に行きます、そして時には彼らは更年期神経症に変わって悪化します。不安定な感情状態を気まぐれで気分が悪いとして扱って、女性が親しいものに支えられていないときに起こります。

ホルモンや他人の誤解に加えて、そのような理由で感情をコントロールすることは困難です。

  1. 女性が人生のすべてを捧げた子供たちはより自立するようになり、親の家を出る。女性の見た目は良くなっていません。子供たちへの不安や憧れ、夫を失うことへの恐れは、孤独への恐れに変わります。
  2. 人生の結果はがっかりしています - 女性は、最高の年が経過したこと、そして彼女が熱心だったことは起こらなかったことに気づきました。
  3. 視床下部の機能の年齢および変化、身体的および心理的持久力の低下のために、これは慢性疲労を引き起こし、そしてその背景に対して、神経障害はより集中的に発症する。

更年期神経症の治療

更年期神経症は、女性が自分で認識することができますが、それを診断して正確に処方できるのは専門家だけです。通常、治療は2つの目標を達成することを目的としています。

  1. 体の一般的な強化。
  2. 原因の排除と神経障害の症状の排除

それらを達成するためにあなたは必要です:

  • スリープモードを調整してください。これが更年期障害による神経症の治療の成功の主な条件です。ほとんどの場合、睡眠が健康になるためには、鎮静催眠薬を服用する必要があります。最も人気のある鎮静薬はレセルピンです、その用量と使用の機能はもっぱら医者によって決定されます。
  • 更年期の間に、ホルモンを元通りにするのを助けるホルモン薬は神経症の有効な手段と考えられます、そして、これのために、精神感情的な状態は改善されます。
  • 健康的なバランスの取れた食事に従ってください、年齢層45+のためのビタミンと栄養補給。
  • ヨガ、呼吸法、瞑想、新鮮な空気の中での長い散歩など、通常の生活様式に適度な運動を取り入れます。
  • 療養所やリゾート地への訪問、そして可能な限り頻繁に。リハビリ施設(マッサージ、フィト、アロマテラピーなど)で提供される手技は、身体的および精神的健康にプラスの効果をもたらします。
  • 問題を気をそらすことや自由時間を取ることになる趣味 - アウトレットを見つけてください。
  • 起こるすべてを受け入れ、人生の新しい時代を愛するのを助ける才能のある心理療法士と仕事をしましょう。心理学者とのコミュニケーション

更年期障害における神経症の治療から最大の効果を得るためには、女性の環境を利用することが必要です。心理学者または心理療法士は親戚と協力し、女性とどのようにふるまうべきか、どのように適切に彼女を支えるかについての指示と勧告を与えます。性別が弱い代表者たちは、声を出して問題を議論する必要があることを強く訴えています。魂との会話は薬よりも多くの結果を出すことができます。

更年期障害における神経症の原因

更年期障害の女性の60%近くが更年期障害の神経症を患っています。医師がこの疾患をホルモンの欠如と関連づける前に、現在専門家は視床下部の年齢に関連した変化にますます注意を払っています。

もちろん、ホルモンの変化によって引き起こされる更年期障害の不快な症状は女性の心理状態に影響を及ぼしますが、それらは更年期障害の症状の増強剤として作用し、その主な原因ではありません。

さらに、次のような要因によっても重要な役割を果たします。

  1. 遺伝的素因
  2. 人の特徴
  3. 過去のストレスの多い状況(現在)。
  4. 弱い免疫力
  5. 体の一定の過剰な緊張。
  6. 間違った生き方
  7. 体内に栄養素が不足しています。
  8. 慢性的な働き過ぎ。
  9. 睡眠障害(体系的な睡眠不足)

更年期神経症は、1つの理由と要因の組み合わせの両方によって引き起こされる可能性があります。 病気の正確な写真を確立することは専門家しかできません。状況を分析し、適切な治療法を選択するのは医師です。無害な症状の下で代謝プロセスの違反だけでなく、栄養血管だけでなく、深刻な精神障害を隠すことができるからです。

更年期神経症の兆候

更年期障害を伴う神経症には、いくつかの特徴的な徴候があります。

  • 慢性疲労
  • 一般的な過敏性
  • 更年期障害を伴う発汗
  • 夜に突然起きる(眠りにくい)
  • 高血圧症、
  • 突然の圧力急上昇
  • 心臓病
  • 気分変動
  • 耳鳴りの発生
  • 不安定な感情状態。
  • 無関心、
  • 外観に対する否定的な認識
  • 閉経中のめまい、
  • 食欲不振

クライマックスと神経症は、相互に関連する概念とは見なされません。なぜなら、一部の女性では、閉経中の精神障害はそれ自体を明示しないからです。 しかし、それでもなお、特にこの時期の女性の行動や世界に対する女性の認識に注意を払うのであれば、ある程度の関連性があります。

閉経中の神経症には、次の精神障害のうちの1つ、いくつか、または4つすべてのタイプが含まれる可能性があることを覚えておく価値があります。

  1. 無力(記憶喪失、疲労、効率の急激な低下)。
  2. 憂うつ(気分の負方向への変化)。
  3. 心気症(自分の健康状態についての強迫観念、過度の懸念、「余分な病気」のせい)
  4. ヒステリック(最もわずかなストレスの多い状況への不安定性、しっとり、ムード、涙の発現の増加)

更年期神経症の時宜を得た治療は、しばしば不可逆的である多数の負の影響から保護します。

視床下部は、自律神経系の多くの活動に関与しています。例えば、それは代謝プロセスの安定性に影響を及ぼし、閉経中の違反は骨粗鬆症のような深刻な病気を引き起こす可能性があります。

閉経期における神経症の進行段階

更年期障害の神経症は3段階の発達を経ます。第一段階は神経症の前兆の出現によって特徴付けられる。現時点では、女性は不安定に見える可能性がある最初の兆候を感じているので、そのような行動の変化に真剣に注意を払い、疲労にそれらを書き留めることはめったにありません。第二段階は病気の高さです。この段階の女性たちは、自分たちの健康について深刻に心配し始め、そして医者に行きます。適切な治療法がこの段階で組織されていない場合、病気は慢性疾患の第三段階に入ります。人格構造には特徴的な変化があり、正しい治療法でも状況が改善されない場合があります。

何が病気の治療を始めますか?

更年期神経症の治療の性質は、病気の無視にかかっています。 初期の段階では、強力な薬に頼るのは意味がありません。次のことに注意を払う必要があります。

  1. 正しい食事野菜、乳製品、野菜、果物をベースにした食事。コレステロールが豊富な食品の使用は許可されていません。アルコール、たくさんのスパイス、濃いコーヒー、お茶は完全に除外されています。
  2. 完全な休息と睡眠女性が十分な睡眠を得られないならば、神経症の治療はほとんど結果をもたらさないでしょう。一日を通して短い休憩をとることをお勧めします。
  3. 定期的に新鮮な空気の中を歩きます。一定の散歩は一般的な心理状態に有益な効果をもたらします。それでもスパトリートメントを妨げることはありません。
  4. 治療的運動、マッサージ。精神状態だけでなく、身体の身体的指標にも有益な効果があります。

閉経期の神経症治療薬としては、厳密に個別に選択されています。何の必要もなく、助けというよりはむしろ害を及ぼすであろう強力な薬を服用する意味はありません。

医師は、神経症の初期段階では、脈拍を安定させ、血圧を改善し、睡眠にプラスの効果をもたらし、ほてりの頻度と強度を減らす鎮静剤の助けを借りて勝つことができると考えています。

重要です!薬物療法はあなたの医者と相談した後そして彼の厳密な監督の下でのみ可能です。

神経症と戦うためのホルモンレベルの回復

閉経期の神経症は、上記のように、ホルモンレベルの変化と関連していない可能性があります。 しかし、ほてりやその他の更年期障害の不快な症状が女性の精神に影響を与えないことは否定できない。したがって、ホルモン療法を処方するという意味があります。

ホルモン薬は2つのカテゴリーに分けられます。

  • 合成(人工)
  • ホメオパシー(植物ホルモンはより柔らかい効果があります)。

そのような治療はホルモンの背景の状態を改善するだけでなく、女性の心理的状態を安定させるでしょう。

病気の治療における心理療法の役割

閉経期神経症を治療することは、複合体において必要である。迅速で痛みのない改善を期待して、あなたは薬だけを飲むことはできません。神経症の根拠は、深刻な心理的問題と、資格のある心理学者によってしか克服できない傷害である可能性があります。

正しいアプローチと心からの患者の心理療法は、同時にいくつかの問題を解決することができます。意外なことに、深刻な神経弛緩薬や鎮静薬を使用せずに、心理学者が女性の状態を安定させることができる場合もあります。

閉経期に心理学者を定期的に訪問することは、婦人科医に行くのと同じくらい重要です。結局のところ、心理的健康障害は非常に頻繁に生理的疾患を誘発します。

更年期障害における精神障害の予防

閉経期の女性の健康は絶え間ない支援を必要としています。体はもう若くないので、困難に対処することはより困難です。あなたが更年期神経症を取るならば、それから最初の場所は彼女自身に対する女性の態度です。

体の変化を受け入れ、定期的に医者を訪ねて、わずかな素因(ヒステリーではなく、深刻な態度)に反応するなら、あなたの体はすでに保護されています。このような生き方の利点は、新興疾患のタイムリーな治療にあります。

更年期障害の予防の基礎は、健康的なライフスタイル、安定した睡眠、適切な栄養、そして人生に対する前向きな姿勢です。

更年期障害は精神にどのように影響しますか?

すべての女性は、神経症が条件付きでいくつかのタイプの心理的障害に分けられることを理解するべきです。

  1. 栄養系 この形で、それは注目に値する 不眠症、女性は集中力に問題があり、徐々に悪化します。
  2. ヒステリックな神経症。この場合、ストレス耐性が低下するため、女性がわずかなストレスでも対処することは非常に困難です。兆候:不快感、一定のかんしゃく傾向。ヒステリック神経症を持つ一部の女性では、感度の上昇が見られます。
  3. 心気症ビュー。 医師はこのタイプの神経症を最も悲しいと考えています。女性は自分で症状を探し始め、自分で診断を下し、時には根本的な治療法に頼るようになります。

医療現場では、うつ病性神経症も注目されています。それは気分の頻繁な変化、効率の低下、無関心の出現によって特徴付けられる。

治療法:主な機能

治療は薬を服用するだけではありません。この問題を抱えるすべての女性は医者の一般的な勧告に従う必要があります。

更年期神経症の治療の特徴:

  1. 食事を調整する必要があります。カルシウムを含む野菜、乳製品、その他のさまざまな製品を含みます。
  2. 食事から除外する:アルコールやエネルギードリンク、スパイス、濃いお茶やコーヒー。アルコールはほてりの原因になります。
  3. 睡眠と休息を守ってください。更年期神経症の患者は、治療の時だけでなく、良い睡眠を必要とします、そうでなければ肯定的な結果はありません。
  4. 新鮮な空気の中をもっと散歩しましょう。

医師は、神経症のある女性が理学療法を行うこと、マッサージコースを受けることを強くお勧めします。

心理療法

そのような状態は複合体でのみ扱われるべきです。一人で薬を服用することから改善を待たないでください。

結局のところ、更年期神経症は深刻な心理的問題であるため、上記の推奨事項を厳守し、必要に応じて心理学者の助けを求めることが必要です。

心理療法は問題を解決するのを助け、それによって広い範囲の作用で神経弛緩薬を服用することなく、女性の全身状態を迅速に安定させるでしょう。

薬物治療

治療法は臨床徴候の重症度によって異なります。さらに、薬を処方する前に、医者は患者の年齢と病歴を考慮に入れなければなりません。

年齢期間はほとんど常に不快な症状を伴います。したがって、主な治療に加えて、ホルモンをさらに修復し維持することが必要です。

ホルモンの背景を正常化するには、合成ホルモンまたはホメオパシーホルモンを処方します。女性がパニック発作を起こした場合、原則として、薬はこの状態で処方されます。

低用量の薬、すなわちエストロゲン、プロゲステロン、アンドロゲンが治療に使用されます。

用法用量:更年期障害の場合は、1日1錠を服用します。治療の有効成分は、女性の心理的および感情的状態を正常化し、それによって神経症の症状を軽減するのを助けます。薬は禁忌の広いリストを持っているので、それはあなたが医者から処方箋を持っている場合にのみ薬局から解放されます。

女性が症状を訴えている場合は、Divigelが処方され、女性化効果があります。初期投与量は1.0 gのゲルです、一日一回使用してください。必要に応じて、医師は1日1.5gの投与量で周期的に薬を処方します。

多くの場合、更年期神経症の間に、女性は薬物Melaxen、順応誘発剤を処方されます(視床下部の機能を改善し、神経症の兆候を排除します)。用法用量:夕方に½錠で内側を受け入れるために。就寝前の30分薬を飲むことが最善です。

なだめるような

閉経期には鎮静剤が処方されます。よく知られている薬グランダキシン、主成分 - トフィソパム。それは体に顕著な抗不安作用を持っています。 1日2〜3回、50〜100mgの用量で割り当ててください。

オベスチンはエストリオール(女性ホルモンの天然の類似物)をベースにしています。投与量は個別に選択されます。 Не принимать препарат при: венозных тромбозах, тромбофилии, при тяжелых заболеваниях нервной системы, а также при повышенной чувствительности к дополнительному составу лекарства.

抗うつ薬

パニック発作が心理的な根拠を持っている場合、この場合は抗うつ剤を服用する必要があります。

天然の抗うつ薬: Valeryana、Motherwort、オレガノ。

ホメオパシー系抗うつ薬: Inoklim、思い出します。

重要です!これらの薬は自分自身を服用しない、禁忌の広いリストがあり、そして重大な有害反応を起こす危険があります。

漢方薬

伝統的な治療方法は、月経周期を正常化するだけでなく、更年期神経症を解消するためにも使用できます。

レシピ番号1

とげのあるサンザシに基づくチンキ。調理には、大さじ1杯の砕いた果実が必要です。0.5カップのアルコールを注ぎます。 40%を使用するのが最善です。 14日間主張しなさい。使用する前に、こすって、一日に2-3回20-30滴を飲んでください。

レシピ番号2

薬用バレリアンに基づくチンキ剤。容器に、大さじ1杯の乾燥成分と250 mlの熱湯を混ぜる。一日を主張する。 1日に50〜60グラム飲んでください。治療の経過は一ヶ月続きます。

レシピ番号3

ハーブベースのコレクション。最上の結果を得るためには、糸を取ります。すべてのハーブは10グラムの等しい割合を取り、沸騰したお湯(250 ml)を注ぎ、30分間主張します。使用する前に、ガーゼか清潔な布でこすってください。完成品を1日2回30-40ml取ります。

神経の予防

女性の婦人科疾患は必然的に適切に治療されなければなりません。しかし、それに加えて、予防の簡単な規則に従う必要があります。

体はもう若くないので、どうしてもあなたは忍耐強く、ストレスの多い状況で冷静に行動する必要があります。

適切な栄養を守り、十分な睡眠をとるために、それは多くの健康上の問題を回避するのに役立ちます。

覚醒剤神経症の顕著な徴候がある場合は、覚えておいてください、あなたは直ちに治療を始めなければなりません。しかし、自分で薬を飲むことはできません。各治療法には独自の禁忌と副作用があるため、治療法は症状の重症度と患者の一般的な病歴に基づいて医師のみが処方します。

症状学

閉経期の神経症は、すべての女性に発症するわけではありません。統計によると、女性の30〜60%がこのような神経症に罹患しています。同時に、異なる起源の神経症が以前に観察されている場合、そのような疾患の発症の可能性は高まる。

科学者たちは、閉経期の精神障害の発生は、体内のホルモンレベルの変化とは全く関係がないと主張しています。この状態の主な原因は、視床下部の活動の増強であると考えられています。これは、人間の神経系の交感神経分裂を制御します。これは、悪寒、四肢の振戦、および栄養血管病理からなる症状の出現を説明しています。

すべての女性が不便なしでクライマックスを持つわけではありません。男性ホルモンの数の増加のためにそれを取り除くために、体重を増やすようになり始め、非常に困難になる可能性があります。肌の色合いが薄くなり、しわがたくさんあります。髪の毛や爪の状態は悪化しています。そのため、女性は以下の症状を伴う精神障害を経験する可能性があります。

  • 気分が揺れる(泣いた直後に笑いが現れる、またはその逆)
  • 感情的および精神的不安定
  • 睡眠不足、またはその逆が眠気を増し、
  • 慢性的な疲労感
  • 急激な血圧の上昇、慢性高血圧症、
  • 自律神経系および心血管系の崩壊
  • 上肢または下肢の突然のしびれ感またはチクチク感、
  • 過敏性、憤り、
  • 通常のホットフラッシュ、冷たいフラッシュへの急激な流入、
  • 血管血管障害。

閉経期の多くの女性は見栄えを良くし、自分の年齢に合わない服を買おうとし、自分が加齢しているという事実の言及を避けます。反対に、女性の残りの半分は、化粧品や衣服への関心を完全に失います。彼らは、様々な障害を伴う、年齢に関連した変化にだけ注意を向けています。これらの症状はどちらも標準ではなく、神経症を発症する主な症状となる可能性があります。

病気の予後

あなたが医者によって処方された治療に従うならば、予後はかなり好ましいです。ほとんどの場合、この病気は完全に治ります。

神経症との闘いで最も重要なことは、自分自身に対する女性の態度です。それはあなたの体の状態を監視し、定期的に婦人科医を訪問し、不快な症状を伴う身体の変化について彼に知らせることが必要です。これは気候神経症に耐えるのに役立ちます。

記載されているすべての治療方法に加えて、家族内の状況が身体の精神状態に大きく影響することを忘れてはなりません。配偶者、子供、友達、親戚との良好な関係は、他の薬よりも優れています。しかし、ほとんどの場合、問題に自分で対処するのは非常に困難であるため、医療を無視することには意味がありません。

閉経期に神経症が現れるのはなぜですか

それほど前ではないが、医師は閉経期に性ホルモン - エストロゲンとプロゲステロンのレベルが低下するために女性が神経症を発症すると考えていた。しかし、神経症と診断された更年期患者の既往歴についての研究が行われ、彼は既存の意見を否定し、新たな意見を提唱した。

はじめに、調査結果を確認しましょう。神経症と診断された女性の約15%が定期的な期間と正常なホルモンレベルを持っていました。ほぼ40%の女性で、神経症は、閉経後わずか5〜15年で体がホルモンのレベルが一貫して低かったときに現れました。

半数の患者で、神経症は更年期症状と同時に発症し始めました:月経障害、ほてり、発汗の増加、過敏性など。科学者たちは、更年期障害のような神経症状が視床下部に加齢に伴う変化を引き起こすと結論付けています。それは脳内にあり、女性の体の内分泌機能、そして彼女の行動や感情に責任があります。

それが、閉経と神経症が同時に成熟した女性に起こる理由です。しかし、あなたはこれらの状態が相互に関連していないことを知っておくべきです。結局のところ、閉経期のすべての女性の半分だけが神経症の症状を持っています。更年期障害の女性の残りの半分は精神障害に直面していません。

神経症

神経症には次のような精神障害があることを知っておく必要があります。

  1. 栄養系
    これらには、急速な疲労感、記憶障害、集中力の低下、睡眠障害、または不眠症が含まれます。その結果、パフォーマンスが急激に低下します。
  2. ヒステリック。
    女性のストレス耐性は大幅に低下しており、わずかなストレスでも対処するのは困難です。女性は気まぐれになり、泡立ち、かんしゃくを起こしやすくなります。これは敏感さの増加と愛する人に対する主張で明らかにされています。
  3. 心気症。
    彼らは彼ら自身のペルソナと彼らの健康状態にますます注目されています。女性は他人からの絶え間ない注意を必要とします。彼女は病気の症状を探していて、存在しない病気や病理を見つけます。
  4. 意気消沈した。
    その女性はしばしば気分を変えます。彼女は不安な態度をとり、何かをしたいという欲求は消えます。

女性が閉経中に神経症を発症した場合、その女性は1種類の疾患、または数種類、あるいは全リストを検査することができます。

病理学の症状

どのような症状が更年期神経症を起こす可能性があるのか​​を考えます:

  • 気分変動
  • 不合理な苛立ちの出現
  • 外部データに対する否定的な認識
  • 不審
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 食欲不振
  • 慢性的な疲労感
  • 過度の発汗
  • 睡眠障害:夜に眠りに落ちることは困難であり、夜間に突然目覚め、その後再び眠りに落ちることは困難である。
  • 不眠症
  • 器質的原因によるものではない心臓の痛み
  • 便秘または鼓腸
  • あなたの容姿に過度の注意を払う、またはその逆、完全に無関心、
  • 社会恐怖症の発症まで、コミュニケーションの欲求の欠如。

この状態のもう一つの現れは自尊心の減少です。女性は、自分の夫に対する魅力を失い、彼女を辞めることができるという強迫観念に見えるかもしれません。彼女は家族全員にとってより有用になろうとしており、より多くの仕事をしようとしています。その結果、女性はより疲れ、病気が増します。

病気はどのように発症しますか

最も「怖い」更年期障害でさえ自宅で倒すことができます! 1日に2、3回忘れないでください。

閉経期の更年期神経症の発症は3段階を経ます:

  1. 第一段階は、栄養血管系の働きにおける周期的な乱れ、ならびに精神的感情状態の急激な変化によって特徴付けられる。原則として、女性は疲労の兆候、経験したストレスの影響、または更年期障害の発症を解消します。
  2. 第二段階では、病気の集中的な開発が発生します。神経症の症状は、さまざまな強度や期間で現れることがあり、女性に警戒を促します。
  3. 第三段階 - 病気は慢性的な形に変わりました。性格の構造に変化があります。

閉経中の神経症の治療

最初の段階では、治療は強力な薬を必要としません。時には、それは生活の仕方を調整し、女性が自分に起こる年齢関連の変化を受け入れるのを助けるのに十分なものです。第二段階では、医師の診察を受けることが重要です。

更年期神経症の治療は、包括的な方法でのみ行われるべきです。あなたはセラピスト、婦人科医および内分泌学者によって検査される必要があります。心の痛みが気になる場合は、心血管系の疾患の発症を見逃さないように、心臓専門医の相談が必要です。この段階では、鎮静剤、脈拍を安定させ、血圧を正常化し、睡眠障害を解消するのに十分な鎮静剤がしばしばあります。

この場合、心理学者と協力することで、鎮静剤や神経遮断薬を使用せずに患者の状態を安定させることができます。

生活様式にどのような調整を加えるべきか

女性が自分自身に神経症のいくつかの徴候に気づいたならば、それから彼女は直ちに彼女の生き方を再考するべきです。既存の日課を作成または調整する必要があります。それは女性が一日に少なくとも7-8時間寝たことが非常に重要です。

そして、好ましくは22〜23時間の間に就寝する。睡眠中にセロトニンが生成されますが、これは精神障害を克服するために必要です。

日課のポイント

そのような側面に注意を払うことは必要です:

  1. 食事を見直す。
    コーヒー、紅茶、チョコレート、ココア、生姜、香辛料など、精神に刺激的に作用する製品の使用を完全に除外することが必要です。単純炭水化物の消費を最小限に抑えることが望ましい。しかし、あなたは完全に甘いの使用を放棄することはできません。この目的のために、砂糖、キャンディー、焼き菓子は蜂蜜とドライフルーツに置き換えられます。適切な栄養の基本は、新鮮な野菜や果物です。メニューには、全粒穀物、乳製品、さまざまな種類のナッツ、脂っこい魚、シーフードが含まれます。
  2. 毎日、新鮮な空気の中を歩きましょう。
    公園内でこれを行うことが重要です。あらゆる機会にあなたは自然の中に出る必要があります。山々、池、森林の美しい景色は、あらゆる種類の神経症の治療に強いプラス効果をもたらします。患者は自然を撮影し始めることをお勧めします。そのため、女性は美しい場所に注意を向け、よりポジティブな感情を得るでしょう。
  3. その日は身体活動のための時間を取っておくべきです。
    理学療法、ヨガ、プールでの水泳が含まれます。神経症の治療に非常に良い効果があるのは、マッサージとアロマテラピーです。

しかし、おそらくこの人生のフェーズで最も重要なことはあなたの年齢を愛し、年をとることを恐れないことです。女性が彼女と一緒に起こっている出来事を独立して受け入れることに失敗するとき、あなたは心理療法士から専門的な援助を求める必要があります。

閉経中の神経症の症状と治療法を検討した。あらゆる種類の神経症の発症における出発点は、自分自身に対する女性の態度であることを忘れないでください。どんな年齢や状態でも自分自身を愛し感謝することを学ぶことが重要です。永遠の若さが存在しないことを受け入れ、そして体は徐々に老化し始めます。

病気の最初の段階では、女性は自分で対処することができます。これを行うには、健康的なライフスタイルを遵守する必要があります。睡眠を正常化し、適切に食べ、毎日新鮮な空気の中を歩き、人生を積極的に見てください。最後の項目で問題が発生した場合は、心理療法士に連絡して助けを求める必要があります。健康を祈っています。

そして、閉経期の神経症の発症と治療について何を知っていますか?

更年期障害のための最高の非ホルモン治療薬更年期障害のためのお茶この薬は30ハーブのおかげで、潮の干満、頻繁な気分の変化、そしてエストロゲンの量を増やします!クライマックスに言う - STOP!

更年期神経症の認識と治療の仕方

クライマックスは、遅かれ早かれすべての女性の生活の中で起こり、ほとんどの場合、この症状に特徴的な症状を伴って円滑に進行します。更年期障害が起こると、出産機能が自然に消滅し、通常は45〜55歳の女性の年齢で起こります。

女性は、のぼせ、疲労、鬱、尿失禁、膣の乾燥を感じることがあります。このプロセスの結果は月経機能の終了です(更年期障害)。更年期障害のプロセスは数ヶ月から数年続くことがあり、その最後には女性は再び健康を感じるようになります。

しかし時々正常な閉経の過程は更年期神経症の出現によって複雑にされるかもしれません、それは主に中枢神経系と栄養神経系の変化によって特徴付けられます。ほとんどの場合、更年期神経症は不安定な精神を持つ女性や精神的に不安定な女性に起こります。

女性が他の種類の神経症の病歴を有する場合、閉経期の発症と共に、更年期症候群は基礎疾患と重なるので、この状態は悪化する可能性がある。

更年期神経症を認識するには?

更年期障害の病理学的経過は、更年期障害の全症例の30〜60%で女性の統計によれば起こる。その経過は更年期障害の特徴的な経過に似ていますが、神経症に特徴的な他の症状がすべての症状に追加されます。

更年期神経症の発症において、更年期障害の最初の兆候が現れるときに神経症の前兆の段階が区別され、神経症の兆候を見逃すことが困難であるときに疾患の高さが区別される。

更年期の間にホルモンの背景の変化が起こるので、それから外向きに女性の体型が変化し、姿勢、肌の弾力性が減少し、しわと白髪が現れ、そして体重が増加します。通常、これは誰にでも起こる可能性があり、そのような変更に対する応答は適切です。更年期神経症は、加齢に伴う変化に対する不適切な反応を特徴とします。

更年期神経症の臨床​​像は以下の通りです:

  • 疲労と慢性的な疲労の増加。
  • 睡眠障害、発汗、過敏性。
  • 眠りに落ちることと睡眠からの突然の目覚めの困難なプロセス。
  • 血圧と高血圧の発症を急上昇させます。
  • 心臓のリズム障害と心臓の痛み
  • 暑さ、不審、辛さ、涙。
  • 彼らの外観を改善したいという願望、またはその逆は、彼ら自身と彼らの外観に対する完全な無関心です。
  • 耳の中のノイズ、アンバランス、目の中の「フライ」。
  • 感情的な不安定さ(泣き声が突然笑い声に置き換わります)。
  • 気分の素早い変化(無償の憧れから突然の楽しみへ)。

    更年期神経症の女性の出産機能が絶たれると、不適当な感情と需要の欠如が生じ、その結果、家族の中に余分な人がいるように感じます。そのような女性では、社会活動は消え、自己完結し、無関心になり、起こることすべてに無関心になります。

    それどころか、何人かの女性は、彼らが通常行うよりも多くの機能を実行しようとしている、すなわち、彼らは家族における彼らの必要性を証明しようとしている。これらの女性は彼らの容貌に多くの時間を費やし、そしてそれは時間とともに徐々に躁病に発展します。

    更年期神経症を治療するためのホルモン法

    更年期神経症に対する最も効果的な治療法はホルモン療法です。更年期神経症の治療には、エストロゲン(およびそれらの合成類似体)、アンドロゲン(および構造的にアンドロゲンに近いメチルアンドロステンジオール)、ならびにそれらの相互の組み合わせが使用される。エストロゲンおよびアンドロゲン薬、ならびにそれらの組み合わせの使用は、明確な適応症および禁忌を有し、それらなしではホルモン療法は無効であり得、または望ましくない合併症を導き得る。 Стойкое устранение симптомов климактерического невроза наблюдается только при длительном непрерывном лечении.

    クライマックスとは何ですか?

    更年期(更年期障害)は女性の人生の過渡期であり、卵巣機能の消失に関連しています。性ホルモンの欠乏は症状全体を複雑にします。軽度からなだれ様まで、重症度はさまざまです。卵巣機能をオフにした結果、生殖機能が停止します。明らかにこれは月経がないことによって現れます。

    クライマックスは45〜55歳の女性に発生します。 40年前に発生したクライマックスは早産と呼ばれ、55年後には遅くと呼ばれます。

    時期尚早の更年期障害の原因は、長期にわたる否定的な感情、出産時の大量の失血、長期の母乳育児、頻繁な出産と中絶、栄養失調、慢性的な衰弱性感染症、長期の精神的ストレス、激しい肉体労働です。

    クライマックス:開発段階

    更年期神経症は、中枢神経系の機能における病理学的な加齢に伴う変化によって引き起こされる身体の状態であり、自律神経および神経精神的変化によって特徴付けられる。更年期神経症は、月経周期が乱され、保存され、そして正しいレベルでさえ、そして閉経期の開始後の様々な時点で(時には10年後でさえも)起こる。女性の更年期神経症の頻度は10〜84%の範囲です。神経症は、主に神経系の様々な中枢の活動の増加によるものです。言い換えると、これは「ほてり」 - 顔の発赤、首、体の上半分、過度の発汗を伴う短期間(0.5〜2分)の熱感、ならびにいらいら、涙などを引き起こします。 。更年期神経症の出現で、患者は、しばしば心臓の領域の痛み、および鼓動のための「ほてり」を訴えます。時々心臓の動悸の発作があります。耳鳴り、めまい、不均衡など、前庭機能に障害がある場合があります。更年期障害の神経系患者では、体のホルモン系が不均衡になるため、アテローム性動脈硬化症、高血圧、心筋梗塞、糖尿病、緑内障などの疾患が増加します。

    更年期神経症に加えて、更年期障害は長期の子宮出血によって複雑になることがあります。これらすべての場合において、婦人科医に相談する緊急の必要性。

    更年期神経症の診断には、特別な検査が用いられます。それらは、膣塗抹標本の細胞学的研究を行い、性ホルモン、カテコールアミンなどのレベルを決定します。

    クライマックス:更年期神経症の治療

    すべての患者が病的更年期障害の治療を必要とするわけではなく、臨床的徴候が明白であり社会的不自由を招く患者だけが必要です。私達の医者の経験は治療が患者の10-50%で行われるべきであることを示唆しています。更年期神経症の予防と治療のために、正しい働き方と休息、バランスのとれた栄養、グループB、C、A、Eなどのビタミンを含む母乳ダイエットを割り当てます(神経系の興奮性を高める製品を除く)。スパイス、コーヒー、濃いお茶、アルコールなど)脂肪とコレステロールが豊富な食品を制限する。理学療法、泥療法、ハイドロセラピー、リラクゼーションマッサージ、理学療法、心理療法、植物療法が広く使用されています。

    実施された活動が患者に有意な軽減をもたらさない場合には、神経弛緩薬による薬物療法が処方され、女性および男性の性ホルモンの調製が推奨される。彼らは可能性のある合併症について聞いたことがあるので、多くはこれらの薬を恐れています。私はこれらの偏見を払拭したいのです。婦人科医の厳密な監督の下、素敵な女性。作成した計画に従って定期的に審査を受けます。分析のわずかな変更と調査結果は無視されません。


    しかしながら、この治療は医師の監督の下でそして彼の予約の後に行われなければならない。そうでなければ、更年期障害の症状が増加する可能性があります。

    それでも、あなたはあなたの人生のスタイルを少し変えるべきです。変化だけが心から来るのです。体内の代謝プロセスがやや遅くなるので、体重が増加する危険があります。通常、女性は約5キロを追加します。食事療法と組み合わせて、あなたはただ運動をすることと1日に少なくとも30分の間歩くことを必要とします。これらの単純な対策は、数字を維持するのに役立つだけでなく、全体的な幸福と気分の改善にも貢献します。あなたがすぐに人生を駆け抜けるとき、あなたは時々行われたことをすべて見直すためにやめて将来の計画を立てる必要があります。長年に渡り、元気と自信を保つために、45歳または50歳の年齢でそのような立ち止まりをしてください。

    更年期神経症の治療の特徴とその症状

    更年期神経症(症状と治療を独自に認識して行うことはほとんど不可能です)は、バルザック年齢の女性にとって深刻な問題です。クライマックス - あらゆる女性の生活の中で、不快ではあるが避けられない期間。通常45〜55年以内に発生します(喫煙者で - 数年前)。この時までに、ホルモンの生産は減少し、新陳代謝は遅くなり、細胞はますます少なく更新されます。それは更年期の間に前には現れていない一連の病気があります。女性の体(卵巣)のホルモン機能はしばしば3〜4年の間に消えていきます。プロセスは精神的なものを含む変化を伴います。閉経後、半数以上の患者に更年期障害が見られます。

    症候群の重症度は、閉経前の体の状態によって異なります(これは、最初の月経から通常の「重要日」の消失までの期間です)。ほとんどの場合、女性は神経障害の閉経中に訴えます。クライマックス - 体へのストレスが、さらに、それは自己の心理的感覚に影響を与えます。老年のアプローチは、すべての人が同じことを認識しているわけではありません。誰かが美に対する興味を失い、従うのをやめます。それとは対照的に、他の人は、過度に若い。両方の行動は心理的な混乱の結果であり、しばしば資格のある心理療法士の援助を必要とします。

    更年期障害の非常に不快な仲間は、更年期障害の神経症であり、その症状と治療法は病状の重症度によって大きく異なります。いずれかの親戚が同様の問題を抱えている場合、あなたは完全なサポートを提供するべきです。家族が妻や母親の絶え間ない過敏性に耐えることはしばしば困難ですが、気を悪くさせないことが必要ですが、理解することは悪い気分の症状ではなく、病気のことです。神経症には、落ち着き、愛、そして愛する人への理解が欠かせません。

    女性における更年期神経症の治療の特徴

    更年期神経症とは、栄養神経性の疾患の発現を伴う女性の精神の一般的な状態を意味します。そのような変化は体のホルモンの背景の変化と部分的にしか関連していません。視床下部および神経系の他の中枢の機能における病理学的変化はより重大な影響を有する。

    更年期神経症は、タイムリーな診断と治療を必要とする深刻な病気です。ウイ 早い段階で治療プロセスがスムーズに進むと、無視された形で、人の性格の構造の変化を含む深刻な結果が現れます。

    更年期神経症の特徴

    更年期障害の神経症は頻繁に発生します。女性の60%が病気の症状を経験する可能性があります。ほとんどの場合、このような負の変化は閉経前の患者に見られます。更年期神経症は、気分の変化および無力症候群、IRRの発症、または長期にわたる疾患の進行を伴う。

    更年期神経症は次のような特徴もあります。

    • 意気消沈した
    • 積極性の向上
    • 絶え間ない疲労。

    このような身体の反応の背景には、家族の関係が変化し、女性と共通の言語を見つけることがより困難になります。彼女が治療を受けないほど、更年期神経症は彼女の行動と周囲の世界の認識に強く影響します。

    VSDと神経症

    IRR、血管ジストニアは、多数の神経学的症状を伴う。 IRRは、神経学的症状を引き起こしたり、精神の保護における恒久的な悪化の背景に対して起こりうる。女性の睡眠、日中および栄養が乱れています - 彼女は常にストレスにさらされています。

    神経学的および心理的問題の排除を目的とした使用済み療法の治療のため。避けられない変化を経験している患者さんと仕事をしています。セラピストはその変化を受け入れ、更年期障害のあらゆる悪影響(IRRの発作または頻繁な気分変動)を克服するのに役立ちます。

    気候神経症の発生

    更年期神経症およびその症状は、3段階の発症を経ます。主な症状はほとんど目立ちません - これらは血管障害を持つ女性がコントロールできる劇的な気分変動です。病気の症状ははっきりした絵がなく、現れたり消えたりします。

    第二段階では、病気のピーク。症状は常に不安な女性です。この段階では、迅速な治療に適している疾患と慢性疾患が分けられます。

    血管血管障害では、強迫状態が出現します。女性は怒りと攻撃性を感じ、次に近い環境でそれらを追い払おうとします。第三段階は顕著である人格の変化を伴います。この間の治療には薬物療法と心理療法が必要です。

    病気の治療

    更年期障害および神経症を伴うVSDの治療は、複合施設で行われます。女性は体内の代謝過程を回復させる食事療法を処方されています。

    患者は神経系の緊張を和らげるために弛緩を調整するべきです。彼女は新しい活動や旅行から恩恵を受けます。さらに、マッサージや運動も処方されています。更年期障害の場合、症状が許容できない場合は、鎮静剤と鎮痛剤が処方されます。

    薬物治療は主治医によってのみ処方されます。鎮静剤または精神安定剤は、患者がうつ病を患っている場合に使用されます。

    癒しの民間療法

    民間療法による治療法の選択は薬理学的薬を服用する安全な代替策です。

    色味のための原料は独自に選択されます:公平な性はそれらの品質に自信を持っていることができます。 IRRと精神の違反はセージやローズヒップでお茶を飲むのに便利です。病気が絶え間ない攻撃性を伴うならば、ミントとセージの少数の乾燥した枝は醸造されます。

    材料を煮て1時間煎じる。煎じ薬が風呂に追加され、それは30分かかります。自作調剤は、水をベースにしている場合は数日間、アルコールを使用している場合は数ヶ月間保存できます(暗い容器に保存されています)。

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send