人生

毎月の期間はいつ始まりますか?

Pin
Send
Share
Send
Send


妊娠と出産は生命活動のすべてのシステムに影響を与える非常に複雑な生理学的プロセスであるため、月経周期は出産後に、そして各女性に対して個別に回復するわけではありません。このプロセスがどのようにして起こるか、出産後に月経が始まるとき、そして正常化するために何がなされる必要があるかをよりよく理解するために、月経周期のような概念を簡単に強調する必要があります。

月経周期とその位相は何ですか

月経周期は1月経の1日目から次の1日目までの期間です。すべての女性にとって、それは異なり、21日から36日、時にはそれ以上続きます。健康な女性では、それは一定であり、時計のように日々変化します。

月経周期は3つの段階に分けられ、それぞれの段階は性的、内分泌的、そして神経系や心臓系を含む他の系の特定の過程によって特徴付けられます。

  • 第一段階。この時点で、下垂体は、子宮内組織の弛緩をもたらすエストロゲン産生のシグナルを送ります。卵巣では、卵胞は成熟しており、その中に卵細胞があります。この段階の終わりに、熟した卵胞が破裂し、卵がその旅を始めます。
  • 第二段階。この期間中に、プロゲステロンは体内に放出され、それは受精細胞の採用のための子宮層(子宮内膜)を準備し、そのパイプを通しての移動は終了する。それが受精すると、それは子宮の内壁の絨毛に入り、その発生が始まり妊娠が始まります。
  • 第三段階。受精が起こらなかった場合、プロゲステロンのレベルは急激に低下し始め、子宮内膜は拒絶され出血の形で終了します。月経の初日は新しいサイクルを始めます。

妊娠したら、女性の体内でホルモンの変化が起こり、それが胎児を温存する働きをします。現時点では、毎月の期間はない、すなわち生理的無月経が起こる。

出産後の月経周期の回復

出産後、内分泌腺の働きは徐々に正常に戻ります。この期間は、産後の解放の後に始まり、通常6〜8週間続きます。現時点では、複雑な生理学的プロセスが体内で行われ、妊娠後の状態の回復を目的としたプロセスもあれば、乳腺の働き始めの泌乳期のプロセスもあります。

出産後の月経周期の回復は、卵巣と子宮の同調的な働きであり、これは軽減されるべきです。産後期間の最初の2週間で、子宮は1日当たり10 mm下降し、2か月後には通常の大きさになります。授乳期のない女性では、このプロセスは少し早く起こることがあります。子宮の正常化の期間はいくつかの理由で増加する可能性があります。

  • 病的出産後。
  • 「高齢者」の女性、すなわち30年ぶりに出産する人。
  • 病気や "部分を担う"女性によって弱体化している。
  • 悪い心理的な背景。
  • 不利な生活環境 - 栄養失調、睡眠不足など

すべてうまくいけば、その後7-8週間後に健康な女性が出産後最初の月経を始めることができます。

違反の原因

月経が到来する時期が来て、それらが遅れるとしたら、その理由は何でしょうか。正規化が行われない場合は、パニックにならずに、ただちに医師に相談して問題が何であるかを調べてください。これは専門家しか判断できません。
時々それは出産後の月経周期が母乳育児のために十分に速く回復されないことが起こります。これは、授乳中に下垂体が特殊なホルモンであるプロラクチンを産生し、それが卵巣の機能と排卵の過程を抑制するために起こります。同じホルモンは、月経不順、その欠乏、またはその逆、豊かさを引き起こす可能性があります。通常の写真は歪んでいる可能性があります。

それ以来、出産から何ヶ月後に個別に始まるか、排卵が起こらないので妊娠が起こらないのはあなた自身であることを期待することは不可能です。人体は非常に複雑であるため、プロラクチンがこのプロセスを抑制できる、または抑制できないと言っても、婦人科医は言うまでもありません。

月経周期が出産後に回復せず、婦人科医による検査で新たな妊娠が完全に除外された場合、他の障害の原因が考えられます。その中で注意する必要があります。

  • ホルモン不全、そしてその結果として、エストロゲンの欠乏。
  • 新興または慢性の感染症
  • 子宮、卵巣、管に生じた炎症過程。
  • 卵巣の嚢胞性変化。
  • 若い母親の頻繁なストレスや興奮。
  • 全身の衰弱、睡眠不足、栄養不良など
  • 産後の合併症。
  • シーハン症候群または下垂体脳卒中。

多くの人にとって、母親は母乳育児をしていると同時に瓶から栄養補給を始めます。その場合、期間は3〜6ヶ月で始まりますが、不規則になります。

ご覧のとおり、多くの理由がありますが、専門家が彼らの検索に従事する必要があります。

月経回復のヒント

医師が出産後に月経不順の重大な原因を見つけられず、治療が必要とされていない場合、彼は女性の生活と食事を正常化するためのアドバイスを与えるでしょう。そして月経が出産の後に来るとき、質問はそれ自身によって取り除かれます。

若い母親は神経系や内分泌系への負荷を劇的に増加させているので、彼女は必須の微量元素とビタミンを体に提供する必要があります。医者は必要な薬の複合体を処方します、そして、女性自身は肉と乳製品、野菜と果物を含む彼女の食事療法を監視するべきです。この期間中の食事は完全であるべきであり、これは月経周期を回復するために赤ちゃんにとっても女性の健康にとっても必要である。

妊娠期間中に慢性疾患が観察された場合、それらの是正に対処する必要がありますが、厳密には医師の監督の下にあります。

睡眠と覚醒に固執することも必要です、女性の体は適切な休息を受けるべきです。そして、小さい子供でこれをするのは難しいですが、あなたを助けるために親戚に頼むことを躊躇しないでください、そしてそのような機会がないならば、子供が眠っている間もっと休むようにしてください。

覚えておいて、女性がより正確にそして最高の状態で暮らすほど、体はより早く回復し、子供の誕生後の毎月の期間は進みます、そしてこれは女性の健康への鍵です。

月経が出産の後に来るとき

ほとんどの医師は、母乳育児が終了すると、月経周期全体が正常に戻ると言っています。これは、女性が2年間または3年間さえも自分の赤ちゃんを授乳したときに観察された完全に自然なプロセスです。同時に彼らは要求に応じて子供に食事を与えた。約20年前、授乳中の母親は長期間にわたってその期間を完全に忘れることができました。

今日、ほとんどの場合、状況は次のとおりです。

  • 6〜12ヶ月までの母乳育児
  • 子供のための食べ物の巨大な選択があります、
  • ルアーの早いスタートを練習しました。

女性の内分泌系が「異常に」機能し始めるという事実も、ドラッグデリバリー、ホルモン避妊薬、および出産後の月経開始の時期に影響を及ぼす可能性があるその他の要因に影響を与える可能性があります。不可能です。いずれの場合も、それは個性的です。しかし、月経が出産後4か月後または2年後に始まった場合は、どちらの場合も正常と見なされます。

女性の体の回復がどれほど早く出産をもたらしたかは、多くの要因によって影響を受けます。

  • 女性は何歳ですか
  • 彼女の健康状態は
  • 授乳の特徴は何ですか、そして女性が母乳で育てるかどうか、
  • 出産期間と出産プロセスの流れ
  • 付随する病気はありますか。

子宮の逆発達(退行)を遅らせる理由はいくつかあります。

  • 体が弱くなる
  • これは最初の誕生ではありません、
  • 30歳以上のママが初めて生まれました
  • 出産の歴史は重いです
  • 産後体制の規則違反
  • 母乳育児。

出産後、月経はどのように始まりますか

出産したことのある多くの女性にとって、定期的な月経周期の正常化は比較的短い時間で済みます。月経の開始の最初の2ヶ月が前もって起こるか、あるいは逆に遅延があるとき - これは標準と考えられています。

月経周期とそれを回復するのにかかる時間に関して多くの推測があります。多くの女性は、月経周期の正常化のプロセスがどのように進行するかが、赤ちゃんの生まれ方によって必然的に影響を受けるという意見を持っています。しかし、これは事実からはほど遠いです。月経の開始は、帝王切開が行われたかどうか、または出生が自然であったかどうかとは関係ありません。

出産後の月経期間は、女性が妊娠する前よりも痛みに伴う不快感が少なくなります。これは、月経時の痛みが子宮の曲がりと直接関連しているためです。これは正常な血液流出の障害の原因です。腹部の臓器は、女性が出産した後に体位が多少変わりますが、最も重要なことは、屈曲が完全に伸びることです。したがって、月経時の痛みはほとんど感じられません。

ロキアなどの退院などの女性は月経に多く使われます。ロキアは血栓と混ざった粘液です。そのような分泌物は、子宮の膜に対する損傷のために現れる。それらは豊富で、生後の最初の数日だけ豊かな赤い色をしています。 7日後、放電は著しく少なくなり、色が茶色がかった色に変わります。子宮粘膜の治癒が起こるため、毎日割り当てられたローヒアの数が減少します。原則として、ローヒアの割り当ては1.5〜2ヶ月続くことができ、その後消え去ります。

出産した女性の月経の始まりは、彼女の体が新たな妊娠の準備ができているという合図ではありません。完全に回復するには少なくとも2年かかります。専門家は次の妊娠を計画するためにそれほどの時間の後にだけ助言する。この点で、産後月経がまだ始まっていない場合でも、避妊薬を使用する必要があります。

月経周期の回復はどうですか

体内で出産した女性では、すべてのシステムおよび器官が妊娠の開始前と同じように徐々に働き始めます。最初の1.5〜2ヶ月の間に、多くのシステム、例えば心血管系、性的システム、内分泌系、および神経系に変化が起こります。そして乳腺に変化が起こります。

月経周期の正常化が起こるためには、子宮の逆転(退縮)のプロセスが完了している必要があります。インボリューションシーケンス:

  • 最初の10〜12日 - 子宮の下降、
  • 1.5〜2か月以内に子宮の大きさを縮小
  • 最初の週 - 子宮の質量が400から50グラムに減少
  • 最初の1.5週間 - 内咽頭の形成
  • 3週間以内 - 外口を閉じるのに非常に長い時間がかかります、それは円筒形からスリットに形を変えます、
  • 1.5〜2ヶ月 - 子宮内膜の修復。

子宮の退行プロセスの速度は、女性の健康状態、年齢、妊娠の進行状況、出生状況、赤ちゃんへの授乳方法などによって異なります。

  • 体を弱める
  • 出産の繰り返し(すなわち、女性が何度も出産した)
  • 病理学的な最後の出産
  • 産後期間の睡眠だけでなく、安静のモードの違反。

出産後の月経の開始

様々な疾患の存在、ホルモンのレベル、ストレスの頻度および他のいくつかの原因が、産後の最初の月経の期間に影響を与える可能性があります。しかし、ここで最も重要な場所は、完全泌乳がどれだけあるかによって占められています。産後月経が初めて暫定的に始まることがあります。

  1. 母乳育児が完了し、栄養補給が使用されていない場合、最初の月経は授乳期間終了後に始まります。しかし、子供が1歳になって母乳で育て続けた後、この場合、月経の開始はよく起こるかもしれません。
  2. 乳量が少なすぎて乳児に牛乳の混合物を与えている場合、授乳が中止されていなくても4〜5ヵ月後に初めて月経が起こる可能性があります。この場合、プロラクチンの生産量は少なく、卵巣への影響もはるかに少なくなります。
  3. 非常に頻繁に完全な人工栄養が発生します。他の人が特定の健康上の問題を抱えている間、ママの中には自分自身を母乳で育てたくない人もいます。この場合、最初の産後月経は6〜8週間で起こります。
  4. 赤ちゃんが帝王切開の結果として生まれた場合、女性に合併症がなければ、最初の月経の出現時期は母乳育児に直接依存します。分娩後の最初の月経は、母乳育児が中止された後、または補給授乳の時から始まります。

人工授乳と授乳のサイクルはどうですか

月経周期が正常に戻ると、体の繁殖能力は完全に回復します。これは、女性が再び妊娠する可能性があることを示唆しています。赤ちゃんへの授乳方法は、周期に直接影響します。母乳育児はオンデマンドで、そしておそらくスケジュールどおりに行われますか?それともそれを供給するために牛乳の調合乳が使用されていますか?母乳育児と人工混合の場合、出産後の最初の月経はいつですか。

  1. 下垂体でのプロラクチンの生産は母乳育児のときにだけ起こります。 このホルモンは卵巣機能を抑制する能力を持っています、そしてそれは授乳の原因でもあります。ママが養生法に従って赤ちゃんを養う場合、このホルモンは違反して生産され、したがって月経は出産後約8週間で始まることがあります。女性が要求に応じて赤ちゃんを養う場合、月経周期の回復は12ヶ月以内に起こります。しかし、オンデマンドで母乳育児に使用されているスキームからそれほど大きく逸脱していなくても、体内のプロラクチン量が減少する可能性があることを忘れないでください。その結果、卵巣の機能は比較的早く回復し始めます。
  2. 人工栄養では、出生後の最初の期間は4〜8週間で始まります。 帝王切開術が行われ、赤ちゃんに人工混合物が与えられた場合、わずかな遅れが生じることがあり、最初の期間は10週間後に始まります。赤ちゃんが生まれた方法は、サイクルにあまり影響を与えません。赤ちゃんが母乳で人工的に栄養を与えられているならば、この場合の最初の月経は生後3-4ヶ月と予想されるべきです。

考えられる合併症

  1. 産後月経の欠如。

母乳育児が中止されたか、赤ちゃんが人工的に栄養補給されたが月経がない場合、これは健康問題の兆候である可能性があります。これは、例えば、子宮内膜症、産後の病状、腫瘍、卵巣の炎症など、生殖器系のさまざまな疾患によって引き起こされる可能性があります。また、これは女性が再び妊娠したという事実に起因する場合もあります。覚えておいていただきたいのは、回復された月経周期は、体が受胎の準備ができているという徴候ではないということです。新しい妊娠はしばしば母親の体の枯渇を引き起こします、そして胎児もまた苦しむかもしれません。すべての医師は、最後の生後2〜3年後に初めて妊娠することをお勧めします。この場合、体は完全に回復する時間があります。妊娠の危険性は、事前に保護の世話をすることによって減らすことができます。母乳育児は避妊の方法ではないことを忘れないでください。

  1. 出産後の不規則な月経

出産した各女性の体の回復はそれ自身の方法で起こります。月経の開始が不規則な場合、これはホルモンの調整を示します。原則として、2〜3サイクル後にすべてが正常に戻ります。 3回目のサイクル後の不規則な月経は、月経が全くない場合と同じ疾患の存在を示します。そしてそれはまたホルモンの不均衡が原因かもしれません。遅れがある場合、これは考えられる考えを示唆しています。

  1. 産後の豊富な月経。

各女性からの排出量は異なります。女性が妊娠する前の退院の量と比較した後、それらの存在量が正常であるかどうかを理解することは可能です。また、健康上の問題の存在は1週間以上の月経期間を話すことができます。 Если в течение полутора недель у женщины наблюдается кровотечение насыщенного красного цвета, то ее могут госпитализировать. Нормой считается длительность месячных 3–7 суток, при этом женщина не должна терять более 150 мг крови.

合併症の発生や健康上の問題の発生を防ぐために、ごくわずかな疑いでも医者に行くことが不可欠です。

生理学的プロセス

赤ちゃんの誕生後、月経の再開は内分泌腺の正常な活動への復帰を意味します。それはすべて子宮の段階的な浄化があるという事実から始まります。この期間は6〜8週間続き、ロヒアの釈放を伴います。徐々に、乳腺の機能の回復。心血管系と神経系は正常に戻ります。

月経周期を再開するには、子宮内で以下のプロセスが発生しなければなりません。

  • 体を元の大きさに戻す。このようなプロセスはインボリューションと呼ばれます。それは筋肉の活発な収縮、血管の収縮および細胞内タンパク質の分解のために非常に早く通過します。
  • 退縮は子宮の脱出に関連しています。このプロセスは配達後の最初の10から12日以内に発生します。毎日底は約1センチメートル下がり、10-12日目にはすでに恥骨の下にあります。
  • 体の質量を減らす。生後7日で、子宮の重さは400グラムに減少します。 6〜8週間後には、すでに60グラム以下の重さです。
  • 子宮頸部の収縮内咽頭の閉鎖は分娩後2週目の半ばに起こります。外咽頭は2か月後に形成されます。出生前に、外咽頭の開口部が丸い場合、横スリットの形になります。

遅い回復の原因


月経の回復は遅いかもしれません。これはいくつかの理由で起こります。これらが含まれます:

  • 妊娠や出産後の体の著しい弱体化、
  • 3回以上妊娠している
  • 30歳以上の女性の最初の誕生
  • 合併症を伴う一般的な活動
  • 産後体制への違反
  • ママの悪い食べ物
  • 産後うつ病の存在。

患者が月経周期の再開が遅い、または逆に月経が早いと考えている場合は、医者を訪問して何が起こっているのかの理由を理解する必要があります。熟練した医師は、体の再生はどのくらい進むのでしょうか、そして出産後1ヶ月は続かないかもしれないという質問に答えます。

産後の退院

赤ちゃんの誕生後5から6週間以内に、女性が退院するという事実を恐れてはいけません。彼らはロチアと呼ばれています。毎日、子宮の分泌物の性質が変わります。

  • 最初の2日間で、退院は大量で、緋色で、血栓です。この期間中、子宮の活発な収縮があります。 2日目または3日目には、放電の強度はわずかに減少しますが、ロキアは依然として血まみれです。 (子宮の収縮活動を増加させることによって)赤ちゃんを授乳するときにおそらく痛みの出現。
  • 3日目または4日目に、ロッキアは色合いを変えます。それらはピンク - 赤になり、量が少なくなります。
  • 出産後10日で、分泌物は色が薄くなり、液体、ピンクがかった色になります。毎日その数は減ります。
  • 3週目に、ロキアは乏しくなり、塗抹します。
  • 5〜6週間後、退院は完全に止まるはずです。

分娩後6週間以上持続するロキアは、合併症の発症の徴候です。このような場合は、直ちに医師に相談してください。不快な臭い、膣分泌物中の膿の不純物の出現もまた、婦人科医が出現する理由である。

毎月の母乳育児


母乳育児(HB)による出産後の月経期間が遅くなることはよく知られている。この状態は病理学的過程には当てはまらない。しかし、イベントの開発には2つの選択肢があります。

  1. 月経は母乳育児の完了後にのみ始まります。この現象は、HBの間の女性の体内には多くのプロラクチンがあるという事実によって説明することができる。母乳の生成を刺激し、卵巣の活動を阻害するのはこのホルモンで、その結果卵は成熟しません。多くの場合、GWのある月は子供に最初の補足的な餌が与えられた瞬間に来ます(6か月後)。
  2. 第二の選択肢 - 8週間後の出産後の月経の回復。このプロセスも逸脱ではありません。この場合、最初の月経は通常無排卵です。つまり、卵胞は同時に成熟して破裂しますが、卵は存在しないので出てきません。その後、バイアルは逆現像を受け、その結果として、子宮粘膜の崩壊および拒絶が起こる。その後、周期の回復は出産後に始まり、月経機能は完全に再開されます。

実際には、月経は出産後に来て、その後消えて2ヵ月後に再び起こったことも起こります。排卵は常に最初の月経期間中に起こるわけではないので、この状態も標準です。

出産後の最初の月経期間は乏しくて短い場合があります(3日以内)。事実は、子宮の粘膜がまだ完全に回復する時間がないということです。しかしその後のサイクルではすべてが以前のようになります。

出産後に女性が毎月出産しても、それは母乳育児の時期であるという意味ではありません。月経が始まると、子供は自分自身を授乳することを拒むという意見があります。これにはいくつかの真実があります。しかし、それは牛乳の味の変化によってではなく、母の匂いの変化によって引き起こされます。

我々が人工栄養について話すならば、そのような状況では周期は出産後6から8週間以内に正常化することができるでしょう。

出産後の月経周期の特徴:

  • 不規則(女性が母乳で赤ちゃんを養っている場合)
  • 退院の性質と量はさまざまです(最初の数ヶ月で、月経出血が豊富になることがあります)。
  • HBの背景での排卵は常に起こるわけではなく、多くの周期は無排卵です。
  • 平均サイクルタイムは最大35日以上になる可能性があります。月経出血の間隔が広がる。
  • 痛みの強さは異なる場合があります。多くの女性は、出産後の月経はより簡単であり、PMSを伴わないと述べています。

授乳中の母親の不安定な周期は、標準の変種です。赤ちゃんを離乳した後、周期は追加治療なしで通常に戻ります。

帝王切開後の月経


多くの場合、帝王切開による分娩後の月経周期は、妊娠前の月経周期とは異なります。そのような変化は、月経期間中の規則性、痛み、および出血量に関係している可能性があります。

出産後の豊富なまたは非常に乏しい、不規則な期間は、何かが体に不自然であることを示唆している、婦人科医の相談が必要です。

再妊娠は手術後2年以内に避けるべきです。婦人科医に相談した後、正しい避妊方法を選択する必要があります。

帝王切開後の最初の年の間に妊娠を人工的に中断しても女性には効果がありません。

配達後の毎月の問題


月経機能が回復した後、女性はいくつかの問題を経験するかもしれません。これらが含まれます:

  • 周期の不規則性出生後最初の6ヶ月間に期間が設定されていなくても心配する必要はありません。月経は2〜7日遅れることがあります。体が回復しようとすると、これは正常と見なされます。

不定期は母乳育児中に発生する可能性があります。全過程は、ミルクを生産するために体内でどれだけプロラクチンが分泌されるかに依存します。お母さんがたくさんの牛乳を飲んでいると、卵巣機能は少し消えます。量が減るとすぐに、付属物が引き継ぎます。

女性は出産後の心配や月経の長い欠如をすることができます。患者が赤ちゃんを母乳育児しているなら、あなたは心配するべきではありません。毎月は授乳期間の終わりに来ることはできません。しかし、母乳育児や月経のない出産後は避妊法を使用する必要があります。多くの場合、女性は、母乳育児をしていて月経がないと、2度目の妊娠ができないと考えています。卵巣はまだ卵子を再生しているので、この見解は間違っています。

  • 周期の長さを変更してください。多くの女性は、出産後に周期がどの程度回復するのか疑問に思います。症例の90%では、周期の長さはさまざまであり、20日から35日に及ぶ可能性があります。出産後の頻度が高すぎることも逸脱と見なされます。これは、子宮内膜増殖症やその他の婦人科の病理が存在することを示している可能性があるためです。この問題はホルモン不全が原因で起こります。
  • 月経期間を変更します。体の通常の操作中に、彼らは3から6日間続くべきです。月経が2日より短いか、または1週間より長いならば、あなたは医者を訪問する必要があります。状況によっては、これは子宮筋腫または子宮内膜症の存在のシグナルである可能性があります。
  • 吐出量を変更してください。平均して、1日当たりの排出量は150ミリリットルを超えてはなりません。このパラメータを決定するには、ガスケットの交換頻度を確認する必要があります。 1つのガスケットで4〜6時間は十分です。
  • 病理学的分泌物の存在。患者が異常な膣分泌物の出現を背景にした月経周期の不調(不快な匂いを伴う濁り)を経験した場合は、医師の診察を受けるべきです。これは子宮の炎症の症状である可能性があります(特に発熱との組み合わせで)。
  • 痛み月経中の全身状態の違反による激痛は、月経困難症と呼ばれます。激しい痛みは以下のような理由で起こります。
    • 体の未熟さ
    • 産後うつ病
    • 炎症過程
    • 腫瘍。
  • 予定外の妊娠。この問題を回避するために、患者は避妊方法を選択する必要があります。
  • 月経前症候群。ほとんどの場合、出産後のPMSはより容易に進行するか完全に消失しますが、これは常にそうとは限りません。 PMSは、過敏性の増加や機嫌の悪さだけでなく、他の症状の形で表すことができます。
    • 頭痛
    • 胸の充血感と圧痛
    • 膨らみ
    • 気分変動
    • 不眠症

月経が来ると、すべての不快な症状が止まります。したがって、女性は自分自身や赤ちゃんを傷つけないように自分自身を制御する方法を学ぶ必要があります。

ループ回復のヒント


毎月が長くならないのであれば、多くの女性が医師に周期の回復方法を尋ねます。
このような状況での専門家の勧告:

  • ストレスを避けます。赤ちゃんを産むことは体にとってストレスが多いです。おそらく産後うつ病の発症。これを避けるには、近くにいる人が近くにいるべきです。
  • 鎮静ハーブの注入を受けている(心理学者または神経学者に相談した後にのみ)。
  • 信頼できる避妊方法の使用
  • バランスの取れた栄養
  • 少なくとも6ヶ月間母乳育児。
  • ビタミン複合体の受け入れ
  • 簡単な運動の毎日の実行。


そのような措置に従うと、月経周期は出産後6ヶ月で完全に正常化されます。分娩後6ヶ月の看護女性に月経がないこともまた、標準の変形です。

多くの若い母親は、最初の時期がどれだけ進むか、そして臓器やシステムが完全に回復する時期に関心があります。患者の体の特性に基づいて、経験豊富な専門家だけがこれらの質問に答えることができます。時間が経っても周期が回復しない場合は、婦人科医に一連の治療を受けてください。

回復プロセスのシーケンス

出産後の月経の回復はどうですか、なぜ合併症がありますか?子供の妊娠中、内分泌系のすべての腺は、出生後には元のリズムへの緩やかな回復が起こります。この期間は6から8週間かかります。

子宮の大きさが小さくなり、外咽頭が閉じ、乳腺と乳量が増加します。回復プロセスの割合は、女性の年齢、付随する疾患の存在、妊娠の特殊性、および授乳期によって異なります。

次のような場合、体はゆっくりと回復しています。

  • 病理学的労働
  • 帝王切開
  • 産後モード違反
  • 30歳以上の女の子の後期初産
  • 神経障害
  • 気候変動、暑い夏、
  • 何度も出産したか、または子供の出生の間に小さなギャップがあった女性で。

出産後の期間はどれぐらいの期間、どれくらい強くすべきですか?胎盤の放出後、子宮粘膜の再生が始まります。癒しの過程で、ロキアは独特の匂いで分泌されます;最初の数日でそれらは血液と混合しているように見えます。 2〜3日後、色はピンク黄色に変わります。 10日目に、排出物は血の内容のない透明な、液体になります。生後20〜25日で、退院は完全に止まります。

再生が遅れると、重要な日数と失血量が増加します。ロキア(ロヒオメーター)による咽頭の閉塞があるかもしれず、それは炎症過程の発達を引き起こします。病理処方薬を排除するには、子宮を洗います。

出産後、月に何回欠けているか

なぜ出産後の期間がないのですか、その理由は何ですか?通常、月経は赤ちゃんの母乳育児中に止まります。赤ちゃんが乳房に付着すると、女性の体内でプロラクチンの産生が増加します。これは、乳腺の増加、乳汁の分泌、血中の最高濃度の午前3時から午前7時までの間に発生するのは、このホルモンです。したがって、夜に赤ちゃんに栄養を与え、過剰な牛乳があるときや授乳をスキップするときに胸を表現することが重要です。

プロラクチンは排卵を抑制します、このため、月経は授乳中に消えるはずです。このため、体は出産後に再生の可能性を得て、そして新しい妊娠の可能性を排除します。

ほとんどの場合、月経周期は3〜6か月後に回復しますが、無月経は最大1〜1.5年続くこともあります。このプロセスは、各女性の個々の特性によって異なります。場合によっては、授乳中の母親が排卵が起こったと疑わないときに妊娠が起こります。危機的な日々はまだ来ませんが、これは新しい人生の概念と関係しています。

月経が出産後に始まるとき、なぜ斑点がないのですか?月経は、赤ちゃんがお母さんを誘い始めたり、乳児用調製粉乳に移したりしたときに起こります。授乳がなかった場合、子供は人工栄養のみを摂取し、それから生後1ヶ月に1ヶ月の期間があります。

授乳なしで出産後毎月

月経は子供の人工的な栄養補給の間にいつ出産後に来るのですか?母乳育児をしていない女性では、出産後の月経周期は6〜8週間で回復します。卵巣の働きは完全に正常化されており、卵胞と卵細胞は成熟しています。

女性が赤ちゃんを短期間母乳で育てた場合、月経はいつ出産後に来るのでしょうか?月経は通常、授乳の中止または補給の開始から1か月後に開始します。赤ちゃんを母乳で育てる一部の女の子では、3か月後に期間が来ることがありますが、これは病理学とは見なされませんが、体の生理的特徴を指します。

出生後1年で月経がない場合、規則はいつ現れるべきですか?子供がこの間ずっと母乳で育てられた場合、そのような状態(生理的無月経)は正常と見なされます。授乳期の終了後、月経が1か月以内に始まらない場合は、医師に相談してください。

月経の変化

毎月出産が始まるのを経て、何か変更がありますか?月経の開始後の女の子のほとんどは、より良いのための変更があります。月経周期が規則的になり、PMSの痛みと症状が消えます。その理由は、子宮の位置の変化であり、器官は生理学的位置を占め、ほとんどの場合、曲がりが消え、そのために血液の流出が妨げられる。

しかし、出産後に痛みを伴う不規則な期間が見られる場合は、医師のところに行く必要があります。その理由は、子宮内膜症、腫瘍の形成、虫垂の炎症性疾患、ホルモン不全などです。

心配の主な原因は、母乳育児をあきらめた後でも、出産後の月経がないことです。下腹部に褐色または黒色の鋭い、けいれん性の痛みが見られることはほとんどありません。そのような障害は高レベルのプロラクチンを引き起こす。ホルモンの過剰な分泌は甲状腺機能低下症(甲状腺機能低下症)を背景にして起こります。

病理は、1年半以上母乳で育てられた女性、無力体格の女性、および妊娠前に月経障害を患った女性で診断されます。出生後の月経の遅れが起きる理由を正確に判断するには、内分泌学者、婦人科医に相談し、血液中のプロラクチンと甲状腺ホルモンのレベルについて血液検査に合格し、生殖器の超音波検査をする必要があります。

最初の月経の特徴

出産後、離乳後、最初の期間はどのように始まりますか。なぜ胃はひどく傷つくのですか?通常、月経前に卵胞の成熟が起こりますが、卵細胞の放出はありません(無排卵)。出産後2番目の期間は、完全排卵が始まった後に起こります。

周期はすぐにまたは3-4ヶ月で正常化することができます。現時点では、若干の遅れが許されています。しかし、この期間を過ぎても規制が回復しない場合は、婦人科医を訪ねる必要があります。

出産後何日が経過しますか、どのような特徴が観察されますか、重要日の期間は増加しますか?規範は3-5日続く周期です。退院が多すぎる場合、それは7日より長く止まらない、または逆に、それは乏しい、これらは病理学の症状です。

月経の開始前および終了後の出血の出現はまた、生殖器官の疾患またはホルモンの不均衡の発生を示しています。

出産後の最初の期間は、胃が痛みを感じているときに、体の未熟性、精神的感情状態、炎症過程、および子宮壁の過度の激しい収縮によって引き起こされる可能性があります。しかし多くの場合、月経は、以前に月経困難症を患っていた女性であっても、無痛です。

出産後の痛みを伴う期間は、子宮内膜症、子宮内膜炎、虫垂炎の既往歴のある女の子を悩ませます。重要日は慢性疾患の悪化を引き起こします。大量の失血があると同時に、分泌物は不快な臭いをし、血栓、粘液または膿を含んでいるかもしれません。

病的分娩後の月経

出産が病理学的なものである場合、出産後何日後に期間が始まりますか?出産中に女性が様々な異常に罹患した場合、流産、胎児低酸素、および妊娠中毒の危険性が観察され、その後、赤ちゃんの出産後、ホルモン調節の失敗により卵巣機能不全が起こる可能性があります。

出産後の月経はいつ合併症を伴うのですか?また、生殖器系の機能不全の症状は何ですか?帝王切開で出産した各患者はさまざまな方法で修復されるため、月経が始まると医師だけが言うことができます。病理学の兆候が含まれます:

  • 機能不全出血、
  • 重要な日数は、摂食方法にかかわらず、出産後2ヶ月で開始することができます。
  • 一般的な幸福の悪化、
  • 月経の遅れがあるかもしれません、
  • 顔や体にニキビ
  • 過敏性、無関心。

帝王切開が行われた場合、月経は出産後いつ行われるべきですか?月経は他の女性と同時に始まりますが、子宮は手術のためにより長く回復します。卵巣の崩壊があると、Reguliはもう少し正常化し、感染プロセスが始まります。

回復期における一般的な推奨事項

出産が予定通りに、そして合併症なしで始まった後の最初の月経には、体内の微量元素と栄養素の欠乏を補うことが必要です。この目的のために、それはバランスの取れたメニューを作るために、母親が医薬品ビタミン複合体を取るのに役立ちます。

新生児の世話は多くのエネルギーを必要としますが、女性にとっては適切な安静を確実にすることが重要です。慢性的な睡眠不足、疲労は健康状態の悪化、内分泌系の崩壊につながります。これは、順番に、月経周期を混乱させる。

出産後の月経の開始が遅れることなく起こるように、甲状腺または膵臓の慢性疾患(甲状腺機能低下症、甲状腺中毒症、真性糖尿病)に罹患している少女は定期的に主治医によって診察を受け、病理学的プロセスを止めます。

出産後の最初の月経期間が間に合うように始まり、合併症が起こらないようにするためには、回復期間中に医師の勧告に従い、婦人科医による予防的検査を受けて、同時に起こる疾患を治療する必要があります。出産後の定期的な月経周期は、女性の健康の兆候であり、健康な赤ちゃんを妊娠させて運ぶ能力です。

月経周期とその相出産後の最初の月経および考えられる合併症。帝王切開後の月経機能の回復

出産後の女性の身体の正常な回復の兆候の1つは、いつもの月経周期の復帰です。子供の出産後の女性の生殖機能の基礎に何が起こり、これから生じる合併症はどれほど危険ですか?

月経機能の回復の順序

子供の誕生後、すべての内分泌腺、その他のすべての臓器およびシステムの働きは、その再生前の状態に戻ります。これらの重要な変化は、出産の追放から始まり、約6〜8週間続きます。この間、女性の体で重要な生理学的プロセスが起こります。性器、内分泌、神経系、心臓血管系などの系での妊娠や出産によって生じるほとんどすべての変化が起こり、乳腺の機能が発達し繁栄します。 。

正常な月経周期は卵巣と子宮のよく調和したメカニズムである、それでこれらの器官の仕事を回復する過程は不可分です。子宮の退縮(逆発育)の過程は急速に起こります。筋肉の収縮活動の結果として、子宮のサイズが縮小します。生後10〜12日の間に、子宮の底は毎日約1 cm下がり、子宮の大きさは、妊娠していない子宮の大きさに対応します(授乳中の女性では、それ以下になることもあります)。このように、最初の週末までに子宮の質量は半分(350-400g)以上減少し、分娩後期までには50-60gまで減少します丁度早く、内咽頭と頸管が形成されます。生後10日目までに、管は完全に形成されますが、外側の咽頭は指の先まで通過します。分娩後3週目で外咽頭閉鎖は完全に完了し、スリット状の形状になります(出生前は子宮頸管は円筒形です)。

退行の速度は、一般的な状態、女性の年齢、妊娠と出産の過程の特徴、母乳育児など、いくつかの理由によって異なります。退行は、次のような場合に遅くなります。

  • 弱体化し、何度も女性を産む
  • 30歳以上の初産
  • 病理学的分娩後
  • 産後期間で間違ったモードで。

胎盤の分離と出産の誕生の後、子宮内膜は創傷表面です。子宮の内面の修復は通常、出産後8週目で - 9 - 10日目、子宮粘膜の修復 - 6 - 7週、および胎盤部位の領域で終了します。子宮の内面を治癒する過程で、産後の排泄 - ロキアが現れます。彼らの性格は産後の期間中に変化します。産後期間中のロチアの性質は、進行中の子宮内表面の浄化および治癒過程によって異なります。

  • ロキアの最初の日には、子宮の内層の崩壊性粒子とともに、血液のかなりの混合物を含みます。
  • 3日目から4日目にかけて、ロチアは漿液状の液体 - ピンクがかった黄色がかった体液の性質を獲得します。
  • 10日目までに、ロヒアは血液と混ざり合うことなく軽くて液体になり、その数は徐々に減少します。
  • 3週目から、それらは乏しくなります(子宮頸管からの粘液の混合物を含みます)、
  • 5-6週目に子宮からの退院は止まります。

産後の期間の最初の8日間でのロッキーの総数は500〜1400グラムに達し、彼らは腐った葉の特定の香りを持っています。

ゆっくりとした子宮の発達が遅いと、ロキアの分泌が遅くなり、血液の混和が長くなります。内咽頭が血栓によって、または子宮の屈曲の結果としてブロックされている場合、子宮内にロキアが蓄積している可能性があります。子宮内に蓄積された血​​液は微生物の発生のための栄養培地として役立ちます;そのような状態は治療を必要とします - 子宮を減らすか、またはそれと一緒に、子宮を洗う薬の使用。

産褥期には、卵巣もまた著しい変化を受ける。黄色い体、卵の部位で妊娠中に卵巣に存在していた腹腔に放出されて、そして次に管で後で受精される腺の逆の発達は終わります。卵巣のホルモン機能は完全に回復し、卵胞、卵を含む小胞の成熟が再び始まります。通常の月経周期が回復します。

月経周期の回復の条件

ほとんどの非看護女性は、出産後6〜8週目に月経を経験します。授乳中の女性では、月経が数ヶ月間または母乳育児の全期間中に発生することはほとんどありませんが、月経機能は分娩後期間の終了後すぐに、すなわち出産後6〜8週間で再開します。各女性の出産後の月経周期の回復のタイミングは個人的であるため、ここでは標準や病理学を探すべきではありません。これは原則として授乳期によるものです。事実は、女性の体内での出産後、ホルモンのプロラクチンが産生され、それが女性の体内でのミルクの産生を刺激します。同時に、プロラクチンは卵巣でのホルモンの形成を抑制し、それゆえ卵子の成熟と排卵 - 卵巣からの卵子の放出を防ぎます。

赤ちゃんが完全に母乳で育てられている場合、つまり母乳のみで授乳している場合、母親の月経周期は補完的な授乳の開始後に回復することがよくあります。子供が母乳に加えて混合栄養を摂っている場合、赤ちゃんの飼料に混合物が含まれていると、月経周期は3〜4ヶ月以内に回復します。人工授乳では、赤ちゃんがミルクフォーミュラだけを摂取すると、月経は原則として出産後2ヶ月目までに回復します。

役に立つヒント

赤ちゃんの誕生後、若い母親は内分泌と神経系への負担を増やします。母乳で育てるときには、卵巣の適切な機能とホルモンの産生のために女性に必要なビタミン、ミネラル、微量元素の必要性が高まります。そのような不足や痛みを伴う月経などの欠乏症の問題が発生する可能性があります。したがって、出産後の女性は、授乳中の母親のための微量元素と、乳製品、肉、野菜、果物などの栄養価の高い複合ビタミンを摂取することをお勧めします。

さらに、新生児の世話は若い母親からの多くの時間と労力を必要とし、一晩の睡眠不足、睡眠不足、さらには月経機能の形成に悪影響を及ぼす倦怠感、衰弱状態を招く可能性があることを忘れないでください。これに関連して、可能であれば夜の時間を十分に休むために節約するために、若い母親が日中休む時間があるようにあなたの体制を作り上げる必要があります。

上述のように、慢性疾患、特に内分泌系の疾​​患(甲状腺、糖尿病など)の存在も月経機能の形成に悪影響を及ぼす可能性がある。したがって、分娩後期には、専門家と協力してこれらの疾患の矯正を実施する必要があり、したがって月経障害を回避することができます。

結論として、出産後の正常な月経機能の回復は、女性の将来の健康にとっての主な条件の1つであることに注意したいと思います。したがって、その違反に関連する問題は医者と一緒に解決する必要があります。

定義

月経周期 - 月の初めから翌日の始めまでの期間。このプロセスは、周期的かつ生物学的に複雑な規制によって特徴付けられます。周期の段階は妊娠の可能性のために女性の身体を準備します、しかし受精プロセスが起こらなかったら、月経が起こります。

もう一つの選択肢 - 受精が起こった、女性は妊娠しました。体の変化、ホルモンの変化が起こり、その目標は妊娠を維持することです。子孫の妊娠期間中は​​行きません。

妊娠9ヶ月後、子供が生まれ、女性の身体が機能を回復し始めます。ホルモンバランスは正常化され、臓器やシステムは正常に機能するようになります。

産後の回復

妊娠中および出産後の変化はすべて生理学的なものであり、回復は最大2ヶ月間続きます。すべての臓器とそのシステムは正常になります。しかし、乳腺は変化します:それらの機能の発達は新生児の母乳育児の過程に集中しています。

出産後の生殖器系の回復は、子宮の縮小から始まります。その後、頸管が形成され、外咽頭が閉鎖します。プロセスの期間はさまざまな要因によって異なります。

  • 延期された出産の数
  • ボディ能力
  • 正しいモード
  • 病理学的出産。

何度か出産した女性は、体が弱くなり、より長く回復することがよくあります。 30年後の初めての出産、延期された病理学的出産は生理的変化をより困難に感じ、正常に戻るにはより長い時間がかかります。医者は分娩後の体制に従うことを助言し、出生前機能の再開を著しく加速させる。

回復の期間は子供を養う方法によって異なります。これにおける重要な要素 - 授乳。

授乳中ではなく授乳中の女性では、サイクルタイムは異なります。これの理由はプロラクチンの生産と関連付けられています。ホルモンは女性の体に牛乳を生産させ、母親の体は新生児に栄養を与えるように力を指示します。そして誕生はすでに起こっているので、新しい概念は想定されていません。この「論理」に基づいて、プロラクチンは生殖機能を阻害します。

乳児が混合物を摂食する母乳育児をしていないママは、出産後6〜8週間は月経の始まりを示します。この場合のプロラクチンは卵の発育を抑制しない、そして最初の月経は出生後に始まる。指定された期間は平均と見なされます。

赤ちゃんに母乳育児をしている母親は、月経が補助食品の導入後に始まる可能性があることにだけ注意してください。プロラクチンは牛乳の形成を抑制し、卵巣のホルモン作用を抑制します。そして1年以上母乳育児をしている人は月経がありません。しかし、反対の場合もあります。母乳育児が調整されると、赤ちゃんが生まれてから3〜4ヶ月後に期間が始まることがあります。

授乳中の母親は、重要な日がない場合には見えない妊娠および可能性のある疾患の診断を検出するために、定期的な婦人科検査を受けることをお勧めします。

別の例は母乳と補完的な食物を含む混合栄養です。これらのタイプの離乳食をつなぐ、性が弱い人の代表は、3〜4か月以内に月経の始まりを示します。その理由は、この場合、より少量のプロラクチンが産生されるからである。

帝王切開後の月経の回復と自発的労働はわずかに異なります。重要日の出現時期とサイクルの正規化は同じですが、説明されたプロセスを変更する追加の要因があります。

  • 心理状態
  • 食品の品質
  • 休息の可能性、睡眠時間、
  • 働く女性の年齢
  • 合併症

これらの要因は月経の開始時期に影響を及ぼし、その到着期間はその生物の特性に強く依存します。産後の回復サイクルの期間は常に個々です。

医師のすすめ

医師は基本的な勧告に従うことを勧めます。子供を産んだ母親の体には特別なニーズがあります。それはリラックスするのに十分なはずです、体を疲弊させないでください。卵巣、乳腺の機能を確立するために、月経の痛みを減らすために活力と微量元素を減らします。しかし、コースと薬は医者によって処方されるべきです。

正しいビタミンを摂取することで正しい食事ができます。栄養士は赤身の肉製品を使用することをお勧めします。最も有用なシリアルはオートミールです。熱処理した果物や野菜もまた有用であると考えられています。授乳中の母親は、食品中のアレルゲンを避けることをお勧めします。

新生児は注意深いケアを必要としますが、母親の健康を忘れないでください。安定した、安らかな睡眠は、過労、脱力感、心理的うつ病を避けるのに役立ちます。睡眠不足は月経周期を素早く回復する能力を低下させます。夜の眠りと日中の安静は若い母親の健康を支えるでしょう。

重要なヒントは時間通りにテストを受けることです。産後の期間では、慢性疾患が活性化され、新しいものが現れるかもしれません。 Не наладившиеся менструации после родов, обилие выделений, длительные задержки, продолжительность месячных более десяти дней – всё это очень серьезные основания, заметив которые стоит обратиться к доктору.

Рождение ребенка сильно изменяет организм женщины. 毎月の周期の正規化は、時間がかかる複雑なプロセスであり、個々の特性や若い母親の健康状態によって決まります。女性が健康的な食生活をすること、良い精神的態度を維持すること、リラックスすることが重要です。それから生殖機能の回復はより速くそして合併症なしになります。

Pin
Send
Share
Send
Send