人生

妊娠と頸部異形成は両立しますか?

Pin
Send
Share
Send
Send


妊娠の計画期間中またはその発症後、女性の診察中に、異形成を含む様々な病状が時々検出される。

医者は初期の形成異常を診断することができません、病気はそれ自身を明示しません、パートナーの親密さに調整をしません。妊娠は異形成の背景に発生する可能性がありますが、将来の計画期間中に赤ちゃんが持ち運び中の合併症を避け、可能性のある隠された病気を治すために、検討する必要があります。妊娠中の異形成には多くの種類があります。

頸部異形成

女性の妊娠中に異形成が検出されても、妊娠の過程や赤ちゃんの健康には影響しません。それは健康な子供に耐えることが可能であることが確立されている場合は、形成異常、胎児の感染の可能性、流産、胎児の胎児死亡の危険性を除去するための手術をするべきではありません。

細胞学的検査を実施するのに間に合うように妊娠中の重要なポイントとあなたの医者とさらに議論するために得られる結果。肯定的な見方をすると、コルポスコピーを受けることに同意すべきではない;研究では酢酸が使用されている;妊婦の身体への不必要な介入は少なくとも実用的ではない。生検を拒否することをお勧めします、手順は緊急の必要性の場合に実行されます。

形成異常の治療は妊娠前に行うのが望ましいです、重い場合には、子宮頸部の一部が削除されます。概念と出産のために、事実は重要ではありません。出産は、他の禁忌がない限り、あらゆる程度の形成異常で自然に起こります。

妊娠中の異形成は、子宮頸部で明らかにされ、悪性腫瘍に退化する機会を防ぐために、時間内に治癒する必要があります。異形成は、子宮頸部を形成する層である上皮の細胞構造の変化です。 3度が知られています。簡単な学位 - 扱いは簡単ですが、プロセスを遅らせる価値はありません。穏やかな程度で、形成異常は上皮の深い層が冒される中央に容易に通ります。それから腫瘍学者と婦人科医の協議が必要とされ、子宮頸部の一部が除去されるかもしれない厳しい学位がやって来ます。

症候群の原因、治療方法

活発な性生活を導く15〜45歳の女性の形成異常の原因は、基本的なものです。性生活の早発、パートナーの定期的な活発な変化、感染の可能性および性感染症。これには健康的でスポーツ的なライフスタイルの欠如、喫煙が含まれます。ホルモン経口避妊薬またはKOKOVの長期使用、出産年齢を問わず女性の体内で起こりうるホルモン障害。形成異常の原因は、ヒトパピローマウイルスの存在、妊娠中の免疫システムの低下、またはストレスの多い経験です。

頸部異形成は無症状で起こりますが、特徴的な色の退院の出現は女性に警告するはずです。この疾患を検出する唯一の方法は、婦人科医による年次検査を受け、細胞診の分析に合格することです。妊娠計画の期間に、それは最初に病気を治して、それから幸せな母性のために準備することが必要です。

主治医は薬を処方し、同時に付随する感染症の治療を処方します。治療に積極的な動態がない場合、医師は手術可能な介入を勧めます。罹患上皮細胞を除去するための多数の方法が知られている。例えば、

  • 低温破壊 - 患部組織への低温の影響。
  • レーザー蒸発 - レーザーによる損傷した細胞の除去、組織のやけどは介入の副作用になります。
  • 切除術または生検は、電気焼灼による患部の切除です。
  • 手術中の電気的切除、または電流による焼灼は、粗い瘢痕が形成され、これは、子宮頸管が分娩中に完全に開くことを可能にしない。
  • 高周波電流を用いた電波凝固
  • アルゴンプラズマ凝固、組織除去の非接触法、焦点深度に対するアルゴンの明らかな効果。この方法は布に傷を残さない。
  • 子宮頸部の切断術手術は2つの方法で可能である:ナイフまたは超音波。

妊娠中は待望の奇跡の誕生後、治療を拒否して病気に戻るのが良いでしょう。

子供の計画期間中の手術は、妊娠中の異常のリスクを軽減します。手術後2-3ヶ月で、妊娠を試みることは許されます、担当医は子宮頸部の状態をモニターするように求められます。

妊娠中に葉酸欠乏症が発生すると、多くの女性が塗抹標本で細胞病理を発症します。葉酸塩処理を受けることは許されません、それが数週間後にそれは再び検査を受けます、細胞変化は正常に戻るべきです、DNA合成は安定しています。

頸部異形成は可逆的な過程を示します、それは健康を監視することと医療援助を求めるために間に合うことが重要です。女性の健康は子供の将来にとって重要です。

胎盤間葉系形成異常

定期的な超音波検査中の妊娠中に、専門家は、カレンダーの発達の程度または妊娠の産科期間に対応しない拡大した胎盤を検出することができる。

超音波検査の結果を得た後、医者への緊急訪問が必要です。おそらく医師は検査に合格するか追加の検査を実施するよう申し出るでしょう。拡大した胎盤は胎児にとって危険であり、そして疾患として診断されます - 胎盤の間充織形成異常。

形成異常の原因

妊娠中の女性の胎盤の機能は失敗するかもしれません。慎重な臨床研究、組織学的検査により、母親の合併症の形成、胎児の周産期異常を特定することが可能です。間葉性形成異常の形態を有する妊娠中の女性における胎盤の状態は、絨毛の未熟性、妊娠中の女性における胎盤の感染の徴候、および子宮における低い胎盤の有病率を特徴とする。胎盤の構造の侵害の結果は、成長が遅いことを含めて、胎児の発達が不十分になる。

胎盤間葉形成異常の原因は完全には理解されていません、ほとんどの開業医は母親の先天性の病状の存在を示唆しています。将来の父親に見られる結合組織の異形成は、関節胎児の発育に影響を及ぼす可能性があります。卵子が形成異常のある精子細胞で受精すると、DNAの一部が胎児に移され、それぞれ病気が遺伝します。

間葉系形成異常症の診断における妊娠合併症

超音波を使用して病気を診断することは可能です、同様の徴候は水疱滑りを持っています。あなたは2週間以内にコントロール超音波検査を行い、間葉性形成異常症候群の存在を確認または否定する必要があります。症候群を確認した後、妊娠中の女性は病院に入れられます、女性は不利な妊娠に関連している彼らの発達の様々な脅威と程度を持っています:

  1. 自然妊娠中絶または流産は、妊娠のどの週にも、おそらく初期の段階でも起こり得ます。妊娠の可能性に気づかずに、女性は妊娠の発生に気付いていないかもしれず、月経の長い遅れや異常な素因のためにすべてを非難するかもしれません。
  2. 妊娠初期の早産における早産。出産は妊娠20週目から始まる可能性があり、それは赤ちゃんの健康と生活に大きなリスクをもたらします。原則として、いくつかの推奨事項、ベッドレスト、ストレスの多い状況がないことを遵守することで、この脅威を回避し、最大36週間赤ちゃんに届けることができます。

妊娠の慎重な管理、母親の全身状態、胎児の発育の管理は、さまざまな病状の早期診断および出産方法の早期計画を目的とした妊婦の分析の慎重な研究の後の主なポイントです。病気の存在下では、医師はしばしば母親と胎児の安定した指標、子宮頸部の継続的なモニタリングと共に自然な出産を可能にします。出産時に局所麻酔をかける。

胎盤の間葉性形成異常は、妊娠期間を数回超える胎盤組織の成長を表します。このような異常は、胎児への血流を損ない、慢性的な低酸素症を引き起こします。病気は治療されていません。

子供の誕生と共に、胎盤は取り除かれます、そして、新しい妊娠は合併症なしで通ります。配達の好ましい結果の場合には、結合組織形成異常の遺伝子レベルで伝染しなければ、病気は決して子供に影響を与えません。

安全な分娩の瞬間からすでに1,5 - 2年以内に次の妊娠を計画することは可能です。妊娠中の異形成は初期段階で検出され、妊娠期間を通して注意深く監視されます。

妊娠は可能ですか?

女性が1度の形成異常を持っている場合、病気は妊娠や子供を運ぶのプロセスに影響を与えないため、彼女は問題なく妊娠することができます。さらに、この間にホルモンのレベルは正常化し、病状は自己回復することがあります。しかし、赤ちゃんの誕生の計画段階では、一連のテストに合格する必要があります。その過程で、医者は異型細胞が成長する速度を決定します。

場合によっては、最初に病気を完全に治癒させ、その後初めて妊娠を試みることをお勧めします。確かに、胎児の妊娠中は治療は禁忌であるため、形成異常は2度から3度まで進行する可能性があり、これはこの期間の免疫力の有意な低下と関連しています。

疾患グレード2の妊娠はお勧めできません。女性は最初に完全に治癒しなければならず、それから妊娠しなければなりません。病状の中等度の形態が自己免疫を起こすことはめったにありません - 高い免疫力の場合に限ります。したがって、妊娠中に、病気が進行する可能性があります。

重度の形成異常の間、妊娠は禁忌です。女性の免疫力が低下し、治療が禁止されます。これは、異型細胞の癌への移行に非常に適しています。病気の治療のために控えめな方法が使用された場合、女性の生殖機能は維持されます。

時々彼女は自然な方法で妊娠することができない、それ故に人工授精が必要とされる。しかし医者が子宮頸部の円錐切除または切断を行った場合、患者は無菌になります。卵巣の1つが正常に機能していて健康な卵を産生することができるのであれば、あなたは代理母性を使用することができます。

それは、異形成の赤ちゃんを我慢して産むことは可能ですか?

グレード1の異形成の場合、子供を連れて行くプロセスは通常と変わりません。女性は週に1回か2回医師を訪ねることをお勧めします。医者は病気の進行を監視するべきです。妊娠の始めに合併症の高い可能性があるならば、婦人科医は中絶を処方するかもしれません。妊娠の最後の数カ月で、異形成が自己治癒していないならば、患者は保存のために病院に行くべきです。

程度2の病気の場合には、胎児を運ぶプロセスは合併症なしで進みます。ただし、女性は定期的に健康診断を受け、2週間に1回、異型細胞が癌細胞に再生しないことを確認するための検査(PAP塗抹、生検、超音波検査)を受ける必要があります。

女性がグレード3の異形成を伴って妊娠した場合、中絶的介入が必要です。病気が完全に治るまで実を結ぶことはお勧めできません。病理学の後ですでに妊娠することができますが、すべての9か月は保存に保たれるべきです。

持ち運びの特徴

妊娠中の異形成は実際にはそれ自体を感じさせるものではありません。ただし、この場合、赤ちゃんを運ぶためのいくつかの機能を考慮に入れる必要があります。

  • 一時的に免疫力が低下するため、体内の異物ははるかに早く増殖します。その結果、形成異常を発症する可能性が著しく高まります。したがって、彼は適切な免疫刺激薬を処方するようにあなたの医者に相談する必要があります。
  • ホルモンレベルの変化の結果として、大量のエストロゲンが産生されます。その影響を受けて、上皮層の細胞が変化し、子宮が短くなり、その直径が数cm大きくなり、その結果、粘膜の内層が膣に向かいます。酸の作用下で、上皮の表面が破壊され、潰瘍が出現します。これは、ウイルスが粘膜をより貫通しやすく、細胞の突然変異につながるという事実につながります。したがって、100のうち30のケースで、異形成は複雑な程度以上に進行します、そして、25のケースでそれは跡形なしで消えます。妊娠期間中は​​、より頻繁に婦人科医を訪ねる必要があるのはそのためです - 少なくとも週に一回。彼は異形成の状態を監視して、妊娠中の女性に適した治療法を処方するかもしれません。
  • 妊娠5ヶ月で、入院中の女性の配置について問題が発生します。これの必要性は妊娠のプロセスが合併症を伴って進む場合にだけ観察されます。

形成異常を伴う妊娠中に、癌が発生することがあります。この状態は分娩中の女性にとって危険です、なぜならそれは体の弱体化のために、分娩中に生き残れないかもしれないからです。妊娠中に発生したがんは子供に影響を与えません。出生後、子宮頸部が削除されます。

出産

子宮頸部異形成症と妊娠は両立しますが、出産時には多くの問題が発生する可能性があります。病気がひどい場合は、出生過程が時期尚早に始まることがあります。いくつかのケースでは、病理学は強制的な中絶をもたらします。

病理学的プロセスが臓器の広い表面に広がっている場合、その経路は分娩中に損傷を受ける可能性があります。臓器が怪我をすると出血が始まります。血液が多すぎると分娩に致命的になることがあります。

幼児形成異常もまた悪影響を受ける可能性があります。子供が自然に生まれた場合、彼が損傷を受けた領域を通過するときに、いくつかの病理学的細胞が彼の口に入ってしまうかもしれません。結果として、パピローマウイルスは幼児の気道に侵入する可能性があり、これは呼吸機能に悪影響を及ぼす。しかし、出生後のそのような合併症は非常にまれです - 子供のわずか0.01%。

病気の治療後の妊娠

子宮頸部異形成症で妊娠することはできますか?病気の経過中も治療後も、健康な赤ちゃんを妊娠し、産み、産むことは可能です。しかしながら、様々な治療方法を適用するとき、いくつかの微妙な違いを考慮に入れることが必要である。

形成異常のジアテルモ凝固術(焼灼)後の妊娠は5〜8ヶ月で計画することができます。しかし、赤ちゃんを妊娠させようとすることは、創傷の完全な治癒に他なりません。ほとんどの場合、女性は医師の助けを借りずに自然に妊娠することができます。焼灼後に大きな瘢痕が現れると、卵管の開存性が低下し、妊娠するのが難しくなります。このような場合は、人工授精に頼った。

凍結破壊後の妊娠は、手術後の最初の月経期間の終わりから始めて、いつでも計画することができます。窒素で凍らせることは痛みを伴わず、ほとんど合併症を伴わない。したがって、赤ちゃんを妊娠させることに禁忌はありません。

レーザー気化は、妊娠を計画している女性や女の子に適した安全な方法です。レーザー照射は異型細胞を殺しますが、健康な組織の健全性は乱されません。手術後の完全回復期間は2〜4週間で、その後女性は妊娠する可能性があります。

電波手術の場合、患部は電波で焼けています。この場合の瘢痕は形成されないので、そのような治療後の妊娠は合併症なく進行する。あなたは手術後数週間以内に子供を妊娠させることができます。

形成異常について

生殖器系のすべての部分からの子宮頸管は、最も変化しやすいです。結局のところ、それは膣と臓器自体をバインドします。

この状態は形成異常と呼ばれ、前癌性として特徴付けられます。その他の名前は子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)です。

病気の上皮の変化は不可逆的ではありません。形成異常が早期に発見された場合、それは薬で排除することができます。病理学の発展と共に、外科的治療が必要とされている。

異形成の種類

子宮頸部の外側部分を覆う平坦な上皮には、いくつかの層があります。

  • 最も深い基礎
  • 次の間に
  • 表面的な機能

Вид дисплазии в каждом случае заболевания определяется в соответствии с тем, насколько глубоко зашли патологические процессы. В норме клетки всех слоев имеют округлую конфигурацию и такое же ядро. Чем ближе к поверхностному, тем более плоскими они становятся. При дисплазии очертания клеток нарушаются, они лишаются правильной формы, укрупняются, приобретают множественные ядра. このような変更が発生した場合

  • 範囲の1/3を占める上皮の外層では、この病気は1度で、軽いと考えられています、
  • 粘膜の2/3に局在する表層と中間層では、病理学は中等度と呼ばれる2度に割り当てられます、
  • 神経、血管、筋肉に触れることなく、子宮頸部全体の厚さを通して、これはすでに重症度の病気、つまり3番目です。

異形成の症状

形成異常のリスクは、特に初めに明らかな臨床徴候がないことです。 頸部コーティングは外的に変化します、しかし婦人科医だけがこれを見ることができます、そして病理学的領域の形成のための原因を確定するために追加の検査が必要です。さらなる開発はしばしば感染の加入または炎症過程の発生につながる。。したがって、すべての症状は、むしろそれらによって引き起こされます。

  • 退院は明らかに不健康です。彼らは、血、膿、乏しいまたは豊富で、安っぽいことができます。放電は、かゆみや焼けを引き起こす可能性があります、またはそのような伴奏を持っていません。手短に言えば、それは全て異形成に関連する疾患にも依存しており、これもまた上皮の細胞変化の誘発者である。
  • 痛みこの症状は主に病理学の最後の段階で見られます。子宮内膜炎、付属器炎、卵管炎が形成異常に加わっている場合でも、それはさらに早く妨害することができます。痛みは最初の場合は温度の上昇を背景に発生し、2番目の場合は非常に強く、3番目の場合はサイクルの終わりに増加します。形成異常が最後の段階に入ると、それは痛む、長続きする、臭いと異常な一貫性を持つ血の分泌物によって補完されます。
  • 外陰部、膣および肛門上の性器いぼの形成。これは、CINの症例の95%に見られるHPVによるものです。

病気の形成異常の診断

形成異常の潜在的危険性および臨床徴候に基づいて診断を下すことが不可能であることは、疾患およびその進行の程度を決定するために慎重な検査を必要とする。これを行うには、次のようにします。

  • 婦人科検査 鏡は、斑点、粘液の成長の形で変化した領域を見ることを可能にするでしょう。
  • コルポスコピー 装置は増加のそして試薬の使用の上皮細胞の開発の違反を考慮することを可能にする。
  • 細胞診塗抹標本。 この研究は、組織内の異型細胞の存在を確認または否定します。彼らは別のサイトから撮影されています。さらに、細胞診は、形成異常変化の加害者の1つであるパピローマウイルスを明らかにしました。
  • 組織学 この方法は、膣鏡検査中に採取された組織の分析に基づいて疾患の潜在的危険性を確立する。細胞構造、形態および層数が考慮される。
  • PCR 研究はあなたに体内のHPVの存在について知らせ、ウイルスの種類、その濃度を決定します。

異形成を伴う妊娠の計画

子宮頸部異形成症が適合しているかどうかと妊娠の計画は、特定の診断に頼って、医師によって答えられるべきです。病理学の発展に条件の影響の可能性を考慮する必要があります。結局のところ、妊娠は子宮頸部上皮細胞の異常な発達を刺激することができるホルモンを変更します。しかし、これは百パーセント挑発的な要因と呼ぶことはできません。

それでも、ほとんどの場合、形成異常の計画の初期段階と第2段階が可能です。結局のところ、病気はそれが治療ではなく観察を必要とするようなレベルで長期間持続することができます。しかし、妊娠する前に、女性はするべきです:

  • 異形成症診断のすべての分野で別の検査を受けること。
  • 関連する病状、特にHPVを取り除く(同じことが彼女のパートナーにもなされるべきである)、
  • あなた自身のホルモンの状態を決定しなさい。

妊娠中の月経に関する記事を読むことをお勧めします。それから、あなたは出産の間の正常な、そして病理学的な分泌、分泌の出現の理由、障害の予防について学ぶでしょう。

妊娠中に異形成が検出された場合

誰もが家族計画を担当しているわけではないので、妊娠の事実が確定した後に「CIN」と診断される可能性があります。これは、生まれたばかりの子供が女性の命を救うために放棄されなければならないという意味ではありません。しかし病理学はそれが絶え間ない監視を必要とするので患者の管理を非常に複雑にします。病気の発生のさまざまなレベルで存在するリスク、医師は以下のように分けます:

  • ステージ1では、それらは最小限です。腫瘍の進行が進行し、それが癌に変わる可能性は非常に小さいです。さらに、このタイプのCINは、妊娠中に禁忌ではない保守的な治療に適しています。そしていくつかの、ホルモンの変化の中で、上皮はそれ自身の性質を回復します。
  • 頸部異形成症2度と妊娠は、追加を待っている症例の5%に一致しています。ここでも、治療は賢明ですが、より深刻な変化のために、必ずしも望ましい結果が得られるとは限りません。妊娠中の手術は禁忌です、それは出産後に行われます。この間に、形成異常は女性の15〜20%で次の程度まで発症します。
  • 妊娠と組み合わせたステージ3 CINは、産褥期のためにこの場合唯一の正しい外科的治療を延期することを強いられるので危険です。そしてそれがないと、患者の20〜30%で癌になります。

予防

予防措置は女性の健康を救い、妊娠中の診断介入や治療の危険なしに健康な赤ちゃんを産むことを可能にします。簡単なヒントに従うことによって子宮頸部の病理学的変化の発生を防ぐために:

  • 衛生規則を守る
  • HPVのテストを受ける
  • 妊娠を事前に計画します。

そして最も重要なこと - 半年ごとに婦人科医による定期検査を受けること。問題が早く発見されればされるほど、治療は成功するでしょう。

妊娠中の女性の頸部異形成症は、赤ちゃんに一定のリスクをもたらしますが、体系的な検査では重大なリスクはありません。病理学を実行するには、より深刻なアプローチが必要です。

異形成とは何ですか?

今日の子宮頸部の悪性疾患は、すべてのがんの病状のうち3位を占め、16%です。.

これは3度の形成異常によって先行されます。

形成異常は、頸部粘膜の上皮層を構成する細胞の構造の変化です。.

健康な子宮頸管には、それら自身の間に境界を持つ3つの層があります。病理学は異型細胞の形成によるこれらの境界の消失をもたらし、それは疾患が進行するにつれて健康な細胞に取って代わる。

病理学的プロセスの広がりに従って、形成異常は3度に分かれています:

  1. 一等学位呼ばれる簡単この場合、病状は粘膜の上皮層の3分の1まで広がり、最下層の基底層のみに影響を及ぼす。
  2. 第二度呼ばれる中程度です。異型細胞は、上皮層の半分に観察され得る。
  3. 3度重い病理学的過程は上皮の全ての層に及ぶが、それは首を越えて広がるわけではない。つまり、近くの組織も、神経も、血管も、筋肉もプロセスに関与していません。

病理学の原因

病理学の主な原因はパピローマウイルスです。。粘液頸部にあるそれは、健康な細胞の中に構築されており、それらに変化をもたらします。

パピローマウイルスにはいくつかの種類がありますが、発癌指数が最も高いため、16と18が最も危険と考えられています。.

多くの研究で示されているように、25歳以降のほとんどすべての女性が血中にパピローマウイルスを持っていますが、誰もが形成異常を持っているわけではありません。

事実は、パピローマウイルスの活性化のために必要であるということです 特定の要因

  • 低免疫
  • 内分泌障害
  • 遺伝
  • 長期間治療されない炎症性および感染性のプロセス
  • 膣内または陰唇上のコンジローマの存在
  • 性的関係および16歳までの出産、
  • 子宮頸部の機械的損傷 - 出産、中絶、外科手術、
  • ビタミン欠乏症、
  • たばこ
  • 親密なパートナーの頻繁な変更。

病気の症状

すでに述べたように、形成異常はめったに伴われません 臨床写真、これとその狡猾の中で.

症状は、病気のより重度の段階、または炎症や感染症のような合併症が発生したときにのみ見られます。

女性は次のことに邪魔されるかもしれません。:

  • 性的接触の間の痛み
  • 性的接触の後に発見
  • 白の数の増加
  • 月経周期の違反
  • 膣内の灼熱感およびかゆみ。

そのため、痛みの初期段階における形成異常はほとんど誘発せず、そのため痛みの出現は深刻な程度の病気を示している可能性があります。.

妊娠できますか?

この病気は卵巣の働きに影響を及ぼさないので、形成異常自体は受胎の可能性に影響を及ぼしません。 しかし、妊娠との組み合わせはどちらかといえば憂慮すべき状態です。.

確かに病気の程度、将来の母親の年齢、背景病理の存在にかかっていますが、一般的に女性は異形成の間に妊娠が起こった場合、病気の治療は数年間延期される必要があることを理解するべきです。

軽い形成異常は出産中に矯正されるかもしれませんが、それは妊娠前に中等度から重度の病気を治療することをお勧めします。.

影響は何ですか?

異形成と妊娠が同時に診断された場合はどうなりますか?

女性がグレード1の異形成と診断された場合、彼女の妊娠は通常どおり進行しますが、医師の診察はできるだけ頻繁に行うべきです。

2年生では、胎児を産むこともほとんど困難ではありません。。しかし、この場合、異型細胞の制御に関する試験にできるだけ頻繁に合格することが非常に重要です。悪性細胞に変換しないことを確認する必要があります。

医師が妊娠中にグレード3の異形成を診断した場合、残念ながら、妊娠を中止することをお勧めします。の病理学は赤ちゃんを運ぶ過程に影響を及ぼさず、唯一の脅威は病理学に炎症性または感染性過程を結びつけることかもしれません。

異形成は出産に影響を与える可能性があります。事実は、この病気が子宮頸部の弾力性の低下をもたらし、そして分娩中にそれが正しい量で開くことができないかもしれないということである。これは組織の破損を引き起こす可能性があり、そして深刻な場合には緊急帝王切開が必要となるかもしれません。

消えますか?

妊娠中、ホルモンの変化は女性の体の中で周期的に起こり、それは子宮頸管粘膜を含む全身に影響を及ぼします。

妊娠中の粘膜の状態の改善は、形成異常が軽度の場合にのみ観察することができます.

2度および3度では、粘膜の状態が悪化することがあります。

治療する必要がありますか?

妊娠中の治療は2つのケースで行われます - 病気がウイルスによって引き起こされた場合、そして異形成がホルモン障害の中で発症した場合。最初のケースでは、出産時の積極的な抗ウイルス療法は処方されておらず、地域被ばくが優先されます。

アプリは 民俗メソッド、彼らは医者の許可を得て許可されています.

将来の母親は、すべての民俗レシピが絶対に安全というわけではないこと、そしてそれらの多くは赤ちゃんの持ち運び中は禁忌であることを理解するべきです。

出産後の様子

出産前後の異形成は同じ頻度で発生します。

女性が出生前に形成異常と診断された場合、出産後に以下の変化が起こる可能性があります。:

  • 25%の病気の退行
  • 45%で安定したステージ
  • 20%でがんへの転換(グレード3)。

出産後、形成異常が最初に現れるか、または破裂を伴う出産が困難であるために既存の病気が複雑になる可能性があるため、女性は医師の診察を受けなければなりません。.

治療方法

保守的な治療法には以下のものがありますe:

  • 抗ウイルス薬
  • 抗菌剤
  • 抗炎症薬
  • 免疫調節剤、
  • ビタミン複合体

3ヶ月間の薬物治療が前向きな傾向につながらない場合は、外科的治療が処方されます。:

  • ジアテルモ凝固
  • 電波治療
  • レーザー蒸発
  • 液体窒素で凍結する - 凍結破壊。

子供の携帯中の治療に関しては、この期間中は積極的な治療は行われない。 医師はコルポスコピーとPAP検査を用いてその過程を監督するだけです。.

場合によっては、膣腔を局所的な抗菌剤および抗真菌剤で再編成する必要があるかもしれません。これは、頸部の炎症を解消するために必要です。

異形成の積極的な治療は、生後わずか1年で可能です - 子宮が完全に回復したとき.

異形成のある妊婦は、定期的に定期検査を受け、必要な検査にすべて合格する必要があります。

妊娠中の伝統的な治療法は細心の注意を払って使用することをお勧めします。退院を注意深く観察し、わずかな変化でも医師に報告することが重要です。

結論と結論

健康な赤ちゃんの誕生の予後に関しては、それは肯定的です。 胎児自身の病理学は何の影響も及ぼさず、それゆえ子供の健康を脅かすものは何もありません。.

しかし、母親の予想はそれほど良くないかもしれません。したがって、出産直後にこの病状を矯正することが必要であり、産後期間の終わりには、病状の積極的な治療を開始することが緊急である。

もちろん、受胎前に異形成症を治療するのが最善です、そして、この病気を完全に防ぐために、あなたは1つの非常に簡単な規則に従う必要があります - あなたは定期的にそして定期的に婦人科医で定期検査を受けるべきです.

内容:

頸部異形成 - 頸部の疾患。その上皮の細胞の成長と分化に変化があります。 WHOによって推奨されているように、形成異常の別の名前もあります。 子宮頸部上皮内腫瘍 (CIN)この病理は前癌性と呼ばれます。時宜を得た治療がない場合、子宮頸がんのリスクは健康な女性と比較して著しく増加します。

子宮頸部形成異常と妊娠はかなり危険な組み合わせです。まず第一に、これは妊娠中にホルモンレベル、特にエストロゲンとプロゲステロンの著しい変化が起こるという事実によるものです:これは悪性腫瘍の急速な成長をもたらします。

情報最近の多数の研究によると、極めてまれなケースでの妊娠は癌の形成を引き起こす可能性があると考えられています。

しかし、リスクはそれだけの価値はありません。子宮頸部腫瘍の完全な治癒と主治医(産科婦人科医、腫瘍医)の許可を得た後にのみ、妊娠の計画を立てるべきです。

診断対策

出産の全期間を通して、女性は頸部新形成の程度を制御するために様々な診断手順を繰り返し受けなければならない。

  • 腫瘍細胞診のための塗抹標本の採取 子宮頸管と子宮頸管の表面から(材料は非常に慎重にサイトブラシを使用して管から取られるべきです)。女性が登録したときに最初に調査が行われたとき、次にその証言に従って、できれば3-4か月以上後に、
  • 性感染症のスクリーニング。この検査は、子宮頸部腫瘍の診断に関してだけではなく、非常に重要です。未治療の感染症の存在は、妊娠期間全体を通して、胎児発育の病理およびさまざまな合併症を引き起こす可能性があります。
  • コルポスコピー (特別な顕微鏡下の首の検査方法 - コルポスコピー)。この方法は将来の母親にとって危険ではなく、同時に非常に有益です。子宮頸部異形成症1度と妊娠のために、1つの研究で十分です。病理学の第2度では、膣鏡検査は子供の出産の全期間にわたって少なくとも2回、第3度では - 3ヶ月ごとに行われます、
  • 生検、続いて得られた材料の検査。この手技は非常に危険であり、三次CIN患者に対してのみ行われます。材料は、最も疑わしい地域からの特別なトングだけで取られるべきです、
  • 子宮頸管の診断的掻爬。この方法は様々な合併症(出血、妊娠の早期終了)の発生の観点から危険であるため、侵襲性癌が疑われる最初の学期にのみ行われます。
  • 子宮頸部のコーン生検 (検査用の組織片を外科用ナイフで切断する)。この手順は、腫瘍が疑われる場合にのみ実行されます。妊婦は創傷からの大量出血の危険性を著しく高めます、
  • 相談腫瘍医。子宮頸部異形成はグレード3であり、妊娠は腫瘍学者との義務的な相談と、子供の誕生の全期間を通しての彼のさらなる観察を必要とします。

子宮頸部腫瘍の治療 常に2段階で行われます。

  1. 抗炎症治療 性感染症
  2. 外科的治療.

危険な出産の時期には、外科的治療は全く推奨されません。早産、自然流産、胎児の死亡、胎児の子宮頸管症など、いかなる操作も合併症のリスクを高めます。

妊娠中の女性は、抗菌薬、抗ウイルス薬、免疫調節薬を用いた保存療法のみを受けます。治療は主治医によってのみ処方されるべきであり、胎児の発育に及ぼす可能性のある悪影響に基づいて薬を選択する。

妊娠におけるCINの影響

妊娠中の子宮頸部腫瘍の進行は、その程度によって大きく異なります。

  1. 一次頸部異形成症および妊娠。軽度の学位は妊娠中の母親に最も頻繁に発生し、順調に進行し、ほとんど癌にはなりません。この形態は、多くの場合、抗炎症療法の経過後、または何の処置もせずに独立してさえ通過する。
  2. 頸部異形成症2度と妊娠。この程度はより深い変化によって特徴付けられます。保守的な治療は必ずしも効果的ではありません、その場合、外科的介入は女性の出産後に行われます。治療がない場合の2度から3度への移行は、15〜20%の患者に起こる、
  3. 頸部異形成症3度と妊娠。治療を受けない女性の20-30%で癌に変わることができる最も重症の形態。妊娠中の女性を維持することは、腫瘍医の義務的な監督の下で実行されるべきです。

妊娠中の頸部異形成の原因

異形成症の発症の病因学的要因の中で、妊娠前でさえ、感染因子が第一にある - ウイルスまたはバクテリア。ウイルス剤の中で、それは最も頻繁にはヒトパピローマウイルスによる女性の感染症です。このウイルスは、女性の生殖器に向性を持っており、別の病気、すなわち、コンジローマまたは子宮頸部乳頭腫の発症を引き起こします。しかし、長期感染は頸部異形成の開発を引き起こす可能性があります。他の可能性のある薬剤はヘルペスウイルスであり、それは頸部上皮への向性および高い発癌性を有しているので、それらは細胞内の形成異常プロセスの発生の引き金となり得る。

考えられる細菌感染症のうち、細胞内微生物のみが形成異常の発症の原因となる可能性があります - これらは、尿素プラズマ、トキソプラズマ、クラミジア、淋菌です。これらの微生物は細胞内に侵入し、免疫細胞から自分自身を保護しながら炎症の慢性的な焦点を維持しながら、非常に長い間そこにとどまります。これは形成異常の真の原因ではありませんが、同様の変化がその背景に発生する可能性があり、それはさらなる形成異常を伴います。

これらすべての過程が生理学的免疫抑制の背景に対して行われる場合、妊娠中に子宮頸部異形成症を発症する可能性は非常に高く、そしてこの状態を予測し治療することは非常に困難であるため、これは非常に危険である。

危険因子

妊娠は、生理学的免疫抑制の状態が発生するため、女性の身体が他のどの状況よりも脆弱になるように再建されたときの状態です。それゆえ、膣のミクロフローラの正常なバリア機能の破壊および局所的な保護反応の減少は、様々な付随する状態の発生を可能にし、それが次に異形成の発生に寄与し得る。

妊娠中の子宮頸部異形成症の発症は頻繁には起こりません、最も頻繁にこの状態は妊娠前に発症します。子宮頸部形成異常の危険因子と原因因子があります。一般的な危険因子には、不健康な習慣、喫煙、飲酒、摂食障害および発がん性食品の摂取、ならびに環境要因への影響が含まれます。これらすべての変化は主に生物全体の反応性の低下を伴い、そしてこの背景に対して、機能的、そして次に器官および系における形態学的変化が進行する。しかし、そのような生活習慣は妊娠中は厳密に禁忌であるため、妊娠中の子宮頸部異形成は症状の悪化を招きにくく、女性が化生していても子供を産むことができます。

女性の異形成が妊娠前に診断されたという事実を考慮すると、この危険因子は性的パートナーの頻繁な変化、性的活動の早期発症、産道への外傷による頻繁な外科的介入、およびホルモン障害である可能性があります。

妊娠中の異形成の病因に関しては、異形成について話す時期を知るために、子宮頸部の構造の正常な解剖学的特徴のいくつかを知ることが必要です。健康な妊婦の子宮頸部の組織構造は、上皮細胞の交代です。

  • 扁平多層非角化上皮 - 膣管に近い子宮頸管内に位置し、それの続き
  • 中間帯 - さらに離れて位置し、子宮頸部への道の境界です。
  • 円柱上皮 - 子宮頸管と子宮頸管を裏打ちします。

通常、これらの層の間には明確な境界があります。異形成は、ある領域の上皮が別の領域に移動する可能性がある通常の解剖学的構造およびこれらの領域の交代の違反であり、例えば、円筒型上皮は扁平上皮の細胞間に位置する。これは、ある病因が細胞の正常な生活環を混乱させ、正常な分裂の過程を混乱させ、通常ではいけない場所に異常な細胞が大量に存在する場合に起こります。細胞の異型性が形成されるように細胞の遺伝的装置が乱され、すなわち細胞分裂の過程が有糸分裂の特定の段階で停止することがあり、そして誤った染色体の組を有する数的細胞のさらなる発達が開始されることがある。そのような細胞は、形成異常の原因である細胞質において正常な代謝を提供することができない。そのような変化は、これらの細胞がそれらの正常な分裂の混乱によりすでに潜在的な脅威を持っておりそしていつでもそれらの制御されない繁殖があるかもしれないという事実に関して特別な危険をもたらす。妊娠中の異形成の場合、ホルモンの影響が胎児細胞の成長および繁殖を促進し、したがって女性全体が繁殖を促進するため、妊娠中の子宮頸部異形成はより危険な状態です。

合併症とその結果

まず第一に、悪性腫瘍は形成異常の結果である可能性があることに注意する必要があります。したがって、この疾患は強制治療に適しているはずです。妊娠中のこの病状の進行を考えると、流産、流産の危険、早産、胎児の子宮内感染の形で合併症があるかもしれません。このような合併症を防ぐためには、これらすべてに慎重な監視が必要です。

まず第一に、すべての必須の研究と女性の生殖器系の病理学の治療の実施により妊娠を計画することが必要です。妊娠中に子宮頸部異形成症と診断された場合は、3ヵ月ごとにコルポスコピーと細胞診で状態をモニターする必要があります。付随するホルモン病理学または感染過程の場合には、これらの状態を治療することが必要です。

妊娠中の子宮頸部異形成症の診断

この病状の経過はしばしば無症候性であるので、適時の診断および合併症の予防における重要な要素は、女性が毎年受けるべき婦人科医における予防的検査である。妊娠中に、この病状はより頻繁に検出され、これは妊娠中だけでなく妊娠の計画段階でも必須の定期検査および女性の検査と関連している。鏡の中の女性を簡単に調べるだけでは、この病状は視覚化されません。これらの変化は肉眼では見えないからです。しかし、他の検査と同様に、女性が検査されると、子宮頸管の組織学的検査が行われます。塗抹標本が正しい技術を使用して撮影されることは非常に重要です。これを行うには、子宮頸管の3つのゾーン - 子宮頸管内側、中間ゾーン、および子宮頸管 - から3つのタイプの上皮がすべて存在している必要があります。この後、塗抹標本の組織学的検査をその種類の定義と共に実施する。塗抹標本には6つの主な種類があります。

  1. 健康な女性の組織像
  2. 塗抹標本の炎症性および良性の変化
  3. 子宮頸部上皮内腫瘍
    1. 軽度の子宮頸部異形成症(CIN-І)、
    2. 中等度の子宮頸部異形成症(CIN-II)、
    3. 重度の子宮頸部異形成症(CIN-III)、
  4. がんの疑い
  5. がん、
  6. 非情報提供塗抹標本(すべての種類の上皮が提示されるわけではない)。

この分析により、診断を正確に判断できます。

形成異常が疑われる場合、すなわち塗抹標本が第3のタイプである場合、追加の器械的な研究方法が実施されるが、この検査の結果は3〜4週間であり得るのでこの器械的研究方法 - コルポスコピー。この方法では、倍率に応じて7倍から28倍の拡大容量を持つ特別な装置で子宮頸部を検査することができます。この増加はあなたが鏡で定期検査の間に検出されない異形成のそれらの領域を見ることを可能にします。彼らはまた、トリクロロ酢酸、ヨウ素溶液またはルゴールを用いて調べられている頸部上皮の領域を染色するための特別な方法を行い、そして染色の程度を調べる。化生上皮の領域は、通常の色の上皮の背景に対して淡い色になります。単純な膣鏡検査法に加えて、膣鏡検査もまた標的吸引生検で行われる。このような診断は、視覚的に何も検出されない場合でも妊娠中に異形成の存在を確認することを可能にし、そして組織学的検査の結果は異形成の程度を正確に決定し観察の戦術を決定する機会を提供する。

鑑別診断

妊娠中の子宮頸部異形成は、他の前癌状態および子宮頸部の良性腫瘍と区別されなければならない:これらの状態の管理は妊娠中の女性で異なるので、ポリープまたはコンジローマ、びらん、異型性白斑症

頸部糜爛は粘膜の欠陥であり、これは膣鏡検査中に特徴的な外観を呈し、異形成と容易に区別される。

白板症は、子宮頸管自体の円柱上皮上または子宮頸部の平坦な上皮上に付着している上皮の外観である。肉眼では見えない形成異常を伴う無傷の粘膜とは異なり、これらの領域は上皮被覆の中で白っぽい島のように見えるので、容易に区別される。

ポリープとコンジローマは異形成の場合には付随する状態でありえます、そして、それらは特徴的な外観 - 広いまたは狭い茎の上のカリフラワーのような新しい成長をします。

いずれにせよ、上皮塗抹標本の形態学的研究は、他の前癌性疾患との鑑別診断を可能にし、正確に臨床診断を確立する。

妊娠中の子宮頸部異形成症の治療

妊娠中の子宮頸部異形成症の治療は、胎児のための特定の治療方法の害を排除することが必要であること、それに、母親の身体のためのこの方法の高い効率と共にそれ自身の特有の特徴を有する。治療の主な仕事は、形成異常の背景に対する妊娠の維持と出産後のこの病状の積極的な治療です。妊娠維持の問題は女性自身によって決定されますが、主な戦術はいくつかの点によって決定されます。形成異常1および2度の場合は、妊娠を適切な治療で維持することをお勧めします;形成異常3度の場合は、形態学的検査を伴う生検を繰り返すことをお勧めします。診断が確定した場合、特定の条件下で妊娠の早期終了を推奨することは可能ですが、これは直接的な指示ではなく、これは女性自身によって決定されます。

妊娠中の頸部異形成症の薬物治療 2つのケースで使用されます - それは感染症の背景とホルモン疾患の背景の形成異常です。ウイルス、主にヒトパピローマウイルスによる感染を背景とした形成異常の場合、胎児に害を及ぼす可能性があるため、妊娠中の積極的な抗ウイルス療法は行われていません。細菌剤に感染した場合、積極的な抗微生物療法は局所の抗炎症薬によって行われます。薬の選択は個別であり、病原体の種類によって異なります。地域の影響力の手段が優先されます。

妊娠中の子宮頸部形成異常は、ホルモンの不均衡を背景に発症し、絶滅の危機にある中絶の形で影響を与える可能性があるため、ホルモン補充薬による治療が必要です。このような治療は妊娠中期に行われ、妊娠中期および妊娠後期には中絶の恐れがある中毒治療が行われます。卵巣の黄体期が不十分な場合に使用できるホルモン薬の一つはプロゲステロン薬です。

Duphastonは、天然プロゲステロンの合成類似体である経口ホルモン薬です。この薬の作用機序は、第二卵巣期が不十分な場合の補充療法であり、これが子宮頸部病理の発達および正常妊娠のためのプロゲステロン欠乏症につながる。薬物は10mgの錠剤の形で入手可能であり、周期の5日目または周期の11日目から10mgを1日2回投与する形で一般的な投与量で個々の計画に従って使用される。入院の特徴は違反の種類によって異なり、妊娠の最初の3ヶ月を通して入場で個別に調整することができます。

この薬の使用に対する禁忌は、急性肝障害、急性心不全および授乳です。副作用は、アレルギー症状、吐き気​​、嘔吐、乳腺の不快感、性欲障害の形での消化不良症状です。

妊娠中の頸部異形成症の外科的治療 侵襲的介入は妊娠の終了の脅威になる可能性があるため、その用途は限られています。妊娠中の形成異常治療のプロトコルによると、レーザー蒸発、円錐切除、子宮頸管の削り取り、電気凝固の使用は推奨されません。これらの方法は、包括的な診断と診断の明確化後の産後期間にのみ使用することができます。

伝統的な治療法 操作方法と医療方法の能力が限られているため、独自の優先事項があります。これにより、女性はより単純で無害な治療法を探すようになりますが、特定の状況下では子供にとって危険である可能性もあることを忘れないでください。したがって、どの方法を使う前にも医師に相談してください。

フォークトリートメントの主なレシピは、それらからのハーブとチンキ、そして自然治癒剤の使用です。

  1. 蜂蜜は、局所的な免疫力を高め、再生を刺激する栄養素や微量元素の天然源として、形成異常を含む女性の生殖器の病理を治療するために広く使用されています。蜂蜜から薬を作るためには、蜂蜜の大さじ3杯、亜麻仁油の5滴と水の大さじ3杯の溶液を作る必要があります。そのような道具は胎児に悪影響を及ぼさないが、顕著な修復効果をもたらす。
  2. 蜂蜜は、ビタミンの他の天然源、アロエと組み合わせることができます。この植物は、顕著な殺菌性、抗浮腫性、再生性、免疫調節作用を有する。アロエの葉は小さじ2杯の蜂蜜でガラスに絞り込まれ、そしてタンポンを濡らして、それらは膣に挿入され、月に1日1回手順を繰り返します。
  3. ハーブ注入は広く使用されています。ミントの葉、ラズベリー、スグリのハーブコレクションを準備します - それらを等量で取り、お湯を注ぎ、さらに5分間沸騰させてから、1か月に2回、冷やして1日に半カップ飲みます。
  4. カモミールとブルーベリーの注入は、大さじ3杯のカモミールの葉から調製され、そこに3杯のフルーツまたはブルーベリーの葉が加えられ、それからそれは1リットルの沸騰した水で醸造されます。服用する前に、スプーン一杯の蜂蜜を加えて、1日に3回、半カップを飲んでください。

ホメオパシー療法, которые используют в лечении дисплазии шейки матки при беременности, стимулируют регенерацию эпителия и уменьшают воспалительные проявления. Применение гомеопатических средств во время беременности несколько ограничено и требует индивидуальной консультации у доктора. おそらくそのような薬の使用:

  • 月経困難症は、プロゲステロン欠乏症を伴うホルモン障害の背景に対して、妊婦の頸部異形成症におけるホルモンの不均衡に影響を与える複雑なホメオパシー薬です。この薬は錠剤の形で製造され、食事の30分前に1錠を1日3回使用します。副作用はまれですが、吐き気と一時的な症状の悪化がある可能性があります。セリアック病患者にはお勧めできません。
  • Ginekohel - 液滴の形で製造され、これを温水に溶解する必要がある前に1日3回10滴適用される併用ホメオパシー薬。作用原理 - ホルモン障害の調節アレルギー性皮膚症状の形で副作用が観察されることはめったにありません。

病理学は胎児自体に重大な影響を及ぼさないので、妊娠中の異形成を伴う健康な乳児の出産の予後は肯定的である。分娩後にこの病状を矯正するという間違った戦術を持つ母親には予後が悪い可能性があるので、出産後の形成異常の治療は必須であり、手術方法が好ましい。

頸部異形成症および妊娠は、まさにその頻繁な発見および母親自身に対する脅威のために、頻繁かつ緊急の病状である。この疾患は無症候性の経過をたどることを考えると、悪性腫瘍の危険性が非常に高く、分娩中の治療は限られているので、出産直後に診断し治療を開始することが必要である。妊娠前にこの病状を予防するためには、非常に単純な規則に従う必要があります - 婦人科医で予防検査を適時に受けることです。

異形成と妊娠

ジアテルモ凝固法または電気凝固法は、子宮頸部異形成の焼灼の最も外傷性の高い方法です。それは電流による病理学的焦点の一部の焼灼からなる。

粘液層の現在の細胞の影響下で死滅する。この方法の不利な点は、電流が前癌細胞だけでなく健康な組織にも影響を及ぼすことです。

同時に、大きな粘膜欠損が形成され、それらは瘢痕組織によって置き換えられる。

広範な瘢痕の出現は以下のことにつながります。

  • 月経周期の違反
  • 子宮頸管の短縮
  • 子宮頸管の狭窄
  • 弾力性の喪失
  • 頸管の変形

月経周期の違反および頸管の短縮は、受胎の可能性または原因を減らす可能性があります

。チャネル内の病理学的変化は妊娠の過程に悪影響を及ぼします - リスクが増加します

そして早産。出産時の弾力性の喪失により、子宮頸管が破裂することがあります。狭窄または変形した子宮頸管は、産道を通る胎児の通過に対する障害物となり、それが胎児への傷害および子宮頸部組織の破裂を招く可能性がある。

そのため、出産していない、または子供を産む予定のある女性には、ジアテルモ凝固法による焼灼はお勧めできません。しかし、子宮頸部異形成症の焼灼後の受胎の場合には、膣鏡検査と内視鏡検査による徹底した婦人科検査が瘢痕を検査してリスクを特定するために必要です。

破裂を防ぐために頸部粘膜が大きく変化すると、ほとんどの場合、帝王切開に頼ります。

凍結破壊の方法は、患部を破壊します。

または二酸化炭素。異型細胞は低温の影響下で凍結する

最大マイナス150 - 170度

)死んだ前癌細胞は拒絶され、新しい健康な上皮細胞に置き換えられます(

粘膜上皮細胞

レーザー療法は、子宮頸部異形成症の焼灼の効果的な方法です。そして、それは、与えていない女の子と再妊娠を計画している人たちに使われます。レーザー光線の作用の下で、異型細胞だけが健康な組織に害を与えずに破壊されます。

前癌細胞は蒸発し、健康な上皮に置き換わります。レーザー照射の線量を制御することができるという事実のために、子宮頸管粘膜への損傷は最小限でありそして瘢痕は形成されない。

粘液の再上皮化および完全回復の期間は短い(

2〜4週間まで

電波療法は、高周波ラジオエミッションによる頸部粘膜の患部の焼灼を含みます。この放射線の影響下で、粘膜の表層内の局所温度は上昇する。

異型細胞は大量のエネルギーを放出し始め、破壊されて健康な組織に置き換えられます。電波による形成異常の治療の結果として、瘢痕組織は形成されず、その後の妊娠は病状なしに進行する。

電波治療は、出生前でない女の子に処方される最も速くそして最も痛みのない方法です。妊娠計画は2〜3週間で可能です。

方法にかかわらず、焼灼の感染性および炎症性合併症は妊娠に悪影響を及ぼす可能性があることを忘れないでください。

感染症や頸部粘膜の過剰な瘢痕化のリスクを減らすためには、次のことを行ってください。

  • 個人の衛生状態を守ります。
  • 排泄物の場合は、タンポンではなくパッドのみを使用してください。
  • お風呂、サウナ、
  • 激しい肉体労働と体重の増加を避ける
  • 頸部粘膜の完全な治癒期間中は性行為を控える。

妊娠中、体の免疫力、特に細胞性免疫が一時的に低下します。細胞性免疫は、体内に入ったあらゆる異物を見つけて破壊する責任があります。その保護機能の低下は開発に貢献するかもしれない

そして異形成の成長。

妊娠中、多数の産生を伴う女性のホルモン状態の変化があります

。エストロゲンの影響下で、子宮頸部粘膜の上皮細胞の変化と

。子宮頸部は直径が大きくなり短くなりますが、上皮の内層は膣腔内で回転します。ここで彼は様々な「攻撃的な」要因、つまり膣の酸性環境、微小外傷、炎症の影響を受けます。

医療現場では、女性がすでに妊娠中にグレード3異形成症について学んだ場合があります。実際には、形成異常は無視され、妊娠はそれほど一般的ではありませんが、そのようなケースが見つかりました。

そのような病状が検出された場合、女性は分析を繰り返し、追加の検査、すなわち生検を受ける必要がある。流産の危険性が高すぎるため、この手順は妊娠中は非常に危険と見なされます。しかし、あなたが子宮頸部異形成症の第3段階と規範からの重大な逸脱を疑っているならば、健康とさらには母親の命についての質問があります。

ほとんどの場合、医師は待機して体位を確認し、分娩後の患者には保存療法または手術療法が選択されます。妊娠中、妊娠中の母親は医師の綿密な監督下にあり、彼女は定期的に細胞診を受けます。

グレード3の子宮頸部異形成は、治療しなければならない危険な病理学的状態です。このため、医師はまず病気を治してから妊娠することをお勧めします。

ほとんどの異形成は明るい臨床像の出現なしで進行します、それ故に、それは婦人科医によって調べられたときにのみ診断することができます。病理学の発達の初期段階で、鏡で見たとき、肉眼で変化に気付くことは不可能でしょう。

しかし、他の検査と同様に、子宮頸管の細胞診が行われます。その後、細胞レベルで、採取された材料の組織学的検査がその種類の識別と共に行われる。

別の有効な診断方法は膣鏡検査法であり、ここでは妊娠中の患者の子宮を拡大装置で検査することができる。その助けを借りて、あなたは鏡で定期的な検査の間に気付くことが困難である病理学的プロセスのそれらの領域を識別することができます。

さらに、専門家は、染色の程度を評価しながら、検査されている上皮の染色領域をヨウ素またはルゴールの溶液で作ることができる。そのような診断方法は、たとえ視覚的に何も見えないとしても、妊娠中の病理学的過程の存在を検出することができる。

子宮頸部異形成症を伴う妊娠の実施独自の修正を加えました:

  • 扁平異型は観察を伴う。膣鏡検査は行われません。繰り返された細胞診は生後1年が経過します。
  • 形成異常が穏やかな形に達したら、観察かコルポスコピーは練習されます。細胞診も分娩後1年ごとに繰り返されます。
  • 中等度の異形成が検出された場合、膣鏡検査が望ましいです。重度の形成異常または癌が疑われる場合は、標的生検が行われます。彼女の結果が異形成がまだ穏やかな形を着ていることを示したならば、それから繰り返し細胞診は1年後に処方されます。
  • 妊娠とグレード3の異形成(重症型)は定期検査につながります。生検が行われ、膣鏡検査が3ヶ月ごとに行われます。
  • 癌が発見された場合、腫瘍医は観察と治療の過程に関わっています。


妊娠によって形成異常の経過が変わることはありません。また、異形成は子供の持ち運びを複雑にしません。しかし、重度の形成異常は早産を脅かす可能性があります。

病気の写真が外科的治療を延期することを可能にするならば、それはそれを延期する価値があります。妊娠中の病気の外科的治療は流産、死産、子宮内死亡などのリスクを高めることが証明されています。

子宮頸部異形成症が適合しているかどうかと妊娠の計画は、特定の診断に頼って、医師によって答えられるべきです。病理学の発展に条件の影響の可能性を考慮する必要があります。結局のところ、妊娠は子宮頸部上皮細胞の異常な発達を刺激することができるホルモンを変更します。しかし、これは百パーセント挑発的な要因と呼ぶことはできません。

それでも、ほとんどの場合、形成異常の計画の初期段階と第2段階が可能です。結局のところ、病気はそれが治療ではなく観察を必要とするようなレベルで長期間持続することができます。しかし、妊娠する前に、女性はするべきです:

  • 異形成症診断のすべての分野で別の検査を受けること。
  • 関連する病状、特にHPVを取り除く(同じことが彼女のパートナーにもなされるべきである)、
  • あなた自身のホルモンの状態を決定しなさい。

誰もが家族計画を担当しているわけではないので、妊娠の事実が確定した後に「CIN」と診断される可能性があります。これは、生まれたばかりの子供が女性の命を救うために放棄されなければならないという意味ではありません。

しかし病理学はそれが絶え間ない監視を必要とするので患者の管理を非常に複雑にします。病気の発生のさまざまなレベルで存在するリスク、医師は以下のように分けます:

  • ステージ1では、それらは最小限です。腫瘍の進行が進行し、それが癌に変わる可能性は非常に小さいです。さらに、このタイプのCINは、妊娠中に禁忌ではない保守的な治療に適しています。そしていくつかの、ホルモンの変化の中で、上皮はそれ自身の性質を回復します。
  • 頸部異形成症2度と妊娠は、追加を待っている症例の5%に一致しています。ここでも、治療は賢明ですが、より深刻な変化のために、必ずしも望ましい結果が得られるとは限りません。妊娠中の手術は禁忌です、それは出産後に行われます。この間に、形成異常は女性の15〜20%で次の程度まで発症します。
  • 妊娠と組み合わせたステージ3 CINは、産褥期のためにこの場合唯一の正しい外科的治療を延期することを強いられるので危険です。そしてそれがないと、患者の20〜30%で癌になります。

病理学の症状

初期段階における子宮頸部の異形成は、顕著な症状の出現なしに起こり得る。このため、医師は女性に婦人科医に少なくとも1年に1回は訪問するように勧めていますが、もっと頻繁に行っています。病理学が病期3に進む場合、特徴的な症状はより顕著になり、それは女性の状態を悪化させる可能性があります。

その場合、子宮頸部異形成がパピローマウイルスによって誘発されると、生殖器疣贅が膣、外陰部および肛門に現れることがあります。

診断方法

妊娠の全期間を通して、女性は子宮頸部異形成症の発生を絶えずモニターするために多くの方法の助けを借りていくつかのテストを受ける必要があるでしょう。

主な診断方法は次のとおりです。

  1. 婦人科検査と塗抹標本。材料はサイトブラシを使用して非常に慎重に撮影されています。最初に、この研究は女性が登録されたとき、そしてそれから少なくとも3-4ヶ月ごとに行われます。
  2. コルポスコピーこの方法では、医師は子宮の状態に関するかなり多くの情報を受け取ります。妊娠中に悪影響を及ぼすことはありません。最初の病期が検出された場合、1回の検査に限定され、2回目が9ヶ月のうち少なくとも2回であり、3回目が3ヶ月ごとである。
  3. 生検この対策は悪性変性を特定するために必要です。それが名前の変換の最大の危険を表すので、それは子宮頸部異形成の第3段階で行われます。
  4. 診断掻爬この診断方法は、妊娠の最初の3か月で、そして癌腫瘍が疑われる場合にのみ実行することができます。

これらの診断手段に加えて、妊娠中の女性は、特に彼女が病気の第3段階を持っているならば、まだ腫瘍専門医を訪問する必要があります。この医者は婦人科医と同様に妊娠中は患者を指導します。

疾患の臨床像は、形成異常のどの段階でも同じままであるため、診断は治療計画を立てるために非常に重要です。

診断における最優先事項は、婦人科鏡による婦人科医による椅子の検査で、上皮の成長と構造的変形を確認することです。

他の有益な鑑別診断法は以下を含みます:

  • 細胞診塗抹標本 - 非定型細胞の存在を検出し、病気の病因を確定することができます。
  • コルポスコピー - 細胞内の構造変化を詳細に検討するための試薬の使用を含むハードウェア診断
  • 組織学では、上皮組織のサンプルを採取して疾患を予測し、上皮の変化をより詳細に研究します。
  • ポリメラーゼ連鎖反応またはPCRを使用すると、女性の体内でのHPVの存在だけでなく、その濃度、種類を特定することもできます。

警告:形成異常を検出するための診断方法の中には妊娠中に安全でないものがあり、出血や流産を引き起こす可能性があります。診断活動はすべて、既存の危険因子をすべて考慮に入れた上で、経験豊富な専門家の監督の下でのみ行われます。

妊娠中の病状の治療

妊娠中の女性の子宮頸部異形成症の治療は、病気に対処して赤ちゃんを傷つけないためにそれを実行する必要があるため、多少異なります。主な目標は、病気の開発中の妊娠の維持と赤ちゃんが生まれた後のその排除です。

子供を残すかどうかにかかわらず、女性は自分で決めます。第一段階と第二段階の病理が明らかになった場合、医師は胎児を保存することをお勧めします。第三度の検出時に生検を受けることをお勧めします。彼女が診断を確認した場合は、中絶を行うことができますが、それは初期の期間に限られます。いずれにせよ、病気は胎児の排除のための絶対的な徴候とは見なされません。

セラピーレビュー

グレード3異形成は、特に妊娠中に危険な疾患と見なされます。この病状には効果的な治療法が必要ですが、予後はさまざまな要因や女性の身体の個々の特性によって異なります。フォーラムはこの問題に直面している女性からの様々なレビューを見つけることができます。

34歳のエレナ、モスクワ:「私は3年生異形成症と診断され、その状態は非常に危険で、癌に退行する可能性があると言われました。医者はレーザーで焼灼処置をしました、しかし、メナはパピローマウイルスと組み合わせてびらんを持っていました、それで彼らは発癌性細胞に関する研究を行います。

私は腫瘍学の診療所で治療を受けました、そして、全体の手順はたった10分かかりました。形成異常は非常に危険な疾患と考えられているという事実にもかかわらず、それはまだ治療されています。

イリナ、26歳、キエフ:「数日前、医者にいて生検を処方されました。なぜなら、異形成症の疑いが2〜3度あるからです。病理学の最後の段階が確認されれば、子宮頸管円錐形成が必要になるだろうと医師は言った。

私はまだ結婚していないし子供もいないので、私はこれについて非常に心配しています。そのような処置の後、妊娠中の流産の危険性が高まると私は聞いた。」

Maria、34歳、Minsk:「私はグレード3の異形成と診断されました、そしてちょうど1週間前に全身麻酔下で手術を受けました。私は手技をうまく移し、数日後に病気について忘れました。将来的に子供を産むことができるかどうかについて非常に心配しています、しかし、医者は私が妊娠することができて、そして運ぶことに問題がないであろうと私に安心させます。

最後の程度の子宮頸部異形成は、それが深刻な前癌状態と考えられているけれども、癌ではありません。病理学と効果的な治療法のタイムリーな検出と予後は非常に有利です。

私は病気にかかってもいいですか

受胎の可能性は形成異常の段階によって異なります。子宮粘膜の損傷の深さと面積に応じて、3つの病態があります。

  1. 簡単これは病気の最初の段階です。ウイルスは、上皮組織の表面の最大30%に感染します。外層のみが損傷しています。
  2. 平均形成異常の第2段階に相当します。病原体はより深く浸透し、粘膜面積の最大50%を占めます。
  3. 重いこれは病気の第3段階です、別の名前は非侵襲性の癌です。ウイルスは子宮頸部全体に広がり、上皮のすべての層を覆います。この病気は、隣接する筋肉、血管、神経などに影響を与えません。

軽度の形成異常では、ほとんどの場合、女性は追加の手技なしで妊娠することができます。ホルモン変動の結果として、病気が自然に消える危険性があります、しかし、それは前もって調べられることが勧められます。結果を受け取った後、専門家はウイルスの拡散速度と上皮組織への損傷を計算することができます。

受胎前に治療コースが処方される可能性があります。その必要性は妊娠中の治療の不可能性と関係しています。処置および医薬品は胎児の発育に悪影響を及ぼす可能性があります。出産時には、ホルモンの調整と治療の欠如により、プラークの拡大率が高まる可能性があります。好ましくない状況下では、病理はステージ2または3に進むことがあります。がんのリスクが高い。

第二段階では、妊娠して出産することはお勧めできません。受胎の可能性は減少しますが、それは可能です。最初に一連の治療を受け、状態を安定させてから計画を始めることをお勧めします。軽度の形成異常が妊娠中に自然に消失することはめったにありません。これは強い免疫力によってのみ起こります。さもなければ、合併症、胎児の感染および次の段階への病気の移行の高い危険があります。

病理学の最後の段階は厳格な禁忌と見なされます。ホルモンの変化により、上皮組織は弾力性を失います。血流の増加と免疫システムの低下は悪性組織の変性に寄与します。がんの発症は、子供の健康に直接影響を与えるわけではありませんが、母親の命を脅かすことになります。

病理学の第3段階では、妊娠の可能性が減少します。治療が控えめな方法で行われた場合、受胎の可能性は持続します。妊娠できない場合は、人工授精が自然に行われます。子宮頸部の以前の円錐化または切断では、女性は不妊になるので、概念は不可能です。卵巣の機能が失われておらず、健康な細胞を産生する能力がある場合、それらは代理母方に使用することができます。

化学凝固

ウイルスが深部組織に影響を与えていない場合、この手順は小さな病変で行われます。また、焼灼のために電気を使うことができます。処置後、瘢痕が形成され、時には月経不順や不妊の発生を引き起こす可能性があります。

液体窒素アプリケーション

形成異常の初期段階では、プラーク凍結は液体窒素を使用して行われます。この方法の不利な点は、露光深度の制御が不十分であることを含む。このプロセスは必要以上に多くの組織を凍結することができます。手術後、女性は退院します。極度の異形成および悪性細胞の変性では低温破壊は起こりません。

その他の方法

時々焼灼はレーザーを使用して実行されます。これは、ポイントが病理学的病変に影響を及ぼすことを可能にし、そして組織損傷の程度を制限する。しかし、この手順は面倒です。出血は焼灼の数日後に起こることがあります。

コールドスタビングは、切除の高い外傷と大量の血液を失う危険性のために比較的まれに使用されます。重度の形成異常や癌では、子宮頸部摘除術が必要です。

組織を回復するためにはビタミンと微量元素を含む薬を服用しなければなりません。手段は病理学の進行を避けるのを助けます。全体的なトーンを高めるために緑茶を使用することをお勧めします。

体外受精は可能ですか?

子宮頸部異形成は体外受精の厳密な禁忌ではありません。人工授精は、女性が自然に妊娠することができない場合、軽度および中等度の病変で行われます。広範囲の病変については、癌の発症を予防するために最初に治療が行われます。

子宮頸部異形成後の妊娠

重度の病気の場合は、下腹部に引っ張りの痛みが生じることがあります。異形成はしばしば性器感染症と組み合わされるので、外陰部と膣の生殖器疣贅、肛門、淋病、またはクラミジアとしばしば診断されます。

重度の異形成または異形成III - 異型細胞の変化は、多層上皮のすべての層で発生しますが、隣接する組織にはまだ広がっていません(この程度の異形成は、非侵襲性、つまり非侵襲性癌とも呼ばれます)。

化学的凝固(迷走神経、アルコールなどの薬による患部の治療)。

患者の22%が2度の形成異常が3度に移行するという事実に傾向があります。

頸部異形成症は治療可能ですか?

妊娠して子宮頸部異形成症に耐えることは可能です。しかし、この2つの状態、すなわち妊娠と形成異常は互いに悪影響を及ぼします。したがって、治癒していない異形成は、まず第一に、胎児の特定のウイルスによる感染、羊水の破裂、および早産を引き起こす可能性があります。妊娠を計画する前に、婦人科医に緊急に診察を受ける必要があるのはそのためです。

  • 私たちは10分以内にあなたに折り返し電話をかけ、医者を勧めます
  • 子宮頸部異形成は、子宮頸部上皮細胞の構造の病理学的変化です。重症型では、この病気は前癌状態と見なされます。そして彼の才能は臨床的にそれがそれ自身を明示しないということです。婦人科検査中にのみ検出できます。
  • いいえ、前癌性のプロセスがある場合は日光浴をすることはできません。もちろん異形成の場合も同様です。紫外線は細胞内の遺伝子の突然変異を引き起こし、それが病気の経過を悪化させます。したがって、日光浴とサンルームでの日光浴の両方が禁止されています。
  • 1 - 3の性的休息(治療方法に応じて)
  • 膣の微小バイオセノシスの回復

形成異常は特徴的な臨床徴候を示さないという事実のために、診断は臨床検査と機器的方法と組み合わせた身体検査に基づいて確立される:

形成異常の最も重要な原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)による女性の感染です。最も危険なのは発癌性の種類(16および18、ならびに6、11、31、35、39、59、33、45、52、58、67の種類)です。そして、HPVが体内に持続する時間が長いほど、子宮頸部上皮細胞の異型性 - 異形成が発生する可能性が高くなります。確認された子宮頸部の異形成の症例の95%以上がHPVによって検出されることが知られています。しかし、HPV感染は必ずしも病気の発症につながるわけではありません、これはいくつかの素因となる要因が必要です。

寒冷療法(液体窒素で寒さにさらされる。冷凍細胞は死ぬ)。

婦人科医は、異形成が妊娠の過程を脅かすことはないと述べています。

頸部異形成症は治療されますか?

重い形異形成は、上皮の厚さ全体を覆っています。

  • 子宮頸部異形成の症状がある場合、またはこの病気につながる可能性のある疾患の存在が疑われる場合は、緊急の問題として経験豊富な婦人科医に連絡することをお勧めします。あなたは私たちのオンラインサービスの助けを借りてこの分野または婦人科医療センターの資格のある専門家を見つけることができます。あなたはまた、私たちの電話で自分自身を呼び出すことができます、私たちは適切な医者を選択し、面倒や待ち行列なしで予約をします!
  • ​ ​
  • 形成異常の原因
  • この病理は絶対的なものではなく(彼らが言うと:全く不可能)、体外受精への禁忌ではありません。しかし、妊娠中の母親の体内にHPVが存在すると、胎児の発育に悪影響を及ぼしたり、出産時に感染する可能性があるため、医師はこの手順の前に必要に応じて検査および治療を行うことをお勧めします。

癒しの禁止と治癒期間全体にわたるタンポンの使用

危険な子宮頸部異形成症とは何ですか?

患者管理の戦略は、プロセスの程度、病変の面積、妊娠したいという望み、そして年齢によって異なります。若い女性および小さな病理学的領域で軽度/中等度の病理を検出する場合、治療法は規定されておらず、自発的治癒 - 疾患の後退(約70〜90%)の可能性が高いので、投薬観察のみが示される(四半期ごと)。しかし、HPVが検出された場合、特にそれが体内で長期間持続する場合、局所的および全身的に、異所性抗ウイルス療法(アシクロビル、グロプリノシン、イソプリノシン、パナビル)、および炎症性薬物による病理領域の治療が処方される。ライトアクション(ソルコバギン)。抗ウイルス療法後の治療法には、膣内細菌叢を正常化する膣タンポンの形のプロバイオティクスおよびユービオティクス(ビフィコール、ビフィブンブクテリン、ラクトバクリン)が含まれます。

子宮頸部異形成をどのようにそして何を治療するために?

首に目で見える変化がないので、通常の検査はしばしばこの病理を疑うことを許さない。しかし、中等度または重度の異形成の場合には、粘膜の色の変化(明るい赤または白っぽい)、白っぽい斑の形の上皮の成長、および外咽頭周囲の光沢のある表面が検出され得る。

  • パリティ(複数出生)
  • 外科的切除(患部を切除する手術、メスで行う)。
  • 胎児の妊娠も病気の経過に悪影響を及ぼすことはできません。それどころか、妊娠中、身体による病気の抑制は加速することができます。
  • 頸部異形成はびらんや癌と混同してはいけません。これらは優れた病歴と治療方法を持つさまざまな病気です。
  • 子宮頸部でかなり一般的な女性の病気の一つは形成異常です。婦人科医は、この病状の危険性は適切な治療なしでは子宮頸部の癌性腫瘍に発展する可能性があることであると述べています。

はい、それは治療されます、しかし、治療方法の選択は患者の年齢、病理の大きさ、形成異常の程度、関連する問題の存在によって異なります。

病気の発症の原因とメカニズムは完全には理解されていませんが、その発症に影響を与える可能性がある要因があります。その中に - 性器感染症、ホルモン障害、早産と中絶。

異形成の程度の異なる重症度への分離

以下は、どの機能が子宮形成異常症の特徴であるかについてのいくつかの統計情報です:

子宮頸部異形成症は婦人科疾患であり、子宮頸部の子宮頸管を覆う上皮はその構造と構造に異常があることを示しています。

患者は20歳未満です

同時に、この病気にはいくつかの段階があります - 軽度、中等度、重度。診断はコルポスコピーの結果に基づいて行われます。異形成が疑われる場合は、細胞診が推奨されます。

頸部粘膜の点状病変があります、

  • 子宮頸部異形成が危険であるかどうかという質問に対して、答えはプロセスの無視の程度に依存します。時にはそれは子宮頸部の一部の除去に頼る必要があります。しかし、そのようなひどい場合でも、女性は妊娠して普通に子供を産むことができます。もちろん、定期的に婦人科医を訪ね、1度の子宮頸部異形成に間に合うように治療を実施するために、これを起こさない方が良いです。
  • リタ・ドミナ
  • 子宮頸部異形成症には、通常、外科的治療の後に発生する以下の合併症があります。
  • 第一期の子宮頸がん、

重大度1

電波による治療(高周波による上皮層への暴露)。

医療現場では、異形成を治療するためにかなりの数の方法が使用されています。治療法の選択は、病気の重症度に依存します。

子宮頸部の他の病状の中でも、16〜18%の症例で発生するのは形成異常です。

形成異常は通常、上皮の深部細胞層を覆っておらず、基底膜に影響を及ぼさない。

異形成は子宮頸管まで広がっていません、

2重大度

妊娠中は、形成異常は通常治療されませんが、妊娠中に症状が悪化することがよくあります。この点で、子宮頸部異形成の深刻な結果を回避するために妊娠の計画段階で調査を実施することをお勧めします。

子宮頸部異形成は、子宮頸部の形態的前癌の最も一般的な形態です。

破壊中または破壊後の出血(推奨事項に従わない場合は血管損傷および痂皮拒絶に関連する)、

1度と2度の異形成は妊娠に影響しますか

6ヶ月間観察したときの細胞学的塗抹標本および膣鏡検査の不満足な結果。

多角形領域の外観(あたかも異なる方向に線が並んでいるかのように粘液 - モザイク)。

陰茎頭部癌を患っている患者の性的パートナー、

危険な病気ですが、よく治療可能な子宮頸部異形成症を覚えておいてください。あなたが病気を疑うならば、あなたは正確な診断のために婦人科医を訪ねなければなりません。

1学位のための治療法

ほとんどの場合、この病気は34歳の年齢層の女性に発症します。

何人かの患者は形成異常の診断とびらんの診断を混同するかもしれません。しかし、決して彼らが団結することはできません。浸食は機械的損傷によって引き起こされ、上皮組織の完全性の侵害として現れる。形成異常の発生の理由はさまざまな要因である場合がありますが浸食との際立った特徴はそれが上皮細胞の構造に影響を与えるということです。

  1. ヒトパピローマウイルスが見つかりません。
  2. 治療は一連の測定を適用することからなる。外科的処置の中には、電気凝固、レーザー治療、凍結破壊およびコールドナイフ円錐形成を同定することができる。後者の方法は厳しい条件下で実施される。
  3. ステージI - 軽度のステージ
  4. 子宮頸部瘢痕の変形および子宮頸管の狭窄に起因する一般的な力の異常の発生
  5. 子宮頸部異形成症の外科治療には以下が含まれます:
  6. 酢酸による試験の後、子宮頸部をヨウ素水溶液で染色します。これをシラー試験と呼びます。ヨウ素で染色されていない子宮頸部の領域の検出時に子宮頸部上皮の異型性を疑うことが可能であり、これは上皮細胞におけるグリコーゲンの欠如を示し、子宮頸部における病理学的過程を示す。首の表面全体が均一な茶色を帯びた場合、シラーテストは陽性と見なされます。

2学位のための治療法

免疫力の低下(HIV感染、特定の薬の服用、ストレス、栄養失調、住まいの悪さなど)、

この病理学は深刻な婦人科疾患を意味し、それは子宮頸部が癌との会談の準備ができていることを示す「最初の鐘」であるためです。したがって、形成異常は前癌性疾患であると考えられており、適時かつ質の高い治療を必要とする。このような疾患は若い女性(約25〜35歳)で最も頻繁に診断され、病状の発生率は性の弱い人の1000人の代表あたり1.5人に達することが知られています。

しかしながら、これは患者が全く観察される必要がないという意味ではない。第一度の形成異常に対する治療と予防措置の複合体には以下が含まれます:

  • グレード3の異形成は、症例の約10〜30%で悪性腫瘍に入ります。
  • 子宮頸部異形成は非常に危険な診断です。病気の過程にわたって密接に監視する必要があります。
  • 異形成が疑われる場合は、細胞診への塗抹標本の観察および送達が2〜4か月ごとに示されます。グレード1〜2の異形成は専門の婦人科医によって治療され、すでに重症型は婦人科腫瘍専門医です。
  • ​Дисплазия шейки матки и беременность в принципе не являются взаимоисключающими понятиями, просто лучше сначала избавиться от недуга, а уже потом планировать беременность.​
  • 現在、形成異常に対する治療戦略は、主に外科的(子宮頸部円錐形成術)です。しかしながら、近年、生物療法(光線力学療法、ホメオパシー器官調製物、オゾン療法、ワクチン様薬剤、植物起源の酵素、抗酸化剤)を含む温存治療法の探索が始まった。
  • 子宮頸管の閉塞による狭窄(狭窄)、または上行感染の結果としての不妊(慢性卵管炎および子宮内膜炎)
この技術の本質は、首に接触する電極(ループ)に印加さ​​れる高周波電流による病理学的病巣の破壊(破壊)にある。その結果、異型上皮細胞の壊死(死)が起こり、焼灼部位にかさぶたが形成されます。近年の方法は、その低い効率(約70%)および合併症(出血、疼痛、子宮頸部の瘢痕変形、長い治癒期間)の高い危険性のためにその関連性を失っている。

「頸部異形成症」という用語

早いセックスライフ

子宮頸部異形成は、首の膣部分を覆う上皮細胞の構造を変えるプロセスです。そのような細胞は非定型と呼ばれ、病気自体は前癌性過程のリストに含まれています。

  • 診断後48ヶ月以内に定期的に診察を受ける。
  • 形成異常の形の疾患は、身体に多数の不快な症状および合併症をもたらす。
  • 医学統計によると、子宮頸管の粘膜の形成異常は、癌の形成における最も一般的な要因です。

この疾患の治療をしなければ、形成異常は、軽度の段階から重度の段階、そしてその後扁平上皮癌に急速に進行する。

分類

子宮頸部異形成症は治療可能ですが、それが腫瘍学の発展を引き起こしました。形成異常の3番目の形式では、それを子宮頸癌と区別するのに十分に困難なことがあります。この場合、正確な診断は、組織学的検査に基づいて経験豊富な婦人科腫瘍専門医によってなされるべきです。ほぼ50%の症例で、形成異常はそれ自身を直すことができます、しかし、これは病気の穏やかな形で起こるだけです。異形成の症状がある場合は、婦人科医の診察を怠ってはいけません。

  • しかしあなたの目標はHIMERAです
  • 月経周期の違反(ホルモンの問題)
  • この方法は、病理学的病巣を冷たい(非常に低温の液体窒素)治療することからなり、その結果として非定型細胞は破壊され拒絶される。この治療方法は、まだ生まれていない女性にも適していますが、治療時間が長いことや治療中の焦点で炎症プロセスを発症するリスクが高いことなど、いくつかの欠点もあります。

1型 - 細胞像は正常です、

  • 18歳未満の女の子の最初の妊娠と出産
  • 子宮頸部の膣部分には、ピンク色をしたいくつかの層からなる重層扁平上皮が並んでいます。
  • 膣鏡検査と細胞診が毎年行われます。
  • 治療期間の期間は、病理学的プロセスが層にどれだけ深くまで広がっているかによって異なります。つまり、病気の経過はその程度によって説明することができます。
  • 形成異常の影響下で膣と子宮頸部のシェルの変化は、それらの細胞の悪性腫瘍のプロセスが発生する可能性があります。
  • 子宮頸部異形成の治療法は以下のような方法に限定されます。
  • 子宮頸部異形成の主な症状は、そのような瞬間です。
  • 私は持っていました。たった3度。私の知る限りでは、最初の薬は治療を受けています。妊娠することは可能ですが、すぐに治療を受けることをお勧めします。行く
  • 子宮頸がんへの移行。
  • この技術の本質は、影響を受けたセルから液体が蒸発して破壊されている間に、影響を受けた領域にレーザービームを作用させること(非接触法)にあります。レーザー治療は非常に効果的な方法であり、2つの欠点しかありません。それは、高価で高価な機器です。すべての医療機関で利用できるわけではありません。
  • 2型 - 細胞に炎症性の変化があります、
  • 遺伝(生殖器の悪性プロセスに対する感受性)、
  • 基底傍基底層は基底層と傍基底層の細胞から成り、下層の組織(筋肉、神経終末、血管壁)に接している深い層であり、この層には若い細胞が上皮を再生することがわかっています。
  • 生殖器系感染症の治療を処方するようにしてください。

コルポスコピー

  • 残念なことに、異形成症の治療は、たとえ手術であっても、病気を取り除くことを100%保証するものではありません。形成異常の再開は、治療が不適切に行われた場合、例えば病理学的病巣の破壊が行われた場合に起こり、以前の抗ウイルス療法は行われなかった。特に異形成は、体内でのHPVの持続性が持続することで再発します。さらに、外科的治療を行う前に、HPVを取り除くだけでなく、他の性器感染症からも、ホルモン障害を矯正するためにも必要である。
  • 実際には、この方法はレーザー解析と似ており、レーザービームの代わりに電波のみが使用されます(この方法も非接触です)。
  • 3型 - 細胞質と核の異常を伴う別々の上皮細胞があります、

性器感染症(単純ヘルペスウイルス、サイトメガロウイルス、ガードネレラ、真菌、マイコプラズマおよびクラミジア)、

細胞学的塗抹検査

  • 患者が悪い習慣を拒否することが望ましいです。
  • ヒトパピローマウイルスは、子宮頸部異形成の最も一般的な原因と考えられています。
  • 形成異常の重症度
  • 電流による子宮頸部の焼灼(ジアテルモ凝固)
  • 内膜の痛み、

おなじみの話))。彼らが気付いたらすぐに - 彼らはそれを治療することを決めたが、それはそこにはなかった...私は妊娠していることを知りました。彼女は合併症も出血も他のものもなしで赤ちゃんを運んだ。今私は治療に従事しています。遅らさない方がいいです

頸管の切迫掻爬を伴う子宮頸部生検

妊娠と出産の両方の複雑な経過が頸部の焼灼(DTC)の後に起こり、それが子宮頸管の狭窄による受胎の困難性と分娩の異常(分娩の異常、子宮頸部の破裂)を引き起こします。行く

いくつかの状況では、子宮頸部の手術、すなわちナイフ円錐化または切除(健康な組織の境界内の病理学的焦点の切除)または子宮頸部の切断(除去)のいずれかが示される。この種の介入の兆候は以下のとおりです。

  • 4型 - 悪性腫瘍の顕著な症状を示す細胞(核は大きく形状が不規則、細胞質異常、染色体の再配列)。
  • 乱交セックスライフ
  • この層の機能性細胞または表層上皮細胞は死滅して剥離し、新しいものと交換される。

内分泌腺の陰性症状の治療。

10人中9人が免疫系によるウイルスの独立した抑制を経験している。血中では、ウイルスは6〜12ヵ月後に検出されなくなります。

  • 患部の説明
  • 低強度レーザービーム(レーザー)による治療
  • 不快な匂いを伴う大量の膣分泌物

ジアテルモ凝固法またはDTK

いいえ、そしてまたいいえ。第一に、この病理を治療する伝統的な医学の方法はありません(私たちの偉大な祖母はこの病気についてどのように知ることができるでしょうか?)。そして、第二に、いわゆる「フォーク」療法(シーバックソーンオイル、アロエベラジュースまたはダウチングを含むタンポン)は、プラス効果をもたらすだけでなく、異型増殖を誘発するため、より重症度の形成異常への移行を促進します。細胞。伝統的な医学から助けることができる唯一のものは、ビタミンと免疫賦活茶、煎じ薬と注入を、そして唯一の婦人科医の監督の下でそして治療のある段階で摂取することです。

手術介入

基底層の細胞は丸みを帯びており、単一の大きな丸い核を有する。それらが成熟して中間層および機能層に移動するにつれて、上皮細胞は平らになり、それらの核が減少する。子宮頸部異形成症では、細胞内に構造的な障害が発生し、それらは形がなくそして大きくなり、多くの核を有し、そして層への分割は消滅する。そのような修飾細胞が見つかると、彼らは異型性について話す。

  • 患者は正しい食事を観察し、ビタミン複合体を塗布することをお勧めします。
  • %2%の患者さんにおいて、この病気の進行は非常に長期間続くことがあります。この場合、動きはありません。回復の方向ではなく、悪化の方向ではありません。
  • 1度
  • 子宮頸部の円錐形部分の除去(子宮頸部子宮のナイフ円錐化)

外科治療後

親密さの後の出血

  • 治療法:頸椎円錐化または薬物療法。まあ、通常決定は医者によってなされます。
  • 子宮頸部びらんは背景疾患であり、その本質は子宮頸部の膣部分の子宮頸管を覆う円筒状上皮の増殖にまで減少し、通常それは多層上皮で裏打ちされている。つまり、あるタイプの上皮が別のタイプの上皮に置き換えられます。異形成は、大まかに言って、前癌であり、その本質は細胞自体の構造を変えることであり、それが適切に治療されなければすぐに子宮頸癌に変わる。
  • 中等度から重度の異形成、一次子宮頸癌、生検の結果によって確認、
  • 形成異常1〜2度では、細胞診上の塗抹標本は2番目と3番目のタイプの塗抹標本で表され、重度の形成異常では、塗抹標本は3番目と4番目のタイプに対応します。

慢性婦人科病理、

病気の再発は可能ですか、そしてそれはどのようにして引き起こされますか?

妊娠することは可能です。異形成は障害ではありません。しかし問題は異形成が前癌であるということです。少なくとも1年半が経過する。しかし、90%のケースで妊娠が触媒として働き、段階から段階への移行が急速に起こります。そして、CMMがんのステージ1以上の場合 - 女性を救うことはできません。

異形成症の外科治療後に妊娠は複雑になりますか?

いいえ、病気自体が性行為を禁止するものではありませんが、パートナーにHPVまたは他の性感染症に感染しないようにするために、バリア避妊法(コンドーム)の使用をお勧めします。しかし重症の場合は、性交中または性交後に接触出血が起こることがあります。そして、もちろん、治癒期間中の合併症を避けるために病理学の外科的治療の後に性的安静(最大2ヶ月)を観察することが必要です。

頸部びらんや異形成は、この一つの病気ですか?

生検(子宮頸部の損傷領域からの組織採取)はコルポスコピーの管理下で行われます(したがって、この手順は標的生検と呼ばれます)。次に材料の組織学的検査を実施する。生検は、細胞の構造だけでなく、上皮層のアーキテクトニクス(それらの数、介在、異型の「深さ」)を研究することを可能にするので、この疾患の診断の主な方法である。生検を実施し、異形成の診断を確認した後、患者はその中の前癌性過程を見逃さないように子宮頸管の診断的掻爬を行うことを要求される。

これを持っていた頸部異形成1度? ?あなたはどのように扱われましたか?この病気で妊娠することは可能ですか?

はい、軽度の異形成症(90%まで)と中程度の異形成症でわずかに少ない(約70%)が、女性の体内にはHPVが存在しないという非常に高い割合の自己減少プロセス。

破壊の方法からの悪影響の場合には再治療。
記載された疾患の治療は必然的に複雑であり、そして以下の点を含む。
ほとんどの場合、異形成はそれ自体を明示していません、そして10%でそれは一般的に検査時に偶然の発見です。疾患の特徴的な徴候はなく、二次感染が関連している場合にのみ出現する(細菌、真菌またはウイルス)、その場合患者は性的接触後の嫌な匂い、かゆみおよび不快感、臭いまたは血液様の分泌を伴う。タンポン

中等度の形成異常 - 細胞異型は、上皮全体の下部および中央3分の1に見られます。

2度の頸部異形成症の治療法のリストは以下の通りです:

女性の35%が診断されてから2年間、この病気と戦うことができます。

この疾患は、35〜70%の上皮層を対象としています。この段階では、上皮層の極性がすでに侵害されています。

子宮頸部異形成症の原因、影響および治療に関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。

ピックアップ
だから危険を冒さずに、最初に治療を受け、そして妊娠してください。
軽度または中等度の異形成が検出された場合、患者は独立した分娩に「許可」されます。つまり、彼女は産道を介して出産し、手術による分娩は産科の指示に従ってのみ行われます。疾患の経過が妊娠に影響を与えることはなく(疾患の自己治癒は2度および3度の異形成症で分娩後60〜70%で観察され、1%未満の症例で低侵襲性子宮頸癌を発症する)、異形成自体が胎児に悪影響を及ぼすこともない。病理学の治療は産後期間の間延期されるので、すべての破壊方法は胎児の発育に悪影響を及ぼす。しかし、子宮頸部の子宮頸管化を行う必要がある場合(例えば、重度の異形成)、妊娠中に子宮頸部の縫合(早産防止)が行われ、産科の状況に応じて分娩が一人でまたは速やかに行われます。
子宮頸部の病理学的病巣の破壊の後、患者は推奨されます:
抗炎症療法

Pin
Send
Share
Send
Send