人生

VSDと毎月

Pin
Send
Share
Send
Send


生後5回に1人の少女がIRR - 栄養血管ジストニアと診断されました。今日、国際的な疾病分類によればそのような病理はないという事実にもかかわらず、多くの医師はこの用語を使い続けている。多くの場合、医師が単にその少女が何を抱えているのかわからない、または症状やその複合体を理解できないという状況で聞こえます。 IRRと毎月、彼らのシェアを貢献し、病気の兆候を悪化させます。なぜこれが起こっているのですか、この病理学は何ですか?どのようにして状況を防ぎ、打ち消すことができますか

この記事を読んでください。

月経の症状

IRR(栄養血管ジストニア)は、自律神経系が乱されたときに現れる症状の複合体です。すなわち、それは体内の多くの機能に関与しています:それは圧力、心拍数、血管緊張などを制御します。病状の発現は、いくつかの種類の疾患にまとめられている。これらが含まれます:

  • 心臓タイプのVSD。この状態は、心臓の領域で、定期的に痛む、時には胸骨の後ろに激しい痛みがあることを特徴としています。同時に動脈圧の低下が見られる。症状は狭心症の古典的な徴候と似ていますが、心臓麻薬で治療しても症状は改善しません。
  • IRR頻脈タイプ。圧力の上昇を背景に、毎分140〜160拍の心拍数の上昇が見られます(標準は最大90拍/分です)。同時に、顔は非常に赤くなり、寺院の血管には不安や脈動があります。
  • 高血圧タイプ。この場合、血圧が急激に上昇することが多く、感情的な爆発を背景にしています。真の高血圧症とは異なり、この数は170 - 175/100 mmを超えることはありません。 Hgアート
  • 低張型のIRRは、血圧が80〜90 / 50〜60mmまで低下することを特徴とする。 Hgアート同時に、発汗(特に腕や脚の発汗)の増加、脱力感、嗜眠、そして時々わずかなめまいがあります。栄養危機の間、失神がしばしば起こります。
  • 内臓型は、再発性の腹部の痛みと排便障害によって現れます:下痢は便秘と交互に起こります。
  • 無筋型のIRR上でもしばしば発症する。この場合、女性はやる気のない脱力感、疲労感の増加、またはしばらく仕事ができなくなることさえ報告します。
  • IRRの呼吸器型は、圧迫性の胸骨の後ろに痛みが現れるのが特徴です。それは女性が呼吸することが困難であると同時に、彼らは時々「のどの塊」として自分の気持ちを表す。
  • 混合型のIRRは、ぼやけた臨床像とさまざまな種類の症状の組み合わせによって特徴付けられます。

ほとんどの場合、IRRは、高浸透圧および低浸透圧、ならびに心臓型に現れます。病理学はしばしば閉ざされた性格、コミュニケーションの狭い輪、うつ病および気分の急激な変化を伴う少女に起こる。しかし、それは人生のどの期間にも起こり得、疾患の第二のピークは閉経前の間に起こる。また、そのような障害は、心血管系の様々な奇形を有するあらゆる年齢の女性においてしばしば観察され、より多くの場合、それは僧帽弁逸脱または開いた楕円形の窓である。

なぜIRRのような診断が国際的な疾患分類に欠けているのでしょうか。これらの巻の編集に参加した観察者によれば、病理学の各タイプの下に別の病気があります。例えば、心臓性または高血圧性の心血管系の問題では、鬱病、呼吸型の症状としての無力の問題が発生します - 呼吸器系の問題など彼らはそれが病気を識別することは常に可能であると考えています、それは最後まで人を調べることが必要です。ロシアや近隣諸国では、この傾向は必ずしも支持されているわけではないので、 "IRR"の診断は非常に一般的です。

なぜ重要な日にエスカレートするのか

いくつかの理由から、月経時やその前夜にIRRの症状が悪化することがほとんどです。これはしばしば栄養危機と呼ばれます。

概して、IRRにさらされた少女たちは不規則な月経周期を持っています。したがって、体内の性ホルモンのバランスが乱されます。これが重要な日の間の発作の主な原因です。

ホルモン理論

女性の体内のエストロゲンは、精神的および感情的な状態に関与しており、その影響下で、脳内での記憶および学習のプロセスが加速されます。プロゲステロンは心を落ち着かせる効果があり、しばしば月経前夜の気分の低下につながります。そしてアンドロゲンは、性欲、エネルギー、そして持久力に責任があります。これらのホルモンの含有量の不均衡、ならびに脳の特定の領域によるこれらの活性物質の認識の侵害(特に、自律神経系の辺縁部)は、IRRの症状の発症につながります。

多くの場合、妊娠中に、思春期の低体重の少女にはさまざまな種類が形成されます。それは、血中のホルモンの通常の含有量でさえ、これらの寿命の間です、神経系はそれらのレベルと時間の変動に逆に反応することができます。

対処方法

月経前症候群がどこにあるのか、月経時のIRRがどこにあるのか、パニック発作がいつ起こるのかを理解するのが非常に難しい場合があります。 したがって、いずれにせよ、重要な日の間を含めて、気分が悪くなった場合は、医学的な援助を求めるべきです。 徹底的な検査の後にだけ、あなたは最も最適な治療法と予防法を選ぶことができます。

栄養危機の間、それはお勧めです:

  • 新鮮な空気の中で少なくとも2 - 3時間滞在してください。室内の低酸素(酸素欠乏)は症状の発現を引き起こします。
  • 可能であれば、定期的な運動を確立する。それぞれの女性のレベルはそれぞれの女性に対して個別になります - 誰かが身体機能を正常化するために10キロを走らなければならないでしょう、そして別の3キロは素早いステップで十分でしょう。様々な水処理、ダウチ、硬化などが非常に便利です。
  • 適切な栄養:一回の摂取量は200〜300 gを超えてはいけません。タンパク質、脂肪、2/4の複合炭水化物と繊維で構成されています。たとえ一見しただけで安心しても、アルコール、ニコチン、その他の精神活性物質によって持ち越されすぎてはいけません。
  • 前向きな姿勢と良い考え - これが成功の主な要素です。状況によっては、あなたは心理学者あるいは精神科医の助けさえ必要とするかもしれません。抗うつ薬や精神安定剤を服用することは有用かつ非常に効果的です。これまでのところ、彼らは私たちに、例えばヨーロッパやアメリカのようにそのような広い用途を見いだしていません。しかし多くの場合、正しく処方された薬はすぐにすべての症状を取り除きます。
  • IRRのさまざまな症状に敏感な人は、ビタミンと微量元素の複合体を摂るべきです。いくつかの研究は、マグネシウム、セロトニン、B 6および他のいくつかの物質の欠乏が疾患の形成において重要な役割を果たすことを確認している。
  • それは一般的な症状に応じてさまざまなハーブ療法、栄養補助食品、費用、注入または煎じ薬を使用するのに便利です。

月経中のパニック発作に関する記事を読むことをお勧めします。それからあなたはこの状態の原因、問題を解決する方法、効果的な方法について学ぶでしょう。

予防

もし女性が月経前にIRRの定期的な危機に気づいたら、それを防ぐための対策を講じることをお勧めします。この病状の予防に特別なものも具体的なものもありません。危機を完全に取り除くことは必ずしも可能ではありませんが、それらの発現の程度を大幅に減らすことは可能です。主な推奨事項

  • 仕事と休息の正規化完全睡眠 - 健康と心地よい外観を維持するための鍵。職場を含む心理感情的計画の過度の過負荷は避けるべきです。そして彼らの前には、例えば呼吸法やヨガの助けを借りてリラックスする方法を学ぶ必要があります。
  • 不健康な食事や過食に対する渇望を含むすべての悪い習慣 - IRRへの道。
  • 特定の慢性疾患、特に神経系や内分泌臓器の悪化はしばしば危機の増大につながります。したがって、身体機能障害(ホルモン療法など)を補うために定期的なモニタリングと対策を組織することが必要です。
  • 現代の家庭用電化製品(電子レンジ、テレビ、電話など)から発生する外部磁界および放射電磁界の影響からできる限り自分を制限する必要があります。特に敏感な女性では、彼らはまた病気を引き起こします。

IRR - 自律神経系の働きに違反して(女性ではより頻繁に)現れる症状の複合体。多様な臨床像では、この病気を類似の病気と区別することができないことがよくあります。月経中のIRRの悪化は、性別の大部分で起こることが注目される。あなたの体の特徴を知って、あなたはスペシャリスト(心理学者、精神科医またはセラピスト)と一緒になって、病気の兆候を減らすのを助けるあるいはさらには病理を取り除くのを助ける一連の勧告と処方をすることができます。

重要な日にIRRが悪化するのはなぜですか

月経前のVSDはほとんどの女性で悪化していますが、これは栄養危機の影響によるものです。専門家らは、ジストニアの少女の月経周期は極端に不規則であることを示しています。それは月経の遅れが珍しくなく、それがホルモンバランスの違反を示しています。月経中のすべての悪化および全身状態の悪化を引き起こすのはこの病理学である。

毎月の出血中にジストニアが発症する原因は、ホルモンレベルのレベルにあります。

  • エストロゲンは、女性が自分自身の感情をどれだけ明るく表現できるか、落ち着き、または逆に覚醒についての責任があります。
  • プロゲステロンは女性の体に心を落ち着かせる効果があります(それは月経出血に伴う徴候を減らします)、
  • エストラジオール(エストロゲン)は性欲に作用し、女性にエネルギーを与えます(それを超えると、女性は心臓が胸から飛び出すと感じます)。

重要です!エストロゲンの欠如を伴う、無力な体型を持つ女性は、月経前の期間にIRRの発作を発症するための特別なリスクグループです。

どうすれば手助けできますか

ジストニアが女性の通常のライフスタイルに深刻な影響を与えないようにするために、このような治療は重要な日に見られます:

  • この状態は5-7日後に消えることを覚えておいてください、
  • 呼吸法を習得し、それを自己満足のために使用する。
  • 自分自身に前向きな姿勢を起こさせる
  • 通り道を歩いていると、圧力が上がると酸素欠乏症が引き起こされる可能性があります。
  • 定期的に運動する
  • コントラストシャワーを浴び、他の焼き戻し手順を実行します。

IRRの否定的な徴候に苦しんでいる女性は、体の健康を維持するために、ミクロとマクロの要素のコースを取ることが勧められます。

神経系を落ち着かせるためには、そのような薬効成分を注入するのが理にかなっています。

  • オレガノと牡丹、
  • バレリアンとサンザシ、
  • レモンバームとミント、
  • Hypericum

医師の勧めで、月経の開始時に、あなたはNovo-PassitまたはAfobazol、GlycineまたはPiracetamを使用することができます。

痛みを和らげ、血管の状態を正常にするために、鎮痙薬を服用することができます(たとえば、サイロなし)。

予防ガイドライン

栄養性血管ジストニアの陰性徴候が月経中に女性に問題を引き起こさないようにするためには、これらの規則に従う必要があります(そして月経前症候群において直接ではなく、恒久的に)。

  • 睡眠の正常化(眠りと目覚めはほぼ同時に起こるはずです)、これは神経系に有益な効果をもたらします。
  • 心理的ストレスの頻度を減らす
  • 食欲コントロール
  • 電子レンジ、コンピュータおよびテレビから発生する磁気および放射線の影響の最大制限
  • 夜間に軽食を禁止する(この期間中に食欲が増した場合は、乳製品1杯しか買えない)。
  • 喫煙や飲酒などの悪い習慣を避ける
  • 専門家の監督の下での定期的な血液ホルモン検査とこれらの指標の適切な治療
  • 精神的および身体的な病状の治療のために医師へのタイムリーなアクセスを含むあなた自身の体への注意。

最近の研究によると、月経前症候群は世界の音楽の古典を聴くことを大いに容易にします。女性が月経の開始前にパニック発作の増加に苦しんでいる場合、彼女はそのような作曲家の音楽を聴くことをお勧めします。

  • ベートーベンとモーツァルト、
  • ヴィヴァルディとパガニーニ、
  • ショパンとチャイコフスキー。

古典的な作品を聴くことに加えて、それは世界とソビエトの映画とアニメ映画の傑作を参照することは意味があります。彼らのために録音された音楽はまた緊張した神経系を落ち着かせ、女性の生活に良い気分を与え、過敏性を和らげることができます。

重要です!女性が月経の最後のサイクルの間にIRRの徴候について非常に心配であるならば、それは最近苦情に耳を傾けそしてそれらを排除することを目的とした対症療法を処方するセラピストに行くことは理にかなっています。

IRRとは

VSD - これは一連のあらゆる種類の症状で、さまざまな理由から外観が伴います。現代医学では、IRRはかなり物議を醸す診断と考えられています、この病気はICD-10のリストに存在しません。しかし、この診断は月経中も含めて、専門家によって頻繁に行われます。

IRRは、疾患の症状とその症状によって分類されます。に分けられる:

最も一般的なのは、高血圧、低張および心臓症状を伴うVSDです。ほとんどの場合、そのような病気は人口の女性の半分で起こり、それ自体は閉鎖的であるか、または十分な社会的サークルの欠如のためにその後のうつ病を伴う頻繁な神経状態があります。

月経前のVSD

多くの場合、PMSのIRRはパニック発作と同様の症状を示します。これはIRRがしばしば女性のストレスの多い状態の存在によって引き起こされるという事実によるものです。

また、月経前のIRRの発現は以下の原因となります。

  • 急激または頻繁な天候の変化。これは、変化した気象条件に順応する時間がない船舶の病状によるものです。
  • 運動量の増加
  • 神経質な状態と否定的な感情の存在
  • 疲れ
コンテンツへ↑

月経中のVSD

月経時のIRRの症状はほとんど常に悪化しますが、これは栄養危機によって引き起こされます。月経中にIRRの徴候が現れる主な理由は、月経周期の乱れによって引き起こされる、女性の体の性ホルモンの不均衡です。

その結果、さまざまなIRRの兆候が見られます。

  • 激しい頭痛
  • 睡眠障害
  • 消化管の障害
  • 鬱状態(ヒステリック、神経症、パニック状態)、
  • 作業能力と精神活動の低下。

IRRの症状の発現と月経の経過との組み合わせは、女性に深刻な問題をもたらす。月経中に、女性の性別は、頭痛、消化不良および気分の喪失を被る。それらがIRRの症状に追加された場合、この病気は女性の精神状態に大きな影響を与えます。

PMSによるホルモンの変化

ホルモンの背景による女性の月経周期の経過。月によって異なります。周期の最初の部分で、女性のステロイドホルモンの数の増加があります、そして、毎月の周期の第2部分で、ホルモンのプロゲステロンの数の増加があります。ホルモンバランスのそのような変化の発生は正常であると考えられて、そして古い粘膜上皮の子宮をきれいにするのを助けます、そしてそれは子宮の妊娠する能力を支持します。

女性がIRRを持っているとき、ホルモンで起こるそのような過程は体の不適切な反応を引き起こします。その結果、月経中に発生する痛みの症状の増加があります:

  • 定期的な痛みを伴う痛み症候群は激しい痛みに変わります、
  • 通常の疲労は苦痛を伴う片頭痛に流れ込み、休息を求め続けます。
  • 刺激の兆候は憂うつな状態になり、時にIRRのパニック症状が現れます。

月経中に存在し、女性の出血を伴う疼痛の感覚は、IRRと共に非常に増強される。彼らの症状は月経前症候群の形で、月経の割り当ての前にさえ現れるかもしれません。

薬効

月経中にさまざまな薬を服用している女性は、月経周期の安定性および退院の性質に影響を与える可能性があります。

В зависимости от компонентов, входящих в лекарственный состав, препараты различно воздействуют на цикл месячных и выделения:

  1. Антикоагулянты и лекарственные средства для разжижения крови в момент месячных. 血栓や血が薄くなるのを防ぐための薬は、月経中の退院の期間と量に影響を与えます。この場合、月経周期の期間 - 彼らは影響を与えません。
  2. 抗うつ薬これらの薬は周期を変えることに貢献することができます、そして、彼らの影響下で月経の遅れがあります。同時に、月経の通常の指標と比較して排出量が減少します。
  3. ホルモン薬月経周期に対するそのような薬物の効果はそれらの選択の正確さに依存する。忍容性の高いホルモン剤を使用した場合、月経への影響はありません。そうでなければ、毎月の流れは悪くなり、長くはなりません。
  4. 潰瘍と戦うための薬。これらの薬を服用すると月経周期の遅れが起こることがあります。
  5. 血液供給の回復のための準備このカテゴリーの医薬品は、毎月の排出量の減少に貢献します。そのような薬は月経中に過度の退院を伴う、専門家によって処方されたものとしてのみ服用されるべきです。

月経周期や月経に伴う変化が女性の健康に対する警告信号になる可能性があることを知っておくことも非常に重要です。したがって、直ちに医師に相談することをお勧めします。

重要な日の間の治療とIRR

毎月の期間中に、次の推奨事項があります。これを順守すると、状態が改善されます。

  • より頻繁に新鮮な空気の中にいるべきで、前向きな方法で良い気分で自分自身を設定します。
  • あなたの状態を安定させるために呼吸法を使いなさい、
  • 個々に選択された各女性に必要な負荷で、レクリエーションの体育をすること、
  • 月経時に健康的で健康的な食べ物だけを食べる
  • 月経時のビタミンの複合体の受容は神経細胞を維持し、VVDの徴候を減らすのを助けます、
  • 鎮静剤を服用することは、月経時のうつ病を予防し、IRRの時点で一般的な過敏性を軽減するのに役立ちます。
  • 血管の機能と血液循環を安定させるための薬の使用
  • 神経活動を維持するために、薬を使うことも可能ですが、担当医の指示どおりに
  • あなたは正しい毎日の日課を必要としています、それは仕事と休息の体制の順守です。

IRRの症状がある場合は禁止されています。 アルコール飲料の使用、タバコ製品の喫煙、燻製製品や様々なスパイスの摂取、カフェイン入り飲料。これらすべてが血管に悪影響を及ぼし、月経時に心臓の活動に悪影響を及ぼすことになる興奮、けいれんの一因となる可能性があります。

月経前にVSDの徴候を示す女性に対する予防策として、それが推奨されます:

  • 月経中の精神的および感情的ストレスを避ける
  • 健康的な食生活や過食ではなく、その中で悪い習慣を減らすか放棄する、
  • 月経中の増悪を防ぐために、慢性疾患の存在下で医師によって定期的に観察されます。
  • 可能であれば、家庭用電化製品からの磁界および放射線場の身体への影響を減らします。

将来的には、専門家の助けを借りて、あなたの体の特性、月経前にIRRの症状を予防することを目的とした予防の、個々の対策の計画を研究した。

IRRは慢性的な診断ではなく、確かに文ではありません。この病状を予防するためには、緊張したストレスの多い状況を避け、回復のための時間を与える必要があります。これらすべてが月経時のVSDの兆候を減らすだけでなく、将来的にそれらが存在しないことにも貢献します。

月経前のVSD

月経の数日前に、IRRを患っている女性は、気分を著しく悪化させ、パフォーマンスを低下させ、睡眠を妨げることさえありました。 Woman-VSD-Schnitsaは、月経の接近を待っていて、作成されたIRRの支配者を意識的に活性化させています。彼女は彼らのアプローチを待ち、潜在的に彼らの自然さを理解し、そしてこの問題に関しても自然は彼女にとって公平ではないという事実について意識的に自分自身を憐れんでいる。

女性のどのタイプのIRRが注目されるため、月経の開始前にすでに、彼女はこれらのタイプの1つの悪化を経験するかもしれません。いくつかの女性 - VSD - shnitsyは非常によくこれを知っていて、彼らの時代の到来前にそれから身を守ろうとしています:彼らは野外にいて、よりよく食べます。それはしばしば助けになります、そして月経の期間はそれほど苦痛ではありません。

しかし、多くの女性 - VSD - シュニッツは、来るべき時代に向けて心理的に自分自身を準備したいという欲求を全く持っておらず、そして彼らは偶然の力、通常の時間に自分自身をあきらめています。他人よりも自分自身に注意を向けているのは彼らです。主に健康の悪化、考えの不安 - パニックの性質。彼らはしばしば医者の診察室にいます、それを家族の中でそれが非常に理解しやすい不快にします。

この場合どうすればよいですか、月経の威厳のある期間に耐えることを学ぶ方法は?

もちろん 自分に対する態度を変える!私たちは本当に月経は世界のすべての女性に固有の自然のプロセスであり、それは尊厳を持って扱われるべきであることを理解しなければなりません。つまり、自分自身に注意を払うのではなく、普通の、もっと笑顔の、満足した人生になろうとします。

本当にやってみる必要があります 新鮮な空気の中にいるためにもっと そして力を介して、しかしすべて同じ - 笑顔に!あなたが自然に行動するとき、そして最も重要なことに、不安を醸し出していないとき、人々はあなたを前向きに知覚するであろうということを、私たちは依然として動かし、覚えておく必要があります。

これはこの問題に良い効果をもたらします。 DMEP - 手動エネルギー補給による呼吸本当に一般的な状態を安定させ、月経の流れを促進し、そして最も重要なこととして思考のエネルギーの流れを調和させることができる定期的な運動。

また、に興味があるでしょう:

Perfilyeva Inna Yuryevna

心理学者、心理学者。ウェブサイトb17.ruのスペシャリスト

あなたは出産について考えることができます - これはすべての病気のための薬です。それどころか、既存の健康問題は悪化するだけです。
あなたはただ生き方を変える必要があります - 栄養、睡眠、肉体的現実、ビタミン - あなたは再考する必要があります。
素因があれば、これらの問題はまったく解決されませんが、軽減できます。

私はIRRを持っています、私は小児期に苦しんでいます、上記の症状のいくつかは私によく知られています)IRRT療法士は扱いません、心理心理学者と神経心理学者だけを治療します。それからこれはすべて精神です。質問がある場合は、必要に応じて電子メールアドレスを削除してください。

あなたの体を強化してください;あなたができることはこれ以上ありません。ビタミン、スパルタ、プール、より多くの散歩や州に住んでいません。多くの人がPMSを持っています、誰もそれを死にませんでした。 IRRは3都市住民のうち2都市にいます。そして出産については、私は2人を出産しました、PMSはまったく減少しませんでした。あなたへの健康

これはすべて単一の診断であり、著者はこれですでに至る所で疲れきっています

小児科におけるVVD:症例歴

通常、この病気は6〜8歳の子供、青年、より頻繁には女の子に発症します。年齢が異なると、病気の重症度だけが変わります。その理由は、次のような場合があります。

  • 遺伝妊娠中に女性が中毒、胎児低酸素、子宮内損傷、長期または逆に早産、先天性損傷に苦しんでいる場合:母系を通じて伝達される
  • サイコトラウマ:学校、家族、社会における葛藤、不適切な作業負荷、心理タイプ、責任の増大(優秀な学生が多い)、ストレス
  • 外因:気候帯の特徴(気候は適切ではなく、体は不快感、頻繁な風邪やその他の病気を経験する)、貧弱な生態系(アレルギーまたは喘息症状)、栄養不良、活発な成長期のホルモン変化(思春期の体と体は異なる速度で成長する)時間がありません)

小児科医に加えて、小児科医に加えて、神経病理学者、心臓専門医、内分泌科医、および消化器科医が関与することを要求される理由は明らかです。

子供の症状

この病気はそれ自体を明示することはできませんが、過労やストレスがそれを引き起こす可能性があり、それからそれは「すべての栄光の中に」現れるでしょう。

心臓病学の側面から観察される:不整脈、頻脈、動脈性高血圧症および低血圧症。

疲労、睡眠不足、記憶障害、めまい、恐怖症、疑わしさ、ヒステリック反応などの苦情が神経症症候群の一因となっています。

呼吸器系は呼吸器症候群に反応します:息切れ、息切れ、悪寒、熱に対する不耐性、息苦しさまたは風邪。

消化器系では、胃腸管のさまざまな種類の障害が考えられます:吐き気、嘔吐、食欲増加またはその完全な欠如、さらには過敏性腸症候群などの現象。

泌尿器系は浮腫、過度の発汗、および頻尿として現れる。

これらのシステムにおける違反は機能的です。それらは可逆的であり、子供の生活に危険をもたらすことはありません。治療においては、非薬物療法が好ましい。

血管ジストニアの測定

最後に、自律神経系または内臓神経系は神経系全体の一部であることを理解する必要があります。その「義務」には、内臓の活動を確実にすること、代謝を管理すること、血管の緊張を制御すること、および臓器、組織、筋肉および骨格の神経細胞を供給することが含まれる。その主な機能は、すべてのボディシステムのバランスと安定性が維持される条件を作り出すことです。そして、環境に何か変化があれば、自律神経系はこれらの変化に適応して体が動くので、これらの新しく変化した状態でも快適に感じるでしょう。

このシステムで失敗が起こり、それが外の世界に適応し適応する能力を失うと、不均衡が起こります - これは血管ジストニアです。

違反は1つの臓器または何らかの種類のシステムの動作に発生する可能性があり、体の調和のとれたすべての動作が中断される可能性があり、多くのシステムはその義務に対処できなくなります。人は一度に多くの病気に文句を言うでしょう、そして症状は広範囲になります。

症状vsd

だから、これは症状の全体の複雑です:

  • めまい
  • 急激な立ち上がりでは痛みや短期間の聴覚に対して目が暗くなります
  • 吐き気
  • 過敏性腸症候群
  • ほお
  • 圧力が上下にジャンプする
  • このノックが耳に与えられるように心臓の褪色またはそれがドキドキしている
  • 冷たい手足、時にはしびれ
  • さまざまな臓器や体の一部の痛み

感情的なレベルでは、これはまた反映され、人は圧倒され、疲れ、不安、過敏性、しばしば泣いていることを心配しています。

時にはそれは短期間のように発生し、発作のように可逆的です。しかし、「栄養嵐」の形の症状もあります。すべての障害は明るく、はっきりと発音され、突然起こります。パニック発作が起こる可能性があり、死の恐れに加わる。自分をコントロールできなくなるのは簡単です。この状態は数分から数時間続くことがあります。これが起こる可能性があることを知っているので、状態が長期間にわたって正常に戻らない場合は、鎮静剤または医師を雇う必要があります。

薬は通常処方箋で与えられます。医者はテーブルをチェックしながらvrdとvsdを考慮します。

診断が十分に難しいほど多くの症状があります:あなたは疼痛、不快感および臓器の働きに関する問題の原因を長い間知ることができます。検査、検査、医師から医師への旅行には時間がかかります。人は単に診療所に「住んで」います、しかし結果がありません、彼は彼がそうであったのと同じくらい悪かった。そして医者が悪いからではなく、患者はただ特定の病気について文句を言うだけで実際にはそうではありません。何をする?

すべてオンラインでテストする

現代の生活はインターネットによって大いに促進されています。通常、人々は検索エンジンで質問に対する答えを探す傾向があり、ある日あなたはテストに関するテストについての情報に出会うことができます。彼らの助けを借りて、あなたは自己診断を行い、発見することができます:血管ジストニアの傾向と明白な徴候があるかどうか。テストは無料です。短時間で回答が返ってきます。彼らは経験豊富な心理学者によって構成されており、それらの誤りは非常に小さいです。結局のところ、あなたは何も持っていないということになるかもしれません - これもまた真の事態を示す結果になるでしょう。

この困難な病状の症状の1つは過敏性腸症候群(IBS)です。。率直に言って、不快なことです。この症候群は通常、胸やけ、吐き気、痙攣性の腹痛、鼓腸として現れます。そのような「セット」で仕事をする人々の間にいるのは簡単ではありません。人は単にトイレから遠くに移動することはできません。これは非常に不快な状態であり、大きな問題を引き起こし、生活の質を低下させます。実験室テスト、プロシージャおよびテストは消化器系のすべての器官が正常であることを示す:食道および胃の粘膜が壊れていない、胃炎がない、微生物および感染症が播種されていない、超音波およびX線が健康について話す。

丁寧な医師はこの機能に注意を払うでしょう:睡眠中に、すべての上記のトラブルが現れていない、と私は目を覚ますとすぐに、トイレの部屋を訪問する緊急の必要性があります。そしてもう1つ:下痢/便秘にもかかわらず、患者の体重は安定したままです。この時点で、セラピストや胃腸病専門医から心理療法士に移ることが非常に望ましいです。原則として、バッタの複雑な処理の後にすべてが消え、そして鎮静剤、薬草の調製および特別な技術の使用の後に腸は正常に戻る。

時々人々は胆嚢炎と血管ジストニアの関係について尋ねます。ちょっと違うケースがここにあります。膨満感、鼓腸、右心気膜の痛み、口の中の苦味がある。しかしそれでもなお胆嚢の炎症において発現される独立した疾患であり、そして常にその症状の一つである。胆嚢炎は、過敏性、不安神経症および無力症の形で神経障害を引き起こします。

女性の生活の中で毎月そしてとても困難な出来事があり、そして症状が他のすべての不快な徴候に加えられるならば、それは深刻なテストに変わります。健康な少女/女性におけるPMSの間、血圧の急上昇があります、一般的に、下痢は加わります、そして、エンドルフィンの生産が減少するという事実のために、気分は悪化します。私の頭と胃の痛み、ゼロに向かって働く私の能力 - 私は横になり、丸まって、「邪魔しないでください」というサインを掛けたいです。

vdと診断された人には、この状態は肥大しています。精神は特に顕著に苦しんでいます:誰かが無関心な状態を持っている、誰かが衝動的な状態を持っていますが、それらと他の人はそれをすべて悪い状態にしています。

このイベントの数日前の月経前には、気分や緊張の悪化という形で逸脱がすでに観察されています。そのような状態は月経前症候群と呼ばれ、それはSCを誘発することができるのは彼です。

あなたの期間中に自分自身を助けるためにどのように?

  • このイベントについて哲学的になりましょう。より頻繁に新鮮な空気の中にいて、うそをつきたいという欲求を乗り越え、よりよく歩きなさい。
  • いくつかの基本的な呼吸法(ヨガ、Strelnikovaの方法)を習得してください、これはあなたの状態を安定させそして軽減するのを助けます。
  • 自己催眠術の方法:自分自身を前向きに調整してください、覚えておいてください。より白くて口が空いている会社にいるのは不快でおもしろくありません。

できることとできないこと

そして今それは植物性ジストニアではできることとできないことができます

血管の調子を変えるために何もすることはできません:アルコール(興奮)、喫煙(心臓への悪影響、血管の痙攣を引き起こす可能性があります)、カフェイン入りの飲み物(エネルギー、紅茶、コーヒー)、ファーストフード、スモークフード、ホットスパイス。

かなり頻繁に彼らは質問をします:それは皆とコーヒーを飲むことは可能ですか?この病気は貧弱な血管機能に関連していることを思い出してください。内臓への不十分な血液供給は酸素の欠乏を招き、従って自律神経系の機能不全を引き起こす可能性がある。攻撃を仕掛けるこの疾患は血圧の上昇とその低下の両方を伴うことがあります。従って あなたが高血圧であるならば、あなたは状況を悪化させるべきではありません、コーヒーはあなたに禁忌です。

コーヒーの成分にはカフェインが含まれています。これは神経系の興奮の中心に影響を及ぼし、パニック発作を引き起こす可能性があります。

低血圧の場合、医師はさらに緑茶やコーヒーを飲むことを勧めます。これにより活力が増し、全身状態や気分が改善されます。

また頻繁に発生する別の質問:それは中心部で風呂を訪れることは可能ですか?

ここで専門家の意見は分かれています。それにもかかわらず、一般的なルールがあります:すべてが非常に個性的であり、主なものは害を及ぼすことではありません。あなたの気持ちを聞いてください。 あなたは生きることができず、自分自身すべてを禁じます。試してみてください。可能な反応を事前に設定してください。 Здесь главное, что вы понимаете, почему именно происходит так или иначе.

あなたが湿った蒸気でロシアのスチームバスに行きたいならば、温度が70度より高くないことを確認してください、10-15分の間隔でいくつかのアプローチをしてください、冷たい水で濡れないで、そして冷たい水に飛び込まないでください。 あなたがリラックスして、平穏に感じているなら、あなたがそれを楽しんでいるなら、行って恐れないでください。漸進的かつ規則的なものが実を結びます。サウナにも同じ要件が適用されます。

あなたは自分自身をコーナーに追いやる必要はありません、あなたは身体障害者ではなく、あなたの制限は致命的ではありません。充実した生活を送って、そのすべての症状を喜び、美しいものすべてを見つけてください。とにかく、あなたには選択があります、そしてそれは多くを意味します。

特徴

月経前のIRRは憂鬱な状態と栄養危機を引き起こす。月経が始まる数日前に、女性の気分が低下し、急激な疲労感、過敏性、不眠症やパニックの兆候が見られます。

病気の発現はホルモンの生産に影響を与える要因に貢献します。

  • 突然の天候の変化
  • 肉体的および精神的ストレス
  • 否定的な感情
  • 疲労
  • 緊張
  • ストレス

エンドルフィン(喜びのホルモン)が不足しているため、女性は落ち込んでいると感じています。体のホルモン調整により、月経時のIRRの発現は常に高まります。内部の変化は血管と血液からの即時の反応を必要とします。血管系の血液循環が悪いと痛みが生じ、その結果として女性は以下の症状を経験します。

  • 頭痛
  • 激しい腹痛
  • 心拍数の増減
  • 消化管の障害(下痢、便秘、嘔吐)
  • 発汗増加
  • 気絶
  • うつ病
  • パニック。

この状態は肉体的および感情的な女性の健康にとって危険であり、絶え間ない注意と管理が必要です。

課題と治療の推奨事項

月経中にIRDを患う女性は、長期にわたるストレスを経験し、それが神経系の枯渇につながります。そのような女性は、自分の人生だけでなく、愛する人の人生においても、完全に理解できるような不快感をもたらすよりも、他の人よりも医者を訪れる可能性が高いです。

ジストニアや月経によって引き起こされる合併症を避けるための最良の選択肢は、病気を防ぐことです。医師は健康的なライフスタイルをリードし、喫煙しないでください、アルコール飲料を飲まないで、正しい食事をし、そして適度な運動を忘れないようにしてください。以下のようなウェルネス方法:

  1. 水治療(コントラストシャワー、リラックスバス、ライトバスの手順)。
  2. ダイエット
  3. マッサージ

専門家は、神経系を落ち着かせるためにハーブティーや注入を使用することをお勧めします。一般的な薬草は素晴らしいです。

  • タイム、
  • レモンバーム、
  • セントジョンズワート
  • バレリアン、
  • サンザシ

それでも痛みが避けられない場合は、鎮痙薬を服用する必要があります。月経時の痛みのための最も一般的な薬は以下のとおりです。

  • スパがない、
  • ドロタベリン、
  • パパベリン、
  • Spazmolgon、
  • バスコパン

安全上のご注意

多くの女性では、VSDの悪化はホルモンジャンプと関連しています。月経の間に、ホルモンのレベルは臨界点に達し、それがこの期間中に血管血管ジストニアの発症の原因となります。

栄養危機を防ぐために、医師はホルモン薬を飲むことを勧めますが、その効果は女性の体の具合によって異なります。薬が正しく選択されている場合、月経への影響はありません。そうでなければ、月経は乏しくて短くなるでしょう。

ホルモン療法の主な目的は、重要な日に起こるIRRの身体的症状を取り除くことです。正しい治療法を選択し、あなた自身の健康に害を与えないためには、専門家に連絡する必要があります。

VSD - 文ではありません。月経中の不快な感情や痛みを伴う痛みを避けるためには、慎重に彼らの健康を監視し、専門家の勧告を遵守し、そして良い気分を維持することが重要です。

主な機能

IRRの間、「重要な日」ははるかに痛いです。周期の段階を変えると、栄養系の不均衡が増します。

  • 女性は強い衰弱を経験し、頭痛は彼女を攻撃します。
  • 彼女は「壊れた」という感覚を訴えます。
  • 女性はとてもひどいので、ベッドから出るのは難しいことがよくあります。
  • PMSの過敏性の特徴は、パニック状態またはそれ以下の状態に置き換えられます。

女性に豊富で痛みを伴う期間がある場合、その背景にIRRの存在下で健康の悪化があります。

誘発要因

婦人科医はこの状態を栄養危機と呼んでいます。ホルモンが体に与える影響:

  1. エストロゲンは感情の表現と女性の精神状態に責任があります。それらは学習過程の加速、暗記に影響します。
  2. 鎮静はプロゲステロンによって行われます。
  3. エストロゲンは性欲とエネルギー - エストラジオールの活動を担当しています。

エストロゲンの欠乏、さらには男性化の兆候を伴う高アンドロゲン血症さえも有する可能性があるため、危険にさらされているのは青年および無力な体格の女児です。

症状は何ですか

月経前の臨床像は、生物の個々の特性によって異なります。

  • 一部の女性では心拍数が遅くなり、他では増加します。
  • 10代の若者は、圧迫感または痛むような感覚を訴えます。
  • 血圧は急激に下がり、急上昇することがあります。

エンドルフィン - 喜びホルモンの生産の抑制があります。

IRRに苦しんでいる女性のための「重要な日」の到着の3〜4日前に、気分は落ちます。彼女は数時間の仕事の後でさえすぐに疲れます、注意の集中は劇的に悪化しています。 PMS患者の中には、不眠症の徴候を示す人もいます。

月経の到来を待って、その人は無意識のうちにIRRの症状を活性化させます。このため、PMSの女性の健康状態は悪化しています。思考は自然に邪魔になります。ジストニアや月経を背景に、パニック発作が起こります。それらは以下のように現れます。

攻撃は独立して通過します。その期間は5〜30分です。深刻な臨床像では、パニック発作は1日に数回現れます。

女性では、パニック発作を待つ症候群は徐々に形成されます。

  • 通常、VSD患者はいつ、どのような状況で深刻な不安発作を起こしているかを知っています。
  • 女性は、彼女がこれまたはその事業を引き受けるか、またはトラウマのような状況で自分自身を見つけると確信しています。
  • PMSがバックグラウンドで絶えず存在しているときの不安は、睡眠を妨げます。

どのサイクルが正常と見なされますか?

自然な卵巣 - 月経周期の外的徴候 - 月経、これは各女性に特徴的な頻度で生じ、最も頻繁には3〜6日続く。この時点で、子宮内膜(子宮粘膜)の拡大された機能層全体が拒絶される。血と一緒に、彼のスクラップは開口頸管を通って膣に出て、そして次に出ます。その壁の蠕動性収縮は子宮の自然な浄化に寄与し、それは何らかの身体的不快感を引き起こす可能性がある。

組織の拒絶後に血管がすき間が短くなり、結果として生じる粘膜の全欠損が再生する。したがって、通常の月経は著しい失血を伴わず、貧血、重度の無力症および障害の発症にはつながらない。失血の平均量は最大150mlであり、そして排出物中に血栓はありません。

しかし、月経周期は子宮内膜を更新する段階だけではありません。通常、卵巣内の卵子の成熟を伴う卵胞期、排卵、およびその後の子宮内膜の成長を伴う分泌期、ならびに卵子の潜在的に可能な着床のためのその調製も含まれる。生殖年齢の健康な女性には、無排卵周期もあり、これは病理学的に考えられていません。通常、月経の期間や性格の変化にはつながらず、また、月経間期間の期間にも影響を与えません。このような周期では、女性は肥沃ではありません。つまり、妊娠は不可能です。

月経は思春期に始まります。それらの外観は生殖器系が妊娠する準備ができていることを示しています。最初の月経(初経)は9〜15歳で、最も頻繁には12〜14歳の間に起こります。それは多くの要因に左右され、その主なものは遺伝、国民的アイデンティティ、一般的な健康状態、少女の栄養の適切性です。

生殖期間の完了は、閉経期の開始 - 月経の完全かつ最終的な停止 - によって特徴付けられる。これは更年期に先行し、それは通常46 - 50年で平均して発生します。

開発メカニズムNOMC

女性の体内の卵巣月経周期は内分泌依存性のプロセスです。したがって、その障害の主な原因はホルモン異常です。それらは、生殖器系に関係しない内分泌腺の関与を含むなど、主にさまざまなレベルで発生する可能性があります。月経障害のこの分類に基づいています。彼女によると、放出:

結局、あらゆるレベルでの失敗は、さまざまなタイプのNOMCによって明らかになります。結局、ホルモンの不均衡は、たとえ構造的な異常がないとしても、卵巣の働きに変化をもたらします。これの論理的な結果は主要な性ホルモン(エストロゲンおよびプロゲステロン)の分泌の違反です。そして彼らの主な目標は子宮の粘膜の機能層です、それは次のサイクルの終わりに血で拒絶されるのは彼です。したがって、体に不調和な変化があると、月経の性質や規則性に違反する可能性があります。

内分泌病理は月経機能障害の主な原因です。ごくわずかなケースでのみ、それはホルモン障害によって引き起こされるのではありません。月経周期の違反は、例えば子宮内膜の著しい変化によって引き起こされ得る。月経血および拒絶された子宮内膜が膣閉鎖症または処女のチンパンジーによるその産出の完全な目詰まりのために自然に終了する能力を持たないとき、そして時々誤った無月経が診断される。

機能不全の原因

月経機能不全の出現の理由はたくさんあります。さらに、女性は様々なレベルで機能的混乱をもたらすいくつかの病因を同時に同定することができる。

最も可能性の高いものは次のとおりです。

  • ホルモン活性であるか、または下垂体の下垂体の圧迫および萎縮を招く可能性がある様々な下垂体腺腫(好酸性、好塩基性、発色性)。病気とItsenko ‐ Cushing症候群
  • 視床下部 - 下垂体系の機能不全につながる、脳構造におけるドーパミンとノルアドレナリンの合成と代謝に影響を与える薬を服用する。これらには、レセルピン、MAO阻害剤、定型および非定型抗精神病薬、さまざまなグループの抗うつ薬、メトクロプラミド、フェノチアジン誘導体、およびその他の多数の薬物が含まれます。
  • 副腎腺腫およびアンドロゲンとコルチゾールを産生する他の腫瘍。先天性副腎過形成による副腎性器症候群
  • 中枢神経内分泌調節障害に関連するいくつかの精神障害これらは、中等度から重度の様々な起源、急性期の内因性疾患(統合失調症)、神経性食欲不振、反応性疾患、および慢性ストレス時の適応障害のうつ状態です。
  • さまざまな起源の甲状腺機能低下症または甲状腺機能亢進症。
  • 硬化性卵巣症候群(Stein-Leventhal)。
  • COCの長期投与後の卵巣機能の抑制およびそれらと視床下部 - 下垂体系との間のフィードバックの障害およびそれらの突然の中止。
  • 抵抗性卵巣症候群および性腺枯渇症候群彼らは医原性の起源も持っているかもしれません - 例えば、過剰排卵の刺激を伴う生殖補助技術のプロトコルへの女性の繰り返しの参加による。
  • 自発的または医学的な中絶によって引き起こされる可能性があるホルモンレベルの劇的な非生理学的変化。
  • 染色体の病気によって引き起こされるものを含む子宮の欠陥そして奇形。
  • 卵巣と子宮の手術、放射線と化学療法、生殖器の炎症性疾患の影響。これは、機能している卵巣組織の量、子宮腔閉鎖症の発生までの子宮内収縮、性腺および子宮の除去の著しい減少であり得る。
  • 卵巣の腫瘍病変。さらに、悪性だけでなく、卵巣組織の続発性萎縮を伴う大きな良性新生物も臨床的意義を有する可能性がある。

生殖器系における加齢に伴う変化の増加により、ほとんどの場合、40年後の月経周期の中断。それらは、無排卵周期の数の増加、進行性の低エストロゲン性および生殖機能の消滅を伴う卵胞卵巣予備能の自然な枯渇によって引き起こされる。これらの変化は、閉経期前に最も顕著であり、機能不全の子宮出血および精神栄養障害の追加を伴う傾向で周期がますます不規則になる。

思春期年齢の女児における月経の違反は、視床下部 - 下垂体および卵巣系の不均一な成熟によって引き起こされることが最も多い。しかし、この期間中に特定の先天性症候群、染色体疾患および生殖器系の内臓の発達の異常の臨床症状が現れることを忘れないでください。

さらに、思春期の障害は、重要な栄養素、特に脂肪の栄養欠乏の形成を伴う思春期の少女にしばしば見られる。これはステロイド性(性を含む)ホルモンの合成の著しい減少をもたらします。そして、それは続発性無月経によって最もしばしば現れます。

NOMCの可能性のある徴候

正常な月経の前の期間の存在に従って、すべての可能性のある不規則性は一次と二次に分けることができます。

月経障害の症状には以下のものがあります。

  • 月経間期間を変更します。前月経過多症(周期期間21日未満)および眼科月経困難症(その延長は35日以上)が可能です。
  • 前回のサイクル違反がない場合の次の月経の遅れ。
  • 生殖年齢の女性における6ヶ月以上の月経の欠如(無月経)。
  • 月経出血量の変化。その増加(月経過多)と減少(月経過多)の両方が可能です。過度の失血がmenometroragiiについて話すとき。
  • 月経の持続時間の短縮(乏尿症)または延長(多月経)の方向の変化。
  • 斑点から深部まで - 強度が異なる場合があります月経間血排出の外観。 「子宮出血」という用語を使用した非周期性の豊富な子宮出血。
  • 月経時に臨床的に重要な局所痛、これは月経過多と呼ばれます。
  • 月経に伴う一般的な骨外症状の出現。これらには、異なる性質の頭痛、血圧の変動、悪心および食欲の変化、および他の自律神経症状が含まれます。この状態は月経困難症と呼ばれ、疼痛症候群と組み合わされると、月経困難症と呼ばれます。

    多発性月経過多症および/または非周期性機能不全性子宮出血を伴う月経過多症候群は通常、慢性の出血後鉄欠乏性貧血の発症の原因です。彼女の症状はしばしば医者に行く理由です。この場合、女性は疲労感の増加、動悸、全般的な脱力感、血圧を下げる傾向があることを心配し、失神する可能性があります。皮膚、髪の毛および爪の状態は悪化しており、軽度の認知障害の発症までの精神活動の生産性の低下が可能である。

    生殖年齢の多くの女性も不妊症 - 無防備な通常の性生活の1年以内に自然な概念がないこと - を持っています。それは卵巣の1つの優勢な卵胞の割り当て、その中の卵子の成熟の過程および自発的な排卵の欠如の深刻な違反によって引き起こされます。

    無排卵周期の存在下では、女性は独立して月経不順について特別な苦情をすることはできませんが、ほとんどの場合、さまざまな症状が現れることを理解することが重要です。この場合、患者は通常、月経周期の特徴的な延長を病理学的徴候としてではなく、彼女の個々の特徴として見なします。

    妊娠の可能性

    月経周期に違反した妊娠は可能です。 Но вероятность ее наступления зависит от выраженности дисгормональных расстройств, полноценности развития матки и многих других факторов. Во многих случаях нарушения менструации сопровождаются бесплодием.そしてそれは保守的な方法でそれを排除することが常に可能であるというわけではありません、しばしば妊娠の開始は補助生殖技術の助けを借りてのみ可能です。そして時々女性は妊娠して独立して子供を連れて行くことができません。この場合、彼女は代理母とドナープログラムのサービスを提供されます。

    さらに、内分泌障害がしばしば子宮内膜の機能層の不良を招き、そのために正常な卵子の着床を妨げることを忘れないでください。これは、プロゲステロンおよびhCGの不十分な産生と相まって、非常に早い段階および早い段階で中絶の危険性を著しく増大させる。この場合、女性は、月経の遅れを別の機能不全とみなして、概念を認識していないかもしれません。

    以前の月経機能障害は妊娠を潜在的に複雑にする要因と考えられています。そのような女性は特別な注意を必要とします。多くの場合、妊娠期間を延ばすために、彼らは特定のホルモン薬を服用する必要があります。統計によると、出産後の多くの女性では、月経不規則性は独立して矯正されています(月経期間については、参考文献として)。そしてその後の妊娠は、それほど困難もなくすでに発生している可能性があります。

    調査

    ほとんどの場合、NOMCは女性にとって致命的ではない変化によって引き起こされるので、予後は良好です。しかし、最大10%の症例がさまざまな地域の腫瘍性疾患によるものであることを忘れないでください。したがって、そのような状態の診断は、既存の変化の性質および重症度を決定するために、月経機能不全の真の原因を確立するために慎重な検査を必要とする。それはあなたが最適な是正療法を選択するか、または時宜を得た方法で根本的な治療を実行するのを可能にするのがこの戦術です。

    基礎試験には以下が含まれます。

    調査の第2段階で証拠がある場合は、ハイテク診断技術が使用されます(CT、MRI、PETなど)。ほとんどの場合、彼らは腫瘍婦人科の病理学が疑われるために処方されています。

    治療の原則

    月経障害の治療法にはいくつかの分野があります。

  • 出血を止める。この目的のために、ホルモン製剤、血液凝固および子宮の収縮性に影響を及ぼす薬剤、そして時には掻爬が使用され得る。
  • 再発性月経障害の予防である既存のホルモン障害の矯正。治療計画は、患者の内分泌プロファイルに基づいて個別に選択されます。
  • 主な原因因子の除去または既存の発達異常の是正のための外科的治療の実行可能性に関する決定。
  • 必要ならば - 子宮の発達と卵巣の活性化を刺激することを目的とした対策。様々な理学療法、周期的ビタミン療法、植物療法が広く使われています。
  • 関連する障害の修正(精神栄養障害、貧血症候群など)。
  • 根本的な病気のために結果として生じる療法の修正。たとえば、向精神薬を服用する場合は、より現代的で狭く絞られた薬に置き換えることをお勧めします。もちろん、治療法の修正に関する最終的な決定は、婦人科医によってではなく、担当医(たとえば、精神科医、神経科医)によって行われます。
  • 必要であれば、概念 - 保守的な、そして必要であれば外科的(内視鏡的)技術を用いた不妊の複雑な治療、生殖補助技術を用いることの実現可能性についての適時の意思決定。
  • 月経周期の中断は非常に一般的な問題です。そして現代医学の功績にもかかわらず、その関連性は低下しません。幸いなことに、そのような疾患のかなりの数の形態が矯正に適しています。そして医者への女性のタイムリーな治療で、それはしばしば合併症を避けること、高い生活の質を持つ患者を保つこと、さらには付随する不妊に対処することも可能です。

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send