人生

月経時の膀胱炎:治療方法は?

Pin
Send
Share
Send
Send


膀胱炎は膀胱粘膜の炎症であり、排尿中の切断や痛みを伴います。多くの場合、月経中に膀胱炎の悪化が起こりますが、これは生殖器官の状態と密接に関係しており、できるだけ早く婦人科医に連絡する理由です。

女性の泌尿生殖器系の簡単な解剖学

女性では、尿道は男性よりもかなり短いです。それは、病原性細菌、真菌および他の病原性微生物叢が尿道を通って膀胱に入るのがより簡単でより速いことを意味します。

さらに、月経中に、病原性微生物叢が洗い流されるとき、またはパッドのまれな交換が行われるとき、それはまた膀胱に入ることも容易であり、これは月経中の悪化の原因であることが多い。

肛門の尿道に近接していることも、この病気がしばしば女性を悩ませるという事実においてその役割を果たしています。

膀胱炎の要因

膀胱の炎症の原因物質は、ほとんどの場合、細菌、あまり一般的ではない真菌(例えば、カンジダ)、アレルゲンまたは毒素です。この疾患の他の原因は、肛門から尿道に入る大腸菌、ならびに生殖器官の炎症を引き起こすミクロフローラ(付属器炎、子宮内膜炎、コレウス炎)です。

この病気は急速に慢性化するので、将来その病気を治すことはより困難になるので、その治療を延期することは不可能です。

膀胱炎の発症の主な要因:

  1. 慢性生殖器感染症の存在。
  2. 骨盤内の炎症プロセス。月経前に膀胱炎を引き起こすことがよくあります。
  3. タンポンアレルギー、不適切な使用またはまれな変化。
  4. 合成素材で作られたタイトな下着、サウナの効果を生み出し、病原性微生物叢の繁殖を誘発します。
  5. 月経出血中のパッドのまれな変化。
  6. 細菌が肛門から尿道に入ると不規則に浸出します。
  7. 親密な衛生手段のアレルギー。
  8. 免疫力の低下、低体温、頻繁な風邪。
  9. 特にバリア避妊薬を使用せずに、月経中の性的管理。

女性に慢性膀胱炎がある場合、これらの要因の1つか2つで十分です - そして、この病気は何度も何度も起こります。生殖器系に炎症過程が存在する場合、これらの病状は一緒に治療されなければならず、そうでなければ再感染が可能である。婦人科医は検査を行い治療を処方することができます。

特に慢性または急性の子宮内膜炎、大腸炎または付属器炎の存在下では、月に1回、膀胱炎が遅れることがあり、痛みを伴うことがあります。

月経中になぜそれが起こり悪化するのですか?

膀胱粘膜の慢性的な炎症を起こしている女性は、月経と同時に月に一度それが現れることに気付くことがよくあります。この理由は、生殖器の慢性感染症の存在かもしれません。その場合、月経の間に膀胱炎が毎月起こります。

月経前は、子宮内膜の増殖過程が子宮内で起こります。月経が始まると、臓器は出血し始め、成長した機能層を拒絶します。したがって、子宮内膜炎などの疾患の存在下では、病原性微生物叢が分泌物中に存在することになる。付属肢の炎症についても同じことが起こります。

月経中の膣の微生物叢の変化は、病原菌の発生の繁殖地であり、その結果、それらのコロニーが成長する。月経中の全体的な免疫力の低下は、尿道および膀胱膜がより感受性になり、そして細菌がそれに侵入すると、膀胱炎の悪化が起こるという事実を導く。

尿道内の病原性微生物叢の原因とこの疾患の発症には、次のようなものがあります。

  • 衛生パッドの稀な交換(4時間ごとより少ない頻度で)、
  • 細菌の増殖を促進するためのタンポンの頻繁な使用
  • 不適切な洗浄、その後腸内細菌叢が尿道に入る。

月経中の数サイクルの間に膀胱炎が悪化するならば、たとえそれがもはや現れなくても、それは生殖器系の炎症について考える機会です。この場合、膀胱の炎症のみを目的とした治療は効果がないため、できるだけ早く婦人科医に相談して総合的な治療を処方することをお勧めします。

病気の症状

膀胱粘膜の炎症の存在は、以下の症状の存在によって認識することができます。

  1. 排尿中の切断と焼け
  2. 排尿中のかゆみの存在。
  3. 尿は白いフレークが存在する可能性がある濃い色です。
  4. 尿の量は非常に小さいながら、特に夕方と夜間に、トイレに促すことが多い。
  5. 月経痛と似た腹痛または腰痛。
  6. 脱力感、眠気。
  7. 気温が上がる。

増悪の間、膀胱炎のすべての徴候が同時に現れるわけではありません。しかし、症状の1つの存在さえあなたの健康に注意を払う理由です。

同時に発生する膀胱炎と月経は、生殖器官の炎症を表します。しかし、逆のパターンがあります:膀胱からの病原性微生物叢が膣に入り感染プロセスを引き起こす可能性があります。

膀胱炎が月経の周期の1週間前または1週間前に始まる場合は、ツグミ、すなわち酵母様真菌カンジダによって引き起こされることがあります。性感染症によっても悪化する。原因を特定するには、あなたは婦人科医に検査を受けなければなりません。

月経時の膀胱炎の悪化の予防

すべての女性は、特に膀胱粘膜の慢性的な炎症の場合には、膀胱炎の予防について知るべきです。以下の推奨事項を遵守することで、月経中または月経前の病気の悪化を防ぐことができます。

  1. 月経中だけでなく、適切な洗濯。これは、肛門から尿道や膣までバクテリアを運ばないように、前から後ろへ行われるべきです。
  2. 月経中の生理用ナプキンの交換は4時間以上。
  3. タンポンの使用制限
  4. 免疫力を強化する。

もう一つの重要な要因は、時間内にすべての疾患を識別し、それらが慢性期に入るのを防ぐために婦人科医を定期的に訪問することです。

骨盤内臓の病気と同時に膀胱炎を治療する必要があります、そうでなければ病気は何度も何度も発生します。

薬なしで治療されます

月経時の膀胱炎の治療のための民間療法は、薬物療法との組み合わせでのみ有効になります。それらはまた、体全体の予防と強化にも役立ちます。妊娠中に処方されることが多い。

膀胱炎に対抗するために、ハーブは利尿作用と抗炎症作用を持っています。これらは、コケモモの葉、カモミール、ベアベリー、セントジョンズワート、ディルです。ブルニバーの薬草コレクションは定評があります。

効果的でおいしいヘルパーはクランベリージュースまたはリンゴンベリージュースです。この飲み物には、同時に抗炎症作用、強壮作用、利尿作用があります。慢性膀胱炎のために定期的に使用することをお勧めします。

薬物療法

膀胱炎の治療は通常抗菌剤によって行われます。医者はシプロフロキサシンまたはMonuralのような抗生物質を処方します。後者は妊娠中に許可されています。これらの丸薬と一緒に抗菌薬と抗炎症薬の特性を持っているハーブ製剤Canephron、Fitozilinが処方されています。激しい痛みがある場合は、サイロ、スパズガン、またはその他の鎮痙薬を処方してください。

自己瞑想をしないでください。医師だけが正しく治療計画を立てることができます。 特に膀胱炎が体内の他の炎症過程と組み合わされている場合は特にそうです。

膀胱炎は多くの不便と痛みを与えるので、病気が慢性の形に移行するのを防ぐのが良いです。予防措置の順守および婦人科医への定期的な訪問は、この疾患を予防するのに役立つだろう。

月経時の膀胱炎の統計

月経時の膀胱炎は一般的です。その理由は、炎症を予防するための措置に従わないことです。月経中に膀胱炎の症状が現れた場合、女性は自分でそれを取り除こうとしますが、この場合は適切な治療が重要です。

不適切な治療またはそれの欠如は、病気の慢性的な形態への移行につながる可能性があります。体内に膀胱炎が絶えず存在すると、徐々により重篤な病気が発症する可能性があります。

多くの場合、膀胱感染症は腎臓病 - 腎盂腎炎になります。さらに、泌尿生殖器系の炎症は、膀胱の体積の狭小化および減少を引き起こす可能性があり、これはさらに外科的介入を必要とするであろう。

月経中に、女性が泌尿生殖器系の感染症の最初の兆候を示し始めた場合は、直ちに医師に相談してください。専門家が一連の薬を処方し、追加の勧告を出します。

膀胱炎と月経:炎症時の激痛

多くの場合、月経前および月経中の膀胱炎は激痛を伴います。 (いわゆる月経困難症)。

膀胱炎を伴う月経過多症の症​​状は以下の通りです:

  • 排尿時の激痛
  • 緊張
  • うつ病
  • 過敏性、
  • 頻尿、
  • 下腹部の重さ感
  • 腰痛。

月経時の膀胱炎治療

膀胱炎を取り除くために、特に月経中は、親密な衛生の規則を守ることが重要です。毎日抗菌剤を使ってシャワーを浴び、定期的にパッドやタンポンを交換してください。

膀胱炎の治療プロセスは、医師の監督の下で行われるべきです。膀胱炎の治療にそのような薬が使用されます。

さらに、医者は薬草の煎じ薬と温暖化の使用を処方します。月経期間中の膀胱炎の除去は困難であるため、患者は特別な薬を処方されることがあります。それらの投与量はそれぞれの場合に別々に設定されます。

痛み、膀胱炎、月経に伴い、ノシュプを飲む必要があります。この薬を単独で使用することは禁止されています。これは、Monuralが強力な抗生物質であり、その制御されていない摂取が中毒、中毒またはアレルギーを引き起こす可能性があるという事実によって説明されます。

膀胱の炎症の治癒にはそれほど時間はかかりません。病気の原因を取り除かずに症状が消える可能性があるため、自分で治療を中止することは不可能です。その後、再び現れるようになります。

膀胱炎は慢性化し、治癒が困難になる可能性があります。

治療と予防

膀胱炎の治療は、泌尿器科医と婦人科医の2人の専門家によって同時に監視されるべきです。泌尿生殖器系のさまざまな方法での炎症。時々病気は頻繁でわずかに痛みを伴う排尿を伴うだけです。しかしながら、膀胱炎の場合には、激しい痛みが考えられ、そしてその後、痛みの症状を取り除くことを目的とした強力な薬物が治療の過程に含まれる。

膀胱炎の治療では、薬物に対するアレルギー反応、疾患の形態、およびその発症の複雑さの程度を考慮に入れます。

自己瞑想しないでください。膀胱の炎症の治療のために、薬物治療だけでなく民間療法、ウォーミングアップなどを含む多くの医療処置が使用されています。特定の治療法の目的は尿分析の結果に依存します。そして、それは膀胱炎の出現の正確な原因を示します。

  • 頻繁な排尿(1日4〜5回の割合で)
  • 尿道の収縮
  • 夕方と朝に排尿するための無制限の排尿
  • 鼠径部の不快感、
  • 温度上昇
  • 不快な尿臭
  • 尿道からの化膿性分泌物
  • 困難で痛みを伴う排尿
  • 下腹部の痛み、
  • 緊張
  • 腰痛。

膀胱に入ってそこで増殖する細菌や微生物は、膀胱炎の原因物質になるかもしれません。加えて、膀胱の炎症は、早すぎる排尿(排尿衝動が抑制されているとき)、体が冷たすぎるとき、または月経周期の開始によって起こり得る。

膀胱炎と月経の関係

毎月ホルモンの変化が女性の体に起こり、その影響で子宮の内粘膜層の拒絶が始まります。この時期以前の生殖器系が病原性微生物叢であった場合、それは他の臓器への月経流出を通して広がる可能性があります。解剖学的特徴により、尿道は膣に最も近く、それを通して生殖管からの感染が膀胱に入ります。

尿素の炎症の原因が生殖器系の炎症過程であり、適切な治療がないと、月経に伴う膀胱炎の悪化が起こります。

それでは、膀胱炎が発症前、調節中、および終了後に月経にどのように影響するかを検討します。

月経前

月経前の膀胱炎は、月経周期の第2段階でプロゲステロンの活発な産生が始まり、体の保護機能が弱まるために、ホルモンの不均衡が原因で起こることが最も多いです。ホルモンの「揺れ」はまた、尿素の粘膜に強い影響を及ぼし、それをウイルスおよび細菌感染に対してより敏感にする。

膀胱炎は月経の遅れを引き起こします、なぜなら病気は骨盤のすべての器官に影響を及ぼし、それらを機能不全にさせるからです。

また、膀胱炎による月経の遅れは、治療のために処方された抗生物質を服用することによって引き起こされる可能性があります。月経が期日後の週の間に始まらない場合は、月経経過の回復には長期の治療が必要になる可能性があるため、直ちに医療援助を受けるべきです。

規制中

月経中の膀胱炎は、残りのサイクル中よりもはるかに頻繁に発生します。その理由は免疫力の低下ですが、この疾患の発症を引き起こす他の要因があります。

  • 個人衛生の欠如
  • 膣内のミクロフローラの不均衡
  • 慢性炎症プロセスの活性化。

膀胱炎と月経が同時に始まると、女性は、重大な日々の症状に加えて、排尿中の痛みや灼熱感を感じます。

ストレス、過労、過冷却、寒さ、そして日々の食事療法や食べ物を守らないことは、与えられた病気の現れを引き起こす可能性があります。

重要な日の後

多くの女性は、月経後になぜ膀胱炎になったのか理解できません。なぜなら、身体が完全に洗浄され、更新されているからです。月経後の膀胱炎には他にもいくつかの原因があります。

  • 尿素の月経流出を得ることは炎症プロセスの開発を引き起こします、
  • 生理用ナプキンやタンポンに対するアレルギー反応
  • 病原体が月経流出とともに泌尿器系に入った性感染症
  • カンジダ症

膀胱炎の症状

膀胱炎の感覚は多くの女性によく知られており、ほとんどの場合、この病気は低体温、ホルモン障害、病原性微生物叢の繁殖、そして子宮や卵巣の慢性的な細菌性炎症によって引き起こされます。膀胱炎の原因に応じて、この疾患に特有の症状が観察されることがありますが、すべての種類の病原体について、以下の疾患の症状が特徴的です。

  • 頻繁な排尿、その間に下腹部のけいれん、灼熱感、刺痛およびけいれん性の痛みが感じられることがある、
  • 月経時と同様に、腰部や下腹部に痛みがあります。
  • 一般的な弱点
  • 病気の急性の経過は非常に上昇した体温を伴います;慢性の経過では、体温は亜熱帯です。
  • うつ病と過敏性
  • 頭痛。

病気の主な兆候の1つは、尿の色の変化です。

それは曇り、鮮やかな黄色、しみ、たんぱく質フィルム、粘液そして鋭い異臭がする可能性がある。化膿性不純物を含む液体が尿道から出ることがあります、そして朝と夕方には生産的な排尿なしで排尿する強い衝動があります。

月膀胱炎を伴うことも、この時点で骨盤内臓器、特に子宮の容積が増加する可能性があり、それが膀胱にさらなる圧力をかけるので、誘発要因となり得る。この場合の膀胱炎の症状は、重要な日が始まる前でさえも起こり得る。

膀胱炎を治療するための方法はたくさんあります、それらの選択は尿毒症の壁の炎症過程の原因に依存するので、医者だけが血液検査、尿分析、そして必要なら膀胱の超音波の結果を調べた後に病気を治療する方法を決めることができます。 Лечить цистит исключительно травяными сборами не рекомендуется, поскольку возбудитель заболевания не устраняется полностью, и в скором времени недуг обостряется вновь.

Медикаментозная терапия цистита включает в себя следующие препараты:

  • 膀胱炎が細菌性のものである場合は、その治療に抗生物質が必要です。最も人気のある抗菌薬は5-NOK、フラドニン、ペフロキサシン、Monurali、シプロフロキサシンです。抗生物質を服用する過程は主治医によって計算されるべきです、なぜなら薬の早期撤退は病気の再発を脅かし、そして長期間の使用は患者の健康に害を及ぼすかもしれないからです。回復の1ヵ月後に、抗菌コースは再発を防ぐために繰り返されるべきです、
  • 抗菌薬、フィトリシンまたはカネフロンは、炎症を軽減するために処方されています。鎮痙作用および利尿作用があります。
  • 痛みを和らげるために、あなたはSpasmol、PapaverineまたはNo-siloを取ることができます。

民間療法

伝統的な膀胱炎の治療法には通常、多種多様なハーブ風呂が含まれますが、重要な日にはお湯での入浴は禁忌です。なぜなら、そのような処置は骨盤内臓への血流を引き起こし、結果として大量の失血を引き起こすからです。

また、この時点で下腹部に加温パッドや加温用の湿布を塗ることはお勧めできません。

しかし、これは膀胱炎が自宅で治癒することができないという意味ではありません、ちょうど毎月のためにそれは抗菌および鎮痙薬の煎じ薬および注入を取ることが最も合理的です。月経中にこの病気を治すのに役立ついくつかのレシピを紹介します。

  • パセリの注入。新鮮なパセリを洗い、ひき、そして1部にする。草は熱湯のガラスで注がれています。密閉容器に入れて約2時間主張する必要があります。食事の前にグラスを3分の1飲む
  • クランベリー煎じ薬。クランベリーの半分のコップは混合機でひき、ジュースを絞り、そして冷たい場所に置く必要があります。残ったケーキをエナメルボウルに半リットルの水を注ぎ入れ、7分間煮沸する。得られたブロスを冷却しそしてクランベリージュースと混合し、2つのテーブルを加える。うそをつくはちみつこの飲み物は炎症を減らし、生物全体の保護特性を改善します。同じ方法でリンゴンベリーの煎じ薬を調理することができます。
  • オオバコ、亜麻、熊の耳またはカモミールの煎じ薬、
  • motherwort、immortelle、fennelまたはオークの樹皮の注入
  • イラクサの煎じ薬。膀胱炎の場合は、1日に3〜4杯飲む必要があります。それは尿から病原性ミクロフローラを洗い流し、そして体の全身状態を改善します、
  • 小さじ1杯の蜂蜜を加えた、乾燥した、または新鮮な桜の木からのお茶。

膀胱炎と月経の関係を引き起こすもの

尿嚢胞性貯留層の炎症過程は月経周期に直接関係していることに注意すべきです。未治療の緩慢な慢性炎症の再発は、重大な日数の様々な期間における、月経困難症の急性発作の自然な症状である:

  • 混合を伴う強い痛みを伴う症候群、
  • 緊張
  • うつ病や過敏性の兆候
  • 頻尿、
  • 下腹部の重さ
  • 腰部の痛み。

再発の原因および適切に選択された治療方針を特定することなく、自己治療は原則として一時的な救済のみをもたらし、尿中嚢胞性組織における永続的な感染の存在はより複雑な病状(MP組織の構造変化、その体積の変化、腎盂腎炎およびなど)、将来的には、完全な回復のプロセスが遅れる。

2世代以上の科学者の研究が導いた主な因果関係の要因は、重要な日のための女性の身体の準備の間のホルモンの不均衡と免疫食作用の弱体化によるものです。

ホルモンの変化を背景に、膀胱炎の再発を含むさまざまな臓器やシステムの病状が発症する可能性があることは秘密ではありません。

ホルモンは、粘膜の酸性環境、天然の有益な細菌叢の量、および膣の微小中心静脈瘤を制御して、体内のすべてのプロセスを制御します。女性の泌尿器系のホルモン制御は、性ホルモンを行使します。膣、膀胱および尿道の内層の表面にあるエストロゲン受容体は、

  • 排尿機能、
  • 血行強度
  • 繊維状タンパク質の合成
  • 女性の泌尿生殖器系における粘膜組織の一般的な状態。

それらの欠乏症は、月経の前、周期の途中、またはその後に毎月、膀胱炎の再発の危険性を増加させます。その受容体がホルモンバランスにおける過剰な体重と共に尿路系の下部領域に局在するプロゲステロンの効果は、尿道管およびMP機能に悪影響を及ぼし、その筋肉組織の機能的不安定性を引き起こし得る。したがって、結論 - 周期の特定の期間におけるホルモンのバックグラウンドの変動は、粘膜組織の食作用特性の低下、そしてその結果としてMPにおける炎症反応の発生を招く可能性がある。

体内の最小エストロゲンレベルは、月経前の周期、またはその終わりに対応する周期性の初期段階で見られます。エストロゲンピークは、周期の2週間後、または排卵期に対応する18日目に達します。その後、エストロゲンレベルは下がり、プロゲステロン活性のレベルは上がります。この要因は、その周期性のさまざまな段階で膀胱炎の再発と月経の同時発生の鍵です。

さまざまな規制段階における膀胱炎の再発の原因

月経周期の特定の段階において、膀胱の構造組織における感染性炎症反応の発症のメカニズム、または疾患の再発をもたらすメカニズムもまた、その起源において異なる。

医学研究によって確認された事実は、膀胱炎の最も頻繁な発症が規制の開始前の期間に起こることを言います。

月経周期の開始前の膀胱炎

病理学的過程の発達の主な起源は、反乱の開始前に起こる女性の身体の変化に関連しています。それは、ホルモンのバランスの変化および免疫機能の低下であり、病原性フローラの増殖および泌尿生殖器系を通してのその分布にとって好ましい環境を作り出す。

月経前の病気の悪化のメカニズムと膀胱炎それ自体は、以下の原因による:

  1. 生殖器系のミクロフローラの変化に対するMPの粘膜組織の感受性の増加。この段階で病原体は隣接する器官に容易に広がる。
  2. MPのリザーバキャビティへの病原体の容易な侵入は、粘膜の高い感受性および食作用の弱化によって説明されるだけでなく、病原体の侵入は、この時点で強化された排泄物によって促進され、それは調節因子に先行する。
  3. 病原体の増殖と繁殖のための理想的な条件を作り出す、膀胱貯留層内の血液輸送の違反。この期間のこれらの違反は、周囲の血管や臓器の圧迫を引き起こすその機能的な内層の腫れによる、子宮の体の増加によるものです。
  4. 生殖機能のために子宮を準備するとき、体は高い精子の運動性を確保するために体温を下げます。これが起こると、循環器系の血管が狭くなります。骨盤内の臓器には共通の線があるので、血液供給の変化は泌尿器臓器にも適用され、その後のすべての影響があります。

病気の病理学的徴候が月経周期の前に定期的に現れる場合は、考慮する必要があります。これは、慢性的な病態の悪化、このようにしてそれ自体を「思い出させる」こと、または他の疾患の兆候を巧みに覆い隠すことであり得る。いずれにせよ、そのような症状の原因を特定するためには、適格な診断検索が必要です。

月周期中の膀胱炎の兆候

完全に異なる発症メカニズムによる月経時の膀胱炎。生殖器官の炎症過程の背景に現れています。生殖器官に慢性感染症がある場合、その増悪のための最も好ましい選択肢は月経の期間です。

細菌叢の繁殖は、罹患した粘膜生殖器だけでなく、病原体にとって理想的な栄養培地である月経流出物においても起こります。

尿道との排出物の一定の接触は、MPの貯留腔への感染の導入を促進する。しかし、感染症のプロセスがMPから膣を貫通する病原性フローラによって引き起こされるとき、バージョンとその逆の発達があります。この場合は、特徴的な症状に注意を払う必要があります。

  • 子宮内膜拒絶反応による子宮収縮による痙攣痛
  • MPの投影の領域で腹部を切る、
  • 尿中の不純物
  • 高温
  • 膀胱貯留部が常に過密になっているように感じます。

膀胱炎の発症と月経の同時発症は、酵母様真菌叢(Candida)の影響、または性病の悪化による可能性があります。したがって、背景病理学の婦人科治療は、膀胱炎のために使用される古典的な治療に追加されます。

月経後の膀胱貯留層の炎症

尿嚢胞臓器の粘膜組織における炎症過程の発生のメカニズムは、その特別な起源において異ならない。主な誘発要因はホルモンの不均衡にあります。月経後に膀胱炎を引き起こします - 月周期の14日目の終わりまでに起こるホルモンレベルの急激な増加。

エストロゲン濃度の増加は、免疫食作用の著しい減少を引き起こし、これはMPの粘膜組織の脆弱性および病原性フローラの繁殖のための優れた状態の主な原因となる。

結果として - 膀胱炎の発症または悪化。この時点で、女性は、MPの炎症性病変と同じ兆候を感じます - 腹部の痛みを伴う症状の出現、一定の眠気、過敏性およびその他の症状。ホルモンおよび免疫の要因に加えて、細菌叢の活性化のための好ましい背景を作り出す多くの挑発的な条件のために、月経周期のどの段階でも膀胱炎の発現の原因であることに注意すべきです。細菌によるMPのコロニー形成の増強が注目される:

  1. 会陰への局部的な傷害(タイトなリネン、パッド、またはタンポン、積極的な薬剤で洗い流して、アルカリ性膣内の環境を変化させる)。
  2. 以前の抗生物質療法により、膣内の細菌叢が不均衡になった。
  3. 低体温症および個人衛生の成分に対するアレルギー反応の結果として。
  4. 規制のある基本的な衛生基準を無視するとき。
  5. 食事療法を使用するとき、MPおよび尿道の粘液組織の刺激を引き起こします。
  6. 月経周期の間の密接な親密な関係の結果として。

規制期間中の尿中嚢胞性貯留層における炎症反応の徴候の、特に代替療法の使用による独立した治療は、役に立たないだけでなく危険でもあります。原因を特定することなく、大量の排泄だけでなく出血(出血)を引き起こす可能性があります。病理の治療法は医者を決定します。それが膀胱炎のための古典的な治療プロトコルであるかどうか、またはホルモン療法の使用を伴うかどうか、患者検査および内分泌科医の勧告が(必要ならば)識別されるでしょう。

治療と予防の方法

この病気の主な治療法は、この薬に対する病原体の感受性を考慮に入れて、抗菌剤を慎重に個々に選択することによるものです。ほとんどの場合、治療にはMonural、Furagin、Furamag、Nolitsin、Tsiprolet、Amoksiklavaの薬物および類似体が含まれ、これらの作用はMPの炎症反応の停止および病原性フローラの破壊を目的としています。

並行して、病理学的炎症過程を誘発した婦人科病理の治療が行われる。疼痛症状を軽減するために、No-shpyまたはPapaverinaの形の鎮痙作用のある薬が推奨されます。

アジュバントとして、鎮痛薬、抗炎症薬および利尿薬の効果を有する、フィトリシンおよびカネフロンHなどの薬草ベースの薬が治療の過程に含まれる。

免疫機能を回復させ、飲酒療法を強化し、尿と共にバクテリアを効果的に浸出させるのに役立つ利尿作用を得るために、ビタミン複合体を摂取することをお勧めします。

  • 衛生的なタンポンの使用からの一時的な除外
  • 病原性フローラの蓄積を避けるために、ガスケットを頻繁に交換する。
  • 恥骨から肛門まで洗い流す権利の遵守、
  • 低体温からの保護
  • 粘膜組織に対する刺激要因を除く、食事の修正
  • 喫煙を最小限に抑え、アルコールを排除する。

疾病の発症は月経周期の病理学の結果ではなく、規制期間中のその発現のための必要条件の創作のずっと前に起こった疾病の長期経過の結果であると疑う人はほとんどいない。歴史的に自分自身への注意深い態度と適格な治療だけが、女性の「月周期」のさまざまな時期に病気の悪化を防ぎ、それを不快な症状から守ることができます。

月経時の膀胱炎の原因

膀胱炎は、病原体、アレルゲン、化学物質、または体力の膀胱壁への曝露によって発生する可能性があります。ほとんどの場合、この疾患は病原性細菌、例えば大腸菌または連鎖球菌、ブドウ球菌による泌尿器系の感染に関連している。

女性の膀胱炎の治療が不十分な場合は、その期間中に増悪が起こる可能性が最も高いです。その理由は次のとおりです。

  • 月経中にホルモンの変化が起こり、それが免疫力の低下につながります。この時期の女性は感染症にかかりやすくなります。
  • 膣内の微生物叢が変化しており、これはホルモンの変化や分泌物の変化にも関連しています。これは、大腸炎および尿道感染症につながる可能性があります。
  • タンポンやパッドなどのパーソナルケア製品も悪影響を及ぼし、アレルギー反応や性器の粘膜の変化を引き起こすことがあります。
  • 原因は月経自体、またはむしろ血の排出であるかもしれません。病原性細菌はそれらの中で増殖し、そして不十分な衛生状態で、それらは尿道と膀胱の中に移動する。

これらの要因はすべて間接的なものであり、膀胱炎を発症するリスクを高めるだけで、疾患の発症を保証するものではありません。そうでなければ、すべての女性は月経中に膀胱炎に苦しむことになります。

したがって、膀胱炎を引き起こすいくつかの理由を強調する必要があります。

  • 低体温
  • 骨盤内臓器の炎症性疾患の存在
  • 受動的なライフスタイル
  • バランスの悪い栄養不良
  • 膀胱鬱血、
  • 骨盤内臓器の最近の手術

月経時の膀胱炎は周期とは完全に無関係である可能性があり、よくある偶然の一致です。いずれにせよ、あなたは医者に相談する必要があります。

月経時の膀胱炎の治療方法

月経中の膀胱炎は、1つの例外を除いて、周期の他の日と同じように治療されます。出血中に胃に加温パッドを当てることは固く禁じられています。温暖化の助けを借りて多くの女性は膀胱炎のけいれんを和らげます。月経中にこれを行うことは非常に危険です。熱によって血液が子宮に流れ、出血が増えます。

月経時の膀胱炎の治療方法は、泌尿器科医に教えることが最善です。専門家は血液と尿の検査を処方し、検査を行い、薬を書きます。概して、膀胱炎は抗生物質、鎮痙薬および抗炎症薬で治療されます。

以下の抗菌剤および抗菌剤が処方されています。

月経中の膀胱炎は、子宮もまた痛いので、特に困難です。痛みを和らげ、排尿の過程を正常化するために、処方します:

  • ドスパベリナム、
  • パパベリン、
  • Spazmalgon、
  • イブプロフェン
  • ナプロキセン等。

抗炎症作用および利尿作用を有する植物調製物もまた、膀胱炎の複雑な治療に有用であろう。そのような薬の例:

膀胱炎の間、特に月経の間に大量の水分を飲むことは非常に重要です。この時点で、女性の体は水分をたくさん失い、バランスを補充する必要があります。

添加物なしで純粋な水を飲むこと、そして利尿作用を持つ飲料を飲むことが必要です。これはクランベリーとリンゴンベリージュース、クランベリーの葉、泌尿器科のコレクションかもしれません。カモミールのスープヒップやお茶を飲むのに便利です。

結論

月経時の膀胱炎は二重に不快な現象です。重大な日に病気の悪化を避けるためには、医師の監督の下で最後まで急性膀胱炎を治療し、健康的なライフスタイルを導き、そして個人衛生の規則に従うことが必要です。適切なライフスタイルとあなたの健康に対する責任ある態度は、膀胱炎と他の泌尿生殖器系の炎症性疾患の再発を防ぐのに役立ちます。

慢性炎症

私たちは生理学から始めて、この病気が何であるかを簡単に説明します。すべての女性は自分の体をよく知っていて、その信号を読むことができるはずなので、これは重要です。だから、膀胱炎は膀胱の慢性的な炎症です。ほとんどの場合、一般の人々は症状を心耳疾患と混同しますが、そうではありません。 Лечением занимается нефролог или уролог, поскольку мочевыделительная система – это как раз по их части.一次検査を受けた婦人科医は、患者が健康であるという診断だけを確認できます。

膀胱炎の症状としては、頻繁なトイレへの訪問があり、これには痛みと痛みを伴い、尿道で焼けます。さらに、女性は下腹部に痛む感覚を経験し、それは彼女の生活の質を大きく損なう。外観の変化、ならびに尿の構造および臭い。

しかしながら、これらは特定の症状です、そして、女性の一般的な状態は理想からかけ離れています。激しい疲労と眠気があり、体温が上がります。体温計が安定して37-37.5度を示す場合、それは高くても弱々しいこともあります。あなたが同様の健康上の問題を経験したことがあるならば、あなたはおそらく症状を学んだでしょう。それでは、私たちのトピックに直接行き、月経中の膀胱炎について話しましょう。

開発の原因

我々が慢性炎症を意味するならば、それはそれが一生を通して、周期的に戻ると仮定されます。適切な治療により、病状は安定し、寛解期が始まります。これが起こらなければ、免疫力は徴候を一時的に弱めますが、細菌の成長のボディはボディに残ります。月経中の膀胱炎は驚くほどの規則性をもって回復し始めます。

これは、通常子宮内にある細菌が月経中にはるかに活発に増殖するために起こります。栄養と湿った環境はそれらの数を増やすためのすべての条件を作り出します。そして、体内で起こる過程は、生殖管を通して尿道への細菌の急速な浸透に貢献し、それによって膀胱の炎症を活性化します。

月経中に膀胱炎を引き起こす原因を詳しく見てみましょう。ほとんどの場合、これは併発性疾患の背景に対して起こり、女性の存在さえ疑わないかもしれません。

  • 体のホルモンの背景の変化。
  • 免疫系の全般的な弱まり
  • 重度の低体温
  • 子宮または付属器の炎症の存在。これは月経時に膀胱炎を引き起こす主な原因です。その理由は、細菌の活発な増殖により、炎症が泌尿生殖器系の他の臓器に広がるためです。
  • カンジダ菌または酵母菌は、そのような共通の問題であり、ほとんどの女性はそれに十分な注意を払っていません。そして、真菌感染症の存在は悪化要因であるため、そして無駄に。
  • 個人衛生の違反です。一見すると、それは私たちの時代にそれについて話す価値がありますか?売り出し中にはいつでも性器の清潔さを維持するのを助けるであろう大量の衛生製品があります。しかし、医師の診療では、パッドやナプキンの中には患者さんにとって高価すぎるものもあり、一部のブランドはアレルギー反応を起こすことを示しています。したがって、温水と石鹸は衛生を監視するのに最適な方法です。
  • 生理的特徴尿道と肛門の位置は異なる場合がありますが、互いの距離は特に重要です。それらが近いほど、細菌の移動が起こりやすくなります。これはまた、不快な下着、合成皮ひものパンティーの着用に貢献しています。

平行を描く

月経時の膀胱炎が始まるたびに、周期に加えて、すべての不快な症状、その強度と期間を記録する必要があるカレンダーを維持することにもっと注意を払うことをお勧めします。あなたが彼に会うようになったとき、これは大いに医者を助けます。症状は月経の終わりの後の周期の異なる日に変化し、状態は通常改善し、そして私達は約25日間の治療の必要性を忘れる。

しかし、すでに明確な関係を築いていて、月経が始まるとすぐに痛みを伴う症状が戻ってくるのを見れば、それ以上引くことはできません。あなたがすでに気づいたことすべてについてあなたの医者に話してください、そしてまた必要な検査を受けてください。

痛みを伴う月経

通常あなたが実際にはそれらを感じていないが、今日は突然下腹部を引っ張り始め、痛みを感じ、そしてやけどをしたなら、それは注意を払うのは難しいことです。通常この現象に耐え、鎮痛剤を服用するほぼ数日前に服用し始める人にとっては、状況はより困難です。

したがって、月経中の膀胱炎を区別するのに役立つ特定の徴候にもう一度注意を払いましょう。上記で説明した主な理由から、今度は症状について説明しましょう。それであなたはあなた自身のために印を付けることができます:

  • 膀胱を完全に空にしたままトイレに頻繁に旅行することはありません。
  • 月経にとても似ている痛みは、トイレへの旅行中に著しく増加しました。
  • 夜の睡眠後、尿の色がより濁った失禁に変わる。
  • 尿中、ならびに膣分泌物中の膿の存在。この場合、それらの色と香りが変わります。

予防策

どんな病気でも治癒するより予防するのが最も簡単です。そのため、月経中の膀胱炎の悪化は、かなり高い確率で予測できます。そして最も重要な役割は衛生によって果たされます。幼児期から毎日洗うように女の子に教えることが必要です。

月経周期の初日から要件が厳しくなります。今は少なくとも2回シャワーを浴びる必要があり、トイレを使うたびに良くなっています。ガスケットを交換すると、充填するほどではありません、そして3〜4時間後、それはまったくタンポンを使用しないことをお勧めします。トップスとカジュアルウェアの着用には特別な注意を払う必要があります。多くの場合、女性は冬のズボンの下で暖かいタイツを拒否します。これは低体温につながり、病気の発症のための必要条件を作り出します。したがって、天気に合わせて服を着るようにしてください。

アレルギー反応

私たちは月経中に膀胱炎を引き起こすもう一つの要因について言及するのを忘れていました。それぞれの場合において、原因と治療は医師によって調査され処方されるべきですが、私たちの仕事は一般的な質問を考慮してあなたに問題の考えを与えることです。それで、重要な日の間に、私たちは生理用ナプキンとタンポンを使い始め、その後膀胱炎の症状が増します。これが何度も繰り返され、月経が終わった後、これらの衛生製品の必要性がなくなると、状態は完全に正常化され、ブランドと製造元を変更する必要があります。これが理由です。

できること

次の項目は、すでに診断を確信しており、月経中に彼が膀胱炎を患っていることを確実に知っている人に関連しています。次に何をする?自己治療が病気に対する完全な勝利で終わることはめったにないので、良い専門家に相談しないですることは難しいです。適切なケアの基礎は抗菌療法です。自己瞑想しないでください。薬の類似性にもかかわらず、それらの各々は独特であり、そして計画および投薬量を選択することは患者の個々の特徴を考慮に入れることだけで可能である。ほとんどの場合、医師は「Monural」または「Nolitsin」、「Rulid」または「Furadonin」を処方します。

維持療法

これはあなたが月経中に膀胱炎を克服することを可能にするメインコースです。治療はまた回復に寄与する助剤の使用を含む。これらは痛みの流れを促進する鎮痙薬です。ほとんどの場合、 "No-Shpa"と "Papaverin"が任命されました。彼らは対症的に行動する。同様に、非ステロイド系抗炎症薬、例えばイブプロフェンが使用される。痛みの症状を和らげるだけでなく、癒しの効果もあります。

嚥下障害の予防のために、医者は同時に抗菌薬とプロバイオティクスを処方します。それは "Hilak Forte"、 "Linex"、 "Bifiform"です。そして私達のリストの最後の、しかしそれにもかかわらず、漢方薬です。天然薬草をベースにした製剤は利尿作用と抗炎症作用を持っています。彼らは乾いた料金と値下げの形で来ます。例としては、 "Cyston"、 "Canephron"、 "Fitolysin"などがあります。

結論の代わりに

患者が治療の過程の後に経験する最初の救済は、医者へのさらなる訪問を拒否する理由であるべきではありません。慢性疾患が短期間で通過することはめったにないので、再検査を受け、必要に応じて支持療法を受けることは非常に重要です。そのため、ほとんどの場合、薬草を服用するための長く穏やかなコースを割り当てられました。多くの場合、免疫システムを強化するための手順、すなわち硬化とビタミン療法によって補完されます。一緒になって初めて、これらの対策すべてが良い結果をもたらします。

膀胱炎は月経中に発症しますか?

膀胱の炎症は月経に直接関係しており、しばしば、月経中に病気が悪化する。治療済みの膀胱炎の場合は、月経期間中に再発が見られるだけです。これは、その炎症の期間中に、子宮内にある細菌がはるかに活発になるという事実のために起こります。体内で起こるプロセスは、生殖管を通って尿道に細菌が急速に浸透するのに寄与し、その結果、膀胱の炎症が活性化されます。

慢性膀胱炎の女性では、この疾患は月経周期を繰り返すことがあります。

なぜ膀胱炎が月経中に発症するのか。膀胱炎の後に毎月ありますか

月経後に膀胱炎を発症する理由はたくさんあります。それらの中で最も一般的なものは以下の通りです。

  1. 体の一般的なホルモンの背景の変化
  2. 免疫系の全般的な弱まり
  3. 重度の低体温
  4. 子宮または付属器の炎症の存在。月経中、バクテリアの活発な繁殖のために、炎症は泌尿生殖器系の他の器官に広がります、
  5. 真菌感染症(特にカンジダ菌)の存在
  6. 個人衛生の規則に違反している、
  7. 生理的特徴(特に、尿道と肛門の近すぎる場所)。

膀胱炎で月経が遅れることはありますか?

しばしば月経遅延の原因は月経前の膀胱炎である可能性があります。この場合、女性は依然として彼女の退院中に注意を払いますが、流血ではなく、化膿性です。放電は非常に不快な臭いを伴います。しばしば女性はまた非常に強い痛みを経験します。

膀胱炎の遅延の出現の主な理由は次のとおりです。

  1. 子宮の付属肢に活発な炎症過程があることが、月経が始まらない主な理由です。
  2. 炎症過程によって引き起こされる、体のホルモンの変化
  3. 泌尿生殖器系における細菌の広がり

多くの場合、期間は膀胱炎の後または同時に始まります。

膀胱炎が月経前に発症したと判断するにはどうすればいいですか?

発症するのは膀胱炎と月経であり、単なる痛みを伴う月経ではないと判断できるいくつかの特徴的な症状があります。それらの中で最も一般的なものは以下の通りです。

  1. 排尿の増加:あなたはより頻繁にトイレに行き始めます、そして膀胱を完全に空にすることはありません。
  2. 排尿時の不快な感覚の出現:排尿が生殖器領域と下腹部にわずかにチクチクする音を伴う場合、これは膀胱炎の発症の初期段階の兆候です。急性期では、患者は通常激しい切削痛を経験します。
  3. 腰部、下腹部および仙骨部に絶え間なく悩む痛み。痛みは月経痛と似ていますが、排尿するともっとひどくなります。
  4. 体温上昇は急性膀胱炎発症の特徴的な徴候です。
  5. 尿の色をもっと白濁させます。尿中の外観は不快な臭いを伴って排出される(排出は排尿中にのみ観察される)。
  6. 尿失禁(特に夜寝た後)。
  7. 不快な臭いを伴う化膿性排泄物の尿中の外観。

膀胱炎と毎月の関係

膀胱炎自体は膀胱の炎症です。ご存知のように、体内の炎症プロセスは長い間無症状になることがあります。時々その存在の唯一のサインは月経周期の違反です。膀胱炎の場合、月経は遅れる、出血が増えるという特徴があります。これにはすべて、膀胱の炎症に特徴的な不快な感覚が伴います。

一ヶ月のホルモンの変化、受胎の準備、月経は女性の体内で行われます。月経中に、本当のホルモンブームがあります。すべての慢性的な隠れた病気が増大し始めています。それらを取り除くための体の欲求が高まっています。生殖器近くの膀胱の位置は、生殖器系の病理学的プロセスによる失敗の頻繁な原因につながります。医者はしばしば膀胱炎の原因をそこで探します。

月経期間中、膣の局所免疫、全体としての生物の保護機能はいくらか低下します。病原体は好ましい繁殖条件を得る。膣分泌物に入ると、それらは膀胱に入ります。月経中の血液の存在、このプロセスが加速します。月経、膀胱炎 - 1つのリンクの構成要素。膀胱の炎症の一般的な原因は、虫垂、卵巣、卵管の炎症過程です。しかし、この病気は限定されていません。その理由はもっと深くなります。膀胱炎を誘発する内臓の明らかな疾患の兆候がないかどうかを迅速に診断できないことが治療の妨げとなっています。

非感染性膀胱炎の原因

月経中の膀胱の炎症に関しては、それは些細な理由で起こることがあり、非常に複雑です。

  • アレルギー性膀胱炎の原因

衛生製品に対する個人の対応現在、女性の選択は素晴らしいです - パッド、タンポン、月経カップ。製造業者によれば、これらの製品はすべて正しく使用されても女性の体に害を及ぼすことはありません。しかし、個々の特性により、衛生製品の組成に対する強いアレルギー反応が起こるかもしれません。注目すべきは、このような状況がタンポン、月経カップから起こることです。これらの資金が膣内に血液を蓄積するので、それらは酸素のアクセスを閉じます。微生物の発生、虫垂の炎症の出現に好ましい環境があります。そしてこの病理学的過程の最初の段階でも、かゆみ、灼熱感、そして痛みを伴う排尿によってアレルギーを感じることがあります。月経が終わると、症状は治まります。それがアレルギー性膀胱炎であるならば、彼らは必要なら抗ヒスタミン薬で、重要な日に特定の衛生製品を拒絶することによって治療されます。

  • 中毒性膀胱炎の原因

体の中毒は、有害成分 - 毒素の蓄積の結果です。膀胱炎の原因は、化学物質、内臓の病気、システムの影響による身体の中毒です。中毒性膀胱炎は、重度のインフルエンザや他の複雑なウイルス性疾患の後に起こることがあります。それは常に体内の複雑な炎症過程の結果です。

  • 膀胱炎の一般的な原因

膀胱の炎症の一群の原因もあります。これは卑猥な低体温を含みます。秋の公園のベンチに座って冬のナイロンタイツ、プロの活動​​の性質による低体温。燻製、辛い、脂っこい食品の乱用。このような製品は胃腸管のプロセスに悪影響を及ぼし、腎臓、膀胱の働きを妨害します。

上記の形態の膀胱炎の治療は症状の除去を伴う。病気を引き起こす要因の排除。そのような状況がなければ、感染が疑われるべきです。

感染性膀胱炎の原因

膀胱炎の一般的な原因は、クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、ガードネレラによる未治療または未治療の感染症です。膀胱炎は性感染症の結果として発症するトリコモナスを誘発します。病原体は膀胱の炎症を引き起こし、痛み、痛みを伴う排尿を引き起こします。この病気はツグミが原因で発生します。排尿の問題、排泄物の酸っぱい臭いがこの炎症の原因を示しています。

感染は腸疾患のために膀胱領域に入ることがあります。病原体は不適切な洗浄、衛生状態、尿の流出によって体内に浸透します。感染源は骨盤内臓器外にある可能性があります。炎症は、歯髄炎、扁桃炎、腰痛症を引き起こします。感染症への入り口が開いているので、膜の剥奪は膀胱疾患の原因になります。それは潜在的な形で体内にあった場合は、月経の過程で明らかにされた。

病気の原因は十分すぎるほどです。治療は医者を任命しなければならない。独立した措置は状況を複雑にする可能性があり、炎症は慢性化するでしょう。

膀胱炎による月経の正常化 - 治療

急性型の膀胱炎では、鎮痙薬、利尿薬、抗菌薬が処方されています。必要です:

  • ベッドレストに従う
  • ダイエット
  • 水分をたくさん飲む。

激しい痛みには、Nosh-poo、Papaverine、Drotaverineを服用してください。ピルは筋肉のけいれんを取り除き、痛みを取り除きます。 В качестве мочегонных средств принимают готовые фитопрепараты Цистон, Канефрон, Фитолизин. Либо готовят отвары самостоятельно.ベアベリー、腎臓茶、リンゴンベリーを使用した月経膀胱炎の治療に。膀胱炎のための快適でおいしい治療法は、リンゴンベリー、ブルーベリー、クランベリーのモアです。お湯とソーダで洗うことで排尿後の状態を改善します。この手順は、ガスケットを交換するたびに行うことをお勧めします。タンポン、膀胱炎の治療中の月経カップは使用されていません。

さらに、病気の原因を取り除きます。生殖器の炎症の併用治療を行います。膀胱炎の真の原因を突き止めなければ、治療は無効になります。膀胱炎の治療期間は、病気の段階、その原因によって異なります。治療は専門的でなければなりません。

毎月の治療中の膀胱炎

他の深刻な病気と同様に、膀胱炎は専門家に相談した後にのみ治療されるべきです。あなたが泌尿器科医を訪問し、生殖器系の臓器の病気を診断するために必要な薬を選択するためには、あなたは婦人科医によって検査されなければなりません。

月経時の膀胱炎の治療には、以下の薬が最もよく処方されています:

これらの薬は膀胱の炎症を和らげ、ほとんどの病原体を破壊します。

月経に伴う膀胱炎の痛みは、しばらくの間かなり「ノックアウト」することがあります。疼痛を軽減するためには、鎮痙薬が優れています:無shpa、パパベリン。

主な治療法に加えて、薬は植物由来の成分で処方されます:

抗炎症作用、利尿作用、鎮痛作用があります。

月経時の膀胱炎の予防には、次のものが必要です。

  • できるだけ頻繁にガスケットを交換する
  • 適切に洗浄するために(恥骨から肛門まで)、
  • 婦人科疾患をタイムリーに治療
  • 月経中はタンポンを使用しないことをお勧めします。
  • 過冷却しない
イリナ30歳: 「慢性膀胱炎を克服するのに役立った唯一の治療薬 記事を読む 必ず!」

最大の安静を確保するために、膀胱炎の悪化が大量の水を消費するようになったとき(尿路が洗浄されるように)。それは体の防御力を高めるためにビタミン複合体のコースを飲むことをお勧めします。

月経前の膀胱炎、治療

ほとんどすべての女性は、自分の期間がホルモンレベルに直接依存していることを知っています。毎月の理由の前に膀胱炎はまさにこの事実にあります。さらに、他の要因も病気の発生に影響を与えます。

これらが含まれます:

  • 改良ミクロフローラ膣はあらゆる種類の細菌の影響を最も受けやすくなり、この間に臓器の組織に侵入しやすくなります。
  • 免疫システムを弱めた。月経の過程で、体はそのすべての予備軍に子宮内膜を更新するように指示します、
  • 衛生製品の使用変更されたミクロフローラは、製品を構成する通常の成分に対してさえも否定的な反応をもたらす可能性があります。
  • 親密な衛生状態の違反。生殖器の炎症過程も泌尿器系に転送されます。

上記のすべての要因が、なぜこの疾患が発生し、なぜ膀胱炎が月経前に悪化するのかについての考えを与えます。この間、女性は最低限保護されています。これは免疫力が低いためです。

できるだけ早く病気の治療を始めるためには、月経前に慎重に膀胱炎の兆候を研究する必要があります:

  • トイレに行きたがっている。これは夜に特に明白です、
  • 下腹部に強いチクチク感がある、
  • 痛みは非常に労働力を彷彿とさせる、
  • 女性に排尿すると、不快な灼熱感と痛みを感じます。

病気の女性は極度の疲労を訴えます。同時に、肉体労働は全く不要です。

上記のすべてに加えて、病気の兆候の1つは尿の色の変化です。それは暗くなり、またその中で、外来の割り当てや薄片に似た粒子さえも観察することが可能です。

あなたが尿中の血や膿の痕跡を見たことがある場合は、直ちに専門医に相談してください!

重要です!悪化した病気は不本意な排尿を引き起こすかもしれません。この事実は確かに通常の生活様式に影響を与えることはできません。

月経後の膀胱炎

月経後に膀胱炎の徴候および疾患自体が現れる場合は、極めて一般的です。女性は体が完全に更新されており、重要な日の間ほどバクテリアの出現に敏感ではないので、何が起こっているのか理解していません。選択は止まらないかもしれませんが、鈍い白色をしています。

なぜ月経膀胱炎の後?これにはいくつかの理由があります、そして、それらは月経周期の他の時期と比べて特徴的な違いがあります:

  • 分泌物は膀胱に入り込み、炎症を起こします。
  • 親密な衛生製品によって引き起こされる刺激。それはアレルギー反応が即座に起こる可能性があると言う価値があります、
  • 性感染症。分泌物とともにウイルスやバクテリアは非常に早く膀胱に入ります。
  • ツグミ

膀胱炎は月経の遅れを引き起こします。

事実は、定期的な周期が卵巣の正常な機能に直接関係しているということです。炎症が膀胱に発生した場合、それは確かに卵巣に影響を与えます。

注意を払ってください。この遅延は、病気が発見された瞬間だけでなく、完全な治療の後でさえ可能です。これは、膀胱炎がしばらくの間治まる可能性があるという事実だけでなく、女性の身体に対する薬の効果にも起因しています。

疾患が慢性的であるか、または急性形態で発生する場合、子宮内膜の変化が可能である。かく乱されたホルモンは、分離、排除、そして細胞の再生の過程に影響を与えます。

月経および膀胱炎の発症が遅れると、直ちに治療が必要です。女性は血液検査を受け、超音波検査を受けなければならないでしょう。検査の結果は卵巣の違反である可能性があります。したがって、毎月は1週間または1ヶ月遅れることさえあります。ご存じのとおり、女性の日数は妊娠のために発生しない可能性があるため、まず最初に削除する必要があります。

膀胱炎後の月経遅延

膀胱炎は毎月影響を及ぼし、これは事実です。時には、一見完全に回復した後、月経が再開しないことがあります。その理由は何ですか?

周期の不規則性は女性に警告し、彼女に医者に相談するように強制するべきです。性感染症があったり、性感染症があり、治療が適切に行われなかった場合、ウイルス病原体はどこからも体から消えないということを忘れないでください。簡単に言えば、彼らは単にしばらくの間鎮静し、そして再び自分自身を感じさせるが、より厳しい形で。この理由から、あなたは時間通りに行動を起こす必要があります。

膀胱炎は泌尿器系だけでなく性器にとっても危険です。それらは互いに非常に近接しているので、炎症はある臓器から別の臓器に移動する可能性があります。膀胱炎を取り除いた後でも、同様に危険で不快な他の病気が女性に見られることがあります。

この病気は健康全般だけでなく、通常の生活様式にも影響を及ぼします。女性は痛みや不快感を経験し、そしてもちろん、状況によるストレスを被ります。月経の遅れや、逆にもっと多い退院があるかもしれません。

あなたが膀胱炎を持っているなら、あなたは自己瞑想する必要はありません - それは状況を悪化させるだけです。専門家による検査と証言は、正しい治療法を見つけ、あなたの健康を改善するのに役立ちます。

毎月または再発性疾患の前の膀胱炎は、間違いなく対処しなければならない非常に深刻な問題です。

メモに

多くの場合、病気の症状が取り除かれた後、女性は治療を中止します。これは間違った、そして最も重要なのは危険な決断です。

多くの場合、膀胱炎は慢性化し、増悪するたびに膀胱粘膜にますます影響を及ぼし始め、これが健康に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

膀胱炎の合併症を避けるために、あなたは医者への訪問を延期してはいけません。膀胱内の頻繁な炎症の原因を見つけ、正しい治療法を選択できるのは医師です。

病気の主な原因

毎月と膀胱炎は、炎症過程の病原体を介して直接の関係があるかもしれません。これは、炎症が性的接触を介して伝染する病気の長期にわたる経過の結果である状況において特に当てはまります。

月経時の膀胱炎の主な原因:

  1. 月経中の女性の免疫システムの弱体化。これにより、膀胱炎を含む多くの感染症の発症に好ましい条件が形成される。

  2. 月経直前のホルモン不全、これは様々な病状に対する体の抵抗性に悪影響を及ぼす。
  3. 泌尿生殖器系に影響を及ぼす慢性疾患の悪化。
  4. 膣内のバクテリアバランス障害。
  5. 単純な衛生法則を無視すると、炎症過程の始まりと病原性微生物叢の繁殖のための有益な土壌の形成につながります。
  6. 女性が肢体の炎症を起こしている場合、月経中にこれは尿路を介して感染の拡大をもたらす可能性があります。結局のところ、これは無症状型の膀胱炎を引き起こす。

病理学の臨床症状

一般的に、月経時とそれを伴わない膀胱炎の症状はほとんど同じです。この病気の主な症状は、次のとおりです。

  • 頻繁にトイレを促す

  • 排尿時の下腹部および尿道の性格を切る痛み
  • 長時間止まることができない痛みを伴う感覚、引っ張って痛むような形態を獲得する、
  • 尿の匂いと色の変化
  • 体の全体的な衰弱、これは絶え間ない疲労と眠気で表されます。
  • 急性膀胱炎の発熱と悪寒。

女性が月経中に膀胱炎を発症した場合、これは感染症が膀胱と尿路だけでなく付属肢にも広がったことを意味します。そのような場合、月経直前に膿の塊が膣から放出されることがあり、月経が起こると血液と混ざります。

排卵期の膀胱炎 - それは可能です

月経が終わると、女性の免疫システムはひどいストレスを受けます。病原微生物が泌尿生殖器系の器官に容易に侵入するのはこのためである。そのような状態における膀胱炎は、免疫系の一般的な抑制および病原性微生物叢の急速な発達の背景に対して現れる。

女性の排卵が妊娠中に終わった場合、子宮のサイズを大きくすると、毎日膀胱への圧力が高まります。このような状態では、骨盤内の臓器への血流が増加するため、排卵中に膀胱炎を引き起こす病原菌の侵入の危険性が高まります。

膀胱炎症療法

病気の正確な原因を特定した後、医者は月経時の膀胱炎の治療を目的とした薬のリストを患者に処方します。治療の全体的な有効性はこの状態の順守に直接左右されます。

月経中またはその後に病原性細菌の病原性の影響により膀胱炎が発生した場合、医師は患者に広い範囲の作用を有する抗生物質の投与を帰属させることができます。これは、痛みを伴うミクロフローラの繁殖と拡散を抑えるのに役立ちます。

無shpaおよびパパベリンは頻繁に苦痛を取り除くのに使用されています。抗生物質のコースは、既存の臨床像に基づいて、担当医によって個別に処方されます。

抗生物質、鎮痛剤および抗炎症薬に加えて、女性はCanephronのような薬を処方されるかもしれません。それは一般的な抗炎症効果があり、また下腹部の痛みを軽減するのに役立ちます。

膀胱炎の治療のための医学的方法の使用に加えて、患者はウォームアップ処置を受けることが勧められる。確かに、このタイプの理学療法は月経が完全に終了した後にのみ使用することが許されることを考慮する価値があります。

病気の民間療法

膀胱の炎症を和らげるためには、乾燥ローズヒップベリーの煎じ薬を飲むことをお勧めします。そのような癒しのブロスの準備のために、あなたは1杯の熱湯で注がれて、そして1時間魔法瓶に注がれている約12の野生のバラの実を必要とするでしょう。この一般的な方法はほとんどの泌尿器科医によって推奨されています。

その効果において同様である注入は果実からではなく、お尻の付け根から準備することができます。これを行うには、1杯の沸騰したお湯に2杯の挽いて乾燥させたローズヒップの根を追加します。

得られた混合物をさらに10〜15分間煮沸し、約3時間煮沸する。治療効果を得るためには、煎じ薬は1日約5回、大さじ1杯消費されるべきです。

月経期間中に膀胱炎の治療に良い効果がリンゴンベリーの葉の煎じ薬を与えます。膀胱炎の治療のためのこの民間療法は非常に簡単に準備されています。コップ一杯の沸騰したお湯に、大さじ2杯の乾燥したコケモモの葉を入れる必要があります。その後、得られた混合物を10分間煮沸し、数時間放置する。歪んだスープは小さじ1杯で1日に5回消費されるべきです。このツールは膀胱炎だけでなく、翡翠にも優れています。

病気予防のヒント

月経時の膀胱炎の予防の核心は、個人衛生の女性の基本原則を尊重することです。肛門から尿道と膣への病原性ミクロフローラの浸透を許さず、定期的に洗うことが必要です。これを行うには、前後に洗うときに動かすだけで十分です。

月経に伴い、個人衛生の問題はさらに重要になります。理想的には、あなたはすべての排尿の後、または少なくとも1日に2〜3回自分自身を洗う必要があります。さらに、専門家はできるだけ頻繁にパッドとタンポンを変更することをお勧めします。これは病原菌の繁殖の可能性を排除するのに役立ちます。

一般的に、タンポンは血のよどみや微生物の繁殖につながるので、可能な限りタンポンの使用を排除することをお勧めします。多くの場合、月経直前の膀胱炎は、肢体に問題がある女性に起こります。このような理由から、たとえ病気の症状が治ったとしても、婦人科医による検査が重要です。

Pin
Send
Share
Send
Send