衛生管理

重い期間の原因と治療方法

Pin
Send
Share
Send
Send


女性の体は非常に複雑です。毎月弱いセックスの体は途方もない変化を経験します。それらは、いくつかのホルモンの生産が他のホルモンの放出によって置き換えられるという事実によって引き起こされます。これはすべて子宮粘膜の拒絶を伴う。女性は性器からの血液の放出にも注意しています。この記事では、なぜ重い期間があるのか​​を説明します。あなたはまた、この場合やその場合に何をする必要があるのか​​を見つけます。

どんな月経が豊富であると考えられますか?

あなたが重い期間の原因を突き止める前に、あなたはプロセス自体について数語を言う必要があります。出血は7日以上続く退院です。同時に、それらは非常に豊富であり、女性は衛生パッドまたはタンポンを毎時交換する必要があります。

また、毎月の激しいことについては、そのような日に性の弱い人の代表が気分が悪くなり始めることがあります。これはヘモグロビンの減少と重度の失血によるものです。この状態を修正する必要があります。ただし、任命は資格のある専門家によってのみ行われるべきです。そうでなければ、治療はトラブルや様々な種類の合併症を引き起こす可能性があります。

豊富な長期間

この現象の原因は異なる場合があります。ある場合には、それは女性の身体の生理的特徴となります。別の状況では、私達は病理学について話しています、それは即時の修正を必要とします。言うのが難しい、豊富な期間がある理由は何ですか。しかし、あなたが行った調査と分析の後、あなたはこれに関してあなたが持っているすべての質問に対する答えを得ることができるかもしれません。

重い期間の原因は、避妊薬の誤った使用にある可能性があります、病理学はまた、ホルモン不全などの間に、子宮の病気に現れる。出血の主な原因を詳細に検討し、その対処方法を見つけましょう。

体のホルモン不全

重い期間の原因はホルモンレベルの変化かもしれません。この場合、ほとんどの場合、女性には過剰なエストロゲンがあります。これは、生殖器官の内層が大量に成長するという事実につながります。多くの場合、この場合の公正なセックスは長期の月経ではありません、すなわち、非常に豊富です。また、多くの10代の少女は非常に長い退院を報告しています。

ホルモンの不均衡の治療は適切な方法で行われます。経口避妊薬は最も一般的に処方されています。性の弱い人の代表が妊娠を計画している場合は、プロゲステロンを含む薬を使って治療を行うことができます。それらは排卵を妨げませんが、病的状態を完全に矯正します。そのサイクルが始まったばかりの少女が毎月のような大量のまたは長期間の期間に遭遇した場合、通常医者は待機戦術を選択します。この場合、薬は患者が非常に気分が悪いときにのみ処方されます。

避妊薬

長期間の理由は、望まない妊娠から保護するための手段の誤った使用が原因である可能性があります。さらに、それはしばしば経口避妊薬または子宮内器具に関するものです。

この現象の治療は症状になります。女性が経口避妊薬を使用している場合、それらは単にしばらくキャンセルされます。同時に、このようにして生物に影響を及ぼさない代替の保護手段が指定されている。短い休憩の後(通常2〜4か月以内)、医師は一連の検査を行い、適切な経口避妊薬を選択することがあります。子宮内装置が価値がある場合は、それは単に削除されます。

子宮筋腫

筋腫を伴う豊富な時期がかなり頻繁に見られます。医師はまだそのような過程の過程を研究していません。しかし、女性が婦人科医に同様の苦情をした場合、医師は直ちに良性腫瘍の存在を疑い始めます。

病理学的治療はすべての場合に実施されるわけではない。多くの場合、医師は待機方法を選択し、エストロゲンの産生を抑制するホルモン剤を処方します。腫瘍が患者に深刻な不快感を与え、生活の質を著しく損なう場合、婦人科医は治療を勧めます。それは異なる場合があります:レーザー矯正、動脈管の使用、生殖器の完全除去。それはすべて子宮筋腫の種類とそのサイズによって異なります。

子宮内膜症

重い期間の原因はしばしば子宮内膜症のような病気になります。正常な状態では、子宮内膜は生殖器官の腔内で定期的に更新されます。時には、粘膜層が腹膜、卵巣、卵管または子宮頸管内で成長し始めることがあります。これがすべて病理です。次の月でこの層と出血し始めます。多くの場合、放電は褐色またはチョコレートになります。また、患者は血栓の存在に気付くことがある。

子宮内膜症の治療はさまざまな方法で行われます。それらの中で最も効果的なのは外科手術です。また、医師はしばしば人工クライマックスに女性を注入します。妊娠とその後の長期の母乳育児は女性の身体に良い効果をもたらし、しばしば回復につながります。

炎症と感染

中絶または他の介入の後の豊富な期間は感染の加入を示すかもしれません。この場合、女性は下腹部の痛み、一般的な倦怠感、発熱、その他の症状に気付くことがあります。

この状態の修正は必ず行わなければなりません。さもなければ、癒着の形での合併症、慢性の形での移行病理などがあるでしょう。ほとんどの場合、生殖管の感染および炎症過程は抗菌薬で治療されます。女性にどのような抗菌剤が必要かは特別な分析の後に決定され、それは「細菌学的培養」と呼ばれます。免疫調節組成物およびミクロフローラを回復する手段も割り当てた。

流産、または自然流産

遅れた後の豊富な期間は妊娠があったことを示すかもしれませんが、それは中断されました。いくつかのケースでは、より弱い性別の代表者は彼女の新しい状態について知る時間さえない。

非常に短い期間では、修正は必要ないかもしれません。子宮内に卵子の膜が残っていない場合、女性の身体は独立して問題に対処した。中絶が6〜8週間後に起こり、大量出血を伴う場合、女性は援助を必要とします。それは生殖器の収縮能力を高める薬の使用にあるかもしれません。また、時には患者が子宮の掻爬を必要とする。

内容

各女性の体は個性的です。これは特に生殖器系に当てはまります。すべての女性の月経周期は個々の特徴を伴って進行しますそして、非常に多くの場合、公平な性は激しい時期のような問題に直面します。そしてこれは痛みだけでなく大量出血にも当てはまります。この状況で何をする?失血の量が多いとき、月経中に何を飲むのですか?この質問は非常に多くの女性を心配しています。この記事では、重い月経の原因となる可能性があるもの、および月経の止血薬を使用できるものについての質問に対する答えを見つけるでしょう。

月経中の大量失血の原因

失血の量と月経の期間は、個々のパラメータです。しかしながら、月経流出による150mlを超える血液の損失は過剰であると考えられている。しかし、あなたが薬局に行き、月経のための止血剤を買う前に、あなたはそのような失血の原因であるかもしれないものを把握する必要があります。

除外する必要がある、重い期間の主な理由は次のとおりです。

  • ポリープ - 良性の粘膜形成、それはそれ自体を表すことができない、豊富な月経によってのみ、
  • 子宮筋腫 - 筋肉や結合組織の良性腫瘍で、小さいサイズでは無症候性であり、唯一の徴候は重い出血を伴う重い期間である可能性があります。
  • 子宮内膜症は、子宮内またはその外側で子宮粘膜が結節の形で増殖するホルモン依存性疾患であり、この疾患の症状は月経前および月経障害中の痛み、ならびに重い月経です。

上記に加えて、月経時の大量失血の原因は以下のとおりです。

  • ホルモンの不均衡
  • 子宮および付属器の炎症性疾患
  • 血液凝固システムの病理
  • ビタミンKの不足
  • 月経困難症。

月経障害、特に豊富な失血の原因は腹腔鏡検査を含む手術である可能性があることを覚えておくことも重要です。毎月このような状況で長期間復元することができます。

青年期の豊富な月経

また、毎月の重い期間の原因は不特定の月経周期かもしれません。これは13〜16歳の女の子に典型的です。このような状況では、すぐに月経のために薬を服用するべきではありません、しばしば周期はそれ自身で正常化します。しかし、いずれにせよ、過剰な失血の場合には、可能な病気を除外するために婦人科医に相談するべきです。多くの女の子がインターネット上で非常に多くの期間をテストしようとしていますが、あなたは一人一人が個人の生理学を持っていることを理解する必要があります。不安定な月経周期の場合、若い女の子は月次テーブルのような会計システムを維持することが非常に有用であると思います。これは、その期間を修正するために、サイクルの違反があるかどうかを明確に追跡するのに役立ちます。毎月の表は、月経の開始日と終了日をカレンダーに表示したもので、その性質(痛みの有無、贅沢)についてのメモが付いています。

子宮内装置を取り付けるときの月経

多くの場合、重い月経の原因は確立された子宮内装置です。この場合、毎月は豊富になる可能性があります。女性が子宮内避妊薬の選択について決定を下す場合、彼女は専門家によって観察され、定期的な検査を受ける必要があります。多くの女性は、らせんが取り付けられた後に次のように述べています。

  • 月経は大量の失血を伴いました
  • 場合によっては、逆に月経が乏しくなることがあります。

そのような状況では、医者だけが標準が何であるか、そして病理は何であるか、そして月経のために止血薬を服用する必要があるかどうか、または避妊方法を変える価値があるかどうか決定できます。

月経止血剤

月経中に大量の失血がある場合、最も忠実なのは専門家に連絡して十分な検査を行い、起こりうる疾患を除外することです。期間が長い場合は、次の薬を処方することがあります。

この薬物は、血液凝固に積極的に関与している、すなわちプロトロンビンの形成に影響を与えるビタミンKの合成類似体です。この薬には特定の適応症と禁忌があるので、長い期間のVikasolは医師の指示どおりにしか使用できません。当然のことながら、長期間のビカゾールは失血の原因がビタミンK欠乏症である場合にのみ有効であるため、そのような薬を自分で処方することは強く推奨されません。

薬は月経にもよく使われます。これは大量出血のために処方された止血薬です。月経異常症は通常、出血の原因が子宮筋腫および血管疾患である場合に処方されます。他の薬と同様に、dicinonには特定の適応症と禁忌、副作用があるため、月経中のdicinoneの服用は医師によって厳密に処方されることがあります。

この薬はゴナドトロピン放出ホルモンの合成類似体で、抗癌剤のグループに属しています。ジフェレリンのような薬物は、毎月、GRHに対する末梢受容体の感受性のレベルで調節する。子宮内膜症の治療薬、子宮筋腫。医師による診察と適切な診断の確認の後に初めてDiferilinを割り当てることができます。毎月豊富な形で毎月スペシャリストに会う理由です。

月経のあるトラネキサムはかなり頻繁に使用されます。月経のためのこの止血薬はさまざまな状況で処方することができます。これは現代の止血薬であり、その作用機序はフィブリノリジンの活性化およびプラスミンの形成である。月経を伴うトラネキサムは通常ピルの形で処方され、その受付は医師の監督の下に行われるべきです。

アスコルチンはビタミンC、またはアスコルビン酸とルチンを含む薬です。月経によく使われます。その作用は、血管壁を強化し、毛細血管の脆弱性と透過性を減らすことです。また、この薬は抗酸化作用があり、それによって全体的な健康状態を改善します。

期間が長い理由はたくさんあります。多くの女性は、その期間中に止血薬を服用することによって自分でこの問題を解決しようとします。しかし、望ましい効果を得るためには、失血の原因が何であるかを理解することが非常に重要です。専門家だけがこれを正しく判断できます。

月経過多とは何ですか

月経過多とは何ですか

科学における過剰な時期は月経過多と呼ばれます。しかし、強い月経の兆候が何であるかを想像する人はほとんどいません。

したがって、月経中に次のような症状が出た場合は心配する必要があります。

  • 毎月は1週間以上続きます
  • 毎時パッドやタンポンを変更する必要があります、
  • 漏れを防ぐために、一度に2つのガスケットを使用します。

月経過多の原因

豊富な期間が多くの病気の背景に対して発生します。そのような毎月の期間に真剣に取り組むことが必要であり、あなたのリプロダクティブヘルスに害を与えないために専門家に頼ることはより正しいでしょう。

科学は非常に豊富な日々の間に次の理由を知っています:

  • ホルモンの背景のアンバランス違反。これは思春期の初めに女の子によく見られます。体はちょうどサイクルを回復し始めています。閉経前の女性には、より多くの期間が頻繁に発生します。更年期障害の間に、身体の基本的な再構成が起こり、子供を妊娠する機会が失われ、そして毎月、そして非常に豊富で、それから不十分になる。これら2つのタイプでは、これが標準であり、他のすべてのケースでは適切な介入が必要です
  • 排卵プロセスが中断。卵巣の障害も月経の悪化に影響します、
  • 腫瘍性疾患。女性の臓器(卵巣、子宮、子宮頸部)のがんは、強い血液の排出を引き起こす可能性があります。
  • 婦人科用医薬品。例えば、避妊薬
  • 良性腫瘍。これは、線維腫または子宮筋腫を指します。
  • ポリープ。それは子宮の壁に、穏やかな性格を帯びた小さな地層です。それらはホルモンの活動から生じます、
  • 子宮内装置。残念なことに、月経の激増は副作用であり、緊急の除去が必要です、
  • 妊娠。異所性または流産も豊富を示すことがあります、
  • 貧血。体内に鉄がない。
  • 微量栄養素欠乏。ビタミンCとKの欠乏、カルシウム、
  • 乳製品の過剰摂取。彼らは、血液凝固を減らす酵素の産生を誘発します。
  • 血液凝固障害。 von Willebrand病(血液凝固の問題)を患っている人々は、重要な日に、明らかに血液を失います、
  • 内分泌かく乱,
  • 子宮内膜症。それは子宮を越えた子宮内膜(子宮壁)の増殖を特徴とする。
  • 骨盤内臓器の病気。これらは、泌尿生殖器系の感染症または炎症プロセスです。
  • 遺伝します。 あなたのお母さんや祖母が重い期間を過ごしたならば、あなたが危機的な日にそのような状況になるという高い可能性があります。
  • 外的要因。おかしなことに、しかしあなたが感じるものはあなたの健康に影響を与えます。ストレス、不安、否定的な考え、過度の電力負荷、気候変動 - これらすべてが、重要な日々の豊かさに影響を与えます。

別に、私は出産後の最初のヘビー毎月について言いたいです。それらは血栓を伴うこともあり、あなたが授乳中の母親であってもとにかく治療されます。 Ведь сильные кровотечения после рождения детей может иметь тяжелейшие последствия, вплоть до летального исхода.

Лечение обильных критических дней

Лечение обильных менструаций

Очень обильные менструации или менорргагия бывает двух видов:

原発性月経過多は思春期の初めに起こり、一時的な問題です。プロゲステロンとエストロゲンのレベルが正常化されるとすぐに、毎月の周期もまた改善するでしょう。時には、長い期間はヘモグロビンが低いことを示し、後に多嚢胞性卵巣疾患を引き起こす可能性があります。

2番目のタイプは、毎月の期間が安定していた女性にすでに発生しています。この場合、滲み出しは病気を示すことがあります。したがって、いずれにせよ、将来的に考えられるすべての原因を除外するために婦人科医に依頼することをお勧めします。

女の子が非常に重い出血に苦しんでいる場合は、まずあなたの日常生活から除外しようとすることができます。

  • 電力負荷
  • アルコールやタバコ製品の使用を最小限に抑え、コーヒー飲料の摂取量を減らすために、
  • 体の過熱を避け、
  • 血管拡張薬を使用している場合は、医師に相談した後、使用を中止してください。彼らは血の非常に強いラッシュを引き起こすことができるので、
  • ストレスを避け、緊張感を少なくし、精神的な疲労などを取り除いてください。

しかし、あなたの習慣を以下の推奨事項にするために:

  • あなたの食事療法にビタミンC、葉酸および鉄を導入しなさい。これらすべての微量元素とビタミンはより良い血液循環を促進します、
  • 私達の先祖達によってさえ行われたよく知られた方法は、下腹部の湯たんぽです。どこか10分で十分
  • そして最も楽しいお勧めは、休息、リラックスマッサージです。心理的状態は常に一般に生活の質に影響を与えます。

さらに、医師は依然として民間療法の処方および製品を作成することができます。

  • イラクサ。血を止めるのに欠かせない道具。これを行うには、乾燥したイラクサの植物の大さじを取り、そしてコップ一杯の水を注ぎ、10分間沸騰させ、そして主張しなさい。 1日に3回、予定されている毎月のハーフカップの前に1週間かかります。
  • とても良いヘルパーは、通常のラズベリーとミントのお茶です。無制限の数
  • カモミール薬局、ゼラニウム、羊飼いの袋、猫の足、ハーブパックなど、悪くないことがそのような薬草を証明しました。それらの全ては止血および抗炎症特性を有する。ここに羊飼いの財布レシピがあります:乾いた草の大さじ3杯は沸騰した水のコップで注がれるべきです。一日を通して強く主張し、服用してください。
  • 煎じ薬成分:イラクサ、ヤロウ、バーネット。準備:熱湯一杯の植物の大さじ1杯。水浴に15分間入れてろ過する。この薬は、食事の前に1日4回、サイクルの途中で服用されます。治療期間は2週間です。

上記のすべてが役立つかもしれませんが、常にそうではない推奨が大量の期間を止めるのに役立ちます。そのような場合、状況を悪化させず、あなたの生活の質を向上させないためには、それは専門家に頼るのが良いです。彼は順番に、病理学の原因を見つけるために一連のテストを任命するでしょう。

医者が処方するかもしれない検査:

  • 生検
  • 超音波、
  • 子宮鏡検査
  • こする
  • 細胞診塗抹標本、
  • 血液検査
  • 内外の性器の検査。

また、医師は妊娠に関する情報(出産の有無にかかわらず)、婦人科手術の合併症(出産や中絶など)を必要とします。彼らは非常に重い出血に影響を与える可能性のある薬を服用しているか、服用しています。

もちろん、患者は重要な日のカレンダーを入力しなければなりません。いつ始まったのか、いつまで続いたのか、いつ終わったのか、そしてその強さ。

強い時期の治療

月経過多の原因を特定したので、婦人科医は治療を処方します。

  • ホルモンの乱れがあるときは、薬を処方する。彼らは厳密に医師が発行するスキームに従って取られます。経口ホルモン避妊薬(COC)である可能性があります。それらは分泌を減らし、子宮内膜(子宮壁)が成長するのを防ぐエストロゲンとプロゲステロンを含みます。 1つのホルモンを処方することができる時があります。それはすべて問題によります
  • 重い月経が炎症過程によって引き起こされている場合、治療法は痛みの中心をなだめることです。例えば、抗炎症薬ナロフェン。
  • 炎症過程の間でさえ、理学療法は治療への優れた援助になります、
  • 線維腫患者は、それが除去を必要としないならば、内部注射を受けます、
  • 子宮内膜が成長する場合、治療用ゲルを含む子宮内タンポンが処方され得る。その性質は、排出量を減らすことであり、その結果、子宮壁の厚さが減少します。

手術を必要とする状況もあります:

  • 病理学
  • 体内の重度の鉄欠乏症、
  • 成長期の線維腫
  • 性器損傷
  • 他の処置が結果をもたらさないとき。

結論として、私は非常に豊富な期間が女性が普通の生活を送るのを妨げることに注意したいです。それでは、生殖器系の合併症を防ぎ、自動的に彼らの生活を大幅に向上させるために、良いスペシャリストを信頼してはいけません。結局のところ、彼らが言うように、すべてが私たちの手の中にあります。

なぜ豊富な期間なのか

豊富な月経は遺伝性であるか、または疾患の徴候である可能性があります。

  • 一週間以上放電が続く
  • 血栓が膣から出てくる、
  • 1時間ごとにガスケットを交換する必要があります、
  • 月経は痛みを伴う
  • 月経周期は21日より短いです。

豊富さに依存するものを知る必要があります。

  • 体内のホルモンの不均衡
  • 厳格な食事
  • 中絶
  • 産後期間。

ダイエット - 体への強いストレス。バランスの悪い食事は酵素システムの混乱を招きます。発酵乳製品を過剰に摂取すると、小さな血栓を破壊する物質の生成速度が上がります。

肉体的な労作と心理的なショックが激しいと、ホルモンのバランスが崩れます。脳と性器の間の接続は中断されます。この場合、一般的な不均衡が発生します。

甲状腺機能の低下は内分泌臓器の機能不全を引き起こします。代謝プロセスが遅くなり、ホルモン間のつながりが壊れ、体の働きが妨げられます。

肝疾患は血液凝固システムの欠陥につながります。子宮内膜剥離の場所にある血管では血栓は形成されない。血管は長時間出血します。

そのような時期は貧血、減圧、代謝障害、体調不良、社会的不快感を引き起こします。

婦人科疾患

月経過多は原発性および続発性であり得る。月経周期の形成の背景に女の子で観察された原発。病状ではありません。二次性は、体内の病理学的過程および疾患に現れる。

毎月そのような月が危険である理由は疑問です。これは病気の最初の兆候かもしれません。

  1. 筋腫筋肉層から発生した子宮の良性腫瘍。それはホルモンの不均衡が原因で起こり、追加の組織の形成につながります。
  2. 子宮内膜増殖症子宮の内層の肥厚。拒絶された組織の量が増加するため、月経は重くなり過ぎます。
  3. 子宮内膜ポリープ症。ポリープは腔内または子宮頸部に位置しています。子宮を縮小することはできませんという事実のために、血栓を伴う豊富な期間があります。
  4. 子宮内膜症子宮内膜に新たな病巣がある良性疾患。そのような広がりは月経中の出血の増加をもたらすことが知られている。
  5. 中絶豊富な分泌物は、胎児膜が残っていることが原因である可能性があります。
  6. 骨盤内臓器の悪性疾患ホルモン障害を引き起こします。毎月の期間では、腫瘍の組織粒子の崩壊があるかもしれません。
  7. 卵巣機能不全。それはホルモン破壊を引き起こします。毎月前もって来るかもしれません。周期は無排卵になります。

大量排出を減らす方法

女性は自分たちの時代をより豊かにする方法を心配しています。治療は、血栓の自然な形成を目的とした多くの活動を含みます。専攻:

  • 身体活動を減らす
  • 下腹部にアイスパックを置く
  • 鉄を含む製品の消費を増やす
  • コーヒーの消費量を減らし、アルコールを排除する
  • ビタミン(ビタミンC、アスコルチン、葉酸)を摂取します。
  • お茶をなだめるような。

止血剤

対症療法が必要です。あなたは重い期間のために薬を使うべきかを知る必要があります。

  1. アスクルチン。血管のトーンを上げます。毛細管の脆弱性を軽減します。けいれんによる出血を止めます。
  2. Ditsinon特定の扱い血管壁を強化します。微小循環を改善します。血管収縮作用があります。血栓の形成を促進します。
  3. ビタミンC血液の粘度を下げます。血管を強化します。毛細管抵抗を増加させます。

  4. 葉酸(ビタミンB9)。代謝過程に参加します。鉄吸収を改善します。それは神経系の機能に良い影響を与えます。
  5. 鉄の準備血中の鉄分を増やし、組織の栄養を改善し、代謝過程を加速させます。
  6. ビタミンB 12(シアノコバラミン)。血液形成を調節します。赤血球(赤血球)の形成を提供します。
  7. ビカソル。肝臓で産生されるビタミンKの類似物。血栓の形成に参加します。
  8. トラネキサムその薬は新世代です。血栓を破壊する酵素の抑制を促進します。主な治療法としてしばしば処方されます。
  9. ホルモン避妊薬あなた自身のホルモンを消すために使用されます。ホルモンレベルの正常化と裂けている血管の閉鎖に貢献します。
  10. グルコン酸カルシウム組織代謝を正常化するために使用されます。子宮筋収縮を改善し、血液凝固を増加させます。止血効果があります。
  11. アミノカプロン酸血栓を破壊する酵素を抑制する合成薬。毛細血管透過性を減らし、抗毒性効果があります。

重い期間のための民間療法

民間療法を頻繁に適用しなさい。これがいわゆるホメオパシーです。独立した治療としては機能しません。

  1. コショウ草を基に作られた水コショウのチンキ剤は血管を強化し、それらの浸透性を低下させる。血液凝固を促進します。子宮収縮性を高めます。
  2. イラクサ注入はビタミンB、K、アスコルビン酸およびパントテン酸を含んでいます。血液凝固を増加させます。全身性血栓を引き起こさない。
  3. ヤロウエキスは血液凝固を改善します。長い間行動します。血栓を促進します。
  4. ガマズミ属の木の樹皮(オーク)。この組成物は樹脂、フィトンチッド、タンニンおよび酸を含有する。代謝プロセスを確立します。子宮の緊張を強める。血栓の形成を促進します。
  5. ラズベリーの葉はフラボノイド、タンニン、アスコルビン酸を含んでいます。血管緊張を高め、毛細血管の脆弱性を減らします。
  6. ローズヒップには、ビタミンA、C、P、E、K、カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、タンニンが大量に含まれています。子宮の収縮を強くし、出血時間を減らします。

  7. 銀雑草のガチョウはビタミンC、酸、ワックス、澱粉を含んでいます。血管を収縮させ、毛細血管透過性を低下させます。副作用はありません。

ハーブブロスレシピ

スープと注入を開始すると、毎月予想される週の前にする必要があります。出血が終わる前に飲んでください。イラクサ、ガマズミ属の木の樹皮、オーク、ハーブペッパーの登山家からの最も一般的なレシピ。

イラクサ抽出物(またはヤロウ)は、次のように調製されます。1杯のイラクサ茎またはヤローにコップ1杯の熱湯を注ぎます。 15分を主張する。一日三回大さじを飲む。

オークまたはガマズミ属の木の樹皮からの注入は準備が簡単です。オークの樹皮(またはガマズミ属の木)を乾燥させて切ります。一杯の樹皮に500mlのウォッカを注ぎます。毎日容器を振って、7日間暗い場所で注入してください。ひずみ1日2〜3回、小さじ1杯のチンキ剤を50mlの水に溶かします。

ラズベリーの葉の煎じ薬はすぐに準備されます。これを行うには、大さじ3を注ぐ。砕いたラズベリーのスプーンは、2杯の熱湯で葉します。 6時間を主張する。 1日に4回、カップを半分にして使うことができます。

ハーブペッパーミントは、医療用アルコールから作られています。新鮮なハーブを100グラム取り、みじん切りにし、300度の70度アルコールを注ぐ。 10日間暗い場所で主張してください。内容物を毎日振る。ひずみ食事の前に飲んで20-30滴を1日3回飲む。

お茶の代わりにハーブティー煎じ薬を使用することができます。必要条件:ローズヒップ大さじ、登山草大さじ1杯、Potentillaガチョウ大さじ2杯、ヤロー大さじ1杯、刻んだオークの大さじ1杯。水をかき混ぜる。 15分間煮る。守れ。 1週間に1日3〜4回コップを飲む。

民間療法を使用する前に、あなたは医者に相談するべきです。真の病気の早期発見が健康を維持できることを忘れてはいけません。

Pin
Send
Share
Send
Send