健康

閉経期における心拍と頻脈:症状と急速脈の治療

Pin
Send
Share
Send
Send


更年期障害は、女性の身体に大きな変化をもたらします。 45〜55歳の女性はますます不愉快な症状の出現に気づいていますが、それは以前にはありませんでした。多くの場合、閉経中に頻脈を訴えているスペシャリストに頼ります。

更年期障害の心の問題

閉経期の発症に伴って心血管系の負荷が増大するため、閉経期の動悸は本当に増加する可能性がある。卵巣活動の低下は、体内の自律神経系、ホルモン系および内分泌系の根本的な変化を引き起こします。

血中のエストロゲン量が減少し、その結果、血管の弾力性と強度が低下し、脂質代謝の調節と正常なコレステロール値の維持が妨げられます。これらの不快な変化はすべて、血管内に高血圧とコレステロールプラークの形成を引き起こします。エストロゲン産生の減少は血管を通る血液循環に影響を及ぼします。それは遅くなり、不整脈と頻脈を引き起こします。

低レベルのエストロゲンは微量元素(マグネシウム、カルシウム、カリウム)の欠乏を招き、これは必然的に心筋の減少に影響を与えます。高い血液粘度は頻脈、血圧の上昇、閉経中の心拍数の上昇を引き起こし、心不全は除外されません。

更年期障害の不整脈は、より頻繁には生殖機能の消失の兆候であり、独立した疾患ではありません。心拍数が増加します。更年期の女性の場合、60〜85ストロークが標準と見なされます。頻脈の発症とともに心臓の鼓動が加速した。

心筋の収縮と弛緩を完了することが不可能になります、これが原因で、更年期の間に、心臓は傷つくことができます。独立して頻脈の発症は閉経中の不規則な心拍の症状が原因である可能性があります疑います:

  • 首やお寺の静脈に波紋が
  • 頻繁なめまい、
  • 心拍数の変化
  • 不当なパニック発作
  • 呼吸困難
  • 顔と頭の中の熱の感覚
  • 手足の振戦
  • 皮膚の発赤。

閉経中の頻脈は不整脈の発作を発現することがあります。それを認識するのは簡単です:心が連続して数回急激に強く押されたかのように感覚が発生し、それは集中的に収縮し始め、その後停止しました。そのような発作は突然始まりそして突然終わりますが、心臓に強い負荷をかけます、それ故に急速な心拍が長い間観察されます。この状態は脳卒中を引き起こす可能性があるので、治療する必要があります。

原因は何ですか:更年期障害または病気

減少したエストロゲンの結果としての循環器疾患 - 更年期の間の心臓動悸の主な原因。 甲状腺の病気はまた病理学の開発を引き起こす場合があります。心臓の働きにとって最も危険なのは甲状腺機能亢進症です。この状態は甲状腺ホルモンの産生増加を伴います。それらは生殖器系、消化器系および循環器系の働きに直接影響を与えます。

甲状腺機能亢進症は、閉経期に拡張期圧の低下、急速な脈拍および心拍を引き起こす。女性は、吐き気、血圧の跳ね上がり、睡眠不足、気分のむら、体重減少、肌の黄色さなどに悩まされることがあります。

閉経期の間、頻脈の状態は神経系の機能不全によって引き起こされる可能性があります。ホルモン調整は無関心、予期せぬ気分のむら、憂鬱な状態を引き起こします。感情的な急上昇は、心臓の動悸の一般的な原因となり、頻脈の発作を引き起こす可能性があります。女性が落ち着くとすぐに症状は自然に消え、状態は正常に戻ります。

閉経期におけるそのような疾患および心臓の問題は、副腎の癌性腫瘍の発生の結果であり得る。

頻脈を除くホルモンの不均衡は、そのような症状によって現れます:

女性の心痛は、重度の失血の結果としてしばしば起こります。ホルモン補充療法が処方されると、ホルモンは心血管系の状態に影響を及ぼし、めまい、吐き気、目の黒化、急速な脈拍および心臓の動悸を引き起こす重い子宮出血を引き起こす可能性があります。

身体が新しい労働条件に移行すると、慢性疾患は悪化し、病気を悪化させ、女性の幸福を悪化させる傾向があります。

安全な薬

女性が更年期障害を伴う頻脈を心配している場合は、どの薬であなたが発作を止めることができるかを知ることが重要です。あなたが不快な症状を経験するならば、あなたは心筋を弛緩させるために薬を飲む必要があります - Valocordin、Valerian、Corvalol。酸素を利用できるようにする必要があります。そのためにはウィンドウを開く必要があります。

専門家によると、閉経を伴う頻脈の治療は複雑であるはずです。閉経期の医師は心臓病、ホルモン、鎮静剤を処方します。これらの薬を服用することで、心臓の働きを矯正し、神経の興奮性を取り除き、血中のエストロゲンレベルを正常化することが可能になります。

抗不整脈薬の中でノボキナミド、リトモノーム、アラピニンを使用しました。心理的感情的な範囲に違反した場合は、鎮静剤が処方されます。それらは閉経の徴候を止めることを可能にし、頻脈を引き起こします - 神経質、過敏性、パニック発作および恐れ、涙。これは通常、バレリアンとマザーウォートの抽出物に基づいた薬です。コルバロールはこれらの症状によく効きます。植物ベースの使用済みおよび鎮静剤 - Inoklim、Persen、Remens。

療法はエストロゲンに基づくホルモンなしではしません:

心拍数を正常化し、血圧を安定させ、血管を強化し、弾力性を高めるために、ベータ遮断薬が示されています。

女性の性ホルモンの抽出物に基づいたハーブの助けを借りて、閉経時の全身状態を改善し、心血管系の働きを正常化することが可能です。

最も一般的な女性の植物はセージ - 植物ホルモンのエストロゲンの供給源です。それはホルモンのバランスを維持し、血管をきれいにし、のぼせの強度を減らし、頻脈を抑制します。あなたは煎じ薬と注入の形で取ることができます - ハーブの大さじ1杯の熱湯で注がれるか、水浴中に保たれるか、または5分間煮られます。効果を向上させるために石灰と混合されています。

閉経期の女性の身体に有利に作用するのは鎮静剤やハーブです。ミント、マザーウォート、サンザシ、バレリアン。これらのうち、あなたは夜にお茶を飲んで飲むことができます。混合物を沸騰したお湯のコップを注ぎ、30分放置して服用します。このお茶を使用すると、不眠症、睡眠障害、無関心やうつ病を取り除くことができます。心理的感情的背景の正規化の結果として、心血管系の働きに関する問題もまた消滅する。

  • ホップコーンとローズヒップを同じ量で摂取する、
  • 小さじ4。コレクション500mlの熱湯を注ぐ。
  • 水浴に15分間浸し、ひきます。

1日2回食事の前に30分の1/3カップの注入を取る。

頻脈と更年期障害の併用療法は、更年期に特徴的な症状の症状を軽減します。専門家の推奨に従って、心臓の働きを正常化し、ほてりを減らし、血管を強化し、そして血流を改善することが可能です。

閉経中に心拍を監視する必要があるのはなぜですか。

有機体全体の状態は、心臓の働き方によって異なります。彼の仕事は、この体の筋肉が緊張してからリラックスすることです。それはすべての臓器を通して血流を提供し、酸素と栄養素の複合体をそれらに供給します。心臓が弛緩するとき、それは次の鼓動のために力を増します。

したがって、閉経中の心拍が頻繁に発生すると、体に安静時間がなくなり、全身に酸素や栄養素を供給する時間がなくなります。これは生物全体の状態に影響を与えます。したがって、人間の健康状態は悪化し、彼の一般的な健康状態を悪化させています。

クライマックスでは、心拍がしばしば乱され、医学におけるこのような病気は頻脈と呼ばれます。

閉経中の急速な心拍の原因

ご存じのとおり、ホルモンは人体に大きな影響を与えます。これは特に、美しい女性の体内の多くのプロセスを調節する女性の性ホルモンエストロゲンに当てはまります。

このホルモンは神経系や心臓血管系の状態に影響を与え、心臓にも影響を与えます。さらに、ホルモンのエストロゲンは心臓の動脈の拡張と収縮を調節します。そしてホルモンが小さいと、それらは狭くなり始めます。これはまた全身への正常な血液供給を妨げます。

純粋な更年期障害に加えて、頻脈は他の説明があります:

  1. 甲状腺の活動亢進
  2. 血中の低酸素レベル。
  3. 体温が高い。
  4. 時々加速された心臓の律動はある特定の薬の服用に貢献します。したがって、心臓のリズムに問題があるときには、服用前に説明をよく読み、もう一度医師と相談して状況を解決することが非常に重要です。
  5. カフェインを含む飲料の乱用。
  6. 有害な習慣は心拍数、特に喫煙に影響を与えます。
  7. 心臓のリズムの問​​題を起こしやすい人は、わずかなストレスや不安の状況でさえも悪影響を受けます。患者がある生活事情のために常にストレスにさらされているときについて何を言うべきか。

閉経を伴う頻脈の症状

この病気の症状に関しては、この病気の原因に関係なく、すべてのケースで同じです。次の症状と症状が頻脈を認識するのに役立ちます。

  • 測定装置なしで感じられる急激に増加した心拍は、文字通り動く。
  • めまい時々人は空間の方向性、バランスを失うことがあります。
  • ひどいことが起こるのではないかという恐れがあります。例えば、死です。
  • 呼吸困難、胸部の圧迫感。
  • 高血圧
  • 時々上肢に熱感があり、手足に震えています。

注意!通常、頻脈はそれ自体では起こりません。それは強い身体的な努力または感情的な激動の後の健康な人にとっても典型的です。しかし、これらの症状はすぐに消えます。これが起こらず、そして増加した圧力が急速な心拍数に加えられるならば、それは救急車を呼ぶことが勧められます。

頻脈の発作に対して応急処置をするにはどうすればいいですか?

あなたまたはあなたの最愛の人が頻脈発作を起こした場合、あなたは救急車が到着する前にあなたが彼に与えることができる治療の規則について知る必要があります。

  1. 患者は椅子、ソファ、またはソファの上に座ってください。
  2. 窓を開けて空気の流れを確認してください。これが除外されるならば、一枚の紙でさえ、集中的に患者を扇動し始めてください。
  3. アウターウェアを開き、ストラップとブラの留め金を緩めます。
  4. 患者を落ち着かせ、パニック発作に陥らないでください。
  5. 彼が深くそして均等に呼吸することを試みることを確かめなさい。

注意!あなたやあなたの愛する人が頻脈発作を起こした場合は、時間内に呼ばれた救急車でさえも病気の人の命を救うことができるので、主人公にならないで物事を進行させないでください。

閉経による頻拍の攻撃を取り除く方法は?

更年期障害の間にあなたの状態を正常化するために、問題は包括的に接近されなければなりません:薬物療法、伝統的な薬を結合して、そしてリラックスすることを学ぶこと。もちろん、更年期障害は有能な専門家だけが治療を処方すべきであるという特定の状態であるため、いかなる種類の自己治療も疑う余地はありません。そうでなければ、女性は自分自身に害を及ぼすことができます。

閉経期頻脈の薬物治療

更年期頻拍の薬に関しては、医師によって処方されますが、どの病気のグループが通常この病気を取り除くのに使われるかについて考える価値があります。

  1. ストレスホルモンの刺激作用を減らすことができる薬。
  2. まだ鎮静剤と呼ばれる医療行為にある軽い鎮静剤。
  3. 酸化防止剤 - 体への血液供給を改善するための手段。
  4. ビタミンは体の通常の全体的な状態を維持するのを助けます、なぜなら更年期の間、体は弱体化されて、そしてさらなる支持を必要とするからです。

閉経期の心臓動悸の非薬物治療

頻脈の発作が再発しないように、あなたはリラックスし、リラックスし、ストレスを和らげることができる必要があります。以下はこれによく適しています。

  • 呼吸器系の診療あなたが緊張しようとしていることに気付いたら、これは落ち着くための最も簡単で最も手頃なオプションです。時にはそれは腹部の関与を伴う数回の深呼吸を必要とし、その結果、ストレスが後退し、そして賢明に瞑想することを可能にした。
  • ヨガ
  • 瞑想

これらのテクニックを学ぶためには、閉経を経験している女性のために特別に作られた特別なトレーニングや健康グループに参加する必要があります。運動は誰にも害を及ぼさないので、心を助けることに加えて、そのような活動は更年期の間だけ気分が良くなるのを助けるでしょう。また、女性はこのグループやワークショップの参加者の中から友人を見つけ、ブルースから気をそらすのに役立つ、新しくて面白い知人を作ることができます。通常、更年期の間に女性を殴打します。

トレーニングや健康団体に参加する重要な機会がない場合は、更年期中のリラクゼーションに関する特別な文献を読む、ビデオレッスンでディスクを購入する、またはインターネットでそれらを見る必要があります。

閉経中の頻脈の症状を緩和するための民間療法

患者が心臓のリズムの問​​題を解決するのを助ける伝統的な医療ツールもあります。通常、これらのツールは鎮静効果もあります。もちろん、伝統的な薬は通常の意味での薬ではありません。それによる重大な副作用はありませんが、その使用は医師と調整する必要があります。

以下の治療法は、その症状を軽減するのに役立ちますので、更年期障害に最適です。

  1. ホーソーンフルーツジュース あなたは半分のコップの水に15-20滴を取る必要があります。これは落ち着くのを助けます、そして、体のホルモンの変化をそれほど急激に追いやらないでください。サンザシのフルーツジュースが手元にない場合は、乾燥した植物自体が行います。頻脈の治療のために、あなたはお湯のガラスで草のピンチを醸造し、注入するために数時間放置してから、一日三回食事の前に一杯半の三分の一を緊張して取る必要があります。
  2. 賢者 正常な状態でエストロゲンレベルを維持するのを助けます、血管を浄化するのを助けます。それは煎じ薬として、そして注入の形でとられることができる。賢者は潮の干満の激しさを軽減します。閉経期の頻脈は潮汐に基づいて起こることが多いので、急速な心拍などの問題を忘れることができます。
  3. あなたはハーブをお茶の形で使うことができます。これを行うには、ヤロウ、タイム、ミントの等しい割合を取り、沸騰したお湯を淹れて、お茶の代わりにそれを飲むだけです。

したがって、閉経を伴う頻脈は珍しいことではありませんが、これはあなたがそれに我慢しなければならないという意味ではありません。あなたの状態を正常に戻すために、多くの方法があります。これを行うには、あなたは包括的に治療に取り組み、あなたの医者とそれを調整し、そして定期的に治療を受ける必要があります。

また、閉経中の予防の方法についても忘れないでください。閉経中の心拍、その治療は非常に困難で長く、それを危険なレベルにしない方がよいからです。

このトピックに関する有益なビデオ:

心頻脈とは何ですか?また、それはどのように危険ですか?

頻脈、または頻脈性不整脈は、心拍数が加速されるが、それらのリズムが乱されない、すなわち心拍の間隔が狭められるが、それらは等しい、心律動障害と呼ばれる。 心拍数の最も典型的で安全な加速は、身体的または感情的なストレスまたは他の外的要因(コーヒー、アルコール飲料など)の影響を伴う健康な体で起こります。このような頻脈性不整脈は生理学的または機能的と呼ばれます。危険ではありません。

女性の心頻拍の兆候が静止しているように見える場合、または正常な心拍が長期間回復しない場合は、考えるべき理由があります。女性における心頻拍の危険性の事実は、この症状の影響のリストから判断することができます。

  • 最も重要な臓器の長期にわたる酸素欠乏
  • 虚血性心と脳
  • 心室細動。

毎分100回を超える加速された心拍は見逃しがたいので、頻脈を検出することは難しくありません。 しかし、女性には心臓頻脈の他の徴候があります。 И лечение подбирается с учетом этих сопутствующих симптомов тахиаритмии:

  • панических атак,
  • частых обморочных состояний, потемнения в глазах,
  • одышки, чувства удушья,
  • 胸の痛み
  • 発作中 - 頸部血管の脈動
  • 脱力感、疲労感。

進行性頻脈性不整脈は、組織内に酸素が恒久的に不足することを引き起こします。

  • 血圧が下がる
  • 排尿機能障害(強度が低下する)
  • 四肢および唇のチアノーゼ(青)
  • 淡い肌。

女性における心臓頻脈のこれらの症状は、強度が異なる異なる女性における頻脈性不整脈の種類に応じて現れる。しかし、加速心拍数は女性の心頻拍の症状の中で最も明白なものとして際立っています。これらの症状自体が深刻な病状の徴候である可能性があります。

女性の頻脈の発症の誘発要因は、年齢や他の特徴と相関して、患者のグループによって異なります。この病状を治す唯一の方法は頻脈の原因を取り除くことです。

若い女性

女性の体のホルモンの背景にあるエストロゲンのレベルがリポタンパク質から血管を保護するとき、40歳未満の女性の頻脈の原因は何でしょうか?自然そのものが女性の健康の面倒を見てくれたように見えますが、若い女性からの頻脈についての不満は珍しくありません。心臓専門医は、神経性の原因、状況によって引き起こされるストレスで状況を説明します。

  • 職場で責任を負う若手専門家の仕事量
  • コーヒーやトニックドリンクの乱用
  • 家庭内のトラブル(原則として、この年齢の女性では子供たちは学校に行き、母親の特別な注意、時間と強さを必要とします)、
  • 神経系の先天的不安定性、NDC、患者は朝の目覚まし時計の通常の音が発作の扇動者になるときの状況をよく説明します。

45歳以降の患者さん

45歳以降の女性における頻脈の原因は、生殖機能の消失およびホルモン変化に関連しています。エストロゲンレベルが徐々に低下すると、閉経期の女性に頻脈の症状が現れます。

  • 激しいのどや胸ののど、
  • 倦怠感
  • 息切れ
  • 警報とパニック発作
  • 余分な心の感覚は、プッシュします、
  • めまい
  • ホットフラッシュ

医師は、閉経前の時期には女性に普通に見られるこれらの症状をすべて呼び出し、頻脈と閉経は両立する状態であると言って、あまり心配しないように提案します。同時に、血中のエストロゲンレベルが低下すると、血管が狭くなり、その結果、血圧が上昇します。したがって、50年後の女性の頻脈の原因は、原則として、すでに発生している心血管疾患または内分泌学的疾患にあります。

常圧下

閉経期の頻脈がホルモンの調整と血圧のゆるやかな低下によるものであるならば、心臓が正常な圧力で急速に急上昇する原因は何ですか?正常圧下にある女性の頻脈の原因は、神経性を含む頻脈性不整脈の誘発要因です。かなり重要なのは、女性のライフスタイルと身体活動です。通常のハートビートでは、これらのパラメータは正常であるはずです。

  • 健康的なフルスリープ
  • 十分だが中程度の運動
  • バランスの取れた食事(貧血や低ビタミン症を避けるため)。

低血圧

低血圧(低血圧)は通常緩慢な状態と見なされ、それは人に特別な問題を引き起こすことはありません。

女性 - 低緊張症は、原則として、身体のそのような特徴に順応し、あなたがどのようにして素早く自分自身を命に落とすことができるかを知っています。しかし時々血圧の急激な低下は心臓の鼓動の加速を伴い始め、それは女性に不安やさらにはパニックを引き起こします。心臓のこのような行動の理由は理解できます - 血液循環の倦怠感のために、それは酸素の欠乏を感じて、収縮の加速された頻度でそれを満たすことを試みます。

高血圧とは

それぞれの場合において高血圧における加速パルスの理由は異なるかもしれません。女性の動脈性高血圧自体は、主に代謝障害(不健康な食事、過剰な脂肪および食事中の塩分)、座りがちな生活習慣、遺伝性疾患によって発症します。

40歳未満および50歳以降の女性における頻脈の原因が決定および治療であることは明らかである。それは背景疾患に依存し、この点で根本的に異なるでしょう。

  1. 低血圧の場合、治療の目的は血液循環を改善し、臓器や組織の正常な酸素化(酸素化)を回復し、正常な血液量を維持することです。この場合、非薬理学的療法が重要な役割を果たします。
  2. 高血圧では、心拍数の上昇を伴う高血圧の危機を防ぐために、血圧を常に監視する必要があります。それは、複合作用の降圧薬、例えば遅いカルシウムチャネルの遮断薬およびACE阻害薬の慎重な選択を必要とする。

任意の任命および治療法の選択は医師の力量を与えられるべきです。

閉経期における症状と治療の特殊性

女性の頻脈性不整脈の原因を解明する上で最も多くの問題が閉経期の頻脈を引き起こします。この期間中の症状と治療は実際には通常の症状や治療法とは異なります。

エストロゲンレベルの低下により、女性の身体はコレステロール沈着物に対する自然な防御力を失い、高血圧、IHDを発症する危険があります。不安定な感情状態を背景としたこれらすべては、

  • 気分が揺れる
  • 顔の紅潮
  • 最も不適切な状況での顔の発赤

これは女性をさらに心配させる。自分の体にどんな変化が起こっているのかを他の人が理解しているという感覚は、しばしば女性を憂鬱な状態に追いやり、それは頻脈の神経学的原因の強化にも貢献します。

何をする

女性に閉経を伴う頻脈がある場合、どうすればよいですか、医師に助言を求めないためにはどうすればよいですか?さらに、適切な治療法を選択するためには、セラピストだけでなく、婦人科医や内分泌科医(この時期に多くの女性が甲状腺に問題がある)に相談する必要があるかもしれません。これは、閉経期治療のための頻脈は、ホルモン補充療法からヨウ素製剤に至るまで複雑なものを必要としますが、医師は何を正確に服用するかを決めるべきです。

妊娠中の心拍数増加

子供を連れている間の女性の頻繁な発生そして頻脈。その原因は主にホルモンの調整にも関連しています - 妊娠中、プロゲステロンのレベルは上がり、心臓が加速した速度で働くようになります。臨床像は病理学的状態によって悪化する:

  • 貧血、ビタミン欠乏症、
  • 中毒の徴候によって引き起こされる脱水、
  • 太り過ぎ
  • 悪い習慣(喫煙、アルコール)、
  • 血管収縮薬の使用(例えば鼻への点滴など)やその他の理由。

特に将来の赤ちゃんの健康のために、女性に頻脈を残しておくことは危険です。したがって、あなたの医者の状態について話をして調べる必要があります。

Pin
Send
Share
Send
Send