衛生管理

月経前に退院がなければ正常ですか

Pin
Send
Share
Send
Send


割り当てはほとんどすべての女の子に見られます。特に月経開始前に発症した場合、これは正常と見なされます。月経前に退院がない場合、それは多くの病理学的疾患と関連している可能性があります。分泌物に様々な症状や悪臭が伴う場合は、必ず医者に行くべきです。

重要な日前に分泌物はありますか?

親密な生活、概念のプロセスおよび月経周期は女性のホルモンの背景と関連しています。青年期では、退院は最初の月経が始まる12〜16ヶ月前に始まります。重要な日が始まる前に、女性と女児は乳房を腫れさせ、ホルモンの程度を変えます。これに関連して、分泌の色も変化します。プロゲステロンが多くなり、逆にエストロゲンが少なくなるので。

注意は月経の開始前に現れる女性の乳房を必要とし、それから退院する。時々、これらの日の始まりの2〜7日前に、液体が胸から出てくることがあります。この現象は正常と見なされます。これは以下の理由で発生する可能性があります。

  • ホルモン薬、
  • 受胎が起こり、初乳が出てきます、
  • 様々な感染症

それは婦人科医だけでなく、哺乳類学者に相談することをお勧めします。

月経前の分泌物は異なる色であり、クリーム色、白色および透明であり得る。そして月経の数時間前に血が出ることがあります。同様の現象はすべての女性のための規範と考えられています。

少女が性生活を送り始めた後、変化が彼女の体に起こります。約12種類の異なるバクテリア、ウイルス、真菌がその中に現れます。それらの数は、分泌と免疫のために変わります。しかし、体内でホルモン障害が発生すると、ウイルスや微生物の数が2倍になり、分泌物による自己浄化は起こりません。

健康を害したり、年に数回医師の診察を受けたり、血液検査や尿検査を受けないでください。検査結果によると、医師はどのようにして退院が正しい方向に進むべきか、またどのような場合に病理学と見なされるのかを伝えます。

月経前に分泌がないのはなぜですか?

性器の状態が悪いのは、退院が全くなく、生殖器が乾燥していて、きつく、焼いている場合に考慮されます。この場合、婦人科医を訪れる価値があります。放電が不快な臭いとかゆみを持っている場合は、あなたはまた彼に行く必要があります。分泌の欠如または減少はそのような理由のためかもしれません:

  • ストレス、
  • 粘液産生の原因となる動揺腺、
  • 避妊薬、それらは1つのプロゲステロンを含んでいます、
  • 年齢によって変わる
  • 授乳
  • ガスケットアレルギー
  • 頻繁に手を触れて
  • 薬の摂取量

月経が初めて起こるとき、ゲスタゲンの量が増加し、そしてエストロゲンが減少するので、それ故に乾燥が現れ、そして排泄は消える。

ホルモンに基づいた薬は排卵の開始を遅らせ、それによって膣内の水分不足に影響を与えます。分娩後8週間で分泌量も減少します。閉経前には、エストロゲンとヒアルロン酸の量が減少し、分泌量が減少するか、完全になくなることさえあります。

多くの場合、分泌物がない理由は、適切な衛生管理方法を適切に選択できない可能性があります。彼らは粘膜を乾かし、腺の機能不全を起こします。何人かの女性は発疹、性器の発赤、かゆみ、灼熱感があります。

退院が認められない場合、パートナーの性生活はそれほど活発ではありません。激しい乾燥から性交中に痛みがあるので。この規定は、さまざまな婦人科疾患によって生じる可能性があります。割り当ては以下のグループに分けられます。

  • 卵管が炎症を起こしたときの卵管
  • 首、
  • 膣分泌物
  • 感染が膣の直前にあるときの前庭放電。

すべての年齢の弱いセックスが生殖器領域でいくつかの不便を感じるとき、それは特別な医者によって調べられる必要があります。

臨界日が始まる前の液体排出

毎月 - この放電は毎月発生するだけでなく、すべての女性の健康のための主要な要素です。

女性からの透明な排泄物は子宮の壁を湿らせるために必要であり、それらは性器からの様々な微生物を避けるための一種の障壁でもある。液体粘液は、子宮頸部の組織とその分離した粒子の月の前に生成される排出物です。不快な臭いや不快感を引き起こさない限り、液体の排出も正常と見なされます。

病気の治療

多くの場合、成熟した年の女性は性器の不満で婦人科医に話しかけます。彼らは月経前と完了後に乾いた気分になります。このような場合、医師は超音波検査を行い、必然的に血液を検査するために、広範な検査を受ける必要があります。これはエストロゲンのレベルを決定することです。退院の欠如の本当の理由を取り除くことによって、婦人科医は必要な薬と治療を処方します。そのようなアクションの複雑な準備が使用されます。

  • ホルモンレベルを更新するための丸薬
  • 抗生物質
  • ホメオパシー薬
  • 植物療法
  • 抗ヒスタミン薬

放電が弱いと、かゆみ、乾き、灼熱感、不快な臭いがします。このような場合、婦人科医は抗生物質と抗炎症薬を処方します。様々なホップエキスとセージデコレーションはホルモンのレベルを上げるのを助けます。女性は間違いなく彼女のライフスタイルを変えるべきです。アルコールと喫煙はホルモンの程度を減らし、血液供給を破壊します。重要な日の開始前に退院があるかどうかに依存するのは、このような要因からです。

主なことは専門家の定期検査をスキップしないことです。特別な皮膚軟化剤ゲルを使用してください、それは選択を戻して、性欲を増やします。女性が何らかの不快感を感じた場合、それは様々な病理学の始まりになる可能性があります。このような場合は、直ちに医師に相談して診察を受けてください。

Pin
Send
Share
Send
Send