人生

なぜあなたは月経前にたくさん食べたいのですか、そしてその結果として、体重増加が起こります

Pin
Send
Share
Send
Send


多くの人は月経前の体重増加が正常かどうか疑問に思います。

月経の開始は、多くの女性は体の全身状態やその他の症状の変化を認識しています。一部の女の子は下腹部の重さ、吐き気、めまいを感じます。他の女の子は胸の腫れ、手足、および便秘を示します。異なる女性の身体は月経のアプローチに対して異なる反応を示します。しかし、一部の女性は月経前の体重増加を言います。

それは普通ですか?

概して、この状況は正常であり、そして月経前の期間中に女性の身体で起こる生理学的過程によって説明することができる。しかしながら、体重増加が特定の病理学的状態の発現として考えることができる場合がある。したがって、鑑別診断は体重増加の理由についての質問に答えるのに役立ちます。

ほとんどすべての女性は自分の体型に敏感です。余分なポンドの大幅な増加は本当の悲しみを引き起こす可能性があります。

月経前の体重増加の理由は何ですか?

月経直前およびその間の体重増加の理由は、主に生理学的過程において探求されるべきである。毎月女性の体は妊娠の実施を目的とした変化を経験することが知られています。

月経前の体重増加はなぜですか?

このような変化はホルモンの背景の変化によるものですが、体重の変化は以下の要因の影響に左右される可能性があります。

  1. 遺伝します。
  2. 栄養の誤り
  3. 月経前症候群。

遺伝的素因の問題は多くの州で提起されており、この状況では当面の重要性があります。食事中の女性の不正確さを否定することは不可能であり、それはあらゆる期間に起こり、月経前に悪化する可能性があります。

レビューによると、月経前の体重増加はしばしば心配です。

内分泌系の崩壊

さらに、検討中の期間において病理学的体重増加を引き起こす要因を考慮に入れることが重要である。生理学的原因を排除するには他の答えを探す必要があるため、臨床検査中にも覚えておく必要があります。例えば、体重増加は、以下の条件の背景に対して内分泌系の機能の障害を引き起こす可能性があります。

  1. 視床下部 - 下垂体機能不全。
  2. 多嚢胞性卵巣。
  3. 副腎の病理学的変化
  4. 糖尿病
  5. 甲状腺機能低下症

もちろん、これらの病気は月経とは関係がなく、いつでも起こります。しかし、診察を受けた医師だけがそのような症状を完全に解消することができます。月経が可能になる前に体重増加の正確な原因を調べるのは、包括的な調査によってのみ可能です。

開発メカニズム

月経周期はホルモンによって制御されていることが知られています。異なる時期に、主な規制物質 - プロゲステロンとエストロゲン - の濃度は変化します。それらは様々な代謝過程、内臓の機能に影響を与えます。月経前の期間中、プロゲステロン濃度は著しく上昇します。このホルモンの生物学的役割は妊娠の開始とその正常な経過を確実にすることです。しかし、他のプロゲステロンの特性は気づかれない行きません。例えば、それは体の水分保持を引き起こし、その容量は1リットルに達することがあります。

月経前に他に何が体重増加を引き起こしますか?通常何キログラムになるのでしょうか。

高い栄養素要求

妊娠の可能性がまだあるので、月経前に体がより多くの栄養素を必要とすることを考慮に入れることもまた重要です。これは女性がより多くの食物を摂取することを奨励し、それは間違いなく体重に影響を与えます。さらに、ホルモンの変化を背景に、腸の運動性の低下により便秘が起こることがあります。排出率の低下は体重増加にも影響します。すべての要因が合計で3 kgまでのセットを引き起こす可能性があります。

月経前の体重増加はどのように発生しますか?

症状学

いくつかの余分なポンドのセットは、どんな女性にとっても最も楽しいサインではありません。しかし、月経終了後の体重は元の値に戻るため、これは重要な考慮事項ではありません。これが起こらない場合、あなたはあなた自身の体に注意を払い、事件の原因を決定することを試みる必要があります。原因を独自に特定することが不可能な場合は、医師の助けを借りることが重要です。

彼は月経が起こる前に何日体重が増えるかをあなたに話します。また臨床検査の間に、専門家は患者を悩ます徴候に焦点を合わせます。体重増加以外に他の不満がない場合、医師はそれらを特定し確認する必要があります。多くの場合、同様の状況がほとんどの女性に発症する月経前症候群の徴候として考えられています。

体重の変化に加えて、以下の症状が現れることがあります。

  1. 便秘。
  2. 吐き気。
  3. 睡眠障害
  4. 気分が変わります。
  5. 熱に直面して感じます。
  6. 急速なハートビート
  7. めまい、頭痛。
  8. 顔の腫れ、四肢。
  9. のどの渇き、食欲増進。
  10. 腹部の痛み。
  11. 乳房の感度

これらすべての兆候の存在は必須ではありませんが、ほとんどの場合、それらのいくつかの組み合わせが現れます。一部の女性では症状が強く顕著であり、重大な不快感を引き起こしますが、他の女性ではほとんど目に見えません。それはすべて月経の期間を伴うホルモンの背景の変化に対する女性の身体の感受性に依存します。

それはダイエット中の月経前の体重増加でさえ起こります。

診断

月経周期に関係なく女性が体重を増やす場合は、生理学的な理由以外にも注意が必要です。体内の内分泌系に影響を与える障害がある可能性があります。このような場合には、以下のような追加の診断ツールの使用が示されます。

  1. コンピュータ断層撮影
  2. 超音波を用いた卵巣、副腎、甲状腺の研究。
  3. 電解質用血液試料の生化学的研究、ホルモンスペクトル
  4. 炭水化物に対する耐性をテストします。
  5. 血糖値のための血液サンプルの検査。

婦人科医による検査は、内分泌科医への訪問によって補足される必要があります。複雑な診断の結果は、月経期間中に過剰な体重が出現する理由について最終的な結論を引き出すことを可能にするでしょう。

検査で病状が明らかになった場合、女性は特定の治療法を処方され、その本質は体内の代謝および内分泌プロセスの正常化に帰着します。

予防的および治療的手段

月経時の強い体重増加を防ぐためには、専門家の勧告に耳を傾けることが重要です。治療に加えて、多くの活動は予防的です。これらの問題が発生したとき、女性は月経周期を考慮に入れて、彼女の体に注意を払うべきです。

月経中に女性の体に発生する不要な変化を最小限に抑えるためには、簡単な一般的な推奨事項に従うことによってすることができます。その効果はほとんどすぐに目立つでしょうが、女性はそれらを満たすために組織と欲求だけを必要とするでしょう。まず第一に、月経前の期間には、以下の栄養規則を守ることが重要です。

  1. 食べ過ぎないことが重要ですが、食事は完全であるべきです。
  2. 余分なお菓子、小麦粉製品、脂肪分の多い食品の摂取は控える必要があります。
  3. 野菜、果物、野菜で食事を飽和させる。
  4. ハードチーズ、チョコレート、コーヒーの摂取量を減らす。
  5. より頻繁に食べ物を取る - 1日6回まで。
  6. 通常の体重管理をしてください。
  7. 喫煙、アルコールは控えてください。

身体活動

食事療法に加えて、あなたは彼らの身体活動に注意を払うべきです。睡眠は少なくとも1日8時間であるべきです、それはまた、より頻繁に新鮮な空気の中を歩いて、朝の体操を行うこと、泳ぐことをお勧めします。不眠症の場合は、温水で入浴し、他のリラクゼーション方法、例えば呼吸法、アロマテラピー、リラクゼーション音楽に頼ることをお勧めします。

このような単純な推奨事項を順守することで、PMSの症状の多くが解消され、月経時の全体的な状態が改善されます。

週当たりの月経前の体重増加の理由は上記の通りである。

薬物療法

自分の健康や月経前の顕著な症候群からの重大な不快感の発生について深刻な懸念がある場合、女性は薬の使用に頼るかもしれません。資格のある医師は、不快な症状を取り除く特定の薬に助言することができます。その中には:

  1. 微量元素(鉄、カルシウム、マグネシウム)、ビタミンC、B6.
  2. ホルモン薬
  3. 利尿薬
  4. 非ステロイド系抗炎症薬
  5. 鎮静剤の準備

どんな薬も服用するのは専門家の任命に厳密に従うことで重要です。独立して薬物を選択して使用を開始することは禁止されています。

その他の方法

一般的な状態を改善し、週に月経前の体重増加の可能性を減らすために、さらに、他の治療薬を使用することができます。理学療法的処置、例えば、温泉療法、反射療法、電気弛緩は、それらの関連性を保持している。さらに、心理療法的影響の方法が広く普及しています。

さまざまなチンキ剤の使用を含む、民俗的な方法に頼ることもできます。

  1. レモンバームとキンセンカの花を大さじ3杯分取り、それらを混ぜ合わせ、沸騰したお湯(0.5リットル)を注ぐ必要があります。その後、容器を覆い、10時間主張する。このようにして調製された輸液は、月経周期の後半の1週間の半分ガラスでなければなりません。
  2. バレリアンの花、カモミール、コーンフラワーを等量ずつ摂取する必要があります。 100グラムの混合物に半リットルのウォッカを注ぎ、12日間主張するべきです。飲酒は、大さじ3杯で1日3回にしてください。コースは7日間かかります。この注入はストレスを取り除くのを助け、PMSの重症度を下げ、それによってお菓子への欲求を減らします。加えて、注入は適度の利尿作用を有し、これは体液の腫脹、遅延の可能性を減少させる。
  3. 1部のイカと20部のアルコールを摂取する必要があります。成分は混合され、20日間主張します。結果として得られるチンキ剤を摂る前に大さじ1杯の食事を取る必要があります。チンキ剤は代謝、より少量の脂肪組織の形成を改善するのを助けます。イカの根が食欲の増加に寄与することを心に留めておくことは重要です、そしてそれ故にそれは食べる前にチンキを使うことが勧められます。ゆっくり食べる必要があり、食べ物をしっかり噛みます。このアプローチはあなたが十分に少ない量の食料を得ることを可能にするでしょう。

月経の間とその前に、医師の許可がある場合、およびこれに禁忌がない場合に限り、民俗レシピを使用することが可能です。治療中は、栄養と運動を制限することが重要です。

月経前の体重増加に関するレビュー

多くの女性は、月経中に体重が増えていることを示しています。原則として、これは生理学的プロセスによるものです。女性たちは、自分の食事を制限し、一連の身体運動を行うことによって、同様の問題を解決することができたと報告しています。あなたが心理的要因を排除し、食べ物への欲求を減らすことを可能にするヨガと瞑想の実践の有効性の報告がしばしばあります。何人かの女性は医者によって規定され、PMSの重症度を減らす薬によってだけ助けられます。

月経前の体重増加が標準であるかどうかを検討しました。

月経前の体重増加の要因

月経の到来前に体重増加を引き起こす多くの理由があります。それらについて知って、すべての女性は太りすぎの問題を防ぐことができます。

液体保持

組織内のホルモン活性の背景に観察される 過剰な水。エストロゲンは、ナトリウムがそれぞれ体から、体液からも出るのを防ぎます。ほとんどの場合、ふくれはエリアに発生します。

バソプレシン 月経の開始前に追加されます。その主な仕事は抗利尿作用を持つことです。結果は 排尿の減少液体の回収を遅らせるだけでなく。このため、重さが加わり、 重さが足に現れる。この状態は、女性の身体に脱水や出血に対する保護を提供します。

しかし、水分保持はホルモン調整だけではありません。この状態にしばしば貢献する 味の好み 女性たち食事中の特定の食品の存在も過剰な水分の蓄積に寄与しています。これらは以下のとおりです。

  • 焼く、
  • 柑橘系の果物
  • 塩味と甘い料理
  • ピクルスと保存。

上記の製品は、水分を引き付け、水分が自然に体から出るのを防ぐことができます。これにより、体重が徐々に増加します。

月経前症候群

PMSはいくつかの種類に分類され、それぞれに独自の臨床症状があります。症例の45%において、月経前浮腫症候群が観察されている。この状態では、女性は悩まされる可能性があります。

  • 皮膚のかゆみ
  • 頭痛
  • 鼓腸
  • 乳房の圧痛
  • 不眠症
  • 体重増加
  • 膨らみ

この形態の月経前症候群は、若い女の子でより頻繁に診断されます。

精神感情的な状態

女性の体重増加は、組織内の過剰な水分の蓄積の結果として起こるだけではありません。月経前期間および期間自体がかなり痛いであろうという期待はしばしば怖い。これは気分に影響を与え、ヒステリーや過敏性の発症に寄与します。自分自身を落ち着かせるために、女性はお菓子や小麦粉製品を使い始めます。その結果、体重は急速に増えます。

この状態の期間は女性の個々の特性によって異なります。ホルモンの濃度が正常に戻るとすぐに、お菓子への欲求は減少します。

年齢の変化

若い人たちでは、物質交換がはるかに速く起こり、より急速な脂肪減少をもたらします。女性が成熟するにつれて、エストロゲンの濃度は減少し、それにはより多くの脂肪量が必要になります。

ICPの過少補償形態の進展は、長年にわたって顕著になってきました。より遅い生殖年齢の時の性別の代表者は、最も頻繁には、体内に過剰な水分が蓄積することを特徴とする浮腫性の月経前症候群と診断されています。その結果、月経前に、女性は約2、3ポンド体重が増えます。生理食塩水のバランスの調整は月経の終わりまでに観察され、余分な水分が出て体重が正常に戻ります。

非代償性期における臨床徴候の増加は年齢とともに起こる。さらに、いくつかの症状は重要な日の終わりの後も持続します。しかしまた腫れはより持続的になり、それは時々投薬を必要とします。閉経期の開始後、PMSのすべての徴候は消えます。

運動量の減少

月経には激しい痛みが伴う場合があるため、女性は肉体的な運動の強さにかかわらず不快感を感じるため、ほとんどの時間をベッドで過ごすことを余儀なくされています。そのような条件は、しばしば過敏性と食欲増進につながります。

蓄積されたカロリーは脂肪組織に変換され、それによって体重が増加します。余分なポンドを取り除くのに役立ちます アクティブなライフスタイル.

体重増加を防ぐ方法

重要な日が始まる前に不要なセンチメートルを防ぐために、専門家はお勧めします ダイエットから排除 以下の製品

  • コーヒー、
  • スパイス、
  • スモーク製品、
  • エネルギーと炭酸飲料。

それらは、体からの過剰な体液の放出を防ぎ、体の腫れを引き起こします。

いつ 水と塩のバランスが乱れる消化器系も機能しなくなり、便秘や鼓腸を伴うことがよくあります。腸の蠕動運動を正常化するために、毎日新鮮な野菜や果物を食べることをお勧めします。体にエネルギーを充電するためには、朝にシリアルを食べる必要があります。それらは大量の植物繊維を含んでいます。

月経前またはその間のいずれにおいても、追加のキログラムを獲得しないようにするために、身体活動を除外することは推奨されません。周期の不規則性、そして重要な日の間の激しい痛みの場合には、スポーツを散歩またはプールへの訪問に取り替えることが必要です。リラックス療法としても役立ちます。 瞑想とヨガ.

いらだちがお勧めのとき 鎮静薬を服用カモミール、レモンバーム、バレリアンを加えたお茶の使用。腸の働きを正常にすることは、ハーブの注入を助けるでしょう。

ホルモンの不均衡が原因で体重が増加した場合、女性は必要な検査のスケジュールを立てる専門家に連絡し、得られた結果に基づいて健康状態が悪いの正確な原因を突き止めることができます。薬の処方は、投与量と同様に、それぞれの場合に個別に医師によって行われます。

結論

月経が始まる前に女性の体重が1〜2 kg増えても、心配することはありません。体重増加の理由は、体液貯留、食欲増進、および運動負荷が低いことです。ボリュームの余分なセンチメートルの出現を防ぎそしてそれらの通常の形態を維持するためには、重要な日の間でさえ運動することが必要です。

月経中に体重は増えますか?

ユニークな自然の創造 - 「女性の体」と呼ばれる調和のとれたメカニズム - は、毎月それが属の拡大の機能に関連する特別な女性ホルモンの周期的な変化に影響されるように設計されています。さらに、これらの周期的な変態は絶対にすべてのシステムの働きに影響を及ぼします。そのような変化は月経流出の出現の数日前により顕著になります - これはほとんどの女性によく知られている月経前症候群です。

PMSの不快な症状は、身体的および精神的な不快感の出現だけでなく、重要な日が始まる前にすぐに数ポンドの余分な体重が増えることです。月経中は、どんな食事をとり、どのくらい積極的に体重を減らすようにトレーニングしても、体重は常に増加します。排卵の間に1か2キログラムを得ることもできます。

月経中の体重の増加量

月経中の体重増加は主に遺伝的素因によるものです。誕生以来のすべての女性の身体の中で毎月の月経周期とすべての付随する病気の経過のための個々のプログラムを置きました。あなたが女性の日の間にあなたが得る1キログラムまたは3つの全体 - あなたの体の特徴だけに依存します。

しかしながら、月経前のCD-体重増加が月経開始前に消費された食物と体液の量によって直接決定される前に遺伝学が体重増加の唯一の原因であると仮定することは間違っています。したがって、月経期間中は、通常の食事から逸脱しないようにし、常に回復しないように消費される食物の量を監視することが非常に重要です。

月経前の体重増加

通常、女性の体の主な性ホルモン - エストロゲンとプロゲステロン - はある意味を持ちます。月経の開始前に、それらのレベルは劇的に変化します - プロゲステロンの量は非常に低い数まで減少し始め、そしてエストロゲンの量は増加します。このプロセスは月経前に無制限の体重増加を引き起こします:ホルモンはそれが月経血と共にそんなに失うことになる液体で貯えることを体に強制します。過剰な水分から体は腫れ始めますが、月経の腫れはCDの開始から2、3日経ちます。

しかしながら、ホルモンレベルの変動と月経中の体重の急激な増加を引き起こすことに関連した第二の問題があります:ホルモンのレベルのそのようなジャンプは食欲に最も良い効果をもたらしません。時々それはただ残忍になる - 手に負えない、侵入、手に負えない。この期間中に代謝が遅くなるので、すべての過剰カロリーは即座に体脂肪に処理されます。

月経中に体重を減らすことは可能ですか

月経出血の間に女性の身体はかなりの負荷を経験するので、着用のための積極的なトレーニングのような厳格な食事は非常に有害になり得る。彼らは月経中に体重を減らす過程で失敗しただけでなく、このアプローチでは重大な失敗をもたらすことがあるホルモン系のために不快な結果をしばしばはらんでいます。月経中の体重を減らすことは成功する可能性が低いです、この期間の主なものは良くなることではありません。これを行うには、食事を制限して栄養を監視するのが妥当です。

開発メカニズム

ご存じのとおり、月経周期はホルモンによって制御されています。さまざまな時期に、主な規制物質であるエストロゲンとプロゲステロンの濃度に変化があります。それらは様々な代謝過程と内臓の機能に影響を与えます。月経が始まる前は、プロゲステロン濃度は体内で高いままです。その生物学的役割は妊娠の開始と正常な経過を確実にすることです。しかし、他の影響に気付かないことは不可能です。特に、体内には体液が保持されていますが、これは最大900グラムに達することがあります。

また、月経の数日前には、より多くの妊娠が起こる可能性があることを期待して、体がより多くの栄養素を必要とすることを忘れないでください。これは女性がより多く食べることを奨励します。さらに、ホルモンの変化は腸の運動性の低下により便秘を引き起こす可能性があります。空にする頻度を減らすことも体重増加に貢献します。合計で、すべての要因がさらに2〜3 kgを引き起こす可能性があります。

月経中およびその前では、ある程度の体重増加を引き起こす可能性がある完全に生理学的なプロセスが発生します。

余分なポンドの外観は、もちろん、すべての女性にとってそれほど楽しい兆候ではありません。ただし、これは重要ではありません。毎月の体重の終わりには通常の数字に戻るためです。これが起こらないなら、あなたは慎重にあなたの体を考えて、そしてなぜ期待されたものが実現しなかったかについて考える必要があります。質問に自分で答えるのがかなり難しい場合は、医師にとって状況を理解するのがはるかに簡単です。

臨床検査では、患者に迷惑をかける兆候が強調されます。体重増加以外に他の不満がない場合、彼女は彼らの積極的な発見と確認に対処しなければなりません。多くの場合、このような状況は月経前症候群の枠組みの中で考えられています。体重の変化に加えて、他の症状があるかもしれません:

  • 乳房の感度
  • 腹部の痛み。
  • 食欲と渇きの増加。
  • 手足や顔の腫れ。
  • 頭痛とめまい
  • 心臓の動悸。
  • 顔を熱くする。
  • 気分が変わる。
  • 睡眠障害
  • 吐き気。
  • 便秘。

これらの機能のすべてが存在する必要はありませんが、原則として、それらの組み合わせが観察されます。誰かの症状が顕著になり、重大な問題を引き起こし、そしてほとんど目に見えないものもあります。それはすべて月経周期中のホルモンの変化に対する女性の体の感受性に依存します。

しかし、なぜ女性が短期間で数キログラムを稼いだのかを判断するためには、例外を必要とする他の症状を伴う鑑別診断に目を向ける必要があります。

治療および予防措置

月経中の深刻な体重変化を避けるためには、医師のアドバイスに耳を傾けるべきです。多くの活動は治療的であるだけでなく予防的でもあります。女性がそのような問題の出現を示すとき、月経周期の特徴を考慮に入れて、あなたはあなたの健康を注意深く考えるべきです。

一般的な推奨事項

月経中の体の不要な変化は、かなり単純な推奨によって最小限に抑えることができます。これは欲求と組織だけを必要とします、そして効果は待つのに長くはありません。まず第一に、あなたは "重要な日"の期間の栄養に関する次の規則を考慮する必要があります。

  • 食べ過ぎないで、同時に、食事はいっぱいになるはずです。
  • 脂肪や小麦粉製品を制限するために、お菓子。
  • 新鮮な野菜や果物、野菜をもっと食べる。
  • コーヒー、チョコレート、ハードチーズの摂取を最小限に抑えます。
  • より頻繁に食べる - 1日5〜6回まで。
  • アルコールと喫煙をやめなさい。
  • 定期的に体重を監視してください。

食事療法に加えて、あなたは適切な身体活動に注意を払う必要があります。朝の体操、新鮮な空気の中を歩いて泳ぐことの有用性を疑う人はいません。一日に少なくとも8時間眠る必要があります。あなたが不眠症に問題があるならば、それは暖かい風呂に入るか、または呼吸運動、アロマセラピーまたは音楽をリラックスすることのような他の緩和方法を使うことを勧めます。

そのような勧告は、月経前症候群の症状の多くを克服し、月経中の幸福を改善するのに役立ちます。

薬物療法

女性が自分の状態を深刻に心配しており、顕著な月経前症候群からのかなりの不快感を患っている場合、薬が役立ちます。医者は不快な症状を排除するために特定の薬を推奨することがあります。これらには以下が含まれます。

  • 鎮静剤
  • 非ステロイド性抗炎症薬
  • 利尿薬
  • ホルモン剤
  • ビタミン(B 6、C)と微量元素(マグネシウム、カルシウム、鉄)。

薬は処方箋に従って服用しなければなりません。それは多くの望ましくない現象に満ちているので、いかなる場合にも独立して身体の仕事を妨げることはできません。

消化器系の崩壊

多くの女性は、単に体重超過だけでなく、ウエストサイズの増加も指摘しています。これは、組織浮腫の結果としてだけでは起こり得ない。 プロゲストゲン、第二相のホルモンは腸に弛緩的に作用し、それは蠕動波を減少させそしていくらかの腫脹をもたらす。強度はホルモンのプロファイルだけでなく、女性の胃腸管の関連疾患、摂食方法および食事中の炭水化物の割合にも左右されます。

したがって、第二段階では、発酵プロセスの強度を高める製品を避けることをお勧めします。これらはキャベツ、パール大麦、易消化性炭水化物(お菓子やベーカリー製品)などを含みます。これは過度の腫れを引き起こさないようにするのに役立ちます、そしてウエストの増加はそれほど重要ではありません。

機嫌が悪い「ジャミング」

女性の月経周期の第2段階におけるホルモンの変化が、気分の憂うつで無関心な変化を引き起こすことは誰もが知っています。 そして、ある女性が、月経前に頑固に成長したことに気付いたのであれば、これは最近の食物の性質の変化によるのかもしれません。

多くの場合、甘いものを食べたいという統制された欲求が困難であるか、夜間に空腹感があります。また、多くの女の子は、満腹感は平日よりもずっと遅くなると言っています。したがって、体重の増加を防ぐためには、女性の身体におけるこれらすべての変化を知ることが重要です。

多くの場合、女性は、甘味、塩味、燻製および他の鮮やかな味への欲求を祝います。そしてこれは塩の過剰摂取、そしてその結果として体内の水分保持を必要とします。

ライフスタイルの変化

したがって、女性が月経周期の段階に応じて体重の大幅な変動に気付いた場合、まず第一にあなたはあなたのライフスタイルやダイエットを再考する必要があります。また、いくつかの薬、民間療法が役立ちます。

増加する速度での体重の一定の増加はカロリー摂取量の増加および身体運動の減少を示すことを理解すべきである。したがって、まず第一に、バランスを確立するか、何らかの方法で違反を修正する必要があります。
月経前に体重を減らし、生物全体の働きを正常化する方法に関する主な推奨事項:

  • あなたはあなたの体重を管理するべきです。 これは女性に彼女の食欲を制御し、生命に身体活動をもたらすための一種の刺激を与えるでしょう。しかし、トイレに行った後や服を脱いだ後(または常に同じ時間)、同じ時間に(できれば朝に)管理のために体重を測定する必要があることを知っておく必要があります。おもしろい方法:はかりをダイニングチェアに置いて、女性が食事中に増加に追従できるようにする。その結果、矢印をクロールするときに過剰に欲しくありません。
  • 女性の食事はビタミンと微量元素、特にグループB、A、Cで強化されるべきです。 亜鉛が体液貯留および組織腫脹の形成に重要な役割を果たすことも証明されている。したがって、大量のレタスの葉、カボチャやヒマワリの種、肉(赤身の牛肉よりも良い)、および乳製品を消費することをお勧めします。

しかし、チョコレートやベーカリー製品を含む甘いものは、使用しないか、「テイスティングモード」で使用しない方が良いです。食物の一部は、それぞれ1:1:4のタンパク質、脂肪、複合糖質の比率に基づいて計算されるべきです。月経の前日に空腹時タンパク質の日を行うこともまた有用であり、その場合、1日の総カロリー量は800〜1000kcalを超えてはならない。

  • 身体活動を忘れないでください。 一人一人が健康を維持するために少なくとも一日一万歩を踏むべきであると考えられています。月経周期の第2段階では、負荷をわずかに増やすことができます。これは体内の過剰な水分を取り除くのに役立ちます。この時点では、激しい発汗を伴う心負荷を追加することをお勧めします。

ICPとは何かについての記事を読むことをお勧めします。それからあなたは月経前症候群とその症状、その症状と治療の原因について学ぶでしょう。

「プロゲステロン+水」のメカニズム

月経前の体重増加の主な理由の1つは体内の水分保持です。月経の何日前に質量が増加し始めるかを知ることは重要です。 このプロセスは、大量のプロゲステロンの産生のためにサイクルの第二段階で活性化されます。妊娠のために女の子を準備する責任があります。このホルモンは体液の保持だけでなく、皮下層への脂肪元素の沈着にも寄与します。これが月経中に体重が増加する理由です。

ほとんどの場合、この時期の女性の体重は1.5〜2kgです。そのような変化は標準と考えられています、そしてこの期間中に女性が大量のお菓子を食べなければ、体重増加は月経後に消えます。

月経前に生産されたプロゲステロンは体重増加にそして間接的に寄与します。体内でこのホルモンのレベルを上げると、免疫システムが徐々に弱まり始めるという事実が生まれます。このプロセスは、重要な日の直前に女性の慢性疾患の頻繁な悪化を説明します。いくつかの発達した病理はホルモンに影響を与えます。

月経前にホルモンに何が起こるかについての詳細は、私たちのウェブサイト上の別の記事を読んでください。

ホルモンの不均衡が強いと、体内の代謝プロセスが遅くなります。そのため、女性は体重が増え始めます。場合によっては、ホルモンの変化が安定しないと、体重が限界レベルまで上昇します。

ホルモンの背景がわずかに変化した場合、月経前症候群が発生する可能性があります。エストロゲンとセロトニンの産生が減少し、女性がいらいらするようになり、彼女は甘くて高カロリーの食品に魅了されるようになります。この場合、月経中にどれだけの体重が増加するかは、間違った食事に対する欲求の強さにのみ左右されます。ほとんどの場合、この中毒のために、1.5〜3 kgが元の体重に追加されます。

体重増加を防ぐ方法

月の前に腰や腰に過剰なボリュームの出現を避けるためには、飲酒を控えることをお勧めします。

  • コーヒー、
  • 炭酸飲料およびエネルギー飲料
  • 塩辛い辛い食べ物
  • 香辛料
  • 燻製肉

これらの製品は、体内の過剰な水分の貯留に寄与し、浮腫の出現を引き起こします。

水と塩のバランスが崩れると、消化器系の働きに影響を及ぼし、鼓腸が起こり、便秘を妨げることがあります。腸の蠕動運動を正常化するには、毎日の食生活に新鮮な果物や野菜を追加する必要があります(例外はキャベツ、マメ科植物)。全粒穀物のお粥は植物繊維が豊富です:あなたが朝食のためにそれらを調理する場合、体は一日中エネルギーを供給され、脂肪細胞の蓄積はありません。

食べ過ぎにも対処する必要があります。チョコレートは、新鮮なフルーツ、ベリー入りの低脂肪ヨーグルト、シナモンとハチミツ入りのカッテージチーズで置き換えるのが良いでしょう。おいしいデザートはお菓子への欲求を満たし、形に悪い影​​響を与えることはありません。

あなたは完全に月経中やその前で身体活動をあきらめることはできません。 Если менструальный цикл нерегулярный, критические дни болезненные, то активные занятия спортом необходимо заменить прогулками на свежем воздухе, посещением бассейна.ヨガのクラス、瞑想をリラックスさせるのに役立ちます。

PMSの発症時に過敏性が増した女性には、鎮静剤、カモミール、バレリアン、レモンバームのお茶を飲むのが役立ちます。腸の働きを正常化するためにもハーブの煎じ薬を使用することができます。

月経前の軽い体重増加は生理学的な基準であり、体液貯留、食欲増進または身体活動の低下によって引き起こされる可能性があります。メニューの修正、適度な運動は余分なポンドの出現を防ぎ、スリムな体型を保つのに役立ちます。

Pin
Send
Share
Send
Send