健康

月経時の病気と吐き気 - この状態にどう対処するか?

Pin
Send
Share
Send
Send


すべての女性が、一般的な状態を悪化させることなく、その期間が正常に経過するとは限りません。月経前の体調不良は、特性が異なる場合があります。これは吐き気、気分のむら、頭痛、いらいらさせることがあります。病気の症状の原因を突き止めるためには、身体の個々の特徴と他の要因を考慮に入れる必要があります。

月経とPMS

女性の身体の生殖機能はレースを続けるように働きます。生殖器系のいかなる変化も全体的な健康に影響を与えます。 11〜13歳の時に、女の子は思春期になり、月経が始まり、月経周期の始まりを知らせます。これ以降、月経は毎月発生します。

毎月 - これが新しい月経の始まりと古い月経周期の終わりです。この期間中、体は剥離した子宮内膜、未受精卵から一掃されます。周期の持続期間は - 21 - 35日、毎月の期間は最後の3 - 7日 - 個々です。

洗浄後、子宮内膜の機能層、卵の成熟を回復するプロセスが始まります。受精が起こらないならば、月経は周期の終わりに始まります。すべての女性の出血量は異なります。最大の強度は2〜3日の月経で観察され、その後、その過程は減少しています。

月経が始まる前に、少女はPMSと呼ばれるいくつかの不快な症状に直面する可能性があります。月経前症候群の期間は個人的であり、それは内臓および身体系の機能の活性、代謝障害によって特徴付けられる。

PMSを誘発する要因:

  • ストレス、
  • 産後、中絶、
  • 炎症性または感染性の以前の疾患
  • 身体活動の増加または不十分
  • タバコ、アルコール、カフェインの乱用。

ICPの分類は異なる場合があります。

  • 軽度の型は、血液排出の1週間に1〜2回の症状と診断されます。
  • 重症型 - 月経の2週間前に症状が多発し、5-7個の異常が絶えず観察される。

PMSは3つの段階に分けられます。

  1. 代償性 - 排卵後に進行性の症状は現れず、月経の到来とともに消えます。
  2. 代償不全 - 閉経後に消える進行性の症状
  3. 非代償性 - 周期のフェーズ、月経の開始または終了にかかわらず、症状は常に現れます。

体調不良の生理的原因

毎月、女性の身体は深刻なリストラを受けているので、ほとんどの女の子はさまざまな病気に苦しんでいます。

排卵の終わりは強いホルモンの変化を伴います。性的欲求、通常の気分、および全身状態に関与するエストロゲンの量が減少します。プロゲステロンの急激な増加による月経前の体調不良 - このホルモンの量が多いと、少女の全身状態に悪影響を及ぼす。ホルモンの不均衡は、パフォーマンス、睡眠、気分変動、脱力感、吐き気、めまいを悪化させます。

絶え間ない空腹感、乳腺のサイズの増加は、妊娠のための体の準備を示しています。受胎が起こらない場合、体は子宮内膜の更新と月経後の新しい周期の開始の準備をするために準備を中止しなければなりません。

月経の1週間前に、女性は骨盤内臓の痛みを経験します。痛みの原因は、子宮の筋肉層の収縮です。通常、痛みはほとんど知覚できませんが、泣き言、けいれん的な性格の激しい痛みの形で現れることがあります。疼痛は高率に達することがあるので、それらを軽減するために鎮痛剤を使用することが必要です。疼痛症候群は、低体温、脱力感、淡い顔色、吐き気を引き起こします。

月経中の体調不良は血圧の変動によるものです。脳の酸素飢餓につながる血管の拡張と急激な狭窄があります。そのため、女性が片頭痛、脱力感、吐き気を訴えることがあります。

毎月女性の体にミネラルとビタミンの一定量を必要とする大きな変化があります。月経の到来とともに、少女はミネラルを含む特定のビタミンの欠乏に直面しています。これはPMSの症状に反映されています。神経系への負荷の増加も女性の全身状態に悪影響を及ぼす。

PMSの症状

月経前症候群の症状はほとんどの女性に発生し、正常と見なされます。しかし、否定的な症状の強度を減らすために、女性は自分の症状を抑制する特定の対策に頼らなければなりません。

PMSの一般的な症状:

  • 絶え間ない空腹感
  • 眠れない
  • 過度の過敏性、
  • 気分のむら、
  • 体重増加
  • 血圧の変化
  • 胸の痛み、
  • めまい、片頭痛、
  • 不安が高まる
  • 膨らみ
  • 疲労による性能低下
  • 心痛
  • 潮汐
  • お菓子を切望する
  • 吐き気
  • 体温が上昇した。

多くの場合、女性はPMSの症状を誤って評価し、他の人は自分でそれらを排除しようとします。ただし、いかなる処置も婦人科医との協議および諮問の後にのみ実施されるべきである。そうでなければ、それは体に深刻な損傷を引き起こす可能性が高いです。

幸福を向上させる方法

一部の女性は、月経が終わる前に日常生活を妨げる非常に強いPMSの発現を経験します。症状が異常に強い疼痛症候群を伴うので、何人かの女児は薬を使用しないでPMSを乗り切ることができない。あなたは婦人科医に相談せずに自己投薬を始めることはできません。

ほとんどの場合、幸福を高めるために:

  • ビタミン
  • 利尿薬、
  • ホルモン
  • 向精神薬、鎮静薬、
  • 抗ヒスタミン薬、
  • ホメオパシー、
  • 非ステロイド性抗炎症薬。

また、女の子は彼らの食事療法に特別な注意を払うべきです。果物、野菜、豆類、乳製品、魚、ダークチョコレートの数を増やす必要があります。コーヒー飲料、塩、脂肪分の多い食品の使用を最小限に抑えることをお勧めします。場合によっては、薬草への煎じ薬の使用が許可されています。

運動を完全に排除することは不可能です。アクティブなライフスタイルは、エンドルフィン(幸福のホルモン)の産生に貢献します。睡眠モードの順守は体が適切な安静を得ることを可能にするでしょう。ストレスの量を最小限に抑えるようにしてください。

女の子のPMSは不快感の原因です。いくつかのケースでは、彼の症状は非常に強いので、少女はそれを除去するために特定の措置をとる必要があります。自己瞑想する必要はありません、そうでなければ問題を悪化させる可能性が高まり、身体に深刻なダメージを与えます。

月経について何を知っていて、何を知らないのですか?

通常の周期の持続時間 - 出血の間隔を数える3〜6日、出血開始からの最初の日から計算されます。

月経から月経までの平均日数は25〜28日ですが、21〜36日のサイクリングも通常と見なされます。主なことは、サイクルが安定しているということです。

月経周期を支配する中心は子宮内ではありません - 一般の人々がこのプロセスについて考えるなら、多くの人が信じているように - ではなく、大脳皮質、下垂体、視床下部にあります。そこから、卵の成熟と粘膜の拒絶が直接起こる臓器に命令がすでに与えられている。

次の鎖は概略的に表すことができる:視床下部は、下垂体に向性ホルモンを産生させる特別な放出ホルモンを分泌する。それらは体の特定の女性ホルモン - プロゲステロンの発達を促進し、その下で月経が始まります。

毎月のコントロールセンターは脳内にあるため、月経周期の期間は次のような理由で異なる場合があります。

  • ストレスの多い状況への暴露
  • 気候変動と栄養
  • 慢性疾患の悪化や急性感染症の発生による。

毎月が長期間停止した場合や異常な場合は、医師に相談する必要があります。

周期的出血中に起こる体内のプロセス

多くの場合、女性は月経やめまいの前に吐き気が発生すると訴え、妊娠していると疑い始めます。購入テストは体系的にチェックされますが、妊娠は検出されません。

もちろん、この状態は彼らを邪魔します、それは彼らが正常に生きて働くことを妨げるからです。

なぜ吐き気は月経中に、時にはその後に発生しますか?

女性の体内では、月経周期が近づくにつれて、ホルモン、プロゲステロンおよびエストロゲンのレベルが変化します。内分泌調整は体の状態に影響を与えます - それは体液を長引かせ始めます。それが女性が胸部の腫れを感じる理由です。

プロスタグランジン - 組織の出血の開始時にバイオ調節剤が表示されます。

それらの機能は次のとおりです。

  • 音に子宮を入力し、その減少を刺激し、
  • 血管を拡張する
  • 血液凝固を減らします。

月経前および月経中に気分が悪くなる原因

ホルモンレベルの変化は、月経前の悪心の原因と呼ばれることがあります。体液貯留は乳腺だけではありません。体液は腹部の臓器や脳を含むすべての組織に蓄積されます。これらの腫れは吐き気、胃や頭の重さ、片頭痛の発生を引き起こします。

この期間中は、吐き気だけではありません。明らかな理由もなく女性は緊張して涙を流し、体調が悪くなり、睡眠が妨げられることがあります。この状態は特別な名前 - PMS、つまり月経前症候群さえ与えられています。

時には女性が誇張して失禁をICPで非難することもありますが、許すこともできます。 PMSは本当に多くの不便をもたらし、生活水準を悪化させます。

毎月の周期の最初とそれの間の定期的な吐き気は、子宮の構造の特徴と関連している可能性があります。それが曲がっている場合 - それは正常な位置から戻って撓んでいる - そしてそれは収縮の間にそれは腰を圧迫し始め、その神経の中心は収縮に痛みを伴うように反応する。痛みから気分が悪くなり始めます。

月経時の悪心の原因 - プロスタグランジンの生産。それらの効果は子宮だけでなく感じられ、それらは胃液の生産を減らし、その酸性度を減らし、神経中枢に影響を与えます。収縮は子宮内で起こるだけでなく、痛みを伴うけいれんも腸内で起こります。そしてこれは食道への胃内容物の拒絶を引き起こします。

月経期間中に、別のホルモン - セロトニンが生成されます。それは神経伝達物質であり、その目的は痛みを伴う症状を減らすことです。過度の生産は頭蓋内圧の上昇をもたらし、それが次に吐き気を引き起こします。

月経後の吐き気もホルモンの変化によるものです。月経期間中は胃の酸性度が下がるため、通常の状態に戻ると、特に長期間の月経が約1週間である場合、身体はすぐに正常な状態に戻ることはできません。

月経前にめまいや吐き気が頻発する場合は、医師に相談してください。薬やライフモードのいくつかの変更は、不快な現象を取り除くのに役立ちます。

月経期間をより快適にする方法

周期の前および最中に起こる吐き気を防ぐことができます。あなたが月経前に常に吐き気を感じる場合でも、これは通常確認するために状態や妊娠です。

吐き気をなくすための多くの薬 - 状態が妊娠によって引き起こされる場合 - それは妊娠後に使用することをお勧めしません、彼らは胎児の発達に害を及ぼすことができます。したがって、月経の遅れがなくても、医者に行く前に妊娠検査をする必要があります。

月経周期の流れを促進する方法

あなたが吐き気症候群を和らげる薬を処方する前に、その発生の主な理由を見つけようとしてください。

そのような薬を使用することができます:鎮痙薬、ホルモン、鎮静剤および鎮痛剤。

包括的な治療は良い治療効果をもたらし、その間に伝統的な医学と特別な食事は伝統的な薬と結びつき、悪い習慣を放棄し、そして特別な運動をし始める。

いくつかのケースでは、月経周期の間に吐き気を止めるために、それは伝統的な治療者のレシピに頼ることとライフスタイルをわずかに調整することで十分です。

緩められた神経系をなだめることはバレリアン、ミントおよびレモンバームのエキスを助けるでしょう。

揚げ物、燻製および塩辛い食物の食事からの排除は、水と塩のバランスを正常化するのに役立ちます、すなわち、体組織の過剰な水の蓄積を取り除くのに役立ちます。

繊維や複雑な炭水化物を含むシリアル、野菜、果物の日替わりメニューを入力することで、腸を素早く正常化することができます。

月経がうつ病、涙、神経衰弱を引き起こすならば、あなたは間違いなく血糖値をチェックするべきです。その欠如は同様の現象を引き起こします。複雑な炭水化物を含むダイエット食品に含めることによって、あなたはこの問題を取り除くことができます。

月経前の時折のめまいや吐き気がPMS中の下腹部の痛みによって引き起こされる場合は、その後、あなたの毎日の食事に野菜のより多くの魚料理とおかずを含める必要があります。この組み合わせは、平滑筋を弛緩させる、体内でのリノレン酸の産生を増加させます。

月経の遅れの前に起こる吐き気で、あなたは戦う必要があります。あきらめて、PMSの間に毎月苦しむな。医師へのタイムリーなアクセスは、不快な問題に効果的に対処するのに役立ちます。

毎月および月経前症候群

女性の体はレースを続けるように設計されており、その中で発生するすべてのプロセスはこれに貢献しています。約11〜13歳で、若い女の子の体が変わり始めます - 月経または月経が始まります。今、月経出血は月経が始まり、月経周期が始まります。

女性の月経周期は、月経出血の初日に始まり、翌月の月経開始日の前日に終わる期間です。周期時間は21-35日である場合もあり、月経自体は通常3-7日続きます。

月経は血栓、粘液およびしこりが存在する出血です。これは、子宮の子宮内膜が拒絶され、体からの血液と共に除去される方法です。子宮内膜と未受精卵と同時に。この時点で、来月再び受精を期待するために、新しい卵子がすでに卵巣で成長しています。退院の量は女性の身体の個人的な特徴によります、そしてそれはより少ないかより重い出血を説明します。平均して、女性はこの期間中に50mlの純血を失いますが、この数字ははるかに高いようです。月経2〜3日目に出血の最も高い強度は、その後、彼らは徐々に減少し始めます。

出血の発症の数日前に、年齢の異なる女性は月経前症候群と呼ばれるいくつかの症状の出現を経験するかもしれません。 PMSは、2〜10日続くことがあり、そして身体の神経系、内分泌系、心血管系、ならびに代謝障害を遅らせるかまたは活性化させることで発現される。女性が年をとるほど、彼女はより多くPMSにさらされます。

特定の要因の影響下で、この症候群は発症します。

  • 頻繁なストレスの多い状況
  • 出産および延期中絶
  • 過去の感染症
  • 太り過ぎ
  • 十分な運動不足
  • 喫煙、飲酒、濃いコーヒー。

PMSは強度、量および期間によって分類されます。それで、顕著な1-2の徴候で、しかし、それらのわずか4-5が観察される、軽度の程度は月経出血の発症の5-10日前に診断されます。月経の2週間前にPMSの症状がたくさんあり、そのうち5〜7回で女性が通常の生活を送ることができない場合、これは重症度の症候群を示しています。

PMSには3つの段階があります。

  1. 補償しました。症状は進行せず、月経周期の第2段階に現れ、月経が始まると経過します。
  2. サブ補正症状は進行し、閉経期の開始とともに消えます。
  3. 非補償症状は月経後も持続します。

月経前の体調不良の生理学的原因

女性の身体は複雑なシステムであり、毎月大きなリストラが行われます。

ホルモンの変化周期の後半はホルモンバランスの変化によって特徴付けられます。 Снижается уровень эстрогена, что отвечает за хорошее настроение и самочувствие, а также половое влечение.周期のほぼ中央に落ちる排卵の完了の後で、女性のボディのプロゲステロンのレベルは急速に増加します、それは重要な日の前に悪い健康を引き起こすこれらのホルモンの優勢です。このホルモンの不均衡の結果として、女性のパフォーマンスが低下し、睡眠が妨げられ、彼女の気分が劇的に変化し、吐き気と脱力感が現れ、そして彼女の頭が回る可能性があります。

生殖器官の変化排卵後、女性の身体は積極的に妊娠の準備を始めます。これは食欲の増加と豊胸に現れます。受精がなかったならば、それは徹底的に再建されて、そして子宮内膜の拒絶の結果として、そしてその結果として、月経のために準備し始めます。これを行うために、子宮の筋肉層が減少し、腰、下腹部、および仙骨に痛みを伴う感覚を引き起こします。痛みは本質的に痛みとけいれん性であり、それはほとんど知覚できないことがあり、女性が鎮痛剤を服用することを強いられることは非常に強いことがあります。また、脱力感、吐き気、肌の色落ち、体温の低下も考えられます。

血管内の血液循環の変化出血が始まる前に、血管は拡張してから急激に狭くなり、これは脳細胞がこの期間中に酸素欠乏を経験し、その結果として頭痛、めまい、意識喪失、吐き気、脱力感などの症状が現れるという事実につながります。血圧が下がると、月経前に体調が悪くなります。

ビタミンやミネラルが不足しています。女性の体は十分なビタミンとミネラルを摂取する必要があります。月経前には、ビタミンAとC、ならびにマグネシウム、カルシウム、ナトリウム、および鉄が不足しています。これを避けるために、あなたは絶えずあなたの食事療法を監視する必要があります、そして特にあなたの期間の開始の前の週に、ミネラルと同様にビタミンを取ってください。ビタミンやミネラルの不足とPMSの不快な症状を引き起こします。

神経系に大きなストレス。ホルモンの産生および月経周期のプロセスの調節に関与している中枢神経系の強い緊張は以下の症状をもたらします:頻繁な気分変動、神経質、過敏性、攻撃性、パニック、睡眠障害。周期全体にわたる激しいストレスの下で、悪心、頭痛、および鬱状態もまた起こる。

月経中に起こること

全周期の間に、ボディは本当らしい母性のために準備され、ホルモンのプロゲステロンは集中的に作り出されます。受胎が起こらないと、その量は急激に減少し、プロスタグランジンホルモンが産生され始め、それが月経の開始を引き起こします。

子宮の子宮内膜血管が狭くなり、その結果としてその血液供給が減少する。粘膜は徐々に子宮から剥離して分離し始めます。その残骸は、小さな血管の破裂のために蓄積した血液と共に除去されます。

このプロセスは徐々には起こりません。粘液のある部分は早く崩壊し始め、ある部分は少し遅くなります。これが、重要日が3日から5日続く理由です。

剥離した子宮内膜の自然な除去と平行して、その新しい層は増加する。月経はある周期から次の周期への過渡的な瞬間であると言えます。

月経液は、子宮腺を分泌する血液と分泌物で構成されています。さらに、それは膣上皮および粘膜粒子の細胞を含む。 1回の月経中の女性は約50gから80gの血液を失います。

危機的な日には、しばしば次のような不快感が生じることがあります。

  1. 下腹部の痛み。医者の予約があると、女の子は月経中に自分の卵巣が傷つくことにしばしば気付きます。しかし、実際には、下腹部の痛みは月経中の子宮収縮に関連付けられています。痛みを解消すると、特別な薬に役立ちます。
  2. 月経流出の不快な臭い、女性に不快感をもたらす。
  3. 吐き気と熱。

衛生は女性の健康への鍵であることを忘れないでください。衛生状態に特に注意して、重要な日に治療する必要があります。シャワーを浴びるには少なくとも1日に2回、パッドを交換するには4時間ごとに、天然の布地でできた快適な下着を着用してください。

月経中の吐き気

月経中、体内でさまざまなホルモンの変化が起こり、いくつかの不快な症状を引き起こします。例えば、月経中の吐き気。原則として、それは月経と排卵の間に最も頻繁に現れます。

吐き気に加えて、胸痛、腫れ、腹部膨満、腰痛、鬱などのPMSに直面している女の子はほとんどいません。これらの不快な症状はすべて、エストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンの不均衡によって引き起こされます。

あなたがあなたの期間中に気分が悪くなった場合、これは脳脊髄液中のセロトニン濃度の上昇による可能性があります。また、月経中の吐き気は、体内の水分が過剰になるために起こることがあります。どちらの場合も、頭蓋内圧が変化します。そして結果として、この期間に、吐き気に加えて、女性はまためまい、皮膚の蒼白、重度の鬱病、そしてまれに、意識の喪失を経験するかもしれません。

もちろん、すべてのフェアセックスの代表は異なる方法で批判的な日に苦しんでいます。それは主に子宮の構造と位置の特性に依存します。医療専門家は、一部の女性の子宮はわずかにずれて誤って位置していると述べています。そのため、神経中心部に多くの圧力をかけます。これが、腰痛、仙骨、下腹部の痛み、月経時の悪心の出現の理由です。子宮の活動もホルモンレベルに依存することに注意すべきです。したがって、あなたがあなたの期間中に病気であるならば、これの考えられる原因は体内のプロゲステロンとプロスタグランジンの不均衡かもしれません。

月経中に吐き気があるが、これが観察されない前の場合は、おそらくその理由は妊娠の発生です。結局のところ、時には妊娠中の母親は月経時に出血しているように見えるかもしれません。出血は、子宮外妊娠や凍結妊娠中に起こることが多く、この場合、女性には激しい腹痛と発熱があります。これらの症状が現れた場合は、すぐに病院に行くべきです。あなたの医者はあなたの期間中にあなたのために超音波スキャンを処方します、そして検査が子宮外妊娠が確認されたことを確認するならば、緊急手術が必要とされます。

女性が避妊薬を服用すると、月経中の吐き気が起こる可能性があります。体内のホルモン量が著しく増加するためです。ホルモン障害の場合、悪心とともに重度の過敏性、片頭痛、および発汗が起こることがあります。

中毒や胃腸感染症も吐き気の原因になる可能性があることに注意する必要があります。あなたが月経中に非常に病気であるならば、自己瞑想しないで、すぐに医学的援助を求めてください。だから病気の正確な原因を判断する方法は医者しかできません。

月経中の気温

何人かの女の子は期間中に熱を持っています。医療専門家は、わずかな増加が懸念の原因になるべきではないと述べています。結局のところ、月経中の女性の身体はいくらかのストレスを経験していて、失血して脱水しています。したがって、多くの人は弱さ、食欲不振を感じます。夕方までに気温が37度を少し上回って上昇する場合、おそらく、これは疲労が原因です。体温が著しく上昇し、さらに激しい痛みがある場合は、医師に連絡する必要があります。月経中の高温は女性生殖器領域の問題を示している可能性があるので。ホルモンバランスが乱されていないときは、月経の流れの過程は強い不快感を引き起こしません。

月経中の高温は感染の結果として起こるかもしれません。月経の日には、子宮がわずかに開き、細菌が中に入りやすくなります。このため、多くの女性はタンポンよりもパッドを使用することを好みます。この間、個人の衛生状態を監視することが非常に重要です。

月経中の体温は腸内の炎症過程の存在を示している可能性があります。結局のところ、この期間の女性はしばしば下痢に苦しんでいます。そしてこの場合の温度上昇は徹底的な調査の理由です。

月周期のほぼ中間で排卵が起こり、その中で温度上昇のような現象がかなり頻繁に観察されます。基礎温度の変化を監視する女の子は、妊娠に最も適した時期を決定することができます。

痛みや熱が月経中に発生することができるもう一つの理由は妊娠です。これらの症状が発生した場合は、特別な検査を実施し、結果が肯定的であれば、異所性または見逃した中絶を除外するように医師に相談してください。

月経中の体温上昇の最後の理由は、閉経初期です。

月経中にしてはいけないこと

自分の健康に害を与えないようにするために、月経中はお勧めできません。

  • スポーツをしたり、他の運動をしたりします。月経中の運動は適度なものでなければならず、それから彼らは恩恵を受けるでしょう。痛みを取り除き、気分を改善するのを助けます。そして過度の運動は出血を増加させる可能性があります、
  • プール、お風呂、サウナを訪れる。温熱処置は血液循環の増加に寄与し、その結果、出血が増加する可能性があります。さらに、重要な日には感染の危険性が高まります。したがって、これらの手順はシャワーで置き換えるのが一番です。
  • アルコールを飲みます。アルコール飲料は血圧の上昇に寄与し、それは健康状態の悪化や出血の増加につながります。
  • 間違って食べる。月経時の栄養不良は、吐き気、脱力感、および腹痛を引き起こす可能性があります。重要な日には、マグネシウム、カルシウム、繊維を含む食品を食べる必要があります。カシ、チキン、魚、またはミントとカモミールティー - 月経中の最高の食事療法。この期間の辛い、甘い、塩辛い、脂っこい食べ物はお勧めできません、
  • コンドームなしでセックスをする。批判的な日には、性的関係に対する絶対的な禁止はありません。しかし、子宮内の感染の高いリスクを考慮する必要があります。このため、この時期の性交では、正規のパートナーがいる場合でもコンドームを使用するのが最善です。
  • いくつかの薬を服用します。月中に薬を服用する必要がある場合は、必ずこれについて医師に相談してください。アセチルサリチル酸(例えばアスピリン)を基にして作られた製剤は血液を著しく薄くする可能性があることを知っておくことは重要です。したがって、月経中にアスピリンを服用すると、それを延長するだけです。月経時の痛みを軽減するために、イブプロフェンやパラセタモールなどのより良い薬を服用してください。
  • 任意の操作を実行してください。実際のところ、月経中は血液がうまく凝固しないため、手術中に出血が起こることがあります。

さらに、月経中は、パーマ、リフティング、肌の引き締め、髪の毛の染めなどをしてはいけません。ホルモンの背景が一時的に変化するため、結果が予期せぬものになる可能性があるためです。

月経中の吐き気と体温をどうするか

月経中に吐き気と体温が発生した場合は、医師に相談してください。必要な検査と検査を実行した後、あなたは素因の原因に依存するだろう治療を処方されます。

多くの場合、抗スパ薬(イブプロフェン、パラセタモール)および鎮痙薬(no-spaおよびドロタベリンを含む)は、悪心および高温を解消するために処方されています。婦人科医が制酸剤を処方することもあります。吐き気に苦しんでいる女性の多くは、薬用植物Prutniakからの絞りを含む薬マストジノンを首尾よく使用しました。この植物は体内のホルモンのバランスを回復させます。様々な感染症によって引き起こされる病気の治療のために、抗生物質が処方されています。

この困難な生活期間をより簡単に移転するために、重要な日に自分の体に最も快適な条件を作り出すことは非常に重要です。

倦怠感の生理的原因

女性の体は複雑なシステムです。毎月のサイクルには、悪い健康状態を伴う最も強い変化が伴います。

月経周期の後半では、ホルモンのバランスが変化します。優れた気分、幸福、美しさ、性的欲求の原因となっているエストロゲンは、少数派です。排卵は終了し、性的パートナーを引き付ける必要はありません。だから母なる自然を命じた。排卵後、プロゲステロン濃度は急速に増加し始めます。これらのホルモンは月経前の体調不良の主な原因となりつつあります。ホルモンの不均衡の最も一般的で非常に正常な結果:

  • パフォーマンス低下
  • 疲労
  • 過敏性、
  • 睡眠障害
  • 脆弱性
  • 印象性
  • 吐き気
  • 弱点
  • わずかなめまい。

子宮内の変換

月経周期の後半では、体は妊娠の準備をします、それ故に側面の余分なキロ、食欲の増加、豊胸。受精が行われていないことに気付いたとき、彼は月経のための準備手順を再編成し始めます。子宮の筋肉は、子宮内膜層を拒絶するために減少していますが、これは有用ではありません。その過程は痛みを伴う感覚を伴う。けいれん、腰の痛み、仙骨、下腹部の痛みがあります。けいれんはほとんど目立たないか、または彼らが女性をベッドに入れて彼女の飲み物を鎮痛剤にするほど激しいかもしれません。これにはすべて、吐き気、脱力感、体温の低下、蒼白が伴います。

血行の変化

月経前に、気分が悪くなるのは、血管内の血液循環の変化によるものです。月経が始まる前とその過程で、血管が拡張してから急激に狭くなると状況が発生します。酸素は最小限の量で脳細胞に供給されます。いわゆる一時的な酸素欠乏は、めまい、意識喪失、頭痛を引き起こします。強い攻撃の後、吐き気、脱力感が現れます。これより前には、もう1つの理由がこの健康不良の原因と密接に関係しています - 血圧の急上昇または一定期間の低下。圧力が低いと、

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 弱点
  • めまい
  • 蒼白
  • 疲労感
  • 心臓の動悸
  • 冷たい汗

ビタミン、ミネラルのアンバランス

月経前の体調不良は、カリウム、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、鉄、ビタミンA、Cの欠乏によるものです。時々体自体が欠けているものを示唆しています。月経周期の終わりに、あなたは塩味のある、甘い、酸っぱい欲しいです。例えば、ニシン、オレンジ、キャンディー。女性のためのビタミン、ミネラルの複合体の摂取、月経の1週間前に適切な栄養の欠乏を避けることは可能です。この理由のために感じることはわずかに揺れているかひどく傷つくかもしれません。例えば、鉄欠乏の結果として、ヘモグロビンは減少します。それゆえ、めまい、吐き気、脱力感。

神経系過負荷

中枢神経系は月経周期のすべての過程を調節します。ホルモン産生を調整します。月経前、気分が悪くなるのは中枢神経系の強い緊張が原因です。ほとんどの場合、女性は次のように感じます。

  • 過敏性、
  • 緊張
  • 自尊心の低下
  • 攻撃性
  • パニックの潮汐、
  • 睡眠障害

毎月のサイクルの間に現在のストレス、極端なストレス、うつ病、吐き気があった場合、頭痛が追加されます。

月経前に、PMSのいくつかの徴候で体調が悪いと感じるのは正常です。しかし、これはそれについて何もしてはいけないという意味ではありません。可能であれば、影響の悪影響を避けるために、PMSの徴候の強度を減らすためのあらゆる努力を指示することが必要です。

月経前の吐き気

PMSの最も一般的な症状。そして月経が近いほど、より悪心があります。時々それは嘔吐になる。毎月のサイクルに吐き気があるのにはいくつかの理由があります。

  • ホルモンの不均衡、悪心は高レベルのプロゲステロンを誘発します。

  • 消化器系の問題 - 月経の前夜に、体は最​​も脆弱であり、すべての隠された病気が現れます。胃炎、腸内症の存在下では、毎回吐き気が現れます。
  • 過度の身体的疲労は吐き気を引き起こします。そしてまた重量挙げ、睡眠不足。
  • 吐き気は薬、特に抗生物質、ホルモン薬を服用した結果として発生します。
  • 栄養失調による吐き気があります - 塩辛い、辛い、甘い、脂肪の多い。
  • 彼らは吐き気の悪い習慣 - 喫煙、アルコール、コーヒーの乱用 - を引き起こします。
  • 吐き気は神経系の過剰な緊張が原因で起こります。 Особенно страдают женщины, что занимаются умственным трудом.

月経周期全体を通して、女性の身体には多くの変化が起こります。何らかの理由で1つのリンクが破損した場合、月経周期全体が中断されます。そしてその後、彼女の時代の前夜における女性の幸福は損なわれます。あなたはあなたの体に気をつけなければなりません。肉体的および精神的ストレスを避けるために、予定されている月経の前の適切な食事療法に切り替えることが少なくとも一週間前。そうすれば、PMSの徴候はそれほど強くなくなり、健康状態は悪化します。

Pin
Send
Share
Send
Send