健康

Vizannによる子宮内膜症、腺筋症および過形成の治療

Pin
Send
Share
Send
Send


ホルモン錠は卵巣および血漿中のエストロゲン濃度を低下させ、子宮内膜症の病巣を有意に抑制し、そして薬物の長期使用により病理学は萎縮するであろう。

薬物のさらなる特性への曝露は細胞増殖を妨げる。服用すると排卵は抑制されますが、この薬は避妊ホルモンのグループに属していません。

子宮内膜の病理学のためのビザンザンは少なくとも6ヶ月間処方され、薬は周期のどの日からでも使用することができます。薬の活動は、食事の前や後に - 資金の受け取りの時間には依存しません。

最近、地元の医者は子宮内膜症のためにVizann薬を積極的に使用しています。そして、それは子宮の子宮内膜症に関連して薬の高い有効性を指摘します。

それが直接病理学の発症のメカニズムに作用するので、Vizannaは病理学の程度の異なる患者を助けます。

腺筋症のあるビザンナ

女性が腺筋症と診断された場合、この病気の治療法にはVizann薬も含まれます。この薬は子宮層の粘膜を強化し、女性の生殖器系の機能にプロゲストゲン効果をもたらします。

使用の可能性は非常に有効な有効成分のジエノゲストの存在によるものです。女性ホルモンの産生に影響するため、子宮内膜細胞の増殖を抑制します。

それは専門家によって推奨される投与量で腺筋症のためにビザンナを服用する必要があります。女性における薬物治療の結果として、異常な細胞の増殖が停止し、そして腺筋症のような疾患が排除される。

適応症と禁忌

薬の使用のための推奨事項は子宮内膜症です。ホルモン剤ビザンナによる治療は、子宮内膜を正常化し、その病理学的成長を抑えるのに役立ちます。

以下の病状は使用を禁じられています:

  • 血栓塞栓症
  • 心臓と血管の病理
  • 糖尿病は血管に合併症を与えました、
  • 肝病理、臓器腫瘍、
  • 悪性腫瘍の疑いまたは検出
  • 病因不明の子宮出血、
  • 薬の成分に対する過度の感受性。

投与量と投与

使用説明書は子宮内膜症のための経口薬を含みます、そしてあなたは周期のどんな日からでも始めることができます。一日に薬を一服用する必要があります。一回で服用することをお勧めします。

錠剤を少量の水で洗い流します。薬を飲むことは出血に注意を払っていない、中断することなくする必要があります。包装が完了したら、中断することなくピルを服用します。

子宮内膜症の治療において、Visannaは治療効果が低下する可能性があることを考慮に入れるべきです。これは最初の3時間以内に起こる下痢や嘔吐で起こります。それから患者は集中力を維持するために1つの追加のピルを飲む。

何らかの理由で、タブレットは酔っていませんでした、あなたは翌日用量を増やす必要はありません。 Visannaの子宮内膜症を治療するには、通常の量を服用し、さらに使用の規則性を監視するだけで十分です。

治療計画

子宮内膜症の治療におけるVisannaは、特定のスキームに従って撮影されています。治療期間は6ヶ月です、そして、薬は周期の時間に依存しません - あなたはいつでもアプリケーションを始めることができます。

錠剤を毎日服用することが非常に重要です - これにより体内のホルモン濃度を常に一定に保つことができます。治療のコースが完了するまで中断せずに必要な子宮内膜症の治療のために飲む。

レビュー婦人科医

ロシアの薬が比較的最近使用されているという事実にもかかわらず、Vizannaについてのレビューはすでに医師によって形成されています。専門フォーラムでは、彼らは積極的に彼らの患者に薬を処方する経験を交換します。

専門家からのフィードバックはほとんどの場合ポジティブです - 医者は病理学に関連して薬の高い有効性に注意します。子宮内膜症治療薬を処方された、病理学的に治癒した、または子宮内膜の病理学的増殖を2度まで有意に減少させた患者の95%。

卵巣嚢胞の背景に対する高い有効性も注目されています - 通常患者は手術を受けており、この薬は女性の生殖器系の健康を回復するための優れた手段です。

薬を服用するときに、医師は患者の体重の増加を指摘した - これは情報シートに記載されている。 6 kgの体重の増加は可能ですが、投薬を中止した後、シルエットは再び微妙になります。

これはヴィザンナのプラスとマイナスの両方です - 医師によるレビューでは、体重の増加でさえも多くの患者にとって有益であることを示しています。肌がなめらかになり、健康的な肌色になり、女性はいらいらしなくなります。

子宮内膜症と診断された場合、医師のレビューは患者さんの意見と同様に非常にポジティブです。

リリースフォームと構成

薬は錠剤の形で入手可能です。各タブレットは白く塗られ、7つのmmの幅を有する。斜めのエッジを持つ上部、そして片側に文字Bの形状の溝があります

薬物の組成は主に最も多い、それは錠剤あたり2 mgを含んでいます。さらに、ラクトース一水和物、ポテトスターチ、単結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウムおよび他の成分が存在する。

妊娠中および授乳中の使用

妊娠中のジエノゲストの効果に関する研究では、胎児に対する催奇形性の効果は明ら​​かにされていませんが、このコホートでは子宮内膜症治療の必要性がないため、妊娠中の患者には処方されていません。

母乳中に微量のジエノゲストが検出されたため、母乳育児期間中にこの薬を使用することはお勧めできません。治療時には泌乳は止めるべきです。

Dienogestはこのサイクルに違反していますが、キャンセル後数か月以内に回復する可能性があります。これらの機能にもかかわらず、それは避妊薬として使用することはできません - それは薬を服用しながら、妊娠の可能性があります。

Visannaによる治療後に妊娠するためには、投与を中止してから2〜3ヶ月待つ必要がありますが、周期は正常化しています。

薬の体への影響

有効成分は体に悪影響を及ぼしません。研究は、患者の病理と以下の薬物関係を確立した:

  • 心臓病では、薬は心臓発作や脳卒中の可能性のあるリスクに大きな影響を与えません。
  • 薬の使用と乳がんの発生の因果関係は証明されていません
  • 子宮の異常がある女性では、出血が増加し、貧血につながる可能性があります。

薬を処方する前に、慢性病状の悪化を引き起こさないようにするために患者の包括的な検査が行われます。

過剰摂取

錠剤には少量の有効成分が含まれているため、薬の過剰摂取は実際には発生しません。余分な錠剤を服用しても過剰摂取は発生しません。

研究は、大量のジエノゲストでさえ患者の健康に悪影響を及ぼさないことを示しています。解毒剤はありません。

薬はドイツの製薬会社バイエルによって製造されているので、ロシア市場での価格はかなり高いです。薬の28錠は約3,500ルーブル、そして84個 - 8,500の値段で、これらはオンライン薬局の価格です。

あなたが普通の薬局で薬を買うならコストは増加の方向でかなり異なるかもしれません。金額の差はいくらですか、いくつかの薬局の商品の価格を比較することで見つけることができます。

副作用

他の薬と同様に、薬には副作用があります。通常、彼らは薬の使用の最初の日に注目されています。患者への悪影響の中で注目されました:

  • 体重増加(平均6kgまで)
  • うつ病、疲労、眠気、
  • 頭痛や片頭痛、
  • 背中の痛み、
  • 吐き気と嘔吐
  • 胸の不快感、暑さ、
  • 過敏性

まれに、体重の減少、貧血、息切れ、骨や筋肉の痛みがありました。 Vizannaからの副作用が見つかった場合、薬は類似体に置き換えられます。

Vizanna後のポジティブな経験

薬を服用した患者は、治療過程終了後、子宮内膜の状態が通常の状態に戻り、長時間の痛みを伴う月経が消失したことを指摘した。

多くの患者は、投薬の途中で好ましい効果を感じました。

薬の大きなプラスは副作用の低い割合です。ほとんどの患者は、薬による治療に成功しました。

薬物の同様の作用原理によれば、製薬業界はいくつかの類似体を製造している。これらは、Turinal、Exluton、Lakinet、Norkolut、Jazz、Prajisanを含みます。

体の上の薬のメカニズム

Visannaは、ゲスターゲンと呼ばれる種類の薬に属します。事実、合成物質は女性の体内でプロゲステロンとして作用します。

典型的には、女性ホルモンは乳児期から体によって産生され、そして出産年齢に達した女の子における正常な性的発達および月経周期の調節に必須である。

知って面白い! プロゲステロンは男性の副腎からも産生されます。しかし、ホルモンの量は非常に少ないです。

Dienogestが子宮の内側を覆う組織へのエストロゲンの悪影響を大幅に減らすことができるので、ビザンヌ薬は子宮内膜症に対して処方されています。ピルはまた、ブセレリン、ルプロンに固有の重篤な副作用なしに鎮痛効果をもたらします。

薬を服用するためのスキームは何ですか?

子宮内膜症を伴う使用Vizannaのための指示は1日1回1錠(薬の活性物質2mg)を飲むことを規定しています。治療の経過は少なくとも6ヶ月続くべきですが、医者はテストの結果と患者の一般的な健康状態に基づいて、投薬量と治療の期間を調整することができます。

それが処方箋なしでVizannaを購入することが可能であったとしても(そしてこれは国内の薬局ではかなり可能です)、指示の一般的な指示に従って薬を服用する必要はありません。 実際のところ、以下のような多くの要因が目的の投与量に影響を与える可能性があります。

  • 患者の体重
  • 他の薬を服用する
  • 主要ホルモンの数と割合

各特定の患者を飲むためにいくつの丸薬は医者だけを決めます。専門家が1日当たり2 mgを超えるまたは2 mg未満のDienogestを処方した場合、これは医学的過誤を示すものではありません。

保守的な治療のコースの投与量と期間を決定したので、それはヴィザンナを受け入れるための他の(それほど重要ではない)規則に精通することが必要です。まず、一日のうちに薬を飲む必要があります。

薬ビザンナを服用すると排卵が消える可能性があるという事実にもかかわらず、避妊薬を拒むべきではありません。唯一のアドバイスは、経口避妊薬をバリア避妊薬に置き換えることです。

第二に、治療の全過程の間にいかなる休憩も取る必要はありません。薬の1パックが終了したらすぐに、あなたはすぐに新しいものを始める必要があるので、在庫の丸薬の常に必要な数があることを確認することは重要です。

ヒント! 食物の有無にかかわらずレセプションの指示、指示はしません。したがって、あなたは「便利な」ように、少量の液体で丸薬を飲むことができます。

子宮内膜症の薬を誤って飲み忘れた場合は、できるだけ早く再度2 mgのDienogestを飲んで通常の治療計画に戻す必要があります。次の投与量を服用する時期であれば、次に2錠を同時に飲むことは固く禁じられています。

腺筋症とは何ですか?

腺筋症などの病理学は、子宮内膜症の種類の一つです。

腺筋症では、子宮内膜は子宮腔内だけでなく、ほとんどの場合、その限界を超えて増殖します。

この病気は、20歳から50歳までの女性に発症しますが、その発症の正確な原因はまだ明らかにされていません。

しかし、腺筋症の発症を引き起こす可能性があるいくつかの要因があります。

  • 頻繁なストレスと心理的ストレス
  • 過度の運動
  • 遺伝的素因
  • 内分泌系疾患
  • 免疫システムの失敗
  • ホルモン障害

ここでこの病気の症状について読んでください。

薬の説明

Vizannaの主成分はdienogestです。 この物質は、高い抗アンドロゲン活性を特徴とする、ノルテストステロンの化学的誘導体と考えられています。

組成物に含まれる補助物質は以下の通りです。

  • タルク
  • じゃがいも澱粉
  • ラクトース一水和物、
  • ポビドンK25、
  • 微結晶セルロース
  • クロスポビドン、
  • ステアリン酸マグネシウム。

Visannaは女性の体にプロゲストゲン効果をもたらし、それが次に女性ホルモン - エストロゲンの作用を抑制します。

女性の体にVizannaを服用すると、次のような効果があります。

  • 腺筋症の病巣に対するエストロゲンの効果は著しく減少します、
  • Byzannaを服用すると腺筋巣が減少する
  • ホルモン - エストロゲンのレベルを下げ、卵巣でのその生産を減らす。

薬Vizannaの主な物質の代謝は肝臓で起こり、分解生成物は排尿によって自然に由来します。

一連の治療を開始する女性の中には、月経不順を起こし始める人がいます。 このことを心配しても意味がありません。薬が止まってからしばらくすると周期が完全に回復するからです。

正しく適用されると、Visannaはしばらくすると、子宮壁の筋肉組織の内壁に子宮内膜が形成されるのを減らすという点で、生殖器に影響を与え始めます。薬を服用すると腺筋症の病巣は徐々に減少し始め、その後完全に消えます。

長所と短所

他の薬と同様に、Vizannaには薬を使い始める前に考慮しなければならない多くの長所と短所があります。

メリット:

  • この薬の主な利点は、子宮内膜症と腺筋症の治療におけるその有効性です。 Visannaは、子宮内膜の成長、患部病変の吸収を抑えるのに役立つだけでなく、再発子宮内膜症や腺筋症のリスクも最小限に抑えます。
  • 長い間妊娠しようとしていた女性は子供を妊娠する機会があります。
  • Visannaは鎮痛効果もあります。特に、薬を服用すると、疼痛症候群は重要な日に減少します。
  • ビザンナを服用する際のホルモンの背景は安定し、障害なく機能します。
  • Vizannaを受け入れても、卵の成熟などのプロセスが妨げられることはないため、Vizannaを止めた女性は、最初の性的接触の直後に妊娠する可能性が高いです。

デメリット:

  • この治療法の主な欠点の1つは、服用後に血液凝固が増加する可能性があることです。したがって、静脈瘤を持ち、血栓の形成の素因を持っている女性のために、この薬は慎重に使用されるべきです。血栓の形成の素因がある女性は、薬を服用する前に主治医からこのことを伝えられるべきです。
  • いくつかのケースでは、Vizannaの受信は子宮出血を引き起こす可能性があります。この場合、自分で出血を止めることはできませんが、ただちに医師の診察を受けてください。
  • ビザンチウムを服用すると、女性が強く汗をかき始めます。
  • もう一つの欠点は、女性が大量に出血し始めることがあるということです。この場合、直ちに貧血の発症を引き起こす可能性があるため、直ちに医師に相談してください。医師は患者に代替薬または止血剤を処方するべきです。

使用の目安

Vizannaのような薬は、一次、二次または三次の限局性、びまん性および結節性腺筋症に処方されます。腺筋症の4番目の程度はほとんど薬物療法に適しています。

薬を服用するための主な適応は次のとおりです。

  • 子宮内膜症および腺筋症
  • 月経時に長時間止まらない重度の出血
  • 妊娠計画
  • 月経時の痛みの軽減または軽減

製品の一部であるDienogestは独立した物質としてそして複雑な療法で使用することができます。

取り方

1日1回服用しなければならない2mgの錠剤の形で薬の販売。 食事とは無関係に錠剤を同時に使用する必要があります。

治療の過程は6ヶ月です、あなたは月経周期のどんな日にでもそれを始めることができます。

あなたは薬の服用を見逃すことができません、これはその効果を減らすかもしれないので。

何らかの理由で指定された時間にピルを飲むことができなかった場合は、次の日に、2回投与量の薬をお勧めし、次にその薬剤を古い計画に従って再度服用します。

禁忌および起こり得る結果

Vizannaが非常に効果的な薬であるという事実にもかかわらず、使用が禁忌である多くの病理学があります:

  • 肝臓、腎臓および心血管系の疾患
  • 妊娠と授乳
  • 成分製品にアレルギーがある
  • 内分泌系の疾​​患、特に発症のあらゆる段階における真性糖尿病、
  • 癌の発生の疑い
  • 頻繁な頭痛、うつ病、根拠のない過敏性に関連する神経病理学
  • 急性形態の血管のアテローム性動脈硬化症。

Visanneは、18歳未満の女の子には禁忌です。

制御されていない薬物の摂取は副作用の発生につながる可能性があるので、医師の推奨に従ってそれを使用することが非常に重要です。

Vizannaの使用によって引き起こされる可能性がある主な影響は以下のとおりです。

  • 弱さと疲労
  • 吐き気、腹部の痛み、
  • 頭痛
  • 女性の体重が増えると、場合によっては、薬を飲むと逆に体重が減ることがあります。
  • 貧血、
  • 無理な理由で薬Vizannaを飲んでいる女性は、うつ病を経験することがあります。

内容

近年では、より弱い性別の代表者はより頻繁にそのような腺筋症などのそのような婦人科疾患を明らかにし、Vizannaはそのような病状の治療において様々なレビューをしている。しかし、肯定的な結果を得るためには、医師の監督の下で治療を行うことが重要です。

腺筋症は婦人科疾患であり、その進行は生殖器官の他の層における子宮内膜の発芽を伴う。ほとんどの場合、この病状は女性の不妊の原因となるため、強制治療が必要です。女性の病気の撲滅は様々な方法を用いて行われ、Vizannaは最も効果的な薬の一つと考えられています。

特徴的な病理

子宮腺筋症は、30年後に女性で診断される複雑な婦人科疾患と考えられています。女性の身体におけるそのような疾患の進行に伴い、生殖器官の筋肉層における子宮内膜症組織の増殖がある。さらに、隣接臓器への子宮内膜粒子の侵入が可能であり、これはそれらの機能の侵害をもたらす。

生殖器官のこの病状は、以下の特徴の発達によって特徴付けられる。

  • 月経発症の数日前またはその直後に、こげ茶色の分泌物が形成されます。
  • 月経後症候群の発症
  • 月経中の斑点は豊富になります、
  • 女性は骨盤の痛みを心配し始めます、
  • 月経周期に失敗があります、
  • 性交は患者に不快感や不快感を引き起こします、
  • 生殖器官はその形と大きさを変えます。

ほとんどの場合、長期間の妊娠の発生の主な理由は腺筋症になります。病的細胞の生殖器官の筋肉層への侵入は、それらが活発に成長し始めるという事実につながります。しかしながら、この病状の特徴は、そのような細胞が月経中に消えず、それが出血および炎症過程の発生を引き起こすという事実である。

今日まで、生殖器におけるそのような病状の発生を引き起こす原因は完全には理解されていない。

専門家は、女性の身体への影響がこの疾患の発症を引き起こす可能性があるいくつかの有害因子を特定しています。

  • 絶え間ないストレスの多い状況と体の過剰なストレス
  • 職場での身体活動の増加を伴うアクティブイメージ
  • 遺伝的要因、すなわち子宮の病理は遺伝する可能性があります、
  • 日焼けや日光浴への情熱
  • 様々な外科的介入、特に中絶や掻爬。

この病理は、強制治療を必要とします。

  • 治療方法
  • 外科的介入

病気の除去は薬を使用して行われ、その受信は女性の体のホルモンの背景を回復させ免疫システムを正常化することを可能にします。この治療法のおかげで、数ヶ月間女性の身体の働きを安定させることが可能であり、それぞれの特定の状況において必要な治療条件が決定されます。

特定の治療方法を選択する際には、以下の要因に注意してください。

  • 女性の年齢
  • 病気の進行度
  • 赤ちゃんを産むことを計画しています。

腺筋症が急性疼痛の出現を誘発する場合、子宮の病理学者の治療は抗炎症作用を有する非ステロイド剤の助けを借りて行われます。このような治療は通常数日間続き、月の初めの数日前に処方されます。

コースを完了した後、それは女性の体のホルモンの背景を正規化し、月経周期を回復することが可能です。

その場合、保存的治療が望ましい効果を与えないならば、腺筋症は手術の助けを借りて排除されます。手術の目的は病理学的病巣の除去と生殖器の正常な構造の回復である。

腺筋症に対しては、以下の種類の手術が行われます。

  1. 電気凝固は、電流の影響下で病理学的病巣を除​​去することを含む。
  2. 塞栓術は、血液が新生物に移動する血管の重なりです。
  3. 切除は生殖器官の内殻の破壊を目的としています。

完全に子宮内膜症の症状を取り除くことは、生殖器を除去する手術中にのみ可能です。

病気の場合のVizannaの目的

そのような婦人科疾患を腺筋症として識別するとき、専門家は治療を処方しなければなりません。この病状を取り除くのを助ける最も効果的な薬の一つはビザンナと考えられています。そのようなホルモン剤は生殖器官の粘膜に対する強化作用を有し、そしてゲスタゲン作用を有する。

この薬の主成分はジエノゲストで、これが薬を非常に効果的にします。その主な作用は、女性の性ホルモンに対する抑制効果のために子宮内の子宮内膜細胞の集中的な成長を減少させることを目的としています。ビザンナが専門家の推奨に従ってそして必要とされる投与量に従って服用される場合には、子宮腔内の炎症過程の病巣の増殖を抑制することが可能である。

ビザンナは薬であることを覚えておくことが重要ですので、それを用いた治療は専門家の監督の下で実施されるべきです。そのような道具を単独で使用すると、女性の状態を悪化させ、多くの合併症を発症させるだけです。ホルモン剤の助けを借りて治療を行うときは、医師のすべての処方箋を厳守し、他の病状の治療には使用しないでください。

Byzannaによる治療法にはいくつかの特徴があります。

  • この薬による薬物療法のコースは6ヶ月です、
  • 月経周期のどの日にでも治療を開始できます。
  • 食事の前後どちらでも、いつでも薬を飲むことができます。

専門家によって指定された投与量を観察することは重要であり、それは迅速な回復の可能性を高める。

禁忌と副作用

腺筋症の治療におけるそのようなホルモン薬の高い有効性にもかかわらず、時々その使用は放棄されなければならないでしょう。

以下の条件では、薬は処方されません。

  • 女性の心血管疾患の同定
  • アテローム性動脈硬化症の進行
  • 妊娠および授乳期
  • 腎臓および肝機能障害
  • アレルギー反応を起こす傾向があります。

家庭で手に負えない治療を行う場合、Bezanneを服用すると副作用が発生する危険性が高まります。いくつかのケースでは、それらは通常の薬物摂取でも出現することがありますが、それらはすぐに消えます。

腺筋症との闘いにおいて、ホルモン剤は以下の副作用を引き起こす可能性があります。

  • 頻繁な頭痛
  • 全身の一般的な弱さ、
  • 腹部の痛み、
  • 吐き気の発作
  • 患者の体重がわずかに増加します。

まれに、次のような副作用が発生することがあります。

  • 貧血、
  • 永続的なうつ病
  • 減量

婦人科疾患の治療にビザンナを服用する場合、その有効性を減少させるアルコールの使用の強制的な放棄が必要です。腺筋症の除去が経験豊富な専門家の監督の下で必要であることを覚えておくことは重要です、そしてそれは女性の様々な合併症と副作用の開発を防ぎます。

薬物に関する患者の意見

あなたはByzannaのようなホルモン薬についての様々なレビューを見つけることができます。この薬はさほど昔ではないが腺筋症と闘うために使用されているが、それに関するレビューはほとんどの場合ポジティブである。

Ekaterina、35歳、Ivanovo

数年前、私は腺筋症と診断されました。そして、それは私に多くの不安を引き起こしました。婦人科医はVizannaのような薬の助けを借りて一連の薬物療法を受けることを勧めた。私はこの薬についての女の子のレビューを読みたかったのですが、薬が新しいので何も見つけられませんでした。それでも、私はチャンスを得て、6ヶ月間ホルモン剤の助けを借りて一連の治療を受けることにしました。私は子宮内のすべての病理学的過程を完全になくすことができたが、それでも定期的に医者を訪ねて状態を監視している。

Natalia、28歳、イルクーツク

Byzannaに対する私のフィードバックは肯定的なものです、なぜなら私が腺筋症のような不快な病気を取り除くことができたのはこの薬のおかげです。この病理は私に下腹部の絶え間ない痛みを引き起こし、そして私は長い間不妊に苦しんでいました。 Vizannaは私が激痛を取り除くのを助け、そして3ヵ月後に一連の治療を受けた後、私は自分で妊娠することができました。

タチアナ、21、モスクワ

今私はVizannaの助けを借りて腺筋症の治療を受けています。最初はそのような薬についての様々なレビューを読んだので私は少し心配しました、それでも私は決心しました。私は3か月間治療を受けています、そしてこの間に私は下腹部の痛みを取り除くことに成功しました。私のためにこの薬を服用することに対する唯一の欠点は、治療の最初の月に私を悩ませた悪心でした。

Svetlana、25歳、ミンスク

専門家は私に腺筋症を明らかにし、ビザンナによる治療を勧めました。私は今から約5ヶ月間薬を飲んでいて、そして私の状態の重要な改善に気づいた。超音波スキャンは、子宮内の炎症の病巣がほとんど消えたことを示したので、私は結果に満足しています。

バレンチナ、31、モスクワ

私は腺筋症をほぼ完全に消失したので、自信を持って自分の治療をVizannaの助けを借りて有効と呼ぶことができます。小さな欠陥の中で、私はこの薬を服用すると体重がわずかに増えたという事実を強調したいと思います。今、婦人科疾患を取り除くために、我々はどのように過剰体重を取り除くために考える必要があります。

Vizannaは、腺筋症を解消するために広く使用されている非常に効果的な薬と考えられています。婦人科疾患の治療は専門家の監督の下で行われるべきであり、自己治療を拒否するのが最善です。

主成分

薬の有効成分の中で、唯一の物質だけがジエノゲストであり、これは抗アンドロゲン活性の増加によって特徴付けられる。それはそれが強いプロゲストゲン効果を有することから、プロゲステロンと相対的関係を有する。

主な活性成分は生殖器官の受容体に結合して治療効果をもたらします。子宮内膜症ビザンナの治療では、エストラジオールの産生が減少し、その栄養効果が抑制されます。身体への長期の暴露により、活性成分は特別な内分泌環境を作り出し、病変部の剥離を引き起こします。治療の最終段階で、子宮内膜部位は完全に萎縮します。

その効果は、マグネシウム、デンプン、ラクトース、タルクおよびクロスポビドンのような賦形剤の薬物中の存在によって増強される。

体への取り組み

子宮内膜症を伴う薬Vizannaには以下の効果があります。

  • 炎症過程の開始を防ぎます、
  • 重要な日の間に痛みの強度を減らす
  • 子宮内膜のさらなる成長を防ぐ
  • 子宮出血を解消します。
  • ホルモンを正常化
  • 安定した鎮痛効果があります。

他の薬とは異なり、この薬は卵の成熟過程を妨げません。治療の終了後、女性は最初の性交で妊娠する可能性があります。

治療はどのように行われますか?

子宮内膜症に対するベザンヌの服用方法について医師に相談してください。ホルモン療法は、服用を厳守しながら、特定の計画に従って行われます。月経中でも受付は止まりません。

治療管理

すべてのプロゲストゲンは黄体および卵胞活動の増加を引き起こすことができます。このため、Vizannaの使用に関連している付属肢の領域における嚢胞性の形成の出現は排除されません。

コースの有効性を監視し、女性の状態を分析することは、薬物を服用してから3か月後に最初に行われます。 治療の終わりには、超音波検査および婦人科検査が6ヶ月ごとに推奨されます。

パフォーマンスを評価するために、以下の調査が行われます。

  • 腹腔と骨盤内臓器の超音波検査
  • 尿と血液検査
  • 生化学的血液検査
  • コアギュログラム、
  • 血圧測定
  • 開業医相談
  • 子宮および乳腺の状態の評価。

薬の類似体

薬物の作用原理についてのVisannaと同様に以下の通りです:

ほとんどの場合、子宮内膜症の治療でVizannaはまた、この病気に対処することができる薬Janineに置き換えられます。

子宮内膜症の治療に最も効果的な薬の一つはSilhouetteであると考えられているので、その使用のための詳細な説明を読むことをお勧めします。

どちらが良いですか:ByzannaとJanine

両方の薬は子宮内膜症との闘いで使用される最高の薬の中で考慮されています。 JanineとByzannaのどちらがより効果的であるかを明確に答えることは非常に困難です。これらの薬は子宮内膜の病的増殖を抑制することができるホルモン剤のグループに属します。選択は専ら医者によって行われるべきです。いずれの場合も、婦人科医は臨床像、一般的な健康状態および病変の程度を考慮して、特定の薬を処方します。

時々医者はホルモンなしで治療を処方するので、あなたはさらに既存の非ホルモン薬と薬に関する情報を読むべきです。

Visannaは子宮内膜の成長を抑えることができるホルモン剤です。子宮内膜症の治療によく使用されます。薬は病理学との戦いで非常に信頼性がありますが、副作用を引き起こす可能性があります。医師の指示どおりに服用し、徹底的な診断を受けた後に服用してください。この場合のみ、治療は安全かつ効果的になります。

Byzannaとは何ですか

Vizanna(dienogest 2 mg)は、合成プロゲストゲン、ドイツの医薬品大手Bayer Weimar GmbH and Co.の元の薬です。

ジェネリック(アナログ)ビザンナ:今日は存在しない

薬ビザンナ

  • 1ブリスターに14錠。
  • 1つのカートン箱で:
    2ブリスター:28錠(2×14)または
    6ブリスター:84錠(6×14)または
    12ブリスター:168錠(12×14)。
  • 錠剤は白色(ほぼ白色)で、表面は平らで、端は面取りされています。
  • タブレットのロゴ「B」の表面の1つ。

薬ビザンヌの水疱

価格:Vizanna(2x14)の1パッケージにつき
2600ルーブル以上

Dienogestは活性物質であり、Vizannaの非独占的な国際名です。それは顕著な特別なハイブリッドステロイドです。 プロゲストゲン活性1 これは、子宮内膜に対する天然プロゲステロンの効果を有意に上回る。

1 プロゲストゲン活性 - 子宮内膜を含む標的臓器に対するプロゲステロンと同様の作用。

女性ホルモンは子宮内膜にどのように作用しますか?他のプロゲスチンとの違いは何ですか?

Dienogest - ハイブリッド薬の代表。それは既知の種類のプロゲストゲンとは大きく異なります:化学式、分子のサイズが小さい、他の新しい特性。

ハイブリダイゼーションのおかげで、ジエノゲストはプロゲステロン誘導体と19-ノルテストステロンの良い性質を組み合わせました。

ビザンナが所有 高い受容体特異性1 プロゲステロン。

1 Биологическая активность стероидов определяется наличием в клетках любых тканей различных 特異的受容体タンパク質 特定のホルモンに。

血に入る 非常に具体的 生理活性物質(天然または合成)は1種類の受容体にしか結合できません。それほど具体的ではないが、いくつかの「コラボレーション」これは多くのホルモン薬の望ましくない副作用の数を説明します。

Dienogestは、エストロゲン受容体、アンドロゲン、およびコルチコステロイドに対して親和性を示さないか、または、ほとんどの研究者によれば、それは非常に重要ではありません。したがって、Byzannaは実際には多くのジェスチャに固有の余分な効果を生み出しません。

プロゲステロン受容体に対するVizannaの特異性

ビザンナの利点

  1. 経口摂取したときのユニークなバイオアベイラビリティー(90-91%)(微粉化および新しい「ハイブリッド」特性のおかげで)。
  2. 子宮内膜に対する強い選択的効果
  3. 低治療量での高効率(他のプロゲストゲンと比較して):1日当たり2mgのジエノゲストのみが、増殖性子宮内膜の分泌性子宮内膜の完全な変換に十分である。
  4. 線形薬物動態学:Byzannaは急速に体から排泄され、臓器や組織には蓄積されません。
  5. Dienogestはすでにアクティブな形式で体に入ります。血に入った直後に行動し始める。
  6. Visannaは抗エストロゲン薬ではないので、それは心血管系の状態に大きな影響を与えません、それは潮、その他の更年期障害の症状を伴いません。
  7. Visannaはアンドロゲンおよびコルチコイド活性を示さないので、長期間使用しても、筋肉質化の兆候(男性型脱毛または発毛、ニキビなど)、体重増加、血圧の著しい上昇、骨粗鬆症の発症、脂質および炭水化物プロファイルの悪化を引き起こさない、血液の組成の変化。

プロゲストゲンの追加効果 Byzannaは長期にわたり安全で忍容性が高く、
15ヶ月まで、ようこそ。
Vizannaの臨床的に重要な効果

  • プロゲストゲン
  • 抗アンドロゲン性
使用法についての目安
  • 外性器子宮内膜症。
  • 内部子宮内膜症または腺筋症。
  • 生殖器外子宮内膜症。
Visannaは子宮内膜症の軽度から中等度の段階で非常に効果的です。 期待される治療効果
  • 子宮内膜症に伴う骨盤痛の軽減/消失。
  • 痛みのない性交。
  • 一連の治療の後の痛みのない月経。
  • 抗炎症作用
  • 子宮内膜症病変を瘢痕化する傾向を伴って退行する。
  • 場合によっては、一連の治療後に受胎能が回復する。

Vizannaは経口避妊薬には適用されません。ジエノゲストの避妊作用は、望まない妊娠に対する信頼できる保護のためには十分ではありません。

子宮内膜症を伴う使用Vizannaのための指示

dienogestで治療を始める前に、次のことを行ってください。

  • 複合経口避妊薬(COC)の服用を中止してください。
  • 他の種類のホルモン避妊薬を除外します。
  • 妊娠しないようにしてください。

必要に応じて、Vizannaの受け入れ中に、避妊具(コンドーム)の遮断方法を使用してください。

月経周期のどの日からBezanneを摂るべきですか?
治療は月経周期の任意の日に開始することができます。

子宮内膜症でビザンナを飲む方法?

  • 毎日
  • 1日1錠、口から(1錠を口に入れて飲み込んでください、水で飲むことができます)。

一日の何時に薬を飲んでいますか?
ビザンナは同時に、できれば午後に服用してください。

Vizannaの受信モード:

  • 子宮内膜症は、絶え間なくジエノゲストで治療されます。
  • 推奨される治療方針は6ヶ月以上ですが、15ヶ月以内ではありません。

錠剤は薬の1つのパッケージから別のものへと中断することなく毎日服用されるべきです、性器からのしみ出しまたは月経流出の出現に注意を払わないで。

次のVizannaのレセプションに参加できない場合はどうすればいいですか?
あなたが期限内に1つの丸薬(または複数の丸薬、連続した数日)を飲むのを忘れた場合、あなたはそれを覚えているとすぐに1つの丸薬を飲むべきです。翌日、通常の服用量で、通常の時に薬を飲み続けます。

Vizannaのレセプションと食事を組み合わせる方法は?
食べても薬の効果には影響しません。ピルを服用する時期(食事の間、食事中、食事中、食事後)は関係ありません。
アルコールと薬の服用を組み合わせることは非常に望ましくないと安全ではありません。

Wizannaを受け入れるための年齢制限は何ですか?
閉経後(最初の月経)の青年期から、そして閉経前の生殖年齢の女性には、ディエノゲスト療法が許可されています。
人生の「月経のない」期間(小児期、閉経後)では、Visannaの治療は不適切です。

妊娠中および授乳中のVizannaの受け入れ

治療中に妊娠が発生した場合は、薬を中止する必要があります。

臨床例:
患者Dは、不妊症の長期化について訴えました。
医療診断腹腔鏡検査を行った。
子宮内膜症グレード3の確定診断。
術後期間中、患者はジエノゲスト(Vizanna)を用いた治療を処方される。
薬を飲んで6週目に、自然妊娠が始まりました。ホルモン治療は中止されました。
目的の子供を連れて行く期間は特徴なしで通り過ぎました、妊娠は自然な出産(女の子、Apgarスケール8-9、体重3 kg 180 g)で時間内に終わりました。

bizannaは月経にどのように影響しますか

ほとんどの患者で薬を服用して1〜2か月後、月経は消えます - 無月経が起こります。

治療の最初の月に月経が「来ない」ことがあります。時には反対:月経出血の最初の1または2サイクルが増加し、より長くそしてより豊富になりますが、その後(その後のサイクルで)それらは貧弱になり消えます。

薬を服用している背景に、非周期性月経様またはスポッティング血、茶色、「黒」の放電が表示されることがあります。これは、薬物ホルモン刺激に対する子宮内膜の「嗜癖」の生理学的反応です。状況は修正を必要とせず、独立して解決されます。

まれなケースでは、画期的な出血はByzannaの受信の背景に発生します。大量の長期間の子宮出血(減少する傾向なしに7日以上)がある場合は、医師に連絡してください。

Vizannaがキャンセルされた後、月経はいつ再発しますか?
症例の97%において、正常な月経周期は薬の完成後1.5から2ヶ月で回復します。

臨床研究によると、大部分の患者の実験群(101人)において、最初の月経はビザンナの治療終了後28-29日目に起こった。すべての女性は痛みのない期間を過しました。

Vizannaの使用に対する禁忌

Vizannaを受け入れることに対する公式の禁止事項は、すべてのプロゲスチンのものと同じです。ただし、すべての制限が臨床的に確認されているわけではありません。したがって、患者に危険因子がある場合、子宮内膜症におけるVizannaの予約またはキャンセルの適切性が個別に評価されます。

厳重な禁忌:

  • 乳がん、その他のホルモン依存性悪性腫瘍。
  • 肝炎、非代償性肝疾患、肝腫瘍。
  • 血栓性静脈炎、血栓症、血栓症への傾向の増加を確認しました。
  • 急性/非代償性の病理学:内分泌、心血管、体性...
  • 原因不明の理由による子宮出血。
  • 個人の不耐性、薬の成分のいずれかに対するアレルギー。
  • 子供は初潮より前の年齢(最大約12歳まで)。
  • 妊娠、授乳
相対的禁忌/
注意して使用する

(以下の条件が存在する場合、Vizannaは利益と潜在的なリスクの比率を個別に評価した後に割り当て/キャンセルされます)

  • アテローム性動脈硬化症、虚血性疾患、別の慢性心血管病理学。
  • 心臓発作、過去の脳卒中。
  • 高血圧性心疾患
  • 糖尿病
  • 静脈瘤
  • 妊婦の胆汁うっ滞性黄疸または過去の重症肝疾患。
  • 前兆を伴う片頭痛。

病理学に関する一般情報

腺筋症は子宮内膜症の一種です。子宮内膜が子宮腔に、そしてある場合にはその限界を超えて成長する。統計によると、この病気は18〜45歳の女性で最もよく診断されています。

今日の腺筋症の発症の真の原因は明らかにされていない。しかし、病理を引き起こす可能性がある要因は次のとおりです。

  • 遺伝的素因
  • ストレス、
  • 過度の運動
  • 内分泌系の病理
  • ホルモン不全
  • 免疫システムの崩壊

病気の主な症状は次のとおりです。月経不順、月経痛、疲労。腺筋症は、医学的方法と外科的方法の両方で治療されます。

ビザンヌは腺筋症の病巣にどのように影響しますか?

腺筋症の薬物治療にはホルモン剤が含まれます。これらの薬の一つはVizannaであり、その主成分は最も過酷なものです。この物質は強力な抗アンドロゲン作用を持っています。

子宮腔内のプロゲステロン受容体に結合する能力を持つジエノゲスト。これにより治療効果が高まります。

  • 腺筋症の病巣に対するエストロゲンの影響を減らす
  • 腺筋症の病巣の減少
  • 卵巣におけるエストロゲン濃度の減少およびその産生の減少。

薬は白い錠剤の形で入手可能です。薬物が体内に入った後、ジエノゲストは血中に完全に吸収されますが、その最大濃度は1、5時間後に発生します。基本的に、活性物質の代謝は肝臓で起こり、崩壊生成物の除去は排尿中に起こります。

腺筋症を伴うVisannaの治療は少なくとも6ヶ月です。。治療の最終期間は主治医によって決定されます。あなたは月経周期の絶対にどんな日にでも治療を始めることができるので薬は便利です。

薬物に関する女性の意見

Visannaはかなり新しくて現代的な薬です。腺筋症に対抗するためにこの薬物を使用している女性からの多くのレビューの中で、陽性が一般的です。

Ekaterina、27歳、カザン

約1年前、定期検査中に、私は腺筋症と診断されました。その当時私はそのような診断についてさえ聞いていなかった、そしてそれ故に私は非常に怒った。しかし私の婦人科医のおかげで、私は1年以上観察しています。彼は麻薬ビザンナについて私に助言した。そして今、9ヵ月後、病気は後退しました。最後の対照では、超音波検査は腺筋病巣が実質的に消失したことを示した。

マルガリータ、33歳、Kislovodsk

私は3ヵ月前に初めて腺筋症の問題に遭遇しました。さらに、私の病気は無症候性でした、そして、私は私の不妊の原因をはっきりさせるときそれを見つけました。最初の段階で腺筋症と診断されたので、Visannaの治療は終了します。超音波検査の後、妊娠を計画できるようになることを本当に願っています。

ジュリア、35歳、モスクワ

私は間違いなくビザンナが私を助けたと言うことができます。彼女はピルを4ヶ月間服用したところ、腺筋症の病巣はほとんど消えた。確かに、小さなニュアンスがあります;薬を服用しての最初の週には、わずかな吐き気感がありました。しかし、時が経てば、すべてが順調に進み、それ以降の一連の治療全体で副作用が発生することはなくなりました。

Christina、25歳、Nizhny Novgorod

まず最初に、夫と私は、18歳と一緒に、そしてもちろん、本当に子供を望んでいました。しかし、2年間私は妊娠することができませんでした。それから私達は検査を受けることにしました、そしてそれは私が腺筋症を持っていたことが判明しました。婦人科医はVisannaの治療を実施することを勧めた。そして7ヶ月後、私はようやく妊娠しました。もちろん、この薬には欠点があり、まず第一にその高コストです。さらに、治療中に私はいくらか体重が増えました。しかし、腺筋症を取り除いた後、私は子供を持つことができるので、これらすべての欠点は重要ではないように見えます。したがって、誰もが自分で決めます。すべての健康!

注意!薬は婦人科医だけが処方することができます。 自己治療は回復につながらないだけでなく、多くの副作用を引き起こす可能性があります。

薬の概要

薬Vizannaは有名なドイツの薬理学会社の製品です。それは活性物質として合成プロゲストゲンを含む錠剤として市販されている。この成分は顕著なプロゲストゲン活性を持ち、それはVizannaを使用するときに必要な治療効果を提供します。

子宮内膜症の女性の身体に対するVizannaの影響の特異性

子宮内膜症は、子宮内膜の外側の子宮内膜細胞の増殖に関連する慢性疾患です。それは女性の内分泌と免疫システムの混乱によって引き起こされます。この病気の治療には特別なホルモン療法が用いられます。

その有効性は、子宮内膜と病理学的な類内膜組織の​​類似の特性によって説明されます。それらは女性の血中のプロゲステロン濃度の増加にも同様に反応します。それはそれらの成長を阻害し、それは子宮内膜症の病巣の減少をもたらす。

子宮内膜症と診断された場合の作用

Vizannaを定期的に使用すると、血漿中および卵巣中のエストロゲン濃度が大幅に低下します。結果として、子宮内膜症の病理学的病巣の増殖が抑制され、そして時間が経つにつれて、それらの完全な萎縮が起こる。 Vizannaの成分は活発な細胞増殖を不可能にし、病気の発症を止めます。

このホルモン薬は、どの程度の子宮内膜症にも役立ちます。これは、それがその開発のメカニズムに直接作用するという事実によって説明されます。

腺筋症におけるVizannaの手術原理

腺筋症は子宮内膜症の一種です。この疾患は、子宮の内側筋肉層における子宮内膜の増殖によって特徴付けられる。 Vizannの錠剤は、生殖器官の粘膜が強化されるように女性の生物に影響を与えます。これは、薬の妊娠効果および既存のホルモンレベルの正常化によるものです。

期待される治療効果

Vizannaの使用は女性の生殖器系の機能に良い効果をもたらし、彼女の幸福を著しく改善します。治療開始後、患者は以下の治療効果を観察します。

  • 子宮内膜症で非常に顕著である疼痛症候群の消失、
  • 通常の月経周期
  • 毎月の豊富な退院がなくなる、
  • 女性が月経間の退院について訴えるのをやめます、
  • 子宮内膜の構造には前向きな変化があります。
  • 治療後の不妊の存在下では、成功した妊娠および妊娠の可能性が高まります。
  • 正常なホルモン。女性の健康に良い影響を与えます。

薬の利点

子宮内膜症では、Vizannaは以下の特徴によって他のホルモン製剤と異なります。

  • 薬の有効成分の高いバイオアベイラビリティー - 90%以上
  • Vizannaは子宮内膜組織に選択的な効果があります
  • 最小用量の薬物の使用にもかかわらず、高い治療効果が達成される。
  • 薬を飲んだ後、彼らはすぐに体から排除され、組織に蓄積されません。
  • この薬は避妊薬ではありませんが、排卵の発症を抑制します。
  • ヴィザンナの構成要素は、その活発な形で女性の身体に入ります。
  • 薬は抗エストロゲンのカテゴリに属していません。それは潮を伴わない、心血管系を混乱させない、
  • Visannaは、女性の男性化の兆候 - 男性型の髪の毛の成長、体重の増加、そして圧力の上昇 - を引き起こすことはありません。

使用説明書

子宮内膜症にByzannaを使用する場合は、次の指示に従ってください。

  • 月経周期のどの日からでも治療を開始できます。
  • 同時にピルを服用することをお勧めします。これにより、最高の治療効果が得られます。
  • 出血が発生した場合は、Visannaの服用を中止する必要はありません。
  • パッケージを完成させた後、次のものは治療の中断なしで始められるべきです、
  • ピルを飲んだ後3時間下痢や嘔吐がある場合は、追加の薬を飲む必要があります。
  • 治療を始める前に、妊娠していないことを確認し、経口避妊薬の服用を中止してください。
  • 翌日薬を飛ばすときは、いつもの服用量を使ってください。薬の数を増やす必要はありません
  • 子宮内膜増殖症やその他の婦人科疾患の治療では、アルコールの使用や喫煙を放棄することが必要です。
  • Visannaの服用中に不要な妊娠を防ぐために、バリア避妊法を使用することをお勧めします。
  • 食事に関係なく薬を飲むことは許されています。これは有効成分の吸収には影響しません。

推奨投与量

子宮内膜症において積極的な治療効果を達成するために、ビザンナの治療は連続的に行わなければならない。 1コースの推奨期間は6ヶ月です。必要に応じて、治療は15ヶ月続くことができます(しかしそれ以上ではありません)。錠剤は一度に1つずつ、毎日服用されます。必要ならば、それらを水で洗い流す。

禁忌のリスト

Byzannaには以下の禁忌リストがあります。

  • 合併症を発症する危険性が高い静脈瘤の存在
  • 肝疾患、
  • あらゆる種類の心不全または動脈閉塞
  • 肥満と組み合わされた高血圧
  • 悪性プロセスを発症する危険性がある婦人科病理の存在
  • 糖尿病
  • 頭痛。

副作用

薬ビザンナは、次のような悪影響を引き起こす可能性があります。

  • 小さな月経間出血の存在
  • 激しい頭痛
  • 乳腺の圧痛と不快感
  • 顔の皮膚にニキビができる
  • 不安定な精神感情的状態
  • 体重増加
  • 記憶障害と集中力の低下
  • 性的欲求の減少
  • 消化器系の崩壊
  • 足の筋肉の痛み、
  • カンジダ性大腸炎の発症
  • 浮腫の外観。

通常、すべての副作用は治療の過程の初めに起こります。ほとんどの場合、すべての悪影響はしばらくすると消えます。

子宮のびまん性結節性結節性腺筋症とは何ですか?

びまん性、結節性およびびまん性結節性(混合型)腺筋症 - 子宮内膜症の形態学的形態。

びまん型の腺筋症は、形態学的には子宮からその層の異なる深さまで(骨盤腔内の瘻孔の形成まで)貫通している盲目ポケットの存在を表す。

結節型の腺筋症は、異なる大きさの節の形成を伴う子宮の筋肉層への腺上皮の浸透によって特徴付けられる。結節は、原則として複数であり、月経出血のリズムに従って子宮内膜腺が機能する結果として形成される血液またはチョコレート色の液体で満たされている。

結合組織がそれらの周りに成長するので、ほとんどの場合、子宮内膜リンパ節は密な質感を持っています。そのような結節は良性の被包形成物に似ているが、子宮内膜細胞も莢膜様結合組織成長の外側に位置しているかもしれない。

混合された結び目 - 拡散形態は形態学的に両方のタイプの要素によって表される。

根拠は、子宮の腺筋症の程度によって決まりますか。

1、2、3、4度の子宮腺筋症とは何ですか?

有病率による腺筋症の分類は国際的ではないが、それは非常に便利であり、従ってそれは国内の文献にしばしば見いだされ、そして実際に行われている。

この分類の重症度は、子宮の下層に子宮内膜細胞が浸透している深さによって決まります(子宮体の腺筋症のびまん性型に関連してのみ使用されます)。

I. 子宮の粘膜下層における子宮内膜細胞のびまん性増殖

イイ 病理学的過程は子宮の筋肉層を貫通したが、この層の半分以下しか捕獲しなかった。

いいね。 筋肉層は病理学的過程に半分以上関与しています。

IV。 さらに腹膜への移行およびその過程における骨盤内器官の関与を伴う、子宮の漿膜における筋肉層の外側の子宮内膜細胞の増殖。

腺筋症(子宮内膜症)の危険性は何ですか?

子宮内膜症は、他の臓器や組織に移された子宮内膜細胞がその遺伝的構造を保持しているため、良性過形成(組織の病理学的増殖)と見なされます。しかし、他の臓器で発芽する能力、体中に再定住する傾向、および外部からの影響に対する抵抗性などの兆候 - それは悪性腫瘍に関連しています。

「良性」という言葉はまた病気の予後を意味します - それは体の深刻な枯渇や死に至らずに、原則として何十年も続いています。しかしながら、悪性過形成(癌、肉腫など)の場合のように、腺筋症(子宮内膜症)は保守的に治療することが困難であり、そしてこの病理のための手術は良性腫瘍の場合よりはるかに嵩張る。病気の組織と健康な組織の間の境界。

腺筋症の最も頻繁な合併症は、毎月の周期に従って機能する子宮内膜細胞が重度の出血を引き起こし、それが急性および/または慢性貧血の発症を伴うという事実による。ある場合には、患者は入院しなければならず、そして生命を脅かす出血のために緊急に手術さえされなければならない。

腺筋症は他の臓器や組織にその過程が広がる傾向があり、それが全身性の病変につながります。子宮内膜細胞の細胞外配置では、緊急の医学的介入(胃腸管の子宮内膜症における腸閉塞、肺の子宮内膜症における血胸(胸膜腔を血液で満たす)など)を必要とする多くの合併症が起こり得る。

そして最後に、子宮内膜症全般、そして特に腺筋症のもう一つの危険性は、遊走細胞の悪性遺伝的形質転換の脅威である。過形成は多かれ少なかれ顕著な悪性傾向を有し、そして新しい部位では子宮内膜細胞は極端に好ましくない状態で存在することを余儀なくされるので、そのような変換は非常に現実的である。

何人の女性が腺筋症に苦しんでいますか?

子宮内膜症の罹患率は、婦人科疾患の中で3番目です(虫垂の炎症性病変および子宮筋腫)。

子宮内膜症の発生率は、約20〜90%です(さまざまな資料によると)。そのようなデジタルデータの拡散は疑いを引き起こすべきではありません。事実は、多くの研究者がこれらの数および潜在性のない(無症候性の)形態の疾患に寄与しているということです。臨床データによると、無症候性子宮内膜症は病理学の全症例の最大45%を占め、不妊による援助を求めている女性の研究で検出されている。子宮内膜症は、すべての場合に不妊につながるわけではないため、子宮内膜症の女性の数は推測できるだけです。それ故、病理学の罹患率に関する数字の不正確さ。

子宮内膜症は、生殖年齢の女性に最も一般的ですが、場合によっては思春期の女性や閉経期の女性に診断されます。ホルモン補充療法を受けています。以前は、発生率のピークは生殖年齢後期および閉経前にあると考えられていましたが、この記述を否定する作品がありました。

ここ数十年で、子宮内膜症の発生率が著しく増加しています。これは、一方では、多くの要因(環境問題、ストレスなど)の影響下での集団の免疫学的状態の違反によって、そして他方では最新の診断方法の導入によって説明されている。低悪性度および無症候性形態(腹腔鏡検査、NMRトモグラフィー、経膣超音波走査)の検出が急激に増加した。

腺筋症の発症の原因は何ですか?

残念ながら、子宮内膜症(腺筋症)の発症の原因と主なメカニズムは、現在完全には理解されていません。

自信を持って我々は子宮内膜症がホルモン依存性疾患であると言うことができるだけであり、その発症は免疫系の損なわれた活動によって促進されます。

腺筋症の危険因子には以下のものがあります。

  • 子宮内膜症、ならびに女性生殖器の良性および悪性腫瘍における好ましくない遺伝
  • 月経の早すぎるまたは遅い発症、
  • 性行為の遅発
  • 遅い出産
  • 複雑な出産
  • 肥満
  • 子宮に対する様々な操作(中絶、診断的掻爬)
  • 子宮内装置の使用
  • 経口避妊薬の使用
  • 特に外科的介入または/および長期ホルモン療法が行われている場合、子宮および付属肢の炎症性疾患、機能不全出血
  • 全身性骨外性疾患(高血圧、消化管疾患)の存在、
  • 免疫系の機能の侵害を示す頻繁な感染症、アレルギー反応、

  • 低い社会経済的地位
  • 肉体労働
  • ストレス、座りがちな生活、
  • 生態学的に不利な地域に住んでいる。

    子宮腺筋症の症状

    腺筋症の主なおよび病的(この疾患にのみ特徴的な)症状は、豊富なおよび/または長期の月経出血であり、続発性鉄欠乏性貧血を引き起こす。

    貧血は、次のような症状で現れます。

  • 弱点
  • 眠気
  • 様々な感染症に対する感受性
  • 皮膚や目に見える粘膜の蒼白、
  • 重症例では、ほとんど労力を要しない息切れ、
  • めまい
  • パフォーマンスの急激な低下と自分の状態を適切に評価する能力。

    腺筋症の病因には、月経発症の2〜3日前、およびその2〜3日後の褐色のしみの出現も含まれます。

    一般的な腺筋症では、子宮出血が起こります。月経周期の途中で起こる。

    腺筋症のもう1つの特徴的な徴候は、月経の開始の数日前に発症し、概してその発症後2〜3日で消失する疼痛症候群(月経困難症または月経困難症)です。

    疼痛の性質および重症度は局在化過程に左右される。特に強い疼痛症候群は、癒着の発症を伴う広範な腺筋症の場合と同様に、子宮の峡部の敗北と共に観察される。

    腺筋症は、子宮の追加の角のような病状の存在下でしばしば見られ、それによって、診療所は子宮内膜症を伴う急性腹症に似ることがある(月経血が骨盤腔に投げ込まれ、腹膜炎の症状を引き起こす)。

    疼痛の照射によって、病理学的過程の局在化を確立することがしばしば可能である。それで、子宮の敗北で、痛みは対応する鼠径部に、そして地峡の敗北で - 膣または直腸で - 与えられます。

    腺筋症のもう1つの特徴的な症状は、性交中の痛み、特に月経前夜の痛みです(最も一般的なのは子宮峡部の病変です)。

    腺筋症患者の臨床検査では、特に月経前および月経周期の最初の日に顕著な子宮の増加が確認されます。びまん性の形は "球状"子宮を特徴としています。結節性腺筋症が時々結節を調べることが可能であるとき。

    腺筋症の症状の重症度は、ある程度、プロセスの程度に依存することに注意すべきです。それで、1度のびまん性腺筋症はさまざまな検査を行うときの偶然の発見であり、無症候性です。しかしながら、結節性形態の腺筋症と同様に、2度および3度のびまん性腺筋症では、臨床症状の重症度が、進行の程度および結節の大きさと常に一致するとは限らない。

    子宮筋腫と関連して腺筋症はどのように起こりますか?

    腺筋症が子宮筋腫と合併する可能性は非常に高く(最大85%、一部の著者によれば)、これらの病状の同様の発症メカニズムによって説明されています。

    そのような場合の子宮の増加は通常子宮筋腫の大きさに対応します。臓器の大きさは、孤立性びまん性腺筋症の場合のように、月経後に正常に戻ることはありません。

    しかしながら、筋腫と組み合わされたときの残りの腺筋症の症状は顕著な変化を受けません。例外は、粘膜下組織の結節を有する子宮筋腫である;そのような場合、豊富な非環式子宮出血が観察される。

    腺筋症と子宮筋腫の組み合わせは、保存的治療にはあまり適していないため、子宮摘出術(子宮の摘出)を決定することをお勧めするのは、このような病理の組み合わせによるものです。

    腺筋症と卵巣子宮内膜症の組み合わせの徴候

    腺筋症はしばしば子宮内膜症と組み合わされます。これは子宮からの突起の増殖によって説明されます。多くの研究者は、卵巣上での子宮内膜の成長の形成は、増殖性の生きている子宮内膜細胞を含む卵管を通しての月経血の投射に関連していると示唆しています。

    このプロセスの罹患率は、4度の卵巣子宮内膜症です。

    I. 子宮と直腸の間のくぼみにある、卵巣の表面上および腹膜上の子宮内膜症の病巣。

    イイ 大きさが6cm以下の片側子宮内膜嚢胞、腸管病変を伴わない子宮肢の癒着。

    いいね。 大きさが6cmまでの両側子宮内膜嚢胞は、腸管浸潤を伴う癒着を顕著に示した。

    IV。 大きな両側嚢胞、膀胱と結腸の移行プロセス、一般的な癒着プロセス。

    子宮から卵巣への子宮内膜症の拡大とともに、症状の全グループが腺筋症の徴候に加わります。

    まず第一に、疼痛症候群は変換されます。腺筋症とは異なり、痛みには一定の、周期的に増加する性質があります。疼痛の最大の増加は、月経の開始および排卵の期間(月経周期の中間における卵胞からの成熟卵の放出)に特徴的である。卵巣の子宮内膜症の痛みは、下腹部に、子宮の投影でローカライズされている、直腸への腰部領域、仙骨に与える、痛むか引っ張って文字を持っています。

    卵巣の子宮内膜症と組み合わせた腺筋症の場合、より特徴的な月経前症候群が顕著です。しばしば吐き気を伴う。嘔吐。四肢の冷却、作業能力の急激な低下。月経の最初の日には、亜熱帯状態、すなわち全血球計算の実験室パラメータの変化(白血球数およびESRの増加)が起こり得る。

    癒着の発達に伴い、腸や膀胱が崩壊することがあります(便秘。頻尿と痛みを伴う排尿)。

    臨床検査の間に、付属肢の触診はそれらの増加と優しさを明らかにします、時々それは卵巣子宮内膜症嚢胞を精査することは可能です。嚢胞は、一般的に、子宮の側方および/または後部から6cmを超えると、癒着の発達のために動かず、特に前夜および月経中に激痛を伴う腫瘍様の密集した弾性の形成として触診される。

    正確な診断のためには、孤立性腺筋症と同じ種類の研究が必要です。

    どの研究が腺筋症と診断されているかに基づいて?

    正確な診断のために最も重要なのは、この患者における危険因子の存在(不利な遺伝、子宮の手術操作、特定の身体疾患など)の判定および顕著な症状を伴う大量の/または長期間の月経を伴う既往歴の収集である。痛み、性交中の痛み、貧血の症状)

    その後、医師は身体検査(婦人科用椅子での検査)を行います。その間に、腺筋症の場合、妊娠8〜10週に相当する球状子宮肥大(まれにそれ以上)が通常検出されます。検査は月経の前夜に最もよく実施されます、なぜなら現時点で子宮の増加は最も顕著です。結節型の腺筋症が子宮の結節または結節を精査することがしばしば可能であるとき。

    原則として、身体検査によって補足された、得られたデータの分析による既往の注意深い収集は、子宮の内部子宮内膜症(腺筋症)の予備診断を正しくすることを可能にする。

    診断を明確にするために、特にプロセスの局在性および範囲を決定するために、さらなる機器研究は、患者の治療のさらなる戦術の問題を解決するために行われる。

    腺筋症が疑われる研究のゴールドスタンダードは超音波スキャンです。さらに、核磁気共鳴のような調査方法がしばしば使用される。子宮頸管造影法および子宮鏡検査。

    腺筋症の兆候は何ですか?

    超音波検査のすべての種類の中で、経膣超音波スキャンは腺筋症において最も有益です。この検査方法による診断の正確度は90%を超える。

    腺筋症が疑われる場合は、月経の前夜に(超音波検査のサイクルの23〜25日目に)超音波検査を実施するのが最善です。

    超音波診断法の開発の長年にわたって、子宮の内部子宮内膜症(腺筋症)の以下の病理学的エコー徴候が一般的に認識されるようになった。

    1. 子宮の前後方向のサイズが大きくなり、その結果、臓器が球形になります。

    2. 妊娠6週以上の子宮の肥大。

    3. 壁厚の非対称性

    4. 3〜5 mm以上の寸法を有する嚢胞性空洞の子宮の筋肉層における月経の前夜の外観。

    子宮腺筋症に対してどのような治療法が処方されていますか?

    腺筋症は別の臓器による苦痛ではなく、体の慢性の全身性疾患です。したがって、病理学の治療は、特定の患者における疾患の発症および発症の全てのメカニズムを考慮に入れて、純粋に個々のアプローチを必要とする。

    したがって、治療法を選択する際には、まず第一に、多くの要因が考慮されます。

  • 患者さんの年齢、そして将来子供を産みたいという彼女の希望
  • 病理学的プロセスの局在および罹患率
  • 臨床像の重症度と合併症のリスク
  • 体の一般的な状態(付随する疾患の存在、免疫システムの状態など)、
  • 腺筋症の期間。

    腺筋症に対抗するためのすべての医療措置は、次のように分類できます。

    I. 外科的治療

    イイ 保守的な治療

  • ホルモン療法
  • 非特異的抗炎症療法
  • 鎮静剤(鎮静剤)
  • ビタミン療法
  • 肝機能の維持
  • 貧血の解消
  • 免疫調節剤、
  • 吸収療法
  • 理学療法。

    いいね。 併用治療

    腺筋症患者の治療のための一般的なアルゴリズムは次のとおりです:まず第一に、保守的な治療が処方され、それが無効であるか、ホルモン薬の使用に禁忌がある場合、彼らは外科的治療法に変わります。

    近年、臓器温存内視鏡手術が生殖年齢の患者の治療に首尾よく使用されてきた。彼らの行動の主な指標は次のとおりです。

  • 子宮内膜増殖症と組み合わせた腺筋症
  • 機能している子宮内膜卵巣嚢胞(直径5 cm以上)
  • 子宮内膜症に罹患した子宮肢の化膿
  • 卵管の膨大部の癒着(子宮内膜症における不妊の主な原因)
  • ホルモン療法の無効性(3ヶ月以上ホルモン薬の治療に積極的な動機はない)、
  • 長期的なホルモン療法(静脈瘤および血栓性静脈炎、重度の肝疾患、片頭痛、鬱状態、てんかん、脳循環障害、肥満、糖尿病、高血圧など)に対する禁忌である身体疾患の存在。

    臓器温存手術は根本的な治療法ではありません。子宮内膜症の病巣をすべて特定することは不可能であるためですが、受精率を回復および/または維持したい女性には最適な治療法です。

    以下の症状がある場合は、子宮および/または卵巣の切除を伴う根治手術を行います。

  • 40歳以上の女性における疾患の進行経過
  • 臓器温存手術の実施と併用治療による効果の欠如
  • 結節状の腺筋症またはグレード3のびまん性腺筋症と子宮筋腫の組み合わせ。
  • 悪性転換の脅威。

    腺筋症を治療することは可能ですか?

    腺筋症 - 慢性的に再発する経過を伴う疾患。非ラジカル治療(保存療法、臓器温存手術)が成功した後の再発統計は、年間約20%です。 5年後、再発数は74%に達します。

    最長の効果は、腺筋症の治療の外科的(臓器温存手術)および保存的(ホルモン療法)方法の併用で観察されるが、それでもやはり再発は避けられない。

    閉経前の女性の予後はやや優れています、なぜなら卵巣機能の生理学的な絶滅によって、プロセスの活動がおさまるのです。

    根治手術(子宮や卵巣の切除)を受けている患者では、プロセスは再開されません。

    子宮腺筋症で妊娠することはできますか?

    腺筋症は、女性の生殖管の炎症性疾患に続く女性の不妊の2番目の主要な原因です。さらに、慢性的に悪化する付属器炎(卵巣の炎症過程)の一部が感染過程ではなく、内部子宮内膜症によって引き起こされていると考えられる場合、腺筋症と不妊の関係が明らかになります。

    さまざまな著者の統計的研究によると、腺筋症の不妊症は3または2回に1回、またはそれ以上の頻度で診断されています(データによると、腺筋症患者の不妊症のレベルは60-80%に達します)。

    腺筋症における不妊のメカニズムは、患者によって異なります。したがって、予後と治療法は異なります。

    子宮の内部子宮内膜症患者における不妊の最も一般的な原因を(観察頻度の降順で)リストします:

    1. 卵が卵巣から​​子宮に入ることができないように、癒着、またはそれらの運動活動の低下による卵管の輸送機能の侵害。

    2. 排卵を妨げるホルモン球の病理学的変化(卵子の成熟と卵胞からの放出)。何人かの著者は、この理由が腺筋症における不妊の主な原因であると考えます。

    3. 子宮内の精子の失活をもたらすだけでなく、受精卵の着床や胚のさらなる発達を防ぐ自己免疫反応。

    4. 子宮筋層の炎症性事象によって引き起こされる子宮内膜の収縮性の増加による妊娠の早期終了。

    5. 性交中の痛み、通常の性生活をするのが困難になります。

    腺筋症による不妊は、一度にいくつかの理由で引き起こされることが多いため、生殖機能を回復するためには長期にわたる複雑な治療が必要です。治療の成功は不妊期間の期間に強く依存します。したがって、その期間が3年を超えない場合、最良の結果が得られます。

    このように、腺筋症はしばしば不妊を招きますが、適時に複雑な治療は妊娠する能力を回復する機会を与えます。

    腺筋症と妊娠健康を作り出産する機会はありますか

    今日までに、妊娠の過程で多くの資料を集めました。子宮内膜症(腺筋症)に罹患している女性の出産および産後期間。多数の研究からの一般的な結論は以下のようにまとめることができます。

    1. 腺筋症の女性では、不妊の発生率が増加します(さまざまな原因によると40から80%)が、ほとんどの場合、適時に包括的な子宮内膜症の治療が不妊の回復につながります。

    2. 腺筋症の女性によく見られる合併症は、妊娠中絶の脅威です。ただし、ほとんどの場合、適切な治療法で症状が安定することがあります。治療は、腺筋症に罹患していない女性と同様に、一般的な標準的スキームに従って行われる。

    3. 妊娠の人工的または自発的な終了は腺筋症の再発または悪化を引き起こし、その後の病理学的過程の進行の加速を伴うので、可能であれば、妊娠の維持に努めるべきです。

    4. 腺筋症の女性の大部分は安全に通過しますが、その後や産後初期に子宮出血する傾向が高まるため、これらの合併症を発症する可能性を考慮する必要があります。

    5. 月経機能の回復と出産後、プロセスを活性化することができますが、それは人工または自然流産の場合よりも常に低くなります。

    6. 人工および自然の中絶の後、ならびに月経機能の回復を伴う出産の後、腺筋症の既往のある患者は再発防止治療(ホルモン療法、免疫調節剤、抗酸化剤など)を必要とします。

    内部子宮内膜症の一般的な治療法は何ですか

    (腺筋症)子宮?腺筋症のフォークを治療することは可能ですか

    腺筋症の民間療法にはさまざまな方法がありますが、そのうちのいくつかは公的医療によって認識されており、病理学の複雑な治療に含めることができます。

    しかし、ネットワークや実際の準医学文献には、無用で極端に有害なアドバイスも多数含まれているため、腺筋症の治療に一般的なレシピを使用する前に、医師に相談してください。決してあなたが医者によって処方された治療を伝統的な方法で置き換えるべきではありません。

    腺筋症は再発しやすい疾患であるため、職員の助けを借りても伝統医学の助けを借りても完全に治癒させるのは非常に困難です。

    しかし、公的医療では、子宮内膜の子宮内膜症の包括的な治療によって生活の質が向上し、その過程が中断され、合併症のリスクが最小限に抑えられることが保証されています。適切な治療が適時に開始されれば、生殖機能を温存する可能性はかなり高くなります。

    したがって、腺筋症の場合、まず第一に公的医療の助けを求めるべきです。あなたはあなたの医者に相談した後腺筋症を治療する伝統的な薬として承認された伝統的な方法を使うことができます。

    使用前に専門家に相談してください。

    腺筋症の治療に使用される薬

    腺筋症は女性の最も一般的な病気の一つです。この病気は子宮内膜細胞の病理学的増殖によって特徴付けられます。そして、それは生殖器系と全体的な女性の健康に悪影響を及ぼします。

    腺筋症には4つの発達段階があります。そのそれぞれは、生殖器の広範な損傷および拡大する細胞の組織への浸透の深さによって区別される。しかしながら、この病気は良性で腫瘍学に変わることはめったにないので、腺筋症の診断は文ではありません。

    今日では、腺筋症はよく治療されており、病理学がその急速な発展を止めるためには、正しい医学療法を選択することで十分です。さらに、薬は女性が独立して妊娠して健康な子供を連れ出すことを可能にします。

    治療が必要なとき

    腺筋症の治療は、各患者に個別に処方されます。医師による診断の後、最も適切な薬物が選択され、それが治療の過程で細胞の無秩序な増殖を止めます。

    しかし、腺筋症は常に治療を必要としません。

    したがって、薬物療法は女性が以下のような不満を持っている場合にのみ必要です。

  • 月経の遅れを特徴とする周期の混乱
  • 痛みを伴う期間が長すぎる
  • 周期の中間および月経の開始前の下腹部の痛み、
  • 腺筋症の顕著な症状。特に出産年齢の女性向け
  • 概念の問題

    治療のための準備は、常に成功した治療のために考慮されなければならないいくつかの要因に従って選択されます。

  • 薬物の既存の成分に対する禁忌の存在
  • 患者の年齢
  • 精神疾患の歴史はありますか
  • 過形成、卵管の癒着、瘢痕化などの追加の疾患の存在

    さらに、薬の処方は、患者が医者に行く時に母親になることを計画しているかどうかを考慮する必要があります。

    治療薬の種類

    腺筋症の最も効果的な治療法はホルモン薬です。これらの薬剤は、最短時間で細胞の病理学的増殖を排除し、生殖機能の改善をもたらすのに役立つので、医師から多数の前向きなレビューを受けています。

    腺筋症の治療における主なホルモン剤は次のとおりです。

  • 総合的に減らされたエストロゲンを含んでいる薬剤、
  • プロゲステロンに基づくホルモン、
  • アンドロゲン
  • ホルモンゴナドトロピンまたは類似の物質による薬。

    エストロゲンベースのホルモン薬は妊娠を模倣するのに役立ちます。それらは、腺筋症の治療の直後に妊娠することを計画しているそれらの患者に割り当てられます。さらに、エストラジオールは子宮内膜の領域における細胞の病理学的増殖の軽減に積極的に関与しており、下腹部の痛みを伴う症状を軽減する。

    プロゲステロンは卵巣によって分泌されるホルモンです。プロゲスチン薬による腺筋症の治療は、周期を回復し、女性が妊娠するために必要な排卵プロセスを正常化するのを助けます。

    アンドロゲンベースの薬を含む腺筋症の治療は、月経の完全な中止です。これは子宮の状態を正常化し、ホルモン系の毎月の混乱を抑制し、病理学的病巣の拡大を止める。

    ゴナドトロピンを使用すると、細胞の無秩序な増殖を抑制するエストラジオールの産生を最適化できます。しかし、そのような薬物は骨粗鬆症の発症に影響を与えるため、めったに使用されません。

    腺筋症に対する一般的でかなり効果的な薬はJanineです。彼は多くの女性に知られています、これらの薬はしばしば避妊薬として使われるからです。

    そのプラスはそれを構成するホルモンが非常に少量で含まれているので、それは副作用の最小限のリストを持っているということです。さらに、薬Janineは容易に体に吸収されるので、あなたはその投与量を増やす必要はありません。

    メインJanineは:

    最初のホルモンは子宮内膜細胞の病的増殖を抑制し、それはそれが完全に消失するまで腺筋症の発症を抑制します。エストロゲンは、次に、排卵に寄与する卵胞の成長を活性化します。

    ホルモン剤Duphastonは、卵巣の黄色い体による排卵中に女性の体に分泌される天然のプロゲステロンの人工的な類似物を含んでいます。

    プロゲステロンの放出が不十分であるために、腺筋症などの疾患がしばしば発症する。したがって、Duphaston療法はほとんどの場合に処方されており、非常に有効です。

    Duphastonは、新世代のホルモン手段に属しているため、副作用が最小限で許容されています。さらに、プロゲステロン治療は、良い結果をもたらすだけでなく、かなりの耐性も示します。 Duphaston療法後の腺筋症の再発は非常にまれです。

    腺筋症を伴う手段ビザンナはかなり頻繁に割り当てられます。この薬は子宮粘膜を引き締める効果があり、そしてゲスタゲン効果があります。

    Vizannの一部であるホルモンジエノゲストは、エストロゲンの産生を抑制することによって子宮の子宮内膜細胞の生殖の強度を低下させます。

    この薬で治療中に主治医のすべての勧告を遵守する場合は、その後、すぐに病気のさらなる発展を停止し、子宮内膜細胞の病理学的増殖の新たな病巣の出現を防ぐことができます。

    良い結果をまとめるために、そしてBezanne腺筋症の再発を防ぐために、少なくとも6ヶ月は必要ですが、常に専門家の監督の下に。

    オルガメトリル

    Orgametrilの基礎はホルモンのlinestrenolです。それは排卵を抑制し、月経を遅らせる傾向があります。腺筋症では、この薬はプロゲステロンの産生を正常化するように処方されています。プロゲステロンの欠如は子宮腔内の細胞増殖の障害につながります。

    オルガメトリルは、月の特定の期間、すなわち周期の16日から25日までに腺筋症のために服用され、そして疾患の出現がホルモンプロゲステロンの欠如によって影響される場合にのみ処方される。

    Organumitrilは少なくとも6ヶ月間服用する必要があります。子宮内膜症細胞の病理学的病巣の完全な消失を達成することができ、そして生殖機能を改善することができるのは、リネストレノールによる長期治療である。

    ただし、このツールを使用した治療は厳密に医師の管理下にある必要があります。事実は、Orgametrilが副作用と禁忌のかなり大きなリストを持っているということです。

    Clayraのホルモン剤は、腺筋症の治療のために婦人科でよく使われます。それは、子宮内膜細胞のさらなる制御されていない繁殖を効果的に排除し、既存の病巣における活性を阻害する。

    Clayraには2つのホルモンが含まれています。有機プロゲステロンの類似体であるdienogestと、大量のエストロゲンです。

    後者のため、この薬物による腺筋症の治療は慎重にそして婦人科医の監督下でのみ行われるべきです。事実は、エストロゲンが子宮内膜細胞の病理学的増殖を引き起こすことが多いため、それを使用する前に、それが病気の原因ではないことを確認する必要があります。

    Kleiraは腺筋症発症の初期段階で任命され、彼の入院の最低期間は6ヶ月です。

    ミレナは子宮腔内に挿入される子宮内ホルモンコイルで、望まない妊娠を防ぎます。

    Spiral Mirenaには、少量の薬として毎日デバイスから子宮腔に放出されるホルモンのレボノルゲストレルが含まれています。その利点は、それが子宮内で排他的に作用し、それが卵巣の抑制の可能性を減らし、そして副作用の危険性を減らすことである。

    Устанавливается Мирена не только с целью контрацепции, но и для терапевтического лечения некоторых недугов. Так, гормональная спираль часто используется для лечения миомы матки и аденомиоза.

    Показанием к установке спирали Мирена являются:

  • болезненная менструация,
  • обильные месячные,
  • 月経間定期塗抹標本。

    ミレナは婦人科医によって独占的に任命されている、同じことが彼女のインスタレーションにも当てはまる。いかなる場合も、あなたは螺旋を子宮に入れようとするべきではありません。

    薬物のシルエットは、ジャンヌのようなそのようなホルモン剤の類似物です。それは2つのホルモンを含み、そのうちの1つは病理学的病巣の発生を抑制し、2つ目は適時の排卵を確実にする卵胞の成熟を促進します。

    腺筋症のシルエットは、より高価な薬の類似体としてよく使用されます。しかし、その低コストにもかかわらず、それは新世代の医薬品に属しているので、それは非常に効果的であり、最小限の副作用を持っています。

    腺筋症に対するシルデンの最低治療期間は6ヶ月です。最大値は、疾患の発症の程度、患者の年齢および付随する疾患に応じて個別に選択されます。

    レギュロンは避妊の手段として女性の間でよく知られています。

    それは含まれています:

  • 30 mcgエチニルエストラジオール、
  • 150 mcgのdizegestrel。

    腺筋症の場合、病気がプロゲステロンの不十分な生産によって引き起こされた場合、Regulonが処方されます。それは黄体の機能を正常化し、病気が後退した後に長期の寛解を確実にします。

    腺筋症の治療におけるZoladexの主な機能は、生殖器系に、周期と月経に問題を引き起こすホルモンに関する一定の問題から脱却することです。

    Zoladexは子宮内膜細胞のそれ以上の成長を停止し、病巣のそれ以上の発達を防ぐ天然のエストロゲンの産生を抑制します。

    ただし、このツールを使用した治療は慎重に行う必要があります。長期の使用は多くの望ましくない影響を引き起こす可能性があるためです。

    インドールフォルテ

    インドールフォルテは、ハーブプロゲステロンに属し、その受容はホルモンプロゲステロンの生産を改善し、生殖系全体の働きを正常化するのに役立ちます。

    このツールは、腺筋症だけでなく、女性の生殖器系の組織や臓器の過形成過程にも処方されます。

    インドールフォルテは、子宮および乳腺における細胞の病理学的増殖を誘発するホルモンの産生を抑制します。

    腺筋症の治療におけるホルモン薬GESは、細胞の病理学的増殖を停止させ、人工的に合成されたホルモンによる月経周期を正常化するように処方されています。

    この薬は新世代のホルモン剤に属しているため、患者には非常に容認されやすく、長期使用中の副作用はめったに観察されません。しかし、これはそれが処方箋なしで飲むことができるという意味ではありません。他のホルモン薬と同様に、Jessには禁忌がいくつかあります。

    ウトロジェスタン

    腺筋症のための治療ウトロジアセタノームはホルモンプロゲステロンの産生が不十分なため推奨されます。さらに、この薬は子宮内膜の正常な分泌物の合成を刺激し、卵巣の黄体の機能を改善するので、しばしば構想のために処方されます。

    さらに、ウトロジスタンは妊娠のあらゆる面で流産を防ぐために使用されます。これは、歴史上腺筋症および子宮内膜症の女性によく見られます。

    腺筋症のろうそくDiklovitは痛みを排除するために割り当てられています。加えて、彼らはあまりにも長い期間、子宮内膜細胞の病理学的成長と共に、常に女性を悩ませている優れた助けです。

    さらに、Diklovitは子宮内膜組織の​​炎症過程によって悪化する進行型の腺筋症での使用に推奨されています。

    薬はすぐに下腹部の痛みを和らげるだけでなく、炎症や浮腫自体を解消するのにも役立ちます。

    子宮内膜症の発症の初期段階では、医師は患者にビタミンEの摂取を推奨するか、女性の健康に役立つこの成分を含む製品を含めることをお勧めします。

    ビタミンEは天然プロゲステロンの正常な生産に貢献し、また子宮内膜細胞の成長を正常化します。

    場合によっては、ビタミンEはより進行した腺筋症のために処方されます。医学的治療と並行してのその使用は、細胞の病理学的増殖をより迅速に解決しそして疾患のさらなる進行を止めるのを助ける。

    ホメオパシー

    ホメオパシーによる腺筋症の治療は、徹底的な診断の後に各患者に対して個別に選択される非ホルモン薬で行われます。

    そのような治療の有効性に関して、婦人科医とホメオパシー医師は1年以上前から論じていますが、それはホルモンのように、かなり頻繁に使用されています。通常、Western Thuja(Thuja)、Klopogon Kistomenny(Actaea racemosa)の製剤が使用されます。

    ほとんどの場合、ホルモンを服用することに対して禁忌を持っているか、ホルモン避妊薬を長期間飲むことを恐れている女性は、ホメオパシーになっています。結局のところ、あなたが知っているように、彼らは糖尿病、血栓性静脈炎および他の危険な病気を含む副作用のかなり広範囲なリストを持っています。

    腺筋症の原因

    腺筋症の出現のいくつかの理論がありますが、それらのどれも証明されていません。このホルモン依存状態と性ホルモンはこの病気の発症に重要な役割を果たします。閉経期および閉経期の間に、ホルモンのレベルが減少し、これは腺筋症に関連する症状の減少および消失を説明する。

    腺筋症の種類

    腺筋症の種類(形態)は、異所性の分布および浸潤の程度によって区別される。

  • 限局性子宮内膜症。子宮内膜組織が子宮筋に島を形成するかどうかが話されています。多くの場合、この形式は無関係です。
  • 結節状の腺筋症個々の結節は、それらが筋腫結節に似ている形と外観で、子宮筋に位置しているので、それらは腺筋腫と呼ばれます。
  • びまん型腺筋症この形態では、子宮内膜組織は子宮筋、その全層を均一に発芽する。
  • 腺筋症の複合型。いくつかの形態の腺筋症がある場合。

    腺筋症の程度

    腺筋症にはいくつかの程度があります。このグラデーションは、腺筋症が子宮にどれだけ深く浸透しているかによって異なります。

    粘膜下層内の類内膜組織

    2.類内膜組織が子宮筋の厚さの1/3に影響を与える

    3.類内膜組織が筋肉の1/2の厚さに侵入します。

    4.子宮内膜症組織が子宮の厚さ全体に侵入したときの深い損傷。

    子宮内膜症の徴候

    場合によっては、腺筋症は無症候性であり、検査中に偶然に検出されます。他のケースでは、腺筋症の症状は以下の通りです:

  • 血栓を伴う豊富な長期間の月経、その期間は1週間以上です。
  • 月経間ブラウン放電。
  • 月経時(月経過多)およびその外側の激しい痛み。痛みskvakoobraznyや切削の性質。
  • ディスパレウニア(痛みを伴う性交)。
  • 子宮は2〜3倍になります

    腺筋症の影響は何ですか?

    痛みが原因で生活の質が悪化しています。豊富な失血は、治療を必要とする貧血を引き起こす可能性があります。腺筋症自体は生命にとって危険ではありませんが、子宮内膜症組織がより深い層に発芽するとき、女性は身体障害者となり、絶え間ない痛みが憂鬱な状態、気分の落ち込み、心理的問題を引き起こします。

    腺筋症を伴う妊娠

    腺筋症は不妊症を引き起こす可能性があると考えられていますが、この事実は証明されていません。不妊症は腺筋症とは関連していないが、しばしばそれに伴う子宮内膜症と関連しているという意見があります。腺筋症が特定期間妊娠の欠如を伴う場合、徹底的な検査とその後の治療が必要になります。

    腺筋症の診断はどうですか

    女性が腺筋症の疑いがある可能性がある上記の症状の少なくとも1つを持っている場合は、できるだけ早く婦人科医に相談する必要があります。腺筋症の診断において最も困難なことは、この疾患を診断するための正確な方法がまだないということです。唯一信頼できる方法は、子宮の組織学的検査です。しかし、これは確かに解決策ではありません。したがって、腺筋症の診断には別の方法が使用されます。これらには、MRI、超音波、生検、子宮鏡検査、子宮鏡検査が含まれます。

    骨盤内臓器の超音波による腺筋症の診断

    超音波 - 非常に有益な診断方法ですが、それは診断の最終段階ではありません。腺筋症の主な兆候:

  • 子宮の大きさ
  • 子宮の形を変える
  • 構造の不均一性
  • 子宮内膜における小嚢胞の検出
  • 子宮筋肥厚
  • 腺筋症の診断における子宮鏡検査

    子宮出血の原因は、ポリープ、子宮筋腫、子宮内膜増殖症、子宮腫瘍などです。これらの病理学的過程を排除することは、子宮鏡検査を助けるでしょう。子宮鏡検査中に、医者は生検を受けることがあります。子宮鏡検査中に、子宮内膜の異所性が可視化され、それによって高い信頼性で診断を下すことができます。

    閉経期腺筋症

    閉経期前後の年齢45〜55歳では、腺筋症がかなり頻繁に診断されます。それが発音されず、女性に大きな問題を引き起こさないならば、彼は治療を受けません。例えば、月経不順、腹部の痛み、鎮痛薬などの症状がある場合、COC。腺筋症が女性の生活の質に影響を与えるほど顕著である場合、外科的治療が唯一の救済であるかもしれません。

    腺筋症の外科治療

    以下の状況では、腺筋症に対する手術が推奨されます。

    • 子宮出血(重度の子宮出血)
    • 子供の誕生の予定はありません
    • 腺筋症と子宮筋腫大サイズの併用
    • 腺筋症と子宮内膜の過形成変化または子宮頸部の病理との組み合わせ

    1度および他の病期の腺筋症の診療所

    しかしながら、その成長は、体腔内ではなく、子宮の本体内、その筋肉層(子宮筋層)内に向けられ得る。そのため、1度の腺筋症を発症し、その後、治療しなければ、病期2が観察されます。合計で病理学の発達には4つの段階があります、そして、それぞれの以下は女性の健康のためにより多くの合併症を伴います。

    病気の種類

    実際、腺筋症は子宮内膜症の一種です。病理学はあらゆる年齢の女性に特徴的である。この疾患は3つの形態に分けられ、それぞれが特定の年齢層の患者にみられます。例えば、閉経前の女性は、より多くの場合、病巣型の病気に苦しんでいます。若い女の子、出産年齢の女性では、主にびまん性および結節性腺筋症があります。

    主な症状

    この病気は激しい骨盤痛によって現れます。この症状は強度が異なる場合がありますが、常に存在します。病理学の他の徴候はしばしば欠けています、そしてこれは婦人科医への遅い訪問を引き起こします。腺筋婦人科は前癌性疾患と考えられているため、この状況は特定のリスクを特徴としています。

    病気の狡猾はそれが思春期の少女と後期の女性の両方に影響を与えるということです。しかし、病気の開発の多くの段階はまだ研究されていない、と彼らは他の病理に似ています。

    ICD 10の腺筋症

    国際疾病分類ICD10のシステムでは、病理学は子宮内膜症のクラスにある。子宮内膜症とともにコードN80.0があります。 ICD10のこのサブクラスは、女性生殖器の非炎症性疾患のクラスに含まれる。 ICD 10では、これら2つの病状がコードによって分離されていないという事実は、それらの比較可能性について述べています。

    腺筋症の場合、組織は他の方向に、筋肉層の中へと拡大するが、古典的な子宮内膜症の場合と同じ構造を有する。 ICD10の主な役割は統計的なものであることに留意すべきである。文書は規範的であり、それは病気の定義へのアプローチの共通基準を提供します。

    ICD 10によると、腺筋症および子宮内膜症への方法論的アプローチは同じです。 ICD 10の他の臓器の子宮内膜症は異なるコードを持っていますが、それらは同じクラスN80に属します。

    病気の程度

    子宮内膜の表面成長時に1度の疾患が診断されます。病巣が子宮筋層に深くなると、グレード2の腺筋症が観察され、筋肉層に深部上皮が成長することはありません。焦点の数は複数ありますが、多くはありません。第二段階は激しい痛みを特徴とし、その治療にはグレード1の病理学よりも強力な薬が必要です。

    痛みの軽減

    腺筋症の一次治療は疼痛症候群の緩和を目的としています。子宮内膜の成長の障害は常にホルモンのバックグラウンドの失敗と関連しているので、ホルモン療法も使用されます。痛みは薬の服用量を徐々に増やすか、より強い薬を使用することで緩和されます。用量は医師によって処方され、以下の要因が考慮されます。

    - 薬物が製造されている物質に対する患者の耐性

    - 鎮痛効果の程度、および長期間適用する能力。

    ホルモンレベルを回復する

    ホルモン療法はエストロゲン - プロゲスチン薬で行われます。例:非卵子1日1テーブル。 21日間休憩は7日間で行われます。受付期間は3ヶ月です。

    それから選択をしてください:Marvelon、Rigevidon(同様のパターンの低用量ホルモン薬:21日間の摂取、7日間の休憩)。 Diane-35、JanineまたはRegulonも月経周期を回復するために書かれています。それは、腺筋症1,2,2度が現代的な手段でタイムリーな治療と良い予後を持っていることに留意すべきです。

    特徴3および4段階

    病理学の次の段階(第3および第4)は、下腹部の耐え難いほど耐え難い痛みを特徴とする。より頻繁に - 月経前に。それらに加えて:ホルモン障害、貧血を引き起こす重度の月経出血。特に病理が遺伝性である場合、免疫力の低下もあります。それを元通りにするためには、女性はimmunostimulantsを取るべきです。

    治療3および4段階

    複雑な形態の疾患(グレード3、4)の治療には、性腺刺激ホルモンが処方されています - ホルモンまたはその類似体を放出します。後者が含まれます:

    これらの薬は卵巣に影響を与えます、その結果、付属虫は彼らの分泌機能を停止します。患者は毎月行くのをやめ、血中の性ホルモンのレベルが下がります。治療後、付属肢の機能的能力が回復するので、鎮痛剤、止血ホルモン、子宮内膜の成長を抑制する薬が処方されます。例:ビザンナ(有効成分Dienogest)。

    この薬(Vizanna)は子宮の大量出血を引き起こすので、その単独使用は禁止されています。 Visannaの治療は婦人科医の監督下でのみ行われます。

    貴重なビザンナ

    薬は2 mgの錠剤の形で販売されています。 1パックに14錠のブリスター2個。各ブリスターには曜日の印が付いています。これにより、薬を服用してズレを防ぐことができます。 Byzannaの平均価格は約2500ルーブルです。偽造を避けるためには、チェックされたドラッグストアまたは医療機関でのみ入手することをお勧めします。レジから逸脱せずに、有効期限、水ぶくれの有無、およびパッケージの外観を確認することを忘れないでください。

    薬のビザンナ類似体

    腺筋症を伴う類似体ビザンザン

    - FEMIKAPS ISI LIFE。患者さんのホルモン状態の不安定化に伴う病気の治療におすすめです。さらに、婦人科医は身体の全般的な強化、ならびに月経時の痛み、更年期障害および子宮内膜症などの苦痛を排除するためにそれを処方しています。

    - ルテイン。薬は不安定な月経周期の患者を対象としています。また、この薬は、人工授精の準備をしている、または流産の危険性と不妊症を防ぐために処方されている可能性があります。

    - インドール-3。それは体を強化し、ホルモンと感情の背景を改善し、月経周期の中断を取り除き、そして痛みを和らげ、そして乳がんのリスクを減らすための手段として女性に割り当てられます。

    - ステラ。この薬は、子宮筋腫、子宮内膜症の治療後、または女性の生殖器官の手術後に予防薬として処方することができます。それはまた治癒した病気の再発を防ぐのに使用することができます。

    薬の特徴

    薬を服用することは、婦人科医の指示に厳密に従ってください。あなたの病気の病歴を注意深く調べた後、処方箋を書き、この薬の使用に必要な推奨事項を述べてください。 Vizannの助けを借りて治療を受けている間、あなたはそれが月経周期の間に下腹部の痛みを効果的に和らげる方法に気付くことができるでしょう、親密さの間の痛みは消えます。さらに、吐き気、眠気、頭痛、および体重の増加など、薬物に対する個々の不耐性が生じることがあります。

    ビザンナを取るときのフィードバック

    薬は最も安いものではありませんが、非常に効果的です。 Приобретала «Визанну» для моей сестры, которая на протяжении долгого времени пыталась забеременеть, но все попытки оказывались безрезультатными.それから彼女は専門家に助けを求め、必要な検査に合格し、子宮内膜症と診断され、腹腔鏡検査を行い、そして「Vizanna」を服用するように任命されました。 5ヶ月後、彼女は妊娠しました。

    Glafira Yuryevna、32歳

    一日の良い時間! 「Vizanna」という薬物についての私の感想をあなたと共有したいと思います。彼女は半年間治療を受けた。それ以前は、私は子宮内膜症と診断されていましたが、これはひどい下腹部の痛みと妊娠しようとする試みを伴いましたが、肯定的な結果はありませんでした。 Visannaの治療の後、すべてが消え、文字通り私は妊娠することができました。今私の子供は5ヶ月です。

    医師が子宮内膜症と診断した後、Vizannaは1年間治療を受け、その後すべての痛みと苦痛が消えました。彼女は体重増加を除いて薬に満足していた。

    こんにちは私はVizanna 4ヶ月目を受け入れ、痛みは過ぎました、超音波は肯定的な結果を示しました、そして、私は回復しています。この薬は、最初の治療の間の一定の吐き気を除いて、大いに役に立ちました。

    医者はlaporaskopiiの後に私に "Vizanna"を任命した。あなたの期間の初日に服用を開始します。毎月のビザンナの受領後は通常であり、初めて副作用が邪魔されなかったので、治療は問題なく行われた。私自身のために、私は食欲を避けるために夜の間ピルを飲むことにしました。その結果、薬物の使用の最初の30日後、体重増加は起こりませんでした、気分はよく、そして痛みは著しく減少しました。

    あなたが薬を服用する前に、それはあなたの婦人科医に相談し、病気を識別するために必要な検査に合格し、そして専門家の処方された推奨に従って治療を始めることを強く勧めます。

    子宮内膜症の治療のための薬物ビザンヌの使用

    あらゆる種類の子宮内膜症を患う女性にとって非常に不快な状況は、子供を産むことができないことです。子宮内膜症を伴うビザンナは、症状の重症度を軽減し、赤ちゃんの妊娠に成功するための条件を作り出すのに役立ちます。薬は病理学を治療するために使用されている多くの利点がありますが、長期的な薬に関連付けられている欠点と副作用があります。したがって、ホルモン剤は医師の指示どおりに、そして強制的な医療監督の下で使用されます。使用のための指示は、治療の主な適応症 - 子宮内膜症を示します、そして、医者のレビューは説得力をこめて薬物の助けを借りて痛みを取り除き、母性の幸福を得ることができることを示しています。

    薬の組成と性質

    薬の基本は2 mgの用量でDienogestです。プロゲステロン作用を有するこの生物学的に活性な物質は、次のような良い効果をもたらします。

  • 生殖器官に対するエストロゲン様作用の減少によるホルモンバランスの回復
  • 子宮内膜の過度の肥厚の抑制
  • 痛みを和らげる子宮内膜症の病巣の神経終末の数を減らす
  • 子宮内膜症の病巣に栄養を供給している新しい動脈血管の成長および拡大を阻害する。
  • 異型部位における子宮内膜細胞構造の死
  • 疾患の背景にある炎症過程への影響
  • プロスタグランジン(痛みの条件を作り出す物質)の生産の抑制。

    この薬は排卵に最小限の影響しか及ぼさず、妊娠の可能性の条件を作り出します。医師のレビューは、Vizannaの受け入れ終了後の子宮内膜症の女性における望ましい受胎の可能性が有意に高いことを示しています。

    使用説明書はVizanna - 子宮内膜症の使用のための主な適応を示します。治療の主な目的は以下のとおりです。

  • 月経に伴う痛みの軽減
  • 月経間の痛みの除去
  • 月経中の子宮出血の重症度への影響
  • 望ましい概念のための条件を作成します。

    Dienogestは複雑な治療法の一部としてうまく機能しますが、他の薬を使わずに子宮内膜症の治療にVizannaという薬を使うことができます。処方された治療法を用いて正確な勧告に従うことが重要です。

    治療には少なくとも6ヶ月間、1日1錠の服用量で継続的に服用する必要があります。

    使用説明書は周期のどの日からでも投薬の開始を可能にします、しかし月経の1日から治療を始めることが望ましいです、そして将来的にあなたは連続モードで丸薬を飲むことができます。

    医師は、病気の広がりが1度または2度の子宮内膜症の検出直後に、その薬を推奨することがあります。良い選択肢は、卵巣や子宮の子宮内膜腫瘍を切除するための手術後の一連の治療法です。いずれの場合も、選択は個別です。さまざまな種類の子宮内膜症により、医師は創造的に病気の治療に取り組むことができます。

    薬の良い効果

    医師の勧告に従ってVisannaは、提供しています:

  • 痛みの軽減または痛みの完全な消失
  • 月経周期の喪失による月経周期の喪失
  • 子宮内膜の質的変化。将来的には、妊娠や妊娠の成功の基盤となる可能性があります。
  • 女性の体のホルモンバランスの正常化。

    Visannaは妊娠を防ぐための手段ではありませんが、治療の過程では、受胎の可能性は最小限です。

    これは、子宮内膜が子宮内で噴出し、受精卵が壁に付着することができないためです。しかし、最初の数ヶ月の間に丸剤を服用し終えた直後には、妊娠の望ましいアプローチの可能性は非常に高いです。妊娠と妊娠は子宮内膜症を治療するための効果的な方法の1つである可能性があります、それ故に、治療の過程の後、それは妊娠して出産して出産して赤ちゃんを養うことが賢明です。

    薬はその製造のための薬理学のハイテク方法が使用されている薬に属しているので、薬の価格はかなり高いです。これは、特に毎日のピルを使った6ヵ月の治療コースの背景に対して、考慮に入れなければなりません。しかし、Vizannaの利点と治療の有効性の保証が、子宮内膜症に対するこの治療法の選択肢を選択するための主な要因となりつつあります。

    腺筋症は女性の最も一般的な病気の一つです。この病気は子宮内膜細胞の病理学的増殖によって特徴付けられます。そして、それは生殖器系と全体的な女性の健康に悪影響を及ぼします。

    腺筋症には4つの発達段階があります。そのそれぞれは、生殖器の広範な損傷および拡大する細胞の組織への浸透の深さによって区別される。しかしながら、この病気は良性で腫瘍学に変わることはめったにないので、腺筋症の診断は文ではありません。

    腺筋症の治療は、各患者に個別に処方されます。医師による診断の後、最も適切な薬物が選択され、それが治療の過程で細胞の無秩序な増殖を止めます。

    したがって、薬物療法は女性が以下のような不満を持っている場合にのみ必要です。

  • 月経の遅れを特徴とする周期の混乱
  • 痛みを伴う期間が長すぎる
  • 周期の中間および月経の開始前の下腹部の痛み、

    腺筋症の顕著な症状。特に出産年齢の女性向け

    治療のための準備は、常に成功した治療のために考慮されなければならないいくつかの要因に従って選択されます。

  • 薬物の既存の成分に対する禁忌の存在
  • 患者の年齢

    さらに、薬の処方は、患者が医者に行く時に母親になることを計画しているかどうかを考慮する必要があります。

  • 合成的に減少したエストロゲンを含む薬
  • プロゲステロンに基づくホルモン、
  • ホルモンゴナドトロピンまたは類似の物質による薬。

    腺筋症に対する一般的でかなり効果的な薬はJanineです。これらの薬はしばしば避妊薬として使用されているので、彼は多くの女性に知られています。

    主なJanineは、

    最初のホルモンは子宮内膜細胞の病的増殖を抑制し、それはそれが完全に消失するまで腺筋症の発症を抑制します。エストロゲンは、次に、排卵に寄与する卵胞の成長を活性化します。

    ホルモン剤Duphastonは、卵巣の黄色い体による排卵中に女性の体に分泌される天然のプロゲステロンの人工的な類似物を含んでいます。

    プロゲステロンの放出が不十分であるために、腺筋症などの疾患がしばしば発症する。したがって、Duphaston療法はほとんどの場合に処方されており、非常に有効です。

    腺筋症を伴う手段ビザンナはかなり頻繁に割り当てられます。この薬は子宮粘膜を引き締める効果があり、そしてゲスタゲン効果があります。

    Vizannの一部であるホルモンジエノゲストは、エストロゲンの産生を抑制することによって子宮の子宮内膜細胞の生殖の強度を低下させます。

    この薬で治療中に主治医のすべての勧告を遵守する場合は、その後、すぐに病気のさらなる発展を停止し、子宮内膜細胞の病理学的増殖の新たな病巣の出現を防ぐことができます。

    良い結果をまとめるために、そしてBezanne腺筋症の再発を防ぐために、少なくとも6ヶ月は必要ですが、常に専門家の監督の下に。

    Orgametrilの基礎はホルモンのlinestrenolです。それは排卵を抑制し、月経を遅らせる傾向があります。腺筋症では、この薬はプロゲステロンの産生を正常化するように処方されています。プロゲステロンの欠如は子宮腔内の細胞増殖の障害につながります。

    オルガメトリルは少なくとも6ヶ月間服用する必要があります。子宮内膜症細胞の病理学的病巣の完全な消失を達成することができ、そして生殖機能を改善することができるのは、リネストレノールによる長期治療である。

    Clayraのホルモン剤は、腺筋症の治療のために婦人科でよく使われます。それは、子宮内膜細胞のさらなる制御されていない繁殖を効果的に排除し、既存の病巣における活性を阻害する。

    Clayraには2つのホルモンが含まれています。有機プロゲステロンの類似体であるdienogestと、大量のエストロゲンです。

    Mirenaらせんのインストールに関する指示は、次のとおりです。

    • 痛みを伴う月経、
    • 月経間定期塗抹標本。

    ミレナは婦人科医によって独占的に任命されている、同じことが彼女のインスタレーションにも当てはまる。いかなる場合も、あなたは螺旋を子宮に入れようとするべきではありません。

    薬物のシルエットは、ジャンヌのようなそのようなホルモン剤の類似物です。それは2つのホルモンを含み、そのうちの1つは病理学的病巣の発生を抑制し、2つ目は適時の排卵を確実にする卵胞の成熟を促進します。

    腺筋症のシルエットは、より高価な薬の類似体としてよく使用されます。しかし、その低コストにもかかわらず、それは新世代の医薬品に属しているので、それは非常に効果的であり、最小限の副作用を持っています。

    レギュロンは避妊の手段として女性の間でよく知られています。

    それは含まれています:

    30 mcgエチニルエストラジオール、

    Zoladexは子宮内膜細胞のそれ以上の成長を停止し、病巣のそれ以上の発達を防ぐ天然のエストロゲンの産生を抑制します。

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send