衛生管理

遅延の前に妊娠の兆候としてのポニー

Pin
Send
Share
Send
Send


彼女の体が一連の変化を経験するとき、妊娠は女性の特別な状態です。この状態は誰かに待ち望まれています、そしてそれは完全に驚きです。しかし今日は、どのようにして妊娠するか、または保護の方法について話すのではなく、症状、あるいはむしろ妊娠の存在を示す徴候について話します。

標準的なセットは月経および毒素血症の遅延であると考えられています。しかし、何らかの理由で月経中であっても、多くの女性に伴う下痢は背景に消えていきます。下痢や月経の遅れは妊娠を示すことが多く、たとえそれがどれほどばかげているように見えても、今日、多くの医学研究でこのパターンが確認されています。下痢とは何ですか?これは体に何らかの変化が起きていることのヒントであり、それらは中毒、月経の開始または遅延から妊娠までの何かによって引き起こされる可能性があります。女性の身体の特定の突起に液体の大便が伴う理由をさらに詳しく考えてみましょう。

下痢と月経

誰もが腸疾患とは何か、そしてそれが緩い便を伴うことを知っています。しかし、これは病気が外的要因や病気によって引き起こされている場合です。しかし、毎月多くの女性が月経前または直接に間に合うように下痢をしています。しかしながら、体温の上昇は観察されず、そして悪心、頭痛、腹部不快感のような他の症状は月経前症候群の徴候と一致する。なぜ女性の身体にそのような現象があり、それは何に関連しているのでしょうか。その理由は内臓の位置にあります。子宮や腸は女性のすぐ近くにあります。したがって、月経が始まる前に子宮が収縮し始めると、腸が刺激を受け、下腹部がひねり始め、カチッと音がして椅子に障害があります。

腸に直接影響を及ぼし、下痢を引き起こす他の原因もあります。これは、

  • プロスタグランジンホルモン、月経前夜に女性の体によって大量に生産されます。それは腸の筋肉にリラックス効果をもたらし、それらは活発に収縮し始め、その結果、欲求不満と下痢を引き起こします。
  • 月経中の下痢では、この時期に体のホルモンの背景がその更新に寄与するため、多くの医学的な著名人が腸の浄化として考えられています、
  • 女性の月経は、下痢を引き起こす胃腸管を含む多くの慢性疾患を悪化させる可能性があります。
  • 月経中、小さな骨盤の臓器に大量の血液が発生するため、腸に負荷がかかり、その結果下痢が起こります。
  • 子宮が曲がると、この病状は月経時の軟便だけでなく、強い痛みを伴う発作や大量の出血によっても現れます。

私たちが理解しているように、女性の月経中の腸の不調はこの期間中のホルモンの変化に直接関係しています。

月経下痢の兆候

月経前に起こる便の問題は特別な治療を必要としませんが、それらは正しく識別されなければなりません。そのため、月経の約1週間前に疾患の最初の兆候が現れ、その後2日間で増悪が観察され、その後すべての月経期間を通してそれが止まります。下痢は、午前中に心配し、腸を空にした後に通過する下腹部に激しい痛みを引き起こします。女性は朝に何度かトイレを訪れるかもしれませんが、椅子の数が3回を超える場合は、他の兆候に注意を払う必要があります。おそらく消化管の侵害があります。

月経中の下痢が激しい頭痛、吐き気、嘔吐、脱力感、高熱、腹部の激しい痛みを伴う場合、体内の感染が除外された場合にのみ月経の下痢に起因する可能性があります。重症月経前症候群。

月経が終わっても下痢が止まらない場合は、医師に相談する必要があります。

妊娠のしるしとしての下痢、ですか?

月経の遅れや下痢は、妊娠している可能性があるため、女性に警告する必要があります。しかし、月経のない状態ですべてが明らかな場合、なぜ腸の不調が起こるのでしょうか。それは液体の便として現れます。主な理由は、臓器の働きと胎児を産むための準備に変化が生じるため、女性の体のホルモンがすべて同じように変化することです。通常の妊娠中の下痢は2ヵ月以内に起こることがあります、将来的には、女性は別の問題、便秘に直面する可能性が高いです。しかし、便が緩んでいると腸内に他の問題がある可能性があるので、それを正常な現象に起因させる前に、病理学を排除する必要があります。子供を連れて行くことは責任あるプロセスであり、女性は身体の変化に適切に対応しなければならないことを理解する必要があります。

妊娠初期の下痢は、子宮が腸を含むすべての腹部構造に圧力をかけるという事実の結果として起こります。しかし、胎児が成長するにつれて、圧力が減少し、緩い便が女性を悩ませるのを止めます。

結論として、我々は下痢それ自体が妊娠の存在を示すのではなく、受胎後の身体の変化を伴う随伴症状であることに注意する。妊娠を示す最初の主な兆候は月経の欠如であり、そして吐き気と緩い便の後であり、それは女性の身体の個々の特性に応じて、欠けているかもしれません。

定期的な周期の健康な女性では、1〜3日間の月経の遅れは正常です。月経の開始が3日以内に遅れるのであれば - これが標準の限界であり、心配する理由はなく、そして何もする必要はありません。理由

月経遅延は来月の予定時刻から5日以上の期間に月経出血がないことです。 。遅れてどうする?

Pin
Send
Share
Send
Send