衛生管理

毛包測定とは何ですか?

Pin
Send
Share
Send
Send


  1. ホーム›
  2. 不妊症›
  3. 毛包測定法:方法論の説明と目的、結果の解釈

子供たちは私たちのチームに生まれました

IVF平均ネットワークパフォーマンス

開設に備えて3棟を含むロシア各地の診療所

待望の子供の妊娠と誕生は奇跡です、残念ながら、それは多くの人にとってアクセスできないです。今日では、ほとんどの女性が責任を持って意識的に出産の問題に​​取り組み、慎重に妊娠を計画しています。

以前は、この目的のために基礎温度測定および他の無効な処置が行われていたが、現代医学は問題を解決するための新しい方法を提供しており、その一つは毛包測定法であろう。

毛包測定とは

毛包測定 - これは、1回以上の月経周期の間に女性の生殖器に起こる変化をモニターすることを可能にする超音波診断の方法です。今日では、排卵期を決定する最も正確な方法です。これにより、卵子の受精が成功する可能性と妊娠の開始の可能性を高めることができます。この方法のおかげで、多くのカップルが望みの結果を達成することができました。加えて、毛包測定法は、生殖器系の障害を同定し、子宮内膜(子宮の内層)および卵巣を評価し、そして種々の病理学的状態を決定するために婦人科において広く使用されている。

毛包測定法:目標と目的

女性の生殖器系は非常に複雑です、それは未熟卵胞である卵胞装置に基づいています。出生前の時期であっても、数百万の卵胞が少女の体内に置かれていますが、約50万が思春期のままです排卵のためにいくつかの卵胞が排卵の準備ができています。 。

卵巣から腹腔内に入る卵細胞の成熟が卵管の絨毛に引っかかり子宮腔内に移動し、そこで精子と出会うのです。卵胞および卵巣から熟した卵が放出される過程は排卵と呼ばれます。破裂優性卵胞の領域では、黄体(黄体)が形成され、一時的な内分泌腺であり、月経が始まるまで、または妊娠の12〜16週まで(胎盤の出現前)に機能します。

いくつかの周期は卵の成熟なしで進行することができます、彼らは年齢とともに「無排卵性」と呼ばれます、彼らの頻度は増加します。それらは、投薬、ホルモン障害、性器疾患、先天性異常、およびさまざまな有害因子への曝露と関連している可能性があります。そのような周期の間、妊娠は不可能です、従って排卵の欠乏の原因を識別し、子供を妊娠する能力を元通りにするためにそれを除去することは必要です。

これを行うには、さまざまな診断手順を割り当てます。その1つが毛包測定法です。卵巣の機能と卵胞の成熟を評価し、優性卵胞の存在を確認し、排卵、黄体を明らかにし、そして子宮内膜の厚さ、月経周期の有用性、その不規則性の原因、生殖器官の特定の病気(嚢胞、筋腫など)を決定します。卵胞機能測定は、補助的な受精方法(IVF、ICSIなど)を実行するように刺激された後の卵巣の働きを制御するために必要です。

この手順の主な欠点は、生殖器系の変化を継続的に監視する必要があることです。それはその助けを借りて、卵管の開存性を評価することは不可能であることを手順で性器と腹腔内の炎症性変化、癒着を検出することができないことは注目に値する。したがって、毛包測定法に加えて、医師は追加の手順を規定します。

毛包測定の適応

毛包測定は、以下の状況で行われます。

  • 1年以上不妊、避妊薬を使用せずに活発な性生活を提供、
  • ホルモン障害(無排卵、疲れた卵巣症候群、多嚢胞性卵巣など)
  • 違反による排卵の刺激
  • 体外受精またはその他の生殖補助方法の準備、それらの結果のモニタリング。

毛包測定の手順を実行する方法

毛包測定 - これは周期的変化の超音波モニタリングです。それは2種類のセンサーによって実行されます:経腹部と膣。経腹部検査を処方する場合は、手術の1時間前に膀胱を満たします。手技の間、女性は彼女の背中のソファに横たわっています、あなたは胸骨から恥骨までの領域を開くべきです。センサーは特別な溶液で塗りつけられていて皮膚の上に運ばれています。

膣センサーを使用する場合は、膀胱を満たす必要はありません。コンドームがセンサーの上に置かれ、特殊な物質で塗られて膣内に挿入されます。どの手技でも絶対に安全であり、痛みを引き起こすことはありません。

毛包測定法とそのタイミング

毛包測定の時間は婦人科医によって個々の周期的プロセスに基づいて任命される。ほとんどの場合、4〜6回の検査が必要です。定期的な28日の月経周期では、最初の試験は月経開始後8-10日に行われ、28日以上の場合は10日目以降、不規則な周期では最初の試験が先に行われます。フォローアップ手順は結果に基づいて診断医によって規定されます。原則として、1〜2日おきに行われます。

最初の超音波 卵巣の中で成熟する卵胞の数を決定することができます。そして、それは直径6-9 mmのサイズに達します。子宮内膜の厚さは3mmであるが、様々な含有物を含まない均質構造である。

セカンド超音波 1〜2日で行う(ほとんどの場合月経周期の9〜11日)。この段階で、優勢な卵胞が検出され、それは大きなサイズ(直径10〜15 mmまで)において他のものとは異なります。毎日それは2-4 mmずつ増え、20-22 mmに達します。この期間における子宮内膜の厚さは8〜12mmに等しく、それは線状構造を有し、成熟の終わりまでに優勢な卵胞は3層構造を獲得する。 2回目の超音波検査で主な卵胞が検出されなかった場合、卵胞数測定は次のサイクルに移ります。

第三の超音波 12-13日に行います。その間に、早期排卵の徴候を伴う卵胞が検出され、その直径は約22〜32 mmです。厚さ12 mmまでの3層構造の子宮内膜で、それが小さければ、妊娠の可能性は低くなります。

第四の超音波 彼らは排卵を検出するために13〜14日目に行われます:優性卵胞は検出されず、それらは不均一な輪郭の形成を示し、子宮の後ろに自由な体液があります。これらの徴候が存在しない場合は、排卵が完全になくなるまで超音波を毎日処方します。

第五の超音波 完全排卵の条件下で15〜17日に行います。この期間中に、星形の黄色い体が検出され、子宮内膜は3層、最大13mmの厚さである。

第六の超音波 21-23日で過ごします。このとき、受精卵は子宮腔に導入されますので、子宮内膜と黄体の機能を評価することが重要です。子宮内膜の厚さは変化しませんが、より均一になり、黄体のサイズが大きくなります。

毛包測定の結果の評価

毛包測定法を使用すると、卵胞の発達、黄体、子宮内膜の変化を追跡したり、排卵を確認したりできます。

排卵の兆候:

  • 優勢な卵胞を特定する、
  • 彼の失踪と黄色い体の形成
  • 子宮の後ろの腹腔内の自由液の外観。

しかし、残念なことに、すべてのプロセスが正常に進行できるわけではありません。

  • 卵胞回帰: この状態の間、優勢な卵胞は逆の発達を遂げます。病理学の超音波徴候:優勢な卵胞のサイズの縮小、黄体および自由流体の欠如
  • 卵胞の持続性: この状態は優性卵胞の完全な形成を意味します。しかし排卵は起こりません。超音波徴候:全周期を通しての優勢な卵胞の決定、体液および黄色い体の欠如
  • 濾胞性嚢胞の存在: 排卵が起こらない場合、卵胞は卵胞嚢胞に変形することがあります。超音波徴候:優勢な卵胞の大きさの増加、水分および黄体の消失、数回の月経周期にわたる嚢胞の保存
  • 初期黄体期の形成: 排卵は起こらないが、黄体が形成されてプロゲステロン合成が始まり、それが卵胞のしわを引き起こす。超音波徴候:優勢な卵胞のサイズの減少、自由な液体、
  • その他の違反 ほとんどの場合、上記の状態はホルモン障害を示していますが、1つの毛包測定法に基づいていますが、通常健康な女性は年間に無排卵周期を数回繰り返すため、正確な診断が不可能です。

この手順は何ですか?

毛包測定とは何ですか? これは、毛包形成の動態 - 卵胞の成長を追跡するための超音波検査を意味する診断法です。 この手順は1月経周期内に実施され、それによって生殖器系の機能の特徴の詳細な分析が保証されます。毛包測定法は通常、妊娠の計画段階にある女性に割り当てられます。

毛包測定はどのような場合に示されますか?

診断手順では、卵胞が毎月成熟する内生殖器、特に卵巣の機能を包括的に評価することができます。 毛包測定法は、優勢な卵胞の検出とその生存率の評価、現在の月経周期における排卵の可能性の確認、卵胞形成のさまざまな段階での違反と異常の確認失敗する


経験豊富な専門家が毛包測定法のような重要な手順について話すビデオ。

このメソッドにはいくつかの指示があります。

  • 排卵がない無排卵周期
  • 月経困難症(痛みを伴う期間)、
  • 無月経(生殖年齢の女性に月経がない)、
  • 月経困難症(月経困難症)、
  • 月経過多(重要な日に多量の分泌物が増加する)、
  • 月経周期の失敗(毎月の間隔の増減)、
  • 卵巣の疾患および機能不全(多嚢胞性、虫垂炎、多発性卵巣、嚢胞)、
  • 流産、歴史上不成功な妊娠、
  • 不妊

経験豊富なスペシャリストによる毛包測定の正しい解読は、正確な診断を行い、有能な有効治療を開始し、不妊の原因を確認し、受胎に最も好ましい日数を計算し、多胎妊娠の可能性を分析し、排卵を刺激する必要性について結論を導きます。婦人科医によって任命された)。

研究は何日中ですか?

毛包測定はいつ行うべきですか?実施日は、月経周期の期間、患者の問題、および生殖器系の機能の特殊性を考慮して、担当婦人科医によって決定されます。したがって、受胎に有利な日数を決定する必要がある場合は、卵胞の成長を追跡し、それらの間の優性を検出するために、排卵の5〜6日前に研究を開始することが望ましいです。 30日のサイクル期間で、最初の処置は10月か11日(月経の開始から始まる)に予定されています。

毛包測定法は動力学における診断を含むので、最初の処置の後に、2回目が処方され、それは2日目または3日目に行われる。合計で少なくとも4回の超音波検査が推奨され、その頻度は卵胞の状態とその成長速度に応じて婦人科医によって決定されます。一般に、処置の間隔は1日ですが、毛包測定は毎日行われます。

処置の準備の特徴

診断手順の結果が可能な限り信頼できるものであるように、あなたはそれを準備する必要があります。このトレーニングでは、いくつかの規則に従います。

  1. 最初の手順の数日前に、あなたは研究期間を通して従う必要がある食事療法に従い始めるべきです。腸内のガスが卵巣や卵胞の見やすさを妨げる可能性があるため、ガス形成を増加させる製品は食事から除外されます。黒パン、キャベツ、全乳、豆類、イーストフラワー製品、ぶどう、炭酸飲料、アルコール飲料はお断りします。
  2. 超腹部超音波が処方されている場合、1〜1.5リットルの非炭酸水を飲んだ後、処置の1時間半前に膀胱を満たす必要があります。この場合、毛包測定は、最初の排尿衝動の後に開始し、膀胱の充満を知らせることが望ましい。経膣検査の前に飲む必要はありません。
  3. 試験日の前日に腸を空にして結果の信頼性を高めるために、あなたはあなたの医者によって推薦される下剤を取ることができます。
  4. 医師の診察を受ける前に、必要な衛生管理手順を実行してください - 外性器を十分に洗います。

多くの場合、超音波は朝に処方されており、家を出る前に軽食を買う余裕があります。

毛包測定はどのように行われますか?

毛包測定の手順は何ですか、今知られています。そしてこの研究は2つの方法で行われます。

  1. 経腹部。患者はカウチの上に横になり、(恥骨から胸部まで)腹腔を露出させる。 Udoistは特別な導電性ゲルを装置に適用して、体の表面の上に超音波センサーを動かし始めます。

    経腹部超音波。

  2. 膣に患者は腰や下着(パンティー)の下の衣服を脱いで、ソファの上に横になり、膝を曲げて、専門家が性器にアクセスできるように少し離します。 Udoistは特別な医療用使い捨てコンドームをセンサーの上に置き、装置を膣内に挿入して検査を始めます。

    経膣超音波。

両方の場合において調査された内部空間は、超音波機器モニタに送信される。 uzistか彼の助手は結果を記録し、そして試験の後あなたは紙の形でそれらを入手します。結論は婦人科医に伝達され、婦人科医はさらなる行動に関して診断し、結論を導き出します。

毛包測定の結果をデコードする

有能に研究の結果を解読することは、経験豊富な婦人科医とあなたが観察されている人だけにすることができます。 彼はダイナミクスを追跡することができ、そして毛包測定法および他の診断手順に基づいて、あなたの生殖器系の状態の全体像を形成します。


毛包測定スペシャリストからの最高のビデオ。

卵胞の大きさと構造の経験豊富な専門家は、排卵を追跡し、卵胞の成長の病状を識別することができます:退行(黄体の早期形成)、持続(その後の破裂のない完全な成長)。

手続きの見直し


女性の毛包測定に関するレビューを検討してください:

  • 「私は排卵を決定するために多くの方法を試しました、そして、毛包測定法はそれらの間で最も正確でした。 udoistはよくなった、優勢な卵胞の大きさだけでなく、子宮の子宮内膜の厚さも話しました。そして、それは卵子の壁に固定するときに重要です。この処置は私が排卵を「捕らえる」のを助けました、そして、私は続けて数サイクルを逃しました。」
  • 「私は妊娠を計画し始めました、そしてすべてが私たちが望むほど単純ではないことがわかった。私にとって排卵を識別することは困難でした、そして、実際には彼女の概念でのみ起こることができます。私の婦人科医は毛包測定法を勧めました、そして私はそれを全く後悔しませんでした。手順は完全に痛みがなく、複雑な準備は必要ありません。しかし主なことは結果です。私はついに最も成功した日を決めました。」
  • “みんなが計画するのを助けるのにちょうどいい方法です!個人的には、月経周期が不安定で、「X」の日を追跡するのが非常に困難だったので、この手順は私が妊娠するのを助けました。そしてここですべてが見えています、それは必要なときに試みるためにだけ残ります。今、私は幸せなお母さんです。そして、毛包測定法のおかげです。」

何が毛包測定法を構成するかを知っているので、排卵を決定するために妊娠を計画するとき、あなたはこの研究を使うことができます。 Но метод имеет и другие показания, среди которых патологии и заболевания репродуктивной системы.

Менструальный цикл и изменения в фолликуле


月経周期

月経周期の開始時(卵胞期)に、卵胞刺激ホルモン(FSH)の作用下で、同時にいくつかの卵胞が卵巣で成熟し始めるが、そのうち1つのみが早く成長し、まれに2つ以上が成長し、双子を妊娠することが可能になる。

排卵期の間、黄体形成ホルモン(LH)は優勢な(より早く発達した)卵胞を刺激してさらに成長し、破裂して卵細胞を放出します。排卵後、女性の体は黄体期に入り、そこで黄体 - 卵胞の形成 - が卵巣上で成長し、プロゲステロンの産生を刺激し、FSHとLHの産生を抑制します。

最終段階は月経であり、その間に黄体は消失する。

濾胞形成

医学では、卵胞の成熟と発達の過程は卵胞形成と呼ばれ、3つの段階があります。

  • 優勢な卵胞から前期の卵胞への転換期、10〜15個の卵胞の増加とその中の結合膜の形成。
  • 胞状卵胞の形成段階では、内部に空洞が形成され、優勢な卵胞のさらなる発達が続く。
  • Grafowaの泡が発生する段階、卵胞液の量が増加し、卵の放出に間隙が生じます。

卵胞サイズ

女性周期の異なる日には、卵胞の大きさが異なります。いくつかの規範の大きさの順守は、生殖器系の健康および女性が妊娠する能力を示しています。月経周期の開始から卵子が卵管を出るまで(排卵)、卵胞のサイズは絶えず大きくなり、その正常値が表に示されています。

  • 約5日目から、卵胞は超音波の助けを借りて見ることができます、それらの場所は卵巣の周囲にあります、寸法 - 最大6 mm。
  • 8日目以降、優勢なものが検出され、そのサイズは他のものよりもはるかに長いので、その毛細管グリッドは見える。
  • 10日目に、残りの卵胞が退行する、つまり、サイズが減少することは明らかです。
  • 14日後、卵胞はその最大サイズに達し、排卵が起こる:破裂後の卵胞は全く現れないか、または残留液が検出される。

排卵が起こると、黄色い体がその場所に形成されます。それは以下によって特徴付けられます:でこぼこの縁と非対称的な形、それは24日目までにいつか増加して、それから徐々に減少します。

異常発生の原因はさまざまです。

  • 視床下部および下垂体の機能不全
  • 卵巣の嚢胞、
  • 女性の生殖器の炎症と感染
  • 卵巣の未発達、
  • ストレス
  • 腫瘍学、
  • 17.5以下のボディマスインデックス。

毛包測定

卵胞のサイズを自分で計算することは不可能です;この目的のために、毛包測定が行われます - 卵胞の発達を追跡することを可能にする超音波検査。この方法は不妊や月経障害のある女性にお勧めです。研究は可能にします:

  • 排卵の正確な開始日を決める
  • 卵巣の異常を特定する
  • 治療の有効性を監視する。

毛嚢症では、4つの主要な病理のうちの1つを特定することができます。

  • 卵胞嚢胞は卵胞が壊れず卵が卵管に入らないときに起こる卵巣の形成です。彼は卵巣にいて嚢胞液を蓄積し続けるでしょう。
  • 閉鎖は、卵胞が特定の時点まで成長し、その後凍結して死ぬ病理です。
  • 持続性 - 卵巣の組織における活性ウイルスの保存、そのような状況では、卵胞は発達するが破裂しない(嚢胞液は形成されない)。
  • 黄体形成は、卵胞の発達とともに黄体の形成です。

毛包測定の手順は、原則として、3段階で行われます。

  • 最初の超音波では、前庭胞が検出されます(そのうちの1つが後に主なものを形成します)。
  • 2日目の超音波検査は3日後に行われます。それは、優勢な卵胞を明らかにし、その大きさを決定します。
  • 3番目の超音波では、その最大サイズが決定されます。これは、すぐに壊れることを示しています。

卵胞刺激期が長くなり、より多くの超音波が必要になる場合があるということは注目に値します。

毛包測定法により、患者は異常を特定するだけでなく、原因を特定することができます。

排卵刺激

排卵薬の刺激

医学における排卵の刺激の下で医療機関、彼らの目標で行われた手順の全体性を理解する - 不妊の妊娠の開始。不妊とは、生殖年齢の女性が、通常の保護されていない性別で1年間妊娠しないという状況を指します。

不妊の場合の排卵刺激は、2つのケースで医師によって行われます:それが毛包形成プロセスの障害によって引き起こされるとき、そして不明確な理由のために。

この手順は2つの方法で実行できます。

  • 合成エストロゲンであるクロミフェンの導入は、中止された後、黄体形成ホルモンおよび卵胞刺激ホルモンの放出があり、卵胞の発達が始まります。この手続きは、原則として35歳未満の女性に対して行われます。
  • 35年後、2番目のスキームが使用されます:より集中的な刺激、それは複数の妊娠を引き起こす可能性があります。

刺激の後、経膣超音波は排卵の2〜3日後に行われるべきです。手順が成功した場合は、

  • 支配的な卵胞はありません、
  • 黄体と子宮の後ろの体液が検出されます。

しかし超音波が必要な期間より後に実行された場合、黄体は検出されません。

卵胞の成熟:周期の日に、比類のない原因


卵胞は、その内部で卵が成熟する、丸い形の特別な形成物です。それらの数は子宮内発育中に少女に置かれます。

最初に約50万人いる場合、成人女性は平均して500人しかいません。 卵胞成熟 - 本格的な卵形成のための前提条件.

このプロセスがなければ、女性は妊娠することはできません。

熟成プロセスの特徴

それはかなり複雑で多段階です。月経周期の最初の段階で卵巣の成熟のプロセスが始まります。これはホルモンのルテインとプロゲステロンによって促進されます。それらの不十分な量は生殖器系の機能性のバランスを乱すことができます。

毎月数個(最大10個)の卵胞が女性の体に発生します。ただし、そのうちの1つだけが目的のサイズに達します。それは支配的と見なされます。残りの気泡は後退し始めます。ホルモン系に機能不全が発生した場合、これらの小さな層は死滅せず、優勢な卵胞が必要なサイズまで成長するのを妨げます。

通常の月経周期と定期的な月経周期の存在下では、成熟期は独立して決定することができます:あなた自身の気持ちに従って、基礎温度を測定することによって。卵巣刺激を受けた患者では、このプロセスは異なる日に行われる超音波処置によって制御されます。

卵胞が熟しており、女性がすぐに排卵を開始するという事実は、彼らは次の症状を言う:

  • 下腹部に局在する痛みを引く、
  • 膣からの白い粘液の排出量が増加します(一部の患者はツグミと混同します)。
  • 直腸温の低下。排卵日の12〜24時間前に起こり、その後0.2〜0.5度上昇します。
  • 血中のプロゲステロン濃度の上昇(特別な検査で判定できます)
  • 気分の変化:女性はより敏感になり、過敏になります。

女性の体の1月経周期の間に、単一の卵胞が通常成熟します。ただし、場合によってはいくつかあります。これに病理はありません、それは患者が卵子の受精または多胎妊娠の発症の可能性を高めるということです。

なぜ熟成が起こらないのか

「不妊」の診断はもはや珍しいことではありません。そしてここでの主な理由は、卵胞が単に成熟しないことが多いためです。この場合、あなたは徹底的な検査をして病理学の原因を決定して治療を始める必要があります。熟成プロセスの違反を誘発するには、次のようにします。

  1. 卵巣機能不全。それは様々な炎症性の病状、外傷、手術によって引き起こされます。
  2. 内分泌系の機能のさまざまな侵害、そこではエストロゲンの生産が少ないだけでなく、プロゲステロン。 2番目のホルモンは優勢な卵胞の成長と発達を助け、最初のホルモンは小さな卵胞の抑制に寄与します。
  3. 脳機能障害それは臓器の膜の外傷または炎症性病変によって引き起こされることがあります。
  4. 頭蓋内圧の上昇
  5. 視床下部および下垂体の良性または悪性腫瘍。
  6. 腹腔内にある内臓に対する炎症性または感染性の損傷。
  7. 頻繁なストレス、うつ病。
  8. 早期閉経。
  9. 厳格な食事や太りすぎを守る。

生殖器系の機能が侵害された場合、熟した卵胞はまったく現れません。そのため、緊急に医師に相談して治療を受ける必要があります。

上記の要因は、提示された地層の形成過程を混乱させたり、その後退を引き起こしたりする可能性があります。卵胞は目的のサイズに成長できないか、壊れていません。排卵、そしてそれゆえ妊娠は起こりません。しかし、卵子が受精の準備ができていて、子宮内膜(子宮内膜)が望ましい厚さを持っていなくても、それは単に子宮内に固定されません。

卵胞が早すぎるまたは非常に遅い時期に成熟する場合、これも逸脱と見なすことができます。 卵巣の超音波検査を受けた女性が多数の気泡を発見した場合も、特別な注意を払う必要があります。ここで患者は「多発性卵巣卵巣」と診断されています。

モニターでは、専門家が大量の気泡を調べることができます。それらは卵巣の周辺に位置しています。それが通常成熟することができないので、これらの泡は支配的な教育の発展を妨げます。

endikが薄い場合は、卵子の受精が成功したにも関わらず、妊娠が起こらない可能性があります。

卵巣の卵胞。成熟が優勢

卵胞は徐々に成熟します。超音波では、次のようになります。

  • 7日目に、卵巣の領域で、液体が存在する5-6 mmの小さな泡が見られます、
  • 8日目から集中的な教育の成長が始まります。
  • 11日目に、優勢な卵胞の大きさは直径1〜1.2cmで、他の人は後退し始めます。
  • 月経周期の11日から14日まで、地層値はすでに1.8 cmに近づいています、
  • 15日目に、卵胞は非常に大きくなり(2 cm)そして破裂します - 受精の準備ができた卵がそこから出てくる、すなわち排卵が起こります、

卵胞形成が2.5 cm以上のサイズを持っているならば、我々はすでに嚢胞の存在について話すことができます。 この場合は治療が必要です。

子宮鏡検査後に月経周期が乱されると多くの女性が心配します。この手順は子宮の内面を調べるために行われます。

ほとんどの場合、それは「子宮内膜症」の診断に必要です。卵胞が7日間成熟している間、それは月経周期の6-10日に行われるべきです。

つまり、子宮鏡検査は女性の生殖機能に重大な悪影響を与えることはありません。

卵胞成熟の段階

提示されたプロセスは思春期に始まります。彼女の体が成熟し、そして彼女の生殖器系が高級卵の生産の準備が整うとすぐに、彼女は妊娠する機会があります。

卵胞はその発達過程でいくつかの段階を経ます。

  1. 原始的。この段階では、雌性生殖細胞は未成熟であり、濾胞細胞によって覆われるようになる。思春期前には、少女の体には多くの無細胞があります。さらに、それらははるかに小さくなります。
  2. プライマリここで、提示された細胞は急速に分裂して濾胞上皮を形成し始めます。さらに、結合組織からの形成膜が現れる。卵細胞はそれに近い位置にあります。この段階で、卵胞の顆粒細胞はタンパク質透明液体を生成し始めます。成長する卵を養うのは彼女です。
  3. 二次卵胞。教育の上皮は差別化され、厚くなります。濾胞腔が形成され始めます。必要量が増えるにつれて、栄養素の量も増えます。殻は卵の周りに別々に形成されます。彼女は後で栄養機能を調べます。
  4. 三次卵胞。この段階では、提示された教育は完全に成熟しており、排卵の準備ができています。大きさは約1.5 cmで、最大値(2.1 cm)に達すると壊れて本格的な卵細胞を放出します。

排卵の完了後、卵胞は黄色い体に変形します。それは初期の女性の妊娠の正常な発達にとって非常に重要です。成熟のプロセスが妨げられるならば、女性は妊娠することができません。

時々それは卵胞の成熟を刺激することが必要かもしれません。一般に、成熟は、さまざまな内的または外的要因によって妨げられる可能性がある複雑な生物学的プロセスです。したがって、女性は彼女の健康を大事にしなければなりません。あなたがまだ刺激をしなければならなかったならば、あなたは厳しく医者のすべての勧告に従わなければなりません。

毛包測定法の超音波検査を行う時期、それはどのように行われ、排卵を決定するための試験の準備方法は?


毛包測定法は、超音波による経時的な卵巣活動のモニタリングです。卵巣の超音波診断は、女性の周期、そして必要ならば数周期の継続中に数日ごとに行われる。研究の仕事は、概念の正しい瞬間を選択することです。

卵巣活動の超音波モニタリング

毛包測定法は毛包形成を観察するのを助けます、あなたがこのプロセスの人工的な刺激を必要とするかどうか、排卵の日付を知ることを可能にします。多くの夫婦にとって、この研究方法は、ついに子供を想像するのに役立ったが、これは何年もの失敗した試みによって先行された可能性がある。

女性が毛包測定を推奨される理由:

  1. 避妊薬を使用せずに通常のセックスがある間、12ヶ月以上妊娠することは不可能です、
  2. ホルモン球体に問題が見つかった(プロゲステロン相の機能不全、卵巣の構造と機能の病理学的変化、無排卵など)、
  3. 何らかの理由で女性が排卵を刺激する必要がある場合
  4. 人工授精が計画されている場合
  5. 体外受精を計画するとき。

毛包測定法は何を学ぶのに役立ちますか?

さらに、毛包測定法は毛包形成の過程を観察するのを助けます:毛包がどのように成熟するか、そしてそれらの間で優性が出現しそして発達するのを見ること。黄体が形成されたかどうかを追跡できます。

また、調査中、子宮内膜の成長が監視されます。つまり、子宮内膜の状態と月経周期の特定の期間へのコンプライアンスについてのアイデアが得られます。

毛包測定法は濾胞形成の過程を観察するのを助ける

この技術は、排卵が刺激されたとき、体外受精が行われたときなどに、卵巣の機能をモニターするのにも役立ちます。

方法の複雑さは何ですか?

最も重大な欠点は、3〜4日ごとに、あるいはもっと頻繁に研究を行う必要があることです。そのため、多くの患者にとって超音波処置を頻繁に受けることは困難です。これには時間と費用の両方がかかります。

しかし、これらすべての困難は克服できず、それでも目標が達成され、女性が待望の赤ちゃんを抱えている場合はそれほど重要ではないように思われます。

試験準備

生殖器系の特定の準備監視は意味しません。骨盤超音波を準備するための一般的な要件に従うことで十分です。

最初の超音波検査の2〜3日前に、毛包測定が行われる前に、ガス形成の増加を引き起こす製品は通常食事から除外されます。これらはエンドウ豆、豆、キャベツ、炭酸飲料などを含みます。

腸のループが腫れていると、それらは超音波で検査されている臓器の通常の検査に干渉します。

特定の毛包測定法の調製は必要としない

超音波検査の間、膀胱は空であるべきであることにも留意すべきである(膣センサーが使用される場合)。

調査はどうですか?

超音波装置は、女性の一周期の間に医師が生殖器官の機能をモニターするのを助けます。

各超音波には独自のタスクがあり、特定の日に実行されます。

最初の手順 月経がちょうど終わったときに過ぎます。この間に、2〜3個の卵胞が卵巣の1つに見られます。それらの直径は5-6から8-9ミリメートルです。 Толщина эндометрия — 2-3 миллиметра, по структуре он однороден, не имеет включений.

二度目 на УЗИ нужно прийти в период с 10-го по 11-й день цикла. В этот раз обычно происходит определение доминантного фолликула. 彼は直径10ミリメートルに達する、他のすべてのものの開発を先導しています。さらに、それは毎日2-4ミリメートルずつ増加します。

この時点で、増殖期は、子宮内膜 - 基底層の細胞の活発な再生中に起こる。この段階の終わりまでに、子宮内膜は4〜5ミリメートルに肥厚し、そして優勢な卵胞のサイズはすでに15以上のミリメートルに達している。

優性卵胞がこの検査段階で検出できなかった場合、超音波検査はこの月経周期で完了することができます。おそらく患者は排卵の刺激を必要とします。

超音波機械は医者が監視するのを助けます

第3回調査 女性は周期の12-13日に通過しなければなりません。この時点で、優勢な卵胞は排卵に近づく兆候を示しています。その直径はすでに22-23ミリメートルです。

子宮内膜はすでに8〜12ミリメートルの厚さと3層のはっきりとトレースできる構造を持っているはずです。これが観察されないならば、それから子宮は受精卵を受け入れる準備ができていないであろう、そして妊娠は来ることがありそうもない。

排卵の発症の兆候がすべて存在する場合は、監視は1日続けられます。

第四の超音波 排卵を検出する必要があります。それが起こると、優勢な卵胞が消え、不均一な輪郭を持つ体がその場所に現れ、遊離した液体が観察されます。それが起こらないならば、超音波スキャンはそれが起こるまで、または出血が始まるまで毎日繰り返されます。

第五の超音波 排卵率が周期の15-17日に見いだされるならば、その場合にはすることができます。前の優勢な卵胞の代わりに、星形の形をした黄色い体が形成されます。子宮内膜は三層でなくなりますが、この時点での厚さは13ミリメートル以上です。

第6回調査について 月経周期の21-23日に来る必要があります。受精卵が子宮に導入されるのはこのときです。この間、子宮内膜の状態(厚さは変化せず、構造は均質になります)と黄色い体(それは成長する可能性があります)の状態を監視する必要があります。

結果の評価

モニタリングデータによれば、卵巣がうまく機能しているかどうかが推定される。残念ながら、この質問に対する答えは否定的なものになることがあります。場合によっては、治療が必要です。いくつかのオプションに関する詳細

  1. 通常の状況この場合、刺激は必要とされず、濾胞形成は失敗することなく起こる。超音波では、これは次のようになります。支配的な卵胞が現れて成長し、それからそれが消えて黄色の体が代わりに現れます。この時点で、自由液が子宮の後ろの腹腔内に見られる。
  2. 支配的な卵胞の閉鎖。最初に、それは予想どおりに成長し、その後突然減少し始めます。卵胞形成のこの違反では、黄体は形成されません。
  3. 持続性医者は卵胞の成長を観察します。それは望ましいパラメーターに成長しますが、壊れませんが、次の周期まで残ります。この問題は通常、数ヶ月後に自動的に解決します。黄体および子宮の後ろの体液は観察されない。
  4. LNP症候群(無卵胞の黄体形成)は、卵胞形成に伴う別の問題です。この症候群では、それは所望の大きさに成熟するが、破裂せず、直ちに黄色い体に変わる。卵の放出は起こりません。超音波は支配的な卵胞がどのようにボリュームを失うかを示します、子宮の後ろに自由な液体がありません。

調査に基づく医療予約

黄体の機能が損なわれている場合、主治医は無排卵月経周期で、プロゲステロン製剤の投与を勧めます - 排卵の刺激が処方されます。モニタリングによって内分泌の不妊が明らかになった場合、つまり、数期間卵巣を刺激しても望ましい効果が得られなかった場合は、体外受精を行うように医師にアドバイスします。

また、に興味がある可能性があります。CSDと骨盤内臓の超音波

排卵のための通常の卵胞サイズは?


排卵中の卵胞の大きさは安全な概念にとって非常に重要です。排卵時に、彼は十分な発達を受けていない場合は、その後、このサイクルの妊娠は数えることができません。

卵胞の形成および成熟の過程は卵胞期に起こり、これは月経周期の前半に起こる。この期間の終わりに、卵は受胎の準備ができていなければなりません。

これが起こるためには、排卵中の卵胞の大きさが十分でなければなりません。

卵胞形成

卵胞形成は、数層の結合組織および上皮を有する卵の過成長の過程で起こる。卵巣の月経周期の開始時に、数ミリメートルを超えない、小さなサイズのいくつかの卵胞が発達し始めます。

排卵時までに、最も発達したものの1つだけが卵巣から​​排泄されます - 優性卵胞です。残りは卵巣に残り、逆発達、すなわち閉鎖のプロセスを経ます。

いくつかの卵胞が発達することもありますが、その場合は双子が生まれることがあります。

周期による卵胞サイズの変化

周期的な卵胞の大きさの変化、ならびに排卵中の十分な卵胞の大きさを診断用超音波を用いて正確に決定することができる。

これは、卵胞の大きさの変化を周期的に追跡するだけでなく、その発生における病理学的変化の開始を検出することも可能にする。

月経周期が30日のとき、月周期の最初の日を月周期の前とし、月周期の前の最後の日とすると、周期の卵胞サイズは概念の標準に近づき、ミリメートル単位で変化し、次のように進みます。

  1. 10日目の卵胞の総数のうち、1つが優位を占め、そのサイズはまだ小さく、他のものと変わらず、13ミリメートルを超えない。毛包測定法を使用してさらなる変化を追跡することができ、これは超音波法を使用して発生周期によって卵胞のサイズを決定することを可能にする。成長率は1日あたり約3ミリメートルです。優性卵胞は卵巣の1つに形成されます。残りは時間とともに減少し、完全に消えます。女性が妊娠に問題を抱えていて、排卵を刺激する方法に頼らざるを得ない状況では、いくつかの卵胞が同時に形成される可能性があります。
  2. 2回目の検査は、サイクルの13日目の3日間で行われます。この期間中の卵巣の卵胞のサイズは17-18ミリメートルに増加します。優勢な性格はそれを他のものと有意に区別し、排卵中の受胎のための規範にサイズが近づいています。
  3. 3番目の調査では、排卵直前の期間にあるこの段階で、サイズが25ミリメートルに増加した、つまり、排卵が数時間以内に起こることを示す値に達したことがわかります。同時に卵胞内で破裂が起こり、その結果、成熟した卵細胞が腹腔を通過して卵管の位置に達する。約1日、しかし36時間以内で、その後、彼女は排卵を受けることができるでしょう、そしてこれが起こらなければ、それから彼女は死にます。

同様のシナリオによれば、優勢な卵胞における卵細胞の発達が起こり、それは発達し、そして破裂後に新しい生物の形成を可能にする。しかし何世紀にもわたるこのデバッグされたプロセスでは、時にはそれが十分に成熟していないか破れていないときに違反が発生します。

サイズに影響するもの

排卵過程が起こるためには、卵は十分に発達して生存していなければなりません。これは卵巣の卵胞が成熟していて正しいサイズになった場合にのみ達成できます。発達が標準に従って起こるとき、その中の卵も正しい方向に成長します。

しかし、女性の生殖機能はさまざまな悪影響を受けるため、心理的ストレスやストレスのかかる状況の発生は、性機能に悪影響を及ぼす可能性があります。

したがって、カップルが次の妊娠の準備ができているならば、それは将来の母親を不快な出来事から守り、彼女をもっと喜ばせようとする必要があります。

性器の働きに貢献し、悪影響を引き起こす可能性があり、長期間にわたって避妊薬を使用することができます。

この場合、特にこの問題への読み書きのできないアプローチと誤って選択された避妊薬を使用すると、卵の成熟に至る過程が中断される可能性があります。

このための信号は、女性が下腹部の痛み、吐き気の発症、めまい、および以前には特徴のない退院の存在を感じる状態です。そのような場合が検出された場合は、ホルモン調整の必要な検査と方法を任命する専門家の緊急の相談が必要です。

甲状腺の障害も卵胞の発達に異常をもたらす理由の一つです。甲状腺によって産生される甲状腺ホルモンの量が不十分または過剰な場合、女性の生殖能力に悪影響があります。

卵巣の卵胞の発達と成熟の過程、さらに概念、ホルモンプロラクチンの過剰なレベルに違反します。そのほとんどは母乳育児中または妊娠中に発症するはずです。しかしいくつかの状況では、その量はこれらの状況に関係なく上昇し、そして体は誤って妊娠の合図としてこれを取ります。

この段階での新しい受精は、それがそうであったように、必要ではなく、そしてこの理由のための卵巣の働きもやめます。

逸脱のその他の理由

多くの場合、女性では排卵に違反がありますが、その原因はあまり明らかになっていません。そのような場合、受け入れられた規範と矛盾がある理由を速やかに特定する必要があります。

このような生殖機能の状態の変化を引き起こす重要な要因の1つは、脳のいくつかの部分の機能不全および骨盤領域、特に卵巣で起こる炎症過程であると考えられています。

頭蓋内圧の増加、脳下垂体や視床下部などの脳の部分での腫瘍形成の結果は、卵胞に悪影響を及ぼし、その不十分なサイズを引き起こす可能性があります。このような逸脱は、以下の条件につながります。

  • 卵胞は卵巣には発生しません。
  • 失敗の可能性がある開発では、段階は停止し、回帰は始まるでしょう、
  • 排卵の間のサイズは必須を満たしません、
  • 破裂は起こらず、卵は出ません。

発生障害の可能性として、卵胞の時期尚早の成熟、または逆にサイズの遅れに起因することもあります。

この状況は、卵胞が排卵しない持続性の形成の可能性によって最も複雑になります。

成熟過程の乱れから生じる合併症はまた、それ自体の方法で生殖機能に影響を及ぼし得る卵胞嚢胞の形成であり得る。

受胎に必要な料金

周期を通して卵巣の変化を追跡するために、発生の動態を評価することを可能にする調査が使用されます。

正常な排卵の実施のために、1つの、めったに2つの既存の卵胞、少なくとも18ミリメートルのサイズに対応し、24ミリメートルを超えないことに対応する概念のための規範が必要です。

寸法がこれらの指標に対応していない場合、多かれ少なかれそれらがあるでしょう、そしておそらく、概念は不可能であり、調査の必要性があります。

排卵時の値

婦人科医でさえも優勢な卵胞の大きさを自分で決定することは不可能であり、専門家だけが特別な装置の助けを借りてこれらの測定を行うことができます。このようにして初めて、どの卵巣でこれらのプロセスが起こるのか、そしてそれらがどの発達段階にあるのかを決定することができます。

多少の逸脱がある場合調査は排卵が決定されるまでの時間まで2日の間隔で周期の8-10日に行われます。病理学的過程がさらに進行し、卵の放出が起こらなかった場合、観察は月経の開始まで続く。

卵胞のサイズは、カップルの受胎に問題がある場合に使用される技術において非常に重要です。このような場合、手術には受精の準備が整った本格的な卵が必要です。

これを行うために、治療の開始時にホルモン製剤が使用され、それらの助けを借りて卵胞の成長を刺激し、その全てが支配的になります。その数が多いほど、妊娠に成功する可能性が高くなります。その後、穿刺を使用して、卵を採取し、試験管内で受精させる。

その後、それは子宮に移され、そして発達についてモニターされる。胚が落ち着かなかった場合は、予備の胚を用いて全手順を繰り返す。

異なる段階でのサイズ

排卵は月経周期の短い期間であり、それは受胎の過程において主要な役割を果たします。それは生殖管の女性細胞の解放によって特徴付けられます。そしてここでは、好ましい状況下で、精子細胞による受精が行われます。

所望のサイズに達した卵胞は、精子細胞によって受精することができます。

一般に、周期は排卵が位置している間にさらに2つの段階から成ります。 1つ目は毛包です。

その期間は各女性によって異なり、11-21日にすることができます。この時点で、卵胞が発達し、そこで細胞が形成されます。

それが正しい大きさに達すると、それは卵胞を突破して卵管に入ります。

卵巣では、月経直後の毎月、いくつかの卵胞が同時に成長し始め、その大きさは徐々に変化します。

  • 各卵胞の初期サイズは1〜2ミリメートルです。
  • 5-7日までに、2-6 mmへの増加が観察されます。
  • その成長率ははるかにもっとある間、それらのうちの1つは12-15 mmのサイズを持って、残りを追い越します、
  • 残りの気泡は減少し始め、徐々に消えていきます。
  • リーダーは1日あたり2-3 mmずつ成長し続けます。

液体の泡の成長が超音波であるのを見ることができます。卵胞の排卵がどの程度の大きさで起こるかを確実に示すことができます。医者はプロセスを管理し、受精に最も有利な時期を報告します。

排卵中の卵胞の大きさは、超音波を決定することができます

セル退去の日を決定するための他のすべての方法は、この問題に役立ちません。基底温度の測定もテストも、排卵前に卵胞がどのくらいの大きさであるべきかをあなたに教えてくれません、そしてその中で装置は唾液です。

したがって、唯一の真実の研究として、超音波検査は8〜10日から28日の定期的なリズムで行われ、2日間隔で続けられ、発育がどのように発生し、卵胞が排卵前にどのくらいの大きさに達したかに注目します。 12-14日までの泡の直径は24 mmです。

このようなパラメータを観察しながら、この瞬間に備えておく必要があります。女性が妊娠を計画しているならば、彼女は彼女の性生活を向上させるべきです。結局のところ、私たちの細胞はその長寿命の活動によって区別されないことを私たちは知っています。今日の最大時間は36時間です。そして平均して彼女は約1日暮らしています。

この間、彼女は卵管内の適切な場所に行き、そこで男性の細胞が彼女に会います。精子、またはそのうちのいくつかは、2〜3日続くことがあります。

したがって、排卵の間だけでなく、完全な受胎のために、前夜(希望の日の前日)または2〜3日に性交を行うことをお勧めします。

サイズが標準に達しない理由

液体小胞の成長、および卵胞が排卵を達成する大きさに直接影響する、さまざまな要因の影響を受けます。

  • ストレス
  • ホルモン障害
  • 避妊薬の長期使用
  • 甲状腺機能障害
  • 母乳育児中の血中のプロラクチンの存在。

ストレスは不十分な卵胞の成長を引き起こす可能性があります

これらすべてが月経周期を混乱させ、細胞が長時間離れる瞬間を動かす可能性があり、それが遅いのです。この場合、希望日の計算は関係ありません、それは概念のプロセスを複雑にします。

したがって、不妊の形での問題を回避するために、女性は自分のリズムの周期的な性質を制御し、「臨界日」の規則性に注意を払い、排卵を検出するための既知の方法を使用する必要があります。ごくわずかな失敗では、医者の助けを借りて原因を捜し、できるだけ早くそれを修正する必要があります。

基本的な基準とパラメータを検討した後、排卵のための卵胞はどのくらいの大きさにすべきか、体内のプロセスが外部からの影響による指標の独特かつ可能な変化であることを忘れないでください。

正常な受胎のためには、本格的で熟した細胞と健康で運動性のある精子細胞が必要です。これらの成分を得るためには、健康的なライフスタイルを導き、合理的に食べ、ストレスを取り除き、あなたの性器の状態を監視するようにしなければなりません。

При ведении здорового образа жизни беременность не заставит себя ждать

Помните, что решить маленькую проблемку в виде какого-либо гормонального нарушения гораздо легче, чем лечить бесплодие.

Прислушивайтесь к сигналам вашего организма и даже при небольшом отклонении от нормального ритма не поленитесь посетить гинеколога.

いずれにせよ、排卵時の卵胞の大きさ、そして安全な受胎のためにどれだけの大きさがあるかを医師はあなたに話します。

排卵日の大きさ


自然は女性の体を最小の微妙なニュアンスまで考え、子供を妊娠させて出産する機会を与えています。赤ちゃんを産む能力における一定の役割は、排卵中の卵胞の大きさによっても発揮され、その発達も周期的です。

この用語は、排卵前またはその成長の他の段階で卵胞の大きさを調べるための超音波法と呼ばれています。

なぜ卵巣の奥深くで起こるこの過程を研究する必要があるのでしょうか。事実は、卵胞が卵の起源の場所であるということです。そして、それは待望の概念に責任があります。排卵中の卵胞サイズは卵細胞がその中に生まれることができるようなものでなければなりません。

毛包測定法は、卵胞がどのように生きているか、そして卵の機能と排卵を確実にする準備ができているかどうかを監視するように設計されています。

排卵卵胞の大きさは?

妊娠しようとしている女性は、自分の体で起こるすべてのプロセスについて心配しています。そのうちの1つは排卵後そしてそれまでの卵胞の大きさの変化です。

起こりうる混乱を避けるために、毎月のサイクルの始まりはそれらの始まりであると考えられるが、最後のものは月の期間の前の最後の日に落ちることをすぐに理解する必要があります。

したがって、卵胞が排卵中およびその発生の他の段階でどのくらいの大きさであるかという古典的な描写を提示します。これは期間の28日の月周期に対して計算されます。

  1. 排卵中の卵胞の直径は5〜7日で、2〜6 mmです。
  2. 月周期の8〜10日が始まると、排卵時に優勢な卵胞の大きさが決定され始め、卵子自体が成長します。その寸法は約12〜15 mmです。残りの卵胞は8〜10 mmに達し、徐々に減少して完全に消えます。
  3. 排卵が起こると、その24 mmの卵胞が成熟卵細胞を隠し、すでに11-14日の年齢に達します。すぐに彼は受精の準備ができて卵を破裂させて、そして解放するでしょう。

大体これは卵胞の短い人生です。毎月の周期の他の日に、卵は精子に会うことができるか、またはその無駄な存在の終わりになります。そのような循環は待望の妊娠が起こらない瞬間まで続くでしょう。

時折、支配的な卵胞が破裂しないことがあります。排卵中に最大の卵胞サイズが存在する可能性もあります。これは持続性と呼ばれます。後者は非制御卵胞の成長の特徴であり、不妊症を引き起こす可能性があります。

排卵前の正常な卵胞の大きさが恒久的に減少して完全に消失する傾向がある場合、私たちはすでに閉鎖症について話しています。いずれにせよ、排卵期の卵胞の大きさは、長く妊娠に失敗した人にとって非常に重要な情報です。

毛包測定法の目的

この方法は、子宮内膜の動態、力学における卵巣の働きを評価するために行われます。

毛包測定法は、卵胞の成熟過程をモニターし、優位性を明らかにし、排卵の瞬間、一ヶ月周期の間の黄色体の形成を決定することを可能にする。

この研究は子宮内膜の状態を決定し、受精卵の付着の成功または失敗を予測します - 子宮への移植。

毛包測定法の使用のための徴候は次のとおりです。

  1. 生殖器系の明らかな病理学の欠如とともに不妊
  2. ホルモン障害、関連する病状 - 無排卵、黄体期欠乏症、多嚢胞性卵巣症候群。

この研究は、人工授精のために女性を準備しながら、排卵を刺激する過程で行われます。

毛包測定法を使用する目的:

  • 卵巣パフォーマンス評価
  • 成熟卵胞の決定
  • 排卵の瞬間を特定する
  • 最適な受胎日の指定
  • 排卵を刺激することの実現可能性の決定
  • 胎児の性別への影響(排卵中の性行為数時間、男児の可能性が高まりますが、数日前の性別では女児を産むことができます)、
  • 多胎妊娠の可能性を予防または増加させる
  • 月経周期の全体的な評価
  • 周期不規則性の原因、不妊の原因の特定
  • 生殖器系の病状、妊娠不能に関連する婦人科疾患の同定、
  • 治療管理

毛包測定法の実施方法

研究は経腹的に、経膣的に行うことができます。前者の場合、診断は通常の超音波検査として行われます。女性が彼女の背中に横たわって、彼女の胃はあなたがよりよく絵を見ることを可能にする特別な物質で塗りつけられています。専門家は、胸骨から恥骨まで腹部に沿ってセンサーを動かします。

画像がモニタに表示され、その後コンピュータはすべての画像をまとめて結果を表示します。研究の第二の方法 - 膣、あなたはより完全な写真を見ることができますセンサーは卵巣、子宮、子宮内膜のすぐ近くにあります。

特別な器具が膣に挿入されます。研究中の女性は多少の不快感を感じるかもしれませんが、一般的に手順は無痛です。どのようなモニタリングが行われるのか、スペシャリストを決定します。

毛包測定の時間は特定の枠組みを持っているので、彼はまた処置のタイミングを決定します。

準備手続き

特別な深刻な準備活動は行われていません。研究の前夜に、女性は洗い流すために衛生的な手順を実行する必要があります。

毛包測定法が体外で行われる場合は、膀胱を満たす必要があります。約45分でお茶、コーヒー、ミネラルウォーターを飲むことができます。そのような飲み物は尿素の生産を刺激します。

反対に、膣検査を行うときは、膀胱が空になるように注意しなければなりません。

研究結果の有効性を改善するために、女性は1〜2週間食物の使用を中止する必要があり、それがガス形成の増加および鼓脹を引き起こします。この状況は研究結果を多少歪めます。使用しないでください。

  • キャベツ
  • 新鮮なきゅうり、
  • マメ科植物、
  • 黒パン
  • 炭酸飲料
  • アルコール、
  • チョコレート
  • 全乳。

一般的に、適切な栄養摂取は生殖器系の正常な機能の可能性を高めます;したがって、妊娠や定期的な周期に問題がある場合、女性は正しい食事を確保しなければなりません。

毛包測定の日付

女性は月経周期の全体像のために6つの研究手順を経なければなりません。

  1. 毛包測定法は月経周期の5〜7日目に初めて行われるべきです。月経が終わった直後。この間に卵の発達が始まります。卵巣の1つでは、2〜3個の卵胞が検出され、その大きさは5〜9 mmです。この時期にすでに支配的なものを明らかにすることは可能ですが、彼らは結論に急いではいません。子宮内膜の構造は均一で、厚さは2 mmに達します。
  2. 2回目の超音波検査は9〜11日目に行われます。以下の理由から、この日の周期では毛包測定を行うことをお勧めします。形成されたすべての卵胞のうち、人はより自信を持って成長し始めます - それは一般的に優性と呼ばれています。サイクルのこの期間中、その寸法は10mmに達し、他のものはわずか9mmに達する。毎日、卵胞は2〜4 mm増えます。卵の成長の終わりには直径は約22 mmになります。子宮内膜の構造は直線状で、厚さは5 mmです。卵胞の成熟が終わるまでに、3つの層がはっきりと見えます。 2回目の超音波検査で優位な卵胞が検出されなかった場合は、周期の13日目に毛包測定を行う意味がありません。月経周期は排卵なしになります。
  3. 3回目の研究は月周期の13日目に実施する必要があります。主な目標は、卵胞の排卵前の状態を判断することです。その直径は22〜32 mmです。周期のこの日に毛包測定を行うことは、受胎に有利な時期を決定するために必要である。子宮内膜の厚さは12 mmで、3層にはっきりした構造があります。子宮内膜の形成に逸脱があると、妊娠の可能性は低くなります。子宮は卵を受け取ることができなくなりますので。着想は起こりますが、着床は起こりません。
  4. 排卵を明確に検出するためには、周期の翌日に毛包測定を行うことをお勧めします。表現力のある卵胞はありません。代わりに自由液体が見つかります。この形では、受精後の卵は数日です。卵胞が存在します - それが明確になるまで毎日研究を行うべきです - 排卵は起こりません。
  5. 排卵の実施を条件として、周期の15〜17日目に毛包測定を行う。破裂卵胞の代わりに、アスタリスク形の黄色い体が観察されます。子宮内膜の厚さは11mmであり、3層の構造は失われている。子宮は黄色い体を受け取る準備ができています。
  6. 月周期の21〜23日目に、受精卵の着床が起こります。この研究の目的は、黄体、子宮内膜の状態を判断することです。黄色い体のサイズが大きくなると、子宮の内膜は再び均質な構造になります。この場合、着床は成功し、妊娠の始まりです。黄体の発達の逸脱は、妊娠が起こらないと仮定するための根拠です。

排卵がどのように起こるか、黄体の形成、卵細胞の移植を理解するためには、周期の特定の日に毛包測定を行う必要があります。

徹底的な診断の後、卵巣が適切に機能していない場合、専門家は卵胞、卵子、および妊娠のための性器の完全な発達を確実にするためにホルモン剤を服用することを排卵を刺激することにします。

研究成果

通常の月経周期の間に、卵胞は大きくなり、卵が出て、特殊な体液が形成され、それが精子細胞とともに発見され、黄体が現れ、そして着床、妊娠します。しかし、状況が異なる方法で発生する可能性があり、その後妊娠の発症は不可能になります。

  • 卵胞は所望のサイズに達するが、破裂することはないが、サイズが減少し始める - 優性卵胞の閉鎖。排卵は起こりません。この場合、ホルモン刺激を実施する必要があります。
  • 卵胞は支配的な大きさに達し、月経周期の終わりまでそう残ります。排卵なし。この状況は「卵胞の持続」と呼ばれます。
  • 卵胞は、支配的なサイズに達した後も成長し続けます。卵子は出ません、排卵は起こりません。その代わりに、濾胞性嚢胞が形成され、それは数ヶ月間残存し、その後消えることがある。
  • 卵胞は完全に発達します。そして排卵が起こるはずの瞬間に、徐々にしわがはじまります。卵胞の早期黄体形成があります。

毛包測定法を使用すると、これらすべての偏差を特定できます。結論を出すために、本格的な治療または人工授精を行うために。いずれにせよ、完全な性交で、妊娠が1年以内に起こらないならば、診断は実行されるべきです。

毛包測定の目的

毛包測定法は、以下の目的で実施される研究です。

  1. 卵巣が正常に機能しているかどうかを評価する
  2. 排卵を確認する
  3. 排卵に対応する周期の日数を計算する

手順の準備

濾胞測定法は特別な訓練を必要としない。研究の全期間を通して、腸内のガス形成量を増加させるこれらの製品は食事から除外されます(それらは卵胞が十分に考慮されるのを妨げます):

  • 豆類
  • キャベツ
  • 黒パン

  • 炭酸飲料
  • アルコール

    研究が経腹腔的になる場合。この日、手術の1時間前に直接、膀胱を満たす必要があります。これを行うには、ガスなしで少なくとも1リットルの水を飲んでから排尿しないことをお勧めします。

    検査に膣プローブを使用する場合は、膀胱を埋める必要はありません。空でなければなりません。これを行うには、あなたがオフィスに入る前に、あなたは排尿する必要があります。

    手続きはどうですか

    毛包測定はどのように行われますか?研究は2つの方法で実施することができます。

  • 経腹部。この場合、あなたは仰向けになり、研究のために胸骨から恥骨までの腹部全体を開きます。センサーは腹部の壁に沿って動きます。
  • 膣センサーこのような毛包測定法の超音波検査は、次のように行われます。患者は下着を脱ぎ、背中に横になり、膝のところで足を曲げます。コンドームは特別なセンサーの上に置かれて、膣に挿入されます。この研究は無痛です。

    毛包測定法がどのように行われているかにかかわらず、この研究はあなたが精神的にそれに備えているときではなく行うことができます。月経周期に応じて、日付を事前に設定する必要があります。

    手続きの日付

    どのような日に毛包測定を行うかについては、あなたの婦人科医または超音波専門医に伝えてください。だれがあなたの周期に基づいてこれを行いますか。

    28日の周期で、最初の試験(それらのうち4つ以上が行われる)は7〜10日の間に割り当てられる。つまり、月経の最初の日から少なくとも1週間は経過するはずです。

    次に、医者はすぐに毛包測定をいつ行うかを超音波で処方します。通常、あなたは1〜2日の間隔でいくつかの研究を必要とします(前の研究の結果によると)。

    周期が28日より長い場合、最初の試験は10日以降に予定されており、検査の間隔は同じに保たれます。

    女性生殖器系の生理学

    卵胞装置は数百の未熟卵胞です。それらは出生前の期間に数千の量で女性によって産まされます、それらのうちの何人かは耕作の過程で死にます、そして彼らの出生のために約半数は残ります。

    各月経周期、排卵の準備のプロセスはいくつかの卵胞を通過し始めます。それから、ホルモンの背景の影響下で、それらの1つだけが卵生産者のための主要な候補になります(それほど頻繁ではありません - いくつか)。

    それは支配的と呼ばれます。それは卵巣のその「避難所」から腹腔内に出てきます、それは卵管の絨毛によってつかまえられて、彼らが精子と会うことができるそれらの腔に入る必要があります。卵巣からの成熟卵子の放出の過程は「排卵」と呼ばれます。

    排卵の結果として破裂する卵胞の代わりに、黄色の(黄体)体が発生します - 一時的な内分泌腺。それは月経の開始前、または妊娠が起こった場合は、胎盤の出現前(12〜16週)のいずれかに機能します。

    卵の成熟が起こらないサイクルがあります。それらは「無排卵性」と呼ばれ、年齢とともにますます増えていきます。そのようなサイクルの間に妊娠することは不可能です。

    超音波「枯渇卵胞単位」の結論は、そのような理由の影響下にあることを意味します。

  • 有害な要因
  • 服用した薬
  • 生殖器系または内分泌系の疾​​患
  • それほど頻繁ではない - 先天性の原因

    卵巣には卵胞がほとんどありません。妊娠が発生するためには、この原因を検出して治療する(または有害な要因の影響を排除して薬物を無効にする)必要があります。

    毛包測定法を解読する方法

    この研究は、子宮や卵巣の変化の超音波画像の観察だけではありません。女性生殖器および他のいくつかのホルモン(例えば、甲状腺によって産生されるもの)のレベルの実験室での決定もまた行われます。超音波検査および臨床検査に基づいて、医師は報告書を発行します。報告書は次のとおりです。

    正常な排卵。それはそのような徴候によって特徴付けられます:

  • 排卵前には、1〜2個の優性卵胞があります(大きさは15 mm以上、24 mm以下)。
  • 卵胞が消える
  • 排卵後、黄体の徴候は卵巣で可視化されます
  • 卵子の放出後も、子宮の後ろの一定量の自由液が可視化されます。
  • 排卵の1週間後の血中には高レベルのプロゲステロンがあります(それは黄色い体で機能します)。

    持続性の卵胞。この診断は、優性卵胞が完全に成熟したにもかかわらず、それが排卵しなかったことを意味します。この状況は月経後も続くかもしれません。この状態の兆候:

  • 大きさ18-24 mmの卵胞が長期間存在している
  • 子宮の後ろの空間に自由な液体がない
  • 黄色い体は形成されません
  • 血中:高レベルのエストロゲン、低プロゲステロン。

    嚢胞性濾胞。これは、卵胞が排卵しなかっただけでなく、大きさも(25 mm以上)成長した状態です。そのような嚢胞の症状:

    卵胞の黄体形成:卵胞が形成され、排卵しなかったが、その場所ではまだ黄色体が形成された。サイン:

  • 任意のサイズの卵胞
  • 彼は徐々に縮んでいく
  • 自由流体なし
  • プロゲステロン - サイクルの第二段階のように(増加)。

    5.卵胞発育なし:

    • 卵胞は存在しますが、成長しません
    • 黄色い体なし

  • 優性卵胞なし
  • プロゲステロンは低いです。

    女性が研究について言うこと

    毛包測定法のレビューは、この研究が妊娠したい人に役立つことを示しています。 「そのようなモニタリングのおかげで、絶望的に期待することはできません」と彼らは書いています。 – Ведь при лютеинизации фолликула базальная температура будет вести себя так же, как и при нормальном овуляторном цикле. Но в этом случае забеременеть никак нельзя».

    また、毛包測定法を使用すると、不妊治療の有効性を監視できます。多くのレビューによると、この手順はかなり高価です。私立診療所では、毛包測定法の価格は1回のセッションにつき500〜700ルーブルです(あなたはそのような手順を少なくとも4つ必要とします)。

    あなたは州の生殖センターでそして女性の診療所に基づいて毛包測定法を作ることができます(そこでは手技のコストはずっと低いです)。この研究はまた、不妊症を治療する集学的診療所や専門の婦人科センターでも行われています。

    したがって、毛包測定法は、卵巣や子宮の働き方、排卵のしくみ、不妊の原因が卵の成熟の中断にあるかどうかを学ぶのに役立つ研究の一種です。その手順は簡単で、多くの準備をすることなく実行され、安全かつ無痛です。その不利な点はそれが繰り返し使用を必要としそして厳密に予定通りに実行されるべきでありそして意図せずに実行されるべきであることである。

    ビデオでは、専門家が毛包測定法について話しています。

    毛包測定とは何ですか?

    通常の定期的な周期を持つ女性は、排卵がいつ起こり、妊娠に好ましい時期がいつ来るかをおおまかに計算することができます。誰かが直腸温度の変動を使用して排卵を頼りにしています、他は単純にサイクルの真ん中を選びます。これらの方法に代わるものとして、毛包測定法が開発された。

    毛包測定法とは、従来の超音波を用いた女性生殖器系の器官の月経周期中の動的観察です。この方法では、排卵日数やそれがない日数を特定することができます。また、子宮やその他の小さな骨盤の器官の病状も明らかになります。

    毛包測定法は排卵のプロセスを監視する動的超音波です。

    女性の生殖器系の生理的発達

    出生後、女性の卵巣には1,000を超える未熟卵胞があります。思春期まで、これらの卵胞は成長しますが、それらのどれも成熟段階には達しません。

    思春期には、特定のホルモンの影響下で、女性の体に次のような過程が起こります。

  • 1周期の間に、いくつかの卵胞が成熟し始めます。
  • ホルモン1の影響(めったに2、3またはそれ以上)によって卵胞は成熟の段階に達します。
  • 排卵期には、成熟した卵胞から卵細胞が破裂します。
  • 卵子は卵管に入り、その通常の開存性をもって子宮に向かって移動します。
  • この段階で、それは精子によって受精することができます。これが起こらなければ、卵細胞は死に、24時間以内に溶解します。

    このプロセスは通常ほぼ毎月繰り返されます。しかし、卵の成熟と放出が起こらないサイクル(無排卵サイクル)があります。年齢とともに、生存可能な卵子の数は減少し、そして排卵にはますます多くの問題があります。

    子供を妊娠させるためには、排卵が起こる時期を正確に知る必要があります。妊娠に問題がある場合は、排卵が起きていることを確認し、妊娠を妨げる女性に他の問題があるかどうかを調べる必要があります。この目的のために、そしてこれらおよび他の質問に答えることを可能にする毛包測定法を開催しました。

    受精はどのように行われますか?

    誰がこの手続きをしますか、そしてそれはなぜですか?

    毛包測定法は、月経周期が不規則な女性、および通常の性生活の間に1年以内に妊娠できない女性に処方されます。

    あなたがこの研究を行うことによって見つけることができる主なポイント:

  • 女性は排卵しているかどうか?
  • サイクルのどの日になると
  • 排卵日数を決定する
  • 妊娠に最適な時間を計算します。
  • 月経周期の規則性を調べる
  • 生殖器官に対する薬物の影響を管理する
  • 排卵のプロセスを刺激するための徴候をはっきりさせなさい、
  • 子宮の病状(筋腫、ポリープなど)を特定する。

    検証されていないデータによると、毛包測定法の助けを借りて、あなたは子供の性別を予測することができます(排卵が起こった後のセックスは女の子が妊娠する可能性を高めます)。医師この事実は確認されていませんが、そのような可能性は、もちろんです。

    また、行われると、1個ではなく数個の卵が成熟するときに見ることができます。この場合、双子あるいは三つ子でさえ妊娠する可能性が高いです。

    不利な点は、卵管の状態、接着過程の存在、および子宮内膜症の病巣を確認できないことである。

    この研究はいつ行われますか?

    どの日に検査が婦人科医によって決定されます。適切な時間を計算する際には、サイクルの期間とその規則性を考慮に入れてください。

    28〜30日の標準的な定期的な周期で、最初の超音波スキャンは月経の停止から約1週間後に行われる。

    最初の超音波は通常の周期で7-10日に行われます。

    そのような超音波は3つ以上を必要とし得る。その後の各超音波で、医者は次の処置がいつ行われるかを処方します。原則として、後続の検査の間には1日か2日の間隔があります。

    重要です!周期が平均より長いか短い場合や、周期が不規則な女性では、月経が終わった直後に医師が超音波を処方することがあります。

    調査のための準備は?

    超音波用に特別に準備する必要はありません。女性が妊娠を計画しているならば、あなたは健康的な食事に固執してアルコールを排除するべきです。この日に排卵を決定した後、子供を妊娠させる試みがなされます。

    超音波スキャンが腹部を通して行われている場合、手術の1時間前には、膀胱を満たすために大量の水分を飲む必要があります。それで、あなたはより良い子宮を考えることができます。

    検査が膣を通して行われるとき、膀胱は空にされなければなりません。

    毛包測定法はどうですか?

    骨盤内臓器の超音波検査は、2つの方法で実行できます。

  • 腹部前壁を通って(経腹部)。センサーは腹部を滑らかに滑り落ちます。
  • 膣を通して(経膣的に)。コンドームが着けられているセンサーをゆっくりと膣内に挿入して検査を行います。

    この処置は無痛で、副作用や禁忌はありません。最初の超音波検査の後、医師は次の検査の日時を決めます。

    超音波手術は安全かつ無痛です。

    研究の結果を評価する方法は?

    超音波検査に加えて、問題の有無について正しい結論を下すために、女性はこの期間中に性ホルモンの検査を受けます。すべてのデータに基づいて、医師は以下の診断を設定することができます。

  • 正常な排卵 それは女性が妊娠することができ、他の問題(卵管の閉塞など)がないと近い将来妊娠する可能性があることを意味します。超音波の特徴
  • 排卵前に、いくつかの卵胞が特定のサイズに増加します。
  • 卵胞の消滅(卵が壊れて卵が出てくる、卵管にある)
  • 排卵後、卵胞部位に黄色い体が形成され始めます。そして子宮の後ろには少量の自由な水分がある

    プロゲステロン濃度は血液検査で増加します(黄体が機能することを意味します)。黄体は、破裂する卵胞の部位に形成される内分泌の一時的な腺です。プロゲステロンを生成するその機能は妊娠ホルモンです。

    毛包の閉鎖(逆発達)。

    この場合、卵胞のサイズは最初に大きくなりますが、成熟段階には至らず、逆のプロセスが始まります。それはサイズが小さくなり、排卵は起こりません。そのようなサイクルは無排卵と見なされます。女性から妊娠するとうまくいきません。超音波のサイン:

  • 優勢な卵胞の大きさは小さくなります、
  • 黄体や子宮の後ろの水分の徴候はありません。

    血中では、プロゲステロンのレベルは変化しません。この状況は1回限りである場合もありますがそれはずっと起こる場合があります。妊娠に失敗した場合は、原因を探して治療を処方してください。

    この卵胞は望ましい大きさに成長しますが、それは壊れずに卵が出ます。卵胞は周期全体に存在し、一部の女性ではそれは排卵後に決定されます。超音波の兆候:

  • 拡大した卵胞
  • 黄色い体や液体はありません。

    エストロゲン濃度は血中で上昇し、プロゲステロン濃度は低下します。

    卵胞は増えましたが、壊れませんでしたが、その代わりに黄色い体が形成されました。超音波について

    黄体が機能するため、プロゲステロン濃度は血中で上昇します。

    この場合、成熟した卵胞は通常のサイズより大きくなります。嚢胞液はその中に蓄積し始め、裂けることなく嚢胞に変わります。超音波の兆候:

  • 卵胞の肥大は通常のパラメータよりも大きい
  • 黄体や自由液はありません。

    血中の低レベルのプロゲステロンと上昇したエストロゲンレベルがあります。

    卵胞発育の欠如

    排卵は起こらず、卵胞は大きくなりません。超音波について

  • 卵胞の成長の兆候はない、
  • 黄色い体はありません。

    プロゲステロンの血は低いです。

    最初のケースを除くすべてのケースで、女性の生殖に関する健康に問題があると示唆されています。問題の原因を排除するために、あなたはあなたのライフスタイルを再考してリプロダクティブヘルスを強化する必要があります。

    毛包測定法は、受胎のための好ましい時間を計算するのに役立ちます。

    毛包測定はいつですか?

    女性がそのような診断なしではすることができない問題を抱えて医者を訪ねるとき、彼女は周期のどの日に最初の毛包測定法が示されるかを知る必要があります。

    医師は通常、定常期の長さにもよりますが、月経周期の8〜10日間の手順を処方します。その後、排卵予定日の少なくとも2日前にこの手順を繰り返します。

    排卵が起こらない場合、卵胞測定法は月経が始まるまで続きます。

    したがって、専門家は、それが必要な結論を引き出すことができるという根拠に基づいて、卵胞形成の完全なモニタリングを実施する。診断手順の正確なタイミングとその回数は、最初の検査の後、婦人科医によって規定されています。

    排卵がうまくいっているという兆候があります。それらは、毛包測定法のデコードの結果によって識別されます。

  • 排卵前の18〜24 mmのサイズの優性卵胞の検出
  • 発見された熟した卵胞は消え、その代わりに黄色い体の形成を示しています、
  • 排卵後数日間、子宮の後ろの空間に水分がある。

    超音波検査の結果は血液検査によって確認されなければなりません - 排卵の7日後には、プロゲステロン濃度の上昇が見られるはずです。

    毛包測定はどこでそしてどのように準備するか?

    超音波モニタリングは、婦人科医の指示に従って婦人科センターの診断部門で行われます。

    手順のための準備措置は、診断画像を歪めるかもしれないあなたの食事からガス生成物を除外することにあります。

    だから、毛包測定の2〜3日前には、生野菜、豆類、牛乳、アルコール、ソーダなどは控えるべきです。最後の食事は検査の12時間前までです。その他の準備は、定期的な婦人科検査の準備と変わりありません。

    無排卵:主な理由

    超音波モニタリングを行うとき、無排卵が起こり得る。多くの女性の不妊の最も一般的な原因の主であるその正常な機能を実行せずに、卵巣が成熟細胞を解放しないとき、排卵プロセスの違反。

    このような病状は、生殖年齢、女子の一周期の成立中、そして更年期前にも起こり得る。原則として、これには月経の周期的性質の変化と大量の退院が伴います。

    しかし、月経は正常に行われますが、排卵は起こらないので、時には無排卵は知覚できません。完全に健康な女性でも、年間を通して最大2サイクルの無排卵を起こすことができます。

    時々患者は失われ、なぜ望ましい妊娠が起こらないのか、そして卵胞の超音波モニタリングはこれを理解するのを助けます。

    無排卵の理由は異なる場合があります。

  • ホルモンの不均衡、卵巣刺激の欠如、
  • 男性ホルモンの冗長性
  • 生殖器の炎症性疾患。性感染者を含む
  • 婦人科の病理学 - 子宮および卵巣の腫瘍および嚢胞、子宮内膜症、
  • 内分泌系の機能の侵害 - 甲状腺、副腎、
  • プロのスポーツ選手や激しい肉体労働に関連する女性に典型的な過剰な身体活動
  • 太りすぎの患者、貧弱な食事、運動不足。
  • 徹底的な検査だけが無排卵の本当の絵を明らかにするでしょう。治療は、まず第一に、根本的原因の除去に向けられ、それが女性の生殖器系の侵害につながりました。

    毛包測定法のすべて:どのようにしていつ実行されるのか、どのような逸脱が明らかになるのか

    女性の生殖器官の変化は周期的です。最初に、卵の成長と発達が起こり、そして子宮内の子宮内膜が並行して変化します - それは受精卵を受け入れる準備をしています。以下において、2つの選択肢が可能である:妊娠の開始、または子宮内膜の拒絶および新しい周期の開始。毛包測定法は進行中の変化をモニターし、排卵日を決定するのを助け、そして排卵過程の病状を決定するための診断手順です。

    経腹部センサー

    医者は恥骨から胸骨までそれを調べるために腹部の表面を調べます、それであなたはあなたがすぐに望ましい表面を露出することを可能にする服を選ぶべきです。

    手順のために、あなたはタオルまたはおむつをつかむ必要があります、それらはソファと余分なゲルを拭き取るために紙ナプキンのパッケージの上に置かれます。検査の直前に、この目的のために、1 / 2リットルを超える淡水が1時間飲まれて排尿しないように膀胱を満たすことが必要である。

    膣センサー

    センサーは少し不快感を伴いながら膣内に挿入されます。

    研究の前にそれは性器のトイレを持っている必要があります。膀胱を満たす必要はありません、それは手順を開始する前に排尿することをお勧めします。彼らは彼らとタオルやおむつ、使い捨てコンドーム(超音波用の特別な、または通常のスムーズ)を取ります。

    いくつかのパラメーターを明確にするために、両方のセンサーを使用する必要があるかもしれません。腸内のガスの量が増えると診断が困難になる可能性があるため、研究の前に特別な食事をとる必要があります。マメ科植物、すべての種類のキャベツ、黒パン、アルコール、炭酸飲料は除きます。

    卵胞の成熟はどのように

    周期の最初の日のために月経の最初の日を取りなさい。卵胞形成の開始時に、いくつかの卵胞が成長し、それらはすべて直径2 mmを超えない。周期の10日目に、直径が残りの部分を超える1つまたは複数の卵胞(最大15 mm)を見ることはすでに可能です - それらは優性と呼ばれています。残りの卵胞は退行し始め(開発過程の反対)、すぐに元のレベルに減少します。

    優性卵胞は発達し続け、排卵時までに直径18〜25 mmに達します。次に、黄体形成ホルモンが放出され、その作用の下に卵が卵胞を離れ、少量の卵胞液と共に腹腔内に出る。熟した卵胞の代わりに、黄色い体が形成されます。

    研究の日付

    周期の毛包測定が行われる日数は、月経周期によって異なります。周期が28日続く女性の妊娠に好ましい日数を決定するために、最初の超音波は月経開始から8日から10日の間に行われるべきです。

    より長い、または逆に短い周期では、日付は次のデータに基づいて計算されます。周期の長さは第一相(卵胞の成熟期間)によって異なり、第二相は13-14日であり、試験は推定排卵日の5-6日前に行うべきです。

    例: 女性は安定した周期を持ち、その期間は32日です。毛包測定のための最初の超音波の日付を計算します:32 - 14 = 18(排卵予定日)、18 - 6 = 12 - サイクルの12日目に、最初の研究が行われます。

    周期が不規則であるならば、毛包測定の開始日は月経の開始の3-5日後に与えられます。合計で、それは医者への3から6回の訪問からかかるかもしれません、検査は2-3日の間隔で任命されます。

    排卵の兆候

    医者は卵胞の変化に注目し、そのダイナミクスから排卵日を決定します。次の場合、卵の放出が起こりました。

  • 卵胞は18〜24 mmの大きさまで着実に成長した。
  • 卵胞は消え、卵巣の代わりに黄色い体が形成されました。
  • 自由液が腹腔内に可視化される。
  • 排卵予定日の1週間後、血中に高レベルのプロゲステロンがあります。
  • 濾胞性嚢胞

    卵胞の持続性は卵胞嚢胞に変換することができます。 В этом случае увеличившийся фолликул не останавливается в росте, а продолжает увеличиваться (одновременно происходит накопление фолликулярной жидкости). Если фолликул превышает 25 мм в диаметре, при проведении фолликулометрии врач может поставить такой диагноз.

    Отсутствие развития фолликулов

    ある場合には、卵胞は全く発達しないか、または周期の始めに発達を始め、そしてその後優性の形成なしに退行する。

    排卵がないと、卵子は子宮腔に入らず、精子に会うことができないので、妊娠することはできません。無排卵と診断された女性は病理学の原因を特定するために包括的な検査を受けるべきです。出産機能を回復することはかなり困難ですが、大きな欲求、栄養の正常化、ライフスタイルの変化、そして医学的勧告の順守によって、女性は母親になるチャンスがあります。

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send