衛生管理

排卵その他の方法で将来の子供の性別を計算するにはどうすればよいですか

Pin
Send
Share
Send
Send


将来の両親はしばしば特定の性の子供を持つことを夢見ます。排卵から子供の性別を計算することができるテクニックがあります。現時点では、多くの方法、推奨事項、食事などがあります。しかし、排卵の計算はかなり一般的な方法です。 100%保証は存在しませんが、特定の性別の赤ちゃんを産む可能性を高めることはかなり可能です。方法は何ですか?

排卵とは何ですか?

排卵は受精の準備ができている、卵の成熟の生理学的過程です。女性の月経周期は、卵胞期、排卵期、黄体期の3段階に分けられます。各段階はある特定のホルモンの活動的な行為によって伴われます。最初のものの間に、卵細胞が位置する卵胞の成熟を促進するFSHが開始されます。卵胞が成熟すると、排卵が起こります - 卵子が卵胞を離れて卵管を通って子宮に移動します。

卵細胞は48時間以内に受精の準備ができています、しかし何人かの医者は準備期間が2から5日までに変わることができると主張します。精子は、2〜7日の範囲で、より長いライフサイクルを持っています。

さらに、2つの選択肢があり得る:受胎が起こるか、または卵細胞が溶解するかのいずれかであり、女性は月毎の期間を再び始め、そして体は月経周期の全ての段階を再び通過しそして考えられる受胎の準備をする。したがって、この期間中に妊娠する可能性が最も高いので、両親になりたいカップルにとって、計画を立てる際にこのサイクルを考慮に入れることが重要です。

将来の赤ちゃんのフロアはどのように計画されていますか?

将来の子供の床を計画するための多くの方法があります。しかし、それらのどれも絶対的な保証を与えることはありません。注目に値するすべての方法のうち - 排卵による性別の定義。方法は非常に人気がありますが、証明されていません。何が本質か考えてみましょう。

知られているように、雌の卵母細胞はもっぱらX染色体を含み、雄の生殖細胞はX染色体とYの両方を含むことができる。卵細胞との「併合」の後、染色体セットは回復する。 X精子細胞による受精が発生した場合、子供はXXのセットを持つことになります、すなわち、女の子が生まれます、Y精子細胞が生まれたなら、男の子が生まれます。したがって、将来の赤ちゃんの性別は男性だけでなく、むしろ受精卵の精子細胞に依存します。

染色体の各タイプには、特定の特徴があります。 Y染色体を持つ男性の生殖細胞はより活発ですが、ライフサイクルが短いです。反対に、女性の染色体セットを持つ精子は遅いですが、「活力」が異なります。

男の子を妊娠したいカップルは、「好ましい日」をできる限り正確に決定し、卵が放たれた日、またはその発生前日に性交を計画する必要があることがわかりました。女の子の両親になりたい、親密さは "ボーイッシュ"精子の可能性を残すことはありません、卵の解放の2〜3日前にする必要があります。

子供を妊娠させるための日付を計算する方法?

排卵を計算するカレンダー法が非常に効果的です。排卵のおおよその日を知るためには、周期を知る必要があります。通常、それは21から35日まで変わります。婦人科医は、予定されている概念の少なくとも1年前に、カレンダーの「赤い」日を祝い始めることをお勧めします。さらに、サイクルに応じて、日付は最も可能性の高い概念に対して計算されます。

標準は28日続く周期です、ここでそれを数えるのが最も簡単です - 排卵は周期の真ん中、14日目に起こる可能性があります。期間が異なる場合は、サイクルの最終日から約14日かかることが一般的です。女性の期間が21日の場合、排卵は7〜8日で、35日周期で、20〜21日になる可能性があります。生殖細胞のライフサイクルを考えると、最も好ましい日数は予想される排卵前の4〜5日、そして後の1〜2日です。

その他の計算方法

受精が成功する可能性を高めるために、受胎に有利な日数を決定する他の方法があります。

  • 基礎温度測定目覚めた直後に、ベッドから出ることなく、サイクルの初日から基礎温度を測定します。データはスケジュールに記録されます。 BTサイクルの最初の段階から、それはほぼ同じレベルに保たれ、排卵の直前に最小値への低下が観察され、その後急激なジャンプが見られます。違いは時々0.5-0.8度です。
  • テストテストの助けを借りて、卵が卵胞を離れる前に24〜36時間上昇する黄体形成ホルモンの変化を追跡することが可能になります。この方法は、妊娠検査を実行するのに似ています。
  • 子宮頸管液を用いた排卵の判定子宮頸部の粘液腺から放出された物質は、周期の間に変化します。まず第一にそれは卵の放出の直前とそれの後の粘液が卵白のように明るく、透明で弾力性になるという一貫性に関係しています。他の時期には、その秘密は粘性があり、泥だらけで、粘着性があり、それが精子に対する障壁となります。
  • Folliculometry - 排卵日を知ることを可能にする超音波の助けを借りて卵巣の活動の監視。

女性の月経周期は混乱の影響を受けやすく、ストレス、病気、投薬、体重の問題、さらには気候など、さまざまな理由によって左右されることを忘れないでください。場合によっては、無排卵周期および二重排卵が可能です。

排卵による性別の定義を使用して、これらの要素を考慮に入れる必要があります。毎月卵の成熟を監視することをお勧めします。そうすれば、排卵をより正確に追跡して床を計算することが可能になります。

結論

多くの場合、保護者は子供の性別を事前に判断しながら、利用可能なさまざまな方法を使用します。現時点では、このような方法は多数ありますが、確認を受けた方法はありません。それゆえ、誰が生まれるかを計画することは絶対に不可能です。しかし、いずれにせよ、あなたは自分自身でその方法が効果的であるかどうかを試してみることができます。

最も人気のあるのは排卵による赤ちゃんの将来の性別の計算です。床の形成は、精子が最初に卵子に達する染色体セットによって影響されるので、この方法を選択することは、X染色体およびYを保有する精子の特徴を考慮に入れることが重要である。

前者は遅く、ライフサイクルは短く、後者はより活発ですが、少し生きています。男の子を妊娠させたいのであれば、排卵の日に、または彼女のすぐ前で、女の子の性交を計画する必要があります - 卵を放す2〜3日前。メソッドを使用して、最も重要なことは正しく "好ましい"日数と "キャッチ"排卵を計算することです。

この方法は、あなたが子供の性別を「計画する」のに役立ちましたか?

生まれたばかりの子供の性別を判断する方法?

第一に、それはもちろん科学に基づく方法です。それらの2つがあります。

  • じゅう毛膜生検この手順を使用すると、100パーセントの確率で胎児の性別を判断できます。この処置は子供の誕生を脅かすことがあるので、それは医学的理由のためだけに6〜10週間の期間にわたって行われます。特別な針を使用して、将来の胎盤のいくつかの細胞が子宮から摘出されます。唯一の、生検を子供の性別を知るためにはお勧めできません。
  • 超音波これは最も一般的でよく知られている科学的方法です。しかし、残念ながら、必ずしも信頼できるとは限りません。 23週間後に最も正確な結果が得られます。そして時々、それは妊娠の15 - 16週で将来の子供の性別を決定することが可能です。

科学的方法に加えて、子供の性別を判断する方法はたくさんあります。結局、超音波診断はごく最近になって登場し、女性は常にあなたが生まれた人を知りたがっていました。ここにそれらのほんの一部があります:

排卵日による胎児の性別決定方法

排卵日による子供の性別の決定は精子の違いに基づいています。知られているように、Y染色体の精子保有者はより可動性がありそしてより敏捷である。受精中に、彼らは最初に卵に到達します、そしてそれ故に胎児の性別は男性です。しかし、近接排卵の瞬間にまだ排卵が起こっていないならば、Y染色体の精子キャリアはすぐに死にます。彼らとは異なり、2〜3日間X染色体の精子キャリアは正しい瞬間を待つことができます。この場合、私たちは女の子の誕生を待たなければなりません。

Pin
Send
Share
Send
Send