人生

男性の更年期障害:症状、男性の更年期障害の治療

Pin
Send
Share
Send
Send


男性の最高潮は、性腺の機能的能力の年齢に関連した変化およびそれに伴う身体の変化、多数の臓器の働き、および生活の質です。男性の3分の1がこの疾患の顕著な症状を経験しており、残りのプロセスは無症候性です。

男性はホルモンレベルがそれほど急激に低下することはなく、その生殖能力は極度の老年期まで持続することが多いため、多くの著者が「男性更年期」という用語自体は誤っていると考えています。

それにもかかわらず、アンドロゲンの年齢産生の減少が様々な身体系からの病理学的反応の全体的な連鎖を必然的に伴うことは疑いない。特別医学文献における用語「男性クライマックス」はまた、用語「アンドロポーズ」、「年齢アンドロゲン欠乏症」、「年齢性腺機能低下症」、「テストステロン欠乏症候群」などに対応する。

男性では、閉経は通常女性より遅く起こり、それほど目立たない症状を伴います。男性更年期の明るい症状は病理学的更年期について話します。

閉経は男性で何歳で発生しますか?

それが起こるかどうか?男性更年期障害は、生殖機能の消滅を特徴とする、かなり広い年齢範囲の自然な生理学的過程です。

このように、男性の更年期障害は45歳(早期更年期)の前に起こることがあります - 通常 - 46から60歳までと遅く、60歳後に来る。

更年期障害のタイミングは、多くの内因性および外因性要因の影響を受けます。まず第一に、それは性機能の神経体液性提供、思春期障害、性腺機能低下症、停留精巣症の先天性の弱点です。高血圧、アテローム性動脈硬化症、真性糖尿病、あらゆる種類の去勢(外傷性、外科的、医学的、放射線)、電離放射線、アルコールおよびその他の慢性中毒:関連疾患は強力な影響を及ぼします。

視床下部は年齢とともに変化し、下垂体に悪影響を及ぼす。その後、ホルモンの生産に失敗があります、彼らは精巣の刺激に責任があります。その後、男性のテストステロンのレベルは減少します。テストステロンは男性の生殖器系にとって非常に重要であることに注意してください。前立腺の付属物、精巣、精嚢の機能を担当しています。テストステロンは高品質の精子を生産します。テストステロンは男性の性欲にも必要です。

研究は、男性の体における30〜40年の期間にアンドロゲンの産生が1〜3%減少することを示した。 40年後、このプロセスは非常に加速されています。 80歳までに、男性の性ホルモンのレベルは、正常な性的および生殖機能を維持するために生理学的基準よりも平均40-50%低い。

テストステロンのレベルが下がると、ホルモンの混乱が起こり、それから内分泌系、性的系、そして中枢神経系が乱されます。男性だけでなく女性も、最高潮に達すると、感情面が変化します。

男性の更年期障害の症状

更年期障害の女性が最も特徴的な症状を示すことが最も多い場合、男性の場合、女性はかなり多様で体力が異なります。だから彼の発症に気付かない人もいれば、深刻な心理的および肉体的不快感を引き起こす人もいます。

ほとんどの場合、男性更年期の特定の症状があります:

  • 過度の発汗
  • うつ病、不審性、過敏性、葛藤、無関心、嗜眠、
  • 不合理な恐怖、憂鬱感、不安、人生に対する興味の欠如、
  • めまい
  • 疲労
  • 注意力障害、集中力の問題、物忘れ、
  • 不眠症

男性の更年期障害の間にも、性機能に違反して症状が最もはっきりと現れ始めます。

  • 性欲、または性欲は弱くなります。
  • 射精障害は、遅発性または早期の射精の形で現れます。
  • 勃起機能が低下します。

性的機能の絶滅はしばしば深い感情的経験の原因となります。このような症状は、男性の更年期の全期間を通して発生する可能性があり、強度が異なります。

男性の更年期障害の治療

男性に更年期障害の症状がある場合は、他の疾患との鑑別診断後にのみ治療が行われます。

加齢性アンドロゲン欠乏症の治療の原則は、違反の多因子的性質を考慮に入れており、統合的なアプローチで構成されています。この治療法には以下のものが含まれます。

  1. 閉経期疾患および機能障害に起因する併発または併発の治療。
  2. 彼ら自身の性ホルモンの合成を刺激する薬。
  3. あなたの精巣がテストステロンの正常なレベルを作り出すことができないならば、あなたはホルモン補充療法(外因性テストステロン)を処方されるかもしれません。ボディビルディングでは、同じ方法が筋肉量の迅速かつ過剰なセットに使用されます。
  4. 鎮静薬と抗うつ薬
  5. 栄養補正、ビタミン療法、運動療法。
  6. 勃起不全の修正

薬に加えて、医師は特定のライフスタイルと体育、新鮮な空気と長い散歩を処方します。

民間療法

男性更年期障害の治療には、長期にわたる患者さんの使用を必ず軽減することが証明されている民間療法を使用できます。

  1. サンザシの花。 3杯のサンザシの花が3杯のゆでない水を注いだ。 8時間主張し、それから7分以内に沸騰させなさい。スープを包んで30分後緊張した後、彼らは一日の残りの間に - 食事の前に、食事前の朝に1杯を飲みます。この煎じ薬は更年期障害の症状を緩和するのに役立ちます。
  2. Motherwort草、レモンバームの葉、サンザシの花、白いヤドリギ草 - バックソーンの樹皮とガマズミ属の木の2部そして1部。注入もまた調理され、以前のように行われる。
  3. 完全に免疫力を向上させる:蜂蜜製品、ニンニク、アロエの葉、カモミール、イモーテルの草、シラカバのつぼみ、リンゴンベリーの葉と果実、鳥チェリーの果実、ロディオラ・ロゼアの根、レモン。

クライマックスは扱われるべきであり、そうすることができます。治療の有効性は、資格のある専門家へのタイムリーなアクセスに大きく関連しています。

臨床症状 - 更年期症状

女性の更年期が十分に詳細に研究されているならば、男性更年期の問題には多くの不明な問題があり、そして医学による体系的な治療は過去10年間でのみ提案されてきた。この期間のための最も受け入れられた名前は症候群(症状の複合体)テストステロン欠乏症(TDS)です。間違っているのは、男性の更年期障害が「生理学ではなく頭の中で」起こるということです。

SDTは、ホルモンテストステロン産生の男性の身体における年齢に関連した減少として定義され、生化学分析によって決定され、そして多数の臨床徴候によって明らかにされる。 80歳までに、彼の血液量は25歳の男性と比較して43%です。この減少は30年後に徐々に起こり(年間約1〜3%)、40〜70歳の男性の更年期症状は30〜70%で観察されます。

テストステロンは、血中濃度が他のアンドロゲン化合物を上回っており、主な男性の性ホルモンです。その90%が精巣で、残りの10%が副腎で合成されています。テストステロンの体への影響は、

  • 生殖器の発達の程度、性的魅力および性行動、

  • 器官の性機能の刺激、精子形成の活性化、勃起および射精への影響
  • 二次性的特徴の形成(毛髪の種類、声の粗大化、皮下組織の分布、男性型の骨格の形成)
  • 筋肉と骨の密度を高める
  • 代謝プロセスの活性化 - 脂肪、炭水化物、タンパク質、ミネラル、
  • 造血およびコレステロール代謝に及ぼす影響。

これに基づいて、テストステロンのレベルの漸進的な減少は、性機能の低下、代謝過程の減速およびある種の症状の出現をもたらすことが明らかになりました。男性更年期障害の主な症状:

  • 内分泌および栄養障害

乳腺(女性化乳房)および腹部の領域における脂肪沈着、筋肉および皮膚の弛緩、乾燥肌、脱毛、骨粗鬆症(骨量減少、骨粗鬆症の原因および症状を参照)、筋肉痛、血中リポタンパク質の増加(アテローム性動脈硬化症の発症)脳動脈硬化症の治療や性ホルモンタンパク質の結合、さまざまな重症度の貧血を参照してください。

高血圧の危機に陥る傾向を伴う血圧の不安定性、心臓のリズムの乱れ、心臓部の痛み、空気の欠乏、頭、顔と手のほてり、突然の発汗と顔の皮膚の発赤、首や上半身のめまい、めまい、便秘。

抑うつ傾向、記憶喪失、注意や思考の集中が困難なこと、気分が悪くなること、睡眠障害、やる気のない恐怖や不安、無関心、いらいら、自尊心の低さなどの気分の不均衡。

  • 尿障害

性的欲求の低下および性器領域における感受性、精巣の減少、正常な構造を有する精子の移動性および精子数、排尿障害(頻尿、夜間の切迫感、尿失禁)、前立腺肥大症(60%で60年まで)。

体内のシステムの関係

更年期は、老化の通常の生理的段階であり、その間に全生物の年齢再編成が起こる。当初、若い人たちは、自分の特性、病気、食事の種類、ライフスタイルなどに応じて、血中テストステロン濃度が異なります。

悪化因子の存在下では、テストステロンの含有量は10〜15%低くなりますが、その減少率は同じです。ホルモンが血中で減少するにつれて、シグナルは脳の調節構造(下垂体および視床下部)に入り、それに応じてそれらは精巣によるテストステロン産生を刺激する黄体形成ホルモンの量を増加させる。

年齢とともに、精巣の刺激ホルモンに対する自己調節および感受性は低下する。テストステロンの減少はかなりゆっくりそして滑らかに起こるので、多くの男性はこれに関して主観的な感情を経験しません。ある場合には、テストステロンの減少は円滑には起こらないが必要以上に早く起こり、それは対応する症状をもたらす。

同じ年齢の男性で閉経すると、症状の重症度は同じではなくなります。それはテストステロンの減少の大きさとスピードと完全に相関しています。豊富で多様な症状は、単なるプロセスの無実の現れではありません。それは、すべてのシステムと器官の関与と完全な相互依存を証明しています。

性ホルモンの減少は、精神 - 情動球体に現れる大脳皮質の機能の変化、中枢神経系の調節機能の障害、血管アテローム性動脈硬化症および虚血性心疾患の発症、動脈性高血圧、心不全および他の障害につながる。

消化管、内分泌腺(膵臓、甲状腺、副甲状腺)の機能も変化します。これは甲状腺中毒症、骨の骨粗鬆症の発症、および真性糖尿病によってしばしば現れます。生物の免疫状態も低下します。

しかし同時に、慢性疾患の存在はすでに早期発生および更年期の急速な発達と身体の老化に寄与しています。

例えば、ヴロツワフの医学大学のポーランド人専門家は研究を行い、アンドロゲン欠乏症の症状は心不全の男性で4倍多く、男性の更年期障害の症状ははるかに顕著であることを発見しました。

その発症は、多くの慢性疾患、特に心筋梗塞、高血圧、甲状腺中毒症および甲状腺機能低下症、ならびに肝疾患によって影響を受けるだけでなく、

  • 栄養不良と消化性肥満
  • 「有害な」産業への中毒、ならびに慢性のニコチン、薬物およびアルコール中毒、電離放射線、
  • 運動不足、
  • 不利な環境環境(空気、食物、水)。
  • 頻繁なストレス状態と慢性的な神経心理学的過労、うつ病、
  • 前立腺の良性および悪性疾患、精巣および前立腺の傷害および炎症
  • 抗結核薬、グルココルチコイド薬、同化薬、抗てんかん薬、抗硬化薬、抗鬱剤など。

男性更年期障害の診断と治療

男性に更年期障害の症状がある場合は、他の疾患との鑑別診断後にのみ治療が行われます。これは、患者の調査と検査、精子検査と一般的な臨床検査の実施、血液のホルモンプロファイル(総および遊離テストステロン、黄体形成ホルモンおよび卵胞刺激ホルモン、プロラクチン、エストラジオール)の確立、骨盤臓器の超音波検査、関連する慢性疾患の識別に基づいています。

主な検査のひとつは、朝の空腹時に行われる血漿中のテストステロンの含有量の研究です。通常、総テストステロンの下限は12 nmol / l、遊離 - 250 pmol / lです。これらの分析は動的変化を評価するために繰り返される。

加齢性アンドロゲン欠乏症の治療の原則は、違反の多因子的性質を考慮に入れており、統合的なアプローチで構成されています。このアプローチには以下が含まれます。

  • テストステロン誘導体補充療法男性の更年期障害のためのこれらの薬は、総テストステロンが8 nmol / l以下、遊離 - 180 pmol / l以下に減少して処方されています。まれに、テストステロンの顕著な減少が見られない場合には、テストステロンに対する末梢受容体の感受性が低下する可能性があるため、処方されます。
  • 彼ら自身の性ホルモンの合成を刺激する薬。
  • 鎮静薬と抗うつ薬
  • 勃起不全の修正
  • 閉経期疾患および機能障害に起因する併発または併発の治療。
  • 栄養補正、ビタミン療法、運動療法。

オンライン薬局で効力を高めるために薬を買うほうが便利です(たとえば、ここ)。それは匿名で値段は安いです。

男性更年期障害のための主なテストステロン薬:

  • カプセル入り - Andriol、
  • 注射 - Sustanon(4つのテストステロンエステルの混合物)、Omnadren、Sustaretard、テストステロンプロピオネート、テトラステロンなど
  • 経皮(アンドロゲンを含む皮膚パッチの形態)、ジヒドロテストステロンをゲルの形態で皮膚に適用する。

更年期障害は男性にとって危険ですか?

男性の更年期障害は生殖機能の自然な消滅であるという事実にもかかわらず、テストステロンの減少はどういうわけか体の仕事にマイナスの変化をもたらします:

  • 低密度リポタンパク質の産生が増加し、それがアテローム硬化性プラークを形成し、血管を詰まらせ、危険な心血管疾患を引き起こします。
  • 性欲減退と性的親密さへの関心の低下、男性は不安になり、いらいらし、落ち着かなくなります。
  • 筋肉量が減少し、腹が成長し始め、代謝プロセスが妨げられ、2型糖尿病を発症するリスクが高まります。
  • 骨密度を減らし、骨粗鬆症の可能性を高め、転位や骨折を起こします。
  • 肌の老化が促進され、新しいしわが現れ、頭髪と体全体が抜け落ちます。
  • 男は活動的な生活から興味を失い、スポーツやプロの成長のための強さを見つけることができません。

女性だけでなく男性でも、閉経は重度の症状を伴うことがあり、治療を必要とする場合があります。急激な低下を防ぐためにテストステロンを適時服用することが重要です。精神的なものだけでなく、その人の体調も、正しく選択された更年期障害の治療に大きく依存しています。

男性のクライマックスはどうやって現れるのか

アンドロゲン欠乏症は、事実上すべての内臓の働きに影響を及ぼします。男性の更年期障害の症状は主に性的、筋骨格系、心血管系および中枢神経系を含みます。多くの場合、男性は問題を無視し、仕事に関わり、自分の気持ちや健康上の苦情を身近な人から隠しています。

更年期的変化の最初の兆候が45歳より前に発生した場合、専門家は早期男性更年期障害の発症について語っています。この状態はホルモン療法を必要とします。さもなければ、人は急速に老化し始め、そして彼は彼の心臓、血管および他の内臓に問題があるでしょう。

通常、男性の更年期障害の症状は55〜60歳で起こります。 Но гормональные изменения в организме появляются гораздо раньше. Просто мужчина долгое время их не замечает.

男性更年期障害の主な症状:

  • 性欲喪失、朝の自然勃起の消失、早漏、
  • 発汗の増加、ほてり、
  • 血圧変動
  • 頻尿、
  • 気分障害、睡眠障害、
  • ハートビートの攻撃。

心臓、内分泌腺、消化器の機能障害に関連する男性に更年期障害の他の兆候があるかもしれません。何人かの患者は腸の緊張の減少と便秘および鼓腸の傾向を指摘します。クライマックスは、アテローム性動脈硬化症、真性糖尿病、関節症および他の慢性疾患の進行の危険性が増大する期間である。

男の体で何が起こる

主な男性の性ホルモン、テストステロンは、睾丸と副腎皮質に分泌されます。 35歳以来、その量は約1〜2%減少する。性機能の自然な消滅はテストステロン合成の減少とエストロゲンの作用の増加です。閉経期を背景に、視床下部 - 下垂体系の働きは変化するが、ほとんどの場合、生殖機能の最終的な消失は起こらない。そしてあなたが望むならば、男性は性的活動だけでなく彼自身の健康を維持するために体内でテストステロンの比較的高いレベルを維持することができます。

テストステロンは骨と軟骨組織、弾力性と血管緊張、そして精神に影響を与えます。男性が体力を感じる時間が長いほど、精神的感情的状態は安定します。したがって、徐々にそして知覚できないほどの加齢を提供することが重要です。人生に興味を持ち続けるためには、男性は異性に惹かれ、必要かつ重要であると感じる必要があります。そしてそれは一貫して高レベルのテストステロンなしではほとんど不可能です。

このビデオでは、男性の更年期障害の兆候とその治療方法について詳しく説明しています。

アンドロゲン欠乏症を決定する

アンドロゲン欠乏症は男性の更年期障害の主な症状であり、ホルモン療法が必要です。特に中年では、症状だけではホルモン補充療法を処方するのに十分ではありません。

どの医者に連絡すればいいですか?

テストステロンのレベルを評価するには、男性はアンドロジストまたは泌尿器科医に予約をしなければなりません。医者は質問票に記入するように助言するかもしれません、その結果は患者の不満を評価するのが簡単です。男性は自分たちの問題について大声で話すのを恥ずかしがり屋です。彼らは特別なアンケートに記入して主治医に渡すのが簡単です。

調査方法

男性の更年期障害の活発な発達が疑われる検査の主な方法は、実験室での血液検査中に生物学的に活性なテストステロンのレベルを決定することです。診断は午前7時から午前11時の間(最大のホルモン活性の期間中)にのみ行われます。

男性更年期のための追加の診断方法:

  • 前立腺の直腸診
  • 陰嚢と前立腺の超音波、
  • 陰茎血管の超音波検査
  • PSAの決定(セリンプロテアーゼの増加は、その悪性変性を含む前立腺過形成を示す)、
  • 血糖値の測定
  • 心電図、血管状態および開存性の評価。

前立腺特異抗原(PSA)のために献血することは、35〜40歳以上のすべての男性に推奨されます。これは男性の更年期障害の最初の症状が起こり、前立腺疾患が進行する年齢です。 PSAの増加に伴い、前立腺損傷の原因を早急に特定し、効果的な治療法を処方する必要があります。

さらに、特に男性が関節や骨の痛みを訴えている場合は、筋骨格系を調べることをお勧めします。テストステロンの減少は関節リウマチ、リウマチ型を含む関節炎、骨軟骨症の発症を加速させる可能性があります。

クライマックスとは何ですか?

どんな人の生活の中でも、彼の体が老化し始める時が来ます。枯死の過程は、すべてのシステムにおける年齢に関連した変化を伴います、そして、性的球の絶滅は例外ではありません。更年期障害の発症は、性腺の停止および血中ホルモン濃度の低下として定義されます。男性は更年期障害がありますか?この用語は女性の半分に適用されるだけでなく、インポテンツと区別されるべき男性の更年期障害の症候群もあります。

男性更年期障害

女性では、閉経は月経を止め、そして繁殖能力は失われます。男性の更年期障害 - アンドロポーズは、テストステロン産生量の減少によって引き起こされ、出産機能はほぼ終末期まで続きます。したがって、一部の科学者は、「部分的アンドロゲン欠乏症」という用語を使用することを好みます。これは、性行為の低下、精神感情的不安定性、ほてり、および他の身体系の疾患によって表されます。

それで、男性更年期は何ですか?これは性器腺の低動症です、その結果として特定のホルモン - アンドロゲンの分泌の不足があります。視床下部、下垂体、精巣の間の体内では、ステロイド性男性ホルモンの生殖に関与するメッセージが壊れています。視床下部の機能の変化は、主な内分泌腺としての下垂体に影響を及ぼし、その結果として精巣および性腺のホルモン産生が中断されます。

腺では、精巣、テストステロン、人間の性的圏全体の機能を調節するために重要なホルモンの分泌が減少します。

  • 種植物、
  • 付属物
  • 精嚢
  • 前立腺

テストステロンは精子の産生を刺激し、性欲を決定し、オルガスムと性的興奮に影響を与えます。そのレベルの減少は、体のホルモンバランスを変化させ、男性の効力と内分泌領域、中枢神経系の働きに影響を与えます。これらの理由から、男性のクライマックスは感情状態の変化と生活の質の悪化を伴います。

男性更年期の発症年齢を正確に決定することは不可能であったが、負の外的状況の増加および身体的不活動に関連する発生の初期段階はますます診断されている。男性更年期の最初の徴候が現れる年数を定義すると、次の段階が区別されます。

  • 早い。 45〜50歳の年齢のための特徴。
  • いつものことです。寿命は50 - 60年です。
  • 遅くなりました。 60年後。

医学統計によると、男性の3番目の部分では、症状は明らかに顕著であり、残りの部分では、明らかな症状なしに更年期障害が発生します。ほとんどの場合、更年期障害は勃起不全の消滅に現れます。これは、男性の心理的状態と健康の深刻な問題です。他の徴候はすべて、とりわけ個別に発生する可能性があります。 50年後の男性における更年期障害の典型的な症状:

  • 血圧が急上昇する
  • 早漏
  • 頻繁な息切れ、
  • 過度の発汗
  • 再発性頭痛
  • 無刺激、うつ病と交互に高い過敏性、
  • 排尿の問題
  • 肥満までの体重増加
  • はげ
  • メモリの問題
  • 皮膚の弛緩、筋肉の昏睡、
  • 関節痛
  • 豊胸
  • 精子数の減少
  • 勃起の問題、性的欲求の欠如、
  • 不眠症
  • 一般的な体力低下
  • 潮汐
  • 気まぐれな、ヒステリックな状態。

なぜ男性は更年期障害を発症するのですか?

男性の更年期障害の期間は、男性更年期、すなわち男性ホルモンの放出の停止 - アンドロゲンと呼ばれています。その2番目の名前はテストステロン欠乏症の症候群(症状の組み合わせ)です。

そして確かに、25-34歳の年齢で、それがティッシュのために利用できる自由のレベル、それがテストステロンである場合、それは既に0.32-0.4 nmol / lである35-44歳で0.33-0.53 nmol / lですその後、アンドロポーズが始まると、その濃度は0.22 nmol / Lに低下します。このホルモンの90%が精巣によって産生され、副腎によって10%しか産生されていないと言わなければなりません。

男性の更年期障害の発症メカニズムは年齢によって異なります。それで、50年までは主な内分泌器官、視床下部および下垂体の機能不全です。彼らはこれまたはそのホルモンを解決するために低次の内分泌腺(この場合、精巣と副腎)に「命令を与える」ホルモンを生産します。この年齢で、下垂体はより少ない卵胞刺激ホルモン(FSH)を分泌し始め、その結果として精子形成が減少し、それはまた黄体形成ホルモン(LH)の産生を減少させ、それは男性の性ホルモン(主にテストステロン)を生じさせる。

精子細胞を合成する腺が瘢痕様の組織で置き換えられるため、50〜70年の時点で、男性ホルモンの欠如は精巣におけるそれらの産生の減少とすでにより多く関連しています。

70年後、更年期障害の兆候がほとんど不快感を引き起こさない場合、テストステロンはホルモンのLHとFSHが「押し出される」にもかかわらず精巣で生成されなくなります。

男性ホルモンの欠乏があった年齢にもかかわらず - 50年前またはそれ以前 - 男性の更年期障害の主な症状は、彼の性的機能の侵害です。

アンドロポーズの分類と原因

男性が更年期障害を受けている年齢に応じて、彼は早いまたは遅いとして分類されます。最初のケースでは - その最初の兆候は45年前に現れ、2番目のケースでは - 60年後に現れます。

アンドロゲンの産生が減少する時期を予測することは不可能ですが、初期の更年期障害を発症する可能性は次のように増加します。

  • この点で重荷となっているのは、父親の年齢のアンドロゲン欠乏症が45歳以前にも発生した場合、
  • 精巣への血液供給の中断につながる喫煙とアルコール乱用、
  • 職業上の危険、特に振動や放射線の生殖器への暴露
  • 精巣への頻繁な外傷
  • 座りがちな生活
  • 精巣腫瘍
  • 性的活動がしばしばもたらす泌尿器または生殖器の炎症
  • 精巣、下垂体、または視床下部の手術
  • 糖尿病は、睾丸に血液を運ぶ血管を含め、すべての血管の構造を変化させます。
  • しばしばまたは絶えず血圧が上昇し、それが血管の構造を変化させ、男性の生殖器に栄養を与えるもの
  • 骨盤血管のアテローム性動脈硬化
  • いくつかの薬を服用する:抗うつ剤、グルココルチコイド、抗結核抗生物質、アナボリックステロイド、酸味を低下させる薬の長期生産。

閉経が60年後に始まるとき、それは男性の良い遺伝と健康的なライフスタイルを示します。

更年期障害の発症を認識する方法は?

アンドロポーズの経過は、生理学的(年齢基準内)または病理的(痛みを伴う)のいずれでもよい。 2番目のケースでは、男性は泌尿器、心血管系、神経障害の症状を抱えています。アンドロポーズの徴候の重症度は個人的です、この現象は5年以内に続きます(もっと長くても、あなたは腫瘍の存在について調べられる必要があります)。

更年期障害がどのように進行するかは、最初の症状が現れた年数に部分的に依存します。プロセスが早く始まるほど、より困難になります。

初期の兆候

男性における更年期障害の最初の症状は以下のとおりです。

  1. 疲労、それはさらに小さい負荷を引き起こします。
  2. 運動後の息切れおよび一般的な脱力感。
  3. 感情的な不安定性:男性はイライラしやすく、うつ病になりやすいです。
  4. 性生活の問題:性欲の低下、射精の遅れ、早漏、勃起困難。
  5. 排尿器官の違反:頻繁に排尿を促す、「弱い」ジェット、濡れ性の可能性。これらの徴候はまた、腺腫の発生、すなわち前立腺組織の体積の増加を示している可能性があります。後者は、尿道の一部が広がる管であり、それが発達するにつれて、それを圧迫し始めます。

生理的アンドロポーズ

最初の症状の後、テストステロンの減少が遅い場合、更年期障害は汗の増加、顔や体の毛の成長の減少、そして腹部や太ももの脂肪沈着によって現れます。男性は不眠症に苦しみ始め、気を取らせ、人生に興味を失い、そして全体的に健康状態が常に悪いことを訴えるかもしれません。彼の皮膚は乾燥と蒼白を獲得します。これは骨髄中の赤血球の生産の減少、そしてそれに伴う貧血によって引き起こされます。

顔面や頸部が熱くなり、発赤も伴う「ほてり」もあります。理由がなければ、頭が痛くなり始め、これは数日間続くことがあります、時にはそれは耳の中にノイズを引き起こす。一部の男性では、胸部に脂肪が蓄積しています。

男性が性器、心臓、甲状腺の慢性疾患に罹患していない場合に起こる特別な健康状態の変化を感じなくても、テストステロンが以前に原因となっていた代謝が乱されます。したがって、骨はより脆弱になり(比較的小さな傷害は骨折を引き起こす可能性がある)、脂肪代謝が変化し、その結果血管内にアテローム斑が沈着する傾向があり、免疫防御のレベルが低下し、そして消化管が損なわれる。

病理学的閉経

加齢性テストステロン欠乏症の病理学的経過は男性の20%に特徴的です。心臓発作、高血圧性疾患または甲状腺の障害に苦しんでいる人、危険な産業で長期間働いている人、または継続的な中毒(アルコールを含む)を受けている人はそれにかかりやすいです。

それが病理学的であると考えられるとき、男性の更年期障害はどのようにしますか?神経系および心血管系の観察された症状。第一に、激しい疲労と交互に起こる興奮性、または逆に、深刻な無関心、低感情、記憶障害、および鬱病のいずれかが特徴的です。

心血管系の変化は、3つの「シナリオ」のうちの1つで発生します:高血圧、狭心症、および血管調節性無力症。

  • 高血圧バージョンの更年期障害は、血圧の「跳ね上がり」によって特徴付けられます。これは頭​​痛、目の前の「ハエ」の出現、吐き気、脱力感、心臓の痛みを伴います。
  • 常習的な形態では、心臓の痛み、または胸骨の後ろの「重さ」/不快感、息切れ、そして運動後に起こります。
  • 血管調節不全「シナリオ」は、組織への不十分な血液供給のために発症する。これは脱力感、疲労感、身体活動とは無関係です。

状態の診断と治療

男性の更年期障害の治療は、さまざまな研究の助けを借りて、医師ががん、良性腫瘍、炎症、または自己免疫性甲状腺疾患の存在を除外した場合にのみ開始できます。機器(甲状腺の超音波、心臓、骨盤内臓、脳のMRI)および実験室(一般的な血液検査、精子、前立腺特異抗原の測定)方法がこれに使用される。

すべてのこれらの病気が除外されるとき、正しい治療法を処方するために、アンドロジストまたは泌尿器科医は血中の総テストステロンと遊離テストステロンのレベルを知る必要があります。この分析の結果に応じて、このような閉経期治療薬グループを使用することができます。

  1. テストステロン( "テストステロンプロピオネート"、 "Andriol"、 "Sustanon"ゲルベースのジヒドロテストステロン)をベースにした薬。通常、男性の遊離テストステロンが180 pmol / Lを下回ったときに処方されますが、このアンドロゲンが正常値の下限にあるときはあまり一般的ではありません。
  2. 彼ら自身のアンドロゲンの生産を刺激する薬。
  3. 勃起不全を矯正する薬:薬草療法(朝鮮人参のチンキ剤、Immun lucram、Panaxel)、ホスホジエステラーゼ阻害剤(有効成分シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィル)に基づく。
  4. 慢性感染症のプロセスの存在下では、抗生物質が処方されています。
  5. 閉経中の感情的な球の著しい障害の場合、抗うつ薬が使用され( "Triprizol"、 "Deprenon")、鎮静薬( "Novo-Passit"、 "Sedasen")が使用されます。
  6. 心臓の異常は検査の結果に応じて心臓専門医によって治療されます(心電図、心臓の超音波検査、ホルター心電図の追跡および血圧)。
  7. 脂肪代謝と高コレステロールの著しい障害の場合には、スタチンとフィブラートのグループからの薬は処方されます。

更年期障害の治療では、男性はクルミ、蜂蜜、セロリ、パセリ、柑橘系の果物、および乳製品を食べて、確実に完全に食べるべきです。閉経期の男性が十分な時間眠り、新鮮な空気の中を歩き、(心臓専門医と一致して)身体的運動を少なくすることが重要です。

必要ならば、処方された理学療法治療、クラスは心理療法士と一緒に開催されます。羊飼いの財布、サンザシ、セントジョンズの麦汁、香りのよいトウヒの羊飼いの袋での治療は完全に薬物療法を補完します。

治療の特徴

男性の更年期障害の治療は、男性科医と泌尿器科医によって行われます。さらに、専門の専門家に相談する必要があるかもしれません:心臓専門医、一般開業医、胃腸科専門医、腫瘍専門医。男性の更年期障害の自然な経過にもかかわらず、人はその症状を無視してホルモン補充療法を拒否するべきではありません。

薬物治療は男性のアンドロゲン欠乏症の兆候を排除することができます。テストステロンは、複雑な診断中の前立腺の腫瘍学的病変の除外および血液中の前立腺特異抗原のレベルの決定後にのみ処方されます。

ホルモン療法は長いコースで処方されています、そして、生涯自分のテストステロンの生産を中止した後。前立腺の状態を定期的に監視し、前立腺の超音波検査と同様に臨床検査を実施することが重要です。

テストステロンの処方は、男性の更年期障害の主な症状を取り除き、生命を脅かす合併症を予防することを可能にします。また、薬物療法は男性の生活の質を著しく改善し、そして彼が身体的および社会的活動の必要なレベルを維持することを可能にする。

ホルモン治療は、異なる剤形でのテストステロンの使用を含みます。男性はパッチ、ジェル、クリーム、皮下インプラント、液剤または錠剤製剤を使用することができる。早期閉経では、男性は自分のテストステロンの合成を刺激する薬を処方されます。

更年期障害の病理学的徴候の軽減のために、他の治療方法を使用する:

  • 鍼治療、
  • 治療運動、
  • ラドン泥風呂
  • 理学療法、エレクトロスリープ、
  • マッサージ、
  • 抗鬱剤および肺の鎮静剤。

精神の著しい変化、憂うつ感およびいらいら感がある場合は、心理療法士に相談する必要があります。睡眠を正常化させ、精神的 - 精神的バランスを回復させるためには、穏やかな鎮静効果のあるハーブ療法を使用するのが良いです。しかしそれらは累積効果が異なるので、彼らは長いコースを受講する必要があります。

フォークトリートメントと性欲の回復

男性の更年期障害の民間療法は、1世紀以上にわたって使用されてきました。媚薬とテストステロンのレベルを上げる物質を含む植物抽出物があります。

そのような主なツールは人参と見なされます。この植物の根は東で積極的に使われています。男性は出生力とほとんど知覚できないほどの年齢差があるのです。

朝鮮人参は、多くの栄養補助食品の一部です。しかしそれらを使用する前に、あなたは慎重に構成を調べて、あなたの医者と相談するべきです。それは健康に有害であるかもしれない外来成分なしで朝鮮人参根を使用するのが最善です。

ローヤルゼリー

男性クライマックスにおける性的障害との戦いのためのもう一つの証明された治療はローヤルゼリーです。彼は数ヶ月間コースを受講します。ローヤルゼリーの有効性はその使用の正確さにかかっています。あなたは疑わしい場所で道具を購入するべきではありません。理想的には、養蜂家からローヤルゼリーを購入し、養蜂場で直接使用する必要があります。この場合、あなたは性欲の全国的な回復の方法の有効性と安全性に自信を持つでしょう。

ローヤルゼリーは天然のバイオスティミュレーターです。それは若くて中年の男性のホルモン活性をサポートし、そして生殖機能の時期尚早の絶滅を許しません。牛乳は空腹時に口に吸収されます。一回の使用では、エンドウ豆の全量で十分です。彼の詳細については、記事Bee Royal Jelly - Royal Jellyをご覧ください。

ビーバージェット

民俗的な勃起と性欲を回復する方法を使用することによってより迅速で明白な効果を得るためには、ビーバーストリームを使用することができます。それは潜在的能力を回復し、他の多くの問題に対処することができる漠然とした腺です。ビーバーストリームは、慢性炎症プロセスを助け、前立腺を癒し、免疫システムを強化し、そして長年にわたり神経疾患の治療に使用されてきました。

閉経中に人の体を維持するための効果的な民間療法を準備するために、ビーバーの流れは2週間ウォッカで押しつぶされなければなりません。製品は、特に木製のオブジェクトに、長期間持続する特定の香りがあります。食事の後、毎日5〜7滴のチンキ剤を飲み、ゆったりとしたコーヒーを飲んでください(不快な味はお勧めできません)。

男性更年期障害の発症は、身体への影響や生活の質への影響を遅くし、最小限に抑えることができます。これを行うには、単に医師に相談し、テストステロンとPSAのレベルを決定し、証明された一般的な方法で補完することができるホルモン補充療法を開始する必要があります。主なもの - 問題を急いでしないでください、そして医師に連絡することを躊躇しません。人間の質と寿命はそれにかかっています。

最上位カテゴリーの医者
エフゲニア・ナブロドヴァ

そして魂のために私は聞くことを提案します シークレットガーデン - パッサカリア あなたはおそらくこのデュエットをとてもよく知っています。アイルランドのバイオリニスト、Finoola Sherryとノルウェーの作曲家、そしてピアニストのRolfLövland。バイオリンはいつもとてもソウルフルに聞こえます、曲はすべてシンプルでとても官能的です。魂を聞いてください...

男性更年期の発達のメカニズム

性腺の機能における顕著な病理学的変化を特徴とする自然の生物学的プロセスは、更年期または男性更年期と呼ばれます。そのような状態の開発の主な理由はホルモンのテストステロンの分泌を減らすことです。概して、男性におけるそのような更年期障害は、50歳から55歳までの年齢範囲で起こる。

男性のアンドロポーズの原因とメカニズムは年齢によって異なります。例えば、50年以上前に発症した男性更年期症候群は、性腺(精巣)および副腎の働きを調節する熱帯ホルモンを産生する主な内分泌器官(視床下部、下垂体)の機能の崩壊の結果です。

この年齢でアンドロポーズが始まると、下垂体は卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンをほとんど合成せず、その結果、形成される精子や男性ホルモン(男性ホルモン)の量が減少します。腺の組織構造の加齢による変化。

男性の更年期障害の原因

アンドロポーズの発生の主な理由は体の一般的な老化です。しかし、男性の更年期症候群が強い男性にいつ起こるかを決定するいくつかの追加の要因があります:

  • 遺伝的素因
  • アルコール乱用、喫煙、
  • 食事を守らない(脂肪、塩辛い、甘い食べ物)
  • 職業上の危険(放射線、化学物質の蒸気など)
  • 精巣損傷
  • 座りがちな生活
  • 精巣の悪性腫瘍および良性腫瘍
  • 泌尿生殖器系の慢性炎症性疾患
  • 精巣、下垂体、または視床下部の手術
  • 糖尿病
  • グルココルチコイド、抗うつ薬(主にMAO阻害薬)、抗生物質などの特定の薬の使用
  • 骨盤血管のアテローム性動脈硬化症
  • 甲状腺の病理(甲状腺中毒症、甲状腺炎)、
  • 一定のストレス、うつ病、
  • クリプト精巣症を形成した。

男性更年期の治療

男性の更年期障害の診断後、医師は薬物療法と非薬物療法(理学療法、マッサージ、ダイエット、理学療法)の複合療法を処方します。症状を取り除き、体を維持するために、医師は以下の薬を処方します。

  1. テストステロンをベースにした医薬品(例えば、Andriol、Sustanon)。それ自身のホルモンの不十分な生産で補充療法を提供する.
  2. 独自のアンドロゲンホルモンの産生を刺激する薬(Androgel、Nebido)。
  3. 勃起機能の違反の場合には、免疫、パナキセル、シルデナフィル、タダラフィル、朝鮮人参のチンキ剤が使用されます。
  4. 重度の精神障害では、抗うつ薬(MAO阻害薬を除く)の使用が示唆されています、例えばSedasen、Novo-Passit。
  5. 泌尿生殖器系の感染症の存在は抗生物質(アンピシリン、セファロスポリン)の任命を必要とします。
  6. 顕著な代謝障害はスタチンおよびフィブラート系薬(Lipanor、Bezalip)の薬で治療されます。

療法の間に、人は完全で、バランスの取れた食事を食べる必要があります;クルミ、新鮮な野菜、果物、乳製品、蜂蜜、およびセロリは毎日のメニューに含まれるべきです。加えて、あなたは毎日のレジメンを観察し、(禁忌のない状態で)毎日の運動をするべきです。鬱状態がある場合、医者は心理学者または心理療法士との会話を予定するべきです。

ビタミン療法

男性の健康を維持し、更年期の症状を軽減するために、さまざまなビタミンが処方されています。:

  1. レチノールとビタミンEは老化プロセスを遅らせるのを助ける酸化防止剤であり、そしてそれらの影響下で、細胞再生プロセスはより激しいです。
  2. ビタミンB群は、体内の正常レベルの代謝と他の重要なプロセスをサポートします。
  3. ビタミンCは人間の免疫システムの正常な状態に貢献します。

男性の更年期予防

更年期障害の発症を予防するために、男性は以下の推奨事項に従う必要があります。

  • 40歳に達したら、定期的に泌尿器科医を訪ねてください。
  • アクティブなライフスタイルをリードする
  • 健康的な食事の原則に従ってください ダイエット中の脂肪、辛い、甘い、そして塩辛い食べ物の最小量で、
  • 体重を管理する
  • ストレスを避け、神経の緊張を
  • 仕事の様子を観察して休憩する
  • 十分な睡眠を取ってください。

男性と女性の更年期障害の違い

閉経期には、女性の体に変化が起こり、性ホルモンのレベルが低下し、月経が止まります。その結果、生殖機能は完全に失われます。男性と女性の更年期障害の症状は感覚的には似ていますが、更年期障害が完了すると、より強い性別でレースを継続することができます。

男性の体では、主な性ホルモン(テストステロン)の産生と生存精子細胞の数の減少が年齢とともに観察されますが、生殖機能はどこにも消えません。

すべての男性がこれらの徴候に気付いているわけではないが、成熟した年齢の女性の90%以上が身体的にも道徳的にも更年期症状を患っている。男性のアンドロポーズは、ほとんど無症状です。

一般的に、男女両方の代表者が更年期障害の発症と経験する身体的感覚の間に大きな類似性があることに気付くことができます。 ほとんどの人にとって更年期の年齢は老年の発症を象徴しているので、感情的な背景に関する問題も頻繁に見られます。

早期および晩期閉経の原因

男性のアンドロポーズの最初の兆候が50歳を過ぎた後に自分自身を感じさせるとき、そのような指標は標準と考えられています。残念ながら、過去10年間で、早期閉経が頻繁に発生しており、40歳以上で男性を追い越しています。

遺伝的特徴に加えて、テストステロン濃度の早期低下および男性更年期障害の発症には、以下のような多くの否定的な要因があります。

  • アルコール乱用、ニコチンまたは薬物中毒、
  • 座りがちな生活
  • 不健康な食べ物、
  • 劣悪な環境条件
  • 男の不規則な性生活、正規のパートナーの不在、乱交、
  • 重度のストレス、慢性的な鬱病、
  • 不均衡な負荷と休息の欠如
  • 睡眠障害
  • 性感染症
  • 彼の
  • 外科的去勢

これらの各点は、40歳までに男性の健康が低下するという事実につながる可能性があります。通常同様の状況で処方される薬物治療は結果をもたらします。しかし、それは男性の更年期障害はまだ病気ではなく、体の自然なプロセスであることを理解する必要があります。

健康的な生活を送っている男性にとっては、発症を延期して症状を滑らかにすることが最善です。そのような場合、私たちは60歳以降の男性更年期障害の発症、すなわち晩年の男性のクライマックスについて話すことができます。

更年期障害の男性の兆候は非常にたくさんあります。時にはそれらは別々に現れるが、時には男性は全体の複雑な憂鬱な症状を経験しなければならない。残念なことに、更年期障害は男性の外観に最良の方法ではありません。変化はホルモンの不均衡の背景に対して起こります、そしてそれはこのように見えます:

  • 筋肉組織や皮膚の弛緩があります、
  • 頭の上に髪の毛が薄くなる、
  • 多くの場合、女性タイプの肥満、すなわち体脂肪が男性の腰、腰、および乳腺の領域に蓄積します。

更年期障害の外部徴候の出現を最小限に抑えるために、男性はそれから体重増加を促進し、悪い習慣を取り除き、スポーツにより多くの時間を費やす製品を排除して、食事療法を見直す必要があります。。ライフスタイルに前向きな変化がなければ、たとえ若い年齢であっても、民間療法や薬を使って良い結果を得ることは事実上不可能です。

男性更年期障害は、男性の身体に次のような反応を引き起こします。

  • ほてり - 皮膚の発赤と発汗の増加を伴う急激な鋭い熱の感覚、
  • 心臓の動悸、
  • 呼吸困難、
  • 圧力降下、高血圧、
  • 疲労、眠気、
  • 頭痛
  • 常に切迫した痛みを伴う排尿
  • 関節を曲げるときの不快感。

それは必ずしも記載されている症状は、今後の男性の更年期障害の兆候ではないことに留意すべきです。おそらくそれらは体内のホルモンの変化に関連しない病気の存在を示しているので、医者への訪問は延期されるべきではありません。たぶん、単純な一連の治療法が恐ろしい感覚の人を和らげるでしょう。

性的障害

悲しいかな、最も不快な、ほとんどの男性の意見では、andropauseの "副作用"は親密な意味での問題です。その中には:

  • 性欲減退、
  • 勃起不全、勃起不全、
  • 性交中の感覚の明るさの低下
  • オーガズムの欠如
  • 親密さの低下と早漏
  • 正常な勃起時の更年期障害の背景に対する性的欲求の欠如。

この種の障害を治療するための伝統的な方法には、薬の使用や、完全なセックスライフのために戦うための一般的な方法があります。繰り返しますが、長期的な肯定的な結果を達成するためには、ライフスタイルの根本的な変化と彼の健康に対する男性の態度が必要です。

男性の更年期障害の治療は、患者が完全な健康診断を受けた後にのみ専門家によって処方されるべきです。

男性の更年期障害のための民間療法はまた適量を観察して、細心の注意を払って使用されるべきです。性的障害はコース療法で治療されるので、男性は忍耐強くなければなりません。

心理的な不快感

閉経期のうつ病はよく見られる現象です。なぜなら、男性は自分の人生で最も快適な時期ではないことを経験しているからです。幸福の悪化、外的変化、そして特に親密な領域での失敗は、疑いもなく感情的背景に否定的な痕跡を残し、ストレスとうつ病につながります。その兆候は以下のとおりです。

  • 無関心、嗜眠、生活への関心の欠如、
  • 変化を食べること、食べ過ぎる傾向
  • 悪い習慣の出現
  • 新鮮な感覚が若さと強さを返すことを期待して、「傍らで」性的娯楽を探す。
  • 過敏性、ムード、怒りの爆発、
  • 自殺について男性を考えた。

鬱状態の最大の危険は、そのような症状が問題を悪化させるだけで、身体的幸福、外観、そして男性の一貫性に悪影響を及ぼす。 上記のように、ストレスは男性更年期の発症を近似し、その症状を増強する要因の1つです。

長期のうつ病を治療する必要があります。症状が軽い場合は、薬草注入や食事療法などの民間療法を助けてください。深い鬱病から、あなたは心理学者や精神科医との数回の仕事のセッションの後、薬物治療の使用によってのみ人を「得る」ことができます。

合併症

男性がアンドロポーズを構成するものを理解するとき、彼は賢明に推論し、パニックにはなりません。なぜなら、閉経は最小限の損失で経験する必要がある一時的な現象だからです。そしてこれのためにそれはそのような病気の開発を避けるためにあなた自身を大事にすることは非常に重要です:

  • 心臓発作
  • 糖尿病
  • インポテンツ
  • 前立腺腺腫
  • 甲状腺機能障害など

この全体の「花束」はそれ自身の無責任の分野に行きます。そして、前提条件は以前に説明されており、それらは単一の定義にまとめられています。もちろん、それぞれの人には特定の病気の遺伝的素因がありますが、これは病気の必然性とその進行を意味するものではありません。

不安症状を取り除くために彼の方法に男の最初のステップは、診察です。それは含まれています:

  • 血液検査
  • 前立腺超音波、
  • 心電図、
  • 精子分析
  • 患者のホルモン学的背景に関する研究

おそらく、医師は追加の検査や全体像を明確にする検査を処方するでしょう。 結果に基づいて、専門家は薬物療法のコースを処方し、治療過程とそれがもたらす変化を監視します。 男性が健康を維持すると決心しているならば、彼は医者との頻繁な会合の準備ができているべきです。

男性更年期の男性の運命を著しく緩和し、そして彼の状態をやさしく安定させることができる多くの薬があります。例えば、

  • ホルモン薬
  • 鎮静薬
  • 栄養補助食品
  • 植物または合成由来の抗うつ薬
  • 免疫調節薬
  • 効力などの回復のための準備。

薬の選択は医者の責任です。自己管理治療は、せいぜい、望ましい結果をもたらさないでしょう;最悪の場合、それは健康問題を追加するでしょう。

代替治療

入浴(医学的禁忌がない場合)、健康マッサージ、理学療法、漢方薬、治療浴、新鮮な空気の中での散歩、そして中等度の運動(心臓刺激)はすべて困難な生活段階を乗り越えて更年期を大幅に短縮する効果的な方法です。

あきらめてはいけません、パニックになっていないし、男性の愛する家族に落ちないでください。彼が形を失ったと非難しないでください、彼自身がこれについてひどく心配しました!

医者への共同のアプローチ、内密な会話、そして問題の完全な理解を持っている人を支援することはより良いです。愛する配偶者が必要で、望まれ、そしておもしろいと感じるならば、彼は彼のやり方でどんな困難があっても、はるかに早く不幸に対処し、家族の人の一生に戻るでしょう。

男性の更年期障害は、文章や終末期ではなく、その新しいラウンドの始まりです。そこには、おいしい食べ物、良いワイン、キャリアの成長、そして良いセックスがあります。

病気の説明

男性の最高潮は、性腺の機能的能力の年齢に関連した変化およびそれに伴う身体の変化、多数の臓器の働き、および生活の質です。男性の3分の1がこの疾患の顕著な徴候を経験しており、残りの過程は無症候性です。

すべての身体系の複雑な再構成は男性の更年期障害の発症と関連しており、腺の運動低下を特徴とし、特定のホルモンの不十分な分泌につながるため、性機能は特別な変化を受けます。視床下部、下垂体、精巣の関係は、アンドロゲン(性腺のステロイドホルモン)の産生を担いますが、動揺しています。

視床下部の機能の加齢に伴う変化は、主な内分泌腺としての下垂体に直接影響を及ぼします。その結果、男性の性腺 - 精巣を刺激する原因となるホルモンの産生に障害があります。それらは分解過程を経る:分泌組織は結合組織および脂肪組織に置き換えられ、それはテストステロン分泌の減少をもたらす。

このホルモンは非常に重要です、それは精巣、付属肢、前立腺、および精嚢の働きを調節します。それはまた精子形成を刺激し、さらにそれは性欲、オルガスムの強さおよび性的興奮を決定する。

テストステロンの減少はホルモンのバランスに影響を与え、性的、内分泌および中枢神経系の機能に影響を与えます。したがって、男性の更年期障害は人の感情状態に変化を引き起こす可能性があります。

アンドロゲンレベルの減少は、アンドロポーズという用語の出現をもたらしており、これは本質的に男性更年期の代わりの指定である。

男性は更年期障害がありますか?

女性のクライマックスや更年期障害と言えば、月経の停止と出産の可能性を参照してください。アンドロポーズの間、精巣は機能を停止せず、テストステロン分泌量が減少するだけです。男性の生殖機能は老齢または死亡まで維持されます。

さらに、男性の体内のホルモンレベルの減少は徐々に起こります、それで何人かの科学者はこの状況に適用される用語「andropause」に同意しません。より正確な定義は、部分的アンドロゲン欠乏症です。

男性の更年期障害とインポテンツを混同しないでください。これらの概念は同一ではありません。男性の更年期障害は、生殖能力の低下または不在、受精能力のある精子、活力の低下または性的欲求の完全な消失と関連しています。同時に勃起が残ります。性的不能は勃起機能への損傷を伴いますが、それは勃起につながりますが、自然な性行為の実施には不十分です。

何歳の男性に更年期障害がありますか?

研究によると、アンドロゲン産生は30年後に減少し始め、1〜3%に達します。男性が40歳のフロンティアを克服すると、このプロセスは非常に加速され、80歳までに、性ホルモンレベルの指標は、正常な性的および生殖機能を維持することができる生理学的標準の約半分になります。

男性の更年期障害はさまざまな年齢で始まることがあります。その症状が45歳より前に現れる場合、これは早期閉経であり、50〜60歳でそれは正常であり、60歳後の症状の発症は遅れると考えられる。

男性の更年期障害は身体の一般的な老化に関連しているため避けられませんが、その早期発症に寄与する要因がいくつかあります。

有害物質の影響

精巣内の血流の違反

精巣における良性および悪性の新生物、

炎症性生殖器疾患(精巣炎、精巣上体炎、精巣上体炎)、

男性の更年期障害の症状は、座りがちな生活を送っている、慢性疾患に罹患している、不安定な神経系を持っている人において、より早くそしてより強く現れます。

教育: 「Andrology」という専門分野の卒業証書は、ロシア鉄道中央泌尿器センター№1のロシア医学教育アカデミーの内視鏡泌尿器科に入学した後に取得されました(2007)。ここは2010年までに大学院を修了しました。

女性の最高潮は、すべての女性の人生の中で特別な時期であり、通常は48±3歳で、性ホルモンのレベルの低下および生殖機能のゆるやかな喪失を伴います。医学では、更年期障害は時間の経過とともに伸びる一連の生理学的事象です。さまざまな資料では、更年期の調整は最大10年間続きます。適切な組織

閉経期の潮汐は、「不機嫌そうな」年齢の女性の大多数にとってなじみのある問題です。そのような不快な生理学的徴候の根拠は、女性の性ホルモンのレベルの低下、そして結果として、女性の身体全体の不可避的な年齢に関連した再構築である。

ディル水は更年期障害の悪い症状を取り除き、のぼせの回数を減らし、睡眠を正常化させるのに役立ちます。その準備のために、大さじ3杯の乾燥したディルの種を半リットルの沸騰したお湯で注ぎ、それを魔法瓶で1時間醸造しましょう。

更年期はすべての女性にとって真剣な試練であり、それはある種の理論的背景を持つこの避けられない問題に取り組むことが必要です。本質的に、更年期障害は不自然ではありませんが、この時点で発生する条件は非常に厄介で不快なことがあります。

植物療法におけるホルモン破壊の治療には包括的なアプローチがあり、植物ホルモンに富んだ植物が含まれます。植物起源の物質は、摂取すると天然のヒトホルモンに特徴的な活性を示しますが、数倍弱いものです。

症状の原因

男性における更年期障害の原因は、身体​​機能の漸進的な消滅および老化の過程におけるそれらの減速である。これらの変化はすべての男性の体で起こり、深刻な懸念を引き起こしてはいけません。以下の理由による早期症状

  • ホルモンの不均衡
  • 持続性の怪我、特に性器領域または視床下部に属するもの、
  • 慢性感染症
  • 抗生物質またはホルモン剤の長期使用
  • 糖尿病
  • 慢性高血圧

  • アルコール依存症、
  • 無差別で不規則な性的関係
  • 泌尿生殖器系の炎症性疾患
  • 良性または悪性の腫瘍
  • 低体力、
  • 放射線、職業上の危険、
  • ストレス、うつ病。

これらの理由の多くは、座りがちな仕事の間の男性の生活の日常的な写真、シンドロームを著しくもたらすアルコールへの依存、そして男性に閉経がどのように現れるかです。

症候群の医用画像

男性の更年期は40年から始まり、3 - 5年続きます。この年齢は、視床下部および下垂体の働きにおける身体の再構成および機能的変化を伴う。精巣との生物学的関係は徐々に壊れ、血中のテストステロンのレベルは下がります。

精巣の内腔を裏打ちする組織は、徐々に脂肪に置き換えられ、精巣の自然な萎縮を開始します。血中のテストステロンの量を減らすと、生殖器官の不均衡、内分泌障害、性欲減退および代謝障害が伴います。

更年期が男性であるかどうかの質問に対する答えは肯定的です。あなたは静かに更年期障害を治療する必要があります - それは男性の生活の不可欠な部分であり、この期間中にあなたの健康への特別なアプローチを必要とします。

心臓の症状

心血管系の症状における男性の更年期障害とは

  • ほてりのセンセーション - 男性のほてりは、顔や頭全体への血の流れ、肌の発赤、触知可能な熱によって表現されます。
  • 運動後のめまい - 身体的または知的、
  • 手足のしびれ、チクチクする感覚、
  • 高血圧症、
  • 不整脈、
  • 突然血圧が急上昇する。

男性更年期症候群は、特に内分泌系と心血管系に影響を与えます。生殖器系の変化が正常であれば、内分泌系と心臓の病理は発達し慢性期に入る可能性があるため、医師による観察が必要です。

内分泌系の変化

女性タイプの脂肪組織の沈着 - 大きな腹部の外観、胸部の脂肪沈着物の蓄積、太もも。胸部への脂肪組織の沈着は女性化乳房と呼ばれます。

内分泌系の一部に男性の更年期障害の兆候が突然の悲しみへの道を与え、喜びの不当なバーストを表すことができます。無関心と一人でいることへの欲求もホルモンの働きの結果です。このとき、甲状腺、副腎、前立腺の病気が発症します。眠りに落ちることや朝起きること、睡眠パターンに違反することは難しいかもしれません。変化を引き起こすのは更年期障害だけでなく年齢でもあるので、病気の急性期の発症を防ぐためには医師からの特別な観察が必要です。

泌尿生殖器系

泌尿生殖器系の男性における閉経の症状を特に明確に示した。現時点では、尿失禁などの問題は、特に夜間に頻繁に排尿を促します。

勃起機能と産生される精子の量が減ります - その質と生殖価値も減ります。射精は時期尚早で、早く、そして人間によって制御されにくいことがあります。

男性はほとんどの場合、尿失禁の問題を心配しています。 45歳に達した男性の半数がこの問題を訴えています。この問題はまず泌尿器科医で解決する必要があります - おそらく、尿路と膀胱に不規則性があります。しかし、無許可の決定までそれを残すことは不可能です、さもなければ問題は一生続く。

体調

物理的に、男性の更年期障害の症状は以下のように現れます:

  • 体力の低下
  • 腕、足が弱い
  • 筋肉にけいれんがあるかもしれません、
  • 急激な疲労
  • 下腹部の重さの感覚、
  • 眠気、
  • 食欲の増減

この状態が男性の更年期障害だけでなく、彼らの健康に対する通常の過労、処理および怠慢な態度によっても引き起こされることを忘れないでください。

心理状態

男性における更年期障害の心理的徴候は以下のように現れます:

  • 自尊心が低い、
  • 疎外感、孤独感、
  • 過敏性、
  • 遅さ、物忘れ、
  • クイックテンパー、
  • 悪夢
  • 彼らの職業に対する興味の喪失
  • 夜間の頻繁な目覚め
  • 神経衰弱
  • 脆弱性 - この年齢は心気症の攻撃を特徴としています。

統計によると、特に閉経期が両方のパートナーで同じ場合、カップルはこの時点で開始します。したがって、症状が生活の質を低下させ、家族関係を妨げる場合は、この現象の性質を理解し、心理学者に助けを求めることが重要です。

神経衰弱は別のより深刻な病気、神経痛を引き起こす可能性があります。それは明るい疼痛症候群によって表現され、治療を必要とします。神経痛は、座りがちな生活習慣や時差ぼけによっても起こることがあります。

最初の症状

更年期障害は最初に現れた:

  • 急激な疲労の増加
  • 軽い運動後の息切れ、
  • 尿の弱い流れである、膀胱を空にしたいという頻繁な衝動
  • 感情的な不均衡、うつ病、
  • 性的行為に関する問題。

これらの症状はすべて背景やその他の生活上の要因で発生することがありますが、夜尿症の発症を防ぐためには医師、特に泌尿器科医に相談する必要があります。

考えられる合併症

男性の更年期障害の晩期治療は、冠状動脈性心臓病、狭心症、脳卒中などの心血管系側の結果につながる可能性があります。これは、少なくとも対症療法ではありません。

異なる性質の腫瘍が、精巣や前立腺、心身症、アルツハイマー病などに発生する可能性があります。症状が深刻な生活習慣を乱し、妨げる場合は、診断と治療が必要です。

治療方法

治療気象症状は包括的である必要があります。この目的のために、患者は以下のことを行います。

  • 心身症の治療のための心理学者、
  • 泌尿器科医、
  • 心臓専門医、
  • 内分泌学者

薬は、ホルモンレベル、免疫調節薬、鎮静薬の修正のために処方されたホルモン薬です。抗うつ薬と薬草を処方することができます。

テストステロンを基にしたホルモン薬は更年期障害の症状の大部分を取り除きそしてこの時期をかなり落ち着いて生き残るのを助けます。

標的治療を処方された更年期障害を背景に発症を検出した場合。一般に、自宅で更年期障害を治療し、完全な食事、安静、適度な運動を確実にし、そして処理を排除することが可能である。

男性に更年期障害をする

はい、閉経は女性だけでなく男性にも起こります。医学では、男性の更年期障害は「加齢性アンドロゲン欠乏症」または「部分的アンドロゲン欠乏症」と呼ばれ、閉経期という名前は男性にも「男性更年期障害」と呼ばれています。医者はその徴候を血中のテストステロンのレベルの急激な減少と関連付けます。

クライマックスは男性の約3分の1に見られますが、残りの部分ではほとんど無症状です。アンドロゲン欠乏症は45歳と85歳で発生する可能性があり、テストステロン減少の遺伝歴を調査する以外はそれを予測することは非常に困難ですが、いずれにせよ、その原因は個々です。

そして残念なことに、すべての環境的および社会的問題を抱える現代社会では、多くの男性は単に閉経が始まるまで生きる時間がありません。

それが苦情や臨床症状を伴わない限り、男性のクライマックスは身体の老化の生理学的過程の正常な症状です。

45歳で現れたクライマックスは、60歳後 - 早期と呼ばれます。不満や心血管系、神経系、泌尿生殖器系の変化が起こった場合、閉経期は病理学的と呼ばれます。

部分的アンドロゲン欠乏症では、テストステロン分泌量は減少しますが、男性の生殖機能は残ります。女性の場合のように、これは急激な低下なしに、徐々に起こります。

さらに、更年期障害とインポテンツを混同しないでください - 更年期障害の発症により、受胎能と性欲は減少しますが、勃起は変化しません。そして無力で、観察されるのは勃起不全であり、それは性交を行うことを不可能にします。

更年期障害の早期発症に寄与する要因

男性のテストステロンのレベルは35 - 40年後に徐々に低下し始めますが、このプロセスは悪い習慣や他のマイナス要因が原因で加速されることがあります。

  • 飲み過ぎ、
  • たばこ
  • 薬物使用
  • 摂食障害、バランスの悪い食事、
  • 太りすぎ、肥満の問題、
  • 感情的なストレス、ストレス、うつ病、
  • 座りがちな生活、身体活動の欠如、
  • セックスからの棄権の長い期間、
  • 性的パートナーの頻繁な変化。

したがって、男性の更年期障害の発現をできるだけ遅らせるために、記載されている要因を除外してください。
健康問題は男性更年期の経過を悪化させるだけです:

  • 腫瘍性疾患、特に生殖器
  • 体に有毒で放射線による損傷
  • 泌尿生殖器系の疾患(先天性異常、性腺機能低下症、クリプトコリズム)、
  • 心血管系の疾患(高血圧、糖尿病、アテローム性動脈硬化)

年齢アンドロゲン欠乏症の徴候

男性の更年期障害の兆候の兆候は、一般的な健康状態、男性の身体的および性的活動などによって異なります。多くの場合、部分的なアンドロゲン欠乏症は顕著な症状を示さないかもしれません。

男性更年期の症状

それ以外の場合は、次のようになります。

  • 神経過敏性、過敏性、
  • 活力の低下、嗜眠、無関心、
  • 気分のむら、うつ病、
  • 不安、抑うつ感、不当な恐れ、
  • 集中力や記憶力の低下
  • 睡眠障害(不眠症)
  • めまい
  • パフォーマンスの低下、疲労、
  • 乾燥肌
  • 発汗が増加しました。

身体機能の崩壊

更年期障害のより深刻な徴候は体の正常な機能に影響を及ぼします:

  • 血圧降下
  • 心調律障害(不整脈、頻脈など)
  • 息切れしている、
  • 特に後頭部で頻繁な頭痛、
  • ほてり - 大量の発汗、顔の発赤、首の痛み、
  • 体重増加、腹部や太ももへの脂肪の蓄積
  • 排尿の問題。

性的機能不全

別に、性的機能不全の徴候を除外することが必要です。それは本質的に個人的で、かなりゆっくり起こることができます:

  • 性交の期間を減らす
  • 性的欲求の減少
  • 素早い射精
  • オルガスムの悪化またはその消失
  • 精子および精子の減少

体内では、すべてが相互に関連しており、上に挙げた症状のいくつかは、実際には、テストステロン産生の減少によるものではなく、不要な経験、ストレスおよび「ねじれ」によるものであることがよくあります。体の年齢に関連した変化に対する過度に震えて神経質な態度は更年期障害の発症を悪化させることができます。

そしてその逆もあります。記載されている症状を無視して、年齢に応じてすべてを切り捨てないでください。それらのいくつかはまた糖尿病を示しているかもしれません。正確な診断と治療の選択のために、それは医者に相談することが必要です。

クライマックスを決定するために、医師は血清テストステロンレベルの血液検査を処方します。 50歳になると、症状に関係なく、泌尿器科医、男性科医、心理学者を訪ねる必要があります。心臓専門医や神経内科医を訪れるのも便利です。

アンドロポーズ防止

  1. 更年期障害の症状が現れる前に健康に気を配ることができます。医学者は更年期障害がテストステロンの高レベルの男性を愛するためにより困難であることを証明した。したがって、可能であれば、あなたのエネルギーを性的主流だけに向けないでください。
  2. 適度な運動は全身に役立ちますので、朝のエクササイズ(ダンベル、ウェイト、伸縮性のある包帯、その他の発射物など)を怠惰にしないでください。ごめんなさい、エレベーターの上ではなく、自分自身のためにすみません。
  3. 常に精神活動を維持します - もっと読む、学ぶ、もっと学ぶ。神経系の最適な状態を維持するために、長期的な見通しを構築し、アイデアを計画し、実行します。これは外国語、ヨガ、旅行の勉強かもしれません。
  4. 食物を追跡する - 緑、野菜や果物、天然物の食事療法に加え、炭水化物を多く含む食物の消費を制限し、塩、アルコール(特にビール)の使用を減らす。
  5. 心理的側面を忘れないでください - 自然な年齢に関連した変化を自然に扱います。白髪、体型のわずかな変化、性的欲求の減少は男性を悪化させません。セックスに関しては、セックスマラソンのチャンピオンになる機会よりも経験が重要です。性的活動を増加させる適切な薬物の任命のために、悪用がそれでも欲しいならば、それは医者に相談するのが良いです。

あなたが時間内にあなたのライフスタイルを取り、身体的および精神的ストレスを最適化し、そしてあなたの食事療法を調節すれば、Andropauseは遅くそして目立たなくなります。

あなたの健康を監視し、時間通りに医者に相談しなさい。
次の記事でお会いしましょう!

Pin
Send
Share
Send
Send