健康

月経の1週間前に下腹部が痛くなる(引っ張られる)原因:

Pin
Send
Share
Send
Send


女性の中には、月経の1週間前にまだ腹痛を持っている人がいます。この病気は女性の日常生活に不快感をもたらします。彼女を助けるために、あなたは最初に痛みの原因を見つけなければなりません。月経の1週間前に女の子が下腹部に激痛を感じた場合、彼女は婦人科医に会う必要があります。専門家だけが原因を突き止め、不快な問題に対処するのを助けることができます。

倦怠感の原因と症状

ほとんどの場合、月経の1週間前に、女性に婦人科異常があると下腹部が痛くなります。原因は、子宮内またはその粘膜上の炎症過程である可能性があります。おそらく泌尿生殖器系に感染があります。この場合の痛みは主に下腹部を掴んでぎくしゃくとしつこいです、そのような痛みを伴う感覚は月経周期の終わりまで続くことができます。この場合、あなたは主な理由を見つけ、時間通りに根本的な病気の治療を始めるべきです。

痛みを伴う感覚に加えて、女性は内訳、吐き気、頭痛を起こすことがあります。一般的な作業能力が低下すると、気分が悪くなります。下腹部と腰の強い引っ張りの痛みのために、あなたは深刻な合併症を防ぐためにできるだけ早く婦人科医に助けを求めるべきです。

月経の1週間前に病気の下腹部があり、子宮や腸に癒着が形成されている可能性があります。月経周期の前に、女性の性ホルモンエストロゲンの数が女性で減少するので、喜びホルモンのレベルも減少します。これは女性の体に悪影響を及ぼし、気分が悪くなり、乳腺や腹部に痛みが現れます。

重大な日の前に月経前症候群が女児に起こると、月経が原因で胃が痛むことが起こります。その理由は月経周期の違反であり、しばしば排卵の遅れにつながります。医師にとって月経の何日前にこれらの不快な問題が始まるかを知ることは重要です。別の週に胃が痛くなり始め、月経が始まらないことが起こります。 原因は炎症、ホルモン不全、周期障害、または妊娠です。 痛みが月経の開始の1日か2日前に現れる場合、それからほとんどの場合これは正常です。

痛みが泌尿生殖器系の疾患によって引き起こされている場合、月経周期は関係ありません。しかし、そのような症状は短命で不規則です。疼痛の原因と治療を開始する時期を正しく特定できれば、起こりうるより深刻な合併症を避けることができます。

時々痛みは軽度の出血を伴う、この問題は避妊薬を服用している女性によく発生します。多くの場合、この現象は婦人科医への訪問後または性交後に発生します。いずれにせよ、出血が妊娠の原因となるのは、必ず医師に相談することです。

ほとんどの女性は月経前に腹部の痛みを感じます、あなたは毎月あなたの体に耳を傾ける必要があります。そして、彼らが定期的で強いのであれば、それから専門家から助けを求めることが必要です。この場合の自己治療は女性の健康に危険を及ぼす可能性があります、彼らは従事してはいけません。

女性を助ける方法

最終診断の前に、医師は間違いなく女性を診察し、分析のために子宮頸部から塗抹標本を取ります。必要に応じて、骨盤内臓器の超音波検査。すべての結果に基づいてのみ、医師は原因を突き止め、診断を下し、必要に応じて適切な治療を処方します。

腹痛が非常に強い場合、医師は鎮痛剤、例えばイブプロフェン、ケトンを処方することがあります。医師は健康状態に応じて、各患者に個別に投与量と治療方針を処方します。

女の子が妊娠を計画していない場合、避妊薬は彼女を助けることができる、彼らは痛みを和らげるかさらには完全にそれを排除することができます。しかし、それらは婦人科医の処方に従って厳密に服用されるべきです。興奮して感情的な患者さん、神経系を落ち着かせるために、ハーブチンキ剤を飲むことができます。痛みを和らげることは、バレリアンの助けとなります。

問題がホルモン破壊に関連しているとき、医師はホルモン療法を処方することがあります。痛みが感染症によるものである場合は、抗菌治療が行われます。あなたは不快な感覚の間に温かいお風呂に入ることができます、それは筋肉を弛緩させ、神経を落ち着かせるのを助けます。お好みのエッセンシャルオイルを水に数滴加えることをお勧めします。機会があるならば、そのような日に女性が家で休むこと、よく眠ることがより良いです。痛みが感じられる腹部では、手のひらで軽いマッサージ運動をするのが便利です。

予防策

月経前の腹痛が定期的に起こる場合は、前日に警告するようにしてください。そのような期間中は、女性が適切に栄養を与えることが重要です。食事はカルシウム、新鮮な野菜や果物が豊富な食品で占められるべきです。非常に辛い、燻製、塩味の料理、コーヒー、アルコール、喫煙は放棄する必要があります。

サイクルの開始の約1週間前に、心地よいハーブティーを飲むのが便利です。運動を制限する必要があります、良い身体運動は血管を強化し、循環系を正常化するのに役立ちます。ヨガの予防のための良い助け。

女性をストレスの多い状況から守ることが望ましいです、彼女はこの期間中に医者によって処方された様々なビタミン複合体を使うべきです。私たちはしばしば新鮮な空気の中を歩き、もっと休憩しなければならない。婦人科医のすべての勧告の厳格な実施のみが、重要な日の前に彼女の胃の不快な痛みから女性を保護するのに役立ちます。

1痛み症候群の説明

健康状態の悪さや腹部の不快感の原因はさまざまです。ほとんどの場合、この期間中、通常の体の状態では、わずかな短い痛みがあります。しかし、痛みが激しくなり、恒久的になり、通常の生活に支障をきたすようになった場合は、専門医を訪問する必要があります。彼は検査を行い、痛みの正確な原因を特定することができます。月経周期が腹部に耐え難いほど痛い場合、それは女性の体の問題についての警告信号になることがあります。

痛みを伴う日数の最も一般的な原因は、婦人科疾患を報告する疾患であり、月経中の疼痛症候群です。疼痛症候群は、女性人口のほぼ半分に発生し、子宮内の炎症過程、その内部粘膜上、または泌尿生殖器領域内の感染と共に発生する、この疾患の随伴症状と考えられている。したがって、治療法は問題の主な原因を取り除き、それから病気に対処しなければなりません。

この偏差で定期的に下腹部を引っ張ります。多くの場合、重症度は月経の出現前に始まり、月経周期の終わりまで続きます。痛みは強さと期間が異なります。彼女はしつこく引っ張る性質を持っています。時にはそれが腸領域を傷つけるように感じます。

痛みを伴う効果に加えて、女性は、吐き気がなく、無力に感じ、頭痛、うつ病、およびうつ病に苦しむことがあります。概して、この病気に罹患している女性は、パフォーマンスを乱し、気分を悪くし、気分を悪くした。

2考えられる原因

月経前の痛みを伴う感覚の他の原因があります。それらのいくつかはここにあります:

  1. 下腹部の月経痛の1週間前に腸や子宮腔にシール(癒着)が形成される可能性があるという理由。
  2. 月経周期の前に、女性の性ホルモンの数は急激に減少し、それは喜びと喜びのホルモンのレベルの減少をもたらします。このような急激な低下は身体に悪影響を及ぼす、下腹部に痛みがある、乳腺の圧痛がある、憂うつな気分が現れる、さらには腸の不調が起こる。
  3. 批判的な日の前に月経前症候群を持つ少女もいます。彼は広範囲の被ばくをしているので、それゆえ、女性の感情面だけではないことを忘れないでください。
  4. 女性がけがをして骨盤領域で手術を受けた場合、下腹部にけいれん性の痛みがあるかもしれません。けいれんも腸を乱すことがあります。
  5. 腹痛は、感染症や低体温症が原因で起こりうる炎症過程に対する反応です。重度の切削痛やけいれんはすべて下腹部に集中しています。
  6. 月経周期の違反は(月経が始まる直前であっても)排卵を遅らせる可能性があります。それは短期的な痛みが排卵遅延の兆候になり得るということです。
  7. 痛みがどこから来ているのか正確に判断するのは難しいことがあります。多くの場合、その理由は胃の中ではなく腸の中に隠されています。したがって、これらの痛みの感覚の特徴を知ることが重要です。例えば、月経前の状態では、痛む、引っ張る、痛むような感覚があり、腸が苦しんでいるとき - 痙攣性です。けいれんとともに、膨満感、ガス、およびゴロゴロという音が観察されます。

月経周期(無月経、月経困難症、月経過多、月経困難症など)や膣の異栄養症に伴う問題の治療と予防のために、読者は婦人科医のLeyla Adamovaの簡単なアドバイスをうまく使います。この方法を注意深く研究したので、私達はあなたの注意にそれを提供することにしました。

3ヶ月の遅れ

1週間で背中が引っ張られて腹痛が起こり、月経が始まらない状況があります。このような遅れは、月経不順、卵巣機能、子宮内の炎症過程またはホルモン破壊によって引き起こされる可能性があります。女性がセックスをしているなら、あなたは妊娠の可能性を割り引く必要はありません。

女の子が本当に妊娠しているならば、それから子宮は良い状態にあります、そして、それは下腹部の鋭い痛みと重さを伴います。このような痛みや子宮の緊張が流産の原因になる可能性があるため、医師の診察は邪魔になりません。

妊娠検査が陰性であるとき、それは症状を分析して本当の原因を見つける価値があります。

4非周期性の痛み

非周期性疼痛は月経周期とは関係がないため、尿路結石症または膀胱炎を伴う骨盤腔内の静脈瘤により胃が痛む可能性があります。

  • KAK水中トリップ?

概して、そのような痛みは不規則で短期間であり、ほとんどの場合婦人科分野に関連していません。疼痛症候群をできるだけ早く取り除き、その発生の原因を突き止め、そして必要な一連の治療を受けることが必要です。

5不安の原因がない場合

生殖年齢では、女性の体に起こるすべてのものは、月経周期を制御する性ホルモンの産生に関連しています。ホルモンの変化は非常に動的で、不安定で不安定です。そのため、ホルモンのレベルは頻繁にそしていつでも変化する可能性があります。

月経が引っ張って腹が痛む前の週。時々それは膨満感が原因であるかもしれません。月経の間、プロゲステロンのレベルは上がり、このホルモンは腸に影響を与えます。したがって、すでに腸の働きに問題がある女性は、ガス貯留、痛みおよび便秘かもしれません。

ほとんどすべての女性が月経前症候群を経験します。頭痛、うつ病、緊張感、吐き気が起こり、月経が始まる前に下腹部を引っ張ると、女性は特に睡眠を必要としていると感じ、すぐに疲れます。このような症状は、子宮の腫れによって引き起こされ、身体は受胎の準備ができていると報告しますが、これは病理学を示すものではありません。体内の水分と電解質のバランスに一時的な違反があります。蓄積して残っているすべての液体は、膨潤して胃を引き下げることがあります。

6医者を訪ねる必要があるとき

女性人口の半分以上が下腹部に不快感や痛みを感じています。 一部の人にとっては、その痛みは耐え難いもので、鎮痛剤を服用しなければなりません。しかし、激しい痛み - 専門家に助言を求める理由。

以下のような状況下では、婦人科医に援助が必要です。

  • 痛みを伴う効果を伴う月経周期は7日以上続きます。
  • 大量の出血を伴う腹痛
  • 体温が高い
  • 一ヶ月の間に、短い間隔でいくつかの期間があります、
  • 重要な日々が痛みを伴わずに過ぎる前
  • 妊娠の疑いがあります。

また、専門家を訪問する理由は、月経周期の間およびそれが始まる前の意識喪失である可能性があります。ひどい痛みの出現に寄与することができる悪い習慣(アルコール、喫煙)と神経系の病気について忘れないでください。

この強度の痛みは、隠れた感染症、炎症、女性の体内の重篤な病気を示しています。これは、生殖機能に悪影響を及ぼしたり、子供を産む過程を悪化させることがあります。

月経のわずか1週間前に腹部と腰にわずかな引っ張りの痛みがある場合は、胸が大きくなり、その後パニックを起こす必要はありません。

あなたは慎重にあなたの体に耳を傾け、慎重に痛みの強さを分析しなければなりません。そして何か変わったことに気づいたら、婦人科医への訪問を延期してはいけません。

7治療方法

痛みを抑えることは、医学的な方法と他の方法の両方が可能です。後者の場合、試すことができます:

  1. 熱を使う。多くの場合、通常の温水ボトルまたは単純な温水ボトルで子宮を弛緩させることができます。必要なのは、胃に温めて、いくらか休むことです。
  2. 浴室であなたの体を甘やかす。温水と温水シャワー付きのリラックスできるお風呂は効果的に胃のトラブルに対抗します。このとき、筋肉はすべて弛緩して神経細胞を落ち着かせます。
  3. 鎮痛剤を飲んでください。胃がひどく傷ついたら、特別な鎮痛剤は子宮の強い収縮を除去し、苦痛を減らすことができます。彼らは彼らが必要とされる限り服用することができます。月経周期の数日前に受付を開始することをお勧めする医師もいます。しかし、すべてが尺度になるはずです。
  4. 神経系を落ち着かせる。興奮して感情的な女性は、神経系を落ち着かせるためにハーブのチンキ剤を飲むことができます。普通のバレリアンは痛みを和らげることができます。
  5. 避妊薬を飲む。彼らは痛みを著しく弱め、そして時には完全にそれらを取り除きます。経口避妊薬は重要な日々の不快な瞬間に効果的に対処しますが、服用する前に必ず医師に相談してください。

緊張する必要はありません、痛みを許します。家庭用薬について覚えています。月経の1週間前に胃を引っ張る場合は、婦人科医への訪問について考えてください。問題がさまざまな病気によって引き起こされるとき、痛みは病気が解決するまで終わりません。

そして秘密について少し。

あなたは今までに問題を抱えていますか 月経周期?この記事を読んでいるという事実から判断すると、勝利はあなたの側にはありませんでした。そしてもちろん、あなたはそれが何であるかを直接知りません。

  • 重いかわずかな血栓
  • 胸や腰の痛み
  • セックスしながら痛み
  • 不快な匂い
  • 排尿の不快感

そして今、質問に答えてください:それはあなたに合っていますか?問題に耐えることは可能ですか?そして、あなたはすでにどれだけのお金を無効な治療に「リーク」していますか?そうです - これで終わりです!あなたは同意しますか?そのため、ロシアのLeyla Adamova首席婦人科医とのインタビューを発表することにしました。その中で彼女は月経周期を正常化するという単純な秘密を明らかにしました。記事を読む...

関連記事

  • 月経不足の理由

ここで私は胃腸管にまさにそのような問題を抱えています、私はまた月経前、そしてそれの間に、常に胃がボールのように腫れているのです。それが何であるかのために。下腹部や腰部も引っ張られますが、それほど痛くはありませんが、不快に感じることはしたくないので、ヒーティングパッドと温かいお風呂をかけます。

ほとんど読む:

毎月の濃い血 - 異常の主な原因
暗闇の理由...

月経前に胃が痛む理由:推定原因
胃の痛み

私たちは毎月何もない、そしてテストが否定的である理由を理解しています
毎月の遅れ...

膣のジステリア症 - 治療法、症状、原因、薬
異常症...

女性の腹痛、健康のABC
痛みの原因は...

植物の塗抹標本:それを解読する方法、私の婦人科医
〜のスミア分析

中絶(流産)、疾病ハンドブック
中絶(流産)...

女性からの濃い白の排出
出現する理由...

妊娠していなければどうしたらいいですか。
どうして行かないの?

正常な膣ミクロフローラ、Rumyantsev、md
Rumyantsev、md ...

月経時の激痛
激痛

妊娠のためのBorovaya子宮
ボロバヤ子宮...

毎月先週
なぜ毎月...

月経中の血の色
これについては...

尿失禁、尿失禁治療
失禁率...

人工陣痛 - 医学的理由から妊娠20週後の陣痛の誘発。
あなたが知る必要があるもの...

ピンクのミッドサイクルハイライト - ピンクのハイライト - Lee-laneユーザー(id1984937)の記録…
ピンクが強調表示されています...

血栓が豊富な時期:原因、発生率、病理、いつ医師に行くべきか
理由は豊富です...

膣ミクロフローラ
ミクロフローラ水分

抗生物質のツグミ:予防と治療
若さを治療する方法...

出産後の豊富な期間:なぜ強く行く、何をすべきか?
決勝レース後...

ガードネレラ:症状、ガードネレラの治療
ガードネレラ:si ...

卵管不妊症:予防、症状および効果的な治療
ファロ病理...

タンポンとパッドのどちらが良いですか?
どちらが良いですか:沼地...

痛みの生理学的原因

退院の性質と期間、月経前の何日間の胃痛 - それはすべて女性の体のホルモンの背景に依存します。エストロゲンレベル、プロゲステロンは、特に生殖器系の働きと月経周期を決定します。

健康な女性では、生理的な理由で胃が痛くなることがあります。

  1. 低疼痛閾値。不快感に対する高い感受性は、月経の1週間前に胃が痛む理由を説明します。子宮収縮は神経受容体の刺激を引き起こし、下腹部にけいれんを引き起こします。
  2. 膨らみ 月経開始のおよそ3〜6日前に、下垂体ホルモンの産生が体内の水分貯留につながります。 浮腫は、外面だけでなく、主に顔面や下肢にも発生しますが、内臓にも発生します。その結果、腹部が痛くなり、腰や横にも痛みが生じることがあります。
  3. 子宮内装置に対する反応下腹部の毎月の痛みの1週間前にこのツールを着用するとき。その存在は、より明確になる子宮収縮を促進します。月経前の1週間の痛みは、特定の経口避妊薬を定期的に摂取すると起こることがあります。
  4. エンドルフィン欠乏症このため、月経前に背中や腹部が痛くなることがよくあります。鎮痛物質であるこのホルモンのレベルは、サイクルの後半に低下し、その結果として女性の痛みの閾値が上昇します。
  5. 物理的な過負荷クリティカルな日の3〜4日前に、体重の上昇、過度のスポーツ、感情的な過度の緊張が原因で、腹部の不快感が低下することがあります。この場合、痛みは腹腔の内側にはありません - 筋肉の痛み。

生理的理由による不快感、短命。 5日間で下腹部を引っ張っても、不快感の強度が低下しない場合、 感染性および炎症性の病状を発症する危険性があります。 それらは、通常の月経血とは大きく異なる分泌物の色によって示されます - 通常、月経血は暗くても黒であってはなりませんが、不純物や介在物のない通常の液体濃度を持ちます。

病理学的原因

月経前の1週間および批判的な日の間の腹痛は、感染性または炎症性の過程のために病理学的原因を有し得る。これらが含まれます:

  1. 月経困難症。女性の最大70%がこの病気にかかっていると推定されています。この状態は、性ホルモンが過剰に産生されるという事実のために子宮の強い収縮によって引き起こされます。痛みの他にも、めまい、下痢、嘔吐、頭痛、失神などの他の病気があります。
  2. PMS下腹が長い間(1週間以上)月経に達すると、女性はほてり、頻繁な気分の変化、発汗、めまいを感じます。これは月経前症候群の存在を示します。この状態は、臨界日の開始の約2週間前にプロゲステロンとエストロゲンの合成が減少することによって引き起こされます。
  3. 腸疾患多くの場合、下腹部の引っ張りや鋭い痛みは、女性の生殖器の炎症や感染とは関係ありません。それらは、胃十二指腸炎、胃炎、潰瘍によって引き起こされ得る。
  4. 子宮の病理学的構造、器官の発達不足。この場合、分離した子宮内膜の流出が妨げられ、そして血液の鬱血および付随する痛みが起こり得る。

他の原因には、子宮外妊娠、ホルモン不全、最近の分娩または中絶、そして怪我が含まれます。また、不快な感覚は卵の放出を伴うかもしれません。この場合、排卵が鼠径部を引っ張った後、これが標準です。

深刻な病状の場合の痛みは独立しては現れない。他の病気がある場合は、どの症状が不快な感覚を伴うのかを詳細に検討する必要があります。

気温の上昇、悪寒、出血の増加、周期のずれがある場合は、この症状の原因を特定する必要があります。

接近する月経の兆候

各女性の月経の開始は、さまざまな症状を特徴としています。そのうちの一つは、下腹部を10日間以上月経に引っ張ったときの状態です。さらに、重要な日に近づく兆候が他にもあります。

  • 約7日で、ホルモンの不均衡の中で顔に炎症とニキビを引き起こす可能性があります。
  • 月経前の痛みはしばしば吐き気、味の変化、嗅覚障害を伴います。
  • 月経が始まる10日前に毎月、食欲が増すこともありますが、これはホルモンの変化によるものです。
  • 胸部に痛む感覚があり、柔らかい組織が腫れ、月経前に胸部に痛みがあり、それはわずかに増加します。腹部の痛み、腰、乳腺の腫れも、体内のホルモンの変化によって引き起こされます。
  • 腹部に不快感が現れる - 鼓腸、下痢、または便秘
  • 気分の変化、不眠症があります。

すべてのこの症状複合体は月経前症候群について話しています。通常、月の始まりの8〜9日前に発症します。

病理の形態に応じて、女性は攻撃性、不安、鬱病、腫脹、過度の過敏性、頭痛、血圧の跳躍、さらにはパニック発作を経験することがあります。

これに伴い、期間までのPMSの背景に、胃が痛くなり始めます、不快感はまた腰、足、心臓と胸骨の領域に局在化することができます。

それはまさに女性ホルモンの濃度の増加とともに特有の状態が観察される - 吐き気、時には月経開始の直前に、乳房過敏症の特徴的な出現、朝の嘔吐、食物の味の変化、ある種の匂いへの嫌悪を伴う妊娠感があるかもしれない。

月経中の痛みを伴う感覚に対処することができる最も人気のある効果的な薬のリストは以下のとおりです。

  • パラセタモール
  • アスピリン
  • ピロキシカム、
  • イブプロフェン
  • ケトプロフェン、
  • ナプロキセン

鎮痛剤に加えて、鎮痙薬が広く使用されています。これは、平滑筋を弛緩させ、痛みの強度を軽減します。

激しい痛みを伴う場合は、鎮痙薬と抗炎症性非ステロイド薬を同時に服用することをお勧めします。これはあなたが不快感を排除し、それを引き起こしたけいれんを止めることができます。薬を3日以上続けて使用しないでください。

民間療法

激しい痛みや軽い痛みがある場合は鎮痛剤の助けを借りずに、実績のある民間療法を使って症状を緩和することができます。

  • カモミールは免疫システムを強化し、わずかな鎮静作用があり、植物のエッセンシャルオイルは天然の鎮痛剤と見なされます。
  • ラズベリーは周期を調整し、苦痛を取り除きます、
  • メリッサはまた穏やかな鎮静作用があり、不眠症、不安、過敏性のために処方されます、
  • エレカンパの根はホルモンの背景を安定させ、月経過多の間の痛みを伴う不快感を取り除きます。
  • スギナは、抗炎症作用、軽度の利尿作用、引き締め作用を持ち、重度の疼痛があるときに重要な日に使用されます。

長期にわたる不快感、毎月の月経を繰り返す、周期間の退院の出現、周期の違反、痛みの増加または出血 - 直ちに医師の治療を必要とする症状。

何日が標準なのか

月経中の低い腹部不快感は、この期間中の女性の一般的な状態です。ほとんどの場合、月経の1週間前と最初の数日間は腹部を引っ張ります。これはホルモンのエストロゲンの利用可能性の増加と血中へのプロスタグランジンとヒスタミンの強い放出によるものです。

しかし、他の理由(虫垂の炎症、子宮、腸管の疾患)のために、月経が始まる1週間前に胃が引っ張ることがあります。どの場合に不快感が標準であるのか、そしてそれらがいつ病気の発症を知らせるのかを区別することが重要です。

下腹部が引っ張り、毎月

あなたが下腹部が引っ張るような状況があり、月経期間がない場合、これは月経のアプローチを意味するかもしれないなど、これには多くの理由があるかもしれません。ただし、月経の開始が間もなく計画されていない場合は、いくつかの要因がおなかのこの動作を引き起こす可能性があります。

妊娠

はい、それはとても恐れていること、あるいは女性がそんなに待っていることかもしれません。下腹部が引っ張って月経がない状況は、妊娠の最初の日によく見られます。この症状に加えて、過敏性や吐き気も存在する可能性があり、あなたは胸の腫れを観察することがあります。これらの症状は通常妊娠の最初の週に起こり、同時にわずかな褐色の退院も見られます。月経の開始と混同される可能性があります。引っ張る感覚は子宮の筋肉の伸張によって引き起こされます、そして、妊娠の間、彼らは1週間以上続くべきで、強すぎてはいけません。弱い疼痛は子宮外妊娠の徴候である可能性があります。あなたがチューブの隙間を狭めているならば、これの可能性は高いです。

流産の脅威

流産の可能性は妊娠初期に最も高くなります。あなたがあなたの興味深い立場に気付いていないならば、子宮の足場を得るために卵細胞の失敗した試みは普通の月経に成長するでしょう。そしてこの場合、下腹部が引っ張り、月経がないという感覚は、迅速なアプローチだけを意味します。しかし、あなたがあなたの妊娠について知っていて、そして上で説明されたすべての徴候を感じるならば、あなたはすぐにこの事態の原因を見つけるために医者に意見を聞くべきです。ほとんどの場合、これらの症状は子宮の緊張の増加が原因で発生し、あなたがそれらを無視した場合、結果は悲しいことができます。

炎症

下腹部が引っ張って月経がない状況は、炎症過程によって引き起こされる可能性があります。典型的には、この場合の痛みは本質的に悩みや痛みであり、腰に与えることができます。これは炎症過程が発達の初期段階にあることを意味します、しかし時間が経つにつれて、痛みの力は増加するだけです。

腹部を引っ張ります、そして毎月ではありません - それはまた尿路の感染症の徴候である可能性があるだけでなく、性感染症になることができる病気の病原体の高活動性でもあります。

女性の体の中のホルモンのバランスが正しいならば、月経の前に下腹部を引っ張るとき、問題は、月経周期のどの期間においても公平なセックスでは起こりません。それでも痛みがある場合は、プロスタグランジンが原因である可能性があります。このホルモンは、その過剰な産生により、子宮の筋肉の収縮を強化し、それが月経の過程を痛くします。身体にこのような違反があった場合、痛みは通常月経の終わりに現れます。ホルモン障害は甲状腺の活動の増加によって引き起こされる可能性があり、不眠症、体重の変化などのような他の多くの症状もあります。

月経、症状の1週間前に腹部を引っ張ります

多くの場合、月経の1週間前に女の子の腹部が低くなり、退院中に不快感や痛みを感じます。これは、子宮の筋肉が収縮し始めるために始まります。月経時に胃が痛くなるという事実に悪いことは何もありません。これは自然の過程です。しかし、毎月下腹部を引っ張るとき何をするべきですか?これが病院に行く理由であるので、そのような症状は女の子に興味を起こさせるはずです。まず第一にそれは体に障害や病気があるという事実につながるので、そのような不快な症状を与える理由は、誰もがそれらについて知っておくべきです。

月経前の腹痛の兆候は何ですか?

月経前の1週間はなぜ痛みますか?月経の開始が近づくほど、腹部に不快感を感じる女性が増えます。これらの症状は、赤日の発症の約1週間前に現れます。理由は非常に異なるかもしれないので、あなたはそれらのそれぞれについて知っておくべきです。

最初のそして最も重要な理由はホルモンの変化です。周期の2番目の期間が始まると、体内のプロゲステロンは著しく増加し、月経が始まると、徐々に減少します。したがって、女の子は常に下腹部を傷つけます。プロゲステロンが非常に低い場合は、痛みが強くなりますので、経験豊富な医師が削除されます。

毎月の前夜にエンドルフィンの数が減少します。これもまた、胃の中で痛みを伴う可能性があるためです。月経の5日前に、子宮は腫れ始め、痛みを生じます。月経周期は、女性の幸福の悪化には影響しません。月経前週の腹痛は、以下のような要因により発生します。

  • 病気の腸や胃、
  • 様々な損害
  • 感染症

下腹部が毎月痛み、痛みが許容できない場合は、婦人科医に行く必要があります。その医者は不快感と激痛の原因を突き止めることができます。痛みは特別な準備で取り除くことができますが、自分で治療する価値はありません。医者は最初に診察し、それから薬を処方します。

月経前症候群

多くの女性はすでに自分の体を学んでいます、そして胃が痛くなり始めるとき、彼らはすでに数日のうちに彼らがある期間行くことを知っています。彼らは、この頃は彼らが現時点で感じる多くの症状のためにすぐに始まるだろうと理解しています。彼らの気分は悪化し、彼らは貧弱に眠り、そして不快に感じる。月経が起こるとき、そのような理由は普通です、しかし、これは病理学の始まりの徴候であるということが起こります。

月経の1週間前に胃を引っ張ります - これはすべておなじみのことです。これは解剖学的特性によるものか、または重篤な疾患の出現による可能性があります。月経前に女の子が体調が悪くなると、この状態は月経症候群と呼ばれ、次の症状があります。

  • ひどい疲れ
  • 機嫌が悪い
  • 胸部の腫れや不快感。

体の不快な感覚は通常の生活を妨げます。女性は助けを求めて医者に行き、痛みを軽減するために何をすべきかを見つけます。疼痛の原因は、悪い習慣、緊張感、炎症過程、および頻繁な中絶にも左右されます。朝の充電は、不快な症状を取り除くのに役立ちます。運動は女性が必要とするものです。さらに、それはあなたの食事療法の食事療法を検討し、生き方を確立するために価値があります。月経前に下腹部が痛いときは、散歩に行くことができます。新鮮な空気の中を歩くと、不快な症状が解消されます。

月経前症候群で非常に激しい痛みがある場合は、病院に行くことをお勧めします。医師はそのような症状を正確に示しているものを見つけることが可能になるであろう助けを借りて研究を参照します。基本的に、もし胃が邪魔をしているのであれば、すぐには発見できない深刻な病気になる可能性があります。例えば、子宮筋腫、感染症、およびさまざまな炎症過程です。おなかが痛いとき、それは女性にとって常に不快です、しかし、彼女はそのような症状で遅れるべきではないことを知っているべきですが、病院に行くべきです。医者だけが助けることができ、自己治療は状況を悪化させるだけです。

多くの場合、女性は自分で痛みを和らげますが、薬物を使用しません。良い食事と運動が助けになります。脂肪、塩辛いそして辛いものを食べることは禁じられています。あなたは果物と野菜で食事を薄めることができます、彼らは体の働きを調整して、そしてそれに多くの強さを与えます。また、コーヒーをたくさん飲まないでください、それは食事からそれを削除することをお勧めします。一日中疲れないためには、よく眠り、元気を取り戻すことが大切です。

胃の不快感を与える病気

週の前に腹部を引っ張ると、それはさまざまな病気になる可能性があります。あなたはあなたの体に耳を傾け、何があなたを悩ませているのかを判断する必要があります。最小の原因でも、診断の決定に役立ちます。痛みはこれらの病気について話すことができます:

  • 子宮筋腫、
  • 性器感染症
  • 子宮内膜症、
  • 嚢胞
  • 大量出血
  • 子宮外妊娠

内臓への傷害も引っ張りの痛みを与えます。悪いライフスタイル、飲酒、喫煙は体調不良につながります。また、間違った人生から、多数の病気の出現。このことから、月経が始まる7日前に胃が一掃され始めても、それが必ずしも月経につながるとは限らず、以下のような他の症状があると結論づけることができます。

  • 様々な損害
  • 腸疾患、
  • 骨盤内感染症。

痛みが非常に強い場合は、ピルを飲む必要がありますが、それはそれほど普通ではありません。婦人科医に行って詳細をすべて調べ、治療を開始することをお勧めします。

どのような場合でも心配する理由はありません

月経周期に作用するホルモンの量は絶えず変化しています。腹が痛むのは、その理由は、食事を変える必要があるだけでなく、排卵後に増加するホルモンでもあることを明らかにしています。腸の崩壊やホルモンの崩壊があると、蠕動運動は悪化します。ガスが増えて便秘が出る。

За несколько дней до начала месячных, число прогестерона снижается, и начинается пред менструальный синдром у женщин. その間、女性は気分が悪くなり、脱力感が現れ、ひどいうつ病が続きます。また、常に眠くなって腰を引いています。さらに、体は考えられる概念に備えることができ、それ故に子宮が拡大する。体液が蓄積し始めると、腹が成長します。そのため、電解液のバランスに問題があり、これが標準と考えられています。

いつ病院に行くのが良いですか

炎症過程が顕著であれば、治療を始めるべきです。妊娠の最初の症状が現れたとき、それらは確かにチェックされ、そしてこのために彼らは特別なテストを受けます。子宮の緊張が高まり妊娠があると、流産が起こる可能性があります。さらに、子宮外妊娠があり、女性がもはや子供をもうけられない場合、卵管が破裂することがあります。どんな症状や不快感のために、それは病院に行く価値があります。

痛みが7日以内に終わらず、そして先月に月経が2回観察され、そして高熱と頭痛があったならば、あなたは健康で冗談を言うべきではなく、婦人科医に行くべきです。そのような症状は女性の生活にとって非常に危険です。あなたは間違いなくあなたの医者と相談し、深刻なことは何もないことを知るべきです。女性が自分の健康状態を監視していないと、彼女以外の誰もそれを監視しません。彼女は自分の人生に責任があり、健康状態を管理するべきです。そのような行動は、病気を回避するのを助け、そしてそれらがそれらを治療し始める時間にあるならば。

治療方法

強い疼痛は錠剤だけではなく錠剤の助けを借りて取り除くことができます。女性は以下のような様々な方法を使います。

  • 湯たんぽと温かいお風呂は筋肉を完全に弛緩させ痛みを和らげます。腹部の下側を保温パッドに取り付けて安静にすることができます、
  • 他の方法では解決できない場合は、激しい痛みを和らげる薬を飲む、
  • 様々なハーブの煎じ薬。例えば、バレリアンやカモミール、これらのハーブは痛みをよく和らげ、不快感を取り除きます。
  • 女性が経口ピルの形で避妊薬を服用している場合、彼女は彼らも不快感でうまくやっていることを知るべきです。月経開始前の不快感はホルモン薬を服用するのに役立ちますが、最初に医師に相談して彼のアドバイスを求めるべきです。

Pin
Send
Share
Send
Send