健康

子宮ポリープにおけるデュパストン作用

Pin
Send
Share
Send
Send


子宮内膜ポリープは、子宮内膜の基底層から形成される良性の成長です。この種の病理はあらゆる年齢の女性で診断されています。症例の最大の割合は、35歳を超える年齢で発生します。

さまざまな研究の結果によると、子宮ポリープは女性の7〜34%で診断されています。生殖年齢の女性では、大量の月経、性交後の出血は30%で子宮ポリープです。

しかしながら、これは、上述の診断が女児に対してなされ得ないという意味ではない。さらに、子宮ポリープは出産した女性に配達することができます。

治療の難しさ

この疾患の病因に関しては、発生過程のメカニズムおよび性質についての明確な理解が欠如しているために、それは異なるあいまいさである。しかし、科学者たちはポリープの形成につながるいくつかの要因を特定することができました。

ポリープのリスクを高める要因は次のとおりです。

  • ホルモンの不均衡
  • 妊娠中絶、流産。
  • 内分泌疾患(糖尿病)
  • 歯周病理学。

そもそも科学者たちがホルモン障害を出したのも当然のことです。それらはポリープの形成をもたらす主な誘発因子である。

ほとんどの場合、子宮の異常増殖は、子宮の超音波スキャン中にランダムに検出されます。この病気の特徴は、病気の初期段階で症状がないことです。子宮内膜ポリープは、ポリープが大きなサイズを獲得し、そしてそのプロセスが世界規模に達したときに初めて現れる。いわば、病気の秘密は診断と治療を非常に複雑にします。

治療方法

ほとんどの場合、子宮内膜ポリープは外科的に治療されます。しかしながら、個々の症例(ポリープの種類を考慮に入れる)は医学的方法で治癒することができる。

さらなる治療戦術に関しては、それは教育の種類と女性の年齢に影響を与えます。女性が線維性構造と診断された場合、ホルモン療法は処方されません。腺構造が子宮内膜のホルモン療法を示す場合。

子宮内で成長すると、女性は坐剤、ホルモン、特にエストロゲン、プロゲステロン、ゲスタゲンを処方されます。薬剤の最後のグループの代表の一人はDuphastonです。

Duphastonは女性ホルモンの類似体であり、あなたは慎重に生殖過程を変えることができます。

いくつかのケースでは、女性は同時にプロゲステロンとエストロゲンを処方されています。この組み合わせは小さなリスクを伴いますが、主治医によって考慮されます。処方する前に、医師は病歴を調べて調べます。この種の注意は、乳腺の変化につながる副作用の存在のために発生します。

女性の状態が悪化する可能性があるので、この場合の自己治療は危険であることに注目する価値があります。

重要な医薬品情報

Duphastonは、子宮内のポリープを治療するだけでなく、月経周期を一掃して妊娠を維持するためにも処方されています。今日、この診療は多くの婦人科医によって高い評価を得て行われています。上記の薬の効果はもっぱら女性の身体の詳細に依存します。

上記の薬の効果にもかかわらず、Duphastonはホルモン薬として作用し、婦人科医によって独占的に処方されます。

どのような場合に治療薬が使用されますか?

このホルモン剤は、婦人科医によって子宮ポリープのために処方され、腫瘍が女性の体内のプロゲステロンの不足によって引き起こされる場合に処方されます。概して、腫瘍は腺状および線維性の性質を有する。 Duphastonは子宮ポリープで新しい形成の予防薬として広く使われています。さらに、この薬は外科的介入に代わるものとして特徴付けられています。彼は女児を出産しないように、そして手術を実行することが不可能である場合に書かれている。

もう一つのプロゲストゲンはウトロジェスタンです。この薬はDuphastonと同じ作用原理を持っています。しかし、Utrogestanとは異なり、Duphastonは純粋に総合的な手段です。キャンドルチストボリンは鎮痛作用を持っています。

上記のように、さまざまな方法を使用してホルモンのプロセスを元通りにするため。主治医は経口避妊薬を選択し、子宮内にホルモン剤を装着します。

この薬を服用することは月経周期の第2段階で必要です。治療の経過は約3.5ヶ月です。いくつかの治療法では6ヶ月間伸びます。

キャンドルタブレットとは異なり、10日間適用する必要があります。しかし、キャンドルは妊娠中の使用を禁じられています。 DuFaston以外にそのような制限はありませんでした。

薬の利点

上記の薬は人工ホルモン薬のリストに属しています。 Duphastonの構成は女性ホルモンの構造に近いです。他の類似薬と比較して、Duphastonは二次的な男性の性的徴候(過剰な体毛)の形をとる副作用の発生によって特徴付けられません。

薬は丸薬の形でのみ利用可能です。したがって、子宮ポリープの薬を服用する方法は経口です。血中濃度の最高レベルは、入院後数時間で見られます。この薬はほとんどすべての薬と併用されています。

子宮のポリープでは、この薬による治療効果は排卵を抑制したり月経周期を修正することなく行われます。この薬は受胎に対する障害ではなく、治療中の妊娠を防ぐことを可能にします。

禁忌と副作用

臨床検査によると、この薬は以下のグループの女性には推奨されません。

  • 最初のグループはローター症候群です。
  • 2番目のグループはDabin - Johnson病です。

上記の禁忌に加えて、このリストは薬物の組成に過敏症を追加する可能性があります。

それは非炎症性腎臓病理の存在下では慎重にとられます。

薬物とアルコールを組み合わせることはお勧めできません。そのような飲み物は薬の効果を減らします。

現時点では、この薬の副作用は軽微です。中枢神経系の側から頭痛と片頭痛があります。場合によっては、皮膚の発疹、かゆみ、および灼熱感があります。

予防策

あなたはどんな病気も防ぐことができます。子宮の成長を防ぐために、以下の処方を守ることをお勧めします。

  • 婦人科医に定期的に訪問してください。
  • ホルモンの不均衡を正常化する。
  • 体の変化に対応するための時間。
  • あなたが性器からの出血を検出した場合は、直ちに婦人科医に連絡してください。
  • 出産後の欠陥の修正
  • 望まない妊娠を避けてください。
  • なじみのないパートナーとのセックスの間に保護されるために。

上記の操作のすべては、ポリープだけでなく他の婦人科の問題の形成も減らすことができます。

子宮にポリープを付けてduphastonを使用することはできますか、そしてなぜですか?

子宮内のポリープは、腺型または線維腺型を特徴とする形成物です。これらの細胞の過剰な分裂を防ぎ、ホルモンが必要です。この場合Duphastonはプロゲステロン欠乏症のために処方されています。つまり、ポリープの形成の原因がこの特定のホルモンの欠如であるならば、です。これは実験室分析によって決定される。

ほとんどの場合、子宮内膜ポリープは外科的に治療されます。この方法はより効果的です。しかし、薬は通常予防療法として手術後に処方されます。つまり、新しいポリープの出現を防ぐためです。この薬によるホルモン療法は、まだ出産していない女性、または手術に対して完全な禁忌がある場合に適応されます。

薬の組成

1錠の錠剤Duphastonには10 mgの有効成分が含まれています。それは合成ホルモンであるドロゲステロンですが、それは体によって産生される天然ホルモンに最も近いです。さらに、薬はそのような物質が含まれています:

  • ステアリン酸マグネシウム
  • コーンスターチ、
  • ラクトース一水和物、
  • 二酸化ケイ素。
コンテンツへ↑

薬の良い効果

Duphastonは排卵の不在か違反で肯定的な効果をもたらします。それは排卵の持続時間を正常化し、その後の周期の段階の調整に寄与するので。ポリープが形成されると、永続的な症状は褐色のしみです。この薬を服用するとそれらが止まります。

多くの薬とは異なり、この薬は月経周期の侵害を引き起こさず、その使用は卵巣の生殖機能を抑制しません。

胎児を運ぶことが困難な場合は、妊娠中の女性に薬を処方します。すなわち、流産の恐れがある場合は、妊娠初期に出血します。

さらにDuphastonは、外科手術後にポリープの除去、子宮の除去、子宮内膜症などの治療を指示しました。

ポリープを取り除いた後

子宮内膜ポリープの摘出後のDuphastonは、6〜7ヶ月というかなり長い期間処方されます。薬は周期的に服用されます、すなわち、治療は月経周期の16日目に始まります。このサイクルは約10日間続きます。周期を通して、毎日薬を飲んでいます。

Duphastonはどの薬局でも購入できます。その費用は以下のとおりです。

  • 513こする。 20錠
  • 722こする。 28錠
コンテンツへ↑

結論

Duphastonはホルモン剤で、適切に処方された治療法では、効果が良いだけです。これは、外科的治療後の治療中に特に観察されます。今日、ポリープはますます新世代の他の薬と組み合わせて薬で治療されています。

「送信」ボタンをクリックすることにより、あなたは個人情報保護方針の条項に同意し、その条件およびそれに明記されている目的で個人データを処理することに同意します。

説明と特性

Duphastonは、女性の体内で合成されるプロゲステロンの合成類似体です。この薬を使用すると、子宮内のポリープを取り除くだけでなく、流産、流産の初期段階での流産の脅威、不妊、子宮内膜症の治癒などの病態を引き起こすホルモンのバランスを矯正することができます。数ヶ月間の重要な日数の欠如がホルモンの混乱によって引き起こされている場合、彼は月経周期を確立することができます。

ポリープが繊維状構造を有する場合、それは外科的にのみ除去されるべきである。この場合の治療Duphastonはうまくいきません。腫瘍が腺性であれば、ホルモン療法は良い結果をもたらすでしょう。

この道具を使った治療は必ずしも効果的ではありません。医者はそれを処方し、個々の女性それぞれの歴史を考慮に入れます。

投与と投与

このホルモン剤は、プロゲステロンの欠乏に関連するさまざまな病状を持つ女性に処方されています。医師はそれぞれの場合に治療を個別に登録します。平均して、一回の服用量は毎日5-10 mgです - 10-30 mg。

子宮内膜症または子宮の過形成では、Duphastonは周期の5日目から25日目までに1日2〜3回1錠飲まれます。

成長した子宮内膜と子宮筋腫の併用の場合、1日当たり10mgの薬が処方されます。これは2〜3回に分けて分けてください。

早い段階で妊娠中絶の脅威がある場合は、1日2回1錠を指定してください。一連の治療は20週目まで続き、その後徐々に投与量を減らします。

自然流産の兆候のために、医者は一度に4錠を飲むことを勧めます。次の症状が消えるまで8時間ごとに1回。 Duphastonは妊娠中期まで服用することをお勧めします。

そのような深刻なホルモン薬を任命することは、特定の女性の体のすべての特徴を知っている主治医だけにすることができます。

子宮にポリープを持つ

場合によっては、子宮にポリープを有するDuphastonが手術の代替として使用されます。女性が近い将来妊娠を計画している場合、または外科的介入が彼女に禁忌である場合、医師はそのような決定を下します。

ポリープの形成が女性の体内のプロゲステロンの欠如によるものであったならば、そのときは天然のものにできるだけ近い薬のホルモンはホルモンの不均衡を修正するでしょう。したがって、治療中に子宮内の成長が解消する可能性が高いです。

Duphaston療法は月経周期の後半に処方されます。新生物と闘うために、他の薬と組み合わせて服用します。そのような薬の作用は、体内のホルモンバランスを維持し回復させることを目的としています。治療の経過は6ヶ月続くことがあります。

ポリープの治療方法

ほとんどの場合、新生物は子宮内膜の壁から取り除かれるべきですが、薬物療法だけが必要とされる状況があります。例えば、治療方法は、体内の新生物の種類に応じて選択される。それが線維構造を持っているならば、それからホルモン療法は無意味であり、そして女性は手術を受けるべきです。腺構造の存在下では、新生物はホルモン剤による治療を必要とする。

腫瘍が活発に増殖する場合は、ろうそく、口腔ゲスターゲン、またはエストラジオールを処方することができます。 Duphastonはゲスタゲンに属し、天然のプロゲステロンの合成類似体です。場合によっては、特定の状況に応じて、担当医がエストロゲンとゲスターゲンによるホルモン療法を処方することもあります。薬の選択の前に慎重に患者の病気を研究しました。

あなたはduphastonを使用すると、体内のプロゲステロンの大幅な減少によって引き起こされるポリープを取り除くことができるだけでなく、他の多くの婦人科疾患 - ホルモン欠乏症、流産、子宮内膜症、脅迫流産、で正しい方向にホルモンの背景を取り除くことができるいくつかの形態の不妊症、過剰なエストロゲンとアンドロゲン。この薬はほとんどの婦人科医に非常に人気があります、なぜならそれは効果があり、めったに副作用を引き起こさないからです。

どのような場合にduphastonは書き出されていますか

ホルモン療法は代替の外科的介入です。新生物はしばしば月経周期の第一相と第二相のホルモンの間のホルモンの不均衡の結果であるので、バランスを等しくするためにプロゲステロンに基づく薬物をさらに服用することが必要である。また、場合によっては、患者は外科的治療に対して著しい禁忌を有する可能性がある。

ほとんどの場合、医師はこれを行います:Duphastonは子宮内膜ポリープの切除後に新しいものの形成を予防するために服用されます。受信の持続時間は少なくとも3サイクルの受信に長い時間がかかる。ほとんどの場合、ダファストンは少なくとも6〜7ヶ月連続して退院します。薬物は、ホルモンの背景をさらに乱さないようにするために、第一段階で摂取するのは望ましくない。多くの場合、この薬剤は毎月の周期の16日目から始まる毎日の使用のために処方されており、そして治療期間は第二相において連続して10日間である。定期的な摂取は新しい良性病変の発生を防ぐことができます、以前に削除されたポリープは同じ場所で発芽することはほとんどありません。

デュパストンの使用に対する禁忌

あなたは2つのケースでdufaston患者を任命することはできません。

  • ローター病の歴史
  • ダビン - ジョンソン症候群の病歴

また厳密な禁忌は、薬物の成分のいずれかに対する個々の不耐性および薬物に関する過敏反応の存在に起因し得る。治療中は、アルコール飲料の摂取を控えます。有効成分の有効性が低下し、肝臓にさらに負担がかかるためです。また、この組み合わせは血管の状態に悪影響を及ぼすので、静脈瘤および深部静脈血栓症の傾向がさらに発生する。

注意してプロゲストゲンは非炎症性の経過を伴う腎臓病の存在下で任命される。それはめったに副作用を引き起こさないので薬は良いですが、まれなケースでは、乳腺の一部に変化があるかもしれません - 彼らは不快、片頭痛、日中の眠気、無関心、皮膚のかゆみ、焼けや落ち込んで気分があります。

病理の適時の発見のために、それは婦人科医の予防的な検査をスキップしないことが勧められます。

繰り返しますが、子宮内膜ポリープと全体の束(((((((

2016年10月に、子宮内膜ポリープが発見されました。彼らは妊娠を計画することにしたので、女性の健康上の問題は起こったことがなかった、医者に来た。医者はポリープで妊娠の可能性がゼロに減らされると言いました。子宮鏡検査を行いました。結果は腺線維性ポリープと慢性子宮内膜炎です。 Далее была полугодовая гормональная терапия для исключения рецидива.それから無限のホルモン軟膏は、(明らかに子宮内膜炎のために)期待どおりに成長することを拒絶しました。最大厚さ - 8 mmすべての刺激は無意味でした。

そのようなホルモンのサポートで1年が経過した、それから彼らは婦人科医と丸薬から休憩を取ることを決め、体外受精を計画した。 3ヵ月の休息の後、私は妊娠しようと考えました、考えを手放し、夫と一緒にDiveevoに行き、10月の間タイへの伝票を買いました。彼女は定期検査のために婦人科医にやって来て、妊娠していることを知りました。ここにあります。私はこれを奇跡と天からの贈り物とみなします。 3ヶ月目がもうすぐ終わり、私は神にすべてが赤ん坊でうまくいくことを祈ります)

信じるべき主なこと、女の子、すべてが間違いなくうまくいくでしょう!そして慢性の子宮内膜炎(彼らが言うように、それが妊娠することは非常に難しいです)と他の痛みを伴う。主なことは、恋をすること、夫を愛すること、愛を作ること(そしてそれが必要であるからではなく、あなたがしたいからではない)、そしてもう少し休息をとることです。

そして、神は本当にこれを望んでいるすべての人に健康と早期妊娠を禁じます!

私は2年半前に25歳で子宮内膜症+不妊と診断されました。
最後まで医師は私を掃除のために送ってくれない(出産しないで中絶しない)ように苦労した。子宮内膜の厚さは24.6mmであり、ノルムは11〜12mmであった。
私はホルモン剤を服用して、そしてヒドロキシヒドロキシ12.5%を注射しました。
ショットは非常に痛いですが、健康はより重要でした。
数ヶ月後、我々はまだ結果を達成することができた、子宮内膜は正常に戻り、そしてすでに6 mmであった。
そして2年後、私は妊娠しました。
だからあきらめてはいけない、あなたはまだ先にすべてを持っています。

子宮内膜ポリープも切除しました。それは2017年6月でした。私はサイクルの途中で出血していました。削除、抗生物質、ホルモンを飲んだ。すべて問題ないようでした。そして2018年4月に、サイクルの真ん中に出血が戻った。私は医者に走ります。超音波検査とpipel検査の両方で生検と可能なことすべてが行われ、私は一連の検査に合格しましたが、何も見つかりませんでした。排卵の種類など。
婦人科医は私にこれらのポリープは100回もどることができると言った。そして、各担当者は彼の人物です(
私にはポリープBを持っている友人がいます、そして、すべてはOKでした。
私はすでに計画の7ヶ月目です。

ポリープ形成の外科的除去

外科的方法は、ポリープを治療するためのかなり効果的な方法であり、ポリープを比較的容易にそして痛みを伴わずに除去することを可能にする。主に使用されている子宮鏡検査法。

ポリープは切断され、それが配置されているベッドは特別な掻爬器を使用して掻爬処置を受ける。この手順は、特別な子宮鏡(子宮腔に挿入されるカメラ)を通して行われる専門家の目視観察で行われる。

ポリープの形成の特異性が組織の脚の存在を示唆している場合、ポリープは特定の「ねじを切る」ことによって取り除かれる。この手術はポリープ切除術と呼ばれ、特別な鉗子を使って行われます。 ポリープ形成の除去後、子宮内膜へのその付着は窒素で処理されるか、または電流の助けを借りて焼灼される。 これは再発防止のための予防策です。

回復の詳細

手術は全身麻酔下で行われ、長くは続きません。手術後、患者は鼠径部に局在する軽度の痛みを伴う症状を経験することがあり、軽度の出血性無排卵の特徴が存在する可能性があります。これらの症状は、ポリープを取り除いてから10日以内に現れます。

この症状発現期間の満了後に患者の障害が合格しなかった場合は、追加の診断および適切な医学的措置の使用が必要です。

感染過程の進行を避けるために、患者は広域抗生物質を処方されるかもしれません。

子宮鏡検査の3日後に、超音波診断を行って治癒の動態を分析し、さらに治療法を決定します。

通常、繊維状のポリープでは、月経周期が遅れることなく進むと、治療は終了します。しかしながら、予防策の結果として、体系的な婦人科モニタリングおよび患者の体の状態の綿密なモニタリングが推奨される。

手術の結果として除去されたポリープ状物質は、増殖の危険性、すなわち悪性形態への変換の可能性を識別するために組織学に送られる。

除去後のホルモン療法

ポリープ除去後のホルモン療法の経過は、すべての場合に処方されるわけではなく、腺性および腺線維性のような形態のポリープ形成を治療するときには処方される。

子宮鏡検査後のホルモン療法の経過は、患者の年齢特性、生殖計画、および個々の臨床指標によって異なります。 治療法には以下のようなものがあります:

  • 経口避妊薬(ヤリン、レギュロン、ザニン)の併用
  • ゲスタゲン(duphaston、norcolute、urozhestan)の治療に使用します。
  • ホルモン含有ヘリックス(ミレナのような)の使用。

最初のカテゴリーからの最も効果的な手段の1つはジャニンであり、これは効果を減らすための調剤とよく組み合わされています。

Janineは生殖年齢(35〜40歳)の患者に処方されており、Zhaninの使用は主治医によって規制されています。 Janineは体内のプロゲステロンのレベルを安定させるのに良い効果があり、患者の体のより急速な回復に貢献します。 Zhaninを使用すると、生殖機能、広範囲の医療指標に対する有益な効果、内分泌機能の正常化を防ぐことができます。

子宮内膜ポリープを摘出した後のDuphastonの使用は、一連の特徴を特徴としています。

ポリープの除去後のDuphastonは40歳以上の女性に処方され、治療の経過は6ヶ月以内です。

それはほとんどすべての薬とうまく組み合わされ、副作用はありません。同時に、ホルモン療法の動態は、担当婦人科医および関連専門家によって監視されるべきです。

代替薬物治療

子宮内膜ポリープとデュパストンとの間の相互作用の可能性は、術後のリハビリテーションにおけるホルモン療法の一要素としての薬物の使用によって排除されない。

場合によっては、子宮内にポリープを伴うデュパストンが、外科的介入なしに代替医療療法の基礎として使用される。

医師によるそのような決定の理由は、患者の生殖計画、または外科的介入に対する深刻な禁忌の存在かもしれません。

天然の女性ホルモンプロゲステロンにできるだけ近いというユニークな構造のため、ポリープの形成がその欠乏によるものである場合、Duphastonはホルモンレベルを安定させ、プロゲステロンの生産を増加させるのを助けます。一般的に、ポリープとの戦いで薬の有効性は非常に高く、ツールはポリープ症の再発防止に集中的に使用されています。

この薬は、ポリープと戦うためだけでなく、胎児を運ぶための補助的な手段として、また月経周期を安定させるためにも使用することができます。

治療Duphastonは、月経の第2段階で、それを支持する薬物と回復作用を組み合わせること、そして異星形成の破壊を刺激することを意味します。医療機関の予約に従って、経口で薬を服用してください。レセプションコース - 最大6ヶ月

入場に対する禁忌

場合によっては、Duphastonの服用をお勧めしません。つまり、Duphastonは避けるべきです。

  • 患者にローター症候群がある場合
  • ダビン - ジョンソン病を伴う
  • 薬物の構成要素のいずれかに対する個々の不耐性を伴う。

副作用Duphastonの実験室試験が確認されています。

薬を受け取り始めたら、必ず医師に相談してください。いかなる場合にも、自己瞑想や専門医療を無視することはできません。

ポリープの薬物と外科的治療

子宮内膜ポリープは、通常は超音波で、または日常の婦人科検査中に診断されます。教育の性質、その構造と規模、発生の理由に応じて、専門家は適切な治療法を処方します。最も効果的な解決策は、教育の撤廃とそれに続く薬物治療です。

ポリープを切除する手術はポリープ切除術と呼ばれます。それは光学装置の制御下で行われる。張力を緩め、ベッドを液体窒素、レーザーまたは電流で燃やします。さらに、あなたは子宮をきれいにする必要があるかもしれません。

子宮内膜ポリープの除去後のDuphastonは、月経周期、ホルモンおよび生殖機能を回復するように処方されています。治療プログラムの期間は6-7ヶ月です。この疾患の再発症例は10〜15%に達する。

時々薬は手術前に処方されます。この決定は、教育が単一の文字で、直径が2〜3 mm以下の場合に行われます。また、患者さんが手術に対して重大な禁忌がある場合は薬物療法が使用されます。

子宮内のポリープでDuphastonを任命することは医者にしかなれません。行われた診断テストに基づいて、コースの投与量と期間を確定し、そしてまた一般的な治療計画を開発するのは婦人科医です。自己瞑想しないでください。

デュパストン服用時の禁忌

子宮内膜ポリープの治療Duphastonは説得力のある禁忌の存在下では受け入れられません。以下の場合、薬の服用は禁止されています。

  • 腎臓および肝不全
  • ポルフィリン症、
  • 悪性腫瘍
  • 薬物の成分に対する個々の不耐性
  • 子宮出血、
  • 母乳育児。

いかなる場合も、処方された計画から逸脱することはできず、薬の推奨用量を超えることはできません。 Duphastonはアルコールの使用と同時に服用することを禁じられています。

薬の基本的な要件に違反した場合、患者は以下の形で副作用があります。

  • 片頭痛
  • めまいの発作、
  • 豊富な膣分泌物
  • 痛みと豊胸
  • 発疹、
  • 膨満感および鼓腸、腹部不快感。

場合によっては、婦人科医はDuphastonとエストロゲンを含む薬を含む併用療法を処方することがあります。補助剤はビタミン - ミネラル複合体、免疫力を高める薬、抗生物質です。

Duphastonが子宮内膜ポリープとどのように作用するか、そしてその薬が効果的であるかどうかをよりよく理解するためには、ポリープ症に遭遇し、この薬による病気の治療の経験がある人のコメントとフィードバックを調べる必要があります。

「私は35歳です。 1年前に子宮内に大きなポリープが発見されました。私は総合的な検査と手術を受けました。ポリープ切除術を施行した。手技はほとんど痛みがなく、迅速で怖いものではありません。翌日、私は家にいました。これに続いて短いリハビリ期間がありました。しかし、それから私は婦人科医を任命するためにさらに6ヶ月間Duphastonを飲んだ。それほど前に私が定期検査を受けた、すべてが正常であることが判明しました、再発はありませんでした。」

"私はポリープ切除術の前にDuphastonを処方されました。婦人科医は小さいサイズの形成を主張し、保守的な方法でそれを治療することができるでしょう。 3ヵ月後、私は別のポリープがありました。私は医者を変えた。新しいスペシャリストは陣形を取り除き、複雑な治療計画を指定しました。これには薬物も含まれていました。今回はすべてうまくいった。 2年が経過しましたが、新しいポリープは発生しません。」

"私は29歳で診断されました。医者はこの教育の年齢ではまれであると指摘した。テストによって示されるように、それはホルモンの不均衡によって引き起こされました。入院中、私は低侵襲的な成長によって退院した。私はすぐに回復しましたが、再発を予防し排除するためにデュパストンを飲むのにさらに4か月かかりました。すべてがうまくいったが、今私は34歳であり、そして私が医者を訪問したとき、教育は再び見いだされた。あなたの意見を共有しましょう。ポリープ切除術ではなく、完全洗浄を行うほうがいいのではないでしょうか。」

子宮内膜ポリープ - それは何ですか

子宮内膜ポリープは子宮内膜細胞の増殖です。 1ミリメートルから5センチメートルまでのサイズの範囲で1つからいくつかのポリープに観察することができます。ほとんどの場合、40〜50歳の女性に見られます。ポリープの構造は、それが子宮の壁に付着している体および血管茎からなる。それは腺および線維性組織によって表すことができる複雑な内部構造を有する。異型細胞が組成物中に存在する場合、ポリープは腺腫性(前癌性)とみなされる。構造に応じて、4種類の子宮内膜ポリープが区別されます。

上皮細胞からなり、月経周期中に変化する機能的な子宮内膜ポリープ、および病理学的に変化した子宮の基底層から生じる基底型のポリープもある。除去された元素の組織学的分析を用いて地層の正確な構造を決定することは可能である。ほとんどの場合、ポリープは子宮内に留まりますが、まれに子宮頸部や膣まで拡大します。治療方法は、患者の年齢と病理学的変化の特徴に応じて選択されます。子宮内膜ポリープが見つかった場合、手術が闘争の主な方法です。患者が手術を拒否した場合、薬物療法を伴う手術なしの治療が可能です。

子宮内膜ポリープの起源にはさまざまなバージョンがあります。主なものは、プロゲステロン欠乏症における過剰なエストロゲンレベルによって引き起こされるホルモン障害です。この結論は、子宮内膜ポリープのエストロゲン刺激に対する反応の研究に基づいてなされた。それはまた、子宮の内層の感染症による病状の可能性、ならびに妊娠の中絶、流産、流産、掻き取り、分娩中の胎盤の不完全な除去、および凝血塊の不完全な結果による子宮内膜の機械的損傷を排除しない。フィブリンは結合組織で増殖し、ポリープに変わります。子宮内の血管増殖の増加によるポリープ増殖の可能性を無視しないでください。糖尿病、代謝障害、高血圧、および甲状腺機能に関連する女性の体内の内分泌プロセスは、疾患を発症するリスクの増加に影響します。精神障害、うつ病、感情、ストレスの多い状況、免疫の低下、体内でのビタミンの欠乏などがホルモン障害を引き起こします。

子宮内膜ポリープの症状

上皮の成長が小さい形をとる場合、子宮内膜ポリープの徴候はほとんどの場合欠けています。したがって、彼らは原則として骨盤超音波と診断されています。かなりのサイズが達成されると、次のような臨床像が観察されます。

病的な白っぽい分泌物の数(白)が増加する。

•月経周期が壊れている、

•豊富な月経流出

•ポリープが子宮頸管に到達したときの収縮の形の急性の痛み

•出血は月経間に起こります、

性交中の不快感や痛み

•若い生殖年齢における不妊

•体外受精中の失敗

閉経期の開始時に血が出る。したがって、ほとんどの場合、ポリープの子宮内膜病変の除去のような症状のために処方された。手術後の患者のレビューは、外科的治療が症状の完全な消失に寄与し、女性が有意な安心を感じることを示唆しています。

診断

検査中に、婦人科医は子宮頸部と膣まで広がる子宮内膜の機能性ポリープを見ることがあります。したがって、主な研究方法は超音波です。ポリープが明確に視覚化されていない場合には、超音波検査であるが、カテーテルを用いて子宮内に食塩水を導入しながら、超音波検査が行われる。この技術はポリープ、その大きさと形のより詳細な研究を可能にします。より詳細な診断のために、子宮鏡検査が実行され、その間にポリープの位置を正確に決定することが可能であり、またこの方法を使用して、脚でポリープを除去することが可能である。その実装の技術は低侵襲的な技術です。小さな断面直径の光学機器が子宮腔内に導入され、これにより、子宮内膜の掻爬と同様に生光学材料の収集が可能になる。ポリープを除去した後、それは組織学的検査、異型細胞の存在の同定およびさらなる治療の処方を可能にする組織学的検査のために送られる。がん細胞の存在を検出する場合は、婦人科腫瘍専門医による検査が任命されます。

治療方法

主な治療方法は2つあります。外科的介入と非侵襲的治療です。

• Из оперативных методик наиболее эффективной является гистероскопия, которая благодаря оптическому прибору (гистероскопу, содержащему микроинструменты в тубусе), позволяет более детально рассмотреть местоположение полипа и точно его удалить и имеет большее предпочтение по сравнению с выскабливанием вслепую. 手術は麻酔や麻酔なしで行うことができ、病理学的変化の性質に応じて5〜20分かかります。

•子宮摘出術 - 完全な外科手術です。深刻な子宮内膜病理学の場合の唯一の方法はポリープの除去です。手術を受けている患者のレビューによると、手術は全身麻酔下で行われるため、手術は痛みがありません。

•子宮内膜ポリープが診断された場合、手術が唯一の選択肢ではなく、主にホルモン剤を使用して、手術なしの治療がさまざまな方法で可能です。

•性器感染症がある場合の抗菌治療。

ホルモン治療

子宮内膜ポリープが検出された場合、手術なしの治療法は以下のホルモン剤によって示されます:

•プロゲストゲン、プロゲステロン含有量( "Utrozhestan"、 "Duphaston"を意味します)。薬は月経周期の第二段階で3-6ヶ月の期間処方されています。

•子宮内膜ポリープを有する35歳未満の女性には、包括的な経口避妊薬が処方されています。治療は21日間続きます。

•性腺刺激ホルモン放出ホルモンアゴニスト

非外科用中国タンポン

子宮内膜ポリープを切除するために外科手術を行うことが不可能である場合、外科手術なしの治療法は保守的な方法、すなわち中国のタンポンを用いて行われます。それらは再発予防としても使用されます。最も有名なタンポンは、クリーンポイント、ビューティーライフです。治療の過程では、予防のために10-12個のタンポンが必要になります - 月に2個のタンポン。それらは広範囲の作用の天然植物成分からなり、ホルモンレベルを正常化しそして感染症と闘う。民間療法は、医学的方法と一緒に、子宮内膜ポリープを除去するための非伝統的な方法もあります、民間療法は低い治療効果を示します。 1つの方法はニンニクを使うことです - あなたはそれをつぶし、包帯で包み、タンポンを作りそして糸でそれを結ぶ必要があります。タンポンは一ヶ月間膣に一晩注入されます。この方法を試みた多くの人が子宮内膜線維性ポリープの人気のある治療法を批判しており、レビューはそれが一晩中言及するのではなく、4時間でさえ耐えることは非常に難しいことを示しています。このようにして、膣粘膜を焼くことができます。

子宮内膜ポリープ予防

子宮内膜ポリープの予防として、以下の推奨事項に従う必要があります。

•女性生殖器の感染性および炎症性疾患を慎重に治療し、効果的な治療を実施してください。

•婦人科医による検査を定期的に受ける。

•最初の症状が現れたら、医師に相談してください。

•ホルモンレベルを正常化する

手術中に完全に除去されないと、子宮内膜症の再発が起こります。再発性疾患の予防策として、ホルモン療法が使用され、ストレス状態、中絶は避けられるべきであり、食物は適切に食べられるべきであり、そして健康および免疫システムは監視されるべきである。

Pin
Send
Share
Send
Send