健康

子宮内膜の病理

Pin
Send
Share
Send
Send


閉経後の女性の発症に関連するホルモンの変化は、子宮内膜の病理学的変化(一般的に子宮内膜増殖症と呼ばれる)または科学界における腺筋症の発症を引き起こす可能性があります。あなたは以下の資料からこの病気についてより多くの情報を学ぶことができます。

特徴は子宮の粘膜の変化を進化させた

子宮内膜、または女性の生殖器の内側を覆う単層上皮は、ホルモンの変動に非常に敏感です。神経内分泌障害の背景に対して、脳の中央領域はもはや標的器官、卵巣、子宮の機能を適切に制御しておらず、それは最終的に上皮の不当な成長をもたらす。閉経後の子宮内膜の病理学は次のような形態をとります。

  1. 腺 - 上皮の単純な成長によって特徴付けられる。
  2. 腺嚢胞性 - 多発性結節の出現を伴う腺組織の増加を伴う。
  3. 限局性 - 結合組織の過形成を意味し、そこにポリープが形成されます。
  4. 異型細胞が認められる腺腫。

主な免疫臓器である胸腺がTリンパ球産生の強度を低下させる年齢では、女性の生殖器の変化が低下することに留意する必要があります。その結果、成長し過ぎた子宮内膜細胞の悪性腫瘍が可能になります。癌は、子宮腔の単層上皮の病理学の主なそして最も危険な結果と考えられている。

閉経期に子宮内膜増殖症が起こる理由

今日、医師は子宮内膜の過形成変化の原因について明確に理解していません。それにもかかわらず、閉経後および閉経中の子宮内膜の病理は月経周期のホルモン調節の調節不全に起因すると考えられている。上皮肥厚は閉経期の発症中に診断されることが多いことに注意することが重要です。この現象は更年期障害としてはごく普通のことと考えられています。

時間が経つと、粘膜の拡大領域は拒絶され、子宮内膜は通常の厚さになる。閉経後の女性に腺筋症が見られる状況では、医師は患者が生殖器官の併存疾患の存在について十分な検査を受けることを推奨します。病理学の誘発要因の中で識別することができます。

  • 太り過ぎ
  • 糖尿病
  • 遺伝的素因
  • ホルモン療法
  • こすった後の合併症。

閉経後の子宮内膜増殖症はどうですか

子宮粘膜の増殖の危険性は、この疾患の発症の症状がほぼ完全に存在しないことです。閉経後に子宮内膜が肥厚する唯一の兆候は、突然の大量の退院であり、しばしば子宮出血に変わります。原則として、背景病理の症状が現れたとき、女性は医者に行きます。患者は経験することがあります:

  • 頭痛
  • 疲労と過敏
  • 腹部の痛みを引く
  • のどが渇いて。

診断

子宮粘膜の状態に関する信頼できる情報は、子宮鏡検査法が婦人科診療に導入された後に可能になった臓器の目視検査によって得ることができます。通常の治療法とは対照的に、この方法ではホルモンの不均衡のために変化した子宮内膜を完全に除去することができます。

子宮鏡検査の終わりに得られた生体材料は通常研究のために送られます。閉経後の子宮内膜の厚さが10〜15 mmに達する状況では、摘出された組織サンプルのその後の組織像を伴う掻爬が示される。目視検査に加えて、子宮粘膜の病状の症状を有する患者は、腹部および経膣超音波検査を受ける。

病理学の原因

子宮内膜の病理はしばしば以下の原因で起こります:

  • 感染症
  • 内分泌かく乱、
  • ポリープの成長
  • エストロゲンの影響
  • 遺伝因子

炎症プロセスは、以下の原因で起こります。

  • 性感染症
  • 中絶
  • 合併症を伴う出産。

女性が特定の年齢層を超えると、彼女は性的ホルモン系の機能の変化に直面します。月経周期の変化は、ホルモンレベルの働きの変化につながります。生殖器系の悪化の最初の兆候は次のとおりです。

  • 頭痛
  • 過労、
  • 一般的な弱点
  • 過度の過敏性、
  • 体重増加。

子宮内膜の病理学の発達はこれらの症状を悪化させ、女性は婦人科の病気を訴えます。これらの症状の中で濃い色、濃い粘稠度の出血が出血に変わるのを観察することができます。そのような出血は自然発生的な性質を有し、そして小片の分泌物、粘膜の凝血塊を伴って豊富であり得る。

これらの出血は子宮の強い引きの痛みを伴います。女性はよりひどく感じます、特に現れます:

  • たまりません
  • 弱点
  • 長時間の大量出血
  • パフォーマンスの低下

女性が症状を無視した場合、彼女は発症します:

  • 貧血、
  • 膨らみ
  • 血圧サージ、
  • 余分な水分の蓄積による体重増加。

病理とは

それは子宮のこの層の状態が主に彼女の健康と子供を産む能力を決定するので、女性は子宮内膜の病状が何であるかを知っているべきです。

  • 過形成は、粘膜細胞が内的要因の影響下で活発に分裂し始め、その結果として子宮内膜が肥厚する病理学である。異常は、体内に不十分な量のプロゲステロン、過剰な量のエストロゲンがあるときに現れます。患者さんはホルモン療法を受けています。
  • 形成不全 - 月経中の激しい痛みを伴う子宮内膜層の菲薄化、受精の可能性、潜在的な不妊症の減少。治療はホルモン薬によって行われ、しばしばそれらは過形成の治療と同じです。
  • 子宮内膜炎 - 感染症、真菌、ウイルスの摂取による子宮の感染性病変。抗生物質と抗炎症薬を組み合わせた薬物療法が処方されています。記事 ""でもっと読む
  • 肥大 - 子宮の粘膜全体の肥厚。
  • 低栄養性 - 子宮内膜症。病理はホルモンで治療されます。
  • 間質の限局性線維症 - 液体で満たされた中空形成の間質上の外観。おそらく薬物、外科的治療。
  • 子宮内膜症 - 変化していない細胞を分裂させることによる子宮内膜肥厚。異型細胞が削り取りにある場合は、前癌状態について話す必要があります。

子宮内膜の病状の治療は外科的で保守的な場合があります。それはすべて疾患の個々の発症に依存します。保存療法にはホルモン剤の予約が含まれます。それは必然的に抗菌療法と解毒療法を伴います。

治療病理は複合体を必要とする。再発を恐れずに目的の結果を得ることができます。

子宮内膜の病理は手術によって治療することができます。一般的な方法は3つあります。

  • 子宮出血に使用される治療的および診断的掻爬。彼の目標は出血を止めて研究用の生体材料を得ることです。
  • 子宮内膜の病理層である子宮摘出術
  • 子宮摘出術は子宮摘出術の際に多数の異型細胞が検出された場合に行われます。

更年期障害の病理

閉経中、通常の子宮の厚さは5 mmを超えてはいけません。その厚さが2 mm増えた場合は、定期的な検査を受ける必要があります。 3 mmを超える基準からの逸脱がある場合、子宮内膜増殖症が発症するため、女性は完全な治療を必要とします。

女性の閉経期における子宮内膜の病理は、子宮形成異常の形で発症することがよくあります。正常状態では、基底層は単一の核を含む丸い細胞からなる。熟すにつれて、表面層に移動して、核は減少する。違反(異形成)の場合、多数の異型細胞が形成され、徐々に健康な細胞を病気の細胞に置き換えます。形成異常は3つの形態があります:

女性レビュー

子宮内膜異常に直面している患者のレビューは、その疾患のタイムリーで正しい診断がそれを取り除く可能性が高いことを示しています。

イリーナ40リットル、オムスク

子宮鏡検査と診断掻爬術の後、専門家は腺筋症、慢性子宮内膜炎と診断しました。ホルモン治療の後に割り当てられます。これは改善です。タイムリーな治療能力のおかげで、子宮は救われました。

Tatyana 30 l、エカテリンブルク

去年の冬、子宮内膜増殖症と診断されました。ホルモン治療は3ヶ月間処方されました。医者の勧告に従った、丸薬を見た。 3ヶ月後に超音波を繰り返したところ、余分な子宮内膜がなくなったことがわかりました。

Antonina 32 g、パーマ

子宮鏡検査の診断後、医者は4ヶ月間Janineコースを中断することなく処方した。すぐに妊娠した後、治療は成功しました。合併症が発生しています。

子宮内膜症の病状の治療は、タイムリーに包括的であるべきです。婦人科医での定​​期的な検査、あなた自身の健康への注意深い態度は、病気の発症を予防するか、または初期段階でそれを検出するのを助けます。

閉経後になると

更年期障害は、最後の生理的月経の時期です。

女性の約50%が45〜50歳の間に閉経し、20%が50年後に閉経し、そして25%が早期(45年前)に閉経する。

女性の成長期

閉経期の子宮内膜増殖症の原因と治療については、記事「閉経期の子宮内膜増殖症」を参照してください。

子宮内膜増殖症とは何ですか - 簡単な概要

子宮内膜は、子宮の内層、より正確には、子宮内膜に隣接する子宮壁の粘膜層(筋肉層)です。それは間質、それに浸された子宮腺および血管によって表される。

子宮内膜増殖症は、その構造および機能に反して、子宮粘膜の良性ホルモン依存性増殖性転換である。

子宮内膜は、性ホルモンの作用に非常に敏感な可変組織です。エストロゲン刺激は子宮腺の増殖によるその成長に寄与する。逆に、プロゲステロンは間質の成熟と成長を促進しますが、腺上皮の増殖を抑制します。

記事内の子宮内膜増殖症のさまざまな形態、この病気の発症と治療の原因についてもっと読んでください:子宮内膜増殖症の治療。

女性のエストロゲンとプロゲステロンの主な量は卵巣で生産されています。

出産年齢では、典型的な過形成の発生における重要なポイントはホルモンの不均衡、より正確にはエストロゲンです:プロゲステロン抑止力活性の欠如のあるエストロゲンによる子宮内膜の過剰刺激。

卵巣のホルモン活性の消失後の閉経後の子宮内膜増殖症の原因は必ずしも説明可能ではありません。

遺伝的素因は、閉経後の女性における女性生殖器の腫瘍学的疾患および子宮内膜の過形成病理の発生において主導的な役割を果たす。

閉経後の子宮内膜過形成過程

閉経後の子宮内膜の過形成過程の構造

異型子宮内膜増殖症は前癌性のプロセスです。それは独立して、ならびにびまん性、限局性典型的過形成、ポリープ症および子宮内膜萎縮の背景に対しても起こり得る。

異型性を伴う子宮内膜増殖症のリスク、予後および治療については、記事「非定型子宮内膜増殖症」を参照してください。

閉経後におけるびまん性子宮内膜増殖症の原因

そもそも高齢の子宮内膜のびまん性過形成の出現は、あなたがエストロゲンの病理学的分泌の原因を探すことを可能にします。閉経後の女性における高エストロゲン症の原因:

  • 卵巣の病理学:ホルモン活性卵巣腫瘍、テコマト、間質性卵巣過形成。
  • 間脳症:加齢に伴う中枢神経系の再構築および関連する内分泌代謝障害。
  • 肥満:脂肪組織における性腺外のエストロゲン産生。

閉経後における限局性子宮内膜増殖症の原因

老年期の子宮内膜の限局性過形成は、ほとんどの場合、ポリープ症の形で発生します。
ポリープ症は、子宮内膜の基底層の良性転換によって引き起こされる限局性過形成プロセスの一種です。

閉経後の典型的な限局性過形成または子宮内膜ポリポーシスは、子宮粘膜の萎縮部分の慢性炎症(慢性萎縮性子宮内膜炎)を背景に発症する。

閉経後女性における局所子宮内膜病変の発現における局所因子

  • 子宮内膜ホルモン受容体装置の変化:少量のホルモンに対するエストロゲン受容体の数と感受性の増加。
  • インスリン様成長因子の活性増加
  • 計画された細胞死(アポトーシス)を遅らせる。
  • 局所免疫の侵害

子宮内膜の生理的変化

子宮内膜は、子宮の内側を覆う組織、つまりその内側の粘膜です。それは血管の網状組織に豊富に覆われており、妊娠および胎児の発達の過程において重要な役割を果たしています。

この組織は、卵巣で産生されるホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)に対する感受性を確実にする多数の受容体を含んでいます。受容体は子宮内膜細胞自体に含まれています。エストロゲン系列のホルモンを知覚する受容体の数は月経周期のほぼ中間まで有意に増加し、そしてその受容体はその後半においてプロゲステロンの知覚に関与する。

全月経周期の間、子宮内膜はその厚さを増し、周期の終わりまでにそれは第一相と比較して約10倍厚くなる。粘膜の厚さの変化は段階的に進行します。周期の前半は増殖期、後半は分泌期です。分泌期において、子宮内膜組織は多数の腺を含む。子宮内膜の成長段階は、組織学的検査(組織片を顕微鏡下で検査すること)を行うことによって決定される。月経中、粘膜の機能層は拒絶され、これは月経出血を引き起こす。それから、子宮内膜の基底(最も深い)層に保存されている腺の残存細胞のために、その成長が再び始まります。

閉経期では、女性が卵巣に卵胞を供給した後、エストロゲンの産生が停止します。したがって、子宮粘膜に変化は生じず、その厚さは一定のままである。

プロセスはいつ病理学的ですか?

閉経期の女性が直面する最も一般的な病理は、子宮内膜細胞の増殖の継続であり、これは子宮内膜の過成長をもたらす。 より多くの場合、この障害は、主要なホルモン変化が起こる閉経前の時期にある女性に発症します。

子宮内膜が過度に成長するための前提条件は次のとおりです。

  • 太り過ぎ(あなたが知っているように、脂肪組織はそれ自身のエストロゲンを合成する能力を持っています)、
  • 糖尿病および他の内分泌病理
  • 高血圧や他の多くの身体疾患
  • 子宮筋腫。

子宮内膜の成長は過形成と呼ばれます。子宮内膜細胞の増殖はいつでも悪性の経過をたどることがあるので、この病状は前癌状態の一つである。多くの場合、組織の病理学的成長は、更年期障害のための身体の準備中に始まり、その発生後に検出されます。

専門家は、いくつかの種類の子宮内膜増殖症を特定しています:

  1. 鉄分です。形を変える組織の腺細胞の成長によって現れ、それは捲縮になります。これらのうち、秘密は自由に際立っています。子宮内膜の結合組織層の細胞は正常なままです。このフォームは最も有利な予測を持っています、悪性腫瘍のリスクは最小限です。
  2. 腺嚢胞性。腺細胞の増殖の背景に嚢胞を形成します。それらは生い茂った腺の秘密の蓄積であり、その流出の過程の混乱から生じます。
  3. 嚢胞性の形腺が肥大した泡に似ている。子宮の上皮組織が冒されています。悪性腫瘍リスクの高いプロセス。
  4. 焦点の成長粘膜は、ホルモンの作用に対して最も高い感受性を示す特定の領域で増殖します。癌性腫瘍に変性することができるポリープが形成される。
  5. 異型機能性だけでなく、より深い子宮内膜層の成長によっても現れます。 2番目ごとの場合では、この形態は悪性腫瘍の発生を引き起こします。

粘膜変化の種類を区別するために、さまざまな検査技術が使用されています。

治療の原則

子宮内膜増殖症との闘いでは、2つの主な方法、すなわち保存的および外科的方法が用いられる。

保存的治療は、粘膜の細胞の正常化に寄与するホルモン薬の使用を含みます。ホルモン療法は癌のリスクを有意に減少させます。

外科的には、子宮の粘膜のみが削り取られるか、臓器が完全に取り除かれます。概して、根治手術は子宮内膜の組織学的分析の結果を得た後にのみ行われる。

他の外科的治療方法、特にレーザーアブレーションが使用される。この手術により、女性の身体へのダメージを最小限に抑えながら病的組織成長の病巣を破壊することができます。

ほとんどの場合、両方の方法の組み合わせが使用され、それは治療の有効性を著しく高めます。

閉経前、閉経後および閉経期における子宮内膜増殖症の徴候、疾患の診断および治療

女性の更年期は、彼女にかなり良い健康状態を提供した性ホルモンの数と割合が大きく異なる時です。今、彼女は自分の健康について特に用心深く、若くて短時間で心配を引き起こさなかった変化に注意を払わなければなりません。

何よりも月経に関係しています:強化、長い休憩後の外観、または月に2回繰り返す状況は危険です。

これは、閉経期における子宮内膜増殖症の徴候である可能性があります。これは、適切な治療をせずに癌に「変性」する可能性がある疾患です。

特に月経が重い、子宮筋腫、子宮内膜症、または乳房の腫瘍を患っている、または患っている女性が特に危険です。

子宮内膜増殖症とは何ですか?

「過形成」という用語は、その構成細胞の過剰な形成による組織(この場合は子宮内膜)の厚さの増加を指す。

子宮内膜は子宮の内層と呼ばれ、それは胚が栄養と発育のための条件に見えるように設計されています。

胎児に栄養素を提供する主な責任は、子宮内膜の内部の機能層です。更年期障害が始まる前に、毎月次のような変化が起こります。

  1. 月経の終わりの直後に、それは非常に薄いです - 最大1 mm。
  2. 成熟した卵子が放出される前は、主なホルモンはエストロゲンです。それらは粘膜の自然の肥大 - 細胞の体積の増加 - を引き起こします。この子宮膜の厚さは4-5 mmにする必要があります。
  3. 卵巣内の卵子を受精させることを期待して、黄体が形成される - 一時的な内分泌器官がプロゲステロンを血中に分泌する。このホルモンは子宮内膜の体積を増やすように「命じ」、その腺は曲がりくねった形をとり、透明な液体を作り出します。この層の上層細胞 - 繊毛 - に特異的な成長が活発に「ちらつき」、受精卵の促進に役立ちます。ここで機能的な子宮のゾーンの厚さ - 最大8 mm。
  4. 受胎が起こらなかった場合、子宮内膜が絨毛性ゴナドトロピンとプロゲステロンの増加がないことで「学習」し、それが薄くなり、その中に出血と壊死の領域があり、すぐに完全に剥離します - 月経が起こります。

子宮内膜の下部基底層はほとんど変化していません。しかし、それは剥離したものではなく、機能的な層の新しい細胞を生み出します。

閉経期には、卵子の成熟の必要性がなくなり、性ホルモンのレベルが下がり、月経周期が消えます。機能的子宮内膜層は徐々に萎縮し、閉経後にはほぼ完全に消失するはずです。

しかし、体内のエストロゲンレベルが上がり、プロゲステロンが抑制効果を失うと、「ワーキングゾーン」はますます大きくなります。そのような状況は、閉経期の開始よりずっと前に起こることが多く、したがって、子宮内膜増殖症は閉経前の期間に一般的である。

子宮内膜増殖症の原因

この病気は女性の15%以上に登録されています。その原因は、血中のエストロゲンレベルが上がる条件です。

  • 肥満(脂肪細胞は男性ホルモンのテストステロンをエストロゲンに変換することができます)、
  • tekomatoz - 機能的卵巣組織の増殖。視床下部 - 下垂体系によって産生される「コマンド」ホルモンの不均衡のために40歳以降の女性によく起こります。
  • エストロゲン産生卵巣腫瘍
  • 肝疾患は、血中のタンパク質のレベルが低下し(それらが産生されるのは肝臓です)、エストロゲンと結合し、それらが受容体と相互作用するのを妨げます。
  • エストロゲン量が増加する副腎疾患
  • 真性糖尿病におけるインスリンレベルの増加、それにより卵巣の作業組織が増加する。
  • エストロゲンと一緒に薬を飲む
  • エストロゲン産生増加の遺伝的素因
  • 子宮の頻繁な操作(中絶、掻爬)、これは正常な上皮結合組織の置換を導く。機能的組織の量の減少のために、子宮内膜はプロゲステロンの命令に対してより悪く反応する。

子宮内膜増殖症は、常にエストロゲンの絶対量の増加によって引き起こされるわけではありません:子宮粘膜に対するエストロゲンの効果の持続期間はより重要です。

すなわち、閉経期および閉経前期において、無排卵(排卵なし)サイクルのためにそれらの第一相が延長され、そして低レベルのプロゲステロンが子宮内膜を分泌腺に変換することができない場合がある。

この疾患は、閉経期前 - 閉経期(実際には閉経期)をカバーする期間であることが最も頻繁に現れます。閉経後の子宮内膜増殖症はまれです。

子宮筋腫、子宮筋腫、子宮内膜症、およびマストパシーは、それらが治癒したとしても、病理学の原因ではありませんが、閉経期の女性に過形成を発症する可能性が高いことを示すマーカーです。

別の徴候となる症状は、より早期の(45歳以前の)更年期障害です。これらの女性は全員、年2回予防婦人科検査と生殖器の超音波検査を受ける必要があります - 1年に1回。

病気の分類

病理学を組織学的構造に従って種に分類することに基づいて、婦人科医は閉経期における子宮内膜増殖症の治療を選択する。だから、病理学の5種類があります:

  1. 腺過形成。子宮内膜腺の増殖を特徴とする。彼らは蛇行するようになるが、目詰まりしないで、子宮の内腔への彼らの秘密を強調する。このタイプは最も良性の経過と良い予後を持っています。
  2. 嚢胞性タイプ。この場合、腺はそれほど成長しませんが、それらはブロックされ、シストを形成します。前のものよりもはるかに悪性の形態。
  3. 腺嚢胞性過形成。この場合、腺と成長し、それらの排泄管がブロックされています。 5%の症例で癌を引き起こす可能性があります。
  4. 病理学の病巣の形。子宮内膜は、ポリープの形態で、子宮内の1つまたは複数の部位でのみ拡張および変化する。
  5. 異型です。最も悪性の形態(癌の60%が発症する)は前癌に起因する。

病理学は更年期障害にどのように現れますか

閉経期における子宮内膜増殖症の症状は、12ヶ月の月経がない場合のこの病状を示すものとそれほど変わらない。主なものは血まみれの膣分泌物です。それらは豊富または乏しいのいずれかですが、月経の欠如の後に現れる、または逆に、月に2回現れるのは、疾患を示すかもしれません。

多くの場合、出血は下腹部の痛みを伴うけいれんを伴います。稀に、頭痛、不眠症、体重増加、パフォーマンスの低下、のどの渇き、特に過敏性などの「一般的な」症状がある場合にのみ、子宮内膜増殖症が退院なしで起こることはめったにありません。

閉経前には、次のような理由で病気の存在が疑われます。

  • 月経が痛くなった
  • 周期が不規則になった
  • 1サイクルに2回の出血の出現
  • 予想される毎月の期間の前に遅延があり、その後大量出血が始まりました、
  • 定期的な周期での月経流出は豊富になりました、
  • 「毎月」は10-14日続きます。

診断はどうですか?

子宮内膜増殖症の診断は、医師がポリープに似た形成を検出することができる場合、専門家が女性の不満または膣鏡検査データに基づいて処方する器械検査に基づいて婦人科医によって行われます。

主な診断方法の1つは、経膣プローブによって実行される子宮の超音波スキャンです。

閉経期にMエコー(子宮内膜)の厚さが6〜7 mmであることが明らかになった場合、子宮鏡検査が規定されています - 内視鏡機器を使用した子宮腔の検査。

全身麻酔下で行われるこの処置中に、組織学的検査のために子宮内膜のいくつかの領域を採取することが可能である。

閉経期にM-echoが8 mm以上の場合は、子宮内膜過形成の診断的掻爬が行われ、癌が除外されます。それはまた全身麻酔下でも行われ、そして同時に治療的および診断的手順であり、両方とも大量の出血を停止させそして顕微鏡下で「削り取られた」子宮内膜を十分に検査することを可能にする。

10 mm以上の子宮内膜肥厚 - 別々の掻爬のための適応と放射性リンによる子宮の研究静脈に導入されると、それは「不健康な」(細胞が修飾されている)子宮内膜に移動し、そこで蓄積します。組織学的検査のために、取られるのはこれらのゾーンです。

治療戦略

病気の治療法は、その組織型(腺、嚢胞性など)、女性の年齢、血中の性ホルモン濃度、乳がんの有無によって異なります。

様々なタイプのホルモンが処方されているとき、そして成長している部分を燃やし尽くすことによって、それらをこすることによって、または子宮を取り除くことによって、それは保守的です。

40〜45歳の女性

まだ月経がある年齢で、以下の治療戦略が適用されます:

  1. 増加した量のエストロゲンが検出された場合、乳癌はなく、過形成性子宮内膜に異型(異常、前癌性または癌)細胞がないため、経口避妊薬(Regulon、Novinet)を3ヶ月間処方する。効果がない場合、外科的治療が行われます - 生い茂った病巣からのレーザー焼灼(レーザーアブレーション)または掻爬。
  2. 増加した量のエストロゲンに加えて、子宮の機能層に前癌性(異型)細胞が見出される場合、経口避妊薬が治療目的のために処方されるか、またはミレナ型の子宮内システムが配置される。コースは3ヶ月で、その後外科的治療が行われます。場合によっては、子宮摘出の問題も検討されます。
  3. 組織学的検査でがんが明らかになった場合は、化学療法、放射線療法、および外科的治療を受けます。その後、ホルモンは自然な月経周期を作り、この年齢で十分なレベルで女性の新陳代謝を維持するかのように処方されます。

閉経前の子宮内膜増殖症における良好な結果はDuphastonによるものです。このプロゲステロン薬は子宮内膜に対するエストロゲンの作用をブロックし、その成長を止めます。この薬を飲んでいる間に月経間血があるかもしれません。

閉経期の46〜52歳の女性に対する治療の原則

治療は、出血を止めてその再生を防ぐという2つの主な目的を達成することを目的としています。最初の段落の実行のために止血薬が処方された後に掻爬、ジアテルミックまたはレーザーアブレーションを実行してください:Ditsinon、塩化カルシウム、カルシウムグルコネート。

再発性出血の予防は、ホルモンの種類の1つを使用して行われます。

  • 経口避妊薬の併用
  • 性腺刺激ホルモン放出因子拮抗薬(ブセレリン、ゴセレリンなど)
  • 時には - 合成プロゲステロン類似体(Duphaston、Norkolut)。

閉経後療法

子宮内膜に異型細胞が存在しない閉経後患者における子宮内膜増殖症の治療は、外科的方法によって行われる:レーザーアブレーション、掻爬。手術後、ホルモン補充療法が行われ、子宮内装置が配置されます。

子宮内膜の閉経後の女性に異型細胞が検出された場合は、外科的治療を実施した後に化学療法または放射線療法を実施します。

閉経期および閉経後の子宮内膜増殖症をどのように認識し治療するか:対策、予防、レビュー

閉経期の子宮内膜増殖症は、50歳以降の年齢層の女性に発生する一般的な問題です。

更年期障害の発症に伴って女性の体内で起こるホルモンの変化は、局所免疫力の低下を招き、それが更年期過形成を含む婦人科疾患のリスクを高めます。

この病状は危険な場合があるので、この病気の兆候を知り、タイムリーに専門家に連絡することが重要です。

病気の特徴

閉経期の女性における子宮内膜増殖症は、粘膜子宮層の同時増殖を伴う病理学的状態である。病気の進行とともに、子宮内膜は子宮の筋肉構造に成長し始めます。この病理は、細胞構造の分裂および子宮内膜の拒絶の過程の違反である。

通常、子宮内膜層は月経周期の前半に成長し、妊娠の開始がない場合は拒絶され、月経血と共に進行する。

閉経期の患者は生殖器系の機能に障害がある可能性があり、その場合、基底の子宮内膜層は成長し続けるが、層間剥離は自然には起こらず、それが過形成につながる。

そのような病理学的状態は、ホルモン、生殖、内分泌系の機能における障害の発生を伴い、そして癌を引き起こし得る。

閉経期の子宮の子宮内膜増殖症のタイプ:

  1. 腺過形成 - 子宮内膜に局在する腺の成長と変形を伴い、それが増加し、子宮の筋肉構造の奥深くまで浸透する。
  2. 子宮内膜の嚢胞性過形成 - 上皮の特異的な増殖を特徴とし、その後の嚢胞性腫瘍の形成と出口腺の開口部の重なりをもたらす。この形態の病理は腫瘍学を誘発する可能性がある。
  3. 焦点 - ポリープの形成を伴って、それらは子宮内膜増殖の病巣を形成する。
  4. 基礎 - 上皮膜の内層が子宮の奥深くまで成長し始める、この疾患の最も稀な種類の一つ。

過形成の異なる形態の症状と治療法はわずかに異なるかもしれません。

子宮内膜増殖症の原因

閉経後および閉経期における子宮内膜増殖症は、多数の要因によって引き起こされ得る。多くの場合、病理学的プロセスは更年期障害の発症よりずっと前に発達し始めます。閉経前および閉経期における子宮内膜増殖症の原因は以下のとおりです。

  • 交換プロセスの違反
  • 膵臓、甲状腺、副腎の疾患は、エストロゲン量の増加と腺筋症の発症に寄与します。
  • 局所性免疫の付随的な減少を伴う、年齢のある性器の臓器の粘膜の変化。
  • 過去の治癒、中絶、子宮への外科的介入、
  • 遺伝的素因
  • 身体が子宮の粘膜を異質の要素として認識し、その成長の過程を活性化する自己免疫過程。
  • ホルモン障害

更年期障害の原因は、薬物の長期の無制限の使用であり、その作用は、更年期障害の徴候、腫瘍新生物、筋腫、ポリープ、マストパシーの存在を排除することを目的としています。

この病気は、最大で50歳までの年齢層の弱い性の代表者に最も大きな影響を及ぼします。閉経後の過形成はまれな現象です。

ハイリスクグループには、45歳未満の年齢層に発生する早期閉経と診断された患者が含まれます。予防目的および現代の診断法のために、腺筋症の発症の素因となる女性は、少なくとも年2回、婦人科検査および生殖器の超音波検査を受けることが推奨されます。

病理学的症状

更年期障害の主な症状は膣出血です。更年期の子宮内膜増殖症に特徴的な他の臨床症状があります:

  • 子宮出血、
  • 主にけいれんしている下腹部に局在する痛みを伴う感覚、
  • 疲労感
  • 体重区分の増加
  • обострение заболеваний, протекающих в хронической форме,
  • приступы головных болей.

В редких случаях болезнь протекает без выделений. この場合、女性は顕著な疼痛症候群、全般的な脱力感、片頭痛、原因のない過敏性を訴えます。

閉経前の子宮内膜増殖症は、以下の症状によっても現れることがあります。

  • 月経周期の失敗
  • 痛みを伴う、長期間、約2週間続く、
  • 過度に激しい、重い月経出血、
  • 血まみれのキャラクターをサイクル中に2回放電する。
  • 月経の遅れ、その後の大量の退院。

専門家は、子宮内膜増殖症のエコー徴候が検出された場合、正確な診断を下し、予備検査の後に治療コースを処方することができます。

診断対策

子宮内膜増殖症が疑われる場合はどうしますか?この病気に特徴的な憂慮すべき症状に気づいて、女性は婦人科医に相談するべきです。専門家が検査を行い、正確な診断を作成するために、以下の種類の研究を任命します。

  1. 超音波 - 経膣センサーを使用すると、子宮内膜層の厚さを測定できます。得られた数値がノルムの限界を超え、5 mmを超える場合は、この手順を数回繰り返します。約10mmの指標で、患者は掻爬または薬物療法のコースを処方される。
  2. 子宮腔のX線 - 子宮内膜システムの構造の変化を評価して、ポリープや他の新生物の存在を確認することができます。
  3. 掻く子宮腔 - 診断目的だけでなく、悪性プロセスの発症リスクが高い場合に推奨。得られた子宮内膜細胞は組織学的検査のために実験室に送られる。
  4. エサポログラフィ - 卵管の開存性を判断するために実施した。処置中、腔はカテーテルを通して造影剤流体で満たされる。

最も有益な診断方法は超音波であり、その精度は約80%です。専門家は、子宮内膜増殖症の次の超音波徴候を特定します:

  • 16 mm - 17 mmのポリープの存在
  • 粘膜の浮き彫りの変化、
  • 超音波信号の導電率の乱れ
  • 子宮内膜層の不均一性。

得られた結果に基づいて、専門家は患者を診断し、特定の臨床例に最適な治療コースを開発します。病理学的治療の形態および段階に応じて、病理学的治療は様々な方法で行われる。

薬物療法

閉経中の子宮内膜増殖症では、ポリープや腫瘍がない状態では、腺状および嚢胞性の形態で薬物治療が推奨されます。患者は血液凝固を増加させる薬を処方されており、これは肝臓の機能を正常化することを意味します。

患者さんはホルモン療法を受けます。このような複雑な治療法は、子宮内膜層に対するエストロゲンホルモンの悪影響を減らすことができます。準備とその投与量、主治医の使用期間は個々の計画で選択します。

外科的介入

外科的介入の適応症は、疾患の頻繁な再発、子宮内膜剥離、薬物療法の有効性の欠如、腫瘍学的プロセスの疑いです。

子宮内膜増殖症を治療するには、次の方法を使用してください。

  1. こする - ポリープ、成長、腫瘍の腫瘍の外科的除去。掻爬術は全身麻酔下で行われ、約30分かかります。
  2. 子宮、卵巣の摘出 - 根治手術は、悪性腫瘍の発生を伴う例外的なケースで行われます。
  3. 凍結療法 - GPEのフォーカルフォームに効果的です。液体窒素にさらされると、壊死および拡大する組織構造の死につながり、ポリープは子宮膜の粘膜に局在する。
  4. レーザー治療 - 限局性過形成にも使用されます。その手順は、その無痛、最小限の外傷および効率のために、患者からの良いフィードバックに値した。

閉経後の子宮内膜増殖症の治療は、手術によってのみ行われます。患者は掻爬術またはレーザーアブレーションとそれに続くホルモン補充療法を推奨される。

伝統医学の方法

民間療法による治療は許可されていますが、複雑な治療の補助的な要素としてのみです。イラクサ、ゴボウ、金色のウィスカーをベースにした漢方薬、注入剤、煎じ薬の使用は良い効果をもたらします。

閉経期および閉経後期では、民間療法のみでは子宮内膜増殖症の病理を治癒することは不可能であり、自己投薬は極めて深刻で好ましくない結果をもたらす可能性がある。

予防策

閉経を伴う子宮内膜増殖症を予防するために、45歳以上の年齢層の患者は、婦人科医による定期的な理学的検査を受け、ホルモン療法のために献血することが推奨されます。以下の専門家による推​​奨事項が役立ちます。

  • 体重を記録し、食べ過ぎを避け、モバイルライフを楽しんでください。
  • 医者の処方箋なしで、薬、特にホルモンの薬を使うことを控えます、
  • バランスの取れた食事をする
  • 定期的に、しかし同時に適度な親密な生活を送るために。

あなたは栄養に注意を払う必要があります、乳製品、醸造用酵母、エストロゲンの供給源と見なされる食事の含有量を減らす。メニューにはトマト、オリーブオイル、ビートが含まれています。

閉経期の子宮内膜増殖症は、ホルモンの変化を背景にして発生する病気です。適切な治療法がない場合、病状は進行し、そして腫瘍学的プロセスの発達を含む深刻な結果をもたらし得る。

子宮内膜増殖症の治療を受けた女性は、以下のような場合に、適切な時期に医師の診察を受けていれば、病状が治癒することを確認します。

"私は52歳です。私は、閉経期を背景にして戯れる、子宮内膜層の過形成がありました。激しい痛み、気分のむら、脱力感、出血などが原因です。掻爬術および医師の処方した薬を服用した後、症状は安定しました。」

エレナ

「私は49歳です。子宮内膜増殖症の徴候は、閉経前でさえも早く現れた。彼女は間もなく医者に訴えたので、手術を避けることができ、ホルモン療法のみを管理したのです。」

アンナ

"私は53歳です。 1年前、検査で、限局性過形成が発見されました。レーザー治療の手順に合格しました。非常に効果的で、まったく痛くありません。健康は問題なく、再発はありません。」

閉経期の子宮内膜増殖症

更年期の間に、女性の身体の年齢に関連した変化が起こります - 性ホルモンの繁殖が減少し、子宮腔の内粘膜の再生の周期的なプロセスが停止します。

気候期の開始とともに、深刻な病気を発症する可能性が高まります。子宮内膜増殖症は、最も一般的には閉経期に診断されます。

この診断を聞いたことがあるすべての患者が、それが何であるか、どんな症状および病気の治療を知っているとは限りません。

更年期障害とは何ですか。

更年期障害は、女性が最後に自然に周期的に退院してから12か月後の年齢で、45歳から55歳の間に起こります。それは卵胞保護区の枯渇によって引き起こされます。閉経が40歳より前に起こると、このプロセスは卵巣枯渇症候群と呼ばれます。 55歳を過ぎると、閉経が遅くなる女性もいます。

一時停止が人工的な手段によって引き起こされる場合があります。この場合、女性は卵巣の外科的切除、化学療法、または投薬のために月経を止めます。

更年期の間に、女性の体は変わります。ホルモンの欠乏、卵巣の機能の変化によって引き起こされる変化。子宮癌、子宮内膜増殖症などの多くの婦人科病理を発症するリスクが高まるのはこの時点です。

病気に関する一般的な情報

「過形成」内科医という用語は組織の成長を意味します。それは過剰な細胞産生のために生じる。子宮内膜は子宮の内層です。それは完全な発達のための胎児の最適条件を提供します。月経周期ごとに子宮内膜の厚さは異なります。

最も薄い層は月経が終わった直後です。排卵の間、子宮内膜はホルモンのエストロゲンの影響下で8 mmに肥厚します。

構想が起こらなかったら、ホルモンのレベルはプロゲステロンの生産のために減少します、器官の内部の粘膜は枯渇します、卵細胞はボディを去ります - 月経は始まります。

閉経期には、ホルモンが乱されます。上昇したエストロゲンレベルの影響下で、子宮内膜は体積が増加する。プロゲステロンの量が少ないため、この過程は止まりません。

ほとんどの場合、子宮内膜の成長は閉経前を特徴としています。

実際、女性の体内に毎月の退院があるにもかかわらず、ホルモンの背景の変化を伴って、年齢に関連した変化が起こります。

子宮内膜の規範

閉経期には、子宮内膜が薄くなります。その厚さは5 mm以内です。医師が正常だと考えるのはこの指標です。時々閉経を伴う子宮内膜の成長は7-8ミリメートルに達する。

この指標は、病理学的過程の始まりの可能性を示しているが、まだ過形成として分類されていない。一部の患者では、7〜8ミリメートルの組織厚が一般的です。

しかし、医師は組織の成長を動的に制御するために定期的に(3〜6ヶ月ごとに)超音波を受けることを推奨します。

子宮内膜の厚さが8 mmを超える場合、婦人科医は患者を掻爬することを勧めます。病理学的過程の進展を確認し、組織の構造を研究し、そして治療を処方することが必要である。

病気の分類

子宮内膜増殖症にはいくつかの種類があります。それらは組織成長の方向で異なります:

  1. 子宮内膜の腺過形成は、子宮内膜の内層の層がその中に位置する腺の変性により増加する場合に診断されます。容積の増加は器官の筋肉の方向に起こります。
  2. 嚢胞性の形嚢胞性層が裏地の空洞に形成され始めます。過剰なホルモンによって生成された細胞が悪性のものに変わる可能性があるため、この種の病理は危険です。
  3. 基礎過形成。閉経期には、この病気はめったに診断されません。その発生中に、子宮の基底層の厚さの増加が観察される。
  4. 焦点の形膜の厚さは不規則に増加し、子宮の壁に成長(ポリープ)を形成します。
  5. 異型過形成クライマックスでは、この種の病理はまれです。それはすぐに子宮癌に変わるので、それは病気のすべてのタイプの徴候の中で最も危険です。異型子宮内膜増殖症が確認されたら、医師は臓器を切除します。

ほとんどの場合、更年期障害は腺状および嚢胞性の病気と診断されます。これらの種類の病状を発症する主な理由はホルモン不全です。

閉経期の過形成の原因

閉経期に子宮内膜増殖症を引き起こすいくつかの要因があります。ほとんどの場合、それらは閉経期の前に(閉経前に)形成し始める。

  1. ホルモン不全これが病理学の最も一般的な原因です。 45歳以降の女性では、プロゲステロン産生が減少し、エストロゲンレベルが上昇します。この不均衡は子宮内膜の変形を引き起こします。
  2. 代謝性疾患年齢とともに、ほとんどの女性は太りすぎの問題を抱えています。脂肪組織はエストロゲンの産生を誘発し、それによって閉経期に現れるホルモン不全を悪化させる。
  3. 内分泌系の機能障害。このため、閉経後の女性には子宮内膜増殖症がよく見られます。
  4. 子宮への頻繁な浸潤(婦人科手術)。頻繁な機械的作用のために、膜受容体はもはやプロゲステロンレベルに応答しない。中絶や掻爬の女性が耐えなければならないほど、気候期におけるGGE発症の可能性が高くなります。
  5. 遺伝子レベルでの病理学の素因医師は、この病気は、親戚が同じ問題を抱えている患者でより頻繁に診断されていることを確認しています。

また、粘膜の増殖は、子宮筋腫および肥満症の背景に対して観察される。場合によっては、免疫系の機能不全の病理が引き起こされる可能性があります。

閉経後の子宮内膜増殖症の症状は個別に現れます。過形成性の病理学的過程の主な症状は血の放出です。しかし、それらはすべての患者で観察されるわけではありません。時々、殻の肥厚は放電せずに起こる。この疾患の他の症状は次のとおりです。

  1. 非常に痛みを伴う月経。この場合、痛みは痙性です。
  2. 不規則な月経周期時には発見は月に2回現れます。
  3. 豊富で長期間(10〜14日)。

時々子宮の子宮内膜増殖症の症状は一般的な倦怠感、不眠症、片頭痛、パフォーマンスの低下、過敏性を伴う。女性は激しいのどが渇いています。

タグクラウド

著者:®バルトR.A. 2012年

患者は57歳です。 9年前の最後の月経私は内生殖器の脱落についての苦情で医者に行きました。骨盤内臓の超音波に送られます。

超音波の場合:子宮正常サイズ。 Mエコー= 7mm、子宮腔は均一な無響内容物で均一に拡張されている。子宮の底部、子宮の左側には、中等度に不均一な構造の明らかに均一な輪郭を有する4×6mmの増加したエコー源性のポリープ形成が決定される。

結論: 閉経後のセロメーターのエコー写真。ポリープ子宮内膜。

Fig.1子宮腔内に丸いポリープ状の介在物がはっきりと定義されている。三次元再構成

ビデオ1。ポリープ子宮内膜。

子宮内膜ポリープ - 子宮の粘膜の病理学的に変化した基底層から発生する単一または複数の良性の外生的に成長する腺形成物である。子宮内膜の基底層の上皮腺を増殖させることによって発症する。

著者から:「子宮内膜ポリープが何であるかをよりよく理解し理解するためには、月経周期と季節の間に類推をする必要があります。次の月経周期(春)の初めに、粘液性子宮は春の草のように成長し肥厚します(それは豊かで美しくなります)。周期の終わり(秋)までに、成熟してその機能を果たした子宮の粘膜は月経中に拒絶されます - これは秋までに乾いて落ちる草と比較することができます。何らかの理由で、ある場所では子宮の粘膜が月経中に拒絶されず、そして茂った草のように次のサイクルまで残り、次の年(月経)のために残る厚い茂み(ポリープ)に変わった。雪を背景に密な雑草の茂みが地面から突き出ているとき、私たちはしばしば春に同様の絵を見る。このブッシュ(ポリープ)は見事に繁栄し、来年春には(次の月経周期で)成長します。など」

発生の初期段階では、ポリープは子宮筋層との境界上の基底層に位置しています。続いて、この層の肥厚した病巣が引き出され、子宮の体の粘膜に侵入し、長くなり、そしてポリープの形態をとる。

開発の初期段階では、ポリープは広範囲に位置しています。その後、子宮の収縮活動の結果として、基部が薄くなり、ポリープが「脚」に形成される。それは、線維性および平滑筋組織、ポリープの不可欠な解剖学的特性からなる脚の存在です。茎のおかげで、ポリープは「オルガノイド性」の徴候を獲得し、それを腺状子宮内膜増殖症の多発性形態と区別している。

ポリープの形成は、明らかに、基底層の血管の病理学的状態および子宮粘膜の受容体装置の局所的変化によるものであり、これはエストロゲン受容体の濃度の増加によって明らかにされる。

外生部では、ポリープはしばしば機能性子宮内膜の薄層で覆われており、それは周囲の子宮内膜で起こる周期的変化に関与している。

子宮内膜ポリープは特定の ホルモン依存。これはポリープの組織型によって異なります。腺ポリープが高度にプリズム状の増殖型上皮によって支配されている場合、それは子宮内膜のようなエストロゲン様/プロゲスチン様刺激に反応する。機能性ポリープとも呼ばれます。低角柱上皮の罹患率、および間質の顕著な線維症の場合、ポリープはホルモン非依存性であり得る。それらは基礎型ポリープと呼ばれます。形態学的には、増殖性腺および間質性子宮内膜ポリープもまた単離される。

最も頻繁に ローカライゼーション 子宮内膜ポリープは、子宮の底部および角部の粘膜です。時々ポリープの長さは6-8センチに達し、そしてそれらは部分的に子宮頸管またはさらには外側のosの外側に達します。子宮の峡部の粘膜のポリープはあまり一般的ではありません。

ポリープ形状 違う。時々ポリープは広い基盤に置かれ、大きいサイズのために底から子宮腔に掛かる。より頻繁にポリープは短いか長い足を持っているか、または広い基盤の上に位置しています。

子宮内膜ポリープ 単一または複数の場合があります そして、ほとんどの場合、子宮の底と管の角にあります。より典型的なものはシングルポリープです。ポリープの大きさは、微視的なものから、腺組織の小さな断片の形をした掻爬で決定されるものまで、子宮腔全体を形成し頸管を通って膣の中まで貫通する大きな外生形態まで様々である。ほとんどの場合 寸法 ポリープは3〜10 mmの範囲で変化します。ポリープの根元(脚)は通常狭く、時折ポリープの広い根元があります。

妊娠可能年齢における子宮内膜ポリープの悪性変性のリスクは低い(2〜5%)。しかしながら、それは閉経後に有意に増加する(最大10%)。

子宮内膜ポリープの疑いがあるかどうかの超音波検査は、月経周期のフェーズI(終了後の最初の日に)で最もよく行われます。通常これは5-7日周期です。

閉経後の子宮内膜病理学の原因と症状

更年期は、45歳から55歳の年齢層を克服するすべての女性の生活の中で発生します。これは、月経がない、定性的に新しい生活に入ること、つまり望まない妊娠のために遅れることを恐れている、または逆に、受精がないことを示す定期的な期間を意味します。しかし、この時期には、女性の健康状態や出生時の年齢を注意深く監視することも必要です。閉経後の子宮内膜の病理は非常に頻繁に発症します。

子宮内膜の病理学の原因

更年期障害は、出産機能の消滅を伴います。これは女性の性腺によるエストロゲンとプロゲステロンの生産の減少によるものです。これらのプロセスは、子宮内の良性腫瘍プロセス、例えば、子宮筋腫、子宮筋腫の活動の自然な減少をもたらす。それはホルモン依存性のプロセスであるため、結節の成長の強度は減少します。

クライマックスはリラックスする理由ではありません。それは子宮内膜における多くの病理学的過程と関連している。ほとんどの場合、それは閉経後の女性における子宮内膜の肥大性増殖です。

ホルモンの不均衡のために、子宮内膜の厚さは増加します。閉経後の割合は約0.5センチです。子宮内膜細胞の形成の過剰な活性は、その厚さが15±15ミリメートルを超える、すなわち、通常の層より2〜3倍高い層の出現をもたらす。

子宮の内層の過度の形成の原因は、いくつかの情報源に見出すことができます。

エストロゲンの効果は、女性のごく一部に現れています。これは、血液中で産生されるホルモンの量を減らすのが遅いペースと、子宮の退縮の並行プロセスによるものです。子宮内膜は成長し続け、そして卵胞はそれほど急速には成熟しない。結果として生じる層は拒絶されず、蓄積する。

何らかの形で代謝システムの規制に違反すると、女性の生殖器領域に影響を与えます。それらの中の甲状腺、視床下部、下垂体、新生物の病気は月経障害につながります。出産機能の消滅にも悪影響が生じる可能性があります。性ホルモンの形成の障害は、肥大状態の閉経中に子宮内膜を引き起こす。

子宮内膜の病理は、更年期的変化の発症とともに起こる可能性があります。約30〜40歳の閉経前の間に、子宮頸部または子宮内にポリープの成長が起こります。これらの構造物の除去は婦人科手術です。

女性の身体は、生殖器内臓への外部からの介入が痕跡を残さずに通過しないように設計されています。治療的または診断的手術は子宮の内層の状態に悪影響を及ぼす。

婦人科医は、子宮内膜の病理学は遺伝的な理由でしばしば起こることを指摘しています。同じ家族の何世代にもわたるこの種の問題の遺伝の観察。

子宮内膜病理の症状

特定の年齢層の出現で、女性は彼女の体の変化と性ホルモンシステムの機能を感じ始めます。月経周期の再構築があり、それらと共にホルモンシステムの全作業があります。生殖機能の消滅期には、多くの女性が主観的に症状の悪化を感じます。

  • 弱点
  • 頭痛
  • 疲労
  • 過敏性、
  • 体重増加。

    子宮内膜の病理学的変化が発症した場合、これらすべての現象は婦人科の訴えによって悪化する。出血は濃い色で、出血の開始時には濃い色になり、徐々に止まらない血に変わります。

    子宮内膜の肥大形成は突然の出血の出現を伴う。そしてそれらは自発的であり、血塊、粘液片の分離を伴って、豊富に存在し得る。

    この種の出血は非常に痛みを伴い、子宮の突出部に痛みを伴います。一般的な健康状態もまた苦しんでいます:のどの渇き、弱さ、働く能力の大幅な低下、そして生活の質の大幅な低下。それは、長い間、血の多い自然の重い、血の放出の存在によって妨げられるかもしれません。

    長く放置されている過程で、貧血、浮腫が発症し、血圧の跳躍が観察されます。体内での体液の過剰な蓄積により、体重が増加する可能性があります。

    子宮内膜病理学の形態

    子宮の内層の上皮の病理学的増殖の種類を確定するために、組織学的検査を使用することができます。これを行うには、直ちに医師に相談しなければなりません。これは、この場合にどのような過形成が存在するかを証明するのに役立ちます。

  • 腺嚢胞、
  • 嚢胞性、

    鉄嚢胞性および腺型は良性です。これは、これらの細胞が悪性形態を獲得する可能性が5%以下であることを意味します。

    嚢胞性の形態はあまり好ましくない。それは腫瘍病理学への移行についてのより悲しい統計を伴っている。同時に、嚢胞は内側に正常な細胞を持ち、腺は外側の大きさがかなり大きくなります。

    焦点の形は、ホルモンの作用に対する子宮内膜の個々の部分の不均一な感受性のために発達する。腺嚢胞に似た形成領域。それらのサイズは直径数センチに達することがあります。子宮内膜の全領域にわたるそのような形成の位置は、プロセスを拡散形態に変換する。

    この病気の非定型的な形態は、根治的外科的介入のための実質的に直接的な適応症です。ここでは、癌性形態への移行の最大の危険性が明らかにされているので、診断および組織学的検査の初期段階で子宮を摘出することが推奨される。

    閉経後とは何ですか -

    閉経後の女性の体内の退行過程の一部としてのエストロゲン欠乏は、一方では規則的な生理学的過程と見なすことができ、他方ではそれは更年期を含む多くの障害のための病因としての役割を果たす。神経栄養性、代謝性内分泌、更年期障害の精神感情的症状、泌尿生殖器障害、骨粗鬆症、皮膚の変化が特定の年代順に起こり、閉経後の女性の生活の質を著しく低下させます。卵巣機能の低下に関連するさまざまな症状が女性の70%以上に見られます。

    閉経後の引き金となるもの:

    更年期障害の頻度は、年齢および更年期の期間によって異なります。閉経前にそれが閉経後35〜50%の後に20〜30%である場合、次いで閉経後2〜5年は2〜3%に減少する。閉経期症候群の期間は平均3〜5年(1年〜10〜15年)です。更年期障害の症状(EM Uvarovaによる修正更年期障害の尺度で推定)は、頻度に従って以下のように分布している:潮汐 - 92%、発汗 - 80%、血圧の上昇または下降 - 56%、頭痛 - 48%、睡眠障害 - 30%、鬱病および過敏性 - 30%、無力症症状 - 23%、交感神経 - 副腎皮質危機 - 10%。症例の25%において、更年期症候群の経過はひどい。

    閉経後の女性におけるエストロゲン欠乏状態の影響の1つは、アテローム性動脈硬化症(虚血性心疾患、脳血管障害、動脈性高血圧)によって引き起こされる心血管病理学の頻度の増加です。閉経後の女性の場合、これは壊滅的です。40歳未満の女性の心筋梗塞率が男性の10〜20倍低い場合、卵巣機能の消失後、比率は徐々に変化し、70年で1:1になります。

    老年期における長期のエストロゲン欠乏はアルツハイマー病の病因(脳損傷)に関与していると考えられています。閉経後の女性におけるエストロゲンの予防効果が注目されていますが、この問題は証拠に基づいた医学のさらなる研究を必要とします。

  • •年齢(リスクは年齢とともに増加します) - 閉経後
  • ・性別(女性は男性よりリスクが高く、骨粗鬆症を患っている人々の80%を占めています)、
  • •閉経期の早期発症、特に45歳以前
  • ・人種(白人女性にとって最大のリスク)
  • •ほっそりした体格、低体重、
  • •カルシウム摂取量が不十分
  • •座りがちな生活
  • •喫煙、アルコール依存症、
  • •骨粗鬆症の家族性負担、ビタミンD受容体の合成に関与する遺伝子の多型
  • 閉経後治療:

    現在、ホルモン補充療法の有効性、予防目的と治療目的の両方のためのエストロゲンさえもの妥当性について疑問を呈していた。同時に、ホルモン補充療法は、更年期障害を矯正するための唯一の有効な方法であり続けている。長期HRTは乳がんのリスクを高める可能性があります。近年では、ホルモン補充療法中に心血管病理学(血栓症、血栓塞栓症、心臓発作、脳卒中)の頻度が増加しているという証拠があり、薬を服用して1年目が最も危険です。

    ホルモン補充療法の予約に先立って、喫煙を含む病歴の特徴が明らかにされ、身体検査が行われ、脚の静脈系の状態が評価され、骨盤内臓の超音波スキャン、マンモグラフィー、および血液凝固が行われる。ホルモン補充療法の副作用は、(単剤療法としての)エストロゲン、妊娠遺伝子調製物、エストロゲンとアンドロゲンの組み合わせ、ならびに注射および経皮的な薬物投与を滑らかにします。

    新しい技術(超音波、ドップラー超音波検査、ハイドロソノグラフィー、MRI、子宮鏡検査、組織化学など)は、異なる年齢の女性、特に閉経後の期における内部生殖器の状態を客観的に評価することを可能にする。閉経後の期間の長さに応じて、子宮、卵巣の侵襲的変化を研究し、標準的な指標を作成し、子宮の病理を特定し、早期に付属肢を特定することができます。

    閉経後期間が短いと、子宮内膜には平均エコー源性があり、これは閉経後期間の増加とともに増加します。子宮筋層線維症に対応する複数の高エコー領域が現れる。閉経後の血流は子宮内膜で有意に枯渇し(ドップラー研究によると)、その末梢層に記録される。閉経前に生じた筋腫結節も退縮を受けやすく - それらの直径は減少し、最初にエコー密度が増加した節(線維腫)は最も小さい変化を受けるが、中等度または減少したエコー原性を有する節(平滑筋腫)は最も著しく減少する。同時に、エコー密度、特に筋腫結節の嚢が増加すると、エコー信号が弱まり、筋腫および子宮結節の内部構造を視覚化することが困難になる可能性があります。サイズの減少やエコー密度の変化(子宮内膜に近い)を伴う小筋腫の視覚化は困難になる可能性があります。ホルモン補充療法(行われている場合)の背景に対して、筋腫結節の超音波画像は最初の6ヶ月で回復します。多くの虫歯および低エコー性内容物を伴う筋腫結節の嚢胞性変性(漿膜下局在)はめったに見られない。萎縮を受けた筋腫結節の血流の研究では、カラーエコーの結節内レジストレーションは典型的ではなく、結節周囲血流は乏しい。間質性結節では、閉経後の子宮内の萎縮性突起は求心性傾向の増加および筋腫性結節の粘膜下成分の出現をもたらし得る。閉経後の女性の筋腫結節の粘膜下の配置は出血につながる可能性があります。超音波検査では、筋腫結節の嚢と区別して出血の原因を特定するのは困難であるM-エコー(粘膜下結節、付随する子宮内膜病変)を適切に評価することはできません。診断上の困難により、ハイドロソノグラフィーと子宮鏡検査の解決が可能になります。

    閉経後の女性における子宮および/または筋腫の節の増加は、ホルモン補充療法によって刺激されない限り、常に卵巣または子宮肉腫のホルモン産生病理の排除を必要とする。肉腫は、結節または子宮の急速な成長に加えて、結合組織層に対応する細いストランドのエコー源性が増加した中程度の健全な導電率の均一な「細胞」エコー構造によって決定される。腫瘍体積全体にわたるドップラー研究では、中程度の抵抗の血流がびまん性に増強されています。

    閉経後の子宮内膜は周期的変化を受けなくなり、萎縮する。子宮腔の縦方向および横方向の寸法は減少する。超音波を使用すると、Mエコーの前後のサイズが4〜5 mm以下に減少し、エコー源性が増加します(図5.2)。長期間の閉経後疾患の間の重度の子宮内膜萎縮は、増加したエコー密度のM-エコーの構造における小さな直線状の介在物として視覚化されたシネチアエの形成を伴い得る。子宮内の少量の体液の蓄積は、萎縮性の薄い子宮内膜を背景としたサジタルスキャン中に可視化され、子宮内膜の病状の徴候ではなく、子宮腔の内容物の流出を妨げる子宮頸管の狭窄/侵入から生じる。

    子宮内膜過形成プロセスは、子宮内膜組織の​​エストロゲン受容体に作用するエストロゲン濃度の上昇(古典的および非古典的ステロイド)を背景にして発生します。エストロゲンおよびプロゲステロン受容体の検出頻度ならびにそれらの濃度は、子宮内膜の病状の種類によって異なり、子宮内膜の増殖過程が進行するにつれて減少する(子宮内膜腺ポリープ - 腺線維性ポリープ - 腺過形成 - 異型過形成および子宮内膜ポリープ - 癌)。閉経後の高ナトリウム血症は以下の原因が考えられます。

  • 肥満、特に内臓のアンドロゲンからエストロゲンへの過度の末梢変換
  • 卵巣のホルモン産生構造(テコマト、腫瘍)
  • 不活性化障害(ステロイドとグルクロン酸および他の酸との水溶性化合物への移行)およびタンパク質合成(ステロイドホルモンのキャリアタンパク質の合成減少、ホルモンの生物学的利用率の増加をもたらす)の機能:
  • •副腎の病理
  • ・高インスリン血症(真性糖尿病)、過形成および卵巣間質の刺激を引き起こす。

    閉経後の子宮内病変の範囲:子宮内膜ポリープ - 55.1%、子宮内膜腺肥大 - 4.7%、非定型子宮内膜腺癌 - 15.6%、出血中の子宮内膜萎縮 - 11.8% 、子宮粘膜下筋腫 - 6.5%、腺筋症 - 1.7%、子宮内膜肉腫 - 0.4%。

    子宮内膜前癌の臨床型は、腺過形成および再発性腺内膜ポリープです。

    子宮内膜の増殖過程の再発の理由は、卵巣の腫瘍性および非腫瘍性(tekomatoz)ホルモン産生構造の両方である

    卵巣の変化を適切に評価するためには、卵巣の正常な超音波画像と閉経後期におけるその動態を知る必要があります。閉経後には体の大きさと体積が減少し、エコー構造に変化があります。

    萎縮型の卵巣が変化すると、その大きさと体積は著しく減少します。過形成型の変化に伴って、長さ寸法はゆっくり減少し、卵巣組織の健全な伝導性は平均的であり、小さな液体包有物が可能である。

    Для диагностики образований придатков матки применяют сочетание трансабдоминального и трансвагинального УЗИ. 診断の正確度は98%であるが、腫瘍マーカーの定義と共にDoppls研究による超音波検査は、癌過程を排除することを目的とした術前検査の主な方法である。悪性新生物では、血管新生の徴候が100%で検出され、血流曲線は抵抗が低い(IL)。

    診断する方法

    ほとんどの場合、婦人科医は子宮内膜増殖症の疑いがあると診断し、それに対して女性は痛みを伴う月経不順または月経不順を訴えます。病気を診断するためのいくつかの方法があります。

    1. 超音波この診断試験中に子宮内膜層の厚さが7〜8 mmであることが判明した場合、婦人科医は追加の検査を処方します。
    2. 子宮鏡検査処置中、医師は内視鏡装置を使用して子宮腔の目視検査を行います。検査は全身麻酔下で行われます。ほとんどの場合、組織生検は膜の検査と同時に行われる。
    3. 掻爬(子宮内膜の診断的掻爬)。これらの場合、成長する組織の厚さが8 mmを超える場合、手順は規定されています。子宮内膜をさらに研究し、癌細胞の出現を排除するために擦過が行われる。

    肥厚が10 mmを超える場合、婦人科医は別の掻爬手技を受け、続いて臓器腔に放射性リンを照射することを推奨します。試薬は患者の静脈に注入され、体内を移動して膜の病原性領域に蓄積します。組織学的検査のための医者はこれらの領域から生物学的材料を取ります。

    閉経時の病気の治療方法

    閉経期に子宮内膜増殖症と診断された場合は、直ちに治療を開始します。結局のところ、これは子宮内膜の病理学であり、その発達中に細胞が悪性腫瘍性形成へと変性する可能性が高い。病気の段階に応じて、医師は治療方法の1つを使用します。

    薬物治療

    組織の厚さが6〜7 mmを超えない場合は、子宮内膜増殖症を薬物で治療することをお勧めします。

    治療は、プロゲステロンレベルの上昇を引き起こすホルモン剤の使用に基づいています。

    全治療期間(6〜8ヶ月の継続的な薬物摂取)の間の患者は、計画された超音波スキャンを受けなければならず、その間に医師は組織増殖速度の変化について絶えずチェックを続ける。

    薬物治療では100%の結果は得られません。再発の可能性は高いです。

    民間療法による追加療法

    ほとんどの患者は病理学の伝統的な治療法を使用することを急いではいません。婦人科医は、ハーブを主な治療法と見なすのではなく、薬と組み合わせて使用​​することをお勧めします。 HPEの治療に効果的であることが証明されている伝統医学の最も一般的なレシピは、次のとおりです。

    1. ゴボウの根と金色の口ひげからの新鮮なジュース。これらの液体は同じ割合で混合され、1日2回、1杯のスプーンで服用されます。このレシピの大きな欠点は、暖かい季節にしか治療が受けられないことです。
    2. イラクサのアルコールチンキ(独自に製造) 200グラム。薬用原料(新鮮な葉および新芽)は500mlを注ぐ。アルコール(強い密造酒)。時々液体の容器を振って、暖かい暗い場所に3週間保った。注入フィルターを用意し、1日2回小さじ1杯を服用します。

    民間療法の治療は医師による定期的な検査を伴うべきです。これは、病気の動態を追跡する機会を提供します。

    病気自体は更年期障害を経ていますか?

    たとえ病気が明白な症状を伴わずに偶然に診断されたとしても、それだけでは通過できません。

    ホルモン剤なしで女性の身体に起こる病理学的変化は、正常に戻ることはできません。閉経期が過ぎるとホルモンが正常化し、子宮内膜層が薄くなると考える女性もいます。

    これは妄想に過ぎません。病気の治療が早く開始されるほど、回復の可能性が高くなります。

    更年期障害で再発は可能ですか?

    閉経期に子宮内膜増殖症が再発する可能性が高まります。その後も組織の成長が続いた医師によって選択された治療の種類に応じて、さらなる行動が決定されます。

    1. 薬物療法後に疾患が再発し、層の厚さが8 mmを超えて増加する場合は、掻爬術を受けることが推奨されます。
    2. 掻爬後に状況が繰り返される場合、子宮の完全摘出が行われる。

    最初に適切に選択された治療による病状の再発症例の割合は低い。再発の可能性を防ぐために、患者は継続的に経過観察を受けなければなりません。

    危険は何ですか

    閉経期子宮内膜の成長は女性にとって非常に危険です。それは再発し、腫瘍形成に退化する傾向がある潜行性の病気です。

    毎月の退院停止後も、子宮膜の過形成は少なくとも閉経前のメニューには危険です。

    したがって、最後の月経が終わってから12ヶ月間の女性は、婦人科の日常検査と超音波検査を受けなければなりません。

    私は数年前にPCEと診断されました。レセプション「Diferelin」を任命。インターネット上でこの薬について矛盾するレビューを読んだが、それでも私は飲み始めた。子宮内膜の厚さは増加しません。そしてそれは喜ばれます。こすることを避けるための希望があります。

    ああ、あなたはラッキーでした。私は“ Danazol”と“ Zoladex”の両方を割り当てられました - すべてが無効であることが判明しました。私は削りに同意しなければなりませんでした。手順は最も楽しいものではない、と私は言わなければなりません。今私は再発を避けるために薬を飲んでいます。

    そして、子宮内膜自体が治療なしで正常に戻った場合がありますか?私はただ不思議に思っています、私はすでに2回の清掃を渡しました。友人はハーブだけで扱われた、それで彼女は腫瘍に入った…

    私はあなたが時間内に医者に行ってピルを飲むならば、あなたは掃除なしですることができると思います。少なくとも、私は今のところ持っています。常に観察され、超音波を通過させる。閉経後にすべてが正常に戻ることを期待しています。しかし、それだけではなく、もちろん薬を服用します。

    閉経期における子宮内膜増殖症:原因、症状、治療

    更年期障害は女性の生活の中で珍しい期間です。この時、女性は身体の特別な変化を観察し、一緒に暮らすことを学びます。残念ながら、閉経期の頻繁な衛星は子宮の子宮内膜増殖症です。子宮内膜増殖症は、子宮内の子宮内膜体の異常な成長です。

    病気はさまざまな年齢の女性です。しかし、閉経期の子宮内膜増殖症は特に危険です。なぜなら、この時期には癌が発生する危険性が高いからです。それで、これが起こらないようにするために、女性はそれがどのように治療されるのと同様にこの病気の原因、症状と徴候について知る必要があります。

    この記事では、これらの問題について順番に説明します。

    閉経中にこの病気が発生する理由

    閉経期には、女性の15%以上がこの病気にかかっています。閉経期では、非定型過形成が40%の症例で癌になる危険性があります。それ以外の場合、リスクは最大5%です。過形成が起こります:

    • 第一鉄これは治療するのがそれほど難しくない最も一般的な形式です。子宮内膜の腺過形成は一般的には再発しません。
    • 腺嚢胞性この場合、子宮内および卵巣上に嚢胞が形成されます。
    • 異型前がん性で最も危険な形態の疾患。
    • フォーカルポリープの形成はこの形態の特徴である。

    それでは、子宮内膜増殖症の原因は何ですか?主なそして最も重要な理由は更年期におけるホルモンの不均衡です。この間、エストロゲンは大量に生産されます。

    このプロセスは、気候の兆候を緩和する薬やホルモン避妊薬を服用することによって悪化します。 2番目に重要な理由は遺伝です。

    この後、更年期障害の病状に先行する重要な理由がいくつかあります。

    • 体の代謝プロセスの違反。年齢とともに、体は脂肪を産みます、それはそれが完全に力で働けないからです。これらの代謝過程は、糖尿病の発症、肝臓の機能の異常および子宮内膜の増殖を引き起こす。
    • 内分泌系の機能不全。体の正常な機能のためにホルモンを生産する特定の臓器があります。これらは膵臓や甲状腺、副腎です。これらの臓器の不全はホルモンの不均衡につながり、それが次に過形成を引き起こします。
    • 加齢に伴う生殖器の粘膜の変化。臓器の膜は薄くなりそして敏感になります。これは、臓器が影響因子の影響を受けやすくなり、しばしば感染症に感染するようになるという事実につながります。これらの疾患は子宮内膜層細胞の増殖に寄与する。
    • 子宮における頻繁な機械的介入女性がどれだけ妊娠中絶と掻爬をしたかにかかっています。小さいほど良いです。擦り取るごとに、粘膜受容体は薄くなり、十分なプロゲステロンを産生することができない。これは過形成の発症に影響します。
    • イミュニティ障害この失敗は、体が子宮の内膜を異物として知覚するという事実によって特徴付けられる。その結果、彼は積極的に彼自身の種類を作り出し始め、それは子宮内膜の増加をもたらします。
    • 45歳までの更年期障害の発症。

    子宮筋腫や肥満症などの病気は、子宮内膜増殖症に先行します。

    この病気にかかりやすい女性は少なくとも年に一回は医者によって診断されるべきです。

    病理の症状と徴候

    多くの場合、この病気は無症候性です。興味深いことに、子宮の子宮内膜増殖症の形成は閉経期の開始よりずっと前に起こる。更年期障害は病気を発症へと押しやります。症状がないために、女性は最近医者に行くことができ、それは病気の無視と治療に費やされる膨大な時間をもたらします。

    閉経期に入った女性は、年に1回検査を受けなければなりません。

    ただし、この期間に子宮内膜増殖症の主な兆候がいくつかあります。

    • 閉経中の退院は専門医に会う合図です。
    • 脱力感、倦怠感、疲労感、
    • 片頭痛、
    • 高血圧
    • 体重が変わります。

    これらの兆候のいずれかが女性に警告するはずです。これが成功するとは思わないでください、そして、医者に必ず連絡してください。それは女性が癌にかかっているかどうかによって異なります。

    いくつかの特徴は、閉経期に子宮内膜腺嚢胞性過形成があります:

    閉経期の過形成のエコー徴候

    正確な診断のために、医者は超音波を使います。その正当性は90%です。医師が老齢の女性に見られる症状:

    • 高い音伝導率
    • Mエコーの輪郭が不均一です
    • 子宮内膜は不均一です。
    • 子宮粘膜の緩和が改善されました。

    超音波上のこれらの徴候は、閉経期における過形成の存在を示す。

    閉経後の子宮内膜増殖症、症状

    閉経後は、体が決定するのと同じくらい長年(時には終末まで)続き、女性の器官の生存能力の完全な減退をもたらす。この間、ホルモンは完全に産生されなくなり、性的、神経的、内分泌系の機能不全が起こります。この期間中、過形成は無症候性であるかもしれません、しかし、いくらかはまだ彼ら自身を現します:

    • スポッティング、
    • 収縮のような腹痛
    • 子宮内の大きなポリープ、
    • 萎縮による単一ポリープ。

    閉経後および閉経中の子宮内膜増殖症の治療は同じ原​​理を有する。医師は手術なしで可能な限りのことをやろうとしています、そして、再発が手術を処方されるときだけ。では、どのように病理学を治療するのですか?

    民俗法による治療

    漢方治療は、いくつかの植物では女性のホルモンの背景を調整する植物ホルモンがあるという意味で効果的です。

    この種の治療は、医師によって処方された他の薬との組み合わせで効果的です。自己瞑想しないでください。

    通常植物を使用してホルモンの確立のために:

    • ホウ素子宮、
    • オルティヤは一方的です。

    医者であるスキームに従ってブロスを作り、三日月を引き継ぎます。

    薬の治療

    通常これらはホルモンを含む調剤です。すべてに適合する単一のスキームは存在しません。医者は個別に予約をする。ホルモン療法の原則はプロゲステロン薬の任命です。一般的な薬:

    それらはホルモンプロゲステロンおよびゴナトロピン放出ホルモン(GnRH)の合成類似体である。価格は500〜700ルーブルです。

    閉経後の女性は通常以下のように服用します。

    薬はそのような時代の女性には独自の特徴があります。薬の価格は3〜8000ルーブルの範囲です。

    治療中、女性にはビタミン、抗うつ薬、鎮静薬が処方されます。

    外科的治療

    それは含まれています:

    こすることが最も効果的な方法です。写真は手順の概略図です。

    手術は局所麻酔下で行われます。その期間は約30分です。この期間中に、最大10 mmの粘膜の除去。

    掻爬のない子宮内膜増殖症の治療は効果がなく、完全な回復にはつながらない。

    結果と合併症

    治療後、合併症を避けるために術後期間が必要です。それは2週間続きます。あなたは一般的な強さを回復するためにビタミン剤を摂取するべきです。また理学療法を処方:

    同時に抗炎症薬を処方した。

    半年後、彼らは防除試験を行います。気候期の女性はホルモンを含む製品、すなわちビールや乳製品を避けるべきです。それどころか、オリーブ、パイナップル、ビートなどの抗がん剤を食べる方が良いです。

    治療が成功し、すべての規則に従うと、過形成は回復しません。

    Pin
    Send
    Share
    Send
    Send