衛生管理

排卵用HCG注射

Pin
Send
Share
Send
Send


絨毛性ゴナドトロピン(CG)は、移植直後に絨毛性組織によって産生されるホルモンである。通常、それは妊娠中にのみ体内に存在します。医学の功績のおかげで、このホルモンは無排卵(周期の侵害)を治療する目的で人工的に作られています。なぜ、いつ、hCGの注射が表示されますか?そのような治療の結果は何ですか?

hCG注射の作用機序

絨毛性ゴナドトロピンは、性ホルモンの合成に関与しており、卵子の成熟および周期的排卵の重要なイベントにプラスの効果をもたらします。何らかの理由でこの過程が独立して起こらず、無排卵周期が観察される場合(排卵の迅速検査は陰性)、卵母細胞の産生量を刺激するために使用されます。

hCGの注射は排卵を促進し、黄体(一時的な内分泌腺、最大16週間のホルモンプロゲステロンを産生する)の働きを助けます。周期の最初の段階では、卵胞の成長が代用エストロゲンの影響を受けて刺激されます。超音波が直径2.5 cmまでの成熟を示すとき、絨毛性ゴナドトロピン注射が与えられます。 Klostilbegit刺激剤の最後の投与から2日が経過したことを考慮に入れています。

排卵はホルモン物質の投与の1〜1.5日後に起こります。 2日以内に、将来の両親が利用すべき受精のための好ましい期間があります。排卵の瞬間については、女性は彼女自身の感情だけでなく、特別な薬局のテストによって促されます。それは、卵胞の破裂が超音波によって見られることができる後に、hCGの注射の前に信頼できる結果を示すでしょう。

CG注射は、

  • Klostilbegitによる治療後の卵胞破裂の刺激
  • 黄体の寿命を維持する
  • 胎盤が形成されるまで16週まで妊娠をサポートします。

hCG調製物の製造のために、妊婦の尿から抽出されたタンパク質が使用される。ロシアでは、国内資金と輸入資金を購入できます。それらは厳密に徴候に従って医者によって任命されます。自己投薬は、女性の身体にホルモン障害を引き起こす可能性があります。

CG調製物の投与量は個々に選択され、500、1000、1500、5000、10000単位である。次の薬はタイトルで区別されます:プレグニル、コラゴン、エコスティムリン、絨毛性ゴナドトロピン。薬の費用は製造業者、薬局の値上げ、投与量によって異なります。 HCGの平均注射は1500ルーブルの費用がかかります。

どのような場合に任命されますか?

hCG薬の注射の適応症:

  • 無排卵周期
  • 黄体の機能をサポートする
  • 排卵刺激段階での体外受精の準備
  • 初期の流産の脅威
  • 歴史における常習的流産
  • 月経不順

HCG注射の禁忌

薬を処方するとき、医者は年齢、患者の健康状態および利用可能な禁忌を考慮に入れます:

  • ツールの構成要素に対する個々の不寛容
  • 甲状腺を含む内分泌系の病気の数、
  • 早期閉経、
  • 女性生殖器系の腫瘍病理
  • 血栓症の傾向
  • 授乳期
  • 骨盤内の癒着。

禁忌の存在下または処方時には、排卵刺激は、クロスチルベジットの導入によってのみ、hCGの投与なしに行われる。この場合、排卵検査によって示されるように、卵胞は成熟後にそれ自身で破裂します。しかし、これは常に起こるわけではありません。

注入指示

CG調製物は、その調製のための即席の溶液または成分(粉末および水)の形態で製造される。筋肉内注射の場所は腹部であるため、医師は注射を信頼する必要があります。投与量および投与時間は、産科婦人科医によって選択される。最もよく使われる薬の投与量は1000、5000、10000単位です。

手順の準備

ホルモンの導入後は、妊娠の可能性が非常に高いので、事前に準備する価値があります。このためには、健康的なライフスタイルを確立するために、悪い習慣やストレスを取り除くことが重要です。重要な役割は、体重の正規化によって発揮されます - その過剰と不足は、成功した概念と方位の障害になる可能性があります。並行して、それはお勧めです:

  • 個々の不耐性に対するhCG薬のテスト
  • パートナーであるSTIとの免疫学的適合性の試験
  • セラピストによる検討
  • 子宮と付属器の超音波、
  • パイプ開通性診断
  • ホルモン療法と子宮鏡検査のコース(必要な場合)
  • 将来の父親の精子の質をチェックする(精子検査図)。

既往歴を収集した後、医師は薬の種類を決定し、その投与量と投与時間を処方します。指定された日に、患者は注射のために診療所に来ます。

必要量はどのように選択されますか?

投与量は医師が設定する目標に応じて決定されます。排卵刺激中のhCG注射は、優性卵胞の検出後、5,000単位の投与量で行われる。体外受精前の過剰排卵は、薬物投与量10,000で呼び出され、排卵の過程は超音波によってモニターされます。維持療法のために、500、2000IUの投薬量が使用される。注射は排卵の3、6、9日後に示されています。

初期段階で流産の脅威と子宮外妊娠の不在で確信しています。最初に、薬は10,000 IUの投与量で投与され、それから毎週5,000で投与されます。並行して、DuphastonまたはUtrogestanは望ましいレベルのプロゲステロンを維持することが示されています。

注射はいつどのように行われますか?

細い針を備えたインスリン注射器を用いて薬物を筋肉内注射する。どこで注射をするか、医者が決めます。排卵を刺激するために、それは胃の中に置かれ、その間、へそから横に2本の指が後退します。場所はアルコールで治療されています。その後、皮膚のひだをつまんで注射器の針を挿入します。注射の代替はお尻の面積です。

排卵が刺激されると、ゴナドトロピンは目的の排卵の1〜1。5日前に注射が行われるとその機能を発揮します。超音波でこのプロセスを制御し、月経周期の開始後10-14日に注射をしてください。卵胞の破裂は、注射が行われた時点で正確に行われます。その後の注射のサイクルは影響を受けない。

黄体の機能を維持するために、妊娠中の女性にはhCGの支持療法が処方されることがあります。通常、注射は卵胞の破裂の3、6、9日後に行われます。

どんな副作用がありますか?

導入プロセスおよび過剰摂取に違反して観察される、hCG注射後の副作用:

  • 排卵が遅れると、子宮内膜が不調になり、中絶に至ります。
  • 腹腔内の体液の蓄積
  • 皮膚、呼吸器のアレルギー症状、
  • うつ病
  • 過敏性、
  • 疲れます。

最も深刻な合併症は卵巣過剰刺激症候群で、ここでは多くの卵胞が同時に成長します。それらは破裂するのではなく、嚢胞に成長します。そしてそれは健康にとって危険であり、そして心不全と呼吸不全、そして他の深刻な結果につながります。高用量でグルココルチコステロイドと薬の併用投与はお勧めしません。

治療の結果、妊娠していない場合は、さらに治療を受ける必要があります。おそらく待望の概念は、ホルモンの介入後2〜3ヶ月で自然に起こるでしょう。現代の生殖能力の処分で、女性が母親になるのを助ける十分な技術。

重要な情報

hCGの注射後にすべての排卵が起こるわけではないことを知っておく価値があります。いくつかでは、それが嚢胞に変わるまで支配的な卵胞は成長し続けます。これが無排卵を治療する方法ではないこともまた理解される。注射は単に体が優勢な卵胞を成長させ、それを解放するのを助けることができます。行われた刺激は他の月経周期で排卵を回復することはできません。

無排卵の診断は超音波で行われるべきであることを理解することも重要です。女性が連続して数サイクルにわたって卵細胞を持っていなかったとき、彼らは彼について話し始めます。基底温度のデータグラフだけに基づいて、hCGの注射を割り当てることはできません。

さらに、刺激の前に、ホルモンをチェックすることが望ましいです。時にはそれは生殖機能を回復するために一連の治療を受けるのに十分です。彼らは女性と男性のホルモンをチェックし、甲状腺の働きを評価します。違反が特定された場合は、修正する必要があります。結局のところ、深刻な問題を抱えて、ホルモン注射の使用さえも効果がないかもしれません。

刺激プロセス

体内で行われている自然のプロセスへの介入は医師の監督の下で行われるべきであることを理解することが重要です。治療を行っている婦人科医だけが排卵のためにhCGの注射を処方することが必要です。彼はまた患者の状態を監視し、指示された薬に対する体の反応を監視するべきです。刺激の任命前の専門家は、卵胞、子宮内膜の成長のダイナミクスを評価する必要があります排卵の発症を予測します。

手順と管理を実行するプロセスは、あなたがhCGの注射を受けたばかりなのか、それとも卵胞の成長を促進する薬を使用するように医師からアドバイスされたのかによって異なります。それは「Puregon」、「Menogon」、「Klostilbegit」のような手段でありえます。

卵胞の成長と成熟を達成することが可能だった方法に関係なく、hCG(注射)を処方します。そのような薬のための指示は排卵が注射の36時間以内に起こらなければならないことを知ることを可能にします。薬局では、薬「ホラゴン」、「プレグニル」、「ゴナコール」、「プロフィアジ」を処方することができますが、通常のアンプル「ゴナドロピン絨毛性」も見つけることができます。投与量(原則として、それは5または1万です。IU)も婦人科医を選択します。

次のステップ

医者が超音波で熟した卵胞を見て、hCG薬の注射を処方した後、それは彼が破裂することができたことを確認しなければならず、卵が出てきました。婦人科医は、自然な概念を条件として、隔日に性交を行うことをお勧めします。人工授精が必要な場合は、通常毎日行われます。 hCGの注射後、黄色い体が超音波で見えるようになるまでの期間に子供を妊娠させることをお勧めします。排卵が過ぎたことを示します。

その後、黄体の追加刺激が指定されます。卵が受精して妊娠すると、プロゲステロン薬はその発育を助けます。

多くの国内婦人科医が推奨するように、彼らは周期の平均14-16日に処方されるべきではありませんが、排卵の開始が確認された後。そのような支持薬として "Utrozhestan"または "Duphaston"を処方しました。

注射をする方法

hCGの注射を処方されるすべての人は、それらがどのようにそしていつ行われるべきかに興味があります。もちろん、生殖医療のクリニック(刺激がIVFプロトコルで行われる場合)または婦人科治療室に連絡することもできます。

しかし、多くの人はまだ自宅で自分自身を注射します。これらの薬は、商品名に関係なく、乾燥した形で入手できます。それらは特別な溶媒で希釈され、そして次にhCGの筋肉内注射で注射されなければならない。これらのツールを使用して排卵を刺激する女性のレビューは、この手順は不快ですが、許容できることを示しています。注射は忍容性が高く、ほとんど痛みがありません。

薬は臀筋内または大腿部の前面に注射することができます。それは排卵の前に一度行われます。しかし場合によっては(原則として、人工授精を伴う)、黄体の働きをサポートするために注射が数回繰り返されます。

選択された投与量

医師のアドバイスなしにホルモンを自己処方しないでください。また、成熟卵胞が超音波で視覚化されていない場合は、それを刺す必要はありません。結局のところ、HCGの注射後の排卵は体がそれのために準備ができているときにだけ起こることができます。ホルモンはこの過程を刺激するように設計されています。

通常初めて医師は5000を使用することをお勧めします。この投与量で卵胞の破裂が起こらなかった場合、次のサイクルで婦人科医はすでに1万ユニットを推奨するかもしれません。

排卵が起こり、そしてこれが超音波によって確認されたならば、医者は黄体機能の刺激を処方するかもしれません。これらの目的のために、注射は卵が解放された後3-6-9日間処方されます。これらの場合に使用され、1.5または5千単位の投与量のhCG。

習慣的流産では、女性は可能な限り早い時期に指示された薬の注射を受け、最大14週間この治療を続けます。 1万の注射で治療を始めます。 - この投与量は治療の初日に投与されます。将来的には、妊娠支援は次のように行われます。週2回、5,000 IUが投与されます。

起こりうる副作用と禁忌

hCGの注射を指定する際には、排卵が確実に起こるようにすることが重要です。場合によっては、卵巣過剰刺激の効果が生じることがあります。同時に、卵胞は破裂せず、嚢胞に成長します。他の副作用も可能です:

さらに、注射部位の痛み、この部位の発疹の出現、乳房の圧痛、発熱および全身性発疹について不平を言う人もいます。しかし、起こりうる複雑さにもかかわらず、そのような注射には多くの人が同意します。結局のところ、妊娠はhCGの注射後に発生する可能性が高いです。

ヒトのゴナドトロピンや治療薬の他の成分に対する過敏症、そして成長がホルモンに依存する腫瘍がある場合は処方されていません。女性の卵巣がん、子宮がん、または乳腺がんの可能性があります。診断がまだ確立されていないが、医者が腫瘍学を疑う場合でも、hCG注射は中止されるべきです。

適用範囲

商品名に関係なく、すべてのhCG製剤は単一の原則に従って機能します。それらは性ホルモンの生産を刺激します。 hCGが無排卵の治療のためだけに処方されているのではないことは注目に値します。

それはまた慢性流産、流産の危険および卵巣機能不全のために使用することを推薦します。いくつかのケースでは、この薬は男性と処方されています。原則として、それは遺伝的疾患を矯正するために使われます。それは思春期遅発のために処方されます、その原因は下垂体の性腺刺激機能の欠如でした。それはcryptorchidismでも使われています。例外は、病気が睾丸の誤った位置または鼠径部のヘルニアによって引き起こされるときです。

HCG注射とは何ですか?

最新の統計によると、計画を始めてから最初の3ヶ月間に妊娠できるのは50%の女性だけです。約75%が6ヶ月間妊娠し、90%もの女性が1年以内に大事にしています。あなたが見ることができるように、女性が近い将来に本当に妊娠したいのであれば、それから彼女は排卵の過程を刺激する必要があります。

ですから、妊娠が起こるためには、体内で3つのことが起こらなければなりません。

  1. 排卵
  2. 受精
  3. 卵子を締めます。

第三段階が起こるとすぐに、体はすぐにhCG-妊娠ホルモンを生産し始めます。妊娠が起こらない場合、医師は女性にhCG注射を処方します。医師はこの注射で排卵を刺激することをいつ承認しますか?

  • 女性はまれな排卵をしています、
  • 12か月以内にカップルは自分で妊娠することはできません、
  • 妊娠が6ヶ月以内に起こらなかった場合、35歳以上。

卵胞の成長と卵胞からの卵の放出を促進するために、hCGの注射が処方されています。

HCG注射はいつ行うべきですか?

排卵が起こらなかったらこの注入を割り当てなさい。周期の最初の段階から、医者は卵胞の成長を監視し、同時に追加の刺激のために女性にエストロゲンを処方します。その後、卵胞の直径が25 mmの大きさになったら、医師はhCGを含む薬を紹介するように処方します。薬の排卵の導入後2-3日で来るでしょう。妊娠の最善の時期は、注射後2〜3日です。

この注射は、体の次の箇所に投与する必要があります。

  • 視床下部と下垂体が原因である黄体形成ホルモンの欠如。
  • 多嚢胞性卵巣が無排卵を形成するとき。
  • 高アンドロゲン症は、女性の体内で多数の男性ホルモンが発生し、その結果として女性が不足している現象です。
  • 卵胞の成熟が観察されない早期卵巣枯渇症候群。
  • HCG注射をするべきもう一つの理由は体外受精の準備です。

女性が排卵のプロセスを刺激するべきであるならば、女性医師だけが一連の特定の研究の後に決定するでしょう。

注射の前に予備準備が必要ですか?

注射後、女性は妊娠する可能性が高いことを理解することが重要です。したがって、数ヶ月以内にトレーニングを開始することをお勧めします。あなたの食事療法に注意を払いなさい。それはバランスが取れていてビタミンが豊富であるべきです。さらに、女性は十分な睡眠をとり、十分な葉酸を摂取するべきです。

HCGの注射の直前に、あなたはいくつかのテストを受ける必要があります。

  • この薬に対する個々の不寛容をチェックし、
  • получить выписку у терапевта о том, что женщина способна выносить ребенка,
  • 性ホルモンの血液検査をする
  • エストロゲン刺激のコースへ進む
  • 性感染症の検査を受ける
  • STDの純度と有用性に関する膣塗抹標本
  • 卵管を診断し、それらが不合格であることを確認してください、
  • 子宮鏡検査を受ける
  • 女性の臓器や乳腺の超音波検査を受ける
  • がんがないことを確認してください。
  • 性的パートナーの両立性をテストする
  • そして最も重要なのは、精子の質と提携することです。結局のところ、男性が不毛であれば、排卵の刺激に時間を無駄にしてはいけません。

すべてのこれらのテスト、テストおよびテストの後、医者はあなたにぴったりの薬を処方します。 hCGの注射は投与量が異なります。

hCG注射をするには?

この注射は臀部に入れた。研究の指標と様々な個々のニュアンスに応じて、医師は注射の投与量を選択します。予定に影響を与えるものは何ですか?

  • 女性の年齢
  • その重さ(大きければ大きいほど、卵巣が薬に反応する力が弱くなります)、
  • 不妊の原因

投与量の指定の後に注射をしてください。以下は、hCG調製物の2つの投与量間の違いを説明する。

  • 投与量5000mE。この薬は排卵が起こらない正常体重の女性に処方されます。薬は黄体ホルモンに影響を与え、その産生を促進します。女性に黄色い体が欠乏している場合も、この注射が適用されます。注射を刺激するために、意図した排卵の3、6、9日後にそれぞれ5,000 IUを与えます。
  • 過剰排卵の発生には10000mEの投与量が使用されます。通常、この用量は体重が増加した女性または卵巣が枯渇した女性に処方されます。

投与量に応じて、排卵は42時間後または48時間後に起こります。したがって、性行為は24時間から36時間までに行われるべきです。通常、注射の後は、隔日と2日おきにセックスをすることが推奨されます。

禁忌と副作用

他の薬と同様に、この注射は禁忌と望ましくない効果があります。それはいずれにせよ人体への介入だからです。

  • 卵巣のがんの進行
  • 初期の更年期障害
  • 卵管閉塞、
  • 甲状腺の機能不全
  • 授乳
  • 血栓症の素因
  • 薬物の組成に対するアレルギー反応。

リストから少なくとも1つの禁忌がある場合、hCG注射による排卵の刺激は禁止されています。

女性はまだこの注射をした後、彼女はいくつかの副作用があるかもしれません。

  • 最も重篤な副作用は卵巣過剰刺激です。見積もりによると、この現象は1〜14%の範囲の女性に見られます。排卵では、1つの卵が形成されます。過剰に刺激されると、最大20個まで形成されます。そしてこれは、次のような問題を引き起こします。
  • 肺や腹部に水分がたまる、
  • 痛み
  • 嘔吐を伴う吐き気
  • 欲求不満
  • 息切れ

これらすべてに加えて、複数の妊娠が起こる可能性があります。そのような問題を避けるために、医者の推薦に厳格に従ってください、そして、医者なしであなた自身をショットを置かないでください。

注射の良い効果

hCG注射の最も良い効果は排卵と妊娠の開始です。排卵が3日以内に来るならば、妊娠は排卵自体の後の1週という早さで起こるかもしれません。通常、手順の1.5〜2週間後にテストを開始することをお勧めします。

女性がまだ妊娠している場合は、その後いくつかのケースでは彼女はhCGの別の注射を与えられています。なんで?既存の妊娠を続けます。結局のところ、このホルモンは流産のリスクを排除するためにプラスの効果があります。

どこで買えますか?薬の費用は?

このソリューションは通常の薬局で購入できます。通常それは指定された投与量でレシピに従って厳密にリリースされます。結局のところ、それが適切に選択された投与量なしで、またはさらには約束なしで刺されると、その結果は非常に深刻になる可能性があります。女性は子宮外妊娠をするか、または彼女がもはや子供をもうけることができないほど彼女のホルモンを殺すことができます。

価格は薬局、ブランド、薬の製造元によって異なります。ロシアの平均価格はhCGの1回の投与量あたり1000-1500ルーブルです。

だから、hCG注射は排卵を刺激し、そして迅速な妊娠を得るための素晴らしい方法です。しかし、婦人科医に事前のテストや相談をしなければ、この薬は取り返しのつかない損害を引き起こす可能性があることを覚えておくことが重要です。

排卵刺激

卵の成熟に薬効をもたらすことは、特別な訓練、機能的な支援と監視、予防措置の遵守を必要とするプロセスです。排卵の薬物刺激:薬物の選択、それらの投与量および使用法 - 手順はもっぱら責任があり、主治医の直接監督の下でのみ実行されるべきです。

排卵の薬物刺激の手順のプロトコルは各ペアのために厳密に個々であり、以下を含みます:

  • 個々の検査と分析の正確な時間を示すスケジュール
  • 特定の薬物の選択、それらの投与量、計画および使用時間
  • 受精の好ましい方法
  • 卵胞の発生と胚発生の最初の数週間の超音波モニタリングのスケジュール。

排卵の刺激は卵巣に非常に強力な効果を及ぼします、それは女性の人生の生殖期間の間に6回以下使用されることができません、それ故に、彼女の長い不在でのみ任命されます。

35歳未満の女性の場合、妊娠を妨げる明らかな病気がなく、1年以上にわたって通常の保護されていないセックスをすると、カップルは自然な方法で胎児を妊娠することができません。 35の後、そのような失敗した試みの期間は6ヶ月に短縮されます。

回復の方法を選択する際に、医師が卵の成熟がない理由を正確に立証しなかった場合、刺激は肯定的な結果をもたらさないでしょう。上記の期間中、基礎温度の測定とスケジューリングについて慎重に検討する必要があります。ホルモンレベルをチェックするテストに合格することを数回お勧めします。エストロゲン、アンドロゲンおよびプロゲステロンの正常な比率の回復、甲状腺ホルモン(T3およびT4)および下垂体のレベル(TSHおよびプロラクチン)のレベルの正常化により、排卵周期もまた完全に回復する可能性があります。

絶対に正当化され、パートナーの精子の通過。たとえ、これらの試みの前に、彼がすでに彼自身の子供を持っていたか、彼の前のパートナーが妊娠していたとしても、とにかく、あなたは現時点で精子の「準備」をチェックするべきです。

申請確認

卵巣の補助刺激の根拠は、超音波モニタリングの結果であり、卵胞および黄体の発達の侵害を確認しています。この観察は以下のスケジュールに従って実施される - 最初の試験は月経の終了後8〜10日後に、そして次の重要日まで2〜3日毎に行われる。

刺激の段階

卵巣作業の補助刺激の具体的な日付と期間は、個々のプロトコルの準備中に決定されます。超音波を用いた観察は、最初のホルモン剤を服用した後の2日目から始めて行われ、妊娠の最初の数週間の胚発生のポジティブダイナミクスまで、2〜3日ごとに繰り返されます。

最初のモニタリングの間に、支配的な卵胞が独立してそして通常は所望の大きさに発達するが、バラバラにはできないが後退するか、または嚢胞に変わる場合、hCGの注射のみが用いられ、破裂のための人工刺激として働く。他の理由で排卵が起こらない場合は、ヒト​​絨毛性ゴナドトロピンの1回の導入が不可欠であり、以下の段階的な処置が行われます。

卵胞と薬クロミフェンの成熟

Klostilbegit錠 - クロミフェンに基づく最も一般的な手段で、FSHとLHの産生を高め、それによって卵胞の発達を促進します。

古典的な計画は、月経周期の5日目から9日目までのKlostilbegit錠の使用で、7日目と9日目には必須の超音波、それに続くPregnila、HoragonまたはProfaziのhCG刺激注射です。薬を服用する時間間隔は2(3)から7(10)日まで変わることができます、もしより穏やかな種類の絨毛性ゴナドトロピン - 更年期障害または研究室での組み換えを利用する必要があると医者が決める場合。

ホルモンバランスを維持するために、エストロゲンを含む薬は、クロミフェン錠、例えばProginov錠と並行して処方されます。これらの薬の服用は同時に始まります。エストロゲン離脱は月経周期の21日目に起こります。

クロミフェン含有薬物の使用の拒絶および不妊治療の戦術の根本的な見直し(例えば、Gonal、Puregon、Menogonによる置換)は、3回の受胎試行の失敗後にのみ発生します。

卵母細胞の成熟とhCG注射

超音波検査で、選択された1つまたは複数の卵胞のサイズが17〜18 mmになったことが示されたら、hCGの注射を行い、卵母細胞(未熟卵母細胞)の最終成熟に貢献します。

性腺刺激ホルモンの注射後、卵巣のサイズが大きくなり、下腹部に不快感を与えます。しかし、この状態は卵胞の破裂、卵の放出を100%保証するものではなく、超音波による確認が必要です。

排卵と受精の開始

注射の投与量、5000または10000に関係なく、卵の成熟および放出の過程は注射の42〜48時間後に終了する。

プロトコルが女性の体外への人工授精を提供する場合、卵胞の穿刺は絨毛性ゴナドトロピンの注射後24〜36時間の間隔で処方されます。

卵子の自然受精の場合、性交は毎日 - 前日の1日、hCG注射の日、そして次の2日間、行われるべきです。

重要なことです - 重要な点は、ヒト絨毛性ゴナドトロピンの推定導入時期の正確な遵守であり、導入されるホルモンの単位数ではありません。

胚発生とプロゲステロン

補助のための排卵、黄体の働きの保険と救済の直後に、エストロゲンの投与は中止され、プロゲステロンベースのピルが処方されます - DuphastonまたはUtrogestan。プロゲステロンは、受精卵の着床(付着)のために子宮の内層を準備するのに役立ち、胚の最初の数週間は妊娠を維持するのに役立ちます。プロゲスチン薬の支持的使用は胎盤の完全な発達まで続く。

Klostilbegit錠は1日1回1錠ずつ服用しています。

hCG注射は全治療サイクルにつき1回しか実行できない。薬の選択とその投与量はもっぱら医者の力量にあります。一般に、性腺刺激ホルモン注射は5,000または10,000 IUの投与量で1回行われます。薬物は乾燥粉末であり、注射直前にそれに付着している溶媒で希釈しなければならない。筋肉内注射は女性が自分で行い、痛みはありません。それを超えると過剰刺激、卵の死および卵巣の枯渇につながり、控えめに言っても望ましい結果が得られないため、用量のコンプライアンスを注意深く監視することが重要です。

性腺刺激ホルモンの導入のためのプロトコルが修正され、注射が1回のサイクルで数回行われるときの実践もあります。卵胞が所望の大きさ(20〜25mm)に達し、排卵が起こらなかった場合は、壁の破裂を再刺激し、卵胞嚢胞の形成を防ぐために、hCGの2回目の注射を処方することができる。黄色の体を助けるために別の追加ショットが可能です。これらの注射の投与量は少量です(300 - 1500 IU)。具体的にいくつの単位が入力されるでしょう - 決定は医者によってなされます。

刺激の間の過剰摂取 - ゴナドトロピンの過剰は、卵巣過剰刺激症候群を引き起こすか、または彼らの破裂を終わらせることができます。この薬を6回以上使用すると、卵巣枯渇および早期閉経を脅かす。

妊娠中のHcg注射

妊娠中は、ゴナドトロピンレベルの経時的モニタリングが必要です。受胎後、そのレベルは2〜3日ごとに倍増し、最初の学期の終わりまでに最大のパフォーマンスに達し、その後わずかに減少し、出産まで変わりませんそのようなモニタリングが濃度の低下またはヒト絨毛性ゴナドトロピンの産生の完全な停止を示す場合、妊娠の維持、胎児死亡の防止、または流産の恐れがあるため、妊娠期間に応じてゴナドトロピンレベルを正常範囲内に維持するhCGショットを処方する。典型的には、投与量は1000から3000IUの範囲である。

どのような状況下でhkch注射が必要ですか?

clostilbegitによる排卵および受精の刺激、ならびにhcchの注射は、検査中に婦人科医によって決定される特定の適応症の下で行われます。一般に、絨毛性ゴナドトロピン注射は以下の状況で女性に投与されます。

  • 女性が35歳未満の場合(特に、卵管の病気やけががある場合、より成熟した年齢で妊娠することは困難です)、
  • 未熟児の父親の精子像が良好であれば(排卵は早く起こり、胎児は注射後すぐに発症します)、
  • 体外受精プログラムの下で不妊の長期的で無効な治療法がない場合(この場合、受胎率は非常に低い)、
  • 女性には多嚢胞性疾患、また無排卵があり、その間に卵は体内で成熟せず、したがって受精されません。
  • 子宮や卵管の病状がない場合(卵はhgch注射後より早く受精され、女性は妊娠する可能性があります)
  • 生殖器系に腫瘍学、性病および感染症がない場合
  • ホルモン不全がある場合(女性は十分なプロゲステロンを持っていません。これは排卵、月経周期および妊娠の原因となります)。

婦人科医と相談せずにclostilbegitや他の薬を使用することはお勧めできません。結局のところ、一定量のhgchを含む薬の大規模な選択があります、そして薬の選択は生物の個々の特性を考慮に入れてなされなければなりません。

女性の排卵は、hcchの注射後2〜3日で起こります。これらの日は、より成功していると考えられ、概念にとって好都合です。注射後に排卵中に妊娠できない場合は、VMIまたはIVFを行うことをお勧めします。通常、この年齢以降の生殖能力が低下するため、この手順は30歳以降の女性に必要です。

状況を改善するために、排卵を刺激するさまざまな方法があります。典型的には、婦人科医が処方します:絨毛性ゴナドトロピンを同化するのを助けるDuphaston、UtrozhestanおよびIprozhin。

刺激の順序

受精と排卵を刺激する注射が効果的に機能するためには、その手順の手順に慣れる必要があります。一般に、女性の排卵促進は次の順序で起こります。

  1. 禁忌や重篤な病気がなければ、婦人科医は薬を処方し、それをどのように入れるか、そしてどの程度の量が許容されるかについて相談します。
  2. その後、女性は排卵の間に卵を開くのを助ける薬を胃の中に入れなければなりません、それで概念は成功するでしょう。
  3. HCC 10,000の注射後、2〜3日以内に排卵が起こるはずです。その後、卵が開かなければならないので、女性は妊娠を行うことができます。
  4. 注射後、排卵が起こらなかったり、妊娠することが不可能な場合は、婦人科医に連絡するか、体外受精を行う必要があります。そこで、人工的に卵子を受精させます。

5000 xgの注射は時間が経っても効果があります。つまり、排卵が起きてから1〜2日後に子供を妊娠させることができます。特にhcch注射後に排卵の兆候が見られる場合は、数回繰り返すことをお勧めします。確かに、排卵の開始の間に、卵は十分に開いていないかもしれません、従ってあなたが連続して何度か性交を持っていればあなたはそれを直すことができます。性腺刺激ホルモン療法と刺激がどのように行われるかを調べた後、女性はどのように適切にhGH注射を注射するかを理解することができます、そしてそれはclostilbegitで安定化した後に排卵の発症に寄与するでしょう。

禁忌および起こりうる合併症

排卵を刺激するためのhgchの注射は、以下の禁忌がない場合にのみ可能です。

  • 女性の生殖器系の悪性腫瘍および癌
  • 卵管の閉塞および炎症過程
  • 血栓症および血管の閉塞
  • 薬の成分に対するアレルギー反応。

妊娠中の注射が注射された後、排卵は刺激されますが、常にではありません。

Могут возникать побочные действия, а именно:

  • 吐き気と嘔吐。
  • Метеоризм и диарея.
  • Скопление ненужной жидкости в брюшной полости.
  • Дисфункция матки и яичников и женщин.

Показания к инъекции ХГЧ

成熟の促進および受精からの卵胞子の産卵の終了は、妊娠に問題があるすべての女性には示されていません。不妊治療のこの選択肢は卵巣に優勢な卵胞を持つ人には適していますが、どういうわけかその中の卵子は成熟していないか、あるいは体系的に成熟していません。

この病理学的状態の原因は以下のとおりです。

  • 下垂体または視床下部の機能不全、その結果として、黄体形成ホルモンまたは卵胞刺激ホルモンの欠乏症が発生し、これが排卵過程の有用性の原因となる。
  • PCOSは多嚢胞性卵巣症候群で、その背景には通常の無排卵周期が見られます。
  • アンドロゲン過剰症 - 女性ホルモンの著しい欠乏を伴う男性ホルモンまたは男性ホルモンの合成の増加を伴う疾患
  • 一次卵巣機能不全または早期卵巣枯渇症候群。これは卵胞成熟過程の障害を伴う。

排卵の刺激のための上記の徴候に加えて、別のものがあります - 体外受精。

いずれにせよ、排卵の人工刺激の必要性は医者によって決定されます。多くの研究の結果に基づいて、適切な治療法を正しく診断し処方することができるのは、専門家だけです。

排卵を刺激するためのhCGの注射は、熟した卵細胞がないために自然概念の不可能性に対抗するための主な選択肢の1つです。一方、ヒト絨毛性ゴナドトロピンの導入の必要性は、以下の要因によるものです。

  • 黄体の不足、
  • 系統的な反復無排卵サイクル
  • 定期的な流産
  • 自然流産の脅威の場合には。

それはどのように機能しますか?

排卵の刺激はKlostilbegitomまたはhCGの注射を行うことができます。両方とも同一の原理に従って作用する。すなわち、それらの独特の組成、すなわち卵胞刺激ホルモンおよび黄体形成ホルモンの存在により、受精の準備が整った卵細胞の成熟および放出が刺激される。これは一種の交換手順です。

hCGおよび他の同様の作用の注射剤の使用も黄体の働きを活性化するのを助けます。そしてKlostilbegitが経口薬であるならば、hCGの注射は筋肉内に投与されます、そしてそれは活性物質が筋肉から血流にすぐに入る原因となります。

排卵の開始に関しては、それから注射の後にそれは24-48時間で起こります、そしてそれは同じく超音波の間に確認されます。

手続きの基本原則

ホルモン製剤またはゴナドトロピン注射を使用して、卵胞からの卵の成熟と放出を刺激する前に、次の一連の処置を受けなければなりません:

  1. 臨床試験では、刺激処置に使用される特定の薬の使用に対する個々の不耐性があるかどうかを判断します。
  2. 子供を携帯する可能性についてセラピストから結論を得てください。
  3. 一連の臨床試験を完了しなさい:FGS、LHおよびプロラクチンのための血。ホルモンの背景や生殖器系の働きを全体として評価することも価値があります。これを行うには、適切な検査に合格して超音波検査を受けることもできます。
  4. 次に、排卵を刺激するための薬の使用に禁忌がないことを確認する必要があります。そして、医者が適性を見れば、そして予備のエストロゲン療法のコースを経ることを申し出る。
  5. その後、あなたは男性生殖細胞の生存率をチェックする必要があります。このパートナーのためにスペルモグラムを作成する必要があります。
  6. 次のステップはテストです - 詳細なELISA、HIV、梅毒、B型およびC型肝炎
  7. 婦人科疾患およびその他の生殖器系の病理学的異常の有無についての塗抹標本の一般的な検査。

何人かの女性はさらに、卵管、子宮内膜、卵巣および乳腺の機能性の開存性をチェックします。しかし、これはすべて純粋に個人的なもの、そして/または医師によって処方されたものです。

卵巣の追加刺激の特定の日付および期間を決定した後、医師は薬物投与の日を処方する。その後、超音波の間に、彼は支配的な卵胞のダイナミクスとそこからの卵子の放出の過程をモニターします。

研究中にDFが独立して発症する可能性があると判断された場合、受精の準備が整った卵細胞を放出するために、その破裂を刺激するためだけにhCGの注射を導入する。

妊娠検査はいつできますか?

医学研究によると、刺激後の排卵は注射の12〜48時間後に起こります。それで、そのような刺激を使用することに頼った女性のレビューによると、5,000の投与量でのhCGの注射は7-10日を残します。そして線量が患者のために適していれば、そしてこの時間の間にテストのストリップは明るくなるだけです。

また、排卵の原因となっているホルモンの成長ダイナミクスについて血液を分析することで、排卵がいつ起きるかを調べることができます。

検査日は月経周期の期間によって異なります。 28日の定期的なサイクルで、テストは新しいサイクルの19〜17日前に実行されるべきです。

そしてこの出版物の最後に、私は次のように言いたいと思います:hCG注射の助けを借りた排卵の刺激は徴候に従ってのみ可能です。この規則に例外はありません。生殖器系の器官を刺激しようとする独立した試みは、この問題を解決するのを助けるだけでなく、生殖機能に悪影響を及ぼす可能性があります。あなたの健康に気をつけて、自分の面倒を見てください!

ホルモンとは何ですか?

絨毛性ゴナドトロピン(hCG)は、アルファおよびベータのようなサブユニットを含む特定のヒトホルモンです。 2番目のものは体内に類似物がないので、それに基づいて検査は妊娠中に行われます。それは胚発生の最初の数週間で生産されます。その数は大幅に増えています。しかし、11週目以降はホルモン濃度が低下する可能性があります。

この期間中は、妊娠の経過の特徴に従うことが不可欠です。 hCGのレベルが上がると、胎児発育の病理、流産の脅威について話すことができます。ホルモンの量が足りない場合、女性は妊娠を中止するか、その発生は不可能になります。

HCGはプロゲステロンとエストロゲンの生産に貢献します。黄体の形成、胚の子宮粘膜への適切な発生および付着は、これらのホルモンに左右される。胎盤の形成前に妊娠の維持を確実にするのは彼です。

資金の使用に関する徴候と禁忌

hCG調製物は黄体形成性ゴナドトロピン効果を有する。それらは女性の排卵の開始を刺激します。患者がいる場合はそれらを使用する必要があります。

  • 下垂体および視床下部の機能不全によって引き起こされる生殖腺の機能不全、
  • 無排卵性不妊症(すなわち、優性卵胞の形成の欠如および卵の発達)。
  • 黄体の機能が不十分
  • 習慣流産、
  • 月経困難症。

HCG注射は妊婦の胎盤の正常な形成に必要です。ゴナドトロピンに基づく製剤がなければ、排卵と体外受精を刺激することは不可能です。

しかし、hCGに基づいて薬を適用することは常に可能ではありません。禁忌が含まれます:

  • ツールのコンポーネントに対する過敏性
  • 早期閉経、
  • 生殖腺の先天的または術後の不在
  • 下垂体腫瘍
  • ホルモン活性のある腫瘍。

血栓性静脈炎、甲状腺機能低下症、副腎機能不全、卵管の閉塞、卵巣癌の存在下、および授乳中には、hCG注射を行うべきでもありません。非常に慎重に、あなたは青年期と同様に腎不全、気管支喘息、片頭痛、圧力スパイク、心臓虚血のために薬を使う必要があります。

適用の規則

hCGを導入するための手順を開始する前に、それが許可されていることを確認する必要があります。これらの規則に従うことが重要です。

  • 卵管の開存性の程度を確認してください。問題がある場合は、手順を実行しても意味がありません。腹腔鏡検査または他の診断法を使用して開存性を判断できます。
  • ホルモンレベルのバランスを決めます。分析は月経周期の3日目に行われます。結果に基づいて、覚せい剤の投与量を選択することができる。
  • 超音波を導きます。この手順は何度も実行する必要があります。女性の卵巣保護区を決定する必要があります。
  • スペルモグラムパートナーを作るだけでなく、子供を妊娠させるためにペアの互換性をテストします。

HCGインジェクション5000単位何らかの理由で女性が排卵しない場合に最もよく使われます。ほとんどの場合、この線量はプロセスを開始するのに十分です。筋肉内に行われるべきです。その方法を知っていれば、女性は自分で注射をすることができます。これが不可能な場合は、その手順を専門家に委ねることをお勧めします。

hCGの注射が排卵を刺激するのを助けるべきであるならば、それは胃の中で行われるべきです。この方法は速くて便利です。さらに、お尻のショットは、その痛みがより顕著であるという事実によって特徴付けられます。

へそから注射部位までの距離は、左右に約2 cmです。次に、あなたはそれに針を挿入するために皮膚の折り目を完全に地面にzaschiptする必要があります。それは短くなければなりません(できればインスリン)。 hCGの注射部位は消毒する必要があります。

超音波を使用して制御なしで排卵の刺激の場合には不可欠です。優勢な卵胞のサイズを監視することは重要です。それらが可能な限り許容されるとすぐに、HCG注射が直ちに与えられます。排卵の過程を始めるのは彼です。卵胞の退縮が防止されるため、嚢胞の発生が防止されます。

排卵を刺激するためには、単回注射で十分です。処置の有効性は、2日目または3日目に超音波検査によって確認されます。妊娠する可能性が非常に高くなります。

刺激の前に、あなたは女性のホルモンをチェックする必要があります。時々、彼女はhCGを使用せずに単純な一連の治療を受けるために月経周期を回復するのに十分である。

刺激プロセスの特徴

女性の身体の自然なプロセスへのいかなる介入も、痕跡なしには通りません。すべてのホルモン療法は許可を得て医師の監督の下で行われなければなりません。 HCGの注射を割り当てる前に、専門家は以下のデータを見つけなければなりません:

  • 卵胞の成長ダイナミクス
  • 子宮内膜の成長機能。

そして彼は排卵がいつ起こるべきかを予測しなければなりません。患者の注射に加えて、併用薬が処方されることがあります:PuregonまたはKlostilbegit。注射後、排卵は36時間以内に起こります。以下の薬は注射に適しています:妊娠、絨毛性ゴナドトロピン。投与量とは医師が処方することを意味します。最も一般的に使用されているhCGの注射は10,000単位です。

この期間中、妊娠するためには、パートナーと定期的に性行為を行う必要があります。セックスは一日に従事する必要があります。さらに、黄体の機能性のさらなる刺激があり、それは最初に妊娠および胚発生の開始の成功を確実にする。

正しい投与量を選ぶには?

この質問は、患者のデータを持っており、使用説明書に精通している医者に向けられるべきです。自分で注射をしないでください。初回は通常5,000単位のhCGに割り当てられます。この投与量がプラスの効果を与えなかったならば、それは次のサイクルで、しかし10,000単位に増やすことができます。

超音波検査で排卵が起こった場合は、黄体の機能がさらに刺激されていることが患者に示されます。 hCG注射は卵が放された3、6、9日後に処方されます。この場合の投与量は最小限で、5000単位以下です。

流産の再発がある場合、hCGによる治療は長く、最長14週間です。薬の最初の投与量は10,000単位です。さらに、レートが低下します。女性は5000ユニットのために週2ショットを与えられています。

hCGを使用するための過剰摂取と特別な指示

hCGの過剰摂取は卵巣過剰刺激症候群を伴う可能性があり、これは女性の全体的な健康に悪影響を及ぼす。すなわち、患者は過剰な数の卵胞を産生し、それは最終的に嚢胞に変性する。すべての副作用の治療は対症療法です。

hCGに基づく薬物の長期使用はそれらに対する抗体の形成を伴うことを覚えておくことが重要です。多発性胚の可能性が高まります(多胎妊娠の発生)。治療中、およびその完了後の週の間に、妊娠検査は誤った結果を示すかもしれません。

使用された薬物の投与量が徐々に増加される刺激の試みが既にいくつかの失敗した試みがあったならば、それからプロセスを止めて追加のテストを受けることが必要である。その後、治療法が見直されます。

Klostilbegitが刺激のために使用されているならば、それは一生の間に5〜6回以下の使用にお勧めします。そうでなければ、卵巣枯渇症候群が発生し、女性は人工授精のために自分の卵を使用することができなくなります。

刺激が期待された結果を与えなかったし、妊娠が来なかったならば、あきらめないでください。おそらく待望の概念は、自然な方法で2-3ヶ月後に来るでしょう。さらに、今では女性が母親になることを可能にする新しい生殖技術があります。

このプロトコルは何ですか?

ヒト絨毛性ゴナドトロピンは、妊娠後最初の数週間で女性の体内で産生される特定のホルモンです。それは妊娠の維持に貢献し、受精卵を確保するために子宮内膜を準備します。その他の hCGの機能 - 性ホルモンプロゲステロンとエストラジオールの生産を刺激するそれは今度は時機を得たそして完全な排卵を提供する。

hCG注射による排卵刺激プロトコルは、卵巣の状態を常時監視し、起こりそうな副作用を抑制しながらホルモン薬を投与するための個別に開発されたスキームです。

絨毛性ゴナドトロピンを導入する主な目的は、受精の準備が整った女性の体内に本格的な卵母細胞を形成することです。それは卵巣に直接作用し、卵の自然な成熟、卵胞からの退出および卵管への前進に寄与します。超音波の制御下では、この生理学的過程の絵を正確に描き、そして受胎に最も好ましい時間を計算することが可能である。

そのような注射はいつ与えられるべきですか?

絨毛性ゴナドトロピンの注射は、以下の適応症の存在下で行われます。

  • 無排卵性不妊症 - 女性の体内に卵が形成されない、
  • 他の方法による治療には適していないホルモン機能障害
  • 完全な排卵を妨げる月経周期の黄体期の違反
  • 一度にいくつかの卵の卵胞を刺激する必要性
  • 女性の歴史上、3回以上の流産がある。

  • 自然流産の脅威
  • 体外受精のための準備
  • 高または低ボディマス指数
  • 病因不明の不妊。

予備調査と分析

ゴナドトロピンの注射の前には、実験室用と機器用の両方の一連の研究があります。それらは、処置に対する禁忌を識別し、そして患者の個々の特徴を研究するのを助ける。 一般開業医に相談することが不可欠です。女性の健康状態を総合的に評価する人機器による研究

  • 骨盤内臓器の超音波、
  • 卵管開存を確認するための子宮鏡検査
  • 心電図
  • 毛包測定

  • 性ホルモンおよび甲状腺ホルモンの研究
  • HIV抗体検査
  • 梅毒の検出に対するWasserman(RW)の反応
  • カンジダ症とトリコモナス症の原因
  • 純度および異型細胞に対する子宮頸部塗抹標本の検査
  • TORCH感染症に関する研究(風疹、サイトメガロウイルス、クラミジア、トキソプラズマ)。

注射アプリケーション

すべての検査の後、患者は卵巣予備能を調べるために血液検査を受けます。この研究では、刺激の肯定的な結果の可能性を評価し、ホルモンを導入するための最適なスキームを選択することができます。 卵巣の予備力を評価することに加えて、計画は女性の体重を考慮に入れるべきです。 そしてもしあれば、以前の刺激の効果。

投与量5,000および10,000 IU

ヒト絨毛性ゴナドトロピンの注射は適応症に応じて様々な投与量で処方されますが、そのような投与量は最も頻繁に使用されます:

  • 5000 IU - 黄体の発達を促進するだけでなく、排卵がない場合は排卵を促進するように処方されている、
  • 10,000 IU – назначают для суперовуляции перед проведением процедуры искусственного оплодотворения.

Дату введения гормона назначают только после проведения УЗИ, на котором отразится доминантный фолликул размером около 2 см. そのような教育が検出され次第、注射をすることが可能になります。

ステップバイステップの手順

専門家はhCGを腹部に皮下注射することを勧めます。この手順は、お尻を撃つよりも痛みが少なく、しかも自分で操作を実行することもできます。胃に薬を導入するための指示:

  1. 細いインスリン針(2 mm)、注射用粉末、食塩水の入ったバイアル、綿棒、アルコールで注射器を準備します。
  2. 石鹸で手をよく洗ってください。
  3. あなたの手に生理食塩水のバイアルを取り、バイアルの先端から一滴の液体を振り落とします。
  4. 鼻の上の表示線に親指を置き、先端を折ってください。自分を切らないために、ナプキンを使うことができます。
  5. 粉体を使ったアンプルでも同じことができます。
  6. バイアルを斜めに保ちながら、食塩水をシリンジに引き込みます。
  7. ゆっくりと生理食塩水を粉末のバイアルに注入し、あなたはそれがわずかに振ることができますので、粉末はより速く溶けます。
  8. バイアルから針を外さずに、すべての内容物をシリンジに入れます。
  9. ピストンでシリンジから残留空気を取り除きます。
  10. 注射の面積を決定します - これを行うには、へそから2 cm左または右に後退します。
  11. 詰まったボールをアルコールで湿らせた状態で胃に注射するためのゾーンを処理する。
  12. 片方の手で腹部の皮膚のひだをつかみ、もう一方の手で全長にわたって注射器で穿刺針を作ります。動きは鋭く正確でなければなりません。
  13. 薬の全量を紹介し、針を外します。出血が止まるまで綿棒で穿刺ピンを置きます。

手術の何時間後に卵が卵胞から出てきますか?

この手法の有効性はいくつかの要因によって異なります。

  • 排卵機能障害の根本原因
  • 女性の年齢
  • 使用される薬の種類
  • 併存疾患および生殖機能に影響する要因の存在。

75%の症例で、hCG注射のためのよく書かれたプロトコールが提供されれば卵の効果的な成熟と放出が保証されることが研究によって示されています。他の場合には、さらに2〜3サイクルの間再刺激が必要である。

ホルモン注射後、排卵は次の25〜36時間以内に起こります。。これを確認するために、超音波検査が行われ、そこでは成熟した卵子が見えます。熟した卵胞が破裂していないことが研究によって明らかになった場合、排卵プロセスを再開するために維持注射が行われることがあります。

絨毛性ゴナドトロピンはどこで、どのくらいの価格で購入できますか?

絨毛性ゴナドトロピンは処方薬です。 あなたはそれをどんな薬局ででも買うことができる、しかし医者による処方箋の上でだけ。 hCGを含有する注射用製剤はすべて、アンプルまたはバイアル中の粉末形態で入手可能であり、滅菌溶媒(生理食塩水)と共にキットで販売されている。

薬はいくつかの投与量で利用可能ですが、費用はホルモンの濃度に直接依存します。

  • HCG 500 IU - 1パックあたり約430ルーブル、
  • HCG 1000 IU - 約700ルーブル、
  • HCG 1500 IU - 1200ルーブル、
  • HCG 5000 IU - 2500ルーブル。

各パッケージには5本の活性物質が入っています。

医師へのアドバイス

専門家 - 不妊治療の専門家は、hCGを含む薬を乱用することを勧めませんホルモンが枯渇や卵巣の過剰刺激につながる可能性があるためです。結果として、腫瘍に生まれ変わることができる、多数の卵胞が形成され、そして卵は人工的な手段によってさえも受精に不適当になる。

ホルモンの長期使用により、体はそれに対する抗体を産生し、そして薬物に対して免疫性になります。したがって、数サイクルにわたるhCG注射による排卵の刺激が失敗した場合、治療法が再検討され、追加の診断が行われます。

  • 自己瞑想をしないで、医者が処方した服用量を厳守してください。
  • 医師が作成した個々のスケジュールでセックスをするように妊娠を計画するときは、
  • 排卵検査は刺激処置の3日後に行うことができます。
  • ホルモン注射後、妊娠検査は排卵後2週間以内に行われます。
  • 処置の後で持続的な副作用があるならば、あなたはあなたの医者に知らせなければなりません。

排卵の刺激は不妊の万能薬ではありません。 この手順は、排卵の欠如の原因が正確に特定され、そして患者へのありそうな危険性が評価された場合にのみ肯定的な結果を与えるでしょう。

排卵刺激中のhCGの注射誰がそれをすべきか

HCGはヒト絨毛性ゴナドトロピンです。それがなければ、子供に耐えることは不可能です。この指標は妊娠の有無を示します。ところで、女性が妊娠検査をするとき、2番目のストリップは何を示していますか?高レベルのhCGでは、妊娠中は必須です。

しかし、残念なことに、大事にされている2番目のストリップは、一部の人には現れないかもしれません。したがって、少女は排卵を刺激することにし、それが卵子の放出とその早期の受精につながります。妊娠を刺激する1つの方法はhCGの注射です。

この記事では、この注射と女性の身体への影響について説明します。

卵胞が成熟しない場合

無排卵周期の原因は、卵胞が破裂しないことだけではないことがよくあります。しかし、それが望みのサイズに成長しないという事実。それから医者は卵胞の成長そして成熟を刺激する薬を処方します。そして支配的な卵胞が望ましいサイズに成長するときだけ、HCGの注入を置きなさい。

古典的なスキームは以下の通りです。まず、「クロスティルベジット」(クエン酸クロミフェン)の助けを借りて、卵胞の成熟過程を活性化します。月経周期の5日目から9日目までは丸薬の形で飲まれます。それから絨毛性ゴナドトロピン注射が処方されます。排卵の刺激 "Klostilbegitom"は皆のためではありません。したがって、多くの場合、婦人科医はこの目的のために他の薬を選びます。

排卵検査はいつ行うのですか?

hCG注射後の排卵は注射の24〜36時間後に起こります。時々それは指定された時間に卵の放出が起こらないか、または後日に延期されることが起こります。

それがこのプロセスが超音波の厳密な制御下で行われる理由です。 hCGの注射後に排卵が起こった後、患者は卵巣機能の維持を助けるホルモンを処方されます。

たとえば、urozhestanやdufastonです。

hCGの注射後の排卵が来たことを知るために、女性は超音波だけでなく、特別な検査も可能です。

それで、ヒト絨毛性ゴナドトロピンの注射後何時間後に卵胞から卵子が放出されるかどうかを決定するのが最善ですか?

重要なニュアンス

hCG注射で妊娠するのを手伝った人たちは、主治医のすべての勧告を厳守しなければ、うまくいく妊娠が不可能であることを知っています。

それは無排卵周期を持つ女性が本当に絨毛性ゴナドトロピンを導入する必要があるかどうかを調べるのを助ける有能な専門家です。

彼は質問に答えます、失敗した注射の後どれくらいの後、あなたはもう一度試すことができます。排卵や妊娠などの検査をする時期。

いずれにせよ、女性は覚えておく必要があります:

  • 絨毛性ゴナドトロピン製剤は、患者の包括的な検査と彼女の体のすべての特徴の明確化の後に医者によって処方されるべきです、
  • あなたは厳密にHCGに入ることの条件を守り、時間内に超音波を作る必要があります、
  • テクニックは100%の結果を保証するものではありません、
  • すべての形態の無排卵障害がhCGによる治療に同等に敏感であるわけではありません。
  • 検査は十分に有益な診断方法ではないので、超音波を使用して排卵を制御することが必要です。
  • 妊娠を成功させるためには、本格的な卵だけでなく、質の高い精子でもあるため、不妊の妊娠を計画する際には、両方のパートナーが検討されるべきです。

婦人科医のすべての勧告を遵守することによってのみ、あなたはあなたの問題に対する成功した解決策を期待することができます。

HCG注射 - 指示。 hCG注射後、排卵検査は何回ですか?

女性が妊娠に問題を抱えているとき、治療は多くの質問を提起し、しばしば専門用語を怖がらせます。 HCGの注射とは何か、どのような場合にそれが使用されるか、それがどれほど効果的であるか、それがどのような禁忌を持っているか - 一緒に見てみましょう。

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG) - この用語は、卵子の受精後に体内で生成され、妊娠中の胎児の保存と発育に関与するホルモンを指します。妊娠テストの根底にあるのは、このホルモンのレベルの決定です。

HCG注射:それは何のためにいつ行われますか?

hCGの注射は、女性の不妊の予防および治療、ならびに妊娠中の胎児の保存のための薬物として使用されている。注射が行われます:

  • 卵胞を刺激し、卵胞が破れていないがサイズが圧縮されているときに生じる嚢胞形成のリスクを減らす
  • 妊娠初期の黄体の生命を守るために
  • 胎盤の形成と発達の機能を維持する
  • 流産の危険にさらされている - 特にそのような病状がすでに繰り返されている場合
  • 「過剰排卵」の効果のための人工授精の場合

排卵用HCG注射

ほとんどの場合、hCG注射は排卵のない状態で使用される。受精が可能な、卵の成熟機能の侵害。この状態はさまざまな理由が考えられます。

  • 多嚢胞性卵巣
  • 腫瘍形成
  • 身体活動と過労の増加
  • ストレスの多い状況
  • 特定の薬を服用

排卵機能の違反を診断する過程で、女性は骨盤内臓の超音波検査を受けるために、定期的に基礎体温を記録するために、ホルモンレベルについてテストされる必要があります。

  • そのような検査は、hCG注射によって排卵を刺激する必要性を決定するべきです。ある場合には、甲状腺、テストステロンおよびプロラクチンのホルモンレベルの正常化は排卵周期を自然に回復することができます。
  • 排卵がないことを確認するために、一定の超音波を用いて卵胞の発達と成長をモニターします。最初の研究は、最後の月経の開始日から8-10日に行われ、それから次の月経が始まる前の2-3日の間隔で繰り返されます。

ホルモン療法前のホルモン検査

研究の過程で確立することができます:

  • 卵巣の機能不全による排卵機能の完全な欠如 - 卵胞は成熟しない
  • 主卵胞は成熟するが、必要な大きさに発達しない
  • 卵胞は正常に発生しますが、卵胞の開示や卵の放出はありません。

観察中に卵胞が壊れていないことが明らかになった場合、排卵を再開するためにhCGの注射を処方することができます。注射の24〜36時間後、刺激が成功したことを確認するために追加の超音波が処方されます。

hCG注射による刺激中の変化を追跡するための恒久的な超音波制御

hCG排卵の注射後にどのくらいの後に発生した後

  • 問題が特定されたので、不妊治療は絶え間ない監督の下で行われるべきです。最初の注射は10日間のサイクルの2日目に行われます。
  • 卵胞の成熟とその成長の全過程は超音波によって制御されます。卵胞の大きさが20〜25 mmのとき、それらは開くように刺激されます;このために、必要な投与量でhCGの注射が行われます。
  • ホルモンレベルの上昇は注射後の最初の数日間に起こります。したがって、最初の3日間の排卵検査で陽性となったからといって、排卵の発生を確実に示すことはできません。
  • 通常、hCG注射後、排卵は24〜36時間で起こります。いくつかのケースでは、排卵は発生しないか、はるかに遅くなることがあります。排卵の開始は超音波を使用して設定することができます
  • 排卵の確認の後、プロゲステロンとプロゲステロンのホルモン注射は通常卵巣機能をサポートするために行われます。

妊娠中のhCG注射

絨毛性ゴナドトロピンの血中濃度の急激な低下が診断された場合、ホルモン注射は妊婦に処方されます。ホルモン療法の予約が行われる前に、ホルモンのレベルで追加のテストが行​​われます。

標準からの偏差が大きく、20%下方に達する場合は、hCGの注射は必ず処方されます。

ホルモンレベルの低下は、以下のような妊娠の病理の発生を知らせる可能性があります。

  • 子宮外妊娠の疑い
  • 中絶を逃した
  • 胎盤の生命機能の侵害
  • 中断の脅威

胎盤の機能を維持し、胎児を温存するための妊婦へのhCG注射の投与

妊娠していない状態での高レベルのホルモンhCGの存在は、癌の発症の指標となり得る。

ホルモンの産生が癌の結果であるのか、それとも癌の原因であるのかはまだ確立されていませんが、2011年以降、不妊治療の補助薬として宣伝されている無許可のホメオパシーおよび食品、hCGの含有は禁止されています。

刺激はどうですか

特定の刺激方法を処方する前に、医師は患者と彼女のパートナーを精査し(スペルモグラム、適合性試験)、可能性のある禁忌を決定し、必要に応じて以前の治療を処方し、これらのデータに基づいて刺激スキーム、個々の投薬量を選択します。いつ刺激のコースを開始するか、そしてそれがどれくらい続くかは、患者の子宮と卵巣の検査からのデータに依存します。

医師は、卵巣嚢胞の形成を検出するために、適時に卵の成熟を監視する義務があります。これを行うために、女性は定期的に超音波を受け、プロゲステロンレベルを制御し、基礎温度を測定する。診断中に嚢胞が検出された場合は、完全に治癒するまで治療を中断します。次のサイクルでは、刺激は通常継続することができます。

刺激後、体外受精を処方することがあります(体外受精のプロトコール中)。

刺激が禁忌の場合

炎症、感染症、性器感染症、ホルモン障害、片方または両方の配偶者の肝炎、卵管の閉塞、男性の不妊、パートナーの貧弱な精子像の存在下では、排卵の刺激は示されません。女性の年齢、そして特定の薬の受け取りも重要です。不良卵はドナー材料を使用することをお勧めします。

排卵を刺激するためのKlostilbegitおよびhCGの注射

薬Klostilbegit - 排卵を刺激するための最も人気があり効果的な手段。ホルモンLH、FSHの生産を促進します。彼と一緒に、濾胞性嚢胞の形成を防ぐためにhCGの注射がしばしば処方されます。治療は周期の5日目から9日目まで実施されます。

Klostilbegit錠剤の摂取を開始して2日後、最初の超音波検査が行われ、それに基づいて卵胞の成長率について結論が出されます。この手順は、卵胞が少なくとも20 mmに達するまで、コース全体を通して2または3日ごとに繰り返されます。

嚢胞(空の新生卵胞)の形成を避けるために、卵胞退縮は、24〜36時間後に排卵のプロセスを活性化するhCGの注射を間に合うように指定することが重要です。この後、Utrogestan / Progesteroneの注入は黄体を支えるために示されています(妊娠の開始の後でだけ)。

患者のレビューによると、このスキームは、hCGの最初の注射が指示された日からの毎日の性交の条件に関する最初からの概念につながる。

排卵を刺激する計画の一部としてのProginova

エストロゲン抑制剤Clostilbegitを使用した上記のスキームは、女性ホルモンのエストロゲンを含む薬Proginovaを補っています。 Proginovaは、サイクルの5日目から21日目まで患者に処方されました。 Proginovaは女性の体のホルモンを正常化し、早期の卵巣枯渇を防ぎます。 Klostilbegit Proginovaのように経口投与されています。

排卵を刺激するための注射

筋肉内注射は医師とその患者の間で人気があります。ゴナドトロピンの使用に基づく治療計画は、ヒト更年期障害(Menopur、Pergonal、Menogon)または組換えゴナドトロピン(後者はGonal F、Puregonを含む)の注射を含む。それは更年期の女性の尿から合成されるため、最初のものはより安価です。 LH、FSHが含まれています。

卵巣への軽度の影響が示唆される場合は、その使用法は適切です。組み換えゴナドトロピンは実験室で生産され、それらは不純物を含まず、それゆえ体内での作用は天然のFSHに近い。 Puregonの刺し傷、Gonalはこの効果を持ちます。 hCG(Ovitrel、Pregnil、Horagon、Prophase)およびゴナドトロピンの注射は外来患者ベースで行われます。

後者が正常に発達し、人工的な刺激を必要とせず、所望の大きさまで成長するが、それ自体は破裂しない場合、hCG注射は優性卵胞の破裂を刺激するのに十分な手段であり得る。

他の理由で排卵がない場合は、ヒト​​絨毛性ゴナドトロピンを1回注射することが不可欠です。

排卵を刺激するGonal F

Гонал Ф – самый мощный аптечный препарат для стимуляции овуляции. Гонал Ф содержит ФСГ и входит в группу лекарств на основе гормонов гонадотропинов, ответственных за половые органы. Гонал Ф синтезируется искусственно.

ゴナルによる治療計画は、医師によって設定された日に厳密に規定された用量での注射(筋肉内、皮下)を提供する。 Gonal Fはホルモン薬であり、使用法が限定されているため処方箋です。

適応に従ってGonal Fが使用された場合、妊娠は最初のコースの後に起こることがあります。薬の注射は以下の結果につながります:

  • 卵胞の成長と分化を促進します。
  • サイクルは正規化されています
  • 排卵は調節されます、
  • 子宮内膜の成長が促進され、
  • エストロゲンレベルが上がる
  • ホルモンバランスが完全に回復し、
  • 完全な排卵はやがて起こります、子宮は受精卵の養子縁組のためによく準備されています。

排卵の刺激が妊娠を助けた人

ほとんどの場合、人工または自然の概念の前に排卵を刺激するために、医者はclostilbegitを処方するか、またはFを運転しました

それは薬が初めて助け、他の女性は連続してn - koサイクルでピルを飲むか、または複数の注射をすることを余儀なくされることが起こります。

成功は主に治療前の排卵の欠如の正確な理由と適切な薬と用量の選択を決める医師にかかっています。各女性にとって、治療の結果は個人的です。

薬Closibelgitの刺激スキームは約400-700ルーブル(300 UAH)のコスト+通常の超音波のコスト。 F(75 IU)を追いかけた薬の注射は1150ルーブルからかかります。平均して(640 UAH。ウクライナ)。 300 IUパック

4000摩擦、900 IU - 17,000摩擦以上

ヒト絨毛性ゴナドトロピンの注射ははるかに安価です - 700と1300ルーブルの間。 10個のため。 1000台そして5 PC。 5000台それぞれ。あなたがそれらをあなた自身でやれば、指示に従って注射を保存することができます。ロシア連邦の薬局でProginovaは165から200ルーブルです。

もちろん、体外受精の費用は最も高くなります(ロシア連邦では約10万ルーブル、3〜4千ドルから3〜4千ユーロ以上)。ある日には、クロススティルベジットによる刺激が、性腺刺激ホルモン注射およびメノプルサイクルの追加と組み合わされることがあります。

14000こする。梱包)。この技術による注射は、ゴナドトロピンを用いた従来の治療よりもはるかに少ない量で済むという事実のために、治療費用が削減される。

Pin
Send
Share
Send
Send