人生

閉経後の頸部拡張の原因

Pin
Send
Share
Send
Send


子宮頸部の状態を判断することは、婦人科検査の必須要素です。このような検査は、粘膜のさまざまな病理学的変化だけでなく、子宮頸管の拡大も明らかにすることができます。

ある場合には、この症状は現在の病理学的過程の大きな兆候ですが、生殖器系の自然な変化の要素と見なされることもあります。したがって、子宮頸管の拡張の存在についての孤立した結論は、警告の明確な原因ではありません。それは特定の臨床状況に関連して評価されなければならない。

頸管 - それは何ですか、そしてその機能は何ですか?

子宮頸管(canalis cervicis uteri)は、子宮腔と膣の内腔をつなぐ、子宮頸部内の自然な直線状の空間です。通常の条件下で、それは2つの生理学的末端狭窄のために紡錘形を有する。それらは外喉と内喉と呼ばれます。

子宮頸管は、バリア機能と分泌機能を果たす特殊な円筒形上皮で裏打ちされています。その細胞によって産生される粘液は、大量の糖タンパク質を含み、本質的に微細な多孔質構造を有するヒドロゲルである。さらに、そのコンシステンシー、酸性度および透過性は一定ではありませんが、女性のホルモンの背景、周期の日、および他のいくつかの要因によって変わります。

子宮頸管はいくつかの機能を果たします。

管の内腔に含まれている粘液はバクテリアやウイルスの進路における自然な障害物であり、「栓」を形成し、それによって子宮腔の上行感染を防ぐ。さらに、子宮頸部組織には、ほとんどの微生物に対するさらなる防御を提供する局所免疫系があります。それは免疫適格細胞、体液性因子およびそれらによって産生される抗体によって代表される。首のおかげで、子宮腔は無菌状態を維持します。

  • 精子に対する選択的に作用する障壁を作り出す

卵巣 - 月経周期の間に変化するホルモンの背景は、子宮頸管粘液の酸性度と粘性に影響します。排卵前に、粘液栓は希釈され、その孔は直径を増し、pHはアルカリ性になり、そして頸管はわずかに開く。これらすべてが、膣から子宮への精子の浸透に好ましい条件を作り出します。そして、この期間に生じる粘液の流れは、機能的に不完全な男性の性細胞を「ふるい落とす」ことを可能にする要因となります。

  • 子宮からの月経および産後の分泌物の除去

子宮頸部は、血液を排出するための自然で唯一の方法であり、子宮内膜、生理学的および病理学的な秘密を排除します。その開存性の違反は、分泌物の蓄積、卵管への内容物の投入を伴う子宮の漸進的な拡大をもたらし、炎症過程を引き起こす。

  • 産道の形成、胎児、その膜および分離した胎盤の自然排除を確実にする

これは、第一一般期間の収縮中の子宮頸管の位置の拡大、短縮および集中化によって保証される。

子宮頸管は特別な解剖学的構造としてしばしば考慮され、女性を調べるときにそれに特別な注意を払います。

それはどういう意味ですか - 頸管が拡大している?

通常、十分に発達した生殖器を出産していない成人女性では、子宮頸管の長さは平均して3.5〜4.5 cmであり、最も広い部分の直径は8 mmを超えない。その外口は丸い形をしており、直径は5〜6 mmです。そして自然な方法で出産した後、それは端に沿ってティッシュの裂け目のいくつかの放射状に発散する痕跡を持つスリットのような形をとり、もはやしっかりと閉じていません。

労働活動のプロセスの外側の子宮頸管の内腔の許容幅は最大8 mmです。この指標より上の直径を大きくすることは、拡張(拡張)の診断の基礎となります。これは、子宮頸管を短縮することによって補完されます。

閉鎖頸管 - 妊娠中の分娩開始までの間の基準。平均サイズを超えた拡張について、いくつかのケースで説明します。

  • 子宮頸管の残りの部分の通常の直径で、妊娠中期の最初の学期の終わりに、さらに2 mm、およびそれ以上の内口の拡張がある、
  • 子宮頸管は上部三分の一でスリット状に広がっており、しばしば観察される頸部腺数の有意な増加を伴う。
  • 内部超音波の漏斗形の変形があり、3D超音波と十分な専門技術を実行すると、胎児の膜の逸脱を修復することがしばしば可能です。
  • 同時に子宮頸管の長さが短くなるにつれて、管全体が拡張し、その軟化。

診断

通常、外来咽頭の症例を除いて、日常の基本的な婦人科検査中に拡張の存在を確認することは不可能です。信頼できる診断方法のためには生体内イメージングが必要であり、そして超音波は通常十分である。この場合、膣センサーが好ましいが、通常の経腹腔センサーを使用することも可能である。超音波スキャン中に子宮頸管を測定することを子宮頸管検査と呼びます。

より正確なイメージング方法は骨盤内臓器のMRIです。もちろん、このテクニックは子宮頸部病理の初期診断には使用されません。 MRIは患者の検査の第2段階で行われ、患者の変化の性質を確実に判断する。

子宮頸管の拡張中の塗抹分析は、炎症過程の存在を確認し、その性質を判断することを可能にする追加の診断方法です。子宮頸管炎の原因としてSTDを除外するために、主要な感染症に対する血液の血清学的検査が行われます。

なぜこれは危険なのですか?

妊娠していない状態で子宮頸管が拡張されたとしても、これは女性の生命にとって直接的な危険を表すものではありません。しかし、そのような拡張は、適切な診断と適時の本格的な治療を必要とする、子宮頸部または子宮体のさまざまな病理学的過程の症状です。

妊娠中の子宮頸管の拡張は間違いなく病理学的徴候です。それはの明示である場合もあります:

  • 妊娠初期における脅迫的な自然流産同時に、超音波による子宮頸管の拡張に加えて、子宮の病理的緊張亢進の徴候があります。胚の生存能力を維持しながら、後胸膜血腫による卵子の剥離の開始も明らかにすることができる。
  • 妊娠2期目から診断される頸部機能不全。そのような状態のさらなる診断用超音波徴候は、内耳の漏斗状の拡張、20週間未満の期間の子宮頸管の長さの3cmへの減少、子宮頸管の長さのその直径に対する比の1.5未満の減少である。子宮頸管機能不全は、習慣流産の原因です。
  • 妊娠中絶は(妊娠初期の)一般的または不完全な自然流産で、早産が始まります(妊娠26週後)。

したがって、妊娠中に妊娠中に子宮頸管の拡張が診断された場合は、医師ができるだけ早く治療方針を決定し、患者の緊急入院の可能性を評価する必要があります。

病理学の主な原因

どうして子宮頸管が拡張しているの?この状態には多くの理由があります。

  1. 中絶の脅威。
  2. 子宮頸管のポリープ。
  3. 通常は響きのない頸部の嚢胞性病変(いわゆるナボトフ嚢胞)。それは直径1 mmまでの複数の小さな嚢胞である可能性があります。
  4. 子宮頸部の他の良性腫よう形成。線維腫、肉腫、血管腫、平滑筋腫が可能です。
  5. 子宮頸部の高悪性度腺癌
  6. 子宮内膜筋腫またはポリープ。
  7. 子宮内膜症、腺筋症。
  8. STDによる発症を含む、急性または慢性の子宮頸管炎(子宮頸管の粘膜の炎症)。
  9. かなりの大きさの子宮の体の腫瘍は、内部咽頭の伸張につながります。

生殖年齢の女性では、出産後の回復期、子宮頸管拡張を伴う治療的および診断的介入の後、しばらくの間、最大12 mm以上の拡大が起こる可能性があります。

閉経期において、拡張は顕著なエストロゲン欠乏の存在下での子宮組織の進行性萎縮に起因し得る。この場合、通常、子宮頸管は不均一に拡張され、おそらくは膣円蓋および子宮の脱落を伴う。そして、閉経後の期に生殖器系の加齢に伴う退縮の過程が進行するにつれて、拡張は3mm以下への狭小化とそれに続く閉鎖(融合)によって置き換えられる。

何をする

治療戦略は子宮頸部の変化の主な原因によって決定されます。

その開口部を防ぐために子宮頸部の産科ペッサリー

ポリープおよび腫瘍の存在下では外科的治療の問題は解決されるが、生殖年齢の女性では臓器温存手術が好ましい。例外は腺癌です。この場合、広範囲の病変および周囲の組織の発芽を伴う悪性腫瘍の徴候を伴って、子宮の摘出およびその後の子宮頸癌治療の原則に従った化学療法および放射線療法による根治的介入について決定を下すことができる。

子宮頸管炎および子宮頸管内嚢胞では、全身および局所の抗菌薬および抗炎症薬を用いた保存療法が必要とされる。さらに、確認されたSTDの場合には、すべての性的パートナーの同時治療および家族の診察を伴いながら、皮膚科専門医の監督下で行われる。将来の女性はダイナミックな説明にあって、定期的にSTDとHIVの管理検査に合格するべきです。

確認された腺筋症の場合には、治療は現在の臨床指針に従って行われる。通常、それらはホルモン薬と抗炎症薬を使った包括的な保存的治療から始まります。補助的手段として処方された理学療法、吸収性の手段、ビタミン。広範で腺筋症の保守的治療には適さないため、外科的治療が必要とされる。

妊娠中の超音波による子宮頸管の拡大が明らかにされていることは、妊娠中の女性の入院という脅迫流産や早産の問題に​​対する緊急の解決策の基礎となっています。彼らはホルモン製剤、鎮痙薬、マグネシウム製剤および他のトコリット剤を処方し、胎盤機能不全の予防を行います。診断された虚血性頸部機能不全および流産の病歴の場合には、子宮頸部を強化するために追加の対策が取られる。

  • 38週間の期間のために削除されている首に特別な縫い目を課す。現在、様々な縫合方法がほぼ同等の性能で使用されているが、方法の選択は医師に任されている。
  • ペッサリーのインストール - その開口部を防ぐために子宮頸部に着用されている特別なラテックスリング。おそらく子宮頸部の機能不全の初期段階で、時には縫合に加えて。
  • 平均して、峡部頸部の機能不全の存在下では、妊娠は症例の2/3で受け継ぐことが可能である。

子宮頸管の拡大は、女性の状態を包括的に評価し、そのような拡張の主な原因を探すことを必要とする重要な診断結果です。それは現在の妊娠の中断の高いリスクの兆候であるため、病理学は妊娠中の女性で特別な注意を必要とします。定期的な検査と産科婦人科医への訪問、医師の処方の超音波スキャンにより、この病状を適時に診断し、患者にとって最小限の損失で最適な治療法を選択することができます。

頸管 - それはどこに通じているのか

子宮頸管は子宮頸部の内側部分であり、これは主な女性器官と膣の間の移行部です。それは粘液を分泌する能力を有する上皮の層で覆われています。その数と構成は、月経周期の期間によって異なります。

最も液体で最小限のこれらの分泌物は排卵の間に、体が女性生殖細胞の受精のための最も好ましい機会を作り出すときにあります。それ以外の時間、粘液は十分に濃く、最大量は月経前です。

生殖年齢の女性では、子宮頸管の幅は7〜8 mmです。これは精子の浸透、月経流出物の除去に十分であり、そのうちのいくつかはその上皮によって分泌される秘密を構成する。

更年期障害の変化

閉経期と子宮頸管はどのように関連していますか?生殖器系がこの時期に変化しているという事実はすでに言われています。例外ではなく、この小さな領域です。それは、すべての生殖器官のように、新しいホルモンバランスの影響を受けて変化します、すなわち減少します。

エストロゲンとプロゲスチンの減少は、結合組織に代わってその筋肉組織が萎縮し、血管が狭くなるように子宮に反映されます。体は非常に縮小されているので、閉経前と比べて1.5倍小さくなります。したがって、閉経期の子宮頸管の寸法は次のとおりです。

ある人にとっては、後者の値は組織の過成長の過程のためにさらに控えめになるかもしれません。薄くなる上皮はまた、はるかに少ない粘液を生成し、これは多くの場合乾燥膣をもたらす。

変化の生物学的意味は明らかです:女性はもはや母親になることを脅かされていない、それ故に、彼女は精子と月経流出のために子宮内の通路を必要としません。

ホルモンの不均衡によって引き起こされる閉経を伴う子宮頸管の変化

子宮頸管のサイズが大きくなった理由

閉経期の婦人科健康状態を以前よりも注意深く監視する必要があります。これは多くの病気の活性化の時であり、その中で致命的です。

検査中に、子宮から膣に至る空間が異常に大きいことが判明した。更年期の拡張された子宮頸管が婦人科疾患の1つを意味するので、これは心配する理由です。それらの最も無害なのは子宮頸部の炎症です。

セロメーター

有機体にとって珍しい新しいホルモンの背景のために、子宮内膜を元通りにする能力は損なわれます。それは分解しますが、これは自然ですが、この過程には臓器腔内の体液の放出と蓄積が伴うことがあります。そしてこれはもはや正常ではありません。

婦人科疾患に加えて、ぬるぬるした塊の形成が促進される可能性があります。

  • ホルモン補充療法ほとんどの薬はエストロゲンを含んでいます、そしてそれは更年期の重度の徴候を和らげます、しかしまた副作用を引き起こすことができます、
  • たばこニコチンガムはホルモン不全を悪化させ、子宮内膜をさらに悪化させます。
  • 不適切なエイジフード、つまり豊富な脂肪。それらはホルモンの不均衡をも高め、「予備」で沈着します。
  • 身体活動を避けます。骨粗しょう症を恐れ、怠惰であるため、女性は負荷を最小限に抑え、それがさらに代謝プロセスを混乱させます。それは最も否定的な方法で子宮内膜に影響を与えます。

特にセックスの後、女性は灰色の液体の分泌物を観察し、腹部に不快感と痛みを感じ、排尿が困難になります。

子宮筋腫 - 閉経期に子宮頸管が拡張する理由の1つ

概して、子宮筋腫は閉経期の開始前に検出され、2〜3年間延期されます。しかし、一部の人にとって、この良性腫瘍は卵巣衰退、月経の停止の後に現れます。

エストロゲンの量を減らす年齢でその発生に貢献する:

  • 太りすぎ
  • 炭水化物代謝の異常
  • 閉経期、特にその前半の頻繁な維持であるストレス、
  • 甲状腺の病状は、50歳以上の女性によく起こります。
  • 以前の中絶、複雑な出産。

子宮筋腫は、セロメーターによっても引き起こされる可能性があります。 閉経中に子宮頸管の拡張がある場合は、たとえ血液がなくても、時々水のような排出が見られます、それは超音波を行い、子宮内膜の厚さを確認することは理にかなっています。 Миома в этом возрасте часто сочетается с иными гинекологическими патологиями.

Это доброкачественное новообразование состоит из задержавшихся в одном из участков матки нескольких слоев эндометрия. Скачки гормонов, которые бывают в пременопаузе, способствуют его появлению, как и

  • 糖尿病
  • Гипертония,
  • Ожирение,
  • 心理的な問題
  • 甲状腺の障害

これらの原因は、深刻な更年期障害の症状です。したがって、これまでに悩まされたことのない人にもポリープが見られます。いくつかのケースでは、彼は彼自身についてかなり長い間示唆していません。そして超音波検査の間だけ、専門家は新生物と拡大した子宮頸管の両方に気づくでしょう。

閉経と妊娠の違いについての記事を読むことをお勧めします。あなたは、産生されるホルモンの組成の違い、女性の感覚、妊娠検査を適用する可能性について学びます。

子宮内膜増殖症

子宮内膜増殖症は子宮頸管の拡張を引き起こす

子宮頸管の肥大は、子宮内膜様細胞の異常増殖が原因で閉経後の女性に起こることがあります。この期間に、体からのエストロゲンがほとんど消えたとき、これはそうではないはずです。結局のところ、これらのホルモンは、それらが豊富にあれば、過形成過程を促進します。

しかし、組織の成長は、閉経中によく見られる病気によって促進されることがよくあります。

  • 高められた圧力
  • 太りすぎ
  • 糖尿病
  • 肝疾患

体がホルモンの新しい構成に順応するのを助けるエストロゲン含有薬の受け入れはまた病気の発生の危険を高めることができます。

過形成は隠れて起こることもあれば、出血することがあることもあります。しばしば子宮内膜ポリープや嚢胞と組み合わされます。しかし、無症候性の流れでも、それは超音波を使って見つけることができます。子宮内膜が厚くなり、子宮頸部内のスペースが拡大します。

別の場合には、治療可能な疾患は腫瘍学的疾患に変わり得る。この過程を軽視するほど、子宮摘出後も回復はより問題となります。年に一度骨盤内臓の超音波検査を行うのであれば、危険を避けることができます。

閉経後の子宮頸管拡張に関する記事を読むことをお勧めします。あなたは更年期障害の変化の原因とその結果について学びます。

クライマックスは、軽度の症状で進行すると、後期段階で合併症を引き起こすことがよくあります。 。それらとともに、子宮頸管や分泌物の排泄を拡大する必要があります。

クライマックス。子宮頸部の子宮頸部異所性と慢性子宮頸管炎子宮頸管はその場所のために非常に脆弱な場所です。 。閉経後の女性における子宮頸管の拡大。

腫瘍は子宮内のどこにでも局在することができます、しかしそれが子宮頸管をブロックするならば、それは粘液の中の保持によって引き起こされる痛みについてそれ自身に合図します。閉経後にスポッティングすることができます。

閉経を伴う子宮内膜増殖症、これは子宮の層の奥深くにあるその異常な分布です。 。子宮のいくつかの部分の付着、その子宮頸部の管の部分的狭窄による腔内の体液の出現もまた許容される。

これは脂肪細胞の増加によるもので、食事と生活様式は変わりません。 。閉経前は、閉経前の期間です。更年期障害を伴う甲状腺機能亢進の原因

閉経後の頸部拡張の原因

クライマックス - 生殖器官により影響を与えている明白な変化の時期。彼らはしばしば不快な症状を伴いますが、一般的に自然な性格を持っています。

確かに、これらの変更の中で奇妙で望ましくないように見えるかもしれません。閉経後の子宮頸管の拡張が何を意味するのか、誰もが理解することはできません。結局のところ、月経が来る前に、多くの女性はそのサイズについて心配していませんでした。

それはどういう意味ですか:頸管が拡張している

子宮頸管の子宮頸管は、子宮頸部の内側の全長に沿って配置されており、これは子宮のスリット状の空洞と膣との間の通路として作用する。この体の発達は、少女たちの思春期がいっぱいになったときに終わります。

妊娠前に、運河は月経中の子宮への病原性微生物の導入に対してより保護的な機能を果たします。月経血が通過するのは彼を通してです。

それにおける保護の役割は、膣から子宮腔への全通過に沿って並ぶ上皮細胞の層を通して分泌される粘液によって行われる。

月経中は子宮頸管が拡大するので、この期間中の粘液の産生が最も多くなります。

子宮頸管の寸法は生活のさまざまな期間中に変化します。まだ出産していないが月経中の女性では、水路は2 mmまでしか広がっていません。

20〜25歳に近づくと、女性の体はその主な目的のために準備され、すべての生殖器官は少し大きくなります。

妊娠を計画する前の主なことは、生殖器官の解剖学的構造を正確に知るために超音波を実施することです。

子宮頸管にとって、長さと直径は、将来的に産道を通る乳児の通過に影響するため、重要です。規範からの逸脱は、妊娠中や出産中に深刻な合併症を引き起こす可能性があります。

妊娠中の子宮頸管の役割は何ですか?

妊娠中や妊娠中の子宮頸管は独自の解剖学的特徴を持っています。

受胎時には、子宮腔内への安全な移動のために精子を自分自身で保持するために、子宮頸管内の粘液が厚くなります。

卵子の受精が成功すると、子宮頸管は可能な限り狭くなり、膣への出口で密集した粘液のコルクが形成され、これが胎児をさまざまな感染症や外部環境から女性の体に入るウイルスから守ります。

粘液プラグは最初に出産前に出発します。これが起こらないならば、それは出産の間に取り除かれます。

妊娠の最初の学期では、重要なことは超音波によって診断されるときに子宮頸管の長さと幅に付けられます。後者の数字は流産の危険性を示しているため、子宮頸管が拡大すると女性は病院に送られます。

子宮頸部が弱く、将来的には付着した胎児を独立して抱えることができないため、この期間中に筋肉組織の拡大が起こる。正常からのこの逸脱は、子宮内の子供が集中的に成長するとき、妊娠の15-18週に起こります。

子宮頸管の狭窄化は、妊娠中に胎児の生存能力を完全に自信を持ってのみ実行することができます。

この手技は病院で薬を使うか、運河に貼られている医療用指輪(ペッサリー)を使って行われ、妊娠の終わりまでほとんど取り除かれません。場合によっては、子宮頸部を手術により縫合し、妊娠38週目に切除する。

頸部拡張の原因としてのポリープ

子宮頸部の診断でポリープの拡大が検出された場合は、妊娠を計画する前にまず病気を治すことをお勧めします。ポリープが内腔を塞いで、精子が子宮に入るのを妨げるので、この病気の概念は困難です。

運河での妊娠中のポリープの出現は子宮頸部の壁の弛緩を引き起こし、子供の生活に脅威をもたらす可能性があります。もちろん、妊娠中に、ポリープは削除されていない、彼らはそれを監視し続けるだけです。

ポリープの診断で子宮頸管が3〜5 mmに拡張された場合、女性は医師の一定の監督下で保存のために病院に送られます。

いくつかのポリープは出産後に消えます。

これが起こらないならば、治療は子供の誕生の直後に続けられます。

拡大した管の最初の徴候は、膣からの少量の血液排出の出現です。流産を防ぐために間に合うように対策を講じるために、直ちに婦人科医に連絡する必要があります。

どの婦人科疾患が子宮頸部の拡張を引き起こしますか?

すべての生殖器官と同様に、子宮頸部の子宮頸管も閉経中の体のホルモン調整中に変化します。子宮頸部の壁は弾力性を失い、粘液を生成しにくくなり、その結果膣が乾燥します。

女性における更年期障害の発症に伴い、延期された中絶、生殖器領域のカタル性疾患および出産後の掻爬の背景で生じる疾患がより深刻になる。

子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢胞などの病気 - これらすべてがホルモン不全と不規則な出血を引き起こします。子宮は緊張を失い、筋肉を弛緩させます。

出血するたびに、子宮頸管が拡張し、粘液を欠くと、微生物叢が子宮に入り、既存の病気が悪化するだけです。

子宮内膜症における細胞の増殖の結果として子宮内膜の厚さが増すことにより、子宮頸管も拡大する可能性がある。これは更年期の間に存在している様々な病気に貢献します:圧力ジャンプ、太りすぎ、糖尿病、甲状腺。

子宮頸管の拡張を引き起こすもう一つの病気は慢性の子宮頸管炎です。この病気は風邪と未治療の炎症の結果として発生します。

性別や排尿後に発生するものも含め、液体の粘液分泌物を無視しないことをお勧めします。

子宮の内部状態の変化は、ホルモン剤を服用した後の副作用、代謝過程の減少、喫煙の結果として起こります。

子宮頸部の拡張に対する処置

診断が超音波によってなされるならば、慌てないでください。医師へのタイムリーな訪問のみが、子宮頸管の拡大の原因を診断するのに役立ちます。この状態は、臓器が正常から変化した原因が取り除かれれば修正可能です。

主なことは、特に閉経期に入る女性、または将来母親になる準備をしている女性のために、あなたの体の状態を監視することです。

子宮頸管拡張とは何ですか?

子宮頸管は膣と子宮腔をつなぐ子宮頸管です。紡錘形です。子宮腔へのアクセスを得るために、医者は子宮頸管を拡張するための処置を行う。

通常、子宮頸管は子宮内の感染を防ぐためにしっかりと閉じています。子宮頸管の粘膜の表面には、粘液を生成する円筒形の上皮が並んでいます。それは多孔質構造を有し、子宮頸部を満たし、一種のコルクを形成する。

粘液の粘度と孔径はホルモンのレベルに依存します。排卵期の間に、粘度は減少し、そして孔径は増加し、これは精子の通過に寄与する。粘液の流れは外側に向いています、それは周囲に沿ってより顕著であり、それは本格的な精子を「濾過する」のに役立ちます。

妊娠中、子宮頸管はしっかりと閉じられ、色が変わり、青みがかった色になります。出生前に、それは拡大して、直径10 cmまで達することができます。

子宮を調べるために、婦人科医は子宮鏡検査の方法を診断と治療のための最も有益なものとして使います。

それはあなたが子宮内の病理を検出し、診断し、標的とされた生検または手術を行うことを可能にします(例えば中絶)。

子宮鏡検査は、常に子宮の位置とその大きさを決定するための手作業による研究に先行します。その後、子宮頸管が拡張します。

子宮腔検査のための頸管の拡張は以下のようにして行われる。患者は特別な婦人科用椅子に座るべきです。膣と会陰は、手術前と同様に特別な消毒剤で治療されます。

手動検査の後、医者は鏡を使って子宮頸管を露出させます。操作は鉗子で子宮頸部の前唇のキャプチャで始まります。それから子宮は大きさと方向を決定するために調べられます。

その後、子宮頸管は特殊な器具 - 拡張器で徐々に8 mmに拡張されます。これに子宮鏡検査が続きます。

子宮頸管の拡張の目的が掻爬である場合には、急性掻爬器を子宮腔内の腔底部まで挿入する。さらに、工具を前後に連続して動かすことによって、子宮の壁を掻き取ることが行われ、最大数の掻き取りが得られる。

その後、子宮頸部は特別な解決策で治療されます。掻爬術は、機能不全の子宮出血を止めるため、およびさらなる組織学的検査のために最大量の過形成および壊死した子宮内膜を除去するために行われる。

この処置は数ヶ月間の大量出血の停止につながる。

子宮をこすることは現代の婦人科で最も頻繁に行われる医療処置の一つです。それは様々な理由で、診断目的で、または治療的介入の一部として製造することができる。この場合、特別な道具の助けを借りて医師は子宮内膜の表面層を除去する、すなわちそれを削り取る。それ自体では、子宮の内壁からの粘膜の除去は珍しいことではありません。生産的な年齢の健康な女性では、これは毎月起こり、剥離した子宮内膜の断片が血液とともに取り出されるときに月経出血の形で現れます。しかし、時にはいわゆる婦人科掻爬術が必要になることがあります。その結果として、上皮層は特別な道具 - 掻爬器の助けを借りて医師によって取り除かれます。たいていの場合、掻爬は診断目的で行われます。例えば、女性が長期間の重度の出血を訴えている場合、その原因は定期検査では特定できません。この手技には通常、別の婦人科用器具 - 子宮鏡による子宮の検査が伴います。この診断の結果は出血の原因の検出であり、それはホルモン障害、子宮筋腫、ポリープ、さらには身体または子宮頸部の悪性腫瘍です。大量出血を伴う婦人科掻爬もまた一種の治療法になり得る。例えば、月経周期が長すぎる場合、子宮内膜が非常に強く成長し、月経中に放出される通常の量の血液ではそれを除去するのに不十分である。非常に頻繁な出血にもかかわらず、女性の体は生い茂った粘膜を取り除くことができないため、清掃が処方されることがよくあります。その残部は炎症過程を招き、悪い結果をもたらします。また、最長12週間行われる通常の妊娠中絶は、婦人科掻爬とも呼ばれますが、唯一の違いは、手術中に子宮から子宮内膜だけでなく胚も除去されることです。こすることは、原則として、麻酔下で行われます。医者は患者を婦人科の椅子に置き、特別な拡張器の助けを借りて子宮頸部を開き、その後消毒液で外性器を治療します。キューレットは鋭い角を持つスプーンです。その助けを借りて、婦人科医は一歩一歩粘膜をこする。この手順は簡単で、5〜10分かかります。それに対する禁忌は、概して、おそらく継続中の望ましい妊娠を除いて、存在しません。しかし、いずれにせよ、清掃は小規模ではあるがそれにもかかわらず外科的手術であることを忘れないでください。子宮鏡検査は、バックライト付きの特別な望遠鏡器具 - 子宮鏡を使用する手技です。装置は子宮頸管と子宮腔からモニターに画像を転送することを可能にする光ファイバーシステムを持っています。

子宮鏡検査は子宮の病状の治療と診断のために処方されています。子宮鏡診断の助けを借りて、あなたは任意の病理学的変化を見ることができます:癒着、子宮筋腫、ポリープ、子宮腔にあるパーティション。また、医師は子宮出血、流産、不妊の機能不全の原因を診断することができます。外科的子宮鏡検査は診断された病状の矯正を可能にする。子宮鏡を通して、医者は彼が病理学を排除する様々な操作を実行するのを助けて、追加のツールを紹介します。外科的子宮鏡検査では、癒着、ポリープ、筋腫の節を取り除き、パーティションの切開を行うことができます。多くの場合、手術は診断検査中に直ちに行われます。

子宮鏡を使用した操作は非常に優れているため、ブラインド掻爬術と区別されます。医者は子宮腔と子宮頸管全体を視覚的に見て手術を行い、意図的に病状を取り除きます。

子宮鏡検査の適応は、診断され治療される必要があるあらゆる病理学的原因、瘢痕または癒着による不妊、機能不全出血、痛みを伴う月経、月経間出血です。 Также к проведению гистероскопии можно отнести: скудные и нерегулярные менструации, невынашивание беременности, боли в области малого таза, наличие полипов, миом.

Лечебная гистероскопия проводится под общей анестезией. При процедуре не делается никаких разрезов. Пациентке через шейку матки вводят тонкий стержень, на котором закреплена видеокамера и осветительный прибор.

子宮鏡を通して、医者は特定の操作を実行するのに必要なレーザーまたは他の医療機器を導入します。子宮を拡張するには、食塩水または二酸化炭素を使用します。

全体の手順は5〜60分かかります、それは医者がどのような操作を実行するかによって異なります。

ほとんどの場合、子宮鏡検査中、患者の入院は必要ありません。例外的なケースでは、入院中の病院は1泊以下を要求します。患者は手術の翌日に通常の活動を始めることができます。

子宮頸管拡張とは何ですか?

子宮頸管は拡張していますこれはどういう意味ですか

子宮頸管は、子宮頸部に位置する子宮と膣の接合部です。中央部では、運河は通常7-8ミリメートルに拡張され、上から狭くなって子宮峡部に入り、それを通って片側が子宮と連絡しています。

一方、子宮頸管は膣で終わり、この部分は咽頭と呼ばれます。その形状は非常に異なる場合があります。喉の大きさとその形状は、さまざまな要因、すなわち女性の年齢とホルモンの背景、出生の性質によって異なります。出産していない女性では、咽頭は小さく丸みを帯びていますが、出産した女性では、広く似たような差があります。

子宮頸管は通常分泌物で満たされています;それは粘膜細胞によって分泌されます。粘膜は、ほとんどの場合、円柱上皮からなり、これもまた分泌活性の増加を特徴とする。

粘膜の面積、したがって分泌される粘液の量を増加させるために、それには折り目があります。そうでなければそれらは呼ばれています - 暗号。

分泌される分泌量は、上皮細胞と粘膜内の一定数の腺の両方に依存します。

それはアルカリ性の反応を起こす、濃厚でガラス状の粘性粘液のように見えます。それは溝を完全に満たしそしていわゆるクリステラーストッパーを形成する。粘液は殺菌性を持ち、その主な機能は子宮を細菌の侵入から守ることです。

分泌された分泌物の量はその効果と月経周期を持ちます。その段階に応じて、粘液分泌物の粘稠度および組成は変化する。排卵中および排卵前に、その量は増加し、それは粘性になり、粘液反応は中性です。ほとんどの場合、秘密は高い粘性を持っています、なぜなら、どの精子が子宮に入るのが非常に難しいからです。

粘液の濃度は、血中の性ホルモンの量によって異なります。プロゲステロンの濃度が高く、エストロゲンの濃度が低い場合、子宮頸管の秘密は粘性になります。

状況は周期の卵胞期に変化し、エストロゲンの量が増加すると、チャネルの細胞によって分泌される体液の量が増加し、その秘密の粘性が低下します。しかし、この段階は長くは続きません、精子の生活のためのそのような条件は一日2-3日維持され、その後頸管粘液は再び粘性になります。

この期間中に、一部の精子が子宮に侵入し、次に卵管に侵入する可能性があります。その後、精子は女性の生殖細胞をうまく受精する機会があります。加えて、粘液の組成はそれらの通常の存在に適しているので、それらは子宮頸管内により長く貯蔵される。

子宮頸管を通過することは、ある程度までは、精子に対する持久力と活力のテストです。なぜなら、最も可動性があり健康な人だけがすべての障害を克服することができるからです。

テキストに間違いを見つけましたか?それを選択し、さらにいくつかの単語を入力し、Ctrl + Enterを押す

分泌の物理的および化学的パラメータの研究は、不妊症の診断および治療において非常に重要です。指標の正規化により、女性は妊娠について考えるかもしれないからです。

さらに、秘密の質は、粘液が変化し、そして精子が子宮腔に侵入するのを妨げる、様々なホルモン障害、避妊薬、感染性および炎症性疾患によっても影響を受ける。

受胎後、血中のホルモンプロゲステロンの量は再び上昇し、子宮頸管内の秘密はより粘性と耐久性になります。妊娠の全期間を通して、膣からの微生物から胎盤と胎児を保護する粘液の栓で運河が塞がれています。

粘膜の下に位置する頸管の筋肉膜は、子宮の筋肉の続きであり、その特徴はそれがそれほど強く発達しておらずそしてより少ない弾性繊維を含むことである。この違いにより、子宮頸管は出生時に産道を容易に伸ばして開くことができます。

患者の頸管の検査は、検査のためのアクセスを提供する特別な婦人科鏡の助けを借りて行われます。運河地域の健康な女性はいつも透明な粘液の秘密を持っています。何らかの変化や病状が検出された場合、女性は追加の検査を受けることをお勧めします。これらは以下のとおりです。

原因物質とその抗生物質に対する感受性を特定するための実験室試験

・パップスミア。それによって、あなたは上皮細胞の構造の様々な変化を見るでしょう。この方法は早期段階で前癌性疾患および腫瘍学を検出することを可能にする。

コルポスコピー - コルポスコープと呼ばれる特別な光学機器を使った研究。

医者による定期的な検査;全ての女性は毎年服用されるべきです。早期に様々な病気をタイムリーに検出するために必要です。

子宮頸管の拡張に費やす理由

通常、子宮頸管は子宮内の感染を防ぐためにしっかりと閉じています。子宮頸管の粘膜の表面には、粘液を生成する円筒形の上皮が並んでいます。それは多孔質構造を有し、子宮頸部を満たし、一種のコルクを形成する。粘液の粘度と孔径はホルモンのレベルに依存します。

排卵期の間に、粘度は減少し、そして孔径は増加し、これは精子の通過に寄与する。粘液の流れは外側に向いています、それは周囲に沿ってより顕著であり、それは本格的な精子を「濾過する」のに役立ちます。妊娠中、子宮頸管はしっかりと閉じられ、色が変わり、青みがかった色になります。

出生前に、それは拡大して、直径10 cmまで達することができます。

子宮を調べるために、婦人科医は子宮鏡検査の方法を診断と治療のための最も有益なものとして使います。

それはあなたが子宮内の病理を検出し、診断し、標的とされた生検または手術を行うことを可能にします(例えば、中絶)。

子宮鏡検査は、常に子宮の位置とその大きさを決定するための手作業による研究に先行します。その後、子宮頸管が拡張します。

頸管の拡張はどうですか

子宮腔検査のための頸管の拡張は以下のようにして行われる。患者は特別な婦人科用椅子に座るべきです。膣と会陰は、手術前と同様に特別な消毒剤で治療されます。

手動検査の後、医者は鏡を使って子宮頸管を露出させます。操作は鉗子で子宮頸部の前唇のキャプチャで始まります。それから子宮は大きさと方向を決定するために調べられます。

その後、子宮頸管は特殊な器具 - 拡張器で徐々に8 mmに拡張されます。これに子宮鏡検査が続きます。

子宮頸管の拡張の目的が掻爬である場合には、急性掻爬器を子宮腔内の腔底部まで挿入する。さらに、工具を前後に連続して動かすことによって、子宮の壁を掻き取ることが行われ、最大数の掻き取りが得られる。

その後、子宮頸部は特別な解決策で治療されます。掻爬術は、機能不全の子宮出血を止めるため、およびさらなる組織学的検査のために最大量の過形成および壊死した子宮内膜を除去するために行われる。

この処置は数ヶ月間の大量出血の停止につながる。

拡大した頸管

慢性疾患: 記載されていない

こんにちは数週間前、それは偶然非常に寒かったです。到着すると、私は炎症プロセスのために経膣ウジに行きました。私はジャズを飲みます。昔ウジはサイクルの13日目でした。卵巣、子宮、卵管 - 逸脱なし。しかし医者ウジは子宮頸管が4 mm拡大したことに気づいた。

理由は何だろう - とは言わなかった!首の塗抹標本の中にはたくさんの白血球(見えているものすべてを覆っている)、扁平上皮の細胞、コカ、そして。 T.P.なし。私はまだ医者のところへ行っていない、録音を待っている。

教えてください、このエクステンションは何に接続できますか?炎症とは?月経が始まろうとしているかのように、私はまた下腹部に引っ張りの不快感があります。ありがとうございます。

子宮頸管の拡大

関連および推奨質問

私は質問について心配している、子宮頸管、骨盤内臓器の超音波についてでした、と医師は言いました。

経膣超音波のデコード子宮サイズ48 mmの経膣超音波。

子宮頸管が拡大しているので、次のサイクルで受胎を試みます。教えてください。

超音波ドクターの結果!コメントしてください、超音波、サイクルの10日目にしました。

何が子宮の超音波の結果です。08.07からの超音波の結果。子宮が可視化されています。

子宮および付属肢の超音波MATKA、拡大、丸みを帯びた形状の寸法70 * 42 * 51 /ノーマル。

周期の22日目の超音波の説明4年間、経口避妊薬を取りました。

ジャズはそれをブロックします、しかし時々頸管はCOCSを取っている間同じように反応することができます。

ちなみに、Jazzが質の悪いものであったという疑問を排除しないでください。たとえば、あなたが持ってこなかった超音波の偽の写真です。卵巣には、排卵を示す変化もあり、その後、その質問はクリアされます。

すべてが卵巣で落ち着いているが、頸管も翌日に肥大している場合は、炎症も可能であり、同じ写真が近づいている離脱出血の背景にあります(摂取サイクルの終わりに)。

子宮頸管とは何ですか?

事実、ほとんどの女性は生殖器系の構造についての一般的な考え方しか持っていません。そしてそのような子宮頸管(拡大されたかどうか、あなたは婦人科医に話すでしょう)という事実は、公正なセックスのほとんどさえ考えていません。しかし、生殖器系のこの器官は身体において非常に重要な役割を果たしています。

頸管腔はかなり興味深い構造をしています。それは中空の管を表し、それは端部に2つの狭窄部を有する紡錘体と比較することができる。この腔は子宮の領域に位置し、そして約4〜5センチメートルの長さを有する。しかし、女性が出産した場合や中絶をした場合は、子宮頸管を7〜8センチまで拡張することができます。場合によっては、それを拡張することができます。子宮頸管は子宮と膣の間の接続です。

腔の内面は、特殊な粘液分泌物を産生する上皮細胞からなる。この組織は体内のホルモンレベルに反応することができる特別な受容体から成ります。それが月経粘液の数と粘性が一定期間の女性の月経周期のどの段階に依存するのかの理由です。

ご存じのとおり、ごく短時間で妊娠を判断することは必ずしも簡単な作業ではありません。ただし、経験豊富な医師が粘液の色を判断できます。受精が起こると、それは通常青みがかった色合いを帯びます。

拡大した子宮頸管かどうかは、婦人科医を訪問したときにのみ決定することができます。医者は鏡を膣に挿入し、そしてそれ故に体腔への入り口を調べる。少女がまだ出産していない場合、入り口は小さな点のように見えます。しかし、出産した女性では、それは小さなギャップに変わります。

バリアと保護機能

この場所で特殊な粘液が生成されます。これは、外部から体内に侵入するさまざまな細菌やウイルスに対する優れたバリアとして機能します。そのような粘液は、信頼できる保護を提供するプラグを形成することができる。しかし、この空洞には免疫細胞を産生することができる独自の独自の免疫システムがあります。子宮頸管のおかげで、女性の生殖器系は完全に無菌にすることができます。

概念を提供する

多くの患者は、なぜ子宮頸管が拡大しているのか疑問に思います。あなたの健康状態を理解するために、これが規範か病理かを調べることは非常に重要です。

知られているように、概念が生じるためには、精子が膣から子宮頸管を通って長い距離を移動することが非常に重要です。私達は既にこの場所で大量の粘液が生成され、それが保護機能を果たすと言っています。

しかしながら、周期の特定の日(排卵開始前)には、粘液が薄くなり始め、その結果、よりアルカリ性の環境が生じる。精子が卵子を通過するためには、子宮頸管がわずかに肥大していることが非常に重要です。これが概念の発症に寄与するものです。したがって、カップルが子供を産むことにした場合は、このために最も有利な期間を選択することが非常に重要です。ところで、運河によって作り出された粘液は弱くて生存不可能な精子を取り除くことができるので、最も強く健康な人だけが彼らの目標に向かって動くでしょう。

子宮頸管が拡張していることを理解する方法

この現象の原因はいくつか考えられます。出産していない普通に発達した女性では、運河の最大幅は通常最大8ミリメートルです。ただし、この指標が増加した場合、これは病理学の存在を示す可能性があります。女性が妊娠している場合は、子宮頸管が閉じます。しかし、そのような場合には通常拡大が見られます。

  • 内咽頭は2ミリメートルに拡大した。この場合、子宮頸管は中央3分の1に拡張します。

  • 上部三分の一でスリット状の拡大もあるかもしれません、それは通常腺の活発な仕事を伴います。
  • 延長部には、子宮頸管が全長に沿って延びる場合が含まれます。同時に、子宮の軟化およびその子宮頸部の短縮も観察される。
  • 子宮頸管が漏斗状に広がっており、内咽頭が閉じている状態もあります。

危険は何ですか

子宮頸管が拡大され、他の指標が正常であれば、通常、それは公正なセックスに致命的な脅威をもたらすことはありません。しかし、ほとんどの場合、この現象は、女性の生殖器系に診断と最適な治療方法の選択を必要とするいくつかの病理学的プロセスがあることを示唆しています。

妊娠中に子宮頸管が拡張した場合、これは重大な危険になります。考えられるリスクは何かを検討します。

  • 女性が妊娠初期の場合は、自然流産の大きなリスクがあります。超音波検査を行うときは通常子宮の筋緊張亢進などの現象として診断されます。
  • 妊娠後期から診断できる子宮頸管不全などの現象があります。通常、この現象は子供が早めに生まれる可能性があるため、中断につながります。

妊娠中の女性が子宮頸管の拡張のような現象と診断されたならば、それは時間内に様々な診断手段を実行して、そして緊急に患者に必要な治療を処方することが非常に重要です。

診断研究の実施

通常、初回の婦人科検査中に、外咽頭が拡大した状態にある場合にのみ変化が見られます。しかし、より正確な結果を得るために、超音波スキャンなどの診断手順が通常行われます。子宮頸部を測定するプロセスは子宮頸管検査と呼ばれます。最大の結果は骨盤内臓のMRIを実行することによって達成することができます。通常、このような処置は、患者がすでに生殖器系に何らかの病理学的過程を発見した場合に行われる。

塗抹することも非常に重要です。それを使用すると、炎症性プロセスだけでなく、性感染症の存在を判断することができます。

治療方法

子宮頸管が拡大した理由に応じて、治療法が選択されます。その中にポリープまたは腫瘍様の病変が見つかった場合、医師は通常外科的介入に頼る。この場合、公正な性は生殖器系の機能を維持する機会があります。しかしながら、地層が悪性の性質を獲得した場合、この場合には根本的介入が行われるべきであり、それは通常放射線および化学療法の使用を伴う。

子宮頸管嚢胞および子宮頸管炎の存在下では、医師は通常、抗菌薬や抗炎症薬(アジスロマイシン、セフィ​​キシム、エリスロマイシン、ドキシサイクリン)を含む保存療法を処方します。女性が性感染症と診断された場合、この場合、彼女は登録されるべきです。 При этом также пройти проверку, и при необходимости начать лечение должен и ее половой партнер.

女性が腺筋症と診断された場合、この場合、複雑な保存的治療が処方され、そこでは抗炎症薬およびホルモン薬が使用される(Marvelon、Duphaston、Anteovin、Dismenorm)。場合によっては、医師はまた、性の弱い人の代表者が、ビタミン補給剤、吸収性薬物、および理学療法の使用を含む追加のリハビリ療法を受けることを推奨します。保守的な治療方法では適切な結果が得られない場合、この場合、医師は外科的介入について決定を下します。

妊娠中に子宮頸管の拡張が検出された場合、女性は早急に入院のために送られるべきです。この場合、流産や早産のリスクが高いからです。この場合、患者はホルモン薬、鎮痙薬、ビタミンを処方され、胎盤機能不全を予防するために可能なすべてのことが行われます。必要に応じて、以下の保護対策も講じられます。

  • 子宮頸部への特別なステッチの強制、通常は妊娠38週目に削除されます。
  • 時々ペッサリーがインストールされています。この手順はそれを開くことができない、特別なラテックスリングの子宮頸部のドレッシングです。ほとんどの場合、この方法は単独で使用され、時には縫合と組み合わせて使用​​されます。

すべての女性は自分の健康状態や生殖器系の健康状態も監視する必要があります。定期検査の実施のために婦人科医を定期的に訪問することは非常に重要です。通常、子宮頸管の拡張はそれだけでは起こりません(もちろん、これが自然の出産過程に当てはまらない限り)。ほとんどの場合、感染性および炎症性のプロセスが女性の生殖器系、ならびに良性または悪性の腫瘍に存在することを示しています。したがって、特に妊娠中の女性にとっては、婦人科医への訪問を無視しないでください。タイムリーに提供された診断と治療措置はあなたの健康だけでなくあなたの将来の赤ちゃんの命を守ることができます。

今すぐ健康に気をつけてください。これにより、さらなるリスクや危険を排除できます。気をつけて。

閉経時に子宮頸管の透過性はどのようにそしてなぜ変化するのか?

閉経は、女性がホルモンの変化を受ける一定期間です。それらはすべての身体系の働きに影響を及ぼします。

専門家は、生殖機能実行者 - 子宮頸管と子宮頸管、子宮と卵巣に影響を与えました。

閉経の初期段階では、体内のエストロゲン産生が減少します。

このホルモンは骨や皮膚の状態を良好に保ち、生殖腺の機能を刺激し、そして頸管内に膣粘液を活発に分泌させます。

エストロゲンの量が減少すると、性器の退行が起こります。それらは機能を停止し、時間の経過とともにサイズが減少します。

閉経後の女性のほとんどすべての女性は、子宮頸管の狭窄に直面しています。

子宮と膣とを接続し、子宮頸部の内側を覆う間隙は、狭くなり狭くなります。身体は、輸送機能がもはや必要とされていないことを理解し、それを「オフにする」。

頸部狭窄症の自然な原因

子宮頸管の狭窄および子宮の狭窄の原因はホルモンレベルの変化です。産生されるエストロゲンが自然に減少すると、卵胞刺激ホルモンが増加します。

同時に、FSHに関連して生殖器系の成分上に位置する受容体の感受性は低下する。

ホルモン変化の影響下で、上皮は機能を停止して縮小します。婦人科検査中に、医師は患者に狭い子宮頸管を見つけますが、多くの場合この有意な値を与えません。

閉鎖症の病理学的原因

子宮頸管の閉眼後閉鎖症が正常である場合、病理学的な理由で活動的な月経機能を伴う子宮頸管狭窄(または更年期の最初の1年)が現れます。

閉経後頸部狭窄症もまた病理学的起源を有することがある。この場合、タイムリーな治療が重要です。臨床像に基づいた事前診断

頸部狭窄の兆候

我々が病理学的過程について話していないのであれば、閉経後の女性における子宮頸管の鬱血は臨床症状を示さない。

通常、この状態は、患者が婦人科医を訪れ、医師が細胞診のために子宮頸部塗抹標本を採取しようとしているときに突然検出されます。

子宮頸部狭窄症の原因が病理学的であるならば、そのような徴候があります:

  • 下腹部の痛み、
  • 温熱療法、
  • 中毒の症状

超音波検査を行うとき、超音波医は子宮または腹部内の体液を検出し、そして子宮内膜は通常より厚い厚さを有する。

子宮頸管拡張とは何ですか?

子宮頸管の閉塞は、子宮頸管の閉塞を解消するための方法の1つですが、他の治療方法では望ましい結果が得られない場合に行われます。

子宮頸管の開存性を回復する前に、以下の検査を受ける必要があります。

  • 婦人科医の相談、
  • コルポスコピー
  • 超音波、
  • 血液検査(一般、生化学、凝固性、グループおよびアカゲザル)、
  • 膣塗抹、
  • TORCH感染症の診断

介入はどうですか?

その融合の原因が腫瘍またはポリープである子宮頸管の拡張は、腫瘍の絶対的な切除を用いて行われる。

その後、生物学的組織は組織学的検査に送られ、その結果から腫瘍の性質がわかります。

頸部閉鎖症の外科治療は病院で行われますが、通常入院を必要としません。手術は全身麻酔下で行われます。

膨張の過程では異なる直径のノズルが使用される。

最初に、ブジーは小さく、次にもっと多く着用されます。操作期間は30分を超えてはいけません。

子宮頸部の希釈後、子宮頸管の粘膜がわずかに出血することがあります。

2時間以内に、患者は医療関係者の監督下に入ります。麻酔後の健康状態が正常になるとすぐに、女性は家に帰ることができます。

完全癒着ではなく、子宮頸管の狭窄が検出された場合は、局所麻酔下で拡張が行われます。

手術の後、2週間の間、人は控えめな生活様式を導くべきです:性的接触、熱処置および肉体的運動を除外します。

14日後に対照試験を実施する。回復期の好ましい経過とともに、出産した女性の外咽頭はスリット状の形状をしており、不出産のそれは円形をしている。

ブーゲンの結果と合併症の可能性

経験豊富な婦人科医が専門の医療機関でブーゲンエイジを行うとき、通常合併症は起こりません。

モスクワおよび他のロシアの都市では、子宮頸管のレーザー再開通術の手技を提供する民間診療所が広まっている。

このテクニックは、悪影響が少なく、外傷性が少なく、再発の可能性がほとんどなくなります。

ブージエナージュの合併症の可能性があります:

  • 子宮出血、
  • 子宮頸部または子宮壁の穿孔
  • 子宮頸管または生殖器官の粘膜の炎症
  • 子宮頸管痙攣の再発。

ホルモン薬による治療

閉経後の子宮頸管の閉鎖はホルモンの背景の変化およびエストロゲン産生の停止の結果であるという事実のために、保存的治療を行うことが可能である。

この手法の有効性はいくつかの条件によって異なります。

  • 女性に月経がないのは何時ですか。
  • 子宮頸部の通路がどれだけ狭いか
  • 患者は何歳ですか
  • 骨盤内臓器に関連する病気はありますか?

医学的治療のために、欠けているエストロゲンを含むホルモン製剤が処方されています:Ovestin、Estrokad、Estriol。

さらなる手段として、膣坐剤は、上皮組織の完全性および弾力性、ならびに免疫を増強するビタミンおよび複合体を回復させるために使用される。

子宮へのアクセスの目詰まりを防ぐことは可能ですか?

頸部開口部の融合を予測することは不可能です。生殖期から更年期への移行自体は、骨盤内臓の状態の変化を示唆する要因です。

この時点から、女性は定期的に(少なくとも年に2回)婦人科医を訪ね、細胞診のための塗抹標本を持っているべきです。

手動検査の過程で、医師は頸部開口部の狭小化を検出し、将来的に閉鎖の可能性を示唆することがあります。

あなたがあなたの一生の間に簡単な推薦に従うならば、あなたはこの状態を避けることができます:

  • バリア性避妊薬を使用せずに無差別な性交を避けること。性行為感染症のリスクが高まるため、
  • 癒着の可能性を高めるので、感染性および炎症性疾患を治療する時間
  • 子宮頸管の損傷につながる中絶を防ぐために避妊薬を使用する、
  • 子宮頸部の拡張を必要とする子宮腔内の介入の頻度を減らす
  • 更年期障害を悪化させるストレスを避ける
  • 個人衛生の規則に従ってください。

閉経中に膣の乾燥、灼熱感、奇妙な排泄物、その他の症状が現れたら、すぐに婦人科医に連絡してください。

検査の後、医者は時間内に連合を止めるのを助ける対症療法を処方します。

ホルモン補充剤は世界中の女性によって服用されています。これは、子宮の閉鎖を防ぐだけでなく、更年期障害の症状を取り除くことによって健康を改善するのにも役立ちます。

子宮頸管拡張とは何ですか?

これは、子宮頸管の狭窄または完全閉鎖(融合)の結果として行われる外科手術です。病理学は様々な理由で生殖年齢の女性に起こる。

しかし、子宮頸管の狭窄または癒合は、擦過または加齢による変化が原因で起こることがよくあります。これらの行為は子宮頸部の状態に悪影響を及ぼす。

子宮頸管の透過性は、簡単な外科手術によって回復します。それは特別なツール - ブジー(それゆえ手続きの名前) - の助けを借りて行われます。

Bougienageは、女性が子供を産む能力を制限する深刻な病状を治療する唯一の方法です。この種の介入は閉経期の女性にも行われます。

個々の患者はこの手順をひどいものとして説明します。麻酔の作用により、子宮頸管を拡張する手術中に女性は痛みを感じないので、これは当てはまらない。医療センターは、入院中の患者の時間を短縮する機器を使用しています。

子宮頸管の拡張が何であるかを知らない女性は、時々介入を拒否します。このようにして、彼らは自分自身を危険にさらします。なぜなら、この場合、炎症性および腫瘍性の病状の発生が可能だからです。さらに、子宮頸管の融合は不妊につながる可能性があります。

頸部狭窄症には頸部頸椎拡張術が必要である

処置の徴候と特徴

Bougienageは以下の条件で処方されます:

  • 感染症(ヘルペス、梅毒、クラミジア病変、トキソプラズマ症)
  • 長い間薬
  • 電離放射線の身体への影響
  • 子宮の掻爬治療
  • 電気凝固または硝酸銀の使用による子宮上皮層の焼灼
  • 子宮頸がんおよび子宮体がん
  • 中絶
  • 子宮内膜炎または子宮頸管炎
  • 子宮頸部の狭窄または閉鎖、
  • 肥厚性瘢痕。

この手技は全身麻酔下の病院で行われます。局所麻酔は無効であるため処方されていません。麻酔の種類は、患者の身体を徹底的に検査した後に医師によって決定されます。

手術は、特別な器具が子宮頸管 - ブジーに挿入されることを意味します。麻酔がなければ、患者は病気になります, 粘膜に外傷を与えるからです。 Bougiesは徐々に増加し、そうでなければ首の破裂が起こる可能性があります。

組織への外傷は常に子宮頸管の再癒合を招きます頸管の正しく行われた拡張は合併症がないことを確実にします。

悪性過程の結果として発症した場合、ブージエナージュは行われません。この場合、もっと根本的な操作が必要です。女性の偽性無月経の期間が6ヶ月以上である場合、ブージエナージュは禁止されています。この場合、子宮頸部の塑性再開通術が行われます。

手術の1〜2週間前に検査に合格する必要があります。

手術の準備と実施方法

手術が上手くいくためには、患者に一連の予備検査が行われるべきです。診断を確定するだけでなく、一般的な健康状態をチェックするためにも必要です。診断対策の複合体は次のとおりです。

  • 一般血液検査
  • 生化学研究
  • 体内の性器感染症の存在を確認するための検査
  • B型肝炎、C型肝炎のHIVおよびAIDS、梅毒および病原体の体内での存在について試験する。
  • 血液凝固検査(手術中および手術後の重度の出血の危険性を判断できます)
  • コルポスコピー
  • 膣および頸部の塗抹顕微鏡検査、
  • 心電図(心疾患の可能性のあるリスクを検出するために行われるべきです)、
  • 蛍光透視法、
  • 響く
  • 膣bakposiv、
  • 骨盤内臓器の超音波検査

女性の要求に応じて、麻酔科医の相談を手配することができます。医師は通常、手術当日の飲食を禁じます。禁止は、静脈内麻酔薬の使用中に吐き気と嘔吐を引き起こす可能性があるという事実によるものです。

別の診療所でブジーの費用は大幅に異なる場合があります。診療所を選ぶとき、それはその評判と医師の資格を考慮する価値があります。

子宮頸管拡張術

子宮頸管の拡張を行う方法を検討してください。

  1. 患者は婦人科の椅子に置かれます。彼女は静脈内麻酔を受けています。
  2. 医師は最大限の無菌性を維持し感染を防ぐために性器の治療を行います。
  3. 医療用鏡の膣への導入があります(それは子宮頸部へのアクセスを拡大します)。
  4. 一番小さいブジーは一次拡張用です。延長が完了した後、2番目に大きい楽器が取られます。
  5. 必要な直径の子宮頸管が子宮頸管に入ると、手術は完了です。

器具の段階的導入は、手術中の破裂の可能性を減らすように設計されています。医者は最も穏やかなモードを選びます。

手術後、女性は通常家に帰ります。しかし時々医者は病院に少なくとも1日滞在することを推薦するかもしれません。これは出血の可能性を減らすのに役立ちます。

外来治療は、女性の心臓や血管の病状がない場合にのみ許容されます。局所麻酔は場合によっては局所麻酔を用いて実施することができる。

術後期と子宮頸部の治癒

子宮頸部の正常化後、患者は約2週間後に通常の生活に戻ることができます。この間、痛みはすべて完全になくなります。

14日以内に痛みが増した場合は、医者を訪ねる必要があります。女性は感染の再発を経験するかもしれません。この目的のために、同種異系の運河を設置することが可能です。

術後治療中、患者は治癒過程を早めるために抗炎症薬と坐剤を服用しなければなりません。それらは女性の健康状態と特定の薬物に対する個々の不耐性の存在に焦点を当てて、婦人科医によってのみ処方されます。

これらの徴候が現われたら緊急に医者に相談することは必要です:

  • 性器からの血液や粘液の排出
  • 下腹部に持続性の痛み、
  • 発熱します。

子宮頸管の再生の悪影響の発生を防ぐために、患者は抗菌薬を服用しなければなりません。

抗炎症薬の選択は、担当婦人科医によって行われます。

臨床例の重症度に応じて、錠剤または注射剤が使用されます。ツグミの発生を防ぐために抗真菌剤を取る必要があります(ほとんどの場合、それらは坐剤の形で処方されています)。

核融合を防ぐために、以下の対策を講じる必要があります。

  • 適時に子宮と子宮頸管の炎症過程を治療しなさい、
  • регулярно проходить медицинские осмотры с целью обнаружения воспалительных патологий и злокачественных новообразований (такие осмотры нужно проводить, начиная с подросткового возраста),
  • 中絶は病院の状態でのみ、そして有資格者によってのみ行われます。
  • 無制限に使用したり、手を触れたりする必要がなく、積極的な解決策にしないでください。
  • 子供の頃から健康的なライフスタイルの規則を守り、定期的に運動する必要があります。
  • 制御なしで化学避妊薬を使用しないでください。
  • 感染症による感染を避ける
  • の間に 妊娠の 赤ちゃんに有害な影響を与える薬を服用しないでください。

Pin
Send
Share
Send
Send