健康

更年期障害で妊娠することはできますか?

Pin
Send
Share
Send
Send


女性の主な機能は新しい人に命を与えることです、それはどんな年齢でもない可能性があります。 43〜45歳になると、女性の生理機能に変化が起こります。性ホルモンの産生が徐々に衰え、排卵と卵胞産生が弱まります。この期間はクライマックスと呼ばれます。ギリシャ語では、単語は「ステップ」として翻訳されます。女性にとって、これはまさにターニングポイント、新しいステージ、そしてレースを続ける能力を制限するステップです。しかし、これはすぐに起こるのでしょうか、それとも更年期の間に妊娠はまだ可能ですか?

更年期障害で妊娠することはできますか?

閉経期に妊娠する可能性があるかどうかという質問に答えるには、女性の身体で発生するプロセスを理解する必要があります。その開発の更年期は、いくつかの段階を経ます。変化の前兆は閉経前であり、その間にエストロゲンと卵胞刺激ホルモンのレベルは上昇しますが、基準を超えません。徐々に卵巣からホルモンへの反応が減少し、その結果、卵は時間内に完全に成熟する能力を失います。月経周期の違反があります。各女性の閉経前の発症はそれぞれ異なりますが、ほとんどの場合43〜45年後に起こり、55年も続くことがあります。この期間中、妊娠する危険性は減少しますが、排除されるわけではないため、望まない妊娠が急増します。長期間の月経の欠如は更年期の開始のために取られ、女性は保護されなくなります。

次の段階は最後の月経後に始まり、1年続き、更年期と呼ばれます。平均して、女性は51歳で彼に近づいています。様々なストレス、不健康なライフスタイル、特定の薬の使用は更年期障害の到来を早めることがあります。この段階では、妊娠することはほとんど不可能です、それでも婦人科医は月経の停止後少なくとも1年間、さらには5年間保護することをお勧めします。

閉経後、閉経後、生殖器系は不可逆的な変化を受け、受精には不適当になります。女性にとっては、枯れる時期と老年期です。閉経後は終末まで続きます。この段階では、妊娠の開始は自然な方法では不可能です。

更年期を伴う妊娠の可能性

最初の2つの期間(閉経前と閉経)の閉経中の妊娠の可能性はかなり高いです。体の生殖機能は徐々に消えていき、卵の生産は弱まりますが継続します。望まない妊娠のために、月経が不安定であり、女性がそれらの発生の時期にわたる制御を失うとき、早期閉経は危険です。人工授精(体外受精)は、更年期のすべての段階で可能ですが、望ましくありません。妊娠すると、体内でホルモンが変化します。閉経中も同じことが起こります。このタンデムは慢性疾患の悪化につながります。高血圧症がしばしば発生し、代謝が妨げられ、骨密度が低下し、カルシウムが体から排泄され、そして腎機能が悪化します。体は2倍の荷重を受けます。妊娠後期は胎児に悪影響を及ぼす。子供の遺伝的異常、ダウン病および他のさまざまな病状の可能性が高まります。出産や産道の破裂で表される出産中にも合併症が発生する可能性があります。

妊娠と更年期障害を区別する方法は?

妊娠と更年期障害を区別する方法は?更年期障害のために "閉経期症候群"と呼ばれるいくつかの兆候が特徴です。この用語には、精神神経障害、心血管障害および内分泌障害の症状が含まれます。

神経系の部分では、過敏性、不眠症、自分自身や愛する人に対する絶え間ない不安や恐怖感、うつ病、食欲不振、またはその逆、不安を「ジャム」したいという欲求の高まりが見られます。

心臓血管系もそれ自身を感じさせる:血管痙攣による頻発する頭痛、めまい、急速な心拍、突然の紅潮、その間女性は汗で覆われている。

内分泌系も苦しんでいます:甲状腺と副腎の機能不全が起こり、疲労感、関節の痛み、体重の変化、生殖器のかゆみを引き起こします。

妊娠および更年期障害に共通しているのは、月経の欠如および上記と重複するいくつかの症状です。しかし、妊娠中は閉経の特徴のない兆候があります:中毒、胸の腫れ、腰の痛み。女性は「助言」に注意を払うべきであり、この状況で不注意なままでいないでください、しかし医者に行って、そして臨床検査を行うことによってそれを明確にしてください。妊娠検査で妊娠が見られない場合があります閉経中のテスト反応に必要なホルモンは、生産が不十分であり、状態を決定するのに十分ではないかもしれません。

閉経を伴う子宮外妊娠

統計によると、1〜2%の女性が子宮外妊娠しています。その発生のメカニズムは、卵子と精子(接合子)の融合の結果として受精した細胞が子宮管または卵巣に付着し、そして時には腹腔に入り、そしてさらなる成長のために子宮腔に入らないことであり、通常の妊娠中に起こる。 。接合子は子宮外での発生に不適切な条件で成長し続け、そして管を破裂させるかまたは卵巣を損傷する可能性がある。これは女性にとって非常に危険です。腹腔内への流出、その組織の感染、そして結果として腹膜炎の発生を伴う重度の出血を引き起こします。最終的には子宮の撤去、さらには女性の死に至るかもしれません。

子宮外妊娠の最も明白な症状は、腹痛と出血です。受精した細胞が付着している場所によって疼痛の局在が起こります。それが子宮(卵管)に発生すると、腹部 - 腹部の真ん中にいるときに痛みが側方に感じられます。動いたり、歩いたり、体の位置を変えたりすると増加することがあります。このような症状の発症時期は胎児の位置によっても異なり、妊娠5〜6週間、時には8週間から起こることもあります。

子宮外妊娠の原因の多くは、医師と呼ばれています(卵巣や管の炎症、膀胱炎、人工流産、過去の感染症、婦人科手術)。したがって、閉経を伴う子宮外妊娠は可能であり、さらに閉経期の女性はリスクが高い領域にある。体のホルモンの変化に伴って、卵管が狭くなり、その結果としてそれらの通過機能が乱される。また、40〜45年後の女性は、この病理を引き起こす可能性がある若い、様々な慢性の婦人科およびその他の病気よりも負担がかかりました。

子宮外妊娠の深刻な影響を避けるために、超音波検査を行い、妊娠中に放出されるホルモンの存在について血液検査を行う婦人科診察で、タイムリーな治療を行います。子宮外妊娠では、その含有量は減少します。今日まで、単一の治療方法があります - 操作上。

更年期を伴う妊娠の最初の兆候

女性が胎児を収穫したことがあるならば、それから彼女は間違いなく更年期に特徴的な状態のいくつかの独特の特徴によって警告されるでしょう。これらには以下が含まれます。

  • 味の好みの変化
  • 吐き気、そしてしばしば嫌な臭いから嘔吐、
  • 胸の腫れ
  • 急速な疲労と眠気
  • 仙骨に痛みを伴う
  • 激しい発汗

これらは更年期の妊娠の最初の兆候かもしれません。静脈からの血液検査は質問への正確な答えを与えるでしょう。

医師は早期の更年期障害でも妊娠を計画することをお勧めしません。これは女性の体に過度の負担をかけるだけでなく、胎児への危険もあります。更年期障害での不要な妊娠の中断も危険です。この年齢の子宮頸部は萎縮しており、合併症がある可能性があります。それでも、医師は後者の選択肢を強く推奨します。すべての女性は、閉経中の妊娠は本物であり、あなたの健康とのあなたの過ちの代価を払うよりも彼女に警告する方が良いことを覚えておく必要があります。

クライマックスとその期間:

女性の生涯を通じて、生殖器官は女性の性細胞を形成し、性ホルモンが産生されます - 体は妊娠の可能性に備えます。思春期の成熟期から閉経期の開始まで、十分な時間が割り当てられています。体の正常な機能は月経によって示されます。そこでは、受精していない卵子が卵巣を離れて新しい卵子を成熟させ始めます。

生物の個々の特性に応じて、生殖機能は35年、45年、さらには60年で消え始めます。ほとんどの女性にとって、45歳が重要と考えられています - 現時点で更年期障害の最初の兆候が現れ、数年以内に更年期障害が修正されています。

クライマックスでは、3つの段階があり、連続しています。

- 閉経前

閉経前は閉経の最初の徴候から数え始め、そして期間の終わりは最後の月経と見なされます。さまざまな情報源によると、病期は30〜40年で始まり、6〜10年続きます。この期間中、エストロゲンの産生は減少し、その結果として月経周期が乱され、月経が不規則になり、そして多かれ少なかれ分泌があります。原則として、他の注目すべき症状はありません。

更年期障害は最後の月経と見なされます。閉経期の開始と共に、周期が非常に遅くなり数ヶ月の期間がないかもしれないが、それから月経が再び始まることを理解することは重要です。重大な日数が1 - 1.5年以内に来ない場合、真の更年期障害が呼ばれます。

- 閉経後

この段階までに、身体のすべての大きな変化はすでに起こっています。ホルモンの再構築は完了し、卵巣はもはや性ホルモンを産生しません。エストロゲンや他のホルモンの影響を受けている臓器は、低栄養性の変化を受けます:子宮が減少し、陰毛の量が減少し、そして乳腺も変化します。

妊娠が可能な更年期のどの段階の間に?

卵が成熟し続けると、女性は妊娠する可能性があります。それは閉経前に起こりますが、閉経にはそれほど起こりません。更年期の最初の段階に関しては、通常の20歳の少女のように、高い確率で受胎が起こる可能性があります。妊娠の最後の月の次の年の間に、それはまた可能です、しかし卵はより少ない頻度で生産されます、そして、どの女性もこれが起こらないと保証されません。

閉経後の妊娠では不可能です。

閉経と妊娠を区別する方法は?

更年期障害に入る女性のためのもう一つの予想外の質問。

テストはホルモンの変化のために結果を歪めることがあるので、妊娠が出生前の診療所に連絡するのが良いとあなたが思うならば、私はすぐに注意したいです。

発生した概念と更年期障害の共通の特徴の一つは月経の遅れです。 2番目の同様の症状は吐き気です。妊娠中、発作は主に午前中に起こりますが、それが更年期になると、吐き気はその日のいつでもつかむことができます。

どちらのプロセスも、特別な予約による、味の好みの変化を特徴としています。妊娠中に、いくつかの臭い、食べ物の種類や味が非常に強い嫌悪感、さらには嘔吐を引き起こします。更年期障害は食物の匂いや嗜好が嫌いであることを特徴とし、刺激や頭痛の原因となりますが、吐き気はしません。

一般的な倦怠感と脱力感は、妊娠中や生殖機能の消滅に見られます。最初のケースでは、女性は、寒さと冷たい汗を伴うめまいと脱力感を経験しますが、更年期の間は、特に体の上部でより多くのほてりがあります。

胸部と腹部の痛みはほぼ同じように見えるので、これらの徴候に従って2つの状態を区別することは困難です。しかし、退院の性質によると、それは仮定をすることが可能である:妊娠中に、それらはより多くなり、そして閉経中に、膣の乾燥および不快感が注目される。

いずれにせよ、女性が妊娠の疑いを持っているならば、あなたは医者を訪ねるべきです。

テストを使用して更年期障害の妊娠を認識する方法

あなたが婦人科医に行く前であっても妊娠または更年期障害を判断することを可能にする特別に設計された迅速検査があります。このテストは、卵胞刺激ホルモン(FSH)の識別を目的としています。その含有量は、受胎の場合は減少し、閉経期の開始とともに増加します。

ミニスタディは簡単に実施できます。おなじみの妊娠検査のように。あなたは朝の尿に10秒間ストリップを入れる必要があります、そしてあなたはすでに結果を見ることができます。 FSHの量が増えると、2本の明るい縞が減り、1本が現れます。

結果の信頼性のために、7-10の後にテストを繰り返すことが望ましいです、しかし専門家だけが最も信頼できる結果を与えることができます。

閉経後の危険な妊娠は何ですか?

明らかに、生殖機能の消滅と共に、妊娠は異なって進行し、そしてリスクはより大きくなります。胎児を保護するかどうかにかかわらず、女性と医師は一緒に決定します:一連の研究の後、婦人科医は起こりうる脅威とその結果について彼女に警告するべきです。

  • 40年後の妊娠は、染色体レベルで決定される、子供の先天性異常の一定のリスクを生み出します。一般的な疾患の1つがダウン症候群です。
  • 閉経前の発症とともに、体は生殖感覚で徐々に「落ち着き」ます。構想が起こると、すべてのシステムが途方もない圧力にさらされます。内分泌系と生殖システムは、その可能性を最大限に発揮します。これは胎児の発達の維持だけでなく、腫瘍を含む体内の様々なプロセスの刺激にも貢献します。
  • 閉経期には、体は変化する条件の影響下で大きな揺れを経験する。妊娠が起こると、その効果は数倍になり、妊娠は耐えるのがより難しくなり、わずかな悪影響が深刻な合併症につながります。

通常、更年期障害の発症に伴い、女性はすでに母親として就任しており、別の赤ちゃんの誕生を経験する道徳的な準備はできていません。多くの場合、成熟した女性は自分自身とその家族を保護するために、むしろ静かに妊娠をやめることを決定します。しかし、35〜40年後の妊娠は成功することが多く、健康で力強い子供が生まれ、質の高い治療を経て母親の体はよく回復します。出産するか出産しないためには、かかりつけの医師が言うことすべてを考慮に入れて、妊婦だけが決めるべきです。

40年後、更年期障害の最初の兆候が現れると、女性はしばしばリラックスして避妊を忘れるため、妊娠の可能性はゼロであると考えます。これは、最後の期間が2年以上前に経過した場合に当てはまります。他の場合では、性接触が概念のために好ましい日に起こるなら、概念はかなり可能です。

更年期障害の兆候がある場合は、各女性が医師を訪ねて、ホルモンの「ショック」が他の臓器やシステムの機能に影響を及ぼさないことを確認するために検査を受けるべきです。

Pin
Send
Share
Send
Send