健康

月経中に足が痛くなるのはなぜですか?

Pin
Send
Share
Send
Send


何百万もの女性が月経中の痛みに苦しんでいます。腹部膨満、発疹、腹痛、頭痛、けいれん、脚の痛み、疲労感、過敏性 - 徴候のリストはほとんど無限です。毎月、女性は月経の始まりとそれに伴う不快感を恐れています。

鎮痛剤や抑制症状を使う人もいます。しかし、それらは身体が伝えようとしている重要なメッセージを隠すだけです。特定の規則を適用すると、症状だけでなく、問題自体を確実に排除するのに役立ちます。

月経中に足が痛くなる原因、

女性の月経前および月経中の下肢領域には多くの病気の原因があります。年齢によっては理由が異なる場合があります。

月経周期は体内で発生する個々のプロセスです。すべての女性と女の子は特に重要な日を過ごします、それらのそれぞれが異なって感じるので、痛みは多かれ少なかれ感じられます。

疼痛の局在化は、ホルモンの状態と同様に、発達または女性器官の状態の逸脱の結果である。

月経中に足が痛む、心配すること

月経時の脚の痛みの主な原因は、原則として脊髄の問題です。外傷、骨軟骨症、脊柱側弯症、および腫瘍です。

より多くの場合、痛みを伴う症状は、椎骨の変位に関連した出産が困難で、長期間脚を伸ばしていて、関節の問題やホルモンの状態がある中年の女性に発生します。

原則として、これらすべての女性は違った感じをします。

  • 足の腫れ
  • 痛む関節
  • 痛む骨
  • 足がしびれます
  • 右足が痛い
  • 足が奪われる
  • 足のけいれん

月経中の一般的な推奨事項

  • たくさん休みます。月の間はよく眠るようにしてください。これはあなたの体があなたがし、日中に食べたこと(身体的にも心理的にも)のすべてを処理する時です。人が必要とする理想的な睡眠時間は7〜8時間です。

  • 一日のカルシウム摂取量を増やす。 American Journal of Obstetrics and Gynecologyは、食事中のカルシウムの増加が痛みを伴う症状を軽減できると述べています。葉菜など、この要素が豊富な食品を食べることをお勧めします。食事でカルシウムが足りない場合は、サプリメントを使ってみてください。
  • 定期的に運動してください。毎日の訓練の習慣を身に付けるようにしてください。これは気分の改善、身体の解毒、血液循環と肌の状態の改善、そして全体的な幸福感に貢献します。ヨガ、ピラテス、瞑想は、ストレスを減らすのに非常に役立ちます。また、肉体的にも精神的にも、エネルギー量を増やすのに優れています。
  • 背中や足のけいれんや痛みを和らげるために、天然のクリームを塗ってください。彼らはまた、足の痛みを軽減し、筋肉をリラックスさせるために下腹部をマッサージするために使用することができます。有機アロエベラ、アップルサイダービネガー、カプサイシン、エッセンシャルオイル、その他の清涼効果のある成分などの天然物からクリームを選ぶことが重要です。

パワー補正

あなたの食事療法に有用な変更を加えなさい。月経の期間は、あなたの体と心があなたが一ヶ月間さらされてきたすべての有害なものを取り除く時と考えてください。そしてそれが特に緊張していて、そしてあなたがたくさんの加工された、揚げられたそして甘い食べ物、またはたくさんの赤身の肉を食べたならば、あなたはより重篤な症状に対処しなければならないかもしれません。

  • 全有機製品に切り替えます。私を信じて、あなたはすでに不安定なホルモンバランスを乱す合成薬にもっと多くのお金を使う。それはまた水の増加した飲み物を助けます。
  • 炭酸飲料、白粉、大豆、砂糖、コーヒー、およびアルコールの1日摂取量を減らすと、PMSの症状はあまり目立たなくなります。
  • より多くの全粒穀物、生の新鮮な果物や野菜、そして未加工のナッツや種子を食べてみてください。生の食品は一般的に女性にとってこの困難な時期に見られます。

結論

毎月の痛みを伴う症状に「我慢する」必要はありません。通常の日常生活の中で上記のような変更を加えるだけで、月経の困難な時期でも完全な生活を送ることができます。

記事は役に立ちましたか?友達や知人と共有しましょう...

生理学的プロセス

時々足がけがをして完璧に健康な女性を持つことができます。これは月経中に起こるホルモンシフトによるものです。周期の途中で、プロゲステロンのレベルの増加が起こり、それは子宮血管を拡張し、他の臓器に影響を及ぼします。特に、それに影響されやすいのは、骨盤の小さな四肢静脈です。拡大すると、それらは大量の血液を保持し、それは足の重さと腫れを引き起こす可能性があります。

下肢の痛みには、思春期の女の子の月経周期の確立が伴うことがあります。この場合、筋骨格系の成長と生殖機能との間に不均衡があり、それは血液供給ならびに骨盤および下肢組織の神経支配に影響を与える。しかし月経の確立と通常の性生活で、痛みは消えます。

月経に伴う足の痛みの原因について尋ねるには、まず女性の身体の生理的変化の可能性を考慮する必要があります。

月経困難症

月経周期の侵害は、月経過多と呼ばれ、痛みを伴う期間を特徴とします。それは主に(機能的に)または性器の解剖学的変化の背景に対して発症することがある。しかし、起源にもかかわらず、症状の複合体は同じタイプのものになるでしょう。

  • 腹痛のけいれん性格。
  • 不快感は腰、鼠径部と大腿部に広がります。
  • 頭痛とめまい
  • 膨満感、吐き気、さらには嘔吐。
  • 一般的な脱力感、過敏性。

Algodormenorrheaは作業能力の低下をもたらし、生活の質を著しく低下させる可能性があります。したがって、それは医学的問題だけでなく社会的問題でもあります。

炎症性疾患

多くの場合、月経周期は女性の性的領域に影響を与える炎症性疾患によって乱されます。ほとんどの場合、1つは子宮付属肢の病理 - 虫垂炎(salpingoophoritis) - を扱わなければなりません。第一に、この疾患は急性の過程として発症するが、その後慢性的になる。これは下腹部の痛みを妨げます。そして、それは足または腰部に放射します。生理的分泌物は変化し得、そして性交中に不快感が感じられ得る。

炎症が長期間にわたって治療されない場合、それは結合組織の増殖および卵管内の癒着の出現を誘発し、それが不妊症を引き起こし得る。

静脈系の病理

血管壁に対する女性ホルモンの影響を考慮すると、月経に伴う足の痛みは静脈不全と血流障害の徴候であると考えられます。これは、静脈瘤または下肢の血栓性静脈炎でしばしば起こります。そして女性はこれらの症状に対処しなければなりません:

  • 足の重さ、夕方に悪化する。
  • 足と足の腫れ。
  • 表面静脈の見かけの膨張、「結節」の出現。
  • 栄養皮膚が変化します。

血栓性静脈炎は、静脈の壁の炎症を特徴としています。これは、痛みがより明確になり、帯状の赤みが皮膚に現れることを意味します。同じ場所で、あなたは密なコードを感じることができます - これは影響を受けた血管です。

多発ニューロパチー

時々足が月経中だけでなく、別の時にも傷つくことが起こります。それからあなたは月経周期と関係がない理由を探すべきです。このような症状には、内分泌代謝疾患(糖尿病、甲状腺機能低下症など)の患者によく見られる病状であるポリニューロパチーが含まれます。第一に、四肢の遠位(下部)部分が影響を受け、次にプロセスがより高く上昇します。足の持続的で非常に激しい痛みに加えて、神経学的性質の他の症状があります:

  • 皮膚のしびれ、チクチクする、燃える、「這うグースバンプ」。
  • 感度が低下しました。
  • 反射反応の変化
  • 筋力低下。

診察時に、医師はニューロパチーの徴候だけでなく注意を引くだけでなく、必ず根底にある病気の兆候を考慮に入れます。

関節疾患

下肢の関節の病理は、あらゆる年齢の女性に起こり得る。変形性関節症などの退行性ジストロフィー疾患でさえも、生殖期間中に発症することがよくあります。そして脚の痛みは月経と時々一致します。しかし同時に、それらは動きと身体活動に関連しています。さらに、臨床像では筋骨格系の病理を示す他の症状があります:

  • 関節の上の皮膚の腫れと発赤。
  • 膝や股関節の動きの制限
  • 触診中の関節の痛み。

したがって、月経中に足が痛い場合は、診察を受ける必要があります。なぜ痛みが特定の患者に発生するのか、医師が判断します。この不快感は生理学的プロセスに関連しているため、一時的なものである可能性があります。しかし、タイムリーな検出が必要な病理学的障害の枠内にある他の原因を排除することはできません。

生理的変化

月経が始まる前に、女性のホルモンの背景はいくらか変化します。これは月経周期の途中でのプロゲステロン濃度の上昇と関連しています。

月経のために体を準備することは、足の血管と同様に子宮の拡大につながります。

これが起こると、それらは大量の血液を含み始め、それは腫れや疲労感を引き起こす可能性があります。その結果、健康な女性でも、月経中に子牛や腰が痛くなることがよくあります。

思春期

思春期の少女の思春期は、彼らの足が彼らの時代に傷つくもう一つの理由です。この過程で、月経周期は改善し始めたばかりで、体の全体的な状態に影響を与えることはできません。

この期間中、骨格および筋肉の集中的な成長が観察され、これは性球の発達速度と完全に相反する。これは血液供給と体組織の神経支配のプロセスに大きく影響します。したがって、この期間中に女性が月経前またはその間に足を痛めたり腰を痛めたりしても、心配する必要はありません。

時間が経てば、状況自体は安定します。これが起こらない場合にのみ、若い患者は婦人科医の助けを求めるべきです。

月経周期の頻繁な変化

女性の足が月経中に痛み、そしてこの感覚が不安定な月経周期の背景に対して起こるならば、この逸脱は月経過多と呼ばれます。これは生殖器系の重大な違反であり、必ずそれに対応しなければなりません。

下肢のふくらはぎに加えて、同様の異常を有する患者では、腰、腹部、胸部、および頭部がしばしば傷つく。しかし、鎮痛剤は疼痛を取り除くのに常に役立つわけではありません。

炎症プロセス

骨盤内臓器の炎症性疾患は、月経期間中に子牛が痛むという一般的な理由です。まず第一に、それは付属器炎 - 子宮肢の炎症です。この病気は最初は急性の形で進行しますが、すぐに慢性化することがあり、女性の健康に深刻な脅威をもたらします。

付属器炎では、月経前の患者では、足のふくらはぎ、腰、または腹部がしばしば傷つきます。そして後者の場合、不快感は中心ではなく側面に集中しています - 卵巣がある場所。 時間が経つにつれて、痛みが増える可能性があり、対処しないと - 卵管内に癒着が形成されます。 その結果、女性は不妊を発症します。

出産する女性は、月経前に下肢の痛みを訴えることがよくあります。これは、月経前、経過中または終了後に足が痛むもう1つの一般的な理由です。

これは、出生後に骨盤の骨がすぐに元の位置にくるとは限らないためです。その結果、血液供給と下肢の神経支配が変化します。次第に、状況が正常に戻ると、痛みは消えるはずです。しかし彼女自身の安全のために、女性は彼女の体に起こった変化について婦人科医に知らせるべきです。

手術を受けた

月経時の足と背中が痛い理由のもう一つの説明は、特に脊椎に以前転送された腹部手術です。怪我も同じです。

このような状況下では、血流が血管内で乱され、神経線維の機能が変化し、そして血栓症および癒着プロセスが進行する。 そして月経のための準備は女性の身体にとって一種のストレスであるので、そのような状態は重要な日の始まりの前に、またはこの期間中に直接、脚または腰の痛みを引き起こすかもしれません。

閉経前

閉経前の段階では、女性の体の深刻なホルモンの再配列が発生します。徐々に、生殖機能は衰退し、月経周期は不規則になります。現時点では、患者はしばしば彼らが足の痛みと腰を持っている、彼らの胸が腫れている、そして感情的な不安定さが発生していると訴えます。

さらに、たとえPMSの症状が非常にはっきりと現れても、月経は常に起こるわけではありません。あるいは逆に、女性は病気を経験しておらず、危機的な日々が間に合うようになります。これを心配しないでください:更年期前の体の変化がそのような逸脱が起こる主な理由です。

月経前に足の痛みと背中の痛みをどうする?

子牛が月経前または月経中に痛みを感じていても、その痛みが病理学的過程に関連していない場合は、対症療法に頼ることができます。これを行うには、外用軟膏やゲルを使用することができます。リオトン、ジクロフェナク、ヘパリン軟膏など。最初と最後の薬は血栓性静脈炎を治療する危険なしに使用できることは注目に値します。

民間療法 - 助けになりますか?

月経中に足の痛みを止めるのに本当に役立つ代替医療のレシピから、それは注目されることができます:

  1. カモミール、ミント、レモンバーム。これらのハーブはお茶に加えることができて、一日に3-4回飲みます。別の方法でそれらを使用することができます。選択した植物の煎じ薬を作り、足をひくためにそれを使用してください。
  2. 深紅色の葉の注入。小さじ3。原材料はコップ一杯の熱湯を注ぎ、30-40分の間注入する。 1〜2時間おきに数回飲みながら、1日を通して緊張して服用するための手段。通常の使用では、薬は炎症を和らげ、足の腫れや痛みを和らげ、月経に備えて女性を不安にさせます。
  3. カモミールの花とレモンバームの葉を同じ割合(小さじ1杯)で混ぜ、沸騰したお湯を一杯注ぐ。蓋をして40分間注入する。食事の前に1日3回、ひずみを取ります。月経の開始の1週間前に注入を使用することをお勧めします。

ふくらはぎや足の軽いマッサージで痛みをやわらげます。この処置は下肢での体液の停滞を防ぎ、疲労を軽減し、そして血液循環を改善します。このアプローチは、月経時の脚の痛みの民間療法または薬物療法の使用と組み合わせて使用​​するのが最善です。それから肯定的な結果は長くはかかりません!

痛みの原因

月経中に足が痛む理由はたくさんあります。それらの中で最も頻繁に調べてみましょう。

  1. 月経の到来とともに激化した炎症過程。
  2. 関節疾患。痛みの閾値が低いため、重要な日に強く感じられます。
  3. 静脈系の問題は通常年配の女性に起こります。悪化は月経の開始により起こるかもしれません。
  4. 月経困難症は痛みを伴う月経としても知られています。
  5. 末梢神経系に影響を与える病気。
  6. 月経中の足の痛みはまた、女性の身体が深刻な病気のために弱体化する可能性があるためです。

女性のサイクルに直接関係しない他の多くの理由があります。

人生の最初の月経期間を持つ若い女の子にとって、足の痛みを伴う感覚は普通になります。その理由は、青年期の神経や血管は骨格ほど速く成長する時間がないかもしれないからです。月経の開始はホルモンレベルの変動による状況を悪化させるだけです。

思春期の人が背骨から脚まで痛みを感じている場合、これは子宮が曲がっている、または規範から他の小さな逸脱があるためかもしれません。

Боль банально может возникнуть из-за длительного пребывания на ногах. Каждый организм будет по-своему реагировать на одни и те же факторы. Чем больше эстрогенов и простагландинов, тем чувствительнее будет организм к болям.

Как найти причину своих болей

月経中に足が痛い、なぜこの病気の具体的な原因を見つける必要があるのか​​を知るだけでは十分ではありません。あなたの特定のケースでなぜ痛みが生じたのかをどうやって理解するのですか?

思春期の女の子は痛みを心配するだけです。若い女の子の四肢の軽度の不快感は、胃の痛み、痛みを伴う仙骨痛、腰の痛み、敏感な乳房とともに、普通と考えられています。時間が経てば、痛みは消えたり弱くなったりします。有機体がついに成長して強くなり、ホルモンのバックグラウンドが安定したことだけが必要です。

年配の女性では、四肢の軽い痛みも正常と見なされ、月経に対する反応として起こります。出産や手術が最近行われ、月経中に足がしびれた場合、問題はおそらく血液循環です。骨盤骨が定位置に落ちなかったか、循環器系がまだ回復していません。

更年期障害の女性のための足の痛みの原因を見つけることは非常に困難です。医者がいなければここで理解するのは難しいです。何歳でもその年齢で何でも彼の足に痛みをもたらすことができるからです。

足の痛みも原因の可能性があります。

  • ストローク
  • 腫瘍
  • 関節炎
  • 骨軟骨症、
  • 高血糖

これらの問題が毎月発生するのではないことは明らかですが、もし存在するのであれば、それらは周期の始めに足の痛みを引き起こす可能性があります。

月経中に足が痛くなっても、それでも活動的でない生活習慣が原因である可能性があります。緊張したときに痛みが発生するため、筋肉の働きはますます少なくなります。

重要な日の到来によって悪化する脚の重さの感覚は、腰部および下腹部の痛みの痛みとともに、子宮内膜症の症状です。

手足の腫れに伴う痛みを伴う感覚は、静脈不全の可能性を示しています。

関節の痛みは、手足の痛みだけではなく、朝のこわばり、運動中のクランチ、そして足が痛い場所の皮膚の発赤によっても現れます。

痛みが月経中にのみ起こり、他の時に邪魔されないのであれば、恐らく、邪魔な病理はない。

とるべき対策

月経中になぜ足を引っ張るのかを決めたら、闘争の方法について考える時が来ました。痛みの原因を忘れて鎮痛剤を服用して症状に対処する必要はありません。ここでの伝統的な治療方法もまた不適切でしょう。

痛みが毎日強くなったりひどくなったりする場合は、医者に行く必要があります。月経中に問題が発生するので、あなたは婦人科医に連絡する必要があります。婦人科医が彼にそれらを送るならばそれだけでそれは他の専門家に行くことは可能でしょう。

検査と超音波検査の後、医師はどのような問題に対処する必要があるのか​​を理解することができます。しかし、婦人科医が足の痛みを月経に対する体の正常な反応であると考えるならば、これは不可能かもしれません。

足はさまざまな場所で怪我をする可能性があります。これらは子牛、太もも、足などです。時々それは骨自体か全足が傷つくようである。

月経中に膝が痛むことがあります。ほとんどの場合、それは関節の病気に関連しています。人体のすべての関節のうち、最も頻繁に痛むのは膝関節です。

毎月女性の体に自然のプロセスが発生します。月経は妊娠の可能性のために再準備するのを助けます。それはすべての中で起こるように思われるでしょう[...]

月経周期は女性の生殖年齢の人生の自然な部分です。自然自体がこのメカニズムを築いてきたので、それは無意味に反対です。しかし、正規性[...]

肥沃な年齢の女性の体の月毎のホルモンの変化は心配を引き起こさない完全に自然なプロセスです。この期間中、女性の身体[...]

月経中、女性は不快感を感じますが、それにはさまざまな痛みを伴う感覚が伴うことがあります。多くの場合、月経で、膨満感と[...]

月経時の足の痛みの原因

月経前に足が痛い場合、その理由は骨盤内臓の病理に隠されています。足の痛みは、本質的に痛む、四肢のしびれ、ガチョウの隆起、風邪を引き起こします。足が凍り、けいれんが発生します。この状態は長くは続かず、月経周期の始まりに現れます。月経中の脚の痛みの原因の1つは、人生の間に起こる体のホルモンの変化です:月経の開始とインストール、妊娠、出産、更年期の開始。

月経時の下肢の痛みも病気の背景に発生します。免疫力の低下、風邪、組織内の血液供給の不均衡 - 足に不快な感覚をもたらします。月経周期中の下肢の重度の痛み - 病理学。それは不適切な避妊具、生殖器の病気、子宮内膜症、ポリープ、癒着、血流の問題、血栓症を示します。

下肢の月経前の痛みの原因を見つけるために、一般開業医と婦人科医は検査を処方します:骨盤内臓の超音波、血管、掻爬、腹腔鏡検査。

さまざまな年齢の月経中の足の痛み

女の子と女性の下肢の痛みの原因は異なります。思春期の少女の月経期間中の痛みは、体が成長すると言います。月経は13 - 14年に始まり、それはより早く、10 - 11に起こります。生物学的年齢と身体的年齢の不一致は、足の痛みを引き起こす不均衡を引き起こします。月経が女児に確立されると、乳房の圧痛が生じ、仙骨、下肢に不快感を与えます。月経周期の確立後、性行為が始まり、妊娠や出産、足の痛みが止まるか鎮静します。

子供の出産の準備ができている女性では、月経中の下肢の痛みは健康上の問題を語っています。小疼痛症候群は正常と見なされますが、脱力感、めまい、貧血、身体障害 - 検査の合図です。女性は月経前に足が痛い。出産後の痛みは、血行が確立されていないことを示唆し、骨盤骨は正常な位置を占めていません。手術の経験、脊髄損傷の痛みのレベルに影響を与えました。

50年後の女性たちは、妊娠し、子供を持つという機能を徐々に失いつつあります。月経は不規則になります。周期が始まる前に、月経に典型的な症状が起こります:足、頭、背中、腹痛、そして血液がありません。別のサイクルではそれは逆です:PMSの兆候はありませんが、月経が来ます。閉経期には、臓器の機能の低下が起こり、足の病気が現れ、そして下肢への血液供給が減少する。女性はけいれん、重さ、痛みを心配していました。

下肢の不快な感覚は以下の原因となります。

  • 催眠術。
  • 血糖値を上げます。
  • 足の病気
  • 関節炎
  • 出産が難しい。
  • 婦人科疾患
  • 骨軟骨症
  • ストローク
  • 足の血行の違反。
  • 腫瘍

周期の間の苦痛は下肢のそれらに関連した操作の移された傷害によって影響を受ける。

月経時の下肢痛の薬物治療

月経前に下肢に痛みがある場合、医師は痛みを止めるために薬物療法を処方します。月経中の痛みは天然薬を軽減します。メナルギンは疼痛のレベルを解消または軽減し、強度を軽減し、過敏性を解消し、月経を促進し、疼痛閾値を低下させる。メナルギンは、胃腸管に悪影響を及ぼす非ステロイド系抗炎症薬の使用を排除します。

なぜMenalginをお勧めですか?まず、彼は激しい痛みに苦しんでいる女性への個々の徴候に従って任命され、節約効果があります。第二に、薬は自然です。あなたはそれを自分で取る必要はありません。薬の服用は予定されている月経の前日に始まります。薬はなだめる、弛緩する、抗炎症、鎮痙、鎮痛効果があります。ビタミンやミネラルの推奨摂取量、ホルモン避妊薬、鎮静剤、鎮痛剤。

鎮痛剤の治療

月経前に足が痛い場合、民間療法は薬よりも悪くないのに役立ちます、長く、持続的な効果があります。

  • 薬局で売られている月経時の薬費の間に足の痛みを和らげます。お茶の代わりに醸造し、空腹時に飲むことをお勧めします。
  • お茶にミント、レモンバーム、カモミールを加えます。これらのハーブは、炎症を和らげます。
  • オレガノの注入を準備します。沸騰したお湯(コップ2杯)にハーブ大さじ2杯を注ぐ。スープを30分間調理しましょう。 1日3回、食事の30分前に飲んでください。
  • 月経前にラズベリーの注入を飲むことは有用です。通常の使用で抗炎症、なだめるような特性があります。ラズベリーの葉を取ります - 小さじ3杯、熱湯のコップで覆い、それを醸造しましょう。日中は少しずつ飲んでください。注入が永久的にされれば足の苦痛は消えます。
  • 4杯のガマズミ属の木の皮を沸騰させたお湯で注ぎ、沸騰させ、冷まします。食事の前に1日3回大さじを取ってください。
  • 月経中の足の痛みの原因の1つはストレスです。薬局で売っている鎮静料を取ることをお勧めします。
  • カモミール(花)とメリッサ(葉)を同じ割合で混ぜ、その上に沸騰したお湯を注ぎ、それを放置します。ひずみ食事の前に毎日3回飲んでください。月経の1週間前に輸液の使用を開始することをお勧めします。

サイクル中の脚の痛みは簡単に取り除くことができます。痛みは普通の症状ではないことを忘れないでください。子宮の痛みを伴う活発な収縮を引き起こし、子宮内膜層を拒絶します。それ故に出血。足のひどい痛み - 健康を守るための言い訳。

月経時の下肢痛の予防

痛みを避けるために、それらの発生の程度を減らすためには、ライフスタイル、習慣、食事療法、仕事の仕方や休息の変更があります。特別な体操は腹筋を強化し、骨盤内臓と脚への血液供給を改善するのを助けます。月経中に定期的に痛みを感じる女性は、辛い、塩辛い食べ物、脂肪の多い、甘いものを排除するべきです。医師は野菜や果物、ビタミンをお勧めします。

月経中にすることはできません:

  • 重い肉体労働に従事し、走り、階段を上る。
  • 厳格な食事療法に従ってください。
  • 過冷却レッグ
  • アルコール、タバコを飲みます。
  • 日光浴

お勧めの温かいハーブフットバス、穏やかなマッサージ、新鮮な空気、仕事の仕方など。ストレスに対処すること、リラックスすること、リラックスすること、落ち着くことを学びます。喫煙 - この期間の悪化の原因。悪い習慣は血管に悪影響を及ぼし、危険な結果につながります。

医師は、痛みを防ぐために、ライフスタイルに注意を払うことをお勧めします。食事療法を調節しなさい、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB、Eを含むビタミンの複合体を、取って下さい規則的に、適度に、十分な簡単な運動および体操。周期日記をつけることは疼痛の原因を理解しそして排除するのを助けるでしょう。

思春期の女の子に

思春期の過程で、思春期の少女たちの身体の激しい再編があります。

  • 骨格と筋肉は集中的に発達しています、
  • 性腺が活性化され、適切なホルモンの産生が始まります。

神経や血管の発達は骨格の発達に追いついていないという事実のために、そしてこの期間中に身体的な努力が増加するだけであるので、女の子は痛む足の領域の痛みを経験するかもしれません。痛みを伴う感覚は、思春期の少女の月経期間中および月経直前の両方で大きく増加する可能性があります。さらに、これらの症状はしびれや下肢の腫れなどの合併症を伴うことがあります。この期間における特定のホルモンのレベルの変動の結果として、状況は悪化する可能性があります。

思春期の少女では、子宮が完全に形成されていないことが多く、曲がっている可能性があることも注目に値します。出血の減少の間に、痛みは足に広がるかもしれません。

出産年齢の女性に

脚の痛みは中年の女性で、ほとんどの場合妊娠後に増加することがあります。椎骨の変位、帝王切開後の瘢痕化、骨盤骨の発散などの合併症が起こることは珍しくありません。この結果として、下肢の神経系規制に違反する可能性があります。この場合、少女は足の痛み、しびれ、および腫れを訴えることがあります。

閉経時の足の痛み

すでに50歳になった女性は出産機能を失います。より正確には、身体の生殖機能は徐々に消滅し、女性は「更年期」と呼ばれる期間を開始し、その間に月経はよりまれで不規則になります。月経が始まる前に、頭痛、腹部の痛み、背中の痛み、そして脚の痛みといった誤った症状が発生することがあります。この場合、選択自体は表示されません。

体の老化の結果として、すべての臓器の機能が低下します。それが、生殖、排泄、および心血管系が悪化する理由です。また、代謝が乱れたり、血行が悪くなったりすると、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。更年期障害の発症は、深刻な病状の出現とその進行に寄与します。

病気

上記のように、月経中の脚の痛みの原因はさまざまです。それにもかかわらず、それが引っ張って痛みが様々な病気の存在を示すかもしれないことを理解する価値があります。女性は最初は彼らについて知っているかもしれませんが、特に重要ではありません、しかし、場合によっては月経が起こるとすぐに彼らは診断されます。

子宮内膜症

この病気は、ほとんどの場合、不適切な場所での子宮細胞の内層の増殖の結果として発生します。この病気には以下の症状があります:下腹部の痛み、および腰痛。それでは、なぜこの診断を受けた女の子が足に頻繁な痛みを訴えているのでしょうか。これは、神経叢が子宮の近くに位置しているため、痛みが下肢にかかる可能性があるためです。この病気の女性はしばしばしびれを起こします。

背中の問題

女性が脊椎に問題がある場合、月経中に脚が痛くなることは少なくありません。痛みは以下の病気によって引き起こされることがあります:

  • 骨髄循環障害
  • けが
  • 異なる性質の腫瘍
  • 骨軟骨症

患者における骨髄の機能不全の結果として、それは四肢を減少させる。それはまたグースバンプスによって追われることができます。時間が経つにつれて、脊椎に大きな変化を見せた少女がぐったりすることがあります。体内のホルモンの変化は症状の増加に寄与します。

静脈不全

さらに、四肢は静脈瘤のために怪我をし始めるかもしれません。この場合、この病気に特徴的な他の症状があります:浮腫、潰瘍。静脈不全はまた、子牛の痛みを特徴としています。月経前は、体内の水分が保持されているために状況が悪化する可能性があります。

民間療法の治療

可能であれば、より頻繁に歩いて、アクティブなライフスタイルをリードすることをお勧めします。月経前に足を引っ張った場合は、新鮮なキャベツの葉から湿布を使用できます。食べ物は健康であるべきです。マルチビタミン製品を食事に加えることをお勧めします。圧縮衣服や軟膏を使用することもできます。月経前には、特にラズベリーやオレガノなどのさまざまな輸液を飲むことができます。ミント、レモンバーム、カモミールをお茶に加えることをお勧めします。すべてのこれらのハーブは、炎症を落ち着かせて減らすのを助けます。アロマオイルや薬草を使って足の痛み症候群の入浴剤を取り除きます。

足の痛みの原因としての月経前症候群

PMSの原因は性ホルモンの比率、脳内の神経調節のプロセスの違反です。この状態の発症を誘発することは、一定のストレス、栄養失調であり得る。 PMSの発達と共に、体組織中の体液貯留は非常に重要である。

女性は白くなり、いらいらしたり、意気消沈したりします。月経前の数日間、彼女は胸腺の重さ、乳首の痛み、筋肉、そしてのどの渇きを発症します。そのような女性はしばしば便失調を心配しています。

多発ニューロパチー

神経損傷は、足の機能障害に現れます。女性は、触ると下肢の皮膚が常に冷たく乾燥していることに気付き、足の毛が落ち始めます。足が「詰まる」ようになり、すぐに疲れます。月経中の足の痛みは特に顕著です。

診断

以下の検査が規定されています。

  • 全血球数
  • 炎症活性のための血液検査
  • 性ホルモンの測定
  • 骨盤内臓器の超音波、
  • 膣分泌物の分析。

静脈の疾患や神経の損傷が疑われる場合は、医師が検査をスケジュールします。

Pin
Send
Share
Send
Send