人生

月経中のホルモンの血液検査。このホルモンはこの期間中に増加します。排卵中のホルモンはどうなりますか。

Pin
Send
Share
Send
Send


月経中のホルモン - 女性の体内の化学元素の数は、その開発は妊娠と満期の迷走神経の正常な発生のために正常に必要です。月経周期の期間は28日です、21から35日までの変動が可能です。それはホルモンのレベルに影響を与える月経の期間です、女の子でそれは45日まで達することができます。

月経周期の間に起こるプロセス

サイクルは、月の最後の日から翌月の最初の日までの期間です。周期の始めに、女性のための重要なホルモン、エストロゲンのレベルは、子宮内膜が成長して肥厚し、骨盤の骨が強化し、子宮の周りに並ぶ子宮内膜が妊娠の初期段階で非常に重要であるおかげで増加する。

子宮内膜に加えて、中に卵胞と卵子で泡を成長させ始めます。卵の放出は13〜14日の周期の真ん中にあり、その後、精子への促進と子宮腔への促進が行われます。ホルモンレベルが高い場合、排卵と胚着床のプロセスは子宮内で行われます。性交が行われている排卵開始の3〜4日における最高の受胎確率。精子による卵子の受精が起こります。さもなければ、子宮の内層は拒絶され、卵は殺され、ホルモンは下げられそして毎月の次の適時到着。

月経周期のフェーズ

このサイクルは、卵胞期、排卵期、黄体期という、一定の時間間隔で互いに置き換わるいくつかの段階から成ります。

  1. 卵胞期。それは排卵、女性の卵巣の卵胞を刺激するホルモンの放出の初日を開始します。女性の身体と生殖器の生理機能の形成のために、エストロゲンは別のホルモン - 黄体形成のために放出されます。エストロゲンのピークの増加は周期の中間で落ち、この下垂体に貢献します。黄体形成ホルモンは量が増えます。さらに、それは徐々に減少し始め、そして正常に戻る。
  2. 排卵期。それはサイクルの真ん中にあります。 LHの過剰濃度を変えます。これらの条件下で、卵胞は破裂し始めます。それらから、卵、卵子の受精および卵胞の黄体への変換が来る。

  3. 黄体期。卵胞を黄体にした直後の排卵後です。別のホルモン、ステロイドの生産が始まります。基準を超えると、下垂体ホルモンの産生が阻害されます。受精がないと黄体は破壊されます。この場合、ステロイドホルモンの量、下垂体による卵胞刺激ホルモンの放出、そして新たな卵胞期の開始が減少します。新しい月経周期がやってきます。下垂体が考え出されると、別のホルモンが放出されます - コリオゴニン(hCG)は、妊娠検査時に反応を示します。

排卵が起こった場合は、約14日後にゴナドトロピン分泌が始まり、黄体のさらなる発達も刺激されます。この体の影響下で、プロゲステロンが産生され、それが次に子宮を妊娠させ、さらに胎児を産む準備をします。妊娠中、ステロイドホルモンはそれらのレベルで著しく増加します。

ホルモンは排卵と妊娠にどのように影響しますか?

それぞれの女性にとって、排卵と妊娠という2つの非常に重要なプロセスは、黄体形成ホルモン、エクストラジオール、プロラクチン、プロゲステロン、テストステロン、卵胞刺激ホルモンです。

  1. FSHは、卵胞刺激が排卵の促進、卵の成長、エストロゲン量の調節に必要です。過剰なFSHは月経周期の途中で発生します。
  2. プロラクチンは、卵の適切な発達、正しい量の母乳での生産に必要です。プロラクチンの影響下では、FSHレベルは抑制され、卵形成中の卵胞の成熟および受精はそれぞれ抑制されます。
  3. プロラクチン、黄体形成および卵胞刺激、卵の受精の結果としての卵子の付着のために必要なエストラジオール。排卵開始の1日前にエストロゲンの急激な増加が観察され、それから急速な減少があります。

  4. プロゲステロンは、基底温度、黄体の濃度の上昇に関与しています。基礎値を超えると、卵細胞は成熟したと考えられ、受精の準備が整います。

複合体中のすべてのホルモンは、正常な妊娠と妊娠へのアプローチのために女性に必要です。妊娠を計画しているときに女性はあなたのホルモンをチェックすることをお勧めします。必要に応じて、薬を使って特定のホルモンのレベルを上げたり(下げたり)、静脈血を調べたり、必要に応じて赤ちゃんの状態を調べたりします。記述されたホルモンのそれぞれの量を計算するために、妊娠を計画するときにそれらの率を考慮に入れる必要がある特定の日があります。

卵胞刺激ホルモンは妊娠のために女性の体を準備します。重要なホルモンは下垂体、視床下部および内分泌腺によって産生されます。

卵巣卵胞の卵子の成熟時には、FSHは通常周期の最初の段階で重要です。性腺刺激ホルモンの活性化と卵胞への影響は、月経の開始前と最初の日に起こります。 2〜3日後に、ホルモンの成長が止まり、優勢な卵胞の刺激が始まり、その中に卵細胞があります。

成熟した卵胞は、次に、エストロゲンを産生し始め、女性の血液中のステロイドの数が増加します。子宮は過剰なエストロゲンレベルに素早く反応します。粘膜の内層を覆う上皮は厚くなり始めます。 1cmの層厚で、受精卵は子宮の壁に付着します。

FSHに加えて、黄体形成ホルモンは生産を開始し、構想のために体を準備します。排卵の結果として、卵細胞が成熟し、エストラジオールが血中で最大レベルに達すると、受胎の次の段階が始まります。

下垂体の影響下でのLHおよびFSHの産生の増加は、ほんの数時間で起こります。成熟した卵胞は引き裂かれ、卵細胞が放出され、子宮に向かって移動します。卵胞部位に形成された黄体はプロゲステロンを産生し始める。 FSHはその値を下げます。妊娠のために体を準備することはLHを続けます。

FSHは最も不安定なホルモンです。日中は、特に卵胞期に値が数回変わることがあります。思春期が始まる前の女の子の月経周期は、指標に大きな影響を与えます。指標は最も安定している - 0.11 - 1.6 IU ml。

生殖年齢では、指標は多くの異なる要因によって影響を受けます:周期の日、年齢、ライフスタイル、栄養、慢性疾患。

月経周期中のサンプルホルモン値

  • 濾胞性1.9〜11.2 mIU、

  • 排卵期4.8〜21 mIU、
  • 黄体1,2 - 9 mIU、
  • 更年期障害 - 21 - 153 mIU。

閉経期には、下垂体の産生は継続しますが、卵巣はFSHおよびLHに反応しなくなります。これはFSHレベルの急激な増加を説明します、それはより性腺刺激ホルモンになります。現時点では、女性は体調が悪く、生活の習慣的なリズムが乱れています。

FSHは不十分または豊富です

不規則な周期は、血中のFSHが正常化されていないことを示唆しています。ホルモンが合っていないと、排卵は正常に起こらないかもしれません、斑点は乏しいか、逆に強いです。これは妊娠を期待するときに女性がしばしば混同する期間ではありません。ホルモンFSHの欠乏により、性的欲求が劇的に減少し、性器および乳腺萎縮が起こります。妊娠は原則として不在であり、妊娠時にさえ流産は珍しくありません。 FSHの増加(減少)に伴い、視床下部が苦しんでいる可能性があり、腫瘍が発症します。薬は血中のホルモンの跳躍にも影響を与えます。ホルモンFSHレベルの上昇の原因はしばしば肥満、多嚢胞性卵巣です。

低ホルモン値の原因:

  • 更年期障害
  • 性器の炎症
  • 子宮内嚢胞、
  • 生殖腺の機能不全
  • アルコール乱用、喫煙、
  • 腎臓病

すべての原因は、受胎の可能性、通常の胎児のベアリングの可能性の減少につながります。 FSHを上げる(下げる)と、女性の健康が著しく損なわれます。妊娠が始まっても、子宮は準備ができておらず、早い段階での流産は明らかです。 FSHの失敗につながった原因をタイムリーに排除することが重要です。

ホルモンがX線のために基準から逸脱している場合は、特別な措置を講じる必要はありません。照射後約1年で正常に戻ります。

女性の性腺刺激ホルモンのレベルを劇的に超えて、アルコールをやめることが重要です。腫瘍はまた、発生の初期段階での切除を必要とします。通常任命された手術。

LH、機能

それは月経周期に影響を及ぼし、女性の体の中で性ホルモンを形成する黄体形成ホルモンです。女の子では、LHレベルは低いです。強化は思春期に始まり、性腺の刺激に必要なゴナドトロピンを分泌します。女性はプロゲステロンの分泌および黄色いボディの形成を調整するためにエストロゲンの統合を刺激するホルモンを必要とします。

LH濃度の変化は月経周期全体を通して観察されます。上昇のピークはサイクルの途中です。 LHはFSHより高くなり、排卵期に大量放出が起こり、黄体が形成され、プロゲステロンが生成されます。妊娠が起こると、LHのレベルが下がり、エストロゲンの濃度が上がります。

LHの分析は、次の場所に割り当てられています:

  • 子宮内膜症、
  • 多嚢胞
  • 無月経、オリゴ月経、
  • 不妊
  • 多毛症
  • 子宮出血、

  • 性的無関心、
  • 性欲減退
  • エコを運ぶ。

月経障害につながる病気

月経の遅れ、時期尚早の到着、またはその不在さえも明らかに、体の中で時々非常に深刻な病気について話します。これらは甲状腺、下垂体腫瘍、副腎の問題、卵巣の病気です。多発性嚢胞、嚢胞、慢性炎症の発症かもしれません。これらすべてがホルモン機能の侵害につながり、それらまたは他のホルモンのレベルを上げます(下げます)。その結果、妊娠の不在に、子宮の病気、二次不妊。

排卵は卵巣の残りの卵胞では起こりません。エストロゲンのレベルは減りません。子宮内膜は子宮内で成長し始めます。時には体の死がない、それは女性の身体の生理的特徴に従うべきです。プロゲステロンは生成し続けます、子宮内膜の拒絶は遅れて起こります。

ホルモンの不均衡は、特に月経周期のときに起こる場合、ストレスの一因となります。女性の抑制状態は、心理的変化の背景だけでなく、月経が来る前に引き起こされる生化学的プロセスに対しても起こり、ホルモンの不均衡を引き起こします。女性は涙、いらいら、過度の疲労を増加させます。

しばしば、ストレスの中で、女性は体重が増え始めます。血中の糖分のレベルは下がり、ホルモンのエストラジオールは下がりますが、エネルギーは上がりません。甘いものやチョコレートを飲んだ後、新陳代謝は崩壊し始め、女性はすぐに太ります。これらすべてがホルモン障害について語っています。月経中のストレスや気分の変動は、正確にこの要因によって引き起こされます。ストレスを防御している体はホルモンのコルチゾールを作り出し、予備の腰に脂肪を蓄積します。いわゆるストレスホルモンのレベルが上がると、ホルモンバランスが崩れ始めます。女性は内分泌科医への訴求、過剰体重の問題の解決、そして血中のホルモンレベルを安定させる治療を必要としています。

ホルモンテスト

通常月経周期を考慮して、意図された排卵の後に検査が行われます。分泌物が塗抹した場合は、FSH、プロゲステロン、エストラジオール、テストステロン、プロラクチン、ルトロピン、アンドロステンジオンのレベルに関する研究に合格する必要があります。

朝の空腹時に血液中のホルモン濃度を測定するための血液検査が行われます。分析の数日前の身体活動は除外する必要があります。

LHレベルは周期の6 - 7日目に決定されます

プロゲステロン - 23日目

エストラジオール - サイクルのどんな日にでも。

女性の体は壊れやすいので、気にする必要があります幼児期からです。少女の母親は、生殖器系とは何か、それがなぜ必要なのか、それがどのように機能するのか、そして彼女の失敗の結果となりうるのかについて話すべきです。また、衛生は、幸福、妊娠の成功、出産、および将来の子供の誕生にとって重要です。

体は年齢とともに変化し、それとともに、卵巣機能が低下するにつれて、ホルモンレベルは卵巣機能が低下するにつれて変化し始める。その結果、FSH、LH、テストステロンの生産は停止します。内分泌系は機能しなくなり、少量のホルモンを生産し始めます。

47歳に近づくと、生殖機能はゆっくりと衰退し始め、更年期障害は時にはずっと早い時期に女性に起こります。妊娠を計画することは、月経周期の各段階で自分の状態を追跡しながら、ホルモンレベルを調べるのと同様に、生殖年齢の女性にとって非常に重要です。

ホルモン濃度の増減に伴い、内分泌学者に連絡してホルモンの状態を迅速に修正することが重要です。ホルモンの状態には、赤ちゃんの概念と支持力が直接影響します。

失敗の徴候が現われたら、それはホルモンのための血液検査を取ることが必要です。その失敗につながった原因を排除するためにホルモンのレベルを正規化することが重要です。ホルモンの背景は困難に回復し、長く、数ヶ月そして数年さえ離れます。彼らの生産を刺激するために、主治医は薬物治療を処方します。

健康診断やホルモンの検査を防ぐために定期的にする必要があります。未治療の場合、悪性乳がん、不妊、肥満、その他の深刻な結果が失敗の背景に発生します。すべての女性は、もし彼女が子供を産みたいのであれば、通常のホルモンを維持します。

女性の体内のホルモンの働き

すべてのシステムの働きを規制する特別な物質はホルモンです。それらは正しい生化学的代謝を提供し、組織の成長および器官の発達に関与し、そして生殖機能を支持する。物質は内分泌腺によって産生され、それらの研究における違反は予測不可能な結果を​​招く可能性があります。

女性の性ホルモンは卵巣によって作り出され、外観の変化、すなわち二次性的特徴の発達に影響を及ぼし、そしてまた毎月の分泌の周期を正常化しそして出産のために体を準備する。

この物質はテストステロン、アンドロステロン、ジヒドロテストステロンなど、その前身のいくつかから形成されています。移行プロセスは特別な酵素によって制御されます。時々、女性の身体の病理学的または遺伝的欠陥のために、男性ホルモンが必要以上になる症候群が発症します。

エストロゲンは以下の過程に関与しています:

  • 乳腺の形成、思春期前半の子宮と卵巣の適切な発達、黄体形成ホルモンの産生、排卵、そして2番目の月経の到来
  • 年配の女性の卵胞の成長そして月経周期のサポート。

特に閉経期におけるこの物質のレベルの低下は、性欲の低下、鬱病、気分のむらおよびその他の障害によって特徴付けられる。

プロゲステロン

これは体に重要な影響を与えるステロイドグループからの重要なホルモンです。それは2つの器官によって合成されます:黄体、それは新しい血管の形成のおかげで、子宮粘膜を受精の準備を整えます、そして副腎。妊娠中に形成される胎盤もホルモンの合成に関連しています。

主な機能は次のとおりです。

  1. 生殖システム: 妊娠のために子宮を準備し、体が胚を拒絶しないようにします。産後期間では、その合成の減少のために、女性は彼女の赤ん坊を養うために牛乳を持っています。
  2. ホルモン: 性ホルモンやコルチコステロイドホルモンの形成に参加しています。
  3. 肌: その合成のレベルの減少は外皮の弾力性に影響を及ぼし、それはしわの出現に寄与する。
  4. 神経系: その生産は脳活動に影響を与えるニューロステロイドの形成に重要です。

高レベルのプロゲステロン、にきび、過度の発毛および急速な体重増加が見られる、疲労の増加、月経周期の問題が見られる.

卵胞刺激ホルモン 下垂体の前葉で産生され、衝動的に女性の血中に放出されます。 1回のジャンプは15分に相当し、間隔は最大4時間続くことがあります。 Он является гонадотропным гормоном, который влияет на переход тестостеронов в эстрогены, а также на рост и созревание фолликулов.

В норме уровень этого вещества повышается перед наступлением овуляции. Именно такой скачок и провоцирует выход яйцеклетки. Нарушение нормальной работы продуцирования вещества может привести к серьезным проблемам в репродуктивной системе организма.

時々急激な跳ね上がりは、類内膜性嚢胞の発症または腎臓の病理を示します。. 同時に、肥満、飢餓食事療法の頻繁な使用、あるいは有毒な鉛中毒を示すことでレベルの低下が起こるかもしれません。

すべての以前のホルモンと同様に、黄体形成も出産機能の働きに関わっています。その高い値で血中排卵が起こります。物質の濃度は年齢によって異なり、月経周期の段階によって異なります。

卵胞が成熟して黄体形成ホルモンが放出されるまでに、卵子が放出され、その残骸が黄体に変化します。これにより、プロゲステロンが産生される可能性のある子宮内膜を調製します。 LHの分泌は視床下部によって制御されます。

月経中のホルモンレベルの変化

通常、月経周期は27〜34日続き、血液の放出は3〜7日かかります。およその出血量は35mlです。これはすべて規範の指標であり、増加または不規則性の方向の偏差は病理学を示します。

完全な月経は、下垂体、卵巣および視床下部の相互作用によって起こります。全周期は4つの段階に分けられ、それぞれの段階にはそれぞれの目的、血中の物質の長さと濃度があります。例えば、排卵段階では、エストラジオールの量は35〜420 ng / L、そして閉経期では5〜50 ng / Lを超えてはなりません。

卵胞期

この期間の目的は、少なくとも1つの成熟卵胞の形成と卵の放出を確実にすることです。成熟細胞中に必要量のFSHがあると、物質は黄体形成ホルモンに移行する。プロセスの期間は7から20日まで異なり、女性の身体の個々の特性によって異なります。

相の開始は出血の終わりによって特徴付けられる。現時点では、卵巣に必要な作用を及ぼす物質が集中的に生産されています。主なものはFSHで、これは少数の卵胞の活発な成長を引き起こします。付属物は彼らの仕事で忙しいです - 彼らはエストロゲンを合成します。全過程は約14日かかり、通常は卵胞刺激ホルモンの活性を抑制する物質が血中に放出された時点で終了します。次は次の段階です。

排卵の段階

位相は、LHがピークになった瞬間、つまりサイクルの真ん中から始まります。この化学物質は、卵胞からの熟した卵細胞の放出を促進するだけでなく、子宮頸部の粘膜にも影響を及ぼし、雄性生殖細胞の継代に好ましい環境を作り出します。

完成した配偶子は卵管に上昇し、ゆっくりと子宮内に移動し続けます - これが排卵です。受精が起こるのはそこです。次に、接合子を体の壁に取り付けます。

排卵がないことが時々起こります。これは以下の理由で起こります。

  • 脳の血液供給システムの崩壊
  • 激しいストレス
  • 太り過ぎまたは過体重
  • 骨盤内臓器の炎症過程、傷害または慢性疾患の存在
  • 早期閉経、
  • 内分泌疾患
  • 無制限のホルモン避妊薬の使用。

受胎は排卵中に起こるので、それがないと女性は妊娠することができません。

黄体期

それは約15日続く月ごとのサイクルの最終段階です。 LHは産生されなくなり、これは子宮粘液が精子の発達に対する障壁となるという事実に寄与する。

プロゲステロンの影響下で、黄体が活動的になります。受精卵を付着させるために子宮の子宮内膜を準備する。概念が起こらなかったら、それから月例を始めなさい。通常、PHは1.1〜8.9 IU / mlです。

ホルモン検査が必要な理由

物質のレベルを決定することで、ホルモンの不均衡によって引き起こされたこれらの違反を特定することができます。病理は一次的(性腺の働きが損なわれている場合)および二次的(視床下部または下垂体の機能における問題が明らかにされている)である。以下の目的を達成するためには、ホルモンの血液検査が必要です。

  • 不妊症を治す
  • 月経周期または閉経期の期間を決定します。
  • 性器の病気を特定する
  • 思春期のプロセスを管理する
  • ホルモン療法の効果を監視する
  • 下垂体の病気を認識する時期
  • 不規則な月経の原因を理解する。

一般に、血液検査は、不随意の流産の場合、および胎児を完全に運搬するために、大量の、あるいは逆にわずかな分泌物が存在する場合に、周期不全に関する苦情があるときに処方されます。

月経には推奨されない血液検査。

月経中に血漿の化学組成が変化するので、婦人科医は以下の実施を勧めません。

  1. 一般的な血液検査 臨界日の開始は赤血球に影響を与えます:それらは増加します、それは炎症過程の存在を示しそして正しい診断に影響を与えるかもしれません。
  2. 腫瘍学のマーカー。 結果は誤検知になる可能性があります。
  3. PCR診断 この方法は、とりわけ、特定のDNA分子の検出に基づいています。
  4. 性感染症の分析
  5. アレルギーテスト 信頼できない結果があるかもしれないので。
  6. ブドウ糖のレベルを決定するためにテストしなさい。
  7. 免疫学的研究

時には、解析が身体系にさらなるストレスをかけ、全身状態の悪化を招くことがあることを忘れないでください。

月経中にすべきこと

信頼性の高い結果の月中に次のホルモンのレベルを特定するためのテストが示されます。

  • 黄体形成、
  • テストステロン、
  • プロラクチン
  • 卵胞刺激性
  • コルチゾール
  • チロトロピー、
  • エストラジオール。

PHの研究は3〜5日のサイクルで実施されるべきであり、テストステロンのレベルを決定するということに特別な注意を払う価値があります - 8〜10。プロゲステロンテストは21-22日かかることをお勧めします。

調査の前日には、担当医からの具体的な指示がない場合は、結果に影響を与えたり、それらをゆがめたりする可能性のある薬の服用を拒否する必要があります。それは準備の一般的なルールを遵守することをお勧めします:空腹時に検査を実施し、テストの前日にアルコール飲料を消費しないでください。

不適合によって証明されるように

許容値からの逸脱は、病理学的プロセスが体内で起こることを示しています。例えば、卵胞刺激ホルモンのレベルが正常値と異なる場合、これは以下の疾患の発症を示します。

  • 脳内の腫瘍プロセス
  • 卵巣の機能不全
  • アルコール依存症
  • 肥満
  • 拒食症
  • 小人症
  • 高プロラクチン血症
  • 子宮内膜症。

結果が正常値を下回る場合、このホルモンの放出は衝動的である可能性があるため、分析をやり直す必要があり、単一の逸脱は信頼できないと見なされます。

通常の妊娠過程に関与するエストロゲン産生の違反は兆候かもしれません:

  • 子宮筋腫または子宮筋腫
  • 卵巣がん
  • 副腎疾患
  • 閉経後期間の始まり
  • 性腺機能低下症、
  • 肝硬変。

女性ホルモン

女性のホルモン系はかなり複雑です。そのセクションの1つに違反すると、生物全体の機能に悪影響を及ぼす。内分泌腺は血中への化学物質の侵入を促進します。

生殖器系の機能は、エストロゲンとプロゲステロンのレベルによって影響を受けます。女性の生殖機能は月経中のホルモンレベルに直接依存しています。

エストロゲンは卵巣によって作り出される主要なホルモンであり、月周期を制御します。プロゲステロンに関しては、卵が卵胞を離れた後に産生される男性ホルモンと見なされます。

女性はテストステロン、LH、FSH、プロラクチンなどのホルモンも分泌します。

月経周期中のホルモンレベル

月経中、ホルモンの変化が起こります。毎月のサイクル全体を通して変動します。

  • 1日目 - プロゲステロンとエストロゲンの量は著しく減少します。これは子宮内膜の子宮拒絶の発症によるものです。月経の開始はプロゲステロンの生産を抑制します。しかし反対に、周期の最初の日からのプロスタグランジンの濃度は増加します。激しいけいれん、吐き気、めまい、その他の不快な症状があります。
  • 第二に - 不快感のレベルはそれほど目立たなくなります。この間、多くの女性が痛みを伴うけいれんを経験します。
  • 第三 - 膣感染症のリスクが増加します。それを減らすためには、セックスをあきらめて個人衛生の規則に従うことをお勧めします。
  • 4-6日 - 不快な気持ちが完全に過ぎます。失血により弱くなり、体はビタミンCと鉄を必要とします。月経の終わりは新陳代謝の加速をもたらします、
  • 7日 - 卵胞妊娠段階で、卵は大量のエストロゲンを産生します。またこの期間中に、記憶およびストレスに対する抵抗を刺激するテストステロンの量が増加します。
  • 8日 - 血中のエストロゲン量が著しく増加します、
  • 9〜11日 - 卵子の受精が成功する可能性が高まります。
  • 12日 - 最大量のエストロゲンが血中に集中しています。これは、女性の性感帯の興奮性の増加とセックスをしたいという願望につながります。
  • 13日、14日 - 毎月のサイクルの真ん中。エストロゲンは黄体形成物質と活発に相互作用します。卵胞の成長を促進します。一部の女性では、排卵の開始は下腹部の痛みを伴います。これは卵巣からの卵子の放出によるものです。
  • 15日 - 月周期の黄体期が始まり、卵巣の卵胞が破裂して黄体となり、その細胞が妊娠ホルモンであるプロゲステロンの発生に寄与します。それは卵が受精したかどうかにかかわらず生産されます、
  • 16日 - 女性ホルモンの量が増え、子宮が刺激されます。この期間中、食欲は著しく増加します。
  • 17 - プロゲステロン濃度が増加します。これは腸の蠕動運動に悪影響を及ぼす。平滑筋の緊張が低下し、鼓脹します。
  • 18日、19日 - 代謝と脂肪分裂のプロセスを遅くします。血中コレステロールの増加は、胃腸管や心血管系の機能に悪影響を及ぼす。
  • 20日 - 卵子は積極的に子宮に行きます。プロゲステロンの最大濃度があります。この時期に妊娠する可能性は最小限です。
  • 21日、22日 - 卵巣の黄体の発達により、エストラジオールの量が減少します。エストロゲンとプロゲステロンの活発な生産があります、
  • 23-25日 - エストロゲン濃度はプロゲステロンより高いです。これは不均衡を引き起こし、便秘の危険をもたらします、
  • 26〜28日に、女性はPMS月経前症候群を経験する。

ホルモン系はどうですか

ホルモンは内分泌腺を通って血に入ります。これらの活性物質のバランスは、女性の年齢、月経周期の段階、および一般的な健康基準によって異なります。 10代の少女の背景写真は通常45歳のものとは異なるはずです。

女性の生殖機能は、視床下部、下垂体、および卵巣を含むシステムによって提供されます。その最初の部分は脳内にあり、内分泌腺を制御するように設計されたホルモンを生産します。視床下部は下垂体のすぐ近くに位置し、すでにその機能を制御しており、リベリンとスタチンを産生しています。最初のものは必要なホルモンの生産を刺激し、2番目のものは必要なときにそれを抑制します。しかし視床下部はリベリンとスタチンを任意に放出するのではなく、活性物質の生成を刺激することと抑制することのバランスを保つために、体のあらゆる部分から情報を受け取ります。

上記はホルモンシステムを非常に困難にします。そのサイトのいずれかの違反は、他のすべてのサイトの機能に対応します。そして仕事の失敗、例えば甲状腺は女性の生殖器系でも同じことを伴うでしょう。

周期中のホルモン

ホルモンレベルと月経は直接関係しています。主なものは卵胞刺激と黄体形成です。どちらも下垂体によって産生され、卵巣に他の物質 - エストロゲンとプロゲステロン - を産生させます。後者は、受精の可能性とそれに続く胚の発生に備えて子宮と乳腺を押します。
月経周期は3段階に分けられます。

  • 卵子の放出前に存在する卵胞、
  • 老化によって特徴付けられる排卵、
  • 黄体、卵の放出後に起こる。

卵胞期

月経の初日から計算されます。子宮腔が子宮内膜の上層および主卵胞の選択から解放されるのはこの時点でである。病期の初めには、子宮内膜は胚のための血管と栄養素で一杯になります。この段階で月経中の女性ホルモンは、子宮内膜の成長、肥厚および排泄を決定します。この時までに、エストロゲンとプロゲステロンはより低い値に減少します、それはその上層の拒絶が起こるからです。

同時に、卵胞刺激ホルモンのレベルが上昇します。完全な健康状態では、卵細胞が成熟する窩洞の数と大きさは、周期の初期段階を通して後で増加します。 FSHと卵胞の最大の価値と大きさは、月経初日から2週間で得られます。後者は大量のエストロゲンを産生し、それが子宮内膜の新しい層における細胞の発達を促進する。卵胞期は周期の中で最も長いです。つまり、閉経期に近づいている女性になります。

卵胞のサイズが大きくなっても、卵巣から出ることはできません。これが起こるためには、黄体形成ホルモンがプロセスに入る必要があります。

排卵期

卵の成熟はLHレベルの上昇を伴います。卵胞殻の発散とその産生を促進するのは彼です。排卵は16〜32時間かかり、卵子の放出が終わります。その後も、12〜24時間の間に、LHの数はこれまでよりも多くなります。それは精子の存在下で受精を可能にします。月経に対するホルモンのこの効果は、出産を確実にします。

黄体期

彼のカウントダウンは排卵後に計算され、ステージは約14日間続きます。最後は次の月経前の最後です。黄体期の初めに、破裂した卵胞は閉じられ、かくして黄色い体、すなわちプロゲステロンを放出する細胞のセットを形成する。月経中のこれらのホルモンの役割は、卵巣がその壁に付着する可能性があるために子宮を準備することです。子宮内膜の成長、栄養素の蓄積を引き起こすのは彼です。彼のおかげで、もし概念が起こったならば、この数字は基礎温度を上昇させる。プロゲステロンとエストロゲンはまた、将来の乳児の授乳のために乳房を準備し、乳腺の管を広げます。月経前のこのことから、それは痛みに対してより敏感になります。

受精がない場合、黄体は排卵後13〜14日で消失します。つまり、毎月の量が減る前のホルモンです。それで、体はもう一つの月経周期に近づき、資源を節約し、卵の受精を試みる新たな試みに備えます。

受胎が起こった場合、別のホルモンが効くようになる - ヒト絨毛性ゴナドトロピン。胎児の膜だけがそれを作り出すことができるので、彼は妊娠の疑いのない基準です。

なぜ分析するのか

あなたが女性の体の中の活性物質によってどのような重要な役割が演じられるかを知っているならば、ホルモンの分析が非常に有益であると仮定することは論理的です。その上にあなたはそのような病気を識別することができます:

出産の困難のために、この研究は最初のうちの1つを処方されます。性的領域に関連しない多くの病気もホルモンの量によって診断することができます。
診断を実行するためには、サイクルのさまざまな時間間隔で健康な濃度を知る必要があります。もちろん、治療を評価し選択するのは専門家次第ですが、違反によって証明されるように、適切な現実を得るためにいつどのように物質を渡すかによって、月経中のホルモンを増減する必要があります。

解析アルゴリズム

ホルモンは外的影響に非常に敏感です。ストレス、身体活動、低体温、食事は絵を歪めることがあります。したがって、この分析を感染症やその他の記載されている状況から遠ざける必要があります。操作の準備については、もう少し詳細があります。

  • 空腹時、つまり朝に服用する必要があります。食べ物は絵を歪めます
  • 手技の前日、アルコール、喫煙および性別は除外されます。
  • ホルモンだけでなく、薬の使用を考慮に入れる。

分析する時間

女性の活性物質の濃度を知る必要がある場合は、月経周期の段階が重要です。 Кровь на гормоны во время месячных допускается к анализу, когда необходимо выяснить уровень:

Анализы на перечисленные вещества будут точными, если делать их на 2-5 сутки менструации.

Женщин интересует также, какие гормоны сдавать после месячных, так как подобное тоже возможно и иногда даже необходимо. К таким исследованиям специалисты относят:

  • FSHそれはまた周期の19-21日に決定されます、
  • LH FSHと同じ期間
  • プロゲステロンその量は周期の21-22日目または排卵後6-8日目にも検出できます。
  • プロラクチン。テストの期間はプロゲステロンと同じです。

テストステロン、硫酸DEA、DHA-Sは月経周期のどの部分にも合わせることができます。他の多くのホルモンは女性の健康に影響を及ぼします。それは月経に直接の影響はありませんが、他の臓器には影響を与えます。この特徴は、女性が子供を産む能力に影響を与える可能性があるため、分析ではそれらも調べます。それは

  • TSH、
  • コルチゾール、
  • ケトステロイド

計画が妊娠している場合、それらの値は重要です。

分析率

それらは月経がホルモンを摂取する日によって決定されます、なぜならそれらの数はすでに述べたように、周期の異なる段階で通常は等しくないはずだからです。健康状態では、指標は次のようになります。

  • FSH卵胞期では、指標は黄体期2〜8で、排卵を伴って4〜10 U / l、10〜25 U / lに達する。更年期障害を生き残った女性では、FSHは18-150 U / lです。
  • LH卵胞期では、排卵時の1.1〜11.6 mU / ml、17〜77、黄体での最大値は14.7です。経口避妊薬を使用する場合、その値は8 mU / ml以下であり、そして閉経後11.3-39.8、
  • プロゲステロン卵胞分節のこの指標は、黄体期では排卵が0.7〜1.6、排卵が4.7〜8μg/ lで、0.3〜1.6μg/ lの値です。閉経後 - 0.06-1.3。妊娠中は、この数字は8週間から増加します
  • プロラクチン。通常の値は、卵胞期に4.5〜33 ng / ml、排卵時には黄体期に6.3〜49で、4.9〜40 ng / mlです。妊娠後および授乳期間中、プロラクチンは500から10,000 mIU / Lに上昇します。
  • エストロゲン正常な卵胞部のこれらのホルモンは排卵部では5〜53 pg / ml、黄体部では11〜116 pg / mlです。更年期障害とは、5〜46まで減少します、
  • テストステロン無料の指標の数は月経周期の段階によってではなく、年齢基準によって異なります。しかしながら、総テストステロンがあり、それは0.26〜1.3pg / mlであり、
  • DHA-S指示薬は1日当たり2.5〜11.6μmolの範囲です。
  • DEA硫酸塩女性の正常レベルは、80〜560 mcg / dlを超えてはいけません。

それはホルモンレベルの違反とは何を意味し、何につながります

原則として、パフォーマンスと標準との顕著な違いは、身体に問題があることを示しています。月経に影響を与えるホルモンが計算されているならば、それからそれは生殖領域にほとんど関連しています:

  • FSHは下垂体のがん、卵巣機能不全とともに増加します。これの理由はまたアルコール依存症である場合もあります。ホルモンは卵巣の硬化性硬化症と太り過ぎで減少します、
  • LH下垂体、肥満の潜在的な問題は、ボリュームを減らすことができます。上昇は卵巣や脳腫瘍の構造に変化がある人を脅かします、
  • プロラクチン。黄体プロゲステロンの合成に影響を与え、妊娠中のFSHを抑制し、代謝過程に関与しています。プロラクチンは牛乳生産もサポートします。ホルモンが超過または不足すると、卵胞の発達が損なわれ、排卵が妨げられます。過剰のプロラクチンは、腫瘍、甲状腺機能低下症、卵巣または下垂体の障害(彼は赤字の原因である)、自己免疫窮迫、
  • エストロゲン妊娠の外では、エストラジオールは周期の主要な役割を担います。エストリオールは「興味深い立場」を担当しています。 1つ目は卵胞、黄体の周期、卵の成熟を調節するために作られます。エストロゲンレベルの上昇は卵巣または副腎腫瘍を示します。脂肪組織はまたそれらを産生することができるので、それは肥満女性において観察される。減少したエストロゲンは排卵を許可しません、それ故にそれは周期不全、不妊の原因です。
  • プロゲステロンその高い値は卵巣または副腎の新生物に発生します。出生率の低下は生殖器官の持続的な炎症によって引き起こされます。これは、排卵の開始ではなく、幼児や不妊を待っている間の問題ではありません。
  • テストステロンもう1つの男性の要素、その過剰は早期の自然流産を引き起こします。月経が過大評価されると、これらのホルモンは排卵を妨害します。これは副腎や卵巣の病気の結果です。
  • アンドロゲン。これらは男性ホルモンであり、それらの過剰量は卵巣の混乱、過剰な体毛、不妊を引き起こします。レベルが低すぎると性欲が低下します。

月経がない場合の対処

月経の欠如は、妊娠の「過失」だけでなく、それ以外の場合には現れない病的状態においても起こる。これの最も無害な原因は経口避妊薬の長期使用です。この場合、月経は6ヶ月まで待つことが許容されます。

この理由が除外されるならば、あなたは専門家と本当を見つけなければならないでしょう。女性は質問をするかもしれません:月単位の期間がないならどうやってホルモンを正しく寄付するか?確かに、それらの多くはサイクルの特定の段階で行われる必要があります。専門家はこれに関係なく、つまり患者にとって都合の良い日に分析を推奨します。彼はレベルを知る必要があるでしょう:

女性の髪が多すぎる、体重が多い、皮膚にストレッチマークがある、または多嚢胞性卵巣症候群の診断がある場合は、これも考慮に入れることをお勧めします。

  • 無料のテストステロン
  • プロゲステロン、
  • インスリン
  • エストラジオール
  • コルチゾン

それでも、問題が発生したとき、月ごとの期間がない場合にどのようにホルモンを寄付するかについての最初の分析は、HCGに関するものです。彼らの不在の原因は妊娠である可能性があります。

月経ホルモンを返す方法

あなたが正確にどんな物質が完全なサイクルを回復するのに十分でないかを知っているならば、薬を使うことは賢明です。月経遅延の間のホルモンは、正しく選択されれば、体がそのすべての段階を一貫して再現するようにします。したがって、治療に進む前に、分析の結果を待つのは価値があります。結局のところ、過剰のプロゲステロンがある場合、その追加用量は状況を悪化させるでしょう。周期は比率として、ホルモンの量ではありません。したがって、それらに基づく準備は、デコード分析に基づいて婦人科医によって選択されるべきです。

月経ホルモンは以下の薬で利用できます。

  • デュパストンこの薬はプロゲステロンを含みます。人工的に合成された物質は女性の体によって生成されるものと似ていますが、これにもかかわらずそれはアレルギーを引き起こす可能性があります。それはいくつかの禁忌があります
  • ノーコルトそれはエストロゲンとプロゲスチンに基づいています。任意の使用は重度の出血を伴います。薬はまた、多くの禁忌があり、不耐性を引き起こす可能性があります、
  • ウトロジェスタン。有効成分はプロゲステロンです。それは乳房の腫瘍、アレルギー、喘息の発作の成長を引き起こす可能性があるため、このツールはまた、制御されていない使用を容認しません。
  • Klostilbegit(Puregon、Menogon)これらの薬はFSHとLHの分泌を刺激します。それらは、周期を回復するためだけではなく、妊娠するためにも使われます。それらの独立した使用は、卵巣疲労および子宮内膜の過度の成長を引き起こす可能性があります。

月経に適した経口避妊薬を呼び出すことを意味しますが、それはまた専門家の指導の下にあります。

月経におけるホルモンの働きの価値は過大評価するのが難しいです。それでも、時には、彼らのバランスを正常化するためには、ナンセンスを心配しないで、普通に食べて、時間通りに休んで、定期的に婦人科医に見せられるだけで十分です。

薬を使用する前に、医師の専門家に相談してください。禁忌があります。

ホルモンはすべての悩みを非難します - しかし、それらは何ですか?

ホルモンは私達の体の腺によって作り出される化学物質です。それらは思春期や月経周期のような過程の活性化において重要な役割を果たしている、すなわちそれらは有用である。それらはボディの開発そして適切な機能を保障する。しかし欠点があります。

気分の変化、過敏性、悲しみ - これらすべてが厄介なホルモンの変化に起因する可能性があります。これはあなたの人生の短い期間の間に、ホルモンと脳内物質が同期して働かないという事実によるものです、それであなたは増加した感情と気分変動を経験します。ホルモンの変化はまた、ニキビ、体の毛の量の増加、および臭いの増加などの望ましくない現象を引き起こす可能性があります。したがって、それらは「厄介な」と呼ばれます。それらは両方ともあなたが成長するのを助け、そして重大な変化をもたらします、さらに、それらは感情を手に​​負えないものにします、そして体は異星人で不慣れです。

ホルモンも月経周期において重要な役割を果たしています。彼らはそれのあらゆる段階に参加します。周期を通して、下垂体(脳の底にあるエンドウ豆の大きさの腺)は、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)を産生します。これらのホルモンは排卵を刺激し(卵巣が成熟した卵子を放出するとき)、卵巣を刺激してより多くのホルモン、特にエストロゲンとプロゲステロンを産生します[1]。エストロゲンとプロゲステロンは、子宮が妊娠の可能性に備えるのを助けます[2]が、それらは外的徴候にも影響を及ぼします。

例えば、排卵中のエストロゲンレベルを上げることによって、あなたはより精力的で活発になります。黄体期(排卵後および月経開始前)の間のプロゲステロンレベルの上昇は、不安やお菓子への欲求を引き起こす可能性があります。エストロゲンのレベルが下がり始め、そしてプロゲステロンのレベルが上がるとき、周期のこれらの2つの段階の間の移行は、通常それと共に不安、気分のむら、および痛みをもたらすPMS(月経前症候群)を引き起こします。 「意地の悪い」という言葉は正しいです。

あなたが感情的な低下にうんざりしているならば、心配しないでください - それらは絶対に正常であり、あなたは唯一のものではありません。

ストレスとホルモンの変化

ストレスがホルモンの変動を引き起こし、その結果として、経験が痕跡を残さずに過ぎたように思われるとしても、ホルモンの不均衡を引き起こします。また、ストレスを乗り越えても、その後もずっと憂うつになることがあり、すべてが心理的変化にあると思います。実際、犯人は、ほとんどの場合、私たちの気分や幸福の変化に影響を与える生化学的プロセスです。

これらの生化学的プロセスは何ですか?事実は、人生のトラブルの経験の間の不安と不安の状態がいわゆる月経前症候群と同じホルモンの不均衡を引き起こすということです。女性はいらいらしていると感じるかもしれません、彼女はストレスの間と月経周期の間に増加した涙、疲労、不安と不安を持っています。

犯人は同じです。これはホルモンのエストラジオールと低血糖値の著しい減少です。あなたがチョコレートやキャンディーを与えられた後でも、血中の砂糖のレベルは上がらず、追加のエネルギーはありません。新陳代謝は乱され(それは減速します)、女性は劇的に体重を増やし始めることができます。

あなたが急激に回復している理由は、同じホルモン障害によって引き起こされる、月々の周期の間の人生の問題と気分変動によるストレスである可能性があることを強調しましょう。

ホルモンの不均衡と体重増加の過程についてもっと読んでください。

あなたが経験しているとき、コルチゾール、ストレスの間に生産されるホルモンのレベルは上がります。それから体は自己防衛のメカニズムを含みます。それは非常に奇妙に表現されます - 体はストレスから身を守り、予備の脂肪を蓄積します。まず第一に、これらの脂肪は腰に付着しています。

これは、ストレスホルモンのコルチゾールのレベルが上がるとインスリンが体を拒絶し、過剰な脂肪が蓄積する原因となるという事実によるものです。さらに、男性ホルモンのテストステロンが活性化され、これも体重増加に影響を与えます。

ストレスが長期間続くと、それはアドレナリン活性の増加に関連するホルモンバランスを破壊します。その後、以下の症状が観察されます。

  • 頭痛
  • 圧力が急激に上がる
  • やる気のない攻撃、怒り、またはその逆、催涙性および過敏性があります。
  • 腎疝痛が現れることがあります。
  • 強い筋肉の緊張
  • 疲労感が増す

あなたがこれらの症状またはそれらのほとんどを持っているならば、ホルモン検査のために内分泌科医に意見を聞いてください。これは、血中のホルモンレベルや体重の変動に関する問題を解決することができます。

ホルモンの変動は免疫にどのように影響しますか?

女性が長期的なストレスの状態にあるとき、彼女の免疫はさようならを言います。免疫系はかなり弱まるか、あるいは逆に攻撃的になり始めます。最初のケース - 免疫機能の低下 - には、疲労感、脱力感、いらいら感があるかもしれませんが、いつでもどこかで風邪をひくことができます。まあ、なんて不幸なことに、あなたは呼吸するでしょう、そしてあなたはこれら全てが根本的に免疫を弱めるホルモンの変化と関係があるとさえ考えないでしょう。

2つ目 - 免疫系の活動亢進 - は、喘息の反応、すなわち発疹、息切れ、過敏性、動悸によって現れます。あなたが切ったり傷を付けたりすると、傷はゆっくりとしぶしぶ治癒します。

彼らは足の真菌やトリコモナス症のような感染症に悩まされることができます。エリテマトーデスまたは甲状腺炎などの不快な病気も、ホルモンの破壊や免疫障害が原因である可能性があります。そして、ストレスや身体の変化を責めます。残念ながら、負。

卵巣の働きにストレスがどのように影響するか

持続性障害の影響下での彼らの仕事は抑制されています。これは卵巣がもはや活発に性ホルモンを生産していないことを意味します。つまり、体内の性ホルモンは不利になります。甲状腺は、まず第一にこの病気に苦しみ、弱くなり、しぶしぶとほとんどホルモンを産生しません。

ストレス、エストラジオール、そして悲しい結果

卵巣が作り出すホルモンのエストラジオールはあなたの全体的な健康に影響を与えます。それは体内の低レベルで他のホルモン(セロトニン - 幸福のホルモン、ノルエリンプリン、エチルコリン、ドーパミン)の産生を抑制することができるホルモンです。弱いホルモンレベルのこのようなあまり良くない合体は、不眠症または他の睡眠障害、食欲不振、記憶喪失、および気分変動の形で全般的な脱力感を引き起こす可能性があります。

検討してください:あなたの体が低レベルのエストラジオールを持っている場合、それはストレスや他の負荷(労働者を含む)に対処することが通常のレベルのエストラジオールよりもはるかに困難になります。したがって、それが十分ではない場合、それは体のホルモンバランスをチェックし、経口薬の形でエストラジオールを得ることの価値があります。

エストラジオールが不十分な場合

エストラジオール濃度は、年を経るにつれて徐々に低下する可能性があります。それが脳の働きを妨げる可能性があることを知っていて、それからあなたの周りの人々は私たちが疲れていて嗜眠状態になるのを見ます。これらの症状で、あなたは相談と検査のために内分泌科医に確かに相談するべきです。

どのような条件下で、エストラジオール濃度は減少し、生物全体の働きを阻害しますか?誰が最も危険にさらされていますか?

  • 月経前症候群(頭痛、背中、腹部、めまい、過敏性)
  • 出産後のうつ病
  • 多嚢胞性卵巣症候群
  • 閉経期
  • 急激な体重変動
  • 絶え間ない激しい疲労
  • 頻繁なストレス
  • 更年期までの期間とその間

このとき、体内でホルモンの不均衡が起こることがあります。エストラジオールはほとんど生成されず、ストレスホルモン(コルチゾールとアンドロゲン)のレベルは常に変動します。この写真はまた女性が積極的に回復し始めるという事実にエストロゲンの効果を追加します。

劇的な体重増加に他に影響を与えるもの

エストロゲンとエストラジオールホルモンのレベルが変化し、それらの比率がそれに応じて変化するとき。これらは卵巣によって分泌されるホルモンです。

  • DHEA、エストラジオールおよびテストステロンのレベルは急激に減少し、そしてそれらの比率(バランス)も変化します。
  • 体内のプロゲステロンはエストロゲン以上のものです
  • 体内のアンドロゲンは標準よりはるかに多く、コルチゾール(ストレスホルモン)のレベルはエストラジオールのレベルを超えています
  • 少量のエストラジオール、それはインシュリンのあまりにも強力な生産に貢献します(ほとんどの場合それは中高年で起こります)
  • 甲状腺はより少ないホルモンを生産します、そしてそれは体の中の代謝過程を遅くして、そして体重増加をもたらします

そのようなホルモンの不均衡がストレスと組み合わさって、体内のすべての代謝過程を大いに阻害することを知っていてください。これは、特に脇と腰の脂肪の蓄積に貢献します。同時に筋肉量 - 自分をお世辞しないでください! - すぐになくなった。これはホルモンのエストラジオールとテストステロンの喪失、食欲増進、そして結果としてのストレスの前の慢性的な疲労と無力感の影響を受けます。

何をする?

年齢や心理的な問題にもかかわらず、ホルモンのバランスと体重の順にすべてが揃っているように、テストステロン、エストラジオール、甲状腺ホルモン、DHEA、さらにインスリンとコルチゾールのレベルを調整する必要があります。そうしないと、年齢とともに体が変化し始め、脇と腰、そして腰に脂肪がたまります。

やがて内分泌学者に相談し、あなたがあなたの健康を大事にするのが面倒だからという理由だけで自分自身を幸福から奪わないでください。

毎月のホルモン

Большинство реакций в организме идут с участием гормонов. Не является исключением и менструальный цикл. Объем данных веществ в крови неодинаков на каждом из его этапов, но обязан иметь определенные значения. 月経中のホルモンは生殖能力だけでなく、女性の性器球の全般的な状態にも、心理的にも影響を与えるので、それらをコントロールすることは重要です。これらの物質の不均衡は様々な臓器やシステムの多くの病気を引き起こす可能性があります。

臨界日数とホルモン

ホルモンは女性の健康、気分、容姿および食欲に大きな影響を及ぼします。重要な日数もホルモンのリズムの結果です。

重要な日数とホルモンの関係を見つける前に、女性の身体の3つの主要な「規制当局」を覚えておく必要があります。

1) エストロゲン - 思春期の始まりから閉経までの卵巣によって生成される最も女性のホルモン。エストロゲンは、子宮内の女性で生産され始めますが、非常に少量です。思春期には、性腺の増加と乳首の腫れによって証明されるように、産生されるエストロゲンの量は非常に増加します。これらも ホルモン 月経周期の経過を担い、アテローム性動脈硬化症を予防するのを助け、皮脂腺の作用、塩水代謝および骨強度を担う。

2) プロゲステロン - 妊娠ホルモンそれらは女性の体の形成、発毛、生殖器の発達に影響を与え、子供の誕生のために体を準備します。妊娠中に、プロゲステロンのレベルは大幅に増加し、そして子供の誕生直後に急激に低下します - これはミルクの形成に貢献します。

3) テストステロン - 女性の体内にも存在する男性の性ホルモン(10分の1以下)。それらの存在のおかげで、骨格および毛包が発達し、骨髄および皮脂腺が正常に機能し、そして気分が上昇する。テストステロンレベルの上昇または上昇は病気の発症につながります。低含有量:子宮筋腫、骨粗鬆症、乳がん、子宮内膜症。増加したコンテンツ:違反 月経周期 または排卵の完全な欠如、過度の発毛および男性の体の割合、不妊症。

月経周期は、いくつかの月経期間の始まりから他の月経の始まりまでの期間であり、平均して28-30日続く。

月経周期全体は2つの段階に分けられます。

1フェーズ - 月経の初めから周期の中間まで(順調)

2段階 - サイクルの中間から次の月経の始まりまで(重要な日数)。

ほとんどの女性が最善の方法ではないと感じるのは第2段階です。攻撃性、過敏性、疲労感および催涙性、睡眠障害および頭痛、ニキビ、脚の腫れおよび高血圧 - これらは重要な日であり、体の状態は3つの主なホルモンのレベルを増減することによって決定されます。エストロゲン欠乏症は、外観の悪化および幸福につながります。プロゲステロンのレベルが低いと、重要な日々は痛みを伴い、気分が変わることがよくあります。

ホルモンは月経の規則性と蔓延に大きな影響を与えます。月経の開始後の最初の2年間では、それらの不規則性と痛みが一般的です。周期が規則的ではなく、より成人の年齢である場合、問題はプロゲステロンの欠如であり、専門家の助言がここで必要とされる。 40年後、閉経期前の発症により周期が不規則になることがあります。この時点でのホルモンレベルはもはや適応症ではありません。

結論:ホルモンは重要な日に直接影響を与えるので、周期が不規則で、激しい痛みと大量の出血であるならば、あなたは婦人科医と内分泌科医に連絡するべきです。

女性の体のホルモンの背景の変化 - 一般開業医からの勧告と毎月の毎日の詳細な説明。

女性を美しくかつ簡単にする理由は何ですか?女性が母親になることを可能にするものは何ですか?これらはホルモンで、私たちの気分、魅力、欲望、そしてパフォーマンスのレベルの変動は時々左右されます。

男性のホルモンの背景は急激な変動はありません。ここから彼らの目的性、信頼性、恒常性および最大化主義。

女性では、すべてが異なります:月経周期の毎日、ホルモン産生が変化します。ここから私たちの不信、風の強さと突然。

おそらく私たち全員が月に2、3日で「激怒」しているのでしょう。しかし、気分変動が予測できる唯一の「自然災害」ではなく、ホルモンレベルの周期的変動が私たちのライフスタイルにどのように影響するかを知っています。

1日周期

周期の最初の日は通常月経出血の発症日と見なされます。主な「女性」ホルモン(プロゲステロンとエストロゲン)の濃度が低下した背景に反して、子宮内膜の拒絶反応が始まります - 妊娠の可能性がある場合には、体によって準備された子宮粘膜の厚い層、「羽毛床」。

プロスタグランジンの濃度が上がる - 痛みの媒介物質、子宮収縮の刺激剤。それは体に良い - 子宮が収縮し、古い子宮内膜を捨て、そして出血している血管を圧迫する。そして私たちのために - 一つの障害:下腹部の痛みと重さ。

鎮痙薬は、不快感を和らげるのに役立ちます:No-shpa、Belastezin、Papaverin、Buscopan。しかし、アスピリンを服用しないことをお勧めします。これは失血を増やす可能性があるためです。

卵巣では、最も「進行した」卵胞が発達し始め、卵細胞を産みます。時には "高度な"は、1つ以上であり、そして成功した受精の後、一度に数人の赤ちゃんが生まれます。

2日周期

だから、あなたは美しくなりたいのですが、今日ホルモンは私たちに反対しています。低エストロゲン産生の結果として、汗腺と皮脂腺の活動は増加します。あなたは半日シャワーを浴びなければなりません、あなたの顔にもっと時間をかけてもっと頻繁に正しい化粧をしてください。

毛髪はその化学構造を変化させ、そしてスタイリングを受けにくい。月経中のパーマは少なくなりますので、最近美容院を訪問する予定はありません。

痛みに対する感受性はまだ高いです。 「スリル」を避けるためには、歯科医への訪問、脱毛およびその他の不快な操作を4〜5日間延期することをお勧めします。

良質の赤ワインから30〜50gのグリューワインは、下腹部のストレスや痛みを緩和するのに役立ちます。しかし、これらの日に大量のアルコールは禁忌です:それは血の流れを長くし、失血を増やすことができます。

3日周期

特に関連性のあるフレーズ: "清潔 - 健康の保証!"粘膜の拒絶後の子宮内に創傷表面を形成する。そして最近の子宮頸部は可能な限り開いているため、感染の入り口です。

セックスを控えることをお勧めします。ただし、「できないが本当に欲しい」の場合は、必ずバリア避妊薬を使用してください。コンドームは感染症の可能性を減らすだけでなく、妊娠を防ぐことを忘れないでください、そしてそれは最近でさえ可能です。

4日周期

重要な日々は終わりを告げています。気分が良くなり、私達は強さとエネルギーの急増を感じます。ただし、過大評価しないでください。

現時点では、スポーツの偉業、修理、家具の整理、および激しい運動に関連するその他の行為は禁忌です。しかし、朝の体操は月経と失血の期間を減らすのに役立ちます。

5日周期

子宮内の治癒過程は終わります。通常の月経中に、女性は通常約100mlの血液を失います。そのような失血は、体の防御を刺激し、代謝を活性化しながら、13〜50歳の女性における鉄欠乏性貧血の最も一般的な原因である。

したがって、牛肉、肝臓、魚介類、そば、ザクロ、りんご、干しあんずなど、鉄分を含む食品を食事に含めることは有用です。ビタミンCが豊富な製品だけでなく、肉、緑豊かな野菜、スグリ、グーズベリー、リンゴ、柑橘系の果物、スープの実、ジュースなど

6日周期

あなたが体重を減らしたい、あなたの体型を改善したい、またはスポーツの勝利を達成したいなら、今日それをやり始めてください。

月経後にリニューアルされた体では、新陳代謝が促進されます。つまり、余分なカロリーが早く燃焼し、脂肪が分裂し、筋肉タンパク質がより活発に合成され、体全体の緊張、強さと持久力が高まります。

7日周期

毎日成長している卵巣の「進行した」卵胞は、ますます多くのエストロゲンを形成します。同時に、テストステロンのレベルは成長し始め、女性の身体においては、通常男性に帰せられる資質を担います:高性能、鋭い心、広い展望、優れた記憶、そして集中力。

したがって、この日は単に研究とキャリアの成長のために作成されています。エストロゲンとテストステロンは一緒に習慣的な眠気を追い払い、考えの活力と鮮度を最も高価なコーヒーよりも良くします。余分な25時間目が出た日に - 使用してください!

8日周期

来週のためのあなた自身を美の計画にする時が来ました。毎日血中のエストロゲン濃度が増加します - 美しさと女性らしさの主なホルモン。これは、肌、髪の毛、爪、そして体があらゆる種類の美容処置に最も敏感になり、健康に輝くことを意味します。

これらの日に行われた脱毛の後、肌はいつもより滑らかで柔らかいままです。そしてその理由は、脱毛後のクリームの最新式ではなく、ホルモンの背景の変化です。

サイクルの9、10、11日

排卵の数日前。通常、9日から数日は子供を妊娠させるという意味で危険と考えられています。しかし、あなたが女の子の誕生を夢見ているなら、あなたの時間は来ました!

X染色体を持つ精子(赤ちゃんの女性の性別を決定する)が他のものよりも長いということは、女性の生殖管で卵巣からの卵子の放出を「予測」できるという理論があります。したがって、残りの日数は4〜5日です。そして排卵の日にそしてそれの直後に男の子を妊娠する機会を増やす。

12日周期

今日に至るまで、仕事や日常の困難についての考え、そして愛、情熱、優しさについての考えは、文字通りあなたの意識の全てを吸収しています!女性のセクシュアリティと性欲に関与する主なホルモンは、主導的な地位を占めています。

女性は興奮性、性感帯の感受性を高め、さらにフェロモンのように男性の注意を引くことができる特別な香りがあります。したがって、一部の専門家は、最近の香水の使用は、より強いセックスに対する私たちの魅力をいくらか弱める可能性さえあると考えています。

13日周期

体は最大量のエストロゲンを蓄積します。これは別のホルモンの産生のシグナルとして働きます - 黄体形成、それは非常に速くそのピーク濃度に達して、そして卵胞の成長を止めます。

今ではそれは排卵と受精の準備ができている成熟した卵を含みます。

14日周期

エストロゲンと黄体形成ホルモンの作用で、成熟した卵胞の壁が破裂し、卵細胞が腹腔に入ります。同時に、少量の血液が腹腔に注入されます。

女性の中には右下または左下腹部に痛みを感じることさえあります(排卵が起こった卵巣によります)。

腹腔内に入ると、卵は直ちに卵管に捕捉され、「男性」への旅に出ます。

排卵の日に、女性は最高の性欲を持ち、愛する人との親密さの最も鮮やかな感覚を体験することができます。性学者は、女性が排卵の日に定期的にセックスを辞退し(不要な妊娠を恐れて)、オーガズムを経験しない場合、彼女の性欲は時間とともに着実に低下する可能性があると主張しています。

精子が卵子に到達するのを容易にするために、子宮頸管粘液(子宮への入り口を閉じ、感染から保護する栓の粘膜)が発生します。したがって、排卵当日のカジュアルセックスは、望まない妊娠だけでなく、STDを発症する危険性も高くなっています。

この日に、双子を妊娠する確率。排卵の間に女性が一度に数個の卵を残すならば(通常これに対する遺伝的素因があります)、そして幸運な状況でそれらの全ては受精することができます。

15日周期

破裂した卵胞の代わりに卵巣に黄色い体が形成され始めます。これは特別な教育で、受精が行われたかどうかにかかわらず、7〜8日以内に妊娠のために体を熱心に準備します。

黄体は、妊娠の主ホルモンであるホルモンプロゲステロンの産生を開始します。彼の目標は、積極的で屈託のない少女を将来の母親に変え、慎重に妊娠を維持することです。

16日周期

プロゲステロンは卵子の移植のために子宮粘膜(子宮内膜)の準備を始めます、毎日このホルモンの濃度は増加します。

周期のこの段階では、食欲が増し、体重増加が最も早く起こります。炭水化物には特に注意してください。複雑なホルモン関係の結果として、体はより多くのお菓子を要求し始め、それらを脂肪の形で「備蓄」します。

17日周期

プロゲステロンの作用下では、平滑筋の緊張が低下します。その結果、腸の蠕動運動(波状の動き)が遅くなります。これは鼓腸や便秘につながる可能性があります。

したがって、粗い繊維の乳製品で食事を充実させるようにしてください。

18日周期

ハンガーストライキの可能性がある場合は、将来の使用に備えて体に栄養素を十分に補給し、その結果として脂肪代謝も変化します。コレステロールと有害な(アテローム発生性の)脂肪が増加しています。そして、それらの過剰は図を台無しにするだけでなく、心臓と血管に余分な負担をかけます。

したがって、毎日の食事中の植物性脂肪の割合を増やして美味しい妙技を避けるために、このサイクルのフェーズで試してみてください。また、ニンニクや赤魚を食べるのに役立ちます、それはコレステロールを減らすのに役立ちます。

19日周期

排卵が既に起こっているという事実にもかかわらず、周期の第2段階の間に、体はまだ私達の性欲を高めるかなり高レベルのテストステロンを持っています。特にその生産は午前中に強化されています。

これは夜明けの時間を情熱と優しさで満たすために使うことができます。

20日周期

この日には黄色い体の開花があります。血中のプロゲステロン濃度はピーク値に達します。卵管は、卵管を通り、子宮に接近します。この頃には、彼女は事実上受精できません。

この日から受精のために比較的安全な日が始まると信じられています。

21日周期

黄体形成ホルモンの濃度が低下し、卵巣の黄体の逆発達が始まります。エストロゲンとプロゲステロンの濃度は徐々に減少します。

しかしながら、プロゲステロンのレベルおよびそのすべての効果は、次のサイクルの開始まで十分に顕著になるでしょう。

22日周期

新陳代謝は遅くなりますが、これは月経周期の第2段階全体に見られます。プロゲステロンは抗鬱剤として作用します:心を落ち着かせる効果があり、緊張、不安を和らげ、リラックスします。

最近では、上司からの叱責、トラブル、その他のストレスの多い状況で「追いつかない」状態になりつつあります。

23日周期

エストロゲンレベルの低下とプロゲステロンの上昇、潜在的な腸の問題、炭水化物の乱用これらの日 - 特にニキビの素因がある場合、これはすべて顔に反映されています。

皮脂腺の活性が高まり、毛穴が広がり、皮膚の角質化の過程が激しくなります。したがって、最近ではダイエットや顔の適切な清掃にもっと注意を払う必要があります。

24日周期

プロゲステロンの作用の下で、結合組織の構造の変化が起こります:靭帯はより伸張性になり、運動過多は関節に現れます。背骨や大きな関節に鋭い痛みがあるかもしれません。

特にスポーツ関連の怪我の最大数は、女性が正確にこれらの日になります。 1つの厄介な動きはストレッチや脱臼につながる可能性があるので、ヨガ、体操や他の身体活動に注意してください。

25日周期

科学者たちは、最近では女性に特別な匂いがすることを示しています。

おそらくこの事実が、長い間一緒に暮らしている何人かの女性の周期の同期の理由です。

サイクルの26、27、28日

多くの場合、女性と彼女の愛する人にとって最も困難な日々です。ホルモンレベルの変動の結果として、女性は敏感になりやすくなり、その時敏感なサポートを必要とします。

プロスタグランジンのレベルが血中で上昇し、痛みの閾値が下がり、乳腺が痛みを伴うようになり、頭痛、昼間の眠気、不安、無関心、および過敏性が写真を補完します。これは気分を台無しにするのに十分ではありませんか?

専門家たちは、セックスとチョコレートが最近では素晴らしい薬になると信じています。しかし、性的なものはチョコレートよりも複雑です。月経前に、女性に情熱を喚起するすべてのホルモンのレベルが減少します。医師によると、月経前の女性の性欲はゼロになる傾向があります。

しかし、サイクルの終わりに、それどころか、情熱と欲求が目覚め、敏感さと感覚の鋭さが増す、公平な性の何人かの代表者たち。心理学者によって発見された説明。彼らは、最近の女性は妊娠の可能性についての考えを恐れていないと考えています。それが、彼らの性的空想がより太くなり、そして彼らの気持ちが明るくなる理由です。

Конечно, у каждой женщины "гормональные часы" идут по-разному: у кого-то чуть спешат, укорачивая цикл до 20-21 дня, у других слегка замедляют ход — до 30-32 дней. 28-дневный цикл является лишь наиболее распространенным, поэтому составить точный и универсальный гормональный календарь невозможно. すべての女性は自分でそれを適応させる必要があります。

しかし、ホルモンレベルの変動の一般的なパターンとそれに伴う体の変化は持続します。これらの特徴を知らないで、私たちは時々私たち自身のホルモンと戦うようになります。体が店ですべてをやろうとするとき、それは最も集中的な世話を必要とするとき私たちの官能は「強制休暇」にあります。

通常の生き方にいくつかの変更を加えたことで、あなたはホルモンを二重の力で機能させることができます。

ホルモンは何を伝えますか

ホルモンプロファイルの研究は、これに関連する可能性がある合併症の治療の選択および予防のために、いくつかの婦人科疾患を患っている女性に必要です。ホルモン研究の主な理由は以下のとおりです。

  • 月経周期の違反
  • カップルの不妊
  • 多嚢胞性卵巣の変化、
  • にきびやにきび、通常の治療には適していない、
  • 更年期障害または早期卵巣枯渇の声明
  • 妊娠中に中断の恐れがある
  • 少女の出血、無月経またはその他の疾患。

ほとんどの場合、ホルモンプロファイルは不妊の原因を特定するために必要です。調査は最も完全です。

女性のホルモンプロファイルを研究することで、第一相と第二相が完了しているかどうか、排卵が起きているかどうか、卵子移植のために子宮内膜を準備するのに十分かどうか、男性ホルモンが過剰かどうか排卵に影響を与える可能性があります。

Pin
Send
Share
Send
Send