衛生管理

中毒についてのすべて:症状から治療まで

Pin
Send
Share
Send
Send


中毒は妊娠に伴う症状で、悪心、嘔吐、その他の不快な症状がいくつかあります。中毒症の発症のメカニズムは、胎児の発症中に放出される様々な有害物質による身体の中毒に関連しています。中毒は2人に1人の妊娠中の女性に起こります。それが欠如している場合、それは体がすぐに再建され、新しい状態に適応したことを意味します。

中毒の症状

中毒の症状は中毒が終了するまで発生します。嘔吐や吐き気に加えて、女性は以下によって悩まされる可能性があります。

  • 病気
  • 疲労
  • うつ状態
  • 過敏性、
  • 眠気
  • 食欲不振
  • 味の変化
  • 軽量化

いくつかの程度の中毒もあります:

  1. 軽い - わずかな減量、数回までの嘔吐の発作。
  2. 中程度 - 1日10回まで嘔吐、体重減少、血圧降下。
  3. 激しく - 20回以上吐くことを強く促し、10 kgまでの体重減少、高温、急激な脈拍。

毒素症を発症する正確な理由を最後まで確立するために、医師はまだ成功していません。この状態は、有害な製品の影響から赤ちゃんを守るために自然が生まれたという事実によるものであり、特定の食品のにおいや外観さえもが女性を拒絶させるという説があります。

ホルモンの背景を再構築します。 卵子の受精後、体は世界的な変化を遂げます。ホルモンの組成は変化しています、そしてこれは妊婦の全体的な幸福に影響します。女性の感情的背景が変わると、彼女はより敏感になり、いらいらしやすくなり、彼女の嗅覚はより鋭くなり、そして彼女の味覚は変化します。例えば、好きな料理は本当の嫌悪感を引き起こす可能性があります。

胎盤形成。胎盤は保護機能を果たし、胎児を様々な有害な要因の影響から保護しますが、それが最後まで形成されるまで、身体は起こりうる中毒から身を守り、その結果、吐き気や嘔吐が現れます。

保護反応 妊婦による特定の製品の拒絶は保護メカニズムです。多くの場合、そのような反応は肉、卵、魚、コーヒー、アルコール飲料、タバコの煙によって引き起こされます。

慢性疾患 未治療の感染症は免疫系の弱体化を招いており、これも毒素症の発症を引き起こす可能性があります。深刻な状態を避けるためには、妊娠を計画している間必要なビタミンの使用を始めるだけでなく、病状と治療を識別するために完全な診断を受ける必要があります。

心理的要因 中毒の強さは感情的な球の変化に対して増加するかもしれません。この時点で神経系は根本的な変化を経験し、そしてまた消化器系の機能に関与している脳の中心を活性化します。ストレス、睡眠障害、鬱病感、これらすべてが吐き気と嘔吐を引き起こします。また、医師は、計画外妊娠の場合に遅発性中毒症が発症するのはこのためであると述べています。さらに、女性が前もって自分自身を否定的に調整するときに、プラセボ効果がここで起こります。

年齢係数 妊娠後期(30年後)は、特に女性が出産前に何度も出産したことがないか、何度も中絶に頼ったことがある場合に最も危険であると考えられています。この場合、中毒は複雑になる可能性があります。専門家は、将来の母親の年齢が小さければ小さいほど、彼女はこの条件を容易に移転すると言う。

遺伝します。 遺伝子レベルで伝染する素因があると考えられています。妊娠中毒症を発症する可能性は、家族の中にもそれを患っている女性がいれば70%増加します。

多胎妊娠。 2人か3人の子供をすぐに実行するのは非常に難しいので、中毒ははるかに困難になります。

中毒症はいつ始まり、いつ終わりますか?

早期中毒症は、妊娠の5週目または6週目に始まり、13〜14週で終わることがありますが、早く終わることもありますが、それは生物体の個々の特性によって異なります。

遅発性中毒症の臨床像は、ごく最近の学期(26週から)または2学期の途中(18〜20週)に現れます。このシナリオは、女性にとっても赤ちゃんにとっても最も危険です。

正確に質問に答えてください。 「いつ毒素中毒が終わるのですか?」それぞれの場合ですべてが個々のものであるので不可能です。例えば、一人の女性はほとんど痛みを伴わずに中毒症を患っており、もう一人の女性は重篤な症状を軽減し、常に医学的監督下に置かれるために入院治療を受けることを強いられている。期間も同じです。ほとんどの場合、妊娠14週目に完全に終了します。

胎児の保護としての役割を果たす胎盤が完全に形成されなくなるまで、中毒の症状が現れるでしょう。このプロセスは12〜14週間で終了します。中毒が妊娠第三期に再開した場合、この状態は子癇前症と呼ばれます。

妊娠の最初と2学期が完全に穏やかで、そして3学期だけに中毒が現れることが時々あります、そしてそれはこの場合はるかに危険です。あなたが遅発性中毒症の兆候を見つけた場合は、専門家に相談する必要があります。

妊娠前半の病院での中毒症の治療

妊娠の前半に中毒症がひどい場合には、病院で行われる特別な治療法が必要です。

薬物治療は、グルコース、肝保護剤、ホフィトール、エッセンシャルおよび制吐剤:レグランの溶液を用いた注入療法を意味する。ビタミン複合体の使用や、麦汁とバレリアンチンキ剤に基づく鎮静剤の使用も処方されています。

妊娠中の女性の状態が改善せず、多臓器不全の発症の危険性がある場合、中絶が示されます。

中毒の効果的な方法は免疫細胞療法です。手順は、将来のパパのリンパ球の前腕の皮膚への注射です。この方法を適用する前に、男性は肝炎やHIVなどの感染症を特定するための包括的な検査を受けなければなりません。免疫細胞療法の後、女性の状態は最初の24時間で著しく改善します。

ホメオパシー法。そのような治療法はその安全性のために最近ますます普及してきている。それは植物起源の天然成分に基づいて薬を服用することを含みます:Kaustikum、Carbo Vegetabilis、Kokkulin、Ignatius、Sepia、Symphoricarpus。このような薬は副作用を引き起こさず、母子の体に害を与えません。さらに、薬は最小投与量で服用されます。

民間薬
非常に多くの場合、妊娠中の女性は最古の時代から使用されてきた伝統医学のレシピの助けを借りることができます。そのうちのいくつかを紹介します。

  1. 食事の30分前に、単純な活性炭を2錠飲んでください。それはすぐに有害な有毒物質を体から取り除きます、しかしそれはGITの違反を引き起こす可能性があります。木炭の摂取に関わってはいけません。毒素だけでなく、体に必要なビタミン、脂肪、タンパク質も除去されるからです。
  2. 1日2杯の新鮮な柑橘類のジュースを飲みます。オレンジやグレープフルーツのような果物も有害な毒素の体を浄化するのに役立ちます。レモン吐き気と非常によく。それはお茶に加えることができます。
  3. 乾燥アプリコットとプルーンの煎じ薬(水1リットルあたり100グラムの食材)を飲む。スープに砂糖を加えてはいけません。
  4. ハーブのチンキ剤を準備します。これを行うには、次の成分が必要です:スギナ、クマの葉、ジュニパーフルーツ、イタドリ。コレクションの大さじ1杯の沸騰したお湯200mlを注ぎ、6-7時間を主張する。投与量は3回に分けて、食事の前に1日3回飲んでください。この薬は強い利尿作用があります。
  5. クランベリージュースを調理します。果実150 gが粉砕してジュースを絞った。果実の粥は水を注ぎ、20分間沸騰させ、スープをこすり、味に砂糖を加える。それから冷やしてレモン汁を加える。クランベリージュースは即座に吐き​​気を和らげます。
  6. カボチャジュースは嘔吐に対処するのに役立ちます。レモンジュースを加えてカボチャスープを調理することもできます。
  7. 目覚めた直後に蜂蜜のスプーンを溶かすことは非常に役に立ちます、この手順は不快な痛みを伴う感覚から解放されます。

中毒の可能性を減らす方法

中毒の重症度を予測することは不可能ですが、特定の規則に従えば、その発生の可能性を減らすか、少なくとも自分の症状を軽減することができます。これにはあなたが必要です:

  • 妊娠計画の開始時には、包括的な検査を受けてすべての病気を排除する必要があります。
  • すべての悪い習慣を取り除きます
  • 濃い紅茶、コーヒー、ソーダ、染料や防腐剤を含む低品質の食品の使用をやめる、
  • 毎日のスポーツをするために、例えば、朝の運動は心血管系の働きを改善し、代謝を正常化します
  • 通常は人が7-8時間の睡眠を必要とするなら、正しい睡眠パターンを守ってください、それからそれは妊娠中の女性が数時間もっと長く眠ることをお勧めします、
  • 体を清潔にするために必要なすべての手順を実行してください。

中毒症における適切な栄養

中毒の間、あなたは嘔吐を誘発することができる製品の使用を制限する必要があります。カルシウムを大量に含む乳製品は、未熟児にとって有用であるという事実にもかかわらず、中毒を高めるのはそのような食品です。さらに、それは将来のお母さんにとって非常に有害です。

  • 脂肪、辛い、揚げ物、
  • スモーク商品
  • スパイス、
  • コーヒー、
  • 紅茶
  • 甘い炭酸飲料。

それを使用することをお勧めします:

  • 鶏肉と卵
  • ナッツ、
  • エンドウ豆
  • 豆、
  • ブロッコリー
  • お粥、
  • 魚、
  • フルーツ、
  • 野菜、
  • ザワークラウト、
  • 生姜。

特にこの期間中の体は十分なナトリウムと塩素を持っていないので、食卓塩は有用になるでしょうが、それは脱水を引き起こす可能性があるので、それは乱用されるべきではありません。

適切な栄養の原則

いくつか重要な規則を覚えておく必要があります。

  • 特定の製品に対するアレルギーがないようにメニューを多様化する。
  • 胃が空にならないように、数時間ごとに食べるようにしてください。
  • 昼食直後に起きて
  • 暑くて冷たい食べ物を食べないでください、
  • あなたは一緒に液体と濃い食べ物を組み合わせることはできません、
  • 食べ物を飲まないでください。

中毒は不快な期間であり、それはその立場にいるほとんどすべての女性にとって避けられないことです。ただし、すべての規則に従えば、転送がはるかに簡単になります。現時点では、できるだけ多くの水分を使用し、新鮮な空気の中を歩き、睡眠パターンを観察し、あらゆるストレスから身を守ることが非常に重要です。

中毒それは何ですか?

中毒は、吐き気と吐き気を伴う妊娠中の女性のかなり一般的な状態です。それは、胎児の発育中に妊娠中の女性に形成される毒素および他の有害な物質による中毒によって起こる。

それはまた、多数の症状の発現をもたらすことがあり、最も永続的なものは中枢神経系、心血管系および代謝の障害であると考えられています。妊娠中の中毒が続く限り、症状の発現もそうです。

  • 最初の - 嘔吐の衝動は5回まで、まれにしか観察されませんでした。 3 kgまでのわずかな減量
  • 2回目は10回まで嘔吐しており、体重減少は2週間で3〜4kgになります。これは血圧の低下につながります。
  • 3回目 - 長時間の頻繁な嘔吐、1日25回に達する、体重の大幅な減少があります - 10 kgを超えると、体温が上昇し、脈拍が速くなります。

中毒症はどのくらいの期間発生しますか?

多くの女性は妊娠の不在またはその逆の存在を決定しようとしており、そして自分の体やあらゆる変化に耳を傾け始めます。妊娠中に中毒症がいつ始まるのかを正確に知っている女性は誰もいません。医師は以下の時間枠を設定します。

  • 早期の中毒症は遅延の最初の日または妊娠の5-6週に始まることがあります。中毒症は13〜14週間の早い時期に終了しますが、すべてをより早く完了させることができ、各症例は個々です。
  • 遅発性中毒症の徴候は、妊娠の最後の学期から始まり、時には胎児と母親にとってはるかに危険な妊娠中期の真ん中で始まります。

妊娠中の女性における中毒の徴候

子供の概念が起こるとすぐに、将来のミイラの有機体は2のために仕事のリズムを調整し始めます:母親自身と赤ちゃん。最初から女性は中毒と呼ばれる不快感を経験し始めるものから。それをどのように処理するかは、フォーラムで見つけることができます、そこで、各お母さんは彼女の秘密を共有します。

まず第一に、女性は、いらいらしやすくなり、流涎が増え、食欲不振、吐き気、脱力感、眠気、味蕾の変化、嘔吐および体重減少があります。ごくまれに、初期の中毒症で、皮膚病、喘息、骨軟化症 - 骨物質の軟化、破傷風 - 骨格筋のけいれん症状の発現を観察することができます。重度の中毒症の兆候は、誰がママを待っているかに関係なく現れます:男の子か女の子。中毒の兆候は、妊娠中絶の見逃し中にも観察されることがあり、それは胎児の動きと動悸の欠如によって区別されることができます。

妊娠中期と妊娠中期の両方で、最も危険で不快な毒素血症の徴候。

妊婦におけるギャグ反射

嘔吐は、妊娠後期および早期妊娠における中毒症の最も顕著な症状の1つです。ほとんどの場合、嘔吐は20週間の間活動しており、それが早く開始されればされるほど難しくなります。妊娠中の女性には数度のギャグ反射があります。

  1. 軽度の吐き気と少量の嘔吐。通常は食後に1日5回以下です。何の変化もなく女性の状態は、体重減少は約3キロですが、それ以上はありません。
  2. 嘔吐薬は食事に関係なく1日10回まで増加し、2週間での体重減少はすでに3kg以上に達することがあります。妊婦の健康状態は著しく悪化しています。脱力が起こり、脈拍数が増加し、そして血圧が低下します。
  3. 過度の嘔吐があり、1日25回まで上がります。このような一時的な過程は脱水症と急激な体重減少(10kg以上)をもたらします。体温が上がると、口から不快な匂いがして、脈拍が早くなり、血圧が下がり、女性が抑制されます。場合によっては、腎臓の侵害があり、すでに母親にとって生命を脅かすようになっている長期の嘔吐で、医師は妊娠の人工的な中断を推奨します。

皮膚の発疹

これは妊娠13週目の中で最も不快な毒素血症の徴候であり、皮膚のびまん性かゆみの形で、それも性器に達することができます。これは、過敏性、睡眠障害および鬱状態につながる。

破傷風と骨軟化症の危険な開発。

進行性の発達は、将来の母体の体内で発生するリンおよびカルシウムの代謝障害によって起こる。骨軟化症は骨組織の軟化を引き起こし、それは骨折を脅かす。テタニーは上肢の筋肉のけいれんで危険で、下肢や顔にはめったに見られません。

中毒がないのはなぜ

中毒症は通常の妊娠の過程であり、その欠如は恐怖と不安を引き起こしているという考えに女性はとても慣れています。心配しないでください、そのような疑いは全く根拠がなく危険でもありません。全く反対 - これは将来のお母さんが完全に健康であることを意味します。中毒がなければ、これは正常です。体は負荷にうまく対処して、仕事の新しいリズムに容易に適応し、それは吐き気、嘔吐およびその一般的なシステムの混乱なしに新しい状態に適応した。

「無毒」妊娠の有利な側面は明らかです。

  • 流産、その後の重度の中毒の恐れはありません。
  • 胎児を発育させるビタミンの適時の補給
  • 素晴らしい気分と幸福はあなたが体のユニークな状態を楽しむことを可能にします。

中毒の種類

  • ブドウ球菌中毒症 - 生殖中に食品中に放出される可能性がある腸内毒素産生株、すなわち耐熱性外毒素によって活性化されます。緊急の医療相談、検査およびさらなる治療が必要です。
  • 夜の中毒 - 疲れきったストレスの多い日の後で十分な食物を食べないと、体は疲れきってしまい、中毒になりやすくなります。夕方の中毒は睡眠を妨げ、安心して休みます。夜の散歩、作りたてのジュース、または新鮮な酸っぱい果実からのフルーツジュースは、体に有益な効果をもたらします。
  • 妊娠前半の中毒 — это приблизительно период от 1 до 14 недели беременности. 医師は最初の学期に静かに毒血症の症状を経験することをお勧めします。症状が改善された場合、専門家は妊婦の状態を大いに和らげ、中毒を減らす安全なソフトハーブ療法を処方することができます。しかし、それはママが処方薬を使用している間、彼女は素晴らしい気分になるが、あなたがこれらの薬を服用を中止すると、中毒の兆候がすぐに再開することは注目に値します。妊娠中の中毒を減らすためには、赤ちゃんにとってより安全な民間療法に頼ることができます。
  • 妊娠中の晩発性中毒 - 妊娠が正常に進行している場合、妊娠中期での中毒症の繰り返しの発現は除外されます。しかし、症状が悪化すると遅発性中毒症が嘔吐や吐き気の発作を引き起こす場合があり、その後妊娠中毒と呼ばれる合併症が発生します。それは、腫れ、尿中のタンパク質の存在、1週間に最高400グラムの高血圧および体重増加によって現れます妊娠中期にはより多くの中毒が進行し、妊娠中の女性の健康にとってより困難で危険になります。しかし、定期的に医者を訪ねるママは、予定通りに子癇前症の通知を受け、予定通りに入院します。治療は個別に処方されます、それはすべて特定の状況と症状の程度に依存します。
  • 遅らせるための中毒 - あなたは受胎直後に吐き気を始めましたか?これはあなたがすでに妊娠しているというサインではありません。中毒は卵子発育の7〜10日後に始まります。しかし、必ずしも吐き気や嘔吐を明示できるわけではなく、逆に、多くの女性が残忍な食欲を経験し始めます。

中毒の原因

妊娠中になぜ中毒が起こるのかは、いまだに謎で未踏の現象です。絶対的な正確さで早い時期と遅い時期に中毒症の症状を引き起こすものを言うことができません。

しかし、医師が依然として区別する理由のいくつかの可能性は:

  1. ホルモン系の変化。子宮内の卵子の受精の最初の数時間から、女性は劇的なホルモンの変化を経験します。ホルモンの組成は劇的に変化します。これは妊婦の行動や健康そして幸福に反映されています。これらの変化の背景に反して、彼女はいらいらし、気持ちがよくなり、泡立ち、吐き気が誘発され、嗅覚が悪化します。最初の数ヶ月間、母親の体の胚は異質の体と見なされ、そこから彼は取り除きたいと望んでいますが、それは将来のお母さんの健康状態にも影響します。しかし、妊娠中の女性の中毒症はいつ終わりますか?しばらくすると、ホルモンのレベルが安定し、母親の体は静かに胚を受け入れます。そして中毒との闘いは2学期目までに終わります。
  2. 胎盤発達。この理論の確率はかなり論理的です。中毒症が最初の学期で女性の身体を衰弱させることが発見されました、最大で約13-14週。中毒症の突然の消失は、胎盤がすでにその形成を終えているという事実によるものです。そして今、多くの機能の実行がその役割を果たしています、これは有害物質の遅延を含みます。そして胎盤の発達の過程が完了していない間、妊娠中の女性の体は嘔吐の可能性のある中毒から保護されています。
  3. 保護反応。妊娠中の多くの製品と晩期中毒症からの将来のお母さんの失敗は、保護の自然な行為に他なりません。ママは主にタバコの煙、コーヒーを含む飲み物、魚、肉、卵で吐き気を発症します。それらは含まれている病原体のために健康に有害かもしれません。ギャグ反射と吐き気は、胎児と母体を有害で危険な物質の侵入から保護します。その場合、妊娠中の女性における中毒は生物学的に必要です。消費された食物に含まれる毒素や毒に加えて、各食事の後に生産されたインスリンは胚の発育と成長に悪影響を及ぼす。
  4. 慢性感染症と病気。未治療の感染症や病気は、妊娠中のお母さんの免疫力を弱めます。それは最初の学期に毒血症を誘発することができますそしてそれから何をするべきですか?計画段階でビタミンの完全な複合体を接続すること、そしてまた専門家に頼り、十分な検査を受けることが必要です。その後、特に感染症の治療を受けます。
  5. 心理的変化。妊娠中期の強い中毒は、ママの心理的および感情的状態によって始まることがあります。神経質な経験、ストレス、睡眠不足、感情的な混乱、および過敏性は重度の中毒の原因であり、悪心および嘔吐を引き起こします。医師によると、後期中毒症は、予期せず妊娠し、計画外の女性に発症します。さらに、多くの女性は妊娠中のすべての女性が妊娠中期または後期に強い毒血症を持つように自分自身を事前設定します。そして自己催眠術の原理は誰にでも知られています。妊娠を開始した科学者によると、神経系は大きく変化し、嗅覚と消化管の働きを担う脳の中心部が活性化しています。
  6. 年齢基準。 30〜35年後の妊娠は、特にそれが最初の受胎である場合、または複数の中絶がある前には危険と見なされます。中毒症の発症ははるかに強くそしてより危険であり得る。専門家によると、将来のママは若ければ若いほど、それが中毒の可能性のある症状に簡単に耐えることができます。しかし、これはすべての場合ではなく、例外があります。
  7. 遺伝的背景。遺伝による2学期後の中毒症の出現は、その発症の可能性が高い可能性があります。前の世代の誰かが16週または他の期間に毒素血症にかかった場合、この問題があなたを回避しないという70%の可能性があります。女性が以前の妊娠で中毒症を患っている場合は、症状が悪化するリスクが高まります。
  8. 多胎妊娠。そのようなニュースの喜びは確かにもっと大きいのですが、それに耐えることももっと困難になるでしょう。ここでは、例えば、双子を持つママの妊娠後半の中毒症は、シングルトン妊娠の女性よりもはるかに頻繁にそしてより漸進的に現れる。しかし、早期の中毒症を患っている妊娠中の女性にとって、流産の脅威は実際には脅かされていません、そしてそれは重要です。

健康的な女性は、慢性疾患、感染症の存在や不健康な生活習慣の主導をするのではなく、妊娠中の中毒症の徴候の影響を受けにくいと自信を持って言うこともできます。

中毒は何週間ですか?

妊娠の前半およびその後の学期の中毒症に関連するすべての症例は個別であり、したがって、質問に対する正確な答えは「いつ中毒症は終了しますか」であり、絶対に正確に答えることはできません。中毒を克服するために他の人が病院で何週間も費やさなければならない間、いくつかのお母さんは悪心のわずかな兆候を持っています。妊娠中の女性では中毒がさまざまな学期で観察されるため、同じ要因が期間に適用されますが、ほとんどの場合、14週目の中毒はそれ自体で通過します。

胎盤が形成されるまで中毒の徴候が続くことがあります、そして、このプロセスは約12または14週で終わります。その後、妊娠中期の静かなコースが始まります。妊娠後期の中毒は再び再開するかもしれません、それからそれはすでに完全に異なる用語を持っています - 子癇前症。

将来のママが最後の学期で中毒を始める場合があります。そして、それは妊娠初期の中毒症よりはるかに危険です。遅発性中毒の兆候がある場合は、直ちに専門医に相談してください。

妊娠中に中毒を軽減するには?中毒に対する民間療法

中毒から正確に役立つものとその症状を軽減する方法は、妊娠中の女性自身によってのみ決定することができ、それぞれ独自の中毒を戦う方法があります。妊娠中の中毒症の主な症状は、与えられた期間内の血中のブドウ糖のレベルが低下するため、朝に現れます。あなたが以下の助言を固く守るならば、おそらく中毒の活動はおさまるでしょう。

妊娠中の中毒症を避ける方法:

  • ベッドから出る前に、あなたは小さなパン、ビスケット、あるいは何よりもドライフルーツを食べるべきです。ミントティーを作り、それにレモンのスライスと少量の砂糖を加えると、血中のブドウ糖のレベルが正常化します。これらの方法はすべて、早い時期または最後の学期における中毒症の症状を軽減するのに役立ちます。
  • あなたはレモンまたはオレンジのスライスを溶かすことができます、酸性の果物は通常悪心の症状を滑らかにします。しかし多くの人にとっては、逆に中毒が増加するので、あなたはあなたの体に耳を傾け、そして徐々にすべての方法をチェックする必要があります。
  • ハーブティー、冷たい飲み物、淡水、野菜スープなど、あなたにぴったりの飲み物とジュースだけを飲む必要があります。
  • メロン、スイカ、ぶどう、生姜など、水分を多く含む果物を食べることができます。中毒があると、最良の選択肢となります。時にはあなたはアイスクリームの一部に自分自身を治療することができます。
  • 重くて辛い揚げ物をスチーム皿に取り替える必要があります。また、乳製品の形で軽い食べ物、果物や生野菜は、程度は少ないですが、胃に負担をかけすぎて健康的です。
  • 食物摂取量をいくつかの部分に分けて、より少ない食物を食べることが必要ですが、もっと頻繁に。日中は、胃が空にならないようにクラッカー、バナナ、またはリンゴをつなぐことができます。あなたが嘔吐や吐き気があなたの体の通常の症状になるのを許可しないのであれば、中毒に対する戦いは無駄にはなりません。
  • 食事の後に寝ることはお勧めできません。あなたが眠りにつくか、単に横になる前に数時間待つ価値があります。
  • 妊娠中の中毒のためのおばあさんの証明されたレシピ - 中毒の最初の徴候の冒頭にはちみつのスプーン。

中毒症の妊婦のための栄養

それでは、妊娠初期の中毒症で、将来の母の食事を作るにはどうすればよいですか?多くの人の誤った意見は、自分自身を食べることを制限することです;私たちが食べる量が少ないほど、吐き気と嘔吐が少なくなります。まず、胚がさまざまな微量元素とビタミンを必要とするのは最初の数ヶ月の間です。第二に、たった1つの製品を消費することを目的とした最も短期間の食事でさえも、すぐにミイラのそれ、そして胎児のそれのようなアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

したがって、この時期にバランスの取れた食事を作ることが重要です。^

  • 中毒の最初から、吐き気を引き起こすそれらの製品を除外することが必要です。これらはほとんどの場合乳製品を含みます。
  • 吐き気や嘔吐の進行にもかかわらず、どのような製品が必要ですか?ミネラル物質の補給のために - ナトリウムと塩素が推奨されます - 食卓塩、しかし適度に。したがって、塩漬けの魚やきゅうりは、この期間中でも有用ですが、特に慢性腎臓病を患う女​​性にとっては、この対策を忘れないでください。
  • 妊娠後期の中毒症のメニューは大きく異なります。まず第一に、妊娠の最後の学期 - 塩の敵を覚えていることが重要です。したがって、ニシンやきゅうりの摂取を控えると、体内に水分が貯まることがあります。そしてすべての皿の塩を少なくする。

遅発性中毒症に対する最善の予防法は、適度な食物摂取です。この時期の体にとって最も愛されていない食品は、スモークフード、ピクルス、そしてピクルスです。したがって、遅発性中毒症が始まる前に健康的で健康的な食事に従うことが非常に重要です。

タンパク質は遅発性中毒症において重要な役割を果たしており、タンパク質の欠如は血中のその減少につながります。これに関連して、それは健康的な栄養の食事療法にゆで魚、カッテージチーズとゆで赤身の肉を追加することをお勧めします。

一般的な情報

中毒 - これは体の病理学的状態であり、外因性毒素または内因性起源の有害物質への曝露の結果として発生します。

中毒の状態は、神経学的障害、末梢血流の障害の発現によって特徴付けられます。 頻脈, 肌の色が変わる血圧を下げる。明らかにされた胃腸管中毒症の機能不全の存在による 吐き気, 下痢, 嘔吐物, 拒食症。中毒が腎臓と肝臓への恒久的な損傷が発生したとき。水 - 電解質代謝が乱され、酸 - 塩基状態における多くの逸脱が観察される。

妊娠中毒

妊娠中毒 - これは妊娠中の女性の体の病理学的変化の複合体です。原則として、このような変更は前半に発生します。 妊娠の。ほとんどの場合、初期の中毒症の主な症状は嘔吐です。完全に健康な女性でも同様の状態が起こりますが、以前に胆嚢や膵臓の病気にかかったことのある人では、健康な人よりも中毒の発現が顕著です。女性の身体における妊娠中の女性の中毒症の発生および進行の過程において、侵害が 炭水化物, 太った, たんぱく質, 水の塩交換する。その後、消耗が起こり、体重が減少します。この場合、患者は水分を失い続けます。時にはそれはまた、中枢神経系と同様に、多くの内臓における顕著なジストロフィー変化の出現も可能である。

様々な程度の妊婦の中毒症の徴候は、女性の約90%の特徴です。中毒は、小さな短期間の嘔吐や朝晩の吐き気を示すことがあります。この状態は妊娠の約13週目まで続きます。この場合、病理学について話しているのではありません。

妊娠中の女性の状態の重症度を判断するために、嘔吐段階の分類が適用されます。したがって、最初の段階では、女性は一般的に満足のいく気分になり、嘔吐の発作は1日に5回以下しか起こりません。一般的に、嘔吐は食べ物や匂いに対する反応です。妊娠中毒の中毒の第二段階では、より頻繁に起こります - 1日に10回まで。女性はすぐに体重を減らし、彼女は周期的な頻脈を発症し、アセトンが尿中に現れることがあります。妊娠中の女性の中毒症の第三段階では、嘔吐は1日25回まで発生する可能性があり、女性は非常に気分が悪くなる。同時に、嘔吐は最小の動きからも現れます。脈拍は毎分120拍に増加し、体温が上昇する可能性があります。アセトンは尿中に発見され、クレアチンの含有量も高いです。

妊婦の中毒症の治療

妊娠中の女性の中毒症の治療は、ほとんどの場合、外来で行われますが、女性の体重の動態を常に監視することは非常に重要です。しかし、第二段階と第三段階の嘔吐の兆候で、それは病院で既に治療されるべきです。毒性の重症度の診断は、心電図による血液検査および尿検査の結果、ならびに患者の詳細な調査に基づいています。

早期中毒症の治療を包括的に治療することが重要です。時々医者は女性に中枢神経系、ビタミン、抗ヒスタミン薬に影響を与える薬を服用するように処方します。さらに、女性は医者によって規定された計画に従わなければなりません。重篤な状態が妊娠中絶の兆候である場合があります。これは、非常に重い状態や女性の健康状態が悪いこと、それに続く6〜12時間かけて医師に提案された方法の無効性、ならびに急性肝ジストロフィーの発症によって起こります。原則として、妊娠中の女性の中毒症の症状はすべて出産後すぐに消滅します。 中絶.

妊娠中毒症の分類

今日最も適切で適切なのは、中毒症を2つのグループに分けることです。だから、妊娠の前半に明らかにされている 早期中毒後半に - 遅発性中毒。原則として、晩年中毒は出産後数ヶ月で起こります。順番に、初期の中毒症に分けられます 嘔吐, 過度の嘔吐, バーディズム。遅発性中毒症は ぼんやり妊娠, 神経障害, 子癇前症の状態 そして 子癇.

時々、よりまれな形の毒血症も起こります。 気管支喘息, 皮膚病, テタニー, 黄疸。同様の現象が妊娠中のどの期間にも起こります。

通常妊娠の最初の学期に起こる早期の中毒症では、さまざまな症状があります。この症状の症状は、脱力感、ひどいお酒、食べることへの抵抗、味の変化です。嘔吐は脱水症状を引き起こし、女性は体重を減らし、彼女の肌はたるみます。脈拍がより頻繁になる 血圧 下ります。

すべての症状について、女性は間違いなく一般婦人科医に話すべきです。ある方向または別の方向への重量の急上昇があるかどうかを制御するために定期的に計量することが重要です。

中毒が遅くなると、より重篤な症状が現れます。概して、この状態は受胎後20週頃に起こり、誕生日まで続きます。 В данном случае тошнота практически не проявляется, однако у женщины появляются отеки конечностей, а позже – лица. Иногда отеки возникают по всему телу. Поднимается уровень артериального давления, и снизить его не удается даже с помощью лекарственных препаратов.時間内に医学的な助けを求めないと、妊娠中の女性の遅発性の中毒が内臓に深刻なダメージを与える可能性があります。この場合、女性は彼女の全体的な活力に悪影響を及ぼす多数の症状を経験するでしょう。 めまい そして 頭痛、聴覚と視覚の問題。子癇の状態は遅発性中毒症の最も深刻な程度です。この場合、女性は意識を失い、発作を始めます。そのような状態は、脳出血、急性呼吸器、腎臓、および心不全の結果として、死に至ることさえあり得る。胎盤破裂の可能性も高いです。

晩期中毒症の治療は専ら病院内で行うべきであり、厳密な安静を観察し、医師の勧告にすべて従うべきである。ストレスを取り除き、最低限の塩辛い食べ物を食べ、血圧を下げる薬を服用することが重要です。時に中毒後期に、妊婦はタンパク質製剤を処方されます。

しかし、治療が無効である重症例では、子癇は妊娠を止めることによってのみ予防することができます。

妊婦の中毒症の予防

中毒予防は妊娠前に覚えておく必要があります。これを行うには、あなたは有能に妊娠の計画にアプローチする必要があります。 太り過ぎ固執する 食生活 少ない内容で 太っている身体的な形が可能な限り完璧になるように、アクティブなライフスタイルを導きます。体型が中毒の発現に直接影響を与えることが証明されています。彼女がより快適に感じ、見栄えが良いほど、妊娠中の女性の中毒のリスクは低くなります。

すでに妊娠の最初の数週間で検査され、医者にすべての必要な助言を得るべきです。ビタミン複合体 ビタミンB 6 そして ビタミンC、毎日の食事中の塩分を最小限に抑えるには、少なくとも75グラムを使用してください リス 毎日中毒症の発症を経験した女性は彼らの食事療法により多くの蛋白質を加えるべきです。

妊娠中の女性は頻繁に食べるべきですが、部分は比較的小さいはずです。食べ物は暑すぎてはいけません。ミントやレモンの緑茶、ローズヒップティーは、吐き気や嘔吐を防ぐのに役立ちます。

それでも吐き気が解消される場合は、お菓子、クラッカー、果物などを携帯しておくことをお勧めします。そのうちの一部は吐き気を止めるのに役立ちます。中毒が進行しなかったこと、高品位の夢と昼休みは非常に重要です。同時に、換気された涼しい部屋で休むことが望ましいです。

運動も吐き気に対処するのに役立ちます。しかし、あなたは軽い運動やヨガをすることしかできません。しかし、軽い運動でも、必ず担当医によって承認されなければなりません。

将来の母親は受動喫煙を避けなければなりません。受動喫煙もまた毒素症の発症を引き起こす可能性があります。

妊娠の後半に遅発性の中毒を予防するためには、組織内での遅延、そして結果として浮腫の発生を避けるために、水分摂取量をいくらか減らす必要があります。食事療法は低脂肪蛋白質食品、野菜、シリアルによって支配されるべきです。睡眠は少なくとも一日9時間であるべきです。後期の妊婦は慎重に体重を監視する必要があります。強すぎると急激な増加は中毒の発症の信号である可能性があります。

中毒および早期中毒とは何ですか?

中毒(妊娠)は、胚の発達中に母親の体内で形成される有害物質による中毒から生じる妊娠中の女性の状態を指し、その中で最も永続的で深刻なものは中枢神経系の機能不全、血管障害および代謝障害である。妊娠の終了とともに、病気の症状もまた通ります。

妊婦のこれらの状態は、発生日によって分類されます。早期中毒症および後期妊娠中毒症(中毒症)があります。早期の中毒症は通常妊娠の最初の学期で観察され、それは妊娠の第二学期の初めに経過します、すなわち、それは妊娠の最初の12週に起こります。

妊娠は妊娠中期または妊娠中期に起こります。

早期中毒の有病率は非常に高いので、その症状は妊娠の古典的な徴候と見なされることが非常に多く、一方、中毒の発症は妊婦の体内での代謝および行動反応の調節のメカニズムの違反を示します。中毒症とは対照的に、通常妊娠を続けることは、女性の身体の特別な生理学的(正常)状態であると考えられ、病理学(すなわち、病気)ではありません。

妊娠初期中毒の原因と危険因子

妊婦の早期中毒症発症の正確な原因とメカニズムは完全には解明されていない。確かに、中毒症がその中で発生している妊娠に対する女性の体の病理学的反応の現れであるという事実。

妊婦における早期中毒症の発症の危険因子は、睡眠不足、過労、栄養不良、喫煙、アルコール乱用です。

妊娠初期の中毒症の症状

女性は、脱力感、眠気、過敏性、鬱病、体調不良、流涎、食欲不振、味覚の変化、吐き気、嘔吐、体重減少を訴えます。

それほど頻繁ではありませんが、初期の中毒症は、皮膚病(皮膚病変)、妊娠性喘息(気管支反応性の変化)、骨軟化症(骨物質の軟化)、および破傷風(骨格筋痙攣)の形をとります。

妊娠中の嘔吐

妊娠中の女性の嘔吐は、妊娠中の女性の早期中毒症の最も頻繁な症状の一つです。妊婦の嘔吐の有病率は60%に達し、そのうち最大10%が治療を必要としています。嘔吐は通常妊娠の最初の20週間の間に起こります。通常より早く嘔吐が起こると、それはより困難になります。嘔吐の重症度は異なる場合があります、この点で、私たちは妊娠中の嘔吐の重症度を3段階で区別しています。

1度の軽度の嘔吐。嘔吐は1日に5回以下、食事後に起こることがより多いです。妊婦の全身状態は正常なままで、体重減少は3kg以下です。

中等度の嘔吐2度。嘔吐は1日10回まで(空腹時または摂食後に)現れ、2週間での体重減少は3 kgになることがあります。妊婦の全身状態は悪化しています。脈拍数が増加し、血圧が低下します。

第三のステップ不屈の、過度の嘔吐。嘔吐は1日25回まで起こります。そのような嘔吐は、体の脱水と妊婦の急激な体重減少を引き起こします(体重の減少は10 kgに達することがあります)。彼女の肌は乾燥してぼろぼろになり、口から不快な匂いが現れ、体温が上がり、脈拍が早くなり、血圧が下がり、全般的な抑制が認められます。分析は腎機能障害を示す。場合によっては、過度の嘔吐で人工中絶の問題が発生します。

中毒症の初期段階では、通常嘔吐の前に吐き気が起こり、これも早期中毒の症状の1つと見なすことができます。吐き気なしでさらに嘔吐することがあります。いくつかのケースでは、吐き気は早期中毒の独立した症状であり、嘔吐を引き起こさない。

唾液分泌

流涎(pialism)は妊娠初期の中毒の2番目に一般的な症状であり、しばしば妊娠中の女性の嘔吐を伴います。場合によっては、唾液の産生が非常に激しいため、妊婦は1日に1.5リットル以上の唾液を失います。一緒に唾液タンパク質とミネラル塩が体から排除されます。だからこそ、集中的な流涎は妊婦の全身状態の悪化につながり、治療を必要とします。

妊娠中の皮膚症

これは、あまり一般的ではありませんが、妊娠中の女性の早期中毒症の非常に不快な症状です。ほとんどの場合、妊娠中の女性の皮膚病は、皮膚のびまん性かゆみの形で現れ、これは性器領域にも広がる可能性があります。かゆみは睡眠障害、過敏性、うつ病を引き起こします。妊娠中のかゆみのすべての場合で、それはまたかゆみを引き起こす可能性がありますツグミ(カンジダ症)、アレルギー、糖尿病の存在を排除する必要があります。

骨軟化症と破傷風

それらは妊婦の体内の代謝性カルシウムとリンの症状です。骨軟化症は、骨組織のゆるみによって現れ、骨折を脅かす。テタニーは、上肢(「産科医の手」)、下肢(「バレリーナの脚」)の筋肉(「魚の口」)のけいれんによって現れます。

なにができる?

どんな中毒もトラブルの兆候であることを忘れないでください。最初の症状が現れたら、すぐに産科婦人科医に連絡してください(早期中毒の治療は出生前の診療所で行われます)。ほとんどの場合タイムリーな治療はトラブルを解消します。この間は散歩はとても便利です。

初期の中毒の間、それは頻繁にそして少しずつ食べることが非常に重要です。食べ物は暑くて楽しいものではありません。体重が急激に減少したり増加したりする場合は、定期的に体重を測定してください - これは苦痛です。無制限の嘔吐が起こる可能性があります。これを起こすことは不可能であり、したがって緊急に医師に相談してください。健康状態が悪いにもかかわらず、妊娠し続けることが望ましいのです。

成長や発達を止めることのない子供、その動きはすぐに感じるでしょうが、他にはない喜びです。

医者は何ができますか?

妊娠中の女性の早期中毒症の診断は、通常、病気の症状(悪心、嘔吐、垂れ下がりなど)に基づいて行われます。しかし、「古典的な」症状がある場合でも、最終的な診断には、同様の症状を持つ他の疾患(感染症、中枢神経系の疾患、消化管器官の疾患)を除外するための追加の研究が必要です。

情報は医薬品のディレクトリ「Vidal」によって提供されます。エラーが発生しましたか?それを選択してCtrl + Enterを押す。

中毒症はどのくらい始まりますか?

一般に、女性は妊娠初期に中毒に苦しんでいます。ほとんどの場合、早発性毒素血症の症状は5〜6週目に現れますが、時にはすでに月経の遅れの日に、場合によってはそれよりも早く - 受胎の最初の週から始まります。

何人かの女性は、無防備な性交の後、吐き気を感じ、そして次の日に嘔吐するとさえ主張している。しかし専門家はそのような声明に懐疑的です。そのような場合の「中毒」は、おそらく妊娠と完全に無関係な他の原因があります:例えば、中毒または血圧の変化による素因。心理的要因は除外されていません。少女は経験し始め、心配し、そして彼女の感情に妊娠の「兆候」を経験します。

妊娠の最初の学期の中毒は最も頻繁に観察されます。しかし、もっと危険な遅発性中毒症もあります。中毒症は子癇前症とも呼ばれますが、「妊娠中の女性の子癇前症」という用語は遅発性中毒症を指すために使用されることが多くなります。

妊娠中の中毒は生理学的現象であり、治療を必要としません(妊娠中毒とは異なり)。しかし、あなたが非常に気分が悪くなった場合、嘔吐が頻繁に繰り返され、体重が減少する場合は、婦人科医に連絡して助けを求める必要があります。

絶対的な基準はまた、いかなる中毒も存在しないこと、そしてそれのごくわずかなヒントでもあります。妊娠中の女性は確かに気分が悪くなるだろうという意見は間違っています。

妊娠中に中毒はどのくらい持続しますか?

すべてが非常に個性的です:毒素血症の発現から、その期間で終わります。軽度の吐き気しか感じない女性もいれば、治療のために病院に行かなければならない人もいます。それは期間と同じです:妊娠中の別の女性の妊娠中毒症は別の期間中に観察されますが、ほとんどの場合、それは2学期の初めまでに徐々に消えます。

妊娠中の中毒は、胎盤が完全に形成される期間、すなわち12〜14週まで持続します。それから幸福の面で落ち着いている2学期が来る。妊娠の第3学期までに、中毒は再開することができます、そしてそれはすでに妊娠中毒と呼ばれています。妊娠中の中毒症が最初に満期の終わりに現れるのも起こります。妊娠中毒は初期の中毒よりはるかに危険なので、医者はその出現について警告されなければなりません。

子癇前症の症状もやや異なります。特に、浮腫の形成の増加および血圧の増加がある。

時には遅発性中毒症が妊娠中期に始まることがありますが、これは胎児や妊娠中の母親にとって安全ではありません。しかし、幸いなことに、すべてが配達の後に行きます - それは確かです!

妊娠中の中毒に対する治療

中毒症にはさまざまな治療法があります。しかし、それらすべてが無害、安全、そして生産的であるとは限りません。それで、我々はもう一度繰り返します:それは病気を始めない方が良いです。

薬物治療 中毒症を治療するのに使用されるすべての薬のうち(それらのうちの約20があります)、妊娠中の特定の程度まで無害なビタミン、微量元素だけがあります。残りは非常に危険で有毒です。しかし、ある状況下では、母親のためのそのような治療の恩恵が胎児への潜在的なリスクを上回るとき、彼らは彼らの助けに頼らなければなりません。毒血症の薬物治療は複雑でなければならず、そして多くの異なる薬物を含まなければならない。このような治療は常に病院で行われていますが、残念ながら、いつもうまくいくとは限りません。

通常、治療が予定通りに開始された場合、中毒は成功し、女性は退院します。しかし、まれに、改善が見られないことがあります。

  • 嘔吐は止まらない、
  • アセトン尿は3〜4日で進行します、
  • 著しい頻脈があります、
  • 神経系の機能が損なわれている(無力、無関心、せん妄、多幸感)
  • 特徴的な黄疸強膜と皮膚。

この妊娠状態は中絶の徴候です。しかし、幸いなことに、今日それはめったに起こりません。

現代の侵襲的治療法を指します。それは彼女の夫のリンパ球が妊娠中の女性に前腕の皮膚に注射されるという事実にあります。妊婦の健康状態の改善は、原則として24時間以内に起こります。免疫細胞療法はまた入院を必要とし、感染のために子供の父親の徹底的な検査さえも必要とします(B型およびC型肝炎、HIV、Wasserman)。それでもなお、この方法は危険です。たとえば、肝炎感染の脅威があります。

妊娠中の女性と胎児のために絶対に安全であり、そして非常に効果的であり、そしてそれ故中毒の治療の好ましい方法である。それはあなたが個別に薬を選択することを可能にし、同時に女性だけでなく必要なら子供たちのために、全身を全身として扱います。副作用や有毒な過剰摂取の可能性は排除されており、ホメオパシー製剤自体は中毒性がありません。

ペパーミントは、朝の吐き気を防ぐのに役立ちます。このエッセンシャルオイルを、枕の上またはベッドの頭の近くに置いたスカーフの上に​​1滴落とします。この抽出物は、生物全体だけでなく、特にあなたの胃にも有益な鎮静作用を持ち、朝の「暴動」を防ぎます。この手順を数泊続けて実行すると、明らかに安心するでしょう。

ショウガのエッセンシャルオイルを持ち運びましょう。それが突然ひどくなって気分が悪くなったら、しょうがのオイルを手のひらにのせ、それをこすりつけて、鼻に持っていき、ゆっくりと深呼吸をします。この油は嘔吐にも役立ちます:0.5リットルの沸騰したお湯と蒸気吸入を一滴落とします。

昼間の吐き気と嘔吐を防ぐために、朝になると混合オイルを超明色の領域にこすり付けることをお勧めします。

アロマオイルを使用するときは、その品質に注意してください。衛生証明書と適合証明書があるエッセンシャルオイルだけを購入できます。薬局でやるほうがよい。

中毒症の間に記述された治療の種類に加えて、理学療法と植物療法が使われます。また、しばしばよりエキゾチックな治療方法に頼る:催眠術、電気、鍼治療。

しかし、中毒症の軽度の徴候で、妊娠中の女性はうまく家でそれを抑えることができます。

妊娠中の家庭での中毒にどう対処するか

  1. 午前中は、突然ベッドから起き上がらないでください。夕方からベッドのそばで調理されたナッツやクッキーを最初に一杯食べてください。
  2. 1日を通して少しずつ、少しずつ、2〜3時間ごとに食べましょう。
  3. 頻繁な咀嚼は吐き気に非常に役立ちます。レモン、ナッツ、ドライフルーツ、ペパーミント、みかんのおやつ。吐き気の場合は、クミンの種や普通のチューインガムを噛むのが便利です。
  4. あなたの食事から揚げたもの、ピクルス、チョコレートと消化しにくい食品を除外するようにしてください。
  5. Доказано, что витамин В6 уменьшает проявления токсикоза, поэтому в рацион нужно включать богатые им продукты: рыбу, яйца, куриное мясо без кожи, орехи и бобовые овощи (фасоль, горох, чечевицу). Большое количество витамина В6 содержит авокадо.
  6. Противорвотным действием обладает имбирь: его можно добавлять в чай или просто разжевывать. しょうがを添加した製品(しょうがビスケットなど)は、吐き気の衝動を克服するのに役立ちます。
  7. 食べ物は、軽くて栄養価が高く、果物、水を入れた新鮮な粥、パンなど、あらゆる有用な物質を含んでいる必要があります。
  8. しかし、あなたが本当に欲しいなら - 欲しいものを食べなさい。
  9. 少し横になっている必要があります。または食事の直後には、しばらく休んでください。
  10. 中毒時には、暖かい食べ物や冷たい食べ物を食べなければなりません。
  11. 毎朝空腹時にコップ一杯の水を飲むのに慣れてください - これは吐き気の感覚を減らし、素因に対処するのを助けるでしょう。
  12. アルカリ性のミネラルウォーターをガスなしで飲み、予熱します。
  13. 一般的に大量の水分を消費しますが、ごく一部です。特に有用なものは、カモミールティー、クランベリージュース、フレッシュアップルジュース、レモン入りグリーンティー、ドッグローズインフュージョン、レモンジュース入りの水、および蜂蜜です。
  14. カモミール、セージ、ミントのエキスで口をすすぐのは良いことです。
  15. またカレンデュラ、バレリアン、ヤロウ、ペパーミントの注入をする:これらの植物はけいれんを止め、消化管に有益な効果をもたらし、そして神経を完全に鎮めます。
  16. 中毒に対抗するための実証済みの治療法はミントです。それに基づいて、あなたは中毒からチンキを準備することができます。ドライミント小さじ2杯、バレリアンルート小さじ1杯、カレンデュラの花小さじ2杯、そしてヤロウハーブを同量用意する。混合物は400mlの沸騰したお湯を注ぐ必要があり、30分間浸しそして緊張させる。 1日に6回、大さじ2〜3杯、25日間のコースを3回、15日間の休憩を取ってください。
  17. 新鮮な空気の中でもっと。
  18. 匂いが刺激されないように、常にキッチンの換気とフードを使用してください。

絶望してはいけませんし、ベストを信じないでください。それはすぐに終わるでしょう。早期中毒症、通常妊娠の2学期の初めに終了します。しかし、遅発性中毒症 - 妊娠(妊娠の2学期と3学期に)も発生します。したがって、私たちのすべてのヒントはまだあなたにとって非常に役に立つことができます。そして出生後、すべてが確実に合格します!

特にberemennost.net - Elena Kichak

妊娠中の女性の中毒とは何ですか?

中毒 - 毒素中毒の結果として妊娠中の女性が経験する状態。ほとんどの場合、毒素は胎児の発育および成長中に母親の体内に蓄積します。通常中毒症は、嘔吐、悪心、血管障害、中枢神経系の障害、そしてもちろん代謝を伴います。

妊娠または出産の終了後、中毒症の上記の症状はすべてすぐに消えます。中毒が非常に一般的であることを考慮する価値があります。多くの場合、中毒の初期段階で妊娠の明確な兆候と見なされます。しかし、中毒症が発症し続けているならば、これは早期の中毒症の期間に現れた病理学的過程を示すので、それは考慮に値する。 医学における妊娠は生理学的過程と考えられており、病理学には当てはまりません。

カボチャと蜂蜜による妊娠中の毒性の治療

妊娠中の非常に重症例では、中毒症は薬で治療することができます。しかし、初期段階では医師の他の勧告なしに、あなたは病気を取り除こうとすることができます 中毒の治療のための民間療法.

治療の最も人気のある方法はまだ妊娠中の中毒症の治療のための祖母の処方箋、すなわち蜂蜜です。ゆっくり あなたの口の中に蜂蜜のスプーンを溶かす 嘔吐および体調不良の最初の兆候の兆候。

カボチャジュースはレモンジュースで味付けされた、この野菜の煎じ薬と同様に優れた制吐剤と考えられています。

妊娠中の石炭による毒性の治療

妊娠中の中毒症の最も簡単な治療法は、薬としての木炭の使用です。このツールを使用すると、妊娠中の女性の健康を向上させることができます。この目的のために、あなたはあらゆる薬局で売られている活性炭を使うことができます。 食事の30分前には、数錠の石炭を飲むことをお勧めします。 これは食べた後の嘔吐や吐き気を避けるでしょう。当然のことですが、収着剤を定期的に受け入れ、処理するという事実を考慮する価値があります。 活性炭はそう結果をもたらします、便秘などの胃の病気。また体内には、特定の栄養素、脂肪、タンパク質、ビタミンが不足している可能性があります。

柑橘類による妊娠中の毒性の治療

ガラス グレープフルーツまたはオレンジジュース 毒素の体を取り除くだけでなく、酵素システムを強化するのに役立ちます。レモンやレモンのスライスと紅茶は吐き気の発作のための優れた救済策です。したがって、かんきつ類のジュースだけでなく、果物自体も毒血症に対する民間療法として推奨することができます。さらに、それらは含んでいます 大量のビタミン そしてミネラル塩。

果実と中毒を伴う妊娠に対する伝統的な医学的治療法

民間療法では果実の助けを借りて中毒を治すことができるレシピの膨大な数があります。ここにそれらのいくつかがあります。

クランベリージュースそれを準備するには、果実150グラムを取り出し、それらからジュースを絞ります。パルプにお湯を注ぎ、火にかけて沸騰させます。 スープは火で沸騰させた後15分間放置し、それを濾します。 その後、ブロスに約100グラムの砂糖を加えます。スープとベリーのジュース、レモンを混ぜる。小さな一口で嘔吐の発作と一緒に飲み物を飲みます。

ローズヒップチンキ。 この伝統的な薬は、妊婦が体内に大量に蓄積する代謝産物の生物学的に活性な物質を取り除くことを可能にします。それらは中毒の主な原因になります。薬を準備するには、0.5グラムのアスコルビン酸とローズヒップ注入を混ぜる。

次のように輸液を準備します。大さじ1杯のローズヒップを取り、2カップの熱湯でそれらを満たします。約20分間火を止めます。 あなたは1時間魔法瓶で飲むことを主張することもできます。 第1の実施形態では、エナメル容器と同様に水浴を使用する価値がある。準備された注入では、一杯の蜂蜜を加えて、熱の形で半分のガラスのために1日3回飲んでください。

妊娠後半の中毒

赤ちゃんを期待している女性の大多数が、その経過が胎児や女性の状態に実質的に影響を及ぼさない初期段階で中毒症に直面している場合、妊娠の後半に中毒症に苦しむのはごくわずかです。中毒症が危険因子に属し、妊娠に大きく影響する可能性があるのはこの期間中であることは注目に値します。 この病気の危険は、そのような症状が 嘔吐や吐き気は完全に欠如しているかもしれませんが、病理学的プロセスは発展し続け、非常に危険な結果をもたらすでしょう。

妊娠後半の中毒は通常、尿検査と血液検査のみに基づいて、そして以下に基づいて診断されます。 血圧レベルどの測定が絶えず行われます。

妊娠後半の中毒の危険性は何ですか?

まず第一に、妊娠の後半の中毒症は女性の体に非常に強い変化を引き起こす可能性があります。胎児の低酸素症を引き起こし、妊娠中の女性の水と塩のバランスの違反にも寄与するのはこれらの疾患です。しばしば体液が女性の組織に蓄積します。 その結果、胎盤の働きが損なわれます。 そしてその結果、子供は必要量の酸素、栄養素の摂取をやめ、代謝産物は羊水から得られるものではありません。 これは、赤ちゃんの神経系に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

この病気の重症型は、胎児と妊婦の両方の健康と生活に大きな影響を及ぼす可能性があることは注目に値します。この場合、緊急の早期配達が必要です。

遅発性中毒症の兆候

遅発性中毒症の発症は、正確には母親の体液の遅延を伴います。そしてその結果、痛みを伴う渇きが生じ、それがより多くの水分摂取につながります。体から排出される水分はずっと少なくなります。これらは最初のアラーム信号です。

遅発性中毒症のもう一つの徴候 - これは腫れています。気付くのはそれほど難しくありません。それらの発生の主な原因は、妊婦における体液貯留および高い血管透過性である。これは妊娠後半の子癇前症の特徴です。

また、遅発性中毒症の兆候は、目の下の袋、高圧、頭痛、腹部の痛み、耳の詰まりです。

遅発性中毒の原因

この病気の主な原因は、子宮筋腫、高血圧症、肥満などの病気です。 また、いくつかの作業障害は危険です。 内分泌系や心血管系、生殖器の病気。 35週間後、中毒症は急性呼吸器系ウイルス感染が原因で起こることもあれば、栄養失調が原因であることもあります。 遅発性中毒症の要因も多胎妊娠に起因するはずです。、大胎児、多羊水症、母体年齢、以前の妊娠の人為的中断、2年以上の出産の間の中断、ストレスおよび過労。

遅発性中毒症の予防

この病気を避けるためには、チョコレート、小麦粉、香辛料、揚げ物、燻製、ベリーや野菜などの食べ物を排除して、適切に食べるべきです。 それはより多く消費される乳製品とシリアルです。 1日の水分量は2リットルを超えてはいけません。体を動かしたり、歩いたり、泳いだり、体操をしたりすることも必要です。負荷が大きいことや睡眠不足が遅発性中毒症の原因でもあるため、レジメンも重要です。

1.中毒の正確な原因を特定することは不可能です。

多くの人が驚かれるでしょうが、医者や科学者はその疑問に対して正確な答えを持っていません:なぜ毒素中毒が起こるのですか?最も一般的な見方があります:毒素血症はホルモンの変化とhCGのレベルの増加に対する反応です(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)吐き気や嘔吐は妊娠に関係のない他の原因によって引き起こされることが起こります。これらは甲状腺や肝臓の病気です。理想的には、それらは妊娠前に除外されるべきです。

3.中毒は妊娠後期に起こります

古典的には、中毒症は妊娠9週目の前に始まり、14週目に終わります。ある人にとっては、それはより長く続き、妊娠を通して女性を伴うことはめったにありません。遅発性吐き気は、長期にわたる中毒症またはその他の疾患です。潰瘍、中毒、甲状腺の病気、胆道の病気です。

症状に注意してください。27週目に重度の吐き気や発熱、腹痛、頭痛、便の異常がある場合は、ただちに医師の診察を受けてください。

4.中毒が見逃された中絶による可能性があります。

そのような状態は、自然流産の前、または医師が状況に介入する前に女性に同伴することができます。この場合、中毒は円滑に進行します。増減することはありません。

妊娠が正常に進行すると、中毒症は徐々にnoになることがあります、またはそれは数日間「オフにする」ことができ、そして女性は突然気分が良くなります。

非常に重度の中毒は主に女性にとって危険です。

まれに、本当に危険なこともあります。重度の毒性の発現 - 女性が妊娠前の体重、脱水、および必須微量元素の不均衡の最大5%を失うと、不屈の嘔吐。この状態では、食べ物を消化することはほとんど不可能です。女性の身体の代償メカニズムは非常に強く発達しているため、子供には影響しません。しかし、女性は医者に言わなければなりません。このような状況では、失われた水分の補充を伴う病院での治療が必要です。

睡眠は中毒を減らす

あなたの最初の学期のライフスタイルを追跡します。 1日の最大睡眠量は、状態を改善します。家事を背景に行って、あなたの体が望むように眠り、そして新鮮な空気の中で長い散歩をしましょう。

頻繁にそして少し食べなさい。

多くの妊娠中の女の子は塩辛いか甘いを引きます。最初の学期に自分自身を制限しないでください、それから正しい電源設定を調整してください。午前中に気分が悪くなった場合は、ベッドから出る前に塩味のあるものを食べるようにしてください。空腹時に移動して朝食を作ろうとするという事実は、状態を悪化させます。最初の学期中に軽食を恐れてはいけません。ひまわりの種、レモン、生姜を助けるものもあります。最大量の水分を飲みます。水が欲しくない場合は、ジュースやコンポートを試してください。

9.古典的な形の中毒を防ぐことは不可能です。

しかし、上記では、妊娠中の吐き気や嘔吐が病気によって引き起こされているケースについてはすでに話しました。妊娠前に検査に合格した後、これはあなたがコントロールできる瞬間です。妊娠計画の間に、特にあなたが異常な便、食欲、腹痛、発汗、過敏性などを抱えているならば、あなたの医者とすべての厄介な質問について話し合ってください

甲状腺、肝臓、胆道の病気は、中毒の経過を悪化させることがあります。

免疫細胞療法 - 中毒の徴候を減らすための証明されていない方法。

この方法の有効性は絶対に証明されていません。それは中毒症とその治療のために使用される他の状態の両方とは関係がありません。免疫細胞療法は、夫のリンパ球を持つ女性の予防接種です。彼のリンパ球が中毒症の発現にどのように影響を与えることができるか想像するのは難しいです!この方法は国際的なガイドラインやプロトコルには存在しません(インターネットでの多数の議論とは異なり)ので、それに頼るべきではありません。十分な悪影響があるかもしれません。

栄養

妊娠中の女性の体に入った食べ物は直接彼女の健康に影響を与えます。だからこそ、妊娠中にどのようにして中毒を治療するかを決めたいと思う女性は、興味深い立場にあります。まず第一に:

  • 小さな食事を食べる
  • おなかがすいたときにすぐに食べて、吐き気がするのを防いでください。
  • 脂肪や重い食べ物をあきらめる

以下のビデオは、中毒の原因とそれを除去するための対策を説明しています。

  • 刺激的な匂いとはっきりした味がある料理を食べてはいけません、
  • 調味料やスパイスをしばらく食べないでください。
  • 酸っぱい軽い飲み物を選ぶ、
  • 就寝前に食べないでください。最後の食事は就寝の3〜4時間前に行われることが望ましいです。
  • 最初に吐き出すときは、レモンを一切れ、または蜂蜜をスプーン一杯食べる。

昼夜を問わず、女性に休息を与えないような中毒症の顕著な症状があるので、医師は薬を処方することがあります。妊娠中の女性のための最も安全な手段のリストは、中毒の主な症状を取り除きます:

  • メクロジンは輸送中の乗り物酔いから解放されます。
  • メトクロプラミドはよりよい消化を提供し、悪心を減らします、
  • ホフィトールは肝臓の機能を改善し、毒血症の症状を緩和します。しかし、これらの薬の有効性と安全性が証明されているにもかかわらず、妊娠中に中毒を治療する方法を決定する際には、医師と一緒に服用することについて相談してください。

マニフェストの仕方

将来の母親がこの症状を正しく定義しているとは限らず、まれな病気や軽い吐き気を抱えています。妊娠中の女性における中毒症の主な症状は以下の通りです:

  • 頻繁な(1日に5回を超える)吐き気、最も朝に発生し、嘔吐を引き起こすことがあります。
  • 豊富な唾液分泌。
  • 別の方法では、消費された食物の味が感じられ始めます。
  • 一日中めまいや調整の問題。
  • 一般的な肉体的および精神的な弱さ、妊婦は常に眠る傾向があります。
  • 重要 - 平均して、1週間に3 kg以上の体重減少。この指標は女性の初期パラメータに依存するため、注意と管理にはこの期間中の体重減少が必要です。
  • 妊娠の最初の学期中の頭痛は、早期中毒症または他の健康上の問題、例えば圧力の問題を示しているかもしれません。それは無視することはできませんし、それを引き起こした理由を確立することを強くお勧めします。
  • 吐き気や自然に十分に食べられないと、十分なエネルギーが不足し、絶え間ない疲労が生じます。
  • 神経質さといらいらは、気まぐれなものと誤解されることがよくあります。

これらの徴候はすべて見られ、そして子宮外妊娠を伴い、そして凍結すると見られます。彼らは一流の婦人科医に助けを求めるための理由であるべきです。

なぜですか

医者や科学者にこのような状態が起こる理由の明確な意見はありませんが、多くの人がこのようにして母親の体は妊娠を保護し保護しようとしていると主張します。妊娠中の中毒症の最も一般的な原因は以下のとおりです。

  1. 内臓と中枢神経系の協調作業の中断。妊娠の最初の数週間で、脳の皮質下構造の活動が活性化されますが、これは現代人の正常な状態の特徴ではありません。そう自然によって考え出された。 Именно в этих участках формируется рвотный рефлекс, здесь же находятся обонятельные зоны и клетки, отвечающие за работу внутренних органов: желудка, сердца, легких, слюнных желез.
  2. Гормональные перестройки, без которых невозможно вынашивание ребенка. Эндокринные изменения влияют на метаболизм беременной и полностью подстраивают его под благоприятные условия развития плаценты и плода. 内臓はこの準備ができておらず、中毒の徴候と反応します。
  3. 外部刺激物から自然に置かれた胎児の保護。吐き気の最も一般的な原因は、子供に害を及ぼす可能性のある食品の臭いが原因であることが研究によって示されています。つまり、ジャンクフード、コーヒー、アルコール、およびタバコの煙と排気ガスです。
  4. 統計データによると、慢性または急性の形態の漏出における消化器系および他の内臓の疾患は、しばしば中毒の原因となり、一般に妊娠の経過を複雑にします。
  5. 妊娠中の中毒を決定するバージョンの中には、遺伝的素因と女性のライフスタイルがあります。
  6. 子宮内での生後1日目の子供は、母親の有機体とは遺伝子構成が異なるため、胎児に対する抗体を産生します。
  7. 多胎妊娠では、中毒がより一般的であり、吐き気がより激しくなります。
  8. 新しい状況に関連する否定的な感情。
  9. 妊娠後期(35年後)

一部の女性では、中毒は妊娠全体に伴います、これはそれの合併症であると考えられていて、専門家の監督の下で継続的なモニタリングを必要とします。

状態を緩和する方法

妊娠中の吐き気はしばしば長いですが、攻撃の正確な時間を予測することは不可能です。したがって、不快な状態を防ぐためにあなたが取ることができる行動を知ることは女性にとって重要です。

  • 目覚めたらすぐに炭水化物食品。あなたがベッドの近くで寝た後に食べる必要があるパン、ビスケットまたはドライフルーツの断片を保つ習慣になりましょう。
  • ハーブティーやスープをレモンと一緒に、少し甘みをつけて飲む。
  • 吐き気と戦うために民間療法を使用することをお勧めします:攻撃の間に直接ゆっくりと柑橘類のスライスを食べる - それらの組成物中の酸は吐き気を中和するのを助けます。
  • 季節に応じてフルーツとペストリーを疑わしい成分で置き換えてください。
  • 不健康な食べ物を拒否する:揚げ物、脂肪分、塩辛い物、燻製物。
  • 調理の過程では、熱処理の控えめな方法 - 調理、焼き、蒸し - を使う。
  • 部分的に食べる - 小さな部分で食べることが多い。
  • 食べた後はもっと散歩してみてください。

吐き気を予防するための予防薬の提案された選択肢は、早期および後期中毒症の発症を予防するために有効である。

強い中毒

女性が常に吐き気がすると、彼女と子供がバランスの取れた食事をとることが不可能になります。特徴的な頻繁で激しい嘔吐を伴う強い程度の中毒症状を伴う場合、外来患者環境で中毒症を治療することが賢明である。それは構成されています:

  • 日常点検
  • 分析の定期的なコレクション。
  • 妊娠中のスポイトの状態をブドウ糖で支えます。
  • 医師が個別に処方した薬を服用する。
  • 特別な食事へのこだわり。
  • 静かな生活環境を確保する。
  • 部屋の湿度とその常時換気を制御します。

Pin
Send
Share
Send
Send