健康

子宮鏡検査の後に毎月

Pin
Send
Share
Send
Send


診断

子宮鏡検査は子宮を調べることを可能にする方法です。診断と手術の子宮鏡検査があります。ほとんどの侵襲的技術と同様に、子宮鏡検査は外科医の経験と医師の技能を必要とします。そうでない場合、女性の命に危険を伴う合併症があるかもしれません。

手続きの特徴

子宮鏡検査は月経周期の6日目から10日目に行われます。この処置の間、婦人科医は子宮鏡を子宮腔に挿入し、その結果として彼女の腔の画像がスクリーン上に現れる。子宮鏡検査中に、不快な痛みが発生する可能性があります。彼女の治療方法は全身麻酔下で行われ、診断方法は「生」で行われます。基本的に、この処置は女性の病気の重症度にもよりますが、10分から30分続きます。子宮鏡検査の最後に、親密な関係を控えるべき量を医師と一緒に明確にする必要があります。医師は治療的子宮鏡検査の後3週間の禁酒を勧めます。診断方法の後、この推奨事項は3日間だけをカバーしています。

月経周期

子宮鏡検査後の毎月は、手術中に子宮内膜を除去するために遅れることがあります。子宮内視鏡検査は、月経周期の違反、出血、ポリープ、過形成、子宮筋腫、妊娠中絶または流産後、帝王切開後、女性が身体的にどうにか体を支えられない場合に行われます。基本的に、子宮鏡検査後の月経は1ヶ月後に再開します。サイクル違反の問題がある場合は、その原因を知る必要があります。例えば、子宮の掻爬または妊娠の終了と呼ばれる手術後に子宮鏡検査が行われ、その場合、身体が再構築されるのに時間がかかり、月経周期が再開される。こすることは、子宮の清掃とも呼ばれます。

他に知っておくべきこと

この手順は、子宮粘膜の最上層を除去するために医師によって処方されています。ほとんどの女性は、子宮鏡検査後の月経が非常に長い間続くことに気付いています。これは、手術中に卵管または子宮の粘膜が損傷を受けたことを意味します。子宮鏡検査後の最初の時期になるように特に注意してください。非常に強い失血に気づいた場合、婦人科医だけが違反の原因を突き止め、このプロセスを排除する薬を処方することができるので、緊急に医師に相談する必要があります。子宮鏡検査の後、月経に非常に鋭くて厄介な匂い、黒い色合いがある場合、これは追加の病気の結果である可能性があります。これは子宮内膜症、子宮の穿孔または子宮出血の徴候である可能性があります。子宮内膜炎は、子宮への感染の導入の結果として現れます。手術後3日以内に発症します。子宮の穿孔または子宮出血は、手術の規則、すなわち装置による子宮壁の穿孔に違反することによって起こる。この病気の場合、外科手術が緊急に必要とされるかもしれません。どんな手術の後でも、退院を監視し、必要ならば医者に相談することが必要であることを覚えておいてください。

子宮鏡検査後に毎月何をすべきですか?

すべての女性のための女性の健康は彼女の幸福と美しい外観への鍵です。自分の世話をする女性は、婦人科医の検査と必要なすべての検査にタイムリーに合格しなければなりません。現代の婦人科で最も人気のある診断法の一つは子宮鏡検査です。この研究では、子宮を調べて正確な診断を下すことができます。専門家は、反射特性を有する子宮腔に入る。これにより、専門家は子宮腔をスクリーン上で見ることができる。

子宮内視鏡検査 - 一般的な診断手順

他の研究と同様に、この検査は女性の体に影響を及ぼし、実施される研究の種類によっては結果が異なる可能性があります。

子宮鏡検査には以下の種類があります。

  • 外科的です。それはすぐに女性の身体への損傷の可能性を最小限に抑えながら子宮ポリープまたは類線維腫の問題を解決するために使用されます。
  • 微小子宮鏡検査この種の研究は診断的です。手順に使用される装置は、それらを損傷することなく細胞レベルで子宮組織を検査することを可能にする。
  • 診断日常検査です。

研究中、子宮内膜は除去され、それが月経が後で始まる可能性がある理由です。子宮鏡検査後の毎月は、規定の日数の月の後に行き始めます。 しかし時々周期は壊れることができ、それからあなたは婦人科医に相談し、問題の原因を決定するために必要な研究を通過する必要があります。 手術後に月経周期の違反があった場合は、心配しないでください。完全に体が回復するまでにはしばらく時間がかかります。

子宮内膜 - 子宮の殻、あなたがそれを削除した場合、月経は後で始まります

月経に対する手技の効果は、行われた子宮鏡検査の種類によって異なります。

診断的子宮鏡検査法が周期障害を引き起こすことはめったにありません。

手術後、女性は月経の開始時だけでなく出血の性質も変化する可能性があります。発生する可能性があるすべての変化は、女性の身体の反応に依存します。すべてが女性の身体の特性に依存しているので、誰も研究後に月経の性質を予測することはできません。

重い期間を持つ女性もいれば、小さな血液塗抹標本を持つ女性もいます。前者の場合も後者の場合も、これは病理学とは考えられない。分泌物の性質は、子宮の粘膜が回復する能力に依存します。

しかし、退院のためにしばらく時間をたどるのが女性のために良いです、そして、彼女が何かについて心配であるならば、婦人科医に相談してください。それは排出の一貫性、色および匂いに注意を払う必要があります。警報信号は不快な臭いを伴う褐色の放電です。この症状は術後の炎症の発症と共に起こることがあります。

場合によっては、子宮鏡検査後、非常に重い期間が観察されます。

子宮鏡検査後の毎月は、手術前とは異なる場合があります。したがって:

女性は子宮鏡検査の無害性にもかかわらず、組織の完全性を侵害する手術であることを覚えておくべきです。 これは術後の期間に感染の危険性を高めます。したがって、女性は医師のすべての治療処方および個人衛生の規則に厳密に従わなければなりません。

子宮鏡検査後の月経

子宮鏡検査は子宮腔を診断するための非常に有益な方法です。それは多くの利点とその利点を持っています。多くの場合、子宮鏡検査の後、長い期間は女性を邪魔することがあります。これは、介入に対する身体の反応です。あなたはそれが常に個人的であることも覚えておく必要があります。月経周期がどのように回復され、それがどのように流れるのか、月ごとの期間の開始時期、およびそれらが続く期間を予測することはできません。

子宮鏡検査は子宮の器械検査です。それはあなたが子宮を完全にそして徹底的に調べて、子宮内膜、腫瘍および他の新生物への損傷を識別することを可能にします。この方法の主な利点は、手技中に形成物を直接除去し、生検を行い、そして必要な操作を行うことができることである。子宮摘出術の過程で、ポリープの除去、癒着、その他の粘膜の成長が起こります。

子宮鏡検査が子宮鏡検査の後に現れるのはなぜですか?子宮鏡検査後の月経の回復は異なる時間間隔で起こる。時にはそれは長い時間がかかる、時には - 手術後の最初の月経期間は時間通りに来るかもしれず、前のものと変わらないであろう。場合によっては、月経が通常より早く始まることもあります。

各生物は個性的であり、反応を予測することは不可能であることを忘れないでください。

子宮鏡検査が掻爬後の臓器の状態を診断するために行われた場合、膀胱鏡検査子宮鏡検査後の月経期間はホルモンの状態に応じて発生します。個別の診断用掻爬術(EFD)は次の順序で行われます:最初に、子宮頸管から、次に子宮から材料が採取されます。この研究は、次の月経の数日前または数日後のいずれかに、サイクルの後半に行われます。組織の治癒率に応じて、月経周期は回復します。中絶の場合、強い再編が起こり、それが月経の遅れを引き起こします。

手術中に感染が起こることがあります。この可能性は低いですが、まだあります。感染の場合、痛みを伴う期間が始まります。この場合、体の長期的な回復があり、私たちは命と健康を救うことについて話しています。

手術を受けたことのある多くの患者は、手術後しばらくしてから非常に重い時期が来たことに注意してください。介入後の最初の期間は以前より長くなりますが、それらの期間も異なります。次の月はいつ、そしてどのくらいの頻度で修復されるのでしょうか。

順番に分析します。問題の大きさを判断する方法ガスケットを交換する頻度がわかります。分泌量が多すぎる - 3〜4時間に1回以上それからあなたはあなたの医者に相談しなければなりません、そして、その医者はあなたに何をすべきか教えてくれます。また、夜間に衛生用品を交換する必要があるかどうかにも注意を払う必要があります。女性が彼女の不快感をもたらす彼女の期間の持続期間について心配しているならば、あなたは間違いなく医療援助を求めるべきです。大量の月経血は衰弱を引き起こす可能性があり、生活を大きく妨げるでしょう。

毎月の量とその量が変わるかどうかは非常に重要です。子宮鏡検査後に乏しい時期が来ることがよくあります。これは、手術後に月経の性質が逆転することがあるという事実によるかもしれません。つまり、早い時期にそれらが豊富であったとすれば、今ではそれらは乏しくそして長続きしないでしょう。

放電の構造が変わる可能性があります。これは、凝血塊が出現し、放電の色と匂いが変化することを意味します。子宮鏡検査の直後に変化が始まります。凝血塊を伴う月経は、血液分泌が起こるときの術後期間に直接関係している可能性があります。女性は、この場合の月経は予想より早く始まったと述べています。不快な臭いは、加入感染を示している可能性があります。それがどれほど危険なのか、説明する必要さえない。感染プロセスは生殖器だけでなく、さらに進行することもありますが、一般化します。

月経の性質に変化があると、女性に注意を促し、助けを求めるよう強制する必要があります。

子宮鏡検査後の褐色月経は子宮内膜症を示している可能性があります。月経が予想される時間より前に時期尚早に行われた場合、それはおそらく術後退院である。

子宮鏡検査後の月経は痛みを伴うことがあります。事実、特に腫瘍の切除を伴う手術は、子宮粘膜にとって有害な要素であるということです。彼女は癒し、本格的な仕事を取り戻すために時間が必要です。この期間は痛みを伴います。彼らが永遠に残る可能性はほとんどありません。

性機能の迅速な回復と回復のために、女性は専門家のすべての勧告に従うべきです。

最大1ヵ月は性交を控える必要があります。どれだけの介入が行われたかによって異なります。身体活動を制限し、重いものを持ち上げないでください。女性は低体温や過熱から保護する必要があります。

感染した場合、患者は処方された薬を服用し、個人衛生のすべての規則に従うべきです。手術からの回復は長いプロセスです、それは異なる時間がかかることがあります。回復は患者により大きく依存します。

子宮鏡検査後の次の月経期間の特徴とタイミング

婦人科問題の診断と治療の最新の方法 - 子宮鏡検査。それはビデオカメラを装備している特別なプローブで子宮腔への衝撃の少ない侵入を表しています。場合によっては、目視検査と手術が組み合わされるため、この手術を受ける女性は、子宮鏡検査後に月経がどのように経過するかに関心があります。

子宮鏡検査の方法は、成長したポリープまたは生殖器の内層を除去するために、正確な診断をすること、子宮内膜の生検を行うことが必要であるときに使用される。子宮内の癒着や間仕切りを取り除かなければならないとき、彼らは子宮鏡検査に頼る。あなたが子宮内に胚を配置したい場合は、体外受精の枠組みの中で使用されます。

この手技が診断目的のために処方されているならば、それは長く続かない - 約30分そして麻酔を必要としない。外科手術は定常状態で行われ、全身麻酔を使用します。それは控えめに行われます、それは2日目の子宮鏡検査の後に女性が家に帰ることを許される理由です。

診断目的の子宮鏡検査は、月経周期に実質的に影響を及ぼしません。この処置は通常月経流出が止まった直後に行われます。この時点で、子宮内膜はまだ厚すぎず、その表面と子宮腔をよく見ることができます。

通常、子宮鏡検査の後、月経は時間通りに始まるか、2〜3日ずれます。それは女性の身体の特性によります。ビデオカメラの制御下で粘膜の掻爬が起こる外科的子宮鏡検査は、次の月経の開始のタイミングに影響を及ぼし得る。

これは、子宮内膜の人工的な剥離が子宮の壁を傷つけ、それが出血し始めるという事実によるものです。手術後毎月3週間まで、時にはもう少し長く行きます。月経がいつ起こるかは、手術に対する個人の反応次第です。一部の女性は掻爬後の最初の月に周期不全を経験するが、それはすぐに正常化する。

子宮内膜が外科的子宮鏡検査中に除去されることを考慮に入れた場合、外科手術の日は新しい毎月の周期の最初の日に撮影されます。操作後、子宮の内側を覆う新しい層が形成されます。彼が熟し次第、月経が再開します。

一部の女性では、その発生期間がごくわずかにシフトしています - 月経は数日後にしか始まらないことがありますが、他のものでは遅延は長期間続くことがあります。しかし、手術はホルモンに影響を与えないので、月経周期は数ヶ月以内に正常化されます。これがどれだけ早く起こるかは、感染症の流行歴、中絶、出生数、その他女性の健康に影響を与える要因によって異なります。

子宮鏡検査をこすった後の定期的な期間は、以前よりも多くの希少性を伴うことがあり、同時に数日間長く続くこともあります。小さな血栓のある通常の血の代わりに、女性がこの期間中に気をつけたり、血を流したりしても気にする必要はありません。しばらくすると、放電量は正規化されます。

子宮鏡検査後のわずかな期間が刺激臭を伴って出現し、異常な色合いを獲得した - それは警戒の価値がある。生殖器官で感染プロセスが発生する可能性があります。この場合、あなたはすべての症例を延期し、あなたの婦人科医に来て、適切な治療を処方する必要があります。

月経が来たときに女性が失う大量の血液もまた、特に注目を集めるはずです。通常、ガスケットの交換は3時間以内です。それが速く浸されるならば、それは警報を鳴らす価値があります。深刻な出血を防ぐために、医者に行く必要があります。

外科的子宮鏡検査後に起こりうる合併症

月経として始まることがある出血は貧血を引き起こします。この状態では、血液中のヘモグロビン量が減少し、臓器への酸素供給が不十分になります。淡い肌、疲労、めまいは、女性が重度の失血を疑う可能性がある兆候です。

掻爬で子宮鏡検査を行った後に起こるわずかな出血は、全身状態の悪化を伴うことがあります。 Иногда женщины жалуются на боли внизу живота и повышенную температуру тела. Это может быть свидетельством того, что при операции в маточной полости остался кусок эндометрия. Либо в детородный орган попала инфекция и теперь развивается эндометрит.

子宮鏡検査は一流の外科医によって実行されなければならない手術です。結局のところ、1つの誤った動きは生殖器官の壁が損傷を受けたときに起こる深刻な結果につながる可能性があります。子宮内の創傷の感染に関連した炎症の発生は不妊を引き起こす可能性がある。

医師が彼らの患者に与える勧告は、行われる子宮鏡検査の種類によって異なります。それが診断手順であり、それから数日後に退院がない場合、10日後にはセックスをすることができます。仕事の仕方や休憩に関する制限はありません。

外科的子宮鏡検査が実施された場合、医学的推奨のリストはより広範囲です。専門家は、処置の後の最初の月に性交を避けるように勧め、子宮内の創傷が治癒するまでには時間がかかることを説明しています。また、この期間中に性交中に感染の可能性があります。

また、婦人科医はお勧めします:

  • サウナ、浴場、プールへの訪問を控える
  • シャワーを浴びて、親密な衛生のために特別な手段で洗い流してください。
  • 触れないでください、膣薬の使用をやめてください。
  • 生理用タンポンは使用しないで、ガスケットに置き換えてください。
  • 運動を制限する
  • よく休む、よく眠る、
  • 腸の機能を改善する食品を食べる

手術後、医師は一連の抗生物質療法を処方します。同時に、彼はアスピリンや他の血液希釈剤を使用することはできないという事実に女性の注意を集中する必要があります。子宮鏡検査の後1週目と2週目の間、女性は体温をモニターし、1日に2回それを測定するべきです。

よくある質問

私たちの訪問者と専門家に聞いてください。

すべての相談は絶対に無料です。

©2017.月経周期に関するサイト

と彼の欲求不満

無断複写・転載を禁じます。

この情報は一般的な情報としてのみ提供されており、自己投薬には使用できません。

自己瞑想する必要はありません。危険なこともあります。必ず医師に相談してください。

サイトからの資料の部分的または完全なコピーの場合、それへのアクティブなリンクが必要です。

子宮鏡検査後の月経の特徴

子宮鏡検査は、多くの婦人科疾患の診断と治療のための非常に重要な現代的な処置です。この出来事を通して、病理学を詳細に取り除き、子宮を調べ、そして不妊を引き起こした原因となる要因と戦うことが可能です。それがこのイベントを開催する価値があるかどうか、スペシャリストは証言の存在およびイベントのありそうな害に対するそれらの比率によって導かれて、決定します。しかし、他の多くの状況と同様に、最後の言葉は患者に残ります。手順の実装中に観察することができる重要な要因の一つは、子宮鏡検査後の毎月の変更です。周期の変動の原因と、この出来事の結果との闘いの特徴を考えてください。

子宮鏡検査は診断的性質の操作的治療であり、それは子宮の視覚的評価を行い、その中の病理学的過程の有無を決定することを可能にする。調査方法論を通じて検出することができます。

  • 体の構造の異常
  • 手術の必要性
  • 病理学が存在する、
  • 新生物
  • 異物

子宮鏡検査は内視鏡検査法であり、訓練された専門家による子宮鏡を使用して行われる。ギリシャ語からの手順の文字通りの翻訳を考えると、それは「子宮を調べる」ように見えます。操作の目的に応じて、操作は診断的および治療的になります。最初のケースでは、課題は子宮の表面の詳細な検査だけでなく、生検のための子宮内膜の収集でもあります。第二の状況では、医師は病理学的形成物を除去することを目的とした手術を行う。したがって、子宮鏡検査の後の期間が変わり、それらの周期が更新され、そして放電自体の性質もまた変化する可能性があることは驚くべきことではない。

目的に応じて、子宮鏡検査は、すでに述べたように、診断および治癒であり得る。身体の問題とそれを排除するためのさらなる決定を特定するために診断が必要です。医療プロセスは、子宮内腔を調べた直後に開始され、伝統的にポリープの除去、子宮筋腫の切除、癒着の除去のための外科的介入を目的としています。別の種類の事象は対照型の手術であり、それは子宮内処置後の一定期間(通常6ヶ月)後に行われる。手術が定性的に行われるためには、子宮壁を完全に拡張することと同様に、子宮を拡張することが必要である。これを行うには、子宮腔の入力媒体で。

子宮鏡検査後の毎月は変更される可能性があります。それらが小さくて時間的に短い場合、これは正常です。この状態は、数週間で外部の介入なしに過ぎます。月経流出が通常の退院とは大きく異なる場合は、医師に相談して至急の治療措置をとるべきです。イベントの後に発生する可能性があるいくつかの条件があります。

婦人科医は、この手順の実施に着手し、遅れる可能性があることを直ちに患者に警告しようとしています。伝統的に、本格的な回復プロセスは女性の身体に1ヶ月を必要とします、しかし、他の場所のように、この状況には一定の例外があります。この試験はストレスの多い状況として機能するため、子宮鏡検査後の月経は予想より1〜2週間または3週間遅くなる可能性があります。しかし、それらの期間と一貫性は、通常の状態と同じでなければなりません。

この過程が掻爬を伴う場合、正常な状態は周期の変化であり、先月から始まって処置の日が終わるまでの日数に等しい。原則として、最初の血液の排出は30日後に現れます。重要な日が7週間の間に来ていないならば、これは主治医を訪問する重大な理由であるはずです、それは状態が治療過程の必要性を必要とするからです。時折、子宮頸部けいれんの形での深刻な状態は、最高の効果がありませんが、そのような変化の原因となる要因として機能します。

月経の流れの期間が変化する可能性がある場合は、これが当たり前のことであり、深刻な病理学的プロセスの兆候としては機能しない可能性があります。この状態の原因は、外科的プロセスに対する女性の身体の個人的な反応です。月経によってどれくらいの期間がかかるかは、女性の健康状態、行われた中絶の数、または一般的なプロセス、病状の有無によって決まります。長期間の重要な日数の後に痛みと退院の一貫性の変化が続く場合は、婦人科医に相談する必要があります。

子宮摘出後の毎月も予定より早くなることがあります。事実は、ストレスや不安のために、月経周期に様々な調整が行われ、特にその規則性が変化するということです。この要因が「これら」の日の早い開始の主な理由です。そのような状況では、子宮出血または炎症過程を適時に判断するために、あなた自身の健康の定期的なモニタリングを確実にすることが必要です。そのような状況では、「症例」は下腹部および腰の痛みを伴うことがあります。

多くの場合、患者は通常の退院の代わりに血液のわずかな退院を見つける。この状況は絶対に正常と見なすことができるので、それはパニックの価値がありません。この現象の主な原因となる要因は、専門家が手術中に子宮内膜組織の​​コレクションを作成したため、回復する時間がないことです。乏しい分泌物が暗く、そしてまた患者の全身状態の悪化、発熱、痛みを伴うならば、感染過程の可能性がある。専門家に相談する必要があります。

豊富な月経の出現は、すべての女性のための警告信号として機能します。重要な日の間に女性が2〜3時間ごとにガスケットの交換を余儀なくされ、血圧の低下、弱さの兆候がある場合、これは医師に相談する重大な理由です。経験を積んだ専門家だけが正常な状態を達成し、失血を減らすことができるので、決して自己治療を始めてはいけません。あなたが良い医者に頼るならば、あなたの期間は調整されます。

いかなる外科的介入も組織の完全性への損傷を伴う。この場合、月経周期は中断されます。この状態は次のような理由で現れます。

  • 操作中または操作後の感染の可能性
  • 手術中に発生した子宮内膜層の菲薄化
  • ストレスの多い、落ち込んだ状態と状況
  • ホルモンの混乱(特に妊娠を止めるために操作が行われた場合)。

これらすべての理由は身体にとって非常に重要であり、それに深刻な影響を与えるように設計されています。

診断目的でイベントが実施された場合、その結果は月経周期の状態にはまったく影響しません。この状態は操作直後に起こります。この期間中、子宮内膜は小さな厚さの指標を有する。通常、このようなイベントの後、重要な日数は予定どおりに、または最長2〜3日遅れて進みます。この期間は女性の体の個々の特性によって異なります。外科的介入は、どの変化が起こったかの影響下で、月経の期間により大きな影響を与える可能性があります。これは、子宮内膜剥離の人工プロセスおよび子宮壁の損傷によって説明することができます。

手術後の月経は約3週間です。時々この期間はもっと長いかもしれません。それが来るとき、それは手術に対する体の個人的な反応に依存しています。一部の女性では、失敗は最初の数日でしか起こらず、その後状態は正常に戻ります。同時に、公平な性の何人かはより長い失敗に苦しむことを余儀なくされています。この事象の間に子宮内膜が除去されたと我々が考えるならば、手術の日は新しい周期の最初の日と考えられる。

手順が完了した後、新しい層が作成され、その成熟後に新しい月経周期が作用するようになる。ほんの数日で、ほんのわずかな時間のずれが見られる女性もいれば、数週間遅れる人もいます。しかし、手術はホルモンの背景の状態に影響を与えないので、周期は数ヶ月にわたって正常化します。これがどれだけ速く起こるかは、多くの病気の歴史における存在に依存しています。

子宮摘出術は特定の困難や困難を引き起こす可能性があるイベントです。

重要な日として出血が始まります。このプロセスは貧血状態を引き起こす可能性があります。この場合、ヘモグロビン量の減少、ならびに臓器への酸素の供給不足があります。この状態に、めまい、一般的な弱さ、および力の喪失からなる、さらにいくつかの兆候が追加されています。

血液排出不良の発生。多くの場合、それらは掻き取りと共に測定が実行される場合です。この場合、女性の一般的な健康状態は著しく悪化する可能性があります。時々痛みが下腹部に現れ、そして時々熱い状態が形成されます。この事態は、子宮内膜の一部の子宮腔内の残留物の徴候、および生殖管の感染症の可能性があります。

イベントはプロの高級外科医によって行われるべきです。結局のところ、少なくとも1つの間違った動きが観察されれば、これは不妊症、癌腫瘍、生殖管の深刻な炎症性および感染症の形での深刻な結果の結果である可能性があります。

ソースへのアクティブリンクを示す

子宮鏡検査の後はなぜ乏しい期間ですか?

子宮鏡検査後の月1回は、手技の前と比較して違いがあってはなりません。ただし、その不足が問題になっている場合や周期が確立されていない場合は例外です。ほとんどの場合、子宮鏡検査は月経周期を正常化します。

手術が次の月経の終わりの次の日に行われるという事実のために、子宮鏡検査の後の期間はその期限内に来るべきですが、上向きと下向きの両方の逸脱は可能です。

子宮鏡検査は、外科医からの優れたスキルを必要とする侵襲的な手技です。それは診断の一部として実施され、それは診断を確認または反論し、そして研究のために生体材料を処置または摂取する目的のために実施され得る。子宮鏡検査後の毎月は、通常と有意差があってはいけません。正常範囲内では、月経周期は1か月以内に回復するはずであり、子宮鏡検査の日は周期の最初の日です。これは、この処置が次の月経が始まってから6〜10日間行われるという事実によるものです。

子宮鏡検査後の期間がどれほど乏しいかは、身体が刺激に対して異なって反応するので、各女性の個性に依存します。このサイクルはもっと早く始まるかもしれないし、もっと遅く始まるかもしれないし、選択は通常よりもっと豊富かもしれないし、あるいは難題を表すかもしれない、それは前もって言うことは不可能である。通常、分泌が不足しているのは、子宮内膜が処置中に削り取られているという事実によるものであり、その層は依然として月経の開始までにかなり薄くなる可能性があり、それ故に異常で小さいサイズの月経である。

月経の期間もまた、ほんの数日だけ、より長くても、またはより短くてもよい。しかしこれは成功するが、退院に不快な臭いと異常な色がある場合、これは警告信号であり、婦人科医に相談することが緊急の必要性である。

あなたは豊富な退院に注意を払うべきであり、それらが大きすぎる場合、これは彼が出血が開いているかどうかを確実に言うことができるように医者に行く理由でもあります。通常、ガスケットの交換は少なくとも3時間行われるべきであり、それは標準と考えられています。衛生処置をより頻繁に行う必要がある場合、これは標準からの逸脱であり、婦人科医への訪問が必要です。

子宮鏡検査の間に、医者はスクリーンに画像を送る小型ビデオカメラで子宮腔を調べます、そして病理があるならば、それは見ることができます。そして、この手順はそれほど害がないわけではないので、診断だけが行われた場合は少なくとも数日間、そして医療操作が行われた場合は3週間、性的親密さを控えるべきです。そうでなければ、あなたは子宮腔に感染症をもたらすことができますし、子宮鏡検査後の毎月は通常の範囲内になりません。

子宮鏡検査は、以下の場合に実施される:中絶または自然流産の後、子宮内膜が成長したときの掻爬など、手術が子宮腔内で行われたとき。妊娠することが不可能な場合、これに対する必要条件がない場合、女性が閉経期に子宮出血を起こし、子宮が異常に発達している場合、ポリープがあれば。そして最も重要なことに、このようにしてあなたは筋腫、または子宮筋層の腫瘍を検出することができます。同様に、子宮鏡検査は子宮内膜悪性腫瘍の検出に役立ちます。

子宮または性器に炎症過程がある場合、子宮鏡検査は実施できません。子宮頸がんが検出された場合、妊娠が発生した、著しい子宮出血がある、子宮鏡検査も禁忌です。この検査を行う前に、女性は一連の検査を受けなければなりません。必然的に血液と尿、そして感染症、HIV、肝炎と梅毒の存在についてです。細菌が含まれているかどうかにかかわらず、膣の純度を確認するための塗抹標本も必要です。

この種の検査や治療を怖がる必要はありません;手術が必要な場合は全身麻酔下で行われ、診断には必要ありません。操作は生きていて、感覚は不快ですが、それほど苦痛ではありません。数日間の子宮鏡検査の後、血の放出がありますが、それらは正常範囲内にあり、それらは数日で消えます。

毎月の子宮鏡検査が通常のサイクルと非常に異なる場合は、それらを無人のままにしないでください。健康、さらには生命への脅威がないように、必ず医者を訪問してください。小さな偏差が標準です、彼らは自分で通過します。

女性の健康を含め、健康を維持する必要があります。そのために、臓器の機能不全が発生した場合は、直ちに医師に相談してください。彼は子宮鏡検査を含む検査を処方します。同時に、月経周期は正常化され、子宮鏡検査後の月経期間は時間どおりに到着し始めます。

読むことをお勧めします

©2000–2017医学に関するすべての有用性「メドクノ」

Pin
Send
Share
Send
Send