衛生管理

周期のどの期間が妊娠する可能性が高いか:妊婦への助言

Pin
Send
Share
Send
Send


妊娠する可能性を考慮すると、2つの理由で女性を心配させます。子供が欲​​しいという欲求、またはその逆です。

数十年前、多くの人は妊娠を防ぐため、または最も早い着想のために、いわゆる「カレンダー法」の避妊法に頼りました。最近の研究の結果はあなたがこの方法を信頼するべきではないことを示唆しています。より現代的なデータによると、月経周期のどの日でも月経期間中でさえも、いわゆる“突然の”排卵が月経25〜35歳の女性で観察される可能性があります。

最新の情報によれば、性の弱い人の3分の1だけが明確な概念の概念を持っています。月経周期の10日から17日まで。
実際、このギャップで妊娠する可能性は、月経周期がどれほど安定しているかに左右されます。これは、あらゆる女性の生殖系の健康状態を示す指標です。

通常最も安定した周期は、25歳から35歳までの性の弱い人の代表に見られます。最初の月経から数年後、および更年期前の年齢では、散発性排卵がより頻繁に起こり、月経周期はしばしば失われます。つまり、妊娠する能力は周期のどの日にでもあります。

いくつかのデータによると、サイクルの4日目に女性の2パーセント、7日目に17パーセントが妊娠する可能性が最も高いとされています。そして、7割の女性がサイクルの10日前と17日後に妊娠する最大の機会を持っています。さらに、周期が安定している女性では、月経が始まった日でも出血中でも、1〜6%の受胎の可能性があります。

さらに、周期および排卵の安定性は、穏やかで正常な感情的背景から切り離せないと考えられています。しかし、どんなストレスでも、そして通常のルーチンの変更でさえも、サイクルの安定性に影響を与える可能性があります。
20世紀の頃、ドイツで婦人科医の研究が発表されました。これは、サイクルの2日目から30日目までの間に性行為から妊娠した25人の患者を自身の診療で記録したものです。
それは妊娠する能力に影響を与えるいくつかの要因を考慮に入れるべきです:

以下の場合、受胎の可能性は大幅に低下します。

  • 交尾直後に緊急避妊法が使用された、
  • 月経は周期の終わりに始まった、
  • 交尾の3〜4週間後、迅速検査で妊娠は見られませんでした。

次のような場合、受胎の可能性が高まります。
  • 他の妊娠の最初の徴候と同様、4日またはそれ以上の月経遅延の存在下で交尾後。

したがって、妊娠することが極めて望ましくない場合、カレンダ方法は十分に信頼できないと結論付けられるべきである。絶対に確実にするために、あなたは避妊法の異なる方法を使うべきです(コンドーム、ホルモン剤)さらに、コンドームなしで交尾中に感染症を通過する可能性があることを覚えておく必要があります(性感染症、エイズ、肝炎、ヘルペス).
また、妊娠したい場合は、カレンダー方式に頼らず、「適切な日」にのみ交尾を行うべきです。そのような場合、2日に1回の頻度での月経を除いて、サイクルのどの日にも避妊薬を使用しない通常の性交が最も効果的です。

妊娠とは何ですか?

あなたは月経周期の特定の期間にのみ妊娠することができます。

妊娠とは、胎児、または胚が徐々に体内に発達する女性の状態を意味します。それは男性の女性の生殖細胞の時に発生し、プロセスは卵管で発生します。

妊娠は9ヶ月、または40週間続き、その後一般的な行為で終わります。

月経周期のすべての日に子供を妊娠させることは不可能です。。あなたが妊娠することができる安全な日、ならびに卵子の受精時間、すなわちその放出があります。

妊娠する可能性が最も高い時期:計算方法

肥沃な日の詳細は、すべての女の子にとって役に立つことができます。

生殖年齢のすべての女性は、妊娠できる日数を知っている必要があります。

原則として、この時間は毎月のサイクルの真ん中、つまり28〜29日の一定の月間サイクルがある場合、最後の月経の終わりの約7〜10日になります。正確な日数を計算するには、月の規則性、および日ごとの月経周期の期間を考慮する必要があります。原則として、すべての女性が28日という定期的な周期を持つわけではありません。 この場合 出生日数は次のように計算することができます。

  1. 強調表示された月経周期であなたのカレンダーを取ります。過去6ヶ月間の日数で必要性を計算します。
  2. 最短の数18から引きます。たとえば、最短のサイクルは23日です。 23-8 = 5 したがって、月経周期の5日目から、あなたは妊娠することができます。
  3. 最後の可能な繁殖日をチェックするためには、最も長い月経周期を見る必要があります。この数から、11を引く必要があります。例で計算します。最長の周期が30日であると仮定します。つまり、30-11 = 19です。したがって、月経周期の19日目以降は安全です。つまり、妊娠中に妊娠することはできません。
  4. この例から、妊娠する可能性は月経周期の5日目に始まり、19日目に終わると結論づけることができます。

肥沃な日数と排卵は何ですか?

排卵期間は通常2日間続きます。

妊娠する可能性が最も高いのは肥沃な日で、そしてもちろん、排卵期の間です。 1-2日続きます 。妊娠可能日数、つまり妊娠する可能性がある日を例に挙げました。そのような日に、女性の体は最も受精の準備ができています。

排卵は、卵胞から卵管への受精のための完成卵子の放出を意味します。排卵日は通常月経周期の10〜14日です。

原則として、卵管内の精子は5日まで生存することができます。受精中に女性の体内に入ると、排卵期の数日後に卵子を受精させることができます。

何日妊娠できないのですか?

月経中は、最低限の受胎確率さえありません。

月経中は、妊娠する可能性はほとんどありません。

上記の例を使用して「安全な」日数を計算することもできます。過去6ヶ月間の月次サイクルを考慮に入れる必要があることを思い出してください。

例えば、28日周期では、安全日数は月経周期の1〜7日と18〜28日と考えることができます。毎月の周期が短く21日であれば、安全な期間は10〜21日と見なすことができます。 30日を超える長い周期では、最初の14日だけでなく25〜35日も妊娠することはできません。

妊娠可能日後に妊娠する可能性はありますか?

月経前に妊娠する可能性は最小限ですが、ゼロではありません。

多くの女性は、月経前に妊娠することが不可能であるかどうかを知りません。もちろん、女性が周期の間に2つの排卵を持っていない限り、ほとんどの場合、それはそうではありません。概して、そのような状況は、月経周期が形成されるだけの若い女の子と同様に、不規則な期間で発生する可能性があります。

同じパートナーとセックスをしている女性でもチャンスが増えます。

どのような要因が概念に影響を与えますか?

健康的なパートナーとセックスをする完全に健康な女性だけが妊娠することができることは注目に値します。受胎の確率は、以下の要因の影響を受けます。

  • 女性の年齢(35歳までは妊娠する可能性が高い)、
  • 精子の活動、
  • 排卵の存在
  • 健康上の問題やSTD(性感染症)がない、
  • 定期的な月経周期
  • 女性生殖器の状態
  • 生き方
  • 重さ、
  • 心理的要因

健康的なライフスタイル、適切な栄養、そして毎月のカレンダーを守ることは、希望の妊娠につながるのを助けます!

早く妊娠したいのなら、 もっと動かそう、正しく食べ、悪い習慣を取り除き、健康を維持し、月経周期を制御します。日数を計算するだけで、最も重要なのは、計算に問題がないように毎月のカレンダーを保管することです。

Pin
Send
Share
Send
Send